「冗談」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 冗談とは

2016-12-11

40歳独身処女親友自殺した。

私には高校の頃からの友人が居た。

居たというのは先日、自殺して亡くなってしまたから。



高校時代から冴えなかった私は校内で「あそこは帰宅部」と揶揄されていた文芸部に入った。

もちろん帰宅するために。

最初くらいは行っておこうと部室に向かう途中で会ったのが親友彼女だった。

増田さんも文芸部?」と声をかけてくれた。

最初の返しは「はい。」という一言だったと思う。

結局その年の入部者は私達2人だけだった。

帰り道、なんで文芸部に入ったかの話になって、お互いに帰宅するためだった事で盛り上がった。



その後、彼女とは漫画の貸し借りや好きな歌手が同じという事で仲良くなり、帰宅目的だったのに部活に行くのが楽しみになっていた。

帰宅部と言われるだけあって先輩たちはは初日以外は来ることはなかったので部室を2人で使い放題だった。



高校卒業し、お互いに就職して働き出した。

彼女アパレル関係会社就職し、私はIT関係会社就職した。

働き出して一人暮らしするようになってからも土曜の夜か日曜の夜はお互いの家に行き来していた。

一緒に料理したり、漫画貸したり、ゲームしたり、アニメ見たり、ドラマ見たり、お笑いライブ見に行ったり、好きな歌手ライブ行ったり、

レンタカー借りてドライブしに行ったり、仕事愚痴言い合ったり、彼氏できないね~って話したり。

当時、彼女は「アパレルは女しか居ない。出会いない。私、絶対結婚できないと思う。」と言っていた。

私はアパレルキラキラした世界と思っていたから「なんだかんだ言ってモテてるけど理想高いだけじゃない?」と返していた。



そして28歳の時、私に初彼氏ができてそのまま3ヶ月で結婚した。

元々目立つのが苦手な私は彼にもその事を伝え、結婚式はしなかった。

その事を彼女が知ると、「誓いだけでもした方がいいよ。じゃあ私が牧師役やってあげるから。」と言ってくれた。

最初は断ったのだが、どうしてもやったほうがいいと強く薦められ、私が折れる形で私の家で指輪交換と誓いのキスをした。

今思うと夫婦の思い出にもなったし本当にやってよかったと思っている。



私が結婚してからも最低1ヶ月に1回は会っていた。

結婚後、最初に私の家に呼んだ時は彼女が遠慮してしまうのではないかと「旦那居るけど遠慮しないでね」と言った。

彼女はいもの笑顔で「大丈夫だよ!」と言ってくれた。

私の旦那も私と共通趣味という事で私の家に彼女を呼んだ時は一緒にゲームしたりしていた。



私に娘が生まれからも最低1ヶ月に1回のペースは崩れることはなかった。

娘ができてから彼女が抱っこしてくれたりもしていた。

彼女は「私、意外と子供やすのうまくない?」と言っていた。

彼女笑顔から子供を好きなのが伝わってきた。



私が家庭を持ってから彼女彼氏ができた気配はしなかった。

「男できない~」なんて話は相変わらずしていたものの、私は彼女仕事を頑張っているのだろうと思っていた。

私は私で、なりゆき専業主婦になってしまったので彼女バリバリ仕事をしているのがうらやましかった。

お互いにないものねだりな感じで「仕事できていいな~」「いやいや、家庭ある方が勝ち組だよ~」なんて言い合った。



娘が大きくなってくると娘は彼女の事を「○○お姉さん」と呼んで来るのを楽しみにしていた。

彼女が私の家に来た時はもちろん、私が彼女の家に遊びに行った時も「これ、○○ちゃんに似合うと思って社販で買っておいたから持って行って!」と服をくれた。

さすがはアパレルで働くだけあって服のセンスは良く、娘は私が買った服より彼女が選んだ服を好んで着ていた。



お互いに35になる頃、彼女自分彼氏いない歴=年齢で処女であることを言ってきた。

「早くしないと子供産めなくなっちゃう」と泥酔して号泣しながら言った。

私は彼女背中をさすりながら「会社男性は居ないの?」とか「結婚相談所に行ってみたら?」とか慰めていた。

その時彼女が鼻をすすりながら言った一言が私は忘れられない。



子供作るためにあんたの旦那貸してよぉ」



その時は冗談だと思って「もう~あんたにはあんなのじゃなくてもっといい男居るよ~」と流してしまった。

彼女もそれ以降その事を言うことは無かった。



その後彼女婚活を頑張っていた。

彼女が行った珍しい街コンの話を聞いていろんな種類の街コンがあるもんだなぁと思っていた。

自衛隊街コンとか女のほうが歳上街コンとか一緒に料理を作る街コンとか

もちろん普通のも含めていろいろ行っていたようだった。



先月彼女40歳誕生日の週に会った時「私、まだ彼氏いない歴=年齢だよ~こんなまっさら状態40歳になると思わなかった~」と笑いながら言っていた。

私は、彼女が勤めている会社部長クラス役職についていたので「仕事がんばる女もいいと思うよ!」なんて言っていた。

いつもどおり飲んで食べて話して「次はクリスマスに○○ちゃん(私の娘)にプレゼント持っていくね」なんて次の約束もしてその日は帰った。



12月に入ってちょっとしてから彼女に送ったLINE既読にならなくなった。

いつもなら既読になって返信か、スタンプが返ってきていたのに。

その日の夜、彼女マンションの前まで行ってみたが彼女の部屋には明かりがついていなかった。

仕事が忙しくてLINEが見られないとかそんな所だろうと思っていた。



翌日、彼女の妹さんから連絡があった。

彼女自殺したと。



私は信じられなかった。

何をする気にもならず、私と彼女が好きだった歌手CDをかけて聞いていた。

家事をしなければと頭では思っていても体が動かなかった。

でも実感は無かった。

旦那が帰ってきてから一緒に仮通夜に行った。



仮通夜に行き、顔を見せてもらって実感が湧いてきて涙が出た。

「○○(彼女名前)!○○!なに寝てんの!起きなって!」と言うのが精一杯だった。

そして、亡くなった部屋のテーブルにあったという遺書のようなメモ書きを見せてもらった。



結婚たかった。

子供が欲しかった。

でも、いっぱい頑張ったけどできなかった。

お父さん、お母さん、孫を見せられなくてごめんなさい。

○○(私の名前)いつも一緒に居てくれてありがとう

いつも○○ちゃん(娘の名前)と遊ばせてくれてありがとう

○○(妹さんの名前)お父さんとお母さんをよろしく。



「頑張った」という部分が涙が落ちて滲んでいた。



私は立っていることができず、その場にうずくまって親族の方々が居る前で大声で泣いてしまった。

私は旦那に抱えられるようにして仮通夜を行っていた彼女実家から帰宅した。



私は、彼女旦那を貸してくれと言った時の事を思い出していた。

どんな気持ちで言ったのか。

泥酔して号泣しながらでなければ頼めなかった頼みごと。

それを私は冗談だと思って流してしまった。

私が旦那を貸していたら彼女自殺なんてしなかったのか。

彼女子供さえ居たら自殺するような事は無かったんじゃないか

そのために旦那を貸せばよかった。

私はあの時のことを後悔した。



見ず知らずの女性じゃない。

相手親友

子供ができてから一生懸命育てるだろうって事は予想できた。

貸したからって私の旦那を取るなんて事もしないだろう。

取ろうと思えばいつだってできたし、わざわざ私に許可を求めたって事はやっぱり子供が欲しかっただけだったんだろう。

から浮気とかじゃなく、子供を作るためだけに旦那を貸せばよかった。



乱文、長文失礼しました。

どこかに書かないと私の心がもたないと思って書かせてもらいました。

2016-12-10

彼女と初めて出会った日

 京都四条河原町、「世界地図前」。京都マルイの壁面には世界地図レリーフがあり、

その前で待ち合わせするのが定番となっている。

言わば、渋谷ハチ公前のようなものである彼女と僕はここで初めて出会った。

あらかじめ長文メールで1ヶ月程やり取りをしていたのだが、話の波長が合いそうだったので

「一度お食事にでも」とこの日僕から誘ったのだ。


 待ち合わせ時刻は18:00。2〜3分過ぎたところで彼女から電話が掛かってきた。

「ごめんなさい、もうすぐ着きます。どんな服装ですか?」

服装か。ファッションに疎く、いつもは言葉が上手く出てこないのだが、

その日の僕は「ブラウンスエードジャケットに黒のチノパン」と即答した。

目の前の横断歩道信号が青になると、

一人の女性が僕の方に向かって歩いてくるのを確認できた。

「あのコか、仲良くなれたらいいな」。緊張が高まり背筋が伸びた。


彼女を目の前にした僕は唖然としていた。我ながら失礼な話だとは思うが、

メールのやり取りから想像していたコとは彼女容姿がまるで異なっていたかである

小説洋画が大好きで子どもの頃にはピアノ書道を嗜んでいたということで、

眼鏡が似合いそうな清楚系黒髪女子かなと勝手に思っていた。

実際は明るめの茶髪にセミロングのふわふわカール服装等も僕が見る限り今風な感じで、

化粧は薄いがイケイギャルに見えた。余談ではあるが視力2.0とのこと。マジか。


一瞬で「あー、今日ダメかもしれないな」と頭をよぎった。

往々にしてこのタイプ容姿女性は口にはせずとも自信満々なタイプが多く、

僕は長年苦手としていた。しかし、人を見た目だけで判断するのは良くない。

このような余計な思考は振り払わなければ。

「近くのビアレストランに行きませんか?

 静かで落ち着いた場所ですし、ゆっくり話せると思います

そこはその半年前に大学時代の友人たちと飲み会で使った場所だった。

それなりにお洒落内装料理も美味しかったし、大丈夫だよな?

あー、でもこんな可愛いコとの食事だと分かっていれば、

もっとオシャレなお店を準備しておいたのに。。。等々とみっともないことを考えていた。

店へ向かう途中、会話をリードするために積極的に話し掛けた。

舞台舞踊関係職業に就いていて、その仕事終わりに会ってくれたようだ。

驚いたのが約5年間ロシア語圏に住んでいて日本に帰ってきてまだ間もないとのこと。

そう、確かに事前のメール彼女海外大学出身だと言っていた。まさか東欧の国だったとは。

僕はてっきりアメリカイギリスあたりだと想像していたから、完全に盲点を突かれ、

東欧って何が有名だっけ。。。?」と慌てて考えた。


メールのやり取りでの印象通り、話の波長は上手く合いそうだった。笑顔も素敵だ。

ただ、テンションがやや低いように感じる。

やっぱりこういうコは肉食系イケメン男子と話したいのかなといつもの癖でネガティブに考えてしまったが、

しかったメールでのやり取りを思い出しながら食事中も自分の精一杯のテンションで話し掛け続けることにした。

(後々にわかったことだが、彼女のこの時のテンション性格的なものでこの日も平常運転であった)


彼女は幼い頃からダンスを続けてきたようで、その話を中心に話を振っていこうかなと

思っていたのだが、その方針はすぐさま変えられた。どうやら舞台舞踊関係の今の職場に不満があるようだ。

じゃあ、少しは自分の話でもしようかなと話題を変えた。僕の趣味バイクツーリングである

どうせバイクの型名やツーリングスポットを言っても通じないだろうなとはわかっていながらも、

でもやっぱり相手に細かい部分までわかって欲しいという気持ちが上回り、

愛車のことや今までのツーリング談を長々と熱く語った。まぁ、多くのバイク乗りには共感してもらえると思う。

映画〇〇で主人公が乗っていたバイクですよね!

 私、昔その映画を見てバイクに憧れていたことがあったんですよ」

意外にも僕が乗っているバイクの型名を彼女は知っていたようだった。

一方で僕はその映画存在など露知らず、「えっ、そうなんですか!?」ってなった。

ヘルメットを被らずに運転するなんて、完全にアウトですよね」

ホントですよね笑」

等とくだらないことを話しながら会話はそこから盛り上がっていった。


それにしても、笑い方が本当に可愛い。目元のちょっとしたアイシャドウがよく似合う。

社会人としての常識は十分に備えつつも、猫っぽいマイペースさも伺えた。

話してて癒される。あと、何となく哀愁溢れた雰囲気なのが良いなぁ。

今まで色々苦労してきたのだろうか。

話し方や表情から謙虚さが伺われて、その点も好印象だった。

一方で、恋人同士となった今では自己評価が低過ぎないかなと感じてはいるんだけれど。


ふと時計を見ると20:30を過ぎていた。1〜2時間という話だったし、そろそろお開きかな。

しかし、あっという間の2時間半だったなぁ。彼女携帯電話を取り出して時刻を確認し驚いていた。

この時まで知らなかったのだが、彼女は未だにガラケーしか持っていなかったらしい。

「私、LINEやってないんです」ってアプリ入ってないとかそういうレベルの話だと思っていたよ。。。


美人ということだけであれば、特別惹かれることはなかったのかもしれない。

彼女性格と表情やしぐさ、様々なギャップ等にも魅了され、

彼女とまた会いたくなった僕はレジ会計を済ませた後

お札を差し出す彼女に対してこう言った。

お金なんていいですよ。今日は凄く楽しかったです。

 もしよければ、また近い内に会ってくれませんか?」


あれからもうすぐ一年が経つが、

「また二人が初めて出会った場所デートしたいよね、敬語縛りで」

「えー、途中で絶対笑っちゃうよ」

「じゃあ、ロシア語で笑」

等と今ではLINE冗談可笑しく話している。

いい加減xevraを先生とか呼ぶのやめようよ

冗談でも気持ち悪い。

大体、人生成功してる奴が毎日20近くのブコメしてる時点でおかしいと思わないのかよ

[] 痛みを知らない増田が嫌い。心をなくした増田が嫌い。優しい増田が好き。

バイバイ

.

.

.

.

.

.

.

.

.

いじめ楽しんでた。今は反省している」みたいな文章エンタテインメントとして消費できない。

2ちゃん爆破予告とか書き込んで「冗談だった」とか言い訳するみたいな性質の悪さ。

フィクションならそれと明示を。

それでも楽しくない。

百歩譲って自分ブログでやるならまだしも。

多人数の書き手が参加する企画にこれをぶっ込む感性

全く共感できない。

2016-12-09

ここ10年くらい、人付き合いも恋愛発達障害の方々に振り回されてきた。

ちょっとコミュニケーションしただけで割と高確率発達障害の人が判別できるようになった。

注意欠陥の彼と別れた後、友人がSEの知り合いを紹介してあげようかなんて冗談で言ってくれたけど、SEもそういう人が多いから正直それだけで地雷踏みそうだから遠慮したいなと思う。

偏見だけど、もう泣き疲れたんだよ。

そんなこと言ってる間にわたしグレーゾーンな感じがしてきた。注意欠陥気味なんだよね。だから嫌でも発達障害と惹かれあうのかもしれない。

2016-12-06

[]12月6日

○朝食:ヨーグルト

○昼食:焼き鯖ご飯

○夕食:スガキヤスガキヤで卵をトッピングしない選択肢はないよね)



調子

はややー。

仕事適当にこなした。

昨日も書いたけど、明日東京出張です。

人生東京なので、若干緊張してます

パスポートはいらないよね? 新幹線は土足でいいんだっけ? 道聞くと殺されるかもしれない? 拳銃を持ち歩いてる人がいる?

などの、お決まりボケた会話を一通りこなした甲斐あってか、月曜から先に言ってた人が新幹線の駅まで迎えにきてくれることになった。

よかった、よかった。

あとは、新幹線切符を買う時に領収書(なにやらこの領収書というものがあるとお金が戻ってくるらしい、やったぜ)をもらうのを忘れないようにしないとなあ。

はあ……

冗談抜きに緊張してきた、東京って怖いわ。



ポケモンサン

デイリー要素のみ。

ポケモンARサーチャー

プレイ

バッジとれ〜るセンター

ノー課金

ポケとる

ガチゴラス

ゴウカザル

エンブオー

捕獲

メガユキノオーランキングイベントは、メガストーンがもらえる程度に頑張りたい。

ポケモンコマスター

一応、キートレボは毎日開けてる。

が、当然のごとく狙いのイベルタルは出ないので、やる気が出ない。

最近は、

ヤミカラス

マニューラ

マニューラ

マニューラ

カゲボウズ

ブラッキー

デッキで潜ってます

http://anond.hatelabo.jp/20161206172052

なぜ理解しようとしないのか。

無理解軋轢悲劇を生む。向こうが排斥しようとしてもうまく入り込んで取り入ってみろ。



まあ、冗談は置いといて、まじめにムラ側から回答すると家庭に『新しいお父さんだ』ってしらんおっさんきたらストレスやろ。

それに近い。

2016-12-05

女だけどセクハラが難しい

酔っ払いの多少の下ネタを笑って流せる程度の、ある意味でおおらかな、ある意味で毒された感覚は持っている。

くじらを立てるほどでもないから、不愉快不愉快だけれど笑って流せる。

酔っ払った上司が言う「ディープキスする?」という類の冗談は、正直どこの職場でもあり得そうな気がしているし、そんなの親戚のおじさんにだって言われてきた。

接待帰りの帰り道、「寒いから手を繋ぎたくなってきちゃったな」と言って、上司が私の手を掴む。

私はその手を払いのけて「あ、それは別料金なんで!」と冗談にしてしまう。

いつもそうやって誤魔化している。不愉快だけど、相手も酔っ払っているし、本気なわけはないんだし、強く言うと面倒臭そうだし……。

そうしてへらへらかわし続けている。

一瞬のことだ。その瞬間、とてつもなく不愉快なだけで、仕事をしているだけなら普通にいい人たちだ。

騒ぎ立てるほどのことでもない。

そう思いながら、今までやってきていた。

1週間前、新入社員女の子と、セクハラおじさんたちと一緒に飲む機会があった。

セクハラおじさんたちは例の如く、お酒冗談を巧みに持ち込んで、セクハラじみた言動を重ねる。

私の正面に座っていた新入社員女の子は、私と同じように笑いながら、ときに諌めながら、セクハラおじさんたちをかわし続けていた。

いつも自分がやっていることを、はじめて客観的に見た。

彼女は嫌そうな素振りも見せず上手く笑いに変えていて、なんだか場が盛り上がっているようにすら見えた。

彼女不愉快じゃないのだろうか?

みんなこれくらいのことは当たり前にかわせるのだろうか?

それとも私みたいに不愉快さを抱えながらも、かわしているのだろうか?

元気に笑う新入社員を見ながら、申し訳ない気持ちになった。

もし彼女不愉快さを抱えながらも、貼り付けた笑顔でこの場をしのいでいるのだとしたら。

もしそうなのだとしたら、その責任は私にもある気がした。

へらへら笑いながらかわし続けていたせいで、「ここまでは大丈夫」というラインを作ってしまったんじゃないか唐突に怖くなった。

いちいち騒ぐのは面倒くさいし、かわせるならかわし続けて適当にしておきたい。

でも面倒くさがってへらへら笑っていたせいで、私のサボりのせいで、誰かを困らせる日もそう遠くないように思われる。

騒ぎ立てるほどのことでもないけれど、うまくやりすぎても駄目な気がする。

仕事に影響が出るのは嫌だけれど、これが当たり前の対応と思ってもらっちゃ困る。

加減が分からない。

本当にセクハラが難しい。

2016-12-04

こっちがムッとしてんのにつまらない冗談を続ける旦那に腹が立つ。

余裕ないとき冗談とわかっててもイラつくし冗談とわかるだけに強く返しづらく、モヤモヤする。

一度切れたことあるけど、その後も似たようなことしてくる。

うまく言い返すことができずずっと不機嫌になってたら、なんで怒ってんのと旦那も不機嫌になって言ってきて、大変面倒。

娘にもしつこく冗談を言ってることがある。娘も途中からいらだってきているのがわかり、私が話題をそらす。聞いている私もイライラするから。パパしつこいねーと嫌味っぽく言ってしまう。多分伝わってない。

これどう言えばわかってくれるんだろう。

彼女欲情できない

半年ほど前に新しい彼女と付き合い始めた。

付き合い始めてすぐいざセックスとなったのだが、いつもならすぐに勃つ自分のものが一向に勃たない。なんとか頑張って少し勃たせてみても、挿れるとすぐに萎む。なんどか試してみたが同じ有様で、結局最後自分でいじって射精した。自分でいじっている間も最初はまったく勃つ気配がなく、頭の中でAVや前の彼女とのセックスのことを思い出してなんとか勃たせた。ひどい罪悪感だった。

その後も何度かセックスを試みたが、結局いつも同じ感じだった。今ではお互い気まずくなり、セックス話題は極力出さないようになってしまっている。

元々、彼女にはあまり性的魅力を感じていなかった。顔立ちはあまり好みではなく、また凹凸の少ない体と背の高さが相まって体つきも男のように感じていた。それでもその性格に惹かれ、なにより彼女が他の男と付き合うことを想像すると強い嫉妬に駆られることに気がついて、私から告白して彼女と付き合い始めた。今性的魅力を感じなくてもセックスを始めてしまえばあとはなんとかなるだろう、その時点ではそう思っていたのだが、結局その楽観的な予想は外れた。

私と違って彼女にとっては私が初めての恋人である。付き合う前、性的なことへの興味も冗談めいて話していたことがある。そんな彼女にとって、まともにセックスのできない私が恋人のままでいていいのだろうか。

私は彼女結婚したいと考えている。少なくとも性格的な相性で言えば、後にも先にも彼女以上の人に会える気がしない。しかし、であればなおさら結婚してしまえばまともなセックスの機会を彼女から一生奪うことになる。

そもそも、性的魅力も感じないのに告白した私が無責任だったのだろうか。彼女のことを思うなら別れたほうがよいのだろうか。そう思いつつも、彼女を失うことが怖い。別れたくない。


いや、そう言いつつ、とりあえずまず私がすべきことはわかっている。彼女と話し合うことだ。でも怖い。勇気をください。

2016-11-30

もう好きだなんて冗談でも言わんわ

2016-11-29

自担結婚した

自担結婚する。

なんの予兆もなく突然突き付けられた現実だった。



私が彼をいわゆる「自担」としジャニオタの道を歩み始めたのはつい2年ほど前のことだ。

そんな「新規」の私が彼について語るなどおこがましいという意見があるのは重々承知している。

それでも私自身の気持ちの整理のためにもどうかここで私の思いを吐き出させてほしい。



私は幼い頃から今に至るまで、二次元を主としたオタクでありアイドルというもの嫌悪感すら抱いたこともある。

そんな私が初めて好きになったアイドル

みるみるうちに私がのめり込んだことは想像に難くないだろう。

過去CDDVDをはじめテレビラジオ雑誌などありとあらゆるメディア情報を集め、自担だけでなく他のメンバー舞台ミュージカルにも赴いた。

一時期は冗談抜きにバイト代ほとんど全て彼らのために使ったほどだった。



私が初めにその情報を目にしたのはTwitter上でのことだった。

いつも通りの起床時間にいつも通り朝食を食べいつも通り家を出て電車に乗った。

そしてTwitterを開いた時にはもう皆が驚きと祝いの言葉を並べていた。



月並み表現だが、頭が真っ白になった。



想像したことがなかった訳では無い。

相手がいるという噂を聞いたこともあったし、年齢的にもそろそろ落ち着いてもいいのではないかと友人と語ったことすらあった。

その時が来たら私は心から彼の幸せを祝えると思っていたのだ。

現実での私はただ唖然とし情報源必死に探すことしか出来なかった。

確証のない情報に踊らされたくなかったという気持ちももちろんあったが、何より信じられなかった。

信じたくなかったのだ。

調べてみるとすぐに情報源ファンクラブ会員に郵送されて来た会報であることがわかった。

写真を載せることができない会報情報源なら、この目で見るまで確証は得られない。

続々と周りのフォロワー会報を受け取り情報真実である歓喜あるいは落胆を滲ませ呟く中、それでもまだ認めたくない自分がいた。



帰宅後、まるで死刑宣告を待つような気分で自宅のポストを覗いた。



そして死刑は告げられた。



大げさだと思われるかもしれない。

しかしあの時私に訪れたショックはあまりに大きく、私自身そのことに驚いた。

彼のことを恋愛感情として好きで、結婚することを夢見ていたのかという問にははっきりと否定を示しておく。

彼とその相手はお似合いだと思うし、そこに私が取って代われるとは到底思えない。



しかし私は確かに思ったのだ、「裏切られた」と。

まり一方的で身勝手感情だと我ながら思った。

きっと私は心のどこかでファンのことを考えたらアイドルは決して誰か一人のものになるべきではないし彼はそういうアイドルだと思っていたのだ。

もちろんこれは決して既婚者であるアイドルファン蔑ろにしているという意味ではなく、ただ私はきっと彼が他のアイドルとは違うと信じたかったのだろう。



もちろん彼が自分幸せを見つけ新たな道を歩み出すことはとても喜ばしいことだしファンとして素直に応援したいと思える。



しかし私は彼の幸せ結婚であっては欲しくなかったのだ。



ただ、彼からの一番の報告が他でもないファンにだけ届けられる会報でされたこと、それも籍を入れるその日に日付指定ファンに伝えてくれたこと、どこの週刊誌にもすっぱ抜かれる前に真っ先に自分言葉ファンに伝えてくれたことが嬉しかった。

そしてデビュー以来恋愛報道はたったの1度だけ、その相手との結婚であることに気付いてやっぱりあぁこの人が好きだなと素直に思った。

今回のことは私に様々なことを考えさせることとなり、まだ整理し切れていない部分もあるが結局私はまたこれからもずっと彼だけを「自担」として応援し続けるのだろう。

http://anond.hatelabo.jp/20161128232727

元増田意図が、自分だって下手なのに努力もしないでうまくなるわけがないだろ、という意味なら敵は少しだけ減る。

そのかわり自分文章が一向に上達しない苛立ちを練習せず愚痴る奴らにぶつける、という意図が生まれるので敵は少し増える。

まりプラマイゼロだ――という冗談はさておき、自分のペースで人と比べずにうまくなったらいいんじゃないかと。

多分的外れかも知れない身勝手アドバイスを投げてみる。

こないだ文体模写やれと言っていたやつがいたけれど、あいつの言ってることはとても正しいと思うよ。

慣用句や類語、テンポ句読点位置なんてとても参考になる。

それでもうまくなった拍子に「鼻白む」とか「多寡」とか「敷衍」とか乱用し始めると臭いけどね。

2016-11-28

[]蟹甲殻類大腿部歩脚身取出器具

かにを食べる時に使う、スプーンフォークが一緒になっているあの専用道具の正式名称

ではない、らしい。

バスガイド冗談が広まった説がある?

「カニスプーンの正式名称は蟹甲殻類大腿部歩脚身取出器具」ネタの初出は2008年の阪急トラピックス蟹ツアー、バスガイドの発言 PE2HO




ドラゴンボールで出てきたらしいので調べてみた。

2016-11-27

他人に興味を持てなくなった。

他人に興味を持てなくなった。

人が何をしようが、誰を好きだろうがはっきり言ってどうでもいい。

恋が面倒くさくなった。ときめかなくなった。タイプ人間が分からなくなった。

恋人がいなくても寂しくなくなった、自由になった。

LINEが面倒くさくなった、SNSに触れなくなった。誰が何を更新しようがどうでもいい。

アイコン写真自己満足を褒めるのも飽き飽きした。

なぜ、いつから、そうなってしまったのか分からない。

気持ちを偽って生きてきたからなのか。

他人のことがどうでもよくなってしまった。



一度だけ、猛烈な片思いをした。

同じ中学校クラスメイトだった。誰にも好かれる明るい人で、親友になることができた。

隣にいれるだけで幸せだったけれど、愚かなことをしてしまった。

告白をしてしまったのだ。彼ははっきりとした拒絶をしたわけではなかった。

ただ目を見開いて、その後おかしそうに笑った。

冗談やめろ」

本気だと言いたかったがヘタレ自分にはそれ以上言葉を告げることはできなかった。

それから距離は少しずつ、確実に、離れていった。

今、LINEにその人の名前はない。

自分好きな人自分を好きになってくれるとは限らない、同性なら尚更。



少しずつ、他人距離を置くようになった。

全てを他人に見せることはなくなった。

カミングアウトをすることも、本来自分を見せることもなくなった。

そうしたら急に他人がどうでもよくなってしまった。

笑って、笑って、少し泣いたけど、怒ることはなくなった。

元来短気な性格だったけれど、他人に怒りを見せることはなくなった。

今は周囲には穏やかと言われている。



他人に無関心になってしまったが、性欲はあると思う。

キスしたいとか抱きたいとか今でも普通に思う。

愛する人を抱きしめてみたいと思う。でも、過程を踏むのが面倒だ。

メールLINEマメな方じゃない。

関係継続させるのが面倒だ。

自分結婚しないし、これから恋人ができるとも思えない。

本当に思い切り、歪んでしまった。



ある女子は僕と話すことが楽しそうだった。

「〇〇ってほんと面白いよね」と笑顔で言った。タイプだなーとも続けた。

ごめん、僕は君のことなんて本当にどうでもいいんだ。

サークルメンバーから2人でも会ってるだけで。

いや嘘だ、本当は友達として好きだった。

その帰り道で告白された。嬉しいかと思ったけど、ちっとも心が動かなかった。

彼女と付き合ったら、何かが変わるのかもしれないとふと感じた。

白い肌に可愛らしい顔、僕は君になりたかったと一瞬だけ思った。

前にいるのが男だったら、性的対象だったら、僕は喜んでいたのだろうか。

キスはしただろうし、セックスもしたかもしれない。



以前は、タイプ男性を見たら胸がときめいてしょうがなかった。

けれど、もうそんなときめきさえなくなった。

この先、社会人になって、年を重ねる度に感情がすり減っていくのかと思うと、唾棄したくなる。

もちろんそんなことはしないけど。

他人に無関心なのは継続させることの面倒くささを知ってしまたからだ。

そのため、ワンナイトラブ出会い系利用も考えた。

性欲を全く知らない相手で解消したらどうなるのか興味があった。

でも恐怖心があるのも確かだ。

なんかそれに手を出したらヤバいみたいな固定観念自分にはある。

ほんっと面倒くさい人間である



自分でも消化しきれない、もやもやを吐き出した。

リアルでこんなことを話す気には絶対にならないし、仮に話したとしても相手ドン引きだろう。

なんてことはない、ただの大学生の戯言だ。

2016-11-26

検索避けのれん

検索避け
アクセス制限とか「けlんlさlくlよlけ」とか
のれん
レンタルビデオ屋なんかでアダルト向けとかを隔離するアレ

非公式二次創作について検索避け部外者から強要されて従ういわれはない。ナマモノについては、わたし(筆者)のメインジャンルではないうえ、少々ややこしくなるので、保留とする。

配慮

配慮」という言葉が、「検索避け」の強要理由として使われているように思う。アダルトエログロや、原作にない性愛関係などを描いた二次創作物を見たくない「だれか」への配慮だ。

なるほど確かに、見たくない人もいるだろうな。ウンウン。そうかそうか、不快な思いをさせてしまうのか。

いや、待て待て。つまりそれはアレか? 「だれかが不快な思いをするから検索避けをしてくれ」と言うのか? 「だれかに不快な思いをさせたくないか検索避けをしてくれ」?

冗談じゃない。キリがない。万人に受け入れられるものはない(そんなものがあるなら教えてほしい)。これがまかり通るとき検索しうるあらゆるもの検索避けをさせられているわけだ。

刀剣乱舞」知ってる? 略してとうらぶ伝説刀剣やらが付喪神になって(擬人化して)男性の姿をとって、刀剣男士となったんだ。わたし実在したものを題材にしている作品二次創作から云々」と検索避けを押しつけるのを山ほど目にしてきたけれど、それなら、そもそも「刀剣乱舞自体検索避けをさせるべきじゃない? 「加l州l清l光」って。もちろん、DMMブラウザゲームのページにはアクセス制限もさせてさ。だって刀剣勝手擬人化して、あんなことやこんなことを言わせて、あまつさえ戦わせている! 不快な思いをするひと、いると思うんだけどな。

家庭教師ヒットマンREBORN!」は? ごく普通中学生だった沢田綱吉ことツナの前に殺し屋リボーンが現われて「おまえはマフィアの十代目だ」なんていう。かれに家光という父親がいることからわかるように、名前元ネタ徳川家なんだ。どう? 徳川綱吉のことを調べようとしたのに、沢田綱吉ばかりが出てくる! なんていうことを不快に思うひとは、絶対にいないの? 名前を変えさせるべきじゃない? あの主人公

いやいやいや。キリがないよね。田中鈴木佐藤。(申しわけないが)このありきたりな姓の持ち主はありふれていて、創作物に登場することも、ままある。一郎、太郎、幸子。いるぞ。

言っとくけど、違わないからな。これは「アダルトエログロや、原作にない性愛関係などを描いた二次創作物を見たくない」のと違わないんだぞ。根底には「不快感」があるんだ。この配慮の点で検索避けを求めるということは、「嫌な思いをするだれかのために検索避けしろ」ということと、違わないからな。

この「配慮」の面から検索避け強要するひとたちは、世界のあらゆる人の不快感を解消するため、あらゆるところへ検索避けを呼びかけてくれ。ぜひに。

トランプを探しているの。カードゲームよ。でも、あら、なんということかしら。わたしの大嫌いなドナルド・トランプばっかり出てくるわ! 嫌だわ。不快だわ。

ほらほら。(わたし別にドナルド・トランプは嫌いじゃない)

著作権

二次創作は実質違法行為なので、公式に見咎められないよう隠れて活動しなければならない」というアレ。

著作権二次創作とのことで、TPPとともに話題になった。TPPに参加すると、著作権親告罪がどうのこうのというあれそれ。まあ今のところ、公式が突きつけるまで、それは罪ではないということになっている(はずである)。

公式が、それ(二次創作)が犯罪かどうかを決める。

はい終了。

違法かどうかは公式判断することである

公式に見咎められないように……そうだね。公式利益を損なうのはよくない。

でも、判断するのは公式だ。「見咎められないよう隠れて」など、まるでやましいところがあるようではないか

公式の指示に速やかに従う。これだけでよいだろう。

のれん

ところで、アダルトとの境目にはのれんがある。物理的なフィルタだ。わたしたちは、物理フィルタのないところに、フィルタを見ることはできない。

まだ、その技術は普及していない。ARを目にし続ける将来は訪れるかもしれない。そうしたら、見たくないものを見なくてよくなるかもしれない。たとえば、露出度の高い女性水着広告だとかなんだとか。

でも、今はない。だから店側が物理的なフィルタとしてのれんを設け、年齢と覚悟を問うわけだ。おそらく。

検索避けのれん

で、検索避け強要する舞台がどこかというと、インターネットだ。あなたコンピュータだ。フィルタがかけられる。お互いに。けれど、あえて「不快に思うかもしれないだれか」のために、作者がのれんを用意する必要はない。どうしても見たくないものなら、それは見たくないひとが、見ないために努力をするはずだからコンピュータは、見たくないものを見ないことができない舞台ではない。

法的に年齢制限をかけるべきあれそれに検索避けを求めるのは、わかる。だが、それについては、検索避けより直接的な手段をとるべきだと思う。ここではおいておく。

そして、それ以外の「見たくない」ものについても(コンピュータでは)、検索避けより直接的な手段をとるべきだ。検索の仕方を工夫する(not検索とか)とか 、NGワードを設定するとか。やり方は、ぜひ自分検索してほしい。「ウェブブラウザ ngワード」とか。で、そうする手段がまだ用意されていないと思うなら、自ら開発するか、おとなしく待つといい。それすら我慢できないなら、もうやめたほうがいいと思う。インターネットが向いていないかもしれない。

世界の、なにかを不快に思うだれかのために、調べたやり方を共有すれば、より具体的に不快感を減らせるだろう。

(そのために、わざわざ嫌なものを一度は見なくてはならないのかとか文句を言うひとは、「食わず嫌い」の意味を調べてくれ)

もちろん、公式からなんらかの対処を求められたときは、それに速やかに従いますよ。でも、それまでは、なんら疚しいところのないわたしは、堂々と二次創作をする。公式原作)への感謝も忘れずに。いつもいつも原作を、たのしませてくださって、ありがとうございます

お笑い

脳科学者がツイッターで、日本お笑い批評性がなくてつまらないって書いてた。

批評性云々はともかく、自分お笑い(てかお笑い芸人さん)は昔から苦手で、

芸人さんたちの上下関係に基づく、イジリイジられとか、目立つためのアピールとか

学校スクールカーストもっとひどいのを見ている感じで、

子どもの頃からチャンネルを合わせることは無かった。

(そのおかげでM-1とか長らく見ず嫌いだった)



で、さっきふと、テレビとかあまり見ないのでよくわからないのだけど、

鉄腕DASHとかがTOKIOによるものじゃなく、

芸人さんたちによるものだったらどうなってたんだろうな、とか想像してみたんだ。

なんとなく長寿番組にはなって無かっただろうって思った。



でも自分は、同じジャニーズでも学校へ行こうとか苦手で、見てらんなかったので、

出てくる人と企画の両方がよくないと面白くないんだろうなって思った次第。

単純に自分冗談通じない奴なのかもしれないけど。

お笑い芸人上下関係に基づくイジリイジられを楽しめる人って、どういう人なんだろう?

現実世界でイジる担当しかやったことない人?イジられるのが好きな人

上下関係のある世界と無縁の人?現実世界からテレビ世界を切り離して考えられる人?

どうなんだろうな。

2016-11-21

付き合う人の気持ちがわからない。

日本では出会う→デートする→告白→付き合う→キス・セッ○クス・etcという流れが一般的だが、なぜ大多数の人間はこの流れに沿って恋愛をするのか理解できない。



別に付き合わなくても、デートできるし、キスもできるし、旅行だってできるし、なんだってできるんだぜ?

それなのに何故付き合うんだ?



なに?彼氏彼女関係になったら他の異性と関係を持ったらいけないルールがある?



何たわけたこと言ってるんだ?

そんなルールなんてないし、恋愛自由なんだよ。

からどの異性と関係を持とうが、何人の異性と同時に関係を持とうが自由

それをとやかく言う権利は誰にもありましぇーーっん!



自分友達が、自分の知らない友達と遊んでたからって「ひどい。。。浮気したンダ。。。」なんて言うか?普通言わないだろ?

なぜ自分が好きな異性にだけそんなルールを設けるんだ?



要は相手を縛って自分だけのものにしたいってだけだよね?

もう自己中としか言いようがないな。自己中。



大体、付き合うって一体なんなんだ?

付き合ったら何が変わるんだ?

「付き合ってくだぱい!」「うん♡イ・イ・ヨ。。。」ってなったら何が変わるんだ?

別に、お互い好きなら「好きダ・ヨ。。。」と言い合ったり、態度で示したらいい、一緒にいたらいい、セッ○クスしたらいい、それだけのことである



恋愛は付き合わなくてもできるものだが。。。



それから

「私、付き合ってない人とはセッ○クスしない主義なんだ!」と公言する女性をよく見るがあれはなんなのだろう。

私は軽い女じゃないアピールだろうか?

はたまた冗談でも言っているのだろうか。

いや、そんな風には見えない。



オレが推測するに相当のアホか、頭が狂ってるんだと思う。

もう一回言う。 相当のアホか、頭が狂ってるんだと思う。



「オレと付き合おう。オレは真剣ダヨ。。。君を大切にしたいンダ。。。(ホントはお前の体しか興味ないんだけど)」と詐欺師告白され、付き合ったらオマン○コくぱぁするのだろうか?

それでもいいのだろうか?

「そんなのイイ訳ないじゃん!」という声が聞こえて来そうである

じゃあ一体何のために「私、付き合ってない人とはセッ○クスしない主義なんだ!」と言っているか訳がわからなくなる。

しかしたら頭が狂ってるから訳のわからないことを言うのかもしれない。



結婚するまでエッ○チしません!」と言う女性もたまに見かけるが、こっちは頭のネジが最初から付いていなかったか宇宙人なんだと思う。

こちらはもっと深刻だ。

恐らくこういう女性結婚もエッ○チも出来ずに人生を終える可能性が高い。



いずれにせよ付き合うということに何か特別意味があるとでも思っているのだろう。

でも、意味いから。

相手を縛った所で自分には何のメリットもないから。



「これは食べたらダメだよ?絶対ダメだカ・ラ・ネ。。。?」

と言われたら食べたくなるのが人間である

付き合うということはそういうことだ。



出会いがあれば、別れもある。

それが人間だし、それが恋愛である

相手気持ち操作できない。

から別れたなら違う相手を探せばいいだけである



これが理解できれば、恋人に振られて逆上して殺人を犯したり、ストーカーする人が少なくなって日本も少しは平和になるんじゃないかと思う。



から日本のためにも、この付き合う制度をなくした方がいいと思ってるンダ。。。

anond:20161118134411

気に留めてリンクを貼っていただきありがとうございます。読みました。

私の場合セクハラ発言が二人の時に限ること、LINEなど残る状態では発言がないことで、証拠として提出できるようなものってないんだよなぁと改めて思いました。

この「冗談職場を明るく」っていうの、いかにも言いそうな感じ……言っていいことと悪いことの区別がつかないなんて可哀相な人だなと内心思っていますが。

あと、本人も話にノってきたとか言われると私も何とも言えないんですよね。もちろんノリノリだったわけじゃないですが、雰囲気をぶち壊すような否定のしかたとかできなくて答えたりしていたので。運転中、ハンドル握ってる人に機嫌悪くなられるのはめっちゃ怖いんです。先日手を握るの「嫌です」って断った時も、その後運転ちょっと荒くなった気がしたし。

それから裁判になったところで、言葉セクハラだと軽めになるんですね。これ結構ひどいケースだと思うんですけど、それでもこんなもんなのか、というのが正直な感想です。女性の方も相応の覚悟をもってのぞんだでしょうに……。

とりとめがなくなってしますみません

2016-11-18

クラウドソーシング仕事するとギャラが下がる

ということに気づいた。

依頼してくれて、ちゃんと記事最初とか最後ペンネーム入れてくれるところはギャラが良いってことにも気づいた。

編集者も頭の良い人が多く対応も丁寧。契約書も交わすし、たまには一緒に飲みに行くこともある。

一方で隙間時間仕事ができるからクラウドソーシングサイトなるもの登録してみたところ、

1:編集者?のような人が上から目線対応してくる

2:間違った知識修正を依頼してきて指摘すると明らかに対応が悪くなる

3:ギャラが冗談みたいに安い

4:もちろんペンネームは入れてくれないどころか、リライトと言って誰かが書いた記事をちょこっと変えて書き直すようなものほとんど

どうやら、アクセス数を増やすためだけに、文字数無駄に多い記事(とは呼べないようなもの)を書かせているようですね。

そして、そんな質の悪いところで仕事する人が増えているから、ライターのギャラが全体的に下がっている。

担当者の横柄な態度とかギャラのあまりの安さに驚いたので、二度と関わることはないだろう。

今後ああい会社って増えていくんだろうか。恐ろしいな。

トランプってアレだろ? ハート女王の親父かなんかだろ?

アリスが足りない

 

え、ヒラリーアリス? 冗談はやめろ

参考までに

http://anond.hatelabo.jp/20161117114042

たまたまこ増田を思い出すような記事を見かけたので参考までに貼っておく。

【衝撃事件の核心】「夜の生活は?」「脱がすぞ」〝下ネタ全開部長セクハラ法廷バトル 「冗談職場明るく…」のトンデモ釈明一蹴(1/5ページ) - 産経WEST

http://www.sankei.com/west/news/161118/wst1611180004-n1.html

2016-11-17

死ぬべきではないたくさんの理由

【追記】

トラックバックありがとう。誰か読んでくれると思ってなかったので返信遅くなりました、すみません

死にたいと思ったことは、これまでは全くありません。

「恥ずかし〜死にてえ〜」みたいに冗談で言うことはあっても、実際に人生を終わらせたい、終わらせようと思ったことは

どんなにつらくても悲しくてもなかったです。

それだけに、この心情の変化に自分自身危機感を抱いたという感じです。

*****



いま過労で鬱になって休職中で、ふっと「面倒だしそろそろ人生終わらせてもいいのかな」と思う瞬間がある。

そういう時のストッパーにしたいので、今死ぬべきではない理由自分勝手にいろいろ書いてみる。



■基本編

・そもそも生きていること自体レアなんだから、わざわざ自分で命を絶つ必要はない。

 死ぬ時は嫌でも死ぬんだし。



他人と比べて編

自分人生なんだから他人と比べてどうこうという話ではないけど、

 病気とか不慮の事故とか経済的理由とか寿命とか、のっぴきならない理由明日生きられない人がごまんといる。

 その中で、自分で敢えて人生を終了させるのは傲慢

自分の年齢で亡くなった人の報道をきくと、「ああまだ若いのに」とすごく思う。

 ということは、やっぱりまだ死ぬには早いんだと思う。



家族

・新婚なんだから、もうちょっと新婚生活を楽しみたい。

・いま死んだら多分、夫はすごく悲しむと思う。もしかしたら同じように鬱になるかも。

 大事な夫が悲惨な目に遭うのは耐えられない。

・同様の理由で、実家の人たちにも多大なショックを与えるからやめておくべき。

 特に母はちょっとおかしくなってしまうかもしれない。両親が健在なうちはやばい

・なんだかんだ、お金負担もかなり掛けるはず。それもやだなあ。

家族自殺したってなるといろいろ世間的な引け目も感じさせそう。それもやだ。

・夫側の親御さんも悲しむだろうな。申し訳ない。

・まだ結婚記念日を祝ったことがない!祝いたい。

旦那誕生日ケーキを焼きたい。今年は買うつもりだけどいつか。

・産むのも育てるのもすごい大変みたいだけど、やっぱり子供も欲しい。

 そもそも出来るかわからないけど、最低限トライはしてみたい。

・とりあえず、大事な人ともっと一緒にいる時間を持っておきたい。バカな話をして盛り上がったりしたい。



仕事

・得意分野の中でもまだまだ成長の余地はあると思う。去年まで未熟だった部分を乗り越えるという体験もっとしたい。

・そもそも働いたことのない分野がいっぱいあるから、将来のパートとかでもなんでもやってみたい。

休職したきっかけになったことを言った人のほうが長生きするの悔しい。元気になってもっと成長して見返したい。



■食べたいもの

都内の美味しいたい焼きをまだ全然制覇できてない!したい。

・美味しいお寿司屋さんと、美味しいおでん屋さんに行きたい。

・美味しいお寿司屋さんの玉子焼きが食べたい。

築地の食べ歩きをしたことがないから、してみたい。特に玉子焼きは食べたい。

流行りがだいぶ過ぎたけど、一度ちゃんとハワイアンパンケーキを食べてみたい。

・芋きんつば食べたい。

中華街で食べ歩きしたい。蒸したての中華まんとか、角煮がはさんであるやつとか食べたい。

露天風呂日本酒をくいっとやってみたい。

クラフトビールの飲み比べとかしてみたい。

都内の美味しいベーグル屋さんに行きたい。有名店制覇したい。

名古屋モーニングを食べてみたい。

・めちゃくちゃお腹が空いた状態で、コンビニ味付け卵を食べたい。

・おしゃれして旦那ちょっと良い店のコースを食べたりしたい。あるいはホテルラウンジとかで甘いお酒を飲みたい。



■行きたいところ編

巣鴨帝釈天は行きたいと思いつつまだ行けてないからちゃんと行きたい。

安産祈願ってやつに行ってみたい。子供できてないけど。

ハワイにもう一回くらい行っておきたい。アイスのお店に行きたいし、前回ガーリックシュリンプを食べられなかったから、美味しいお店を調べて行きたい。

国内温泉にもうちょっと行きたい。

足湯も行きたい。

・昔行ったヨーロッパにもう一度行きたい。今度は夫と行きたい。

パリ行きてえ〜

箱根に行ってみたい。「はこね」って書いた饅頭買いたい。小田急ロマンスカーで行きたい。旦那と。

沖縄行きたい。前回は随分昔だから大人になった今行きたい。楽しそう。

水着買ったのにまだ1回しか着てない!もう一回くらい着ておくかな...

東急プラザ銀座とか新宿NEWOMANとか、話題になったスポット全然行けてないから一度は行っておきたい。

映画館の、ちょっと高いカップルシートに座ってみたい。

池袋かなんかにある、雲みたいなシートのプラネタリウムに行ってみたい。

ラブホテルに行ったことないから行ってみたい。

一人カラオケやってみたい。

肩甲骨ほぐしに行きたい。

・もう一回タイ古式マッサージに行きたい。

代々木上原あたりにあるモスクが一体どうなってるのか知りたい。いっつも気になってる。



■その他やり残してること編

銀のエンゼルが溜まってるのにまだ応募してない!

ウォンカーウァイの映画、まだ観てないやつみておきたい。

・30代、40代、50代の自分経験してないからしておきたい。

 おばちゃんになると肝が座って人生楽しいらしいから、それを体感したい。

・まだ人生において「これで満足!」という感覚を得たことがない気がする。そういうのちゃんとしたい。

仏教的な意味での「人間らしく生きる」っていうのがイマイチ腹落ちしてないから、その辺整理したい。

 というか、「これが人間らしく生きるってことか〜」って思ってみたい。

結婚指輪クリーニングに出したい。

・新しい靴が欲しい。

MA-1っていうの着てみたい。できるうちに流行りの格好しておきたい。

・一度くらい高めのクリスマスコフレを買ってみたい。

・高い基礎化粧品使って、やっぱ高いのは違うな〜って実感してみたい。

ジョジョはもう一回くらい読み返しておきたい。

・ウシジマくんの続き読みたい。



*****

ざっと思い浮かぶだけでもこんな感じか。

利己的でもみみっちくてもなんでもいいから、この辺ちょくちょく思い出して生きていきたい。

特殊な恐怖症持ちの人いる? 有名所だとボタン恐怖症みたいなやつ。

どうやって周りの理解を得てる? それとも諦めてる?

自分物心がついた頃からシールが異常に気持ち悪く感じている。母が言うには、生まれた頃に皮膚の病気があり、当時の治療法として薬が塗られた紙のようなものを顔中体中に貼っていてそれがトラウマになっているのでは、とのことだった。

シール特にキャラものシール剥がし跡が気持ち悪くて極力触らないように生きている。けど、周りの理解が得られなくて辛い。

例えば、

幼稚園の頃、スープの器を各自選ぶ際にほとんどの器にキャラものシールベタベタに貼ってあり、なんとかきれいなものを探そうとしていたところ先生に「どれも一緒でしょ」と怒られ、一口も口をつけられずにいるとまた怒られる。この時に初めて「自分以外の人はシールが嫌ではない」とぼんやり気づく。

小学生の頃には自分椅子名前シールを貼る(年度末には当然剥がす)という苦行があり、大量のティッシュ越しに作業するか人にやってもらっていた。何より辛かったのは、椅子の背もたれの裏に貼るもんだから授業中に常に視界に入っている状態であること。給食ときは机を向かい合わせていたのでなんとかなったが、給食といえば何故か人気のシール付きバナナキウイシールの付いていないものをなんとか手に入れるか食べられないからと受け取らなかった。

他にも細かい話では、有名なお寺の門?に大量に御札が貼ってあって通るときに朝食を戻す、友人の家に遊びに行ったら柱におびただしい量のビックリマンシールが貼ってあってすぐに帰る、新品の食器を買うときは値札シールが貼ってない店等で買う、セブンのどこからでも切れるテープは指にまとわり付いたり細かい切れ端がテーブルに付いたりして稀に見る最低の発明だと思う(プラスチック的なテープ比較嫌悪感が少ないが、それにしてもこれは酷いと思う)、など。

甘えるなと言われたことは何度もある。小・中学生の頃が多かったように思う。

親しいと思っていた知り合いに打ち明けるとフザケてわざわざシールを見せびらかしてくるやつがいる。割といる。こちらとしては全く冗談ではない話なのでその場ではやめろよーとか言いつつ以降そいつとは一定距離を置くようになる。

なんだか書いているうちに腹が立ってきてあれこれ書いたら話がとっ散らかってしまった。

変な恐怖症を持っている人はどうしているのか教えて欲しいし、特にない人は理解までしなくてもいいからこういう人もいることを知って欲しい。