「Canvas」を含む日記 RSS

はてなキーワード: Canvasとは

2019-12-04

anond:20191204094423

ならUnityでええやろ。

ぶっちゃけUnityCanvasボタン縦横をピクセル風に並べるだけでもほぼ完成するじゃん。

2019-12-03

anond:20191203091304

おぉ、ありがとう

調べたときcanvas関係ありそうだとは思ったんだが

bmpばかり記載があったもんで出来ないかと思ってた。

anond:20191203090416

出来るぞ。

canvasを使えば出来る。詳しいことは@saitamasaitamaさんに聞くといい。

2019-11-16

最近の若者いる?

最近の若者は「ちょっと暇つぶし簡単ゲームでも作ってみるか」ってなったときHTML5Canvasでやるの?

anond:20191116144717

プログラムとかよく分からないけどDXライブラリ(ゲームエンジン)じゃダメなの?

(ちなみにJavaScriptでやらないといけないなら再帰かいテクニック使うんじゃないの?)

(ググったらsetTimeout関数とかでいけそうだが)

(ググったら最近ではHTML5Canvasかいうのでいけるっぽい)

2019-11-06

今まで他の属性手斧が投げつけられてるのは一緒になって無邪気に笑ってたのに自分手斧が投げられるや全否定で草

2017-11-19

anond:20171119185952

いや、JavaFXゲーム作るのやめてAndroidにしたいって話なんだから、日の目は見てないんじゃね

基本はビジネス用だけど、OpenGLとか不要Canvas描きだけで済むカジュアルゲームならありなんだけどねアレ

まあゲーム製作用途的には先はないわな

2017-06-02

ふたば手描きキャンバス拡大BML

javascript:(function(){var D=document,G=g(‘oebtnd’),f='postform’,A='setAttribute’,CE='createElement’,CT='createTextNode’,DI='drawImage’,Q='addEventListener’,N=G.parentNode,I='insertBefore’,s='style’,w='width’,h='height’,X=g('ftxa’)[s],T=g('oe3’)[s],Z=1,S=g('oejs’),ct=S.getContext('2d’),ar=[],ind=-1,fl=1,U=undefined,gID='getImageData’,pID='putImageData’;function b(v,q){var e=D[CE]('input’);e[A]('type’,'button’);e[A]('value’,v);e[Q]?e[Q]('click’,q,!1):e.onclick=q;return e}function g(n){return D.getElementById(n)}function ig(x,y){var P=ct[gID](0,0,x,y),Cv2=D[CE]('canvas’),ct2=Cv2.getContext('2d’);ct2[w]=x;ct2[h]=y;ct2[pID](P,0,0);return Cv2}function wZ(z){var oz=Z;Z=Z+z;if(Z<1)Z=1;if(Z>8)Z=8;X[w]=T[w]=(S[w]*Z+46)+'px’;X[h]=T[h]=S[h]*Z+'px’;S[s][w]=S[w]*Z+'px’;S[s][h]=S[h]*Z+'px’;ct.scale(oz/Z,oz/Z)}function MD(e){if(e.button==0){fl=1}}function MU(){if(fl){ar[++ind]=ct[gID](0,0,S[w],S[h]);fl=0;ar[ind+1]=U}}MU();S[Q]('mousedown’,MD,false);D[Q]('mouseup’,MU,false);N[I](D[CE]('div’),G);N[I](b('拡大’,function(){wZ(1)}),G);N[I](D[CE]('div’),G);N[I](b('縮小’,function(){wZ(-1)}),G);N[I](D[CE]('div’),G);N[I](b('UNDO’,function(){if(ind>0){ct[pID](ar[–ind],0,0)}}),G);N[I](D[CE]('div’),G);N[I](b('REDO’,function(){if(ar[ind+1]!=U){ct[pID](ar[++ind],0,0)}}),G)})();

2014-12-31

1年の締めとして一人ハッカソンした

去年の今頃は「今年こそはすごいWebサービス作るぞ!!!!!!!!!!!」って意気込んでたのに

なんかもう今日が最終日。

ということでこの12月から何か作ろうと考えていて、丁度年末からということで作った。


Amazon購入金額分析

前にAmazonの購入金額合計を出すブックマークレット流行ったけど、それとほぼ同じ。

Amazonの今までの合計金額と、書籍とかPCとかカテゴリごとの合計金額出してグラフにする。

適当Twitter投稿して終わり。


年末だしTwitterで「2014年Kindle購入金額内訳は...でした」とか投稿すれば

みんなつられてアクセスするはず!宣伝しなくても勝手に大ブーム間違いなし!!!!!!!!

最終日に目標達成大勝利!!!!!!!!!


って思ってたけど

投稿してもだれもアクセスしてくれない。待っても待ってもアクセス0。

e?嘘でしょ???って思ったら

EC2セキュリティグループの設定変更忘れてた。

よーし今度こそアクセス過多間違いなし!!!!!


のはずだったけど今度はrobots.txt見に来るクソbotしかアクセスしてくれない。

虚しさ半端ない

というかTwitterURLつぶやくと即効でどこぞやのクローラー巡回してくるんですね。


構成自体クライアントサーバサイド共にjsEC2上でnode.js

D3.jsグラフ画像svgからどうにかしてpngにしないとTwitter投稿出来ないのが微妙に面倒だった

投稿時にクライアント側でbase64canvaspngにしても良かったけど

結局サーバサイドのphantomjsやらせた。

商品カテゴリ取得するためにはProduct Advertising API使うしかなくて

コレが毎秒1商品しか取得できない厳しい制限付き。

重複なしで600商品購入してたらなら10分かかる。

redis上にキャッシュしておいたりwebsocket適当に進捗伝えたりした。


今回得た経験値としては


あたり。


今年は残念ながら目標不達成だったけど、いい最終日の過ごし方になったと思う。

お疲れ様でした。

2014-04-06

美女にイタズラしたくてCanvasAjax勉強してみた

http://b.hatena.ne.jp/entry/design.kayac.com/topics/2014/04/jqueryajaxhtml5canvas.php

ひどい記事。

カヤックは受注のWEB制作はもうどうでもいいと思ってるんですかね。

こんな投稿を一瞬とはいえ公開するような会社に依頼する企業があるんだろうか?

2013-11-25

http://anond.hatelabo.jp/20131125001308

開発側です。

IE10 はさほど問題ないんです。IE10 でやっと標準に追い付いてきたという感じ。問題は、IE 使ってるようなユーザーアップデートしないという事実です。

スクリプトなどの実行の早さは、IE8 位までは数倍のオーダーで遅く、マップ上にたくさんのオブジェクトを表示するようなものを作ると、IE の速度面対応だけで大変でした。

それよりも問題なのが、Web の標準に対応していないことです。

CSS3HTML5 への対応は、他のブラウザに比べて数年単位で遅れてました。ChromeFirefox で開発しているとします。そのままテストすると Chrome Firefox Safari では問題ありません。IE だけ問題が、というのが普通でした。IE 対応だけで工程かかるのです。IE7 や 8 を視野に入れると、諦めざるを得ない技術もあります。たいていは擬似的に対応できるのですが (Canvasライブラリ対応するなど)、そのために余計な工程がかかるのが問題なのです。ぶっちゃけ IE 切り捨てて、その時間を他に当てたほうがより良いものを安く早く作れるということです。

という感じになるので、IE8 以前を切り捨て OK になるだけで段違いですね。

しかし、最初に言ったように IE ユーザーアップデートしないんですよ。Chrome Firefox Safari が優れているというより、これらのユーザーはほぼ間違いなく最新版使っているのが一番のアドバンテージなんです。IE10IE 史上ではやっと他に並びかけるほどまともな標準対応になったので、IE 使ってる人が全員 IE10 ならこれほどネタにされることもなかったと思います

開発側はこうした IE によるストレスを日々受けているので、擬人化IE 死亡のようなネタになると祭りになりやすいのではと思います

2013-07-12

引越すので、新しい地図Webサービスを作ってみました(修正)

こんにちは。※すごく恥ずかしいことに中身を間違えて投稿したので修正再投稿です。

私は不景気の昨今、株で大失敗した男A(データ分析生業)です。同じく不景気会社倒産した男H(Web開発が生業)と一緒にWebサービス作りました

私はお金を、彼は職場を失ったので、生活に困窮し、現在引越しを考えています。けれど、どこに住んだら良いかからないので、そんなとき必要地図Webサービス作りました。私らは事情によりFacebookやれないし、Twitterではフォロワー少ないし、何かのビジネスプランWebコンテンツコンテストほとんどなくなってしまったし、で、どうか匿名ダイアリーの場をお借りさせてください。

作ったもの

距離より大事な時間お金地図を変換・新しい地図サービスmaplas【マプラス

http://maplas.net/

距離で描かれる通常の地図に対して、これは地点間の移動に要する「時間」と「運賃」(電車)で描かれている地図です。

今回は東京通勤圏(東京から通勤可能そうな約60km圏が対象です)の路線が変形して図示されますデフォルトでは二人が飲み歩いている町屋近辺を「運賃」の世界で描画していますクリックしたり検索ボックスから検索するとそこを中心に設定できます。またコントロール時間、運賃、距離(普通地図)の切り替えで比較できます

例えば町屋から北千住田端王子では、

距離の近い順に 田端北千住王子 (同心円の単位km)ですが

(移動)時間では早い順に、北千住田端王子、(同心円の単位は分)

運賃(移動料金)では安い順に、北千住田端王子、 (同心円の単位は円)

で描画され、地図のようにマクロ的に把握できるようになるサービスです。比較マップで二画面分割の比較もできます

これで毎日通勤先に時間や料金でお得な駅、自宅から遊びに行くのに思ったよりお金時間のかかる駅などがわかります

通勤通学を考えた引越し先や、自分住まいや友人の住まいからの行きたい駅候補の調査などに使っていただけたらと思います

次は関西圏版(もうすぐ完成予定)です。

北海道版、全国版、世界版はプロタイプ開発済み、なので今後も実装&リリースできたらいいなあと思っています。将来的には路線に限らず、航路陸路建物など、いろんな領域で同じようなサービスが作りたいと思っていますお金が残っているうちに、かろうじて特許出願できたのが幸いでした。

作り方

一般的な地図データの中心点からの角度を維持しながら時間と運賃(お金)の概念で距離を倍率変換しています。例えば、距離は遠くても時間が短いならより近くに、距離は近くても運賃がかかるならより遠くへと。距離が遠くになるにつれズレも激しくなる部分を補正しつつ、事前に全組み合わせを計算するコストが大変でした。

当初は計算された位置データcanvasGDあたりで、と考えていたのですがコスト高過ぎて断念。人間が目で見ても意味が分からない数字が一杯並んだだけじゃ、それまでの苦労が無駄になってしまうので悩みました。そこで、描画のベースGoogle Maps APIを使うという荒技を。計算済みデータを保有するA側のサーバと、サービスを設置してるサーバDBを連動させることで、描画用のデータを生成、あとはいわゆるLAMPwebアプリという感じで画面出力してます

自分らについて

A システムトレーダー。いつのまにかアベノミクスで大損していた。引越し検討中

H 流しのギタリスト。いつのまにか会社が潰れていた。引越し検討中

N 料亭女将を夢見る才媛。いつのまにか手伝わされていた。引越し検討中

なにか他では見たことのないものを作りたいと思っていました。

地味ですけど、電話帳のように世の中の誰かには必要とされて、長いこと使い続けて貰えたら嬉しいです。できれば引越ししなくても良いくらいに運営できれば最高です。私一人ではとても無理で、一緒に作ってくれた盟友Hの独創性ほとばしるスキル芸術性に感謝します。Nの献身的な支援にも勇気づけられました。

使ってみた感想や、ダメ出し、いつも駄弁っている町屋に参戦表明など、やさしくこっそり伝えて頂けると3人とも喜びます

よろしくお願いします!

2013-07-11

引越し先を検討したいので、新しい地図Webサービスを作ってみました

こんにちは

私は不景気の昨今、株で大失敗した男A(データ分析生業)です。同じく不景気会社倒産した男H(Web開発が生業)と一緒にWebサービス作りました

私はお金を、彼は職場を失ったので、生活に困窮し、現在引越しを考えています。けれど、どこに住んだら良いかからないので、そんなとき必要地図Webサービス作りました。世知辛い感じで作り始めましたが、サービス自体は思わず楽しくなって作りこんでしまいました。私らは事情によりFacebookやれないし、Twitterではフォロワー少ないし、何かのビジネスプランWebコンテンツコンテストほとんどなくなってしまったし、で、どうか匿名ダイアリーの場をお借りさせてください。

作ったもの

距離より大事な時間お金地図を変換・新しい地図サービスmaplas【マプラス

http://maplas.net/

距離で描かれる通常の地図に対して、これは地点間の移動に要する「時間」と「運賃」(電車)で描かれている地図です。

今回は東京通勤圏(東京から通勤可能そうな約60km圏が対象です)の路線が変形して図示されますデフォルトでは二人が飲み歩いている町屋近辺を「運賃」の世界で描画していますクリックしたり検索ボックスから検索するとそこを中心に設定できます。またコントロール時間、運賃、距離(普通地図)の切り替えで比較できます

例えば町屋から北千住田端王子では、

距離の近い順に 田端北千住王子 (同心円の単位km)ですが

(移動)時間では早い順に、北千住田端王子、(同心円の単位は分)

運賃(移動料金)では安い順に、北千住田端王子、 (同心円の単位は円)

で描画され、地図のようにマクロ的に把握できるようになるサービスです。比較マップで二画面分割の比較もできます

これで毎日通勤先に時間や料金でお得な駅、自宅から遊びに行くのに思ったよりお金時間のかかる駅などがわかります

通勤通学を考えた引越し先や、自分住まいや友人の住まいからの行きたい駅候補の調査などに使っていただけたらと思います

次は関西圏版(もうすぐ完成予定)です。

北海道版、全国版、世界版はプロタイプ開発済み、なので今後も実装&リリースできたらいいなあと思っています。将来的には路線に限らず、航路陸路建物など、いろんな領域で同じようなサービスが作りたいと思っていますお金が残っているうちに、この地図変形、描画方法について特許出願できたのが幸いでした。

作り方

一般的な地図データの中心点からの角度を維持しながら時間と運賃(お金)の概念で距離を倍率変換しています。例えば、距離は遠くても時間が短いならより近くに、距離は近くても運賃がかかるならより遠くへと。距離が遠くになるにつれズレも激しくなる部分を補正しつつ、事前に全組み合わせを計算するコストが大変でした。

当初は計算された位置データcanvasGDあたりで、と考えていたのですがコスト高過ぎて断念。人間が目で見ても意味が分からない数字が一杯並んだだけじゃ、それまでの苦労が無駄になってしまうので悩みました。そこで、描画のベースGoogle Maps APIを使うという荒技を。計算済みデータを保有するA側のサーバと、サービスを設置してるサーバDBを連動させることで、描画用のデータを生成、あとはいわゆるLAMPwebアプリという感じで画面出力してます

自分らについて

A システムトレーダー。いつのまにかアベノミクスで大損していた。引越し検討中

H 流しのギタリスト。いつのまにか会社が潰れていた。引越し検討中

N 料亭女将を夢見る才媛。いつのまにか手伝わされていた。引越し検討中

なにか他では見たことのないものを作りたいと思っていました。

SNSみたく人がコンテンツになって変化が楽しめるサービスじゃないから地味ですけど、電話帳のように世の中の誰かには必要とされて、長いこと使い続けて貰えたら嬉しいです。できれば引越ししなくても良いくらいに運営できれば最高です。緯度経度、地図の変換とGoogleMapの連動なんかはものすごく難しかったけど良い経験になりました。

私一人ではとても無理で、一緒に作ってくれた盟友Hの独創性ほとばしるスキル芸術性に感謝します。Nの献身的な支援にも勇気づけられました。

使ってみた感想や、ダメ出し、いつも駄弁っている町屋に参戦表明など、やさしくこっそり伝えて頂けると3人とも喜びます。よろしくお願いします!

http://maplas.net/inquiry.php

2012-02-20

http://anond.hatelabo.jp/20120220161601

時代の流れってw

じゃぁ、何が組めるのが時代の流れなのか教えて欲しいなw

HTML5CANVASとか、AJAXJSONとか言うなよw、笑い死ぬから

2011-12-17

Flash vs HTML5」関連話への反論は まだまだ技術者側の説明不足か

先日「Flashエンジニアが今後10年食べていくには?」というテーマを元に

Flash精通した Web 技術者達のディスカッションが行われる催し物があった。

 http://www.publickey1.jp/blog/11/flash10.html

この記事だけでは内容が省略しすぎているため

時間があれば是非録画の模様もみていただきたい。前半初頭は音量が小さいので注意。

こういった催し物は面白いなと、私はとても楽しく見させていただいた。

 http://www.ustream.tv/recorded/19073524

 http://www.ustream.tv/recorded/19074357

ディスカッションでは Flash だけではなく HTML5 についても触れている。

ディスカッション感想をディレクションや営業を行なっている知人に聞いたり、

ネット上の反応を見てみたところ以下のような意見がいくつかあった。

「『Flash好きな人』だけではなく HTML5 派の人との対談もあればよかった」

Flash 派の人の話だから HTML5 が使えないという話はいまいち参考にならない」

Flash 派』『HTML5 派』という くくりで考えてしまう人は

まだまだ多いと実感する。

パネリスト達は

過去から現在までに様々なプログラミング言語を利用し、あらゆる技術精通している。

Flash という表示媒体/環境開発がベター(時にはベスト)だと考え、

Flash をよく扱っている、という旨を話している。

Flash 以外にも色々やってます、と言っている。

最後の締めとして

Flash よりも優れたものが登場するのであればそちらに移行するでしょう、

とも言っている。

これだけの説明があったのに

ディスカッション内で触れた HTML5 に対する否定的な話は、

Flash 派』とやらのポジショントークだと目に写ってしまったのだ。

Java やら C やら objective-c やら perl やら php やら

サーバサイドからスマホネイティブ言語を用いてのアプリ制作まで

色んな事やってます、と言っても

技術者ではない人達には馴染みのない単語は耳には入らない。

技術的な事はよくわからない。

現在世の中には HTML5 を推し、合わせて Flash を否定する記事が結構出回っている。

技術者が話す専門的な用語の飛び交う話よりも

どこの誰が書いたかもわからない

HTML5 vs Flash 的な読みやすい記事に耳を傾けてしまう人はいる。

Apple 製品を好む人は「ジョブズがそう選択したのだから」と

なおさらこういった記事に目を向けてしまう。

Flash vs HTML5 の話にのせられてしまうのは、よくわかっていない人だ。」

そうあっさり切り捨ててしまうのもいいかもしれないが、

そうもいかない状況にもなってきてしまっているのが最近だ。

ディスカッション内では、

Flash大丈夫なのか?」という

ネット上の煽り記事を読み不安に思ったクライアントから連絡を受け

きちんと状況をゼロから説明するハメになってしまった、という内容があった。

似たような状況になっている人もいるのではないだろうか。

当方周辺では、

Flash は駄目だ」「Flash でなくても HTML5 ならできるはずだ」

HTML5Flash の代わりになるものだと言われている」と

クライアント、あるいは仕事先の関係会社から耳にする機会が増えてきた。

技術者の及ばないところで

ベターではない技術が選択、あるいは勧められてしまう やっかい性。

危惧した技術者達による反論記事は結構出始めているのだが

その記事は世間の目には届かない。

TV CMバンバン流れている iPhoneiPad では Flash を見ることができない

という状況に乗じた

いかげんな煽り記事の効果は絶大だ。

よくわからない人が圧倒的多数なのだ

勘違いを正すためには、今までよりもより一層

からない人達に わかるように説明、

あるいはメッセージを発信するよう心がけていかねばならないと感じる。

技術へ移行は容易い

パネリスト達のような

Flash を扱う事が可能な技術力を持ち合わせている人にとって

Flash が終わろうが、代わりの技術HTML5 やらその他何になろうが

大した影響はない。

「この文章書いている人間Flash 派なのでは?

 Flash 派の人間がそんな事言っても説得力ないな」という

ポジショントークと見られないための判断材料として、

プログラミング』についての話をしてみる事にする。

プログラミングに詳しいすべてのエンジニアはこういうだろう。

「世にあらゆるプログラミング言語があるが

 それらプログラミング言語の違いは記述の仕方が違うだけ」

「何か一つ言語を習得し

 その言語で自由に物を作れるだけのスキルを持ち合わせたならば

 別言語、別環境になろうとも移行は容易い」

Flash の事は全く知らないがプログラミングプロフェッショナルの人』

が近くにいるならば是非上記について伺ってみてほしい。

その通りだと答えてくれるはずだ。

Flash で用いられている言語は何も特別なものはない。

世にある あらゆるプログラミング言語のうちの一つである

プログラミング概念を理解している人ならば

Flash で作ったものを他の言語移植することも、

他の言語で作ったものFlashプログラミング言語移植することも容易いのだ。

ここで上記三行の「他の言語」を「JavaScript」に置き換えてみてほしい。

HTMLDOM 操作に必要な言語JavaScript である

言語は、Flash ならば ActionScriptHTML5 ならば JavaScript を用いる。

画面描画は

Flash ならばグラフィックスシンボル等を作成・配置、

あるいは用意されている描画用 APIActionScript で呼び出し、

HTML5 ならば CSS, HTMLタグ記述

あるいは用意されている描画用 APIJavaScript で呼び出す。

Flash と似たような技術として Java AppletShockwave があるが、

これらも一緒で

言語を変え、その技術に合わせた描画を行う処理を記述するだけだ。

Flash派」「HTML5派」といった具合に

Web 技術者が何かに属していて、何かには属していないかのような区別の仕方は

的がはずれている事を なんとなく感じていただけただろうか。

技術者にとっては要はなんだっていいのだ。

仕事に対し、あるいは表現したい事に対し、ベターな選択を行うだけの事なのである

PC向けゲームなら Flash

スマホ向けサイトなら HTML5

環境や表示内容に合わせ両方を採る選択もあるだろう。

パネリストの中に ActionScript好きだ、という人がいた。

これは別に

Flash が好き(製品のファン)だから ActionScript が好き、と言っているのではない。

現存するあらゆる技術比較した上で

ActionScript が優れたプログラミング言語だと判断しての発言なのだ

将来的に HTML5 が格段に進化する日がくるならば

HTML5 を選択するだけの事であり、

HTML5 が廃れて別の技術が登場するならば

その別の技術を選択し、

Flash より優れた技術が登場しなければ Flash を使い続ける、

ただそれだけの事なのである

対立どころか むしろ近い存在

もう少し突っ込んだ話をすると

Flashプログラミング言語である ActionScript(ActionScript 1.0)と

HTML 表示制御を行う言語 JavaScript は 実は同じ言語仕様である

ECMAScript』という単語で調べてみてほしい。

FlashHTML5 は対立するもの」と考えていた人、

あるいは ActionScriptJavaScript を触れたことがない人にとって

「え?そうなの?」と思う人もいる事だろう。

JavaScript は大規模開発に向いていない、という話は聞いたことがないだろうか。

同様の言語仕様である ActionScript 1.0 はこの問題を解決するため

ActionScript 2.0 から ActionScript 3.0 へと進化していった。

FlashHTML5 とで同等のもの制作する場合

Flash は開発がし易い、という話がよく挙げられるが

その理由の一つがこれである

現行の JavaScriptActionScript 1.0 は ECMAScript 3 準拠に対し、

ActionScript 3.0 は ECMAScript 4 準拠である

言語として進化しているものFlash採用しているので

開発は抜群にし易い。

ECMAScript 4 準拠の JavaScript も登場する日もあったかもしれなかったのだが、

Adobe はここで大失敗してしまった。

ECMAScript 4 標準化白紙

ECMAScript 4 は無かったことになってしまったのだ。

ActionScript 3.0 で作成したプログラム

そのまま HTML ブラウザで動作する事はなくなった。

技術者にとってコストを削減できるための手段の一つを

政治的な思惑によって潰されてしまった悲しい過去の話である

ちなみに JavaScript は大規模開発に向いていない、という事に対し、

最近では Google が新言語 Dart というものを開発している。

位置づけとしては ActionScript 2.0 に近いと比喩した人もいる。

ActionScript 2.0コンパイルActionScript 1.0 に変換されて出力される。

Dart も同じく JavaScript 変換機能を持つ。

今後

先の事は誰にもわからない。

HTML5 が成長するとは必ずしも言えない。

技術者は身を持って知っている。

ブラウザの足並みが揃ったことは過去一度たりともない。

表示と動作の差異、技術者はずっと苦しめられてきている。

めんどくさい。コストがかかる。

日本では IE6呪いはまだまだ続く事だろう。

現状の HTML がひどい状況なのだから

HTML5 も同じ道を辿るのでは、と言われてしまうのも仕方がない。

実際に HTML5 の各ブラウザの実装具合はバラバラである

Flash はといえば、

今でも 10年以上前スクリプト言語 (ActionScript 1.0 よりも前の言語)で

携帯向け Flash を作るはめになっている開発者が多い。

携帯向け Flash Player 開発中止、とある

Flash が動作するブラウザがいつまで携帯に搭載され続けるのか、

まだ誰にもわからない。

今後も当面携帯向け Flash を作り続ける事になるのかもしれない。

この古い言語での開発はとても苦痛であるが、

携帯向け Flash は一つの容量が小さいというのが救いである。

IE6 対応 HTML サイト制作にせよ、携帯向け Flash 制作にせよ

10年以上前ものが現役とは妙な話である

しか技術者対応するのだ。

状況に応じて何を選択するかを判断できるほどの技術力を身につける事

それが一番重要である

これから Web技術者を目指す、という人は

HTML5 なり Flash なり何を学んだっていい。

選択する技術に何ができて何ができないのか、

どの技術を組み合わせるとよいのか、

自ら判断できるようになった時、一人前の Web 技術者になったと言えるだろう。

一つ何かをモノにしてしまえば前述の通り移行は容易い。

今何かを勉強中の人は周りの声に流されず、

それを極めるくらいまでとことん勉強してほしい。

続けていくと見えてくるはずだ。自信という名の悟りの道が。

ディスカッション感想

気になった点をいくつか。

現状の HTML5 の実装具合のバラバラさに対し、

「(HTML5の)表示の差分を埋めてくれる何かが登場するかもしれない」

と言う発言があった。

言った当人も会場にいる人達も、きっとこう思っただろう。

「それってなんて Flash Player?」と。

HTML5Flash の真似事をしてますよね」

「あれはやめたほうがいい」という発言があった。

おそらく HTML5 canvas の事であろう。

この意見に対し「ムッ」と来てしまった人がいるかもしれない。

勝手に注釈するのであればこの発言は

Flash で作られた重たい WebHTML5 でまた再現するつもりなの?」

という皮肉であろう。

2011-08-24

http://anond.hatelabo.jp/20110824055959

リッチインターネットコンテンツを、非常に簡潔にスマート記述できる”と文系チックに書いたのに、

あ、ごめんなさい、そういう風に読めなかった。スペコンのことしか頭にないというか、CanvasSVGのことしか知らない人的な思い込みで書いてしまいました。大変失礼しました。

その当たり前の事ができなかったHTML4。HTML5になればできるようになるとでも言いたいのなら、あなたネットに向いてない。

なにが出来なかったのか意味が分からないけど、単にWeb標準HTML5普通に使っていこうよっていうのがいいたかった。ネットに向いてないっていうのもちょっとわからない。向いてないかもね、しらんけど。

いいたかったのはシンプルなことでして、「スペコンって必要なの? それ誰が見てるの?」みたいなことですFlasherのポジショントークに対して。

ぼくもだいぶいろいろ作ってきたけど、Flashの実現するインタラクティブは素晴らしい。とうぜん同じ事をやろうとすればHTML5ではまったく役不足。が、そもそも活躍の場がなくなってきていることに加えて、そこそこのことならWeb標準技術で可能になってきた。みたいなことをカッコヨク伝えようとしたらこうなった。わかりづらくてすまん。

http://anond.hatelabo.jp/20110824115115

んー、HTMLの基本は必須かもしれないけど、Flash仕事をするのにHTML5を駆使する必要はないっていうことじゃないかな?

HTMLの標準になるんだから、駆使とかそういう事じゃないよ。

仮に標準になったら、HTMLの文法規則や、「video,audio,canvas」などのタグが標準仕様に追加されるんだから、必須項目だよ。

使わないから知らなくていい、とかそういう話じゃない。

http://anond.hatelabo.jp/20110824103413

わざと避けてた部分を書かれたw

まぁFlashの普及という意味ではvideoタグが全部持ってくよね。あとcss3canvasはそれほど脅威ではない印象。

videoタグの実装が整ってくれば、一定数のFlash離れは起こるんじゃないかと思う。ただ、videoタグの普及にはまだまだ時間がかかりそうだから、それまでにFlash無しじゃいられない体にしてしまえば、生き残りは十分可能な気もする。実際、Mixiアプリやってる有閑マダム達を虜にして一定数は確保してる。

あと、一度インストールしたら、重大なセキュリティホール発見されない限り、わざわざアンインストールはされない。慎重に対応すれば現在の普及率をある程度キープすることは可能。

もっとも、Adobeは、Flashブラウザからクロスプラットフォームアプリ作成環境にまで成長させるつもりっぽいので、長い目でみてもFlashは形を変えつつ生き残るんじゃないかと思ってる。

Flashに死んで欲しいと思ってる」ってのもある程度同意。ただし少なくともIE6ほど「みんな」ではない。

Flashが恨まれるのは、まだマシンパワーが貧弱だった時代に、わざわざ重いベクターアニメーション環境ブラウザで動かしてしまった事に起因してる。その上、かなり優秀なタイムラインアニメーションツールを提供してしまったため、敷居がぐっと下がってしまい、「負荷」という言葉を知らないアーチスト達によって、きれいだけど無茶なコンテンツが量産されてしまったという悲劇を引きずっている。

もっとも、マシンパワーがあがった今でも、負荷的に無茶なFlashコンテンツが量産され続けている状況は変わってない。これはFlashのせいというより、コンテンツ作成者の知識不足によるところが大きい。Adobeは、もっとコンテンツ作成者の成熟に力を入れたほうがよいのかも知れない。

http://anond.hatelabo.jp/20110824102147

なぜそこでCanvasが出てくるか意味が分からないよ。

Flexって業務アプリUIなんかに使われてるんだけどそんなものCanvasで無理だぜ。

2011-08-11

HTML5あの花EDを再現してみた

今更だけどあの花面白かったわ~。

あの花っていうのは「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」っていうアニメね。

途中までスルーしてたんだけどある時見てからはまった。最後はいい年して涙腺崩壊 (T_T)

まどか厨には申し訳ないけど今年のアニメNo.1あの花で決まりだね!

あの花EDがすごい好きで(OPも好き)、アニメ見るとOP,EDは飛ばしがちなんだけどこれは全部見てた。

曲はZONEカバー曲『secret base~君がくれたもの~(10 years after Ver)』

歌詞に出てくる10年後が今年っていうのが(・∀・)イイ!!

花が落下しながらサビの手前でズームアウト後に上昇っていう演出も d(・∀・)Good !

で、これhtmlで再現できそうだな~と思って作ってみることにした。

htmlは初歩しかからないので使えそうなコードを拾ってきて

からない所は2chで教えてもらいながら制作することに…

Canvasを使いたかったんだけど難しそうなので諦めて違う方法でやってたら

なんと数日後に1からCanvasを使って作ってくれた人が現れました!超嬉しい!

その後も自分なりに修正して3通りのバージョンが出来ました。

メジャーブラウザ対応してるけどChrome推奨。


Canvas

http://zz.x0.com/anohana/canvas.html

Canvasを使って花を表示しています


Webフォント

http://zz.x0.com/anohana/font.html

フォントに花を追加して表示させてます


png

http://zz.x0.com/anohana/png.html

画像で花を表示。html5対応していないIE用。

Canvas版とpng版はiOS機器でも一応動くと思う…


制作日誌?

http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/hp/1155395444/193-

利用したHTML5

Audio

Opacity

Canvas

Webフォント

2010-10-29

だれかHTML5 canvasの上で動くEmacsかつくらないかな。

なんとなく妄想した。

2010-02-19

新世ウェブスタンダード

第壱話 HTML5、襲来

第弐話 見知らぬ、ブラウザ

第参話 鳴らない、Audio

第四話 WAI-ARIA、逃げ出した後

第伍話 Safari、心の向こうに

第六話 決戦、第3のブラウザOpera

第七話 WWWの造りしもの

第八話 Chrome、来日

第九話 瞬間、Canvas、重ねて

第拾話 セクションダイバー

第拾壱話 静止したACID3の中で

第拾弐話 先行実装の価値

第拾参話 バグ、混入

第拾四話 Firefox、魂の座

第拾伍話 バグとハック

第拾六話 死に至る非標準、そして

第拾七話 四人目のECMAScriptエンジン

第拾八話 DTDの選択を

第拾九話 ベンダーの戰い

第弐拾話 XMLのかたち、SGMLのかたち

第弐拾壱話 WHATWG誕生

第弐拾弐話 せめて、マイクロフォーマットらしく

第弐拾参話 IE

第弐拾四話 最後のCSS

第弐拾伍話 終わるXHTML2

第弐拾六話 世界の中心でセマンティックを叫んだけもの

劇場版 W3C新生

劇場版 WebKit/世界標準を、君に

2009-11-13

http://anond.hatelabo.jp/20091113204229

やっすい中古品から自作PCなんて既に確立された技術でちゃんと集めれば誰でも出来るんじゃないの?http://b.hatena.ne.jp/entry/hamusoku.com/archives/627391.html

家鍋なんて既に確立したレシピでちゃんと調理すれば誰でもできるんじゃないの?http://b.hatena.ne.jp/articles/200911/568

効率的な物件の探し方なんて既に確立したノウハウ経験すれば誰でも出来るんじゃないの?http://r.nanapi.jp/286/

石器なんて既に判明した事実歴史を学べば誰でも出来るんじゃないの?http://www.google.co.jp/search?q=%E7%9F%B3%E5%99%A8

OSなんて既に開発された製品で本を読めば誰でも出来るんじゃないの?http://www.monaos.org/

ま、Canvasで動く3Dってどういう[アルゴリズム|ルーチン|オブジェクト|ライブラリ|フレームワーク|設計]で作ってるんだろう?→なにこのそーすあほせつない、か?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん