「表題」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 表題とは

2017-05-24

コンビニレジで喋りたくない問題

まあコンビニに限らないんだが、普段買い物するのがほぼコンビニだけなので。

表題通り、俺は出来る限りレジで喋りたくない。

いつも「iDで」と、この魔法一言だけでレジを乗り切ってきた。

袋は?とかレシートは?みたいな質問には首振りで返事し、颯爽とコンビニを後にしてきた。今まで何百回、何千回も……

今日もいつものようにコンビニに行き、いつものように「iDで」と言い、それで終わるはずだった。だが店員は驚きの一言を発した

Edyですか?」

俺は虚を突かれ、とっさに「いや、iDです」と喋ってしまった。

そうきたかー。何だかからないが負けた気がした。

2017-05-23

日本人の半分は実物のパンダを見る必要はないと思っている

現役東大生の正答率メソッドに当てはめると表題のとおりとなる

 

 

現役東大生の正答率1% = 現役東大生が覚える必要の無い知識としている比率 99%

http://anond.hatelabo.jp/20170523191631

2017-05-16

スカッとする系の話が嫌い

インターネットサイト携帯電話あたりでみるわけだ

広告避けとかうまくできないから本文の前に別サイト表題とか出てくるわけだ

「~した結果wwwww」とか、「【悲報】なんたら」まあそれらもそれらなりに残念な気持ちになるわけだが

今回述べたいのはスカッと系だ

あれが見ててイラっとするのはフィクションから

本文に飛べば事実風に書かれた外道相手がやり込められるお話を見ることができるだろう

だがきっと書いている本人は外道相手がいても叩き潰すことができない

電車で暴れる人間クレーマーアル中嫌がらせをする親戚、知人、浮気な輩

叩き潰せない

叩き潰したいのに叩き潰せない

お話を作るのなら最初からフィクションで作れ事実風に語るな

2017-05-13

嫁に友達がいない

先月入籍した。

俺29,彼女30。

絶賛式場巡りをしてるんだけど、式は親族だけで、友人知人は2次回的なものでワイワイやろうと予定してた。

話してて分かったのが、彼女友達が少ないこと。表題には「いない」て書いたけど、いんだよ細けぇこたァ!

小中の友人は疎遠、高校大学は各1人ずつしかおらず、呼んでも知らない人ばかりでは肩身狭いだろう…と。

対して俺は、高校大学、その他友人合わせてざっと30人くらい呼びたい人がいる。

元々出会い系で知り合った子なので、共通の友人はいない。

結婚パーティはやりたいが、彼女側のゲストゼロというのは想定してなかったので、どうしようかかなり悩んでいる最中です。

とりあえず吐き出したかっただけ。うーーん、どうしよ。

2017-05-12

ちゃんとしている人は言われなくてもちゃんとしているしちゃんとしない人は注意されても聞いてないか

http://lineblog.me/harukazechan/archives/372426.html

はるかぜちゃんさんのブログだけど、いいこと書いてある

趣旨表題で要約されているのもすばらしい

観劇映画館マナー告知についてが主ではあるものの、いろんな場面でも同様だと思う

"【世の男性へ】一人の女性を愛して守れないなら結婚しないでほしい"増田もまた同じ

口うるさく言ったところでちゃんとしてる人はちゃんとしてるし、ちゃんとしてない人はちゃんとしない

しろ本来ちゃんとしている人を委縮させたり遠ざけたりすることだってあるかもしれない

言葉で伝えて伝わる相手にはその通り伝えればいいけど

言葉で伝えようとしても伝わらない相手には別の伝達手段検討することも必要かもしれない

サクッと読めて面白い本を教えてくれないか

20世紀に出た面白い本学生時代にザーッと読んできた。エンタメ学術書も好きだった。でも21世紀からこっち書店にも図書館にも足が伸びなくなった。自覚はないけれどやはり好奇心が落ちたのだろう。一旦読まなくなると情報が入らなくなり読書動機もどんどん無くなっていく。読まなくたって仕事には何の支障もないしね、なんて思ってたら負のスパイラルまっしぐら

これではいけない、俺は本好きだったはずだろう、そう思いながらもう17年。よしと一念発起、しかし久々に手にとる分厚い本に挫折挫折につぐ挫折。すぐに寝ちゃう。読む体力の無さに愕然とする。こんなはずではと思うもこれが現実。こんなとき若いころなら手当たり次第にオモシロそうな本を読みあさったのだろうけど、もう本当にそんな気力はない。ないの。

なので表題が「サクッと読めて面白い本を教えてくれないか」となるわけだね。できれば最近に出た本がいい。もう一度読書を始めたいオッサン情報をよろしくおねがいします。

2017-05-10

ピースワンコジャパンに関する記事について

広島県の『殺処分対象ゼロ』を達成したというNPO法人

ふるさと納税での支援可能となっている。

この団体について、新潮が以下のような記事掲載した。

『「志村どうぶつ園」で紹介、「セカオワ」「マエケン」も支援 “殺処分ゼロ”でふるさと納税8億円を集めるNPOの嘘』

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170509-00521135-shincho-soci

概要はこうだ。

ふるさと納税での寄付対象にもなり、多額の寄付を集めるピースワンコジャパン

ホームページには現在殺処分ゼロ継続とあるが、広島県動物愛護センターデータには2016年4月以降52頭の犬が殺処分されたと記載

また多くの団体で行われている避妊去勢手術が徹底されていない。

今年三月動物愛護団体からピースワンコジャパン質問状が出された。

(以降の詳細は週刊新潮本誌で報じるとしている)

この記事を見て、動物愛護団体寄付した経験のある自分自身ピースワンコジャパンについて調べてみた。

そこで改めて上記の記事と照らし合わせ、思ったことを記していく。

1 殺処分数について

ここはピースワンコジャパンサイトにも説明不足の節があり、新潮側の書き方にも意地悪なところがあるように感じた。

まずピースワンコジャパンサイト上(http://peace-wanko.jp/activity.html)には「『殺処分対象犬』の全頭引き取りを開始」とある

よく知られているように、動物愛護センターに持ち込まれた犬は飼い主が名乗り出ない場合基本的一定期間後に殺処分される仕組みだ。

しか動物愛護センターには、車に轢かれたりして怪我を負った動物も運び込まれる。

中には瀕死状態回復が見込めないものもおり、それらを獣医師判断安楽死させる事例もある。

まりピースワンコジャパンでの引き取りが見込める殺処分対象犬となる前に亡くなってしまう犬も発生するのである

そのため広島県動物愛護センターデータと、ピースワンコジャパンの発表する殺処分ゼロという表現との間にずれが生じた可能性が考えられる。

この点ついては広島県動物愛護センターデータを見て「ゼロだったのでは?」と疑問を持つ人がいてもおかしくないので、ピースワンコジャパン側も『殺処分対象ゼロ』について注釈をつけて説明してもいいのではないかと思う部分である

(この点については新潮記事を受けてのお知らせ(http://peace-wanko.jp/news/252)に詳しく説明が加えられているので、この部分をサイト上(http://peace-wanko.jp/activity.html)に書き加えると誤解を生むことも少ないように思う。)

また、そのような事情もありながら単なる数字だけを比較し、記事表題「嘘」とした新潮側の表現にも疑問を持つ。

2 保護犬への避妊去勢手術について

犬の保護を行なっている動物愛護団体では、保護犬には避妊去勢を施すのが一般的である

これ以上の繁殖を抑えるのはもちろん、避妊去勢手術を行うことで予防できる病気もあり、発情によるストレスを減らすことにも繋がる。

この避妊去勢手術について、ピースワンコジャパンは以下のような方針を示している。

『 犬については、不妊去勢によるメリットデメリット生物学的、医学観点から総合的に検討した上で、シェルター運営においてはコントロールによって繁殖制限することを優先しつつ、年齢や病気の有無、性格などを考慮し、個体ごとに不妊去勢すべきである判断した場合には行うこととしています。』

私たち施設では、シーズン中の雌犬を隔離することで繁殖制限を行っています譲渡後に関しては、里親希望者様がきちんと繁殖制限管理ができる状況かを個別確認家庭訪問を含む)し、繁殖制限必要性を丁寧に説明した上で保護犬譲渡することとしており、その後の不妊去勢実施については里親様の意思尊重しています。』

http://peace-wanko.jp/action_policy.html より引用

まず年齢や病気など、個々の状況によっては避妊去勢手術が困難な犬もいるということである

続いて、譲渡後の犬に避妊去勢手術をするかどうかについては里親意思尊重するという点。この点が少し引っかかった。

里親審査した上のこととはあるが、譲渡後の里親が大量に繁殖させるリスクについてはどう考えるのだろうか。

また、里親が犬の発情ストレスにどう対処し付き合っていくかという問題もある。

更には万が一犬が脱走した時に妊娠する/させるリスクを考えると、避妊去勢手術意思里親に委ねるのはいささかリスクが大きすぎるのではないだろうか。

ただ保護犬避妊去勢手術を行うか否かについては動物愛護団体側に義務があるわけではないため、あくまピースワンコジャパン寄付をしようとする人がこの方針を見てどう感じるかであるしか動物愛護団体寄付をしている人が方針を読むと、殺処分ゼロを唱えているにも関わらず手術を徹底しないことに疑問を抱きやすいわけであるが。

上記はあくまYahoo!ニュース掲載された記事を読んでのものなので、今後週刊新潮での記事を読んだ際には追記したいと思う。

2017-05-08

ボーカルさえいれば他のメンバー代替可能

表題最近増田界隈で投下される主だった内容。

効率性最大重視で周囲に条件を飲ませながらも、感情面は足の裏で踏み潰すというもの

「間違ってないでしょ。いやひどくはあるけどねえ。間違ってないから条件を飲まなきゃさあ」

他のはてな界隈はどうなんだろう。他のサービスから足を洗ったので見ていない。

2017-05-05

自動車運転免許不適格者居住制限区域

建物に車が突っ込む事件が起こるたびに「そうはいっても車が無いとどこへも行かれない」という意見を見かける気がするので、表題みたいな区域を設定できないかとこのところずっと思ってる。


問題は、利便性定量評価日本全土を10m四方メッシュで100段階評価とかでやれば分かりやすいんだろうけど、どうやるかね。

2017-04-27

7つ目のボムスター仏教的な悟りなのではないだろうか

7つ目のボムスター存在するけど存在しない。

まさに色即是空精神です。

このエントリボンバーマンジェッターズネタバレを含みます。まだ見ていない人は今すぐ見てきてください。その後この増田を読むかどうかは関係なく今すぐ見てください。

さて、7つ目のボムスターをシロボンが与えられたとき緑色の光を発しましたが、アレと同じ色の光が作中で出てきたことがあります

それはマイティ最後の戦いに向かったときです。


決死覚悟を決めボンバーマンとしての使命を貫く瞬間、マイティが投げたボムの色がまさにあの緑色なんです。

そのボムの名は「サニティボム」、サニティ、つまり正気という意味

相手基地と共に自爆しておいて正気とはこれ如何に。

ですが、ゼロに残されたマイティの姿はまさに正気のものだっのです。

人々の期待に応えるために自分を見失っていたマイティではなく、自分の大切な人を守りたいという思いに燃える、優しく気高いかつてのマイティだったのです。


ボンバーマンボムスターを集めていくなかで、ボムスターを集めたことによる慢心、そして真のボンバーマンという栄光への思いに取り憑かれていきます

シロボンも何度となくボムスターを手に入れる事を焦り、ボムスターを手に入れたことに驕っていました。

これは私の勝手妄想ですが、7つ目のボムスターはその真逆の方向にあるのではないでしょうか。

手に入れてきた物に囚われず、栄光に目をくらませず、純粋自己実現を求めていた頃の思いこそ、7つ目のボムスターなのではないでしょうか。


シロボンが7つ目のボムスターを手に入れたとき、その気持ち純粋に今目の前にある世界危機を見つめていましめ。

人を助けたい気持ち、人々を守るボンバーマンのあるべき姿でありたい気持ちが極限まで高まっていました。

そこに最後ピースとして、マイティが与えたモノが、マイティの弟であり、マイティが信頼するシロボンであることの再認識、つまり自分ならば出来るという自信です。

人というものは自信がないと、様々な理論武装を固めてしまい、心が硬直してしまます

かつてマイティが己を見失ったのも、自分が心のボンバーマンに相応しいかどうかという事に迷い、自信を失ったからです。

そのマイティを救ったのは、シロボン純粋な憧れの目、自分への絶対の信頼でした。

そして、物語の終わりで、マイティがシロボンに送ったものも、シロボン純粋さひたむきさへの純粋な信頼なのです。

自分を真っ直ぐに信じることからまれる、ある種の悟りのような状態こそが、7つ目のボムスターなのです。

さて話は表題へと移ります。この世界には悟り悟りに対する無知すらもないと語る教えこそが般若心経です。

そのマントラに「ぎゃーてーぎゃーてはらぎゃーてーはらそーぎゃーてーほーじーそわか」というものがあります

これは「行きなさい行きなさい彼岸に行きなさい、彼岸に行くものよ幸あれ」という意味だそうです。

これの意味を詳しく語ることは私には恐れ多くて出来ません。

それはさておき、この言葉が7つ目のボムスターと近しいものように私は感じるのです。

7つ目のボムスターを手に入れよう手に入れよう、手に入れた者こそが真のボンバーマンなり幸あれ、どうでしょうか?

7つ目のボムスターを手に入れたボンバーマンこそが、真のボンバーマンです。

しかし、真のボンバーマンに執着していては7つ目のボムスターは手に入らないのです。

ですがそれは悲しいこととして描かれていません。

真のボンバーマンであるということは、そこがゴールであることを意味します。

まり自己実現に果てが生まれしまうということです。

今より自分を高めたいと願い純粋に日々を励む人生にこそ、曇りのない幸福があるのでは無いでしょうか。

今よりよい明日を信じて祈るように、ボンバーマンは日々7つ目のボムスターを探すのです。

そして、その境地に達した者が、ただ純粋ボンバーマンの使命感に燃え自分限界を引き出そうとするとき、真のボンバーマンとなるのではないでしょうか。

そして、その者が真のボンバーマンであるがゆえに、日々をよりよく生きようとする願いに応え、7つ目のボムスターは再び姿を消すのではないでしょうか。

ふと夜中に寂しくなり、唐突子供向けアニメ考察をしてしまいました。

どうもお目汚し失礼いたしました。

2017-04-24

マストドンにはまりすぎて増田に戻ってこられない

表題のとおりです

2017-04-20

尻に火がつかないと作業が手につかないのをなんとかしたい。

表題のとおりです。

いくら集中しようとしても、よっぽどその作業が切羽詰っていない限りさっぱりはかどらない。

そして毎回、期日直前に二徹、三徹してなんとか終わらすのだ。

この方式ものすごい非効率だし健康にも悪いとわかっているのだけど、そう自分いくら言い聞かせても、余裕のある時期は作業をまともに行えない。

たとえば、ADHDの人が「調子いいと凡人の2,3倍の効率作業を進められるけれど、調子悪い日は作業が手につかない」なんてことをよく言うけれど。これはちょっと違うんじゃないかなあと思っている。

まり、ムラっ気の存在により本来の実力を活かすことができず、本来立てるステージよりも数段下に甘んじるを得ず、結果的に「俺は本気出せば凡人の2,3倍の力を出せるのだ」なんて思い込んでしまうのではないか

尻に火がつけばとりあえず作業を行うことができるので、私の場合ADHDとは違うんじゃないかなあと思っているんだけど、しかしそうするとこの性質には一生付き合っていくしかないのか・・・

2017-04-16

夏目友人帳

漫画版妖怪が見える主人公理解し得ぬ妖怪との交流を通じて、次第に妖怪との意思疎通がなされてゆくという内容。

ハートフル版『蟲師』という体裁で、先日読んだ『ライラと死にたがりの獣』、『魔法使いの嫁』系の要素もある。

実はこの系は案外と最近トレンドではないかと思っている。分厚い壁のあるお隣さんとなんとか意思疎通してゆこうする構図。

言うまでもなく某フレンズもこうした腫れ物に触るような友情が何処かに隠れいていたし、

前述作群は基本的に異人とどう付き合うかという隠れ表題存在する。

世界の掟、決して交わることはないが人間がそこに合わせることで成立した『蟲師』、

インフラ及び社会構成員として馴染む『ライラと死にたがりの獣』、異世界ルールの中で人としてどう交流するか、

立場にウェイトが置かれた『魔法使いの嫁』。当然これらの原典には水木しげるなどが見え隠れする。

広く取れば『東京喰種』なども入ってくるかもしれないが、それらは擬人化妖怪化された山窩などの伝説よりも、

現代差別社会隠喩といった側面が強いのではないかと考えている。

異人と異世界のあこがれを社会心理翻訳するには情報がやや足りない。

2003年連載にしては絵のセンスコマ割りにスタッフ紹介を挟んだりとやや古臭い

そこだけが気になるが、なんとなくだらりと読む分には良いかもしれない。

2017-04-15

金にならない、役に立たないか東大生は賢くない論

なんで日本人学歴を軽視するかというと表題のような考えでいるからだとか説。

有用度と知能を混同しているんではないかと。

賢さは漠然とした定義言葉だが、頭がいいっていうことには一般的には平均より深く理解していたり思考していたりするってことだ。

他人からはその人がどれだけ理解できていて思考できるかわからいか試験で少しでも測る。

もしくは書いたものや言ったこと、アウトプットから推測するしかない。

あれだけ平等大学試験自分が解けなかった問題を解けてた学歴の高い人間をなんで賢くないっていうやつがこんなにいるんだろうかと考えると表題のようなこと考えてるからなんだよね。

例えば賢い人は分かりやす説明をするとかね。それ以外は賢くないとかね。賢い人がその人に分かりやす説明する利益0かもしれないのに。

職場で役に立たないってのもそうだよね。

有用と知能は全く別物で、日本人の手にかかるとアルキメデスニュートンは完全なバカで。

才能を見出されるということもなかっただろうね。

金にならない、役に立たないか東大生は賢くない論

なんで日本人学歴を軽視するかというと表題のような考えでいるからだとか説。

有用度と知能を混同しているんではないかと。

賢さは漠然とした定義言葉だが、頭がいいっていうことには一般的には平均より深く理解していたり思考していたりするってことだ。

他人からはその人がどれだけ理解できていて思考できるかわからいか試験で少しでも測る。

もしくは書いたものや言ったこと、アウトプットから推測するしかない。

あれだけ平等大学試験自分が解けなかった問題を解けてた学歴の高い人間をなんで賢くないっていうやつがこんなにいるんだろうかと考えると表題のようなこと考えてるからなんだよね。

例えば賢い人は分かりやす説明をするとかね。それ以外は賢くないとかね。賢い人がその人に分かりやす説明する利益0かもしれないのに。

職場で役に立たないってのもそうだよね。

有用と知能は全く別物で、日本人の手にかかるとアルキメデスニュートンは完全なバカで。

才能を見出されるということもなかっただろうね。

2017-04-12

隠れゲイ就活ものすごく強いのかもしれない、という話

ゲイ自殺率自殺未遂率はとても高いという。

ゲイである私(多くのゲイが多分そうであるように、私はカムアウト=ゲイであることを公表すること、をしない、

まり普通の人」を装って生きると決めた人であることを前以て伝えておく。)からすれば耳の痛い話であるし、同時に身に覚えのある話でもある。


なぜ死にたいのか?ゲイから死にたいわけではない。ゲイというのは、生きていく上でものすごく大量の「嘘」をつかなければならない場合が多いために、それに耐えられず死ぬのだろうと私は考える。

例を挙げて説明しよう。

ゲイである」という事を偽るためには、「私はゲイではないです」と言えば良いのか?

否。

ゲイですか?」と聞かれることなどあろうはずもないし、多分皆さんにもそんな質問の心当たりはないだろう。

「好きな女性タイプは?」「AKBなら誰推し?」

クラスの○○ちゃん、かわいいよな」「昨日のガッキー見た?超可愛い

AV女優誰が好き?」「風俗でさあ・・・

このミクロ情報、そしてこれを見る男性諸賢がおそらくは簡単に応答できる日常の会話、この全てに我々は嘘をつかなければならない。

全てに、嘘をつかなければならない。


これが、ゲイの生きづらさ=死にたさの本質ではないかと私は感じている。

ゲイである」ということに嘘をつくために、ゲイは幾重にも嘘をつかなければならない。

ゲイである」ということを隠して生きてゆくと決めた昼間の星のような人々は、「ゲイではない自分」の構築というアイデンティティ否定しかない行為を、しか思春期に必ず経験しなければならない。

中学時代には初めてのエロ動画とかに興奮し、AKBにハマり、人並みの青春みたいな恋がしたかった。

ゲイではない自分」に、憧れているゲイ自分自己否定ルーティーンはここに完成する。

嘘の自分と実際の自分との乖離に死にたくなる。分かりやすくないですか?


表題に至るまでが随分長くなってしまった。

こうして、ゲイであるということを自覚した日から(そして「他の人はどうやら女が好きらしい」と気付いた日から)、ゲイは生きているだけで嘘をつくようになる。

親を欺き友人を欺き、時には自分好意を寄せてくれた女性(時として恋人体裁を取る)さえ欺きながら年を重ねるとどうなるか?

平気で嘘をつく人間になる。そして嘘の作り込みが異常に細かく、顔色ひとつ変えずに平気で嘘をつく、人をだますプロみたいになるのだ。


就活とは即ち騙しあいである第一志望でもない御社への熱意をまがりなりにでも作り込み、企業を騙しきったら内々定の運びだ。

しろこちとら21年生きてきて、物心ついてからの大多数の時間を嘘だけで過ごしてきた男であるものすごく喋れる。嘘が。真実のように。

親を騙せて面接官を騙せないわけがなく、ということなのだろうか。就活が始まって、面接まで進んだ企業に未だ落とされたことが、ない。

この時点で、内々定は8社。全て一部上場企業だ。だれでも名前を知っているような企業も多い。


まさか就活を始めてみて、こんなことが起こるとは思っていなかった。

喜ばしいことかどうかは分からないが、隠れゲイ就活に多分強い。

結論の付け方も分からないが、とりあえずそうやって、生きている。

2017-04-11

稲田防衛相教育勅語記者会見の何がいけないのかわからん

これ。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170411/k10010944231000.html

http://b.hatena.ne.jp/entry/www3.nhk.or.jp/news/html/20170411/k10010944231000.html

案の定ブコメ欄でも叩かれてるけどさ、別にあの人「教育勅語を復活させよう!」とか言ってないじゃん。

親孝行とか、友達大事に、とかそういうのは別に否定する物じゃないけど、教育勅語を唯一の教育方針として取り扱うことは不適切」としか言ってないじゃん。この発言自体別に問題なくね?

実際それらって別に殊更に否定するもんでもないじゃん。

それとも「親孝行はするな」「友達大事にせんでいい」「夫婦は仲よくしなくていい」と国を代表する人物に言えと? そっちの方が問題になりそうだと思うんだが?

「それを天皇命令するという形式になっているのが駄目だ」という意見もあるけど、それは表題が「勅語」となってるんだし、出来た時代がそういう時代だったんだからしょうがないじゃん。だからこそ「唯一の方針としては不適切」って言ってるんでしょ?

そもそも、この発言が出た流れがわからないので想像しかないんだけど、記者が「教育勅語についてどう考えるか? 唯一の教育方針として据える考えがあるのか?」みたいな聞き方をしたんじゃないの?

教育勅語」にこだわってんのはどっちなのさ。

そりゃ聞かれたらそう答えるしかないじゃん。こんなん誰が答弁したって叩かれる、ハメ技じゃん。いじめじゃん、こんなの。

まぁ大臣が、前後文脈をぶったぎって一席ぶちだした、っていうんならこの主張自体取り下げるけどさ。たぶんそうじゃないとは思うよ。

2017-04-03

ソニー株式会社退職しました

表題の通り、数年勤めたソニー株式会社退職しました。

個別具体退職理由はいろいろあってそれらは後述しますが、退職を決めた基本的理由は、個人的キャリアパス設計会社方針ミスマッチ労働観のミスマッチ技術投資の考え方のミスマッチの三点に集約できると思っています

キャリアパス設計会社方針ミスマッチ

私はソニーソフトウェアエンジニアとして働いていました。

ソフトウェアエンジニア(を目指す人間)にとってソニーと言えば、"自由闊達理想工場"、エンジニア自由活躍できる会社日本メーカーなのにソフトウェアもちゃんとつくれる会社、などのイメージがあるかと思います。私もそう思っていました。

実際会社説明会などでそういった説明しましたし、そういったイメージを前提に私はソニーを選び、「エンジニアとしてプロフェッショナルになる。品質が高く、お客の求める体験を作り出せる人間になる」というふわっとしたゴールを設定し、いわゆる"プログラマ 35 歳定年説"をガン無視した一生エンジニアキャリアパスを描いていました。

しかし、会社の求める人材像、少なくとも自分が配属された事業部で求められる人材像、キャリアパスは、上記と全く異なるものでした。

昇進の段階としては、現場業務(エンジニア)は基本的に常にマネジメント業務(中間管理職)に対して格下に位置得付けられており、一部オーバーラップする部分があるものの、昇進する = エンジニアをやめてマネージャーになるという状態でした。退職の原因になった上司からも「君は優秀なんだからプログラミングみたいな低俗なことは早く辞めて人を動かせるようになれ。私が引っぱりあげてやる」(意訳)といったようなことを言われ、自身の「エンジニアとして生きる」というキャリア設計との相違は明らかでした。

もちろん、組織としてスケールするために、エンジニア経験を活かしてマネジメントに移行することは否定されることではありません。ですが端からエンジニアリングマネジメントになるための踏み台として"しょうがなくやるもの"として扱うことには強い違和感嫌悪感がありました。

退職の際の送別会で、部署の中でもエンジニアとしてレベルが高いと感じていた40代の先輩が、「ソニーではエンジニアリング評価されない。俺はその方向に進んだけれど、給料最近下がる一方だよ。君はい選択をした」と言っていたのが、未だに記憶に残っています

労働観のミスマッチ

はいわゆるライトオタクで、アニメゲームが好きでコンテンツを消化する時間無限に足りないと感じていたり、自分で何かを考えてものを作るという絶望的に時間を食う行為も好きだったりして、ともかく余暇時間の確保が人生重要課題です。

うご推察されたことと思いますが、ソニーでの私の労働時間はそれなりに長かったです。企画ビジネスユニット主導のスケジュールに開発部隊は圧殺されて、長時間労働常態化していました。私も残業時間が 90 〜 100 時間程度の月が 3 ヶ月ほど続いたこともありました。部署の先輩には、残業時間の"平均"が100時間という方もいましたし、月の半ばで法規制が許す残業時間を"使い切ってしまう"ため月の中盤以降は"定時に帰ったことになっている"デバイス系の同期もいました。正直に告白すれば、私もチームリーダーに「打刻してから席に戻ってこい」と言われたことがあり、そのチームリーダーは次の日悔恨の表情で「昨日言ったことは忘れてくれ」と言っていましたが、数カ月後に突然辞めました。

前述の通り、趣味時間人生の意義になっていた私にとって、これは体力的だけでなく精神的にも非常にダメージの大きいものでした。上司からの「君のチームが他のチームに比べて残業時間が少ないので、(労使交渉で通常の上限の)60時間まで残業時間を埋めてほしい」という指示が決定打となり、退職を決意するに至りました。

技術投資の考え方のミスマッチ

昨今の、シャープ東芝等のニュースで明らかになっているとおり、大企業から安泰ということはもう過去の話です。そのため、自分市場価値を高めておく必要があると私は強く感じています

しかし、会社エンジニアリング軽視であり、またその昇進先であるマネジメントについてもお世辞にもプロ仕事とは呼べないものであり(残業100時間を続けないといけないマネジメントとはなんでしょうか?)、ソニーで働き続けることは私の「労働市場自分市場価値を高める」という方針にとってリスクしかありませんでした。

人事担当者に、現在キャリアパスについて不安があるという相談をしたときにも「増田さんがソニーで(定年まで)働き続けることを考えると〜」のような発言をしており、会社がなくなる / 現状の待遇が維持されなくなるというリスクは全く考慮されておらず、いかにただただ嵐が過ぎるのを耐えるかという発想しかありませんでした。

エンジニアリングについても、昨今の汎用チップスペック的に見劣りする高額のカスタムチップの開発、そのカスタムチップを使いこなすための C / アセンブラによる手動の最適化といった"職人芸"に対する信仰、大量のテスターを雇っての人力テストなど、エンジニアとしてのセンスとしてやや疑問符がつく、ともすればレガシーな開発手法がまかり通っていたりと、この技術職場適応したとして、その人物一般的問題対応できるだろうか?その人物市場評価するだろうか?という疑問が拭えませんでした。

また、業務時間がまるで足りないからとコードレビューすらろくにできないので知見がたまらない、時間がないので勉強もできない(しない)、もちろん職場で最新の技術に対するディスカッションどころか雑談すら成り立たない、という状況で、私がこのような職場業務忙殺されている間にも、世界エンジニア勉強技術力を高めているのかと思うと、相対的自分市場価値を毀損されていると感じ、焦燥感にはちきれんばかりの思いでした。

転職

こういった不安・不満があり、また会社の期待にも応えることが難しいということで、先ごろ無事ソニー退職し、新しい職場で働き始めています。新しい職場は上記の 3 要件についてよくマッチしていると感じており、心穏やかに働けています。幸い年収も多少増える結果となりました。

色々書きましたが、これらはソニーが悪い会社だと言う話ではなくミスマッチだと思っています。上記の内容はすべて私の価値観を元にした一面から評価になっており、他方でここで挙げたような会社の考え方(マネジメント優先・仕事優先・安定優先)に同調・納得できる方もいると思います。残念ながら私とはミスマッチだったというまでです。

また、あくまでこれらはソニーという(さらに言えば自分の配属された事業部という)組織に対する評価であり、尊敬できる先輩・同期もたくさんいましたし、そういった方々と出会えた、幸いにして現在も仲良くしていただいているということは、本当にありがたいことです。

みんながしあわせになるといいな。

おもしろ案件お気持ち表明

ここからは単なるおもしろ案件共有コーナーです。

内定もらった時の風景は今でも覚えていて、友人と一緒に出かけていた先で内定通知の電話がかかってきて、本当に2人で喜んで、とても嬉しかったのを覚えている。どうしてこうなっちゃったんだろうなぁ。

ものつくりの現場で、エンジニアリングバカにされたのは悲しかったなぁ。私がいる間だけでも、ものが作れなくなっていってるのが感じられたのも悲しかった。

2017-04-01

ケチくさい先輩

モノを買う、サービスを受ける、ファミレスなんかで食事を食べる。

このようなことをするときに対価、お金を支払う。

このお金が何かしら、例えば価値への指標

受けたものに対しての価値があるかどうかってのも一つの考え。

お金を気にせず、楽しんで、それを楽しめたなら、それに対する代償でしょうってのも一つの考え。

ただ、こういう話をバランスよく、うまくまとめて言えるといろんな角度で話せる人だなぁと思う。

表題の先輩は必ずまずは高いって言いだす。百発百中で高いって言いだす。

その次にまずいだのサービスが悪いだの。

んで、そんなんやのにこんなにお金取るの!?とか言い出す。

ほんまに大丈夫かいなこの中年期の先輩。

いろんなもの見てきたら安かろう悪かろうや、高くても楽しみや心が癒されるものがあるとか、楽しめたならそういうサービス料、悪かったら勉強代だなって思うことが多いんだけど。

すぐ他人のせいにする批評しかしない。

なお突っ込まれるとさら他人のせいにする。

自分が悪いだの、とか一切ない。

そして高いのにしてみてみたらいいじゃないですか?と提案するとお金ないの一点張り

選んでるのはあなたですよ?価値観広げるのもあなた次第ですよ?

ちょっと前に価値観が合わない同期とメシ食えないってあったけど、同じ会社会社の“先輩”、バカみたいな差があるわけではないが給料が上やのに、そんなことしか言えないんだなぁと。

なんかがっかり

別に先輩はその人だけじゃないから、てきとーに相槌うっとこう。

そんなんだから彼女結婚できなかったんでしょうね。

2017-03-31

そば界の丸亀製麺がない理由

  1. うどん関西圏でも受け入れられる文化で、関西一体は東京に次ぐ都市
  2. 丸亀製麺神戸発の企業で、さぬきとは言え関西企業
  3. そもそもの讃岐うどんが幾度かブームになっているが、そばは観測範囲内でもあまりいたことがない。
  4. うどんが様々なものに合わせやすいことに対し、そばには風味がある。
  5. 駅前そばなどの安いそばと高級店が併存しているため、玄人の印象が拭えない。チェーンであっても本物の更科そば十割そばなどが外せない。
  6. 富士そばや都そばは表題メーカーよりも小規模。
  7. 店舗側のこだわりがあるのでは。実際上記富士そば店舗ごとに味が違うなどのこだわりがある(https://goo.gl/2JTmz6)。
  8. 汎用性のある小麦粉に対して、そば粉流通に左右されてるんじゃ?(https://goo.gl/ZJlhjv

個人的にはそば好きで、高いやつも安いやつも好きなんだけどね。

2017-03-20

火を見るより明らかの「火」は赤壁の戦いのこと

表題のやつは嘘だけど、こんなやつで似たようなのないかな?

トランプに書かれている王様は、一般的王様イメージではなくて、

具体的にモデルとなった王様がいる、みたいなやつ。

2017-03-15

アイドル親心のやり場

言いたいことは表題どおりなのだ

今30代になって結婚はしているが

子供はいない 予定もない

それなのに色んなことや人々に

親心のような感情を持つようになってしまった

人間って結婚しなかったり子供がいなくても

それぐらいの年齢になると

こんな感情が芽生えるんだなと

しみじみ感じている

 

それとともにそれまで一切興味のなかったアイドル

ずぶずぶとはまって行く自分がいる

先日はついに何千人がサイリウムをふるような場に参加していた

自分応援しているのはアイドルからじゃないと思っているが

からは、それはアイドルだ、あんたもおっさんになったな、と言われている

たぶん妻のほうが正しい

でもたとえアイドルだとしても

応援している意味恋愛感情ではないと思う

恋愛感情というよりも

うまくいってほしい、もっと有名になって、その魅力を認められてほしい

という感情が強い

そして「出会えてよかった」などというキモいことをいつも思っている

これは辞書的にいうと、いわゆる"親心"というものではないかと思う

親が子供に感じるのと同じなのではないだろうか

 

今日本では経済的理由など、色んな理由子供を持つことができない人が多い

私もそんな一人だ

それでも年齢とともに芽生えてしまう"親心"のやり場として

アイドルが求められているのではないかと思う

日本少子化人口減少と、現在アイドルの隆盛と氾濫は

反比例の相関があるのではないだろうか

 

個人的にはもしそうならうれしい

これからもっとすごいものが次々と出てくるだろうから

2017-03-07

買ってきた犬猫を飼ってる奴と友達になりたくない

表題通り。実際、周囲にそういう連中が多いので、絶対表で言えないか増田に書くんだけど。

いい人と思っててた知り合いが、お高い犬猫買ってたら心底がっかりする。

だって、妙に耳が折れ曲がったやつとか足が短いやつとか、要は奇形じゃん?

病気になりやすい短命な個体を作る行為に加担してんじゃん?

ペット家族とか言うなら、そもそも家族品種とか見た目で選んで買うのか、とも思う。

もし、捨て犬捨て猫がいない世の中ならブリーダーから買うのも仕方ないのかも知れないけど、

今も死にそうな犬猫がいるのに、自分好みの品種や見た目の子を飼いたいかお金だして買うとか、エゴもいいとこだし

正直、そういう人とは親しくなりたくない。絶対にわかりあえない気がする。

売れ残りの子をもらってきた、とかなら許せる)

2017-02-27

月曜だけど15時退社してルノアールケーキ食べて帰宅した

表題通りとなります

もう色々嫌になったので理由も付けずに帰宅ケーキは美味しかったが、気分はまだ晴れない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん