「学生」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 学生とは

2017-01-25

http://anond.hatelabo.jp/20170124174310

狭い世界で大きい面ができているのならともかく、主人公二人は迫害されるマイノリティ

無視してだらだら何行も無意味な長文ごくろうさん



から「えんとつ町=閉じられた狭い世界」で、そこから広い世界へ飛び出して行く話なんですけど、

あのな

主人公二人は星を見たあと普通に街に帰ってるから

どんだけ杜撰な読み方してんだよお前



「絵」を楽しむ絵本で、同じような絵柄のページが続くがマイナスなのは、当たり前ですけどね。

何の理由にもなってないw

同じような絵柄というのはおまえみたいに杜撰な読解しかできてない奴の印象で、実際は確実に違う絵なのだから受け取り方は人によって違うとしか言いようが無い

例えば逆に全く違う絵柄に変わり続けたら統一感がなくて、原作厨みたいな手合いは騒ぎ出すだろうな




残念ながら中途半端学生生活でした(笑)

なるほど。お前的にはこれが「楽しい恋愛をしていた」ことになるのか

そうだな

まあお前の中でそうならそれでいいんじゃない

きっと石田衣良も「お、おう・・・」としか返せないだろう



表面的な読み解きしかしない人は、表面的な評価しかできないでしょう。

おまえは表面的な読解にすら失敗して誤読しまくりだがな

プペルの姿が最初は薄いとか広い世界に旅立つとか



コイツ」という物言いも酷いですが、本当にディズニーを抜いて1位になれるぐらいの実力があるのならば、すでに世界的に有名なクリエイターになってるはずですよね。

現時点でそうなっていないのは、私の評価ではなく「客観的事実」です。

全然駄目

自分の実力以上に、上から目線物言いをする」の説明にはなっていても「だから西野は叩かれる」理由にはなっていない

2017-01-24

マスクしない奴死ね

風邪うつったらどうするんだ

家庭に赤ちゃん妊婦受験を控えた学生が居たらどうするんだ

悪質なテロ行為

責任取れんのか

文科省だけじゃない!教員天下り問題

文科省から天下り問題が注目を集めているけど、教育業界天下りはそれだけじゃないよね。

例えば、教育大学学部)への教育委員会経験者や「有名教師」の天下り

教育大学学部から昔ながらの教育研究者を減らして、現職あがりの教師准教授とかで迎える動きがここ数年でずいぶん進んだ。

これって、実践的な教師を育てる名目で推し進められているけど、実態学生教員採用口利きするためのものになってる。

結果的に、学生は有力教員に擦り寄るだけになるし、お上にペコペコ頭を下げるイエスマン教師けが排出されるようになった。

現場を知らない教育研究者ダメダメであるにしても、実践しか知らない教授准教授が増加して意味不明論文かいてたりする。

教育大学予算削減を狙いとして、研究系の大学教員をどんどん外に追い出して、現職上がりの教員だけとったら教師になれる学生は増えるかもしれないけど、頭を使う教師は増えない。

いま、教育大学予備校化してる。

これまでの教員養成が良かったわけではないだろうけど、実務家教員だけで良くなるとは限らない。そればかりか利権の温床にもなってる。

そのうち崩壊すること間違いなし。

anond:20170123202357

「あの物語の中で、「えんとつ町」というのはむしろ「狭い世界」です。」

言葉遊びはしなくていい

言葉遊びではなくて、物語自体がそういう話なんですよ。

冒頭に「4000メートルの崖にかこまれ、そとの世界を知らない町がありました。」とあるでしょう?

町の外には「ホシ」というすばらしいものがあって、それを見つけに行く話です。


から「えんとつ町=閉じられた狭い世界」で、そこから広い世界へ飛び出して行く話なんですけど、

ここまで丁寧に説明してあげないと理解できないですか?


おまえがそういう感想を抱いたのは結構だが、それが絵本として致命的かどうかという根拠には全くなっていない

「絵」を楽しむ絵本で、同じような絵柄のページが続くがマイナスなのは、当たり前ですけどね。


意図的にそのようにすることもありえますけど、この絵本ではそのような意図は私には見受けられません。

同じような絵柄を続ける必要性は、何かありますか?

その必要性があるとあなたが思うのならば、あなた見解を教えてください。


「「君の名は。」に対する「監督高校時代楽しい恋愛をしたことがない」の解釈が駄目なのは、それは事実と反するからです。」

何を根拠事実と反するって言ってるんだ?

ソース出せよw

あなた、何にも知らないで言ってるんですね。

この記事をどうぞ。

http://lite-ra.com/2017/01/post-2839.html

コミュニカティブ(話し好き)で何人もの女のコと付き合っていたりなんてことはなかったですが、逆に女のコとの総会話時間10分で、その鬱積を創作活動にぶつけていたとか、そういったこともなかったんですよ。残念ながら中途半端学生生活でした(笑)。両極のいずれかに突き抜けていれば、ネタとして面白かったんでしょうけどね」


作品しか見ない読者にとっては知ったことではない見立てだがなw つまり作品単体への評価にはなんの影響も無い)

作品しか見ない読者にとっては知ったことではありません。その通りです。

表面的な読み解きしかしない人は、表面的な評価しかできないでしょう。


でも、私は作品周辺情報を含めて読み解き、解釈をし、あのような評価しました。


あなたは「作品単体への評価にはなんの影響も無い」と言いましたが、

そもそも、私は「作品単体」のなかにある主張に対してしか否定的評価をしていません。


自分の実力以上に、上から目線物言いをするから西野は叩かれる」

これはなんだ?

根拠無いんですけど

https://www.youtube.com/watch?v=cdXj6sTKf_A

「(ディズニーを倒すまで)あとチョイだな、ぐらい」

ディズニーとの差は『好感度』だけ」


https://www.youtube.com/watch?v=cdXj6sTKf_A

「いまコイツウォルト・ディズニー)1位なんで」

「まずコイツには勝ちたい」


コイツ」という物言いも酷いですが、本当にディズニーを抜いて1位になれるぐらいの実力があるのならば、すでに世界的に有名なクリエイターになってるはずですよね。

現時点でそうなっていないのは、私の評価ではなく「客観的事実」です。


もちろんあのような放言には、意識的炎上をねらっている部分はあるのでしょうが


作中で主人公二人はだいそれた発言などしていない

ただ臭くて汚いか迫害されている

あなた・・・本当に何にも分かってないんですね。

このような描写をしているからこそ、この物語醜悪なんですよ。


作者が、主人公自分を重ね合わせて、迫害や不遇に抗うような話は他にもたくさんあります

それが、作者自身が不当な迫害に遭っていたり、生まれ持った不遇があるなど、例えば人種国籍による不当な差別や、生まれもった体の弱さ、醜さ、貧しい生い立ちなどがあるのならば、その作品にはリアリティが生まれ、同じような境遇の読者に対して勇気や感動を与えるでしょう。


でも、西野氏の炎上「自らの言動によって「自ら招いたものです。

まれもった境遇など、「避けられないもの」ではありません。


にもかかわらず、この作品では「ただ臭くて汚いか迫害されている」とけがたい事情による不当な扱いとして描いているからこそ、この作品欺瞞に満ちた自己正当化物語だ、と批評しているのです。

http://anond.hatelabo.jp/20170124104604

増田だよ。

なるほど、交流の場かあ。

大人になってから行ってないから、学生の頃に通ったそろばんとか書道の一人で黙々やるイメージが強かったから、思いつかなった。

人間関係があるから継続できる一方、逆にやめるにやめられないという声が聞えるのも、そうした理由によるものかもしれない。

ゲームってそういうの無いし、だから突然やめたくなるんだな。

身長が恐くてたまらない…高身長は奴らにヘイトスピーチされる

高身長なんかに生まれたくなかった

心が弱って鬱病になった時に気力を振り絞って外出したら

主婦デカ(笑)

学生あいデカくね?」

学生デカ(笑)

などとヘイトスピーチをされることは日常茶飯

僕は低身長に直接チビだなんて一切馬鹿にしたことないのに

奴らは高身長デカいなどと嘲笑優越感に浸りまくる

僕は低身長馬鹿にしたことはない…ただただ恐ろしくてたまらない

学生時代の嫌な人間もほぼ全て自分より低身長だった…

チビ」は人間に使う言葉だが「デカ」は粗大ゴミにも使う言葉であり明らかに低身長が優位で権力者だってわかる

ネットだと体格ある人をパワー系などと馬鹿にする文化もある

170cm以下の低身長ほとんどがサイコパスだと思う

レーニンスターリンフランコ将軍など独裁者は総じて低身長

山口組の司忍や関東連合リーダーなど反社組織トップは低身長

田母神テキサス親父など極右は低身長

宮崎勤佐川一政高山正樹など日本猟奇殺人者も低身長

アルバートフィッシュチャールズマンソンなど海外猟奇殺人者も低身長

あげればキリがない…

身長を外で見るたびに動悸や震えが止まらなくなる…

高身長解放運動でもやって欲しい…

身長なんか世界からいなくなればいいのに…外出するのが本当に怖い

またデカデカい言われるから

2017-01-23

http://anond.hatelabo.jp/20170123220030

化粧以外はほとんどおぼえたが俺は学生が終わってから一度も働いたことがない、そんなもの大人にはなれない

満員電車邪魔臭そうにモゾモゾする学生

彼は何がしたかったのだろうか?

そんなに満員電車が嫌で周囲の人間を何度も押し返すのなら次の始発に乗れば良かったのでは無いだろうか?

周りも嫌な顔をしてスペースを空けて彼の周りだけ若干空間が空いてたのは少し笑ってしまった。

あれも思春期特有ATフィールド(物理)というやつだろうか。

http://anond.hatelabo.jp/20170123041742

学業の傍ら適切にタスク管理しながら自発的に各種コンテンツを、たとえマイナーであろうと攻めの姿勢制作・発表している同人者たちはやはり優秀(会社員として優秀だとは言ってない)

ってブコメあるけど、同人者で優秀な人は学生の時点で既にプロになってたりするやん

(そのまま就職しないで創作で食おうと思ったら速攻売れなくなり同人で食いつなぐも年食って同人も売れなくなって路頭に迷うってのもあるあるだが)

会社員になる歳になってもクリエイターとして結果出てないなら、クリエイターとしても別に優秀じゃない

http://anond.hatelabo.jp/20170123115921

医師場合だと、小児科産婦人科医局に入る若いのは女医ばかりで

男医が入るなら親がその科の開業医で継ぐからという理由がないと変な目で見られるそうで

これらは女医の方が患者のウケもいいし、開業するにも有利なのに

何でわざわざ男が(女より不利なのを分かってて)来るんだ?邪な目的があるのでは?と思われるんだろう



看護師場合男性は大抵精神科か手術室配置、

暴れる患者を取り押さえたり、重い患者身体を持ち上げたりするのは男性の方が良いため

男性看護師小児科に配置しろ!とごり押ししても、いや精神科とかも足りてないし男は患者(の親)のウケも悪いし

小児科別に男の力も要らないし…そもそも何で小児科ロリコン?ってなるわな

男性保育士就職先として障害施設が多いそうだけど、これも似たような理由だろう

そうやって住み分けてるのが現実なんだよなあ



つか男性保育士云々より、男性助産師存在意義こそ分からんのにごり押ししようとしている勢力がある方が謎

誰が得するんだそれで

実際は学校卒業しようとするだけで大変なのではとか言われてるが

助産学生長期間ある程度の人数の妊婦について実習しなければならないけど、協力してくれる妊婦がそんなに見つかるだろうか?って意味

看護師産科実習があるが、助産師より遥かに小規模の実習でも男子看護学生に協力してくれる妊婦を確保するのは大変だそう)

http://anond.hatelabo.jp/20170123041742

強く同感しました。

就活が始まるまでに複数公的コンテストで飛び抜けた成績を上げていないのであれば、

今すぐ諦めて堅気の職を目指すべきです。フリーターになってズルズル続けるなんて論外。

どうしてもクリエイティブな事を続けたいなら正社員をしつつ趣味でやればいい。

クリエイターとして食っていくというのは学生想像している以上に厳しく狭き門ですから

学生には甘い事を言わずに、少しでも不安な要素があれば「君は向いてない。諦めなさい」と言ってあげるのが親切だと思います

こんな学生、いりません

就活生の皆さん、お疲れ様です。

もうとっくに始まってる人、決まっちゃった人、最近始めたばかりの人、もっとからだと思ってた人、色々いると思います

はいわゆるクリエイター系の会社で働いている者ですが、自分経験やこれまで出会ってきた学生さんのことを思い出しながら、



こんな学生、いらないです



と思われてしまうケースをいくつか紹介したいと思います



何も作ってない

クリエイター職を目指してるのに、何も成果物がないというのはだいたいその時点でおしまいです。

学生時代社会人になってからに比べ、自分時間が非常に多いのです。

そんな膨大な時間があるのに何の成果物も作れなかった人が、プロで何か作れるなんて思えないわけです。



具体的なビジョンがない

「すごいものを作りたいです」とか言っちゃう人のことです。

「すごいもの」とは何でしょうか。もっと具体的に言えないと何も伝わらないのです。

自分のなりたい道、作りたいもの、それらを具体的にはっきり言える人しか企業としても雇う余裕はないのです。



インプットが足りない

ディズニーで働きたい」という人がウォルト・ディズニーを知らないとか、ミッキーマウスを知らないとか、

任天堂で働きたい」という人がマリオを知らないとか、宮本茂さんを知らないとか、横井軍平さんを知らないとか、

極論で言うとそういう類の話になります

本当に好きなものって、ほっといてもいろいろ調べて、触れて、気がつけば膨大なインプットが溜まっているものなのです。

そして、アウトプットするものは大概、インプットした範囲の中からまれます

インプット量が足りない、質が足りない、そういう人に良いアウトプットを期待できないのです。


実績・経歴を勘違いしている

クラスで一番でした!」「校内の○○で○○賞を取りました!」

どうでもいいです。

あなたクラスレベルも、あなた学校レベルも、そしてその成績や審査基準も、外からではほとんどわかりません。

公的な場でのコンテスト等であれば、全国を相手に勝ち取ったものですから「なるほどすごい」となるのですが、

自分所属している組織の中での受賞だの何だのと言われても、それにどれだけの価値があるのかわからないのです。

言い方が厳しいかもしれませんが、学校の外で実績を上げていないのに学校内の自慢話ばかりされると、「サル山の大将かな?」としか思えないのです。



友人が多いことは良いことだと無条件に信じている

これは上の話とも関係があります

学校で友人が多い、それは良いことだと思われがちですが、

「友人ではなく取り巻きじゃないの?それ」とか、「友達付き合いという言葉で抜け駆けを阻止してる」とか、

まり良い影響になっているとは思えないケースも散見します。

特にこれは、あなたあなたの友人がサル山の大将であると、陥る可能性が高いです。

これは一つの例ですが、サル山の大将だった学生さんに友人を紹介してもらっても、一定レベルを超えられていない方ばかりだった事がありました。

そしてなんとその友人グループは、学校内では上位グループだったというのです。

まり井の中の蛙が集まって、出来るやつを気取っていたという恐ろしい現象が起きていたのでした。



攻める姿勢がない

自分の作ったものを、コンテストに出せるタイミングだったのに出してない、とか

作っている作品は多いのに、外に向かって公開するのは恥ずかしいと言って公開していない、とか

社会人になったら、自分の作ったものを外に出すことでお金をいただくようになるのですから

学生のうちとはいえ過度に躊躇ってしまっているのを見ると、採用して良いものか迷ってしまます

多少作るものクオリティが低くても、突っ込める戦場があると見るや突撃していく人のほうが好感度が高いです。

ちなみに、自分の作ったものを世に出すことを躊躇う人にありがちな言い訳として

「まだ外に出せるレベルじゃないので……」

という言葉はよく聴きますが、大丈夫!そんなことを言う人はだいたい卒業するまで何も外に出さないままです!さようなら



お金をいただく、ということに嫌悪感を持っている

自分の作ったものフリーで配布したことしか無いタイプの人によくあります

学生のうちに自分作品お金を稼いでみる、というのはクリエイターとして大きな経験値になります

しかし、「これはお金を取るために作ってたわけでもないので……」と、お金を取ることに消極的になる人は少なくありません。

もちろん、全部が全部お金を取れと言っているわけではありません。

問題は「創作物の対価としてお金をいただく」という行為ネガティブ気持ちを抱いてしまっていないか、ということです。

そういう人には職業としてのクリエイターは向いていないので、気持ちをちゃんと変えるか、いち趣味にしていくことを決断したほうが良いと思います





最後

正直な話、ここに書いたことをやらかししまっている学生さんでも、夢見ていた業界就職できる人は居ます

たくさん居ます


就職」がゴールであれば、それでハッピーエンドです。


しかし、これらの項目に当てはまり、かつ直さなければいけない部分があると自覚できないまま就職・出社すると、

ほぼ間違いなく大変な社会人生活を送ることになります

そうしてクリエイターとしても再起不能状態業界を去っていく新人さんを、何人も見てきました。

かわいそうだと思いますが、大体は自業自得ですし、社会人になると親身に助けてくれる人も殆ど居ません。

そういう事にはならないでほしいなー、と強く思います

2017-01-22

SIerWeb系に転職したい

スペック

ユーザー子会社SIer二年目

Excel職人、たまにJava親会社システムの改修

文系学部卒で学生時代プログラミング経験ゼロ

半年からプライベートHTMLCSSJavaScriptちょっと勉強して、しょぼいサイトなら作れる程度

とにかくコード書けハゲ言葉を信じて、ドットインストールやったり、ググったりしながらやってみたけど、ここからどうすればいいかからない。

休日だけとはいえ、半年かけてしょぼいサイト作る程度にしか達せない奴は、1社目はブラック覚悟で修業のつもりで、とにかくとっとと飛び込むべきなんだろうか。

それとも、もっと本気で勉強しまくって、勉強会なんかで人脈を広げてマッチする会社出会える機会を待つべき?

くだらない言い訳だけど、勉強していく中で自分Web系には向いていないと気付いてしまった時のために、SIerで働き続けることも考えて基本、応用情報技術者勉強もしていて、時間以上に気持ちを注力できていなかった。

秋の試験で応用まで取れたので、最近はようやく少しずつ勉強できるようになってきた。(といっても週に10時間程度か)

はてなを眺めていると、今の自分では到底入れないようなイケイスタートアップに鳴り物入りで入社してる新卒とか、インターンバリバリやってる学生とか、幼少期からゲームプログラミングに興じてきたスーパーおっさんばかり目に入って怖い。

WindowsVista休日にニヤニヤしながら一人で勉強してる俺でも、MacBookAir買ってTwitterやって勉強会行けば、何か開けるのかな。

2017-01-21

彼氏卒業旅行に行きたかった

彼氏海外旅行行きたい。仕方ないけど親に反対されてる。親に嘘ついてまで行こうとは思わない。万が一バレた時のリスク考えたら無理。

随分前から計画立ててたのに。あーあ。周りのカップル卒業旅行海外行く話聞くと素直に羨ましい。バイトお金も貯めたのに。グループで行こうと思って計画したけどなかなか予定合わないんだよね。

社会人になったらいつ海外行けるんだろ。あーあ、いいなー。親に反対された時点で諦めてはいたけど、気持ちの落としどころがわかんない。楽しみにしてた彼氏申し訳ない。はぁ。

学生最後くらいいいじゃん。周りのカップル皆行ってるよ。今の私たち世代は婚前旅行?に対して別にネガティブイメージ持たないのに。少なくとも自分の周りは。どうやって自分を納得させるか考え中。3月までは学生身分だし、親に反対されてる時点で頭では無理だって分かるけど、行きたい気持ちが落ち着くことはない。

追記

海外は行ってもいいらしい。極論一人旅でも反対はしないとな。彼氏と同室なのが許せないらしいからもう何も言えない。

就活塾に入ったら人生終わった

事の始まりちょっとした勘違いからだった。

面接練習を受けに来た際、講師から「○○○○(会社名)どうだった?」と尋ねられた。

○○○○(会社名)の最終面接を受けたばっかりだった。最終面接だったこともあり、手ごたえを聞いていると思い、こう返した。

「たぶんダメですよ」と、しか講師面接の内容を聞きたかったようで、「ごまかして、教えがいがない」と切れられた。

そして無駄と言われ、予約した面接練習を見てもらえなかった。



その一週間後、別の用事で塾に呼び出されたので、その講師に「あの時見てくれたら受かったかもしれないのに」と私は軽く言った。

嫌味のつもりではなく、純粋に見てほしかった、それだけを伝えたかった。

しかしその言葉が気に障ったようだった。「人の上げ足を取って。二度来るんじゃねぇ」と大きな声で逆切れをされ、その後もひどい言葉を言われた。

ショックだった。それは普段理不尽に切れるような講師ではなかったからだ。どうやら学生は塾の対応に、客として不平を言ってはいけないようだった。

私はそれから、塾に通わず謝罪言葉をずっとずっと待っていた。毎日メール電話のチェックは欠かさなかった。先生なら謝るだろうと信じていたからだ。

しかしそんなことをしているうちに、二週間が立っていた。そして薄々感じていたことが確信に変わった。どうでもいいのだろうな。



その後、暴言に対してメール電話で抗議をした。

しかし帰ってきた言葉は「学生のことを考えて」「就職活動をなめているから」と的外れ言い訳だった。

さらに追い打ちをかけるように「二度と見たくない」「二度と来てほしくない」などといった言葉メール電話で何度も何度も言われた。

就活がうまくいかずに悩んでいる時に、信じていた塾に、自分存在まで否定され続けた。

それからというもの説明会、お風呂電車場所を問わず毎日毎日、その講師から言われた言葉を思い出し、涙が止まらなかった。

七月から今日まで一日たりとも、塾に言われた言葉を思い出さなかった日はない。

おかげで体重10キロ減り、走ることや子供も産む事もできない体になった。

毎日死にたいと考え起床し、死にたいと考え就寝する。そんな生活がこれからもずっと続く。



長くなりましたが、結局私は七月という面接の多い大切な時期に、言われたことにショックを受け、その時の気持ちを引きずりながらずっと就職活動をしてきました。

その後、謝罪してもらいましたが、「いい会社じゃなかったかもしれない」「大切な時期がどうかは塾が決める」などと開き直った対応をされました。

勿論その後、塾からのアフターケアはありません。そしてそのような大手就活塾が、現在も「就活に失敗しないために」などと掲げて、学生を集めています

その講師も、後悔のない人生を選んでほしいという思いから、学生就職活動に向き合っているらしいです。悲しいことに、私はそこに含まれていないみたいですけど。



就職活動自分人生に関わる大切な岐路です。就活塾と聞くと、悪い噂も聞くので心配で、実績のある有名な塾を選びました。それがこの結果です。

もう終わりです。疲れました。ただ人並みに幸せになりたかっただけなのに。

進路が決まら大学卒業した女な訳だが[1]

2年前の3月自分就職が決まらないまま卒業式に臨み、そのままフリータールート突入した。

就職課をはじめとする大学関係者には「某生命保険会社営業内定が出た」と嘘をつくことで、表向きは「社会人生活へ向けて巣立ちを迎えるフレッシュ若者」になりきった。

就職が決まらないということが何より恥ずかしかったし、周りには心配をかけたくなかった。

今思えばそんなクソみたいなプライドで嘘をついた自分の方が恥ずかしいのだけれども。

学生の頃、正直自分はすぐ就職が決まると思っていた。

早くこんなつまらない地方都市から抜け出して、レインボーブリッジシーマ転がす業界人になってやる。

なんて時代錯誤でクソダサい動機を孕みつつ、鼻息荒く就活スタートした。おったまげ。

エントリーシートは通る。筆記試験も通る。しか面接でことごとく玉砕

気づけば残り弾数はゼロ。そして静かにマスコミ就活シーズン収束

就活の良い思い出?履歴書文字が綺麗って褒められたことくらいかな。ファック。

「まあそれでも?どこかには決まるし?ドンウォーリービーハッピー的な?」と楽観的に考えていたのと、内定承諾までの返答期限という事情から、他企業内定を辞退してしまっていた。

その後は流石に「転がすのはライトエースでも小型セダンでも、なんでもいいから、もうシーマなんて言いませんから…助けて…」と、ブットビまくってた理想をかなぐり捨てた。

どこでもいいから拾ってくれと地元中小企業などを血眼で受け続けたが、軒並みお祈り。

自分シーマどころか社用車にも乗れない人間。この事実を認めざるを得なかった。

冬ごろには就活をする気力も、今までの根拠のないプライドも、全て灰燼と化した。ぼくの心を就活は奪い去った。俺は空洞。でかい空洞。

全て残らず就活は奪い去った。

俺は空洞。面白い


全然面白くないです。


さすがにYami Yami Day(※病み病みの日のこと)を送って震えるのは嫌だったので、バイトを詰め込みまくり卒論を夢中で執筆することで現実逃避をしていたら、春なんてすぐだった。瞼閉じればそこに。

こうしてひとり、職無しのまま社会へ放流された死んだ目の若者が完成した。

卒業式後の飲み会で友人とフジファブリックの「若者のすべて」のサビを肩組んで歌った辛すぎる思い出。何年経っても思い出してしまうなあ。

毎晩内定のない人が見るまとめ速報を見て「自分マヂクズだゎ…ッラィ…」とか思いつつ、マンマのご飯はススムくんな、ナンダカンダ健やかなニート生活を続けていたある日。

「金を入れられない人間はこの家を出て行け。とりあえず働け。」

と母に某アルバイト情報誌でアタマシバかれ、ぱみゅぱみゅしてしまった私。渋々実家から激近の某企業アルバイトを始めた。

そこにいた先輩アルバイトのK氏は、大学中退後、様々なバイト転々として、今に至るらしい。「条件がかなり難しいか正社員にはなれないだろうけど、ずっと別にこのままでいい」と言っていた。

確かに仕事は楽だし、地元にしては時給もいいし、定時でしっかり帰れるし、人は優しいし、社食はおいしいし、福利厚生や社割もあるしで、バイト先にしてはマチャアキ文句なしの星3つだった。

しかし、そんなK氏を見ていると「自分はずっとアルバイトという立場でいいのだろうか?」という疑問が首をもたげてきた。

パン酵母か?というくらいに、その疑問は日に日に膨らみ、(マンマのご飯と社食体重も膨らみ)ついにバイトを始めてそう日が経っていない初夏のある日、母にこう言った。

「私、今から金貯めて東京行くわ。」

「は?東京?行ってどうすんの。」

東京行って就活やり直すだ。」

「どうしましょ、どうしましょ、どうしましょったらどうしましょ」


[2]に続かせてください。

はあ

色々考えた上で辞めたい意向を話しても、逃げだとか上手くいかないとかなんなんだよ。仲間として腹をくくれってなんだ。

あんたらが口揃えて言う仲間ってなんなんだ。

体調崩しても無理に戻させて人員の埋め合わせ要員として月◯万以上支払わせる。

なかなか行けないバイト給料から半分以上ひかれる。貯金なんかできない。私は本当に学生なんだろうか。

2017-01-20

初老上司たちとの付き合い方がわからない

中途半端に「私も◯◯で悪かったけど〜」とか思うと怒りが長引くようなかんじがするからあえて、あのババアまじうざい消えてくれと思うことにした。

私の会社の部は、キレやす初老(の上司)が本当に多い。職業柄そういうのが集まりやすいのかもしれない。あの会社に長くいるにはそうでないとやっていけないという可能性もある。

みーんな自分が1.2年目だったときのことは綺麗さっぱり忘れてて、最初から年次高めのベテランだったかのよう。

学生ときからそういうタイプの先輩にはなりたくないと思ってたからこそ、「そういうタイプ」の上司が本当に嫌になる。なるべく関わりたくないしなるべく会話したくないしなるべく同じ場所にいたくない。付き合うのが無理な人種

この間も、もっと言い返してやればよかった。ちょっと気を付けながらしっかり反論すれば、部に蔓延してる若手に強めに当たりがちな風潮を少しは軽減できたんじゃないか

でも現実絶対にそんな上手くいかいから、私がこうやってストレスたまることになっても、これで良かったのかもしれないとも思う。今でも思い出すとイラついて涙が出そうになるけど。

あんなに愛想が悪くて、あんな風に当たってくる初老たちに私は会社に入って初めて出会たから、未だに対処の仕方がわからない。

世の会社員みんな思ってるのだろうけど、会社って本当に難しい。あのおばさんとはもう2度と会話もしたくないけど、多分そうもいかないんだろう。次いつ会うことになるかわからないけど、相手にこのあなたのこと苦手感が伝わらない自信がない。

2017-01-19

学生会計試験なら電卓使えるっしょ」

センター「駄目です」

学生「マジか……やっちまった」

ニュースセンター電卓利用不正

はてなー不正してない子が不正扱いになったセンター死ね



いや待てお前ら

勘違いだとしても不正なのは変わんねーだろ

運転してるやつが標識見落として違反切符切られてるのを「でも見落としたなら仕方ないよね」って擁護するつもりか?

それと一緒だぞ

お前らそれを擁護するのか?

まさかこれを話が変わってるとは言わないよな?

それはお前IQ70の発言だぞ

大丈夫かお前ら

ちゃんとIQ90ぐらいはあるか?

まさかこのタイミング

修士論文提出3日前に、3か月前に報告済みの実験データの再解析を命じられるとは思わなかった。

もちろん提出に間に合わないではないが、地味に痛い。嫌がらせ炸裂って感じ。

つべものは良き師匠だなぁ。私のついている助教は修了したらどうせ会わないと思ってふざけたことをしてくる、チンケな野郎である

そして私は解析用のパラメータの設定を間違えて2時間の解析をドブに捨てたしょうもない院生である。いい組み合わせじゃないかって?やかましいわ。

発表が終わったらまた学生相談所に行って、私の研究室でのストレスをぶちまけていたカウンセラーにお礼を言おう。

あと、権力も華々しい研究成果もなくて、年下の助教小馬鹿にされていたけれど、時折気にかけてくれたあの先生にお礼を言いに行かなくては。

早野龍五のアウトリーチとやらはどちらかと言うとニセ科学である

http://anond.hatelabo.jp/20170109214808 のつづき

増田マークダウンに対応してほしい…。書きづらい…。

はじめに

前回の記事を書いて、数日はセルクマ+netcraft3さんのブクマだけだったので、うーんはてなでもこういうの受けが悪いのかと思っていたのだけれど、久しぶりに見たら結構伸びていた。どうせ批判コメしか本質関係ない、放射能アレルギー的なもの)にあふれていると思ったが、意外や意外、肯定意見建設的な批判が大半で、まだまだ日本インターネッツも捨てたものではないななどと思ったりした。

その中でも、common批判と、その他目についたコメントに対する返信をしたい。


また、以下の返信については、あくまでもコメントに対する返信であって、コメントをした人に対する(人格攻撃のつもりは一切ない。そう見えたのなら私の文章力問題だし、そもそもミスリーディング文章を書いたのが問題だろうと言われたらそれまでである。すいません。

(これだけ書いても多分ある程度の人は攻撃されたと感じてしまうのだと思う。文章力のせいだろうか。ちょっと申し訳ない)

Disclaimer

この文章は、あくまでも彼の主張の問題をつくだけのものである福島安全かどうかというのは全く別の問題であり、ここではそれに関する議論は一切しない。

これでも噛みつかれそうなので一応書いておくが、別に私自身は特に何かを避けているとかはない。単に面倒だからだ。

と書いたら、id:reijikanさんから『「単に面倒だからだ」ということだけれども、早野さんはその面倒なことをやっている。』というコメントを頂いてなるほど書き方が悪かったなと思った。

単に(面倒くさくてw)一言で面倒と言ってしまった私が悪いのだが、これは後半でも書いているように、「私は私の責任でもって積極的には気にしない」という選択肢を取っているということである。したがって、例えば乳幼児の親が放射能汚染に敏感になっていることを批判することは私には決してできない。そもそも上で挙げた資料には、誤差すら書いてないので原理的に批判はできないのであるが…。

また、早野氏がどれだけ何をしていようと、(これも語弊を招くかもしれないが)私には一切関係ない。また、彼の行っているその「アウトリーチ活動」とやらは科学世界と一切関係のないものであるというのが先の文章の主張である

TOC

科学者政治をしてはいかんのか

これは一番星を集めていたid:IkaMaruさんやid:njamotaさん、また「牧野さん政治発言繰り返してるじゃん…」とのトラバなど、結構たくさん頂いた指摘である

結論から言うと、もちろん科学者政治をするのはまこと結構なことである有馬氏など、日本科学行政にも科学者あがりの人は実際に何人かいる。政治発言にしたって、牧野さんが政治発言tweetするのも結構だし、M川さんが天皇制に反対するのも結構だし、xxさんが毛沢東と会って公安監視下に置かれたのもどうぞお好きにやってもらえればいいとしか言えない。外国でも例えばロシアのサハロフさんなんかは大変有名である(こう書くと業界極左ばっかのようだが、まぁそんなことはない) 。

というかそもそもよく考えたら私のこの文章だって見ようによっては部分的には政治的であると言えなくもないかもしれない。



私が問題だと思うのは、「科学発言の皮をかぶった政治発言である。そりゃあ(直接面識もないのにこんなに例に出しまくって申し訳ないが)牧野さんが集団的自衛権に反対しているのを見て「あぁなるほど天文学的には日本国9条を保持すべきなのか」と思う奴はこの世にいないだろう。こんなのは誰がどう見たって個人思想信条発言したに過ぎないと思うわけである。翻って見るに早野さんが「躊躇なくイエス」「どこにもない」「自信を持って言える」「間違っている」と繰り返したらどうか。(あぁ、http://bzfd.it/2jkl8zc からコピペしてめまいがしてきた…。)これを見て政治的発言だと思うやつは相当ひねくれているか科学知識を持っているかのどちらかである

もっと別の例を出そうか。いわゆるニセ科学、例えばなんとか水やなんとか菌のたぐいであるが、これにはほぼ必ずと言っていいほど「~博士」「~名誉教授」の肩書を持った人のコメントが寄せられている、ような気がする。人は一般に、そのような肩書があれば科学的に中立発言としてそのコメントを見てしまうということの証左であろう。「水素水で若返りました(65歳男性)」とは発言の重さが違うのだ。



(どうでもいいが、改めて上の記事を読んでみたがこれは本当にとんでもない記事である。『その批判、一部は当たっているんですよね。「あなたたちは、全員を測ったわけではないでしょう」「安全な人だけ選別しているのではないか。きっとどこかで高い人がいる」という点は特に当たっている。その通りだと思いました。』なんてバイアスがあるって言われただけなのにあたかも「とんでもないいちゃもんつけられたのに真摯対応するワタクシ!」みたいな感じに読めるし(というか下の論文読むまでこの文章が何言ってるかわからなかった)、そもそも「思想を語っているわけじゃない」とまで断言している。早野さんはサイコパスなんじゃないだろうか。正直言って恐怖を覚えた。)



私も、早野さんが(65歳男性)として発言する、あるいは「これはあくまでも政治的発言ですが」と断って発言するならば一切何も言わない。どうぞ好きにやってくれればいい。しかし、「科学者」の肩書を使って「絶対」というような非常に強い政治的発言を繰り返すのは看過できない科学者として発言するならば科学言葉を使わなければならない。



以上のような早野さんの言動は、日本インターネット界にいわば「放射脳叩き」をもたらした。そのせいで、親が我が子を心配するといったような基本的権利ですら危機に瀕している。少なくとも今私がここに書くくらい、公の場で福島関連を言うことははばかられるようになってしまった。このような恐ろしい事実鑑みるに、やはり私には早野さんの政治スタンスを認めることはできない。

論文を読むべき、バズフィードだけ見るなよ

私が前の記事で言いたかったのはあくまでも「アウトリーチ」としてのあり方なので、論文には言及しなかった。もちろんなにか「動物のふしぎ」だとか「宇宙のふしぎ」みたいな啓蒙書に対して統計要求するのは流石にやりすぎであるしかし、福島のような問題に対しては、アウトリーチですらも科学立脚した発言でなければならないと私は思っている。なぜなら、目に見えない不安に対抗する術として人類が編み出した方法こそが科学に他ならないかである。まずは、自然100%はないことから理解しなければ中世から進まない。



ところでid:njamotaさんが挙げてくださった論文 https://www.jstage.jst.go.jp/article/pjab/89/4/89_PJA8904B-01/_pdfせっかくだからとさっと見てみたが、どうやらこれはあくまでも生データをそのまま載せた論文であるようで、そこから先の議論はなかった。正直これで論文になるのかというのは私も少し驚いた(おそらく、やはり前回の予想通り、疫学調査では統計議論できるほど数がないからであろう。別に分野が違うから驚いただけで、ケチをつける意図はない)が、それ以前にそもそもSrに関してはmentionすらされていない。アンダーコントロール汚染水を垂れ流している以上、チェルノブイリ基準では問題ない、という結論で良いのかどうかはわからない。



(ただやっぱりFig.3, 5, 7にエラーバーがないのは絶対おかしいと思う。早野さんだって東大理物の学生実験でこんなグラフ見せられたら突き返すと思うよ…)



このレベル調査絶対安全という結論を導き出すのは、私には不可能である。ググったところこの論文聖典のように扱われているが、正直一体何がどうなっているんだ…という感じが拭えない。(しつこいが危ないと言っているわけではない。ただわからないと言っているだけである。)もっとも私は疫学など露とも知らないので、まあこれがどこまで確からいかconcludeすることはできないのだが、少なくともある種の統計分布仮定して有意性を出す、という(少なくとも私にとっての)conventionalな科学の枠内では捉えられなかった。有識者意見を聞きたい。

匿名で言うのはヤジにすぎない

おっしゃる通りだと思うが、私は牧野さんや押川さんほど社会的地位も無ければメンタルも強くないし、早野さんやそのゆかいな仲間たちほど厚顔無恥ではない。

おわりに

idコールしてごめんね。増田埋もれちゃうんで…。

あと日本語の読解間違ってたらすいません。やさしく教えてください。

他にも何かご意見感想あればブクマトラバで教えてね。

学生自分電車の中で基本情報勉強してたらなんの前触れもなしに鼻血が出てきた

手で抑えてもどんどん流れ落ちてきて、これは服で抑えるしかないという段階で、目の前に立っていたセーラー服女子高生ティッシュ差し出してくれた

ということを思い出した

2017-01-18

考えることを放棄する大学生

大学生自分テーマを選ばせ、課題を課している。

内容は簡単でもいいから、好きなことを調べなさいと指示する。

しかし、ほとんどの学生は「特に調べたいことはない」という。

なんとか興味を引き出して、助言をし、調査をしたりデータをとらせても、

それらを手に「これからどうすればいいですか」「何をやればいいかからない」とほざく。

全く自分たちで考えようとはしない。

講義で繰り返し言ったやり方も、考え方も、基本知識も、ポイントも、

コツやテクニックも、助言も、レポートの書き方も

締め切りも、様式も、「知りません」「わかりません」「忘れました」といわれる。

とにかく楽をしようとして、ごみのようなデータを取り、「結果がでません」と言ってくる。

何度も「これではだめだよ」とアドバイスしているのに。

いつもくじけそうになる。私は何のためにこの講義をやっているのかと。

でも時々、やっているうちに面白さを感じたり、なるほど、と理解を深める様子が見える

学生もいる。意欲をもって、頑張ろうとしている学生もいる。

1割弱のそのような学生のために、私は次もがんばろうと思う。

編集になりたい学生へのアドバイス

新卒編集になるための条件

私は、出版業界10年以上いる。

から出版社志望の学生から就職相談を受けることがある。

けれど、アドバイス以前に、

新卒出版社に入るには、絶対必要ものがあるのだ。

それは、学歴

学歴フィルターなのか、優秀な子だけを採っていたらたまたま高学歴だったのかはわからないが、

新卒でまともな出版社に入る子って、だいたいが早慶以上。

ごくまれMARCH

それ以下の学歴は、まともな出版社では見たことない。

から学歴がないなら、インターンなんかに参加するより

早慶に入りなおしたほうがいいと思う。


低学歴編集になるには

でも、今更そんなこと無理だし

それでも「編集になりたい」という学生に、私はようやくアドバイスできる。

私は、低学歴だ。

大学は出ているけど、MARCHですらない。

どこに出しても恥ずかしくないFランだ。

それでも、編集になり、同年代女子よりは少しだけ多く稼ぎ、

自分がつくった本が書店に並んでいる。

まず、低学歴大学生編集になるなら、新卒正社員は諦めろ。

バイトから入れ。

バイト学歴は問われない。

そして入るなら、中小規模の版元だ。

そこは常に人手不足なので

人員の補充はこまめにしている。

そして人手不足という状態からわかるとおり、待遇はよくないので

経験のある人はその採用に応募してこない。

経験でも、お金のかからない若者が好まれる。

入りやすいのだ。

それに中小の良いところは

人手不足ゆえ、社員と変わらない業務を任せてもらえるところだ。

雑用もあるけど、確実に経験となる仕事を任せてもらえる。

間違っても、編プロなんかには入らないように。

あそこは出版社下請け

下請けから、数をこなさなければいけない。

それゆえ、ひとつひとつ仕事がとんでもなく雑だ。

あの仕事のやり方を覚えたって、なんのとくにもならない。


「条件」は諦めよう

初任給やら福利厚生やら、労働条件ってすごく気になると思う。

でも、それを気にしていいのは高学歴だけだ。

もともと、高学歴がなる職種なのだ

それなのに低学歴編集をやりたいなら、もろもろの条件は諦めろ。

それに、編集の経歴さえついてしまえば同業転職比較的ラクだ。

1社目、2社目と転職で条件をあげていけばいい。

または、フリーランスになればいい。

私も、20代前半はひどい収入だったが

忙しくて金を使うひまもないし、編集になれたよろこびで

収入は気にならなかった。

それに、転職するごとに収入もあがっていった。


これだけ出版斜陽だと言われているのに、

編集希望ものすごく多い。

低学歴学生のみんな。

新卒正社員編集は、高学歴のうえ、ほんの一握りの選ばれた人がなる職種だ。

そのことを忘れないように。

低学歴が、高学歴すら難しい職種に就くには、

それなりに諦めなきゃいけないこともあるのだ。

低学歴には、低学歴ルートがある。

それは高学歴に比べると、ずいぶんな遠回りに感じると思う。

損をしているように感じると思う。

でも、しょうがない。

受験をがんばらなかった、自分が悪い。

それに、遠回りでも、編集にはなれるんだから

それでいいじゃない。

今の会社でも、私はぶっちぎりの低学歴だ(どこでだってそうだった)

それでも早慶卒と同じ会社に勤め、同じ仕事をしている。

新卒正社員にこだわる学生を見ていると

そんなことを思うのだ。

定年まで働くとすると、仕事をしている期間はとんでもなく長い。

20代は遠回りすることになるが、

それ以降は同じところに立てるのだ。

まぁ、忙しいし、そんないい職種じゃないと思うよ、編集って。

でも、なれなかったら一生後悔したと思う。

「本当は編集になりたかったな」って。

新卒編集になれなくて、

妥協して別の職種就職していく学生が多いか

書いてみようと思った。

就職活動、がんばってください。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん