「解決案」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 解決案とは

2017-09-27

遠距離恋愛中の彼氏から連絡がこない

一度はどこかで聞いたようなチンケな内容なんだけど、いざ当事者になってみると滅茶苦茶気になって仕方ない。

遠距離恋愛を3ヶ月過ごした後から遠距離になって早1ヶ月が経とうとしているが、時差もあった超遠距離時代の方が正直こまめに連絡くれたような気もする。ものすごい誠実な人だから(交際一年ほどになるが結婚するまでセックスはしないつもりらしい)浮気心配しないけど、心の何処かで私に飽きたんじゃないの?って気持ちが付きまとって仕方ない。なんとなく、私との連絡を後回しにされている気がする。(友達パーティーしてたから連絡が遅れた、とか)超遠距離前は私の連絡が半日こないだけで怒涛の連絡をしてきたくせに。今は私が遅れて連絡してもその倍遅れて返信してくるようになってきてしまった。

気にし過ぎ?と思って対処法を探して見たりしたけど「男性は往々にして連絡を段々と寄越さなくなるから」や「相手コストを求める女性不倫にハマる」とか「そういう女は浮気しがち」だとか「いや仕事が忙しい時に連絡クレクレされても嫌でしょ。それ生理の時に身体求められるのと同じだからね。それ愛されてるって思える?」みたいなのばっかり出て来るしMAXイラついているせいかうるせえーーーーーーッッッ!!!!!!そうじゃねえんだよ!!!!!!!んなのとっくのとうにわかってるんじゃ!!!!!!みたいにしか思えない。

仕事が忙しいなら仕方ないと思える。というかそっちの方が重要だと思う。お互いに社会人ならわかるけど私達まだ学生だよ?????しかも前はバイトがあって忙しかったけど今なんにもバイトないでしょ????何してるんだよ?????という疑問ばかり出てくる。いやもしかしたら滅茶苦茶に学業が忙しいのかもしれんが。それなら授業大変?って聞いた時にそうと言えば良いのに。

一番の対処法は自分趣味に打ち込む事らしいのでそれなりに趣味を楽しんでみたし、実際にその場では気が晴れる。趣味をしている間は勿論とても楽しいけれど、え、これ根本的に解決してなくない?と終わった後に毎回思うのだ。

このモヤモヤ(というかほぼストレス)を解決するには本人に伝えて解決案を見出すしかないのだが、中々言い出せないのと私が物忘れが激しい&連絡が取れた頃には嬉しくてテレビ電話の後に伝えることを忘れたことに気が付くのが問題だろう。物忘れの件は今度連絡が来る前に手のひらに大きく書いておけば最悪忘れないと思うが、中々言い出せないのは、前に別れを切り出された時の理由が「彼氏が私をサポートできないかもしれないから」だった。

遠距離から遠距離になる直前に突然「別れた方がいいかもしれない」と寝起きからメッセージを送りつけられた。それは今迄に見たことない程の長文で、要約すると「君の事を心から愛しているし、別れたくないけれど、これからもっと時間が無くなってメッセージを送ったり会うことも難しくなると思う。君にお金負担させるのは嫌だが僕はお金を持ってないし、遠距離後は君が実家に来てくれなきゃ別れるしかない」と言ったものだった。テレビ電話をしてお互い泣きながら話しあった結果「連絡は1日くらい取れなくても気にしない。遠距離後は私が彼の地元に行って結婚する。遠距離恋愛中、私が会うために使ったお金は彼が後で支払う。」という事になり、そのまま関係は続いた。実家に行くくだりは前から想定して居たので何とも思わなかったが、お金メッセージの件については中々面倒だな、と今になって思った。

連絡が来ないのは1日程度なら私も我慢出来る。「ああ、忙しいかなんか友達と出掛けてきたあと寝ちゃったのかな」とか思って私も連絡を入れずに1日過ごす。が。問題は1日どころか3日くらい連絡がない時だ。流石に心配になるし「大丈夫?」と送っても既読すらつかない。もうこの辺りになると既読がついても「メッセージの1つや2つ送れよ」と思ってしまう。流石にこれは私が悪いけど。

お金の件はもう少し面倒だ。彼は妙に古い人間で「女に金を出させるのは男のする事じゃない」と考えているらしく、近くに住んでいた時には食事は全て彼が払おうとした。一回や二回ならともかく、流石に悪いので「今日は私が払うよ」と言っても「ダメだよ!」と言って頑なに断った。

2017-09-18

https://anond.hatelabo.jp/20170917183554

うちの実家マンション建設保障でただで契約できるはずなのに、有料番組と込で有料契約させられてた。

有料コンテンツなんて、全く見てないと言っていた。

父が死んだときに、チーマー崩れの兄が恫喝混じりでクレームつけてて、ドン引きしたが、母は雨が降るとBSの映りが悪くなって嘆いていた。

BSは有料範囲で、解約をやりすぎたのだが、兄の恫喝の手前連絡しにくいと言っていた。


実家ではなくうちの方には「KDDI」の販売員が、工事をしたかネットワーク調子を見せろとよく訪問してくる。

一回付き合ったときは、よく判らない箱で速度計測して、接続問題ないが速度が遅い乗り換えないか回線以外はそのままで大丈夫と言ってきた。

横でNTTの速度計測を使い、プロバイダまでは速いこと、ボトルネックプロバイダ側のIPv4転送にあり、プロバイダとも話をして原因の特定はできていること、ただ回線KDDIに変えても意味が無いこと、V6プラスなどのサービスを利用するなら現状でも出来ること、そもそもどこからどこの速度を計測して、何が問題だと思い、何を改善する提案だったのか?と聞いたらそそくさと帰っていったが、KDDI電話すると「契約販売員のすることで」と言う。

契約販売員名刺もたせるのか?御社責任を取れない人間にサ-ビスを売らせて、契約をした私が悪いというつもりだったのかと問うと、貴重なご意見ありがとうございます、今後に反映いたしますという紋切り言葉になったので電話を切った。

私も兄とはタイプの違うクレーマーなのだろう。血は争えない。


いや、そんなことが話したかったのではない。

適切な契約範囲問題解決案というのがあるはずだが、それを提案してくれる販売員というのはなく、大抵契約する側に知識もない。

こういう悲劇は、サービス提供側が徹底すれば防げるはずなんだが、売上を優先してしまうんだろう。

新聞契約もそうだが、契約販売員勝手にやったことなので、と言うかたちで免責されてしま空気は、なんとかならんものなんだろうか。

2017-08-29

https://anond.hatelabo.jp/20170829092136

そこまで批判とかしてるクソブクマは少ない(ないとは言っていない)ように見える

しろどっちも気遣ったりしてるのが多くない?

極少数以外はどっちも心配したりアドバイスしてる人が多くてちょっと安心したよ


ちなみにブクマのうち、理解力0のクソ間抜けゴミidはこいつら

id:haoshu ←どっちも違う観点から見て大変なんだって話なのに「お前が見ろ」などと頓珍漢な事を言い始めるアスペ

id:takjoe ←今が大変だって話してるのに6ヶ月まで妻のほうをサポートしろと言う根性論馬鹿

id:qtamaki ←どっちが辛いとかそんな話してないのにサポートとのたまうゴミ

id:fatpapa ←もうなにもいうまい。片方の解決案提示して満足してる自己マンクソゴミ

2017-08-14

増田というかネット全般がそういう感じ

元増田が述べた「恋人に不満→別れろよ」に限らず、そういう極論が目立つのネット

部活に不満→部活辞めろよ

夫(妻)に不満→離婚しろ

会社に不満→会社辞めろよ

住んでるところが不満→引っ越せよ

そりゃあそうすれば元の不満はなくなるけど、そのためのコストが大きすぎる上に、別の問題が出てくるであろう解決案提示される。

ネット上の限られた情報からでは、必然的に出てくる案も限られてくるのだろう。

加えて、どこの誰かも分からない人間のために時間を使いたくないという思いから、投げやりな回答になるんだろう。

https://anond.hatelabo.jp/20170814071702

2017-06-21

https://anond.hatelabo.jp/20170621144446

それだと鉄の棒を肛門ピストン人工肛門不可避の裂傷を受けた人への共感当事者意識は得られるけど

元増田問題意識への解決案にはならんだろう

2017-06-09

暴力に耐性が欲しい

暴力に対して全く耐性がない

幼い頃から虐待されてたし、ずっといじめも受けてたか人一倍暴力には晒されていたけど、

それでも暴力に耐性がない

大人になってから暴力と無縁な世界で生きてきたんだけど、2年前くらいに暴力事件に巻き込まれ

それ以来、他人が怖くて仕方ない

他人と接する時に、いつ暴力を振るわれるんじゃないかビビりまくって正常に対応できなくなった

もちろん社会生活も送れなくなったから今は生活保護ひきこもり

精神科医も要約すると頑張れとしか言ってこないし、具体的な解決案は教えてくれない。地獄

ちなみに俺の見た目は完全にゴリラゴリラになることによって大人になってから暴力を防いでいたのだが、

ゴリラにも平気で暴力を振るってくるキチガイがいることが分かって心が折れた。

もう筋肉すら信用できない。誰か助けて

2017-05-19

anond:20170518204136

料理が完成する時間10分前とかを予測するのって案外難しいのだよね。

その難しさを夫さんに理解してもらうのがなかなか難航しているのかなーと思った。

例えば、カレーとかだったら30分くらい煮てるから10分前にごはんよそっておくとか簡単なのだけど、

フライパンで炒めものしつつ、スープを作って、副菜作ってをマルチタスクで同じくらいの時間に完成させるという時に

さらにそれらの完成時間10分前くらいを予測して(しか時間を逆算してご飯を炊き上げといて)

よそって冷ましておくというのは結構難しいかも。

妻さんもカレーとか比較時間が読めるものはうまくできるのだけど、

自分が作ったことな料理を挑戦した時とかたまにごはんをよそうタイミングが間に合わなかったりしちゃんじゃないかなと推測。

夫さんがもし料理をあまりしたことがないと仮定して、イメージやすくなるような例をあげるとこんな感じ。

————————————————————————

仕事である取引先と頻繁にメールでやりとりしていて、

その取引先の担当者

「必ずメール送信ボタンを押す10分ほど前に電話で着信入れておいてもらえますか?」

って言われる。

まず「え、なんで?」って思うのだけど、

理由を聞くと「その方が迅速に返信できるから。」

みたいなこと言われてしぶしぶやる的な。

でもメールって短いメールで済む時もあれば、長いメールを書くときも、添付ファイルつけたりもすることもあったりして、

なかなか送信ボタンを押すタイミングって意識しないじゃないかと。

その送信ボタンを押すタイミング10分くらい前に必ず電話って結構難しい。そんな感じ。あれ伝わるかなこの例えw

————————————————————————

とにかく、料理完成の10分前予測するという解決策は10回に1回くらいヒューマンエラーが発生するとみた。

そうでない解決策を模索した方がよいと思われる。

解決案A: 夫氏の茶碗をビールグラスみたいに冷凍庫キンキンに冷やしておいてそれによそう

解決案B: 夫氏の夜ごはんは昼に炊いておいて冷蔵庫に入れとく(常に冷めしストックをしておく)

現状の解決案ヒューマンエラーが発生し得るというところを前提に、夫婦で具体的な解決案を話し合われるのがよい気がしました。

2017-05-07

就職せずに1ヶ月が経過したので思いを書く

思い返せば1年半前に留年が決定して、内定をもらっていた企業就職できなかった所が人生の岐路だったのかなと思う。

4つだけ残った単位を追っかけながら、これからのことを考えてた1年前の今ぐらいの時期、何かできないだろうかと昔趣味で書いてたweb小説を再開してみた。

企業に声をかけられて書籍化になったわけじゃないけど、名前の聞いたこともない会社ライターとして活動してみないかと言われた。

当時は本当に何もなくて崩れかけていた自尊心が、その一言回復した。

しかったし、もしかしたら人生を変えられるかもと思って依頼を受けて、こっ恥ずかしい文章を書き綴った。

で納品してこれからどうなるのかなと思っていたら、そこはゲームを発売すること無く消えた。

俺の仕事は何のキャリアにもなってなくて、でもそれを認めたくなくて、ライターとしてやれると半ば投げやりな気持ちクラウドソーシング登録した。

バカみたいな単価の仕事をこなしながら、このまま就活せずに文章で食ってやると思い始めた。

多分大学の先輩の一人にライトノベルが大ヒットした人がいたのも要因の一つだと思う、俺もその後を追っかけたいなって漠然と感じていたから。

で、いつのまにやら2017年5月になっていてふと友達と飲みに行った。

留年たから同期の人らはもう社会人2年目で、話を聞いていると「置いて行かれた」と強感じさせられた。

それから精神状況が少し変で、毎日夜になると凄い不安になる。

このまま毎日時間パソコンの前でキーボード叩いて、稼げるのは同期の三分の二ぐらい。

しか収入を増やせる見込みもない。

大体にして人生を振り返れば現状は自業自得と言わざるをえない状況なんだけど、それはわかっているんだけど、だからといってどうしたらいいのかって解決案には繋がらなくて。

書いてて何を伝えたいのかわかんないなぁ。こんな文章じゃリライト要求されちゃうよ。

でも漠然とした不安言葉にしてみたらなんとなく安心してきた、結局将来的にキャリアアップができない感じがするから怖くて不安定になるんだと思う。

ただこれって多分会社員になってたとしても同じで、このままここで働き続けて良いんだろうかってなるんじゃないか

結局隣の芝生は青く見えるってやつで、選ばなかった側がよく見えてきちゃってるだけなんだろう。

落ち着いてきたし明日からライターとしてとりあえず活動していきますか。

2017-05-01

業務不経済を嘆いているITエンジニアってさ

その不経済に対するソリューションをまとめて売りに出したらお金になるって考えないのかな

勉強会に行くと色んなところで手運用の話やExcel 死ね!!!みたいな話を聞くけど

解決案をまとめて決済権持ってる人口説いたらお金になったりしない?

わりと大きな市場になりそうだと思うんだけど

2017-04-10

問題発見するだけでは評価されない

現実的解決案をだして推し進めて初めて評価される、というのが最近やっとわかってきた。

2017-04-04

搾取を誘う甘い言葉

「君の為だよ」「成長に繋がるよ」なんて、言葉達。

それらは、都合の良い労働力が欲しいが、対する対価を与えられない時や、上手いこと指示は出せないが結果を出して欲しいときに発せられるので素直に受け取ってはいけない。

自分の為になるとか、成長するとかは本人が自分意思でやりきったあとで手にするものなので、手をつける前や手をつけたが上手くいかない時にかけてはいけない。

そのような言葉はよりも、具体的な解決案改善案を出した方が指示する側も効率的だと思う。それが無い場合、同じ目線に立って一緒に考えればよい。

自分で考えろ」なんて怒号はそれを言っている本人も答えがないからで相手に答えを委ねてる場合が多いのでは?(過去自分はそうだったので反省)

自分で考えろ」なんて言ったあと、「違う!」と怒号混じりに否定されたら次はなにも考えられなくなる。

「君の為」だとか「成長」とかいう甘い言葉は「何もしなくても成長してね、私の為に」という指示者にとってと甘い甘い言葉だ。

2016-12-23

給付金奨学金もいいけど社会人枠拡大もね

最近給付金奨学金給付金奨学金言われてるのを見聞きしてて思うんだけどさ、

お金をかけずにこの問題改善解決とは言わない)するために社会人枠の拡大をするってのはどうよ。

お金がなくて大学に行けないっていう問題の数ある躓きの石には、高校卒業から間隔をあけることな大学に行くからっていうのもあり、この場合は各家庭の経済力に完全に依拠することになる。

とすれば、この各家庭の経済力への依拠部分的ものにするため、浪人したと思って高卒一年二年働いて学費を貯めることで大学に行く、というのが選択肢の一つとしてあってもいいんじゃないか。

どういうわけか日本では(といっても他所事情は知らないが)こんな風に異様にライフステージの順序についてこだわる人が多い気がする。高校を出たら切れ目なく大学それから新卒正社員就職っていうパターンとか、青春時代恋愛に明け暮れなければならないとか、いい年こいてフリーターは恥ずかしいとかそんなの。

閑話休題

金を貯めて大学に行けと言っても、現状では働きながら勉強するというのはまる一日勉強できる現役生に対して学力において大きな不利になる。

意識の高いはてなーたちならわかると思うが、一日働いて疲れて帰った後に「さーて勉強するか!」って気にはとてもなれない。

差は開くばかりだ。

さて、そこで社会人枠の拡大拡充だ。

ただ単に必要教科を減らすなり面接をするなり小論文やら経済事情説明書類を書かせるなりやり方は各大学が決めるとして、これによって貯金浪人にある程度下駄を履かせれば、貧乏な家の子でも意欲があれば学習の機会をある程度持つことができる。

しかもありがたいことに、似たような効果を得られる割りに給付金奨学金とは違って直接金がかからない。これが最大のセールスポイント

できることな学校に行きたい子全員が無負担学校に行けることが望ましいし、これが100点満点の解決策だ。

その点ではこの提案100点満点の解決案ではないだろう。

しかし、社会人枠の拡大によって0を100にすることはできないまでも、0を1020にはできる。

100点満点の解決策に固執し、一挙に解決を図るのではなく、こういう部分的改善の積み重ねこそが近似的に100に近づく最短ルートだと俺は思う。

2016-11-08

インターネットでの女性差別表現問題を考える

インターネットで「(90年代オタクネイティブは秘していたような、女性に対して暴力的言語表現一般化してしまった」理由として、

00年代以前のインターネット社会では「女性マイノリティだった」というのが大きいのだと思う。

なお、タイトルで「女性差別表現」としたのは、

女性嫌悪的な記事や、『ま~ん()』『腹パン』『糞女』などの『女性に対する明確な差別的言論』やセクシズムに溢れた表現が、

住み分けされることなく偏在し、男女双方の性嫌悪再生産し続けている、という現状を重く捉えるためである

後半、ポルノメディアゾーニングについても触れるが、弊害が大きいのはむしろ差別言論のほうであるように感じる。

まとめサイト有害

インターネット社会は、公/私の領域区別が限りなく曖昧だ。

かつてアングラサイトだった2ちゃんねるは、まとめサイト存在によって「公」空間に引きずり出されてしまった。

ソース元となる「ニュース速報系」は、かつては「極端な思想同士が延々とプロレスをしている」一元さんお断り空間だったが、

雑談系板の分離、アフィリエイト排除のための板新設などを繰り返した結果、かつての「喪板(=モテない男性文化)」的な、

非モテミソジニー文化が幅を利かせる空間として先鋭化した。客層をターゲットした広告が配置され、結果として女性差別と、男性向けの性表現で溢れかえる

新たな住民流入し、育ち、巣立っていくサイクルの中で、一般的女性が見たら嫌悪感を持つ空間が醸成されてしまったのはほぼ必然といえる。

たまに誤解している女性がいるが、これを「日本社会差別性の象徴」と捉えるのは正確ではない。

まとめサイトによる、配慮を欠いた著作権侵害行為によって、

「もともと限られた男性たちが醸成した空間が、外部者である女性の目に触れるほどに一般化してしまった」が正しい。

なお、ここまでの推察は、既にあるまとめサイトをどうこうすべきという話ではなく、「結果としてやむを得ず現状がある」という過程の話である

解決案1:住み分けの徹底

多くのインターネットサービス提供しているのは、異文化衝突に対する、技術アプローチによる解決だ。

Google的な広告モデルは、個人需要に対して徹底的にパーソナライズされる仕様になっている。受け付けない広告は、右上などに表示された×ボタンを押せば表示を止められる。

例えばtwitter本来TLがデザインできる空間なので、攻撃的なタイプの「弱者男性(女性車両反対)」層、ツイッターレディースなどの、

IS○S的な用途は、本来サービスデザインに反する。「嫌いなものブロックして見ない」が正しい使い方となる。

また、facebookは年々ポリティカルコネクトネス的な締め付けを強めているので、猥雑なインターネット空間が受け付けない層はそちらへ行くのが妥当、という側面はある。

はいえ、情報リテラシーが高い、あるいは自制可能人間ばかりでない。

そして、往々にして人間は、自分空間デザインすることではなく、差別者批判することではなく、

『嫌いな』表現攻撃する行為に労力を割いてしまう。現状、技術手段有効活用されているとは言いがたい。

解決案2:規制する

二項目だが、人が一言目に求めがちなのがこれである

性差別を受ける体験から嫌悪を強め、あらゆるセクシズム的な表現に対するアレルギー発症する人は多い。

社会における表現の自由は「人権の総量」と同義であるといって過言でない。

表現規制基本的人権侵害に及んだ場合社会的人権確立が十分でない子供、そして次に女性権利を奪われる。

この例は、事実上男性向けポルノ規制である青少年育成条例周辺の改正案が、全て、「子供権利を奪う」方向に進んでいることに顕著だ。

焚書を及んだナチス・ドイツや、青少年健全育成法との内容的類似が指摘される、戦前国家総動員法物語る通りである

一部東南アジア国家では強硬規制政策が取られているが、独裁政権が横行し、「エロ本を買うより女を買うほうが安い」といった状況だ。

タイでは軍事政権に対するクーデターが起きたものの、短い平穏のあと、名君の死による大変な混乱が起きているのは周知の通り。

さて、「表現の自由」論について多くの行数を割くことは、ここではせず、過去他国の先例に触れるに留める。

論じたいのは、見た目のイージーさに対して重要リスクを持つ「社会法による規制」に訴えず、

女性差別表現に傷つかないネット空間を用意するにはどうしたら良いのか、という部分だ。

解決案3:女性にとって「クリーンな」サービス新規に作る

まとめサイト女性の目に触れる、ということは、扱われるトピックに、女性にも共通する需要があり、

一般メディアのセクシズムに不満が出る、というのは、逆に捉えれば「セクシズムが除外された空間需要がある」ということだ。

クリーンな」と書いたが、女性向けキュレーションメディアの多くは

女性趣味嗜好は細分化やすいので、隙間需要はおそらく多い。

女性向けで、かつ、現行のまとめサイトに近いものとして「ガールズちゃんねる」「GIRL'S TALK」などがある。

まだ十分に一般化していない印象があるが、これらは、需要を上手く捉えたサービスだと思う。

ところで、女性向けキュレーションメディアの大半が「セックス」「恋愛」を全面に出している。

セクシズムこそが人を惹きつけ、湯水のように金を出させることは否定のしようがない。セクシズムは男性のみならず、女性にも深く根付いている。

社会的な建前が排除された女性向けメディア、「ガールズちゃんねる」「大手小町」あたりを見ても、女性女性による女叩きは溢れかえっている。

それらを除外したサービスを作ったところで、収益を上げづらい(作るメリットが薄い)であろう、という推論は成り立つ。

視界内からセクシズムを排除したいならば、自らをゾーニングし、徹底的に安全場所に引きこもる他はないだろう。

解決案4:女性向けの性文化の氾濫を起こす

ここまで敢えて触れなかったが、女性向けのネット文化は、存在しなかったわけではない。

日本は性文化においても、女性への「slat shaming(ふしだら侮蔑)」的感覚が強く、また、女性のほうが趣味が細分化やす事情もあり、

女性向けの性表現は自ら「隠れている」のが実情だ。学級会文化、と揶揄されるように、同調圧力が非常に強い。

一般化する前の、かつてのオタク文化に近い傾向を持っているとも言える。

ただし、女性男性向けの性表現嫌悪感を抱くのと同様、本邦の男性女性向けの性表現嫌悪を抱く。

あらゆるネットサービス問題となる、「腐叩き」に顕著だが、「腐叩き」が問題になっても、「女叩き」が問題になることは少ない。

マイノリティ」の弱みだが、女性インターネット利用は既に一般化しており、そもそも男女の大きな人口差はないので、人数的にはマイノリティではない。

最近腐女子がやりすぎている」のではない。男性向けの性暴力表現一般性を考えれば、表に出てくるのは至極自然現象だろう。迫害するほうが不当だ。

男性性への嫌悪から女性差別表現と共に氾濫している男性向けポルノ規制を求めれば、女性向けの性表現規制を受ける。

ミラーリング」に必要なのは個別キンタマ潰しでもなく、ポルノバッシングでもなく、女性向けのポルノを、公空間に氾濫させることだと思う。

女性向けイラスト投稿SNSというのもできている。

なお、筆者は少女表象を好み、男性向け文化を主に嗜好してきた性別女性だが、

BL愛好女性の語りが好きだし、女性向けのゴア表現の行き着く先がどのようなものなのか、強い興味がある。

同性が表象によって「性的消費」されることに抵抗はないし、異性に対しても特にない。

個人イリーガル侵害しない範囲に限るが(実在者の加害行為扇動する気はない)、文化としては、更なる先鋭化に期待する。

最後

ここまで、もうひとつ、敢えて書かなかった選択肢がある。

攻撃的に、あるいは非攻撃的に、「自粛を求める」というものだ。何故書かなかったか。そもそも無理だと考えるからだ。

殴ったところで、他者加害傾向の強い人間は「反応があった」事実に溜飲を下げるだろうし、

攻撃的でない人は傷つき、嫌悪ないし憎悪を増幅させる。前向きな進展が起こるとは考えづらい。

空間のパーソナライズという形での技術解決は更に模索されるべきだが、人間はそも身勝手で、経験外の事象への想像力を欠いた生き物だ。配慮を求めるのは非常に難しい。

一般社会では許されないような表現が溢れかえるインターネットの「公空間」だが、「すでにそのように形成されてしまった空間」において、性差別欲望抗うのは難しい。

現在の本邦において、男性女性も、「男性嫌悪」「女性嫌悪」を内在させている。

女性向け」のインターネット空間では、女性は性表現への渇望を隠さないし、お行儀よく振舞っているわけでもないし、男性を「消費」しもする。

最初から女性インターネット空間マジョリティだったとして、「自粛」などできる筈がない。これはそういう問題だ。

想像不可能事象人間は「配慮」なぞしないし、想像力の欠如は、体験することによってしか補われない。

男性にも、目に見える範囲で同性の表象理想化され、客視され、消費される体験必要なのだと思う。それこそが戦うこと、ミラーリングになる。

裏返しに言えば、とき男性オタクが憧れるように、「憧憬され」「求められる」のは、「女性」の特権ではないはずだ。

相互に消費し、消費され尽くす経験を経て、住み分けやお互いの線引きを探るか。社会法による規制という形で表現の自由幸福に生きる権利が奪われることを望み、

共に滅ぶことを選ぶか。

女性の生きづらさ」を改善するためには、空気を、構造を変えなければならない。

それは、「黙らせる」のではなく、自らが声を挙げ、表現することによってしか実現されない。

追記:本稿で取り扱いたかったのは、主として「女性に対する差別言論」が全く住み分けされない(されづらい)現状だったのですが、

表現上、ポルノメディアとの区別曖昧になっていたので、一部をリライトしました。

ポルノメディアはかなりの割合でsexismを含むと認識していますが、それが単純な女性差別であるとは捉えていません(17:38)

2016-10-21

コンテクスト端折るやつなに

どうして指示通りのことを指示通り以下にしかできないのか。

AがEになるために懇切丁寧にBになってCになってDがあるからEと説明してるのに、Eしか聞いてなくてB~Dの要素無視するからEすらまともにできずに、挙句にE'とかヨとか3になっちまってたらうまくいくわけないに決まってますよね。

丁寧に説明してるときどう思ってるわけ?まためんどくせえ話が始まったか結論だけ聞いておこうとか?時間と労力返してくれよ。

それでいてそういうやつに限って言う事ばっかりでかいのな。

問題です!なんとかしなければなりません!次の一手が必要です!とか。

それを考えるのがお前の仕事からね。問題見つけて騒ぐのは仕事じゃないからね。

しかも原因と結果が結びつけられてないから、次に考えることがお門違いも甚だしいのな。

データ見てる?毎日お客と業界の動向ちゃんと見てる?

そういうコンテクスト理解できてないから話をしても通じないし、解決案現実的じゃないってことどうしてわからないんだろう。

こういう話を何度してもわかったような顔しては同じことを繰り返すのが不思議でならない。

わざとなのか本当に無能なのか、それだけでいいから教えてくれよ。

2016-07-12

食べ歩き

当方男性なんだけど食べ歩きしたい

しかし独り身であるデメリットとして食べ歩きが実にしづらい

友達と男2人でどこかに食べに行くのも変だし(そもそも自分の食道楽に付き合ってくれそうな友達がそんなにいない)

結構値段の高いところに行きたいので複数人でいくにしても人数集めるの大変だし

こういう時どうすればいいんだ

女友達でも誘えばいいんだろうけど、誘って変な風に思われるのもなんかやだ

もっとこうスマート解決案はないもの

お高い店でも一人でいっちゃっていいんだろうけど、一人でご飯食べても楽しくないという致命的な欠陥がある

本を片手に食べてもいいんだけど、それじゃあ味気ないんだよな

せっかくおいしいものを食べに行くのだったらそのおいしさを誰かと共有したい

2016-07-09

結婚生活はすばらしい - それを知らせたい

自分結婚して子供が二人いる。

夫婦のそれぞれの問題でとても大変なこともあるが、それらを乗り越え幸せ結婚生活を送っている。

■■結婚についての教育

そもそも現代日本社会において、小・中・高・大と結婚について詳細な教育を受けることがない。

下手すると親から結婚とはなにかと教わることがないかもしれない。

漠然と、結婚はよいものだ。だからおつきあいしてラブラブだったら結婚しようという社会的な風潮だ。

結婚に至るモデルというのは、安いドラマとかにでてくる情緒的なカップルモデルとする場合も多いだろう。

結婚について教育を受けてこなかった私たちは、なにをモデルにすればよいのか。

結婚してどのようなことが大変で、逆にどのようにしてより幸せになれるのだろうか。



■■夫婦互いが当事者になる

夫婦間で課題が生じ、それについて解決しようとするとき

口論ディスカッションするとき、互いが当事者になる。

問題の渦中にいる当事者パラダイムは、感情的主観的だ。

なかなか客観的にはなりにくい。

自分欠点を強く指摘される、逆に相手の弱さについてストレート言及する。

そのような中において、互いが主観的になる。

これが会社ビジネス上の課題だったらどうか?

ビジネス上の課題がある、この解決すべき課題については客観的に見つめることができる。

冷静に多角的に把握して分析ができるのだ。対象自己の外に向いているからだ。

逆に、夫婦問題場合、己の中にある問題、そして相手の心の奥にある問題に向き合わなくてはならない。

そして、これらに互いが触れる時、主観的になる。

主観的なので視野は狭まり自分相手が持っているそれぞれのバイアスが強く働く。




■■まずロジャースになれ

伴侶が愚痴や不平を言ったときは、まずロジャースになれ。

来談者中心療法を確立した臨床心理大家カールロジャーズだ。

「無条件の肯定的関心」「共感理解」「自己一致」を基軸にしたカウンセリング法だ。

自分が夜家に疲れて帰宅したら、リビングに既に仕事を終えて帰ってきた仏頂面の伴侶がいたとする。

そして、相手会社愚痴・不平不満をいったとする。自分会社ストレスを抱えていてとても疲れていてそんな話し聞きたくない。

それでも、「無条件の肯定的関心」「共感理解」でまず話を聴いて相手理解しようとすることだ。

相手の抱える問題を強く解決しようとしなくていい。

私をはじめ男性はつい、解決案提案しようとやっきになってしまう。ビジネスだったらそれでもいい。

でも、相手感情理解して欲しいのだ。そしてその感情言語化したいのだ。

感情言語化する過程において相手自身課題に気づくのだ。

解決する力はその伴侶のうちにあるのだ。

しかし、自分肯定的に伴侶の話を聴いていて、相手が一線を越えた場合どうするのか?

自分罵倒してきた、言葉による暴力をしてきた、さら言語道断であるが、

暴力を振るってきた場合倫理に逸脱した行為をしてきた場合、どうするのか?




■■正の強化

相手が一線を越えてきた場合、黙っていてはいけない。

応用行動分析学的に、黙っていると言うことは、黙認していること、

その行為を認めていることだ。

相手が行動を起こす→黙認する(認める)→その行動が学習され強化される

といことになる。

自分の考え・感情をきちんと相手に伝えることがとても大切になる。





■■ミッションステートメント

ではどうすればいいのか?

相手の話を聴き、自分の考えを相手に分かるように伝える。

互いが感情的主観的パラダイムにおいて、

結婚当初の愛を深めていくにはどうすればいいのか。

夫婦合意のもと、二人でミッションステートメントを書くのだ。

ミッションステートメントの詳細については検索するとか『七つの習慣』を読むとかで調べて欲しい。

複数価値観のバラバラな人間が集まる会社ですら、ミッションステートメントを書いている。

価値観・生まれ環境が異なる夫婦という共同体においても、

ミッションステートメントはとても重要だ。


まず、それぞれ己のミッションステートメントを1週間ほど書けて紙に書いてみよう。

次に、出来た物を夫婦で見せ合って、語り合おう。それぞれ人生において

なにを目的にしているのか、何を価値観としているのか、いろいろ気づきと共有するところがでてくるだろう。


互いに尊敬し合い、語り合いながら、それぞれのステートメントをまとめて、

つの夫婦家族)のミッションステートメントを書き上げてみるのだ。

なにか夫婦問題が生じても、まずミッションステートメントを取り出してきて、

これを中心に問題について語り合うのだ。

ミッションステートメントなしで話し合うと、「いった」「いわない」の互いに非常に主観的パラダイムになるが、

紙に書かれているミッションステートメントを見ながら語り合うとより客観的問題について語り合うことができる。

まり夫婦それぞれが中心ではなく、その上の原則ミッションステートメント)に従って行動していくということだ。

これが非常に大切なのだ

ミッションステートメントは定期的に語り合いながら見直して、夫婦の節目においてバージョンを上げていくことも重要だ。

■■最後

夫婦互いが主観的パラダイムになりやすいが、もう一つ重要なことがある。

第3者を見つけておくことだ。第3者というのは、夫婦の状況を客観的に見て、

鏡のようにフィードバックしてくれる人だ。

結婚カウンセラーなどがそうかもしれない

だが、カウンセラーでもよいが、

お金をかけずに近所のおばちゃん、親戚のおじさん、学生時代学校先生神父さん誰でもよい。

夫婦お互いが尊敬出来る人、人格が優れている人がいいだろう。

日頃からそのような人と良好な関係を作っておき、相談できる環境を整えておくことは非常に重要だ。

夫婦2人ではなく3人で語り会いフィードバックをもらえば、

夫婦バイアスによって気づかなかった新しい認識を得ることができる。

これはホント大切だ。



最後に、結婚生活ケンカも沢山して、とても大変なことも多いが、

己の欠点相手欠点を見つめ、それらを互いに乗り越え、

己の人格がより向上していく場であると私は認識している。

結婚して本当に良かった。幸せだ。


妻への深い愛と感謝のうちに

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん