「立場」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 立場とは

2016-06-26

同僚女性から集団モラハラフルボッコにされた

先日、会社部署の同僚と飲みニケーションに行った。

ウチの部署デザイン系ということもあって、滅多に部署全員(と言っても10前後)で飲みに行くことはない。

俺は中途採用ということもあり、部署全員と飲みに行くのは初めての機会だった。



さて、宴会も盛り上がってきて、たまたま恋愛トーク的なノリになったとき

俺は軽い自己開示のつもりで三十路過ぎても彼女いないよ、という(男同士ならそこそこウケる鉄板ネタを開示してみた。



すると、どうだろう。会社の同僚女性がよってたかって俺を精神的に叩きまくる。

切なくなるから言われた台詞をいちいち書くつもりはないが、端的に言って人格否定オンパレードだった。

挙げ句の果てに「お前みたいのが犯罪起こすんだろ!痴漢ロリコン警察突き出すぞ!」って、酔い過ぎだろ(汗)



別に変にフォローが欲しかったわけじゃなくて、単に話のネタを振っただけのつもりだった。

男同士なら「マジか! じゃあ今度誰か紹介するわ。まあ飲め!」的な流れで終わる話だと思う。

それが俺の人生人格を微に入り細に入り批判避難罵倒の繰り返し。まさにサンドバッグだった。

俺が軽く涙目になったのを察して、優しくてダンディな上司(男)が止めに入ってくれたお陰で、

少なくとも同僚全員の前で号泣するハプニングだけは避けることができた。マジ感謝しますm(_ _)m



てか、アレってぶっちゃけ、これってモラハラだと思う。

女性にとってモテない男性というのが相当アレな存在ということは勉強になったが、

正直、酔いが入っているとはいえ、そこまで徹底的に相手こき下ろすのはどうかと思う。



女性諸君、逆の立場で、モテない女性に対して同僚男性集団罵倒し倒す様を想像してみてくれ。

そのグロテスクな様を想像して気分が悪くなったら、どうか今後モテない男性犯罪者扱いするよなことだけはやめてほしい。

俺も今後は下手な自己開示をして場の空気を悪くしないようにしよう、と心から反省した。

真面目な人がうつ病になる理由

真面目な人はできるだけ世の中を良くしようと考えてる。

しかし、現実には、自分けが、もしくは自分の周囲さえよければなんでもいい、トラブルさえ起こさなければ。

そういう考えの人が多数派である

 

真面目な人は他人迷惑をかけるべきではないと考えているので、

第三者に対して心理的、肉体的に負担押し付けることはしない。

しかし、現実には、多くの人が責任を逃れ、負担押し付け合っている。

 

誰の目からみても、真面目な人の考え方は正しいというだろう。

そして、真面目な人たちのおかげ社会はかなりの恩恵を受けている。

しかし、多くの人たちは、真面目な人たちをつまらないと言い、真面目であることを貶し言葉の一つとして扱う。

彼らを完全に認めてしまうと、自分たち立場がなくなるからだ。

 

真面目な人たちの存在社会にとってプラスである

にもかかわらず、社会は彼らのアラを探すことに必死だ。

利他的な行いをするがあまり、不利な立場に追い込まれ、世のため次の世代のために頑張っていたのにもかかわらず報われることもなく蔑まれる。

社会自体を変えようにも、変える力があたえられる立場からは遠ざけられる。

貢献に対し、あだで返すような仕打ち辟易するだろう。

 

では、いっそのこと不真面目になろうか。

でも彼らはそれができない。

彼らはどこまでも正しく、心が美しいのだ。

からこそ、彼らは八方塞がりになり、自分能力不足を恨み、真面目であるがゆえに自分を責める。

こうして、自己否定を繰り返すうちに、彼らの思考回路は負のスパイラルに陥り、抜け出せなくなる。

時にそれがうつ病の引き金になったり、抑うつされた気分しか味あわえなくなる。

 

彼らが悪いわけでは無い。

生活保護不正受給したり、人を騙して金を得ている人間よりはよほどいい奴らであることに変わりは無い。

彼らは運が悪かった。

強いて言うなら未成熟時代に生まれしまったというのが彼らを苦しめている。

 

真面目な人が報われる社会を求める声は広く浸透しているであろう。

しかし、それを実現する方向に行動できている人間は非常に少ない。

我々がすべきは、それぞれの未熟さ、実現すべき社会のあり方を考え、それを認め、変化させることしかない。

我々は真面目な人々を自尊心の餌にしてはいけないのだ。

http://anond.hatelabo.jp/20160625202139

パンチラ差し込まない深夜アニメエロ目的で無いゲームも無数にあり、それぞれちゃんと人気を博しているのに「規制があったほうが表現は豊かになる」分けないだろう。

お前はニッチ向けにニッチ表現をしているタイトルで、許容できないゲームがあったか典型的規制正当化論理に飛びついただけでは無いか

性犯罪が激増しても致し方なしとか、規制という劇薬を投与だとか発想がいちいち「痛みを伴う改革by小泉レベル

こーんな酷いものがありましたよ、どう思います皆さんという劇場煽り

戦争やむなし的な予言と、その自己実現に向けた扇動

自分平和を望む立場ですという自意識

善良な市民が国を戦争に進ませるカリカチュアすぎるだろう。お前は自分は違うと思ってるのかも知れないが端から見るとすごいベタ規制主義者になってるよ。

IT企業年収930万もらってるけど共産党に入れる

俺は数ある政治トピックの中でも経済政策公共の福祉しか興味がない。

その立場からいうと、自民党に入れるというのはアベノミクスを支持することで、野党に入れるのは自民党路線への反対表明という感じだと思う。

そこからなぜ共産党に入れようと思うか、というところを書いていく。

俺の年収が数倍になるより安心して暮らせる人が増えたほうが都合がいい

アベノミクス富裕層だけを豊かにするというのは今までの実績どおりだ。「いや今後トリクルダウンであれがこれで」という周回遅れの欺瞞はもういい。

年収930万を富裕層といっていいかわからんが、まあどんな統計に照らしてみても金持ちなほうだろうと思う。

そんな俺の年収アベノミクス大成功によって3000万とか4000万になったとしても、今までの流れからしてそのぶん実質賃金の低下に苦しむ人が増える。

その結果どうなるかというと、不謹慎厨やネトウヨメンヘラキチガイクレーマー、要するに暮らしの中で心の平穏が得られずあちこちで憂さ晴らしする人口の増加だ。

どんな人であれ貧すれば鈍するし衣食足りて礼節を知るのだ。定職についてなお不安と隣り合わせな生活をしながら健やかに暮らすことはできないだろう。

俺の年収が下がったり税金が上がって手取りが減ってもいいから、そういう、露悪的にいえば不穏分子となるような人を社会から減らしてくれたほうが俺は幸せだ。情けは人のためならず。

IT企業という設定を思い出したのでそれっぽいひとことを付け加えると、富裕層スケールアップより全体の購買力を増やして市場参加者を増やすスケールアウトのほうがより良い経済的刺激になるだろうとも思う。だいたい金利が激安なのにまったく金を借りようとしない企業さらに金を与えてなんか経済効果あんの。

共産党けがブラック企業問題にした

ネットスラングしかなかった「ブラック企業」という言葉が広がり定着し国会でも普通に飛び交うようになったのは、ひとえに共産党の功績だと思っている。

自民党民主党、その他あらゆる政党はそんな問題に見向きもしていなかった。実際に被害に苦しんでいる人を無視していた。

共産党けが彼らの相談に乗り、共感し、調査し、公の場で問題提起した。

もし共産党がなかったとしても草の根問題が広がりクローズアップ現代あたりで特集されて白日のもとに晒されていたかもしれない。

けど、与党が考えていることとブラック企業に苦しめられている人が考えていることとは何一つ一致していないように見える、というか、共産党けが彼らと問題意識を共有しようとしているように見える。

保育園問題は多少ポーズが過ぎるとも思うけど、「誰が書いたんだ」とか誰も興味ない点を問題視する人たちより格段にマシだろう。

今後ブラック企業と同様の庶民間の問題が出てきたとき、その問題とちゃんと向き合いそうな政党が俺には共産党しか思いつかない。

共産主義の亡霊 vs. 日本会議

共産党というと年代が上の人には何かの偏見があるみたいだけど、それよりも現在進行系で日本会議とともに歩んでる自民党のほうがやばいと俺は思っている。

上述のように俺の関心事はい不安暮らしをしてる人が減るかどうかだけど、日本会議はむしろそういう人たちを追撃しようとしてるように見える。

弱者死ね」というけれど実際に殺戮するわけではないので弱者死ぬかどうかは弱者に委ねられている。「はい死にます!!」と同意して実行する人はごくわずかだろうから政治主体がやることはただ「死ね」って言いつつ金を巻き上げるなどして間接的に(法に触れないように)じわじわ死ぬ環境を整えてるだけだ。その程度のことで人はそう簡単に死なない。

具体的にどういうふうにして弱者を殺していきます目標はいくらで、期限はこのあたりです、みたいな話をせずにただただ「弱者は去れ」としか言わないのは不誠実な政治だ。思想的にはともかく実務的に信用できない。

才能ない編集者の末路を毎日考えてるけど

書籍編集者7年目にして会社員カースト最下層へ落ちた。

はてな見てると、作家デザイナーライターにとって版元編集者

強者」に見えるんだろうなと思う。

でも、そんな人は上澄み数パーセントだ。


会社ノルマ売上高刊行点数)にヒイヒイ言いながら

トップダウン方向性に則り、企画を立てまくり

ネットで著者を血眼で探し、新人はとことんディレクションし、

社内内部調整に駆けずり回り、デザイナーライターに頭を下げまくり

ようやく本ができて、プロモーションも全部仕込んで、PR記事を書きまくり


で、売れない。

売れる売れないは2週間くらいでジャッジメントされるから

1年がかりで作り上げた本も、3週間目には「存在しなかったこと」のように扱われ、

まあそれでも半年後くらいに、ノルマ未達成率とともに赤字額が提示される。


これを年間15回くらい繰り返す。

それを何年も、繰り返す。


やがて社内での立場もどんどん弱くなっていき

やばいと思って転職しようとしても、ヒットコンテンツがなければ他社にはそうそう入れない。

じゃあWEB鞍替えと思っても、WEBスキルがなさすぎる。

ていうか、すでにWEB業界編集者がどんどん流れてて

「紙の編集者プライドだけ高くて使いにくい」みたいな雰囲気になってる。

編集者とかクリエイティブとかもういい、と思っても、

つぶし効かないから、20代前半ならともかく、異業種への転職はかなり厳しい。


どこにも行けない。

無能と罵られながらその場に留まるしかない。

自分担当作は売れない、という事は痛すぎるほど分かっているのに

それでも新人作家を遠くに飛ばそうと全力を尽くすしかない。

新人作家は、編集者はなんでも正解を知ってると思ってる。言う通りにしますと頼ってくれる。

私についてきちゃだめなんだよ。

これが底辺版元編集者の実情です。

漫画家さん、デザイナーさん、ライターさん、編プロさん安心してください

版元編集者にも逃げ道なんてどこにもないですよ。

イライラしてしまったこと。

職場で、とある仕事を後輩が中心になってやることになった。

今までは、私が結構やっていた仕事で、今後は後輩がやることになるらしい。

という話を、上司が後輩に説明していたところ、ものすごい拒否反応。

なんか、大変になるから嫌なんだそう。

それをやっていた立場からするとわからないでもないから、

ちゃんとサポートすると言ってるのに聴く耳持ってくれない。

(ちなみに、口だけではなく今までもちゃんとサポートしてきている)

しまいには、半泣きになりながらひたすら拒否

確かに細かいタスクの寄せ集め的な仕事なので、煩雑といえば煩雑な面もあるけど、

それをやっていたおかげでいろんな仕事をこなせるようになった。

というような、やることでのメリットもちゃんと伝えたのだけど・・・拒否

小さい子どもが、いやいやをしているようだった。

で、次の日休んだ。

何となくだけど予感はしていた。多分休むんだろうなと。

以前、上司ちょっと厳しいことを言われた(パワハラ的なことではない)次の日も

休んだから

正直、イライラしてしまった。

後輩の気持ちもわかる。

わかるけど、自分ときはどうだっただろう。他の人はどうだっただろう。

誰一人、目を輝かせて「やります!」と言った人はいなかった。

みんな、ため息をつきながらも「やります」と言ってやってきた。

ここで逃げても、絶対に同じようなことは起きる。

後輩の仕事を見ているとそれが予想できる。

から、踏ん張ってほしいのだ。

自分父親のお陰で株安の煽りを受ける立場になった

昨日今日と、どうしようもないイギリスの話をウェブで垂らしている人をよく見る。

イギリスEUから離脱したのはグローバル経済のせいだとグローバル経済が嫌いな人は主張する。

移民が嫌いな人は移民のせいだという。

基本的に「自分の嫌いなもの発表会」でしかない。

しかし、それを俯瞰したように「決め付けは良くない」などという輩も見ていてムカつくものである

また、結局のところ己の優位性をアピールする人間文章は見るに堪えない。

正直、自分からしてみたらイギリス国民投票の結果の理由はどうでもいい。

ただ、腹が立って仕方がないのは見てくれのいい人間の「容姿」という資産が如何に不可侵であるかということを思い知らされたことである

もろに株安の煽りを受ける立場自分が置かれていることが嫌という程分かった。

自分は顔が持病の副作用でできた深いニキビ跡でどろどろな赤黒い皮膚が張り付いていて大きく、全体的に醜い容姿なのだ

このような自分が、唯一のアドバンテージであり他人への優越を感じる手段父親のお陰のものなのだ

それが、今回の騒動煽りを受ける可能性があるのだ。

それに比べて、見てくれがいい男女の容姿は最強の資産である

奪われないし、減りにくい。

こちらはどれだけ、最も容姿が醜かった持病の最悪期に散々な思いをさせられたのか。

もうどうにもならなそうな容姿で、あれこれ言われながら耐えるのか。

最悪である

本当に見てくれがいい人間に腹が立つ。

容姿が欲しい。

2016-06-25

http://anond.hatelabo.jp/20160625150644

マジレスすると、会社に入れてる時点で既得権益側だから安倍ちゃんを叩くヤツはマイノリティ

まあもちろん派遣とかの非正規はそういうのいるだろうけれど、会社の中で言うヤツは居ないだろ。

政治信条自公以外に投票する奴もいるだろうが、

反対するにしたって「安倍のこれが良くない」と個別判断して意見表明するだろうから

安倍政権が全て悪いという意味でのアベガーとか言う奴はまずおらんだろ。



そして既得権益側にいるから、例えば生活保護受けてる奴らは怠け者にきまっているという意識一般的

そういう意味差別者という意味ではまあ差別者なのかもしれんが、

会社にいるくらいの最低限の脳みそ持ってればあからさまな差別意識の露見は社会的地位を脅かすことくらいわかってるから

口先だけでは差別反対って当然言うよ。

差別賛成と差別反対、前者は言うだけで何の得もないんだから馬鹿以外言うヤツはいない。

言うまでもないことをわざわざ言うヤツもあまり居ないわな。



金持ち課税っていうのは、言うだけ簡単でタダだから

まあ言う奴はそこそこいるんじゃね。

会社従業員立場金持ちなんてのはほとんどいないだろうから



結論としては、お前の指摘は、能力不足の人間たちが集うはてブという半匿名空間においてのみ有効セリフで、

社会会社でわざわざ言う馬鹿はまず居ない。

3点目のみまあなくはない程度のレベル

表現規制賛成派になってずいぶん経つ

(※下の方に追記をした。ブコメへの反応が種だが、俺の考えを説明したつもりなので、読んでいただければと思う。

長すぎて途中で切れたようだ。続きはこちら。http://anond.hatelabo.jp/20160626174144 )

俺は表現規制に賛成だ。

厳密に言えば、厳格なゾーニングを求めている。エログロホラーが大好きな人間として、少年マンガ誌における性的表現は一掃してほしいし、機会あらばパンチラ差し込んでくるような深夜アニメには嫌悪感を覚える。公共空間に貼られるポスター性的表現不要だとも考える。極論になるが、積極的に根絶やしにしてほしい。(追記:この極論部分に関しては謝罪訂正する・7詳細は下の追記の段に書いたので、そちらもお読みいただきたい)

最近ブコメなどでもかまびすしい「まなざし村認定が大好きな連中のことは本当に嫌いだし、絶滅してほしいとも思っている。(追記:絶滅部分については謝罪する)

まぁ俺が思ったからといって性的表現がなくなるわけでもないし、一部のオタク連中の過剰な防衛本能を根絶できるわけでもない。強制できることではないからな。

しかし俺は規制の是非を問われたら「規制は仕方ない。当然だろう」と答える。

実際に規制実施されても特に思うところはない。

それで好きな作品が回収されたり、好きな作家が食えなくなったりしてもまぁそんなもんだろで終わるだろう。

「お前の作品への愛はそんなものかよ」と思われるかもしれないが、好きな作品が生み出される素地を蹂躙してきたのはオタクたちなのだから仕方がないだろう。うなぎを食い尽くせばもう食えなくなる。それだけのことだ。

それに、表現規制には希望も持っている。

規制があったほうが表現は豊かになるだろうということだ。江戸時代奢侈禁止令などが出たおかげで色彩感覚が発達したように、時の幕府批判するためにメタファー技術が発達したように、制限があってこそ発達する表現方法はあるだろう。俺はそれが楽しみだ。まぁ当然異論はあるだろうが、俺のこの期待は否定はされたくない。

俺が本格的に表現規制に転じたのは、「閃乱カグラSV」を見てからだ。アレを見て俺は心底気持ち悪いと思った。あれは許せなかった。

この作品は、「着せ替え」ができる。で、珍しいことに、着せ替えパーツを体の色んな所に配置できる機能がある。例えば、メガネを目の位置にかけるのか、おでこにつけるのか、鼻の方までずりさげるのか、みたいなものだ。この機能自体は素晴らしいと言えるだろう。しかし、この作品では着せ替えパーツに「コケシ」がある。コケシを一体何に使うんだ?…言うまでもなく、性器に突っ込めるようにするためだ。コケシを「体のどこにでも配置できる」のなら、当然股間に突っ込んで喜ぶ奴が出る。そしてこのゲームの悪質なところは、それを「ユーザー選択」にしてCERO審査をかわしたことだ。この作品レーティングはD(17歳以上)だ。Zではない。コケシを最初から股間に突っ込んだ状態の装備にしたらZは避けられないだろう。着せ替えパーツ移動のアイディアが先かコケシが先かは定かでないが、結果としてコケシを女子高生性器に突っ込むことを是とするゲームとなったのだ。そういうゲームを良しとし、ユーザーは喜んだのだ。

俺はこれらをみて、あぁ、もうダメだなと思った。

こんなのを見て自浄作用に期待など出来ない。できるのなら、する。やれるなら、やる。オタクに限らず、どんな階層の人でもそうだ。うなぎは今年も売れるだろうからな。ましてやオタクなんて生活費を削ってまでグッズを買うような連中だぞ。

Twitterで、イラストレーター出身漫画家さんとこの件について話せる機会があった。俺の「規制やむなし。自浄作用などない」というつぶやきを引用してらしたので、しばらく話をした。できればこんな形で話したくはなかったが(大好きな方なので)、結局そこでも「あぁ、もうダメなんだな」と再確認することになった。その漫画家さんの意見は「自浄作用はある。だから極端で性急な規制危険」というまっとうなものだった。確かにそのとおりだ。15年前なら間違いなくそうだった。しかし、この十数年で何か具体的な自浄、自重があっただろうか?「カグラSV」がCERO Dで通るような時代だ。あれにどれだけのオタクが疑問をもったのだろうか?あれは結構売れたはずだが、問題にはならなかった。件の碧志摩メグや「のうりん」のポスター騒動も見てみるといい。対立しかなかっただろう。0か1かの感情的な罵り合いばかりで、グラデーション議論はなかった。やめさせたい側と、それを攻撃する側の両者だけが燃え上がり、「お互いにどこまで歩み寄れるか」の話など掻き消えた。どこに妥協点を見つけるかが最も必要議論だったのに、それがなかった。

ブコメtogetterなどでの「またまなざし村か」系のコメントをみるにつけ、もはや相互理解不可能だろう。このような0か1か、敵か味方かしか考えない連中が排除されない限り、ひたすらに先鋭化を極めていくだろう。そしてその先鋭化の果てに、一発でぶっ潰されるような未来があると俺は想像している。

どうせこのまま先鋭化していくオタクたちの「表現」にはついていけなくなったのだしな。

こないだも、「グルメ漫画エロい顔をする必要があるのか」みたいな話があったろ。あれでも極端な話が大好きな連中が幅をきかせてたよな。

そろそろ過剰な性的表現に抵抗を覚える層が目に見える形で増えてくる時期になってきただろう。そしてタイミングよく(必然的に?)、極端な議論が大好きな層も表出してきた。

案外、今後数年でかなり大きな対立になるかもしれないな。

そうなると、もう今までのようになぁなぁでやっていくことは不可能になる。どっちか選ぶ時が来るだろう。

その時には、規制を俺は望む。

規制されようが、されまいが、表現は続いていくからな。

大阪都構想や、イギリスEU離脱みたいなものだ。変化はほしい。(EU離脱に関しては様々な要因があると理解しているが)

ガッチガチ規制が敷かれて、結果性犯罪が激増することになるかもしれんが、まぁそれは原因と結果の螺旋だ。過剰な規制の前段階には過剰な表現があり、その結果を社会が負う。出生率問題解決するかもしれんしな。

もちろん、個人的には妥協点を見つけたい。

ゾーニングをはっきりと設定し、過激作品保護してもらいたい。

しかしそれも、無理かもしれない。いや、多分無理だろうなと思う。だいたいもう諦めはついた。

過去現在の過剰な性的表現作品への楽しみよりも、規制後の作品がどうなるかが楽しみになってきたからかもしれない。

現状でも、性的表現を使わずに色気ある表現をする作品は沢山ある。

俺はもう、「妥協点を見つけよう」と説得して回るのに疲れた。もうやめる。

あとは規制反対派のみんなが自分利益のために、いろいろと頑張って活動してくれ。どこまで鋭くなっていくのか、見守っていくよ。

  書き始めた時は「規制積極的に賛成する!」と熱が入ってたが、途中で熱気が抜けて諦観しか残らなくなった。なので文章の前の方と後のほうでずいぶんテンションが違う。一応修正はしたが、それでも熱の入りが違うことはわかると思う。

変化を嫌い、変化に順応できない規制反対派は滅びても仕方がない、みたいな話に持って行こうともしたけど、流石にコレは無理筋だな。でも正直ちょっと思ってる。表現規制っていう劇薬を投与したほうがいいよなってな。憲法よりは影響が無いんだから憲法改正以下のテンション表現規制を迎えてもいいんじゃねーか?

話が散らかったな。

とりあえず、俺はもうやめるわ。

■追記

いろいろ反響があったみたいだな。いろいろな指摘があってなるほどと思うところも多かった。

表現規制ゾーニング混同しているという指摘があったが、確かに一緒くたにしていたな。俺の中ではゾーニング理想だが、おそらくそれは実現しないだろうと思っている。理由は、規制派と反対派が全く歩み寄りの姿勢を見せないからだ。そうであれば、一発規制もやむなしと思っている。理想としては「ゾーニング規制」だが、それは多分無理だろうなと、ブコメなど見て改めて思う。

また、単純に俺の好き嫌い規制からめているのではないかという指摘もあったが、俺の好きなもの規制されて構わない。なくなっても別にいいということだ。この種の規制の話になるといきなり理性がぶっ飛んで極論でしか殴り合わなくなるものだが、まぁそうなってしまったな。すまない。嫌いなものが悪と言っているわけではない。気に入るもの、気に入らないもの、いずれも悪とされて滅ぼされても仕方ねえよなということだ。そうしてきてしまったのだから

いくつかのブコメへ返信をする。




id:wschldrn

>>ゾーニングを望むと言ってるこういう人たちが、規制いか必要かは語っても「何をどうゾーニングするべきか」を具体的に語らないから不信感がある。当然モザイクなど性器修正には反対してるんだよね?<<

何かについて話すとき、その対象全てについて一度に語らなければならないということはないだろう。そんなことをしたら一つの意見一冊の本くらいになってしまう。この日記では俺は「ゾーニング理想だが無理そうだ。規制もやむなしだろうな」ということを書いている。ゾーニング問題積極的に話されるべきだと思うよ。俺はもう諦めて、規制でいいやという立場だけど。で、規制ゾーニングの話からいきなり「当然モザイクなどの〜」と飛躍するのはどうか。モザイクも広義のゾーニングのはずだ。売る場所を分ける、売る相手身分証などで限定する、表現の一部をモザイクや黒塗りで抑える、そもそもそういう表現を用いない、など、ゾーニングにも各段階が必要になるはずだ。現状そういったゾーニングはすでにあるが、それらがさほど機能しておらず、拡大解釈が横行している。それが本文に書いたカグラの例だ。なので、俺はゾーニングは無理だろうなと思ったわけだ。あなたゾーニング論は聞いてみたいし、より多くの人がするべきだと思っている。

id:cloq

>>自分が気に入らないものを生み出している主体を「オタク」と大雑把にくくるのやめてくれませんかね <<

アニメマンガラノベなどを好む人」のことを指して俺は「オタク」という言葉を使ったつもりだ。大雑把にくくったつもりはない。この日記で「オタク」が使われている部分を「みんな」だとか「人」に変えても成り立つと思っているのだが。俺はオタクの中からオタク問題点を書いたつもりだ。

id:petalgeuse

>>こんなぼんやりした考えなのに表現規制に賛成してしまうのか…という困惑しかない<<

民主主義において、はっきりとした考えでくだされる決定がどのくらいあるだろう。イギリスの決定ははっきりした考えでなされたのか?少なくとも、俺の諦観を晴らしてくれるはっきりとした考えは、オタクたちの中からは出てこなかった。あなたのその書き込みもまた、はっきりしていないのと同じく。はっきりしないからこそ、大衆の決定は恐ろしいのではないか?そのことを理解しているなら、もっと危機感を持つべきだと思う。

id:D1953ColdSummer

>>手の込んだ釣りだけど、安定の「ゾーニングの具体的な境界例」を出せない表現規制賛成派ですね、と一言残しておく<<

安定の「妥協点を見つけようと努力をしない一言居士」ですねと一言残しておきたい。まぁそういう売り言葉に買い言葉は置いておいて、俺は上述のようにゾーニング主体に書いたつもりではなかった。ゾーニングは無理だと諦めたから、全滅してしまえばいいという話を書いたというわけだ。「規制賛成派の意見」ではなく、「俺がなぜ規制に賛成することになったか」を書いたつもりだ。その理由は、諦観だ。

id:KariumNitrate

>>『俺は表現規制に賛成だ。/厳密に言えば、厳格なゾーニングを求めている。』 ここまで読んでゾーニングの話かなと期待した私に詫びてもらいたい。なんだよ『積極的に根絶やしにしてほしい』って。<<

申し訳ない。詫びる。本文にも書いたが、最初は頭に血が上った状態かいたのでそのような表現になった。俺の気持ちとしては、「適切なゾーニングを施し、表現規制から逃れてほしい。しかし、どうも歩み寄りの姿勢妥協点を探ろうという議論にはまったくなっていない。ならばいっそ、規制されて痛い目を見ればいいのだ」という怒りの発露だ。ゾーニングができればいいと思うんだがな。どうも無理そうだと俺は思う。あなたはどう思う?ゾーニング解決出来そうか?何年も前からゾーニング大事」と言う声は聞こえるが、それが形になったか?なりそうか?なる前に事態が急変しないか

id:otihateten3510

>>正論っぽかったけど途中から暴論になった。個人的には混沌とした時代のほうが好き<<

最初のほうが暴論っぽかったと反省しているのだが。後半のほうが暴論かな?混沌とした時代定義にもよるのかもしれないな。規制で固められたなかから漏れだす表現と、先鋭化し一般人理解を得られなくなった過剰表現、いずれも混沌とは違うものと俺は思っているが。混沌の中にも秩序が必要だと思っている。例えばコミケの「全員参加者」という建前もまた、混沌の中の秩序ではないか?全員がある程度のモラルを持って円滑に進んでいく、それが望むところではないかな?俺は表現において、それが崩れたと思っている。あなたはどう思う?

id:tnishimu

>>増田文章気持ちいか規制してくれませんか? 規制賛成派なら賛成してくれますよね?<<

皮肉のつもりかしらんが、あなたとそれに星をつけているid:jakuon id:zions id:clworld id:dddeee id:mamimp は何を考えているんだ?俺は上述のように「俺が嫌いだから規制しろ」とは言っていない。そんな物言いを繰り返せば、歩み寄りも話しあいもできなくなってしまう。それを望んでいるのか?

id:ysync

>>そもそも、規制することで社会的メリットは本当にあるの?青少年エロいもの見たらダメって時点で意味わからん。今どきの子供はネットでいろいろ見れちゃうだろうけど目立った変化はあったの?<<

理解されていないようだ。俺は「規制やむなしだろうな」という立場だ。規制積極的になっている人たちはメリットではなく、デメリットを見ているのではないか。そして、彼らの考えるデメリットを覆すことが現時点でできていない。今時の子供の目立った変化はもうすでにあるのではないかデータは持っていないし、どうやってデータを取ればいいのか俺はわからないが。ろう。20年前に比べて、エロ表現がどのくらい変わったかを考えれば、答えに近いものは見えてくるのではないか20年前はふたなり奇形ジャンルだった。今やすっかり市民権は得たな。AVも見てみるといい。過激な内容がどれくらい増えたか性的表現過激さの加速度が、目立った変化とはいえるのではないかと俺は思っている。あなたは納得しないだろうが。そういう可能性もあると、頭のどこかに置いてもらいたいな。それと、青少年エロいものを見たらダメとは言っていない。ゾーニングで細かく分けるのが理想だが、それが機能していない現状では。

id:takashi1970

>>自分の嫌いなもの悪という思考がなぁ<<

id:djwdjw

>>この「性的もの=悪」という強烈な刷り込みに対して論理的説明が欲しいな。<<

「俺の意見=『性的もの=悪』」という強烈な思い込みも、ぜひとも再考していただきたいのだが…。俺は性的表現も好きだ。本文にそう書いているだろう?それでも尚、諦めに至ったよと言っている。伝わらなかった申し訳ないが、あまり他人意見を断定しないようにしてほしいな。それが歩み寄り、相互理解の第一歩なのではないか

id:hazardprofile

>>規制のおかげで豊かになった表現()ってその「こけし」のことじゃんか喜べよw<<

id:jaguarsan

>>「規制のお陰て豊かになった表現」てのがこけしだし、こけし排除できる表現規制って相当ムチャだぞ<<

例えば、ゲームキャラクター自由に閲覧できるモードを搭載しているゲームは多々ある。そしてそれらのゲームでは、CERO対策のためにスカートの中は覗けない仕様になっているものも多いだろう?それと同じことをするのは無理なのか?0か1かでなく、グレーゾーンはある程度残しながらも一般的に許容されるレベルを残して行くような「ゾーニング」は無理なのか?俺はそのようなゾーニングを望んでいたんだよ。過去形の話だ。

id:kirifuu

>>ゾーニング話題じゃないのか…。/増田のように個人的嫌悪感を「公共利益」のような漠然とした正しそうな言葉ラッピングして規制を言い出すケースは正にまなざし村じゃねーの。<<

俺としては、他人意見をよく読まずに「まなざし村」とラッピングしてしまあなたもまた十分に「まなざし村」だと思ってしまうのだ。そしてそれが「これはもう規制になってもしかたないな」という俺の諦観につながった。俺の意見公共利益などではない。「話し合えないなら戦争になるしか無いだろう」だ。そして、俺は反対派はその戦争に勝てないと思っている。だからこそ歩み寄りが必要だと思っていたのだ。

id:nost0nost

>>こうやってわざとミスリードして憎しみや対立を煽るから嫌われるんだろうな 規制に賛成とか反対以前に人間として問題がある まとめサイトとかと一緒の愚劣で卑怯人間<<

俺はあなたのその意見は良くないと思う。俺の一つの意見を読んだだけで俺の人格否定するというのは貧しい行いではないか?確かに俺の意見には極論が多く、またいくつかの混同があった。だからこそ、会話が必要なんじゃないか?俺は俺の意見を言う。それに対して反論や指摘がある。そして妥協点や着地点を見極めていくのが人間の理性ではないのか。「憎しみや対立を煽るから嫌われる」「人間として問題がある」「愚劣で卑怯人間」これらのような非情攻撃力の高い言葉は、相手徴発し、正常な会話を出来なくさせるものではないのか?コレに関しては俺ははっきりと抗議する。そのような言葉遣いはやめてくれ。100文字の短いブコメの中にこれだけの強い言葉を並べるあなたに疑問を感じる。あなたのこの文章がまさに、憎しみとPermalink | トラックバック(21) | 20:21

今の世の中を作っているのは女。

20代男性の53%が交際したことないらしい。

30代男性は38%。

  

だが、考えてほしい。

この男達はなぜ交際したことないのか。

ホモから?低収入から?人を愛したことが無い?

いろいろあるだろうが、

「女に選ばれなかった」これがでかい

  

そもそも、女性場合はかなりのブスでも男からアプローチを受けるという。

確率的には、95%くらいの女性はなんらかのアプローチを受けたのだろう。

だが、女性場合は「断る」という選択を取る。

そう、「女性に断られたか交際経験が無いです」ってのがほとんどの男の内情ではないか

ようするに、「女の選別がきつすぎる」から、「交際できない男ができている」というわけだ。

  

これが現実だと思うんだけど、なぜか女性は男が女性に興味が無いという帰結に持っていきたがる。

イヤイヤ、女性アプローチ受けたら受けていれば、少なくとも80%の男は交際経験あり、ってなるんじゃないだろうか。

  

少子化なり、草食なりって、ようするに「えり好みする女が悪い」この一点じゃなかろうか。

こういう社会を招いておいて、「女に社会進出させろ」ってどの口なんだろうね。お前らに社会を語る資格はねーよ。そう思う。

  

<追記>

女で言えば、AKBくらいの顔面偏差値でようやく男は普通の女くらいのモテ度になる。

女の普通くらいの奴が、「男は情けない」というのは、逆の立場で言えばブサメンが「女は情けない」というくらい腹が立つ。何様だよって。だから女様だなって揶揄される。

女は努力して立場得てるわけじゃないのに、偉そうにするから、女叩きがでる。

お前が童貞であることは誰も気にしない

たとえ飲みの席で童貞告白したところで、

盛大にウケは狙えるけど、本心では「どうでもいい」としか思っていない。

たとえマウンティングに利用されたとしても、それはお前に興味関心があるわけではなくて

相手方は「強者立場に立てる自分」を楽しんでいるのであって、決してお前に関心があるわけじゃない。

フジロック政治問題

音楽政治を持ち込むなという話ではない。

楽曲政治色を出していないアーティストが、自身立場を利用して""MCの時に""政治的パフォーマンスをするのを見たくないんだよ。

海外アーティストは知らん。言葉わからんし。アーティストは客盛り上げるために持ち曲演奏ときゃいいんだよ。

意見共感できないとかいう話ではない。安倍首相や舛添知事批判しても擁護してもダメ萎える。

ここまで言ってもわかんない奴に言っておくと、既存楽曲を通して(歌詞を変えるとかはなし)の政治主張なら問題ない。

MCの時に政治的主張をするのがダメなんだよ。特に特定の人・団体政党批判すること。まじガン萎えする。


例えば勉強会に行って全く関係い組体操の是非についてスピーカーが話しだしたら萎えるだろ、その話今日しに来たわけじゃねーしって。反対意見だったら尚更だろ。

例えば大好きなアイドル握手会に行ってそのアイドルブースの後ろに大量の自民党ポスター貼ってたら嫌だろ。えっ…ってなるだろ。押し付けんな知らんがなって。

フェスに来てんのに政治色強いパフォーマンスされたらそれくらい、えっ…て思うんだよ俺たち側の意見の奴らは。

なんというか、俺達と相反する意見は間違ってないのはわかるんだよ。

でも問題はそこじゃないって感じの意見が多くて…


アトミックカフェがどうとかそういう話でなくて、普通ステージで予期せぬ政治的パフォーマンスが起きることをめちゃくちゃ危惧してるだけです。

2016-06-24

http://anond.hatelabo.jp/20160623184324

美とはただそこにあるだけで美しく、それに心を奪われることに年齢や容姿立場の違いなんてことは関係のないことだというのをいいたいだけだと思うんだけどな。

卑下するおっさんは確かにキモいけど、醜いものから芽生える本来純粋なるものの対比が個人的には面白いと思ったよ。

http://anond.hatelabo.jp/20160624124821

わかった、お前の理解力に合わせよう。

まず原作コンテンツ価値原作者発言力や選択肢を変えることを説明しよう。

 

強者パターン面白い 売れる 他社に流れて欲しくないくらいの作品

作者に決定権がある上に監修や製作に対して釘差しができる。

こうやってメディア化に対しても手綱引いて原作者の思惑通りにするのには

原作立場が強いことが前提。

実際にそうやって主導権握ってるやつもいれば逆に放任して任せてる場合もある。

原作通りに再現してほしいなら発言に力が出るだけのコンテンツ的な価値を生み出す能力必須

それがクリアできてない時点で何を言っても負け犬の遠吠えしか過ぎない。

 

弱者パターンくまみこ期待値低い 萌え豚アニメ 波及効果低め 原作の売上並み程度)

今回のくまみこ立ち位置

発言しても聞く価値なしと判断されるくらいのコンテンツ価値

原作再現よりも製作の都合が優先される程度の価値

典型的負け犬弱者ポジション

そこでできる選択肢は手伝うという体で監修してチェックして駄目だしをする以外にはない。

あと露骨に監修しないにしても監督と仲良くなって作品理解を上げるとか愛してもらうようにするとか

金のかからないテクニックを使って作品完成度に影響させることもやろうと思えばできる。

それ含めて様々な努力くまみこはしなかったのに自分の負けポジ自覚せずにファン目線での発言

例え利益率が低くてもそれをできる人間原作者自分しかいないならやるべきことであったのにあの発言

やらないならやらなかったときの結果(くまみこ騒動)を受け止める以外に選択肢は無い。

手弁当になるからやらない」という選択をしたから今の結果があり、

それに疑問を持っているようでは自分負け犬ポジション理解していないことにも繋がり低IQ証左

負け犬負け犬なりに方々走り回りケアして小銭になるように苦労しなきゃならんのよ。

負けポジから抜け出すためにもアニメ評価は高いに越したことないんだから

アニメ失敗の責任監督にあるが、自分の利のためにもクレジット名前が出なくとも原作者は監修をするべきだった。

村中氏の取材能力および発信の信頼性についての疑義

http://anond.hatelabo.jp/20160622195905

http://anond.hatelabo.jp/20160319223736

村中氏自身ジャーナリストとしての能力規範に大きな疑義がある点がスルーされているのが気になる。

医師を名乗りながらも身元を確認できないという根本的な問題もあるが、なによりも重大なのは以下の点であろう。

村中氏は子宮頸がんワクチン被害者未成年患者への取材を試みたのだが、その手法は明らかにジャーナリストおよび医師としての倫理的規範を踏み越えている。

村中氏は患者の通学先の教諭らに個人情報を探ることをたしなめられたにも関わらず、周囲の友人から患者個人情報不正に取得し、保護者同意も得ないまま立場を隠して未成年患者に接触し、強いストレスを与えている。

http://ameblo.jp/3fujiko/entry-12146291915.html

これに対して当然、保護者側は正式に抗議している。ウェッジ側は「村中氏の認識と相違があり」としているが、LINEデータ等の証拠を押さえられているため、どういう相違があったのかはまったく具体的に述べてない。

http://ameblo.jp/3fujiko/entry-12149998014.html

村中氏はこれに対し、謝罪するどころか自身の異常な取材行動を隠し、あろうことか抗議した保護者らに非があるかのように印象操作する記事を書いている。当然、患者保護者本人に対する取材存在せず、真偽不明の伝聞情報ばかりである

http://ameblo.jp/3fujiko/entry-12154916141.html

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160424-00010001-wedge-soci

これらの経緯を見るかぎり、村中氏にはまともな取材能力ジャーナリストとしての規範が欠如していると判断せざるをえない。

自身に都合の悪い情報は隠し、思い込みにしたがってストーリーをつくりあげ記事にする行為常態化している。

今回の記事においてもやはり真偽不明の伝聞情報ばかりで、また「捏造」とのアジテーションも悪質なセンセーショナリズムのものである

基本的規範を身につけないままに目立つ舞台に上がってしまい、上役に望まれるままの都合のよいストーリーを作りあげていった結果とんでもないところに行ってしまうという、某事件類似事態が生じているのではないか

村中氏のジャーナリストとしての信頼性は著しく低く、立場に引きずられて氏の活動応援するのはまともな人にはお勧めできない。

http://anond.hatelabo.jp/20160624002238

人にモノを作らせて金だけ貰おうという原作者人間のクズ

その金の多くが自分の読者から出ることになると知りながら

いや違うだろ。

金が出て、リソースを割ける「仕事」になるなら、原作者もやるだろ。

あなた作品アニメ化します、ついては○○○万払いますから、全話監修してください】とかさ。

アニメが売れようが、委員会に参加して出資してなきゃ、原作者の懐になんかほとんど金は入らないぜ。

そもそも、骨身を削って作った「原作」を使わせてやる立場なのに、「人にモノを作らせて金だけ貰おう」とか、何言ってんだ?

http://anond.hatelabo.jp/20160624094204

だいたいああい運動立場が向上したとして、LGBTの中でも顔のいい奴だけだよ得するのは。

残りはキモいという理由でもって、性自認とか関係なく疎外される。ヘテロだってそうだからな。

その時はLGBTだってキモい人間を見下すんだよ。

結局、あの手の運動は限られた層のための綱引きしかないわけで、

例えばイケメン(元々の意味で)の人らがやるべきことであっても、俺らはなんも関係ないっすわ。

2016-06-23

同僚でパートナーさんに厳しく威圧的男性がいる。

近くで聞いてると、特有言い回しをする。

「考える時間必要?その考える時間見積もれと言っています」。

無茶苦茶だ。

けど彼はこう言われ続けて、これが上の立場に立つ人間言葉だと学習してしまったんだろう。

愚かであるということは本当に救われない。

自分と年もそう大差ない彼は既に”嫌な上司”であり”嫌な客先マネージャーなのだ

男の変身願望、女の変身願望

変身願望って言葉は、よく女性について使われる言葉だけど

実際のところ男にだって変身願望は普通にある。

ただ、男の変身願望は変身ヒーロー特撮象徴であるように、

現実を超越した立場、超常的な変身なんだ。

(だから変身ヒーローマスクで顔が隠れる。全く別人であるかのように)



一方、女の変身願望は(昭和の)魔女っ子モノに象徴されるように

世の中での社会的立場もっと言えば周囲からの扱われ方が激変するという方向性

魔女っ子は顔は基本的露出したままだ)

あくま立脚点現実であって、その中で全く違う立場に置かれたいという願望。



スポーツでたとえれば、男はルールのものが変わったシステムを望み、

女は同じルールの中で全く違うポジションを望む。



女性が「自分を変えたい」とAV出演するのも、扱われ方が大きく変わってほしいから。

(でも、あいかわらず自分を取り巻く人間関係やら日常はそのままだ)

男性が「自分を変えたい」と脱サラして農家になったり、出家したりするのは、

自分を取り巻く環境を全く別のものにしてしまいたいから。

(その際、それまでの人間関係をすべて精算してしまうことがある)

http://anond.hatelabo.jp/20160623140227

最高レアSSRのうち最強のカード(概ね最新リリースカード)が確率1.5未満で更には凄く確率が低い、っていうのはその通りだが

現実にはよほどゲームをやりこんでいる人間で無い限り最新SSRカードを「唯一の当たり」となる状況にはならず、同格の別のSSRであっても十分に「当たり」だと言える状況にはなるわけだろ。

インフレ率が激しすぎるゲームならともかく、デレステレベルならSSRならどれもどの環境でも十分に機能しうる性能だろ。

増田でも定期的にやられている話ではあるが、「無課金視点」と「微課金視点」と「廃課金視点」と「HIKAKIN信者視点」というものがそれぞれあって、それぞれの立場によってガチャの結果の価値は異なるって当たり前の事実理解できないなら早めに死んでおいたほうがええで。

ツラい

仕事がツラい

でも仕事しないと食べていけない

でも仕事はツラい仕事したくない

元々頭が悪い

小学生ときIQテスト知的障害ギリギリのとこだったぽい

本当に頭が悪いから仕事を選べる立場じゃない

他人コミュニケーションがうまく取れない

仕事辞めたい

でも辞めたら食べていけないか死ぬしかなくなる

五体満足じゃなかったらまだ良かった仕事しなくていい言い分けが出来た

目に見える障害が欲しい

ごめんなさい

頭良くなりたい

仕事しないといけない

貧乳って底辺

貧乳です。

スタバカスタムするならライトバストエキストラヒップ貧乳です。

ちょっとエッチサイト

貧乳OL自撮りしてみた」

って記事を開いたらCとかDのお胸が立ち並んでいて

お前は貧乳の足元にも及ばねえよ!! と、ついツッコんでしま貧乳です。

http://www.pjomotesando.com/entry/2016/06/22/064048

この記事を読んで、貧乳底辺なんだってため息ついた。

世間貧乳に対する周りの見下し方はヤバいもんね。

異性はもちろん同性の間でも「巨乳は素晴らしい」「貧乳は劣っている」という共通認識が出来ていて、貧乳面白おかしからかわれてもしょうがない立場に置かれている。

「性転換楽そうだよね」「ブラジャー着ける必要無いんじゃない?」「胸と腹どっちが出てるの?」「揉まれて無いから大っきくならないんじゃない?」全部言われてきた。


高校生になって自分貧乳であるという自覚を持った私は、15年間巨乳になろうと数々のチャレンジをするも結果に出せなかった。

バストアップ効果があると言われている豆乳キャベツ唐揚げを食べまくり、胸筋を鍛え、リンパマッサージだってした。夜の10時には寝た。

脂肪を付ければ胸にも肉が付くと言われ無理矢理太ったこともあった。結果胸以外にだけ肉がついた。


貧乳だってどこかで需要あるよ」って慰めを言われたことあったけど「自分は好みじゃないけどね」って投げ捨ててるってことでしょ?

私は目の前のお前に需要があって欲しいんだよ。


肩が凝るとか、異性に変な目で見られるとか服の形が不恰好になるとか太って見えちゃうとか巨乳デメリットも分かったよ。

でもぱいぱいの中に夢がつまっているんでしょう?

だって巨乳世界から世の中を見たいのに、叶わないんだ。



一生この劣等感と付き合っていかなきゃいけないのかとと思うと

虚しい。

2016-06-22

「チャック空いてますよ」が言えない集団

ネット上で形成されたある弱小同人サークルには、オリジナルマスコットキャラがいた。マスコットキャラといっても内輪的なもので、対外的には全然意味をなしてない。(とはいえ、マスコットキャラがいるとTwitterアイコンだったりカタログサークルカットだったり、とりあえずそれを描けばいいみたいな存在になるので便利である。余談)



自分はそのサークルの結成から一年リーダーを務めていたが、今は退任してサークル活動にはノータッチである。後任のリーダー自分より同人活動社会経験も長く、気さくで親身で、一児の母でありながら管理職に勤めているというハイスペックな方だ。普通に尊敬できる。



その後任のリーダーが、どうも、そのマスコットキャラクター名前を一文字間違えて覚えてしまっているようである。(長期間、その誤った方の名称で呼んでいるため、タイプミスではない)

まぁ覚え間違いなんて誰しもあることだ。自分最近までyoutuberヒカキンのことを「ヒキカン」と認識していた。そっちの方が語呂は良いと思う。

間違えて覚えてしまったなら、気づいた段階で直せばいいし、気づいた人が指摘すればいい。これはズボンチャック全開問題と似ている。些細なことだ。



だがかれこれ半年以上、その誤りは直らない。もちろんリーダーが迂闊ということもあるが、それ以上にサークルメンバーの誰もがそのことを指摘しない、あるいは気に留めない、その関係性は不健全に思えて仕方がない。仮にもサークル象徴するマスコットキャラクターである。名は体を表す、という程はないかもしれないが、名前あってのキャラクターであるのは間違いない。二年以上活動していて、まだ「チャック空いてますよ」も言えない表面的な関係しかないことに、虚しさを覚えてしまう。



「気づいてるならお前が指摘すればいいじゃん」と言われれば、まぁその通りなのだが……、しかしそれがジレンマなのである!! 指摘は容易いし、心理的障壁はあまり感じない。ただ自分は身勝手な都合でリーダーを退き、その方に押し付けしまった立場であるサークルから離れていったくせに、姑のようにアドバイスと称した鬱陶しい小言をいう存在になるということは、自己満足しかないし、それは自分羞恥心が許さないのである。(これはこれで自己満足なのだろうか)



まぁしかしチャックが全開であっても、それを全員が認識しなかったり、華麗にスルーしていければ、大した問題ではないのかもしれない。寧ろ気づいて騒ぎ立てるのが悪なのかもしれない。「チャック空いてますよ」と言いあえる関係性を最善とするのは、価値観押し付けだろうか。

この件でトラブルは起きないだろうし、決定的な亀裂ではないと思う。だが、こういった歪みがドンドン連鎖的に広がっていくのではないか危惧してしまう。


自分もチャック空いたままのときスルーされてたのかなぁ。

恋愛経験→たくさん付き合える人と付き合ったことある経験

20代男性の53%が「交際経験無し」

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1606/21/news136.html

  

この記事読んで思ったんだけど。

恋愛経験1人、2人とある」って人達って、「6人以上と付き合ったことある人」がカナリの割合相手なんじゃなかろうか。

まり

Aという男に対して、α、β、γ、σ、δ、φみたいな6人以上の女性が交互に付き合ってるみたいな。

  

ようするに、二極化

男の中で10%くらいしかいない「6人以上と付き合ったことある人」っていうのが処女を食いまくってる。

  

逆に女の立場で見ると。

たくさん付き合ったことある女性は、最後はいままで彼女いたことない男と恋愛はしないけど結婚はしてやる。

みたいな感じがスタンダードなのかと。

  

そう、「スタンダード」なんだよね。

  

なんていうか、たった数十年で日本人品種改良が進んでしまって、「そういう人種」になっちゃったんだね日本人は。

俺は淘汰される側の恋愛経験無い20代なんだけど、ってかアラサーなんだけど。

人間場合は淘汰された種族でも80年くらい生きてしまうのがあるんだよなあ。

  

対して、女性なのに一人も付き合ったこと無いという人種が25%いる。

これは、女なのに25%も淘汰されてる奴がいるってことなんだろうか。

この淘汰される女ってのもでも、フジョシなりキラキラ女子として楽しんでいるんだろうね。

あるいは、セフレ枠とかそういう奴なんだろうか。

  

恋愛っていう品種改良でこれだけ変わるってなると、次世代はどうなるんだろうか。

幸い、あと2回くらいの世代交代は見れそうなくらい寿命があるので、楽しみ。

イケメン美女ハーフばかりが街にあふれるんだろうか?

追記および村中璃子氏の連載記事に関して (後編)

「利用される日本科学報道(後篇)」について

子宮頸がんワクチン薬害研究班に捏造行為が発覚 ― 利用される日本科学報道(後篇)

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/7080

さて、後篇であるサブタイトルに「捏造行為が発覚」とはなんとも穏やかではない。

後篇の内容は、池田氏発言検証マウス実験に対する批判が主である

マウス実験についての指摘内容は、これまた私の指摘と同じなので割愛する。

またそれとは別に、発表資料内で示された図とグラフ(資料ページ59: 自己抗体の沈着の写真グラフ)はチャンピオンデータによるものではないか、との疑問も呈されている。

確かに、写真は1種類でグラフエラーバーが無い点からも、疑問を抱くのは妥当であろう。



そして村中氏がその詳細について調べるため、実験担当したA氏を探し出して取材したところ驚くべき証言が得られた、というところで記事は終わっている。

あとは月刊Wedge7月号を読んでくれという、「続きは映画館で!」的な終わり方であり、少々拍子抜けだ。



その過激サブタイトルにも関わらず、後篇の記事中では「捏造行為が発覚」していない。

せいぜいチャンピオンデータ使用示唆されたくらいだが、これも疑義まりで、とても「発覚」とは言えない。

そもそも、チャンピオンデータ使用は「捏造」と異なる形態研究不正である(不正と見なされない場合すらある)。

捏造」はデータのものでっちあげる行為であるため、「チャンピオンデータ」のような都合よく選別したデータを示す行為とは明確に区別されるのだ。



このような乏しい情報でもって「捏造が発覚」というような非常に強い表現をするのは、控えめに言ってもやりすぎであろう。

月刊Wedge7月号の村中氏の記事について

子宮頸がんワクチン薬害研究班 崩れる根拠、暴かれた捏造

村中璃子, 月刊Wedge7月pp.40-44

Web記事だけでは片手落ちなので、Wedge本誌の記事についても解説していこう。ええそうです。買いました(\500)。

本文4ページ中、1.5ページは後篇の内容とほぼ同じであったが、Web版を読んでない人には序文として必要であろうから、とやかくは言うまい

この記事の目玉は、A氏への取材で得た実験内容の詳細および池田氏捏造行為についてである



A氏の証言をまとめると

(1) マウス実験はごく初期段階の試験的なもので、使ったマウスも3~5匹程度であった

(2) HPVワクチン以外の血清で緑色蛍光を呈した写真存在したが、発表資料には採用されなかった

(3) 資料中のグラフ写真は1匹のマウス(N=1)からチャンピオンデータであった

(4) 自己抗体が沈着した写真ワクチン接種個体の血清を正常マウスの脳切片に添加して蛍光染色し、撮影したものであった

(5) 自己抗体ワクチン接種個体の脳に沈着していた証拠はない

(6) 血清をとったマウスに接種したワクチンの量は50ul (濃度は不明だがヒト換算で通常接種の100倍以上らしい)



これらの証言を読んでわかるように、A氏の証言全面的に受け入れたとしても、研究不正に該当しそうな行為チャンピオンデータを用いた点だけであり、「捏造行為」の存在は見出せない。

村中氏は、証言(2)に対して「重大な捏造である」と断じていたが、チャンピオンデータのみを示す行為が「捏造」でないことは前述の通りである

また、証言(4)と(5)に対しては、ワクチン接種個体の脳に自己抗体が沈着していたかのようにミスリードしていたという点が批判されていたが、これもまた「捏造」ではない。

まりWeb版とWedge本誌の記事を通して、池田氏らが「捏造行為」をしたという根拠は一切示されていないことになる。



さらに、記事の最終ページでは池田氏学長選挙エピソードやその上昇志向といった人格面の描写が過半を占め、最後の結びは以下のような文章であった。

それぞれの立場動機から捏造に手を染める研究者たち――これが国費を投じた薬害研究班の実態だ。

子宮頸がん罹患リスクを負ったワクチン未接種の少女たちとワクチン人生を奪われたと苦しむ少女たちの未来は、こんな大人たちの手に委ねられている。

(月刊Wedge7月号 p.44)

これらの批判、ともすれば中傷は、池田氏らの名誉を著しく傷つけるものであり看過し難い。

捏造というのは、科学者に対する批判としては極めてインパクトの大きい言葉であり、軽々に投げかけて良いものではないのだ。



私は元増田池田氏らの発表および発言内容を「言い過ぎ」と評したが、村中氏の方が「言い過ぎ」度合いでははるかに上である

過激煽情的表現は、耳目を集める上では有利かもしれないが、それは科学的な議論批判をするうえではノイズしかならない。

村中氏の取材批判の内容そのものは概ね適切であり、あえて過激な言い方をせずとも十分に説得力訴求力があるはずだ。

是非、客観的で誠実な議論に戻っていただきたい。



A氏は実在するのか?

Wedge本誌の記事で中核となっているのは明らかにA氏であった。

彼(または彼女)の実在性についてここで論じてみたいと思う。



村中氏の記事によれば、A氏は以下のような来歴を持つ人物のようだ。

実際に手を動かしたのは、信州大学産科婦人科教室の誰なのか。

筆者は周辺取材を重ね、それがこの4月信州大の准教授から関東圏の新設大学教授職に転出したA氏であることを突き止めた。

であれば、信州大学産科婦人科教室メンバーからA氏の正体がわかるかもしれない。



以下は信州大学産科婦人科教室メンバーリストである

上は現在(2016年6月)公開されているリスト、下がInternet Archiveというサイト(WEB魚拓の凄い版と思ってくれれば良い)に保存されていた2015年10月メンバーリストである

信州大学 産婦人科教室スタッフ紹介(2016年6月現在

http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/medicine/chair/i-sanfu/about/post_9.html



信州大学 産婦人科教室スタッフ紹介(2015年10月現在

http://web.archive.org/web/20151209020718/http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/medicine/chair/i-sanfu/about/post_9.html

これらをみると、2015年10月時点で産婦人科教室所属している准教授存在しない。

そのため、A氏が産婦人科教室に配属されたのは少なくとも2015年10月以降であると考えられる。

しかし、村中氏によるとA氏は2016年4月転出しているとのことだが、配属からわずか6カ月ほどで転出というのは少し速すぎるように思う。医学系ならそうでもないのだろうか?

さらに、2015年10月より後に教室に配属されたとして、そこから翌年3月の発表までにマウス実験を終わらせるのは少々厳しいのではなかろうか。



もちろん、取材源の秘匿等の理由記事中には偽の来歴を記していた可能性もあるし、村中氏がこんな嘘をつくメリットも思い浮かばない。

結局、A氏の実在性は不明瞭なまま残ってしまった。

個人的には実在しているように思うが、非実在でも驚かないといった程度に私は認識している。



村中氏の連載についての総評

氏の連載を通して読んでの批評を述べるとすれば、「客観的事実に基づく批判はまっとうであるが、それ以外の部分が煽情的に過ぎる。対立する話者の悪魔化をおこなうべきではない」といったところか。

HLA型にまつわる遺伝子頻度と保有率の取り違え、マウス実験がヒトには適用できない点、チャンピオンデータだけを提示する行為などに対する批判などは妥当ものであった。



しかし、池田氏らの行為について悪意的にとらえ過ぎているきらいがあり、人格面での批判も目につく。

また、池田氏らがマスコミを利用して何かを企んでいる、というような論調が全篇にわたって存在している(タイトルからして「利用される日本科学報道である)。



その帰結としてなのか、「捏造」という科学者にとって極めて強力な(したがって非常に強い証拠必要な)批判を無根拠に突きつけるといった行為にまで及んでいる。

(恐らくこれは村中氏が認識していた「捏造」の定義が間違っていたことに起因するが、それにしても杜撰である)



氏の精力的な取材情報発信は、HPVワクチンに関して薬害説に傾きがちなマスコミ報道において、貴重なカウンターパートとなっている。

なればこそ、冷静で客観的表現を心掛けることで、より良き論評ができるのではないだろうか。

願わくは、煽情的表現は避け、客観的かつ冷静な筆調でもって語っていただきたいところである



最後

なぜか池田氏らを擁護するような内容になってしまったが、私はそもそも彼らの見解について批判である

元増田もそういう意図で書いたし、HPVワクチン積極的な接種勧奨の再開を望んでいる。

しかしながら、元増田でも述べたとおり、評価すべきところはその立ち位置に関わらず評価すべきであるとも考えている。



村中璃子氏に対しては極めて批判的に論じてしまったが、総評でも書いたとおり、氏の活動は褒むべきものである

HPVワクチン問題について多くのマスコミセンセーショナル薬害説に傾いた立場を取ることが多く、そういった状況で村中氏のような立場から論じてくれるジャーナリスト存在重要だ。

村中氏については、その立場応援させていただくとともに、穏当な表現でもって議論してくださることを願ってやまない。



以上、もし間違いや事実誤認等の不備があれば指摘していただけるとありがたい。