「子ども」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 子どもとは

2016-09-26

ペット避妊手術をするなら、てめぇの子宮を抜いてからしろ

犬や猫、果てはウサギなどのペット避妊手術をする女飼い主が増えている

特にウサギに至ってはメスが妊娠しない場合、約50%と高い確率子宮がんになるなどと、どこぞで吹き込まれたらしく

長生きしてほしいから」とか言う理屈をこねつつ動物病院一人暮らし動物を飼ってる女がやって来る訳だが、

子宮がなきゃ癌にならねぇのは、てめぇら腐れマンコも一緒だぜ?

使わなければ子宮がんリスクが高くなるのも、てめぇら腐れマンコも一緒なんだぜ?

3回以上の出産するとリスク高まる子宮頸がんだって子宮がなきゃ癌にならないんだぜ?

ペットの為にも、てめぇらも長生きしなくちゃいけないんじゃないの?

まずは、てめぇら腐れマンの子宮を抜いてきちゃあどうよ




動物ってのは牛豚鶏羊の食肉用動物からペットに至るまで、人の為にその命を犠牲にしてくれている

彼らに感謝して、愛情を注いで、時にはパートナーとして共に歩む事は人生を豊かにしてくれるだろう

食卓に上がる為に育てられてる豚だって畜産農家愛情込めて育てている

盲導犬災害救助犬の様な、人の人生を救う動物には、子ども一人を育てられる程の金すら使われる

その愛情は、血を分けた我が子に注ぐものなどと、その本質は同じもの

どこの親が、自分の血を分けた子供の子宮がんリスクを抑えて長生きさせるために、避妊手術を受けさせるんだろう?

てめぇらがやってんのはそういう事で、だから、腐れマンコがペットを飼うという行為は、どんなオナニーよりも醜くて

動物を飼うと言う意味が限りなく軽くて恐ろしくすらある

実際、女の一人暮らしが飼ってる犬は、くっそ甘やかされてて躾もなってないアホ犬しか見た事ねぇ




ペットと同じ痛みを味わって、一緒に長生きする為に、同時に避妊手術受けるなんてどう?

ペットへの愛情の深さをこれ以上ないほど完璧アピールできて、犬のママ友間で圧倒的差別化が出来るよw

どうせ一人暮らしペットを飼ってる地雷なんぞ、滅多な事じゃ拾って貰えねぇから子宮なんか要らんだろうし

三十路も後半になれば諦めがつくんでないの?w

http://anond.hatelabo.jp/20160926153554

普段から重たい荷物を持ってあげていたのを、妊娠中には軽いものでも持ってあげていた。

・・・なんていうのなら忘れているよ。



出産して子どもが歩けるようになったら、どんなに重たいものでも持たせるんだ。

そしたら「妊娠中はあんなに優しかったのに・・・」ってなるよ。


(本気にするなよ)

10年前のあの日、俺はKくんに電話を掛けることができなかった

来年で30になる。

 

子どものころ海外に行って別れて、久しぶりに地元に帰ってきたKくんはモデルを目指すという話を噂で聞いていた。

そして当時一番の親友だった俺と会いたいという意図を聞いた。

一方、俺は学生ニート引きこもりと化していた。

どうにかしなければならないと思いつつも完全に対人恐怖症になっていた。

電車の中の女の子たちの笑い声ですら動悸がして、非常にストレスになる、今思えば完全に病気だった。

あえば当時10年ぶりの再会となるが、俺は旧友とは誰とも会わなかった、会いたいと思わなかった。

その時、成人式親友だったやつと目があい、頑張って明るく挨拶したが無視されたのを思い出していた。

こんな俺をみてもコメントに困るだろうし、俺もK君の中の思い出を汚したくないし、何よりとても辛いので会うことができなかった。

会わなければいけないことは頭では分かっていたが何もできなかった。

都合が悪いふりをして会わなかった。

ドアには電話番号が書いてある紙がかけられていた。

 

それをアパートに持ち帰って電話を掛けようか、夜中に考えた。

考えて考えて、やっぱり電話を掛けるべきだと思ったが、とても何を話せばいいのか想像が付かない。

どう受け答えすればいいのか全くイメージができない。

何を言えばあの頃の思い出を汚さずにキラキラとさせたまま期待を裏切らずに電話を切れるのか考えた。

しかいくら考えても答えはでなかった。

つの間にか俺は真夏暑い夜の空の下にいた。

家の前のアスファルト道路の上に、靴を履いてパジャマ姿で立っていた。

携帯電話を片手に、視線を何度も地面と空を往復させて考えた。

長い時間が経ったように思えた。

答えは出なかった。

10年前の俺はKくんに電話を掛けることができなかった。

 

それからしばらくはそのことがずっと心のしこりで残り続けていた。

俺はというと頑張って大学卒業して何とか就職して働きだした。

勤務中でも増田が書けるだけの緩い職場だ。

もちろん忙しいときはそんな暇はないが。

何とかまともな社会人になってきたところでふとそのことを思い出した。

 

名前特殊なだけあってネット簡単に今の近況を調べることができた。

モデルを目指している人間ブログツイッター本名でやらないわけがいからだ。

特定やす情報もいくつか揃っている。

5分もかからずに特定できた。

10年前の俺にはできないことをしている。

今度ライブをやるらしいが、あいにく見に行くことができない距離だ。

特に大きな病気もせず活動を続けてきたんだなということがわかった。

残念ながらTVドラマに出まくるとか大ヒット歌手になるというところまでは行っていなかったが。

何か一言でいいから伝えたい気持ちが強くなった。

 

でも、10年前の俺の電話を掛けることができなかった俺と、

今の俺は何が違うのだろうか?

今でも俺は自分武器を取られたらオロオロして自信を無くして取り乱す人間だろう。

少し仕事ができるようになったせいで偉そうな精神性と虚ろな自信を身に着けたから、

今連絡を取りたいとか応援したいとか思い出しただけだ。

要は、自分に必至じゃなくなったか他人人生ちょっかいかけたくなったのではないか

今朝からそのことを仕事をしながら考えていたが、

どうしてもその疑惑が晴れることはなかった。

 

俺が伝えたいことはこうだ。

10年前Kくんに電話をかけなかったのは決して嫌いだとか関わり合いたくないからではなく、

今の汚物のような俺がモデルを目指す君のキラキラとした思い出を汚しかねないと判断たからだ」

「そして汚さないように交流を持つということも当時の俺の能力では不可能だったからだ」

「もし、嫌われたとかそう思っているのなら誤解だ、10年間何も言わずにすまなかった」

「今はバンドしたり歌手をしたりして幅広く活動してると思うけど、もし機会があればライブを見に行きたい、頑張って」

10年後である今の俺に、これを誤解なく、かつ円満に伝えられるだけの自信はなかった。

 

どうやら俺は10年前の俺と同じように、あの当時から10年後の未来の俺は同じように、

きっとまた連絡を取れずに終わるのだろうか。

俺が自分の心のしこりである重荷を解き放たれたいという欲求があるのか、

それとも未だに自信がなく怯えているのか、

あの当時自分の選んだ選択を一生責任を取って肯定するべきなのか、

難しいことを考えずに連絡を取り、何事もなく終わるのを期待するべきなのか、

Kくんにとって何が望ましいことなのか、古傷をえぐることにならないのか。

 

10年前も10年後も俺は答えを出すことができない。

Kくんが増田なわけはないが、

万が一にも増田なら、

あの時俺が会わなかったのは、どんな顔で会えばいいのか分からなかったんだ。

電話を掛けなかったのは、どんな話をしたらいいのか分からなかったんだ。

そして今も連絡を取れないのは、もう自分が何を本当に従っているのかも、

何をすれば一番正しい結果になるのかも、判断できないからだ。

 

すまん、Kくん。

立派になったら連絡を取ると誓ったが、

俺には一生無理かもしれない。

どうすればあの時と10年間を軽く謝って応援できるのかイメージが付かない。

俺は何も変わらなかった。

とても悲しい。

夢を叶えてください。

家族と仲良さそうだし、健康そうでよかった。

もし行ける範囲ライブがあったらこっそり顔出しますね。

本当はもっと文通していたかった。

でも日本語を忘れかけていると書いていたのを見て、

もうこちらでのことは忘れて新しい生活になじむのを優先した方がいいのではないか

そのとき僕は思ってしまった。

お金もかかるし、続けるだけの勇気も知恵も無かった。

いっしょに遊んだこととか、今でも全部覚えてる。

本当にありがとう

また、いつか。

 

Wより

親のエゴの塊の気持ち悪い絵本

http://momnote.hatenablog.com/entry/2016/09/26/絵本】上の子気持ちを描いた『ちょっとだけ』

驚いた。

この本、持ってる。

義父から、2人目が生まれときにもらった。

私は、「何て気持ちの悪い絵本だろう。」と思った。

あらすじを説明すると、

「妹(弟?)が生まれた幼い主人公(3〜5歳)が、母親に甘えたいけれど、

妹(弟)で世話で忙しいので、着替えや、牛乳をつぐ、などを自分でする。」

というもの

大人が一人で読んで、

「何て健気な子だろう。」

と思うだけならいい。

しかしこれは子ども向けの絵本だ。

「姉、兄はワガママ言うな。甘えるな我慢しろ自分のことは自分しろ。」

絵本で、幼い子ども洗脳する。

親の都合の良いように。

この絵本で泣ける親の気持ちが分からない。

私は、狡猾だと思う。

長谷川某の家族って

けっこう近所の目が気になると思うんだよな、一家大黒柱炎上芸人ではきつい。

子どもイジメられないか? 金あるだろうから人権意識高い系が多い地域に住んでいるだろうし。

金持ちだって若いときの暴飲暴食が祟って透析受けている連中だっているわけで、

そんなとき長谷川某の奥さんとかと会ったら嫌味の一つでも言いたくなるだろうし

炎上芸をやめろとはいわんが、炎上芸なんて失う物が無い底辺ブロガーがやるべきもんであって

あいフリーアナウンサーやら大学教授やらがリスクを犯してまでやる価値はないと思うんだが

2016-09-25

ペドフィリア公言することはそれ自体犯罪である

具体的には、迷惑防止条例違反する。

(東京都 公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例)いわゆる迷惑防止条例というやつである。例として東京都を挙げるが、同様の条文が全ての都道府県にある。



五条 何人も、正当な理由なく、人を著しく羞恥させ、又は人に不安を覚えさせるような行為であつて、次に掲げるものをしてはならない。

三:前二号(引用者註:なお、第一号には痴漢、第二号には盗撮行為が挙げられている)に掲げるもののほか、人に対し、公共の場所又は公共の乗物において、卑わいな言動をすること。



幼い女の子性的行為(ここでは、挿入それ自体だけではなく性器を触る・触らせるなどを含めた行為総称として使う)を行うことはそれ自体犯罪である

そして、ペドフィリア公言することはつまること「幼い女の子性的行為がしたい」と言っているのと同義であり、そのことで子どもを持つ保護者不安になっている以上、それは迷惑防止条例違反であるQ.E.D

長谷川豊が言うべきだったこと

正直、言葉狩りがどうとかは低レベルすぎて泣けてくる

  • 殺せと言う文言を入れた事は謝るべき
  • その上で主張の骨子は間違ってない事を改めて主張する
  • そしてアホは煽る

これが入ってれば、致命的な問題回避しつつ炎上も持続できるし、これでいい


例えば、

直接的に生死に関わる言葉を使った事は、仮に違法でなかったとしても不適切発言だった事は確かです。

この点については、世間をお騒がせした事と、また必死努力にも関わらず発病した透析患者の皆様に不安を与えた事は謝罪したいと思います

大変申し訳ございませんでした。



しかしながら、私が謝罪たからと言って、透析患者にかかる経費が削減される訳ではなく、

また自堕落人間自業自得透析患者になる事実に一切の変化はありません。

ただでさえ8万人もの患者の全員に年間に500万以上の治療費が生涯にわたってかかり続ける事は、日本の皆保険制度を脅かす要因の一つです。

その上、透析協会などと保険制度に巣食って利益を生まずコストを食い潰す団体までいる始末です。

この様な皆保険制度制度上、必要とされる莫大なコストを、どの様にすべきかという事は、我々日本人共通問題でしょう。

保険制度は素晴らしい制度であり、今後も維持し、子どもたちの世代へと引き継ぎたいと、多くの日本人同様に私も望んでいます

社会保障コスト問題という重要課題に対する議論を、私の不用意な発言で歪めた事をふがいなく思うとともに

多くの日本人にたいして申し訳なく思っています



今後も皆保険制度を維持するためには、コストの削減をしなくてはなりません。

少子化による税収の減少、老人の増加による医療費の増加は制度を維持するための楽観的予測を全て砕くほどです。

8万人が年間500万を必要とする事実をどうすべきかという議論は、皆保険制度崩壊していく過程で、必ず生まれるでしょう。

では、どうすべきかといえば、遺伝など十分に医学的にも統計的にもやむをえないと見なせる患者以外

自業自得」で発病したものは、他の病気同様に3割負担にする所から始めるべきでしょう。

なすべくなく保険制度崩壊させてしまえば、完全に補助が打ち切られ、透析患者殆どが死んでしまう事になるのです。

この様な重要議論を、私の失言を攻める事で歪める事も、どこまでを補助の対象とするかの議論を避ける事も

透析患者を殺す事と同義であると言ってもいいでしょう。皆さんは、殺人を犯したいのでしょうか?

しか一部の人間は、憲法25条を唱えれば、無限に金が湧いてくるとでも思ってるかのように愚かです。

彼らには、誰一人救うことが出来ない。

彼らの様に愚かでなく、責任ある大人として子供たちに引き継ぐ社会の姿を憂う皆さんに、

私は今後も問いかけていきたいと考えています



「殺せ」という感情の極まった一言で、世間をお騒がせする事になりましたが、

我々が誇りにし、頼りにしてきた皆保険制度を持続させるためには、今まさにコスト圧縮考慮すべき段階に来ていることを

皆さんにご理解いただければ幸いです。



最後ですが、遺伝などの要因で、必死努力もむなしく透析患者となった皆様に無用不安を与えました事を改めてお詫びします。

こんな感じやろ

ちんこは標準かちょっと大きめくらいの大きさ希望

小さいのは絶対嫌なのに旦那は小さい。

三十路でどうしても結婚してしまいたくて、小さいの嫌って言えなかった。

すごい後悔してる。

入れててもあんまり感覚ない。

入ってきた感がないというか。

一年も経てば小さい人のモノに馴れて、私の方が縮まるかと思いきや、

やっぱそんなことなくて、全然物足りない。

この先、短小としかやれないのかと思うと泣きたい。

子どももできてしまって、まじで泣くしかない。

AVディルド代わりの小瓶各種が愛人で、旦那留守時はオナニーしまくりです。

甘え下手な子ども

息子が甘え下手だ。

常に嫁の機嫌が悪い。

息子はただ人を笑わそうとか、べたべたしたいだけなのだが、

とにかく間が悪い。

出かける直前にできるはずの着替えをせがむ。

寝かし付けの最中に歌いだす。

風呂上がりで汗だくの嫁に抱きつく。

俺が口を出せばよけい悪化する。

どうにかならんもんかな

2016-09-24

このまま生きていける気がしない

幼い頃からずっと人の気持ちのわからない子どもだった。

小学生の頃は他人罵詈雑言ワガママをぶつけながらその自覚がなく、当たり前のように孤立していた。

中学時代にこの言動トラブルを起こしてからは一転して徹底的にいい人を演じるようになった。高校生とき自分からまれてもいないクラス仕事をどんどんやって、聖人扱いされた。だけど受験前に心の余裕がなくなっていった。偏差値が上がらなくて泣いているクラスメイトに余計な言葉をかけて神経を逆撫でしてしまったこともあった。化けの皮が剥がれて、卒業するときは周りの人からしかけられることも少なくなっていた。

大学に入るときにはリセットしようと思って焦りすぎた。空回って周りと打ち解けられず、気づけばみんな仲の良い友達を見つけていた。周りが談笑しているときには何が面白いのかわからない。サークル新歓でも私が喋ると空気が冷える。高校生ときよりずっと寂しいけど、もう取り返しがつかない。誰とも会話がかみ合わない。まともな人間関係が成り立たないのだ。

幸いなことに、長期休みごとに遊びに行くような友達は片手の数ほどだがいる。けれど、その人達にはもっと楽しく笑って遊べる別の友達がいて、私はお情けで一緒にいてもらっているだけな気がする。その友達が悩みを私に話すことがなく、息のあった会話もできないのは、私が自分のことで精一杯で人の悩みを聞いたり、その人の1番いってほしいことを言えるような人間ではないからだ。自覚はある。でも、どうすれば他人気持ちよくなれるのか、私にはどうしてもわからない。頭でわかっていても実行はできない。

そして、私も遠慮と不信感が重なって本当の悩みは言えないし自分は出せない。心を開いていないことを悟らせないように、口からから次へと薄っぺらくてつまらなくてひどい言葉が湧いてきて、止めることも誤魔化すことも下手だ。そのうちに話すことに疲れて、相手にも興味が持てなくなる。そのことを相手もわかっているから、お互いに心の扉は閉じたままだ。

もう20歳になるが、心から笑って話せるのは家族だけだ。精神的に疲れたときに甘える相手母親しかいない。それ以外の人だと、相手許容範囲がわからずに疲れさせてしまうから

周りの同級生は、やすやすと人と打ち解け、スケジュール帳をびっしり埋めて、楽しく生きているように見える。彼らにも彼らなりの悩みはあるはずだ。でも、私はそこにすら到達できない。いたずらにだした話題面白いと思っているのかつまらないと思っているのかわからない。相手話題に素直なリアクションがとれない。何もかも壊れたあとで気づく。

こんな私でも中学ときよりはマシだと思う。結果が残せたとは言いづらいけど、それでもあのとき変われたのだから、とも思う。けれど、20年も続いてきた自分本位な考え方を変えたり、あるいは誰かに依存せずに済むように自分の足で立つことが、果たして社会に出るまでにできるのだろうか。

要領は悪かったけど勉強だけはできたから、そのことで自尊心を保っていたけど、大学に入った今、私より頭のいい人が星の数ほどいることぐらいはわかっている。それなのに自分知識無意識のうちにひけらかしてしまうこともある。技術も社交性もない私に一体なんの価値があるのだろう。頭でっかちで半端な知識を撒き散らす壊れたスピーカーだ。

幸か不幸かギリギリのところでレールからは降りずに生きているけど、そろそろ限界が見えてくる。いつまでも親に甘えて頼り切ってしまったら、いつか親が私を支えられなくなったとき共倒れだ。そのときに親を支えられるような人間になれるだろうか。そして辛いときに支えになる人を、大人世界で私は見つけられるだろうか。そしてその人が倒れそうなときにも支えられるようになれるだろうか。その人を笑わせたい、悲しませたくないと素直に思えて、そのために心を尽くせる人はできるだろうか。

今すぐにでも動かなきゃいけないはずなのに、エラーしてでもトライしなければならないのに、さもなければもっと知識技術をつけて強くならなければならないのに、そのどれも私はできずにいる。永遠に家で何もせず暮らせていけるものだと心のどこかで信じている。そんなことはないのに。

一体私という存在にどんな意味があるのだろう。ネットの海で痛みをごまかそうとしたけど、無数の「ふつうのひと」の言葉ますます無力感自己否定を招くだけだった。こうしている間にも夜が明けて、私はまた1日を無駄にする。足踏みを繰り返す。頭だけが空回ってオーバーヒートする。なんの解決にもならないパニックを起こす。

頭で考えたことを実行するのがいつからこんなに下手になったのだろうか。

このまま消えてしまいたいけど、それも勇気がなくてできない。こんなの20歳の悩みじゃない。真面目なせいで単位は揃っているから、順調に大人世界が近づいてくる。

何者にもなれず棘を生やしたまま腐っていきたくない。嫌なことがあって夜に叫びたくなったので文章にした。

ここまで書いてもなお、見える答えを直視できない自分がいる。

2016-09-23

奈良イベントロゴ住民訴訟の件だけど。

これハフィポスに出る前からニュースでやってて憤慨してたんだけど。

http://www.huffingtonpost.jp/2016/09/22/is-the-nara-logo-design-too-expensive-_n_12130574.html


まともなプロ仕事なら、「単なる絵」ができあがるまでにね、

いろんな人が多くの時間を割いて関わってんのよ。

まずイベントならイベント性格ターゲット分析して、

こういう感じのものにしようとコンセプトを出す。

クリエイター以外にもいろんな人がこの段階で関わる。

場合によってはいろんなロゴデザイン資料を集めて

(下っ端デザイナーあっちこっちをかけずり回って探す)、

あーでもないこーでもないをやる。

コンセプトとデザイン方向性が決まったら

それを複数人デザイナーに下ろし、

デザイナーごとに1020も、場合によっては何十案もデザインする。

デザイン案が上がったら、

アートディレクタークリエイティブディレクター

その中から適切なもの複数ピックアップし、

それぞれにディレクションを入れてブラッシュアップする。

それでできた数案のロゴ案をクライアントに見せる。


ちゃんとしたところでちゃんとロゴデザインしようとしたら、

最低でもこれくらいの段取りを踏む。

高名なアートディレクターは得てして

時間があればあるほどブラッシュアップに注ぎ込むから

複数の下っ端デザイナー徹夜する日も少なくないだろう。

広告制作業がブラック業界なのは周知の事実だが、

こういう作業に対して「単なる絵」には30万円が妥当とか宣う

ウンコナメクジなやつが幅を利かせているお陰で、

デザイナーたちがどれだけ徹夜を重ねる日々を送ってもろくな稼ぎにならない。


「見張り番・生駒」の首魁たる阪口保県議サイトを見てみよう。

http://www3.kcn.ne.jp/~hayaku/

ウンコだっさいサイトである

デザインなんてまったく理解していないのであろうことが一目瞭然である

恥ずかしげもなく「ロゴは単なる絵」と言い切ってしまえるような

クリエイティブ業に対する評価ウンコさがうかがい知れる。

子どもたちに借金を残さない」のは結構だが、

そのために広告業界ブラック労働デザイン提供すべきとでもいうのだろうか。

政策Not Found。ごあいさつNot Found。ご意見Not Found

脳味噌の中身もNot Foundでないことを祈る。


「見張り番・生駒」のサイトはこちらである

http://www.geocities.jp/miharibanikoma/

この市民組織は、行政による違法・不当な行為是正住民主体行政が実現されることをめざします。

又、住民監査請求住民訴訟などの法的な手段行使しながら住民税金無駄に使われていないか監視していきます

無駄”とはなんぞや?

イベントの規模に比して妥当発注であったかの精査なら理解はするが、

“ただの絵には30万が妥当”などというウンコしか視界に入ってなさそうな意味不明基準

広告制作業の事業が成り立たないウンコレベル低価格規定することは

行政による違法・不当な行為」に当たらないと強弁するつもりだろうか。

自分たち目的のためなら他が不法・不当に搾取されても構わないのがこの市民団体スタンスだろうか。

ていうかね、こういう自分たち正義に目が眩んで世間知とバランスを欠いた「市民団体」にはうんざりなんだよ、

狭い正義を振りかざしてまっとうな生業を営んでる人間ウンコまき散らしてんじゃねーよくせーな。

残業をしたがらない後輩をみて思ったこと

転職してきて半月の、いつもどんなときでも意地でも定時であがる後輩がいる。

2歳と4歳のお子さんがいて、奥さんが専業主婦

そんな後輩から何度も聞かされた発言が以下です。


子ども育児ノイローゼぎみになってるから

前の職場絶対に定時で上がるようにしていました。」

「急な仕事振られたときは、応急処置的な仕事で済ましたりして、

なんとか奥さんのサポートをしてました。」

日本人はそれなりの給料しかもらってないのに、必要以上に頑張りすぎなんです。」

日本人も、海外人達のように、給料分は働くけど頑張りすぎず、

自分家族もっと大切にするべきだと思う。


本人が言いたいことはわかるんだけど、納得できない。

子ども達はお父さんが早く帰ってくるの、嬉しんだろうなと思うけど、

自分が奥さんだったら、家庭を省みる頼れる旦那さんだと思うのかもしれないけど、

まずは仕事をこなせるようになって、職場の信頼を勝ち取ってからじゃないの?

まだ仕事に慣れないあなたミスや、仕事の進行に全く意味のない「WHY?」を解消するために、

自分仕事を後回しで、丁寧に説明する周囲の人間残業してるのは無視なの?


転職してすぐの大変さがわかるからできるだけ丁寧に接してきたつもりだけど、

ここ最近は、同じミスを何度もしたり、お得意の「WHY?」を使ってきたら、怒りを通り越して呆れます

転職回数が多い人、いい歳して異業種に転職してくる人、

入社してすぐから自分プライベート

惜しみなくさらけ出す人にはやはり地雷が多いのだと思いました。


あれを反面教師にして、自分の30代計画をしっかり練っていこうと思います

いあすたみな太郎!!!

舌の裏に口内炎ができてしまった

多分ストレスと歯磨きせずに寝てしまったせいだ

来週久しぶりにすたみな太郎行くからそれまでには治して万全の態勢でのぞみたい

楽しみすぎる

いいおっさんだけど

いろんなものをちょこっとずつ食べられるってのがすごく贅沢で素敵な場所だと思うんだ

とにかくプリン食べまくりたいってが今一番考えてることかな

焼肉は数枚食べたらいいか

唐揚げ系のお子様メニュー絶対押さえたい

カレー一口だけ食べるのだ♪

わたがしもあるかな、あるといいな

ラーメンあるかな、あるといいな

寿司も一通り全部食べたいな

楽しみたのしみたのしみすぎる!ふんぐるい!

焼肉食べ放題とかもうそんな焼肉だけたくさん食べたいとは思えないし

ただしすたみな太郎NEXTてめーはだめだ

都心部地価いからって品数すっげー少ないくせに値段はいっちょ前に高いとかすたみな太郎本質を履き違えてる

あああとにかく楽しみすぎる

すたみな太郎すたみな太郎

もし恋人ができて結婚して子どもができたら絶対すたみな太郎につれていくんだ

叶わぬ夢だけど

叶わぬ夢だけど

でも今は来週のすたみな太郎が楽しみでしょうがないんだ

それだけでいいんだ

それだけでいいんだったら

http://anond.hatelabo.jp/20160922220046

子どもかよ

俺が小学生ときに後悔して次回以降その反省を活かして身の丈にあった量だけ食べられるようになったのに、なんて卑しいやつなんだお前は

まず、どうして食べ過ぎるのかを分析しろ

元をとろうとしてしまう吝嗇精神か?

たくさんあるとあるだけ食べようとしてしまうただの食欲か?

理由によって対策も変わる

まずは理由自分で考えろ

子ども遠征費の募金

全国的ものなのか、ローカルものなのか分からないけど、

会社で、子ども野球チームとかバレーボールチームとかに入ってて、

全国大会に行くってんで、費用を募るヤツが何人かいる。

それが不愉快

知らねーし。

お前の子もの趣味に何で金出さなきゃなんねーんだよ。

さないけど。

でも直属の上司だったりすると、オレもホラ、外面いいからさ、出すけど。

不愉快

会社プライベート持ち込むなっての。

自腹で行けや。

誤用?】「課金した」で占う性格診断【許容?】

よくあるスマホゲーで「課金した」みたいな表現

課金は金を課す側の行動なので課される側が「課金した」はおかしいだとか、わかっちゃいるが通りがいいので使ってるだけだとか、いや子どもが誤って覚えて受験就活で失敗したら大変だとか、そんなこと考えたこともない普通に使ってるよとか、この言葉へのスタンスは人それぞれだろう。



そこでちょっと唐突なんだけど、別件のついでで「課金」で占う性格診断ってのを考案してしかし使う当てがなくなっちゃったからお前らもしよければやってみてくれ。

俺は大学でこういう専門、まあ社会人工学っていうんだけどそういうのの研究職やってて、あと今は社会になじめない人の自立を支援社会復帰させるようなNPOサイエンスアドバイザーみたいなのを複数掛け持ちしてる。

言語学は専門外だが、まあ個人社会社会社会の関わり様についてはいっぱしの知見は持ってるつもり(この診断にはそれほど関係ないけどな)。

本当はもうちょっとお堅い感じなんだけど、増田向けに柔らかくしたり単純化したり等アレンジしてある。



課金した」で占う性格診断

下記Aからはじめて指示にしたがって選択肢をたどっていくだけだよ!



A 言葉時代とともに変わるものだと思う  Yes→Bへ / No→Cへ / わからない→Fへ

B 「課金する」の意味も変わっていいと思う  Yes→Dへ / No→Eへ / わからない→Gへ

C 「課金する」という言葉を使う  Yes→【保守ハト派】 / No→【保守タカ派

D 「課金する」という言葉を使う  Yes→【革新タカ派】 / No→【革新ハト派

E 「課金する」という言葉を使う  Yes→【中道ハト派】 / No→【中道タカ派

F 「課金する」という言葉を使う  Yes→【なんとなく流されちゃう系】 / No→【なんとなく反抗しちゃう系】

G 「課金する」という言葉を使う  Yes→【考えるの面倒くさい系】 / No→【日常で使う場面がない系】



タイプ別典型的人物像》

  1. 保守タカ派 → 低学歴なのに自己主張したがり。昭和団塊おやじに多い。未だにファミコンとか言っちゃう
  2. 保守ハト派 → 低学歴自己主張したがりだが、低学歴ゆえ言うことがコロコロ変わって一貫性がないタイプ。そのことを指摘されると怒りだす。
  3. 革新タカ派 → 厨二病。「課金するって誤用やでーw」と指摘されるのを待っているタイプ反論早口聞き取りづらい。
  4. 革新ハト派 → 知識人気取りのブサヨ低学歴はてなブックマーカー想像すればだいたいあってる。
  5. 中道タカ派 → 一般人だけど少し世の中にモノ申したいことがあるタイプ自分のことを情強ロジカルスマートだと思っているが、それっぽい意見に流されてるだけなことに気がついていない。典型的はてなブックマーカー
  6. 中道ハト派 → 一般人はてなブックマーカー一般人はわりと近い価値観なはずなのだが、お互いかける言葉配慮が足らず無用対立・争いを招くことが多い。
  7. なとなく流されちゃう系 → DQN
  8. なとなく反抗しちゃう系 → 学歴コンプ
  9. 考えるのメンドくさい系 → 主婦
  10. 日常で使う場面がない系 → おかん

2016-09-22

http://anond.hatelabo.jp/20160922144046

自分で考えていい範囲をちゃんと規定しないと、

「そんなこと言ったって、子ども自分で考えたことをしつけとか言って片っ端から否定してるのはまぎれもなく大人の側じゃないですか。」

って返されるのがオチ

子どもはいだってちゃんと自分で考えてて、

これは大人確認を取らないといけない問題だと認識してるから聞いてきてるわけ。

そうしないといけない環境を作ったのは紛れもなく大人の側。



進研ゼミ漫画でさえ、わからなかったら悩んでないで答え見ろって言ってたぞ。

坊主は何の役にも立たないので檀家に追い出されまくってる

檀家 追い出し」等で検索

最近檀家に金がないので、金使いの荒くない坊主檀家から追い出されてる。

子どもの面倒みたり、会社との労使交渉を手伝ったりする実用的な坊主しか生き残らない。

http://anond.hatelabo.jp/20160921211424

ステッカー大人な使い方を教えてくれ

子どものころは、キャラものシールを思うがまま机などの家具やら文房具やら壁やらにべたべた貼っていたのだが、大人になるとそれが全然できなくなった。

一方で、何かのおまけでステッカーシールが付いてくることは大人でもよくあるが、結局使わずにその商品に同梱したままなどして封印してしまう。

どうして昔ほど貼れなくなったのか? 子どもから大人への成長の過程でどんな心境の変化があるか考えると、

もったいない

・はがすと汚れそう。

・ガキっぽくなってしまいそう。

・周りとの調和を気にしてしまう。

・そもそも張る物とステッカーの組み合わせ最適解はそれなのかと自問自答する。

結局のところ、「大人ステッカーの使い方」が分からないのではないか、という結論に達した。

シールステッカー好きの大人のみなさんは、どこに貼っているのか、おすすめの使い方があれば教えてほしい。

糖尿病を過度に注意した人の子どもは糖尿病になる

妊娠中の栄養不足→子どもインスリン抵抗性体質に

大事な人を亡くしてからの立ち直り方について、あまりいい案がない

先月で二周忌でした。

随分記憶は薄れるものだなーと思っていますが、薄れた記憶は「もういない」という点で、つまりまだ普通にうつもりでいる自分に気づいて「は、いやいやもう死んじゃってたわ〜うっかり忘れてた」みたいな、そういうぐるぐるが続いている感じです。

どうしようもないのだろうけど、あの日以来、自分の半分が一緒になくなってしまったみたいになっていて、自分でも驚くくらい、頑張れなくなっています

ふんばりがきかないし、そういう気力が起きません。もう少し、ここぞというとき馬力を出せるタイプだったのに。

仕事は夢中でやっていて、おそらく仕事に救われています

できれば、踏ん張りがきいていた頃の自分に戻りたいけれど、毎年確実に歳を重ねていっているわけで、この気力の出ない理由が、失ったからなのか老いなのか、両方なのか、今後は区別がつかなくなっていく気がしています

以前の自分なら考えられないことなのだけど、これ以上人と関わるのに疲れてしまった、と思った瞬間があって、

フェイスブックをやめて、それによって連絡する友人はほとんどいなくなりました。

感情我慢しきれなくなったときに、どうしようもなくなったときに、誰かに聞いてほしいと思うこともあるのですが、数少ない連絡を取ろうと思えば取れる友人たちとの普段話題が、生まれ子どもの話とか、結婚焦ってる、とか、そういう話題なのに、辛気臭い話をしたくはないので、結果、その都度喉元を過ぎるのを待つという方法を取っています

時間がかかるものですねー。


報せを聞いたとき、一気に世界観が変化していく感覚に襲われて、部屋がやけに静かになってしまって、混乱しつつも、音楽というか歌を探さなきゃと思ったんです。

人を失ったときに聞く歌を、グーグル先生に聞いたり知恵袋検索したりして、案の定見つからなくて、参ったなーと思いました。普段ほとんど音楽を聞かない自分がこんなに音楽必要としているのに、普段音楽を聞かないから探している音楽の見当がつかないという…。

でもある日ジブリの「風立ちぬ」を見る機会があって、松任谷由実の「ひこうき雲」が印象的で歌詞を調べたときに、この歌だったんだなと思いました。あの子もまた、あまりにも若すぎました。

どうしようもないときには、風立ちぬ主人公が「君は生きねばならない」と言われるシーンを思い出すようにしてます

もし本当に私の半分はいなくなってしまったとして、もう戻ってくる類のものではないならば、残った半分でやっていかなくてはならなくて、そのための充電期間と考えたいですが、それにしてもまったく充電できていない。バッテリー問題かなー。


…ですます調で書いたら、のどかインタビュー記事みたいになってしまった…すごくうさんくさくなっててちょっと笑える。笑えない。

http://anond.hatelabo.jp/20160922022035

独り立ちした子どもの部屋をそのままとっておくという選択肢中流以下にはない

2016-09-21

歳を重ねるたびに誰かを助けたいという欲が強くなってきた

承認欲求とか誰かに評価されたいとかではなくて、

「助からない状況に置かれている弱者がいる」というシチュエーション我慢ならない。

まるで昔の自分を見ているようで心がザワザワし始めて落ち着かなくなる。

できるだけ速やかに助かってほしい。

これも境界性パーソナリティ障害一種なのだろうか。

以前は、余裕のない頃は我関せずというフリをしてきたが心身ともに余裕ができたらそれが気になりだして仕方が無い。

子どもの頃は母親心臓病の発作に怯えて過ごしていたからそのトラウマのせいかもしれない。

http://anond.hatelabo.jp/20160921143400

夫婦で話して合意してるなら問題ないんじゃないでしょーか

なんで結婚相手間違ったとか何とか言ってんだ?

どっかから子ども作れ圧力あんのか

大人合理性子どもプライド

思春期になると子供にもプライドが芽生え外聞が気になりだす。思春期ありがちな「あれはダサいから着ない」「あれはカッコ悪いからしない」というのは全部人目が気になるからにほかならない。しか大人になった今考えると、思春期のころダサい、恥ずかしいと思っていたことの大半は大したことではない。あの時なんであんな変なことに気を使ってたかなとさえ思う。だが思春期まっただ中の子供にとってみれば、それらはとても重要でヘタしたら死んでしまいたいと思うほどの大ごとなのである

一方で大人になると合理性理解できるようになる。外聞などあまり気にならなくなる。例えば、思春期の頃に親と外出している姿を見られるのが恥ずかしかったという人もいるが、そんなこと大人になってみればどうってことない。もはや何が恥ずかしいのか理解できないレベルである。通学時にヘルメットを被って自転車に乗ることもそうである大人からすれば、いいからかぶっとけば?という話であるが、子どもにとってみればやり場のない怒りが湧くほどの問題なのである別にヘルメットくらいかぶればいいじゃんという大人にとってみれば、なぜダサいヘルメットを被らなければならないのか思い悩む子どもの心はよくわからない。

大人になると合理性がわかるが、子供の頃感じていた外聞が理解できなくなる。子どもの外聞なんて大人にとってみれば大したことではないが、これは時としてイジメもつながる。外聞が気になるということは、気にするだけ他者から評価されていると自覚するということだ。他者から評価は、モテるモテいかいじめられるかどうかまで色々な形となって現れる。これらは当然大人世界にも共通しているが、大人自己決定権があり自己管理能力が身についているため、ある程度自覚的にこれらの問題と向き合っている。しかし、子どもには自己決定権などあってないようなものである。与えられた環境、親から干渉が大きく作用している。それゆえ自分が守るべき外聞が思い通りにならないことがままある。それは時として子どもが過ごす環境に不利に働いたり、または幼心に大きな傷を与えてしま可能性もあるだろう。

では、子どもプライドを守るために親は全て子どものやりたいようにさせてやればいいのかと言われるとそれは間違いだろう。子どもは当然分別のつかない存在であり、外部の助けや教育の機会が必要である。ではどうすればいいのかというと、子どもプライドを汲みとってあげることだろう。恥や外聞を気にして子どもがとっている行動は気づかなかったふりをしてあげるとか。例え規則規範に背いていても時には見逃してあげることも重要だろう。なんにせよ、大人合理性をもって、子どものちっぽけなプライドをかき乱すのは、例え良かれと思ってやってることでも、子どもにとってみれば大問題なのである