「太陽電池」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 太陽電池とは

2021-09-17

anond:20210917230015

昔、太陽電池付きのケータイ使ってたけどね、やっぱりAC100Vにはまだ敵わんって思ったわ。

2021-09-13

anond:20210913130325

太陽電池マイニングしてる人いたよねネタで。

ガチ勢水力発電所購入で~。

俺は余ったGPUでお遊び。マザボも古いヤツ。

2021-09-07

シチズンって凄いね

スマホでどこでも時計を見れる時代なのに、何万円もする腕時計が大量にラインナップされているのが驚き

20年位前よりむしろ数が増えている気がする

メーカー送りの電池交換を避けたい20気圧防水では太陽電池合理的だと昔は思っていたけど、スマホがある今となっては色々???

2021-07-29

anond:20210729004255

環境破壊を防ぐかもしれないが、すぐに儲からない研究政府しかできませんよ。

新自由主義はそれを許さないから、永久環境破壊を防ぐ方法は生まれない。

太陽電池なんか、基本原理ができてからもう180年だぞ。長ーい、基礎研究の積み重ねに、一時日本世界を制覇した。残念ながら新自由主義日本から、導入のための攻勢を書けることもせずに、導入のための攻勢をかけた中国産業になってしまったが。

2021-07-09

anond:20210708172706

そういうことも含めてだね

原子核融合で水素から鉄まで変化していく炉があってそこからでてくるいろんなエネルギーが取り放題なので

太陽電池にしてもよし やかんでお湯をわかしてもよし 生命体がまるで核融合してるかのようにとりこんだ物質を変化させて生命を営んでるような感じで放射線を使っても良し

もちろん電子もまき散らされてるから直接電気にしてもよし

光合成とかほしい元素を作り出したりとかできればもっと使い道はあったかもしれないけど

電気と熱以外に人間エネルギーを利用できてるのってとくにないからそれだけで十分かもしれないね

2021-07-03

太陽電池って

10年前は日本世界シェア半分上占めていた産業だったんだよなぁ。

今は完全に中国産業になってしまったけど。

2021-06-06

anond:20210606114955

情報どうもです!みつかりました

新潟大、世界最小エネルギーで水の電気分解成功

宇都宮

2021年6月2日 17:54

Tweet

リスト

世界高水準の酸素発生電極との過電圧比較。赤が今回開発した電極

 新潟大学自然科学系による研究グループは、超低過電圧で水を分解する高活性酸素発生触媒を開発し、世界最小のエネルギーで水を電解することに成功したと発表した。

 化石燃料に代わる新たなエネルギー源の1つとして水素が期待される中で、水の電気分解による水素生成技術研究も進められている。しかし、電気分解を行なうための電解質水溶液である水電解セルでは、理論電圧である1.23Vに加えて、酸素発生電極と水素発生電極への過電圧必要で、前者は現状では300mV程度と高いのが課題だった。

 研究グループでは、多孔性ニッケル基板とチオ尿素をともに焼成すると、窒化炭素に包まれた硫化ニッケルナノワイヤーが同基板上に析出することを発見酸素発生電極として利用することで、32mVの超低過電圧での水の電解に成功した。

 分析によれば、硫化ニッケルナノワイヤーと電解質水溶液の界面に、触媒活性サイトとなるニッケル酸化物層が形成され、基板から効率的電子輸送が行なえたことが要因だとしており、高水準な電極と比べても大幅に低い電圧での電解が可能だという。

 同グループでは、今回の結果が高効率水素生成技術の実現につながるとしており、今後はこの水電解セル太陽電池による、実用的な太陽光水素生成システムの開発を目指すとしている。

編集部おすすめ記事

2021-06-05

anond:20210605102419

1990年バブル崩壊後、新自由主義逆噴射をし続けて30年不況を続けたから。

新自由主義政府の緊縮を叫んで政府の基礎萌芽研究をしなくして、企業の過剰貯蓄を放置して設備研究投資を起こさない。

半導体だけでない。IT太陽電池蓄電池バイオ1990年以降に発展した産業は全部敗退してる。

2021-02-19

将来計画

いろいろなことに興味をもっていろいろ収集したけど、それも捨てさる。。。だな。太陽電池パネルなんて買っちゃったけど(何をしようと思って購入したのか)これもメル〇〇か?あとは基本的電子工作できる環境は整備しとくかな?大した面積食うわけじゃないし。。なるべくごてごてものを増やさないように気を付けよ!今日のところはここまで。また来週。

2021-02-14

anond:20210214013826

1940-1990年代世界MMTのもととなるケインズ主義の元の世界だよ。景気が良くて産業も強くなってたね。

だけど、突然オイルショックのような資源不足にはどうしようもない。だけど、解を作ったのは商売になる前の段階の研究を積み重ねての太陽電池とか蓄電池とか原子力だ。新自由主義では儲けにならない段階の科学投資なんざできない。

ましてやバブル崩壊など大規模経済危機で保身に入り金を貯め込み設備研究投資をしない企業のもとではな。

一時日本世界を制していたが、1990年バブル崩壊新自由主義転換と、20年の特許切れが起きた。そこで中国政府が金をかけまくって太陽電池は完全に中国産業になり、蓄電池もほぼ中国産業になりつつある。

ある国が経常黒字を出せばある国が経常赤字になる。経常赤字になれば金や外貨流出外貨借金の増大が起きる。そして、外貨借金が増えて輸入ができなくなる。

けども、新自由主義政府の緊縮による基礎萌芽研究投資崩壊と、企業が保身化して金を貯め込み設備研究投資をしなくなる状態を積み重ねた結果、今では日本は時折貿易赤字になる状態になってしまった。これを続けると本当に外貨借金が増えて輸入ができないという供給由来インフレに陥るよ。ついでに、自国通貨建てで見た外貨借金が増えての財政破綻な。

2021-01-31

anond:20210131215906

新自由主義化とバブル崩壊後の不況が襲ったときにちょうどITの進展が起きたから。

ITでもなんでも新しい技術の普及には金と時間必要。だけど、新自由主義化が起きると、政府の緊縮による基礎萌芽研究崩壊と、企業が保身に入って金を貯め込み設備研究投資をしなくなることで、新しい技術というのが発展しなくなってる。

他の分野は1990年以前の積み重ねの余波で生きている。だけど、半導体太陽電池蓄電池世界一位で、トップ1%引用の1位2位をかっさらう分野がいくつかあり、一人あたりGDP世界2位まで至った時代に比べれば着実に衰退している。

それじゃだめだからと起業イノベーションを煽るが、あくま上級国民の餌がほしいだけで歩んだ人間が報われることはない。

2021-01-17

anond:20210117132026

政策の側とすれば、補助金使って大量生産ができるようにして値段を下げるんだが。

昔は太陽電池メーカーほとんど日本のものだったが、日本がもたもたしてて、大量普及させないでいて特許を切らした。そのあと、世界中太陽電池の導入助成金をばらまきまくって、特に中国が強烈で、いま太陽電池メーカーほとんど中国のもの

そして、日射量の多い国では2-3円/kwhで買電するぐらいにまでなってる。

無論、日射量の変動があるから蓄電池や、もっとロングスパンではまだ石油、ガスが必要ではある。で、そこで蓄電池水素で貯蔵するというのをやろうとしている。

蓄電池も昔は日本が圧倒的に強かったが太陽電池と同じパターン中国勢が攻めてきてもう負け気味。

2021-01-10

anond:20210110150740

そう。

80-90年代1970年代オイルショックと、一部の国の産業弱体化しての経常赤字化が原因。

だけど、別に日本は失敗してなかったからな。1990年頃まで貿易黒字、経常黒字は厚かったし、一人あたりGDP世界2位まで行った。オイルショックに対抗して蓄電池太陽電池開発、原子力開発を勧めた。

蓄電池太陽電池も昔は世界一だった。今はギリギリ蓄電池が生き残ってるが負けそうな有様で、太陽電池はほぼ敗退。

新自由主義サプライサイドと言いつつ、新しいがどうなるかわからないものに金を出さないから、むしろ供給側も弱めてるし。

きちんと資源対策と、産業強化をして供給力を強めるケインズ主義が正しい。

2021-01-02

anond:20210102215242

景気悪かったからねぇ。

新自由主義なんか取らずに、きちんと景気を回して、設備研究投資をできる環境を続けていれば潰れることなく、太陽電池日本産業だったろうに。

anond:20210102203844

日本においてはケインズ主義別に失敗してなかったからな。新自由主義世界史に残るレベルで大失敗したが。一度一人あたりGDPトップクラスになったのが一気に低迷。世界最低の成長率を20年続けた。

大前提として政府は金の動きを整える必要がある。その上で、何が政府がやって、何を民間やらせるか。なおかつ極力現場に近いところに裁量権をもたせるようにしていくべきだろう。

ケインズ主義ケチが付いたのは、ケインズ主義単独では突然起きた供給由来のインフレ対処できないということだ。石油産出国戦争とか、経常赤字化した状態外貨借金

オイルショックに対してサンシャイン計画が動き出し、一時は蓄電池太陽電池世界一位だった。また2000年頃は一人あたりGDP世界2位までいった。

https://finance-gfp.com/?p=4592

これはケインズ主義の功績。1990年までの科学研究投資の結果。

基礎研究や萌芽研究周りは確実に政府が金を出さないとならないやらないとならない。他にも起きるのは稀だが影響が大きな要素もこれも政府が金をだす必要がある。防災インフラ医療文化保護

その上で、供給由来インフレが起きる要素を予め平時に金をかけて潰しておくということだ。一つは産業振興でもあるが、そのもととなるのは基礎研究投資、萌芽研究投資

あとさ、基礎研究周りの選択と集中こそまさに『計画経済』以外の何物でもないじゃないの。大失敗しているけど。

2021-01-01

anond:20210101105035

特許持っている間に膨大な投資をしておいて、特許が切れてもよそが参入し得ないようにするのが王道やで。

蓄電池太陽電池はそれをしないまま特許を切らして、それでも発展可能性があるから中国韓国ドイツ勢がこぞって投資して奪い合い。一時トップを取ったが潰れた会社も何社かあるが、そのような蠱毒の戦いのはてに、日本勢は残らなかった。

まあ、トップを取ったが潰れた会社の一つはシャープだけどね、あれは太陽電池子会社して、連結外れるの覚悟で増資でやるべきだった。

anond:20210101104247

安い家電はもう特許切れしてる技術を使ってるだけ。ライセンス料を払ってなんかしてない。そもそもライセンスを出してくれない。発明から20年以上立ってるものだけに限定される。

だいたい、安い家電と行ってもハイテクが絡むのは莫大な投資必要から、今の日本には無理。太陽電池蓄電池をみても、中国勢に蹂躙されている。

2020-12-28

anond:20201228183925

それも一つだけど、幅広く数多くの事業の種の研究に金を出すこと。

太陽電池蓄電池も昔は日本世界一強かったし、特許が切れるまでに本格導入していれば日本産業だったが、もう完全に中国産業からな。

企業リスクを取れる前の研究に金をかけれるのは政府だけ。

しろ設備研究投資に紐付いていない金融投資とか、平均消費性向以下の富裕層とか、資金余剰局面企業バカバカフリーハンドで減税して貯め込ませたからの不景気

使ったら減税、貯め込んだら増税じゃないとならない。

2020-12-19

anond:20201219175011

2010年までは日本太陽電池世界一位だった、、、、、、(なお現在

所詮特許切れたら、参入は自由じゃけん。(太陽電池の性能向上の研究1980年代が多い)

anond:20201219170149

1990年までの研究投資の積み重ねでしょ。

バブル崩壊したが、金の動きを整えて経済を復活させていたら、設備研究投資を積み重ねていたからたぶん今も半導体は強かったとは思う。

バブル崩壊したあと、金の動き無視して、貸し剥がししまくって、金をためこむ富裕層や、金をためこむスタンスに転じた企業バカバカ減税したうえに、

会社を潰しまくって痛みに耐えれば日本は復活するとなったが、ただ痛いどころか衰退する一方だった。その象徴半導体太陽電池でしょう。

特に大規模経済危機のあとの新自由主義的な改革不景気を温存して設備研究投資をさせず日本を衰退させる猛烈逆噴射ロケットだったってことでしょう。

anond:20201218155638

共産主義マルクス主義一択だが、資本主義は、新自由主義ケインズ主義があるから資本主義という呼び名では何を指すのかが明瞭としない。

新自由主義は、政府が何もしないのが望ましい。税制フラット。すぐに売上が出て効果がわかるもの以外は金を出してはならない。

ケインズ主義は、政府金融財政税制で国全体の金の動きを整える。金持ちは金を貯め込むから累進課税もある。ついでに効果があるかが断定しづらいインフラ防災科学医療福祉についても先に金を出して対処する。

1930年までは自由主義。そして大恐慌対処できなかったから、世界ケインズ主義マルクス主義に別れて自由主義は放逐された。

マルクス主義が失敗だったのはもちろんだが、

1970年代石油生産国での戦争や、先進国でも経常赤字で詰まった国があるからケインズ主義批判された。しかしその後は、1990年バブル崩壊が起きたあと、新自由主義だったが故の失われた30年。

ついでに、石油産出国の戦争もその後日本科学研究を重ねて。太陽電池蓄電池研究を重ねて昔は世界一位だったし、経常赤字は出してなかったから、日本におけるケインズ主義は失敗じゃなかった。

新自由主義に転じて衰退の一途だが。

から資本主義にすればいい」というのは今では意味がなさない。

ケインズ主義政府の非効率を生むから逐次修正するひつようがある。具体的には政府の非効率対処しつつ、効果があるか断定しづらいが必要な要素にどう金を出していくか。

2020-11-25

anond:20201125085746

1990年までは日本は成長してたよ。そして、そもそもケインズ主義から新自由主義への転換は1980年代頃になる。

ケインズ主義がなぜ批判されたのかというと、1970年代石油供給国での戦争と、一部の国で経常赤字化による供給起因のインフレが起きていたから。

ただ、石油供給国での戦争を踏まえて、太陽電池蓄電池研究開発を一気に進めて、2010年頃までは日本太陽電池トップだったし、蓄電池ももうそろそろ負けそうだがトップだった。

そもそも日本貿易黒字しまくりで批判される有様。つまり日本においてはケインズ主義大成功で、更にケインズ主義欠点も克服していた。

しかし、バブル崩壊のような大規模経済危機を迎えると企業は保身にはいり金を貯め込み、設備研究投資をしなくなる。そこで貸し剥がしや、緊縮財政狙い、選択と集中、金を貯め込む場所フリーハンドの減税、消費税増税など、

新自由主義に転換したからこそ衰退したんだよ。

大学の基礎萌芽研究と、企業設備研究投資という形で、金と時間をかけて地道にやらねばそりゃ新しいものを作れない。

それなのにイノベーションがー起業がーみたいにアホをおだてて思いつかせればすぐに儲かるねたがあるみたいなな空虚なことばかり叫んでるのはそうだね。

昔のやり方に戻せばいいのさ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん