「アングラサイト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アングラサイトとは

2015-06-03

http://anond.hatelabo.jp/20150602234813

本当は俺が作りたいんだけど、特別にいいネタを教えてあげよう。

その名も『穴兄弟ドットコム』。

その名の通り、同じ風俗嬢に突っ込んだことのある、穴兄弟のための匿名SNS

Foursquare風俗版みたいなもん。

ユーザ自分とやったことのある風俗嬢登録する。

そしてマイページチャットスペースで待っていると、自分と同じ風俗嬢登録している奴とチャットがつながって匿名でやり取りできる。

そこで、同じ女が自分以外の相手とどんなセックスしてるのか、みたいな、アングラ情報をやり取りできるってわけ。

「あの女、フォトショ詐欺だったよな!」

「あの女、いい女だったよな!」

「あの女、20歳って言ってたけど本当かな?」

などなど。

ちょっとした世間話時間をつぶす。

常連同士がつながって、決して顔をあわせることのないアングラコミュニティ形成したりして楽しむ。

大盛況とはならないだろうが、アングラサイトとして増田みたいに地味に息の長いサービスになるだろう。

収入も、ユーザに住んでる県ぐらい情報入力してもらって、その地域でやってるデリヘル広告でも出してやれば、サーバー代くらいにはなるだろ。

2014-12-02

僕はもうプログラミングしなくていいんだ

大学回生の夏、下宿の扉に「出入禁止」とチョークで大書し、親を呼ばれて精神病院に連れて行かれた。

 

パソコンを買ってもらったのは小学三年生の冬だった。今でも覚えている。1996年12月2日のことだ。Windows95発売で世間は揺れていた。インターネット回線がうちに来たのは翌97年の1月、これはそこそこ早い導入だったと思う。さらに翌々年の99年にはケーブルテレビ常時接続になった。親には先見の明があったが、しかしパソコンには詳しくなかった。PC-8001も確かそうだ。親はこれが次世代の必需品になると確信して買っていたが、買った一方で使い道が分からなくてオブジェとして放置していた。親はPC-8001パソコンだと言っていたけれど、僕にとってパソコンはおっきなテレビが標準で付属しているものだったし、マウスもなかったので、それがパソコンだとは到底思えなかった。でも親は言った。今度来るのは違うんだ、オフィスも入っているパソコンなんだ。僕は聞いた。一太郎っていうやつは入ってないの?テレビで言ってたよ、と。親は答えた。オフィスってのは一太郎より機能がスゴイんだよ。僕はへぇ、とだけ言った。どちらにせよペイントは入っているだろう。ペイントなら親戚の家で使わせてもらったことがある。パソコンお絵かきができるのだ。マウスをカチカチして、キーボードをカチャカチャするのだけが楽しみで、納品の日を一週間ひたすら待った。その頃、漢字宿題提出が滞っていて、そのままでは居残りでさせられることになっていた。僕は久々に奮起した。いつもは踏み倒していた宿題を、全部一気に終わらせた。家に帰るとパソコン電気屋さんの手で設置されつつあった。今は亡き、ニノミヤで買われたパソコンであった。

 

97年にインターネットを始めた。一日一時間まで。実のところ電話代の問題ではなく、一時間ほど使うとブルースクリーンが発生するからだった。一日一時間以上動かすと壊れるから。PC-8001キッチリ買った親なのに、それぐらいの(?)ITリテラシーであった。ただ別にそれを責めるつもりはない。僕はすぐにアングラサイトに入り浸った。人に飢えていたのだ。普通のチャットには人がいない。テレホタイムにならないと、誰一人ログイン氏亡いのだ。でも、アングラサイトなら四六時中書き込みがある。僕は思う存分厨房行為を楽しんだ。煽り騙りなんかは、小学生がやっても大人がやっても大して変わらないものだ。You is a big fool manという文句をリアルタイムで目にした人は、多くても数百人だっただろう。何千、何万のツイッタラーが押し寄せ、ブクマが1000以上付くような今の炎上とはほど遠い暢気さだ。当時の匿名掲示板とはそういうものだった。誰一人本気で投稿しなかったし、しかし誰一人面白くない書き込みをしようとはしなかった。トイレでもネタを考え、思いつけばすぐに投稿し、ワラタが付くのを待ち続ける。あやしいあめぞうあやしい、2ch。人の多いところから人の多いところへ。ワラタが多くもらえる場所へ。気づいたらインパクが終わっていた。

 

その一方で僕は中高一貫私立校入学していた。高校受験がないことから、ネット依存さらに加速した。しかし2000年を境にアングラ掲示板は衰退の一途をたどり、2ch一強時代を迎えていた。1ch.tvボコったりするなど楽しいネタがないわけではなかったが、匿名掲示板ネタの宝庫と言うより、本気でちゃんと議論することもできる場所になり始めていた。ちゃんと議論しようとしたらすぐさま崩しにかかるのが2ch隆盛以前の匿名掲示板文化であったが、2003年頃を境にはっきりと潮目が変わっていったように思う。まあその辺はどうでもいい。アングラと非アングラの境目は消え始めていた。

 

その狭間に、僕は生きていた。

 

自分掲示板を設置することにした。けれども何をして良いのか分からない。CGIレスキューに救援要請をして本も買った。Perlだ。Perlしかない。しかしPerlがどうして動いているのかは、全く分からなかった。何十行、何百行もの文字の羅列が、どこでどうなって、掲示板になるのか。インタプリタコンパイラ?訳が分からない。そもそもCPUがどうやって動いているのかも分からない。僕にとってプログラムとは、セットアップウィザードCD-ROMをギュンギュン言わせながらインストールするものであって、掲示板というものは、Teacupで借りるものだったからだ。でもどうやらそうじゃないらしい。コンピューター翻訳するのがコンパイラです。さっそくコンパイラを使ってみましょう……

 

お手上げだった。

 

コンパイラがないのだ。コマンドプロンプトにはない。Linuxを入れる?使い方が分からない。Vine Linux初心者お勧めだった頃の話だ。ボケッとしててもGNomeぐらいは動かせる程度には簡単になっていたが、そこからターミナルを開いてgccでコンパイルするなんて想像も付かないことだった。Hello, Worldはなんとか表示できても、それをGUIで動かす方法が分からない。僕はデスクトップに「Hello, World」のポップアップウインドウを表示させたかったのに。全然訳が分からなかった。

 

プログラムが動いている方法を知らなければならない。プログラミングを学ばなければいけない。しかし全体像を把握するにはあまりにもほど遠い……。絶望感が支配し始めていた。Hello, Worldはできたけれど、その先が全くわからない。どの参考書を読んでも分からない。ググってもググっても分からない。ポインタで躓く初心者が多いです!……どの本にも書いてあったけれど、僕はポインタどころか、変数の種類がたくさんあるところでお手上げだった。int?char?long???意味不明文字列が並び続ける。メモリメモリって、挿したらいいんじゃないの?確保?fopen????どんなプログラミング言語も、何一つ分からなかった。その頃インターネットは加速し始めていた。切るのが当たり前だったJavascriptが復権し、Ajaxと名を変えてやってきた。掲示板スクリプトもどんどん高機能化し、もはやPerlを知るだけでは何一つできないようになってしまった。苦痛の日々が始まった。どの言語も、全く分からなかった。分からなければならないという焦りが募っていった。

 

あるとき、一年間ほど、とりあえずお手上げのままにしておくことにした。大学受験が迫ってきたからだった。そして案外あっけなくそれは終わった。僕は某大学情報科学科に入った。

 

教授ガイダンスで説明したとおり、情報科学科のプログラミング演習はそれほど多いものではなかった。一回生の時なんか、キーボードを目で追って人差し指で打っている人もいるぐらいだった。学校の授業はアテにならない。そして大学受験でいったん引っ込んだ、とにかく十代でなにかしないと、という焦りが復活してきた。

 

大学キャンパスは広すぎた。何をして良いのか全く分からなかった。授業内容はひどくつまらなく、何が役に立つのかも分からず、ただただ苦痛で、キャンパスサークル活動に打ち込んで楽しく過ごせるほど社交的ではなく、かといってオタク集団に混じる勇気も無く、とにかく、とにかくここで四年間、四年間で何かしないと、何かしないと就職に間に合わない、大学院進学に間に合わない、十代のうちに何か大きな事を成し遂げなければならない。日々研鑽に励み、日々プログラミングスキルを磨き、日々勉強会に参加し、日々コードを書き、日々環境設定をし、日々本を読み、そして日々コードを美しく書かなければならない、そういう焦りだけがどんどん加速していった。大学生協で片っ端からプログラミングの本を買った。ド初心者向けのPerl本から、美しいコードは何か、みたいな本まで。でも、どれ一つ、僕のスキル向上には役に立たなかった。プログラミングスキルの向上=自分自身の地位=生活の保障、と思っていた自分には、悪夢のような現実だった。

 

とにかくインターネットと一緒に歩んできた僕にとって、ITスキルはすなわち力であり、むしろITスキル以外は何の価値も持たないもの、と思えるほど脅迫的な観念にとらわれていた。入ってくる情報さらに増えていった。Cができるのは当たり前、Ruby on Railsがアツい、Java、PHPはもちろんできるよね、MySQLは当然使えるよね、もちろんHaskellSchemeObjective-Cもやらなきゃね……何一つできないのに、習得すべき言語だけがどんどん増えていく。加えて美しいコードを書け!という文句が飛んでくる。クソッタレが。何が美しいコードじゃ。goto使ってもいいだろ。好きなだけ使わせろクソッタレが。全部getsで書いてやる。クソが。アルゴリズムアルゴリズム勉強会勉強会ビューティフルコードMacMacMacジョブズジョブズジョブズ……???????????????

 

それでもなんとか、そう、なんとかなった。友達が優秀だったのだ。僕には到底できないような、きれいに整理されたコードを書く人だった。聞けば在学中から外注プログラマをやっていて、それなりに稼いでいたのだという。性格ちょっとアレで、風俗に勇気を出して行こうかどうしようか迷ったけどその金でオナホ買ってシコってオナホを床に叩きつけたみたいなヤツだったけれど、そいつからもらったコードを、わざと汚く成形し、変数名も汚らしくし、提出し、なんとかなった。結局自分最初から最後までプログラムを作ることはできなかった。丸々コピペはしなかったけれど、コピペがなければ卒業は無理だっただろう。

そうして三回生の終わり、試験がどっと押し寄せてきた。一月のことだった。機械学習と……なんだっけ?そういう感じの試験が、2月の初日、行われることになった。三回生はただでさえ試験が多かったが、その大トリこそが機械学習だったのだ。

 

僕は試験放棄した。

 

まるで意味が分からなかった。推論、それは分かる、機械学習機械学習??やっていることは数式だしベイズがどうの……まるで分からない。泣きそうだった。三年間必死こいて勉強したり勉強会に行ったりプログラミングスキルを上げようとしたり本を読んだり色々したのに、何一つ得るものは無かったのだ。僕はあやしいわーるどオマンコ連呼していた頃から、何一つ成長出来なかったのだ。そしてそれは、間違いなく、疑いようがなく、自分のせいだった。自分頭が悪いせいで。自分の勉強不足のせいで。自分のせいで……コンピュータとともに、十何年も育っていた僕にとって、コンピュータに関するスキルこそが、全ての力の基準だったのに、その全てを否定されたような気持ちだった。プログラミングができなければ、死ぬだって友達はみんな就職して、SEになったりSIerで働いたりネットワーク管理者になったりしてるのに、僕はなんで、こんなところに。そいつらに取り残されるのに。みんな勉強会に出てMacを持ち寄ってハッカソンしてるのに。泊まり込みでプログラミングしたりしてるのに。なんで僕は、fgetsすらマトモに使えず、getsとscanfだけであなた名前を入力してください オマンコ オマンコさん、こんにちは!みたいなプログラムしか書けないんだ。

 

大学回生になった。研究室を選択する必要があったがしなかった。しないでは困るとのことで、適当に書いたらその一番上に配属された。でも一切研究せず、下宿に引きこもって何もしないをした。今日輪講はここまで進みました!という報告が毎週回ってくるが、まるで研究室では日本語でなくアラビア語公用語になっているのではないかと思えるぐらいの光景だった。この頃、近所の人の証言によれば、言動がおかしく、訪ねてきた人に暴言で返し、殺す殺すなどの声が聞こえ、時折モノを投げつける音が聞こえたりしたそうだ。まあよく知らない。僕は普通に何もせずぼんやりネットを見ていただけのような気がするけど。

 

それからしばらく経った。

 

結局僕は中退した。そして別の大学に入り直した。今度は、工学じゃない別の場所に。みんなキーボードの文字を読みながら指先でキーを叩いている。安心する光景だった。僕らはプログラミングを習わなくてもいい。これから習う必要も無い。タッチタイピングだって、できるに超したことはないだろうけど、できなくてもいい。ただ、そこにある便利なモノを使えば良いだけなのだChromeを使っていて、うっかり開発者向けコンソールを開いてしまっても、何も分からなかったことにして閉じて良いのだ。きっとマクロを書けば、楽ちんに勝手にやってくれるような作業を、人の手で何度もやる。それでいいんだ。マクロを考えるために必死になる必要なんか無い。マウス右クリックコピーペースト。それでいいのだ。キーバインドすら覚えなくて良い。メモ帳を使ってもいい。viやEmacsキーバインドを覚えなくてもいい。マウスも使えないようなエディタと格闘する必要は無い。Macを買っても、XCodeportsを入れる必要は無い。iTunesiPhoneを同期させて、音楽を聴くだけでいいんだ。

 

僕はもうプログラミングしないでいいんだ。

 

それが分かったとき、全てから解放されたような気がした。僕を苦しめ続けたプログラミングというものは消えてなくなった。パソコンでやる作業は、昔と一緒、匿名掲示板オマンコと書き込むだけだ。それ以上のことをしなくてもいいんだ。勉強会に出てハッカソンする必要は無いんだ。プログラミングスキルを錬磨しないと死ぬなんてのはウソだったんだ。美しいコードを書かないと天罰が下るというのはウソだったんだ。毎日毎日はてブホッテントリを見てると、プログラミングマスターしなければならないこと、何何する方法開発者必須スキル、便利ツール、Macでのアプリ開発、セキュリティ、通信、データベース勉強会ハッカソン、そういうもので溢れている。苦しくないのか不思議で仕方ない。もちろんプログラミングをしていて楽しい人もいるんだろう。けれど、僕みたいに、プログラミングという行為が苦痛で苦痛で苦痛でしかない人もいる。たとえ1000回の同じ操作でも、人力でやる方がマクロを書くよりも楽だという人も、ここに存在するのだ。そしてそのような人の存在も当たり前に肯定されるのだ。みんな苦しまなくて良いんだ。誰かが勝手にやってくれればいい。できる人にお金を渡して、僕らはそれを享受するだけで良いのだ。ここでプログラミングという言葉を連呼したけれど、コーディングという言葉との違いとか、そういうのを気にするような人とおつきあいする必要は無いのだ。いずれプログラミング必須スキルになるとか言われて何年も何年も苦しみ続けてきた。けれど、そんなことをする必要は無いんだ。

 

さようなら。僕はもうプログラミングしません。

 

 

 

 

それでぶっちゃけここからが本番なんだが、十代でなんとかしないと、という焦りはこないだの青木君の小四なりすましの話に似ている。僕もそうだった。僕らの世代だと登大遊氏なんかが結構輝いてて、ああいう感じにならなきゃ、と思っていた節はある。十代の時になにか成し遂げないといけない、そのためには誰かに認めてもらわなければならないという焦りは、どれくらいの「大人」に理解してもらえることなのだろうか?誰かの承認を得たいという承認欲求を、同じ世代の誰かを使って満たすことができず、むしろ同じ世代の誰かを一緒に引き連れて、承認欲求を満たしてくれる「教祖」にすがりつく。NPOの大学生が「承認」を欲し、政治家が「承認」を与えているのだ。AO入試用の作文?図?みたいなものも見かけたが、「私はリーダーシップがあります!」とか実にくだらないことしか書いていない。しかしそういうものでさえ、学生団体とやらは「承認」してくれる。結局、オウム真理教が丸ごと開けたポジションに、バラックが建ち並び闇市が行われていて、コミュニケーションで自然と得られるはずの承認欲求が、法外な札束で取引されている、そんな感じのような気がする。

 

意外にブクマが増えていた。PC-8001は俺が産まれる前に買われたもので、ずっとオブジェだったのだ。動くかどうかもわからない。テレビに接続するコードがなかったから。

2013-08-28

http://anond.hatelabo.jp/20130828043345

流出したらどちらも同じことでしょうとは思うけど。

ま、はてななら、問題大きくなればはてなポイント無料配布とかあるかもね。それが充分な保証だと思うなら、はてな安心感持ってればよいんじゃないかな?と。

何にしろ、書き込みに関する流出はどちらもどうしようもないわけで。

ただ、はてなの方は外にログ取ってる人も少ないだろうから増田なんかでIDバレようが即消すくらいでも隠せるかもしれないけどね。

それは、単に規模と需要の問題。小さいサイト馬鹿なこと書きなぐってて、自分権利で全部消すのと一緒。

ま、googleキャッシュに取られてると面倒だけど。何にしろはてな安心感ってなんなんだろう、とおもっただけ。あと2chがアングラサイトなんだ(笑)って。

http://anond.hatelabo.jp/20130828031519

あと過去ログの有無。

さらid作成に住所や氏名などの個人情報入力がいらない点から、もし流出が起こったとしても今回の2ちゃんねる情報流出騒動に比べればダメージはかなり小さいだろう。

また、同じ匿名サービスでもあのアングラサイトはてなは一緒にはできない。何かあったとき対応ひとつでも、はてなのほうがずっと安心感がある。

増田はすべて残るしただですべて見れる。一方2chは過去は金払わないと見れない(コピーサイトが大量にあるので、割と本気で見れないものは無いが)

増田自分で消せば確かに消えるが、誰かがコピーしておけば残るのでそれ程違いはない。違いは今のところ、益田にそこまで残す需要がないだけ。つまりしょぼいサイト、ということだけ。

他にも匿名掲示板なんていくらでもあるけど、需要がなければ誰かが残そうとしないし、残らないだけ。

アングラサイトだとか中二病な発想でなく、単にサイトの大きさだけの問題。そのログ需要だけの問題。

アングラどうこうとか言ってる時点でとても危ないね。どちらかというと、その頭が心配

2013-02-04

社長会社サイトを昔のアングラサイトみたいな配色に改変してご満悦なんだけど

ボタンとかの画像は業者が作った白背景時代のままだからものすっごいちぐはぐなんだけど

どうしたらいい?

先日「わかった、黒背景は受け入れるからせめて前景色だけでも統一してくれ」

って改善案を持って行ったら「派手さが足りない」つって却下された

2011-11-25

違法と言うかアレなコンテンツへのリンクとかがカジュアル

人様のブログを拝見。

ゲームレビューしてくさす。

のは結構だがそれだけではなく、中身(だけ)が欲しい人は自己責任でと違法アップロードサイトへのリンクを提示。

別にアングラサイト死語)的な雰囲気でもないのだけど。

多分ヘタをしたら自身に実際的なダメージを受けそうなサイトなのだけど。いい年した社会人らしいのだけど。

カジュアル

良くあることですね。そんなに良くはないけどたまにはそういうの見かけますね。

一方、違法風味やグレー風味なコンテンツ広告稼ぎしているらしいウェブサイト群。

収集・更新半自動化してたり、リンクファーム的なものを作ってたりとか。

そんな感じでなんというか機械的・経済効率重視な感じにやってるのでしょう……

と思ってたら、そうでもないようなのも。

普通に自分趣味生活個性をさらしてる感じの記事があったりなんだり。いいんでしょうか。

スパムメール職人が固定客を狙ってここでも芸を発揮しているのかもしれませんが、あんまりネタ臭さは感じられず。

素の普通の人がカジュアル感覚でやるのか。

あるいは目立ったり事を構えようとするのはさらに奇異の念。

知らなかっただけで、これまでも良くあったことでしょうか。

石の裏のダンゴ虫。

2010-08-10

これも一種の黒歴史

PC初めて買った頃から使ってるお気に入りの大昔に作ったフォルダを覗いてみたら結構面白い

ほとんど見ることもない好きなわけでもない有名会社サイトがたくさん入ってたり〇〇解説サイト系がいっぱいあったり

2ちゃんねるは怖いアングラサイトだから知り合いに見られたらマズイと思って、2って名前フォルダを作って偽装してたり・・・

多分雑誌とかに書いてあるアドレスを手打ちして大喜びでお気に入りに入れたりしてたんだろうなぁ

10代の頃の僕可愛いなぁ

お気に入りとかGoogle一個でいいだろ・・・とか言ってる今の姿はあの頃の僕には見せられないね

2009-10-25

http://anond.hatelabo.jp/20091025081708

ところでセフレってどこで見つけるものなんだ?

出会い系とかアングラサイトなど社会的にやましい場所以外で。

2009-10-08

削除依頼はメゲルねぇ

ただ、Wiki形式のアングラサイトで有名だった某所に大丈夫だろうと思って、しこしこ書いていたら

掲示板自体が圧力喰らって消滅したのは参った

モンスターペアレントならぬ、モンスター企業は怖いっす

2009-03-03

http://anond.hatelabo.jp/20090303122455

私がパソコンインターネットに触れだした95年頃からしばらくしてから

そっからは結構な数のアングラサイトだのが目に触れる場所にあったし

しばらくしてMXだのWinnyだのがはびこった。

というわけで違法ゲームという(他もだけど)コンテンツを消費する層は

一定以上常にいたのではないかと思う。

仕事でも違法コピー使うバカは未だにいるし。

俺自身そう言うものに手を出したことがあるし。

だから完璧マジコン使っている人を断罪は出来ない。

自分も含めて屑だとは思うんだけど。

ただそういうの、もう10年近く手を出してない。

winMXを賢しらげにひけらかした先輩(ごく普通の人)を見て

「うわぁ……」と思ったからというのが一つの理由。

屑は屑なりに矜恃があるべきだと思ってたんだよね

(実に中二病的な発想であるのだけれど)

違法コンテンツを消費すると言うことよりはむしろ

それを手に入れてることを楽しんでたところもある。

マジコンについてああいう事になってるのは個人的には歓迎。

金というリソースが無いならないで、もちょっと知恵というリソースを使えと。

知恵の発露がマジコン買いました。使いました。ではみっともねぇ。

2007-12-14

mixiこそ現実を知るツール

増田の記事はほとんど煽りネタのために作られたウソであり、

現実的ではなく、空虚でしかない。これに対してmixi日記には

現実が書き込まれる。増田や2chのようなネタサイトの時代は終わった。

これからはmixiをみるべきだと言える。

そもそも、mixiはてなでは、会社の質が違いすぎるからな。

はてなはもう必死。幹部が馬鹿だから。

やっぱりmixiよねえ。安心感があるし。テレビでも紹介されているし。

はてななんてもうアングラサイト同然でしょ。

2007-12-02

mixiで働きたい

知り合いの弁護士が、

はてなアングラサイトだけど

mixiは優良だって言ってた。

2007-10-15

スーパーハカー

昔のネットアングラサイト全盛の時代があったね。

人の黒いココロに火をつけさせていた。

夫の携帯電話の暗証を解析したりするのは

アングラネット好きな奥さん。

薬でダメになるのも大概ネット好きな人たち。薬といってもマリファナ覚せい剤じゃなく眠剤や、合成薬なのでワイルドさがない。

当時、アングラの代表みたいな人のMLでうちの会社会議の決定事項が漏れていたのだが

スーパーハカーは案外近くにいたのかもしれない。

会社上層部の人は、そんなことは誰も知らないが、僕たち平民ネット好きの人たちは

恐ろしいと思っていた。

2007-08-16

2000年で時間が止まってる? 変化がない?

http://guideline.livedoor.biz/archives/50948646.html

いやいや、色々あっただろ。

911起きて、イラク戦争開始、現地で日本人が処刑。九条見直しの気運が高まる。

もはや都市伝説化していた朝鮮人による拉致が発覚。さらに被害者の帰国。

韓国中国による反日活動が大々的に知れ渡ってアメリカ慰安婦法案が決議されて。

ネットじゃワレズROMアップ目的アングラサイトがほぼ壊滅して

winny漫画ゲームダウンロードされるようになって

youtubeニコニコ動画登場で誰でも動画見放題。

wikipedia登場もすごい。ちょろっと検索するだけで多種多彩なものが調べられるようになった。

音楽ダウンロード販売がされるようになったりネットの影響で著作権の見直しがされるようになったり。

ブログブームやmixiブームでネットでのコミュニケーションが当たり前になる。

おかげでmixi犯罪告白した人が勤め先を解雇されたりするようにもなる。

ケータイだとテレビ見れるようになったし、携帯小説っていう新たな活字分野が出てきた。

ゲームだとマイクロソフトハード事業に乗り出し、セガは撤退。DSwiiの登場で任天堂が返り咲き。

ざっと思い出しただけでもこんだけ起こってるのに「何もない」って……。

もっと考えたらいくらでも変化なんて出てくる。

特にネット関係進歩は凄まじいものがある。

たった数年で著作権がズタズタになる状態にすらなってるんだから。

2000年なんて遥か昔だよ。

2007-05-25

アップローダサイト閉鎖騒動で思い出す、アングラサイト終焉の日

当時はまだハッキング行為そのものに関する法律がまるで整備されておらず、捕まったとしても「パソコンリソースの無断使用」みたいな無理矢理な理由で引っ張られ、その後会社の機密を盗んでいる証拠がでたら、そちらの法律で正式に逮捕をするという流れだった。

そんな状態なので、まず捕まる事は無いか、捕まっても証拠不十分となってしまう事がほとんどだったのだが、その時は違った。

不正アクセス禁止法が成立するちょっと前、UG系サイト(と言う呼び名ももう懐かしい…)で、不正進入をテーマにしているサイトの管理者が何人か逮捕された。

UG界隈では誰もが見せしめ逮捕で、誰でもよかったのだろうと言う雰囲気が漂っていた。事実逮捕するならもっと逮捕すべきサイトはいくらでもあった。

だが、そこには妙な共通点があった。捕まった管理人のページはどれも背景が真っ黒なのだ。

当時、UGサイトと言えば黒バックに炎or骸骨の画像と言うのが非常にポピュラーだったので、比率を考えれば偶然の範囲かとも思われたが、今では違法確定な情報を載せまくっていた白い背景のサイトには全く捜査の手が及ばず、UGと言うにはたいした事もしてない黒い背景のサイト管理人事情聴取をされていた。

そして不正アクセス禁止法施行の日…UG系サイトは一斉に白を基調にしたサイトリニューアルするか、消滅するかしたのであった…

当時は警察も何がなんだか判ってなかったんだろうなという話。

2007-02-20

Re:yahooBBを 1ヵ月使い放題1300円にする方法はマジ?

この手の不法行為の疑いがある裏技は例え出来たとしても

契約外の利用をしたことが使用履歴等で捕捉された場合

遡って損害賠償請求される可能性は高いよね。

 

もちろんその方法がマズイと知った上で流布した人自身にも

請求が行く可能性がありますよ。

まぁリンク先はその手のネタを集めてるアングラサイトっぽいので

覚悟(逃げる用意)はできてるだろうけど。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん