「料理」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 料理とは

2017-01-23

起業したいけど

起業したい

何をしたいかは決まってないけど

パッと思いつくのはやっぱ飲食店経営とかたのしそう

はるな愛がたくさんお店プロデュースしてて忙しそうだけど充実してそうに見えた



起業するには何すればいいんだろう

お店つくるなら資金もいるし

人も必要から人材の確保もしなきゃいけないし

なんか免許とか資格いるのかな

起業セミナーとか行ったほうがいいのかな

なんかぼったくりっぽい気がする



バイトしてた焼き鳥屋社長

とあるチェーンののれん分けだったんだけど

めっちゃ宗教っぽくて

秘伝のタレに300万払ったとか

つくねの仕込み方は社員しか教えてもらえなかったりとか(非効率だろって思う)

そのわりには5年やっても2店舗目出せないでいたのとか見てて経営力なさすぎだろって内心思ってたし

仲がよかったからたまにそういう飲食店社長の集まりみたいなのとか連れてって貰ったけどめっちゃ胡散臭かったし

まじでそういうのは嫌だ



いい立地で

いいい雰囲気のお店作って

ちょうどいい価格帯で

素敵な料理を出すお店を10店舗経営したい



そしたらめっちゃ儲かりそうだけど

資金ないし

普通にサラリーマンだし

特技はあるけど経営はズブの素人だし



2017-01-22

メシマズ彼女つらい

わかった上で同棲を始めたのだが想像以上に辛い。

ネットメシマズネタは知っていたが、どこか他人事で大したことないだろうと高をくくっていた。

外食すればいいだろうだとかだんだん慣れてくるだろうだとか、しかしそんな甘いものではなかった。

なんというか日々じわじわと気力が侵食されていくようで、休日の昼飯など明確な苦痛すら感じるほどだ。

当番制にはしてるが、帰宅時間の都合上彼女が作る日のほうが多いし、だいたい俺の作った飯もまずい。

しょうがいから二人で料理教室に通うことにした。

俺、幸せです。

http://anond.hatelabo.jp/20170122135029

片方は痴呆症で既に食事を済ませてるのに、また食べたいと言うからすき屋に連れてった。

食べたいという衝動が消えるまで、メニューを見て考えさせて、落ち着いたところで帰って行った。



ということだと思う。

食事済みだから本質的お腹が空いているわけでもなく、ただ、食べたという記憶が無くなっているので

食べなくちゃと思い込んでいるだけ。

からメニューを見てあれがいいこれがいいと話しているうちに、食べなくちゃという思い込みを忘れた感じですかね。



「さっき食べたばかりでしょ!」と喧嘩するよりも、

食べたいと言われるままに無駄料理を与えるよりも、ずっとスマート介護方法かもしれない。

父親ハードルが高すぎて自分が家庭を持つイメージができない

24歳で,付き合っている人もいるのだが,結婚して自分が家庭を持っている将来像を描けなくて困る

自分父親父親としてかなり立派だからなのかもしれないと最近になって思い始めた

全てにおいて完璧というわけではなくて,いろいろと残念なところもある.それでも,父親自分にしてきてくれたことを,自分が将来生まれてくる子ども達に同じようにしてあげられる自信が全くない

平日は夜遅くまで残業をして帰ってくる.新卒入社した小さな金融機関にずっと勤務していて,今は総務部部長をしているらしいのだが,仕事の話を一切家でしないので,会社でどれだけ大変な思いをしているのかも分からない.

から自分の抱えるストレスや重圧を,子である自分が感じることはなかった(ただ,「家にいるときくらい電話には出たくなくなる」と言って休日に家にかかってくる電話に出ることを避けようとはしていたのだが,本当にこれくらいのもの).

母親に辛くあたるなどということは決してなく,表面的には表さないけど家事をこなす母親に対して感謝気持ちを十分に持っていることは子どもながらに感じていた.それだけに,母親が作った料理文句を言ったりする姉に対してはかなり厳しく叱ることもあった.

休日土曜日ほとんど仕事,それでも予備校に通う自分を駅まで送り迎えしてくれていた.申し訳なさを感じていなかったわけではないので,「自転車で行くよ」と自分も言ったけど,「この風では大変だから」などと言って結局車を出してくれていた.

そんな生活をしていたら日曜日くらい何もしたくなくなりそうなものだけど,ほぼ毎週,車でどこかに連れて行ってくれていた.

ほぼ毎晩家で酒を飲んでいて,それが明日への活力になっていると本人も言っているのだが,その程度で毎日仕事へのモチベーションを保てているというのは今になって考えると本当に尊敬に値する

だが,それ以外にストレスのはけ口になりそうなことはほとんどしていなくて,ギャンブルもしないし,スマホほとんといじらないし,休日に誰かと飲みに行ったりもしないし,平日も代行で帰ってくるなどということは数年に一回あるかないかくらい

たまに一人でバイクでどこかに出かけているみたいだけど,それ以外に趣味があるのかと心配になってしま

中学生高校生の頃は,世の中の父親とはだいたいそういうものなのだと思っていて,大学生になってから友達家族の話をしているときに「うちの父親ほどいい親はいないんじゃないか」と思うようになった.

そんな父親と比べて,自分は付き合っている人を大事にできているかというと自信が持てないし,疲れにうまく対処できていないし,自分生活で精一杯になってしまっている.

家族を背負って生きていける自信がない.

尊敬するという言葉は軽々しく使うべきではないけど,父親のことは心から尊敬している.自分もいつか父親のようになりたいと,最近は強く思うようになった.

こんな自分でも家庭を持つと変われるのだろうか.父親自分くらいの年齢のときはこんなものだったのか.そんなことを考えると,将来がとてつもなく不安に感じられてくる.

唐揚げ勝手レモンというのがあるけど

ネギ嫌いとしては、よくあるとりあえずなんでも料理ネギふりかけるのってやめてほしい。

かけたい人がかければいいだけなのに。

NHK食育番組マジで使えねぇ

クックルンはマインに比べればマシなんだけど

料理女の子向け

と決め打ちしすぎで、女の子が喜ぶデザイン女の子が中心のキャラクター、女三人に弟一人の偏った男女比、イケメン大人を出しても何かだじゃれ言わせてるだけ

男の子食育に全く使えない

何か知らんけど子供って妙に男らしさとかに拘るんだよ、料理女の子向けと印象付けたらあかんのよ

何でキッチン戦隊世界観魔女っ子風なんだよ、NHK使えねぇな!!

Eテレ子供向け料理番組の変遷が

まいん(女児向け&アニメパート萌え絵であからさまに大人ロリコンヲタを釣ってる)

クックルン(両性向けでキャスト男児も加わり、アニメパートヲタ臭くない絵柄でヲタ排除

クックルン第二期(大人イケメンが加わって母親釣り

と、時代の流れを反映していて面白い



民放の子供向けアニメもいずれこうなっていくのかな

子供に見せる番組選んでるのは母親だし、そのウケを考えたらそりゃこうなるよね

DV家庭の息子から見た両親のここが駄目

母親場合

・明らかに更生や同情の余地の無い屑夫なのに、「私がこの人を支えていけばいつかまともになるかも……」とか「この人も可哀想な人なのだから私が支えないと……」等と更生を期待したり生い立ちに同情したりする。

・明らかに自分に非の無いことで理不尽に怒鳴られたり殴られたりしても、怒らせた自分の非を探して自分を責める。

基本的要求せず、全て誰かの言いなり。自分というものが有るのか無いのか知らないけど、とにかく主張というものをしない。

無駄料理裁縫などのドメスティックスキルが高い。これがあるから夫は妻を生かさず殺さずで囲おうとする。これが無ければ向こうから捨ててくれるかもしれないのに。

子供の前で殴られ、子供の前で泣き、子供の前で夫に赦しを乞い、その後子供に駄目な母で御免なさい的なことを言って謝る。子供は板挟み。

越えてはならない一線というもの理解できなくなっている。例えば上述した子供を巻き込んだDVもそうだが、例えば、夫に唆されて自分実家電話をかけて両親からお金をせびるといった背徳行為等に関しても、夫に言われればやってしまう。

家事全般もそうだが、所謂女子力的な要素も無駄に高い。無駄に付き合いも広く、小金持ちのママ友達が多い。故に見栄を張りたくなるのか、あるいは意地なのか分からないけど惨めな自分を認められない。

田舎育ちなので、都会に対して妙な拘りがある。故に実家に頼るとか実家に帰るといった選択肢がとれない。

大学時代に親父に引っかけられて卒業後すぐ家庭に入ってしまった為に社会経験アルバイトくらいしかない。その為自立するという選択肢が浮かばない。

基本的にお人好し、悪く言えば人を見る目が無い。故に変な人との付き合いも多く、以前お金を盗まれたことも。

・要はメンヘラ

父親場合

・まず学がない。

・学が無い上に、努力というよりも才能で無駄仕事成功を納め小金持ちになってしまった為、学の大切さを知らない。故に、学を軽視する。

・学を軽視している為、子供宿題をしていると「勉強なんかするな」と怒る。学を軽視している為、「高校出たら働いて今までかかった学費を返してもらう」という素晴らしい( )教育方針を持っている。

教育方針から分かる通り、学を軽視し、金銭を何よりも重視する。人や物の価値金銭しか計れない。

・学を軽視しているので、習い事等を一切許さない。反面無駄成金的贅沢を子供に沢山経験させることには熱心。

・学を軽視している癖に学にコンプレックスがあるので、大卒の妻にコンプレックスを持っている面倒臭いオッサン

・当たり前だけど、些細なことでキレて、些細なことで殴る。加減を知らないので痣が残っても気絶してもお構い無し。子供友達が来ていても殴る。自分の両親兄弟の前でも殴る。赤の他人の前でも殴る。実の息子さえも殴る。とにかく殴りまくるがケチなので物だけは殴らない。

無駄容姿がまともで、口が上手く、女にモテる愛人がいる。

愛人子供交流を平気でさせる無神経。ちなみに愛人も殴る。

・一応子供愛情があるらしく、割りと構ってくる。しかし幼稚ですぐキレるサイコ父さんなのでいい迷惑

基本的独占欲が強く、子供も妻も自分の思い通りであってほしいと願うし、そうでなければ許せない。例えば子供友達を作ったり友達遊んだりすることを嫌うし、妻が自分以外の男と交流を持つことも嫌う。(友達と遊んでると機嫌悪くなるのだけは止めて欲しかった……)

・要はメンヘラ

以上

2017-01-21

結婚したい、出来ない

今私は大学2年、早生まれなので19歳。

田舎である地元と同じか少しデカイくらいの規模の場所一人暮らしをしてる。

この間成人式に出席したとき友達ではないけど顔見知り程度のコが結婚していてすでに2歳児の子持ちになっていて恐ろしいと思った。その子高校中退していた。多分これから年を重ねるにつれてこの手の話は珍しくない、むしろウンザリするほど話題に上がるだろうな。

翌日汽車で戻りながら、私は結婚出来ないということをぼんやり考えていた。

理由はここで挙げる以外にも細々したものがいっぱいあるけど特にこの3つに絞った。

1つ目は顔が悪いということ(子供を産みたくない)。

次にめんどくさがりということ。

3つ目に結婚に夢見すぎということ。

まず1つ目、私はブス。地味な顔なくせに化粧でマシにならないタイプの一番最悪な顔。中2と高1のとき男にいじめられた。正直これは顔のせいだけではなく舐められやすい態度と鈍臭さが相まってのことだと思った(今考えてみれば)。それで腹の立つ顔(ブス)してるんだからあいじめたくもなるんだと思う。女子友達普通に居た。(あと私はブスなので子供を産みたくない。未来の私の子供が私に似た顔で生まれたら私の子供が可哀想だ)

次に、私はめんどくさがり。

部屋はきれいな時と汚いときがある。

部屋のきれい度はわたしの疲れ度合いと比例している。1度に片付けるタイプだ。始めたら終わるまで一気に片付けるけどそれまでの時間が長い。だから常にきれいな部屋を保つのには向かない。料理も、自炊をめんどくさがってひと月に数回程度しかしないので、部屋の掃除とか料理の腕が求められる(と思われる)結婚は出来ないだろう(誰もそんなズボラな女とは結婚したがらない)。

3つ目に結婚に夢見すぎということ。

でも親は離婚してる。

普通親が離婚してたらあんまり夢見ないだろうと思うかもしれないけれど私は夢見てしまってる。なぜなら私はブス(鈍臭い)で交際経験皆無(処女)なのでそれが美化されてる。

あと最後にいうと

私は年上の人しか好きになったことがない。中学生から今まで、私は中高年のおじさんが好きだった。

何故ならそれは同級生男子と会話することがないので必然的に目に入る男は全て先生になるから。見る回数が多い分好きになるんだろう。単純接触効果かな。悲しいね……。

あと同級生男子は私にとって恐怖の対象で、向こうは私を虐める以外、男にとっての私はどうでも良い存在(眼中にない)ので接触しない。だから好意の抱きようがない。それと母子家庭から足りない部分(父)を補おうとしてるんだろうかっていう予想が自分的にはしっくりくるけどちょっとポエミーで恥ずかしいし、人には言えない。でも上記の理由の方がもっとみっともないのであんまり認めなくない、事実だけども。出来れば目をそらしていたい。

ちょっとまとまってないけどまあこんなにマイナス要素があれば結婚出来ないのは当たり前だと思う。努力しろよって話なんだけど得られるか分からない対価に対してそこまで頑張れるかっていうとそうじゃない。受験勉強や今なら公務員試験勉強なら同じく得られるか分からないけどある一定保証(あるいは水準)はあるから頑張れる。

今の私の武器になるもの(婚活において有利なもの)なんて若さしかない。

これももうすぐ無くなってしまう。

結婚したいなら大学卒業して就職が決まったら即婚活すべきなんだろうな。無理だろうけど。

私がこんなに結婚したい理由は2つほどある。

1つは既婚っていうだけである一定の人間性が無条件で認めてもらえるような、その称号というか身分がとてつもなく欲しい。2つ目は誰かに愛されたい、1人が寂しい(あと○ックスしてみたい、子供はいらない)。書き出して見るとロクでもない理由しかないな。

2017-01-20

http://anond.hatelabo.jp/20161109105258

いや、単純にお前がアウトドア料理や株や数学に適性がなくて、アニメ漫画に適性があって興味持てただけだろ。

アウトドア料理や株や数学なんて日本で生きてれば興味を持つ機会が腐るほどあるだろ。

あと、大多数の人間人生出会う全ての選択肢を追えるほどのキャパがない。

飲食店全面禁煙

私は子供の頃からぜんそく持ちなので

1度もタバコは吸ったことがない。


臭いも好きではないので飲食店全面禁煙は賛成。

ただ、喫煙者の多い食堂がなどが全席禁煙になるのは

お店の死活問題なので、ちょっと強制はどうなのって思う。

お店側が全席禁煙にするか、喫煙可能なのか選べるようにすればいいのに。

お店に入る前に「このお店は喫煙可です。タバコが嫌いな方はご遠慮ください」と

デカデカと表示すれば、非喫煙者は入ってこない。


タバコ嫌いだけど、喫煙可のお店の料理を食べたい場合

タバコ我慢するか、あきらめてお店に入らないどちらか。

自分で選べるんだから、「なんで、この店は全席禁煙じゃないんだ」って怒らないように。


まぁ、タバコ吸わないし、喫煙可のお店に行くことが

まりないので、そんなに真剣に考えてないけど

ニュース喫煙可の食堂のおばあちゃんが困ってて、かわいそうだった。

http://anond.hatelabo.jp/20170120152938

こういうの見ると、なんでこんなめんどくさい女の子と付き合ってるのか謎に思う。

こんなめんどくささをひっくり返す程の良さがあるのかな?可愛いとか、話が面白いとか、料理がめちゃくちゃ上手いとか。

例えそうだとしてもこんな風に相手の都合考えないわがままさを帳消しにできるものなのかねー…。

老いと食事バランス

老いた母の好き嫌いが年々激しくなっており、料理する上で苦労している。



野菜は知ってるもの以外NG認知症が進み、人参ほうれん草などの、幼児でも知ってるような野菜しか覚えていない。

例えばアスパラガスモロヘイヤくらいの「見慣れない」野菜になると食べようとしない。なかなか献立を考えるのが大変だ。



また、若いから肉が好きだったため、魚もあまり食べたがらない。特に骨のある魚は面倒臭がって食べない。ただ、まぐろカツオは大好き。でも懐には厳しい。

肉は大好物だけど、柔らかい半生だと噛み切れないし、ちゃんと焼いても硬くて食べられない。なので、圧力鍋で身がほぐれるまで柔らかくしないといけない。



おまけに目を離すと菓子パンを食べてしまい、せっかく料理を作っても手をつけなくなる。

でもそういった間食を備えておかないと、夜中に腹が減ったと私を起こしにくる。



なかなか難儀なんだけど、介護してるみんなってどんな食事作ってあげてるの?

メシマズ

メシマズ料理するときに素材や調味料を足し算で考える。

また材料もそのときの気分(冷蔵庫の様子)で変更してくる。

この二つは鉄板の特徴だ。

鍋するとき白菜の代わりにサラダ菜にされたのはまいった

2017-01-19

また極右ファシスト独裁殺人鬼安倍晋三自民党公明党による不正株価つり上げ。

また極右ファシスト独裁殺人鬼安倍晋三自民党公明党による不正株価つり上げ。

安倍の手下宮家邦彦がいるキャノンが関与か。富士フィルムが関与か。三井物産か。JR東海か。サントリーか。ローソンか。キッコーマンか。JR九州か。会長とか仲良しなんだろ。

三井住友か。みずほが関与か。

災害ときゴルフ行ったり、高級料理を食べたり。災害で亡くなった方に「死んだ死んだあはははは」とか言ってんだろ。ふざけるなよ。このやろー

天皇陛下ヒトラー安倍に怒りのドロップキック生前退位表明で大日本帝国憲法軍国主義憲法への復活の動きにドロップキック

また極右ファシスト独裁殺人鬼安倍晋三自民党公明党による不正株価つり上げ。

また極右ファシスト独裁殺人鬼安倍晋三自民党公明党による不正株価つり上げ。

安倍の手下宮家邦彦がいるキャノンが関与か。富士フィルムが関与か。三井物産か。JR東海か。サントリーか。ローソンか。キッコーマンか。JR九州か。会長とか仲良しなんだろ。

災害ときゴルフ行ったり、高級料理を食べたり。災害で亡くなった方に「死んだ死んだあはははは」とか言ってんだろ。ふざけるなよ。このやろー

天皇陛下ヒトラー安倍に怒りのドロップキック生前退位表明で大日本帝国憲法軍国主義憲法への復活の動きにドロップキック

ミルフィーユコスパ悪すぎ問題

白菜豚肉だけでおいしい料理ができると思うじゃん?

でも、白菜1/4でも200円近くするし、豚肉200gでも400円くらいするし、それでミルフィーユ鍋作ってもせいぜい一人前しかできないわけだ。

一人前が原価だけで600円。松屋かいってランチ食べてたほうが栄養摂れるんじゃないのかってくらいにコスパいね

自炊って全然節約にならんわ。

2017-01-17

田舎パチンコしない人はいったいどうやって休日を過ごしているのか

僕の場合家事と子守とで休日は飛んでいきます

読書もしたい、自転車にも乗りたい、本のスキャニングも、パソコンデータ整理も、部屋の掃除ゴミ出しも、観葉植物の世話も金魚水槽掃除もあれもこれもやりたいが、幼児をほおって作業はできないので、嫁さんが料理掃除をしているのを横目に子供を見て、嫁さんが子供を見ている間に食器を洗ったり洗濯物を干したり。



しろ、どうやってパチンコという余暇時間を捻出しているのかを教えて欲しい。

アパホテル中国人ビュッフェ料理を食べ尽くされた

昔、アパホテルに泊まった。

朝食会場で中国人ビュッフェ料理を食べ尽くしておかずがほとんどなくなっていたのに

懲りて、それ以来泊まってないが、今回の一件で中国人が泊まらなくなるんだったらまた泊まってもいいかな。

そういう人、多いんじゃないだろうか。

[]番外 「食漫画はこれからどこへ行くのか(後編)」

前回の続きで、そちらをあらかじめ読んでいること推奨。

もっと主観バリバリ、かつ雑に展開させた方が読んでいる人たちもツッコミやすいし、筆者も書くの飽きてきたので今回はもっとキトーに書いていくことにするよ。



食とどう関わっていくか

食に関することは基本的に作るか、食べるかだけれども、細分化していけば目の付け所はいくらでもある。

要はコンセプトによる差別化だ。

胃弱メシ』は胃が弱い人の、『女くどき飯』はデートでキメるとき

将棋めし』は将棋で勝つためのゲン担ぎといったように、「食とどう関わっていくか」ということも差別化の一つともいえる。

目玉焼きの黄身 いつつぶす?』や、『食の軍師』などといったように食に関する独特な拘りを主体にしたものもある。

他には、食べ物自体は絡むものの、その他の要素に比重を置かれているパターンも。

まり食を舞台装置としてどう機能させるか、ということ。

定番なのが人間ドラマで、『ゆきうさぎのお品書き』や、前回挙げた『甘々と稲妻』などはその傾向が強い。

料理やそれを食べる要素は必ずあるものの、それによって紡がれるドラマ主体なのだ

これはどちらかというと帰結ともいえ、食べ物のものエンターテイメント性の弱さを補完しようとすれば、過剰な演出を除けばストーリーやコンセプトに目を向けることになるのだ。

その点では『ゴールデンカムイ』もその要素を持つといえるが、これをグルメ漫画認識している人は少ない。

バトルやドラマコメディなど、主体となる要素、テーマが他に多くあるからだと思う。

では、食の要素を持ちつつ、食漫画認識されにくいものには他にどのような例があるだろうか。



破壊

完全な持論だが、それは茶化したり、弄ぶことによる“破壊系”だと思う。

代表格は一部の「料理バトル」モノで、過剰な演出エキセントリックプロットを突き詰めていく過程で真面目に食べ物調理を扱わなくなった。

数年前だと『マジカシェフ少女しずる』という漫画が印象的である

最近だと『人魚姫のごめんねごはん』という漫画ホッテントリになっていて記憶に新しい。

ディズニーアニメの『リトル・マーメイド』でコックが魚を料理する歌があるのだが、架空の設定で見方を変えさせることで、印象を鮮烈にするというのは手法としてある。

まあ正直ここまでくると、食が関係していてもグルメ漫画というよりはコメディ漫画寄りだから、今回の話で扱うのは趣旨がズレているかもしれないが……。

主張したいのは個人的にこの“破壊”を許容されることで発生する、ジャンル多様化もあるのではないかということだ。

まり破天荒さ」と「グルメ」を両立しているにも関わらず食漫画としての体裁を保った、そんな奇妙な読み味の漫画たちである



空想

グルメ漫画ほとんどは現実世界モチーフにしていることが多く、料理もまたそれに準拠している。

読者に料理イメージをしやすくさせるためだ。

だが、それに拘る必要がないのではと思い始める作品も出てくる。

例えば『異世界駅舎の喫茶店』、『信長のシェフ』などといったように、舞台を別の世界にしたもの

料理を食べる登場人物人間ではない『クミカミカク』など。

しかし、食べ物まで空想産物にした代表格は『ダンジョン飯』だろう。

RPGに登場しがちな空想の生き物を材料に、大真面目に調理工程が描かれるのである

以降も異世界架空の食物を扱った『幻想グルメ』や、妖怪材料にした『美味しい妖』などの作品が続いていく。

もはや食漫画は、舞台調理工程登場人物食べ物あらゆるもの多様化したのである

だが悪くいえば、ほぼ手垢まみれの状態となりつつある、ともいえる。



マンネリ

さて、そんな食漫画に、現在マンネリ感は漂っているか

結論からいえば「まだ気にする段階ではない」。

私みたいに食傷気味になっている人間ならまだしも、様々なジャンル漫画をそこそこ読んでいる人なら、一つのジャンルの隆盛などあまり意識しないだろうし、漫画自体をほどほどにしか読まない人なら尚更である

「こんなに食漫画があるんですよ」と挙げても、それらを全部読んでいる人なんてまずいないからだ。

そもそも現代漫画供給過多の状態なので、全体を見渡せば食漫画自体はそこまで多くはない。

ただ、私からいわせれば食漫画成熟の段階には入っていて、後は発酵するか腐敗するかじゃないかな。

……そういえば、『もやしもん』っていう醸す漫画もあったっけ。

[]番外 「食漫画はこれからどこへ行くのか(前編)」

読み返してみたら「我ながら何書いてんだ」と思ったけれども、たくさん書いて勿体無かったので投稿しておく。



はじめに

歴史を辿るならば食べ物テーマにした漫画は以前からある。

けれども一大ジャンルにのし上がり、隆盛を極めようとしているのは現代だろう。

今回は関連する作品をいくつか挙げつつ、食漫画について考えてみようと思う(グルメ漫画表現しても便宜上問題いかもしれないけれども、一応は食漫画で)。

挙げる作品に偏りがあることは容赦して頂戴。



食のジャンル

差別化においてよく成されるのが、「食べ物ジャンルを絞ったり、特殊にする」ことだ。

『ごほうびおひとり鮨』は割烹や、『いぶり暮らし』の燻製

『メシ鉄』の駅弁や、『球場三食』は球場で食べられるもの

お嬢様アイスがお好き』のアイスや、『サチのお寺ごはん』は精進料理

『ほおばれ!草食女子』の草など、挙げていったらキリがない。

他にも“空想系”があるが、それに関しては気が向いたら語る。

ここで主張したいのは、食べ物ジャンルだけで絞ってもかなりの漫画が今はあるということ。



作る

漫画は大きく分けると「作ることに比重を置く」か、「食べることに比重を置く」かで、そこから更に様々な要素を付加して細分化されていく。

現在イメージとしては食べることに比重を置き、料理を作らない漫画の方が盛り上がっているように見えるが、作ることに比重を置いた漫画が少ないかといえばそんなことはない。

マンガ家 夜食研究所』や『カマドニアン』といった、作り方まで詳細に説明している実用性重視ものも今なお定期的に出てくる。

そこまで行かなくても、『甘々と稲妻』や『新米姉妹ふたりごはん』など、作ることに比重を置いた作品は多いのだ。

なぜかFateシリーズと組み合わせた『衛宮さんちの今日ごはん』といった節操のないものであるが、教養漫画に人気アニメ漫画キャラが登場するようなものなのだろうか。

いずれにしろ調理のものにも差別化は成されやすい。

『めしにしましょう』は初回から浴槽でローストビーフを作ったりしており、『桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?』はゲテモノ調理というインパクトで引き付けてくる。

また、そういう作ることの極致ともいえるのが、いわゆる「料理バトル」だ。

料理競技化、ド派手なパフォーマンス、過剰なリアクション

一見するとエキセントリックに見えるプロットだが、エンターテイメントの基本は非日常性にある。

人間にとって身近な料理というものを娯楽漫画に仕立てあげるのに、そういった表現シンプルな答えであり、必然なのだ

今なお系譜はあり、『食戟のソーマ』などがその例である



食べること

料理を作らなかったり、調理工程ほとんど描写しない、「食べること」に特化した漫画も多い。

代表格は何度もドラマ化までされている『孤独のグルメであることは間違いないと思うが、あれは原作10年以上も前に世に出て、近年ブレイクした結果新作が発表された希有な例でもある。

最近のだと、初めに挙げた『ごほうびおひとり鮨』、『メシ鉄』などもそうだし、他には『ヒメの惰飯』や『君花さんのスイーツマッチ』とかもある。

あと『ワカコ酒』もそうだし、『おとりよせ王子 飯田好実』なんてのもあったっけ。

さて、このテの食べることに比重を置いた漫画ありがちな要素は何だろうか。

真っ先に思いつくのは、“メシ顔”である

食べ物を目の前にしたとき食べ物を食べたとき、食べたあとにする“あの顔”である

エンターテイメントの基本は非日常性にある』と前述したけれども、当然これは食べる際のリアクションである

エンターテイメントとして、“メシ顔”は漫画視覚表現として実に分かりやすいのだ。

例えば『鳴沢くんはおいしい顔に恋してる』の主人公は、女性料理を美味しそうに食べている時の顔(メシ顔)が好きという設定である

『めしぬま。』なんて、食べているとき主人公恍惚の表情がテーマという開き直ったプロットだ。

余談だけれども、欧米には「フードポルノ」という俗語があるらしい。

これは「感動ポルノ」みたいな「ポルノ」の使われ方のようであり、何もセクシュアルな要素が含まれていることを指している訳ではない。

しかし、実際にセクシュアルな要素まで主体にしてくる食漫画もあるのだから笑える。

そういえば『食戟のソーマ』では食べると服が弾けるイメージ表現お約束だし、セクシュアルと食べ物は相性がいいんだろうね。

ここらへんで一区切り後編に続く。

今頃ドラマ銀と金みた

銀さんはよかった。大胆不敵な感じがすげーでてた。

巽が女性になったりとかは、正直、安田以外のメンバーってあんまり出てこないか別にいかなとは思う。

ただ、なんか森田原作と明らかに違うくね?って思いながら見てた。

 

森田クレーマー料理ドリンクをぶち込む所。

森田は確かにクレーマーは許せないタイプだけど、そんな陰湿な事しないんじゃねーかな。森田に過剰な期待をするわけじゃないけど。

後は、賛否両論入院者を殺してほしいのやつも、原作だと、誰も見張らない時間を作ることで事故が起こる。「目の前で死にゆ人間を見逃すだけで5000万円」

ドラマだと、マスクを取って出かける事。「親族の代わりに事故でっちあげる」

前者と後者だと全然違うと思う。後者はいくら金積まれてもやらないと思う。前者なら、自分は手をかけないし、見逃すだけ。スパイダーマンでいう最初強盗を見逃すようなもの。それだけで5000万。でも、森田はそれを拒み、「それはできない。でも、金をつかみたい」と言う。その必死さ。

そのエピソードも削られてすごい軽い男に見える。

第2話もみた。30分だから急ぎ足なのもわかるけど、なんというか、1話でそういうイメージついちゃったもんだから、梅谷との「50億あったら一生遊んでくらせるでしょ!」ってところも、思う所があってというより小並感で聞いてる感じがする。

後々森田ポーカーの時に「背景はない。俺は森田鉄雄」っていう場面、今の状態だとすっげー空っぽに聞こえちゃうなぁって思った。

ブサメン学』という学問を作りたい

チビデブハゲブサメンに生まれたんだけど。

ブサメンのための学問ってのもあっていいと思った。

  

というのも、ブサメン特有の悩みってやつがある。

だけど、そういう悩みは、「フツメンが持っている」のは確かに意味があると思うんだけどさ、だって自分改善しようとしたりするから

ブサメン場合は、ナンセンスだ。

というのも人生の中でほとんど可能性が無いような『女に相手される可能性』を考え続けるのはかなり人生無駄からだ。

  

ハッキリいって、ブサメンは『障碍者』と考えてよいと思う。

人とは違うんだ。

人と違うのだから、当然ながら、考え方にサポート必要だ。

  

俺は、あまりにも多くのストレス時間無駄経験した。

「なぜ俺はモテなんだ?」ということに対して、かなり一般的な答えを得られるが、

その答えってやつは、「イケメンが強いから女が干上がる」とか、「女の性質としてブサメンが嫌いだからかかわる機会が無い」とか、もうどうしようもないものだ。

そういう考えてもしょうがないことを考えて、時間死ぬほど無駄にした。

ファッションダイエットで金を使ったりしたが、それも完全に無駄だった。

ストレスを感じることも多いし、セクハラにならないように気を使って生きる技術大事だった。

他人と比べて、学ぶべき知識や考え方を手に入れなければならないことが多かったように思う。

  

なので、苦しむ量を減らすために、あらかじめ学生時代くらいから、そういう学問を広げるのはありだと思う。

俺みたいに無駄なことで時間と労力を使うブサメンを減らしたい。

その分の労力と時間を、学歴なり収入なりに転換してほしいわ。

  

ブサメンセクハラに対して学ぶことは大事だ。

他人とのコミュニケーション他人より身に着けないと生き残れない。

一人で生きていくことに関する悩みや対処法、覚えるべき料理等考えなければならない。

そういう、ブサメンのための技術体系としての、『ブサメン学』これを作りたいなと思った。

2017-01-15

http://anond.hatelabo.jp/20170115231823

今時100円の料理だって珍しくないが、そういう店に言うのは野暮の極みだが、800円超えるのであればいうべきだ。

チェーンなら、本社電凸していい。

レストラン提供される料理の順番

今日行った店は前菜サラダ、メインにパスタを注文したら

結構時間がたってからサラダが来てじゃあサラダを食べようかとしたらパスタも来た。

パスタセットで1500円くらい)

こないだ行った店は前菜バーニャカウダ、メインにパスタを注文したら

先にパスタが来てしかたないかゆっくり食べててバーニャカウダ全然来ないので

パスタを食べ終わってからやっとバーニャカウダが来た。

(両方で4000円くらい)

どちらのケースもできればパスタの前に前菜ゆっくり食べる時間が欲しかった。

たぶん一流の店ではこんなこと無いのだろうと想像している。

今日行った店(1500円)はまあしょうがないのかなとも思う。

もこないだの店(4000円)は文句言ってもいいのかなとも思う。(言えなかった…)

どれくらいのレベルの店なら「順番しっかりしてね」と言えるのか。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん