「錯視」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 錯視とは

2020-09-16

錯視)この目の錯覚が凄すぎてもはや理解不能!!(だまし絵

360°どこから見てもパンティーに見えるパンティ

2020-08-15

anond:20200815140324

ラブライブスカートのシワは、錯視だまし絵みたいなもんだと思う。

エロく見えてしまったらエロく見えるし、そう見えなかったらそう見えない。

2020-08-05

地図の陸と海

比較的単純な地図を見ていて、陸を海を勘違いしていた時に、2秒くらいして、あ、これはヨーロッパ地図だと分かる瞬間が好き。

ルビンのツボの錯視コロコロ入れ替わるみたいな感じ。

2020-07-05

なんとなく伝われ

この世の中には2つの考え方があって

1.生きるに値する意味のある人生

ってのと

2.人生とは生きるに値する意味のあるもの

ってやつ。

どっちの考え方が間違いというわけでも無いけど、基本的に2番の考え方がよくて

これが直感にわからない人は一生苦しんで生きることになる(かもね)

もし生きるに値しない、意味のない人生だったら、そいつは早晩死ぬことになる

死ぬことはまぁ不幸だよ。ここでイチャモンつけてくるやつには話していない。

本来この世界には生きる目的なんてのは無いから。そんなことはない!っていうやつは物語とか虚構に毒されている夢見がちの脳みそ花畑なんだろう。まぁ気持ちはわかるお前の人生意味がないって言われて気分のいいやつはいない

でもここで言いたいのは俺は人生自体意味があるんだとしたら、生きる目的なんてのはあろうがなかろうが、人生を歩んでいる限り何かしら有意義であり続けられるということを言いたい。

これは考え方の話です。事実かどうかはどうでもいい。

なぜなら心の問題からです。物理的には人間生命活動しているだけなので、目的を持って有意義に生きている人間と、ぶらぶら生きている人間の間に、なんの違いもありません。

絵を書いているから、歌を歌っているから、株取引利益出したから、意味があるって思ってるかもしれんけど、それ人間社会中の人間のココロの動きなだけだからな。

宇宙的な物理的な観点で見たら、アリが蟻塚作ったりビーバーダム作ったり、産後サンゴ礁作るのと一緒で、意味がどうとか言うより、ただそれがそこに人間によって作り出されたというだけの減少でしか無いわけ。

その人間の御業に感動し意味づけをするのは人間の心です。なので人間の心のない人にとっては、歌も漫画も、ドラマ映画も、なんにも響かないし、無意味です。

さて人間はなにか意味のある活動をしているのでしょうか。意味はある。確かにある。でもそれは人間の心の動きの中で、意味概念とか創作価値とか人生価値とか、そういった概念とかがある思考の中で定義づけされている、一種虚構であります

なので、意味のあるなし、というのは、乱暴に言えば心の持ちようなのです。

さてこの文章人生意味について書いています

意味のある人生ではない。という悲しい苦しみがあります。ありがちます

これは人生意味がある、必要である、という雑い一般常識に毒されている残念な思考に囚われているために起こる、錯視的な苦しみです。

意味ってのは人間主観的に見て、色付けしていく心の動きなので、無意味、というふうに心が思想が、思考が判定してしまったら、どんな崇高な偉業も無意味になります

月に行ったからなんだって言うんだ。それってなんの意味があるの?

橋を作って通行時間が短縮したってなんの意味があるの?そんなに急いで物資人間流通させる意味あるの?

意味があるかどうかは、人の考え方や思考で決定されます乱暴に言えば意味があるかどうかは心のありようです。

ここまで書いたら「意味のある人生を送る」ことがどれだけ脆弱危険思想なのかと言うことに気がつくかもしれません。

意味」はこころの持ちようでかんたんに崩れるものです。そういった脆弱概念自分の生死を左右する「人生」を乗せることは、バカのする選択です。

バカのする選択なんだけど、割と「意味のある人生」とか「意義のある人生」みたいな概念ってさも常識であるかのように世間一般にまかり通ってる気がするんですよね。そうでもない?そうだと思います

不幸な人間の多くは割とこの考え方が根本にあって、社会的に認められないのなら生きている意味ないとか、

人付き合いが下手だったら生きている意味ないとか、頭悪いから生きている意味ないとか、

不要人生を送っているという、妄想に近い苦しみに苦しんでいるんじゃないでしょうか。

ここで最初に言っていた「人生とは生きるに値する意味のあるもの」っていう考え方が、効率的無駄に苦しみを生み出さない考え方になると思うんだよね。

人生自体には生きるに値する意味があるなら、人生が続く限り人生は生きるに値する価値あるものになるわけ。

トートロジーだし、こじつけっぽいけど、本来人生意味があろうがなかろうがどっちでもいいというか、人生自体基本的無意味で、なんで私達が生きているの買っていのは、単純に私達が産み落とされただけだし、その後の人生をどのように送ろうが死のうが、それ自体にも意味なんてものは無いわけですよ。

それに意味をつけるのは人間の目、人間の心で、

もし、無人島でひとりでに生まれて、最後まで自分以外の人間に遭遇することなく死んだ人が居たとしたら、その人の人生意味ってのは、その人自身しか観測者が居ないので、その人が決めた心のありようだけですべて決定されるわけです。

この人が最高の人生だと思って居たのなら、最高の人生だし、最低の人生だと思っていたら最低の人生なわけです。

でもこの人の人生無意味。って言うふうに見える人がいるだろ!みたいな反論が聞こえてきました(幻聴)

見えますか?見えるでしょうね。それはあなたの心がそういうふうに見ているだけで、その人の人生意味があるかどうかとは、全然関係いからです。

他人が見て人生意味があるかどうか判定することは不可能です。人生意味というのは人間の心の持ちようでいくらでも変化します。これはその人生、その人自身の心の持ちようだけではなく、周囲の他人の心の持ちようにも現れます

あなたから見てゴミみたいな人生を送っている人がいることと、その人がゴミみたいな人生を送っているかどうかは、全然関係ありません。

人生意味他人が決めつけたり、決定したりすることはできません。なぜなら心の問題からです。

これは自分人生無意味だと思いこんでる人にも当てはまることで、周りから普通人生に見えていても、本人が無意味絶望的な人生を送っている(と考えている)限り、その人にとっては紛れもなく無意味絶望的な人生主観的に確実に事実として認識されます

なので「意味のある人生」という考え方にとらわれるのは本当に危険です。

人生は生きているだけで意味がある」という無難な考え方にしとけ。

2020-03-06

身長差のある二人が並んで立っていると高身長のほうを「普通身長」と認識してしま現象

ってない?

ドンチッチ201cmでアザール175cmなんだけど、アザールがめちゃくちゃ小さいように感じてしまう。

アザール普通ドンチッチがめちゃくちゃ大きい」とは感じないのが不思議だ。

この「パッと見たときに背の高い方を基準にしてしまう」感覚って錯視みたいなものなんだろうか。

2020-02-15

映画ポスターってどこに貼ってあるの?

スカートがスケスケになっているともっぱらの話題になってる例のポスターを眺めて、

なにか書こうかなと思っていたら興味が横滑りしてなぜか『ホステル パート2』ポスターの変遷を再確認してしまう。

連休金曜日の夜の使い方としてすごく生産的ですよね。

映画秘宝でちょろっとまとめられていたのを見たことがあったのだが、

だいぶ昔の話なので軽くググったら再確認できた(現物も手元に今ないし)。

最初ポスターがなんかお肉の断面がどーんと全体に大きく陣取ってるヤツで、

これがグロすぎる! ってことで次にリリースされたのが生首抱えた女の人の横姿ポスター

生首持ってるのも問題だし、

チチも見えてるし、

第一モデルの女の人首なくなっとるやん!

(つまり斬首された女性が裸で自分の頭を手に持っているという超カッチョイイ構図なのだ最初からこう書けばよかったですね) 

ほんで、この第二弾もヤメになったので、「じゃあこうすれば文句ないじゃろ」的なヤケクソ感覚(かどうかは知らんが、秘宝の紹介だとそのように書いてあった)で投入されたのが二つを合成した省エネポスター

Hostel Part 2とかでググる簡単に出てくるので目の保養に見てみるのがオススメ

と、ここまで考えてはたとそもそも映画ポスターってどこに貼ってあるのかなあと思い至ったわけです。

中学生くらいまでは町内の掲示板的なところに近場の映画館でやる映画ポスター貼ってあった気がする。

よく塾の帰りに親のお迎えがくるまでの間、ひまつぶしに眺めていた気がする。

ひるがえって、いま映画ポスターが貼ってあるところとして思い浮かぶ場所ってほとんどないんだよね。シネコン入り口とかくらい? 町内の掲示板的なものに今も貼ってあるのかもしれないが、なかなか見に行こうとしないですね。

どうして日本映画ポスター情報量多めになっていてそれ以外ではシンプルなつくりになってるの、的な話題も、「ポスター」に求めらている機能がもしかすると違うのではあるまいかとはちょっと思った。

映画館でタダでくばってるちいさな公開予定作品のチラシを思い出してそう考えたわけですが。チラシだとしたら・・・情報量多い方がなんとなくうれしい気がする。日本以外であーゆーチラシを置いているのか知らないですケド。

食品パッケージのいろいろな表示もいっぱいいろんなことが書いてあったほうが食事してるときに読む文字が増えてなんとなくうれしい。つい読んじゃうよね、納豆パックの成分表示とか。

できれば昔の映画ポスターみたいに出演者の顔が丸で切り抜かれてそれぞれの名前とともに端のほうに並べられていてほしい。

あ、スカートスケスケの件は俺はスケスケにどうしても見えなかった派なのだが、

戯れにテキトーなビューアーで開いて縮小してみたら理解を得ました。

白金-青黒ドレスとか、どっちの方向にも回転して見えるシルエット錯視みたいなものだなあ。

人間の脳って不思議ですよね。

白金-青黒ドレス」を光源色(光源スペクトル)の推定物体の分光反射率推定問題として考えると、

うまいこと「いか人間ものを見るときにそれまでの経験や未知のメカニズムによって影響されてしまうか」的な話ができて楽しいかもしれない。なんか俺の日本語が下手なせいもあるかもしれないけどなんでこんな下手な例え話を使ってしまうのか。

上手いことやるとぼくの考えた京極堂みたいな感じになるはずなのでがんばれ俺。俺はやればできる子(やらない)

合言葉は上手いことやれ、で。

2020-02-12

東京大学前期教養総合科目感想

適当感想を述べる。ただの主観なので履修に悩んでいる人はシラバスと逆評定を読め。L系列については書かない。

A系

記号論理学Ⅰ(理科生)

「¬A ∧ (A ∨ B) ⇒ B」みたいな命題証明を、ある規則に従って行ったりする。理科生的には数学の根源を掘っているみたいで楽しい

B系

C系列

現代経済理論

全13回の授業で毎回違う教員がいろいろ話をしてくれる。各回ごとにレポート課題が出るが、最終的に提出するのは1つだった。単位関係あるのは実質1回だけなので、結構気楽に聞くことができて癒しになる。普通講義は毎回理解を求められるが、この授業は理解できなければその回のレポート課題を選ばなければよいだけなので。

D系列

認知脳科学

人間認知機能と脳機能関係をやる。説明の都合なのか話題の9割が視覚特に錯視)についてだった。脱線が激しすぎて全体的に何を言いたいのかいまいちわからない。ノートスライド教科書を見比べまくってなんとかしたが面倒すぎた。良い勉強方法最後までわからない。

環境物質科学

学際の香りがする。主に扱うのは二酸化炭素オゾンホールプラスチックダイオキシン。「地球温室効果がなかったら気温は-15℃」というのはよく聞くと思うが、その根拠エネルギー収支の計算から示したりする。意外と覚えることは多い(フロン番号の命名規則とか)。

E系列

有機反応化学

印象がない。新しいことを学んだ気がしない。とにかく簡単だった。

基礎化学

天下り的にいろんな化学が降ってくるが、具体的な理論づけは全くやらないので結局暗記ゲーと化した。基礎化学で扱う内容は、後々その他の化学系の科目で詳しく扱うので正直取る意味がなかったと思う。

化学平衡と反応速度

熱力学の更なる応用みたいな感じ。ルシャトリエの原理とかの証明をしたり、酵素の阻害剤がどう働くのかをやる。学ぶところが多くて楽しい結構難易度は高い。

F系列

解析学基礎

なにもわからん

アルゴリズム入門

Pythonやってれば楽勝。Python実用みたいな感じ。アルゴリズム力よりコーディング力が付く。

計算プログラミング

アルゴリズム入門よりアルゴリズム寄り。ダイクストラ法とかやる。毎回課題が出るので面倒さは結構ある。アルゴリズム好きな人楽しいと思う。

2019-11-24

爆睡パズル部・錯視裏技←つまら

動画面白かった。ゲーム買った。つまらんかった。

Superliminal ってタイトルゲームね。

youtubeの実況動画をいくつか見て、視覚効果を使ったトリック重視のwitnessかな?と思ってポチったけど完全に外れ。

一応エンディングは見ました。この後すごい二週目とかあったらすまん。

タイトル動画では

遠近法を利用してドラッグしたアイテムの大きさを変える

視点を合わせて、隠れているオブジェクトを見つける(3DSであった"アッタコレダ"ってゲームみたいなの)

トリックが出てきたけど、ネタとしてはこれでほぼ終わり。

中盤はひたすらループ。ここのホラー演出はちょとよかった。

よかったけど、序盤にも終盤にもホラー演出は無くて この演出何だったんだ感がすごい。

夢だからなんでもアリと言えばアリだが・・・

終盤は「壁だと思った?実は通路がありましたーw」の連続全然パズル的楽しみは無い。

自販機コーラとか消化器、謎のスイッチは(自分プレイでは)何の仕込みも無かった。

一番イラついたのが、終盤のポエム

プレイヤーは夢の中で何かを楽しむサービス被験者で、エラーが起きて夢から覚めれなくなったらしいのだが

「夢から覚めると、あなたの見るものが変わって見えるでしょう」みたいなポエムが延々と流れていてつらかった。

エンディングも、こういうのは難しいパズルを解いてやったーエンディング! だと思うけど

ポエムを聞き流しながら壁探しゲームをしていたらいつの間にかエンディングって感じ。

2000円だったけど、その価値は無いな。せいぜい500円。

ニコニコでこの実況動画を上げてる人が居るけど、たぶん失踪すると思う。つまらんくて。

2019-10-26

anond:20191026144219

は?

お前どんだけ普通人間ハードル極限まで上げりゃ気がすむんや

何が「策士でも何でもなく普通人間なら考えると思う」や勝手に思ってろお前の脳内普通がどんだけ策士錯視しとるか思い知らせたろかワレ?

2019-09-27

ビビットアーミー

なんか微妙美少女アンドエロっぽい感じ押しの広告よくみるけど

この前流行った「乳揺れ」「錯視」を取り入れてて、あ、俺らみたいなのが広告担当してるんだなって感じた

2019-07-25

anond:20190725143036

正しくは、嘘は書いていないが、本音事実を全部書いてもいない。

ってところじゃないかねぇ・・。

断片的な一部を書くことで、誤った全体像想像してしまったとしたら、それは想像する側の問題であって、

書いた側が嘘を書いたわけじゃない。

水玉コラ錯視

http://blog-imgs-82.fc2.com/o/p/t/opticalillusion48/kuramochi_04.png

水着姿の写真なのに、一部を隠すことであたかも裸に錯覚してしまうやつ。

2019-06-12

動いてないGIFピーポー君を見て精神障碍者犯罪は罪に問えないもしゃ

https://twitter.com/jagarikin/status/1137536097112666113

動いてないと教えてもらって動いてないと分かるから頭で理解して動いてないのが分かるけど動いてるように見えるのだから動いてると思っても仕方がない。

錯視錯覚、知覚と認知エラーって脳ミソは正しいと思ってるわけで誤出力されたわけでないのか、そこに「私」が混ざると、そりゃアクセル踏みながらブレーキ!って言うかもしれない。

殺される前に殺さなと思って親子供を殺されたら殺したやつを殺してやるって思うし、こいつは殺人鬼だ正当な裁きをと願ったりするけど、相手正当防衛だ、正しいことをしている、お前がオカシイで頭がおかしいわけで、おかしいのは俺なのかお前なのか事実とは何かとか客観的事実は右から撮るか左から撮るか空撮したのを拡大して見るかで、その客観性は変わるし、むしろカメラの反対側ではみんな談笑しながら虐殺風景撮影中だとか、目に見える光景と音で聞こえた風景では印象は違うし、お気持ち大事マンだと事実よりは思想信条世界判断するわけで、ああ、もうつらい世の中だよね。ところであのGIFピーポー君をよく見てると近づいてくるの気づいてる?あれ不思議だよね。

2019-03-29

anond:20190321101902

カラーグループ四季に分類する方法は、1970年代アメリカイメージコンサルタント キャロルジャクソンが始めた手法が元になってる。

(ちなみに「イメージコンサルタント」という職業が生まれたのは、1960年ケネディ大統領選挙での成功きっかけと言われている)

1980年にその手法をまとめた書籍Color me beautiful」が出版されて、世界ベストセラーになった。今も普通にAmazon原著売られてる。で、その書籍日本語訳をした人が、日本にも協会を作って日本人向けに理論カスタマイズして普及させ、今に至ってる。

広めた人の商売もうまかったんだとおもうけど、明快で学習やすいよくできてるメソッドから、それだけ広がる強度があったともおもう。

体型によって似合う服が違うのと同じく、顔型によって似合う髪型が違うのと同じく、色によって顔色が良く見えたり悪く見えたりするというのはあるし、単純に思い込み迷信と言い切れるもんでもない。

色にも形にも錯視効果はあるのはみんな知ってるよね。プラスに働く錯視を取り入れて、マイナスに働く錯視を踏まないようにする、それだけの話。

カラー分類は、科学でも占いでもなんでもない。顔型における丸顔、ベース型、面長、みたいな分類と同じく、単にわかやすくするための目安でしかない。

でも、分類するとそこに謎のアイデンティティを持つ人が出てきて妙な迷信みたいになり、そっちのほうがキャッチーなので流行ったりするというきらいはあるけど。

2019-03-07

anond:20190307170940

なら、真似たら?

錯視調整だの金儲けには不要だぞ。どうせ金持ってるやつにはわからん

anond:20190307170344

多摩美を出て博報堂に入った人が錯視の調整も知らないわけないでしょ。

2018-11-12

anond:20181112195450

これはどこらへんが錯視になってるのかな

フォント依存

マナー錯視する人は適応力が低い

マナーマナーマナーマナーマナーマナー

マナーマナーマナーマナーマナーマナー

ーナマ否ーナマ否ーナマ否ーナマ否ーナマ否ーナマ否

ーナマ否ーナマ否ーナマ否ーナマ否ーナマ否ーナマ否

anond:20181112194548

2018-05-16

心理学専攻に進学したら

もともと工学部志望だったのだが、

イラスト美術が好きで、特にエッシャーとか。

その流れで錯視に興味が出て

文転して心理学を目指し、入学したら

メンタルやられている人が多すぎて、連休明けですが早くも失敗した感がつよい。

自分がやられている人は、心理学専攻とかへ行く前に病院に行った方が良い。

2018-03-21

知ったかコメントが恥ずかしい

人工知能錯視を起こしたというニュースブコメが恥ずかしい。

ニュース本文には特に詳しいことは書かれていないのに、想像、いや、妄想研究を見下しているコメントを見ると、恥ずかしくてたまらない。

研究ほとんどかプレスリリース出してるし、今回は親切にも日本語でも出してくれているので、この研究面白さを各自味わいましょう。

http://www.nibb.ac.jp/press/2018/03/20-2.html

2018-03-17

anond:20180317085745

わかる。アホの子家庭教師、楽しかった。できるようになると生徒も超嬉しそうなのが良い。

相手がどこでつまづいたり混乱したりしてるのかを解き明かす、推理ゲームみたいな面白さもあった。

自分錯視とか手品みたいな、意識認識機能をハックするような事象に興味があるのだけど、そういうのと共通するものがある感じがする。

成績良い子はつまづきポイントも難しいんだろうが、アホの子のつまづきは割と初歩的なので、推理ゲームとしてこちらも初心者コースが楽しめる。

仕事とかでもそういう時はあるけど、対等の立場だとあんまりしつこくいろんな角度から聞いたりも出来ないからね。

先生と生徒っていう力関係ゲームを楽しみやすポイントだったかも。

あと実は、人に何か教えるのって物凄く教える側も分かってる必要があって、相手自分=1:30くらいこっちが理解してないと無理な気がしてる。

で、成績良い子だとそこまでレベル差がないのね。中学レベル勉強でも、中学生の時より30倍理解してることなんかほぼ無いじゃない?

でもアホの子相手だとそのくらいのレベル差が成り立つ。だから教えられる。

まあ優越感を楽しんでた部分もあるのは、認めます。そんなに綺麗な動機ばっかりではなかった。

2018-02-11

Virtual Youtuberから考える日常のあれこれ

どうも、人間認識錯視を持ち出すまでもなくハックされやすいらしい。

見た目が自由に変わるとしたら、その人であるっていうのはどういうこと?

誰かを演じることと、その人であることの違いは?

見た目が変わっても、私は私で居られるの?

人間でないものにもなれるの?

2017-10-22

文字列傾斜錯視

愚民ガー愚民ガー愚民ガー愚民ガー愚民ガー愚民ガー

愚民ガー愚民ガー愚民ガー愚民ガー愚民ガー愚民ガー

愚民ガー愚民ガー愚民ガー愚民ガー愚民ガー愚民ガー

愚民ガー愚民ガー愚民ガー愚民ガー愚民ガー愚民ガー

愚民ガー愚民ガー愚民ガー愚民ガー愚民ガー愚民ガー

愚民ガー愚民ガー愚民ガー愚民ガー愚民ガー愚民ガー

2017-04-27

遊園地催眠術アトラクション(※ネタバレ)

山梨の某遊園地(失念)にあった、催眠術というかバッドトリップ体験できるというアトラクションが凄かった。

最初催眠術にかかりやすくなるという、LEDがチカチカするヘッドセットをかぶらされて、その後古い役場のような建物探検するというもの

廊下のような待合場所ヘッドセットを試したあと、前が詰まってるとかの理由でしばらく待たされた。暇だから、順路とは別にある受付の裏口から覗くと清楚系の受付のお姉さんがだらけた姿勢で同僚と喋っていてなんかがっかりした。

錯視で上っているはずなのに下っている階段とか、なんか舞台はちゃちい造りなのだが、アクターは良く練習されているようだった。案内役の人が「こちらをおがあり下さい」みたいな感じで文章文字を入れ替えて喋ってくるのには戸惑った。こちらの問いかけにもその様に答えていたけど、想定質疑の台本とかあるんだろうか?

あと「こちらでぎみにがまります」とか言いながら真っ直ぐ進んだりするので、演技と分かっているのに段々と不安になってくる。

極めつけは、着信の電話の内容通りにキーワード…「もけ」とかそんな意味のない言葉を呟いたら、他のゲスト(と思っていた人たち)含めて一斉にこちらを振り向いたのには度肝を抜かれた。フラッシュモブかよ!

他にもあった気がするけど、あんまりネタバレするのもアレなのでここまで。もっとも、今朝見た夢の話なので、誰も困らないのだけども。

2017-03-16

宇宙旅行レポート

先日、宇宙に行った友人からその時のレポートをもらったのここに保存しておきます

前半の文章宇宙旅行最中メモしていた文章。後半は地球に戻ってから感想になります

----------------------------

11時過ぎ? 半分食べる

13:36 曲は旅への案内人にすぎない

14:03 もう30分たっていることに気づく。まだ典型的幻覚は現れていない。ただ意識が散漫になっているのはわかる。

とにかく楽しい。ガヴドロでしぬほど笑う。

16時くらい、迷惑電話アドバイスをきいて全部たべる

17時 ナナチでぶっとぶ。宇宙旅行。生と死を超越したなにか強大な物と一体になった。

18時 シアン(SB69)の生ライブに立ち会う。一人称でも三人称でもない不思議感覚

18時半 シラフにもどってこれて今これを書いてる。ナナチでぶっとぶという文章でまた死ぬほど笑う

迷惑電話←されてないおそらくdm。ひたすらこの世界を人に勧めたい。

かきとめたいが霧散していく

この文章をすぐにでも発信したいが足がつきそうだなと思うのがループしてる

といってるあいだにも耳ではプラズマジカ生演奏が目の前で繰り広げられている。

またナナチでぶっとべるかためしてみる

19時 ぶっとんでた。まだ30分しかたってないことに驚いている

20時 とりあえずシコる。想像力普段りあるがすぐに霧散していくために微妙。出ることは出るが射精快感より賢者タイムでのミニバッドみたいなのがキツい。←20:24

20時15 とにかく誰かにこれを伝えたい。罪の意識なのかなんなのか、それもわからない。自分に言い聞かせるようにこれを書いている

もともとの性分もあるのか勘繰りがひどい。最初に飲んだ分が切れつつあるのかもしれない

プニキがなぜあんなに丁寧に教えてくれたのかわかる。

時系列ではなく箇条書きにすればよかったと反省。瞳孔が開いているためか辛くなってきたのでまたプラズマジカライブに戻る←この辛くなってきたは画面を見ているのが辛いの意

21時30分 迷惑電話。まるで自分シラフのように喋っていた

22時 ガヴドロを見る。ひどく集中出来ないが度々ツボにハマる。サターニャがかわいいシャンビリ(抗鬱剤離脱作用めまい耳鳴りがする。結構ツラい)が辛く感じたのとシラフに戻ったと思い、いつも飲んでいるイフェクサー75を飲む。飲んだ後でまたトビそうになり飲み合わせ等についてググる後遺症等がとにかく怖くググりまくり自分が軽くバッドになってることを自覚デパス1mgとグッドミン(眠剤)を入れて収束にかかる←22:25

22:35 落ち着いてきたような気がする。でもまだラリってるのかもしれない。最初に入れたのが11時過ぎ、次が16時頃? 作用的にはそろそろ切れるはずだし、デパスのおかげか不安がかなり少なくなった。デパスは必需品だとおもった。

後遺症に悩む自分等を妄想して怖くなったりとにかくバッドは地獄だなと思った。多幸もあればその逆もまたしかり。

この文章を少し推敲してしまったのが悔やまれる。そのまま残しておきたかった。なるべく加筆にとどめた。

デパスがきいてきたのかかなりおちついてきた。時間の流れも正常に感じる。

詳しいレポートは起きた時に書く。

――――――――――――

ここまで宇宙旅行

ここから感想

>13:36 曲は旅への案内人にすぎない

まだぶっとぶ前。少し気持ちいい程度だけど耳は確実に鋭敏になっているため、非常に心地よい。

頭の中で勝手ストーリー展開されていく曲が非常に面白かった。

>14:03 もう30分たっていることに気づく。まだ典型的幻覚は現れていない。ただ意識が散漫になっているのはわかる。

>とにかく楽しい。ガヴドロでしぬほど笑う。

書いてある通り。とにかく楽しい。楽しくて仕方ない。サターニャが何かやらかすたびにゲラゲラ笑っていた。

>16時くらい、迷惑電話アドバイスをきいて全部たべる

特有幻覚等が無く、案外普通だわと迷惑電話が来た相手と喋る。もう全部いったれとのことで全部食べる

すると、来た。特有のぐんにゃり視界。錯視動画を見続けてから部屋を見るとぐにゃぐにゃするあの感じ。

アニメを見ても集中力が散漫になるのと、特有のぐにゃぐにゃ感で集中出来ないためベッドに横になる

17時 ナナチでぶっとぶ。宇宙旅行。生と死を超越したなにか強大な物と一体になった。

目をつぶるとひたすら綺麗な星空が浮かぶ。それに集中していると、勝手に目が開ききってる事に気づいた。

真っ暗な自分の部屋でこれなら、明るい画像ではどうかと、日頃待ち受けにしてるナナチを見た瞬間それは訪れた。

ナチが3人にも4人にも分身し、綺麗なマーブル模様を形作ったかと思うと、それが万華鏡のようになり、新しい世界になったのだ。

僕はその中を漂流し、体感では何年も何十年もナナチの中でぐにゃぐにゃと一体になっていた。

ふと気が付くと、自分人生が一本の線になっている事に気づいた。

まれときが始点、死んだ時が終点ではなく、とてつもなく長い光、それが自分人生だと自覚したのはなぜだかわからない。

廻りを見ると、たくさんの光が見えた。カイジの鉄骨渡り編にある、たくさんの人の一生の比喩のように、たくさんの光

それの終点をたどっていくと、光は集まり、一本の巨大な木のようなものがあった。

僕は中学生からかなりタナトフォビア傾向にあり、死についてあまり考察すると怖くて眠れなくなるのだが、

それをみて、死は終わりではなく、輪廻転生やそれに近い何かがあり、決して怖いものではないのだなとその日以来感じるようになった。

>19時 ぶっとんでた。まだ30分しかたってないことに驚いている

相対性理論をひどく感じた。自分人生で一番長い一日だったのは間違いないが、本当に1年や2年ではない時間を感じた。

あとはシコったらめっちゃ勘繰りひどくなってデパス眠剤で落としましたとさおしまい

次の日ちょっと疲れた感じはあったけど後遺症とかもなく元気でやってます

以上

友人からレポートは以上です。(フィクションです)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん