「増田」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 増田とは

2017-05-27

マストドン飽きてきた

jp登録してるけど、フォローした人でトゥートしてる人すごく減った。

ローカルTL見てもあさってな方向のトゥートばっかりで絡めない。

他のインスタンスといっても、自分に合いそうなジャンルのものがない。

結局はてブ増田見てる。

Twitter民痴漢冤罪をする女なんか手マンしたる」

https://twitter.com/mashiron1020/status/867352063771987968

増田はこういうマンガどうおもう?

ユーモアに変えたとおもう?

俺はちふれ以上に女性軽視というか、軽蔑視していて呆れた

うんこ漏れた!!!

って増田ネタじゃなくて元々は俺らとしあきネタだろ。

パクんなよチョンが。

そろそろトヨタの化けの皮が剥がれる

以前アメリカプリウスが売れ始めた時、ブレーキ不具合暴走事故が何度もニュースになって社会問題化してたよな?

俺は、あの時からトヨタは信用してない。

あれって、ジャパンバッシングによる捏造疑惑や、ブレーキアクセル操作間違い疑惑が浮上して、いつの間にか沈静化したけど、本当は大問題だったんじゃないの?

アメリカにも影響力があるトヨタジャパンマネーで、海外ニュースも握りつぶしたんじゃないのか?

もっと問題化するべき大規模リコールを抱えた爆弾の様な車なのに、プリウストヨタフラッグシップカーだからトヨタとしてはあそこでつまづく訳にいかないタイミング

本当はリコールするべき初期不良を抱えた故障車なのに、定期点検でこっそり部品を交換するのはよくある話。

日本でもプリウスが何度も暴走してるけど、あれって老人のアクセル踏み間違いだけじゃないんじゃないのか?

今でも、プリウスブレーキが効かずに暴走する事故が何度も起きてるんじゃないの?

テレビでは、自動ブレーキシステムの開発を推進する為に、真偽を確認せずに老人のブレーキ踏み間違いって報道してるんじゃないの?

あれは、本当は車に原因があるんじゃないの?

トヨタは、原因を把握してないか、知ってても隠してるだけじゃないの?

今回の増田の話を読むと、その想像真実味を増してくる。

今回のCDタイトル不具合だって問題事象は小さな内容だけど、クレーム対応姿勢としては東芝クレーム問題と同じように社会問題化するべきレベルの話。

でも、それがニュースで流れないのは、トヨタテレビなどのメディア大手スポンサーなので、メディアも逆らえないからだ。

それを広める為には、今回の増田の様にネットに頼るしかない。

ネットに載せても消されちゃうかもしれないから、コピー拡散させるようにしたのは名案だと思う。

ネットまとめサイトでも何でもいいから、もっと多くの人にこの声を届けるべきだ!

俺も、ツイッター拡散しとく。

anond:20170502233806

ちふれ炎上で分かった痴漢冤罪の全て

ヒステリーを起こした女の被害妄想である

誰も汚い尻なんて触ってはいなかった。

触られている、虐げられている、強制されているという妄想

該当する増田女子は「ヒステリー 治療 バイブ」で検索してどうぞ

この世界の片隅に”を、見た。

先日、国際線日本に帰ってくる際に、”この世界の片隅に”が入っていたので、見てみた。

最初は、主人公棒読みぶりに驚いたが、しばらく経つと馴染んできて、むしろあの声と調子が非常に好印象となり、ずっと聞いていたいとすら思ったのであった。

残念ながら後半で一時寝てしまい、ふと目を覚ますグロシーンであったため、子供が生まれた後のバッドエンド展開かと思ったら、違ったっていう。

今更すぎる話題で恐縮なのですが、だからこそ吐き出す場所がないため、増田に書きなぐっておきます

ブログ増田さん

誰がどんなブログを書こうと基本的に本人の自由である

 

某日ネットで調べ物をしていたら、ある単語が目に止まった。「(増田)のブログ」という、そのまんまなタイトルブログ

その(増田)は私のアダ名である名前由来だが名前が珍しいのでアダ名も珍しいのだ。

 

ブロガー増田さんとやらも、私の名前と似ているからアダ名が似ているようだ…が、さすがに同名ではなかった。ブログフルネームが上げられていたからわかったことだ。一般人趣味でやってるっぽいブログフルネーム出すのか。このご時世、せめてボカさないのかと思いつつ、つい読み込んでしまった。

 

いたことに、その増田さんは年こそ違うが顔身長体型と私そっくりで、肝心の内容が…ファッションブログなのである

毎回毎回、ドヤアァァァッ!と読者モデルかインスタグラマーばりにすんごい決めポーズ写真を挙げている。

私の(ような)顔が。私の(ような)体型で。

ポージングだけは素晴らしく立派なのだが、その、私に似ているその顔を、一切加工せず丸出しで。

 

ドヤ写真の数々がまぁ、素人にでもわかるほど下手なのである

 

ファッションブログ(?)なのに自撮りは鏡の大きさがテキトー。というか小さすぎて玄関周りの靴傘まで見切れており、もはや洋服ではなく「鏡」本体モチーフ錯覚に陥る。

第三者撮影でも撮影者の影がガラスなどに丸見え。本人より前に置いた荷物しょっちゅう写り込んでいる。

街で撮ると背景がごちゃごちゃ、あるいは現在地情報(住所出てる店の看板など)丸出し。

本人の顔の真後ろに各回、社内向けの掲示やスイッチ、消火栓などが丸写り(余白から推測すると、もう少し左右どちらかに移動すれば壁が真っ白な気がする)

レンズの曇りや汚れっぽいのもそのまま(加工ではないボカシと化す)

 

幸か不幸か私はファッション部分については内容の良し悪し自体はわからないが…

まぁ私そっくりとはいえ楽しそうで何より(でもやっぱり決めポーズ決めすぎじゃないか?)

http://anond.hatelabo.jp/20170526131052

増田は夫を当然のように見下してるが、社会的地位とか年収とかコミュニケーション能力あるいは他の知識においては圧倒的に負けてるのを無視して自分フィールドで見下してる。

まずもって相手に応じた会話ができず不満を相手とうまく話し合い落としどころを見つけられない。

いわゆるコミュ障から女性の中では底辺カーストだろうし、不細工なのも伝わってくるんだから感謝謙虚さをもってお付き合いしないと、例え離婚がなかったとしても(あぐらをかいてる感じがよく伝わるのでどうせ離婚はないとたかをくくってるだろうから旦那の周りに多くいる魅力的な女性の中でいかに心細い立場を言っても伝わらないだろう)自分の薄情でごみみたいなその性根を恥じて死にたくなる時が来るよ。

まあ最低限の人間の知能と倫理感を持ってればね

実際はアホな上に性格まで悪い。知能があるかのように優越ぶるのが余計痛い、はてなによくいる馬鹿

http://anond.hatelabo.jp/20170527002214

増田にいる口だけのアホにとってはそうでもなかったらしいからねえ

から自分オタクヤンキー化しているって以前もここで主張したけど

めちゃくちゃバカにされましたね

大体半年から一年くらい他の増田より自分が先を見てるらしいというのはわかってきたので

気にしなくなったけど

2017-05-26

もはや増田に何を書いていいのかも忘れてしまった

何書けばいいんだ

結局増田に帰ってくる

ここが俺のふるさと

http://anond.hatelabo.jp/20170525145352

今回の分野がどうだったか知らないけど云々を書いた人です。反応してくれてありがとうAI分野の増田さん(http://anond.hatelabo.jp/20170526133709)もありがとう

人工知能文学もどちらも専門ではない工学世界の片隅にいた人間としての考えでは、「個別テキスト問題になっている」んじゃないかと感じたんだよね。

なんでかって、非公開になっている「論文」に出ている結果で『ID○にはクラス1が●パーセントまれる』を出すための分類をしているから。「AIによるフィルタ処理」がまだ「手作業」の状態だし。分野外の人間としては、「入力→処理→出力」の精度を上げるっていうより「精度を上げる前の段階としてやってみました」というものだと受け取りました。砕いていうと「精度を上げる前の段階として、こういうデータ(今回はpixiv小説)を手作業で分類してやってみました」。非公開になったものに対してわかりにくい話でごめん。

その上で、「pixivの○月○日から×月×日にかけての小説デイリーランキングR-18上位20作」と個別作品URLと、どちらが元に当たるかと言ったら作品URLじゃないかなと。また「個別テキスト問題になっている」という前提で、デイリーランキングが遡れるからテキストが追跡できるとするならば、作品URLを示すこととどう違うのかがわからないのです。作品が消える可能性よりも、デイリーランキングが消える可能性の方が高いのでは。

ただランキングにしてほしいという同人屋の心情はすごくよくわかる。またこういう騒ぎになってしまうと追跡しようにも作品の方が消えてしまうことはありえるし実際消えてしまったわけだけど、そこまで考えて「ランキング」を出所とするならばもっと他にも考えることあっただろうと。

あと、別の増田さん(http://anond.hatelabo.jp/20170526193328)がやってたような手法データ(今回の場合小説」)を収集してきていたのなら、それはそれでなるほどなと思っていたと思う。データ収集方法としてもこういう形の方がいろいろ言われずに済んだのかなぁなんて。

めっちゃ歩きスマホしてる

先日、歩きながらビール飲んでる人の増田話題になったが、私はめっちゃ歩きスマホしてる。

歩いてる間中イヤホンを着けてスマホの画面に目を落としてゲームやら読書やらはてブやら株価チャートチェックに明け暮れているのだ。

ついでに言うと、歩きタバコもする。流石にこれは常にしているわけではないが、路上喫煙禁止ではない場所歩きタバコ。吸殻はケータイ灰皿に入れる。

一般的に想定されるはてなーが見たら批判されそうな行為連続だか、不思議と注意されたことはない。歩きスマホなんか、新宿駅とか渋谷駅など、人がごった返している場所でも常に行っているけれど、他人にぶつかりもしなければ、絡まれもせず注意もされない。

しかしたら、私の姿を見たり、傍を通過することで発狂したり迷惑を蒙って泣き寝入りしている人がいるのかもしれないが、幸福なことに、そのような他人事情を訴えられたこともない。また、歩きスマホへの当たり屋にも遭遇したことがない。

もしも、私の行いのせいで迷惑を被って泣き寝入りしている人がいたら、是非直接声をかけて欲しい。私としても自分利益を優先して他人迷惑不快感を強いるのは本意ではない。その場合はすぐにあなた様の利益を優先して、そのような行動を慎みたいと思っているのだ。

それにしても、誰にも注意されない。やはり、マナー程度を振りかざして他人を注意するような行為を慎む、奥ゆかしい人々がまだまだ大半であって、頭に「私はあなたのせいで不快です」と言う見えないハチマキを巻いて、「マナー」とやらを理由他人行為に踏み込もうとするような、勇気に溢れたバイタリティのある方々は日本には少ないのかもしれない。

確かにそのような、コントロール不能な他人行為を正したいと言う情熱の元に生活をしていたら、かなりの労力を払わなければいけないし、疲れるだろうし、常にイライラして精神衛生クオリティを落として生活しなければならないから、割に合わないのだろう。

考えてみれば、私も他人電車ベビーカーで乗ってこようが、何を飲み食いしてようが、化粧してようが、前を歩く人がビールを飲んでようが、タバコを吸おうが、ガラガラを引いてようが、自分に直接危害を加えられない限り(または、私がどこかに移動することで避けられる限り)大して気にならない。

とは言え、自分一般化するつもりもないから、他人マナー違反行為が気になるなら、頑張って正して欲しいとも思う。それを止める気もないし権利もないと思っている。

とにかく、日本人の大半であろう、慎しみ深い人々のおかげで、私は歩きスマホ歩きタバコも堪能し、自由謳歌できるのだから、大変ありがたい事であるありがとう日本日本イキロ

ちきりんが言うとおり蓮舫代表よりも小池百合子都知事の方が話し上手

蓮舫さんと小池さんの人気差のひとつ理由は、しゃべり方だと思う。蓮舫さんの話し方はすごく芝居がかってて不自然。まるで昔の左翼アジテーション演説みたい。小池さんはできる限り「自然な話し方」に聞こえるよう意識してるのが好感度を上げてるんだと思う。

https://twitter.com/InsideCHIKIRIN/status/868088953647255553

ちきりん女史が指摘しているが一理ある。

たくさんの中国人と付き合ったわけでないが増田観測範囲では、中国人は嘘をつく時は力強く雄弁に語り、本音は「テヘッ♡」って感じで漏らす傾向にあるような気がする。

蓮舫女史もそうなのだろう。それにサヨクに影響されている?から「まるで昔の左翼アジテーション演説みたい」になるのかな?

対する小池百合子都知事エジプト留学経験のある才女でテレビ東京ワールドビジネスサテライトの初代キャスターなので人の心を捉えるのは上手なのだろう。日本人的に迂遠迂闊にホンネとタテマエで話をせずに、ストレートにわかやす目的めがけて話をする。

華僑よりも印僑の方が商売上手で、印僑よりもアラブ商人のほうが商売上手だという小咄があるくらいなので、蓮舫代表小池百合子都知事にかなわないだろう。

僕はまだアラフォーではないらしい。

昨日は思いがけず僕史上最高に祝われた誕生日になって嬉しかった。

で、つい浮かれて迂闊にもFacebookに「アラフォーになりました」と投稿してしまった。別にフォロワーも少ないからいいかなぁと思ったのだが今となっては何が良いのかわからない。ダメでもないかもしれないが。

そしたら、今日、数少ないフォロワーである知人女性に呼び止められて、たしなめられたんだ。

ちょっとちょっと増田君、君まだ35歳だもんアラフォーじゃないよ!」

と。知人女性は続けてこう言った。

「でね、私昨夜調べたんだけど、『ミドルサーティー』っていう呼び方があるよ。よかったね、増田君まだアラフォーじゃないよ!私はアラフォーだけど……」

ドルサーティー、略してミドサー。

そうか、僕はミドサーだったのか……。

僕としてはアラフォーでもミドサーでもどちらでもいいと思っているんだけど、というか子供の頃から年寄り臭い性格なので早く実年齢が性格に追いつかないかなと密かに思っていたから、アラフォーと名乗れるのをちょっとわくわくしながら待っていたりしたんだけれども。

でも、世の中には若いと思われる方が良いと思っている人もいるものだし、そういう人としては35歳になった途端にアラフォーと、44歳とも一緒に一括りにされるのは嫌なのだうから、35歳という微妙な年齢の人を呼ぶ単語を知れたのは、良かった。

うん、昨日から僕はミドサー、ミドサーなんだ。





……普通に35って言えばよくない?

http://anond.hatelabo.jp/20170526184716

興味本位質問を許してほしいんだけれど、満腹に近づくと料理を不味く感じる現象増田存在しない感じ?

腹7分目くらいから味を正しく感じなくなってきて、9分目を超えたあたりから食べ物認識できなくなるような。

英単語は暗記してはいけない

さて、今回は私の英語学習法の核心、「英単語の暗記をしない」ということについて語ってみたい。

英単語を覚えた」とはどういう状態

http://anond.hatelabo.jp/20170524213622

ここで前回リスニングについて語った内容には、凄まじい反響があった。私は1500というブクマ数にoverwhelmされてしまった。

いきなり何を言ってるのか、と思われるだろうが、私の感覚の中では、1500ブクマという気分を一番表せるのは、日本語の「圧倒された」ではなく、英語の"overwhelm"だ。

この単語はただ「圧倒された」だけでなく、「圧倒的な力に晒されて、疲弊してしまった」という感覚がある。もしこれが増田でなく普通ブログだったら、プレッシャーで何も書けなくなっていたかもしれない。

他にも、前回の「英語をあるがままに受け入れなければならない」という結論の部分は、最初は「英語をあるがままにembraceしなければならない」と書いてあったのだが、伝わらなさそうなので書き直した。embraceは「抱擁するように受け入れる」というような感覚だが、日本語で書くと何のことやらわからない。

英単語を覚えるということは、こういった単語に伴う感覚を一つ一つ身につけていくことだ。そうすれば英単語自分のものなり、ライティングスピーキングでも自然単語が湧いてきて、自由に使うことができるようになる。

英単語それぞれに固有であるこの感覚をどう身につけるのか、というのがここで語りたい話題である

日本語訳語を覚えるのは有効

英語学習世界で良く出て来るスローガンに「英語英語のままに理解しなさい」「日本語に訳して理解してはいけません」というのがある。

しかし「英語英語のままで理解しろ」と言われても、初心者には何のことか分からず、何か魔術的な、自分には絶対にできない思考法によってしか英語理解できないのではないか、という気にさせられてしまう。私も高校生の頃に、このスローガンを聞いて、そんな絶望感に襲われたことがある。

日本語しかできない日本人にとって、言語思考する際に使える唯一のツール日本語だ。英単語意味を知りたいなら、日本語訳語なり、日本語で書かれた説明によって理解するしかない。

日本語訳語を当てはめ、文法ルールに従って語順を並び替えて、並び替えた日本語から文意をつかむ。ノンネイティブである学習者はそこからスタートするしかない。そして大学受験レベルになっても、難関校を受験するのでなければ、その方法論で通用するだろう。

そのレベル英語力が欲しいならば、訳語を覚えることは有効だ。

ただ、「英単語を覚えるぞ!」と単語帳を開き、そこに記された訳語や例文を見たり、書いたり、発音したりしてみても、それで記憶できるのは記憶力がいい人だけで、普通は無理だ。

そしてそのレベルの、日本語訳語並べ替えるような英語力では、現実世界にあるほとんどの英文は読めず、あまり役に立たない。日本語英語はあまりにも違いすぎるので、逐語訳、直訳はほとんど通用せず、日本語訳語をそのまま適用しても英文理解することは出来ない。

なので、受験関係ない大人にとって、日本語訳語による英語理解は、目指すべき目標にはなりえない。

英英辞典を引くのは有効

「『英語英語のままに理解しなさい』か。ならば英英辞典を使って英語意味を覚えよう!」と考えるのは自然な発想だ。しかし、これもうまくいかない。

日本語を介して英語理解する段階を超えるには、英単語の持つ固有の感覚を覚える必要がある。

英単語から日本語訳語が想起されるようではいけない。それと同様に、英英辞典に書いてある語の定義が想起されるのも、その隣に書いてある同意語が想起されるのもアウトだ。そういった余計なものが出て来るようでは、リスニングはできるはずもないし、リーディングにも苦労を伴うことになる。

日本人にとっては、日本語単語が持っている感覚を想起するのは容易い。一方、英語から感覚を想起するのは難しい。英単語感覚を結びつけるという意味では、日本語訳語を介したほうが早い。

しかし、日本語訳語英単語では、意味に違いがある。日本語訳語を介して英単語理解しても、不正確な理解しかならない。しかしそれは、英英辞典に書いてある定義にしても、同意語にしても同じことだ。同意語といっても、単語が違う以上はニュアンスの違いがあり、辞典の短い説明でそれを完全に言い表すことは出来ない。

なので、単語を覚えるために英英辞典を使うべきではない。(*1)

英単語の本当の意味

英和辞典英英辞典では、英単語が持っている本当の感覚を掴むことはできない。

英単語の本当の意味は、その単語が実際に使われたシチュエーションの中にあり、その中にしかない。その単語を発した人の感情であったり、伝えたいメッセージがその単語の中に込められる。それを感じ取ることが出来れば、その単語の本当に意味するところが伝わってくる。

もちろん人によって、単語に込める意味には多少の違いがあるし、一度や二度その単語出会っただけで、その感覚を本当に自分のものに出来るかはわからない。その単語に何度も出会い修正を重ねながら、感覚を確かなものにしていく必要がある。

いずれにしても、実際にその単語が使われている生の英語を、深く理解し、言葉を発した人物気持ちシチュエーションをしっかりと読み取ることで、そこに出てきた単語の本当の意味を掴むことが出来る。辞書定義や、ぶつ切りにされた例文からでは分からない。

小説映画を介して英単語を学ぶ意味

小説映画シチュエーションを深く感じ取って理解し、記憶の中に蓄積していくことで、そこで出てきた英単語イディオムといった英語表現意味を、実感を伴って理解することが出来る。やがてその英語表現自分身体の中に染み込んで、感覚的に使いこなすことができるようになる。

http://anond.hatelabo.jp/20170522214348

私が以前ここに書いた学習法では、「辞書を引きながら小説を読む、映画英語字幕を一時停止しながら解釈する」といった事が勧められている。それは小説映画が、人物の心情があり、シチュエーションがある生の英語の塊だからだ。そして「自分が楽しめるものを見る」ことを勧めているのは、そうでないと登場人物の心情に寄り添ったり、シチュエーションハラハラすることが難しくなり、英語感覚的に深く読み取ることができないために、著しく学習効果が落ちてしまうからだ。

ここで使う辞書はもちろん英和で構わない。ただし辞書記述はヒント程度にとどめ、単語の本当の意味作品の中から感じ取ることが重要だ。辞書から単語感覚理解することは出来ず、実際に使用されたシチュエーションを蓄積することでしか単語自分のものとすることは出来ない。

英語英語のまま理解する

単語イディオム等、全ての英語表現は、小説映画実体験などから記憶の中にその表現使用されたシチュエーションが蓄積されることで、その表現に固有の感覚が醸成されていく。

そのシチュエーションが印象深いほどに、感覚はより明確になり、記憶への定着率も上がる。そしてシチュエーションの数が増えるほどに、感覚はより正確に、記憶はより強固になっていく。

シチュエーション自体は時とともに忘れてしま場合が多い。しかしその表現に染み付いた感覚は、シチュエーションを忘れた後も残っている。

そして英語表現からその感覚が直接想起されるようになれば、日本語を介さず「英語英語のまま理解する」状態に至ることができる。その状態に至れば、その英語表現感覚的に理解し、適切な時に適切な形でアウトプットすることも出来るようになる。

作品を味わうために必要英語

そうはいっても、「私の英語力では小説映画もとても歯が立たない。それは語彙力が足りないからだ。まず単語を覚えなければ」と考える人は多い。

そして単語学習のあまりのつまらなさ、記憶の定着しなさに絶望して諦めてしまうというという人が後を絶たない。しかしそれは根本が間違っている。

辞書というものがある以上、英語解釈するのに語彙力は必須ではない。テスト問題を解くためには、辞書なしで英語を読み解く力が必要かも知れないが、小説映画を味わうために必須ものではない。

単語を調べるためにいちいち辞書を引いていたら、話が先に進まず、読書体験がぶつ切りになるので楽しめない」という考え方もあるだろう。しかし私は「辞書を引きながら頑張って読んだからこそ、心に深く残る読書体験になる」と考えている。

通常の母国語読書では、立ち止まり辞書を引き、文法構造を考え、熟考しながら読み解くというような作業はまず行わない。学習者が文章理解するために行うそれらの作業は、文章を深く読むことにも役立っている。

最初に読んだ一冊、私の場合は"There's a Boy in the Girls' Bathroom"という児童書だったが、当時の私には非常に難しく、何度も立ち止まり辞書を引き、検索し、英文法に立ち返り、悪戦苦闘した。ただ、これは本当に素晴らしい本で、読む価値があると思えたから頑張ることができた。登場人物の心情に寄り添い、シチュエーションハラハラしながら、苦しいながらも素晴らしい読書体験をすることが出来た。

一冊目を終えれば二冊目はずっと簡単に読めた。三冊、四冊と進むに連れて英語力がぐんぐんと増していき、読書から苦が減り喜びが増していった。やがて「ゲームの達人」のような大人向けにも手が出せるようになり、刑事ハリーボッシュシリーズにハマる頃には映画英語字幕で存分に楽しめるようになっていた。

そして今はKindleがある。単語を長押しすれば辞書が引ける、検索も直ぐに出来る、洋書はなんでも安くダウンロードでき、スマホに入れて持ち運べる。これは英語学習のために存在するような素晴らしいツールだ。

Kindleがあれば語彙力は読書障害にはなりえない。ただし、児童書レベルでも英文を読むためには、ある程度の文法力が必要だ。そのためには受験参考書活用してほしい。日本受験英語界には素晴らしい文法解説がたくさんある。

日本語訳使用してもよいのか

日本語を介してしまうと英語を深く感じ取れないため、基本的日本語訳は使うべきではないと考えている。

ただ、どうしても理解できない英文出会うことはある。いくら時間を費やしても理解できない、そういう時には、日本語訳を見る。日本語字幕であったり、訳書であったりだ。プロフェッショナルの訳からは、独習では得難いものが得られることも多い。

作品から単語を覚えるのは非効率ではないか

世の本屋には「基本単語1000」とか「TOEIC必須単語3000」といったような、頻出単語とその意味を並べた参考書が大量に並んでいる。

英文に登場する単語の90%は1000語に含まれる、だからこの基本語をまず暗記して、それから英文を読むのが効率的だ」などと言う人もいる。しかしこれはほとんどデタラメである

英文に登場する単語の大半が基本語なのは確かだ。しかし500ページそこそこの参考書に1000個も意味が書けるほど、基本語の内容は浅くない。私は今でも日常的に、基本語を辞書で引いている。そしてその単語のさまざまな使い方を見て、基本語の奥深さを噛み締めている。

英語は読むにしても、書くにしても、聞くにしても、話すにしても、基本語は身体の一部になるぐらいまで深く理解する必要がある。実際の英語の中で気が遠くなるほど何度も遭遇し、使用シチュエーションを蓄積し、自分でも使ってみる、そういった積み重ねの中でしか、その本当に意味するところは分からない。参考書レベルで基本語を分かった気になっても、少し派生的な意味で登場しただけで分からなくなるのがオチだろう。

そして英語の語彙の中で特に難しいのは、基本語の組み合わせによって発生する熟語イディオムであるイディオム意味単語意味するものから大きくかけ離れていることが多く、故にイディオムと呼ばれるわけだが、この知識参考書ではほとんど得られない。このように、90%とされる基本語の中にも、参考書に含まれていないものが大量にある。

「それでも、頻出単語基本的意味だけでも抑えておくのは重要ではないか小説などでランダムに出て来るのに任せたら、時間がどれだけかかるかわからない」そう思う人もいるだろう。

しかし、頻出語は頻出するから頻出語と言われる。基本単語1000ぐらいなら、小説を1冊読む頃には否応なく頭に染み付いているはずだ。それも単語参考書で得たものとは違って、単語から想起される感覚を伴った、生きた英単語として身についている。

TOEIC3000語も、何の本でも数冊読めばほぼ頭に入っているはずだ。3000語を感覚的に理解できるようになれば、その3000語で構成された文は、日本語を介さず感覚的に理解できるようになり、「英語英語のままで」理解できるようになる。そうなれば読書スムーズに進むようになり、インプットスピードが上がり、それが英語の上達を加速させる好循環に入ることができる。成長の実感は英語学習モチベーションを高め、それがさらに成長を加速させる。3000語を感覚理解できる頃には、英語学習にドハマリして抜け出せなくなっているはずだ。

高難度の単語

高難度の単語は出現頻度が低くなるので、そういった単語網羅的に学習するのは、小説映画ばかりを偏って見ているノンネイティブには難しいかもしれない。

そういった高難度の単語網羅的に学習したい場合は、単語参考書を使うのは有効だろう。高難度の単語なら基本語のように意味派生したりイディオムになったりということは少なく、参考書レベル理解でもなんとかなるかもしれない。

ただ、参考書による単語学習はやっても覚えられないので、私はやらない。

自分がやるべき学習法とは

何の学習法でも言えることだが、自分が今やるべきでない学習法、自分に合ってない学習法は、やってみると身体本能的に拒否する。そういう学習法は、無理にやっても身が入らないのでやらないほうが良い(もちろん私の勧めている学習法も含めて)。

気持ちよくて、クタクタに疲れられる学習法と出会ったら、それをやるべきだ。疲れているということは脳が働いているということで、気持ち良ければずっと続けられる。

そのうちに慣れると疲れなくなってくる。トレーニングしても疲れていない場合、上達は見込めない。そうなったら学習法をアレンジし、負荷を上げて、気持ちよく疲れられるところまで調節する。誰かに教わった学習法でも、こうして自分の今のレベルに合った形にアレンジすることで、効果を高めることが出来る。

追記:

長くなりすぎてしまった。ここまで読んでくれてありがとう

英単語の暗記は日本人英語ができない原因の根本にして全て、ーにして全、諸悪の根源マスターマインド、He's pulling the stringsWho do you think is calling the shots around here? ぐらいに思っている。ただ、目の敵にしすぎて気持ちが入りすぎてしまったようだ。いずれリベンジ(和製英語)したい。

 *1 しか英英辞典自体は、それを使いこなせる英語力が身についた後ならば、英語学習の強力な武器になる。

 私は普段オックスフォード英英辞典を使っている。グーグル使用言語英語にして単語ググると、一番上にオックスフォード記述が出てくるので、まずこれを見る(出てこない場合検索語にdefinitionを加える)。Kindle無料でついてくる英英辞典オックスフォードだ。

 オックスフォードでは、英単語をより難しい英単語説明している。その単語辞書で引くことで、際限なく難しい単語出会えるため、いくらでも語彙を増やすことが出来る。単語定義も難解で味わい深く、その文章に触れること自体英語力を向上させてくれる。

 ただ、英語力の向上でなく実用目的場合、あるいは英英辞典を読み物として楽しめない場合は、英和辞典で十分だ。

http://anond.hatelabo.jp/20170526215428

増田にはほどぼりが冷めた頃になって昔バズったネタをパクって承認欲求を得ようとする妖怪パクリBBAが生息しているからな

http://anond.hatelabo.jp/20170526211345

流石にトランプ批判みたいな「政治批判」は表面上建前上は論理的批判してるわけだし

感情的に怒鳴るだけ」ではないんじゃないのか。この増田は要するにバーカとかいわれるのが嫌だって話だろ。

言いたいことはよく分かるが、例がなんかあってないと感じたな。

http://anond.hatelabo.jp/20170526203804

それで済むならトランプヒトラーも好き放題だろうが

扇動の才というか、他人自分の言うことを信じ込ませる能力は頭の良さとはまた別だし

事実として馬鹿馬鹿なことを言っていても、聞いてる側までそう思うとは限らないだろ?

「またあのお偉いさんはオラたちをだまくらかしてるに違えねぇべ」みたいに、

しろ世間イメージで頭よさそうな人の言うことこそ聞きたがらない人もいるしさ

から増田みたいなとこなら別だが、口を開くからには責任持たなきゃいけないんだ

http://anond.hatelabo.jp/20170526184716

増田女かよ

ばあば鬼だなw

日本の女は痩せることへの執着が頭おかしレベルで異常だから周りの痩せ圧力なんざ気にする必要はないと思うが、

申し訳ないけどお前のばあばは増田ことちゃんと愛してあげれてなかったな

美味しいものを食べさせてあげるのはもちろん素晴らしい愛情だが、

増田健康を損なうほどまでの食事を止めてあげれなかったんだから

食事の美味しさってのは健康レベルを保てる範囲で楽しむもの

健康を損なうほどの娯楽なんてやっちゃいけないんだよ

それから、同じ意味健康を損なうようなダイエットとかも絶対悪いことだから

お前もいい大人になったんだから

健康を保ちながら美味しいごはんを食べるという幸せを追求するように頑張れ

たくさん食べすぎたらお前が壊れてしまうんだ

ばあばはな、それを教えてくれてなかったんだ

お袋だってデブからいけないみたいな言い方してるのはよくないぞ

いけないのは健康を損なうことだ

健康だったらふっくらだってぽっちゃりだっていいんだぞ

よく考えてくれよ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん