「大腸内視鏡」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 大腸内視鏡とは

2018-09-15

anond:20160717221933

検査食はオプションじゃね?

わたし大腸内視鏡でいやだったのは汁が肛門からつねに垂れ流し状態になってたこと。

その後もシャワー浴びれないしトイレでおしり拭って綺麗にするしかなかった。

2018-08-10

大腸カプセルってもうやってるんだな

この間皮膚科に行ったら、書いてあった。

大腸内視鏡の最新はカプセルです!うちもやってます!みたいなの。

その皮膚科は、内科とか内視鏡とかすべて賄ってるところだった。よくわからないけど。

anond:20180810113354

赤くなったくらいだな

てっきり肛門のあたりが切れてるのかと思ったけど軽く調べて見たら大腸の中が傷ついてる可能性があるのか

便は昔と変わらない色で健康そう

大腸内視鏡とかケツから入れるからかなり抵抗あるけど問診だけでも受けに行ったほうがいいか

出た瞬間は見た目の衝撃でかなり焦ったけど色々聞いたら調べたら落ち着いて来たありがとう

2018-02-22

斜め前の親父が煩くて苛つく

病院に行く無料送迎バス

煩いオヤジと、中年女性。妻のようではない。

べらべら女性にしゃべってる。スナックかよ。

全然健康そうじゃねえか。

こちとら、大腸内視鏡の下剤飲んで、

今すぐにも出そうなんだよ。

しかも三日間おかゆだけだぞ。

降りてみたら、ホントクズっぽい出で立ちだった。

病院に入って受付を済ませ、血圧を測ろうと機械の前に行くとあのオヤジ

しかも何回も血圧測ってる。

そして私のばんになって、血圧を測って数分後、別の場所にある血圧機で測定してる!!!

あー、無料バスでおしゃべりして、血圧タダで測って、生活してるのか、、、。

平日朝イチの病院は、いろんな人がいる。

社会保障破綻したらどうなるんだろうな。

大腸洗浄液、何気に美味しいじゃねえか。

あと一人検査の人いるっぽいけど、こいつだったら笑える。

2018-01-30

大腸CT撮ってきた

はじめて便潜血検査でひっかかって再検査受けてきた。

いきなり大腸内視鏡が怖かったのと痔主なので大腸CTにしたよ、大腸内にガスを入れてCT撮影するだけなので肛門への負担が少ないやつ。

受付から検査終了まで1時間半でスムーズだったんだけと、終わったあとに調子にのってもりもり食べたら、お腹の中に思ったよりもガスがのこってたみたいで…

肛門「何者だ!」

ウンコ「オナラです」

肛門「よし通れ!」』

コピペ実施してしまった…

2017-12-31

今年の恥ずかしい思い出

大腸内視鏡検査の結果を若いイケメン先生説明してもらったこ

結果、なんでもなかったけど

自分肛門の拡大写真とか、しかも痔とか

恥ずかしくて死ねレベルだったわ

こういう検査説明は同性もしくはご年配のお爺ちゃん先生にしてもらいたい

若いイケメンがやらないでほしいです

2016-07-17

大腸内視鏡検査日記う○こを漏らす君に伝えたい事

先日、大腸内視鏡検査を受けて来た。


事の発端は、昨年末から原因不明下痢軟便が続き、街の消化器化にいったら「胃潰瘍ね〜」と言われたものの「いや胃は分かったんですけど、下痢軟便といったら腸では?」と思ったが、先生あんコミニュケーション取ってくれないタイプで、じゃあいいや、ってんで自分内視鏡検査を予約。

しか分からんもので、思い切って予約を取ってほどなく、半年ほど続いたお腹の不調がボタンを押したかのように収まってしまい、腸なのに肩すかしですか、と思ったもの「まあ原因がはっきりしなかったのは確かなんで、一応見とくか」という事になった次第。


ストレス社会で日々う○こを漏らしている増田はてなー諸君である

「ひょっとしてなにかマズい事が我が腸に起きてるやも」と思うかもしれないので、そんなときに腸をチェックできる内視鏡検査とはどのような物であるか、自分体験を書きたいと思う。


大腸内視鏡検査はそれを得意とする病院が点在している。

これらから良さげな病院を予約して、事前診察に赴く事になる。

ここでは特筆すべき事はなく、お腹調子とか、便に血が混ざってたとかそういう事をきかれたのち、検査日を予約して、診察終了となる。

検査日は2ヶ月後なのであった。

自分場合お腹問題は去っており、さらに2ヶ月後であるが、決めちまったものは仕方ないんである


さてこの際、検査前日に取る食事を渡される。

検査には前日から準備が必要なのだ

この検査であるが、キ○ーピー謹製レトルト食品「ジャ○フ」である

キ○ーピーってマヨネーズドレッシングばっかり作ってる訳じゃないんすね。


時は流れて検査前日になり、この検査食で1日過ごさねばならないのであるが、これがおかゆみたいな、よく言えば優しい、有り体に言ってしまえば味も歯触りも薄い食事で、なんか食べてるとちょっとテンションが下がってくる。

こういう食事に「わー、宇宙食みたいだー」とワクワク感を発見できる人は素敵だと思います


この検査食の目的は腸を綺麗にする事なので、3食(+間食つき)食べ終えたら、下剤を飲んで就寝となる。

この下剤は別に変な味はしないので安心してほしい。

変な味がするものは、後できっちり飲む事になる。


検査当日である

ここで、本来ならば下剤の効果により1次う○こが出ていることが望ましいのだが、お腹というのは意外という事をきいてくれないモノで、自分は結局1次はパスして病院に向かった。


診察から時は流れて、久々にくる病院も「あー、今日ここでカメラをケツに突っ込まれるんだなー」と思って見上げると、なにか狂気化学実験場のように見えてくる。


さて、下剤をのんで1次う○こがでなかった場合はどうするのか。

座薬で出すんである

子供とき以来久々に見る白いロケット状の錠剤は、メンタルにボディーブローを食らわしてくる。

よくよく考えると、自分でこれを入れた事はないだが、トイレで中腰になりながら「おっおっ」とポジションを探りながら四苦八苦するのと、いい歳こいて看護師さんに「すんませんケツ突き出すんで突っ込んでもらっていいですか」と言うの、どちらが良いんだろうか、と迷った挙げ句自分で入れる事にした。


しかし、やっぱりどれくらい突っ込んだものかわからない。

ちょっと油断して浅く突っ込むとすぐに「ただいまー」と戻ってきそうになる。

しかも俺、自分アナルに初めて指突っ込んだよ、何だこの感触かいろいろ邪念が沸いてきてどうにも往生したが、どうにかベストポジションを得たようで、しばらくして、晴れて腸に待機していた使途が便器ファーストインパクトを起こすことに成功した。


これでカメラを突っ込めるのか。

それで済むならこんなに楽な事はない。

大腸内視鏡検査というのは、この後、半日がかりで腸のコンディションを整えてからではないと出来ないのである


待合室のような所に通されて、そこで待っていたのは2lの整腸剤。

これを1時間ほどかけて飲んで、あとはひたすらトイレに行きまくって腸を空にするのであるが、この整腸剤が、海水を水で割って人工甘味料を混ぜたような変な味なのだ

一口のんでも微妙なのに、これを飲みまくらないといけないとなると「早く終わってくれねーかな」という気分になってくる。


そうこうしてるうちに、いよいよ我が腸も便意を訴えてきて、トイレへのう○こピストン輸送が始まった。

はじめはまだ固形をたもっていたそれも、回数をこなすうち、どんどん水状になってくる。

普段肛門から液状のものがでるのは不快で仕方ないものだが、5回も6回も繰り返しているうち、「え、肛門からはシャーって出るのが普通じゃないっすか?」という気持ちになるから不思議である

それより参るのが、こんなに肛門酷使すると、尻が痛くてたまんない。

これについては「初回から紙をつかって拭く戦術」が失敗であったと気づきウォシュレットをつかおうとしたのだが、時既に遅く、破損した門への水流は、強烈なアラームをわが痛覚に送りつけてきたのであった。

諸君に助言するなら、初回からウォシュレットを最大活用すべきだ。このテクノロジーの使いどころはここである


さて、腸がきれいになったかどうかは「目視」で、何を誰が目視するのかというと、「トイレの結果を看護師さんが目視する」のである

この微妙羞恥プレイも来るものがあるが、自分にとって朗報であったのは、始めは事務的で怖い感じの看護師さんに「どうですか僕のう○こ」とやっていて「まだですね、整腸剤追加です」とバッサリ切られていたのであるが、あまりに繰り返していたので、人当たりのよい看護師さんに交代になり、「うーん、もう一回いきましょうか☆」という声で幾分心が軽くなった事である

屈辱概念が塗り替えられる1日にあって、優しい言葉笑顔重要だと感じたのだった。


さて検査準備も後半に差し掛かり、いよいよ検査着に着替えると、パンツのケツに穴があいている。

こんなセクシーパンツを履く事になるとは人生というのは分からないものだ。

ここまでくると、あきらめの境地に達してくるものの、肝心の内視鏡は鎮静剤を射たれるので、ほぼ眠ったような状態で受けるに違いなく、「はじまりゃあっという間」というのが一つの心の救いはである

しかしまだあった。

点滴だ。

こんなにう○こしてると脱水症状を起こすので、点滴で水分補給をするのだ。

これで便意がきたら最悪だ。

このガラガラを引きずって、腕からのびるチューブに気を使いながら、検査からケツを放り出すことになる。

まり良くない事ではあるのだろうが、なんとか便意を我慢したのであった。


長い一日だった、いよいよ内視鏡検査の番が来た。

本郷猛仮面ライダーに改造されるような部屋に緊張が走るが、それも一瞬だ、鎮静剤で安らかに眠れば目が覚めた頃には改造は終わってる、違った、検査は終わっているのだ。


しかしここで意外な事実が判明する。

点滴の管を利用して鎮静剤が身体流入してきても、一向に眠くならないのだ。

助手メガネ君は「はい、脚をくの字に曲げて右向いてくださーい。もうちょっと『くっ』とまげてくださーい」と指示してくる。

そう、鎮静剤は意識が無くならない程度の用量で射たれるのだ。


こうなっちまうと、ケツへの意識はビンビンに残っているのであり、別のところがビンビンになりゃしないかと変な心配が頭をもたげてくるのであるが、幸いなのかなんなのか、肛門性感に目覚めるには自分はまだ青かったらしく、「うーん、女の子ってこんな感じなのかなー、変な感触だけど別に気持ちよくはねーなー。そういや結構演技するって言うよなー」などと言う事を考えたりしたのだった。

あと、なぜか目をつぶっちまった訳だが、世の女の子が事に及んで目をつぶりがちである事とは別の状態であるように思う。

検査の為にお腹なかにガスを入れられたときに「おっおっ」といってしまったのも、エロマンガ美少女が忘我の境地に達している時の嬌声とは違うものに違いない。


ややあって先生の「特になにもないですねー」という気の抜けたような声が聞こえる。

そうだ、俺、大腸に異常がないか見にきたんだった。

よかった、半年前のう○こ異常は胃潰瘍、せいぜいが神経性の過敏性腸症候群ファイナルアンサーだ。

ここで眠れれば楽だろうが、そんな量の鎮静剤は射たれてないので、「そうすか、良かったです」とこれまた気の抜けたような返事を返してベットを降りたのだった。


これが自分体験した大腸内視鏡検査の全てである

結論から言えば、腸に大した異常はなかった。

検査をする時期には半ば意義が怪しくなっていたが、心配の種の一つが否定されたのは心が軽くなったのであった。


増田諸君はてなーたちよ、君がもしもし思い立って、大腸内視鏡検査を受けようとおもったなら、この記が参考になれば幸いである。

2015-09-07

はぢめての肛門科

大の方をする時に何かぷっくりしたものが覗く感覚と、時々切れて出血することがあったので勇気を出してこの前痔専門の病院に行ってきた。

さっくり述べると全然痛くなかった。

ズボンと下着を下ろして、横向けになって、医者がローションとクスコ?をちょっとぐにぐにっとやって3分ほどで終了。

違和感こそあるものの、すごいどろどろしてそうなローションを塗りたくられてるせいなのか、全然痛くはなかった。

痔があまり酷い状態じゃなかったのもあると思うけど。

痔専門の病院なんだけど、かなりでかくて入院患者とかも受け入れている感じの病院

ソファはところどころ痔用と思われるクッションが置いてある。

ここにいる人全員が痔で悩んでる人なんだな…と思うとなぜか笑えてすらくる。

という訳で、痔で悩んでる人は早めに病院に行くことおすすめしておく。

ほんとに全然痛くもないしささっと終わるので恥ずかしくもない。

虫歯と一緒で早めの治療がかんぢん。終わり。

追記:

自分の結果は軽いイボ痔だった。

1日使いきり型の軟膏と便を柔らかくする・大腸の働きをよくするための薬が2週間分で1000円くらい。

病院の方は胃と大腸内視鏡検査血液検査を含むために、ちょっと診療だけの料金が分からないけど4000円ほど。3割負担

多分血液検査がでかいと思うので内視鏡検査とかしないのならもう少し安く済むと思う。

2015-06-07

この前ここで肛門科行くって言ってたけど、月曜行ってきたよ。

行ってみたらとりあえず直腸癌ではなかったよ。

いぼ痔と切れ痔。

で、大腸内視鏡やりましょうって話にはとくにならなかった。

便が細いとは言ったんだけど、まあ若い大丈夫だろみたいな判断だろうけどさ。

というか痔の症状もわりと軽いらしく、「来なくて大丈夫だよ」とか言われた。

ものすごい痛かったんだけど、これで軽傷なのか……

薬つけて痔の症状が緩和してきて(やっぱり市販のより効く気がする)、今日うんこしたら、ものすごいぶっといのが出た。

やっぱり痔の痛みで反射的にきゅうっと締めることによって細くなっちゃってたのかな。

すごいぶっといの出てきもちよかった。

うんこっていいなと思った。

とりあえず大腸内視鏡は35歳をめどに一度してみようとは思うけど。緊急性はなさそうだ。

2015-05-25

うんこが細くて大腸癌心配

ずっと痔があって、太くて長いの出すと痛いから意識的に細くなるようにして、あるいは少しずつ出してた。

気づいたら太いの出そうと思っても出せなくなってた。

太さは手の親指よりやや太いくらいの感じ。2cm強。かなり柔らかい

ネットで見ると正常なうんこの太さは2-3cmだとか書いてある。あるいは親指の太さだと書いてる人もいる。

ああそうか、じゃあ普通かなあと思っていたら、一方、うんこが親指くらいになってしまって細いから心配だって書いてる人もいる。

4cmの太さのうんこが出るって書いてる人もいる。

うんこは柔らかいと細くなり、硬いと太くなるらしい。

ぼくのは柔らかいから親指くらいなのかな。

大腸癌だった人のコメントを見たら鉛筆くらいの細さになってしまったってある。さすがにそんなに細くはないけど…

とにかく心配だし、痔も悪化してきたから(毎回排便時激痛で出血する。ウォシュレット叫びそうになる)、来週月曜肛門科に行こう。今日行こうと思ってたけど、他の病院行ってて。

やっぱり大腸内視鏡もやったほうがいいのかな。

まだ30だし、癌だったら進行はやいしさくっと死ぬんだろうなあ…

不安でたまらない。

2014-06-08

大腸内視鏡検査

初めて受けてみたんだけど、あそこに棒状のものを出し入れされるとちょっと気持ちよかった。

はまるひとはきっとはまるよね

2012-10-20

http://anond.hatelabo.jp/20121020115830

コストの問題もあるけど、あらゆる検査にはリスクがある。

レントゲンCT放射線リスクがあるし

大腸内視鏡や胃内視鏡検査では10万件に1件くらいの確率死亡事故が起こるし、死亡に至らない事故はその10倍以上。

単なる採血でも後遺症の残る事故が起こり得るし、極稀に死亡事故すら起こる。

そういった直接的なリスク以外にも、ほうっておいても問題ない病変を見つけてしまうことにより

過剰な治療が行われてかえって健康を害したり、心理的ストレスになったりという問題もある。

そういったリスクベネフィットが上回るかどうかってのが検査をやる際に重要になる。

特定の条件の人にだけ検査が義務付けられてたり、ある年齢以上の人に検査が推奨されてたりするのは

そういう条件下ならベネフィットリスクを上回るだろうっていう研究が元になってる。

検査はやればやるほどいいなんてもんじゃないんだよ。

ちなみに毎年の健康診断の胸部レントゲンだって疑問視する声もある。

2012-01-20

アトラクション

洞窟壁画は毛細血管が織り成すアートです。神秘的ですね」

左手に見えるのが虫垂、いわゆる盲腸です。小腸の入り口も見えてきましたよ」

「このツアーでは行けませんが、少しだけ覗いてみましょうか」

「ほら景色が変わりましたね。小腸には絨毛というヒダが生えているんです」

昨今の大腸内視鏡検査は痛くも痒くもない上、退屈させぬよういろいろ工夫しているようだった。

医療現場TDLなどを参考にしているのだろう。

なお、このツアーでは30人に一人ぐらいの割合でお宝を発見できるらしい。

幸か不幸か私のときは何も見つからなかったが、あまりスリリングなお宝は勘弁してほしい。

2008-06-30

大腸内視鏡検査を受けてきた

なんとも形容しがたい感覚。かなり不快

AV女優さんは重労働だなどと思った。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん