「小説」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 小説とは

2016-07-28

物語依存症

北村薫の空飛ぶ馬(単行本)のあとがきに次のことが書いてある.

小説が書かれ読まれるのは、人生がただ一度である事への抗議からだと思います

まったく同意できるし, 僕はそれは小説だけでなく映画, ドラマ, アニメ, 漫画, 劇, ストーリー性のあるもの全てに共通すると思っている.

しかし僕はそのただ一度だけの人生すら謳歌しているとは思えない. 孤独に生きているし, 人と会話することすら少ない.

趣味読書で, 普段作業するときは, 映画ドラマアニメを見ながら作業している.

ただ一度切りの自分人生すらも小説, 映画, ドラマ, アニマ, 漫画他人ストーリーで埋め合わせるかのように.

キノの旅ハルヒ小説昔買って集めてたの見つけてしまった

どうしよう

もう10年は読んでないし処分するかな

んーでもキノハルヒおもしろいんだよなあ

学園キノアリソンシリーズ処分してもいいかなって感じはするけど

まあ本屋とか最悪図書館にもあるかもだし、

コレクションでいつでも読めるって安心感に甘えて場所とりつづけるのもなあ

でもそんなに場所はとらないしなあ

たぶんまた読みたくなるときはくると思うんだけど、それは当分こないきがするんだよなあ

仕事やめたりとか定年後とかのレベルな気がするんだよなあ

措置入院って制度を知らなかった

あれって使い方によっては特定の個人を社会的に消去することできるな。

医者の側も長期入院及び腰になる理由もわかるわ。

暴れる患者にはアニメサイコパス』みたいに麻酔っぽいの注射して「無力化」するらしいし、

昔の精神病棟のイメージのもの世界って、いまだに日本に残っているんだなぁと驚いた。



てか、あの犯人って大麻だけじゃなくて、危険ドラッグにも手を出していたみたいだし、

今回の事件って完全に薬物性統合失調症の結果だよね。事件凄惨すぎて裁判では考慮されないだろうけどさ。



あと、テレビ犯罪心理学者が一生懸命犯人心理を語ってみせるけど、

薬物で壊れた脳みそ思考イメージしても、ミステリー小説レベルの与太話にしかならないのでは。

ハルキストもアレだけどアンチ村上春樹もっとアレ

私は村上春樹はい日本で唯一世界に通用する作家だと思っているが、ハルキストではない。

現実世界村上春樹小説中の人みたいな喋り方をしたり、ノーベル文学賞の発表のたびにカフェに集う奴らには鳥肌がたつ。

んで、ハルキスト村上右翼とすると、村上左翼的な「おれは村上春樹だけは認めねー」勢がいる。

こいつらもハルキストと同じくらい腹立たしい。

そういう奴らを目にする度「嫌いって言えるほど作品理解してんのか?」と言いたくなる。

「終わり方がモヤモヤする」

主人公が女にモテすぎてむかつく」

セックスシーンがあって官能小説みたい」

「すかしてんじゃねーよ」

それ批評になってないからね。

それどころか自分コンプレックスとか低脳さを晒してるだけだから、思っても口に出すな。

自分にはこの作品の良さを理解できないんだな、という謙虚さを持て。

2016-07-27

恥ずかしくて死にそう

今恥ずかしがっても何も変わんないのはわかってるけど

片付けしててハルヒ小説(分裂までそろってる)みつけて友達ハルヒSSやりとりしてダサイクルしてたこととか

キノの旅10巻ちょいまで集めてたの見つけて、mixiSS書いたらマイミクにいた学校先生がわざわざ解説つけてくれたりとか

学園キノも見つけてクソだったなあとか

今みたいにネットで気軽にAV見れない時代には、本屋サンプル動画がたくさん入ったDVDCDつきの本が売られてたんだけど、それを中学生とか高校生ときにどきどきしながら買ったんだけど、そのディスクとか

いまその動画みたら古臭すぎてひとつも抜けるきしなかったわ

あわわわわってなるものばっかりだわ

あーひゃばいやばいやはくしょぶんしなきゃ

2016-07-26

口は災いのもとと云う

Facebookだとかの自己顕示欲系のSNSとか、掲示板とかブログとかLINEとか、ふと思ったのだが、他人が人に犯罪を“そそのかす”ような作用でもあるのかな?闇の掲示板では、金を払って殺人を依頼するなんてのもあったが、ネット言語は、活字として現されるが、その言っていることは、すべて口語だ。その場で言い放たれてしまうおしゃべりと同等だ。それが活字として視界にも残る。すべての元凶なんだ。コンピュータ世界

昭和ノーベル文学賞作家である川端康成小説雪国」の冒頭の一行「トンネルを抜けるとそこは雪国だった」の“てにをはから、書き出しを国境の長いトンネルを抜けるととするかどうかとか、その一行をああでもない、こうでもないと一年も二年も呻吟したそうだ。それが言ってみれば文語文章のことば、文学!。

人の口に戸は立てられない。口ほど恐ろしいものはない。は昔から言われる慣用句

クチコミであるから直に出る言葉が踊るネット世界は魔界だよ!。魑魅魍魎が住む

伏魔殿。怖い怖い怖い怖い怖い怖い…。くわばらくばわら…。

http://anond.hatelabo.jp/20160726012141

世界の仕組みからは離れても、世界あなたを受け入れてくれたじゃない。(セカイ系ラノベ小説トラバ

2016-07-25

テレビに出ちゃえば後は楽な芸能界

今のお笑い芸人って大して面白くないね



岡田圭右「わーお!!」とか何が面白いの?

こんなの小学生でも出来るよ。

何で一発ネタを使い回そうとするわけなの?

視聴者を笑わせたい気持ちがないんだよ。



又吉直樹とかお笑いのかけらもないじゃん。

こいつで一度も笑ったことないよ。

一生、ペンを握って小説書いとけよ。




今はね、インターネットで個人が顔を売っていける時代なんだよ。

面白い個人がいればそっちに流れていく。

テレビ離れと比例して面白くない芸人も消えていくよ。

まらない芸人たちはスマホゲーのデイリーログインのようにただ仕事をしてるだけ。

スポンサー番組制作者のご機嫌だけ気にしてて、視聴者が笑おうが笑わまいが知ったこっちゃない。

プライベートネタなんて考えるほどお笑いが好きじゃない人たちなんだよ。



知名度に甘えすぎて人を楽しませようって気持ちが薄れてる芸人が多いんだよ。

知名度に甘えすぎて人を楽しませようって気持ちが薄れてる芸人が多いんだよ。

知名度に甘えすぎて人を楽しませようって気持ちが薄れてる芸人が多いんだよ。



頑固おじさんのげんこつを食らって反省しろ!この馬鹿者が!!!!!

2016-07-24

私の体験したオカルト体験をここに記す①

前提として、私はオタクである

アニメ漫画で仕入れたオカルトの知識は非オタクの人より豊富だと自負している。が、非オタクの人よりもそれらはフィクションしかないと痛切に知っている。お化け神様が「現実だったら楽しいだろうに」と考えていた。我が身に降りかかるまでは。


私が現在進行形体験しているオカルトの話をしたい最大の理由は、後続者がオカルト体験に直面した際、何かの足しになれば良いと考えたからだ。困ったとき検索してもらえたらと思う。あるいは漫画小説脚本などを書く参考でも構わない。胡散臭い情報の1つとして有意義活用してほしい。

冒頭の通り、私は単なるオタクで、オカルト事象に関してはド素人である。だから事実誤認妄想が過分に含まれているだろうが、どうか許してほしい。誤字脱字、読み辛さもしょせんは素人と見逃していただきたい。統合失調症などの精神錯乱を含め、思いつく限りを一生懸命調べたけれど、確かめようのない、分からないことばかりだ。

判断は読者にお任せする。体験した出来事に対する主観と、憶測を記す。







我が身へ最初に起きたのは、奇妙な夢を頻繁に見ることだった。神社神託めいた助言の夢。

そんなある日、神社で狐に驚かされる夢を見て起きた瞬間、某稲荷神社映像写真のように鮮明に見えた。もちろん、漫画の読み過ぎだと思った。けれど、本当にその稲荷神社の狐が夢に出ているなら驚かせないでくれ、偽物なら困っているから退治してほしい、と稲荷神社へ直談判してみようと思った。春先の出来事だ。



いきなり稲荷神社へ行くのは恐ろしく、ちょうど厄年から厄払いをしようと思いついたのと人に相談できればと考えて、まずはいつも初詣で行く地元神社へ参拝することにした。社務所は無人で、厄払い電話で申し込むようにと書いてあった。仕方なく参拝だけをして、願掛けしながらおみくじを引いた。


私にはちょっとした特技があり、願掛けして手ずからおみくじを引くと、まさに神様アドバイスしてくれたかのような文章を含む結果を引き当てることが出来た。今回もそれにあやかるつもりだった。結果は『生きて居らるる親に仕える心持ち神様を拝み嬉しい時にも、悲しい時にも御話申して御祭りする』だった。親なら話せば分かるだろうと思った。御話申してと書いてあるし。



その足で稲荷神社へ。神社本社に参拝してからすみっこ稲荷神社へ向かう。狛犬代わりの狐像がこちらを見ている気がした。二礼二拍手を正しく出来たかどうか記憶にない。手を合わせ、困っている助けてほしいと祈った。もちろん何も起こらない。が、何もしないより気が済んだだけましだ。他の参拝者がやって来たから退散しようと「いつもありがとうございます」と呟いて、外へ出ようと鳥居をくぐった。

その瞬間、何かのスイッチが入った気配があり、背中に2つ、重たい何かが飛び乗った。逃げるように本社へ戻り、これは何だと問いを念じながらおみくじを引く。結果は地元で引いたおみくじと全く同じだった。

親心をもって常に側去らず』『そして常にぴったり御一体になって居る事が肝要だ』などと書いてある。「憑かれた」と思った。



帰りの電車で、狐らしき気配が混雑した電車に驚いている様子を感じた。銀色の狼みたいな大きいのと、漫画に出そうな小さい白狐が居るような気がしていた。それらの幻覚日中に鮮明で、夕方に日が沈むと消えた。

私はとりあえず「マジかよ」と笑った。

なろう系のネット小説って通常のルート文学賞目指しても多分最終選考まで辿り着けないよね

文章文体が下手とかそういうのじゃなくて、

結局あれ出来レースでしょ。

又吉の件だってKAGEROUもそう、女又吉の件だってそう。

結局得てして受賞ないし候補になってるじゃない、特に最終選考は。

多分なろう系はアニメ化したら大ヒットするだけの余力はあるんだけど、

文学賞は無理だろう。

いくら文章書けて面白い作品が作れても。

結局出来レース文学賞に応募するだけ時間と労力と金無駄なんだ。

じゃあ、どうすればいいって?

簡単な話、ネット小説を書いて信者を作って行ったりネットで話題になればいいんだよ。

これが一番の小説家への近道だって事はラノベ現在の主要作家陣を見れば明らか。

しか作家年収ランキング上位は皆なろう系とかネット小説から這い上がって来た人ばかり。

時代文学賞求めない事は、直木賞芥川賞を含む文学賞の顔ぶれを見れば分かり切っている。

正直面白くなくても受賞するのがそれらで、線引きは多分家柄とか学歴とか作家本人の認知度の高さで決まってくる。

それ以外、つまりそういうのを持ってない才能のある人はネット小説で試せばいい。

面白ければすぐ話題になるし、アニメ化ドラマ化、映画化なんて今はザラにあるからね。

というわけで文学賞不要論を唱えてみる。

最近PS4とあるゲームを遊んでるんだけど会話が酷すぎ。某アメリカ産映画ベースにした洋ゲーで、かつオープンワールドなんだけど、オープンワールド内で通行人ランダムで話す会話が酷すぎる。

女「最近○○の二次創作小説を読んだんだけどー、(略)本人が見ないことを祈るわ。本人が見たら服みたいに真っ赤になっちゃうw」

こんなクソみたいなセリフを頻繁に聞かされるだけでもイラつくんだけど(これ以外にもクソなのはある)、不可解なのはアメリカって自分のとこの映画ブランドイメージ大切にするイメージあるけどなんでこんなのが許されてゲームに収録されてるんだろってとこ

でも最近そのゲームDLCインストールしたら上のセリフをさっぱり聞かなくなった。。やっぱあれ評判悪くて削除されたんかな

2016-07-23

キリスト教徒になってわかったこと

いろいろあってキリスト教徒になりました。

んで気づいたんですけど、日本人って無宗教の人が多いじゃないですか(主語がでかいですか、すいません)。

そうすると、拝金主義とか消費社会に対する批判に触れる機会が文学映画ぐらいしか無いんですよね。

小説ならバルザックとかトルストイ漫画なら岡崎京子とか青木雄二映画ならフィンチャーとか。あとはまぁマルクスですか。

でもこれらって大人になってからじゃないと読めないじゃないですか岡崎京子とかナニワ金融道子どものころに読んでるかもしれないですけど、その根底消費社会拝金主義批判がある(岡崎京子ならたぶんゴダールの影響、青木雄二なら自身経験に加えてマルクスの影響)って気付ける小学生ってなかなかいないと思うんです。

拝金主義消費社会批判に幼いころから触れないもんだから、金こそ全てみたいな価値観蔓延やすくて、よくないと思うんです。増田毎日投稿される労働者の苦悩みたいなの見てると切に思います

その点聖書って子どもでもよく分かる話で「金が全てじゃないんだよ」って教えてくれるんで、いいと思います。どうですか増田見てるお父さん方(布教)。

そういやこの前、カイジを読んだ学生で、利根川演説に感動したって言ってる人がいました。利根川さんはその思想に基づいて行動した結果、焼き土下座させられてるんですけど、いいんですかね。

小説を書く

小説を書くのと小説家になるのって

夕飯にハンバーグを作るのと、ハンバーグレストラン開店するのくらい違う。

小説家で10年暮らすのって、都内ハンバーグレストランを10年経営するのと同じくらい難しい。

2016-07-22

独身非正規が30歳になったらなんにも興味を持てなくなった

昔は1年で300冊近く小説経済学社会学心理学の本を読んでいたけど、

いまでは読んでもちっとも面白くない、というか読んでもどうせムダと思ってしまう。

人生好転させる読書なんてありえない。

優秀な正規社員様の世界ではそうじゃないのかもしれないが、俺の世界ではそうだ。

先月もバタイユを借りてきたけど、一ヶ月かけて半分も読めてない。過去にはありえない遅いペースだ。

から恋愛には興味がないから、恋人結婚子供がいればなぁとか考えて悩んだりはしない。

ただひたすらつまらない。

兄貴彼女に、家族みんなで出かけよ~よ~と誘われるのだが、ひたすら苦痛だ。

たとえば、都内の高級料理に誘われても、

どうせ卑しい服装しか持ってないのにめんどうだな~

旨いものなんて食わなくていいのにめんどうだな〜と考えてしまう。

テーマパークにみんなで行こう〜と言われると、

家族はい不快な思いをさせないように一日気を使わなきゃメンドイ〜と憂鬱になる。

世間一般の30歳は何を楽しくて生きてるのだろう、と思う。

多分聞いてそれをやったとしても同じように楽しくは感じられなさそうだが。


ちなみに運動とか瞑想とかジョギングとかは定期的にやっている。


2016-07-21

日本ネットをつかった高IQ犯罪者による殺人事件ってまだおこってない

ツイッターでのストーキングとか、Lineでのグループ内の揉め事の発展形でもなく、三十路の働きたくない無職複数集まって道歩いてたぜんぜん知らん女を拉致して殺人したもののでもなくて、昔ながらの探偵小説みたいに誰それをターゲットにし、SNSblogツイッターをつかって性癖かいろいろ暴露してネット世論操作して、一般大衆ターゲットに完全に非協力的になったのを見計らってから拉致監禁して身代金ネットマネー要求とかそういう感じのやつ。

身代金ちょっといから、デイトレーダーみんなでどこぞの株売ったり買ったりして、俺に利益がくるようにしろかいエクストリーム脅迫みたいな。




ま、これらは俺の中の白昼夢小説ネタの没稿ですけどね。

じっさいミヤネ屋でやる犯罪つったら、バカが頭に血が上ったやつばかりで、SACみたいにはいかない。

http://anond.hatelabo.jp/20160721142731

マジレスすると娯楽系小説一般文学カテゴライズはしねえだろ。

割と明確な基準はあるぞ。

トップセラーだったもの

時代的な価値のあるもの

・原文が日本語以外のもの

・史科学的な価値を有するもの

位は踏まえねば文学たらんよ。

平野啓一郎阿部和重は長ったらしいというか周りくどくてあんまりきじゃなかったな〜

吉田修一小説は読んでないけど悪人映画を見たけどあんまよくわかんなかった

中村文則ちょっと興味あったけど、アマゾンレビューでボロクソで読む気にならず

誰を読めばいいの?

サイコパスに震える小説

どちらかっていうと湊かなえ的な?

この前山詠美ジェントルマンっていうの読んだら結構面白かった

読みやすかったし

サイコパスに震える小説オススメ教えてください

人間と関わるより小説読んだ方が理解できるきがする

確かにアニメ現実とかけ離れてるし、心情描写とかも少ないか

人間の事を知りたいんなら文学の方が楽しいと思う

下手な小説よりはエヴァとかウテナとかまどマギとかの方が面白いと思うけど大抵のロリロリハーレムエッチアニメはクソだと思う

アニメは突出してるのはめちゃくちゃ面白いけど駄作もかなり目につく

文学アニメどっちが高尚かは作品によるとしか言えないんじゃない?

アニメからいいとか文学からいいとかそんなの存在しないと思うけどな

大抵は文学だと思うけども

オススメ小説教えて

2016-07-20

最近はてな匿名ダイアリー二次創作同人活動関連の記事をよく見かける。そのたびに私はこの人達はまだ絵や小説を作り出せるんだからいいじゃないか、と思う。

まず、私は絵がかけない。小さい頃からアニメにハマる高校生まで学校の授業でしか絵をかいたことがないような人間だったからかけなかったし1年程度練習もしたけどやっぱり人に見せられるような絵をかけるようにはならなかった。

じゃあ次は小説を書いてみようと意気込み2本書いた。Pixivにも投稿した。1本は閲覧数500強で評価回数20回程度、もう1本は閲覧数100強で評価回数は一桁だった。今自分で見返しても前者はまだ見れるが後者の話はクソつまらないと思う。この文章を読んでいる人なら私がいか文章を書くのが下手かわかると思う。

MMDにも手を出した。元からニコニコ動画が好きだったかMMDもよく見てたしこれなら自分にでも出来るんじゃないかと思ったが再生回数は伸びず制作意欲も落ちていきいつしかソフトアンインストールしていた。

二次創作同人界隈は何かしら作品が作り出せる人間じゃないと友達さえも出来ない世界だと私は思っている。何も作り出せないつまらない私と仲良くしてくれる友達も居るがやっぱり創作している人のほうが友達は多いし楽しそうだと思う。

から私はまだ自分にもなにか創作できるものはないか模索したいと思う。とか少しは思っているけどやっぱり何にも出来ない自分死ぬほど嫌だな、とも思う。

答えばかり探している

自己啓発本やら、映画やら音楽やら、この頃は自分以外のすべてに、答えを求めている気がする。

「どうしたらいい?」という問いかけを、いろんなものにして、自分の頭で考えていなかった。

この頃、そういう考えが浮かぶと一旦立ち止まって、「どうしたい?自分で考えたら何が出てくるの?」という問いを自分自身へ投げかけ始めた。

少しずつ楽になっている。

TVネットツイッター雑誌CMユーチューバーニコニコインタビュー記事雑誌ビジネス書小説漫画美術館説明博物館解説、先輩や友人への質問、すべてに「私はどうしたらいいでしょうか」という気持ちを乗せて向き合っていた。

どこにも答えはないし、答えばかり探していて本当に苦しい。今もまだ何も見つかっていないんだけれど、探すのをやめて大分楽になった。

結局、未来はこの瞬間には何も存在していない。今お腹いっぱいで、冷たい三ツ矢サイダーをお風呂上がりに飲めている。

そばで猫が眠っているし、明日仕事がある。

TVツイッターニュース特にネットニュース、を排除たらこんなにも楽なのかと思う。

セミの声に集中して、夏の日差しに皮膚が焼けるような感覚を、やっと体が取り戻してきた。前はいつも頭だけで生きている気がしていた。

同じ年齢で成功した人を羨んだり、年上なのにどうしようもない人をみて蔑んだり、でも結局それは正解でも不正解でもない、その人の人生であるというだけだった。

こうしたい、っていう人生はもちろんある。でも正解ではないんだとわかってきた。理解してきた。不正解でもない。

もっと早くわかれば、とも思わない。これが私のペースだったんだな。

三ツ矢サイダーが美味しい。夏だ。

あのポルノ小説の詳細が知りたい

本は無くなった。

知恵袋人力検索で聞くことでもない気がするのでここに書き捨てておく。

アメリカ物の翻訳

新書版 カバーの下は青かったように思う

・妻とのセックスに退屈している男

少女が転がり込んできてセックス

少女が悪い仲間をどんどん家に連れてきて乱交

・男は最初は興奮していたが醒めてきた

・悪い仲間が家に居座るようになって危険を感じる

メキシコに行って麻薬買おうぜ!と持ち掛けて向こうの警察押し付け

・運転中に少女と戯れてて事故る 安否は思い出せない

・妻と仲直りセックス

という内容だった