「目の錯覚」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 目の錯覚とは

2019-05-22

かい蜂がいたんだが

目の錯覚かと思ったんだが、公園の茂みにふらふらと飛ぶ蜂がいた。

でもその蜂、サイズが大きくて錯覚だと思ったんだ。

俺が見たサイズが10cmくらいだったと思うんだが、そんな蜂って流石にいないよな?

2019-04-10

<----->

>------<

下の横棒の方が長く見えますが、実はこれ目の錯覚なんですね

2018-11-02

anond:20181102131219

「吸」と「よ」のフォントの大きさが異なって見えるけど、テキストコピペしたら大きさ一緒だった。

こういう目の錯覚を何て呼ぶんだろう。

2018-10-18

上り下りも1つのレーンでまかなうエスカレーター

できそうじゃないかなぁ?

また、上り下りも一つの箱でまかなうエレベーター

できそうな気がするが。

「ああー、この手があったか」とか、「マジか、目の錯覚じゃないのか」みたいなの出てこないかなぁ。


たとえば、下り重力のちからで降り、落下時の運動エネルギー上りのひとを上に〜とか

いや、これだと別にレーン1つでできないし、てきとうもいいとこなんだが、なんかそういうの... 頭いい人お願いします。

2018-07-09

VR目の錯覚

Oculus GOを購入しわかったこと。

動画再生アプリをいくつか試したが映像サイズは一緒なのに

映画館VR内の映画館)が大きいとスクリーンサイズも大きく感じます

当然映画館から室内に変更すると動画サイズは一緒なはずなのにスクリーンは小さく感じます

不思議

2018-04-24

anond:20180424154413

男性権利を1両分取り戻す!」と言いながら「女性痴漢されても良い」という考えが根本に透けて見える。

あなた目の錯覚ですね。

私は「男性権利を1両分取り戻す!」意図しかない。

その、「自分には関係いか女性痴漢されても良い。痴漢されたら通報すりゃいいだろ」という考えは

「1度痴漢されろ」と言っていて痴漢と同様の意見しか見えない。

そんなつもりは無いといっても、実際に女性専用車両を撤廃なんてしたら痴漢助長させるだろう。

殺人してない人間を、未来殺人逮捕できない。

罪を犯してない人間排除するのは不当。

なんで痴漢だけ予防的な排除が認められると思ってるの?

増田が書いてたが、「幇助」しているとも言える。

あなた感想ですね。

2018-04-10

最近見る軽の増田白ナンバー版奈路市出す魔の行けるミン奇異さ(回文

あのさ、

軽自動車だけど白ナンバーって最近よく見るのよ。

ぱっと見普通乗用車みたいな感じ。

そのせいか

白ナンバー軽自動車心なしか大きく見えるような気がするわ。

多分気のせい

目の錯覚だと思うけど

なんか大きく見えるわ。

黄色ナンバーコンプレッサーの人って多いのかしら?

うそ

そう言えば東京都内って軽自動車走ってるの少なくない?

圧倒的少なく感じたわ

これも気のせいなのかしら?

あと大橋ジャンクション

どんだけ回るのあの道!!!

ほんと首都高って空が見えない道が多いしぐるぐる回ったりするから

東西南北今どこ向いて走ってるか分からなくなっちゃうわよね!

多分これも気のせいよ。

あなたの好きなジャンクションはどこかしら?

うふふ。


今日朝ご飯

オムサンドタマサンドハムサンド

朝はパン食多いわよね。

パンが好きじゃなくてサンドイッチが好きなのよ。

デトックスウォーター

みかん腐らないかと思って買ったの忘れてたのを

むいて食べたら水分ほとんどなく

スッカスカだったわ、

そんなスッカスカなみかんを使うわけにも行かないけど

使ってみたいのがデトックスウォーター魂なのよね。

スッカスみかんウォーラー

味もスッカスカよ。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2017-12-05

俺のちんこってでっけーよなぁ

他人と比べたこと無いけど絶対にでかいとおもうんだよね

まず、太い。絶対に太い。握った時に心の底から「太いぜぇ~!」って感触が湧き出してくる。

そして長い。絶対に長い。パッと見したときに「あれ?目の錯覚か?」とわざとらしくもう一度視線をそらすんだけど、まじまじと見ると長いことがわかる。

そして、これは大きさに関係ないけど硬い。凍ったバナナで釘を打つ芸があるけど、何なら俺はこのちんこで打ってみせても構わないよ。

結論として、俺のちんこってでっかいとなった。

小さい人達ごめんね。俺のちんこはでっかくて。

2017-02-07

http://anond.hatelabo.jp/20170206233848

先月はピコ太郎風だった気がするけど

その後特にPPAPな様子もなく目の錯覚だったらしい…

もう寝る

2017-02-06

sabacurry氏のアイコン

さっきハイク見てたらsabacurry氏のアイコンが脇に表示されたんで

何気なしにマウスオーバーしたら、「カパッ」って口が開いた。

アニメGIFタイミングよく表示されたんか?と思ったけど

その後特に開く様子もなく、目の錯覚だったらしい…

もう寝る。

2016-11-14

スーパームーン

通常時の月と比べたって1.2倍とかそんなんなんでしょ?

夜空にぽつんと浮かぶ小さい月が1.2倍になったところで誰が肉眼でその大きさの違いを実感できるでしょうか。

ネット上にあがっているのは望遠効果をつかって撮影した月、そんなんいつだって撮れる。

あとは肉眼で月が大きいと思って感動してるお前

それは地平線に近い位置に月があるときに大きく見えるっていう目の錯覚から

スーパームーンじゃないときでも建物とか、遠くの景色の近くに月が落ちている時は大きく見えるから


スーパームーンすごい!と言っている人は何がすごいと言っているのかよくわからない。

2016-02-22

http://anond.hatelabo.jp/20160222185453

ワープア鬱病になったらその後短期間に死ぬので、裕福な人間けが罹患するように表面上見えるだけですね

これを目の錯覚といいます

2016-01-20

ぼくもランサーズラノベを作ってもらった

ノベル 雑記 コンテンツ

 

どうも増田です。

クラウドソーシングライトノベルを書いてもらったらどんな感じになるのかなって。それで募集かけたら心躍る作品が寄せられたので、ここで紹介したいと思います

利用したのはランサーズ。有名どころで。簡単なテンプレプロットだけを用意して「これを参考にして」って感じで依頼を出しました。

プロットはこんな感じ。

 

そして、いただたいた作品はこちら。

 

……暑い。暑すぎる。

もうどれだけ砂漠の中を歩いただろうか。朝と夜が何度巡ったか数えるのを止めてから、日付の感覚が無くなってしまった。それでも、重い足を引き摺って、俺は歩き続ける。しかし、太陽容赦なく俺を照り付ける。

 

もう、限界かもしれない。

 

と、諦めそうになったそのとき、揺らぐ視界の先に、ひとりの少女が見えた。

春風にそよぐ花弁のような、桃色の装束を纏った可憐少女

 

美しい。この手で、触れたい。

 

朦朧とする意識の中で、俺はそう強く思った。とうの昔に動かなくなっていてもおかしくない俺の足は、その少女に向かってよろよろと歩を進めた。

しかし、少女が俺の存在に気付き、視線を交わしたと思ったそのとき、どうやら俺の体に限界が来たらしく、そこで俺の記憶は途切れてしまった。

 

 

* * *

 

 

「あら、目を覚ましたわ。マルジャーナ!いらっしゃい!見て、目を覚ましたの」

 

薄く目を開けると、そこには途切れる直前の記憶の中にいる、あの美しい少女が、興味深いものを見るような目で俺を見つめながら、大声で人を呼んでいた。

マルジャーナと呼ばれた少女が慌しくやってきて、目を覚ました俺の姿を認めると、急いで水差しを持ってきてコップに水を注ぎ、俺に差し出した。

喉がカラカラに渇いていた俺は、思わずそれを奪って飲み干すと、「おかわり!」と叫んでいた。

 

「まぁ、野蛮ですこと。マルジャーナ、甕にいっぱい水を持ってきなさいな」

かしこまりました」

 

マルジャーナは二つ返事で踵を返すと、部屋を後にした。

 

「お……お前は、誰だ?」

「あら失礼、申し遅れました。わたくしの名はシャハラザード。この国……セルジューク帝国の皇女ですわ」

セル、ジューク……セルジューク!?ここがあの、セルジュークなのか!?ということは、お前は……!」

 

俺は飛び起きた。が、何日も寝ていたらしく、凝り固まった体を急に動かしたためか、腰からビキッと嫌な音がして、激痛が走った。

 

「いっ………てぇ!」

「大人しくなさい、野蛮人!」

野蛮人じゃねぇ……俺の名はアリババアリババディアーブだ」

ディアーブ……?どこかで聞いた姓ねぇ。どこだったかしら……」

「ふざけるな……3年前にてめぇが無残に処刑した、大盗賊ガラン・ディアーブの名を忘れたのか!」

「あぁ、あの盗人ね!わたくしの飼っている可愛いペット”のエサにしたのよ」

ペット……あの化物が!?

 

数年前まで、アラビア中を恐怖に陥れた大盗賊ガラン・ディアーブは、他でもない俺の父親だ。父親、と言っても血は繋がっていない。娼婦だった母親がどこの誰だかわからねえ男と勝手に作って勝手に生んで、名前も付けないまま捨てられた俺を、父・ガランは拾ってくれて、立派な盗賊に育ててくれた。俺はガランを心から尊敬し、親父と呼んで慕っていた。

しかし、近年急激に勢力を伸ばし、遂にアラビアを征服したセルジューク帝国は、あんなに大盗賊と恐れられていた親父を、いとも簡単に捕らえてしまったのだ。

俺はすぐに帝国へ復讐しようと40人の盗賊仲間をけしかけた。しかし、最長老の爺さんが、俺を止めた。

長老が言うには、セルジュークはアラビアはいなかった魔法使いの勢力で、親父もまたその魔法の餌食になり捕まってしまったらしい。

また、セルジューク帝の一族、特に処刑を実行した皇女シャハラザードは化物のような魔法生物を何百・何千と子飼いにしていて、王宮に忍び込もうにもそんな化物たちを何匹も倒さなければいけない。そのため、復讐にも準備が必要なのだ、と。

復讐のために俺達は、セルジュークの魔法のことを徹底的に調べ上げた。主義には反したが、自分たちでも身に付けることにした。そうした中で、親父は処刑として皇女子飼いの化物に食い殺されたこと、その処刑は王族のためのショーとして披露されていたことを知った。

 

そして3年。俺の40人の仲間達は復讐を企てる過程で、ある者は逃げ出し、ある者は野垂れ死に、ある者は殺され、そうこうするうちに、また俺はひとりぼっちになってしまった。

だが、子供の頃とは違う。俺には親父に貰った「アリババ」という立派な名がある。仲間達との思い出がある。だからこそ、ここまで来られたんだ。

 

「だから俺は絶対にこいつを殺し、この国を潰してやるんだ……」

「何をひとりで語ってらっしゃるの?」

「え!?

 

どうやら声に出ていたらしい。俺としたことが……。

 

「っ、痛……!」

「あら、やはり体が痛むようね。マルジャーナはもう少々時間がかかるようですし、わたくしが応急処置をいたしますわ」

 

そう言うと、シャハラザードは踏み台に乗り、背伸びをして棚の上を探り始めた。と、その時。

 

「キャッ…・・・!」

 

踏み台がぐらつき、シャハラザードは無様に床へ落ちてしまった。

 

「お、おい!慣れねぇことはする、な……っ!?

 

痛む体を押して身を起こすと、そこには筒状の装束を無様に捲れ上がらせ、こちらに尻を向けて床に倒れ込むシャハラザードの、

 

「ぱっ、ぱん………」

「い、イヤーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!」

 

絹を裂くような悲鳴が、王宮に響き渡る。

 

「う、うるせえ!静かにしろ!」

 

俺の制止も空しく、シャハラザードが叫び続けると、先ほどのマルジャーナが猪突の如き勢いで部屋へと戻ってきた。

 

「シャハラザード様、どういたしまし……こ、このお姿は……まさか、貴様ッ!」

「おおお俺じゃねえ!こいつが勝手に……!」

 

と、その時、シャハラザードが装束を調えながらユラリと立ち上がり、

 

マルジャーナ、ごめんなさいね。わたくしとしたことが、取り乱しました」

「シャハラザード様、しかし……」

「分かっているわ、マル。セルジュークの女傑にとって、婚前の娘が許婚以外の殿方に下着を見られることは、すなわち死を意味します。この屈辱は、わたくしが、みずからの手で晴らします

「……!!!おい貴様、まずい、逃げろ……!」

「え、え!?

 

敵意を剥き出していたマルジャーナに突如「逃げろ」と言われ、俺は面食らった。

と、次の瞬間には赤い閃光が部屋を包み、気付くと俺の体は宙に浮いていた。

 

「花よ、鳥よ、風よ、月よ。セルジューク第三皇女・シャハラザードの名の下に、大罪人に死のダンスを」

 

シャハラザードが呪文を唱えると、部屋の四方から魔方陣が浮かび上がり、俺の四肢を固定して引き裂こうとした。

が、しかし。

 

「ハァッ!」

「な……ッ!?どうして、蛮族が魔法を……?」

伊達に3年も復讐のために魔法研究してねえよ!」

 

俺は3年間の復讐生活の中で、かなり複雑な魔法まで理解でき、分解できるようになっていた。セルジューク国民以外が自分の魔法を分解出来ることに、シャハラザードはかなり驚いているようだった。

 

「……なるほど、あなたの実力は分かりましたわ」

「分かったか!だったらこの場は一旦……」

「わたくしの持てる全ての魔力を、次の魔法に注ぎ込ませていただきます

「シャ、シャハラザード様!いけません、ご自分を見失っては……!」

「はぁぁあ……………」

 

マルジャーナの忠告に耳を傾けることなく、シャハラザードは全身に魔力を漲らせた。

魔力が赤い光となってシャハラザードの体の回りに揺らめくと、地面が強烈に振動し始めた。

 

「い、いけません!このままでは王宮が崩れて……キャァッ!」

 

振動で倒れてきた棚が、マルジャーナのすぐ近くを掠めて倒れた。

いけない、このままでは無関係召使たちまで巻き込んでしまう。

かくなる上は、いちかばちか……

 

「やめろォォォオオオオ!」

 

そう叫びながら、俺は皇女に飛び掛った。

俺は3年間の修行の中で、自分の手に触れた魔法を分解する能力を手に入れた。だから、術者であるシャハラザードの体に触れれば、あるいは彼女の大魔法をも沈静できるかもしれない。

 

「…………………………止まったか……?」

 

無我夢中でシャハラザードに掴み掛かり、床へ倒れこんだ俺は、状況が上手く把握できなかった。しかし、振動は止んでいる。どうやら俺の作戦成功したらしい。

が、何故だ?マルジャーナが俺を蛆虫でも見つめるかのような目で見下ろしている。

と、何だ、この右手の柔らかな感触は。

というか、何だ、この柔らかい床は。

 

「………ぅ、ひっく、ひぐ…うぇーーーーーーーーん」

 

突如、俺の体の下から泣き声が聞こえてきた。

から体を離すと、俺の腕の中に入るような形でシャハラザードが横たわっていた。

そして、俺の右手は、しっかりとシャハラザードの左の乳房を掴んでいた。

 

「っうああああああああああ悪い!本当に済まねえ!!違うんだ、俺はこの手に触れた魔法を分解できるから、その、違うんだ!断じて!そんな!つもり!でh」

「うるさいわよこの変態!!!!!!!!!!!!!!!

 

俺の息も絶え絶えの弁解は空しく、俺の右頬に物凄いスピードでシャハラザードの平手が飛んできた。あまりの衝撃に、脳が揺れる。

 

「そこは魔法じゃねえのな……」

 

そこで再び、俺の記憶は途切れたのだった。

 

── アリババと40人の盗賊と史上最凶の姫君と!? Øさんの作品でした。

 

 

 

まだその原因が風だったら、彼女がこんなに怒り狂うこともなかったかもしれない。あるいは水たまりに映ったのを偶然、たまたま、思いがけず見てしまったとしたら、こんなことにはならなかったかもしれない。白にピンクリボンが付いていたなんて、一瞬にしてこうも細部まで把握してしまう自分の性が誇らしい……じゃなくて、今は憎らしい。

「そこの男、待ちなさーい!」

烈火のごとく、この表現が最適だ。なんて考えている場合じゃなかった。彼女はおっとり清楚系の容姿から想像もつかないようなスピードで追いかけてくる。

「わざとじゃないんだー」

いや、まさか、あのタイミングで傍に女の子が立っているなんて気付かなかったんだ。

 数分前、胸ポケットに入れていたペンを街で落とした。ぼく以外の人間はこれを使って魔法を自在に操るんだけど、ぼくにはなぜか魔法の素質がない。普通の人は命の次くらいにこのペンを大事にしているらしいが、ぼくにとってはいたって平凡なペンぐらいの存在しかないので、外出時に胸ポケットに放り込むくらいにはぞんざいに扱っていた。

「なんだよ、まったく」

 こけはしなかったが、小さい段差につまずいた途端、学校支給されたこのペンがポケットから飛び出たのだ。ぼくはそれを、何の躊躇もなくしゃがんで拾った。そして、何の考えもなしに空を見上げた。その瞬間が、彼女との、いや、彼女の下着との出会いだった。

「許さないんだから、許さないんだから、許さないんだから、許さなーい!」

 だって飛行機が飛ぶ音がしたと思ったんだ。昔、人間飛行機とやらの飛ぶ羽のついた列車に乗ってあちこちを旅したという。でも現在は魔法を使って自分でどこにでも行けるので、飛行機はめったに見られない。何かのイベントでもない限り、事故の原因になるので披露されない。

飛行機飛行機を見ようとしただけなんですー!」

 魔力も体力もほとんどないぼくだが、真っ赤になって飛んでくる彼女から逃げるため、必死に走る。

 彼女ものすごい形相で追いかけてくる。もし今、彼女を横から見ることができれば、なびく腰まである長い髪はとてつもなく美しいだろう。けれど、真正面からしか今のぼくにはとうてい無理な話だ。

なんでぼくがこんな目に。ただペンを落としただけなのに。ペンのバカ野郎。たいして役にも立たないくせに。飛行機のバカ野郎。結局見れなかったし。

人をかきわけ、大通りを突っ走る。ぼくは魔力が極めて少ないので飛ぶことはできない。飛べたらとっくに逃げ切っている。

後ろを向くと、まだ彼女はあきらめない。なんて日だ。ピンクリボンが付いて、あっさりとしたレースのある白いパンツを見てしまったばっかりに……。

でも、もう限界。息がつづかない。ぼくは足を止めた。

 振り返ると、彼女はペンを高々と振り上げていた。そして、頌栄を始めた。もしかして、魔法を使うの? あきらかに虚弱なぼくに?

それに……、やばい、これってもしかして……。

「滅びよ! ゴルゴダのイカヅチ!」

やっぱりー! って、関心している場合じゃない。思わずぼくはペンを取り出し、落ちてくる雷を受け止めた。

 辺りにまばゆい光が広がり、すぐに消えた。

「えー、なんでー!?

あれ? たしかに持てる魔力の全てを込めてペンをにぎりはしたけれど、まさか無効化できるなんて。しかも、ぼくの学校でもできる人が少ないゴルゴダの魔法を……。

あなた! 今、何をしたの! 私の魔法を無効化できるなんて、できるなんて生意気よ!」

 彼女の髪が舞い上がっているのは、目の錯覚ではないだろう。そして、きっと漫画的な怒りを表す効果でもないだろう。これは、人が持てる全魔力を一度に使おうとした時に現れる、女性特有の……。

「み、見てしまったのは謝りますから。謝りますので!」

 ものすごい魔力だ。髪どころか、さっき覗いてしまったスカートまではためいている。

「許さないんだから、許さないんだから、許さないんだから、許さなーい!」

 彼女はまばたき一つなしに、また頌栄を始めた。いや、まさか。さっきのゴルゴダのイカヅチだって、人に向けちゃいけない魔法の一つだって、教わっただろ?

もしかして、ヘブントゥーヘル!?

 天国から地獄にたたき落とされるほどの衝撃だというこの世界最大級の大魔法。どうせぼくには使うことも、ましてや受けることも絶対ないだろうと、教科書には乗っていてもその存在くらいしか知らなかった魔法。

「だったら、なにー?」

頌栄と共に、彼女の足元に魔法陣が完成していく。見回すと、ぼく以上に街の人たちはパニックになっていた。それもそうだ、この街一つ消し飛ぶくらいの魔法なんだから

「やめろ、やめろ。や、やめてください!」

叫んではみるものの、彼女の耳には届かない。

「よくも私のパンツ見たわねー! それに、私の魔法を消すなんて、消すなんてー!」

 このままでは、ぼくの人生どころか、ぼくの街も終わる。

 あのペンさえ、彼女のペンさえ奪えれば、どんなに頌栄をつづけても魔法陣は消える。どうにかしなきゃ。どうにかして彼女から取り上げなきゃ。

 ぼくは走っていた。もうヘトヘトで足がもつれて仕方ない。けれど、彼女の方へと走った。もう時間がない。

 頌栄は最後フレーズに入った。ヘブントゥーヘル、発動まで後五秒……。急げ、ぼく。

 残り、四秒……。やっと魔法陣の中まで入った。すさまじい魔力に、全身の毛穴から汗が沸騰したかのように吹き出る。

 残り、三秒……。

「やめるんだ。ぼくが悪かったから!」

「そんなの当たり前でしょ!」

 残り、二秒……。

 彼女の握るペンに手をのばす。けれど彼女はそれを避けるように腕を振り上げた。

「ペンを離せ!」

「いやよ! 私に命令しないで!」

 一秒……。

 彼女が自分の胸の前でペンを抱きしめるように握り締めた。よし。そこなら届く! ぼくはペンに力いっぱい腕を伸ばした……

 あれ?

 ペンじゃない。

 でも、ヘブントゥーヘルは発動していない。おかしいな。ペンを奪わずに魔法が止まるなんて。

 足元の魔法陣は、きれいさっぱり消えていた。

「あー、よかった。ヘブントゥーヘルなんて発動したら、どうなってたか……」

 目の前の彼女は、ぽかんと口を開けて微妙だにしない。魔力を使いすぎたのかな。もしかして、もう気が済んだとか?

でも、あれ?

 なんだ、この手のやわらかな感触は……。思わずしかめるように、指先を動かしてみる。

 みるみる真っ赤になる彼女の顔。

「キャーー!」

 バシーーーン!

 叫び声とともに飛んできたのは、彼女ビンタだった。

「許さないんだから、許さないんだから、許さないんだから、許さなーい!」

 脳みそが、揺れる。なぜかこんな時に、ピンクリボンの付いた白いレースの下着を思い出す。素材はそう、綿じゃなくて、ツルツルした感じのサテンだった……。

 ぼくの鼻から鼻血が一筋、ツーっとつたった。

 

 ── 『ぼくと彼女のペンの誤り』 春野かなたさんの作品でした。

 

いかがでしたでしょうか。みなさん普段使いの場所で構えずに感想を書いていただければなと思います

 

参考情報

さて、依頼してみて分かったことをさも知っていたかのような素振りで書いていきます。そんなに長くないので、ご参考まで。

 

今回の依頼について

タスク方式」で依頼したため、応募は早い者勝ち執筆時間制限を掛けなかったので、とにかく名乗りさえ上げてもらえば、じっくりと時間をかけて執筆していただたける。無用制限はよくないね。低単価と短納期と高品質は、小学校算数でやった「はじきの法則」に似ている。金と時間ケチるなら品質はそれなりよ。とか言いながらもやっぱムリな場合、応募後に難癖をつけて受け取りを拒否することもできるけど、3,000字も書いてもらって後から無碍にするのはゲスい。

メッセージファイルのやり取りで、うまいこと交渉しつつ修正を掛けてもらうこともできるので、そうゆう事態のために単価はチョイ増しするのがよろしい。

今回の依頼件数は1件だけだったけれど、実は1人目の方の執筆中に書き上げてくださった方がいたので、そちらも買い取らせていただきました。その書き上がりが依頼登録から2時間後のこと。その後1人目の方がキャンセル、そして3人目の方が原稿をアップロードして募集終了になったので、もしかすると他にも構想を練っていた方がいらっしゃったのかも。選手層ぶあつい。募集条件外の取引なら新しい依頼を立てればいいだけだし、特定の人だけに直接依頼することもできるんです。ランサーズユーザー間の合意が全て(すいません利用規約もあります。お互いに得をするなら金銭授受さえランサーズでやれば)取引方法は自由なんです。

でも今回はつつがなく終わりました。お二人共ありがとうございました。

 

依頼してみたい人へ

欲しい点だけ指示して、後をぜんぶ丸投げするならランサーズおすすすめ。依頼者がこだわると、どこまでももつれるからね。

今回とは違う「コンペ方式」で依頼すれば、大勢の作品から1つ選んで「あとは要らない」って言っちゃうこともできる。でもガッツリ書いてもらってから無碍にするのはやっぱりゲスいので、ほんの一部ややや詳しいプロットを出してもらうのがいい。本格的に書いてもらうのはこの人と決めたひとりだけ。変則的募集方法でも事前に明示していれば問題なし。(ただし規約違反っぽい記述があると、誰かがランサーズ事務局通報しただけで中断させられることに。説明を求められちゃうので注意)

また合意さえあればいいので、どんなに低単価・短納期でもやる人間がいればおk。ありえない報酬でも実際に成約しているから現在の相場ができた、というわけなのです。公式サイトじゃないけどこの情報によると月25万円稼ぐ人は現在100人しかいないらしい。毎月収入がある人でも1,000人。まー請負には法定最低賃金とかないんで。むきゅー。なにやらその1,000人を1万人に増やしてかつ食べていけるまで増額するのが今年の目標だ、とも書かれているけどね。一方で総務省によると「右肩上がりの成長市場」らしいっすわ。安倍政権の「一億総活躍社会」の基盤になるかもと俺に期待されてるのがランサーズシステムなんです。いやいいんですよ一億総活躍社会には労働力人口の確保が必要なんだから。まっとうな額にするのは二の次。いやいや成長市場なんだから心配無用

あと依頼する側として気になるのは剽窃? 400字100円の原稿を何百件も募集するようなケースだとコピペチェックが問題になってくるらしい。超限界価格によって試されるのはスピード感マイルドに言うと生産性)だからね、ダメ元でコピペぶち込んで来る人もいる(という先入観がある)わけで。そこで法人にはランサーズ開発部謹製の「コピーコンテンツチェック」が提供されている。どんなデータに基づくのかは秘密だけど、コピペはこれで見つかる(という幻想を見せる)スグレモノだ。これで著作権侵害から損害賠償リスクを無くすことができる(と思われている)。実際に問題になってるのはデザイン方面依頼側の著作権侵害なんだけど。

 

依頼できるジャンルについて

件の記事についたブコメを読むと「ラノベも書いてもらえるんだ!」と思った方は多いらしい。でもなんでもアリなんですよ。ふふふ。こっち系の小説執筆依頼なら他にもありました。それに抱き枕の作画を依頼する人もいるんですよ。こちらは当方注目のクライアント様っす(完全受注生産でカバーの販売もしているみたいっす)。あとは二次創作イラストをポートフォリオとして公開している絵師さんもいるので、みなさんも2万円くらい用意して何か考えてみるといいですよ。相場の現実感を上げてください。

 

最後

あのと*科*超*の設定で落第騎士精霊使いの筋書きをなぞったようなテンプレプロットから、全く世界観の異なる2作品を作って頂きました。原稿をもらった後にも作者名掲載のお願いをしたりして、ちょっと日常には無い経験ができました。もし自分が受注側としてモノ書きをしていたら参考にしたいし「レクチャー」を依頼することもあったかも。実際「Skypeなどでアレコレ教えてほしい」という依頼はあるみたい(でもかなりの高ハードルなため、相応のハイジャンパーしか応募しない)。

久しぶりに見てみるとココナラも賑わってる様子。こちらは受注側が露店開いて待ち構えている(イメージの)サイト。「金払えばはてブ付けますサービスは一掃されてしまっていた。今回お世話になろうと思っていたのに。

 

(この記事本文はクラウドワークス執筆依頼させていただきました)

 

改訂履歴

 

〔本文はCC0募集した2作品はCC BY-SA

2015-07-19

http://anond.hatelabo.jp/20150719095947

おいおい、また聞きだからよく知らないけどって断り入れてるように見えるんだが目の錯覚か?

そこまでよく読みもしないで相手の事を語ってしまうのもなんだかなあ

2015-06-15

http://anond.hatelabo.jp/20150615162151

え? え?

ちょっとまって。

もてるとかもてないとかそういうあざけり方で感性乖離をしめさないで。せめて読解力とか国語力とかそういう方面からお願いします。

ええもてませんとも→もてないからわかんないんだよね/もてないとわかんないよ

いいえもてるんですけど→もてかたがちがうんだね/それもててるっていわない

どっちにしろ無理解を埋めるつもりないような気がするんですけど・・・



とりあえず知りたいのは、お友達あなたの寂しさをわかってるってニュアンスはどこにあるの?そしてどの寂しさがわかってるの?

仕事の?同人の?クリスマスの?彼氏がいないこと?友達彼氏ができたから取り残されたこと?

なんとなく実況風にしておけば雰囲気理解されるだろう目の錯覚アートみたいな感じで話すすめられても、あんた色盲でしょっていわれてるみたいですごい寂しい。

友達のこと、ぜんぜんわかんないよ。もてるひとはそのお友達のこと想像つくの?みんなついてるの?似たストーリーキャラでうめてそれぞれに納得してるわけではないの?


とりあえず、お友達がなにをどれくらい理解しているのか表現してほしい。長い時間一緒だってふうに書いてるんだから全部だよってみたいなことならそれでもいいし。

それなら親子関係なら完全理解って方面であってるみたいなことなら、そういうものなのかなーって思うし。

2015-04-12

エウリアン擁護する

http://anond.hatelabo.jp/20150410101845

エウリアンにはついて行くな

秋葉原などの繁華街絵葉書無料で配っているお姉さんたちがいる。

しかし、ついうっかりお姉さんから絵葉書をもらってはいけない。

言葉巧みに画廊へと連行されて、気が付くと大して価値もない絵(というか版画)を、何十万ものローンを組まされて買う羽目になる(絵画商法)。

ちょっと待ったーッ!!!

エウリアンにも新社会人にも全く興味はないんだけど、版画への冒涜は許さん。

君が代過剰反応する左翼のように、どんな文脈だろうと、どんな事情があろうと、版画をdisられるとプッツんしてしまう。

エウリアンの売る版画というものがどんなものか知らないけれど、これだけは言える。

生でみなければ、版画の魅力はわからない。

否、

 触ってみなければ魅力はわからない! 

断言するけど、江戸時代浮世絵から最近現代作品に至るまでの伝統木版画、これを見たことがある日本人ほとんどいない。

美術館でみたとか、いうけれど、そんなものノーカン

そんなものは、世界の車窓からDVDをみて海外旅行に言ったと言ってるようなもの

本当に伝統木版画は、手にとってみないと意味が無い。

和紙の質感!どんなに拡大しても粒子が見えてこない無断階のグラデーション!摺りによって出来た凹凸!

筆の筆圧まで再現した微妙ラインや色の乗り!

まず、床や机において窓から差し込む斜めからの光のもとでみて堪能。

夜の灯り、仄暗い部屋であたたかみのある間接照明で鑑賞。

テレビ番組映像や、窓から差し込む車のヘッドライトが絵の面を瞬間的に照らした瞬間も美しい。

入ってくる光の方向、光の種類によって、表情が変わる。

そして、やっぱり手に持って鑑賞だ。

パンツが見えそうで見えないグラビアを、下から覗いてみえないはずのパンツを見ようとする、アレを浮世絵でやるとすごい。

ちょっとだけ見える。見えないはずのところが本当に見えてくる。

目の錯覚しかありえないんだけど、紙のたわみと、光の加減で、ときどき本当にみえてくる。

うわぁぁんってなる。

ぶっちゃけ浮世絵美術館、あんな一般展示なんかやめてしまえ!!

額やショーケース越しでしか見れないなら、触れないんなら、カラーコピーで十分だろ!

額装やショーケースに入れる職員の目しかしませられないなんて、時間無駄文化財無駄

触らせないんなら燃やしてしまえ!

よさが微塵も伝わらないのに飾ってみせる価値が有るのか?

1億円と書かれた小切手を飾って見てるようなもんだろ。

小切手は使わないと価値がない。

木版画は、触らないと価値がない。

医学とか物理学とかは、100年前と今では大きく違うけど、絵は、たいした進歩してないだろ?

ぶっちゃけ、1万5000年前のラスコーの壁画と、そのへんの美大生の絵のどっちが上手いかって言ったら、芸術とかよくわからん俺にはどっちが上かわからん

でもね、印刷という技術を手に入れた、触れることが出来る!その素晴らしさ!

俺ね、江戸時代浮世絵価値は認めるよ、でもさ、浮世絵のいいところって、ライブ感なわけ。

絵師が描く、描いた絵は板に貼り付けられて、その上から刀を入れられて紙ごと彫られてゴミとなってしまう。

絵師の絵を活かすも殺すも彫師次第。

それから、色の指定があって、色の数だけまた彫りがあって、そんで摺師が摺って、試しに作ったものに対して、あーでもないこーでもないっていうディスカッションがチーム内でされたわけ。

色の調節をして、時に柄を変えて、セッションによって出来上がる。

売りだしたあとの、町の人々の評判さえも取り込んで、みんなが主役のライブだったわけ。

俺、音楽はよくわかんないけど、たとえしょぼいバンドの小さなライブハウスでのライブでも、有名フィルの録音にも負けない感動があるでしょう?

しょぼいバンドレベルじゃねーの。

一番有名どころだと、北斎あたりだと思うけどね、もうね、ヤバいの。

元々が天才しか努力しまくったらこうなるってやつ。努力ってのが普通努力ってんじゃないの。

だいたいにおいて、他派の画法を学んで破門されたあたりからだけど、もう何でもあり。

大和絵も漢画も銅版画も油絵も、手段を選ばず学んでるようで、見りゃ誰でもわかるんだけど、もうホントヤバい

すべて独学で。本読んで覚えたってより、ひたすら描いて描いて描きまくって吸収したという感じで。

貧乏理由が、お金を封筒でもらったまま中身の確認もせず、支払いの時には「その封筒からもってけ」くらいに無頓着だったからという馬鹿

掃除をすれば、「ここにあった蜘蛛の巣どこ行った?(描きたかったのに)」くらいの馬鹿

誰よりも自信家で、本が売れたのは俺の挿絵が良かったからだ!と言って作者と喧嘩する傲慢な一方で、猫がうまく描けないっていう理由で80歳で悔し泣きをする馬鹿

30回画号を変えるってのがもうよくわからん。たとえば漫画家が30回名前を変えてデビューするとかないだろ。売れっ子新人に戻るってことだろ。馬鹿かと。いや馬鹿だよ。

そんな絵中心のわけのわからない生活を、88歳で死ぬまで続けちゃうってのがもうね。

例えば、水木しげる週刊少年ジャンプで週刊連載をしてて、CG(北斎コンパスや定規やらも使いこなしてるようで、幾何学や製図も知ってる様子。当然おそらく独学)を使いこなし、ありとあらゆるジャンルを書き分け(春画から、行ったことのない中国古典小説挿絵まで)、30回新人デビューとかしてたら、人間じゃないだろと。

なにが妖怪になりたいだ、お前もう妖怪だよ、と。

で、そんな北斎の線ときたら線の始まりから終わりまで、この線以外じゃダメっていうカンペキ。筆の入り、筆の終わり、太さ細さ、もうすごい。線が凄いってわかるってことは、彫師が凄い。フリーハンドじゃアリエナイような精密で、コンパスや定規ではありえないような強弱があり、油絵なら何度でも塗れるだろうし鉛筆なら何度も消せるし、CGなら何度でも書き直せるけど、最小限の輪郭線で森羅万象を切り取ってる。

写真を目指してたんじゃないだろうか。

写真というものがなかったので、目指してたというのは変な話だけど、露光時間調節やピントズレに近い表現があって、写真を目指し、写真を超えたなにか他のステージに足を踏み入れようとしてた、ように思う。写真なんかなかった時代に。

で、それがわかるっていうのは、彫師がすげぇ。

摺師がすげぇ。

俺がこの数ヶ月で買い集めた70枚ほどのほとんどは復刻だけどさ、復刻もまたライブなんだよ。

摺る工程を見せてもらったわけ。

濃い絵の具を数種類用意するだけで、都度混ぜて薄めて版木に塗り、摺る。

なんということだと思わないか?同じものをたくさん作るなら、同じ濃度に調節したプレミックスを作っておくべきだろう?

やっぱり木版画ライブ

絵師と彫師と摺師だけじゃないの。

版木を作る職人、紙を漉く職人、紙にドーサを塗る職人、絵の具を作る職人、バレンを作る職人、数えきれない職人たちのライブ木版画

から響いてくる!

で、ライブが存続するためには、絶えず誰かが買わないとダメなわけ。

たまに1千万でお買い上げってんじゃ、ダメなの。

仕事がないと、職人は消えちゃうの。

材木から板を作る職人は消えちまったそうだよ。ただ板を平らにするだけじゃダメらしい。

バレンを作る職人も消えかけらしい。

からさ、エウリアン木版画を扱ってるかどうかはしらんけど、なりふり構わず売るということは少し理解できる。

だって、1ファンとして、こんな見苦しく匿名掲示板で見苦しく宣伝してるけどさ、どうせ中の人だろ、ステマうぜえって思われてるんだろうけど。

売れないと文化死ぬんだ!

日本中の浮世絵美術館燃えることより、職人がいなくなることのほうが損失はずっとずっとずっとデカいんだよ!

復刻浮世絵なんて一万円そこそこで買えるんだよ!

数万円となった山桜の版木を何枚も使うわけだし、キャリア何十年の職人が一月かけて彫るだけで、いくらの人件費だ?

キャリア何十年の摺りの職人が、今では手に入らない材料自作した絵の具で、人間国宝が作った紙に摺る。

一枚200枚やそこらは売れないと滅びるだろ。

お願いだから買ってやってくれよ。

俺がビルゲイツだったら、もっと買ってやれるんだけど、安月給なサラリーマンじゃこれが限界なんだよ。

財布に入ってる1万円札、あれに1万円の価値があるのか?あんな小さな銅版画にわくわくするか?

日本人なら和紙木版画サイズだってお札よりずっと大きい!

せっかくだから文句を言いたい。

千円札富士山わからんでもない。写真を銅版画にするなら許せる。

5千円札、2千円札屏風絵を銅版画にするとか、絵巻物を銅版画にするとか馬鹿なの?オマージュにしたって、もうちょっと工夫しろよ。

100万円札を和紙で作れ!木版画で作れ!一枚一枚違う味があって味があるだろ!

偽造されてしまう?

偽造けっこう!本物と見紛うような彫りと摺りの技術世界中に溢れれば、日本銀行の信用がどうなろうと、人類幸福絶対量は増加する!

木版画紙幣の発行は無理でも、一つの可能性として、造幣局で木版技術に関わる職人を世話してやってはくれないだろうか。

造幣局に一人くらい、材木から板を作る職人がいたり、絵の具を調合する職人がいたっていいだろう?

多少脱線しましたが、そういうわけで、ちょっとだけエウリアン擁護してみました。

終わり。

追記

考えてみればライブって凄いよな、芸術家って、基本的に俺が俺がじゃないか。

版画作家なんてものは、絵も彫りも摺りも自分で、俺が俺が。

当然だけど、絵も彫りも摺りも極めることなんか出来ない。

それが、分業制、買う客の声も含めて、一人一人が主人公、思いがけない方向に転ぶ面白さ。

今でも、現代作家が版画にするために専門業者に頼んだりはするけれど、基本は作家意思が優先で、作家作品という域を出ない。

やはり、売れないことには、ちまたに溢れないことには、あれがいいこれがいいと話題の中心が木版画にならないことには、木版画未来はない。

音楽としてどうかはわからないけど、AKBの会いにいけるアイドルという路線は、一つ評価したい。

あれが、理想の姿。

巷に日々木版画が溢れ、あれがいいこれがいいと、皆が好きに意見を言う。

町の人々の意見を取り入れ、流行の先端を走り、絵師や彫師摺師が腕を振るう。

まらんじゃあないか。

2014-12-30

保健医ライトノベル

ライトノベル、というジャンルがある」

保健医先生が言った。先生の長い黒髪さらり、と肩に落ち、羽織った白衣に黒い曲線を描いた。白衣の下に紫のセーターが覗いている。先生は続けた。

「それを好んで買い集めるものもいれば、嫌うものもいる。それを嫌う彼らにとっては、ライトノベル生理的に受け付けないのかも知れないな」

ストーブに乗ったヤカンがシューシューと音を立てている。保健室の窓から覗く外は、もう暗かった。

面白いと思わないか?ライトノベルを嫌う彼らは『自分ライトノベルが嫌いだ』と言って回るんだ。ネットにそう書き込んだりしてね」

先生の声は女性にしては、少し低い。でもそれは、先生の口調とよく合っているように思えた。

「でもね、本当にライトノベルに興味が無いのだったら、ただ無視すればいい。私にとっては駅前の『富士そば』が視界に入らないのと同じだよ。だが彼らは違う。ライトノベルは気持ち悪い、低俗ゴミクズだ、と声高に叫ぶんだ。いや、『叫ばずにはいられない』んだ」 先生の丸眼鏡から覗く瞳が、ぎらり、と光った。目の錯覚か、片方の瞳が赤色に輝いたように感じられた。


ザアッ、と強い風が吹き、窓から見える木が大きく揺れた。黄色味を帯びた年代物の蛍光灯チチチ、と点滅し、そして消えた。保健室は真っ暗になった。

やれやれ、これだから田舎は」蛍光灯の紐を二度、ガチャガチャ、と引っ張る音が聞こえた。

たっぷり5秒の間を置いて、蛍光灯が、ききき、きーん、と小さな音を立てた。蛍光灯が部屋を照らした。


蛍光灯の下にいたのは、先生ではなく、人でもない、

『何か』だった。

人のような形をしたその『何か』は、細い、黒いハリガネのようなものの塊だった。うねうねと蠢くハリガネに目を凝らすと、各々が形を持っているのがわかった。『保険医』 『黒髪』 『白衣』 ---- ハリガネの一つ一つが、文字を形作っている。文字記号の塊が集まって、人の形をして動いているのだった。馬鹿げたことに、文字記号はどれも明朝体フォントで書かれていた。

ハスキーボイス』 『男口調』 『紫の縦縞セーター』 …塊から覗く、どこかで見たことのある記号たち。記号が集まり人形となって、人のフリをして動いていることが急におぞましく感じられた。全身の毛がぞわり、と総毛立った。

「おい、どうかしたのか?」 塊が言った。動くたびに、がちゃ、がちゃ、と音が鳴った。塊がぐるり、とこちらを向いた。頭らしき場所にある『丸眼鏡』と『灼眼』の二つの文字がぶつかり、ギギギィ、と耳障りな音を立てた。

「顔が青いぞ。大丈夫か?」 塊の右腕らしきものがこちらに伸びてくる。腕には『実は主人公の事が好き』の文字が見えた。限界だった。もうやめてくれ、と叫ばずにはいられなかった。腕を振り払い、塊を突き飛ばした。塊は尻餅をついた。その拍子にぶつかったヤカンから、熱湯が飛び散った。


やれやれ

塊が言った。

「君はきっと『大丈夫』だと思ったんだが」 さほど驚いた様子もなく、塊は続けた。

「『視えて』しまうんだろう。私の姿が。残念なことだ」 塊は立ち上がり、ぱん、ぱん、と掛かった熱湯を払う。

忠告するよ。自分の体だけは見ないほうがいい。まだ、『ネタばれ』はしたくないだろう?」

塊がゆっくりとこちらに迫ってくる。とてもではないが、自分の体を見る気にはなれなかった。

2014-12-08

http://anond.hatelabo.jp/20141207111325

お前さ・・・それ本気で言ってる?

着用者の外見的個性を最も良い形で引き出すのが服飾の大きな目的なんだよ。

目の錯覚と言ってしまえばそれまでだが、現実イケてる」は目の錯覚によって作られてるわけで。

逆に言えばブサイクも老いも、個性と服のミスマッチが引き起こす目の錯覚で、そう見えてるだけの可能性が高い。

勿論服だけ良くてもダメで、まずは髪型からって話だけどな。

そもそも若いうちは勢いだけで大抵のデザイン・素材・色柄を着こなせるんだよ。

でも歳を取ると、似合う・似合わないの差が顕著に出てくる。

そのとき服のセンスが備わってないと、フォローのしようがないくらいダサくなる。

からオシャレというのは、むしろ歳を取ってからのほうが重要

2014-02-03

http://anond.hatelabo.jp/20140203104318

違う。

昔のファッション流行でも、似合っている人とそうでない人がいる。


そもそも似合うというのは、その人が最も健康的に見えていることなんだけど、そこは顔立ちとかで個性があって、それで「似合う」の形容が「若々しい」「大人っぽい」「華やか」「渋い」という具合に違ってくる。

ただ、どれもその人の個性が最も健康的に輝いたときであることは共通している。

逆に「子供っぽい」「老けて見える」「ケバい」「モサい」は身につけている物がその人の個性を殺した場合の形容。

まあどっちにせよ目の錯覚ではあるんだけどね。

ぶっちゃけCanCamは 派手すぎる。

うん、「世の中の大半の女性にとっては」派手すぎだと思う。

でも元増田が似合わないかどうかは分からない。

しかしたら青文字系は地味すぎて物足りないかも知れないし。

2013-08-22

http://anond.hatelabo.jp/20130821151924

20年前にうんぬんかんぬん書いた者ですが、今言われているデッサン力という言葉には誤用があると思います

デッサンというのはフランス語翻訳すると「素描」となります。目で見たそのままを写すことがデッサンです。つまり誇張したり、形を変えてはいけないんですね。形が狂っていないのは最低条件です。

デッサンをする時に大切なこととして、空間表現することが挙げられます。そのために必要なのは、光の移り変わりを丁寧に描写すること、描く対象のことをモチーフと言いますモチーフの表面に現れた陰を丁寧に描写すること、それらを通じてモチーフの重さや触った時の質感まで見た人に伝えることを目指すのがデッサンです。その時に、輪郭線は邪魔ものになります

今言われているデッサン力というのは、漫画キャラクター自然に見えるとか、魅力的に見えるとか、そういうことを目指しているのかなぁとおもっていますが、デフォルメされたキャラクターを描く時に必要なのは、見たままを描く力ではなく、自分の頭の中で想像して世界を構築する力なのでデッサン力とは別のものです。多くの場合モチーフの光や陰などは描写されませんし。デッサンでも多少形の誇張もおこなわれますが、それは目の錯覚を再現するためにおこなわれます

まぁ、デッサンする時にも想像力必要なのですが、それはあくまで実際にある物を再現するためにのみ発揮されるので別物と言っていいでしょう。

では、手塚治虫などはどうだったのかというと、その違いは明確に意識していたのではないでしょうか。

その当時の漫画家モチーフを正確に描けるようになってから漫画を描きたいと思っていたのかな、と想像します。藤子不二雄の描くトキワ荘でもヌードデッサンを描きに行く描写があったかと思いますし。

あ、ちなみに中居正広番組でやっているデッサンのコーナーですが、あの多くは技術的にまだまだ未熟ですし、形が狂っていて明暗はあまり描き込まれずイラスト的な表現が多いので世間デッサン力を誤解させる原因の一つかなと思います

ということで、まとめると、現在世間で広く言われているデッサン力は本来の意味とは異なり混同されていると思います。また、漫画イラスト自然に描く力とは別のものだと思います

2013-02-09

うまくいかないこと

20代半ばまで絵に描いたようなキモメンで、それまでの人間関係もこれまた絵に描いたような黒歴史だった。とてもありがちだけど。

就職してからようやく自由に使えるお金が増えたので身だしなみの改善に取り組み、30過ぎる頃には初対面の相手が見た目だけで警戒してくることは皆無になった。

それどころか、「美形」「ハンサム」「イケメン」「すごく若く見える」などと言ってくれる人が結構出てきた。

いやそれはそう見えるだけですから目の錯覚ですから。皆さん、自分学生時代のことを知らないだけですから

嬉しさは微塵もないというか、ただただ戸惑いを隠せない。


しかしながら、持って生まれた独善的な性格と非言語コミュニケーションの壊滅的なダメさもあって、未だに独身

要するにキモメンなのは見た目だけじゃなくて性格込みでしたと。むしろ性格の問題の方が遥かに大きかったわけだ。

30半ばでこの体たらくでは、身だしなみと違って改善の見込みは絶望的だろう。

多分人生のピークは一生来ない。そもそもジジイになってから来られても困るし。

まあそれでも生きていくしかないわけで。


さて、そんな風に自分自身に見切りをつけている時点で、寄ってくる女なんていなくなるはずなのだが、現実はそうでもなかったりする。

どんな女が近づいてくるかというと、「面識が殆ど無い、サッカー部イケメン先輩に憧れる」女子中学生みたいなメンタルのまま成長が止まっている人。

「お前は俺の何が好きになったわけ?ちゃんと俺のこと見た上で好きなのかよ」といつも思わされる。

こっちは別にその人の普段の行いに魅力を感じるわけでもないし。


そしてメンタルがそのレベルなら身なりも最低。センス無いだけじゃなくて清潔感ゼロぶっちゃけ薄汚かったり見すぼらしかったりする。

これではデートに連れていけない。無理。

この人の母親友達はあの格好をなんとも思わないのだろうか。正直文句を言ってやりたくなるけど、既に見捨てられているのだとしたら言っても仕方がないし。

しかも気持ちが大事愛が大事と言わんばかりに「好きだ!」という想いだけで垣根を乗り越えてこようとする。そんな男子中学生みたいな行動力がマジで怖い。

「つーかお前、面食いのくせに自分もそれになんとか釣り合おうとか努力しないの?」という当たり前の疑問が生じるけど、自分中学生だった当時を振り返ると、多分言ってもわからないだろう。

こんな女しか寄ってこないならぼっちのほうが全然マシだと思わされる。

性格キモメンだって選ぶ権利はあるんだぜ?


まあ、増田にこんな高慢尊大愚痴を書いている時点で、まともな出会いがないのは当たり前かも知れないけど、まともでない人間でもまともでないなりに悩みはあるという話。

2012-12-05

そこに既にid:the_sun_also_risesの問題点が明らかになっている

http://anond.hatelabo.jp/20121203102218

そもそも、

id:the_sun_also_risesの書き込みは、たまに見かける限り、

「これこれこうだからコレは正しい」「これこれこうだからこれは間違っている」

という議論の最低限はクリアしてるように見える。

たまにじゃなくよく見てみるといいかもね。

「ように見える」ばかりで君の主観しかない上に

元増田を含めてはてサのかなりの人はこれが出来ていない。

とか他対一の比較に何の意味があるのかおかしくて突っ込む気にすらならないね

件の御仁のブコメ群を見れば具体例をあげるまでもないが

「これこれはこれこれだ。だがしかしこれこれであるべき。」

というのもたまに(笑)見かける同意をするふりをしてひっくり返すテンプレで当然本人が言いたいのは後段の部分であって中身は他のネトウヨ罵倒を込めて言ってることと大差ないよね。だがしかしワンクッションが入ることでうまいこと言ってる「ように見える」(笑)という程度のものだね。

はてサはそういう技巧がなってない人が多いので駆使しろという事ならまぁわからないでもないが、僕は最低限にすら及んでない人間が多すぎるというのは言い過ぎの気もするよ。

無駄に攻撃や侮蔑を含めることもあまりないように見える。)

も見えるだけで件の御人は自分侮蔑を含めるコメをすることは少ないが他の連中の罵倒差別コメには平気でスターをつけるし、逆にそういう連中からスターもらっておいて嬉しそうだったりするよね。

一方でそういう連中と僕は違うんだということを殊更にPRすることを忘れない所もなんとも言えない卑怯な側面だね。

他にも例えば↓では無駄に攻撃していたりするわけで

http://b.hatena.ne.jp/entry/sankei.jp.msn.com/world/news/120812/erp12081223360004-n1.htm

ここから不毛メタブクマが続くわけだがこれが秀逸でid:bt-shouichiに異常なまでの上から目線で返す

「君ははじめてだね。よろしく。覚えておくよ。」

かいうのも時として言い回しは変わるが逃げるときテンプレだよ。虚勢を張るというのはこういうことをいうのだね。

わざわざID作ってまで返すやり方には呆れるしかないが僕はこんな応対されてるにもかかわらずマシといってもらえるだけましだと思うよ。

あぁ保守良心だったね。

そういう人でもある程度の頻度でこういう感じになる。というより殆どこういう感じ。

最低限はクリアしてるように見えるのは見たいものしか見ない目の錯覚だったようだね。

まぁ登場した頃に赤い月があまりにも気持ち悪いアイコンだったのでブクマを見に行ったらセルクマ

http://b.hatena.ne.jp/entry/b.hatena.ne.jp/the_sun_also_rises/

僕のことをネトウヨというのかねはてサの皆さんは(今はもう消えている!)とか言うようなコメがあって気持ち悪い予防線張ってるなと思ったが、しばらくするとブクマされたりIDコールされるとまともに答えず「コレクションだ」「コレクションが増えたありがとう」とか他人を舐めたこと言い出すようになってそれではさすがにバカにし過ぎだろうと僕は思ったね。

さすがに今は辞めたようだがこうなると最低限をクリアするどころか最低だ。

ところで早速お褒めの言葉を頂戴したようだよ。

http://b.hatena.ne.jp/the_sun_also_rises/20121204#bookmark-122724610

id:the_sun_also_rises ありがとうレッテル貼りする人、僕をテンプレ批判する人ってまだ語彙が少なく表現力がないのだと思ってる。何か非難したいのだがうまく言えないという感じじゃないかな。はてなに限らずそのレベルの人が多いと思う 2012/12/04

突っ込まれて二進も三進も行かなくなると「君は言葉が汚いね」だの自分からずれたこと答えを言っておいて咬み合わないと「論点ずらしかい」などの逃げ口上テンプレレッテルを貼りけむにまく人のセリフとは思えない。

語彙が少なく表現力がないのは誰だろうね。なんというか某所で見かける勝利宣言かと思ったよ(笑)やれやれ

以下蛇足

1.上のブクマにもブログ書いてないのがもったいないとか言うコメがあったり本人も違うところでブログを書いてるようなことをほのめかしたことがあるが「僕はこれこれだね。」を連発する件の御仁にまともなことは書けないと思っている。書かないのではなく書けない。そういうキャラ作りしてるという見方もあるが自分は天然と見る。短いフレーズを断言口調で言うとなんでもそれっぽく見えるだけなので論客かどうかとは別の話。

2.元増田にも指摘があるように都合よく曲解するくせがあるのか元々読解力がないのかわからないが多分本人はテンプレ意味をよく理解していないと思われる。こういうことがしばしば見受けられるが「何か非難したいのだがうまく言えないという感じじゃないかな。」というコメから察するに相手言うことが本当に理解できてない可能性が高い事がわかった。多分あんまりする気もないのだろう。

3.そもそもはてブは議論に適したツールではないしそうである必要もない。増田の前提から無理があるのは自明ブクマは基本言いっぱなしだし字数も限られる。なのでこれで「はてな政治クラスタの全体的な低レベルさ・残念さ」とか言うのはフェアではないと思う。はてブのような構造での元増田が考える「全体的に高レベルで残念でない政治クラスタ」というものがどこに存在するのか知りたいと思った。

4.セルクマコメIDタグにするといういやらしいやり方を見てもわかるように本人はやり込める気まんまんでいたんだろうけどそう思っているのは本人だけでわかっている人は関わっても暖簾に腕押しでだめだこりゃというのが正直な感想ではないかな。

2011-01-18

http://anond.hatelabo.jp/20110118102911

大本は

http://yensdesign.com/2008/11/creating-ajax-websites-based-on-anchor-navigation/

この辺みたいなんだけど・・・

どうやってページ内リンクをフックしてるんだろう?とおもったら・・・

SetIntervalでタイマ監視 しているように見えるのは

僕の目の錯覚ですか? CPUにやさしくねーwww いいけど

 

ほんと、Webサービスはなんでもありだなぁ・・・自由だorz

2010-06-29

昔よりは減ったんだろうけど、

まだまだ男達は媚びてくるんだろう?

それで好きなように遊んでるんじゃん。

気にするな。そのまま調子に乗ってじゃんじゃん遊べ。

純愛とかそういうのは気のせいだ。目の錯覚か何かだ。そんなものは存在しない。

だから、気にせずそのまま遊んでいろ。

お前の事が好きな男は腐るほどいるぞ。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん