「リクルートエージェント」を含む日記 RSS

はてなキーワード: リクルートエージェントとは

2019-04-11

リクルートエージェントカタログ

リクルートエージェントはパーソナルデスクトップ求人を探すためのカタログ

リクナビNEXTがある?ノンノン。風通しが良く、社員がイキイキ働く職場希望ならどぞ。

ただリクルートエージェント経由での応募は勧めない。

謎の社内書類選考で落ちる、落ちる、落ちる。

「応募先の企業が求める経歴、スキルと一致しないと判断しましたー」みたいな短文メールだけ寄越して落とす、落とす、落とす。

なんでや!わしはココを受けたいんや!と他エージェント経由で応募したところ、通過!通過!通過!から内定内定内定

おいおいリクルートエージェントさんよ、完全に芽を摘んでるじゃねぇか…。

2018-08-06

35歳事務職転職

35歳経営企画事務職だが、今の会社にいることが不安になり転職することにした。

今いる会社は、大手メーカー子会社年収は600万円。

正直その中ではエース級と言われていたし、転職なんて楽勝だと正直思っていた。

でも全然楽勝じゃなかった。そんな転職の記録。

◆結果

・応募数 :34社

書類通過:6社(リクルートエージェント3社・キャリトレ3社)

 通過率 :17

内定  :1社

通過率低くて本当に嫌になるが、今思えば、いろいろわかってなかったなと。

最初大手ばかり応募したり、逆にベンチャーに応募したり。最初から自分の身の程を知っていれば、もっと楽だったと思う。

登録サイト

リクルートエージェント(応募数:20社 書類通過:3社)

マイナビ転職(応募数:3社)

リクナビNEXT(応募数:1社)

・キャリトレ(応募数:4社 書類通過:2社)

Green(応募数:3社 書類通過:1社)

普通企業向けにリクナビマイナビベンチャー向けにキャリトレ・GREEN

最初エージェントだけだったけど、「もっと他にも求人あるやろ!」ってフツーの転職サイトも応募したりしたが、結局エージェントで決まった。

◆気づいたこ

大手はほぼ足切りという現実

今の会社ではエース級といわれることも多くて、大手メーカー親会社の人からも、「ウチ受ければよかったのに」なんて言われるので過信していた。

そんなものは、応募書類上にほぼ現れない。あるのは、日東駒専卒の新卒プロパー事務職ということだけだ。

親会社への出向経験があっても、どうにもならない壁があるというのが現実

企業求人パターン

いろいろ応募しているうちに数パターンあることに気付いた。

A:超大手が、優秀な人材だけをひっかけるために常に求人

勢いに乗るIT系会社に多いパターン

とにかく優秀な人が欲しいから、欲しいスペックの人がくるまで、釣り糸を垂らしてる求人

当然、厳しいスペックを設定しているので、あっさり足切り自分みたいなスペックは大して見ないで判断できるからか、返事は早い。

B:離職率が高いため、常に求人

ここいつも求人しているなパターンの2つ目。

とにかく人が辞めるため、それを補充するために常に大々的に求人している。

見ていると、「未経験でも大丈夫」「数年でこんな給料」などとうたっているのは大体これ。

大手求人サイト個人メッセージを送りまくっている。まぁ応募はしません。

C:人が必要になったので、スポット求人

いわゆる普通求人

事業拡大・前任者退職など、背景はいろいろだけど、必要から求人しているパターン

ほしい人材像がはっきりしているので、それに見合った書類選考がされている。

余計な金はかけたくないので、求人サイトメッセージを送ったりはあまりしない。

自分みたいな中途半端スペック場合、Cのパターンニーズのあった求人を見つけるのが大事

ベンチャー専門家がほしい

子会社で幅広い業務をこなしていたので、型にはまった仕事だけの普通サラリーマンより、

ベンチャーでいろいろな事を求められる方が需要があると考えたがまったくダメ

ベンチャーニーズがあるのはとにかくSE。その他では、一芸に秀でた専門家だった。営業プロ資金調達プロ etcetc…

また、ベンチャーなら活きると思っていた、経営企画としての経験は、社長役割かぶるというクソ経験だった。

我の強いベンチャー社長は、自分と同じフィールドに立たれることは望んでない。

こんな理由で険悪な雰囲気面接になるとは思っていなかった。

ベンチャー求人コストをかけたくない

ベンチャーは人は欲しいが、求人コストを割く余裕はない。

エージェントは、採用決定した際の手数料バカ高い(年収の30%相当)

大手求人サイトも多額のコストがかかるので、安く求人できるサイトが人気。

wantedlyが一番うれしい模様。

エージェントは言うほど紹介してくれない

事前のイメージでは、自分に合った求人真摯に紹介してくれるものだと思っていた。それは初回の面談の時のみ。

あとは、勝手コンピュータ任せで求人を送ってくるだけになる。まぁ、いっぱい求職者を抱えてるから、しょーがないんだけどさ。

でも自分検索できるので、別に問題はないと思う。

エージェントの利点

・応募の簡便さ

サイトボタンを押せば、あらかじめ作ってある職務経歴書キャリアシートで応募できる。

いちいち履歴書を作る必要がないので、だいぶ労力が減る

職務経歴書キャリアシートの添削

初めての転職なので、企業に刺さる言葉なんかについて、多少アドバイスくれる。

でも多少だけ。自分で、何が売り込めるかはしっかり分析したほうがいい

面接アドバイス

面接のコツや辞め方などのHOW TOがまとめてある資料を送ってくれる。

まぁネットで調べればいいじゃんくらいの内容だけど。。。

面接フィードバック

これが一番役に立ったかも。

通過した際に、相手担当者ヒアリングしたことをほぼそのまま展開してくれる。

自分の何を評価してくれたのかがわかるので、次の面接に活かせる。

⑦在職しながら転職活動の大変さ

これが一番大変。

面接が決まると、半休の取得が必須

進みだすと1~2週間で、また次の面接が入るので、また半休。

休みとれないブラックにいたら、絶対転職活動なんて無理。

子供やら、急な発熱やら、休む理由づくりは本当に疲れた

----------

紆余曲折あったけど、ようやく内定が出て、9月から新しい会社で働く予定。

給料は据え置きだけど、上場準備というミッションを抱えた仕事やりがいで選んだ。

長く働けるとも思って決めたけど、こればっかりは入ってみなきゃわからない。

また転職記を書かなくて済むように頑張ります

2018-07-15

anond:20180714233913

とても辛そうですね。お疲れ様です。今までずいぶん頑張って来たのですね。


何のアドバイスもできないし、何の力にもなれないし、ここでド正論ぶつけてもって気もしますが、

発達障害であるとかないとか関係なしに、現在お勤めの仕事場は適正が無さそうな感じがします。

あなたはひょっとすると、デスクワークとかホワイトカラー系の仕事に適性がないのかもしれません。

今は売り手市場なので、転職を考えたほうがいいかもです。

都会で一人で転職は心細いかもしれませんが、エージェントって知っていますか?

電車広告が貼ってあるやつです。(リクルートエージェントとか、duda とか )

すべてのサービス無料で使えます登録して求人を見て、転職しないのもありです。

( エージェントの人がそういってました。)

転職エージェントの回し者じゃないんだけど、基本的エージェント登録している会社って

お金をもっているので、給料的に待遇良いとこ多いっす。

「どこへ行っても同じだよ」って言う人もいるけど、個人的にはそんなこと全然なかった。

やっぱし働きやす職場職種ってあるもんです。

私は、今まで4社で働いたけど、1社目と4社目が一番良かったです。

文面を見る限り、発達障害的な傾向があると見られるので、自分が苦手とすることが少ない業務を選ぶといいかも。

仕事って、社会いくらでもあるから心配することないよ。

ただ、給料が良かったり、待遇が良かったりするのって、ほぼほぼホワイトカラー」的な仕事なんだよね。

そこが難しい。。。

正社員としての業務が重い場合は、派遣社員をやってみるのもいいかも。

安定はしないかもしれないけど、それなりに気楽に仕事ができて、会社と相性が良ければ「正社員登用」みたいな制度を狙ってみて、

悪かったら次の職場みたいなこともできるのかもしれない。(しらんけど。)

あとは、有名だけど以下の処世術は、結構あたっているかな。

発達障害者の処世術

https://anond.hatelabo.jp/20151101094059

あと、私は行ったことありませんが、発達障害バーってのがあるみたいですよ。

都会で生きる発達障害の先輩たちに、生き方の話を聞いてみるのもいいかもしれません。

https://twitter.com/bar_brats

Good luck!!!

2018-05-25

内定もらったか転職活動の経過をしたためる

転職活動開始:2018.3.18

転職活動終了:2018.5.25

約2.5ヶ月の転職活動だった。

尚、私のプロフィールは以下。

アラサー女(独身)

都内1人ぐらし

社会人7年目

IT企業勤務

転職経験なし

3年前に一度転職活動をして内定をもらったが、

内定をもらった会社が内資系コンサル企業でちょうど電通のまつりさんの件があり長時間労働にびびって内定辞退した。

※現職は元国営企業グループ会社、安定したホワイト企業

その時の経験から転職エージェントなんて伝書鳩しかない

(ばかりか、利用したリクルートエージェントメール送信多くて困った)と知っていたので

まずは企業採用ページから4者応募。

一流大手企業4社、書類通過率50%、一次面接で全敗。

昨今の売り手市場で余裕で転職できると思ってたし、

書類で落ちるのは想定済みだが前回の経験から面接には自身があったので

若干精神的にショックを受け、転職エージェントに頼ることにした。

@Type

DODA

パソナキャリア

全てIndeed検索した結果、興味のある企業求人掲載していた会社企業採用ページに該当の応募がなかったことも利用した理由の1つ。

でも実質利用したのは@Typeのみ。

DODAサイトが見にくい(スクロール後画面遷移→戻る→ページ上部に戻される。回避のために別ウィンドウで開こうとするもうまくいかない。)

    エージェントに前もって伝えた避けて欲しい求人条件を無視して大量の紹介を送りつけてくる

    築きたいキャリア(半未経験)より、良い年収を獲得できそうな企業ばかり紹介してくる

パソナキャリア:遅い、催促するまで応募を企業側へ伝えていなかったと推測している(3社しか応募していなかったため?)

総じてメールがウザい、紹介求人が100社以上届いて見るのが大変(うまくフィルターになって欲しかったのに)、

最初エージェントは嬉々としてアポを取りたがるが、半分未経験職種希望としてると少し対応が変わる。

転職エージェントにはあまりいい印象がない。正直嫌い。

4月後半頃から書類審査結果が届くようになった。

概算ではあるが書類通過率は5割程度だったように思う。売り手市場伊達じゃない。

はいえ、同時並行で企業採用ページから応募した場合書類通過率は3割程度。

転職エージェントを介すとほぼほぼ書類通過する。

(これなんでだろう。確かに転職難易度が高い企業ばかりだったとはいえ、エージェントを使うと同程度の難易度企業も通る。

企業サイドにとっては直接応募のほうが安く済むはずなのに、会ってもくれないなんて…。劣等感で死にそうだった。)

エージェントを使うと志望理由は一次面接で考えればいいのは楽だった。数撃ちゃ当たる戦略が出来るのは精神衛生の観点からもよい。

個人的大事だと思ったのは(経験資格はどうしようもないので言及しない)「企業マッチしていると思わせること(志望理由逆質問)」

HPを隅々まで読み、利用できるなら提供サービスを使い、ニュースリリースIRは一読、キーワードSNSやGoogleNews検索する。

企業大事にしていることを理解共感し(志望理由)、改善点や課題可能ならソリューションまで考えて述べてみる(逆質問)。

一次面接が終わる頃には、にこやかに和やかに談笑できる。

人間は往々にして理性より感情を優先しがちな生き物だから理論的に共感を示せれば落とす理由を粗探しされることはない…と思う。

自分面接官をした経験もあるが、結局最後は一緒に仕事ができそうか互いに不幸にならないかというポイントが大きく作用していた。

最初に直接採用ページから応募した企業本命だったが

それを除くと第一希望だった会社4月後半一次面接5月半ばに最終面接、そして無事内定

四季報ポジティブランキングランクインしているような成長と安定を兼ね備えた企業だと思う。

志望度が高く、提示している年収がもらえるなら必ず入社すると伝えているので

途中の状態の数社(一次通過2社、書類通過5社)にチャレンジできないのは今となっては残念に思う。

(内定もらってない期間は、常に転職が頭から離れなくて、それはもう凄まじいストレスだった。

自己嫌悪劣等感不安感で、食欲は失せ遊びに行く機会が減った。)

面接は、自分評価されていると同時に自分企業評価できるいい機会で

(実際、約束面接時間からまらなかったり、廊下ですれ違う人の会話、トイレを借りた際に聞こえてくる会話等々で企業が見える)

色々なオフィスを見ることができるのは、楽しい価値があるように思う。

(先進的でデザインが優れたオフィスはわくわくするし、企業が何を大事にしているかオフィスから見えることもある。)

他社の偉い人と直接話せる機会は少ないし、いい経験だ。

なにより自分市場価値が分かる。

以下、蛇足蛇足愚痴

働きながら転職活動するのは辛い。暫くやりたくない。

好きで応募した企業も、正直落とされると逆恨み不可避。

何社か絶対に金を落としたくないと思ってしま企業がある。

今の悩みは上司退職をどう伝えるか。金かけて成長させる人員として予算が付いてるのを知ってしまった直後で辛い。

PMなのに契約終了前に逃げられるのか。不安

いつか暇つぶし退職エントリ、にみせかけた現職の愚痴投稿してスッキリしたい。

2017-12-20

ベンチャー幹部から転職記録⑫ 生きています

前回のエントリhttps://anond.hatelabo.jp/20171124120211)では死にそうな勢いでしたが、生きています

我ながら、割りと立ち直りが早い。

志望度の高いところから軒並み不合格を食らい、志望度の低いところは潔く辞退をして、スッキリとさせてからスタートしました。

これまでリクルートエージェント中心だったが、DODAにも登録

この2サービス、両巨頭なので似たり寄ったりかと思ったら、結構好対照おもしろかった。

そのうち詳しく書こうと思う。

中途半端志望動機だと結局面接が通らないことがわかったので、まずは志望度の高い職種に絞って再スタート

ぼちぼち書類も通過し、ここ2週間位で6社ほど一次面接を受ける。

エントリーはついに80社。

書類通過率は22.5%。

悪くない数字。狙いは間違っていないはず。

2017-11-23

ベンチャー幹部から転職記録⑩ 第一志望、散る

散りました。第一志望。

ついでにいうと、第二も第三も第四も散りました。

残っているのは志望度の低いところばかり。

新規求人も、あまり応募したいと思えるものがない。。。

やはり、希望条件や業種や職種範囲を広げないといけないのか・・・

年齢的にも、転職回数的にも、次の会社が、生涯最後会社になる覚悟で選びたいと思っている。

少なくとも5年以上は勤める。

そうなると、妥協はできない。

妥協をして、現職の上司や周りの人から、「え、そんなところに行くの?なんで?」って思われるのは辛い。

やはり、後ろ向きな理由ではなく、自信を持って、この会社に賭けようと思った理由説明できるような選択をしたい。

まだ辞めるまでは時間があるので、状況が代わるかもしれないし、一旦落ち着いて考えてみるのもいいと思う。

とりあえず、今まではリクルートエージェント中心だったので、DODAにも申し込んでみた。

どちらも大手なので似たり寄ったりかと思ったら、だいぶ違った・・・

これについてはまた別の記事で書く。

2017-11-09

ベンチャー幹部から転職記録⑦ 書類選考の通過率出した

いよいよエントリーが50近くなってきた。

いくつかは書類選考を通過し、一次面接がはじまっている。

職種別の書類選考通過率は今のところこんな感じ。

PE/VC 11.1%

戦コン 12.5%

事業企画 14.3%

経営企画 0%

その他コンサル 80%

ビジコン 0%

管理系 33.3%

業務企画 0%

M&A 0%

営業系 0%

合計で16.7%の通過率。

エージェントが言っていた、20%というのはあながち間違っていない。

やはり転職活動は巡り合わせだし、他の求職者との比較で決まることなので、できるだけたくさんエントリーしたほうが良さそう。

エージェントリクルートエージェントが頼りになる。とにかく求人が多い。

このあたりは他の記事にも書いているのでよろしければどうぞ。

https://anond.hatelabo.jp/20171018075142

https://anond.hatelabo.jp/20171020081410

昨日はコンサルファームの一次面接だった。

質問には的確に、正直に答えられたと思うが、それをどう評価するかは相手次第なのでなんとも。。。

明日コンサルファームの一次面接がある。楽しんでいこうと思う。

2017-10-20

リクナビネクストリクルートエージェントの違い

求人情報サイトか、人材紹介会社かの違いなわけですが、双方とも自分求人検索できる。

この検索で出て来る求人が、リクナビネクストリクルートエージェントとで全く違う。

私の希望条件に合致する案件数では、圧倒的にリクルートエージェントの方が多い。

大手企業が多いが、中小企業ベンチャー企業求人もあって、非常にバリエーションに富んでいる。

それに比べると、リクナビネクストで同じ条件に合致する案件は少ない。場合によっては2桁くらい違う。

リクナビネクストは、営業とか販売とかが多いような気がする。

掲載料の方が、年収の30%とか言われる紹介料よりも安いから、お金のかけられない企業リクナビネクストを使うのかもしれない。

それではリクルートエージェントにの掲載されている求人が多数あるのはなぜか。

どうやら、リクルートエージェント検索できる求人にも種類があるらしく、求職者に応じてどこまで見せるかを制御しているらしい。

まり多くの人に見られたくない非公開求人なんかが、多数あるということ。

かに、有名企業なんかはリクナビネクストに載せると応募が殺到して大変なのかもしれない。

ただ、日立製作所リクルートエージェントにはあまり掲載がなく、リクナビネクストにはたくさん載せているので、一概には言えないが・・・

ちなみに、求人検索機能は圧倒的にリクナビネクストの方が使いやすい。

リクルートエージェントは、検索条件を色々設定できる割に、設定できる数に上限があるので使いづらい。

2017-10-18

ベンチャー幹部から転職記録③ 応募状況と結果

応募状況

戦略コンサル:6

 →書類×:4、○:1

ビジネスコンサル:8 

 →書類×:1、書類○:1

M&Aアドバイザリー:2

 →書類×:1

PEファンドVC:8

 →書類×:8

その他コンサル:5

 →書類○:1

経営企画:9

 →書類×:5、○:2

業務企画:8

 →書類×:6

その他管理系:2 

 →書類×:1


合計:48件

 →書類×:27、○:5



大部分がリクルートエージェントで紹介を受けたか検索をして見つけたもの

ビズリーからスカウトも少々あった。

ちょっとコンサルやPE、VCが多い気がする。

企画系や管理系を増やしたいが、なかなかこれという企業出会うのが難しい。

そもそもチャレンジ案件が多すぎる気がする。

書類選考通過率は20%程度と聞いたが、果たしてどれだけ通過するのか。。。

ベンチャー幹部から転職記録② エージェント

実は業績不振がわかったこから、こうした状況を見越して、いくつかのエージェントには相談をしていた。

そのとき経験から、使うエージェントをしぼった。


リクルートエージェント

 大手枠。

JACリクルートメント

 大手枠。

プロコミット

 ベンチャー枠。

Goodfind Career

 ベンチャー枠。

MS-Japan

 管理部門枠。

ビズリーチ

 エージェントとのコネクション用

Goorilla

 他にない求人を求めて。

転職ナビ

 成果報酬型なので、家の近所の中小企業とか出してないかなと。

リクルートエージェントは、大手だけあって手厚いし、求人数もすごい。システムもまぁ使いやすい。

リクルーターはかなり熱心で、グイグイ来る。この辺はリクルートらしさか。

毎日相当数の求人が紹介されてくる。これは、リクルーターによるものと、システムAIが入っているらしい)によるものがある。

JACリクルートメントは、面談直後はババっと紹介が来たのだが、それからからっきし。

こちから求人検索することもできない。

プロコミットは聞いたこともないようなベンチャーを紹介してくれる。そういった意味では期待通り。

Goodfind Careerは、面談が超丁寧。何をしたいのか、何が強みなのか、じっくり掘り下げて聞いてくれる。

案件紹介は少なめ。しっかりマッチングをしてくれているのだろう。

MS-Japanも、面談直後はババっと紹介が来たのだが、それからからっきし。

ビズリーチは、ヘッドハンターからコンタクトが大半。大手ではない、ブティック系と言われるような小さなヘッドハンターコネを作るのには良いかも。

と、思ったら企業からスカウトもちらほら。

Goorillaは、電話面談をしたが、イマイチだった。あまりこちらの話は聞かずに話したいことを話す感じ。

どんな業界、どんな企業に興味があるのかを具体的に聞いてくる。

なんでも、求人票にまとめるほど内容が明確になる前の求人が大半だかららしい。(それを果たして求人と呼ぶのだろうか)

行きたい業界企業がハッキリしている人にはいいのかも。

転職ナビは、掲載料がかからないだけあって、飲食とか営業とかが大半。そういった企業から大量にスカウトメールが来る。

2017-03-29

40代無資格転職活動してみたよ 4

デザイン業界でも仕事の内容は様々だ。

私は主にSPセールスプロモーションツールという販促物のデザインをしていた。

マイナー商品なので何処にでもというわけではないが、コンビニハンズなどに私がデザインをした商品もある。

 

 

デザイン仕事センスもそうだがその時の流行りを見極め、かつ新しい要素を提案していく作業でもある。

古く変わりのない完成されたデザインも多々あるが、そればかりだと私の仕事不要になってしまうので

新しくデザインを起こしたりリニューアルする時に私のようなデザイナーへ依頼が来る。

 

その時代流行に敏感になるには多くのものを見、他ジャンル一見関係のない物や形を多く吸収することが必須だと思っている。

 

評判の店の内装旅行先での景色海外プロダクトなど、自分が「良いな」「面白いな」と思ったものは購入したり写真に残したり。

それらのストックはいつ使われるかわからないが確実に仕事の幅に影響を与えるために必要投資なのである

 

 

というのが大義名分で、収入に比例し趣味や気になる物事に消費するお金も増えていった。

 

 

遊びで海外旅行へ行くのも取材のための必要経費

ラーメンをすすりデザートを食べるのも自分仕事に直結する大事投資。すなわち経費。

取引先のお姉ちゃんデートホテルに泊まるのも接待費という名の経費で申請(のちに振られる)。

 

 

  

そんな道理が通るはずもなく、経費として認められなかった経費はその年の年収として加算され、

収入アップ=税金増加であり追加徴収は合計で700万円ほどになり貯金はほぼ無くなってしまった。

税務署は正しい仕事をしただけなのだ

 

 

というわけでようやくこの日記の本題である転職活動の開始。

  

 

 

転職するにあたり、これまでデザイン仕事で食べてきたので、当然その経験を活かし企業のインハウスデザイナーとして

正社員で受け入れてもらえる企業を探す。

 

 

さようならフリーランスかい不安定立場

ようこそ正社員残業少な目ボーナスあり、土日祝休みで年間休日120日以上の新しい自分

 

 

まずはリクナビ登録し数社の求人に応募するとリクルートエージェントという系列会社から登録しませんかと連絡がきた。

自分で探し応募するリクナビと違い、エージェントと言われるお姉さんと面談をし私の希望に沿った求人を探してくれるという。

採用された暁には企業からエージェント会社に私の年収の数パーセント報酬として支払われるという。

 

 

まずは自分がこれまでやってきた仕事の内容や希望する勤務エリア年収残業時間などを話すと

お姉さんがリクナビには掲載されていない求人20社ほどピックアップしてきてくれた。

リクナビ掲載されている気になる求人エージェントが直接やりとりをし年収交渉などをしてくれるという。

 

 

ピックアップされた中から【応募したい】【気になる】【パス】と分けて、まずは【応募したい】【気になる】に応募してみましょうと言われた。

応募しても書類選考を通るのは50%、下手したら30%以下なので、とにかく気になった求人は応募し面接を受けツバを付けておきましょう、

内定を辞退する事も自由なのでどんどん応募しろとのこと。

 

 

とは言っても【応募したい】と思えるものが無く、SPツールデザインに携われる求人は【気になる】に入った平均残業60-70時間/月で裁量労働制という求人

 

裁量労働制。つまり勤務時間自分能力次第。残業してもいいがそれは自分能力が低いか残業するはめになるわけで残業代は出さないよという酷い扱いのことであり、

それで給与20万円前半。隔週土曜日出勤。

 

「これで応募くるのか?どれだけ社員時間企業にささげればいいんだよ」と思えるほど今までの自分仕事は恵まれていて自由であったと気付くのはもっと先のことであった。

2016-12-09

http://anond.hatelabo.jp/20161209203205

何か書き出したら長くなったから、ちゃんと書く。

あと、code-checkは最近耳にして、つい一緒にあげてしまった。

企業登録して使うサービスっぽいからここに上げるものじゃなかった…すまん。

経歴的なの

Web系のエンジニア

・30代前半

・2回転職したことあって、1回目はエージェントで、2回目はpaizaで転職した。

使ったことある / 何となく知ってる転職サービス

paiza

問題解いたらランクっての取れるけど、企業要求満たしてないと応募できない。

ランクは全部の企業に使い回しできる。

応募すると企業から、2〜3個分のソース見れるようになるっぽい。

実際に使って転職した。

CodeIQ

企業ごとに問題出される。

面倒くさがらない OR 意中の企業がある人にはいいのかも。

俺は面倒くさいと思ったからあまり使わなくなった。

Forkwell

自分Qiita記事とかGitHubレポジトリをまとめといて、それを就活に使う。

転職の時どうなるのかは、使ってないから詳しくは知らない。

Wantedly

元増田に概ね同意

自分で全部やらないといけないから、それが自分に有利になる人にはすごくいいと思う。

流石に、Webフォームもなしで面接日を決めるのは面倒だったけど、初めから社長CTOと会えるのは面白かった。

受けたとこの人事の人は、冷やかしで来る人も結構いて困るって言ってたけど。

採用側も全部自力みたいだから企業によってはレスポンス遅かったりする。

転職終わった頃にメッセージ送ってきたとこもあって、なんだかなーって思うことも。

リクルートエージェント

エンジニアじゃないエージェントと話すのに疲れた

コード見てくれるとこと比べると、書類選考と人事面接挟むからステップ多いのも面倒だなと思った。

推薦とかしてほしい人にはいいのかも。

マイナビエージェント

リクルートエージェントと同じ。

マスメディアン

広告デザイナー向けの企業が多かった。

上2つと違うのは、応募した企業ごとに担当者が違って、人にエージェントはつかなかった。

エンジニア専門って感じはなかったけど、Web系の話は通じやすかったのはいい印象。

2016-01-19

ゲスの女二人の新入KY社員ぶりがすげえな

ゲス極のゲス話にはいとまがないが、メンバーの女二人の態度もかなりゲスっててすげえな。

フリーライブでもゲス川だけを一人で謝らせたってところで全く連帯責任かい意識がないし、ましてや大切なメインシンガーソングライターかばってやろうという意識がないということがはっきりしたし。

メンバー同士本当に仲が悪かったっていう報道も本当なんだろうな。

しかし「やっててよかったゲスバンドはいくらなんでも当事者意識がなさすぎだ。

曲作りを嫌いとはいえ一人にやらせておいて、全くフォローもないし自分らでイメージ立てなおそうという擁護もしないってリクルートエージェントもびっくりのクソ新人社員の態度そのもの

そのくせこれからゲスやってきたいでぇ~すときたもんだ。

これはもうだめかもしれんね。

2015-04-14

クエーにブラックや空求人を紹介しないでとメールしたら電話が来た

話が長かったので要約すると「ブラック求人の紹介をストップするとあなたに紹介できる求人はない」だって

これならどうして執拗梅田に来るよう仕向けたんですか?

エージェント名前さないけど、ちょっと酷過ぎじゃないですか。リクルートエージェントは。

こちらは情報提供しました。

そして、安くない交通費も出しました。

ワークポートリクルートライフスタイルですら交通費クオカードを進呈してくれたというのに

クエーは殿様商売でもやってるんですかね、すごく傲慢不愉快

事後対応が最低ですね、ここ。

2015-04-06

http://anond.hatelabo.jp/20150405225852

いや、リクルートエージェントに何求めてるんだよ。。。人を金儲けの材料しか考えない日本の悪の根源だろ。。。そもそもヤクザ生業だぞ?

2015-04-05

大阪リクルートエージェント最近求人紹介しないのは何故?と質問したら

申し訳ございません。すぐに求人紹介の方させて頂きますので」と折り返し電話が届いたので安心してたら

届いた紹介求人ブラック企業ばかりで笑った。

ああ、なるほどね。

メノガイア系列ゼロワンも笑ったけど、アイシンエイ・ダブリュなんて「社内イジメ」が大問題になった会社じゃないですか。

そこをオススメ求人に入れる辺りリクエーの本気度の高さが伺える。

リクルートエージェントが紹介してる企業って実際はブラック企業が多いんですよね。

アコギ商売やって、それで何で転職サイト№1なのか、

僕は理解に苦しみました。

多分、サクラが多いんでしょう。

サクラ求人なんて珍しい事ではありませんから

今年も満開でした。

2015-03-07

http://anond.hatelabo.jp/20150307033114

お疲れ様です。ゆっくり休んでください。

休んでいるのはあなただけではないので気にせず休んでください。

まずは、休職期間の確認復職時の条件、制度を人事に確認して下さい。

自立支援医療制度はご存知でしょうか?

1割負担になりますのですぐに申請してください。

発行までに一ヶ月程度かかります

http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/jiritsushienhou04/

担当は、役所福祉課になると思います

まずは休養ですが、転職を考えておられるのでしたら、落ち着いたら動いてください。

とりあえず、リクルートエージェント相談してみるのが良いと思います

間が開くと難しくなります

自分病気にした元の職場に戻りたくはないでしょうが

厚生労働省の要項には復職時は基本、元の職場に戻すほうが良いとなっています

==========================

http://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/10/h1014-1a.html

(4) 「まずは現職へ復帰」の原則

 職場復帰に関しては現職へ復帰させることが多い。これは、もしより好ましい職場への配置転換や異動であったとしても、新しい環境への適応にはやはりある程度の時間と心理的負担を要するためであり、そこで生じた負担が疾病の再発・再燃に結びつく可能性が指摘されているかである。これらのことから職場復帰に関しては「まずは現職に復帰」を原則とし、今後配置転換や異動が必要と思われる事例においても、まずは元の慣れた職場で、ある程度のペースがつかめるまで業務負担を軽減しながら経過を観察し、その上で配置転換や異動を考慮した方が良い場合が多いと考えられる。

==========================

もし、戻りたくないのであれば、現在上司パワハラ休職の原因である旨を伝えて、

復職時に配置転換必要であると診断書に書いてもらってください。

ただ、人事権は、会社側にあるので、絶対に移動できるわけではありません。

また、人事側もリスクを負ってまで移動させたくないと思ってています

(休めば移動できるという前例を作ったり、移動先で再休職したり)

何も、行動しなければ元の職場に戻ることになると思います

他の方もトラバってます復職時はリワークに行ってください。

http://anond.hatelabo.jp/20150307091556

に追加すると、会社側との間にリワーク担当者が入ってくれます

民間は、入ってくれないところもあります

3回4回休職する人、結構いるんで1回ぐらいは気にしなくていいですよ。

自分はい休職1年8ヶ月目です。

2015-02-23

明日、初めての転職エージェント面談に行くんだけど

エージェントから私服で良いですよ」と言われたか馬鹿正直に私服で行こうか迷ってます

というのも会う場所都心オフィスビルからです。

それからググる私服派とスーツ派で半々に分かれてるから、どうしようか本当に考えてる最中なんですよ。

履歴書手書き指定して来ない所はパソコン打ちで良いのかどうか?というような質問に対する回答がどっこいどっこいだった

事例があるから一様にこれだと私服で行こう、あるいはスーツで行こうにはならないはず。

ちなみに今受けてるのはリクルートエージェント

基本ですよね。

まず最初に登録する転職サイトだと思う。

私の情報がまだでしたね。

大学既卒で今3年目なので正念場です。

卒業後はアルバイトパート経験値を増やしてきました。

だけどスーツはこれまで一度も来た事ないです。

なので困ってるんですよ。

エージェントから私服」と指定されて馬鹿正直に私服で行っていいものかと。

転職イベントとかで「服装自由」ってあるじゃないですか。

あれを正直に受けて私服で行く人っていないと思う。

ただそれはビジネスライクというかマナーなわけですよね。

それなのに転職サイト面談でも同様のマナーをすべきですかね。

はっきり言って面談の度にスーツ着用は非常に息苦しいです。

でも第一印象が大事とも言いますよね?

からこういう問いは本当に困る。

面接ならともかく普段スーツを着用してるでもない脱ニートアルバイター

私服でいい」と言われて馬鹿正直を貫いていいものか、

どうにもこうにも自分判断ではどうしようもないんです。

さて、転職経験豊富な皆さんはどうですか?

私ならスーツ私服という方のアドバイスを伺いたいのです。

2015-02-08

増田のGoogleAd欄にリクルートエージェント広告

その広告の中に(株)はてな人材募集が。

はてな増田に直接広告出したほうが、リクルートGoogle中抜きされず得なんじゃね?

2013-12-05

http://anond.hatelabo.jp/20131205011837

転職エージェント()なんて役に立つわけねーだろ。当たり前。

どっかからメールアドレスとか調べて勝手に連絡してくるようなヘッドハンター求職者側からコンタクトは受け付けてないタイプ)の中になら

たまーにまともなのがいるかもね、ってレベルリクルートエージェントだのなんだのは単なる中抜き横流しビジネスだろ。

2013-11-18

http://anond.hatelabo.jp/20131118185355

リクルート系もたいがいだけどね。

本当にまともな転職はツテかヘッドハンターリクルートエージェントとかの転職斡旋業者のことではない)経由だと思う。

2012-12-22

リクルートエージェントアフィリエイト広告獲得単価。

グローバルハイキャリア英語中級(TOEIC700点以上) 年収600万以上 ¥20,000

グローバルプレイヤー英語中級(TOEIC700点以上) 年収599万以下¥12,000

ナショナルハイキャリア英語能力わず 年収600万以上¥ 6,000

【(ナショナル)プレイヤー英語能力わず 年収599万以下 ¥ 1,000

  

  

 英語話せる奴の需要があるってことですかね

2011-01-23

非公開求人の様子が見たいので、リクルートエージェント転職フェアに行きたいだが

自社が出展してるんだよな…

から募集するのはいいが、その前に社内の過剰人員を適正に配置してくれよ。

というか、俺がリアル過剰人員(上司に異動希望出してもスルーされる)なのだが

変装しようかな、髭とかマスクとか。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん