「子ども」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 子どもとは

2016-05-30

変化していく

久しぶりに高校の頃の同級生たちと会った。

当然の事なんだけど、籍を入れたとか別れるとか、仕事を始めた辞めた続けている、子どもが生まれた云々。

変化していく周囲に置いていかれているような気がして焦りが強い。

変化する周りに焦っているだけなのは分かっている。

私も結婚したいなー 子どもも欲しいなー

でも仕事は続けたい

生活水準を維持したい

無理なのかな わからん

2016-05-28

どうして「子供産みなよ」って他人に言えるんだろうか

そうやって言って生まれてきた子に責任が持てないのになんで軽々と「子供産まないの?」とか「産みなよ」って言えるんだろうか。その子供に対して親が責任もつのは当然なのだけれど、でもそうやってはやし立てて生まれてきた子に「あなたの親はあなた幸せにするわよ」とは言えない。何があるかわからいから。産みなよ、って言った後は金も何も出さない言った責任も取らないのにね。「確かに産みなよって勧めたのはわたしだけど生まれてきた子どもが不幸になろうが知ったこっちゃない」ってかんじかな。

政治家にとってのタックスヘイブン日本だった。

結局アベノミクス実態年金をつぎ込んで株価を吊り上げ為替操作好景気を装うことで消費増税合理化して庶民から吸い上げた税金企業減税に充てて経団連企業から政治献金を集めて自民党幹部が私腹を肥やす悪代官のもの所業であった。

だが古来増税で景気が回復した事例はない。(ヒトラー軍事バブル五輪バブルで一時の好景気を作り出したがわずか13年で崩壊消費税は3年間で10兆円の税収減を招く国家財政萎縮税でありプライマリーバランス改善寄与しないばかりか悪化させるだけであるのは過去の実績から明らか。

★こんなときに限らず消費税は上げるより下げるべき。日本の税収に占める間接税割合は既にスウェーデン以上。日本は重税低福祉国家公務員ボランティア化を進め真の行政改革を。延期を訴える維新片山代表も大概マヌケ

こんな時に消費税あげるのですか 片山共同代表エコノミックニュース5月22日

日本世襲政治家にとり政治資金規制法こそ脱税し放題なタックスヘイブン政治団体は非課税相続税贈与税を一切払わずに息子や娘に資産を渡せる。

日本の政治家の名がパナマ文書にない本当の理由(文春)2016年4月28日

日本の政治家は、タックスヘイブンを使う必要などない。政治団体を使った資産継承可能からです」(元衆院議員秘書

日本では、政治団体寄付すれば、非課税になりますさらに、政治家が一つだけ指定できる資金管理団体への寄付税金特別控除も受けられます安倍晋三首相は、約数億円の献金を集めていた父・晋太郎氏の政治団体を引き継いでいます

「以前より厳しくなったが、個人の政治団体への寄付の上限は年1000万円。いくつかの団体分散させた上で、政治団体継承させるか、子ども政治団体寄付すれば相続税はかかりません」

政治家にとってのタックスヘイブン日本だった。

> 重大発表!!【パナマ文書掲載されている日本企業

オバマ広島来訪に思うこと

 オバマ広島に来てくれた。謝罪は明確に示さなかったけど核兵器使用したことを過ちと表現した。

 

 多分今後アメリカ国内ではこの発言、行動に対し、だったら安倍首相パールハーバーに連れて来いだの、核なき世界を作ろうとすることは賞賛に値するだの賛否両論出ると思う。

 アジア特に中韓)はなぜ加害者側の日本だけいい思いをするのかと批判殺到すると思う。

 一方今のところ日本人は大半がこの訪問を歓迎してる。自分もそう。中学校で学んだ原爆悲惨さは想像を絶していた。だからその悲惨事実を現職のアメリカ大統領が認め、そして「今後」同じ過ちを繰り返さないと言ってくれたことは嬉しかった。

 謝罪なんていらない。過去のことを悔いたって世界は今も未来に向かって動き続けてる。未来を語らなきゃ。

 

 オバマ大統領の掲げる核なき世界は具体的な方法がない夢物語かもしれない。でも夢を見るのは別にいいじゃない。現実ドライに見据えていたら革命的な進歩はない。夢を強く願えばそこからいつか具体的な方法が零れ落ちてくるはず。だから残り僅かの任期はいえこんな子どもじみた、だけどあまりに尊い夢を大衆の前で語ってくれたオバマ大統領応援したい。


 とある大学生の所感。

http://anond.hatelabo.jp/20160527180630

そんな奴なんか、

公務員社会と接したことないか学生のまま精神が止まってるっていうの本当だったんだ〜」

と心でほくそ笑んでみればいいよ

相手に飲まれちゃ駄目だ



バブル期子どもが「公務員なんてろくに給料が上がらない。小心者しかなりたがらない仕事ばかり」といってたんだろ?

それくらい景気が良くなればいいのになあ・・・

人格形成における親の影響

子ども人格形成において、親から受ける教育の影響はほとんど無視できるらしい。

世の中の育児本が科学的にはほぼ水素水と同じという衝撃の事実

あと自分の不甲斐なさを親のせいにしてイジける連中も涙目

共感していただけるでしょうか

昨日もまた増田名物童貞自意識肥大エントリがまた燃え上がりましたね。

童貞でも処女でも人生いろいろ、山あり谷ありでよろしいかと思います

私はわかりませんが、三十路過ぎての初体験はかえって今後の人生において良い機会だったかもしれません。



さて、話は変わりますが、40近くなって結婚して子どもも出来て半生を振り返って思うのです。

やっぱり理想学生から付き合ってるパートナー結婚することだよなって。

社会人になって燃えるような恋をくりかえして、そうこうしているうちに適齢期になり、

何となく勢いで結婚して、子作りして、子どもが生まれて。

そんな標準的人生に不満があるわけじゃないけれど、

大学時代からお互いに初めての恋人同士で付き合い、社会人3年目に差し掛かった頃に結婚した友人。

お互いに気心知れているから、10年以上経った今でも善き親友であり理解者でもあるという素晴らしい関係

そういうの憧れませんか?



私の夫婦関係特別なかがいいわけでも悪いわけでもないけれど、きっと子どもがいなかったら

今の関係は維持できないだろうなあ、、、って微妙距離感

おたがいに対して関心がなくなってきたのを実感します。愛はあると信じてますけどね。



だけど、打算も変な駆け引きも勢いもなく、普段毎日から少しずつ恋が芽生え、愛しあい、結ばれた友人。

彼らにはかなわないなあ、とないものねだりをする毎日です。

2016-05-27

片思いストーカー兆候だ、って10代の男女みんなに教えてあげたい

普通に報道された事件なので知ってる人は知っていると思うけど、私の母校では(自分入学する前に)ストーカー事件が起きたことがある。その事件を受けて新入生向けのセミナーで「もしストーカー被害にあったら?」というコーナーがあった。

前半の内容自体はごく常識的もので、それだけなら特に印象に残ることもなかったと思うのだけれど、後半、カウンセラー女性講師が持論を述べ始めると、そのあまり想定外の内容に当時の私は強い衝撃を覚えた。



その講師いわく、ストーカーになる危険性が一番高いのは、見知らぬ他人ではなく、あなた片思いしている身近な人物だという。そもそも、恋愛における「片思い」というのは、精神が未熟な人物に特徴的な行動で、それ自体ストーカー予備軍の兆候と言える、と。

「皆さんはもう大学生です。中高生ときのように片思いを募らせるような子どもっぽい恋愛はやめましょうね。好きになったら即アプローチ。もちろんしつこいのはNG相手がNoならすぐに引きましょう。別れ際も仲良く後腐れなく。楽しく軽やかに恋してくださいね

そんなことを言っていたと思う。女性あくまで爽やかな口調で話していたし、適度なジョークも踏まえて会場は表面的には和やかだったものの、私個人は唖然とした表情を隠し切れなかったし、周囲にも同じような顔をした人がいた気がする。



片思い精神が未熟な証拠ストーカー予備軍の兆候。そんなことを考えもしていなかった高校卒業したての自分は、これから先に出会う異性との付き合い方をどうすれば良いのだろうと強い不安を感じた。

でも、今となっては「片思い精神が未熟な証拠」と言い切ってもらえたおかげで、辛い思い出も含めて良い恋愛に恵まれたし、自分もいい方向に変われたんじゃないか感謝している。

テレビネットストーカー事件被害を目にするたび、私は加害者被害者に「片思い」していたんだろうなと感じる。その「片思い」が未熟で不適切危険感情であるということを知ってさえいれば、多くの事件加害者側の自省で押しとどめることができたのではないかフィクションで描かれるように片思いを美化していたからこそ、加害者自分感情を抑えきれなかったのではないか。本気でそう思う。



極論かもしれないけど、学校教育ですべての学生、遅くとも高校生くらい(できれば中学校)までには「片思いから早く卒業しよう! ストーカー予備軍にならないために!」と教えてあげるべきではないかと考えている。性教育と同じ感覚で。望まない妊娠を避けるのと同じくらい、片思いは避けるべきものなんです。なぜなら相手自分が傷つくから

片思いしているあなたは、自分自身は心がワクワクしているかもしれないけど、相手からみたら気持ち悪いよ、カッコわるいよ、それは心がおかしいんだよ、そんなの恋愛じゃないよ、マンガ現実はぜんぜん違うんだよ、って。想いを募らせるのは、殺意を募らせるのと紙一重なんだよ、って。



http://anond.hatelabo.jp/20160527041103

酒と一緒にスポーツ規制しろ

タバコ非難され消えかかっている。

次は酒とスポーツだ。

酒もスポーツ犯罪者予備軍の温床になっている。

昭和脳が喜んでこれらを持ち上げていたようだが、実質、クズしかこれらを喜んでいない。

スポーツをしている人間犯罪行為や素行の悪さはよく知られている。

スポーツ規制して、運動ができない子どもにも配慮しろ

体育なども不快から規制しろ

クズ人間を生み出すスポーツ規制すべき。

スポーツを有難がって観戦している時代遅れ共も糾弾していくべきだ。

スポーツなんて犯罪者予備軍がやるもの時代遅れスポーツ排除しろ

スポーツと酒、これらの規制必要だ。

絶対に許すな。






逆にもっとアニメを普及させるべきだ。

アニメを見ているネット民の皆様を見ろ。

正しくて善良で能力が高くて人の気持ちがわかる道徳的人間しかいない。

これもアニメを嗜んでいらっしゃるからこそだ。

アニメを嫌いな人間がいるはずがない。そんな奴は叩け。矯正しろ刑務所にぶちこめ。

アニメを見てネット民の皆様のような正しさと善良さを手に入れよう。

アニメもっと社会に普及して義務化させろ。

http://anond.hatelabo.jp/20160527120639

子ども学習する。

全ての人間は鬼になる可能性がある・・・と。

親でさえそうなんだから、血の繋がらない他人なんてもっと怖い鬼になるかもしれない。

鬼の恐怖から逃れるのはどうしたらよいのか。

鬼とかかわりを持たなければいい。

この世のすべての人間と関わりと持たずに生きれば、鬼を恐れる必要は無い。



そうやって、友達恋人も一切作らず、ひっそりと暮らすぼっち生まれる。

電車が揺れて増田思うこと甲も小田スマ照れ湯がゃ凍んで(回文

さな駅に電車から降りてきた親子連れ

子どもバイバイって電車ぶんぶん手を振ってたわ。

車掌さんが微笑み返して手を振ってた。

発車した電車は、

すーっと夜の闇に赤い尾灯が溶けて消えていった。

なんてハートウォーミングなストーリーかしら。

そう、ここは「みかん花咲く丘公園前駅」私の住むところよ。

って、そんな話がしたいんじゃなくて、

なんでさ、電車って同じ線路で同じ車両なのに

乗り心地が良いときと悪いときがあるのかしら?

いつもは、ガタガタ揺れないのに、

今日はひどく揺れるわ。

これって運転手さんのテクのちがい?

電車ハンドルさばきの善し悪しなのかしら?

昨日はすごくガタガタゴトゴト揺れたわ。

運転手さん同士では今日の海は荒れてるぜ、とかって言ってるのかしらね

うふふ。




今日朝ご飯

クラブサンドイッチ

クラブって何よクラブって、

サラダ味のサラダって何よ!って感じよね。

BLTサンドってあるけど、

持田香織サンドイッチ作ったら

もれなくELTサンド!すごい発見

信じ合える喜びね。

デトックスウォーター

割って飲むタイプ押忍を、

いつものグレープフルーツウォーターで割ったやつ。

クエン酸がいいのよ。

クエン酸アップね。




すいすいすいようび!

今日も頑張りましょう!

2016-05-26

[]僕だけがいない街 感想

最近は、1クール前のアニメの事後評判を調べて良さそうなやつを幾つかピックアップして一気に見る視聴スタイルマイブームだ。

僕だけがいない街は、前期のアニメの中では一番評判が良さそうで纏まった時間がやっととれたので見れた。

久しぶりにいいモノ見せてもらいました。物語一言で言えば「時間ループ過去改変で、殺人鬼からクラスメイトを救え、そして真犯人を暴きだせ」というストーリー。最終的には、ややハッピーエンドだったのだが視聴後の爽快感とか清涼感というものはなくどことなく哀しい気分になった。このアニメを見た感想は大きく分けて2つ。「サスペンス」と「ノスタルジー」だ。

サスペンスの部分はいろいろな人の感想で書かれていので、割愛。加代が救われるかどうかは割と終盤前半でわかってしまうので、その後の展開をどう見るべきなのかが若干分からなかった。。時間ループから過去改変モノというとシュタゲを思い出すよね。シュタゲも手に汗握りながら見ていたけど、あっちは「みんなHAPPYになるように過去を変えろ」という明確なゴールが設定されていて物語のピークもわかりやすかった。ぼく街の場合真犯人を追い詰めることを主眼としているのか、その真犯人心理にせまることを前に出したいのか、後半はどう楽しんでよいのか分からなかった。詳しい人、教えてください。

ノスタルジーについては、あまり他の感想言及が内容な気がするけど意外と小学生時代体験を懐かしがったりしないのだろうか。学校、学級という限られた人間関係子どもという親に依存した弱い立場でありながらそれを乗り越えて願いを成就させたいと奔走する様はとてもノスタルジックな気分になった。不全感をかかえつつも、日々を全力で駆け抜けた子供時代雰囲気が細部から伝わってくるという気がする。この物語は、タイムリープする先が小学生であっても、中学生でも高校生でも成立する話だと思う。だから作者はタイムリープ先を小学生としたことに、なんらかの意味をもたせているんじゃないかと思うんだけどこれもしっくり来ないなあ。

その他に気づいたこととしては、作中では主人公を含めて片親の家庭が多いのは作者の育った環境によるのだろうか。

物語最後主人公と加代がくっつかないのは主人公が加代近づいたのは「加代を救うため」だったわけで、加代が子供を連れてきたとき主人公の涙を「救済が成就された嬉し泣き」と見るのか、「言葉の上では喜んでいるが心は悲しんでいる」と見るのか視聴者が試されていると思った。自分は前者なのだと思いたい。ヒーローとは自分のためではなく、代償も求めず、困った人を救う者なのだから

すぐ泣く女が周囲と自分の為にできること

私はすぐ泣いてしまう女である



物心つく前から私は超が付くほどの泣き虫で、毎日大きな声で泣き出しては母親を悩ませていたと聞く。


幼稚園に入ってもそれは変わらず、朝起きて変な形の寝癖が付いていて/雨が降っていて外が暗くて/朝食の牛乳が熱くて…とまぁ本当にどうしようもない理由しょっちゅう泣いていた。


子どもの頃から泣き虫自覚はあってコンプレックスに感じていた。小学校で作った七夕飾りの、短冊にはこう書いてあった。

「なみだが出ちゃうのを止めれますように」



26歳になった今でも私はすぐに泣く性分を引きずっている。こないだも、狙っていた特売品が売り切れたのを知って一人スーパーで涙を流してしまった。アホちゃうか。


他にも泣きたくないのに涙が出て恥をかい経験枚挙に暇がなく、あんまり振り返ってると虚空に向かって「あー!」と言いたくなってくるのでここらで止めておく。




さて、すぐ泣く女というのは世間的にはまぁ重たくて面倒くさくて、関わると厄介な存在と思われがちであるぶっちゃけ私自身もそう思っている。

しかし涙腺と言うのは思い通りに作動してくれないもので、泣いてる場合でないと頭では分かっていても勝手に涙は出てきてしまうし、止めようとすればするほど止まらない。


泣きたくないのに泣いて、周りに引かれて、自分が心底嫌になって、また泣いてしまう。泣き虫人間ならば一度はそんな経験がある筈だ。というわけで、私が26年この性分と付き合っていく中で培った、なるべくそ場の空気をぶち壊さず、かつ自分気持ちが楽になる工夫を挙げてみようと思う。


自称泣き虫の人は多分皆オリジナル処世術を持っていると思うので、もしそんな人がいたら是非自分のやり方と比べてみて欲しい。




自分をよく観察する

まずはここから始めた。成人するまでほぼ毎日泣いていた(特に問題を抱えていたわけではなく「なんとなく」泣いていた)ので、このままではマズイと思った私は毎日泣いてるとき精神状態を観察することにした。「あ、涙出始めたなー」「今頭がカッとしてるなー」「なんか周り見れなくなってんなー」「なんとなく止まりそうな感じがしてきたなー」…これを毎日繰り返すうちに、私は自分が泣いている姿を観覧者の目で眺めることができるようになった。後頭部あたりにもう1人の自分がいて、眺めている様な感覚だ。


もちろん今でも、喧嘩したり、映画を見たりするとどうも観覧者の目になれない日もあるが、それも半年に1回あるかないか程度になった。これによって、まず「涙は出ているけど気持ちコントロールできる」状態を作ることに成功した。



泣き虫を隠さない。泣いても重くないキャラ振る舞う

いずれバレてしまうのだ。隠していたって仕方無い。


泣く姿を見られてしまう前に、「私が泣くのは日常的なことである」「泣いていても頭の中は割と冷静だったりする」「私が涙を流し始めても放っておいて」「もし不快であれば正直に言って」と、できるだけライトな明るい雰囲気で周知徹底させておくと、後々人間関係もそんなにこじれずに済むと分かった。


また、普段から神経質な態度でいると、いざ涙が出た時にどうしても「積もり積もったストレスで爆発してしまった」風に見られるので、日頃からなるべく「おおざっぱなおちゃらけキャラ」で人と接するようにした。少々イジっても誰も罪悪感を持たないくらいの感じで居ておくことで、色々やりやすくなった。


涙は出しっぱなしでも良いが目ヤニ扱いする

例えば仕事中、電話口で客に怒られて涙が出たとする。そういうときに一番やってはいけないのはメソメソすることだ。ありえないくらいその場の空気が壊れるし客は困惑してしまう。


自意識過剰メソメソは隣り合わせの存在だ。自分のことばかり考えて涙を流す時、人は多かれ少なかれ可哀想雰囲気を醸し出す。

周りの人はどう感じるだろう。なんだか自分が悪い事をした様な気になって、モヤモヤした気分になる筈だ。しかし、メソメソ泣いてる人の涙をしっかり咎められる程胆力のある人はそういない。

可哀想な人は最弱故に最強なのだ。だからこそこういうとき絶対メソメソしてはいけない。

一番意識しないといけない対象は客であり、対応であり、要は目の前の仕事である。泣いてることなど本当-----ーにどうでもいい。


涙の存在を頭から消し去る。一番手っ取り早く涙を止められる。もし涙が出続けても、全神経を仕事に集中させる。「涙よ止まれ」と思うことも禁止。ほっといたら勝手に止まるもの心配なんてしなくても良い。

涙は液体なので、顔面を伝ったり視界を曇らせたりして気を散らしてくる。その時は「目ヤニ邪魔だな〜」と思いながら涙を拭う。不思議と涙に意識が向くことはない。


普通に仕事してる+なんかよく分からないけど目ヤニがめっちゃ出る、といった自己認識で動いていると、声色やテンション普段ともあまり変わらない自分がいることに気付く。

周りも普段と一切変わらない態度で接してくれる。


涙のスルー感謝する

残念ながら、どんなに心頭滅却しても私が泣き虫であることには変わりない。私が重い印象にならないよう努力しても、周りの受け流し方次第では、重たくて面倒くさくて関わると厄介な存在にも十分なり得る。


今周りにいる人達は私がすぐ泣くことをスルーしてくれて、たまに泣き虫をイジってくれる。誰も腫れ物に触るような応対をしてこないことが心地良い。

ちょっとしたことですぐ涙を流すのを見て、イラつくことがあるかもしれない。謂れのない罪悪感でモヤモヤするかもしれない。でも、皆それを受け入れてくれている。申し訳なさを感じる。ありがたい。


のんびりした空気の時を選んで、私は「いつもすみませんありがとうございます」と伝える様にしている。その時は泣かない。泣きそうだなぁと思ったらまた別の機会にする。そのくらい徹底している。

仕事で悩みを相談したり、素直な気持ちを話す時、私は絶対泣かないと決めている。冷静に話ができる人だと思われたいから。




工夫さえしていれば泣き虫でいてもいいのだ、と思うようになってから、私は少しずつ泣く回数が減ってきた様に感じる。

しかしたら、オバサンになる頃には私は泣かなくなっているかもしれない。


ただ現状、周りの人達良心に大きく依存していることは確かなので、理解感謝しつつ自分でももっと工夫できることがないか考え、色々試していくのは続けていきたいと思っている。

運動会練習で、疲弊する子どもたち

娘の小学校では、連日、休み時間返上して運動会練習

30度を超える日中に屋外でやって、帰ってきた娘は頭痛を訴え、習い事に行けなかった。

ちょっとぐらいつらくてもガマンするように言われていて、

具合が悪いとは訴えにくい雰囲気だそうだ。

翌日は、20人を超える生徒が座り込むぐらいにつらかったそうだが、

普通に考えてこれは、練習を中止すべき状況なのではないかと思う。

誰のための運動会なのだろうか。

こういうのって、うちの学校だけでしょうか?

明け方に思うこと

人生目標とか何もない。

ある程度遊んで、おいしいもの食べて、家族にも友人にも恵まれて、そこそこ楽しかった。

何も考えなさすぎて職にあぶれてるけど。まあこれは仕方ない。自業自得ってやつだ。

面接志望動機で「この会社なら自分のやりたいことを叶えられそうだと思ったからです」とか言われてもざっくりしすぎて向こうだって困るだろうな。実際に言ったことはないけれども、それぐらいぼんやりとした輪郭で縁取られた毎日は味気ない。何となく過ぎていく24時間

エージェントの人に「10年後どうなっていたいか」と聞かれて咄嗟に答えられなかったことを思い出す。

「溶けていたいです」なんて言ったらあの人はどんな顔をしただろう。名前は忘れたけどたまにドラマで見かける俳優にどことなく似た顔をしている人だ。お元気ですか。しばらく連絡しなくてごめんなさい。ちょっと、いえ、だいぶ落ち込んでいるんです。私って本当に何の取り柄もないんだなあと思ったらもうダメでした。自尊心ばっかり高くてバカみたいです。紛れもなくバカです。宛先のないメール画面を開いて、そう打とうとしてやめた。


BSをつけていたらドキュメンタリーが始まった。アラフォー女性人工授精について取り上げていた。

2人の女性が登場した。ひとりは『男なんて』という気持ちだけど子どもは欲しい、と思っている女性だった。

彼女と同じような思いを持っているから痛いほどわかってしまった。男はいらない、子どもは欲しい。

私の場合子どもが欲しいのはただのエゴだ。

毎日何となく過ぎていく私のつまらない人生における暇つぶしのために子どもが欲しい。

夢は広がる。

育ててもらったように手をかけてやりたいし、自分と同じだけの教育を受けさせてやりたい。

私にしてもらったように育てるには、めちゃくちゃ稼ぎのいい旦那を捕まえて専業主婦になるか、一念発起してバリバリ働きまくって旦那専業主夫になってもらうか、どっちかだ。既に後者は望み薄だから選択肢は実質前者のみ。

はいらないと思ってるからそもそも結婚にはたどり着かないだろうし、シングルで私と同様の育て方・同等の教育を受けさせるなんて到底無理だし、何より暇つぶしのために子どもを持つとか動機が不純すぎて子どもが不憫だ。

暇つぶしのために生んだのよ、だなんていつかうっかり口を滑らせてしまいそうで怖い。

文学にありそうな言い回しだと我ながら思う。ちょっと気が触れてる感じの女の人のセリフ。でも私は文学登場人物になる気はさらさら無く、現実のひとりの人間の心を枯らしてしまうなんてそんな畏れ多いことはできない。


人はひとりでは生きていけないという。

実際そうだろうと思う。誰かに頼らなくても生きていけると信じてた無知な私、カワイソウ。保証人ひとつ取っても結局誰かに頼らないと生きていけない。

先日、生まれたばかりの甥のまんまるい頬を見つめながら、せめてこの子が自立するまではしっかりしていたいと気持ちを新たにした。そのためにはどうにかして職を見つけなければいけない。

けれども、自分人生シャットダウンボタンが押せたらいいのにな、と思うのもまた事実なのだ

誰かに迷惑をかけるようなことがしたいんじゃない。ただ、ある日突然、ふっと跡形もなく無くなりたいだけ。

贅沢病なのかもしれない。


まだ若い、まだ若いと思ってきた。しかし、25歳という年齢はもう若くないのだとどこかで感じている。体力が急激に衰えたというか、生に対する気力が少しずつ減っている気がする。

これが老いだろうか。認めたくないけどきっとそうだ。認めたくないけど。

もしトントントンとうまくいってしまったら恐らくあと45年ぐらいは呼吸を繰り返すのだろう。それも老いを受け入れきれないまま。

何だかゾッとする話だ。

毎晩、目を瞑る前に『明日の朝、目が開かなければ…』と淡く期待している自分がいる。

まぶたを閉じて襲ってくるのは黒い思考の波だ。それに身を委ねて私は考えることを放棄する。

やがて体全体がぐにゃりと柔らかくなり、布団を通じて床に染み込んでいく感覚にとらわれる。もちろんそれは錯覚だ。だから目覚めた瞬間にものすごくがっかりする。今日も叶わなかった、と。

空が白んできた。

アイマスクを着けてしまえば空の色なんか関係ない。夜になる。

特別予定のない、いつものまらない1日が始まろうとしている。

本格的に街が起きた時には私という人間を構築するすべてが終わっているといい。

でもすべてが終わってなかったらエージェントの人に送るメールを考えよう。もしかしたらほんの少しだけでも心配してくれているかもしれない。

お久しぶりです。”の後に続ける文章を書きながら溶けなくてよかったと思っておこう。

おやすみなさい。

2016-05-25

http://anond.hatelabo.jp/20160525191008

俺は子どもいないけど後世に日本を滅ぼした愚民の一員と見なされたまま死んでいくの嫌だけどなあ

個人の価値観を単純に考えすぎだろう

人間の世話をするのは大変だぞ、マジで

専業主婦ディスのエントリーが続いてるけど、

おれ、いま仕事しながらだけども、

自分ではない人間の朝飯と夕飯を用意して、風呂炊いて、洗濯して、病院いかせて、区役所やら何やらの雑務をしているよ。

いま三年目ぐらい。

マジで大変だぞ、これ。

  

仕事しながら両立しようと思うとけっこう死ねるよ、これ。

うさぎドロップ』じゃないけど、自分家事ができない人間の世話すんのはほんと大変

会社によっては会社やめるか、職場かえてもらうか何かしないと無理だわこんなの

  

仕事で会う、おっさんがしたり顔で子どものこと話して大変だなんだの言ってるのを見ると、

最近「てめーが、世話してるわけじゃないのに偉そうにすんなや。世話できる瞬間に世話してるだけだろテメーは」とか思っちゃうマジで

いや、別におっさんに悪意がないのはわかってるし、別にそういう意図はないのだろうから

敵意を向けるまでしなくてもいいかもしれないけれども

 

別に俺は主婦業じゃないけど、自分だけの家事だったら、適当でいいことが多いんだけど、

自分家事能力のない人のケアをするのは、ほんと結構たいへんだから。やってみ、お前。1ヶ月でいいから続けてみろよホント

仕事しながら育児とか両立してる人がどんだけ大変か、まじでわかるからコレ。自分だけの家事とは大違いだよほんと

2chまとめブログの古臭さ

あじゃじゃしたーかいまとめブログ最近見ないな、潰れたか?」と思ったらまだ更新してた。

多少有名なサイトで昔よく見かけた気がしたが、久しぶりに見たらなんか古臭い印象だった。

今時まとめブログなんて時代遅れだもんなぁ。

2chフォーマットもだいぶ時代に取り残された感じがしてきたし。

まぁ、固定客がいるか更新し続ける意味はあるのか?

でも、まとめブログって一週間も見てれば飽きるしなぁ。

俺もまとめブログ最初に触れた時少しハマったけど、せいぜい3日とかだったし。

まとめブログ毎日読んでコメントまで書いてる人ってどんな人なんだろ。

最近はじめてネットを見た子どもか、じゃなきゃもう時代に取り残された人なんだろうな。




あー、あと書き込まれてる内容がほぼ一緒ってのも大きいな。

十年以上前から言われてることを飽きもせず何度もまとめてるし。

例えば、自転車とかタバコとか酒とか少年犯罪とかその他娯楽や知識系も話題が何順もしてる。

おすすめアニメおすすめ漫画おすすめ映画歴史上のヤバイ事件、すごい放送事故、怖い未解決事件………こういうのも全部一緒で何も変わってない。

あと、まとめサイト特性意見も偏りやすくて、まとめブログの読者やネット民にウケが良い意見ばかり目にする機会が多い。

偏った意見ばっか見てても単調で飽きるんだよね。

新しいニュース話題なのに、それ前にも見たって書き込みばっかりだし、タイトル見ただけでだいたい書いてある内容が予測できる。

そもそもまとめブログ管理人やまとめてる人間自体が、情報アップデートしてない時間が止まった人間が多いんだろうなって感じる。

アンテナも低そうだし、読者ウケを狙えばそれだけありきたりで保守的凡庸意見をまとめることになる。

そんなの毎日見てまとめてたら馬鹿になりそう。

まぁ、おんなじ話題が循環してるのはネットのどの界隈でもありがちだけど、まとめブログ、というか2ch特に酷い。

まり、何年も前から同じフォーマット意見話題を繰り返しリサイクルしてる構造で何の進歩もしてないんだな、まとめブログって。

そりゃ古臭いわ。




追記:

「新しいニュースの話題なのに、それ前にも見たって書き込みばっかりだし、タイトル見ただけでだいたい書いてある内容が予測できる」はてブdisかな。 - hungchang のコメント / はてなブックマーク

はてブも大概話題が循環してるけど、まだ個人ごとアンテナを高くして情報アップデートしようとしている人が多いから、意見や取り上げられる話題多様性はあるね。

まぁ、ブコメ欄に限って言えば、スターのつきやすコメントはやっぱ保守的安心感のあるコメントなので、人気コメントにはそういう意見が登ってきやすいと感じる。

あと、定期的に同じ話題を扱ったサイトブログがバズってブコメ欄で同じことを語ってるのは見る。

http://anond.hatelabo.jp/20160525004218

世間世間というけど、実際の自分世間って自分のまわりにいる人だけなんだし、自分のまわりにいる人とだいたいうまくやってるんだったら、子どもできても別に変わらないんじゃないの。

世間ネット世論とか新聞社会面まで拡張すると生きづらくなるけど、どうせ妊娠したら動きづらいんだからいちいち自分テリトリー外のこと気にする必要ないと思う。

あと、ネットに書き込むのって極端な体験した人か、ちょっとした不快さとかモヤモヤをやり場なく書いてるかどっちかだと思うし、リアル感覚とはずれてる。

(みんな保育園落ちてるみたいに見えるけど、実際には数字から見る限り入れてるほうが多数派で、入れた人はわざわざ入れたとは書かないだけだったりする)

2016-05-24

モンスター親の正体は過保護親では無く、放置

わりと勘違いしている人が多いが、モンスターペアレンツほとんどが放置親。

夫婦共働きで朝から晩まで子どもを完全放置している。

毎日のように遅刻する子供理由を聞くと親が朝起こさないから起きれない、怒られないから夜も寝ずに遊ぶ。

そんな感じの返答だ。



親に電話すれば仕事で出ない。

三者面談を行えば来ない、やっと連絡が繋がれば仕事が忙しいか子供には構えない、担任が起こしに来い。

私たちの代わりに放課後の子供の面倒も見ろ。



あんたら何で子ども作ったんだよ。

そんな親ばかり。

結婚しないってことは遺伝子が受け継がれないってことだけど

そう考えるとなんか凄い。

今まで代々遺伝子を紡いできた生き物が、育て方が悪かったのか時代のせいなのか、ある代で結婚もせず子どもを残さな個体が生まれ、その結果遺伝子が受け継がれなかった。

これってある意味淘汰だよな。

自然界で言えば完全に個体として失敗なわけだけど、そこは脳みそがでかい人類から理屈をこねくり回してその生き方肯定する。

親の育て方が悪かったり、生まれ個体が偶然子を残すことに興味が無かったってことで、その種はそこで途絶えてしまう。

生き物として失敗だが、人間としては肯定されるかもしれない。だが、それはただの淘汰でしかない。

これから結婚に興味ないとか子ども生まないって言ってる人を見る目が変わりそう。

もちろん婚姻によらず子どもを残す人もいるけど、今の社会では例外だよね。

専業主婦「程度」あるいは家事「程度」の感覚

まあ聞いてくれ。

しょっぱなから話を聞いてもらいたい態度でないことくらい分かってる。

だけど「主婦って大変なのよ」「主婦だって間接的にお金につながっている」的な論に私は大反対なのだ

無職卑下する気もなければ主婦のものを見下すわけじゃないけど、前述のようなことをいう輩を私は批難する。

なんかね、そう言うことをいう人って「私だって頑張ってるんだもん!きゃぴっ☆」的な、あざとさというか名状しがたいぶりっこ精神を感じる。

自分で書いておいて何だが「いぶりがっこ」に空目した。

さて、まず旧帝大を出て専業主婦をやっている人に対する「もったいない」という他者感覚について。

これは論点先取して「何者にもなれない人たち」が欲している「何者かになれる可能性」を破棄しているからだと思う。

歴史教科書の1ページに載る悪逆者をせせら笑う人の99%は歴史教科書の1行にすら載らない、100年後には99.99%名前すらも思い出されない存在だ。

しか旧帝大に行ったことがない人は、旧帝大に行くといずれは役職就任し、社史の1行にでも、あるいはニュースの1枠、または雑誌の1ページにでも紹介される、言わば存在証明を残すことができると思っている。

これは単に勘繰り過ぎと思われるかもしれないけど、きっと年を取っていくに連れて意味が分かるものだと思うよ。

とにかく自分歴史上に存在したことが「親族以外の誰か」に認められる機会が多くなる。

子どもがいる」だけで自分存在が残せたというのはダメだ。

人は客観的評価を多少なりとも欲するわけで、親族から評価第三者委員会ならぬ当事者委員会から評価から満足しないんだ。

ともかくだ、言いたいことは「もったいない」に関することじゃないから、取り敢えずは

「何者にもなれない」人たちからすれば「何者かになれる可能性」を捨てていることだからもったいない」という言葉になるんじゃねーのかなーというくらいにしておく。

本題の勝手に命名した「専業主婦称賛論」だけど、本当にフ○ックだと思っている。

間接的にお金につながっているのは事実であろう。これは認める。

だけど、一人暮らしをしながら働く人たちがいるなかで何やってんの?

まりは働きながらでも多少は面倒であれ出来る程度のことなわけよ。

それを「専業主婦だって大変なんだから」とか「家事だって時給換算すれば・・・」と一体どの口が言うのか。

ところで、お金は「他者から絶対的評価基準の一つだと考えている。

仕事の程度を数値化したもの賃金で、他者からあんたの仕事なら、このくらいなら払うことができるね」という評価だ。

上述の「何者かになれる」かどうかの蓋然性は、この賃金で有る程度は推し量ることができると思う。

まあ何にせよ、知名度とか色々な対外的な要素はあるけれど、今は単純に考えて欲しい。

さて、主婦にはその絶対的他者から評価がない、つまり「これくらいなら出せるかな」という仕事としての対価はゼロだ。

時給換算すれば・・・という考えは、他者から評価という観点が欠落している。

そういう他者から評価というものお金であるのだから、時給換算できる性質のものではない。

まり主婦あるいは家事はそもそも仕事ではない。したがって主婦とは無職であるQED

無職を見下すつもりはないけれど、無職が「私だって頑張ってるんだもんっ☆」て宣のは感心できない。

個人的には家事などの時間仕事に使いたいと思っている。

家事代行サービスを隔週で頼んで、1回2時間の月額にして1万9000円のお支払い。

掃除洗濯からから何までピッカピカにやってくれる。

ゴミだって回収してくれるし、買い物も頼んでおける。

家事をしなくていい時間で2万円弱を生み出す仕事が出来るのだから万々歳だ。

そういう意味主婦は確かに間接的にお金につながっていると言える。

だけど月1万9000円と同じ働きならば正直パートにでも出て欲しいね

言い方は酷く悪いけど、その程度のことなんだ。

それを袈裟切りでもせんとばかりに「専業主婦だって大変なの!」というのは、ちょっと認識を改めた方がいいと思う。

そういうと、認識を改めるのは増田の方だと言われるかもしれないけれど、以下のことから専業主婦称賛論」に賛同できない。

一人暮らしでも出来ている程度のこと

主婦は時給換算できる性質のものではなく基本的無職であること

家事代行サービスで補える程度のこと

子どもが出来たなら、その時こそ専業主婦でいればいいと思う、なれるなら専業主夫でもいい。

ただ、その時に「専業主婦称賛論」が出るのであれば結婚生活を考え直した方がいいかもしれない。

将来的に化けるぞ、たぶんね。

その時にはもう遅いか

食べてしまいたいと思ったほど可愛く思えても、その時なんで食べてしまわなかったんだと後悔する日が来る。

きっとね。

http://anond.hatelabo.jp/20160524104642

昔、すごく不思議に思ってたんだけど、子どもクラスみんなと仲良くして、元気よく遊ぶことがよしとされてるのに

親とか見てると、そんなに友達と遊びにいくとかないし、たいていの週末は家にいるわけよ。

会社のことにしても「仕事してたらこんな困ったやつがいた」って話がメインで「会社のだれそれと飲みに行ってこんな話した」なんて楽しい話はでない。

たまに社交的な親もいるかもしれないけど、普通、たいがいどこの親もそうじゃん?

それが大人スタンダードなんだと思う。でも、それをいちいち「ぼっち」だの「友達いない」だの言わない。

いまみんなが「ぼっち」だの「コミュ障」だの言うのは、集団圧力が強い小中高校時代友達いなかったってのがトラウマになってて、それで自分ぼっち属性与えてるだけでは。

大人になったら、そういうのはコミュ障でもぼっちでもない。

暑い増田汗かく貸せ仇住まい津阿うょち(回文

暑いわね!

暑くなってきたわ。

梅雨入り前なのに、

夏って感じね。

まあ、冬よりはいいけど。

でも、最近の早朝の快適さはほんと快適よ!

なんかいろいろ捗るわ。

朝起きたときのしゃっきり感は格別よね。

何かやろうと思っても清々しいじゃない。

夜やろうって思っても、

ぐたーっとして結局やらないのよね。

朝いいわよ朝。

暑くなってきたから水分補給積極的にね!

子どもたちの声「はーい!」)




今日朝ご飯

ご飯炊いたので釜上げシラス飯よ。

無洗米画期的だわ。

最初は水加減が難しかったけど今はうまく炊けるようになったわ。

でもやっぱり普通のお米と比べると味気ないけど!

デトックスウォーター

うそう、コンビニパイン水や梨水ってのが売ってたのよ!

もう、デトックスウォーターも売ってる時代なのね。

ここはハンドメイドにしたいわ!

とおもいつつも、味見味見!

パインウォーターを買っちゃいました。

なかなかイケるじゃないこれ、甘いけど。




すいすいすいようび!

今日も頑張りましょう!