「好意」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 好意とは

2017-03-23

満足できる恋愛SLGが減った

初めてやったのはギャルゲーときメモ(SFC版)だった。

まだ小学五年生で、パラメータの調整の方法とか、イベントをどう起こすかなんて考えず、ひたすら清川望ちゃんを落とし続けた。

(清川さんは他キャラを落とすとき爆弾魔だが、普通に落とす分には簡単に落ちてくれる)

私にとって毎日勉強運動をし、清川さんとのデートを楽しみ、たまに伊集院家のクリパを楽しみ、そして迎える告白とき、という流れはとても楽しいことだった。

他のギャルゲーも手をつけたけど、最終的にはときメモに戻っていった。

そのうちに、乙女ゲーにも手を出すようになった。

ネオロマを中心にいろいろやったが、やっぱりときメモGS版へと手が伸びていった。

パラメータを上げ、好感度を上げていく過程が本当に好きだった。だんだん好意を持ってくれるのが好きだった。

時は変わり、コンシューマ系で恋愛SLGが出るのがほぼなくなった。というかときメモも4で終わってるし、GS版も3で終わっている。

恋愛系のゲームスマホへと移っていった。

ときレスも一時期燃え上がってプレイをしていた。

他の乙女ソシャゲもやった。あんスタもやった。夢100もやった。有名どころはまあまあやったし、無名のよくわからんゲームもたまにやった。

でも物足りないのである

ソシャゲには過程がない。「今」しかない。

好感度というシステムはある。あるものの、好感度関係なくイベントでデレデレしている。

好感度を全く上げていない俺様キャラがいきなり主人公に惚れているような発言をしたりする。

ストーリーチケット制で好感度付きのソシャゲだと余計にその違和感が強くなる。

好感度が低いキャラストーリー上突然照れてくるとか意味がわからない。

シチュエーションじゃないんだよ、シミュレーションがしたいんだよ。

もちろん現実とは違うのはわかっている。

でもかつてのときメモのように、地道にパラメータを上げて、ゆっくりキャラ好感度を上げて、盛り上がったところで告白されたい。

好感度の低いキャラに冷たい態度であしらわれたい。

私はモテモテになりたいんじゃない。「好き」の過程を楽しみたいのだ。


かいいつつ、コンシューマで出ることはないのでソシャゲ今日もやるのだ…。

http://anond.hatelabo.jp/20170323100009

猫の動作を観察していると、顔をそらす動作の他に、目をつむるという動作もしているので、

どちらも敵意が無いことを示す動作なんだとは思うけれど。。



でも、たぶんこれって親密度の違いによって振る舞いを変えてる気もするんですよね。

人間側にいくら好意があっても、猫にその気が無ければ、何をやってもどっかいちゃうと思いますよ笑

2017-03-22

地獄に落ちるべき心の闇を抱えたサイコパス暇人クズ野郎元増田だよ

http://anond.hatelabo.jp/20170316181647

これね、予想外に発狂した女のコメントが付いてて素晴らしかった。興奮した。発狂ブコメくれたやつサンキューな。

爽やか健康優良サラリーマンの俺だから、こんなことFacebookに書けないし友達にも言えないだろ?言ったら爽やかでも健康でもなくなっちゃう。でもアラサー女をリアル世界で落とすのには労力がかかるから、俺にとって性欲を発散できる場所ってすげー貴重。だから婚活アプリも最高だけどはてな匿名ダイアリーもまた最高。


数点気になったブコメがあったんで男らしくはないが追記するな。いろんなやつが指摘してるとおり暇だしな。


まず1つ目ね。なんで書いたの?ここに書いちゃっていいの?釣り?ってことに関しては、書けてよかったし釣りじゃない。俺みたいな人間がいるってことを女たちにちゃんと知ってもらいたいし、もっと警戒心持って欲しいから書いたんだよ。

「こんなやついないだろ」って言ってるやつに限って、自分にやれる能力があってやれる女がいたらやるからな。性欲の前では男なんてすべからく良心が消え失せる。俺みたいなやり方するかどうかは置いといて。「なんJにあった」とか「既視感」ってブコメ、俺はここ以外でこの投稿はしてないけど、あったんだとしたら俺みたいなやつはやっぱり他にもいるってことだよ。俺は心に闇なぞ抱えてないしサイコパスでもない、その辺によくいる男。

ちなみに女に警戒心を持ってもらいたいのは別に俺がいいやつなわけじゃなくて、ホイホイ信じてもらっちゃつまらなくて興奮できないだけ。疑り深くて自信の無い女が、だんだん心を許してきて必死に守ってた体も任せちゃう感じ!そしてそれを踏みにじる俺!発狂し落ち込む惨めな女!射精


2つ目は、口説き方を参考にする系のブコメ。嬉しいけどさ、この前書いた俺のやり方は別に女を落とすための恋愛テクとかじゃないから注意ね。あれは既にこっちに好意(≒好感)を持ってる女に、こっちの誠実さや真剣さを信じさせるための方法から

全然なびかないけど落としたい女に対してあれやっても完全になめられるか、「今日もっと一緒にいたいとかwwきもwwww」とか思われるだけだから注意な。あとそう思ってても相手の男と会うメリットがある女(おごってもらえるとか、心の安定を図るためのキープ君にしたいとか)は全然その感情を顔に出さずに可愛い対応できるからそれも注意な。「すごーい! (自慢うざw)」とか「明日いから帰らなきゃごめん!でも気持ち嬉しい。(ちょっと優しくしたからってホテルの誘いかよ!黙っておごっとけよ)」って可愛い笑顔で言ってくるから

相手の女が気があるかどうか分からないやつは、良い感じの店でのデートを2回くらいしたら、ファストフード的な店に一回誘ってみなよ。「なんかどーーしても食べたくなってさ。いや!でもデートマックとかトチ狂ってるよな!(笑)何食べたい!?」って勢いよく聞いて、女が「マック良いじゃんたまには!」とかって嫌がらずついてきてくれて、かつその日以降のLINEテンションが下がらない女。これはお前に好意または好感持ってると思うし、色々な意味で良い子だと思うよ(本当にマックが大好きな女もいるかもしれないか100%そうだとは言えないけど)。かつここで「いつもご馳走してくれてるから、ここは私に払わせて!」って譲らない女。変に高い店で割り勘にして男に恥をかかせるようなことはしないけど、おごられて当然と思ってないことを適切に表現しようとするようなけなげな女。最高だよね。そういう女を雑なセックスで傷つけて音信不通にして絶望させるのが一番好き。脱線したけど俺が言いたかったのはこの前書いたのは恋愛テクとかじゃないってことです。


以上。

意思が弱くて禁煙に失敗する人へ

禁煙を失敗する人に、まずは問いたい。

本当に禁煙したいのか?と。

心の底から「本当にやめたい」と思っているのか?と。

煙草麻薬みたいなもので、やめようと思っても、体が求めてしまう。やめたくてもやめられない。」

禁煙失敗した人の常套句だが、そんなことはない。

だいたい、麻薬感覚なんか知らないでしょうよと。

禁煙に失敗する人はね、結局意思が弱いのよ。

意思とか関係なしに、本当にやめたいのに煙草を吸わないと体が震えて死にそうになるとかガチな人はさっさと医者行け。

さて、意思が弱くて禁煙に失敗する人に、改めて聞こう。

心の底から本気で禁煙をしたいですか?

この時点で少しでも気に迷いが生じるようならまず禁煙成功しない。

外的要因によって禁煙をしようとしているなら、絶対成功しない。

自分が本気で「辞めたい」と思わなければやめられないのである

外的要因とはつまり自分本心以外の部分で辞めたいと思っているパターンだ。

・小遣いが厳しいか

健康に良くないか

家族が嫌がるから

・●●にやめろって言われたか

こういったパターンでは、「辞めたい」という気持ちの裏に「本当はタバコをやめたくない」という本心が隠れている。つまり好きなのである

これを恋人に置き換えてみるとわかりやすい。

とても好きな恋人がいる。とても好きなのに別れなければならないとしたら、どれほど辛いことだろう。それこそ簡単理由では別れることはできないのではないだろうか。

たとえ別れることができたとしても、それだけの好意を持ったままだとすれば、簡単に忘れることはできないだろう。

好きなものを辞めるというのは本当に辛いことである

話を煙草に戻そう。

もうすでにおわかりかと思うが、最大の禁煙方法は「煙草を嫌いになること」である

健康に悪い」とか「金がかかる」とか表面的なところで嫌いになるのでは駄目である

親の敵のように煙草を憎み、恨み、蔑むのである

そして煙草を吸う人間嘲笑する。

あん健康に悪いだけの煙を吸う人間頭が悪い

時間無駄。何もプラスにならない。ドブに金を捨ててるのと同じ」

「単純に臭い

タバコミュニケーション(笑)

「狭い喫煙所でモクモク燻されて、おまえらハムかよ(笑)

「何かに依存してる人間ってマジダサいっすよねぇ〜」

喫煙所探してる姿って滑稽だよね」

などなど、とにかく思いつく限りこき下ろす

そして、それを本心として自分自身刷り込み続ける。

あくまで心の中で留め、表に出さないこと。)

とにかく煙草ネガティブイメージを膨らませて、それを本心にしていく。

とっても簡単に言うと、「煙草を吸うやつ=バカカスうんこカスキングカス

という考え方にさえなれればOKなのである

人間とは不思議もので、毎日そう考えて、ときには言葉にしたりしていると、本当にその通りの気持ちになるものである

これは有名な心理学者フロイトだかユングだかニーチェだかも言っていた気がするので、おそらく本当である

タバコポジティブイメージ(かっこいい、大人の嗜み、コミュニケーションツール有名人も吸ってる、など)に引っ張られそうになったときは、自分とは別世界のことだと割り切ればいい。

有名人みたいに金ないし、吸っててかっこよくねーし、タバコを吸わなくたってコミュニケーションは取れるし、大人の嗜みとか似合う人間じゃねーし。

一般人タバコ吸ってても、頭が悪いうんこしか見えないってことを理解する。

第三者から見た自分は、頭が悪いからタバコなんか吸ってる人未満のうんこなのだ。ああなんて恥ずかしいことだ。タバコなんてやめよう。

長くなったが、言いたいことはつまり

「好きなままではやめられない。だから嫌いになろう」ということである

そうすれば必ず禁煙成功する。

これまで数十度の禁煙成功してきた俺(今日禁煙初日からアドバイスである

2017-03-18

ダテコーが不憫で仕方ないか擁護させて。

ダテコーの事をよく知らない人や見下したい人ばかり寄ってたかってると感じる。

 

ダテコーは、ネトゲでいう、「ちょっとLVも装備も足りてないけど変わった攻略法を試したいから付き合ってくれる人募集!」ってシャウトしてるPTリーダーみたいな人だと思う。ネットで叩いてる人は、その「ゆるい募集」を見ずに入ってきて、自分では絶対にPTを立てないけれど、入ったらリーダーの指揮とかメンバーの振る舞いの至らなさに悪態をつく、他人への要求が高すぎる人と被って見える。ダテコーがやっていることは、メジャーで洗練されたビジネスライクな効率PTとは違う性質のもの。仮にてさぐれ部活もの以上の大ヒットを当てたとしても、ひねくれ者のダテコーは大手制作会社のような作品は作らない気がする。自分の信じる「ゆるさ」や「面白さ」を表現するために、永遠にチープでマイナーもの、悪く言うとキャストスタッフ視聴者好意に甘えた、アットホーム感のある作風にこだわりそうだと私は感じる。そして、そういうスケールアップをあえてしない道は、茨の道だけれどもアリだと思っている。

 

ダテコーはバウンスィという制作会社経営してるけど、アニメ業界の人はほぼいない。カネがなく(資本金350万だよ)、テレビ業界とコネがあり、メンバー構成作家演出家音響技術者くらいの10人少々。アマチュアレベルのMMDに手を加えた3Dモデルを動かす人形劇アニメにもかかわらず、大手アニメと肩をならべて放送枠をとっている零細ベンチャーみたいなもの。だから大手制作会社と同様の条件でやろうというのは無理ながらも、キャストを含め作風共感してくれるスタッフ好意と熱意に支えられて、もがいているチャレンジャーという立ち位置しかも彼はツイートしてるように、キャスト約束した給料は不払いせずきちんと払ってるし(あくま大手制作会社とくらべて安いから申し訳なく思ってるって事だろう)、自身会社設立以来1年間無報酬でやっていて、貯金もほぼないそうだ。局で作家をしていたころは一般サラリーマンの3倍ほど貰っていたらしいが、テレビ局構成作家は3000万稼いで一人前という世界から身を引いた方なので、ベンツを乗り回してみたいなネットの噂で僻んでも仕方がない。ともかく、稼いでいるのに金払いをケチる悪い人間、という風評は悪意的だと思う。

 

彼を追ってきた人なら分かると思うけれど、実際はクソ真面目で、言われてるような声優アドリブ芸や内輪ネタに頼りすぎた作風を良しとせず、脚本音響などスタッフ達がきちんと仕上げて編集する作品作りにこだわっている人。だからこそ、現場がそういうディレクションを軽視して「やっぱ声優さんすげーわ任せるわ」ってなるたびに怒って監督をやめている。職分を超えて、声優負担を増えさせる不健全な状況には敏感な人だ。実際BDのノーカット版などをみた人ならば、編集はじめクリエーターたちのすごさが伝わっていると思うし、最終回の作り方などには、彼の美学を感じさせられる。

 

あのツイッター発言についても、本意と違う悪意的な捉え方ばかりされていると思う。本意としては、自虐的ながらも、「ウチは普通のとこと違うし当然売れないもんだから普通ビジネス感覚でやってくる人とはお互い良くない、俺たちはファミリーが欲しかったんだけど残念だ」くらいのことだと思う。私は別に条件が合わなかった相手disる意図はないと感じたし、その条件が合わなかった人のことを指して「技量がない」と言っているようには思えなかった。このへんはネット西野さんが炎上してた時にも私は思ったんだけど、みんな悪意的に捉えすぎている。「ダセー」だとか「お金の奴隷」は西野さん自身に向けられた言葉だし、自分がお金にこだわって可能性を閉ざすやり方を一部改めたからといって、お金(対価)を大切にする普通の人たちを貶す意図は感じなかった。むしろ西野さんにも石舘さんにも、普通人達に対して理解を示す言葉があった。それすらも乗り越えて、それを用意周到な言い訳とみなし、煽られたように捉えてしまいカチンとくる自意識過剰な人が多すぎるように思う。自分の労働ぶりを自虐的に捉えている人がそれだけ多いのかもしれない。

 

ともかく叩いてる人らは彼を典型的アニメ業界監督だと思って、「こういう奴がいるか業界は…」と感じているようだけれど、ここまで語ってきた文脈を捉えてもらえれば、ピントがずれていることが分かると思う。業界の薄給問題でほんとに叩くべきなのは大手制作会社で、彼のようにテレビ業界とのコネとアイデアで飛び込んだベンチャー社長みたいな人を叩いてたら、余計に業界健全化しないと思う。カネはないけどツテとキャストスタッフ好意に上手に甘えつつ、アニメ業界に切り込んで新しいカタチを提案していく、そういう立ち振舞は資本力のある大手には許されないけど、ベンチャーとしては参入が許容されてしかるべきだ。そういう遊びを許容しないと、市場新しい風は生まれない。もちろん、労働法範囲内でだけど。そこは実際にはおそらく問題ないのに、彼が自虐的な言い方をしすぎるせいで、問題のある労働が行われていると勘違いさせている。新しい風と言ったけど、低予算のMMDアニメだとか、リアルタイム3D人形劇先鞭をつけたのはダテコーだし、実際人を選ぶけどファンはついてるわけだよ。キャストだって、弱小ゆえの至らなさやダサさをネタにして監督をイジる事は多々あれど、ツンデレというか作品監督も基本愛しているように思う。そういう文脈を捉えてない人や、一般企業で安くこき使われてる人たちの怒りが、ダテコーというアニメ業界を代弁できないイレギュラー存在に矛先を向けてしまった。本来アニメ業界大企業のおエライさん方に向けるべき正論を、辺境の霧の中にぶちこんで無駄にしている感じがする。ダテコーの言うことは、クリエイティブの、しか不安定ベンチャー分野で通用する、熱意の方向性に関する局所的な話なのに、クリエイティブ業に携わることも、ベンチャージョインする人脈や熱量とも無縁な性質の勤め人たちから、「一般常識」で殴られている感じが、見ていて本当につらい。

 

堀江貴文さんなどもそうだけれど、内面がクソ真面目すぎるせいで強い思想をもち、世間から見ると変わったことをやっていて、世の「普通」に一切媚びない人種の方々は、無頓着からすぐに炎上してしまう。何に無頓着かって、自身のやってきた文脈を一切とらえずに一般論に基づく感情で殴りかかってくる人たちに「誤解」されないための言葉選びや長ったらしい自己説明をまったくしない辺り。そういう異能たちが、出る杭だと叩かれてノーマライズされる方向に圧力が掛かるのは悲しいことだ。

 

それはさておき、私はダテコーのような新興の弱い買い手が、背伸びをせず等身大報酬しか出せないけども、その弱さを隠蔽せず、詐称せず、そして契約強要せずにいる姿勢はとても誠実だし、ホワイトだと思う。「ウチは小さいから相場ほど報酬あげられないけど本当にいいの?考え方に賛同してくれるとかじゃないとやってけないよ?」と正直に言った結果、断られ続ける。それは愚痴りたくもなるけど、むしろ倫理的には賞賛されるものだと思う。取引は双方の合意があって成立する。そのことを売り手(被雇用者)に常に自覚させ、選択権を与え、冷静に賢い判断をしてもらうことは重要なこと。売り手側が考えるまでもなく、お利口な買い条件しか提示しない、良い所しか見せない企業ばかりだと、判断能力が育たなくて恐ろしいし、画一的いびつ、非現実的だと思う。経済的に未熟な企業から成熟した企業まで、さまざまあっていい。経済的に未熟な企業はどうしても無い袖は振れない、これを理解せずに「相場を払えないなら経営するな」という人ばかりだと、誰もPTリーダーをやらなくなる、もとい起業しなくなる。もう少し、柔軟性があってもいいはずなんだ。「ボッタクリでも時と場合によっては買うぜ」って人が稀にいるのと同様、「多少安売りしてでもこの会社この人とならコラボレートしたい」という希少な人の存在を、「賃金」のポリコレ棒で生まれる前に消滅させてしまってはいけないと思う。最低賃金だとかダンピング防止みたいな例外はあるものの、基本的には、どんな値段をつけるのも自由であるべきで、そっちの基本部分の方を甘く見ている人が多いように感じる。ボッタクリにも理由があり、存在価値がある。だから絶対悪ではない。自分が買い手の場合にそういう考え方ができるのなら、自分が売り手(被雇用)側になったときに同じ考え方ができていいはずだ。自由状態でこそ市場は成長するし、人間としても取引に多くを学び、成長していくんだと思う。市場の失敗が起こるとしたら、大体は倫理にもとる行い、ズルをしている場合。産地を偽ってボッタクリ価格正当化している、とかね。そういう訳でもなければ、一方的にすべての企業に「十分な(平均並の)支払い」を求めるのは、経済理解に暗いがゆえに計画経済的な発想になっている人なのかなと思わせる。イラストレーターの買い叩きとかクラウドワークス的なのが批判される時、企業もっと払えと言う人がその無理筋ぶりに無自覚なのと同じで。

 

話を戻すと、彼を叩いている人たちは、経済的に未熟な企業を許さないんではなくて、ダテコー側が倫理的に未熟な企業だと思いこんで叩いているようだ。もちろん倫理的に未熟な企業ということなら、市場の失敗をもたらすから零細でも大企業でも許容されるものではない。ただ、その判断をするのはネット野次馬ではなく、労基署とか公的機関だけれどね。今回のダテコーの件の場合、ダテコーの側は経済的には未熟な企業だけども、倫理的には叩かれるほどの問題はないと思う。若い零細クリエティ企業としてはむしろ身分相応で卑屈すぎるくらいで。これがワタミのような余裕のある大企業で、そのくせ相手判断させる余裕も与えず洗脳に近いことをして雇用するのだったら大問題となって然りだけれど。

 

あと、叩いている人たちに感じた疑問がもう一つあって。そもそも、一企業が、従業員を養う責任を負うのが当たり前のように思われているけど、重すぎると思う。そういう考え方をしていると、日本の労働環境はいつまでたっても全体的にブラックなままだと思う。企業はおのおのの身の丈にあった、妥当な配分を労働者に与えればいい。それで足りない場合、国が負担する。それはナントカ手当だったり、ベーシックインカムだったりしてもいいけど。そういう考えが前提になってほしい。経営者だって人間だし、完璧ではないし不安定存在だ。会社が小さいうちは、自分の人生ですら支えられるか分からない。経営者若い事が多いし。だからもっと柔軟に、雇用区分だとか時間を変えてワークシェアを進め、流動性を高めて、一企業人生を預けるようなとんでもない常識を変えていかないといけないと思う。労働フォールトトレランス分散型に。

 

他人に求めすぎる悪態ネトゲプレイヤーがPTにありつけなくなる問題の解決策は、PTリーダーに対する期待値を下げること、あるいは気楽にPTを立てれる空気をつくることだ。そういう考え方が出来る人が少しでも増えて欲しいと思う。人生はしょせん、すべてがごっこ遊びで、全ての人がなんらかのロールを演じているにすぎない。お仕事も、特に日本人お仕事は、お仕事ごっこだ。そんなに崇高に考えて、他人に崇高さを求めてもどだい無理なんだ。もちろん、実際に崇高度が高くて「強い」企業の横暴には敏感になって良いけれど、相手の顔が見えないネットからこそ、相手ももしかしたら弱い人間なのかも、と想像することはとても大事なことだと思う。慈しみを。神のご加護を。

 

もし、これが増田から本人乙とか関係者乙と穿った見方をする人がいたとしたら不本意なので、一応自己紹介すると、私は中部地方に住む32歳職歴なしのニート(家事手伝い)です。

2017-03-17

http://anond.hatelabo.jp/20170317172613

ひねくれすぎ。

多くの人はそこまで深く考えてない。

良いことをされたら感謝するという習慣だから感謝してる。

それを見下してると捉えるほうが人の好意をばかにしてる。

2017-03-16

根も葉もない噂を信じて一人また一人とフォロワーが消えてゆくこの現象

撒き散らした当人からすれば事実無根でも効果アリで、撒き散らされた人間からすれば事実無根でも近寄らないようにという心理効果絶大。

火のないところに煙はモクモクたつ。



好意を持って近づいてきたのにあっさり見限るってやつに対して、最初から無視されるよりも殺意が湧くのはなんて言う現象だっけな。

2017-03-15

男は30を過ぎると家出少女になる

ずっと憧れていた職場の先輩と、そういう関係になったことがある。

3歳年上の、物腰柔らかな先輩は、毎日スーツをきっちりと着こんで出勤してくる。

からないことを聞けばいつも丁寧に答えてくれるし、ちょっとでも憂鬱な顔をしている後輩にはすぐ声をかけて飲みに連れ出す。

日々の自分業務をこなしながらも、同僚たちのこぼれたタスクを拾い、業務フローなどの改善にも余念なく、いつも誰よりも遅い時間に帰る。

仕事プライベート犠牲にしているタイプかと思いきや、学生時代に知り合った奥さんと新婚ほやほや1周年。

「むしろ籍を入れてから仕事への熱の入れ方が増した」「やっぱり結婚って張り合いが出るんだな」と部内でももっぱらの評判だった。

せめて結婚さえしていなかったら私にもチャンスがあったかもしれないのにな~残念だな~と軽い気持ちで思っていたとき、それは起きた。

私が不慣れで手こずっていたタスクを遅くまで手伝ってもらっているうちに終電を逃してしまい、とりあえず会社そばの24時間営業居酒屋に入り、あれやこれやと普段話せなかった先輩へのあこがれの話などをしていたら、ラブホテルに行く流れになってしまったのだ。

いくら好意を持っているとはいえ、自分が既婚者とそういうことになるとは夢にも思っていなかったので、酔いがさめてからかなり呆然としたし、一度きりでもう忘れようと思っていたのに、その日からむしろ先輩は以前よりも親密なコミュニケーションをとってくるようになって、その後3カ月ですでに5~6回はそういうことになった。

子供もいないようだし、もし本当に私にちょっとでも気があるなら離婚してくれないかな……と都合のいい考えに浸り始めた私だったが、不倫経験のある友人に、彼がどういう人かを話しているときに、ふと気づいてしまった。

彼が私に体を許すときは、大体酔っぱらって「家に帰りたくない」と蚊の鳴くような声で発するのが常だということに。

もしかして、彼が誰よりも遅く帰るのも、私の残業につきあってくれるのも、なんならラブホテルについてくるのも、単に「家に帰りたくない」からなのではないだろうか? 

とすれば、きっと一時的に略奪できて、結婚できて、家庭を持てたとしても、彼はきっと「家に帰りたくない」と他の女に言って、どこかのラブホテルに行ってしまうのだろう。

そう考えたらとんでもなくみじめな気持ちしょうもない気持ちが押し寄せてきて、私は彼に「もう二人で飲むのはやめましょう」と一言メールをし、それ以来、どんなに仕事で遅くなって彼と二人きりになっても、タクシーで帰るようにした。そうするうちに彼は昇進して別部署に栄転となり、私は他の男性との結婚が決まって、彼について地方に行くことになった。

旦那に、絶対に「家に帰りたくない」と思われない奥さんにならないとな、と思っている。

2017-03-12

どうしたらいいのかわかんない

好きな人がいる。職場の四つ下の後輩である

とてもかわいい子だが、芯が強く、相手から「かわいらしいだけのお嬢さん」というように扱われると、普段の穏やかな雰囲気から想像もつかないはっきりした口調で「そうじゃないです」と言う。

これまで数多くの男が、「かわいくて好き」「守ってあげたい」などと告白したあげく、簀巻きにして沈められてきたそうだ。「自分の貞操でも守っとけって感じですね」と、彼女は憤慨する。

恋愛感情というものがよくわからないらしく、これまで付き合ったのは、相手から押しに押されて根負けした一度だけだ、と言う。



私は、この半年ほど彼女に恋をしている。正直、かなり参っているし、ここまで人を好きになった経験は、過去を振り返っても、なかなか無いように思う。

静かな外面と鮮やかな感情ほとばしる内面ギャップや、自分のことをとても客観的に見ているところ、どんなことでも深く掘り下げる会話ができるところ、そういう点が、とても魅力的である

しかし、彼女恋愛感情というものをよくわからないせいか好意を示そうとしてもまるで手応えがない。残業中にお菓子をあげても、寒い日にカイロを持たせても、「○○さんのそういうところが好きだよ」と言っても、まったく意に介してくれないのだ。

それどころか、「好きな人がいる」と打ち明け話をしたところ、誰か他の人のことだと勘違いしてしまっているようだ。

時々は向こうからLINEが来るし、他の人のことは苗字で呼ぶのに私のことは「あだ名+さん」だし、仕事終わりにサシ飯に誘えば来るし、休日の遊びもぜひにという感じでOKしてくれた。ただ、私からアプローチされているとは、夢にも思っていないだろう。



私は、恋愛感情がよくわからないという人のことを好きになったことが、これまで一度もない。

の子場合容姿が魅力的だということもあって、まずは自分相手のことを理解しようと努力していること、そして人として好きになってもらうこと、その上で徐々に好意を伝えていくこと…、というやり方で間違ってはいないと思うのだが、いかんせん好意が伝わらなすぎて困っている。

デート、楽しみにしているよ」と伝えたら、「他に好きな人がいるのにデートとか言ってるとキレますよ?」と暗黒微笑された。いや、俺が好きなのはお前なんだけど…

はあ。やっぱり、告白するしかないのだろうか。今の段階では、彼女が私に恋愛的な好意を抱いていないのは明白なんだけど。

教えて。恋愛神様

なぜゲイは望みもないのにノンケ告白をするのか

自分同性愛者だ。しかも、ノンケを好きになってしまったタイプホモだ。

今は大学院生だけど、自分ホモだってことに気づいたのは中学生くらいからだし

今回惚れたやつに気付かされたわけじゃない。

自覚があるんだからノンケを好きになることを回避できたのに、結局こうなってしまった。

ノンケを好きになるのは今回が初めてではなく二回目。

一回目は高校生ときで、当時一番仲が良かった友達を好きになった。

すごく罪悪感を感じた。

自分そいつに感じている感情相手にとって絶対に受け入れられることはないのは理性ではわかっているんだけど

それでもいつまでも好意を寄せてしまった。そんな自分が憎く、自傷行為とかもした(今思えばホントアホだったと思う)。

それに、これは今もなんだけど、自分同性愛者ということを受け入れられなかった。

女の子を見て、かわいいと思うし、付き合ったり、将来的に結婚でもして家庭を築きたい願望はある。

母親孫の顔を見せたりとか、したい。

でも現実には女の裸をみても不快感しかないし、セックスしたいと思うのは男だ。

そいつには卒業と同時にカミングアウト告白をして、ふってもらった。

すごくスッキリしたけど、やっぱりノンケと付き合うことは無理なんだなってことが身にしみて分かって、一人になったらめちゃくちゃ泣いた。

その友達には気持ち悪いだろうから俺との縁を切ってもかまわないと言ったけど、今もたまに遊んだりする仲で、良い奴だなって思う。

俺がホントのことを言ったことに感謝してくれていたし、だからこそほんとに、こいつを好きになったのを申し訳ないと思った。

こんな思いもう二度としたくないと思った。ノンケを好きになるのは金輪際やめようと思った。

この時も馬鹿だったか意識して気をつけていれば、ノンケ男を好きにならずに済むとか考えてた。

結局大学に入って、サークルですごく気が許せる友達ができた。

そいつを好きになった。

でも理性が否定してれば、普通友達としてやっていけると思った。だから最近まではそいつのことは全然きじゃないって思っていた。矛盾してるけど。

ずっと俺はこいつのことは好きじゃないと必死で思い込んで、友達として接するようにしていた。

最近、それに限界がきた。

しばらくはうまく行っていたけど、ノンケとしてそいつと接するのがここ最近特にキツい。

もう長年の付き合いになるけど、今まで全くシモネタをしないし、女関係の話が出ないから正直疑われていると思う。

このまま俺がノーマルであると嘘をついていける自信がない。それに、信頼している人に嘘をつくのは結構エネルギーが要る。

この嘘は悪いことだとわかっているものの、どこかでこの嘘を正当化しなきゃ貫きようがないから。

自分ホモだってことを嘘ついて仲良くしてるのが悪いってことは自覚できてるんだよ、自覚してる分罪も重いよね。

俺がもしノンケ友達立場だったら自分を許せるかどうか分からない。

それと、第三者からみたら気持ち悪いんだろうなって思うけど嫉妬で消費するエネルギーも大きい。

友達として接している分、心理的距離が近いかヘテロセクシャルが感じる嫉妬よりも大きいと思う。

友達女性体験とかを聞くととにかく負の感情がすごい。自分がその女には絶対なれないと思うのはめちゃくちゃ悔しい。

なんで俺って男として生まれたのかな、って思う。性自認は男だからトランスジェンダーではないんだけど、よく女になれたらなって思う。

高校生ときに嫌な思いをしたから、こんなことを二度とするまいと思っていたけど

やっぱりだめみたいだ。

今度あったら正直に話して縁を切ろうと思う。

いい加減、夢を見るのをやめたらどうだ?

お前には、

ちょっとHな幼馴染はいないし、

包容力のあるおっぱい大きい姉はいないし、

自分より背の低いロリ巨乳義母もいないし、

・作り過ぎた肉じゃがを持って来てくれる隣の女子大生もいないし、

・慕ってくれる後輩女子や、頼れる姉御肌の先輩もいないし、

・異世界魔法少女たちもいないんだよ。

(全員なぜか自分に優しくて好意をもっている)


戦わなきゃ、現実と。

http://anond.hatelabo.jp/20170312120007

>>優しくて可愛くて思慮深い理想女の子好意を向けてくれて夢心地に<<

なれることがメリットだ、断る理由はない。

コスパ…?

大した費用拠出なく

>>優しくて可愛くて思慮深い理想女の子好意を向けてくれて夢心地に<<

なれたのならコスパもよいということになるな。

特段難しい話でもない。

実際にはそんなうまい話などないから、「メリットがない」「コスパが悪い」となるのだ。

結婚にはメリットがない!」「結婚コスパが悪い!」

結婚しない理由として、

結婚したいと思える相手がいない」

結婚式子育てには金がかかるので今の給料じゃ無理」

「今は優しい彼女でも数年したらヒスババアになるかもしれないから」

とかそういうのは分かる

だが

メリットがないか結婚しない」「コスパが悪いか結婚しない」ってなんなんだ?

俺は母港拡張指輪のために明石さんに金渡したり

アイマスで好きな子SR出るまで回して数分で数万飛んでいったり

好きな声優サイン会のためにけっこうな電車賃出して遠征したり

めちゃくちゃ好きだった漫画がクソみたいな展開になってたくさん買ったグッズと雑誌の山の中で途方に暮れたり

たから見れば無駄金ばかり使ってバカなことばっかやってる

リア充からは、ただの絵に何やってんだ?付き合ってくれるわけでもない相手に何やってんだ?と思われるだろう

でも好きなんだからしょうがない。俺は何度でもクレカを出す

交際経験のない非モテが言うのもなんだが三次との恋愛もそういうことじゃないのか?

子孫を残す必要のある由緒正しい家系で、知らない女との結婚を迫られてるなら

「知らない女を養うなんて!俺に何の利点もないじゃないか!」って言いたくなるのも分かる

でも別にお見合い結婚強要されているとかそういう状況じゃないわけだろう

なのに「結婚にはメリットがない」と言う

これはどうしたことか

メリットってなんだ。コスパってなんだ

メリットは利点

コスパ費用に対して得られるもの

優しくて可愛くて思慮深い理想女の子好意を向けてくれて夢心地になっとしても

「イヤ、恋愛にはメリットがないから」「結婚コスパが悪いから」って交際を断るんだろうか?

おっぱいと彼。

彼はおっぱい星人だ。

そして、私はおっぱいが大きい。

彼は私にとって初めての恋人であった。数回の食事を経て告白、快諾。数回のデートを重ねて接吻成功。そして私はおっぱいを初めて男性に見せることとなる。

私はおっぱい星人出会いおっぱい星人というもの理解するまでの間、明るい気持ちぶるんというおっぱいと接していたかというと全く違う。薄暗い感情を持って関係を保っていたのだ。おっぱいが大きいことでの負担というものインターネット上に溢れている。何となく頷けるものが多いし、私自身が経験したことがあるものもある。そして、その重みをずしりと背負っていた。

田舎中学校から都市部高校へ進学した私は、「進んでいる」同い年と15-18歳を過ごした。まず、彼女たちには年上の恋人がいた。中学校で気になる男の子廊下で話していたら、他の子からかわれたことが恥ずかしく、その男の子と話せなくなった私とは違う生き物に思えた。そして彼女たちはおっぱいを盛っていた。驚きの発想だ。やっぱり違う生き物なんだとしか思えなかった。

私は進んでいる女の子の1人と友達になった。彼女おっぱいが大きかったため、様々な悩みを共有することができた。ただ、彼女禁忌することなく、それに誇りを持って接していた。違う生き物である、同じおっぱいを持つ彼女はとても輝いているようだった。

時は過ぎる。私は彼に出会った。彼は私に「身長の高い女の子が好きなんだ」と言った。彼の身長も高かく、私も彼に「私も背の高い男の人が好きです」と言った。好意好意がぶつかりあう始まりだったと思う。その後の展開はお決まりのようで、彼は私を褒めちぎり、まんざらでもない私は小さく頬を緩めたりしながら、恋人になった。

また少し時は過ぎる。いざという時が来た。彼は10分ほどブラジャーと格闘した後、おっぱいと顔を合わせた。私の顔を見て可愛いとだけ言って私を抱きしめた。おっぱい特別の反応はなく、おっぱいをよく思っていなかった私が安心したのはよく覚えている。

何度めか、その前に3段ホックブラジャーに負けた彼はありきたりにおっぱいを揉みながら、「おっぱい大きいよね」と初めて感想を述べた後、「何カップなの?」と聞いてきた。あまりの衝撃にうろたえながら、正直にサイズを言った。彼が「そうなんだ」と興味なさげに言うのがなんだか理不尽でならなかった。彼は大きさにこだわりもないと信じ安心していた私と大きさに興味を持っていた彼。盲信を裏切られたような気持ちの私とすでに興味無さげな彼。私たちはこの会話を持ってどこへ向かうのだろうと思った。彼はまだおっぱいを揉んでいた。

彼の家にお邪魔する日があった。彼は読書家であり、私も本を読むので、そこもお互い気に入ってた。文庫本が並べられた本棚にはおっぱいの大きい女の子写真集が隠されていた。彼は慌てることなく私の手からその女の子を抜き取ったあと、「ごめん」と言った。私は何に対して謝られたのか、分からないままに「ごめん」と何かに対して謝った。

彼はまたおっぱいを揉んでいる。今しかないと私は「大きいおっぱいが好きなんですか?」と聞いた。彼は慌てて手を離し、小さな声で「うん」とだけ発した。よくある喧嘩だ。おっぱいが大きいから私が好きなのか、背が高いところが気に入ってたんじゃないのか、色々責め立てるように言ったと思う。覚えてるのは、背の高い彼のしょぼくれた姿と「でも最高なんだよ…」と答えた声だけだ。恋人である彼の情けない賛辞は私の肩の重さを支えた。

初めて彼におっぱいを揉んでもらいたくなった。

私が彼におっぱいを揉まれることはもうない。

私は新しいおっぱい星人出会いおっぱい星人である彼もまた新しいおっぱい出会うのだろう。

またその日まで。

おしまいおやすみ

2017-03-10

http://anond.hatelabo.jp/20170310181546

高木さん読んでる人っていじりを騙ったいじめを受けたことがないんだと思う。

高木さんに好意を寄せられてる男がかわいそすぎてまともな状態で読めない。

漫画から両思いのような設定だけど、やってること自体はいじめと変わらない。

自分高木さんみたいな人は絶対に好きになれない。

高木さん読んでる人ってよっぽどリアルが充実してるんだと思う

高木さんに好意を寄せられてる男が憎らしすぎてまともな状態で読めない

年を取ったら疑り深くなってきた

特にもっともらしいこと言ったり書いたりする人がいると、「ホントに?」「そんなことないだろ?」

と思うことが増えた。

好意を示されても何か裏があるんじゃないかというのが先に立ち、わざとちょっと意地悪なことを

言ったりしたりして相手を試してみたりする。それで離れていく人間はそれまでのことで、惜しいとも思わない。

これはこれで楽なことも多いので別にいいんだけどね。

2017-03-08

http://anond.hatelabo.jp/20170308154056

一方的好意をぶつけてくる奴は笑いものにしていい」という風潮は男はもちろん、

被差別属性とされる女の中ですら結構普通にあったりするからな。

そういう現実がある中で、ゲイ好意だけ特別扱いもできませんて。



差別の解消って、そいつが嫌な思いしないように特別扱いするってことじゃないだろ。

汚い現実の中でなるべくお互い嫌な思いをしないようにしつつ、一緒に生きていくってことだろ。

そういうことがわかっていない。

2017-03-06

好意を持たれるのが面倒臭い

きじゃない相手に好かれるくらいならひとりでいたい。

左手の薬指に指輪をすればそういうのも減るのか。

性欲と好意と恋と愛

しばらく彼女がいないけどセフレが一人いる

その人は「好き」を言葉にしてセックスをするのが好きである

私はセックスが好きだけど、人から直接好意言葉を掛けられるのが嫌でしょうがない 恋も愛もクソ食らえである

ホテルを出る間際にキスをされるのも苦しくて仕方がない

好きな人セックスはできない

既婚者のひと、結婚してしあわせ?覚悟できたきっかけってなに?

もう40近い年齢になっているのに、別に絶対結婚したいって思っているわけじゃない

自分人生大事にはしたいと思ってる

でも結婚すること=人生大事にしていることと思わない

たぶん自分(女)の身体関係子供が望めないか

欠陥品の自分を娶ってもらうのは申し訳ないっていう気分が背中に乗っかってる

今付き合ってる彼は10年目

彼の両親とはよく食事をするが自分の両親にはこの10年で1回しか会ってくれてない

何かと理由をつけてだめだしされていて、結婚してもらえる気配はない

が、いつかは・・・とにおわされているので離れがたい

だって普通に好きだし、10年も一緒にいられるなんて相性良いってことじゃないか

しかし、自分から結婚しましょう!」と申し込みするほど覚悟は決められない

しかし、最近よくごはんを一緒に食べてる青年(相当年下)に

結婚なんてそんなに覚悟きめることなのか?別にしてもそんな人生大きく変わらないだろ、といわれてすごい動揺してる

別に子どもなんていてもいなくても、子どもを持つことって自由に選べることじゃないんだから結果次第だろ、

子ども持つために結婚するんじゃない、好きな人と一緒になりたいか結婚するんじゃないの?と

いやいや。二人きりの世界じゃなくなるんだよ。結婚したら相手の両親も家族になるし

責任があることだから、お互いの家族のために子どものことだってちゃんと向き合わないと、と後からいろいろ大人分別が出てきて青年の言うことはまだ世間を知らないから言えることだ、と自分を落ち着かせてるけど

いつだってそうだったんだよ

一人暮らしするときも、ペットを飼うときも、他の人はちゃんとしてるからできてることで、自分にはできないことだと思い込んでたりして

から本当は結婚もしてみたいし、

その覚悟を決めてもらえるほど愛されてるのって、うらやましいな、幸せだろうなって思う

結局言い訳ばっかりして覚悟できない自分を許してる、ただの甘えなんだよね

でも、そこまでしてまで結婚するべきなの?って考えがまたループしちゃって

また今年も結婚しないまま年取ってくのかなーって怖くなってる

青年は優しいけど今からそこに飛び込めるほど勇気ない

すごい年下だから周りもすごい反対するんじゃないかなとか

別に付き合ってもないし青年自分好意があるかもわかんないのに心配したりして

年取ったら分別つくだろうなって思ってたけど、いつまでも20代女子みたいな悩み事でふらふらしてて

から結婚できないのかな、とか思ったりして

いや、「できない」んじゃなくて「しない」んじゃなかったっけ?

いやいや、できればしたいんだから「できない」で合ってるよね、とか

またループする

2017-03-04

「興味ない人間から好意」の話

「興味ない人間から好意って気持ち悪い」って語られる作品最近よく目にするんだけど、

あれってほんとだな~、ってふと思ってしまった。

別に気持ち悪いわけじゃないけど、断るというプロセスがきつい。

相手が目の前にいると言葉に詰まるし、LINEとかメールとか文章だとすごくえぐい


結局、自分悪者になりたくないんだよな。

断る以上相手が傷つくことはわかるんだけど、考えられないものは考えられないんだって

いい人演じようとするのやめたい。ほんとに。


もう20代も後半だというのにこういうこと言うの幼稚でいやになるんだけど、自分が誰かを好きになれる日なんてくるのかな。

んで、今の自分の逆の立場で振られる日がくるのかな。


選ばれないっていやだねー。

でも選ぶほうにも一応権利はあるんだよな。これは当然自分だけの話じゃないが。

えらそうですまんな。


男も女もめんどくせえな。

人間やめちまえ。って感じ。


自分本位なのは承知の上だよ。

非モテをこじらせにこじらせてむせび泣いていた

好意を感じると逃げる、据え膳は食わない、孤独を貫いてさびしがる、一人酒のたびに涙が出る、など、感情と行動が一致しない回避性人格障害みたいな行動をとりまくり、このにじみ出てくるぐちゃぐちゃとした感情はなんだろう?なんだろう?ああ、これは憐憫だ、自分への憐れみだ、本当はできるはずだという幼稚な全能感を否定しないためだけに自らチャンスを全力で遠ざけまくって年々衰えていく自分を憐れんでいるんだ、と気づき、こんな自分と一緒になったら相手も不幸にしてしまうから遠ざけよう引きこもろう一人でいよう、という謎の自己犠牲的な誰も求めていないというか気にも止めていないアホみたいな気遣い自己満足のために孤独を気取っていたくそこじらせスネまくり非モテ野郎の私ですが、




先日結婚しました。





いやーなんだったんだろうな上記の感情は。何かの自己暗示にかかってたんじゃないかな。まさに呪いだった。

風俗嬢と付き合う方法

これまでに数々の風俗嬢を見てきたが、きちんと付き合ったのは一人だけ。


彼女は19歳の専門学校生だった。


そのヘルスでもなかなかの人気者で、やめた後も掲示板に書かれるくらいの人気ぶりだ。


19歳のEカップというのは、本当に張りがあって、さわり心地が良い。



さて、本題に入ります



初めてお店で会ってから、すぐに気に入った。


最初から口説くつもりがあったわけではないが、何となく週一か週二で通うようになった。


お店は一回1.5万円もいかないようなお店だったので、掘り出し物だったと思う。


2回目までは普通サービスだったが、3回目から一線を越えたサービスが始まった。


これまでも、そういったサービスを受けたことがないわけではないので、特段、好意をもったというよりは、良い風俗嬢だと思った。


何回か通ったいる内、帰り際にスマホを出してきたので、LINEを交換した。


平日の夜に、青山レストランに連れて行き、少し大人世界を見せると、後は簡単だった。

10代の女の子がこんなにかわいいとは思っていなかったが、やはり良い。あまり頭が良いとは言えないが、20代、30代の女性のように、無駄なお世辞なんか言う必要はない。


もちろんあるタイミングセフレぐらいにはしたいと思っていたので、何点か気をつけた。


・一人の大人の女性として扱うこと。10の子はまだ20代や30代の女性のように扱われている経験が少ない。

風俗嬢も一つの仕事として、認めること。今どき、借金の返済のためのような、昔話はないと思うが、学費生活費を稼ぐために人より大変な仕事をしているということを理解する。

・お店では、とにかく女の子気持ち良くしてあげる。お金を払うのはこちらであるが、彼女を喜ばせるように接する。

・ご飯は割り勘にしないが、たまにおごってもらう。人気風俗嬢はそれなりに収入があるので、プライドを傷つけない。

結婚していることは黙っておく。

2017-03-03

他人に一番素直だった頃

他人に対して一番素直に接することができていたのは、

思い返してみれば物心ついていない時でも、小学生でもなく、

ネットに触れたばかりの2009年頃だと思う。

好みの絵を描く人や、有名人メッセージを送れることに感動して

かわいい!すきです!仲良くなりたいです!

と思ったままに人に接していた

ネットの中では。

お近づきになる努力も惜しまなかった、今思えば、という行動も多々あるが(調子に乗って会いたいです〜!とか言ったらマジで会うことになって焦るネット弁慶)。

その時得た繋がりは、今も希薄はいえ、話しかけたら返してくれる、名前を覚えてくれている関係が残っている。

今じゃ、それが、ネットでも

好きな有名人にリプを送るのでさえ憚られる(こんな応援リプ、何度も送られてるだろうし私が送らなくてもいいんだよな……とか)し、リアルの方がよく喋るようにはなったが、未だに自分から他人好意を素直に伝えるのが難しい。

2009年頃のネットでは私は、

オタクの絵を描いてるネットの人はみんな友達!仲間!くらいに思っていたし、

そこでは嫌われる要素がないと思っていた。びくびくする要素がないと信じこんでいた。

文字どおりネット上では最強!だと思っていた。

あの頃の最強感は楽しかったなあ。

結論楽しい関係を作っていく方法は、

好きです!仲良くなりたいです!

と素直に伝えていくことなんだが、それが、「仲良くなりたい」と思う人も見分けることができない今の私には非常に難しい。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん