「マインドスポーツ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: マインドスポーツとは

2019-05-30

女子(e)スポーツ選手容姿差別されやす理由

理由は2つあると思う

1つ目はスポーツにおいて女子スポーツというのは男子スポーツの「劣化版」として見られるから

勘違いしないで欲しいけど女性男性と比べ人間として劣っているというわけじゃない

ただ、身体的な強さでは平均的に男性が優位であることを否定する人間はいないと思う

サッカーバレーのように(男子比較し)フィジカル制限があることにより戦略性が高まり面白くなるスポーツもあるけれど

そこに面白さを感じるためにはある程度目が肥えている必要があるので、大半の素人にとっては男子スポーツの方が派手で面白

オリンピックパラリンピック関係に近いかもしれない

そしてこれは環境的な問題なのか、身体的な問題なのかはわからないが、将棋囲碁等のマインドスポーツに関しても「女流」とつくと格段にレベルが落ちる

なので特にそのスポーツに対して知識経験があるわけではない一般大衆があえて「女子スポーツ」を観るときは、その実力以上の(容姿などの)付加価値を求めてる場合が多い

なぜなら単純に強いプレイヤーを見たければ男子スポーツを観ればいいだけなのだから

もう一つは「嫉妬」だ

他のスポーツと違い男女混合で競い合うゲーマー界隈には「姫ブ」なんて言葉がある

ブーストの略でLoLなどのチームプレイ前提のゲームでよく上がる言葉

「本人には大した実力はないのにオタサーの姫のように女慣れしてない(ゲームが上手い)男オタクを囲って勝ち上がっていく行為」のことだ

まり自分より弱いくせにちょっと見た目がいいとか声がかわいいってだけで勝ち上がれてズルい」ということだ

実際に明らかに姫ブで勝ち上がってる人間もいるにはいるが

今までそれなりの実力を発揮してきたプレイヤー容姿や声が表に出た途端

「どうせこいつも姫ブだろ」と批判されることが結構ある

ちなみにこういった批判男性からもあるのだが、(自分が女だからかもしれないが、少なくとも自分観測範囲では)女性から批判の方が多い

他にもいろいろあるけれどe-Sportsにおいて女子プレイヤー容姿言及される理由基本的にはこの2つだろう

ちなみに男子プレイヤーについては理由は異なり

男性ホモソーシャル体育会系ノリ(軽い肉体的、精神暴力は「かわいがり」の範疇のような価値観)が根源にあると思われる

2018-11-21

anond:20181120205959

>今のeスポーツ界隈って、囲碁将棋チェスも全部ひっくるめて「マインドスポーツ協会」とか作ってスポーツの括りにねじ込もうとしてるような雑さを感じる。

アホか。

業界団体推し進めるなら、同ジャンル競技を一括りにするべき。

囲碁将棋チェスもまとめて問題ない。

同じように、格ゲーMOBAFPSパズルゲーム競技eスポーツ連合で扱ってるわけ。

国際マインドスポーツ協会チェスブリッジ麻雀を扱ってるが?

2018-11-20

anond:20181120205234

必死スポーツの括りにねじ込もうとしてる理由としては薄いなぁ。

今のeスポーツ界隈って、囲碁将棋チェスも全部ひっくるめて「マインドスポーツ協会」とか作ってスポーツの括りにねじ込もうとしてるような雑さを感じる。

なんでゲームゲームとして広めることを当ののゲームに本気な人達が真っ先に諦めてるのかについて、納得できる理由は見つからない。

anond:20181120204741

スポーツ運動っていう意味の他に勝ち負けのつく競技っていう意味もある

チェスマインドスポーツって呼ばれるのはこのため

同じ感じでゲームエレクトロニックスポーツと呼んでいる

イメージ戦略もあるとは思うけど別にゲームではないと偽ってるわけじゃないな

2018-11-07

[]2018新語・流行語大賞ノミネート解説

あおり運転前方を走行する車に対して威嚇・嫌がらせをする行為のこと。2017年あおり運転を原因とする死亡事故が起きたことなどで社会問題に。
悪質タックル日本大学アメフト選手が悪質なタックルを繰り出して相手選手を負傷退場に追い込んだ事件監督の指示があったことやパワハラ的な上下関係問題となった。
eスポーツコンピューターゲームマインドスポーツと捉えた場合呼称。今年は日本eスポーツ連合JeSU)が発足するなどした。
(大迫)半端ないって2008年全国高校サッカー選手権大会活躍した大迫勇也相手チームの選手が讃えたとき言葉ロシアW杯で大迫選手活躍したことで再び脚光を浴びた。
おっさんずラブテレビ朝日系の深夜ドラマ。年配の男性同性愛を描いて話題となった。
GAFAGoogleAppleFacebookAmazonというIT系大企業頭文字を取った略称
仮想通貨/ダークウェブ日本では実質的ビットコインのような「暗号通貨」が仮想通貨イコールとなっている。ダークウェブ は、Torなどの匿名化技術を用いないとアクセスできないウェブサイト群のこと。今年、大々的な仮想通貨盗難が相次ぎ、ダークウェブで換金されたことなどが話題になった。
金足農旋風金足農」は「秋田県立金足農業高等学校」の略称。その野球部エース吉田輝星を中心に夏の甲子園で決勝まで勝ち上がり「旋風」を巻き起こした。
カメ止め映画カメラを止めるな!」の略称。低予算映画ながら口コミで広まり大ヒットを記録した。盗作騒動なども話題に。
君たちはどう生きるか1937年に発行された吉野源三郎小説2017年漫画版発売をきっかけにベストセラーとなった。宮崎駿次回作タイトル引用したこと話題に。
筋肉は裏切らない俳優武田真治庭師村雨辰剛、弁護士小林航太が出演するNHKの5分番組みんなで筋肉体操」の決め台詞
グレイヘア白髪染めをしない髪を肯定的に捉えた呼称2016年出版された主婦の友社パリマダム グレイヘア スタイルから広まった。
計画運休災害に備えて計画的に電車運休を決めること。今年9月台風24号接近時に首都圏全域の計画運休が初めて実施された。
高プロ高度プロフェッショナル制度労働基準法改正に伴い、一部の高収入専門職労働時間規制から外すというもの
ご飯論法質問に答えない安倍総理の答弁手法への批判。「朝ごはんは食べましたか?」「ご飯は食べていません」「何も食べなかった?」「一般論では食べたほうがいい」…といったもの
災害級の暑さ今夏の記録的な猛暑について、気象庁の会見から広まった表現
時短ハラスメントジタハラ働き方改革に際して、企業が「時短」を謳うだけで長時間労働をなくす工夫をするわけでもなく、それでいて従来と同じ成果を求めることを指す。
首相案件加計学園にまつわる疑惑について、当時の首相秘書官愛媛県職員と面会した際に「首相案件」と発言した旨のメモがみつかって問題となった。
タイムMLBに渡った野球選手大谷翔平活躍時に、現地メディアがしばしば「翔」と「Show」をかけて「SHO TIME」と表現したもの和訳
スーパーボランティアボランティア活動家の尾畠春夫氏のこと。今年8月行方不明になっていた男児の捜索にボランティアとして参加し、たちまち救出してみせたことが話題となった。
そだねー平昌冬季五輪活躍したカーリング女子日本代表が試合中に使っていた掛け声。
ダサかっこいい・U.S.A.「U.S.A.」は男性グループDA PUMPが3年半ぶりに発売したシングル曲で、1992年に発売されたジョー・イエロー楽曲カバーPVが「ダサかっこいい」と話題になった。
TikTokショートムービーを共有する中国発のスマホアプリで、日本若者にも大流行している。テンポのいい音楽と合わせたり、特殊効果簡単につけたりできることが特徴。
なおみ節テニス選手大坂なおみの独特な語録を指す言葉大坂なおみは今年、全米オープン女子シングルスで優勝して話題となった。
奈良判定日本ボクシング連盟の山根明(元)会長が、奈良地盤を持っていることからアマチュアボクシング試合奈良県出身の選手が判定で優遇されているのではないか、との疑惑が持たれた。
ひょっこりはんお笑い芸人音楽リズムに合わせて「ひょっこり」と顔を出す、というコントブレイクした。
ブラックアウト停電のこと。今年9月北海道で起きた震度7地震によって北海道全域で停電が起きたことを説明する際に、「ブラックアウト」という語がよく使われた。
ボーッと生きてんじゃねーよ!NHKクイズ番組チコちゃんに叱られる!」にて、チコちゃんが出すクイズ出演者が答えられないと発せられる決め台詞
#MeToo暴力体験談告白する際に使用される「私も」という意味ハッシュタグ映画プロデューサーハーヴェイ・ワインスタインによるセクハラ告発されたことをきっかけに広まった。
もぐもぐタイムカーリングハーフタイム食事をとることの通称平昌冬季五輪活躍したカーリング女子日本代表の食事姿が話題となった。

2018-09-05

anond:20180905133951

私は五輪へのe-sports導入に断固反対だけど、これは会長増田の言い分が変だと思うわ。

別に実際に人を殺しているわけじゃない。死ぬのはゲームの中のキャラクター

ゲーム内でも人を殺しちゃいかんのか? ゲーム内での殺人技術を競っちゃいかんのか?

それはリアル人物に向かってフルーレを向けたり大外刈りかけたりするよりタックルするより危険行為か?

そうだ、と思うのなら感覚麻痺しすぎだと思うんだよな。

リアル人間ハイキックしたりリアル人間同士で殴り合ったりする方がよっぽど野蛮だろ……

よろしい、百歩譲って、殺人ゲームダメなのだとしよう。

でもそれなら、e-sportsは導入するが、倫理に背くもの排除する、といえばよくない?

格闘ゲームとか、人殺し要素のない冒険ゲームとか、レーシングゲームとかを導入すればよくない?

なーんか会長さんの言ってることは筋が通ってないように思う。

しかしそれはそれとして、e-sportsは断固として五輪に導入すべきではない。

なぜならそれは不公正だからだ。

サッカーを例にしよう。仮にある業者が、サッカーボール供給を一手に握っていて、有力選手事実上そのメーカのものを使わないといけない状況だとする。

しかしそれでも、私的に作った規格外ボールを使って草サッカーすることは自由である。新しい業者が規格を満たしたボールを作って競争に参入することも自由であるルールブックは万人に開かれており、特定メーカのものを使わなければならない、という決まりはどこにもない(あるメーカ技術力が卓越しているおかげで寡占状態になっているとしても、より優れた技術をもって参入する余地は常に残されている)。

あるいは、e-sportsではないがマインドスポーツを例にしよう。囲碁チェス将棋も、ルールを知ってさえいれば誰でもどんな道具を使ってもプレイできる。ノートに線を引いてそれを盤面にしてもよいし、頭の中だけで完結させてもよいし、地面に木の枝で書いた盤を使ってもよい。

ルールが同一であるならば、名人竜王と地面に駒を書き入れる子供たちは同じゲームを遊んでいることになるはずだ。たとえ使う盤がどんな業者に作られていようとも。ネイマール本田圭佑と、スラム街ボロボロボールを蹴る子供たちもまた、同じくサッカープレイしていることになるはずだ。

私はこれがスポーツ公平性だと思う。

e-sports問題は、この公平性がまったく存在しないことだ。特定ゲーム会社から特定タイトルを購入しなければ、そもそも遊べない。お金がない囲碁好きの子供でも、ノートに書いた盤面に白と黒の点を書き入れていけば囲碁を遊べる、というような余地はどこにもなく、まずゲームスタートするためには特定業者から特定商品を購入する必要がある、そんなもの公的団体競技として公認すべきじゃないと思う。

これは単なる理想論ではない。一歩間違えば癒着にも繋がる。なにせ、ある競技を採択するかどうか、が、そのままある特定民間企業優遇するかどうか、につながるのだ。寡占状態にあるので事実上そうなってしまう、という話ではなく、ある競技を採択することは論理的にある民間企業優遇することとイコールになる、というのは大きい。

IOC高潔組織というのならばまだしも、そうでないことは幅広く知れ渡っているというのに、なんでこんな腐敗臭に満ちたもの競技として採択しなければならないのか。

スポーツあるいはマインドスポーツは、皆に開かれているべきだと思う。ルール策定の段階である程度権力が絡むのは仕方ないにせよ、そもそも特定メーカによる特定商品を購入しないと遊べない、ようなものを、公的スポーツ大会であるオリンピックアジア大会などに持ち込むべきではない。

もちろん、ゲーム会社が自社のゲームを使った大会企画するのは、経済自由趣味自由として大いに肯定されるべきだ。何も悪いことではない。日本法でそういうレジーム賭博にあたる場合があることについては、不当なので賭博罪に関する条文を改正する必要があるとすら思う。

しかし、e-sports公的スポーツ大会にはそぐわない。むしろ積極的排除されるべきだ。ゲーム内で人を殺そうが殺すまいが、それは公平なスポーツという理念に反しているのだから

2018-07-16

eスポーツと呼ぶのはスポーツへのコンプレックス」とかいうアホ

https://anond.hatelabo.jp/20180715132226

全然スポーツじゃねぇのに

>客を集めたい一心スポーツ騙ろうとしてるのが惨め。

スポーツ定義すら把握してないお前が惨めだ。

この間抜けの中では、eスポーツ呼称しただけで集客力が上がることになるのか。

チェス百人一首も、マインドスポーツと呼べば大人気間違いなし。

「コンペティティゲーム」では呼びにくいし利便性が低い。

意味を伝えやすい「eスポーツ」を推していくべき。

2018-07-15

e-sportsスポーツか?

e-sportsスポーツか。

チェスマインドスポーツと呼ばれている。

など、スポーツ定義に関して最近盛り上がってるけど、スポーツってどういう定義があるか知りたい。

みなさまのご存知の定義があれば文献などと一緒に教えてもらえると嬉しいです。

ブコメ増田トラバ見てると文献示さずに断定口調が多いので、すごく違和感があります。)

anond:20180713202349

前にも見たなこの投稿

マインドスポーツ」ってさんざん突っ込まれても

同じ文言を繰り返すのは単なるプロパガンダだろう。

2018-03-01

競技者が苦しんでいることに感動するのがジャップ

eスポーツゲームなのか? スポーツなのか? 誤解を生む理由と止まらない世界の普及

http://news.livedoor.com/article/detail/14351314/

この誤解を生んでいる理由の1つが、英語sport」の翻訳の仕方だ。

日本では、「sport」を、一般的に「運動」と訳すことが多い。

このため、汗をかく肉体的な競技のことを指すと考えられてしまう。

しかし、スポーツには、運動だけなく「楽しむ」「競技」の意味がある。

そのため、欧米ではチェスマインドスポーツだし、ビリヤード屋内スポーツ認識され、自動車レースは、自動車コントロールする競技モータースポーツ」とも呼ばれている。また、アーチェリークレー射撃のように道具の操作を競う競技も、すでにオリンピックにも存在している。

スポーツには、運動だけなく「楽しむ」「競技」の意味がある

日本人は忘れてしまった。もしくは元々その意味理解できない。

2018-02-17

e-Sportsってなんでスポーツ扱いになったんだろう

マインドスポーツと言えばチェス将棋が昔からあるのに

なんでe-Sportsだけオリンピックの話が持ち上がるレベルにまでなってるんだろう

面白そうだし別に反対する気は無いけどその辺は凄い気になる

単純に金になりそうだからかな

2016-12-21

男女の能力

体力が関係ないマインドスポーツとかE-sportsプロ女性が少ないのって男女の能力差を否定する向きから

環境の差と説明されるけど、MtFトランスジェンダープロゲーマーって結構いるんだよね。普通女性より多いんじゃないかってくらい。

分母の違いを考えれば凄い差なわけで、やっぱり何か生得的な違いがあるんじゃね?って思っちゃう

女性が少ない原因とされるコミュニティから偏見や好機の目、性的嫌がらせ中傷トランスジェンダーの方が厳しいだろうし。

2015-10-08

ポーカーオワコン

まだ始まってもねーだろ!とか今年、日本人世界大会で優勝しただろなど色々ツッコミ

入りそうだがとりあえず読んでみてくれ。内容は大した物ではないから読んだ後でがっかりしても俺は知らないよ。

なぜオワコンなのか?

原因はプレイヤースキルの上昇が止まらないからだ。

そんなのどこの業界でも一緒じゃねーか!とも書かれそうだが問題スキルの上昇ではなく

ポーカー業界が負けても楽しい仕組み作りや努力を怠ってきたためだ。

プレイヤー運営側利益の追求を優先してそういった仕組み作りが遅れた結果、

オワコンになっているという説を書いている。

そもそもポーカーで勝てるのは相手のミスにつけ込むからだ。あと当然、運も絡むがスキルよりも重要な要素ではない

(この辺の勝ち方や運の要素については書くのが面倒だからネットで調べてくれ)

ではミスの少ない上級者同士が対戦したらどうなるか?当然、お互いに勝ちにくくなる。

なので上級者やプロは中級者がプレーしているレートに下げて勝とうとする。

そうなると中級者は勝ちにくくなるので初級者のレートにも参加するようになる。

初級者は下のレートに籠もるかスキルを上げなければ勝つのは難しいだろう。

こうしてプレイヤー全体のスキルが上昇していく。運だけでは勝てないのは良くも悪くもスキルゲーム証明なわけだ。

現状では手持ちのカード勝率オッズオンラインであれば対戦相手の打ち方の分析ツールも使いこなさなければ

つのは難しい(その他諸々の要素)その上で相手よりも勝率が大きく上回っていて負けたとしても冷静な精神を保たなければ勝ち続けるのは困難だ。

勝率5%以下の相手のカードにまくられて負けるのは多くの対戦をこなすオンラインポーカーでは日常茶飯事だ)

数学日常では考えられない忍耐力、判断力それからPC分析ツールを使いこなすの初心者にはとても大変だと思う。

なぜ、ポーカーブームになったのか?

ポーカーブームの火付けとなったのは2003年アマチュアプレイヤープロも参加する世界大会で優勝した事がきっかけと言われている。

優勝した種目はテキサスホールデム日本でよく知られている5ドローポーカーではない。この文章ホールデムポーカーを主な対象にして書いています

素人プロに勝ちとてつもない賞金が手に入りオンラインでは短時間日常仕事より何倍ものお金を稼げたからだ。

ブームになった当時はルールもよく知らないプレイヤーも多く、ポーカーでの数学や相手に対する分析ツールも今ほど発達していなかった。

良く言えば戦術は単純だった。悪く言えば皆、下手くそだったと言う事だ

下手くそ同士ならミスも多いからコツを掴めば簡単に勝てる。当然、相手は弱点も多い。

簡単に稼げると知って世界中の多くの人がポーカーをやろうと参加してきたわけだ。

初心者が多ければ多いほど勝てる環境が出来上がる。しばらくそんな状況だったんじゃないかと思う。

あれから12年が経ちプレイヤースキルも上昇しポーカー関連のツール戦術本もブーム当時には考えられないほど充実してきている。

引退してしまプロプレイヤーも出てきた。オンラインでのポーカールームに参加する人数も減ってきている。

スキルの上昇に伴って稼ぎにくくなったのもあると思う。また過去ブラックフライデーという大きな事件

アメリカ政策で主なオンラインポーカールームがプレイ不可能になり多額の資金が出金出来なくなった)

のようなトラブルもあった。

その事件以降、持ち直してきてはいるが前述の通り、スキルの上昇は止まらない。

戦術の複雑さについていけないプレイヤーポーカーから遠ざかっていくかもしれない。

だけどスキルの上昇が止まるはずもなく進化し続け止めようが無い。

負け続けて資金を失い続けそれでも楽しくプレーできる人はどれだけいるのだろう?

ポーカーギャンブルではなくマインドスポーツ認知されはじめてもいる。ある意味残酷だ。

初心者が入り込めず上級者だけが楽しめるゲーム未来はどうなるのだろう?

ポーカーで稼げないと分かったプレイヤーはどうするだろう?

お金という要素だけが先行し楽しいゲームの仕組み作りは置き去りになってなかったか

最後に一部のプレイヤーは負けているまたは弱点があるプレイヤーチャット暴言を浴びせて

イラつかせ感情に任せたプレーに誘いさらチップを奪い取ろうとする者もいる。

このような暴言を浴びせられたプレイヤーは今後もポーカーを楽しめるだろうか?

(この辺りは最近ポーカールームでは対策をしてきている。それからこの文は一部のプレイヤーに向けて

であり全体ではこういったプレイヤーばかりではない)

以上、下手くそポーカープレイヤーの戯言でした。分かりきった事でしたらすみません

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん