「Aセク」を含む日記 RSS

はてなキーワード: Aセクとは

2017-12-04

anond:20171204121826

その論調だとAセクとか手術で性器失った人に恋愛不可能って事になるな。

2017-11-20

anond:20171120204417

Aセク相談はここでは叩かれるだけですよ!早く逃げなさい!

2017-11-08

安楽死権利がほしいな

別に大きい病気はしてない、自殺願望はない、普通に正社員としてはたらいて、少ないながらも友達もいて、日々ほそぼそと暮らしてる。

趣味もあって、田舎暮らしだけど結構色んな所にも出かけて人生総合的に楽しんでる方だと思う。

ただ、たぶんいわゆるAセクシャルだから好きな人いたことがない。彼氏も作ったことはあるけど、全然好きなれなくて面倒が勝って結局別れた。別にきらいじゃなかったけど、気持ちはいつでもずっとフラットだった。

ちょっとでも好意を持ったり、ああこの人と付き合ってみたいなと思うことがあったらアクションかけようと思ってるけど、たぶん物心ついてから一度もそういうことを思った記憶がない。

から老後は一人世帯なんだろうなと思うし、いまの収入で親を養ったり自分がそういう意味で一人になった時に自分生活を支え切れる自信はない。

田舎土建屋経理職女の給料なんてたかが知れてて、上がる見込みもほぼほぼない。副業をはじめたけど、それだって焼け石に水で、将来の金策のことだけがいまの不安要素だ。

から安楽死、させてくれないかなあ。

自分母親がなくなったあとでいいから、どこか区切りのいいところで、楽に死ぬ制度ができたら、もっと生きるの楽になるのにな。

税金納めてるし、年金も納めてるし、あんまり病気してないか医療費そんなに無駄につかってもないだろうし、仮に60歳とかで人生合法的リタイアさせてくれたら、ほとんどだれにも迷惑かけずにすみそうなのに。

死体処理の前金とかも事前に納めて、なんとか死なせてもらえないもんだろうか。

とりとめもないけど、安楽死制度ほしいな。

2017-10-19

anond:20171019190259

うそう。Aセクとか。

男女間の友情が成立してる関係もある。少なくとも中学まではそうだっただろ

2017-09-29

anond:20170928230532

Aセクだけどラブストーリーもイイハナシダナー的に楽しめるよ

まあ好き好んで読むということはあまりいか

anond:20170928230532

Aセク+性嫌悪でファイナルアンサー

だが20代だとセクシャリティが変わる可能性もまだまだあり、運命の恋()に落ちてあっさり結婚するのもよくあるのであと20年経ってから考えたほうがいい

anond:20170928230532

Aせくの一種だと思うよ

Aセクもいろいろあって漫画小説ドラマなどの恋愛OKだが自分がかかわると興味ゼロってのもいるので

そこまで厳密にかんがえるこたーない

2017-09-28

好きな人ができない

すぐ手の届くところにいる人には全く魅力を感じない

芸能人二次元アイドルには魅力を感じる

Aセクシャルというものがあるらしいがそれに近いものがあるのかな

2017-08-19

ゆうきゆう漫画アセクシャル

ゆうきゆうの性欲がなくなったら〜の漫画さぁ、

精神内科なら近くにアセクシャルいないのか?

その人たちを見た上であんなに偏見無理解勝手想像に満ちた漫画書いてるんだろうか?それとも存在を知らない?

ブコメ喧嘩してる人たちも、Aセクっていう生きた例がいるんだからこっちを参考にすればいいじゃん。

自分Aセクだけど、外食旅行、服飾、美容プレゼントには平均以上に消費活動してる。

性欲と承認欲求自分の中では完全に別モノだから、性欲がないと消費しないっての考えがわからない。自分には性欲も恋愛欲もないけど、承認欲求とか自己顕示欲普通にある。

あと、異性のためじゃなくて自分のため、友達のために使われるお金って、経済滅ぼすほど少ないか

風俗は滅びるだろうけど、お金の行き先が変わるだけで相変わらずSNSはあるし、インスタ映えのかわいい店はあるし、景色の綺麗なレストランはあるし、お洒落人間はお洒落が好きだろうよ。

あの漫画に出てくる男はAセク化した途端クズになった。

ノンケ想像するAセクは、ああいイメージなんだろうか?

自分の知ってる実際のAセクはみんな穏やかで、友達想いで、平等で、男も女も綺麗にしてる。

自分の知っているAセクの姿とあまりにもかけ離れていて

漫画も、それに添えてある文も、全部が不快だった。

2017-08-12

Aセクシャルの人に10年間片思いした話。  

相手迷惑ををかけたくないので身バレ防止にいろいろフェイクは入れるけれど、出来事体験に関してはなるべく正直に気持ちを書こうと思う。


 私はいま25歳だ。地方田舎で育った。相手幼稚園からの幼馴染だった。漫画みたいな幼馴染じゃないけれど、地元友達で、幼稚園小学校中学校と一緒だったし、小学生ときにはよく一緒に公園とかで鬼ごっこかくれんぼをした。中学に入ってからは、もともとお互いに漫画アニメが好きで、本の貸し借りをしてライトノベル時雨沢恵一の「アリソン」とか「涼宮ハルヒ」とか)というものを私が教えてもらったりもして、まだそういうオタ趣味学校でおおっぴらにできない時代だったのもあって、よく話すようになった。それで、なんでか覚えてないけれど、気になりだして、気が付いたら好きになってた。中3の時にはがんばって同じく一緒に好きだったバンプライブに誘って一緒に初ライブに行ったりもした。相手は異性の友達はどちらかといえば苦手そうにしていたけれど、その中でいちばん仲のいい異性になることができた。

 中学卒業したら高校別になることはわかっていたから、とにかく気持ちを伝えたくて彼の受験が終わったタイミング告白した。どうなるかも深く考えないまま、共通友達うまいこと呼び出してもらって、小さいこからよく遊んだ公園気持ちを伝えた。ずいぶん長い沈黙があって、そのあとの断りのセリフは「ごめん、恋とか愛とかがよくわからない。人をうまく信頼できないんだ。増田がきらいとかじゃないんだけれど、そういうことがどうしてもできない」というものだった。彼は少し泣いていた。話そうか迷って、きちんと誠実に断るために探してくれた言葉だと、今ならわかる。その誠実さがすごく尊いもののように見えて、おおげさに言うならすごくきれいに思えて、区切りをつけるとかは吹き飛んで、余計に好きになってしまっていた。そのカミングアウトの内容そのものに惹かれてしまった部分もやはりあったと思う(今考えると業が深い……)。

「でも、そんな風に想ってくれる人がいると思うと、なんだかうれしい」という言葉本心からのものか、それとも彼のやさしさだったのかは、いまだにわからない。

 けれど、当時の私の思考回路はひどく短絡的で、「だったら、彼に信頼してもらえるようになればいいんだ」というものだった。そういうわけで、違う高校に進学したわけだけれど、中学時代グループの集まりを定期的に企画したり、高校部活人間関係の悩みとかの相談積極的に乗ったり、ガラケーメールぽちぽち打ったりした。今考えても涙ぐましいし、ムダに行動力ありすぎた。相手性格を考えるとちょっとやりすぎな面もあったけれど、そんな重いエゴまで含めて本気の恋だった。彼のことを考えない日は嘘偽りなく一日だってなかった。それが空回りしている自覚もあったし、全然そういう目で見てくれている様子がないこともわかっていたけれど、思い続ければいつかは、なんて甘い幻想も同時に持っていた。

 結局、高校3年の終わりに中学時代地元グループ卒業旅行に行って(もちろん企画からすべて私が幹事をした)、そこでまた告白したけれど、まったく同じ断り方をされて撃沈した。今度こそもうダメだなって思って、おしまいハグをしたらちょっとびっくりされたけれど、手を背中に回してポンポン、と叩きながら「ごめんね」と言ってくれた。 今にして思い出すと、これはすごく、彼にとってきつかったかもしれない。

 大学は私が都会の大学に行ったので、地元グループとも帰省したときくらいしか会わなくなった。大学では初めての恋人ができたり、他にも普通大学生らしいことをいろいろ経験したし、様々な恋愛関係する感情を味わった。彼のことはあきらめて気持ち封印してはいたけれど、それでも常にずっと心の中では彼のことをいちばんのところに置いていた。このころになると、ずっと片思いをしているということが完璧に美化されていた。

 そうして、アセクシャルAセクシャル)という言葉を初めて知ったのも大学時代だった。知った時、真っ先に彼のことを思い浮かべた。

 大学卒業して、Uターンで地元に帰ってきた。久しぶりに地元特に仲のいい何人かと再び会うようになった。ある時、彼の親友的な人と話していたら「増田さん、中高のとき彼のこと好きだったでしょ」と真正から指摘されて、封印していた気持ちが解けてしまった。4年間蓋をしていたものが、びっくりするくらいあふれてきた。その親友が「だんだん結婚とかも皆考え始めるような歳になっているのに、そういう話題が彼にあまりにもないか増田さんをあてがってやろうかと思って」と言うのでこれに甘えて利用して、彼と遊んだデートしたりした。お互いにいろいろ話すけれど、でもやっぱりこれまでと同じく恋愛的な意味での全然手ごたえは何もなかった。それと並行して。やはりAセクの件があったので、その親友に彼はAセクなのではないか相談した。親友氏にも思うところはあったようで、何度かそれについて議論もした。

 複数回デートらしきものをして、どちらにせよこの恋はだめだと思い知らされたので、結局過去と同じように自分気持ち区切りをつけるために告白をした。Aセクの件もあったから、一応相手負担にならないようにというつもりで、その当時でできる限りの気遣い自分の率直な気持ちとを文章化して手紙として渡した。後で読んでと言ったのに彼はその場できちんと読んでくれた。そして返事の代わりに、件の親友名前を出して「こないだ、Aセクシャルっていうのを教えてもらって、自分でもいろいろ調べて読んでるうちに、読めば読むほど『そうだ、これだったんだ』とわかって涙が出てきた。他人を愛することができない自分は、どこか明らかにおかしい、欠けた人間だって思っていたから、すごく安心したんだ」と教えてくれた。

私にはそれを受け入れるしかなかったし、何よりも泣きそうな顔だけど解放されたみたいなすっきりした様子の彼を見てうれしかったのも事実だった。

 私と親友氏とで「一応、Aセクであるとすぐに決めつけすぎないほうがいい」と伝えておいたものの、十中八九彼はそうなのだと思うし、少なくとも今現在彼の自覚Aセクということになっている。


 ここからあとは、私一人の話。

 私にとって、彼はまさに青春のものだった。そう思い込んで美化してきたところや、一途な自分片思いに酔っていたところ、そのエゴに時折死ぬほど自己嫌悪したところ、醜いとこや酸っぱいところも、些細なことでめちゃくちゃ幸せな瞬間も、ぜんぶぜんぶひっくるめて、いま大人になった私を作っている大切なものだ。詳しくは書かないけれど、彼を好きにならなければ私の人生はぜんぜんつまらない方に変わっていたはずだと思う。たとえ片思いでも、幸せだったし、幸せをくれたと思う。恋愛ってそういうところがあると、私は思う。

 ただ、そんな恋愛を、彼はしない。そういう感覚を彼はおそらく持たない。今後一切、恋愛から何かを得ることはない。

 このことを、私はどのように整理したらいいのだろうか。

 恋愛はすばらしい。いろんなドラマ物語においても恋愛至上主義圧倒的多数な世の中で、人々はそんなフィクションを見て、やはり恋愛はすばらしいものだと思う。誰しもが人に恋をして人を愛するのだと信じ込む。そう刷り込まれた?私の観念はとても硬い。

 では、他人を愛さない人は、すばらしいものが欠けているのだろうか。人生のなにかしらを失っているのだろうか。彼はおかしいのだろうか。

 断じて違うと、私は確信している。でも、それは私の中の固定観念矛盾している気がする。

 私にとって恋愛のない人生は、ずいぶんパサパサとした無味乾燥もののように思えてしまう。彼がAセクである自覚を得た日以来、失恋による大きな胸の空洞がつらいし、今まできれいに思えたものがきれいに思えなかったりする(感覚がにぶっている感じがする)。彼を好きだったとき世界の見え方はとても色鮮やかだったのに。

 気が付いたら私は25歳で、中学卒業してから10年が経とうとしていて、10年前のあのころキラキラした感覚がいろんな意味で信じられなくなってきている。恋愛しか得られない感覚があると信じているくせに、彼のことがあって今の世の中における恋愛絶対性について疑ってもいる。人間幸せの形ってもっともっと多様だと思いたいのに、自分経験がその価値観に異を唱えてくる。

 こんなことを考えていると、結局彼と私とではとんでもない隔たりがあったのかなとか考えてしまって、今でも少し凹む。



 自分の中でもいまだに結論がでていないせいで最後何を言いたかたかよくわからなくなってしまった。こんな深夜に書きなぐった読みづらい長文を読んでくださって、ありがとうございます。なんでもいいのでみなさんの意見を聞いてみたいです。ちなみに私がちょっとヤバいのは承知です。

2017-07-27

消えた増田に全力マジレス

非モテが力を持てばゲスいことをするってことではない。

・人はおおかたが、内心はゲスいことを考えている。

・力を持つことでそのゲスさを外に出してもいいと勘違いする不届者も残念ながらいる。

・要するに力の行使範囲勘違いするところが問題

世の中には、Aセクハラをするひと/Bセクハラをしそうになってもがまんできるひと/Cセクハラ発想がないひと、の三種類のひとがいて、Aセクハラをするひとは、力の行使範囲勘違いしている人、と言っていいと思う。

多くの人間はBに所属し、聖人君子かと思うようなCは希少種である

それはともかく、Aセクハラをする人は、なぜ行使範囲勘違いするのか。幾多のセクハラを受けてきた当増田が観察した結果をまとめてみると、

 1 力の行使範囲が広いほど自分が偉いと考えている(旧来型セクハラ人格野良犬マーキング

 2 プライベートパブリック区別をつけられない(空気読めない、もしくはおれら仲間だからつい的な境界症例的なアレ)

 3 もともと「女(または男)は見下していい」と思っている(ネオ性差別、「分断」派)

あたりが、感情原型としてあるのかなと考えている。これは原型なので、多くのセクハラ事案はこれらがそれぞれ個別比率でミックスされている。

少し前に話題になった、中西大介元Jリーグ常務理事セクハラ事案などは、1と2の合体型というか、職場(や家庭内)で起こるセクハラ典型的パターンだろうと推察できる。

偉いんだから何しても許されるという甘えた心と、自分たちは身内なのだから許されるだろうという甘えた心である。要するに甘えてんだあのタコ坊主一生戻ってくんなサッカー界隈に。増田Jリーグ好きなのでつい激昂してしまったが。

ちなみに、この数日話題になっている彼のケースだと、1に加え3の要素である性差別性的対象へのコンプレックス感情などもありそうだと愚察している。

珍しい種類であるCは、大抵ちょっと非の打ちどころのないモテだったりして、世界不公平さに思いを馳せたりもする。

彼らにはセクハラ不要なのだ。内心のエロ心を外に出す必要を感じていない。

権力範囲確認をする必要がないほど対社会的承認欲求に満たされているし、自分と異なる人(性的志向対象含め)とは融和すべきで対立するメリットゼロだと自然に考えることができる。

大抵の場合そのような聖人君子プライベートにも満足感を得ているので公私を分けるのも比較的容易であるCタイプの人は家族円満に加え子供まで優秀だったりするので、ほんとすごい。

話は逸れるようで逸れないが、増田は「モテ」をバランス力ととらえている。イケメンであるとかお金を持っているとか、それだけでは「モテ」は成立しにくい。

バランス力って、イケメン4、お金5、地位4みたいにモテ要素がバランスよく配合されてるヤツだろ?ケッ、と思う増田諸兄もひょっとしたらいるかもしれないが、当増田が主張したいのはそういう意味でのバランスではない。

人が持っている各戦闘能力(顔、金、能力面白力、愛嬌ギーク力、諸々さまざま)には、残念ながら個々人ごとスコア差があるし、各戦闘能力間にも「社会における評価」差がある。

簡単に言えば「顔」は社会的評価が高いが「ギーク」はそうでもない。でもタモリ倶楽部世界観では「ギーク」のモテ力はかなり高まる、みたいなことだ。

増田の言いたいバランス力とは、己が持ってる各能力とそのスコア自分が納得しているか、ということである自分と「自分能力」に折り合いがついている状態を「バランス力がある」と表現したい。

増田諸兄は「おれと似たような顔面あいつには可愛い彼女(彼氏)がいるのに…」と思ったことが一度ぐらいはあるだろうか。少なくとも当増田にはある。

そういう「あいつ」が、私からみても良いヤツならまだ納得できるが、それほど良いヤツではないむしろ悪いヤツなのに…ということも少なくない。

嫉妬含有率の高い感情に我ながらがっかりし、うっかり己の不運に絶望しそうになるところだが、一方で、この「むしろ悪いヤツで戦闘力もあるとは思えないのに良い思いをしているヤツ」は、己の戦闘能力客観視し適切な戦略を実行しているからこそ、果実を得られている(当増田はそのやり方は必ずしも常に好ましいことだとは考えないが)と考えることができるのではと思うのだ。

戦闘能力を示すチャートグラフの数値や面積の広さが問題なのではない。いや問題ではある(初めからまれ果実を手に持って生まれ人間も世の中にはいる)が、それとは別に、「自分は今はその面積しか戦闘能力がない」「うむそれなら持っているもので戦おう」と己の能力を素直に受け入れ対社会への解釈客観的に出来る者には、その後の成長力も含め、なんにせよ未来があるということだ。

例えば、ギーク力が突出して高いだけの人間だったとしても、場所メンツを選べば合コンでいい塩梅彼女をゲットすることだってできる。

ポイントは「いい塩梅の」である社会的100点満点の(自慢できる)彼女である必要性は、少なくとも内的にはないということに、気づけるかということ。

手に持っている武器では倒せない敵に向かっては(または向かいもせずに)ヘイトを貯め込んでいく、このような状況を、当増田は「バランス力のないヤツ」と定義したいのである

全ての項目が10点満点のチャートグラフを書けなくても、あちこちでこぼこで尖っていびつグラフ自分でも、持ってるもんでやりくりしてこう、と折り合いがついた、バランス力が取れた状態になると、不思議なことに(まぁ不思議ではない当然ではあるが)チャートグラフのへこんだ項目のスコアも伸びていく。そもそも足りない自分に折り合いをつけられること、それ自体が「戦闘力の開発」だったりもするし。

一方で、この折り合いがつかないと、どんどん生きにくい自分になって行くんだろう。無い能力評価されにくい能力相手を呪う前にやることがあるってことだ。

そうすりゃCの聖人君子にはなれなくても、B:ごく普通セクハラ我慢できる小確幸人生は、手にすることはできる。

セクハラする人生は、幸せ人生とは決していえないのだ。あれは統合できない自己が、己や周りを巻き込んで自爆していく作業しかない。

2017-07-21

私はAセクですか?

私はAセクですか?当てはまるような当てはまらないような気がするのでその筋の専門家がいれば教えてほしい

2017-07-07

https://anond.hatelabo.jp/20170707180300

かつてはAセクでも、近所に仲人さんがいて

余った男が分配されて結婚して子供を産んでいたのだろうか

一方通行愛情しかない夫婦からまれ子供

異性のいとこと同居している話

仕事事情で、三年間ほどとある地方都市で働かなければいけなくなった。

そのことを親に告げたら、「あそこにはいとこのA子ちゃんが住んでいるから世話になったらいい」と言われた。

いとこのA子は俺より年上で、子供の頃はよく一緒に遊んでいた。

だがそれは幼き頃の話で、お互い大学で都会に出ていってからは、正月法事お盆なんかに親戚が集まった時

に話をするくらいの仲だ。

A子は優しくて元気なお姉ちゃんで、話も合うし、全く悪い印象はなかったので、アパートはどの辺がいいかとか、その辺のことを聞いてみようかなとは思っていたが、

暇な母親がぶしつけにもA子に電話をして、今度俺がそっちの町で住むことになったとベラベラ喋った挙句、気が付いたら、A子のマンションに一緒に住む流れになっていた。

ちょっと待て、一応お互い未婚の男女が一つ屋根の下ってまずいだろうと俺は主張したが、母は、「A子ちゃんだから

大丈夫でしょ」と呑気なものだ。母に無理やり押し付けられたのかもしれないと、A子にも聞いてみたが、

「いや別に。部屋は余ってるし、男手がいると楽だから住んでくれると助かるわ」とあっさり言われて終わった。

 

A子はもうアラフォー独身貴族である彼氏かいるんじゃないのと思ったが、いないらしい。

A子が提案してきた家賃その他の金額は、その地方の標準よりはるかに安く、駐車場も完備、そして会社まで歩いて行ける距離だった。

こんな物件は俺の給料では手に入らない。

A子は本当に、気にしなくていいと言ってくれたのと、母親自分の顔をつぶす気かとうるさかったので、ええいままよと同居に踏み切った。

 

生活してみるととても快適だった。

A子と俺は時間帯が合わずそもそもまり会うことがない。食事も完全に別だし、風呂洗濯は、ついでに相手のもやっておいてやる、な感じ。

A子は年はいっているがけっこう美人スタイルもよい。もてるんだろうなと思っていたが、男の影は全くなかった。

務めている会社普通なのだが、なんだか副業をしているらしくえらいお金を持っている。

しかお金には興味がないようで、普通生活をしている。

世の中、大金を稼ぐようになると人が変わったり派手になる人も多かったので、あまりにも普通でびっくりした。5ケタの貯金を持ちながら、

スーパーの半額の惣菜に喜び、ランチも780円で十分。絶対に言われなきゃ富豪ってわからない。

色っぽい話は全くないが、時々休みに一緒に遊びに行ったりはした。

 

ある時、いい感じによっぱらっていたので、卑怯だが聞いてみた。彼氏はいことないのか、結婚する気はないのか、と。

彼女人生今まで誰とも付き合ったことはないと言った。

嘘だあ、と思った。俺だって何人かお付き合いしたことはある。ましてやアラフォーで外見もきれいな女性恋愛経験ゼロとかありえない。

しかよっぱらったA子は「まじで。私Aセクなの。人を好きになったことがないし好きになる気持ちがわからない。そういうこともしたことない」

と言い切った。

Aセクってなんだかわからず、ググった。正直「好きな人が今までできなかっただけで、好きな人が出来たら変わるのでは?」と思った。

だがA子は「そういうことはたくさんの人に言われて、いろいろな人とデートもしてみたがさっぱりわからないままこの年になった」と。

 

確かに言われてみれば、A子は恋愛ドラマに全く興味がなかったし、俺にコイバナを振ってくることも一度もなかった。女性が好きと思われる

芸能人結婚出産についても、「おめでたいねえ」の一言で終わらせていた。会社女性福山ショック受けてたが、そういう態度はA子には

全くなかった。

翌朝から困ったことになった。

俺がA子を意識するようになってしまったことだ。下品にも、薄いパジャマラインから想像される彼女の素肌を想像して、あの体にはまだ

どの男も触ったことがないのか、と思ってしまうと、触りたくて仕方がなくなってくる。相手はもうおばちゃんと言われる都市で、アラサー

だっておじさんだっていうのに。

これは恋愛感情ではなく、ただの男の本能だと思う。彼女が今まで恋愛経験豊富なら、こんな気持ちは抱かなかった。失礼すぎて相手に言えるわけがない。

そして先月末に、9月で異動だと上司に言われた。

A子との生活が終わりになり、俺は本社に戻ることになる。

それがわかった途端、帰りたくないと思った。

A子と一緒に生活していたい。一緒にくだらない話して、一緒にご飯食べて、できたら触りたい。

ずっとあの家に住んでいたい。

だがこれは恋愛感情なのだろうか。俺が彼女意識したのは、彼女処女だと知ってからだ。

ただの本能なだけで、一度手に入れたら満足して興味もうせてしまうのでは、という気持ちがぬぐえない。

それ以前に、彼女恋愛に興味がないのだ。そういう感情を向けられるのは苦手だと言っていた。

応えられないから、と。

 

告白して玉砕するべきなのか、いやそれ以前に俺は彼女を本当に好きなのだろうか。

異動は断ることもできる。もし彼女告白してOKがもらえたら、俺はこのままここに住める。そのリミットは今月末だ。

そもそも彼女は断るだろう。Aセクなのだ。いやでも、もしも、もしも。でも俺だって本気で彼女が好きなのかわからない。

悶々と悩みながらリミットが近づいてくる。

どうしよう。

2017-05-16

http://anond.hatelabo.jp/20170516181537

Aセクとノンセクってどっちがどっちだっけ

究極言えば人それぞれで全く同じ価値観の人なんていないわけだし難しいよね

マイノリティを責めるつもりはないけどいわゆる「普通」の人間でも「誰も分かってくれない!」なんてよくあることだし、多様な価値観を認めるってのは、何でも理解するってよりは、理解できなくても虐げない、くらいを目指すべきかなあと思う

でもまあ理解されたいよねー、つらい

2017-04-22

http://anond.hatelabo.jp/20170422033238

Aセクって性欲どころか恋愛感情もないって認識だったけどどうなんだろ。

親友と同居してる感覚、これ何回も言われた。ってことはやっぱり最初から恋愛感情もなかったのかな。今でも好き好き言われるがそうだとしたら言われるたびつらい

http://anond.hatelabo.jp/20170422022801

自分のことはいいか風俗行けとまでなると、元々Aセクに近い傾向なのかもね

増田のことは好きなんだと思う。親友と同居してる感覚かも

2017-02-10

恋愛感情の伴わない家族共同体の夢

自分たち意思で選んで作れるほぼ唯一の家族が"配偶者"あるいは"パートナー"なんだと思ってる。

だけどこれには恋愛感情必要

でも、そうじゃないようなありかたもあっていいんじゃないかって思う。

というかあって欲しい、そしてそれが欲しい、と思う。

理想は、Aセク(無性愛者)の人が友情でもってパートナーを選ぶというやつ。

別に1体1じゃなくてもいい。

時代劇で出てくる長屋のみんなで助け合って生きていくイメージだろうか。

(あれがどのくらい現実にあったものなのかは知らないけど)

わかってるよ、恋愛弱者寝言だって

でも結婚したいとは思えないんだ。

それでも、数少ない友人がみんな家庭を持ってしまったら、完全にひとりきりで、それで何十年も生き続けていける自信がない。

かと言って自殺する覚悟も、いつ決められるかわからない。

同じ状況の人、他にもいるでしょ?

2016-08-08

一橋アウティングの件で救われたこと

当方、男でケモナー属性あり。(私はゲイではありません)。というのも、女のアイドルを見ても、顔と名前が全く覚えられないかである。また高校クラス男子中学卒業アルバムを持ってきて、写真を見ながら「この子はAだ」「こっちはBだ」とランク付けする俗な遊びをしてる場面に遭遇したが、周りがうんうん頷いているのに、私にはその感覚が全くなかったからだ。一方で、ケモノキャラを見かけると、かわいいかどうかを即座に判断できる。ケモノの中でも、一定ベクトルで惹かれる「好み」がある。ただ私の場合、眺めているだけで満足なので、別に繋ぎたいとか思ったことはない。もちろん動物性器見ても興奮しないし、ましてや動物セックスなんてしたくない。あっ、ケモノ同士がじゃれてるのはちょっと見てみたいかも。

ところがアウティングの件の反応を読んでいると、どうやら「好き=セックスしたい」と断定する層が一定数居ることに気付かされる。ゲイ告白される=掘られる危険被告正当防衛だ、みたいな主張だ。(もちろん、「性的欲求有無に関係なく好意を持たれることが不快」な層も居ることは把握している。が、それだけではなく襲われるのが前提になっているような主張が一定数あった)。Buzzfeed記事には、原告性的欲求があったかどうか一切書かれていない。一緒に居るだけで幸せだったのかもしれないし、原告は手を繋ぎたいぐらいの欲だったのかもしれない。仮に性的欲求があったのだとしても、BLでいう攻めなのか受けなのかは当然読み取れない。

もし、原告から性的要求セクハラがありそれが不快で周りに打ち明けたのだとしたら、被告側は当然それを主張してくるだろう。が、記事からは「恋愛感情を打ち明けられて」としか書かれていない。(もし仮に被告側のセクハラ主張を伏せてbuzzfeed記事を書いていたのだとしたら偏り過ぎだし、わざわざ負ける裁判をするのは変なので、可能性は低いと考えている)

ここで、「好き=セックスしたい」と断定する層を非難する目的でこの増田を書いたわけではない。そう考える層が居る、と私が勉強になったのだ。私からすると、好きなもの尊いのに、どうして尊い存在を汚すとか襲うとか征服するような願望が生まれるのか不思議でならないのだが、「好き=セックスしたい」派の人は私のことを理解できないのかもしれない。彼らからしたら、セックスが当然の世界だと思っているだろうし、他の人間と脳を入れ替えることはできないから、理解できないのは仕方ない。

から大事なのは余計な誤解を生まないように、私は自分のことをケモナーだと言ってはダメなのだと気付いた。「好き=セックスしたい」派の人に、自分セックス願望ないことを説明したとしても、「いやいや、隠してるだけで本当は動物セックスしたいんでしょう?」とか「そのうちしたくなってくるんじゃないの?」と信じて貰えない可能性もある。セックスしたいのでなければ、私のような場合Aセクシャルと言ったほうが誤解されるリスクが減りそうだ。私はケモナーであることをネット上のコミュニティでは公言していたが、最近身近な人にもカミングアウトしようか悩んでいたところだった。今の私の周りでは言わない方が良いと確認できた。救われた。

最後に、亡くなった方のご冥福をお祈りすると共に、私のようにカミングアウトの有無で悩む人が悩まなくても済む世界が来ることを望みます。やるせない事件になる前に救われて欲しかった。

2016-07-08

http://anond.hatelabo.jp/20160708013446

Aセクを持ち出すまでもなく性愛感受性は人それぞれだからな。お前の感度の低さを一般化するなよ。


もちろん恋愛脳連中が自分のお花畑状態一般化するのも同じくらいクズだが。

2016-06-13

http://anond.hatelabo.jp/20160613203755

Aセク可能性も見てますが、恋愛したことはあるし(今はしてないですが)、道行く男性をかっこいいとも思うし、いいケツだな…とも思うし、普通にセックスもしたいので、Aセクではない気がします。

好きになった人がホモだったという大事故さえなければ、処女じゃなかった可能性も。

http://anond.hatelabo.jp/20160613202355

Aセクだと思う

私も同じ

本能的に男求めてないなら付け焼き刃で何したって無駄だよ

苦痛になるだけ

2016-06-07

Aセク

女にも男にも興味がないAセクっていう概念があるんだよ

から興味がないだけなら別に堂々としてりゃいいじゃんって思う

結局違うんだろうなっていう

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん