2018年03月18日の日記

2018-03-18

取引先の担当のおねーちゃん

と付き合い始めたら、さりげなく担当変えてもらったほうがいいのかな?

内発的動機と外発的動機のどちらからくる行動がよいかという話があるけど、気持ちよくなりたいか好奇心があるから彼女を作りセックスしようとするのはどちらに当たるの?

anond:20180318235240

結局、婚前交渉ありだろうがなしだろうが、個人的主義主張問題であって、他人押し付けものじゃない。

自分の中だけで完結してればいい。

anond:20180318233747

環境があるなら、1.5~3倍速再生圧縮して見るのをおすすめ自分は2.6倍速で見ていて、大体2時間で1クール消化できる。

もっとも、全部それで見るともったいない作品は明らかにあるので、各作品の1話(見極めが必要なら~3話まで)だけ倍速で見て、面白い作品は残りを等速で、話題について行くために見るのは残りを倍速で見るようにする

そして慣れてくると、等速で1話見ただけで自分にとってその作品は見るべき価値があるかが見極められるようになる。

ていうか、ダメ作品は間の取り方が自分に合わないので、見ている内に倍速で再生したくなる。(自分場合)そういう作品世間でも大抵最終的に評価されていない。そういうのはもう、最後まで倍速で見ていい

面白い作品は1話を最後まで等速で見れる

増田の味方ですって態で「話せばいい」。

実際長く付き合っていた相手が「本当は処女(童貞)でなきゃ嫌だ」とか言ってきたら

バカなんじゃねーのかなコイツしか思わないけど、こんな方法勧めてキラキラしちゃってるの見ると

こんな所で相談するもんじゃないわなとしか

anond:20180318235215

イケる

けど何かを失った気になる

けどやっちゃう

anond:20180318234956

結婚まで性交渉しないっていってる人もおかしい扱いされてたので、ここではどっちにしてもおかしい扱いされるんだと思うけど。

anond:20180318171553

他の増田が書いていたけど、それが彼女戦略だったんだよ。

問題があるというか、ただの戦略ミス

本来なら、男の方が妙に責任感じちゃって、なし崩し的に結婚する羽目になる・・・はずだったのだ。

蜘蛛の巣事案。

anond:20180318234819

だって、草生やしはじめたって言い出した人の方が必死だもん。

大きな箱で、パトロンさんやタニマチさんたちと仲良くね。

後ろ盾があるから怖いものなしね。良かったね。

新聞とって

仏壇買ってがんばってね。

anond:20180318234431

「お大事に」って病気の人に使う言葉だよね?

いないものにするの次は病気いか

酷い差別だね。

素直にそういう人がいてもいいよねって思えないの?

男の童貞

18になったら強制的童貞じゃなくしてしまえば、日本もっと平和になっていたはず。

anond:20180318232749

女の性欲が強かろうが、弱かろうが男にとっては都合が良い方をとるだけだしなあ。

anond:20180318233023

あー、そういう感じで勘違いするかあ。

なるほどなあ、なるほどなあ…。

WindowsOfficeはなんで自動化もっと出来るようにならないのだろう

サポートがなくなるからという理由で上が納得しにくいので、買ったら生産性が上がるとか。

スマフォの代わりになるとすると、どれくらい自動化できるかだと思うのだけど。エンタメ機能スマフォに任してしまえばいいのに。

誰の一番にもなれない

きっと私は誰かの一番はなれないし、私も誰かを一番に選ぶことなんてないんだろう。

まれから四半世紀。

私は誰かを好きになることもなく生きてきた。恋をすることなく生きてきた。

学生時代には友人の恋バナを聞いて、会社に入ってからは同僚や先輩たちの恋人愚痴を聞いて生きてきた。いつかは自分もこうなるんだろうか、なんて考えながら。

小学生の頃、○○ちゃんは○○くんのことが好きだとかそういう噂話をよく聞いた。小学生の頃の「好き」は何だかままごとみたいというか、噂する方もあまり真剣みがないというか、子供らしい遊びの一種というか、とにかくなんとなく「軽かった」。

中学生になってからは、そういう話は仲の良い子達だけでひっそりと語るようになった気がする。小学生の頃よりはそういった話題に慎重になった感じがするのだ。彼氏彼女という言葉現実味が出てきた。

テスト間中、少し早く登校したときに、教室同級生が仲睦まじくしているのに少し驚いた。邪魔をしてしまったなと思いながらも私は席についてテスト勉強をし始めた。

高校生。私の周りだけかもしれないが、恋人がいる、交際をしている……という子は少なかったような気もする。それでも中学生の頃よりは恋人がいる子が増えた。彼氏彼女持ちは鞄にお揃いのディズニーマスコットをつけていた記憶がある。一緒にディズニーに行ったんだろうな~。そんなことを考えていた。

高校生になる前はうすぼんやりと「高校生になったら私にも恋人が出来るんだろう」と思っていた。雪が溶けたら春が来るだろう、くらいの何の根拠もない漠然とした話だ。当然、私には彼氏彼女もできなかった。

私は大学はいかずに専門学校へいった。ちょっと特殊学校で、私の在籍した科には十人ほどしか人がいなかった。男女比は極端に片寄っており、でもそれに何らかの不満も抱くことはなかった。ここでも恋人は出来なかった。けれど周りを見渡せば、恋人がいない方が珍しかった。バイト先や高校で知り合った人と交際しているのだ、という話に私は「すごいね」と笑った。自分には何だか現実的でない話のように思えたから、本当に他人事だった。

恋人が欲しかたか、と言われると返答に困る。人の話を聞くといたら素敵だろうな、お休みの日に出掛けたりしたら楽しいのかな、などと思えるけれど、女の子達の「彼氏とずっとラインしてる」や「三日もライン既読がつかない」なんて話を聞くたびに正直『めんどくせぇな』と思った。そんなにこまめに連絡を取る几帳面さは私にはなかったし、そんなにたくさん話すことがあるものなのか、と驚いた。

でも、クリスマスになると男女問わず恋人に何をプレゼントしよう、どこでデートしよう……なんて頭を悩ませているのが素敵に見えた。恋人がいない身ながらも、プレゼントはこんなのがいいんじゃないかとか、こんなところでデートできたら素敵だとか、友人の相談にほんの少し乗ったこともある。

会社に入ってからも、私は恋人を作ろうとはしなかった。多分心のどこかで突然できるものだと思っていたのだろう。望まなくともそのうちなるようになるんじゃないか。今は恋人より仕事の方が大事だし。そんな風に考えて、結局ここまで来てしまった。

まれから四半世紀。

かつての同級生結婚出産をし始めている。二十三才の頃に「このままじゃいけないんじゃないか」と焦って婚カツをしてみたりもした。そこで私は気づくのだ。「私は恋が出来ない人間なんじゃないか」と。

そこまでの経緯は省くが、婚カツをしていてなんとなくいい雰囲気になった人がいた。何回か一緒に出掛けたりして、ランチしたりショッピングもしてみたりした。何しろ恋愛経験がないから男女が二人で連れ立って何をするものかもわからない。それでも何となくそれらしいように振る舞った。そのくせ、ショッピングしている間も食事をしている間も、私の頭の中には「何をしているんだろう」という疑問がずっとあった。

知らない人とご飯を食べて、買い物して、それで私は何をしたいんだろう?どうなりたいんだろう?

デートのような何かを終えて、別れ際に相手の人が笑顔で「またね」と手を振ってくれた。

本来ならこれはとても良いことなのだろうし、私に好意を向けてくれたのは本当にありがたいことのはなのだ。けれど私は「ええ、また」と微笑む一方で「馴れ馴れしいな」と思ってしまった。

馴れ馴れしいな。そう思ってしまった瞬間に、私は「恋が出来ない人間なんじゃないか」とふとひらめいてしまった。

厳密に言えば私がしていたのは婚カツだし、婚カツとは結婚相手を探す活動だ。だからしかしたらそこに「恋」を求めるのはお門違いなのだろう。

ともかく、好意を向けてくれたのであろう相手に「馴れ馴れしいな」と思ってしまった自分の最低さを恥じながら、私はその半月後には婚カツをやめていた。

恋人ってなんだろう、と思春期のような問いをずっと抱え続けている。婚カツをしている間にドライブに誘ってくれた異性も、夜の食事に誘ってくれた異性もいる。けれど、最終的には「面倒くさい」「ちょっと気持ち悪い」というような、本当に失礼な気持ちを抱くに至ってしまった。

ドライブといえば車の中でふたりきりなのだろうし、夜の食事といわれるとどうしても身構える部分がある。

「用心深すぎる」「隙がない」。知人友人によくそう指摘される私は、ここでも用心してしまった。

車で二人きりになって、そのまま知らないところへつれていかれたらどうしよう。食事で席をはずしたとき飲み物に変なものを混ぜられたらどうしよう。

書き出していて思ったが、これは都合のいい自分への言い訳なんだろうな。用心深く相手を見るということは、つまり相手を信用していないというわけで、きっと私は端から相手のことを信用しようだなんて思っていなかったのだろう。でもそんな自分正当化したくて「用心深い」なんて話を引っ張ってきたんだろう。

相手を信用できない人間が、相手に信用されるわけはない。

人を好きになるということは、その人を尊敬するのと似ているように私は思う。尊敬できる部分があるから好きになれるんだろうと思う。一緒にいて心が楽になるとか、楽しいとか、そういうメリットがある人間を人は「好き」になるんだと思う。自分にとってデメリットばかりの人間を好きになるひとがいるとはちょっと思えない。

私も友人や家族のことは好きだ。尊敬できる部分があるから。でもそれは「恋」じゃない。

恋をしてみたかった。

自分の中の何かを決定的に塗り替えてしまうような、その人のことしか考えられなくなるような、一言言葉を交わすだけで胸がドキドキするような、そんな経験をしてみたかった。

けれど、自分がそういうものを望めない人間だというのを何となくだがさとってしまった。

きっと恋をすれば、恋人になれば、手を繋ぐ以上のこと、キス以上のことにもなれていかなくちゃいけないだろう。しなくちゃいけないんだろう。私にはどうもそれが出来ない。

手を繋げるのはおそらく家族と友人の範囲までだろう。他人の体温は生ぬるく、どうも落ち着けそうにない。キスも同じだ。映画ドラマアニメ漫画物語の中で交わされるそれはドラマチックだけれど、自分がすることを考えると鳥肌が立つ。

一人でいるのは気が楽だ。自分のことは自分で決めて、自分以外の何者にも振り回されないというのがすごく楽だ。

誰かの一番にはなれそうもないし、誰かを一番に思うこともなさそうだ。でも自分が一番楽ならそれでいいや。最近はそう思いながら、恋人がいないことに悩む二十代のふりをしている。

anond:20180318234113

それがやりたかったんだけど、どうやればツイッターをそのまま埋め込めるの?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん