「台詞」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 台詞とは

2017-01-17

ニューダンガンロンパV3ネタバレ無しで評価する

自分ブログを持っているわけでもないので雑記程度に。

ゲームとしてのダンガンロンパ最新作だったV3ですね。えー、やりました。もう結構某所とかで言われてるみたいなんですけど最初に私も同じこと言います

オチが酷い。

プロローグ、1章〜6章、エピローグといういつもの構成だったんですが正直申し上げますと5章終了ないし6章クロ当てまで進めたらそこでプレー辞めることを推奨します。それ以上進めると「それ以前のダンガンロンパシリーズ記憶」を破壊されますマジで。書き換える、のがわかりやすいかな〜ゲーム内容的にはな〜...

V3は新章で別だって言ってたじゃん!」との声、普通にあると思います。私もその情報が事前にあったのでアニメ3でぐちゃぐちゃになった世界とは別!と思い購入しました。"嘘"がテーマであることで物語がどのような発展をみせるのか気になりましたし。単純に偽証システムが見てみたかったのもありますが...

率直に言うと「世界観一新」は"嘘"ですね。ダンガンロンパチームの。だからといってシリーズ経験者にお薦めできるかというとNOですし、しか新規が入りやすいわけではなく踏みいれれば過去作のネタバレ価値不法投棄を目の前で行われることになります。端的に言ってお薦めできません。とある人物周りの伏線回収も現状ではずさんだったとしかいえないでしょう。

受け止めかたの問題だ!冷静になれば面白い!とかい意見に対しては、6章クロ当てからの一連の流れは製作からの悪意がふんだんに織り交ぜられているために絶望よりも不快感がこみあげてくるものになっていて、肝心の伝えたかったであろうテーマにまで泥を塗る結果になっていた、とだけ言っておきます。私個人としては様々な不可解な状況証拠から"黒幕台詞は多くが嘘"という結論に達したので全否定するつもりはありませんが、確実な真実への道程を作中で示さず全てをあやふやなままで終わらせた時点で世に出す作品として中の下だったということは変わらないと思います

では問題オチ以外、つまりプロローグ〜5章まではどうだったかといいますと、過去作に比類する出来だったのではないかと私は考えますトリックに一部引っかかりを覚える部分もないとは言い切れないのですが基本的破綻せず進行しているように感じました。キャラ描写は...その......勿体ないな〜と思わなくもないのですが通信簿があることを踏まえれば5章までは良作の部類だったかと。5章まではね...イヤほんと5章で終わっておまけ要素解放されてたら雑な神ゲー認定してたな......気に入ったキャラ結構いたし.........



いつまでもシナリオの話しててもしょうがないので学級裁判システム周りについての感想にいきたいと思います

まずは今までのコトダマ論破に「V論破/賛同」が追加されました。R長押しで精神集中すると色つき主張に「ウィークポイント」となる赤い点が浮かび、そこを上手く撃ち抜くとV論破達成となり、得点があがるという本作のアクション成分をアップさせる要素となっていますさらに直後の台詞等も少し変わる...らしいのですが2周めをまだしていないので詳しくはよくわかりません。

次に「コトダマの偽証」。△長押しで選択されていたコトダマを"反対の意味"のコトダマ(=ウソダマ)に変えることができる要素が追加されました。このウソダマを正解となる相手発言に撃ち込むことで「偽証」が成立し、停滞した議論開拓の道を示すことが可能となります。もちろんこれも「V偽証」することができます

ウソダマを使用するにはデメリットがあるものの正解に撃てば帳消しになるので、タイミングがわかれば気軽にでき適度に学級裁判を盛り上げてくれました。まぁだからといってそれでシナリオの大きなルート分岐もなければ事態の核心に迫れるわけでもないので勿体ない使い方してるなとは思いましたが......

議論スクラム」について。参加者内で意見が2つに割れ裁判の円滑な進行が阻害されたときに発生します。その時点での各キャラクター立ち位置意見が全てわかるうえ、相手意見パズルのように合致させまとめて論破できるので爽快感が強く、また台詞間の幅が主人公の味方側キャラへの名前呼びかけで無くなるためテンポが非常に良くなっており臨場感も味わえるというとても面白いものになっていました。過去作でも是非やってみたかったとまで思える要素だったので、ここは評価されていいと思います。ここだけでしか見れない横顔が綺麗に見れるのもポイント

パニック議論」に関してはノンストップ議論が3つ並行して行い時折大声で主張する人が現れ他を阻害してくるという、スタンダードながらも場の騒々しさが伝わってくるもの面白さがあったように思いますアクション難易度があがる場面なので、このときに上手くV論破が決まると達成感も得られました。

「発掘イマジネーション」は単なるモノリスなので割愛。あとは「ブレインドライブ」と「理論武装」ですが...どっちも微妙だったな、としか

ブレインドライブ」はレースゲームの時点でゲーム性は限られていましたが、スキルを取らないととにかく冗長なだけで単調でした。カジノ版みたいにアイテムが道端に落ちていればアリだったかもしれません。道路デザインネオン街は本編と何の繋がりもないけどお洒落で好きです。繋がりないけど。

理論武装」はリズムゲーにしては音に併せるとmissするという目押しゲーなのにもかかわらずその目押しゲージをお邪魔の隠しで潰してくるという割と意味不明ものでした。これもスキルをとればマシにはなるのですが、この要素の都合上裁判クライマックス付近で発生するものなので真相への疾走感の障害しかなっていなかったなぁと感じます

反論ショーダウン・真打」は正直なところ前作のほうがやりやすかったです。これもV斬りを狙えるのですが操作性の都合でとても難しくなっていました。


思いつく限りではこんなところでしょうか。あくまネタバレしなので詳細はありませんが感想としては以上になります。無論これは個人差があるのでこの意見が全て他の人にとって真実とは言えないはずですが、私のなかでは嘘ではないので、この日記に目をとめてくださったかたのひとつの目安になれればと思います

2017-01-15

凶悪』って映画を見たんだけど・・・

日本映画って基本的には見ないんだ。

日本映画って申し訳ないけど駄作しか思えない映画が多くて。主観からしゃーないですけど。

何が駄作かって言うと、やっぱり基本的に儲からいからか、ホント申し訳ないけど優秀な映画人が集まらないってことなんじゃないかなと思う。

全体的に雑と言うか、緻密に作られてないって言うか、もちろん予算も少ないんだろうけど、見てて楽しむより疲れることのほうが多い。

どうしても役者台詞・演技に頼り過ぎのところがあって、絵で見せようとしない。

じゃぁハリウッドならいいかって言うとそうでもないんですけど、期待値としては海外作品のほうが高くなります

昨年は『シン・ゴジラ』や『この世界の片隅に』などはありましたが。

 

で、『凶悪』。

ノンフィクション小説が元の映画で、実際に起きた事件に基づく映画なんですけど、酷い凶悪事件日本でも結構あって有名どころでは「北九州一家監禁殺人事件」(※こいつはあまりに酷すぎて流石に映像化は無理だろう。読んでないけど「闇金ウシジマくん」で書かれたようですがかなり評判が悪かったらしいですね)、『冷たい熱帯魚』の元になった「埼玉愛犬家連続殺人事件」、えーっとあんまり詳しくないので他はググって貰うとしても、とにかく昔からこうした胸糞悪くなるような凶悪事件ってけっこうあります

古くは『復讐するは我にあり』など、凶悪事件映画の題材にするって言うのは一つの定番みたいなもので、ショッキングから映画会社もそこそこ売れると思ったりするからなんでしょうかね。

でも、映画はやっぱり映画なんですよ。リリー・フランキーさんやピエール瀧さんの演技は、まぁそれはそれで特に悪くはない。ピエール瀧さんは相変わらずちょっと滑舌がよくないけど雰囲気は悪くないし、リリー・フランキーさんのへらへらした薄気味悪さみたいなのもそれはそれでいい。山田孝之さんは・・・普通かな。

それはそれとしても、見ててイライラしてきます脚本なのか演出なのか、作り方に日本映画の下手さがあちこちに見られるので。

例えば、記者山田孝之が現地取材に行って地元の人に取材するシーンがありますが、どうしてあんなに地元の人がすぐにすんなり喋るんだ?とかね。

まり意味のない撮影編集部分もいっぱいあります。全体を通してきちっと組み立てられてない感満載なんですよ。て言うかなんかやっぱり下手だな、と。

正直、だらだらと長すぎて、途中で何度か見るの止めようと思いました。動画時間を示すバーを見て「え~?まだ半分しか終わってないの?」みたいな。

 

以前にホッテントリ入りしたブログで『凶悪』が取り上げられてて結構いい評価されてましたが、ブログから広告クリック狙いもあったのかもしれませんけど、とてもじゃないがいい評価は上げられないな、と。

見ないで日本映画批判する、ってのも良くないのかなぁと思ってたまに確認意味で見てみようって気になるんですが、やっぱ駄目ですね。もうちょっと色々見てみようと思ってますけど。

2016年テレビ屋さんの映画」の時代、やっと終わる。

 いまさら指摘するのもなんだけどね。

 テレビ屋さんのつくった映画、なかでもテレビドラマ映画化作品は、結局、「ホームビデオ」だったんだよね。

 「ホームビデオ」ってのは、映画としては悪口

 だけど、映画化されるテレビドラマ場合、もとになるドラマ自体ホームビデオ」としての消費を前提とした造りになっていること、多いよね。

 特徴は、こんな感じ。



 配役は演技の向き不向きによるものではなく、視聴者よく知っている「顔」で選ぶ。

 筋立ても、あまり重要ではない。

    と言ってもしょせん「ホームビデオ」。内容がどうのこうのというのは、おカド違い。

    あまり難しいはなしはだめ。オチャラけたものでもいいだろう。マンガ原作ものも多いね



 画面を見なくてもわかるよう、筋や登場人物心理は、極力台詞説明する。
  •  つける演技もおのずと決まってくる。

    「ホームビデオ」だから普通、家でみる。みんなで晩飯を食べたあと、ビデオを放映する。

    大した筋でもないが、せっかくなら洗い物をしていて、画面を見られないお母さん(お父さんかも)にも、よく分ったほうがいいだろう。




 最近みたテレビドラマ映画化作品が、異様につまらなかった。

 だけど、これ、他人の家で「ホームビデオ」を見せられていると思うと合点がいった。それがこれを書いた理由


 なるほど、そこの家のお兄ちゃんはかっこいいし、お姉ちゃん美人だ。

 でも、だからといって「ホームビデオ」が面白いわけではないんだよね。


 某脚本家ネットやそこに書き込む若者を嫌う理由もよくわかる。

 ひとんちの「ホームビデオ」に難癖つけてくるような連中に怒ってるんだろうね。



 10年くらい前、「踊る大捜査線シリーズってテレビドラマ映画化で大当たりした。「ヒーロー」ってのもあったよね。

 あの頃からホームビデオ」だったよ。

 でも、あの頃は自分ちの「ホームビデオ」だったんだよね。

 自分ちのお兄ちゃん、お姉ちゃん、そして自分の彼、彼女が出ていたんだ。だから、みんな見に行ったんだよ。

2017-01-13

http://anond.hatelabo.jp/20170113151338

悪いけど横からちょっと口突っ込ませてもらう。

あんたと相手のやり取りだけツリーで読んだ。(元増田は重そうだから読んでない)



俺には、結局、増田は苦しんでいる被害者に対して形だけ同情する風をしながらその実何の当事者意識ももってなくて、そこからそういう台詞が出てきてるだけなんじゃないかと思えるんだがどうだね。

増田俺氏あんた)もそこは別に変わらなくないか

どっちも別に被害者の為に何もする気はないし、現にしてないわけじゃん。

そこはあんたも相手も全く同じ立場なのになんで相手非難できるの。

暴力という言葉暴力性には無自覚なのか

元増田犯罪者を呪う気持ち自分には湧かなかった」

増 田「そういう事実美談にするやつがいて苦しむ被害者もいるんだよ」

 俺 「そもそも『美談』じゃなく、実際相手の不幸を願っても何の意味もないでしょ」

増 田「そういう風に考えろ、というのは暴力だ」



…とこういう流れだよね。若干誤解があると思うんだが、俺は「こういう風に考えろ」と言ってるんじゃなく、「こういう風に考えても苦しいだけだ」という事実の話をしている。そうせよ、とは言っていないが、少なくとも今あるのとは違う選択肢を示している。

それに対して増田は「この人は相手を呪わなかった、あの人は呪った。それでいい」と言う。でもそれって苦しんでいる被害者を目の前にして結局「何もしない」のとどう違うのか。

それとも、増田は「苦しんでいる、呪ってしま被害者に私は赦しを与えているのだ」とでも言うつもりか。それこそどんな不遜な考え方だよ。「それでいい」って、何で何がいいかいか増田に決める権利があるのか。ものっそい高見から見た物言いをするな。おい。

俺には、結局、増田は苦しんでいる被害者に対して形だけ同情する風をしながらその実何の当事者意識ももってなくて、そこからそういう台詞が出てきてるだけなんじゃないかと思えるんだがどうだね。増田の考える『ミンナチガッテミンナイイ』的一般論とかじゃなく、人として自分がどうあるかどうありたいかという話をしようや。増田被害者になったら呪いたいのか呪いたくないのか。それはなぜなのか。

そしてもう一つ。犯罪被害者である元増田に口を閉ざせといい、横から口を挟む俺にも口を閉ざせと言う。犯罪被害者に寄り添うこともなく、被害の受け止め方を考えようという提言拒否せよとは、それこそどんな権利があって言っているのか。確かに「言論」は時に暴力的である。だが、一般論による「言論封殺」が、まさか暴力ではないとでも言うつもりか。暴力だと人をののしる言葉暴力性には、まさか無自覚なのか。



近代法は、被害者から報復権利を奪った。それは社会に不幸を増やさないための知恵だと俺は思う。厳しいことを言うが、不幸な人が周囲に新たな不幸を撒き散らすことがある、というのも人生重要事実の一つだ。「被害者の救済」は重要だが、「救済」のために新たな不幸を増やしては意味がない。

http://anond.hatelabo.jp/20161225113823

2017-01-11

追記:声優の演技について

長かったので新しく投稿しました。

声優の演技について

http://anond.hatelabo.jp/20170109224100

すみません、単純な役の幅とか声質の話をされてる方が多くて恐縮ですがちょっと違いました、、

例えば玄田哲章オカマの声とかも幅広くあてますが、同じようなゴリゴリ肉体派おっさんだけやってたとしても自分の感じ方は変わらないと思います野沢那智とか演技と声質も変える人も苦手な例に出したので、ニュアンスは伝わるかと思ったんですが、、良い言い方かはわかりませんが、深み?とかそういうものです。

俺が言いたかったのはこれに近いです

>> 小山力也台詞の内容はわかるけど意味というか背景というか込められてるものがつかめない時がある <<

小山力也24などで焦りながら指示を出してる場面でも、何に対してどれくらいあせってるのか声が曖昧に聴こえるんです。どの状況だろうと焦っていれば毎回この演技だよなっていう、、

単純な声質とか喋り方の差ではなく、ニュアンスの演技?とかそういう微妙感情の部分?のことなんです。

山ちゃんの七色の声なんかがいい例で、七色と言いつつ声質や喋り方はそこまで違わないのに(もちろん全然変えたりもしますが)、背後の感情や含みが違うから別人に聴こえるんだと思いますうしとら小山力也は、声質違うのもありますがその辺りもちゃんとうまかったと思います

>> 元舞台役者の自論で悪いのだが、演技力は演技幅(同じ内容、感情を多彩な表現での演じ分け)と役幅(色んなキャラクターの演じ分け)と演出力(真に迫る、自然である等上手い下手)の総合であると思うの。 <<

自分の感じてるポイントってどのへんなのか教えてもらえたら有難いです、、演技幅のことでしょうかね、、

ただ、こちらを読んで、やはり結局はその感じ方も自分好き嫌いに過ぎないんだろうなとは思いました

>> わかる!と思いつつ読んだら、自分がそう感じる声優増田の好きな声優リストに入ってた <<

>> 演技の上手さは100点満点中90点ぐらいまでは正解(に近い物)があるが、それより上は人によって採点基準が違うので万人が納得する正解はないって『大塚明夫声優塾』に書いてあった <<

>> 野沢那智台詞回しが舞台っぽいところがある。というか、そういう演技を求められていたんじゃないかと思うので、成果物作品)では声優の実力なんてわからないというのが私の意見です。 <<

やはり成果物に対しては結局は個人好き嫌いで、演出によって声優さんの成果も変わるでしょうね。クリーンな声の野沢那智は繊細さがあって好きな吹替もあります

あと声優について舞台の話ってよく出ますが、一概に舞台出身からとは言えない気がします。舞台?というか役者出身でも山路和弘樋浦勉磯部勉など大好きな人もいますし、本当に苦手な方もいますし。

坂本真綾は見てないドラマも多いですが、実写吹替でも個人的違和感ありますグリーとか、、

あと流行り?の男性声優まで入れたら収集がつかなくなる感じがしてたんですが、この際言ってしまうと浪川大輔ってどんどん下手になってませんか?上の結論から言えば好き嫌いの話なんですけど、、ドラマハンニバルを見て愕然しました。フジT2とか大好きだったのに、回り回ってポケ戦に戻ったような、、口調だけで感情表現をしようとするので台詞聞き取り辛くて仕方ないし、T2と同じ玄田哲章とのコンビなのにこんなになってしまうとは、、ハイキュー!などを見ても演技が定型化してる気がするのですが、これも演出とか求められるキャラのせいなんでしょうか、、

ハンニバル場合女性記者とか検死官とかゲストキャラとか、声優の演技がかなり不味い作品ではありますが、、

どうでもいいんですが、三船は医者とか眼鏡とか社長とかインテリ役も演じて評価もされてます!もちろん三船パワーがバリバリだけど、、ていうか上に挙げたの全部黒澤映画なんだから知ったかぶるならせめて主演作の検索くらいはしてください!

2017-01-10

http://anond.hatelabo.jp/20170110134445

その台詞本音

「いつか(理想の人と)結婚したいと思ってる人」が大多数であって

「いつか(誰でもいいから)結婚したいと思ってる人」なんていないだろ

2017-01-08

[]

覇剣の皇姫アルティーナの四巻から十巻を読んだ。巻が進むに連れてしり上がりに面白くなってくれた印象。だけど、典型的ラノベっぽい作風もったいないなって思った。

なんていうか、全編通してやりたいことは分かるし、物語プロットとしては面白いと感じられるんだけど、肉厚がないというか悪い意味ラノベっぽいのが残念だった。

文章にしても台詞にしても、もっと重厚に切実に書ける力量はあるはずなのに、あえてそれを隠している。わざとラノベらしく軽くしているのが感じられて物足りなさを覚えた。

典型的ハーレム要素も、提示される問題をいとも簡単に解いてちやほやされる主人公にも正直辟易してしまう。

敵方が強くなり、主人公チートっぷりにそれなりの説得感が出てきてくれたように感じられた六巻くらいからは、随分と読みやすくなったけれど。

ファミ通文庫の特色なのかしらんと思ってしまう。やっぱりもうちょっと重厚物語がいいよ。

その他雑感としてハイブリタニア女王が小物に過ぎなかったのは拍子抜けだった。でもまあこれはこれでいいのかもしれない。

他にもたくさん捕虜にした連中がいるけれど、これから彼らに活躍の場は訪れるのかなあ。

2017-01-07

http://anond.hatelabo.jp/20170107170512

明らかに誤字と見紛いやすもの提示されて「誤字じゃないぞ」という台詞を残し、

その主が低能ちゃんだとわかれば奇妙なロジックを駆使してくると警戒するのが増田内の常識ですよ。

というか前も書いたけどどっちも知らなかったしね。知らないことへのツッコミはもう受けてるし、正直どうでもいい。

本物の方を知らないのだから区別できるわきゃない。

「ことばが通じない」人は本当にいるのか

最近つくづく思うけど、サンタクロースっているよね」について、もうすでに散々書き散らされているだろうとは思いますが。



この「サンタクロースっているよね」の意味が、私にはわかりませんでした。



私自身「言葉文脈的意味」を理解していない自覚は大いにあります

たとえば、『カンターヴィルの幽霊』という話があって、高校時代、これが英語で書かれているのを日本語に訳して読みましょうみたいな課題があったんです。

詳しくはググってくださいという感じですが、この話のラストは「彼女赤面した。」というような一文で終わります

その前は、「僕たちの子どもに聞かせたいよね」みたいな男性台詞です。

私はここでなぜ女性赤面したのかがいくら考えても全くわからず、意欲的な姿勢を示すために英語先生質問に行こうかと思っていたくらいです。

(この男性女性関係を、私は「お似合いだけどカップル未満のふたり」と解釈していたのですが、調べたところ、すでに夫婦になっていたようで、このあたりの勘違いも大きく影響したと思います。)

数年後に、ものすごくかいつまんで言ってしまえば「セックスしよう」って意味だったんだなということに唐突に思い至り、感動のあまりわざわざ母に報告してしまいました。

先生質問に行かなくて本当によかったと思いました。



で、これを読んで私のことを「バカだな」と思っていただいても構いませんが。



言葉文脈的意味」を理解していないからといって、「ことばが通じない人」扱いしてしまうのはいかがなものかと思います

言葉文脈的意味」を理解していないのは『言葉文脈的意味」を理解していない』のであって、「ことばが通じない」わけではありませんよね。

件の方のツイートではほかにも「ことばが通じない」例が挙げられていますが、それらも、たとえば、「語彙が豊富でない」とか「言葉意味をはき違えている」のであって、「ことばが通じない」わけではありませんよね。


「ことばが通じない」のではなく「コミュニケーションが成立していない」のです。

それも、『「最近つくづく思うけど、サンタクロースっているよね」というような言い回しをするAさんの望む』コミュニケーションが成立していないだけです。

このようなディスコミュニケーションの場面で、相手に対して「この人ことば通じないな」と思ってしまうのは、あんまりではないでしょうか。

もっと言えば、「自分意図したように自分発言が伝わらなかったこと」を、「この人ことば通じないな」にすり替えて片づけてしまうことに、それをいかにも「ことば」に詳しいですみたいな方が「こういう人はことばが通じないから仕方がないのです、こういう人には近づかないようにしましょう」と推奨してしまうことに、恐れを感じています



まあ、私も「ことばが通じない」の「文脈的意味」を理解していないということで「ことば通じないな」で片づけられてしまうのでしょうけど。

2017-01-06

言ってみたい台詞

「てめえ、この辺じゃ見ねえ顔だな」



増田常連になったら言っていいすか

2017-01-05

がっかりした話

私、専業主婦

こどもふたり。2歳児と1歳児。

夫、会社員

夫の冬休み中に私に1日休みをくれるという約束をした。

私、スゲー喜んだ。

めっちゃ楽しみにしてた。

第一子を妊娠してから3年以上、独りで身軽にお出掛けなんて出来なかったから。

子はかわいい

最近は多少生意気なところも出てきたけど、かわいい

うちの子達マジ天使

今までも、ちょっとスーパーいったり、ヘアサロンに行ったりとかはもちろんできた。

でも、1日だよ?

自分だけの時間が1日だよ?

何してもいいんだよ?

フリータイム万歳

お腹重くないし、子達の手を繋いでなくていいし、抱っこもしてなくていい。

大事なことだからもう一度言うけど、楽しみで仕方なかった。

夫氏は子に、

おとーさんとお弁当持って動物園に行こうねー、

弁当もおとーさんが作るからねー、

とか言ってた。

優しいじゃないか、夫。

なので、フリータイムもらったとはいえ、一応洗濯干して、弁当位は作ってから出掛けよう、とか思ってはいた。

しかし、急遽前日になって、旧友と飲みに行くことになった夫。

私は嫌な予感がしたので言った。

きちんと電車に乗って帰ってくるように、と。

終電逃されては困る。

タクシーも困る。

で、当日。

今日だよ。

朝起きたらベッドに夫はいない。

ものすごく嫌な予感がして、リビングへ行くと、案の定昨日出掛けた服装のままソファーに転がっている夫の姿。

二日酔いです。本当にありがとうございました

うん。

とりあえずシャワーでも浴びようか?

すると、シャワーではなく、きちんと湯船に浸かりたい等と抜かす夫。

その時点で風呂から彼が出てくるま洗濯ができない。

そもそも子達の世話は私に丸投げですか。

着替えの用意をして、ごはんを食べさせて。

挙げ句お前の世話まで追加ですか。

いつも出掛けるときに子達の支度なんて全くしてくれない(そもそも出来ないし、覚えるつもりもないご様子)ので、荷造りもしてあげなきゃいけないなーとか思ってたけど、どこまで人に丸投げですか。

1日休みの1日ってどっからなの??

風呂沸かしてやって、入れと散々促してやっと入り、出てきたと思ったら、私が出掛けるまで寝かせろとおほざきになって、寝室で横になりやがりました。

しか風呂自動追い焚き機能つけっぱなし。

何故休みをもらえるはずの私が出掛けるまで平行して色々とやらなければ?

と、恐る恐る聞いたら、

母親なんだからそれくらい、

とか抜かしおった。

父親は子の世話はしなくていいんですね!

ビックリ台詞が飛び出してきたよ!

なんかもう色々と脱力しました。

お前はゴルフだなんだと私も子も置いてちょいちょい出掛けているだろうが。

早朝出掛けるから、出発前には何もできないんだよーとか言うけど、帰ってきたところで早朝出発のせいで眠くて、いつもだいたい何もしてくれないだろうが。

3年以上ぶりにやっと出掛けられるはずの私を、何故快く送り出してくれないんだ?

そもそも前日に飲みに行くのは久しぶりに会う人だから仕方ないにしても、何故一軒目で帰って来ない?

何故二軒目行って挙げ句終電逃す?

歩いて帰ってきた?

タクシー使わなきゃいいってことじゃねーだろうが。

そんなに私のお願い事の優先順位は下か。

頭の片隅にも置かずにキャバクラ行きやがりましたか

人に金借りてる分際で40000円以上置いてきやがりましたか

もーこの時点でぶちギレた。

泣きながら怒鳴った。

怒鳴って泣きわめいて、やっと重い腰を上げてリビングへ来た夫。

でもまたソファーに転がる。

だーかーらーさー。

自分の支度させてよ。

子達に邪魔されるのよ。

目を離すとろくなことしないのよこの人達

改めて思い出した。

彼に子達を見てて、と頼むと本当に見ているだけ。

しかもひどいとスマホぽちぽちとか、寝ていたりする。

見てねえ!

既に出掛けようと思っていた時刻はとっくに過ぎ去っている。

なんなんだ、この人。

そんなに出掛けさせたくないのか。

何度もぶちギレ、やっと出掛けられたのが、10時前。

洗濯?干せませんでしたよ。

回すだけ回して干してもらおうかとも思ったけど、信用できなかった。

こんなにいい天気なのに、洗濯乾燥スイッチON

だってぶちギレて、洗濯もお前がやれ!と怒鳴った時、使い方がわからいから回すだけやってってくれない?と言われたから。

教えてくれ、ではなく、やっといてくれ。

だって

もー本当にがっくり。

すったもんだで、やっとひとり。

電車に乗って目的地。

とりあえず様子伺いで電話したら、午後から出掛ける。

とか言ってる。

そーかい。お弁当持って、は無理だったかい。

子達が不憫になった。

お土産買って帰ってあげよう。

で、2時間半後。

電話が鳴る。

夫、何かにあたったんだって

からも下からやばいだって

どーしろと?

大丈夫、と言って電話は切れた。

行きたいところはたくさんあって、まー家には17時位に着けばいいかな、とか思ってたけど、完全に水を注された気分。

独りでぶらつく気分では無くなってしまった。

それでも、どうしても行きたいところに行ったけど、全然楽しくない。

というか、はっきり言って夫なぞこの際どうでもいい。

子達が心配になった。

もーいいや、帰ろう。

結局なんだか微妙気持ちのまま電車に乗って。

家に着いたのは16時位。

ドア開けて、ビックリ

出迎えてくれたのはパジャマのまま、それも上着ただけ。ボト穿いてない子。

しかオムツパンパン

聞いたら赤子と父は寝室で寝てるんだってさ!

お願いしたはずなのに、炊飯器には朝炊いたごはんが入れっぱなし。

朝ごはんとお昼ごはん食器、そのまま。

水にも浸けてないからかっぴかぴ。

もーなんなんだ。

なんだこれは。

半日居ないだけでこれか。

1日休みをくれると言っていたのは何なんだ。

悲しくなった。

色々情けなくなった。

なんかせっかく出掛けて帰ってきたけど、何も楽しい気分ではない。

子達がかわいそうで泣いた。

母、ワガママでごめん。

もー2度とこんなことしないよ。

君たちがせめて二人とも幼稚園に入るまで、色々母は我慢するよ。

本当にごめん。

約束破られてお出掛けできなくてごめんね。

オチも何も無い、口ばっかりの夫に心の底からがっかりした話。

出掛けさせてくれてありがとうと言いたいけど、とてもじゃないけど言えるレベルじゃないよ、夫。

ひとかけらもリフレッシュできるような日ではなかった。

フリップフラッパーズ個人的分析

自分用なので他のブログなどは参考にしてません。他サイトと重複部分はお咎めなく。

アモルファス

ピュアイリュージョンの垣根を壊す主体だが、ピュアイリュージョン内部での創造の側面もある。11話で各世界接合の側面が明かされ、同時に未見の世界である未来などの世界観ピュアイリュージョン内部に見られた。このことからピュアイリュージョン過去現在未来記憶内包する神智学で語られるアカシャ年代記を模していることが理解できる。

ミミ

ピュアイリュージョンの人工的な総体最終話10:40付近の会話、10:58の台詞から彼女がそれぞれの「部分」であることが理解できる。また、彼女の別の「部分」が現実同化したピュアイリュージョン内でソルトと一緒にいる。総体である理由は明確に作中の団体がミミをアモルファスと名指ししていることから明白である

ミミのかけら

ピュアイリュージョンをそれぞれ形成しているかけら。すべて集めるとミミの総体になる。ただしミミはあくま実験材料にされた人物であり、最終話18:12から始まるヒダカの発言によりピュアイリュージョン自体は存続していることが分かる。かなりの度合いでピュアイリュージョンに溶け込むか同質の力を得た、と考えるのが自然。その為ミミの分身はいたるところでその世界に対して支配的に振る舞っている。この考察に対する裏付けとして11話では「幾つもの顔を持つ私=ピュアイリュージョンはすべて私」という答えが明確に提示されている。

憶測だが03話で戦った褐色悪女はヤヤカの「部分」であるとすればシナリオ矛盾がなくなる。ヤヤカは12話でこの褐色女と集中的に戦っており、自分の中に内在する友情と打算の葛藤とも取れる。ただしこの女をミミの「部分」として考えてもさほど矛盾は発生しない。

地獄

06・07話に語られるミミの魔物の側面。ピュアイリュージョン内の特殊な扉から入る。06話の扉に入った二名は後に偽物と判明するおばあさんの記憶を思い出し、かついろは先輩が親から見捨てられた子であることを理解する。名前立場が度々入れ替わることで理解できるが、これはココナとパピカの記憶ではなく単なる記憶の追走である10話にておばあさんが偽物であることが判明するが、ここでおばあさんは「イロ」ではなく「ココナ」と呼んでいるため、06話のいろは記憶組織が利用したと考えるのが一番妥当結論だろう。

ココナ

おばあさんのエピソードはミミがココナに憑依して助けたことにより別の意味を帯びてくる。ココナにはミミのかけらが埋め込まれており、このせいでココナはミミからダイレクト支配される結果を産んだからである。ミミにとってそれはただココナを守ることでしかなかったが、それは同時にココナへの過干渉という毒親資質への問いかけに繋がっている。ちなみにパピカがココナをミミ、と呼んだのはかけらがそうさせているのであり、これに対してココナが顕在的、あるいは潜在的嫌悪感を示すのは当然と言えた。つまり別人と錯誤しているからココナがすねた、程度の意味ミスリードさせるように誘導しているが、真相はそうではない。あるいはどちらの意味でも読めるようにしてある。

世界征服

アモルファスを手にすることですべてのピュアイリュージョン配下にし、結論として現実と接合された世界をも手中にできるという、同期に放送された『Occultic;Nine』に酷似した内容。並行宇宙ではなく「並行した霊界」と「並行した記憶含む心の分断化された世界」、という解釈の違いはある。この理屈最終話16:16の台詞からだが、心の概念だけでなく心に留めた過去記憶もそこに含まれている(神智学オカルト概念については上記に)。団体シンボルであるカドゥケウスの杖にはメルクリウスから転じて水銀意味があり、水銀アモルファス金属である

インピーダンス

電圧電流比のことだが、表向きには二人が同調していないとバランスが崩れる程度の意味で使われている。一方話の裏からアモルファス水銀を拾うと、水銀電流の導体となりうる物質であることは明白で、この場合プラス電極とマイナス電極がパピカとココナになる。ここまで理解できるとヒダカの意図がミミに電流を流す目的があったことが自動的に導かれる。そしてミミはピュアイリュージョン世界支配的・中心的存在であり、そこへ電流を加えるヒダカの意図ピュアイリュージョンを変容させる目的しかない。この裏はミミ自体が多くのパーツで形成される変容の主体として描かれるためでもある。そしてこの物語の変容とは成長のメタファーとしても流用されている。

ピュアイリュージョン

上記それぞれの解釈から過去現在未来を含む記憶の側面と創造の側面がある。そして各ワールドの分断あるいは個々人が内包されているという面から推測するに、それぞれの心を具現化したイデアワールドであることが推測される。このためにイデア支配に躍起になる団体描写されることになる。ピュアイリュージョンとは個々人の夢であると同時に記憶トラウマであり未来でもあるし、それらを想起させるイデアであるとも言える。

童話神話体系

眠れる森の美女』の原本である太陽と月とターリア』などの影響やギリシャ神話が用いられている。特にエルピスはパンドーラと関連する話で、最後に残された希望かつ災厄がアモルファス=ミミであることが理解できる。ミミは最終話ヒドラ変態した姿で表されるが、これはヘラクレス12功業をこなしたことを意味し、また13話で完結することを意味している。13という数字は一時期占星術世界からバッシングされたへびつかい座でもある。

太陽と月とターリア』は眠っている時点で性行為に及んだ、というあたりや双子出産などに共通点を見いだせる(ピュアイリュージョンに入る際実験体は眠っている)。ソーレ(太陽)がパピカでココナがルーナ(月)という対応で、物語子供とターリアは引き裂かれることに対応している。しか対応は瞬時にすげ代わり、ミミから見た王妃がパピカで奪われた子供ルーナ=ココナだけとなる見方へと変じる。

メソポタミア神話と照らし合わせると、地下世界研究施設から冥府=ピュアイリュージョンに潜ってやがて地上へと放り出される表現比較的はっきり表現されている。つまり話中では世界中の冥府へと下る神話系を端々に表現しているのである。その頃になると二人は黄泉戸喫(ヨモツヘグイ)的な現象としてこの世にありながらあの世存在と化している。ヨモツヘグイとは伊弉冉尊黄泉に下った際に伊弉諾が食べなかった黄泉食事であり、パピカやココナはピュアイリュージョン内部で食事をとってしまった。ミミがピュアイリュージョン女王=冥府の女王であることを考えると彼女伊弉冉でありイナンナの姉エレキシュガルである。この理由故に神話を強く解釈するとバッドエンドになる。つまり二人は死んでいるかもしれない。最終話でサユリは暗い顔をしている。この解釈場合エンド付近でヒダカがピュアイリュージョンを捉えられなくなったのも当然といえる。今ヒダカがいる場所こそがピュアイリュージョン化しているからだ。


他作パロディ

北斗の拳SIRENプリキュア、ズヴィズダー、空中ブランコまどマギエウレカセブンなど。変身ロボの回にはエヴァ的なエフェクトも見られた。また敵に奇襲される基地などはネルフ彷彿とさせる。ちなみにパピカがボードに乗ってレントン役を演じたのは、世界に溶け込んでいるミミの支配下にあるココナ、というある意味世界生物の一部であるエウレカを模しているから、ともいえる。

メッセージ

親子関係の束縛と友情が強調されているがアカシャ年代記などの背景を踏まえると、過去未来現在自分探しよりも自分自身が好きなものを信じなさい、という思いが中心に走っていることが分かる。この裏付けは03話の褐色悪女発言にも求められる。友情は大切なもの記号化であり、親からの束縛は「好き」の選択に闘いがつきまとうことを暗示している。世界の変容は自分自身履歴でありながらも成長概念として提示される。この点はエヴァ世界の融合と歪な葛藤の解消を描いたことに対して、フリップフラッパーズではバラバラの自己意味を探し打ち勝つことが主眼となっており、作品メッセージとしての融合目的も違う。当作品では歴史が地続きであるという示唆にとどまる。実際彼女たちはラストシーン自分たち歴史を作るために手を取り合って旅立っている。その世界は夢と記憶履歴現実が混ざり合って「過去から繋がった」ピュアイリュージョンの姿であり、過去と切断せず自分と向き合った三人が映し出されてエンディングを迎える。

2017-01-02

「いいんだけどさ、それ◯◯じゃない?」

自分が好きなものを語っているときに、 知人がよく言うセリフ

こちらは楽しく好きなものを語っているのだが、向こうは〇〇が嫌いなのか、それとも私自体が嫌いでとにかく否定したいと言うことなのか、この台詞を吐く。

絶対いいって思ってないだろ、あんた。

2016-12-31

まさか自分が、大晦日に別れるとは思わなかった。

まさか自分大晦日に別れるとは思わなかった。

日付が変わるとほぼ同時に、別れることが決まった。

本当の本当にまさかだった。


付き合って1年半。同棲して半年。突然の別れ。

今は大晦日、2016/12/31の午前3時。でも、まだ眠れそうにない。

きっかけは3日前のケンカだった。

職場忘年会の帰り、些細なことでケンカした。

職場人間関係を優先した結果だった。

でもそれはきっかけに過ぎなくて、

結局のところ、僕は最初から彼女の信頼を得られていなかった、ということだった。

彼女大事にしていたつもりで、出来ていなかったんだろう。

彼女台詞物語っていた。

あんたは一人で生きていく人なのよ。」

あんたなんか親に紹介するんじゃなかった。」

・・・ひどいこと言う。

一人で生きていくなんて、そんなこと望んでもいない。

彼女の親御さんもご家族もとてもいい人たちで、好きだったし、仲良くしていきたいと思っていた。

ももう遅い。

誰の責任でもない、自分責任だ。

「二人の価値観は合わない。努力して合わせていくっていうことも多少は出来ると思う。

でも根本的な価値観は変わらないものから。」

そういう彼女言葉を聞きながら、「いや、努力次第で・・」と思う反面、その通りだと思う自分もいた。

これまで何度かケンカをしたが、3日前のケンカを通して、

彼女と一緒にやっていくことがお互いのためになるのか、自分自身疑問に感じていた部分もあったからだ。

から今日の話し合いの前に、一緒に努力していきたいと思いつつも、

彼女の考えによっては別れるのも仕方ない、と思っている自分がいたのも事実だった。

どちらが悪いとかじゃない、根本的な部分で合わないなら、例え今は仲良く一緒に暮らせていても、いずれは破綻する。

そうわかっているのであれば、今後一緒にいるのはお互いのためじゃないかもしれない。

だったら別れたほうが良い。

そして別れるなら、早い方がいい。

とても理性的判断で、ライトな別れ方だった。

からだろうか、別れ話をして1時間半後には僕は事実を受け入れ、今もいくらか落ち着いている。

ただ、別れ話をしてすぐは胃に穴が空くかと思ったし、今も全く眠れそうにない。時計は4時を回った。

決して生活がうまくいっていないわけじゃなかった。

毎日が楽しかった。

お互い一緒に生活する上では、何の不自由もなかったと思う。

二人とも食べるのが大好きで、よくお互いに料理をしていた。

家事も分担し、相手が疲れている時にはどちらともなくマッサージしたり。

仕事もやっと軌道に乗り始めて、これからって時だった。

お互いの親にも先月、先々月に会ったばかりだった。

当然結婚だって考えていた。良いパートナーだったと思う。

彼女は、家族を大切にする人だった。

シェアハウス出会いケンカもしたけど順調に付き合って、毎日一緒にいて、

1年半という短い期間ではあったけど、そこらのカップルよりはよっぽど濃密な一年半だったと思う。

彼女のおかげで、人としてもとても成長させてもらった。

足りない自分だったけど、この人のために頑張ろう、そういう覚悟を持って付き合った女性だった。

普段涙などは見せない自分だが、彼女の前では泣いたこともある。

多分、彼女は別の男性とでも幸せにやっていけると思う。

考え方はしっかりしているし、誠実だし、明るいし、料理も上手だし、思いやりもあるし、

かわいいし、話しているとサバサバしていて気持ちがいいし、でも実は甘えん坊さんだし、子供にも好かれるし、

英語だって話せるし、家族とも仲がいいし、絶対浮気をしないって言い切れるくらい一途だ。

ああ、名残惜しいんだろうか。

いや、事実を綴っているだけだ。そう信じたい。

僕らは、よくお似合いのカップルだと言われていた。

自身もそう思っていた。

でも、だからといってうまくいくとは限らないってことだ。

少なくとも、僕らは結婚に至らなかった。

このブログを機に、この事実を受け入れ、次のステップに進みたいと思う。

・・・次のステップってなんだろう。

まだ決まっていないが、立ち止まるわけにもいかない。

落ち込むのは簡単だが、落ち込んでいても誰も助けてなんてくれない。

明日になれば2017年

このことをしっかりと受け止め、自分の糧にしたいと思う。

別れるという事実は、ギリギリ受け止めた。

でも、この教訓から何を得ればいいのかはまだ整理がつかない。

今までありがとうさようなら

2016-12-29

24男性による初めての女装サロン

オンラインや対戦ゲームでのプレイヤーで異性を使っている人はわりと多いけどさ。それを現実でやったらおもしろいんじゃね?と思ったのがきっかけ。みんながゲーム世界でやることを俺は現実でやってみるわ。

身体スペック身長160台前半 体重50kg台 童顔で痩せ型なので「これはいける!」という謎の自信にも後押しされ、ネットでサクッと予約した。

女性店員2人(男性じゃないし可愛かった)に迎えられ、カルテを書く。

コース複数あったが、今回は着物ワンピースの2パターンでお願いした。基本料金は17kほどだが着付け等の追加料金で23kした。まさか6kも上乗せされるとは思わなかったがソシャゲよりはマシだと割り切る。パズドライシスなんて10k出して出なかったしな。然るべきお金を払えば確実に実現できる女装は素晴らしい。

流れとしては

着物着付け→化粧→写真撮影ワンピースに着替え→写真撮影→お出かけ→化粧落とし→お支払 のべ3時間サービス

全部事細かに書くとグダグダになるのでいくつかポイントごとに。




着物肉体労働

成人式でも無難スーツを着たし、茶道等の経験もないのでこれが初めての和服デビュー。これが初めてになってしまった。まるで風俗童貞卒業した時のような複雑な心境だった。

着物着付け

肌着→補正長襦袢(首元に見える白い部分)→着物帯締め

の順番でやるんだけどさ。文字にすると一行で終わるけど実際には10から20分以上かかった。

試着室からメイク台へは5mくらい離れてるため歩く必要がある。短い距離なのにこれが思いの外大変だった。

着物が重いこと ②着付け関係でいつもの歩幅で歩けない ③下駄 と簡単ハットトリック達成。

着物って背すじがピーンと伸びるし疲れるわ。もうすぐ成人式だけど振り袖ガールズには優しくしような。




・男はどうあがいても男

化粧以外にもフェイシャルエステだのテープによるリストアップだのありとあらゆる手を尽くしたが、目を開けば紛れもなく男性メイクをした姿がそこにはあった。俺は女の子にはなれないと実を持って知った。素顔はゴリラ系ではないので3秒くらいは騙せそうなのが救いだった。

いつだったか資生堂CM女装メイク話題になったことがあった。あれは技術もそうだけど日本中から集められたイケメンの中のイケメンからこそできる芸当だ。女装でもイケメンは強い。




写真撮影プレイのもの

適当ポーズを取って撮影するだけなのかと思ったが違った。

女性よりも女性らしいポーズを頼まれ、「カワイイ」と言われ続け(これが不思議と悪い気はしない)、果てには自分の口から

今日のコーデどう?」「にゃは♡」「かな(カルテ記入時に決めたニックネーム)のこと、カワイイ?」

等の台詞を言わされた。はっきり言ってプレイだった。

撮影中の店員の楽しそうなことと言ったらもうね。そもそもどっかずれてないと女装サロン店員なんてやらないしな、変態に決まってる。

身も心も女性に塗り替えられていくような気がした。店内には俺と店員二人しかおらず、タガは簡単に外れた。頭がおかしくなりそうだった。




・唯一の良心クイーン

着付けを始める前に好きな曲を聞かれ、適当クイーンと答えたのが救いだった(以後最後までクイーンの曲が店内に流れ続けていた)。

プレイの影響でもう女でもいいじゃねえかと思っていた最中、耳を傾けると「We Are The Champions〜」と頼もしい歌声が聴こえて来た時は心の中で「なんのチャンピオンだよww」とツッコんだし心強かった。

「俺は男なんだ」そう思った。

もし女性ボーカルチャラン・ポ・ランタン「進め、たまに逃げても」(ドラマ逃げるは恥だが役に立つ』のOPテンポが良くて好き)だったら死んでた。

ありがとうクイーン




・女らしい振る舞いは一日にしてならず

ワンピース着用時はお店の周りを散策した。

12月寒い日だったがなぜか暑かったため服装による寒さは気にならなかった。なんでだろうな。

でもここまできたら女性らしく歩きたい。すれ違う女性を参考に真似をしてみるが自分でもぎこちないとわかる。ヒールも悪さをしていてかなりおぞましい姿だったろうな。

アレだ。『メタルギアソリッド』でメリルの歩きが全然矯正出来てなかったけどアレの逆バージョンだ。メリルができなかったのに俺にできるはずもなかった。

ノリでコンビニに入って飲み物を買ったけど、店員さんのドン引きした顔が今でも忘れられない。そうだよな、わかるわかる。




手鏡が喉から手が出るほど欲しい

外は寒いだけでなく風も強かった。

こうなると少し長めの髪型が乱れていないかものすごい気になった。身だしなみは大事だ。たとえそれが女装だとしても。

そうなると必要なのは手鏡だが、元々そういうのを持つ人間ではなかった(たまーにいるよね)。

仕方なく誰もいないガラスの前で髪型確認し少し直した。外出時間は30分と短めにしたが、もっと時間外にいたら化粧崩れでも不安になってたはず。

電車内では鏡を見ながら髪や化粧直しをしている女性をよく見かける。個人的マナーとして良くないんじゃない?とは思うが気持ち理解できるようになった。




・おわりに

化粧落としをして終了。帰際にTwitter女装アカウント開設をめちゃくちゃ勧められたがごめんなさい。

はてな匿名ダイアリーに書いたからゆるして。

たぶん2回目はない。かと言って経験して良かったとも思う。なんだか富士登山した人の感想みたいだ。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました。

12/30 加筆・修正しました

ジョジョと裁き

http://anond.hatelabo.jp/20161228200026

荒木はどうも「主人公が敵を殺害する(≒裁く)」ということに迷いがあると思っている。



ざっと結末をおさらいすると以下。

1部

相打ち。しか殺害までには至らず、DIOは後復活する。

2部

火山活動という自然の力により宇宙放出する。殺害にまでは至らない。

3部

ついに殺害さらに注目すべきなのが、作中に「裁くのはおれの『スタンド』だッー!!」という台詞が出てくること。ここでは明確に主人公による敵の裁きを肯定している(と読める)。

4部

肉体的には事故死、さら怪奇現象により霊的にも死亡する。それ以前の展開でも、主人公グループ共闘という形で吉良を追いつめており、フィニッシュブローは仗助ではなく承太郎が決めている。以下の台詞にも注目。

川尻早人「ぼくは『裁いて』ほしかった・・・あいつを誰かが『裁いて』ほしかった」

杉本鈴美「裁いてもらうがいいわッ!吉良吉影

5部

永久に死にたどり着かない状態に置かれるが、逆に言うと殺害もしていない。

6部

殺害するが、直接手にかけるのは主人公ではなくエンポリオ。ただ、作中でエルメェス復讐正当化する発言をしており、主人公が悪を裁くことに対する立場に迷いが見える。

7部

殺害するが、手にかけるのは主人公ではなくルーシー

まとめ

まり、結末は以下の3つに分類できる。

(1) ①主人公が②悪役を殺害する。⇒ 3部

(2) ①主人公が②悪役を倒すが殺害までには至らない。⇒ 1部、5部

(3) ①主人公以外の者(自然現象含む)が②悪役を殺害する。⇒ 2部、4部、6部、7部



ここまででとりあえず増田の以下の疑問

でも吉良と決着をつけるのは仗助でなきゃ駄目だろう!!!

に一つの答えが出る。1部から7部までで主人公が決着を付けているのは意外と1部と3部と5部だけ(2部を含めてもいいけど)。主人公が決着をつけないと「駄目」というほど必然ではない。

2016-12-28

映画この世界の片隅に」が教えてくれた漫画映像化の道

  • 一つ目。

まず漫画の絵が動いている、ということだけで感動できるという感想が多かった。

これがアニメ化における利点だろう。

実写ではハードルがあがる。ただ中には「お前原作通りだな!?」っていうサプライズもあるので捨てがたい。



映画この世界の片隅に」においては動く人物たちの背景に拘ることで、漫画以上のリアリティを加えた。

実写の場合ロケセットを立てる。または舞台があるなら映画ピンポン」を江ノ島で撮ったように、現地で撮ればいい。小道具も使える。

アニメ場合、実際の風景を取り込むことで可能な「君の名は。」新海監督や京都アニメーション技法存在する。

ただ、映画この世界の片隅に」を今の呉や今の広島で撮ったところで意味が無い。カラー写真ほとんどない。

再現できたのは『作品への情熱』のおかげだろう。

アニメ限定で出来るとかは思わない。実写もCGを駆使すればいい時代になった。役者演技力も年々上がる。

情熱は、どうか?昨今減ってはいいか



  • 三つ目。

これが最重要だ。

たびたび原作通りにするかしないか論争が起きる。特に映画化場合は2時間に収めるために原作カットしなければならない。

映画この世界の片隅に」はどうだろうか。

決して、全くの原作通りというわけでは無いと思う。史実に基づき原作おかしなところは直しているし、微妙ニュアンスを変えた台詞存在する。

またエピソードを大きくカットしている。これは原作ファンには何故?と言われていたが、カットするには正解の場所だったし「無かったこと」にはされていないのが印象的だった。

確実にここに何かが合った。しかもそれをアピールしてくる。抜けている何かがある。なんだ?という疑問が見ている最中にでも起きる映画がこの作品だ。

あえて重要エピソードを抜き、あえて抜いたことをアピールした。(それが原作大人買いとか、カットしたところを見せてくれ、という新しい商売を生んでいる。言い方は悪いが)

監督のワザでもあったし、全てが上手く行くとは思わないが、時間が収まらない漫画映像化の際には、こういう風に映像化すればいいのではないか

原作ファンも一番納得のいく形になりそうだ。



  • 四つ目。これは三つ目と被るのだが。

原作ファンをないがしろにしてはいけないということだ。

映画バクマン。であるスタッフはこう言っている。「原作ファン割合は2~3割」「原作を読んでいる人の倍以上が映画館にくることが多くて、読んだことのない7~8割の人に『ああ、この原作読んでみたいな』って思ってほしいんです」

しか果たして映画バクマン。」の出来は置いといて原作ファンの反応はどうだっただろうか。

映画バクマン。」は原作ファン以外からはソコソコの高評価を受けたが、原作ファンの反応は微妙だった。

興行収入は人気ジャンプ漫画を使った期待に比例せず、続編を作る目安には届かなかったため、監督は残念な声をあげていた。

スタッフは売るために原作とあえて違う設定を選んだらしいが、売るなら原作通りが良かったのではないか

作品評価している人は原作と違うところを褒めていたが、作品性を高めるために違うものを選んだわけでは無いのだろう。

映画この世界の片隅に」はクラウドファンディング製作された。もちろん監督ファンもいるだろう。

しか圧倒的多数が『原作ファン』であろう。

その原作ファン(約3000人)が先行的に鑑賞し納得し、SNSで具体的に宣伝した結果は大きなものとなっている。

そう。原作ファンは納得すれば宣伝してくれるのだ。納得しなければ、大きな批判をするのだ。人気原作とはどっちにしろ『大きな声』を生むのだ。

その大きな声をあげる2~3割を排除してしまって良いのか?

例えばスマッシュヒット作で100万人を動員したとして、その2~3割は何万人になるだろう。

果たして2~3割とは本当に少ないのか?

その何万人が大宣伝してくれたとしたら?その何万人が大批判したとしたら?

東宝プロデューサーは今一度考えを改めなおしてほしい。

ファンには悪いのだが映画ちはやふる」もあそこまでキャラ設定を変えなければ、原作ファンもっと宣伝してくれたのではないか

※あげている作品は少しマイナス評価したところで痛くはない高評価を貰っているもの判断していますが。



原作大事に。原作に、愛を。

2016-12-27

読んでみたけど説明台詞の羅列を何度も繰り返していて

こんなやつが人気者扱いされてるはてなは見る目がないの一言

ギャルゲ人物紹介じゃないんだから

2016-12-26

以前、映画がはじまる前の長い映画紹介CM萌えアニメ映画宣伝を見た

見た瞬間ひどい嫌悪感を感じたことを覚えている

甲高く媚びた声にテンプレ化した台詞回しの声優演ずる

可愛い女の子キャラクターが画面を駆けずり回る

映像もまた非常にテンプレ臭い

キモい、と思った

子供の頃にアニメは見ていたし、

ずっと嫌いではないと思っていたし、

見たら楽しめるんだろうと思ってたが

それは思い違いだったと感じた

元増田の言うあざとさの谷とはあの感覚だろうか、

読んでて思い出した

分かりやすテンプレの媚に対する拒絶反応というか

http://anond.hatelabo.jp/20161225132530#tb

2016-12-20

[][]買った・プロローグクリア

DL版がセイレンアニメ記念セールで安くなってたから昨日買ってはじめた

プレイ

裏表のない素敵な人ですくらいの名台詞があるのは知ってる程度

OPタイトル画面で待ってたらなんか始まるかと思ったけど何も始まらなくてちょっとがっかり

しかし久しぶりにこてこてのテンプレギャルゲをやってる感じがするw

さえない主人公とやたら気のいい男友達・・・

口パクと外の台詞ときに白い息のアニメが一瞬でるのが地味にいい

主人公名前自分名前にした

でも主人公の人のよさ、もしくはゲスさのなさが台詞からにじみでてて、嫌悪感はないけどこれ俺じゃねーな・・・俺には無理・・・みたいに思って微妙気持ちになった

ひぐらしとかセカンノベルみたいなTipsっぽい感じのやつが最初に表示されたりして、ただの選択肢だけのADVとはちょっと違うなと思った

PSストアでウィッチャー3もセールしてて買おうかまよったけど、

ハード持ってなくて買う予定もないPS4ソフトよりも、

持ってるvitaアマガミをやってたほうがいい気がするから買うのやめた

セールで安いといわれるととりあえず買っとけと考えてしま貧乏性なおしたいからそのリハビリのいっかん

閑話休題

ちょこちょこやってくかな

まだネットハイも終わってないし

とりあえずだれからいくか・・・

水泳部の子かなー

2016-12-19

海外ドラマ俳優って、そんなに演技うまいのか?

日本ドラマはつまらん、役者がクソほど下手で見てられない、その点、海外役者レベルも高くてすばらしい、だから海外ドラマばっかり見ている・・・という知人がいる。

なんか、日本役者レベルテレビ局映画会社レベル視聴者レベルも低いかダメ、らしい。

自分あんまり海外ドラマ見ないほうで、日本ドラマも、まあ、たしかに酷いのもあるけど、最近で言えば真田丸をみて「役者が下手」とは思わなかったし、そこそこ話題ドラマとか映画は見るほうなのだが、そんなのは「低レベルエンタメで満足している人」に思えるらしく、なんだか見下している風でもある。




で、話を聞いているうちに気づいたのだが、ヤツは、海外ドラマを「吹き替え」で見ているらしい。

そりゃそうだ。ヤツがそんなに英語が得意だという話は聞いたことがない。とてもドラマをそのまま理解できるヒアリング力があるとは思えない。



いや、ちょっとまてよ。

すると、ヤツのいう「海外役者レベル」って、そのかなりの部分は、「日本声優レベルの高さ」なんじゃないの?

台詞回しとか、しゃべる間とか、全部、日本人日本語でやってるんだよね?

演技力って、そういうのもかなりの割合が占めてると思うんだけど。



あの、洋画とかドラマとかの吹き替えの、独特のしゃべりは、単体で取り出すとかなり不自然だと思う。

あんないい声で滑舌よく、こじゃれた言いまわしで話す日本人は、すくなくとも自分の周りにはいない。

あれが不自然でないのは、「外国人吹き替え」というフィクションを前提として受け入れているからだ。



友近が一時期、「ビバリーヒルズ青春白書」だかの「キャサリン」というキャラクターギャグとしてやっていたが、あれがギャグとして面白いのは、「海外ドラマ以外の世界あんなヤツはいない」からだろう。

しゃべり方だけじゃなくて、表情とか動きとかも、デフォルメしてギャグにしていたけれど、やはり、一般的日本人と比べると、いろいろ異質なのだと思う。


日本人欧米人だと(欧米人ってひとくくりにするのも違うのだろうが)、感情表現の仕方とか、ちょっとしたしぐさとか、やはりいろいろ違うのだと思う。

ちょっと前の話だが、朝ドラの「マッサン」でエリー役を見ていたら、日本俳優さんとは違う感じの演技で泉ピン子にいびられていて、なんか面白かった。

彼女は多分、すごくうまい女優さんなんだろうと思ったけれど、あれが果たして外国人がみて「リアル」だったのかどうかは良くわからん

自分は、そこまで海外生活経験とかあるわけでもないので、外国人の演技が外国人として「リアル」なのかどうか、それほど自信をもって判別できないのだ。

だけど、日本人普通の日本人を演じていれば、すぐに「そんなヤツいねえよ」「それは不自然だよ」ってのがわかる。


結局、「海外に比べて、日本俳優って下手だよね!」って言ってる人の大半が、「海外俳優が本当にうまいかどうかはわかってないけど、日本人だとそれがすぐわかるので、結局日本人のヘタだけが目につく」だけじゃないか、と疑っている。

俺があの記事を書いた時点で君が(?)

はてブガイジのことなんか気にしてたら何も書けないんだよなぁ

といってきて、それ自体は事前に予測できたことなのだから後出しジャンケンにはならんよ。

それに予見や予測基本的客観性担保されているなんて意味は加味されていない。

個人的脳内予測していて、その予測が当たっていれば予見は当たったと言える。

また君の言い分である後出しジャンケン」なるものが十分な情報開示要件とするなら、

それに対して懸命なものツッコミを入れない。

入れるものソースを見ない馬鹿、という別の分類になる。

後出しジャンケンはやめような」という台詞および君の主張は

後出し情報を後から追加すれば予見はされていなかった」、と主張する奇妙な論法なんだよ。

さて、ここまで理解できたかな?

http://anond.hatelabo.jp/20161219032758

2016-12-18

https://www.buzzfeed.com/satoruishido/hoshino-tomoyuki

妙にブクマ集めてるけど、星野智幸ってアンチ自民な芸風で売ってる人だから

http://www.magazine9.jp/article/konohito/10301/

https://m.facebook.com/sports.instructor.support/posts/667049159984606

二項対立に回収される言葉不毛

「正しいのか、間違っているのか。二項対立に回収されていく言葉不毛です。それを無効化したいと思っていました。そこで考えないといけないのは、結果として対立のための対立のなかで、誰が得をするのか。どんな問題が残り、誰が損を被るのか」

これ、自分負け組になるのが不可避と踏んで「対立なんて無意味だしやめよう」と言い出してるだけだから

これ言う資格があるのは対立に勝った方か、あるいは最初から徹頭徹尾対立無関係だった者だけ

星野にこの台詞を言う資格はないよ

ボロ負けしてる方のチームのメンバー他人事のように審判ヅラ勝手無効試合宣言してんじゃねえよ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん