「予防措置」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 予防措置とは

2019-07-19

anond:20190719093445

だけど、現にこうやって事故では済まない被害が出てる現状、これから予防措置としての警察による積極的介入はあり得てくる話だと思うぜ…

実際街中でも見かけるヤバい人には警察の人がこっそり付き添ってたりとかあるやん。

2019-06-04

anond:20190603230039

正確には分からないけど、報道を見ている限りは同居期間は1週間ほど。

同居後にすぐに家庭内暴力があったらしいこと。5月26日熊沢英昭容疑者には複数の痣があった報道

被害者長男は進学してから職にもついていたこと有で、都内一人暮らしをしていた。

いつ頃から一人暮らしをしていたかからないけど、ざっくり20年は両親と別居していたと。

長男家庭内暴力中学2年の頃からスタート母親父親両方にあり。

>> 英一郎さんの家庭内暴力中学2年ごろから始まったとみられる。

>>当時、一家の近くに住んでいた40代男性は「(英一郎さんの)暴力をふるう声や物音が家の外に響いていた」と振り返る。

毎日新聞にはあったので、激しいものだったことが推測できる。

というか、熊沢一家10年ほど前に現地へ引っ越してきたんだから、当時の家庭内暴力を知っている人は近隣にいない。

そもそも長男にしてみれば、よく知らない家だし、近所の状況も知らなかったんだろう。

小学校運動会があって、「うるさい」から「ぶっ殺す」までどんな会話があったかは分からない。

台所容疑者長男鉢合わせ。顔を見れば愚痴文句場合によっては手を挙げる長男

長男土曜日なのに餓鬼どもがうるさすぎる。静かな時間を返せよ糞g」

容疑者「そんなことを言うぐらいなら、お前が出ていけば良いだろう。今まで仕送りだってしてやっただろう」

長男「してやった? 生前贈与だ。ありがたくもらってやったんだろ。だいたいこんなところに家を買うなんて頭おかしい」

容疑者「ここは妻と相談して買ったんだ、お前みたいなやつが住んで良いところじゃない」

長男「うるさい。どーせお前らが死んだら俺のもんだからな。さっさと死んでくれたら売っぱらってやるからw」

容疑者「なんてことを言うんだ!」

長男「うるせー(容疑者を突き飛ばす)ぶっ殺すぞ、あー、ドラクエやろ。あーあ、餓鬼ども殺してぇわー」

容疑者「(!!)ど、どうして……そんな……やらな……」

容疑者包丁ゲット。……。

長男ドラクエやらな」

容疑者「(音を立てずに部屋に入り、グサッ、ザク、シュ、シュ、サクサク、グっ、ぐぐ、グリっ、シュ、)はぁ、はぁ、はァ」

長男「ぐふゅ、うわッ、あおおううう、あう、……っ、あう、……げぇえーー…………っ、……、…………」

布団は一面血だらけ。

こんな感じだったのかもしれない。

長男報道SNS情報を見る限りは裏表のない嫌な奴で清々しいぐらいなクズっぷりで、それはそれだよね。

熊沢英昭容疑者は元事務次官東大出てからずっと社会の公器であり続けたのに、殺人犯

たった一本、殺す前に警察通報していたら、何もかも違ってた気はするけど、なんで通報しなかったんだろう。

妻には家に帰ってくるなって当日に電話してたみたいだけど、犯行前なのか犯行後なのかも気になる。

もっとそもそもだけど、長男があまりに糞野郎から見過ごしてるけど本当に長男小学生など周囲に危害を及ぼすって発言してたのかどうか。

すごい言ってそうだけど容疑者の作り話かもしれない。

家庭内暴力ってwikipediaにもあるけど家庭外では全く発揮されないという特徴があって、登戸事件容疑者が思い込んだだけじゃないかとも言える。

まぁ、長男中学2年から家庭内暴力による積年の恨みつらみ。

引越し10年、よーやく馴染んできた生活環境と老後の人生。そこにまた視界から消えてくれていた長男が現れた。

SNS上で安否が知れて金さえ渡していれば大人しくしてくれてるから良かったのに、またこいつが……って殺意の塊だったんだろうね。

登戸通り魔事件があったので世間容疑者正当性のある殺人だと錯覚するけど、数十か所のめった刺しは明確な怨恨で、予防措置は都合の良い言い訳だよね。

2019-06-03

KKOの予防的措置

普段は、

KKO差別反対!

フェミKKOを救え!

とかぬかしてる連中が「凶行に走るかもしれない息子を殺害する」行為に対して許容的なのが信じられん。

「凶行に走った」と「凶行に走るかも」じゃ雲泥の差があるわけで。

予防措置的に殺害するのがやむを得ないのなら、KKO(大抵は被害者の方と似たり寄ったりのコミュ障だ)に対してだって同じだろ。

いい加減にしろ

2019-04-26

セクハラ予防措置でもいいわけがあると人につっけんどんが堂々とできる

セクハラ概念がない世界だったら普通に両手で握手して両手でハイタッチもあったんだろうな

握手会だからやらない理由がないというか仕事からしないといけなくなる

2017-12-14

IVの不自然表現もっと進んでいる

乳袋を「不自然現実味がない」って言う人もいるけど、あんなのまだまだ秩序があるほうだと思う。

IV(イメージビデオ)の世界では、もっと露骨物理法則破壊が進んでいる。

実写作品であるにもかかわらず、ニュートン力学無視した現象が頻々と、そしてかなり堂々と発生する。

乳首両面テープを貼っている」とでも解釈しないと合理的説明がつけられない現象ばかり巻き起こる。

IV内で物理法則が崩れ始めたのはわりと最近で、ここ数年といったところ。十年はたってない気がする。

それまでは、見せ場となるギリギリシーンでも「物理法則確率論の枠内で説明できる演出」が中心だった。かろうじて着衣が引っかかっている。いかにもあやういが、惜しいところで肝心の部分は見えない。偶然隠れている。っていうあの演出

しかしある時期からそれが変わった。おそらく業界で何か物理学上の大発見があったのだろう、何もしなくても着衣が胸部に吸着するようになったのである

ひらひらした生地の小さな薄い服を着ているのに、モデルが動こうが走ろうが暴れようが、果ては四つん這いになろうが、乳首だけは洋服がくっついたまま離れないのである。四つん這いになったときなど、まるで「乳首から洋服が垂れ下がっている」ような按配になる。

もちろん両面テープなんだけど、リャンメンで貼ってることを隠さない。万が一にも見せないための予防措置ではなく、積極的に貼っていくスタイル。今やIV界ではこれはかなり定番化した表現で、すっかり当たり前になってしまった。

僕ねえ、これはもっと賛否を論じられていい問題だと思うんですよ。

https://anond.hatelabo.jp/20171213224507

2017-11-09

anond:20171109150114

ヘテロである自分が、ゲイ性的暴行を加えられるのに精神被害は計り知れない。実際ゲイレイパー存在するのだからゲイ全員に予防措置をとるべき」って理屈と同じじゃないですか?

2017-10-25

https://anond.hatelabo.jp/20171025091435

飲み会料理取り分け道具も男側に置いたら

俺に取り分けろって言うのかーって切れられて

揉める可能性が高いから女側に置くように教育されるって見たな

旅館でもおひつを側に置かれたら俺によそえって言うのかーって切れて絡むおっさんが多いであろう事は容易に予想がつく

酔っ払った男ってめちゃくちゃたち悪いからキチスイッチに触らないように商売人も予防自衛必死なんだろうな

男にキチガイが多いからて、店員キチガイかもしれないと思われて予防措置取られてる男達も気分悪いだろうし気の毒

つーか旅館旅館でご飯なんてそんな食べないんだから茶碗によそって持ってきてくれたらいいのに

2017-09-18

理系大学院生による告白ガイドライン

https://anond.hatelabo.jp/20170918002546

最近、「告白ハラスメント」なる概念流行しているらしい。大学院界隈でもちらほらとそのような話を聞く。

こちから見ると、勇気を振り絞った一世一代告白があたかセクハラのように扱われるのは非常に心外である

しかし、この問題は、おそらく向こうが思わせぶりな態度を取ることで、こちらがてっきりOKだと勘違いすることが原因だと考えられる。

そこで、男子大学院生は同じ研究室女生徒から何をされたら告白OK判断するのかをはっきりしておきたいと思う。


(1)「2人で食事」は告白OKサインとみなす

2人で飯を食べるのは実質デートである

それを拒否しなかった時点でこちらは「もしかして…脈あり?」と判断したくなる。

その日偶然学生食堂に2人で行くにしろ、2人で食うのが嫌ならば適当に逃げるはずである

逃げない、ということはデートしていいということではないか


(2)「2人で下校」は告白OKサインとみなす

下校中隣で歩いていたり電車で立ったり座ったりしている時は食事中よりよほど近い位置にいることができる。

それが拒否されなかった時点で、こちらはやはり脈ありではないか判断している。


(3)「相談事」は告白OKサインとみなす

自分の悩みを打ち明けてくれるのは実質彼氏彼女関係と言っていいと思う。

そうじゃなかったらやるな。


代表的な事例としてはここらへんがあると思う。

もう一度言うが、向こうがそういう態度を取るからこちらも告白していいと勘違いしたくなるのであって、こちらだけに責任があるような言い方は心外である。あるのは好意のみであって悪意などではない。

「察しろ」「空気を読め」など偉そうな批判も控えて欲しい。大体、理系特に旧帝大辺り)の男子大学院生ともなれば、小学校を出たら母親以外の異性と接触する機会がない院生も珍しくない。母親彼女のように扱って練習しろとでも言うのだろうか。


こちら側の誠意としてガイドライン提示した。

からこちから告白を「ハラスメント」扱いするなら、せめて思わせぶりな態度は取らないで欲しい。

それが、我々男子大学院生から全ての女性への要求である




(追記)

むしゃくしゃして書いたのだが、意外と反応が多くて驚いた。

いくつか補足しておこうと思う。


一応マジレスしとくと、いくらなんでも学食ノーカン、下校一緒もないないないない。学会で同行もノーカン

http://b.hatena.ne.jp/entry/345038556/comment/work_memo

そうだとしても、理性と感情は違う。

2人で食事や下校という状況で「〇〇さんにはいつもお世話になっております」「色々お話させてもらってよかったです」とか言われると、頭の中の恋愛スイッチが完全に入ってしまう。

そうなると、後はどこで彼女とできるだけ接触する機会を作っていつ告白するのかしか考えられず、理性でしか考えられなかった。

から予防措置としてそもそもサシ飯なんてやめて欲しかった。


増田のような人達に問いたいけど、友達、仲間、ただの同級生・同僚との区別をどうつけてるんだろう。男性同士でも親しさの度合いはグラデーションあるだろうに。つか一緒に学食でメシ食ったら親友なの?

http://b.hatena.ne.jp/entry/345038556/comment/movesinthefield

確かに、男性なら普通に友人付き合いなどグラデーションのある付き合いはするので原因について考えてみた。

前提として、特に博士課程の大学院生は多かれ少なかれ結婚などの人生ステップについて思い悩んでいるというのがある。この年になると周りが徐々に結婚したり親から「いつ結婚するの?」と聞かれたりするからだ。

から男性女性では接する時の気持ちが全く異なる。もちろん仲のいい男性の友人もいるが、いくら仲が良くても結婚やその後のステップには至らない。

一方で女性、それも同年代院生であればその可能性がある。かなり小さくても、男性の0よりは大きい。だから交際結婚のチャンスがないか、というのはどこかで常に考えてしまい、結果として上記のようなイベントきっかけにすぐ次のステップに進みたくなるのだろうか、と推測している。

同性愛などのLGBTであればまたこの境界は異なるだろうが、今は異性愛である自分の話なので考慮しない)


はてぶでの反応を見ると、さすがに「我々男子大学院生」というのは主語が大きすぎたかもしれない。

身の周りの男子大学院生でも彼女がいて、正常に交際関係を築いている者は一定数いる。

「我々、女性経験のない男子大学院生」と訂正させて頂きます


(追記2)

追記を書いていたら思ったよりコテパンにされていた。

でも確かに、男性2人でだったら仲が良くなくても普通にやることなんじゃないか、とだんだん冷静になってきました。

しかしたら、普通に悪いことをしてしまったんじゃないか、と今は思ってます。ここで謝ってもしょうがないけど。

これから先、どうすればいいんだろう。


(追記3)

こんなに愚かな大学院生書き込みに色々な意見アドバイスを頂き、本当にありがとうございました。こんなにネットで反応があるのは初めてで、非常に驚きました。

これだけ多くの反応を頂いて、やっと自分の愚かさを自覚しました。今はもう、自分がしたことも勢いのままにここに書いたことも、涙が出るほど後悔しています

ただ、皆様からコメントを見ると他にもこのように男子大学院生が早まった告白をして迷惑をかける事例は各地で発生しているようです。他に同じことをしでかしそうな院生がいた時、これに対する周りからの警告とその後の私の反省を見ることで誰かに迷惑をかける事例を未然の防ぐために、この記事は残しておきたいと思います。もう最初の方は見返したくもないけど、それは自業自得だと思っております


あとひとつ、今はもう恥ずかしいことでしかないけど参考になるかもしれないエピソードを追加しておきます

紅茶が好きだと言っていた彼女に喜んでもらいたくて、先日「いつも研究頑張っているから、差し入れです」とブランド紅茶(数千円くらい)の箱をプレゼントしました。

その後、自分やらかした後で、封の開いていない紅茶を「そのようなつもりだったなら自分が持っているのは申し訳ないです」と返されました。その時は、物ですら拒絶されたことにただただ傷ついていたのですが、今考えると、告白する前から使っていなかったということはそのような贈り物も距離の取り方としてはよくなかったのだろう、と思います

特定は避けるために一部の事実は変えていますが、おそらく似たようなものでも問題が起きていたと思います


この増田への言及やはてぶの中には、とても具体的で実践可能アドバイスも数多く含まれています

この失敗の記録が、女性経験に乏しい大学院生にとっての助けになればいいと思います

ここで終わらせて頂きます。改めて、本当にありがとうございました

2017-09-05

低能先生の恥ずかしいところ

「だせー!はてなブックマークアカウントを消されたとばっちり増田アカウントも消えてるー!」

ってプギャーしたら

予防措置を取る必要性を感じないのだ」

かいいながら、

今ではすっかりはてブ増田で別のアカウントを使ってるところ。

とてもダサくていいと思います

2017-08-13

グーグル思想残響室(Google’s Ideological Echo Chamber和訳) 後編

提案

私は多様性が悪いとか、グーグル社会100%公正であるとか、既存バイアス修正されるべきでないとか、あるいはマイノリティマジョリティと同じ経験をしているなどと私が言っていないことは明らかであると願う。私が言いたいのは私たちには特定イデオロギーと一致しない考え方や証拠に対する不寛容があるということだ。私はまた人々を特定ジェンダーロールに縛り付けるべきだとも言っていない。私は全く反対のことを主張している:人々をグループの中の一人(部族主義)としてではなく、個人として扱うことだ。

具体的な提案としては:


----

次で最後

グーグルの思想的残響室(Google’s Ideological Echo Chamber和訳) 脚注

2017-07-25

https://anond.hatelabo.jp/20170725013017

おまえ文章読む力ないの?

低能低能言ってる割に、予防措置も取れない低能っていってんだばかw

2017-02-28

http://anond.hatelabo.jp/20170228114743

本来街角で人を撮影して放送するのに許諾など一切必要ない

国内だとキチガイクレーマーがいたりすると面倒なので予防措置をしてるだけ

2016-10-14

http://anond.hatelabo.jp/20161014000642

将棋連盟公式見解は、「三浦九段不正を行っていない」だよ。

不正調査してほしいという棋士が5人もいたので、

将棋連盟調査をし、クロと言う証拠は無いのでシロと結論づけた。

予防措置として、今後はスマフォ持込み禁止とした。

本当はそれで決着する話だった。


ところが、三浦九段が「疑われるなら試合でないよ」と大失言してしまったために、

将棋連盟は「試合放棄棋士精神に反する重大な罪」として休場処分にした。

2016-01-19

かつてネットは彼らのものだった

ネットがまだ一般的でなかったとき、そこは現実社会では発露出来ない思いを持つマイノリティたちが隠れる場所だった。

いわゆる「アングラサイト」と言われるものが多数存在し、彼らはそこでマジョリティたちから隠れて過ごしていた。

現実社会に持ち出したら間違いなくバッシングを浴びることを分かっていた彼らは、世間から隠れる場所としてネットを選んだのだ。


「ここなら彼らはやってこない」

「万が一見つかっても寄ってこないように入り口に注意文を書こう」

「いや、偶然入ってくることを防ぐために入り口を隠そう」

パスワード制にして入れないようにしよう」


彼らは自身の居場所を守るため、マジョリティたちに見つからないよう様々な予防措置を行った。

ここまですればマジョリティたちも入ってこないだろう。

そう安心し、自身趣味に没頭した。


その後、ネットの普及により多くのマジョリティたちがネットにやってきた。

彼らはさながらアメリカ大陸開拓団のように新天地であるネット開拓しだした。

彼らの開拓の手はマイノリティたちが隠れ住んでいたアングラサイトにも及んだ。


汚物は消毒だ~!」


さながら某世紀末モヒカンのように、彼らは一般常識という火炎放射器を掲げてマイノリティたちの居場所を暴いていった。


また、マジョリティたちに混じって、ネットという隠れ場所を知らなかったマイノリティたちもやってきた。

彼らはまだ暴かれる前のアングラサイトを見て「ここなら『これ』を出してもいいんだ!」と感動した。

先住民マイノリティたちにとっての不幸は、移民マイノリティたちの一部に「隠す」という行為意味理解しない人、勘違いする人がいたことだった。

彼らは特に隠すことな自身趣味に没頭した。

やがて世紀末モヒカンに見つかり、次々と火炎放射器で焼かれていった。

彼らは焼かれながら呪詛を吐く。


「あそこでもやっているじゃないか、何でこっちだけ責められるんだ」


そうやって隠れていた先住民たちや受け入れられた移民たちも世紀末モヒカンに見つかり、火炎放射器で焼かれた。


「次は俺たちの番じゃないのか」

「いや、まだここは見つかっていない」

しか時間問題ではないのか」

「ここも見つかったら、我々はどこに行けばいいんだ...」


住処を追われた先住民たちは居場所転々とし、世紀末モヒカンに見つかる恐怖と戦いながら自身の居場所を作ろうとした。

しかし、開拓が進み、世紀末モヒカンたちが開拓した場所には後から来た何も知らないマジョリティたちが現実社会さながらの社会を作っており、彼らの安住の地はどんどん消えていく。

隠れ住むのも限界に近かった。


--------------------


ここから進撃の巨人ばりの戦士団を結成して反撃を行うシナリオを考えたけど面倒になったのでここまで。

2015-06-05

http://anond.hatelabo.jp/20150604115117

よくキラキラネームの子はいじめられるのでやめとけっていうような予防的な意見が見られるんだけど

すでにキラキラネームの子は沢山存在する、そして改名は容易ではない

から特殊名前をつけるなという予防措置ステージではなくて

キラキラネームでもまあ別にいいんじゃないかというような寛容さが必要だと思うんだよな

本質的には名前人格って関係ないじゃん

名前名前じゃん

ただの個体認識記号じゃん

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん