「俺俺」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 俺俺とは

2021-05-30

anond:20210530104600

まれながらに利他精神があるかどうかだけだぞ

 

不幸(恵まれた状況にない)だろうが経済的に困難を抱えてようが

まれながらに親切な人はどんな時も手を差し伸べる

 

ただいつでも俺俺俺俺なヤツも重度のアスペではない限りは

利他精神がある個体の方が社会的に優位と学習してるので

利他精神カケラもなくてもそうである振りをする。経済的に豊かなヤツは特に

からこそ Conspicuous conservation なんてのがあるんだろう

 

2021-05-25

anond:20210525184319

ヘタレをhtrと表記するのが一般的ではない場所でこういう独り言長文を書くのは読者に対するサービス精神根本的に欠落している。「弱小」とかなんとか、伝わりやす代替表現いくらでも見つかるだろうに。書きたいように書き、読む側のことを何も考えないのだから俺俺文章しか書けない人間なんだろう。

2021-05-22

anond:20210522210506

俺俺

ひゃっほーーーーーん

うーんち!

2021-05-21

anond:20191019133314

イケメン俺俺バイオレンスキャラが持て囃されてんの見るとなんだかなーとは思う

いやそれ自体はいいんだけど、だったらおっぱいバインバインチョロインとかも許容してくれって思う

2021-04-08

anond:20210408181417

俺俺は100円のマックバーガーが、

300円の他のバーガーより満足度が高いんだよ


コスパと腹の膨れ具合

他は損した気分になり1週間は後悔する

2021-03-25

シンエヴァンゲリオンレビュー4.2って正気かよ

映像がすご〜いとかやっと完結したから〜とか、そういうのはまぁ金かかって作ってるからいいとしてこんな観てて全然理解ができない映画に絶賛の声が集ってるのキモすぎて引くんだけどなんでこんなに評価されてるの!?!?

途中で映像アニメじゃなくて絵コンテになってるのも「うわこんなことやっちゃう俺俺俺〜!!!!!」みたいなの丸出しで気持ち!!!しか思えなかったんだけど…

あとセット組の中で戦うみたいなやつも「うわこんな演出ちゃう俺俺俺〜!!!」みたいな…キモ

てかそもそも全貌を理解たかったら考察読んで2回目行った方がいい(ドヤァ)みたいなムーブもなんなんですか!?プロならバカでも1発で100%楽しめるもの作ってくれよ な〜にが「エヴァンゲリオンって、こうだから笑」だよ!考えてることが人に伝わんなかったら意味なくない?だって10年以上かけてんだよこの作品!?10年以上かけて作り上げて出てきたの『結果よくわからない』これなの嫌じゃないの!?そんなことないの?そんなこと思うこっちがダメなの?めっちゃくちゃキモマジでキツい…

最後シンジくんの声優が変わったのも「オキニ俳優出しちゃう俺俺俺〜!」みたいなかんじで超キモーーーーー!!!!!

いいなーーー!!!!!その歳までに最高に評価される作品地位権力を身につけるともはや何やってもいいみたいなの超いいなーーー!!!!!!こんな斜に構えた作品出してもファンついてきてくれるの超いいなーー!!!!!!!!

こんなこと言ってるけど、単純に自分エヴァンゲリオン視聴層に選ばれなかっただけなんだよな…さよなら…すべてのエヴァンゲリオン

2021-02-19

🩲「俺俺俺だよ」

👵「パンティかい

🩲「そうそパンティだよ」

👵「久しぶりだねえどうしたんだい急に」

🩲「いまパンティ事故っちゃってさ今からいう口座に100パンティ振り込んで欲しいんだ」

👵「なんだって!わかったよすぐに振り込むよ!あたしので良いのかい!?

2021-02-10

『俺だよ俺!俺俺!』

時代環境のせいじゃなくて…俺が悪いんだよ!』

2020-12-02

東京まれ田舎脱出したい人の日記コメント見てると

https://anond.hatelabo.jp/20201201184650

案の定田舎に住んでる人から攻撃的なコメントが凄いな

まあみろだの、お前の価値はそんなものだの、気味がいいとか、田舎陰湿さがどんどん言語化されてネット世界に出てきてて凄い興味深い

ツイッターとかはてブロ読んでてもみんな標準語だし全員東京に住んでる超普通な人たちなのかと思いきや、一皮むけばひた隠しにしてきた田舎コンプを「ざまあみろ」というそれはもう分かりやすく表に出してきてて、ネットってこんなにも地方民が存在してたんだ、フォロワー一桁のアカウントでもこんな個性が隠されてたんだってめっちゃびっくりしてる。

標準語でさも都会のマスピープル装ってる裏側にこんなにも地方田舎者がひっそりと隠れていたのが本当に驚き。

まるで俺俺言ってる奴が実は女だったってくらいのインパクト感じてるわ。

2020-11-18

純文学に関する雑感

純文学に関する雑感。

# 純文学とは

純文学芸術一種なので新規性必要。逆に新規性がある小説作品純文学という。

純文学における新規性とは、主に作品で取り扱う題材の新しさと表現の新しさ、そして作品通底する美意識の新しさ。それらの新しさを開拓することにより文学表現できる領域を拡大する作品純文学と呼ぶ。

とはいえ個々の作品についてそれが純文学かどうかをきちんと判断するのには時間がかかるので、純文誌(文學界新潮群像すばる)によく掲載される作家小説純文学と呼ばれる傾向がある。

# 純文学というジャンルについての現在課題

市場規模が小さいことが最大の課題。平たく言えば食っていけないので担い手がおらず、ジャンルの魅力自体が縮小している。

村上春樹以外の存命の純文学作家は? と尋ねられても普通の人はなかなか答えられない。

過去の一時期においては小説新聞文芸ジャンル以外の雑誌、たとえば旅行雑誌美術雑誌での連載が純文作家生計を支えていたが雑誌自体の数が減っているうえ個々の雑誌での枠も縮小されている。

人が減ると素晴らしい作品が世に生まれる頻度も基本的に落ちるので純文学というジャンル全体の衰退につながる。

# 存命の個々の作家について

## 大江健三郎

年齢を重ねても作風を変化させて挑戦を続けてきた点が純文学作家として模範的大江健三郎賞を長嶋有中村文則星野智幸などに与え若手の紹介に努めてきた点でも良心的。

## 村上春樹

現在日本作家では知名度が抜群だが作風テーマ進化が乏しく世間での人気ほどは評価できない。村上春樹といえばノルウェイの森世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランドだが、どちらも80年代作品海辺のカフカでも2002年。このこと自体村上春樹文学的な意味での保守性を象徴している。かつてはアンダーグラウンドのような社会派ノンフィクションも手掛けていたのだが…?

自分ピンボールが好きだが村上春樹本人は気に入っていないというのをエッセイで読んだような読まないような。

## 平野啓一郎

かつてはポスト村上春樹と呼ばれることもあったひとの一人。一時期「分人主義」を提唱しこれをテーマに据えた作品を発表していた。分人主義に基づいて個人感情分析することにより従来と違った形での説明を与えるということが趣旨のようだが、過去フレームワークでも類似表現可能に思え、冗長になっただけだと感じた。

## 綿矢りさ

初期の作品個人にとっての偶像テーマにしており谷崎潤一郎三島由紀夫のような伝統日本文学に連なる。その後は徐々に青春小説へと接近している。私をくいとめては2020年の冬に映画化されるらしい。純文学市場の拡大に貢献できる良い作家三浦哲郎に「不可解な文章」と言わしめた自分に酔ったような癖の強い文章もっと出してほしい。まだ若く作家として活動できる期間が長いので今後に大いに期待。

## 町田康

文体が珍しいので一見イロモノ。イロモノなのに読みやすいところにテクニックがある。短編文体個性で押し切っている感じがするが、長編告白のような骨太作品もある。織田作之助比較されることもあるが、織田作之助は金勘定だとかの細部を積み上げることでリアリティ演出されている一方で、町田康は細部を積み上げることにより虚構感が増している感じがある。町田康生活感を排除しているからだと思う。高級なレストランと同じで生活感がなく、現実と切り離された一個の世界に没入しやすい。

## 舞城王太郎

町田康と同じ印象。自分の中では町田康パート2。文体ファンを得ているタイプ。ポップな作品も多いのでミステリ等のエンタメから純文学に入るための入口として価値が高い。

## 星野智幸

俺俺はすごい作品だと驚いたが、最後吐息目覚めよ人魚は歌う、夜は終わらないあたりは表現意図がピンとこなかった。試行錯誤しているということか。今後に期待。

## 長嶋有

明確な長所があるというよりも全体的な味で売る作家。晴れた昼間にビールを飲みながら読むと面白い

## 阿部和重

阿部和重作品純文学だろうか? 自分には文学性が分からなかった。ピストルズおもしろい。映画化すると映えるかスーパー駄作になるかのどちらかだと思う。爆死しても愛おしいか映画化してほしい。

## モブ・ノリオ

デビュー作で芥川賞を受賞してからほとんど作品を発表しておらず、断筆したものと思われる。介護入門ではヒップホップ的なノリがダサいとか邪魔という評価を多く受けていたようだが、あれは介護現実真正から受け止めるのはきつすぎるいう叫びであったり照れ隠しであったりしたと思う。私は好きだった。長嶋有と同様に、スポーツ誌Number出身の人が編集長をしていた時代文學界からデビューした。この人のように評価に困る作品をたくさん読みたい。

## 高橋文樹

新人賞にあたるものを2回受賞した珍しい人。デビュー作の途中下車は異様なほどの意気込みを感じる文章で、高校球児を見るのと同じ種類の愉しみがある。破滅派という同人主催している。最近SFを発表している。純文学での活動の有無は不明

## 桐野夏生

エンタメでのキャリアが長いが純文系の賞もとっている。東京島おもしろい。純文以外の作品が多く十分に読み切れていない。

## 辻仁成

恋愛小説に近い作品を多く書く。江國香織と一緒に冷静と情熱のあいだを書くなどしていた。大学生の頃は好きだった。今の私は対象読者ではない。最近新型コロナウイルス関連のフランス事情ワイドショーで喋っている。

## 円城塔

よく分からない。理系的と評されることもあるらしい。私も理系だがよく分からない。サイエンスエンジニアリング本質再現性だが、それが円城塔作品とどう関係するのかが分からない。楽しむための手がかりを見つけられていない。

# 純文学芥川龍之介造語であって海外には純文学はない。純文学という日本固有のくくりで語る意味はないのでは?

純文学グローバル通用しない概念なのは知っているが、ジャンルというのはそういうものなので、意味がないとは思わない。日本に現に純文学という分類が根付いている以上、それを無視するのもおかしい。一読者としても、作品を読む前に、それがエンタメなのか純文学なのかを知っておきたい。そうすれば期待外れでがっかりすることが減らせるから

# 詩はなぜ純文学ではないのか

自由詩、短歌俳句、いずれも手垢のついたオートマティックな表現が最も嫌われる。新規性があることが高評価の前提となる表現形式なのだ。だから純文学カテゴライズして新規性必要性を主張するまでもない。

ただし純文学も詩も文学性という点では近い価値観を持っている。そのことはたとえば穂村弘文藝新人賞選考委員を務めていることからも分かる。

2020-11-01

anond:20201101164614

使いにくい俺俺スプレッドシートスクラップ&ビルドしてるあたり、単にMSに金払いたくないだけなんだろうな

2020-08-28

anond:20200828191048

本当に世界を動かしているのは俺!!!俺!!俺俺!!!!あーーーーーーーー!!!真夏のージャンボリーーーー!!!

2020-07-25

新型コロナが大変になってからずっと気になってる。何で「ベンチャー

何で「ベンチャー経営者」みたいな人たちは、ああも俺俺理論を発表したがるのでしょう?

様々な専門家国家含め公共機関が、この新しい感染者に関する我が国国際的な状況について連日のように発表をして解説をしていますよね。

気になってるのは、Twitterとかを見てると世のイケイ経営者たちが「この感染者は○○だ」というような独自論調を展開している事。ひどい人になると指標Xと指標Yを掛け合わせた「指数」を生み出して、「この指数が○○になったら安心できる。俺は日々この数字だけを追っている」と言っている人もいる。

かに、彼/彼女らの仕事は「経営」なので、それに関わるあらゆる要素…社会情勢や世間経済活動について、頑張って情報収集して確固たる判断をしていく必要があるのは理解します。

ただ、見ていて「???」となるのは、この人たちが何故「俺の持論」を展開しなきゃ行けないんだ〜というところなんです。

経済が、社会が〜を読もうとするのは分かる。あだ、感染自体がどういうものか?とか、どのようなプロセス感染するか?収束するか?とかは、門外漢でしょう。病気専門家公衆衛生専門家より「何を知っている」というのかなぁーと思ってしまます

自分責任を持つ会社について、その「ぼくのかんがえたさいきょうのかせつ」で判断し動かしていくのは勝手ですが…それをSNSとかのパブリックな場に出した段階で、胡散臭さを感じるのを禁じ得ません。ね、ぼくちん頭いいでしょ〜を振り撒いているかのような。

デマってこういう風に生産されていくのかな、のんて危うさすら覚えますジブノアタマデカンガエヨウは大事だと思いますが、権威のある人の取り組みや発信に対して(特定方面に)影響力を持つ人がカウンターアルタティブな物申しを行うのは、慎重になって欲しいと願うものです(もっとも、彼や彼女の中では「世の真理に最も近い洗練された視点を与えよう」という気持ちがありそうなので、慎重さは満たされているという事かも知れませんが)。

何でも知ってる見たいなら顔で断言的俺俺を振りかざすのは止めろやど素人が、て思います

2020-07-24

anond:20200723193359

どうするんだよパンティーとは何事だパンティー!!どうするもこうするもさておき、まず語尾のパンティーは意味が分からいからやめなさいパンティー!!心に残るとか相撲か!のこったのこった!残ったパンティーは誰が処分すると思ってんだパンティー!!俺だパンティー。俺俺パンティー俺。いい加減にしろパンティー!!

2020-07-02

女性から男性への恋愛アドバイスする本

いくつかそういう本を読んだが、実のところその人本人に由来する俺俺ルールが意外と多かったりする。何冊か読めば気づくけど。

2020-06-11

ニンニクは主役になりうるのか?

ここ最近コロナ事情自炊する機会が増え、色々と試してるのだが、ニンニクについて疑問が出てきた

ニンニクのあの暴力的な旨味を求めて、

丸ごと焼いたり

丸ごと揚げたり

粒のまま煮物に入れたり

粒のままカレーに入れたり

と、丸のままのニンニクを使っているのだが、どうにも丸のままのニンニクを使うと味が優しくなる気がしている

玉ねぎのように、ジャガイモのように(というほどでもないが)しっとりホクホクとした優しい感じの奴になるのだ

使っている側としてはラーメンに入っている時のようなパンチを求めているので

「お前そんなやつじゃなかっただろ…」

といつも期待を裏切られる

今日ニンニク入りのキムチを食べたが、主役をサポートしつつ「俺俺俺」と自己の旨味を主張していた

ペペロンチーノとかもかなり旨味を主張してくるのに、丸ごとはダメだ。優しすぎる

どうも世間レシピを見ても丸ごとニンニクガツンとした旨味よりは、ほっこりとした優しさが求められている気がするのだが、どうなんだろうか

あるいは中国産の安いニンニクばかりを食べているせいかもしれない

とにかく「丸ごと」で暴力的な旨味が欲しい

2020-06-08

anond:20200607142545

増田は次に星野智幸の「俺俺」を読むといい。

主人公カメラマンの夢を挫折して家電量販店販売員をしているアラサー男性

カメラ売り場担当として、そして写真撮影趣味として夢と折り合いをつけようとしている。同僚とも良好な関係を保っているつもり。

そんな彼は自分そっくり人間出会い彼と交流を重ねていったことでアイデンティティがどんどん揺らいでいく。そして更に自分ドッペルゲンガーが次々と出現し、次第に彼らと主人公自我が溶け合わさり事態はどんどんカオスになっていく…

とまあこういう筋書きなんだけど、

大なり小なりみんな考えることは似通っていて本当は個性なんてものはない。そんなの個体差しかない。

それでもあらゆるものががちがちにシステム化されゆく現代社会において一個人としての尊重を守ろうとするならば、椅子取りゲームみたいに誰かを足蹴にしなければならない。

今作は皆が見ないようにしているその鬱憤暴力性をシュールかつシニカルに描いた作品で、増田みたいな人にとって少しは慰めになるかもしれない。

エヴァの補完計画よろしく壮大なラストは読みようによっては爽快でもある。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん