「黒石」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 黒石とは

2018-09-29

anond:20180929220623

19路

https://gyazo.com/cc3c574cb9f9c06f4302ba38c8bf6248

だだっ広く、途方もなく広く、どこから手をつけていいのかわからない。

それが19路盤。囲碁正式な対局盤です。

一体どこから手をつけるべきなのでしょうか。

基本的には四隅から打ちます

その理由はなんでしょう。以下の図を見てください。

https://gyazo.com/e88668947eb6fb43abc2d4f03ad75c0f

3x3の9目の地を中央、辺、隅でそれぞれ囲んでいます

隅が6手で囲えているのに対し、辺は9手、中央にいたっては12手かかっています

囲碁は囲った陣地の大きさを競うゲームです。

となると、隅が一番陣地を作るのに効率がいいということになります

囲碁が隅から打つ理由はこれです。

隅のそれぞれの場所名前と特徴

https://gyazo.com/dedc9a9aa91b29921bc2df9b18c5cef2

から4x4の場所にある地点を星といいます

碁盤の上に星がついている地点なのでそう呼びます

初手でよく打たれる手で、将棋でいえば飛車先を突いたり、角筋を空けるような基本的な手です。

特徴としてはやや中央に近いので、隅には甘い(隅をそのまま陣地にはしにくい)が、辺や中央への影響力が比較的強く、スピード感があるといった感じです。

小目

https://gyazo.com/f245ce2977ec76e869c82da6f46f6847

黒石の地点か△の地点。

布石時代と呼ばれるパラダイムシフトが起きるまで、江戸時代昭和途中までは初手といえばこの小目でした。

ヒカルの碁でもよく打たれている「右上隅、小目(みぎうわすみ、こもく)」がこれです。

星が一手で済むのに対し、シマリ(地点でいうとP17)と呼ばれる手をもう一手打つことで隅を2手かけて確保することができます

古くから打たれている手なので定石も多く、星よりも変化が多いです。

三々

https://gyazo.com/8d6e1ab9c3210430285739223ee6342a

3x3の地点へ打つので三々。そのままです。

地に辛く、隅を1手でほぼ確保できるのが強みです。反面、隅に寄りすぎていて、辺や中央への発展力に欠けます

どちらかというと、今ではあまり打たれません。

確定地がすぐにほしい現金な人は三々を打つのがよいでしょう。

コンピューターという異名のある石田秀芳二十四世本因坊がかつてよく打っていた手です。

その他

この他にも、「高目(たかもく)」や「目(もく)はずし」と言った手がありますが、あまり一般的ではなく上級者向けなので省きます

上記3つを覚えていればとりあえず初手には困らないでしょう。初手にはね。







次⇛https://anond.hatelabo.jp/20180929230142

anond:20180929212112

ルールのその先#3 「相手の石を取る」


相手の石を取るための様々な手筋があります

手筋とはテクニックのようなものです。

シチョウ

「シチョウ知らずに碁を打つな」という格言があり、そのくらい有名な手筋です。


図1失敗 https://gyazo.com/19c51fac68cb0d19860170be3a7a867b


黒は△の白石を取りたいのですが、普通にいかけると白石に逃げられてしまいました。

そこで、右側にある味方の黒石を利用します。


図2 https://gyazo.com/6878ea7f31fb1d8cb9d1520176212d6c



連続アタリアタリとかけていって、白は盤の端へ追い込みます

最後は逃げ場がなくなり、取られてしましました。

このように階段状に相手の石を追いかけ取ることをシチョウといいます

黒がf7へ打った時点で△の石の運命は決まり、既に取られているので、白としてはそこで△を諦めるのが一番被害が少なく正解です。

最後まで逃げて取られると被害が拡大するだけです。

ゲタ

続いての図はこちらです。


図3 https://gyazo.com/73eb17502956ed240edd60e4ae05ce79


さっきとちょっと変わりましたが、きっとこれも簡単

シチョウで追いかけてみましょう。さっきも取れたんだからきっと取れるはず。


図4 https://gyazo.com/eae2a0514cb49667b96f7c072fe61a9f

あれ?あれれ??

おかしいな、さっきはうまく取れたのに今度は逆に白に取られてしまいました。

さっきとの違いはなんでしょうか。


違いは、シチョウの追いかける先に白石が待ち構えていたことです。

白は味方の石とつながりダメが増えたことで、アタリ連続が成立しなくなってしまいました。

このようなシチョウの先にある石をシチョウアタリといいます


周囲の状況によって正解は変わりますシチョウは追いかける先に相手の石がない時にだけ成立するのです。

ではこういう場合どうすればいいでしょうか?

図1と違い、白△の両翼に味方の黒石があることに注目してください。



図5 https://gyazo.com/2651141dc0a88b6ffb4651e13acd73c1



f6とフタをするように打つ事で相手の逃げ場をふさぐことができました。

もがいても逃げられません。

このような手のことを「ゲタ」といい、シチョウと並んで必ず対局で使う手筋なので覚えておきましょう。






次⇛https://anond.hatelabo.jp/20180929220623

anond:20180929210020

ルールのその先#2 「欠け目」


◆図1 https://gyazo.com/a969e9f52474c953c7e4ccd979945e60

これは完璧な二眼の生きです。

ではこれは?

◆図2 https://gyazo.com/2cca06c4c4c7d37cccc2893682495ec6

図1とほとんど同じようですが、よく見ると違います

△の3子がアタリになっています

◆図3 https://gyazo.com/2e71bec7bfaa7052994128ff3eb25785

f6の地点は眼のように見えて、実は眼ではありませんでした。

これは細やかな違いのようですが大きな違いです。

図2のように、眼のように見えて実は眼ではない地点の事を「欠け眼」といいます

「打ち欠き」


相手の眼を不完全な眼(欠け目)にするための手筋が「打ち欠き」です。

中手と同じで相手の石に二眼を作らせるのを防ぐ手段です。

◆図4 https://gyazo.com/9175d4c1a3d79622963295c3b597c2d3

白番です。相手黒石が二眼をつくる寸前です。

この黒を殺すにはどうすればよいでしょうか。

◆図5 失敗 https://gyazo.com/26763d4ddaaea91b4e0c601f7093122c

残念。二眼を作られてしまいました。

ここで「打ち欠き」の出番です。

相手の中へ「打って」、眼を「欠く」のです。

◆図6 打ち欠き https://gyazo.com/edd30fdff4e6c28eee8ae4e00b62fa6a

相手の内側へ打つことで一旦は石を取られてしまいました。

しか問題ありません。黒の一団を殺し、一子を犠牲にする事以上の利益を得ているのです。

白が眼を作る要所へ捨て石を放ったことで、△の地点が欠け目になっているのがおわかりでしょうか。

このように中手や打ち欠きを覚えることで相手の石を殺せるようになります








次⇛https://anond.hatelabo.jp/20180929214552

anond:20180929204243

ルールのその先#1 「中手」

石が生きるには眼が2つ必要だと覚えました。

では逆に相手の石を殺す戦略はなんなのでしょうか。

それは相手の眼を奪うこと。眼を作らせないことです。

相手の眼の要所に自分の石を先着させて、相手の石を殺すことを「中手(なかで)」といいます

囲碁は物騒なゲームで、「殺す」「死ぬ」という言葉が頻出します。

言葉規制の厳しいサービス上では囲碁の実況が困難だったりします。

図1

https://gyazo.com/2515dfbb8ee7ae8a41b4b9b35c036e0f

これは三目中手といいます。三目の真ん中に自分の石を先行させて、相手の眼を奪っています

石は動かせませんから、先に打たれたら当然その地点へは黒から置けません。ここがお互いの急所なのです。

この1手でこの黒の一団は全滅しています。どうすることもできません。

中手の問題

白先黒死

https://gyazo.com/e8c9de164c029ffdfd484ae35dcd3518

各地点へ白から1手打つことで黒石を殺してください。相手に眼を2つ作らせなければいいのです。
















答え⇛https://gyazo.com/843f7a2f72ee1423b5da8760c9b9fb01

なお、右上は白から手を出さなくてもこのままの状態で既に死んでいますさらにいうと、黒から先に打っても死んでます




次⇛https://anond.hatelabo.jp/20180929212112

今度こそ、増田でも絶対わかる囲碁入門#1「基本ルール

いつも尻切れトンボで終わってしまうので、今回こそは最後まで解説する。

まず基本的ルールは本当に少ない。

1.黒が先手で黒白交互に打つ。

2.線と線の交点に打つ

3.石から出ている線をすべて塞ぐと相手の石を取ることができる。取った石は終局後に返して相手の陣地を埋める。(石の数は陣地として数えないので相手の陣地が減る。)

4.着手禁止点(盤上に存在できない地点へは打てない)

5.「コウ」というルールがある。(特定形の同形反復を避けるためのルール

6.お互いに打っても得する場所がなくなったら終局。(便宜上、両者がパスしたら終局ということになってる。)

7.陣地(石で囲まれ領域)の多い方が勝ち

おめでとう。これで今日から増田も碁が打てるね。





という冗談はさておき、ここから上記ルールがそれぞれ一体どういう事なのか、詳細に解説していくよ!

上のやつ見ても「なるほどわからん!」って人は最後まで見てね!

からない所があったら気軽に聞いてほしい。囲碁民はみんな教えたがっている。

一体みんながどういうところで躓き、どういう所を解説すればいいのか。FAQこちら(anond:20180930094625

目次

基本ルール

ルールのその先

19路

結局どこに打てばいいのか。囲碁の考え方・棋理

から出ている線をすべて塞ぐと相手の石を取ることができる

では3の「石から出ている線をすべて塞ぐと取れる」というルールについて詳しく見ていくとしよう。

(図1)https://gyazo.com/b35e5140b63aebf23b3937dd22cf29f1

図1では黒石からつの線が出ている。この4つの線を(△の位置)全て塞げば取ることができる。

石がつながっている場合はその分手数が多くなる。

(図2)https://gyazo.com/ea76032040dbee6edfa816bac0edc0dc

図2では6手も手数がかかってしまった。

まり手数の多い石ほど取られにくい石=強い石となる。

将棋チェスでは駒によって役割や強さが決まっているが、囲碁場合はこういった石のつながりや周りの状況によって石の強さや価値が刻一刻と変化していく。

ここらへんが囲碁の難しさであり、面白さかもしれない。

ちなみにこの石から出ている線の事を呼吸点や、ダメ(駄目)と言う。

呼吸してる場所を塞がれたら息が出来なくなって盤上に存在することが出来なくなる、と考えるとわかりやすいかもしれない。

辺や隅の方では手数が少なく取れる。

(図3)https://gyazo.com/950c51c25d544e9938e7cf19f65585b1

辺では3手、隅ではたった2手で取られてしまった。

まり石の取り合いに置いてかなり不利な地点となることを覚えておこう。



練習問題http://playgo.to/iwtg/jp/P50K-j.html




===

第2回へ続く。⇛https://anond.hatelabo.jp/20180929172251


追記:着手禁止点が抜けてたので追加した。指摘ありがとう

2017-10-03

anond:20171002224921

やってみた

○  電気ケトル必須。大活躍
×レンジパスタ意外と場所を取る。鍋で茹でれば良い
×ごはん冷凍保存タッパーラップで包んで冷凍庫入れろ
×熱くならない電子レンジトレー磁器で良くない?
×圧力鍋そんなに料理しない
×ジップロックラップ最強
×スレートプレート"薄い黒石でできているオシャレなお皿で"→普通の皿でいいじゃん
×くっつかないしゃもじしゃもじ水で濡らせば良くね?
×こげつかないフライパン西友で安いフライパン買い換えるのがコスパ最強
電子レンジ必須
水切りバット常設がなければ必要
×三角コーナー排水口のカゴに網かけるのがベター
×アイスノンいらねぇ

・・・飽きた。

結論無駄遣いはやめよう。

2017-09-19

駅名が同じだが所在地が異なる駅 距離別一覧

気骨のある人に「乗り換え」を敢行してほしいと思って調べたため,徒歩連絡可能な駅のみを対象とし,距離Googleマップルート検索で徒歩を選択した際のものとした。

そのため,交通機関の利用が必須となる「北海道」「本州&九州」「四国(註)」「沖縄県」の相互にまたがるペア対象外とした。

また同一駅名の基準漢字表記と読みがともに同じであることとした。

(註) 本四連絡橋のうち,しまなみ海道には橋の部分に自転車歩行者道が併設されている。しかし最も本州よりの尾道大橋歩道が狭く,渡船(有料)の利用が呼びかけられている。というのもあるが,何よりGoogleマップがこのルートを徒歩ルートとして認識してくれなかったため対象外とした。

1000km

駅名よみ距離(km)県1県2
白沢しらさわ1766秋田県鹿児島県
黒石くろいし1591青森県熊本県
藤崎ふじさき1515青森県福岡県
松山町まつやままち1486宮城県長崎県
旭ヶ丘あさひがおか1464宮城県宮崎県
白石しろいし1441宮城県熊本県
河原町かわらまち1409宮城県熊本県
大山おおやま1383東京都鹿児島県
久保田くぼた1376秋田県佐賀県
市役所前やくしょまえ1366千葉県鹿児島県
小林こばやし1339千葉県宮崎県
運動公園うんどうこうえん1291群馬県宮崎県
川東かわひがし1291福島県佐賀県
石橋いしばし1247栃木県長崎県
市役所前やくしょまえ1238長野県鹿児島県
住吉すみよし1204東京都長崎県
住吉すみよし1178東京都熊本県
小川おがわ1170東京都熊本県
松原まつばら1160東京都長崎県
大町おおまち1154千葉県佐賀県
祇園ぎおん1137千葉県福岡県
新町しんまち1129群馬県熊本県
吉井よしい1124群馬県長崎県
春日かすが1074東京都福岡県
高岩たかいわ1073長野県長崎県
桜台さくらだい1073東京都福岡県
黒松くろまつ1068宮城県島根県本州内で最長
赤坂あかさか1068東京都福岡県
北野きたの1060東京都福岡県
高田たか1057神奈川県福岡県
市役所前やくしょまえ1053愛知県鹿児島県
白沢しらさわ1049愛知県鹿児島県
橋本はしもと1049神奈川県福岡県
一本松いっぽんまつ1046埼玉県福岡県
赤坂あかさか1040群馬県福岡県
森下もりした1026東京都福岡県
玉川たまがわ1010岩手県大阪府
旭ヶ丘あさひがおか1008富山県宮崎県
市役所前やくしょまえ1006福井県鹿児島県
西山にしやま1002新潟県福岡県

750~1000km

駅名よみ距離(km)県1県2
赤坂あかさか1000山梨県福岡県
市民病院前しみんびょういんまえ996富山県長崎県
本郷ほんごう991長野県福岡県
桜町さくらまち990長野県長崎県
宮内みやうち988山形県広島県
筒井つつい979青森県奈良県
市役所前やくしょまえ970和歌山県鹿児島県
愛野あい964静岡県長崎県
加納かのう953岐阜県宮崎県
大町おおまち940富山県佐賀県
川村かわむら924愛知県熊本県
大久保おおくぼ876秋田県兵庫県
高浜たかはま872茨城県島根県
県庁前けんちょうまえ853千葉県広島県
市役所前やくしょまえ851千葉県広島県
運動公園うんどうこうえんまえ837青森県愛知県
本山もとやま836愛知県長崎県
大町おおまち836千葉県広島県
荒井あらい826宮城県兵庫県
宮内みやうち826新潟県広島県
八丁堀はっちょうぼり815東京都広島県
競艇場前きょうていじょうまえ814東京都広島県
南方みなみかた810大阪府宮崎県
吉浜よしはま799岩手県愛知県
白沢しらさわ798秋田県愛知県
大久保おおくぼ792秋田県京都府
新栄町しんさかえまち790愛知県福岡県
青山あおやま790岩手県愛知県
追分おいわけ769秋田県滋賀県
荒尾あらお768岐阜県熊本県
坂本さかもと765滋賀県熊本県
山下やました763宮城県兵庫県
醍醐だいご762秋田県京都府
本郷ほんごう756愛知県福岡県

500~750km

駅名よみ距離(km)県1県2
金山かなやま740愛知県福岡県
広野ひろの739福島県兵庫県
赤池かい739岐阜県福岡県
追分おいわけ727秋田県三重県
市役所前やくしょまえ724長野県広島県
船岡ふなおか721宮城県京都府
瀬田せた720滋賀県熊本県
草野くさの720福島県兵庫県
河原町かわらまち720宮城県京都府
住吉すみよし719大阪府長崎県
浦安うらやす717千葉県鳥取県
北山きたやま717宮城県京都府
赤池かい716愛知県福岡県
大原おおはら716千葉県岡山県
平野ひらの711福島県大阪府
平野ひらの710福島県兵庫県
石橋いしばし707大阪府長崎県
府中ふちゅう707東京都広島県
河原町かわらまち704京都府熊本県
大門だいもん704東京都広島県
福島ふくしま704福島県大阪府
富士見町ふじみちょう701神奈川県鳥取県
大正たいしょう696大阪府長崎県
住吉すみよし693大阪府熊本県
森下もりした692愛知県福岡県
今池いまいけ691愛知県福岡県
吉野よしの689奈良県福岡県
住吉すみよし689兵庫県長崎県
柳津やないづ687宮城県岐阜県
萩原はぎわら682愛知県福岡県
高宮たかみや672滋賀県福岡県
御領りょう667広島県鹿児島県
本郷ほんごう666長野県広島県
住吉すみよし663兵庫県熊本県
池田いけだ660大阪府熊本県
田町たまち651東京都岡山県
今川いまがわ641新潟県大阪府
橋本はしもと637和歌山県福岡県
郡山こおりやま636福島県奈良県
まき630京都府大分県
庄内しょうない629大阪府大分県
市役所前やくしょまえ628千葉県和歌山県
たき627栃木県兵庫県
稲荷町いなりまち626富山県広島県
県庁前けんちょうまえ626富山県広島県
山口やまぐち625愛知県山口県
大村おおむら625兵庫県長崎県
茶山ちゃやま623京都府福岡県
山本やまもと622兵庫県佐賀県
大町おおまち622富山県広島県
岩屋いわや617兵庫県佐賀県
平林ひらばやし617新潟県大阪府
国際センターこくさいせんたー616宮城県愛知県
岩倉いわくら614愛知県山口県
橋本はしもと614京都府福岡県
貝塚かいづか609大阪府福岡県
大泉おおいずみ587福島県三重県
岡本おかもと575栃木県兵庫県
船尾ふなお570大阪府福岡県
関屋せきや567新潟県奈良県
吉富よしとみ566京都府福岡県
野崎のざき564栃木県大阪府
中津なかつ564大阪府大分県
井口いのくち563石川県広島県
県庁前けんちょうまえ560千葉県兵庫県
光風台こうふうだい559千葉県大阪府
今津いまづ558兵庫県大分県
石田いしだ556京都府福岡県
大久保おおくぼ551秋田県東京都
丸山まるやま549埼玉県兵庫県
城下しろした548長野県岡山県
大久保おおくぼ546東京都兵庫県
万博記念公園ばんぱくきねんこうえん545茨城県大阪府字数が最大
豊津とよつ543大阪府福岡県
保田ほた542千葉県福井県
今池いまいけ541大阪府福岡県
石橋いしばし541栃木県大阪府
妙法寺みょうほうじ539新潟県兵庫県
市役所前やくしょまえ539愛知県広島県
長谷はせ534神奈川県兵庫県
東雲しののめ533東京都京都府
緑が丘みどりがおか533東京都兵庫県
府中ふちゅう532東京都京都府
加茂かも527新潟県三重県
北山きたやま527栃木県京都府
松尾まつお526千葉県三重県
加茂かも525新潟県京都府
住吉すみよし520兵庫県東京都
別府べふ518兵庫県福岡県
高津たか516神奈川県京都府
多田ただ516栃木県兵庫県
市役所前やくしょまえ515広島県鹿児島県
学園前がくえんまえ513千葉県奈良県
植田うえだ507福島県愛知県
市役所前やくしょまえ506長野県和歌山県
ときわ台ときわだい504東京都大阪府
住吉すみよし504東京都大阪府
大倉山おおくらやま503神奈川県兵庫県

2017-05-14

[] 那智

那智黒 (なちぐろ)とは、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町周辺(新宮市三重県熊野市南牟婁郡御浜町紀宝町など)で

販売されている名物の黒飴のことである製造販売である那智黒総本舗の本社工場東牟婁郡太地町所在する。

  

1877年明治10年)創業和歌山県代表する観光土産でもあり、高野山等の門前町でも店先で良く並んでいる。

「黒あめ那智黒」の商品名で、株式会社那智黒総本舗が製造している。熊野特産である那智黒石で作られた碁石にちなんだ

お菓子として生み出された。鹿児島県奄美大島産の黒砂糖をふんだんに使用している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%82%A3%E6%99%BA%E9%BB%92

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん