「良心的兵役拒否」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 良心的兵役拒否とは

2021-05-09

anond:20210509185841

それなら車社会に生きてるお前は交通事故で人が死ぬことを容認してる人殺しになるし煙草の根絶運動に参加しないお前は煙草の害で人が死ぬことを容認する人殺しになるじゃねーか。

良心的兵役拒否について書いた元増田。うんそうだね、そういう意味では、全ての人間他人を殺める可能性があるから人殺しだと俺は思ってるよ。

だって教習所更新の際に散々、事故起こした時は人殺しになるよというビデオ教材見せられて、それでも自分意志で「事故が起きたら他人を殺すかもしれないけど、生活のために車を運転したいです」って許してもらって、「免許」をもらってるんだよね?

でもって、万一事故起こしたとき自賠責任意保険料自分意志で払ってるんだよね?車がなければ交通事故は起きないかもしれないけど、みんなが便利になるために、多少の犠牲は目をつぶりましょうって、人が死ぬのをわかっていながら、金で解決してるんだよ。そんなのみんな分かっていることだからあえて言わないだけ。

タバコなんてもっとひどい。生活のために必要がなくて、副流煙他人有害とわかっていながら、自分気持ちよくなるために吸ってるんだよね?副流煙死ぬ人が多少出るかもしれないけど、その分は、タバコ税払ってくれたら許しましょうって国が特別に許してくれてて、それに乗っかってるわけ。

車もタバコも、他人を殺める危険性があるものは、危険性があるのを承知の上で、税金払って許してもらってんだよ。

なんで池江選手だけ、車やタバコより遥かに他人を殺めることがわかっているものを、「頑張ってるから許して!」で金も何もコストわずに利得もらえるわけ?社会は持ちつ持たれつでやってるのに。盗人猛々しい、抜け駆け許すなよ。行列に割り込むよりずっと酷いズルされてんだぞ、わかってんのか?

anond:20210508225508

ここまで、「良心的兵役拒否」の話が出てこないのが不思議。話の枠組みとして同じだからさ。

兵役のある国で、「殺人自分思想宗教信条に反するので、兵役拒否します」と言って兵役を辞退する行為

昔は、兵役拒否した人間には、国が兵役逃れの犯罪者として認定して、拒否した本人にも罰を与えるのが当然と思われていた。実際、そういう時代良心的兵役拒否をして、罰せられた若者はたくさんいる。

が、「殺人拒否するのは当然でしょ」、「なんで国に個人信条に反することをやらせられなきゃならんのだ」という反発も世論に根強くあって、国の方が態度を軟化させ、他の社会奉仕活動代替できるようにしている国の方が先進国では今は多くなっている。

個人に対して著しい罰が与えられた時でさえ、ちゃん良心のある人間兵役拒否して罰を受けて、国の都合を押し付けてくる国家から思想信条自由を勝ち取ってきたんだよ。池江選手と同年代若者が、「たとえ自分が国から犯罪者扱いされたとしても、人を殺さない方が正しい」と言って、兵役拒否してきたんだよ。たとえ自分だけ兵役拒否して罰を受けても、代わりに他の兵士が誰かを殺すかもしれない、それを全部分かったうえで、池江選手と同年代の多くの若者が、罰を受けて兵役拒否してきて、先進国では大目に見られるのが普通になる程度の権利を勝ち取ってきたんだよ。

それに対して、池江璃花子選手はなんだ?兵役とは違い、選手であることは国家から押し付けられているわけでもないし、辞退したところで国から罰せられるわけでもない。良心的兵役拒否に比べれば全然緩い条件だ。で、東京オリンピックが開催されれば、それで感染拡大して大勢自国民死ぬかもしれないことも理解している。にもかかわらず、「私には何もできない」とか、「暖かく見守っていてほしい」とか言いながら、ぬけぬけとオリンピックをやりたいと言っている。それで自国民死ぬのを知りながらね。

池江璃花子選手は、良心的兵役拒否してきた各国の若者に比べれば、「良心」に欠ける人間だと言わざるを得ない…という結論ロジカルにはなると思う。ちゃん理由を述べているし、ヘイトスピーチでもないから、誹謗中傷には当たらないぞ?この国では表現の自由が許されているのだから、池江選手発言すること自体は許されるとは思うけど。であれば、別に反対意見発言することは許される。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%89%AF%E5%BF%83%E7%9A%84%E5%85%B5%E5%BD%B9%E6%8B%92%E5%90%A6

2020-07-04

労働に対する良心的兵役拒否しろ

やれ「竹中日本を壊した」だの「人権後進国」だの「奴隷労働常態化したブラック国家」だの…みなさん口を極めてこの国の労働環境を罵っていますが、働いていないひとは何人いるのかな?

みんな働いているんじゃないか

働くっていうのはね、その体制を支えるってことなんだよ 戦争は最低だ!ラブアンドピース!って言いながら素直に徴兵に応じて戦場で敵兵を撃ち殺す それは欺瞞でしょう

働くな
俺は働いていないぞ

俺は就活そもそも一切やらずニートをやり、親の金を食い潰してきたーーお前の親だって労働してるんだからお前も間接的に体制に加担しているだろう、と言われるとそれはそうかもしれないが、間接的なだけマシだろう

俺はお前たちとは違う

世間体に負け、プライドに負け、生活に負け、飢えに負け、無様に地を這って労働に手を染めたお前たちの如き意思薄弱の人権蹂躙者とは違う

俺には良心労役拒否者として死ぬ覚悟がある

口だけはもうやめろ

仕事をやめろ
社会を壊そう
死を恐れるな

2015-10-01

http://anond.hatelabo.jp/20151001122829

中学ときに四段のピラミッドをやらされたけどすごい苦痛だった。

たかが四段10構成だろうと、やりたくないものはやりたくなかった。

当時は良心的兵役拒否的な発想はなかったし、

しずる休みしてしたらそのまま不登校になるなと

当時でも容易に想像できたからひーひー言いながらなんとかクリアしてた。

そして今でも疑問なんだけど、

やらせる側の体育教諭はなんのために組体操やらせるんだろう。

何を考えながら組体操やらせる決定をしているんだろう。

色んな説は聞くけど、ぜひ生の体育教諭の考えてることを訊いてみたい。

2015-07-10

http://anond.hatelabo.jp/20150628143122

良心的兵役拒否という発想をしたのがものみの塔しか無かった。

それが戦前の状況だった。そして2015年の今も良心的兵役拒否議論が為されず、徴兵恐いよの話ばかり。

バカなの?がfinalvent議論なわけだよ。

からむし良心的兵役拒否カルト場所に置いとかないで、普通に人権の話として語ろうぜ。これがfinalventの考え。

極東ブログ読めばベタにそう書いてある。

それよりものみの塔に関する元記事は本当に味わい深い。

から見れば狂気しか思えないような人が自分良心を背負っていると、そういう感性って分かるか?

彼にとってものみの塔とは、戦争で人を殺したくないという良心代弁者なんだよ。

彼にとって榎美沙子狂気はちゃんと彼のフェミニズムという課題につながる。

彼にとって若泉敬狂気はちゃんと彼の沖縄という課題につながる。

歴史が潰していった良心を、人は単なる狂気として忘却する。

それをちゃんと見ていたのがfinalventだということ。

2013-09-09

http://anond.hatelabo.jp/20130909105433

疑問に思うんだったら徴兵制が当時の国際法違反していたかどうか調べてみたら?

現代おいても「良心的兵役拒否」とかいろいろあるわけだし。

2012-12-20

徴兵制」もそれほど悪い制度じゃないと思えてきた

代替役務による良心的兵役拒否が認められる前提であれば、徴兵制もアリなんじゃないかな。

ドイツでは2010年まで徴兵制が敷かれていたけど、実際に軍に入隊したのは16%で、

残りは良心的兵役拒否によって介護等のボランティアを行い、

これによって、財政支出を抑えつつ高度な福祉を実現することができ、

同時に、若年失業者雇用の受け皿にもなっていた。

日本でも若年失業者社会福祉費の増大が問題になっているから、

徴兵制を敷いた上で、若者ボランティアに誘導するのも検討に値すると思う。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん