「貧困状態」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 貧困状態とは

2020-12-19

anond:20201218231824

善意を断ったら断ったで怒り出す男もいるけどな

貧困国に金だけ与えても発展しないのと同じで、貧困状態のシングルマザー倫理感とか求めても無駄だと思う。

てか、既婚者が易易と介入して良い案件じゃねえよ。

2020-11-18

不況風俗ってよく考えたらよくわからない心理

リーマンショックの時もコロナ禍の現在共通して用いられる俗説として「不況下では風俗嬢の質が上がる」というものがある

これは要するに不況下では多くの女性失業して生活に困窮し、彼女達が風俗業に参入することで風俗嬢の総数が増加するに従って容姿に優れた風俗嬢の数も増加する、というプロセス表現している俗説だと考えられる

しかし、これに俺は納得がいかない

不況になると多くの女性生活に困窮することは了解できる

男女ともに平時より増加するだろう

まして非正規の多い女性男性以上に失業状態に陥り易いのではないか

しかし、何も風俗業に参入することはなくないか

ここでいきなり風俗業が現れることが俺には理解できない

なぜ失業したら風俗なのか

俺が失業したらまずどうするか考えてみる

まずは失業保険の受給を考えるだろう

そして失業保険の受給可能だったならば失業保険が下りることを見込みつつ、不可能だったならば再就職するまでは現金収入が断たれることを覚悟しつつ当面の出費については貯金を切り崩しながら生活を行うだろう

そして再就職の為に就活エージェントハローワークを駆使して就活を行うだろう

↑見てこれ、風俗の風の字も出てこない

これ自分女性だったとしても同じ事すると思うんだよね

失業した!風俗行こう!って思考が出てこないんだよね

もちろん更に闇の深いケースも想定してみた

例えばカードローン等で借金があったり、当面の家賃光熱費等を支払えるだけの貯金も持ち合わせていない場合である

その場合、俺だったら借金については債務整理念頭法テラス等にまずは相談に行くと思う

任意整理の見通しが立たないor借金が途方もない金額だった場合には自己破産選択肢に入ると思う

その場合生活保護を申請すると思う

家賃に関しては図々しいけどまずは交渉すると思う

日本では居住権ってかなり強いらしいか

そして住む家を失った場合には、まずは実家への帰省友達への寄生を考える

それらが駄目なら生活保護を申請すると思う

光熱費が払えないケースってのは1万2万も捻出できないレベル貧困状態ってことだと思われるので、真っ先に生活保護を申請すると思う

↑やはり風俗の風の字も出てこない

しか現実として不況下では風俗業へ参入する女性は増えるし、風俗嬢レベルも上がると伝え聞く

女たちよ、なぜ風俗へ行くんだ

2020-11-08

anond:20201108153125

世代より待遇悪化すると少子化になるんですよ

自分が受けた教育水準が当たり前になるからレベルのもの子供に与えられないと思うと子供がうまれなくなる

途上国貧困育ちで子供貧困状態にするのも当たり前だからポコポコまれ

そして無教育の子供がポコポコまれたところで教育水準の高い国から搾取される底辺国になるだけ

2020-09-20

anond:20200920055333

貧困状態にありながら、女子教育けが行われると、

自分の貧しい環境では子供を満足に育てられないと認識して出生率が下がる。

皆が裕福な状態に移行すれば、女子教育が推進されたところで、出生率が下がることはない。

2020-09-06

anond:20200906014203

年間200-300万円がないって、結構貧困状態だと思うけどな。

2020-08-26

anond:20200826110259

ネットカフェ難民の男女を取材したときに、男難民は小汚かったが、女難民難民だとは思えないくらい外見だけは整ってたな

貧困状態であっても女の擬態能力はすごい 逆に言うと容姿を整えられなくなって貧困バレすると本当に生きていけないのが女なのだと思うわ

2020-05-20

anond:20200520203019

公務員待遇を悪くしたらいい!」という話には一切賛同できないよ。

金回りを良くして、労働需要を上げて、民間で人の奪い合いが起きて賃金待遇が上がる。その結果として公務員価値が下がるまでは賛同できる。

しか公務員待遇を悪くしたらいい、というのは金回りの低下、萌芽・基礎研究崩壊教育崩壊医療崩壊児童保護崩壊を通じて我々の生活にまで悪影響を与える。

特に介護や保育はやりがいが下手にある業種だから、携わる人間は過重労働貧困状態に置かれている。

2020-05-18

初めまして。誰にも相談できなくて、というか相談してもどうしようもないので、書かせてほしい。

  

28歳女。引きこもりニート12月に家の給湯器が壊れ、6か月風呂に入ってない。

気分次第で家の雰囲気天国にも地獄にもする父親と、「育ててやってんだから文句あるなら出ていけ」が口癖の母親の間に生まれ、下には妹が1人。

高校生の頃に両親離婚、母と妹と暮らす。父はもうどこでなにをやってるか分からない。

  

大人になるまでに家族不和について外部の人間相談するタイミングはいくらでもあったが、家がガチゴミ屋敷のため人を招く事も、家の事情を口外することも禁止され何も言えず。

挙句中学で面倒ないじめっこに目をつけられ、相談した教師には「本人に注意しといたからもう大丈夫」と返されるが大丈夫なはずもなく、卒業まで苦しめられる。(その言葉が「お前が俺にチクってきたこバラしといたぞ」の意だった事に気づいたのは大人になってから)

頼れる人間が誰もおらず、心によく分からない辛さだけがまり、朝起きれなくなり、学校に行けなくなり、ネットゲームに逃げるようになる。

典型的引きこもりになりつつある私に対して妹は軽蔑し、母は焦っていた。2人は結託して私をこき下ろし、「家族問題はこいつさえいなければ解決する」かのように仕立て上げた。私もそう思ってた。

  

ある日、友人が父親に帰りの迎えを頼んでいる電話を聞いて、「普通の家庭は父親となれなれしく会話しても怒られない」事を知り驚愕

家は普通じゃない、このまま実家にいたらいけないと思い、紆余曲折あって県外に男を作って転がり込んだ。

さら紆余曲折あって最終的には一人暮らしになったが、今思い出してもあの暮らしは楽しかった。

自分で決めた仕事を始めた事、自分洋服を選べる事、お金の使い道を笑われない事、全部が楽しかった。最初は。

  

問題仕事が全く続かなかった事。今までにいろんな仕事をした。コンビニ店員、生命保険コールセンターゲーム会社CGデザイナー見習い…。

どの仕事も怒られた事なんかほとんどなかった。顔色伺って生きてきたから、人が自分に何を期待しているのか良く分かったし、その通りにしていれば優秀と褒められた。(っていうか、妙に固くて生真面目で融通きかない上に話もサムい人っているじゃん。たぶん私はアレだった)

でも私のやりたいことではなかった。じゃあ私は何がしたいのかと考えても、もうその時には分からなくなっていた。

  

実家に帰りたくなくて、生活費消費者金融借金して就活した。バイト派遣なんて中途半端な事してるから続かないんだと思い込んで、正社員になった。

インフラエンジニア資格を取って、将来はああしてこうして、と計画した。

シスコだかっていう参考書が枕の高さくらいある資格だったけど、毎日勉強して1,2か月程度で取れる予定だった。養成学校のような所に入って(無料だった)、トップに近い成績を維持し、面接を受けた会社は一発合格した。親も講師もみんな喜んだ。でも入社1週間で「もう無理だ」と悟った。

結局、100万の借金を抱えて実家に頭下げて出戻った。妹には「うちにはお金がないのに、母親を殺す気か」となじられた。

  

戻ってからキャバ嬢仕事を始めた。もうプライドなんかなかった。というか、だいぶ昔から頭が働いてなかった。

心療内科には高校生の頃からいろんな場所に通っていたけど、病院が変わるたびに病名が変わり、そのどれも薬が効いた例はなかった。医者が何でもいいから病名を付けただけにしか思えなかった。

心のわだかまりについてはカウンセリングの方が向いてるのだろうが、1時間で数万円。保険はきかず、貧困状態の私には払えそうになかった。

結局キャバ嬢も続かず、次の仕事どうしようと思いながら家に引きこもっている時、給湯器が壊れた。いつかこういうときが来ると思った。

  

一人暮らし中に片付いた家の健康さを知ってから実家をどうにかしなければと思って帰省してすぐトイレと脱衣所とキッチンを片付けていた。

黒カビで染まっていた風呂場の床も、年単位で洗ってない壁も、一生懸命ブラシで擦ってカビ漂白剤を1本使い切った。

でもここの家に危機感を感じていたのは私だけで、住んでいた妹も親も、この生活に慣れきっていたから何も困ってはいなかった。

妹は風呂場の掃除の仕方が気に入らなかったようで、自分で後からやり直し、「あんたが帰ってきたからやらなくていい家事が増えた。」

更には脱衣所の服の山に手を付けた事に対して「私の物に勝手に触らないで」と怒られた。

母も最初こそ「床が見える。片付けてくれてありがとう」と言ったものの、いざ一緒に家を片付けようよという話を持ち掛けた途端不機嫌になっていき、最終的に「ここは私の家だ。私はあんたと違って仕事もできてるし、何も困ってない。私の物に触るな」と言われてしまった。

実は風呂が壊れた時にようやく「片付けを手伝え、この家と私を見ても何とも思わないのか」と言われたが、既に文句をいう元気も、片づけを手伝う元気も私には残ってなかった。片付けたいけど。

から家は一生片付かない。家を片付けられないから、風呂を直せない。風呂に入れないから、仕事に行けない。

もう疲れた。何も考えられない。揉めたくない。何しても私のせいにされるなら、もういっそクズになろう。自己破産して生活保護を受けよう。

そう思って役所電話で助けて欲しいと電話したら、「家を出たらどうですか、そうしたら生活保護受けられますよ(要約)」と。その金がないので、福祉に頼るのも諦めた。というか、全部諦めた。

もういいじゃん。クズなんだから風呂に入らなくても、仕事しなくても、逃げてもいいじゃん。もう無理。知らない。

もう髪の毛も絡まってほどけないのも、キャバ嬢時代とは比べ物にならない肌の荒れようも、ぺりぺり剥がれていく皮膚の垢も、知らない。見ない。感じない。

  

きっとこの家はいつか火事になるし、そうでなくても母親を突然病で亡くすかもしれない。それまでこの家はきっとこのままだろう。

絶対に後悔することも分かってる。父親はどうでもいいけど、母親の事は一応好きだし感謝してる。恨んでないと言えば嘘になるけど、それとこれとは不思議と別で。だからこんな状態で何かが起こるのは絶対に嫌だ。でももう体も脳も動かない。その時が来るのを待つしかない。

  

同情引きたくて書いた訳じゃないから、アドバイスとかはいらないよ。

ただ書きたかった。

もっとしんどい思いしてる人は、これくらいでしんどそうにしてごめんね。私のキャパがちっちゃくて。

推敲してないから、文章が変なのは許しておくれ。

今日ゲームして現実から逃げるよ。読んでくれてありがとう。では。

2019-10-22

「ほんとうはもっと与えられるべきだった」と無根拠に思いこむ人間の恐ろしさ→ネトフェミ

架空映画ネトフェミ』の内容に触れています。また、当然のことながら、あくま個人の感想文にすぎないものです。

この映画主人公であるMはツイッターキズナアイ真空パックAV叩きで細々と承認欲求を満たし、福祉の補助なども受けながら子供の世話をしている中年女性だ。彼女が彼がこのたびの「ネトフェミ」、今まで何バージョンものキャラクター提示されてきた伝説ヴィランの最新バージョンである

彼女が住むのはもちろんツイッターランド。バッドガイのいる、あの町だ。すなわち、中世ジャップランドのように大きな都市でありながら閉塞した田舎のような空気をも漂わせ、オタクたちは精神病院にぶちこまれる(そしてひょいひょい脱出する)、例の町である

のちに「ネトフェミ」になる主役の生活は貧しい。しかし、それほど激しい貧困状態ではない。ありふれた、なんなら「ちょっとした貧しさ」にすぎない。これはとても大切なことから、先に述べておきたい。『ネトフェミ』は理不尽男女差別に苦しむ女性が蜂起する映画ではない。映画の前半では、Mの貧しさ、Mの病気、Mの不運が描かれる。そしてそれらはすべて「ありふれている」。

たとえば、Mの子供は保育園に落ちる。だから彼女増田日本死ねと叫んで人々から不気味がられる。だから彼女カードを持っている。男だったら垢BAN必死発言でも「トーンポリシング」のカードを渡すことで批判封殺できる、ラミネート加工したカードを。「女性が汚い言葉を使うのは表現の自由です」そう、これはいい手だ。M、適応しているじゃないか、と観客である私は思った。世の中には不随意twitterで男の金玉をつぶそうとつぶやいてしま病気があるし、言動尋常でなくなる病気もあるが、それらのためにtwitter自粛しろというのは無茶苦茶な話で、それらを抱えてtwitterで男に向かって暴言を吐き続けるのは当然の権利だ。不随意発言や、尋常でない外見を不気味がるのは無知によるものである。不気味がるほうが悪い。私も若い時分に脳器質の病気ネトフェミになり、自分でも「こりゃあすげえな」と思ったが、しかし一方でこうも思った。「とはいえ、これくらいの怪物性を帯びたネトフェミは、ありふれてもいるけどね」。

たとえば、Mの生活はつましい。お金の余裕はぜんぜんなさそうであるそもそもツイッターランドでは、成人してだいぶ経つ女性が親と住んでいる段階で「お金ないんだな」感が出る。しか彼女は文筆家としてもまったく売れていない。映画評論ピエロ仕事もたくさんもらっているようには思われない。心の貧しい人である

しかしそれは「(文筆家)という夢を追う女性」としては標準的といってもよい貧しさだと私は思う。カネの入りにくい職業をめざしているのなら、副業や何かで収入サポートするのは当然のことだ。ピエロ仕事だけでは食えないなんて当たり前のことであるピエロのない日に別のパートタイムジョブを持つか、さもなくばフルタイムで別の仕事をして土日にコメディ舞台に立ったらいい。そんな人はジャップランドにはたくさんいる。

 さあ、おわかりいただけただろうか。Mは貧しく不運だからネトフェミになったのではない。貧しく不運な人はこの映画の中にも彼の他にいくらでも出てくる。ではなぜMが、Mだけがネトフェミになったのか。

 「自分にはもっとすばらしいものが与えられるべきだったのに、そうではなかったから、自分が与えられるべきだったはずのものをもらっているやつらを燃やす

 これがMをしてネトフェミに変身せしめた動機である。「すばらしいものを与えられるはずだった」というそ思い込みに、根拠はない。ないが、なぜかそう思い込んでいる人はこの世にいる。たぶん一定数いる。

彼女らは「自分にはもっともっとすばらしいものが与えられるはずだったのに」という激しい飢えを抱え、たとえばインターネット文章を書いているぜんぜん知らない人(私とか)に突然その怒りをぶつける。「おまえなんかが賞賛されていいはずがない」と。私は最初、その怒りの意味がまったくわからなかったのだけれど、何人かと遭遇して理解した。彼らはこう言っていたのだ。「おまえなんかが賞賛されていいはずがない、それは本来おれ(わたし)に向けられるべき賞賛だ」。

ネトフェミ金持ち父親の夢を見る。Mは映画の中でずっと、手を変え品を変え金持ち父親の夢を見ている。貴種流離譚的な夢だ。お金持ちの、人格者の、有名人の、素晴らしい男が、私を迎えに来る。そういう夢である。Mははじめから、いわゆる「信頼できない語り手」だが、それは彼女性格からして当然というか、「Mは金持ち父親からまれテレビ賞賛されるのが自分本来の姿だと思っていた」という、それだけのことである。そう、Mは自分王女さまだと思っているのだ。王女さまのはずなのに王さまのパパがいないから気も狂わんばかりにそれを求めつづけているのだ。

 昔話の王子さまは冒険の旅に出るが、Mはその点、昔話のお姫さま的に動かない。簡単に言うと、すてきなパパの夢を見ながら、「金持ちの男が自分に恋をする」とも思っている。だからといって具体的に男を口説くことはしない。まるで王子さまを待つ白雪姫であるグリム童話白雪姫家出して七人のこびとと仲良くなって家事などしていたからMよりぜんぜんマシだ。Mは家出もしない。りんご食って寝てるだけの白雪姫、完全無欠の受動である

狂を発して「M」からネトフェミ」になるときでさえ、彼女は「与えられる」側でなければ気が済まないのだ。りんご食って寝てるんだ。永遠に家出をしない白雪姫なんだ。

さあ、おわかりいただけだたろうか。Mの怪物性がいかなるものであるかを。Mはなぜネトフェミになったか。Mは貧しかたかネトフェミになったのではない。Mは不運だったかネトフェミになったのではない。Mは「自分大金持ちの有名人の子に生まれテレビスポットライトを浴びて子どもたちに大人気のコメディスターであるはずなのに、そうじゃなかった」からネトフェミになったのだ。Mは、自分無限賞賛を浴びて当然の人物だと(無根拠に!)思い上がっていたから、ネトフェミになったのだ。

 私にはそういう映画しか思われなかった。だから本作を観たあと、映画通の友人に「怖いね」と言った。「Mみたいな人、増えてるもんね、なんかこう、無限賞賛を求める系の人。主演がMを魅力的に演じすぎていて、まるで時代ヒーローみたいに見えて、よろしくないよ、あの映画はだから、私は支持できないよ」。

2019-10-11

anond:20191011001953

車やバイクが超超超超超大好きとかめっちゃ運転と経路選び上手いという前提があるならアリだろうけど

それ以外の人でガチ貧困状態肉体労働をチョイスするセンスわからん

身体壊したら即破滅やんけ

給与安くてもデスクワークにしてステップアップ転職した方がええよ

2019-09-05

なぜ底辺労働者生活保護申請しないのか

たまに貧困にあえいでいる底辺派遣労働者ニュースがあると、コメントで「なぜ生活保護申請しないのか?」と不思議に思う方々がいるので、身近でこういった底辺の人を見てきた人間として事情説明しておきたい。

「なぜ生活保護申請しないのか?」の問いについては、わかりやすい解については「役所が水際作戦をして生活保護申請させないから」という声もある。これも嘘ではないのだが、半径10メートル範囲貧困層を見てきた身としては、「当人たちが生活保護申請する気がないから」のほうが実情に近い。

もちろん申請できる人もいる。ただこちらが何度か「しばらく生活保護申請してみては?」と尋ねても苦い顔をしてはぐらかす方も多い。

この背景には「生活保護申請する際の心的ストレス想像以上にしんどい」というのがある。底辺労働環境は肉体的にも金銭的にもキツイが、それ以上に人間関係でもストレスが高い職場が多い。みんな金に余裕がないと気持ちにも余裕がなくなり、底辺労働者はそのストレスのはけ口として最適なのだろう。日頃の職場ストレス精神的にボロボロな連中に、自分から役所にいって生活保護申請をするのがどれだけ罰ゲームなのかは簡単想像できるだろう。役所良心的なところですらできれば受け付けたくない空気満載で、書類申請の間にも「(生活保護なんかに頼らないで)今の職場転職すればなんとかなりませんかね?」「ご家族にも連絡しますけど大丈夫ですか?」などと細かい圧力をかけてくる。そしてそれらの圧力に耐えきれずに申請あきらめてしまうのだ。

こういった精神的にボロボロ底辺労働者が生活保護申請する最適な方法は、やはり頼れる第3者に同行してもらうことだ。共産党事務所にいってヘルプしてもらうとか、東京だったらもやいのような貧困支援NPO相談するなどして、一緒に付き添ってもらうとなんとかなる。

彼らを見ていて思うのが、自力生活保護申請するにはある種の開き直りというか、図太さ、精神的逞しさがないと難しいということだ。DV被害にあっている人でも、「そこから逃げる」だけでも膨大な労力が必要で、本当に弱い人は逃げることもできずに暴力を受け続けるのだと聞いたことがある。本当の弱者とは、逃げることもできずに誰かも気づかれることもなく死ぬまで搾取され続ける人生を選ぶ羽目になった人たちなのだ

ここまで書くと、生活保護の「申請式」をたたく人も多いだろう。ただ日本に限らずに、民主主義の国というのは自分権利というのは自ら申請しないと実行できないのだ。職場パワハラも、本来なら控除があるはずの取られすぎた税金も、法律上は受けれるはずの行的サービス介護とか)も、自分たちが調べて申請しないと憲法で認められた権利行使することができないのである。人によっては「国が率先して国民健康貧困状態をチェックして、申請がなくても行政から助けの手を差し出すべきだ」という意見もあるだろう。ただそのためには膨大な管理コストと、行き過ぎるとそれこそビックブラザー的な巨大な管理社会と変わらない未来がまっているはずだ。

どこでなにを間違えたのか?と考えると、おそらく義務教育だろう。国民ちゃん義務教育の時点で、労働基準法生活保護などのセーフティーネット存在、それらが憲法によって定められた当たり前の権利であること、そしてそれらの権利がせっかく用意されているのに、自分から申請しないと存在しないのと同様になるという事実を、小中学生の時期に頭に叩き込んでおく必要があったのだろう。

2019-08-04

「殴る男はモテる」についての消えてくれない誤解

女嫌いの弱者男性界隈で「殴る男はモテる」「俺たちは殴らないかモテない」という都合の良い考え方がしつこく蔓延している。

大きな誤解だ。まあ誤解だと何度言ったってわかろうとしない奴はわかろうとしないんだろうが。

 

殴る男と付き合ったり結婚したりして、殴られ続ける女は確かに存在する。

でもそれは「殴ってくれるから付き合ったり結婚した」というわけではない。

付き合い始める前は殴られなかった、結婚するまでは殴られなかった。一番多いのはこうした騙し討ちである

一番質の悪いのが、子供ができて、保育園に落ちて、仕事をやめて、生活力がガクッと落ちた途端に殴られはじめるパターンだ。

子供を抱えて逃げることができずに、殴られ続けている例がたくさんある。

殴られるのに耐えられずに子供を抱えて逃げて、その結果、貧困状態に陥ってしまシングルマザーも多い。

子供貧困として問題になっているのはこういうパターンがとても多い。

 

そして殴るような攻撃的な男と付き合ってしまうのはなぜなのか。

当たり前の話で、攻撃的な男は、同性である男にとっても厄介だし怖いし嫌な存在だ。

強い怖い攻撃的な男の彼女や、強い怖い攻撃的な男の妻に、性暴行性的侮辱をできる男がどれだけいるだろう?

独身の女や、しょぼい男の女なら、まあ暴行しても平気かなとなるような悪質な男でも、

暴力的で何をするかわからない恐ろしい男の彼女となると、絶対に手を出さない。

父親社会的強者権力者、という場合でも手を出さない。悪質男性はバックに強い男がいる女を絶対に避ける。

まり、恐ろしい男と付き合うと、恐ろしい男以外には殴られたり性暴行されたりしないという「メリット」がある。

不特定多数に襲われ放題と比べたら、特定の一人から殴られた方が、ベターだ。

からこそ恐ろしい男は、治安の悪い貧困地域ほど女からの人気を集める。不特定多数男性から暴行リアルからだ。

都市部の富裕な地域の女ほど、「賢くて優しい男がいい」と言う。

そういう女性父親強者であることが多く、不特定多数男性から暴行リアリティがない育ちをしているからだ。

他の男を威圧する力のない、弱弱しい男が、女子供だけに対して暴力をふるったところで、まずモテることはない。

なぜなら弱弱しい男から暴力に耐えるメリットがないからだ。

弱くて攻撃的な男とは付き合う価値がない。価値がないから、相手にされないのだ。

2019-07-01

つらいなあ

今のところそこそこ稼げていて、仕事楽しいけれども、10年後、40代後半になったときにはどうなってるかわからないような仕事だ。

そのころには、今は元気な母親も、介護必要状態になっているだろう。

妹は固い職業に就いているが、給料は決してよくはない。父は早くに死んだ。

実家はいちおう、そこそこの値段のマンションだが、まだローンがかなり残ってる。10年じゃ終わらない。

今はわがままを言って実家を離れているけれど、そのうち戻って、実家に今よりももと金を入れないとダメだろう。

金の問題がなくとも、現状、実家で母と同居している妹に、母親の世話を押し付けしまっているような状態だし。

家事はまだ母親自分でできているけど、寂しい老人の話し相手になるのはストレスが溜まるもんだ。

妹には恨まれているだろう。

というか、先日、まとまった入金があったので、一念発起して趣味に関するちょっとデカい買い物(つうても二桁万円代前半ですが)をしたら、「不安定仕事で、これから金もかかるのに、どうしてちゃんと貯蓄に回したりしないんだ」とめずらしく、本当にめずらしく、妹に激怒されてしまった。

あんなにあいつが家計のことだとか、将来のことを気にして、いろんな気持ちを溜め込んでいるとは思わなかった。

ダメ兄貴ですまん。

なんかもうな、母親が死んだら、適当タイミングスパッと死んでしまいたい。

貧困状態で生きていくような元気はないので、身辺整理して、妹に迷惑がかからないような形で、スパッと死にたいよ。

本当に、今は楽しい。今、これまでの人生で一番楽しい時期を過ごしてる。

学生時代もできなかった一人暮らしができてて、それなりに自分の城らしきものを作れてさ。

でも未来にあかるい希望がないんだよ。そして、もっというと、未来のために今を犠牲にもしたくないんだよ。

あーあー。もう嫌だなあ。クズ自分が嫌だよ。でもどうしようもないんだよ。

2019-06-07

現代アート価値って何?

私はなぜか某SNSアート系の人とのつながりが多く、従ってそういう人たちやその仲間たちの作品及び作品展の案内を目にすることが多い。

別にそれらの作品が悪いとは思わないし、作者たちはそれなりの情熱時間をかけて作品づくりをしてるんだろうと思うけど、あまりその作品のためにギャラリーに足を運びたいとか、お金を払って彼らの作品コレクションしたいとか思わない。

写真を撮るのが好きなので、地方都市などで「ビエンナーレ○○」みたいなイベントがあれば行って写真を撮ることはあるけど、作品のもの目的というより、何もないとただの田舎で終わってしまうところにアート作品を配置して、独特の風景を作り出しているさまが好きなだけだ。

絵描きとかで、そこそこ上手いんだけど明らかにそれだけでは貧困状態に陥るだろうという生活をしている人の投稿を見ると、正直「絵だけじゃ暮らせないならスーパーレジ打ちでも何でもいいかバイトすれば?」と思う。その分絵を描く時間が減るかもしれないけど、それ以前に画材が買えなくなったり電気止められたりしてるんだから、多少なりとも金になることに時間を使った方が人間らしい生活ができるだろう。

名だたる大企業早期退職して、無名アーティストを世に出すための活動をしている人も知っているけど、物好きなボランティア活動しか見えない。そんなアーティストたちの中に金の卵が混ざっているかも知れないけど、仮に才能があるとしても私はその人の作品を買おうとか思わない。単に家が散らかっていて、アート作品なんか飾るスペースがないというのが最大の理由だけど、ずっと眺めていて飽きない作品なんて存在しないから余計なものを家に置きたくないのだ。

それなりに評価の定まった美術品や工芸作品を見るのは嫌いでないけど、そういうのは美術館や博物館現物を拝んで、手元には図録でも持っておけば良いと思う。その時の気分や好みで見たいものは変わる。まぁ図録でもあまり見返さないことは多いが、少なくとも作品のものよりは安価でかさばらない。

日本アート作品を買ってコレクションをしようという考えって普及するんだろうかと不思議である。豪邸の持ち主で、せっかくだから家の中にお気に入りの絵や彫刻を飾っておきたいという人もいるかも知れないけど、ごく一部の恵まれた少数派だろう。

中途半端な才能しか持ち合わせないアーティストは無理にそれだけで食べて行こうとしないで、割りきって食べていくための仕事兼業すべきじゃないかと思う。逆に食べていくための仕事でそれなりの収入がある方が作品を作るための材料やら何やらにお金をかけられて良いんじゃないだろうか?アートだけで食べていけるなんて元々お金持ちか、たまたま流行りに乗って自己PR成功した人だけではないだろうか?

食べていくために好きになれない仕事に甘んじている自分のやっかみに過ぎないかもしれないけど、アート生活費を稼ぐ手段として極めて能率が悪いと思う。中途半端な才能と収入にあがいている自称アーティストには「一番好きなことは仕事にするな」という言葉プレゼントしたい。

2019-05-02

日本保守派日本をどうしたいのか教えて?

本当にわからないのでどなたか教えてください。

ここでいう保守派というのは現在自民党の中核である清和会とか、保守派代表として扱われている日本会議とか、保守派新聞と言われている読売新聞産経新聞対象にしています。とりあえずこの辺の人たちの意見現在日本で最も影響力があると思っています。もしそうでなければご指摘ください。

この保守派の人たちの方針といえば

他にもいろいろあるけど、上記保守派の人たちが考えていることややっていることって、過去(主に戦後)の日本ダメダメなので、とにかく改革したいって思いがすごく伝わってくる。保守定義とかそういうのはどうでもいいけど、保守派の人たちがやりたいこと全部やったら

東京以外が貧民窟廃墟で、天皇制もなくて、世界から孤立して、人口も少ないか経済競争力もない、そういう日本保守派の人たちは目指しているっていうことでいいのかな? 保守派の人たちって日本が嫌いで日本破滅させるために活動しているのかなって思っているんだけど違うのでしょうか。多分違うと思うけど、じゃあ何が違うのかを本当に教えてほしい。

日本保守派日本をどうしたいのか教えて?

本当にわからないのでどなたか教えてください。

ここでいう保守派というのは現在自民党の中核である清和会とか、保守派代表として扱われている日本会議とか、保守派新聞と言われている読売新聞産経新聞対象にしています。とりあえずこの辺の人たちの意見現在日本で最も影響力があると思っています。もしそうでなければご指摘ください。

この保守派の人たちの方針といえば

他にもいろいろあるけど、上記保守派の人たちが考えていることややっていることって、過去(主に戦後)の日本ダメダメなので、とにかく改革したいって思いがすごく伝わってくる。保守定義とかそういうのはどうでもいいけど、保守派の人たちがやりたいこと全部やったら

東京以外が貧民窟廃墟で、天皇制もなくて、世界から孤立して、人口も少ないか経済競争力もない、そういう日本保守派の人たちは目指しているっていうことでいいのかな? 保守派の人たちって日本が嫌いで日本破滅させるために活動しているのかなって思っているんだけど違うのでしょうか。多分違うと思うけど、じゃあ何が違うのかを本当に教えてほしい。

2019-03-02

anond:20190302233319

祖父母障碍者家族と同居で介護をしているとか?

知的障害精神障害発達障害学習障害などの障害を抱えていて、大阪東京に転居したところで被雇用者としての品質が低すぎて誰にも雇ってもらえないとか?

妊娠出産後に男に殴られたり逃げられたりして、一人で小さい子供を育てる羽目になっており、小さい子供を抱えている大した職歴もない女が大阪東京に転居しても誰にも雇ってもらえないとか?

なんか「家族奴隷」「貧困状態障害者」ゆえに田舎から自力で出ることが不可能な人が多そうだから自業自得」とか言って強者目線から正論で殴っちゃだめだと思うよ。

2019-03-01

沖縄貧困問題とアンマー


アンマーは沖縄貧困シングルマザー問題象徴なのかもしれない。



歌詞から父親存在が全く感じられない。

察するに母子家庭


「薄暗い朝の街へに出ていく仕事」とは、恐らく低賃金労働

その仕事が終われば2件目の低賃金労働に向かうのかもしれない。


母子家庭で親が低賃金労働だといろいろ苦しい。



安定した収入のない片親が子供を育てる。

子供のために低賃金労働を長時間、頑張る。

子供との時間が少ない。

子供は寂しさから荒れる。

親の社会的弱者により親から与えられる有形無形の資産が少ない。

荒れた子供が未熟なまま子供をもうける。

低賃金シングル家庭が生まれる。

まらない貧困連鎖



この歌詞を書いた人は音楽成功しているらしいので少なくともお金には困っていないだろう。

貧困連鎖していない。


が、この事例はかなり例外的と言わざるを得ないのが現実だろう。


母子家庭の息子は妊娠しないだけマシなのかもしれない。

貧困母子家庭の娘は若いうちから少子化対策に貢献してしまう。


そしてまた、貧困シングルマザーとなり貧困再生産している




-----------------

何もせずにただ毎日

だらだらと過ごし続け

浴びる程に飲んだ私が

明け方眠りに落ちる頃

まだ薄暗い朝の街へ

母は出ていくのでした

http://uutann49.com/kariyusi58-anmaa



さらに深刻といえるのが、子ども貧困だ。2016年4月沖縄県は子ども貧困率29.9%という衝撃の発表をした。全都道府県では6人に1人といわれた子ども貧困は、沖縄は約2倍の数値であり、3人に1人が貧困状態で暮らしている。

新垣さん母子家庭で育った。離婚出来ちゃった婚が多い沖縄では、決して珍しくない母子家庭ともいえる。出身中学校では「母子家庭が半数を超えた年度もあった」という。

https://toyokeizai.net/articles/-/195357?page=2

2018-11-15

普通の人になりたい

はいうつ病と戦ってる。

お金がないか高卒正社員になったけど

50代の先輩社員毎日怒鳴られ、大事なことはハブられ、

ファブリーズ身体にかけられたりした。

私以外には優しいおばさん社員だったから、誰も助けてくれなかった。

今ではパワハラと呼ぶのかもしれないが、その頃はセクハラくらいしか言葉が無かった気がする。

そうして仕事を辞めてからは、正社員になれるはずもなく

ずっと派遣社員

派遣先でも人の悪口を言うのが大好きなおばさんがいて、仕事休みがちになった。

時給で働いているから、当然仕事を休めばその分の給料は出ない。

給料が出ないから、生活が苦しくなり、どんどん人としての余裕を失って行った。

打開するべく派遣先を変えたら、今度は人に恵まれもの

過労問題にぶつかってしまった。

1日13時間労働は当たり前、お金は出るがやってもやっても終わらない仕事を目の前に

身体がどんどんぼろぼろになっていくのがわかった。

ある日、母親些細なことで怒鳴りちらし泣き喚いたところで

「あ、私はおかしくなってる」と気づいた。

ちょうどそのタイミング会社初のストレスチェックに見事ひっかかり

その派遣先もやめることになった。

病院では「うつ病」と言われた。

今いる派遣先では人にも条件にも恵まれているが、

その分の貧困状態が続いている。

きづいたらもうすぐ30さい。

わたし人生もっと普通」だと思ってたのに。

ねえ、普通の人が羨ましいよ。なんで私は普通じゃないんだろう。

悲しいな…と思いながら、1人でぼんやりしています

2018-09-21

家族が居る地獄と居ない地獄

家族が居ない地獄って「寂しい」「家族がいる人に見下されている気がする」を大袈裟に言ったものしかない。

 

家族が居る地獄は、

育児

子が重度障害で、仕事を辞め、趣味も諦め、24時間介護永久必要

子が発達障害で園・学校トラブルを起こしたり、不登校になったり就職失敗したり、親自身が子のコミュニケーション嫌悪してしま

夫のDV離婚シングルマザーになり酷い貧困状態になり、子は豊かな家庭と自分の親を比べて親を憎む

介護

親の介護のため仕事を辞めることになり自宅にひきこもり親のおむつをかえつづける人生

親を介護しながら親の年金生活していたが親が死に収入がなくなり再就職も年齢的に無理になっていた

兄弟

ニート兄弟姉妹が親の老後資金を食いつぶし、困窮した実家こちらを金蔓にしようとしてくる

研究者声優を目指していた兄弟姉妹高齢になっても芽が出ず自暴自棄になり家族八つ当たり

 

など金銭的困窮、24時間育児介護労働精神身体暴力など重度の苦痛が多い。

家族が居ない地獄自称している人が、つまらないことで自己憐憫に浸っているようにしか見えない。

酷い家族、弱い家族がいる地獄のほうが問題が重い。優先順位が高い。

2018-09-06

独身40代孤独」とか貴族戯言だろw

非正規ワーキングプア40代が嘆くなら同情するけどさ、正規仕事して生活にも困ってないのに「孤独」だとか「生きる意味が見つからない」とか知るかよw

古代ギリシャでなぜ哲学数学が発達したかって理由で、当時はそこそこ平和ギリシャ上級市民家事子育ての大半を奴隷に丸投げしてたから暇すぎて哲学とか数学とか考えてたって話きいて、これってまさしくお前らじゃんって思ったよ。

そんなに生きる意味が欲しいなら古代ギリシャ人に倣って社会人学生大学にでも通って哲学文学でも専攻してろよ。

独身40代孤独」に打ち勝つには家族子供を持つことだって言ってたブログミソジニーたちが炎上してたけど、あんなの当たり前じゃん。子持ち世帯毎日が忙しすぎて「生きる意味」とか「孤独」とか悩んでる暇なんてないんだよ。

人付き合いが煩わしいからって面倒な人間関係を断っておいて、いまさら人恋しいとか言われてもねー。

本当に貧困状態で困っているシンパパ、シンママブログ愚痴時間も気力すらないから、お前らみたいな面倒くさいミソジニーもの愚痴ではてぶが埋まっていくのも高学歴非コミュが集まるはてならしいな。

anond:20180905184317

2018-03-18

処女厨真逆の考え方持っているから、貧困状態若い女性はなんで風俗で働かないんだろう?って思うね

大したもんじゃないよセックスなんてw

2018-01-07

貧困と無学はずっと連鎖する

知人の70歳のオバさんに中卒で40歳無職引きこもりの息子がいる。

オバさんが若い頃にヤクザな男の間に出来た息子で、

その男はオバさんを捨ててどこかに行ってしまった。


オバさんは中卒で、今は身体が弱く生活保護を受けて息子と2人質素に暮らしている。

息子は40歳引きこもり仕事をしていない。

この息子も中卒で40歳の今までずっと無職

今は社会に虐められて精神を病んで引きこもりになっている。

アルバイトさえ、対人恐怖と頭の悪さで就くことが出来ない状態だ。


この息子は18歳の時に子供をつくってしま最近離婚した。

子供は取られたが、養育費も満足に払っていない。

当然、その子供も、母子家庭で極度の貧困状態になっている。


貧困連鎖するのだ。


オバさんは俺の家族に時々数千円の金を借りに来る。

口が悪く下品で、自分貧困なのに、訳の分からないボランティア団体

無償ボランティア活動をしている。正直、意味がわからない。


先日、「うちの息子があなた相談があるらしいから連絡先メールを教えて」と

言ってきて怖かった。嘘のアドレス適当に教えたが、

その後音沙汰はない。ホッとしている。


この家族を見ていると、貧困はずっと連鎖していくし、

無学の親の子供はまた無学になる可能性が高いことがよく分かる。

教育学習は本当に大切だとつくづく思う。

2017-12-28

帰省って何すればいいのん

ほとんどコッチ(転勤で飛ばされた果て)に持ってきてるから実家にはPCも何もないんだけど、実家に帰ってから何すれば良いのか分からん

普段1人でやってる家事家族と分担するから生活的には楽だろうけど、娯楽的にはかなりの貧困状態になるわ。

ロクにゲームネットもない環境である種の断食みたいな感じになりそう。

それはそれで年に一回ぐらいは良さそうだけど。

2017-08-14

https://anond.hatelabo.jp/20170814211208

キモおっさんって若くてかわいい女好き処女厨だったんだな

俺は恋愛市場で破れ婚活でも相手にされない経済的にも貧困状態にある弱者男性のことだと思ってたよ

だって前者ってただの痛いおっさんじゃん

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん