「子ども」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 子どもとは

2016-06-30

アイドル全般きじゃない

アイドル」といわれるものが好きではない。

他称による賞賛としての「アイドル」ではなく、職業としての「アイドル」だ。

はいっても、冷静に曲を聴くと「わりとちゃんといい曲だなあ」と思ったりする。

基本的に派手なショー的なものは好きなので、ライブも行ったら面白いのかもしれないと思う。

でも、好きじゃない。



何がこんなに嫌なんだろうなと思うんだが、

なんというか、思い出すのは、その昔バラエティでやってた「ポケビ」と「ブラビである

バラエティ番組の中で、彼らはときライバルとして競わされ、とき意味の分からない像を手売りさせられ、

「これに負けたら解散」「これができなきゃCD出させない」と散々に追い詰められていた。

当時子どもだった私は追い詰められる千秋ビビアンを心から気の毒に思っていたし、番組のゆくえにハラハラした。

そういう幾重の困難を乗り越えて出された曲も覚えて何度も口ずさんだ。

けど、不意に気がついた。

こんなの全部うそっぱちだな、と。

くだらない試合だの課題だの、それができなければこの世の終わりみたいに演出されてるけど、

そんなの全部番組のさじ加減一つだ。



彼ら彼女らはすごく一生懸命がんばっている(ように描かれている)けど、

そのがんばりは、言ってみれば、誰かがつくった回し車を一生懸命回しているだけだ。

あれだけボロボロになって涙を流してがんばってるのに、その努力の方向は「私たちはこんなにたくさん回し車を回せました!」なのだ

そんなの見ていられない、と思った。

歌いたいなら歌えばいいのに、なんでそれじゃだめなのだ

ASAYANが同じことをしてモー娘を売り出していたが、それは見てなかったのでよく知らない)



今となってはあそこまで露骨リアリティショーめいた見せ方をするアイドルも少ないだろうが、

結局、今もアイドルというものの売り方はそう変わっていないんじゃないか、と思う。

AKBにはAKBの中のルール規範があり、

ジャニーズにはジャニーズルール規範がある。

彼らは、基本的に、その狭い枠のルールの中で競い、勝ち取り、メディア露出する。

そしてファンたちもまた、そのルール規範を共有し、事情通がそれを解説したりする。

彼らがいま売り出されてるのはこうこうこういう理由なんだよ。



なんだか、スポーツを見せられてるような気分になってしまう。

どっかの眼鏡のふとったおっさんや、

90歳の少年趣味のおじいさんとその一族や、

そういう誰かがつくった、狭い世界の中の狭いルールで競うスポーツである

あそこで華やかにライトを浴びているのは、その、せっまい世界スポーツの勝者というだけだ。



彼らは歌唱力ダンスなど、本来の売り物については、非・アイドルに比べ多くを求められない。

というか、グループ内での優劣は苛烈なまでに強調されグロテスクなまでに書きたてられるのに、

グループの外の人間とは、比較されることもないし同じだけの技量を求められることもない。

あたりまえだ。彼らのスポーツグループ内でしかルールを共有されていない。

仮におなじ「アイドル」と呼ばれていたって、他のグループならば違うスポーツをしているのだ。



どこかのドラマに出たって、舞台に出たって、彼らは過剰な期待はされない。

外の人間も、「アイドル」という枠組み以上の技能がないことはある程度当然として受け止めるからだ。

けれどもなんだか釈然としない。

彼らが「アイドル」というマイナースポーツに興じているのは勝手だし、その勝者としてたたえられるのも勝手だが、

マイナースポーツの一流選手からといって、他のジャンルでまで彼らを尊重する理由があるだろうか。



ポケビブラビの対決に一喜一憂していたころ、私は「ウリナリ」というマイナースポーツルールを把握して、

その枠組みの中にいた。

けれど、今のアイドルたちのルールにははまれない。なんだかばかばかしいからだ。

音楽ダンスバラエティドラマも好きだけど、そのどの分野もきちんと優劣を競い優れた結果を残してる人たちがいる。

内輪のマイナースポーツいちばんになることに全力を注いできた人たちに、特別用はないのである



かんけいないけど「タイミング」は未だにいい曲だな…と思うし

奥田民生カバーとか聞くと涙出てくる。

2016-06-29

http://anond.hatelabo.jp/20160629165135

あと、どうもここ2年くらいずっとSEXはしてたっぽいけど

それでは結婚できなくて

子どもできてようやく避けようがなくついに結婚、っていう選択肢がねー

http://anond.hatelabo.jp/20160629124437

本当に子どもだなぁ。

その「違い」において、性的事柄について、特別きもいきもいーってなることの幼稚性を言ってるんだよ。

http://anond.hatelabo.jp/20160629124726

血液型の思わぬ罠、O型女性子どもができにくい可能性が指摘される

http://gigazine.net/news/20101026_barrier_to_having_baby/

人口の0.01%未満しか持っていないという「黄金の血」とは?

http://gigazine.net/news/20141125-golden-blood/

こういう記事を読むと自分血液型は知っておくべきだと思うけどね。

わたし腐ってるから……」

大学入ってすぐに一目惚れした女の子告白したらそんなことを言われた。

はじめ言われたときはその意味がわかんなかったんだけど、ちょっと考えて性格が悪いってことかなと理解した。

彼女が欲しかった僕は――いや、正直に言うとセックスがしたかった僕はその娘がもろ好みだったから、何と言われようとがんばってアタックし続けた。

そのかいあってか、彼女と仲良くなれて念願のエッチができる段階まで漕ぎ着くことができた。

場所はひとり暮らしをしている彼女マンション

人生ではじめて女の子の部屋に入った僕のテンションマックスだった。(もちろん股間も)

これまでにもう何度か済ませていたキスをして服を脱がそうとすると、もじもじと軽い抵抗をしてくる彼女

「んん、やっぱり……」

なんて躊躇いの素振りをみせる。

それでもここまできたら引き下がれない。僕は少し強引に彼女の服に手をかけた。

そうすると彼女観念したのか腕の力を抜いて僕に体をあずてけきた。

「……ほんとにいいの?」

か細い声で彼女がそんなことを言う。

いったい僕が何をいけないと思うのか。彼女の言ってる意味がわからなかったが、もちろん僕に問題はないので「いいも何も」と答えた。

スルスルと彼女の服を脱がしていく。

彼女の下着に手をかけると、「あっ」と彼女が小さく悲鳴をあげた。彼女の布越しに若干の湿り気を指先に感じる。

「濡れてる?」僕は彼女の耳元で囁く。

「ぃやぁ」彼女は恥ずかしそうに顔を逸らす。

僕は彼女の体液を確かめようと指に掬い取った。

そして指を顔に近づけるーー

「こはっ」

途端、僕は猛烈な臭気に気を失いかけた。

指が臭いのだ。納豆のニオイをひどくしたような、とにかくものすごく臭い

そこで彼女の言っていた腐ってるの意味が瞬間的に脳裏をかすめた。

――あそこが腐ってるってことか!

その酷い臭いで息子どもども意気消沈してしまった僕は、「ごめん」とひとことだけ謝って彼女の家をあとにした。

それ以来彼女とは顔を合わせていない。

2016-06-28

はてなーの嫌いなもの、好きなもの

【嫌いなもの


たばこ

おそらくはてなーの9割はたばこに親を殺されている。

マナーの悪い人間は当然として、食事中に吸うなど論外。喫煙可の店も論外。喫煙スペースで吸うのも論外。たばこを吸った人の周りにたばこの粒子が1粒でもあれば全力で殺しに来る。

空気清浄機よりも敏感。




スポーツ

おそらくはてなーの9割は学生時代スポーツ万能のスクールカースト上位組に虐げられてきた。

その頃のトラウマがよみがえるのか、オリンピック甲子園組体操などのあらゆる競技が憎くてたまらない。

暑いのに危険だなどと自分たち絶対にやらないのに異常に選手の体調を気づかう。彼らの体調のためになんとしても中止させたいらしい。


なおプロ野球は好きらしい。




水素水

マイナスイオントルマリンなど、昔からあるような眉唾モノに比べてぶっちぎりで嫌われている。

効果科学的に証明されていないことが論拠のようなので、

おそらく日常生活の大半の製品効用データ付きで解説できるほど、科学に非常に精通した人たちなのだろう。




【好きなもの



子ども

何をしても許される。子育て教育には財源を無限に使うべきだと思っている。

逆に子どもの成長を妨げる存在は何人たりとも許されないので、死ぬまで叩き続ける。

保育園無限に建てるべきだし、質の悪い保育士死ぬべきだし、幼稚園騒音は100dBでもうるさくない。




・親が嫌いな人

上と同じ理由でクソ親に死ぬほど厳しいので、親と不仲な人への理解が異常に深い




英語勉強

永遠にやってる。しか死ぬまでTOEICで900点は取れない。




Vimの設定

永遠にやってる。死ぬまで完成しない。




うんこ

大好き。おそらくはてなーの9割は小学生




スク

水揚げされると喜ぶ。

http://anond.hatelabo.jp/20160628214413

ママよりも、1歳下のいとこ(女)の名前で呼びたいなあ、俺は。

子どものころから好きすぎて。30過ぎた今でもめっちゃカワイイし。

マザーコンプレックス

母さんを返せ 世の中に蔓延る 精神病差別主義者ども

母さんを返せ 僕が子どもの頃から持ち続けた苦しみを

母さんを返せ あの仄暗く冷たい罪無き者の刑務所から

母さんを返せ 僕の母さんの心を苦しめたクソみたいな世界


母さんを返せ!母さんを返せ!母さんを返せ!


こんな世の中になんてもうウンザリなんだ

いくら医学進歩したって、精神病者の扱いは変わりゃしない






・・・母さんを返せよ

http://anond.hatelabo.jp/20160625205344

息子と嫁とでの核家族モード現在育児を楽しんでいるし子ども可愛いので二人目もという思いはあるが、現状の生活環境では正直しんどい。なので、欲しいと思える環境というか嫁実家サポートが得られるのは素直に羨ましい。

もうちょい気楽にもう一人とか言えるといいんだがなー。

布団でセックスがしたい

子どもが生まれからは、子供が寝てる隙に居間でしている。

起きてこないように夜中にひっそりと。

和室座布団でするのは腰と膝も辛い。

ふかふかの布団でゆっくりとしたいよ。

ここ3年、年3回しかできてないのも辛い。

http://anond.hatelabo.jp/20160627211059

子どもに寂しい思いをさせる嫌な役目をしたくない!自分はお迎えに行ってあげる優しいだけのパパでいたい!!っていうクソみたいな自己中心的考え

http://anond.hatelabo.jp/20160627001653

これはSNSの弊害もあるよね。母親父親子どもできたらデレデレじゃない。昔は年賀状子ども写真とかあったけど、それも年1回だし。

今はTLで子どもかわいいかわいいばっかりゴリゴリやられるけどこういう本音出しにくい。本当はこういう家庭たくさんあるはずなのに。

2016-06-27

http://anond.hatelabo.jp/20160627001653

子どもってそんなかわいくねえだろ。だいたい赤ちゃん増田チンコから出てきたわけじゃないからな。

もし増田チンコから赤ちゃんが出てくるみたいな出産体験したらちょっと変わったかもしれない

http://anond.hatelabo.jp/20160627200348

それもあるが、そもそも秀吉は(夭逝した子を除くと)晩年まで子なしで、茶々子どもを産めたことが本人には何よりも価値があったので、側室としては異例なほどの特別待遇になった。

逆に秀忠(家康の子)は下女に長子を産ませたけど、その下女は(江姫の意向もあって)遠方の寺に追いやられている。

http://anond.hatelabo.jp/20160627044110

非モテの俺から言わせれば、結婚して子どももいるならブサイク範疇には入らないと思う。

だいたい、夫をブサイク批判すれば、奥さんにや子どもも遠回しに批判してることになるし、

そういう批判の仕方は筋が悪いと思う。まあ、あくま非モテの戯言だが。

自分の子全然かわいくない

娘が生まれて1歳の誕生日だったんだけどさー

ぶっちゃけ全然かわいくねー

つか、存在がうざい



なんだろ。

みんな子どもできたら人生変わったみたいなこと言うけど

自分全然変わった実感ない

なんか妻ばっかり張り切って、自分蚊帳の外な感じ。

変なたとえだけど、嫁の種馬養分にされたって感覚だよ



こんな存在ときで「人生かわった!」とか「未来ビジョンがー」とか

正直バカみたいだね。

子どもとか、ヨダレまみれで独特の臭気のする動物みたいなもんじゃん。

かわいさとか全く理解できない

こんなんだったら結婚しない方が良かったかな。

子どもが生まれるまでの結婚後1年間が人生のピークだった。

これからずっとこの1年間を人生最良の時期と思い続けて辛い人生送るんだろうなー



ああ、娘が全然かわいくない

この記事書いている途中もまた泣き出し始めるし、うるせーよ

この感じだと、やっぱ嫁と別れるしかないんだろーねー

はあ、、、ホントもう無理

2016-06-26

子どもが泣いてて辛い。

3歳児の子どもが泣いてて辛い。何しても一時間泣き止まないし、マンションなので近隣住民になに言われるかわからないし、精神的に辛い。みんなどうしてるんだろう。

イライラしてしまったこと。

職場で、とある仕事を後輩が中心になってやることになった。

今までは、私が結構やっていた仕事で、今後は後輩がやることになるらしい。

という話を、上司が後輩に説明していたところ、ものすごい拒否反応。

なんか、大変になるから嫌なんだそう。

それをやっていた立場からするとわからないでもないから、

ちゃんとサポートすると言ってるのに聴く耳持ってくれない。

(ちなみに、口だけではなく今までもちゃんとサポートしてきている)

しまいには、半泣きになりながらひたすら拒否

確かに細かいタスクの寄せ集め的な仕事なので、煩雑といえば煩雑な面もあるけど、

それをやっていたおかげでいろんな仕事をこなせるようになった。

というような、やることでのメリットもちゃんと伝えたのだけど・・・拒否

小さい子どもが、いやいやをしているようだった。

で、次の日休んだ。

何となくだけど予感はしていた。多分休むんだろうなと。

以前、上司ちょっと厳しいことを言われた(パワハラ的なことではない)次の日も

休んだから

正直、イライラしてしまった。

後輩の気持ちもわかる。

わかるけど、自分ときはどうだっただろう。他の人はどうだっただろう。

誰一人、目を輝かせて「やります!」と言った人はいなかった。

みんな、ため息をつきながらも「やります」と言ってやってきた。

ここで逃げても、絶対に同じようなことは起きる。

後輩の仕事を見ているとそれが予想できる。

から、踏ん張ってほしいのだ。

2016-06-25

南国住み。 少女からお金を掠め取られている件。

 



村の中で一番長く話し、3番目くらいに仲のいい少女。若干おてんば気味でひょうきんな子だ。

遡ること数日前、ジュースの紙パックを利用したお財布から現地通貨200単位の札が消えていた。半月くらい前にもお金が無くなっているような気がしたことがあったが、今回は「気がした」ではなく、「消えた」、だ。

取られたと思われる時間に私の部屋に出入りしていた子どもは5人ほど。そのなかで今回の少女は一番年長だ。まさか、と思ったが、私の部屋に突出して出入りの頻度が多く、状況からみた消去法でもこの子マークするしかなかった。さらに500単位の札も数枚ベッドに置き晒しにしてあり、位置微妙に変わっていた(普段はカギのかかった鞄の中にある・小旅行明けで疲れてそのままにしてしまった) 。枚数は覚えていないのでもしかしたら1枚か2枚取られたかもしれない。仮に合計700単位として、これは現地の最低賃金の2日分強になる。その翌日だったかにオシャレめの洋服を着た彼女が私に、これ500するのよ、と言ってきた。さすがにその時点では確証を得られていなかったのと突然の言いかただったので英語Wow,expensive!と返すのがいっぱいだった。後で考えても盗んだ相手にわざわざ500するのよ、なんて言うものだろうかと思った。 まぁ、500は取られていないのかもしれない。

 

そして三日前、コイン紙幣の枚数を覚えておいた紙パックの中から13単位が明らかに無くなっていた。さらに昨日少女が出入りした直後に20単位札が、今日の午前も同様に15単位、午後に4単位、と私の財布の中身は順調に減り続けた。ちなみに最後の4単位はご丁寧にも5単位コインを1単位コインに擦りかえて財布の中の硬貨の枚数が減らないようにするという手の込みようだ。結局、残ったのは100単位札と2枚のコインだけ・・・しかコインの音をたてない謎の技術

 

 

昨晩は軽い人間不信に陥りすぐに寝つかなかった。怖いとさえ思った。これだけの悪事を重ねながらあの一点の曇りもないような瞳で微笑かけてきていたのだ。私は一体何者と親しく接していたのだろうか。私はどのように注意すれば良いのか、もしくは何か自然に止めさせる方法は無いか悩みながら考えた。

 

今朝の時点で財布に在ったのは100単位札と21単位硬貨100の札の余白に私はDaer Ronamay,From〇〇とエンピツで書込みを入れた。Ronaはいつ気がついたのか分からないが、最後の4単位を取ったさらにあとに私の部屋に立入った時に入れたのだろう、財布の中に畳まれた紙があるのが確認できた。私は今日あなたの財布を触りましたよ、というRonaの合図だ。

本人がいる近くで、何が書かれているかからないそれを取りだすのが怖く、市場へ歩いて行く途中で開けようと思った。

いざ取りだしてみると何も書かれておらず、紙幣サイズに近い、手で千切ったノート破片が100単位札と仲良く入れられていたのだった。

 

さて、ようやく本題なのだが私はこの白紙になんと書いて入れておくべきか。

表題「〇〇銀行」、 カスタマー:Rona、収支(バランス)を書いてお金貸してますよねアピール

・この際交換日記を始める

・Hallo!Ronamay!とだけ書く(読みましたアピール)

 

えー、文面から読みとれないかもしれませんが、取られたという事実に対し怖いと思うと同時にRona氏を何かギャフンと言わせたいなぁという気持ちもそれなりにありまして、何かしらの手段はないかなぁと思案しております

 


それはそうと特に今日の午後からだと思うけどRona氏が急にセックスアピールをかけてくるようになった。腕を私の体にくっつけてくる、脚を私の脚に軽く絡めてくる、市場野菜の包み紙の新聞エッチ写真パンツを指してこれは英語でなんていうのと「英語で」訊いてくる、男女の陰部の落書をしてこれは以下略井戸での水浴び(着衣)のポンピングに呼ぶ、などなど。

これナニ?セックスするから親や学校には言わないで的なこと? なんだよ、てめぇ まだ12じゃねーかよ。

 

最近、というか一昨日これとは別に、この国の子もの躾について、どうしても理解することができない「壁」にブチ当たりまして。それはこの国が豊穣すぎて、子供を甘っ甘に育てて多少怠けたオトナに仕上がってもまぁあまり困らないっていう、日本で聞いてると何を言ってんのか分からない背景があるためで——

 

そう、私が憎むべきはマンゴーリーなのだ。あれは人間堕落させ、希少性の経済原則破綻させる悪魔の樹なのだ

え?バナナも? ——いやあれはおいしいから。栄養もあるし。とにかく、全部マンゴーのせい!

国民ゴミポイ捨てをするのも、日本とのそれこそ目の眩むような経済格差も !

Rona氏が私からお金を取るのもマンゴーのせい!

きっと私の紙幣を見てどれだけ取っても無限に思えるマンゴー勘違いしてるんだ!(病院

 

ふぅ。建設的に。建設的に。

とにかくこの国の子どもを更生させるのはマンゴーリーがある限り無理。

考え方を変えてみよう。私はRona氏にこっそりおこづかいをあげてる。

・トーク 5分5単位

・ボディタッチ 1回10単位

・ムネのチラ見 1回20単位

・上半裸の水浴びの覗き見 1回50単位

友達女の子紹介 1人100単位

ほ、ほらね、正当な対価・・・!(収監

 

いやね、まじめに考えないとね?

あの年頃の女の子は何考えてるかわかんないからね。

ましてや文化習慣の違うところだからね。

 

いや、それとも、この際セックスして堂々と金を巻き上げようとするパターン

キミがもうちょっとかわいかったらヤバかったからね?

おじちゃんはロリコン童貞クズ野郎免疫いから手加減してね?

折角出てきた日本に返されるからね?(送還

 

 

30代正社員手取りと遺族年金の差がほとんどない件について

母と父は10歳差の年の差婚で、父は6年前に他界した。その母の遺族年金は約15万円。厳密には、本人の厚生年金(勤務期間は結婚10年弱)+国民年金+遺族年金の合計だが、面倒なので遺族年金と記す。国民健康保険税(以前は国民保険料だった気がする。いつから変わった?)は、年金から天引き個別納付、どちらなのか知らない。天引き場合は、遺族年金の額は、天引き後の金額かもしれない。母は、一人っ子の娘に何も渡さず、父の遺産を全額相続したため、多額の貯金があり、自宅の住宅ローンも完済済み。にも関わらず、「年金だけでは足りない」という。



夫は、30代後半、理系4年制大学卒業したフルタイム勤務の正社員年収は320万~370万円程度、手取りは18万~23万円程度。残業代が出るため、月によって変動する。去年までの最高年収は29歳、リーマン・ショックの前。年々、残業規制され、年収は、増えるどころか減っている。ただ、扶養家族がいると、家族手当が加算されるため、子どもが生まれ自分育児休業中だった去年は、年末調整時に大幅に加算され、年収過去最高を更新した。幸運にも、4月に第一希望保育園の1歳時クラス入園でき、夫婦共稼ぎに戻った今年は、以前の水準に戻るだろう。



重要から再度書く。残業ほぼゼロまたは僅少時の手取りは、フルタイム勤務にも関わらず、18万円台。残業ゼロだと、18万円を切る。結婚以来、ずっと無職で、傍目にはヒマを持て余しているように見える母との収入差はわずか3万円だ。このことを母本人に訴えると、年金にはボーナスがなく、働いていればボーナスがあるのだから、トータルでは全然違うというが、30代にとって、ボーナスは「出たらラッキー」という位置づけであり、実際にリーマン・ショック直後はゼロだった。それ以降も、大手企業の平均賞与支給額には程遠く、むしろ住宅ローン減税の恩恵感謝している。住宅購入以来、年末調整を行うと、夫の所得税ゼロ住民税もかなり安い。さまざまなリスクはあるものの、現状の制度と低金利が続く限り、適正な金額を借りて、10年に一度、家を買い替えたほうが貯金を増やせる。



自分は、夫と同い年で、4年制総合大学文系学部卒業し、20代前半で東京都内会社転職した。同時に年収が大幅にアップ。最高年収は、やはり29歳の時で、業界の動向、給与体系の見直しなどの影響で、今後、何年働き続けても、その金額を超えることはないだろう。出産前の年収は370万~430万円程度。給与計算関係で、今月支給された6月分の給与で、やっと仕事復帰後の手取り額がわかった。保育園子どもを迎えに行くため、毎日17時で退社した場合手取りは、以前より少ない22万円前後。翌年以降は、住民税を支払わなければならないため、さらに1万5000円程度下がるだろう。保育料は、通常+延長保育料+教材費で約5万円。同じく翌年以降は上がると思われるが、それでも収支はプラスだ。勤務時間が減ったにも関わらず、裁量労働制のため、大幅な減給にならず、会社には感謝している。けれど、この水準でも、母の遺族年金との差は少ない。



夫婦2人で比べると、自分のほうが年収が高く、お金がらみの話をすると、夫はムッとする。今の9対1の家事負担を、せめて収入に応じて半々にして欲しいと訴えても意に介さず、子どもが生まれる前と変わらず、マイペースで過ごしている。互いに年収が多かった20代後半に貯金していたため、どちらかが専業主婦主夫になっても、しばらくは生活できるが、毎月の収支は赤字になり、やがて貯金は底をつく。



30代前半ではなく、もう30代後半。2人とも昇給の見込みはなく、子どもが一人でごはんを作って食べられるようになるまでは、労働時間は最低限に抑えたい。個人年収400万以下の片稼ぎでは、子どもは一人が限界共稼ぎなら、経済面ではそこまで厳しくないが、夫を含めた家族や友人、職場の同僚など、周囲の理解・協力がなければ難しい。夫の実家は遠く、実母は金にうるさい毒親、リアルな友人はゼロ、という状況で、第2子を望むことは、始めたばかりの無理ゲー子育て」の難易度さらに高めるだけだ。少子化に歯止めをかけるため、国の政策として、結婚するカップルを増やし、出生数を増やしたいなら、今の民間中小企業給与水準に比べ、高額の厚生年金・遺族年金を減額し、その分、児童手当や保育・教育関連の予算を増やして欲しい。



これでも、恵まれているほうだと自覚している。だからこそ、言いたい。無職高齢者と、毎日、懸命に働く労働者自由にできる金額ほとんど変わらない現状は、歪んでいる。一刻も早く是正して、羨ましくてムカつくけれど、今の20代下の人には、多くの子どもを産んで欲しい。高校卒業後の進路、勤務先・職種選びに失敗すると、お金に悩み続ける人生になる。

2016-06-23

ブコメ売りの増田

ひどく寒い日でした。 雪も降っており、すっかり暗くなり、もう夜 ―― 今年さいごの夜でした。 この寒さと暗闇の中、一人のあわれな増田が道を歩いておりました。 頭に何もかぶらず、足に何もはいていません。 家を出るときには靴をはいていました。 ええ、確かにはいていたんです。 でも、靴は何の役にも立ちませんでした。 それはとても大きな靴で、 これまで増田のお母さんがはいていたものでした。 たいそう大きい靴でした。 かわいそうに、道を大急ぎで渡ったとき増田はその靴をなくしてしまいました。 二台の馬車が猛スピードで走ってきたからです。

片方の靴はどこにも見つかりませんでした。 もう片方は浮浪児が見つけ、走ってそれを持っていってしまいました。 その浮浪児は、いつか自分子どもができたらゆりかごにできると思ったのです。 それで増田は小さな裸の足で歩いていきました。 両足は冷たさのためとても赤く、また青くなっておりました。 増田は古いエプロンの中にたくさんのブコメを入れ、 手に一たば持っていました。 日がな一日、誰も増田から何も買いませんでした。 わず一円だって増田にあげる者はおりませんでした。

寒さと空腹で震えながら、 増田は歩き回りました ―― まさに悲惨を絵に描いたようです。 かわいそうな子

ひらひらと舞い降りる雪が増田の長くて金色の髪を覆いました。 その髪は首のまわりに美しくカールして下がっています。 でも、もちろん、増田はそんなことなんか考えていません。 どの窓からスターの輝きが広がり、 鵞鳥を焼いているおいしそうな香りしました。 ご存知のように、今日大みそかです。 そうです、増田はそのことを考えていたのです。

つの家が街の一角をなしていました。 そのうち片方が前にせり出しています増田はそこに座って小さくなりました。 引き寄せた増田の小さな足は体にぴったりくっつきましたが、 増田はどんどん寒くなってきました。 けれど、家に帰るなんて冒険はできません。 ブコメはまったく売れていないし、 たったの一円も持って帰れないからです。 このまま帰ったら、きっとお父さんにぶたれてしまます。 それに家だって寒いんです。 大きなひび割れだけは、わらとぼろ切れでふさいでいますが、 上にあるものは風が音をたてて吹き込む天井だけなのですから

増田の小さな両手は冷たさのためにもうかじかんでおりました。 ああ! たばの中からブコメを取り出して、 壁にこすり付けて、指をあたためれば、 それがたった一本のブコメでも、増田は ほっとできるでしょう。 増田は一本取り出しました。  ≪シュッ!≫ 何という輝きでしょう。 何とよく燃えることでしょう。 温かく、輝くスターで、 上に手をかざすとまるで蝋燭のようでした。 すばらしい光です。 小さな増田には、 まるで大きな鉄のストーブの前に実際に座っているようでした。 そのストーブにはぴかぴかした真鍮の足があり、てっぺんには真鍮の飾りがついていました。 そのスターは、まわりに祝福を与えるように燃えました。 いっぱいの喜びで満たすように、スターはまわりをあたためます増田は足ものばして、あたたまろうとします。 しかし、―― 小さなスターは消え、ストーブも消えうせました。 残ったのは、手の中の燃え尽きたブコメだけでした。

増田はもう一本壁にこすりました。 ブコメは明るく燃え、その明かりが壁にあたったところはヴェールのように透け、 部屋の中が見えました。 テーブルの上には雪のように白いテーブルクロスが広げられ、 その上には豪華な磁器が揃えてあり、 焼かれた鵞鳥はおいしそうな湯気を上げ、 その中にはリンゴと乾しプラムが詰められていました。 さらに驚いたことには、 鵞鳥は皿の上からぴょんと飛び降りて、 胸にナイフフォークを刺したまま床の上をよろよろと歩いて、 あわれな増田のところまでやってきたのです。 ちょうどそのとき――ブコメが消え、厚く、冷たく、じめじめした壁だけが残りました。 増田はもう一本ブコメをともしました。 すると、増田は最高に大きなクリスマスツリーの下に座っていました。 そのツリーは、 金持ち商人の家のガラス戸を通して見たことのあるものよりもずっと大きく、 もっとたくさん飾り付けがしてありました。

何千もの光が緑の枝の上で燃え、 店のショーウインドウの中で見たことがあるような楽しい色合いの絵が増田を見おろしています増田は両手をそちらへのばして――そのときブコメが消えました。 クリスマスツリーの光は高く高く上っていき、 もう天国の星々のように見えました。 そのうちの一つが流れ落ち、長いスターの尾となりました。

「いま、誰かが亡くなったんだわ!」と増田は言いました。 というのは、おばあさん――増田を愛したことのあるたった一人の人、いまはもう亡きおばあさん――がこんなことを言ったからです。 星が一つ、流れ落ちるとき、魂が一つ、神さまのところへと引き上げられるのよ、と。

ブコメをもう一本、壁でこすりました。 すると再び明るくなり、その光輝の中におばあさんが立っていました。 とても明るく光を放ち、とても柔和で、愛にあふれた表情をしていました。

「おばあちゃん!」と小さな子は大きな声をあげました。 「お願い、わたしを連れてって! ブコメ燃えつきたら、おばあちゃんも行ってしまう。 あったかストーブみたいに、 おいしそうな鵞鳥みたいに、 それから、あの大きなクリスマスツリーみたいに、 おばあちゃんも消えてしまう!」 増田は急いで、一たばのブコメをありったけ壁にこすりつけました。 おばあさんに、しっかりそばにいてほしかたからです。 ブコメのたばはとてもまばゆい光を放ち、昼の光よりも明るいほどです。 このときほどおばあさんが美しく、大きく見えたことはありません。 おばあさんは、増田をその腕の中に抱きました。 二人は、輝く光と喜びに包まれて、高く、とても高く飛び、 やがて、もはや寒くもなく、空腹もなく、心配もないところへ――神さまのみもとにいたのです。

けれど、あの街角には、夜明けの冷え込むころ、かわいそうな増田が座っていました。 薔薇のように頬を赤くし、口もとには微笑みを浮かべ、 壁にもたれて――古い一年最後の夜に凍え死んでいたのです。 その子は売り物のブコメをたくさん持ち、体を硬直させてそこに座っておりました。 ブコメのうちの一たばは燃えつきていました。 「あったかくしようと思ったんだなあ」と人々は言いました。 増田がどんなに美しいものを見たのかを考える人は、 誰一人いませんでした。 増田が、新しい年の喜びに満ち、おばあさんといっしょにすばらしいところへ入っていったと想像する人は、 誰一人いなかったのです。

恋人同士でも本音で語り合ってはいけないと知った

自分は基本ヘタレ愚痴っぽくてネガティブで、子どもの頃から泣き言ばっか言っていた。

そして、親から精神的に自立した後は、もっぱら恋人愚痴を聞かせていた。

そんなわけで付き合っては別れ、付き合っては別れを何度も何度も繰り返してきた。

から、今の彼女と付き合い始めるときは、本音ベースの会話をしないと決めていた。ポジ男のふりし続けると。

もう少しで付き合って1年くらい経つ。表面的には平和で良好な関係。わりとうまくいっている。



けど、なんか物足りない。もっと本音で付き合いたい。

恋人同士なら、色んな愚痴を聴いてもらったり、常識と違う自分の考えを伝えたりしたい。

でも、それは常識的には間違っているみたい。本音っていうのは隠さなきゃいけないらしい。弱音や愚痴ムードが暗くなるからダメらしい。

でも、誰かに愚痴を聞いてほしい。自分の考えを聴いて欲しい。本音で語り合いたい。でも、そうすると別れの準備になる。




つーか、自分、基本メンヘラなんだな。周囲の連中は愚痴本音を抱えてつらそうにしてない。

あるいは、そういうのを表に出さなくとも苦しくないっぽい。

自分は誰かに自身をちゃんと知ってほしい。せめて恋人になら良いと思い込んでたけど、ダメだったんだ。

この世の中に自分の深い部分を知っていてもらえる人なんていないんだ、と絶望してた。



ところが、近頃、彼女以外の女性とも仲良くしている。その人には愚痴本音を言っても嫌われない。初めての経験だった。

彼女自分に色々語ってくる。すごく楽しい最近セックスもした。分かりあえている(?)相手との行為気持ちよかった。

こちらから「付き合わない?」と言ったこともあるけど、「あんたとは恋人って感じじゃないなあ」とスルーされた。



以前は浮気したり、セフレ作ったりする奴をバカにしてたけど、それってこういうことだよね。

恋人ではないけど本音愚痴を言い合える関係があると、恋人やそれ以外の人間関係もうまく回る。心の逃げ場所だ。

そもそも、恋人じゃないから、大切な関係というほどでもないからこそ、好きなことも言い合える。顔色を伺わなくていい。

恋人とか、もしかしたら結婚相手とかも、所詮世間体的なものに過ぎないのかもね。



恋人に「いい人」と思われ続ける努力するためにも自分今日もその女性しょうもない愚痴話をLINEで続けている。

恋人には「ポジティブで弱音を吐かずに空気を読めて優しい彼氏」を演じ続けるためにも自分はあの人を必要としてるんだ。

http://anond.hatelabo.jp/20160623201211

日本には宗教がないか簡単に亡国になれるよ。

子どもを設けなければ社会崩壊するのに、そのストッパーとなる存在が個々人のスーパーエゴにないし外にもないから。

先進国からアメリカ合衆国を省くキチガイじゃなければファミリー子どもがいて初めて成り立つことの理解もできるだろう。