「見出し」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 見出しとは

2017-03-28

http://anond.hatelabo.jp/20170328055511

弱小で格安なとこはどこだって危ないし、

てるみくらぶの例を出す以前にそんなの常識でしょ。

あげく「新聞なんかに広告を出している会社は将来性がないということだ」なんてとんちんかん結論見出したり。

2017-03-27

http://anond.hatelabo.jp/20170325194531

どこに価値見出しいるかの違いで貧乏関係いね

映画遊園地に行くようなアクティティ感覚で行くならスタバ(500円)は安い

コーヒーを飲むために行くスタバ(500円)は高い

増田は前者

友人は後者

金銭感覚だけで言えば友人の方が賢そうではある

2017-03-26

互助会アフィリエイターって要するにスパムでしょ?

テクノロジーカテゴリでさ、

SEO対策キーワード選定のテクニック!」

アドセンス収益をあげるノウハウ!」

月刊◯万PVに到達するまでに行ったこと!」

みたいな見出しの見るから互助会臭いアフィリエイト満載の記事よく見るじゃん?

僕はあまりその手の知識がない人間からしかしたら今から言うことはもしかしたら間違ってるかもしれないからもしそうだったら指摘してほしいんだけど、

あの手の記事って決まって「有益なことを書くためには」とか「読者に楽しんでもらえる記事を書く方法!」みたいなブロガーやってない人にもある意味有益になりそうな方法論とかはほとんどなくて、

いかGoogleアルゴリズム上の穴をついて検索上位に表示させてお小遣いを稼ぐか」に終始着目してる気がするんだよね。



SEO対策でいうキーワード選定とかって要するにさ、例えば自分が好きな女声優名前検索するとサジェストに「声優名前 彼氏』みたいな皆が興味を持ちそうなワードが出て来るじゃない?

それで検索すると決まって『佐倉綾音がすごい!彼氏結婚の噂は?』とかファンの興味を煽るような見出し記事が出てきて、

中身を見てみると

Wikipediaやらから適当に拾ってきてリライトしたような声優プロフィールとか最近活動概要

さて、彼氏結婚の噂についてなのですが……

(ここでやたら改行)

今のところよくわかっていないそうです。 』



で、締めくくられるような本当に1ミリも中身も何もないようなゴミのような記事、今だったら誰もが一度は見たことあるでしょ?最近だったらYoutubeとかにも多いかな。

でも、これらの記事はこんなウンコのような内容でも検索上位に表示されるし、いつも彼らの懐を潤している。

そう、あの彼らがいつもあの手の記事で言っている『SEO対策』の悪用によって今のネット社会はそうなってしまっているのだ。

要するに、彼らがよくテクノロジーカテゴリで言っている『アフィリエイトで稼ぐテクニック』っていうのは『こういうゴミ社会にバラ撒いてお小遣いを稼ごう!』と言っているわけで、

彼らのやってることって著作権やら薬事法やらに引っかかってないだけで、本質的にはWelqなんかと同じのなんら社会的意義のないどころか害悪しかないスパムに近い存在なんじゃないの?って思うんだけど、これ間違ってる?

大体さぁ、Googleアルゴリズムの穴を突くためだけにキーワードだけ先に決めて文章書いて、アドセンス規約違反に怯えて当たり障りのないことばっか書いて、それで面白いことが書けるかってーの。



彼らの存在違法性はないかもしれないが、少なくともモラルには反していると思う。法は裁けなくとも少なくとも増田村、はてなブックマークからは僕達の手でもっと糾弾して追放しないとダメだと思うんだ。

極端な女性優遇学校

極端な女性優遇ってどんなかと思ったら…出席名簿、男子が先ならよくあるじゃん。それをフェミニスト問題視した時の世間の反応は「考えすぎ。どっちが先だと偉いとかない。これだからフェミは」。それで女子が先だと「極端な女子優遇」か

名簿は男子から、生徒代表絶対男子、それを差別じゃなく当たり前だと一顧だにしなかったくせに逆の学校があるとこうやって問題校かのように言われるのか…「M友学園だけじゃない」って見出し酷いな、M友レベルの扱いかよ。

https://nikkan-spa.jp/1300774?display=b

金銭感覚の違いで罅が入る友情は偽りの友情

学生時代、みんなそこそこお金が無い時代

5~6人の仲が良いグループにいて、だいたい2~4人ぐらいで暇な人間集めて週に何度も遊んでた

お金ないけど、みんな酒飲みだったから酒は飲みたい

誰かの家だったり公園だったり、近所の国立大学敷地だったり場所はとわず



一緒に居るのが楽しかったし、お金なんてある奴が払えばいいってみんな思ってた

みんなそこそこバイトしてたり、高卒仕事してたり

「酒かおーぜ!」

「安いかジンテキーラだったりヲッカだったり)のボトルでいいよな」

「俺ストレートで飲めないかコーラ買って」

みたいな感じでコンビニの籠に酒やらつまみやらほりこんで。

「2000円やって」

「俺金持ってない」

「何百円あるの」

「300円、明日の昼飯代」

「今度払えよ」

今日金持ってるから1000円払っとくんであと出しといて」

みたいな感じでいちおうは割り勘だけどお釣とか適当だし、ずっと金欠の奴いたらいっつも少な目に払ってた



会社に入ってから

「飲みにいこー」

給料日前だからお金ない」

「じゃあ、あとの3人で割るから

みたいな感じ



お金があったりなかったりする奴は払ったり払わなかったりだし

大体金欠マンは大体「1000円しか払えないけどいい」とかいって他に負担してもらう



そんな感じで生きてたし、今もそうだから

友達と金感覚がずれたから付き合いずらくなるとかいう話が全然からないというか

それって友達ちゃうちゃうん? って思う



まあウチの友人が基本的に贅沢を嫌うというかただ高いものに魅力を感じないタイプ

無駄遣いしないから他の人間よりも金銭的余裕があったというのもひとつかもしれないけど



もう40代が近づいて来て当時の友人に社長もいれば派遣社員も居る

「飲みにいこーぜ」(社長

「今月金ない」(派遣

「おごるから」(社長

「ありがとう」

ですむんだけど。

おごられるほうも別にプライドないわけじゃない

こう書くと誤解されどうだけれど、

奢られるほうも、相手が奢る金額よりも一緒に居て楽しい時間価値見出してくれてると思ってるから



小学校の時に小遣いいっぱい貰ってる同級生にみんなでたかってたり、そんな経験もあったし

お金ってみんなで共有したらいいじゃんって思うの



あと女子って割り勘とか細かそうだなって印象

2017-03-24

稲田朋美森友学園国有地を巡る交渉への夫の同席を認めるニュースの各媒体見出し比較

稲田氏「夫が立ち会い」 財務局航空局協議地方地域12:29 琉球新報

 

稲田氏 “自分顧問弁護士ではなく 夫も売却に無関係” (政治12:04 NHK

 

稲田氏「夫が立ち会い」 財務局航空局協議政治11:20 毎日新聞

 

稲田氏、夫の同席認める 籠池夫妻と国側との話し合いに (社会11:13 朝日新聞

 

稲田氏、籠池氏の主張否定政治11:13 時事通信

 

稲田防衛相、籠池氏に反論 「会ったとしても10年以上前」 (政治11:10 日本経済新聞

 

森友学園問題稲田朋美防衛相小学校設置への関与否定政治10:21 産経新聞

 

籠池氏、稲田氏夫と「お会いした」最近まで接触か (社会10:03 日刊スポーツ

 

 

自分は、昨日の証人喚問を聞いていて、2016年国有地に関する森友学園と国との交渉稲田朋美の夫の事務所使用されていて立ち会っていたってことだけでビックリだったのだけど、そうでもない人たちもいるらしい。

今日稲田朋美の囲み会見で、稲田は夫の立ち会いを認めたが、その報道見出しの付け方に各メディア機関スタンスが表れている。

朝日毎日は、「夫が立ち会い」を認めた部分を強調した見出し。その点が最も重要トピック理解している。

NHK産経日経、時事は、稲田朋美が籠池の証言の一部を否定した点を重視して、見出しをつけている。稲田が認めた部分についてはスルーする形。

2017-03-22

子供背中を見ていない

子供が親の背中を見て育つなんて家業を継ぐ丁稚世界世襲世界出来事であって、

現代的なサラリーのお子様は親の背中に何も見出していない。

尊敬仕事姿勢もなく、オフのだらしない父しか見ていない。

パンツ評論家11からパンツの有無を見出したんだろうか。

おれは全く注視してなかったので知らん。

2017-03-21

やっとネットフラットになってきた

2000年中ごろや2010年前後2ch的、ネトウヨネット世界でもなく、その頃やそれ以前からオタク一強の時代でもなく、全体的に一色に染まった傾向など無くなりつつある。

ネットがようやく現実世界と対等になってきた証だろう。

このような傾向を「つまらない」と腐す人も多いが、その人たちはただの内輪感が好きなだけであり、メインストリームが内輪じゃないと気が済まない人たちなだけである

探せば君たちの好きだった濃いネットはまだ普通にある。それなのになぜ不満なのか。それは彼らが、「俺たちの世界であったネット」という一体感、内輪感に価値見出していたかである

色々なもの、様々な人に巡り合えるのがネットの良さなのではなかったのか?それならば、現状のような多様性こそ歓迎されるべきなのだ

2017-03-20

クリックベイト(Clickbait)とは

クリックベイト(Clickbait)とは、オンライン広告収入目的とし、特に品質や精度を犠牲にして、リンククリックさせようとする扇情的見出しや目を引くサムネイル画像を使った、ソーシャルネットワーク情報への転送助長するWebコンテンツを表す軽蔑語です。

クリックベイトの見出しは、一般的に「好奇心の隙間理論」につけこむことを目標します。それは読み手好奇心をかき立てるわずかの情報を与えるが、コンテンツリンククリックすることなくそ好奇心を十分に満たすことはできません。

歴史的観点からクリックベイトの作者が使う技術は、論理的に正しくよく調査されたニュースほとんどまたは全く提供せず、代わりにニュースの誇張、ゴシップの流布、または扇情的表現を含む目を引く見出し使用するイエロージャーナリズム派生品と見なすことができます

以上、米wikipediaより。

2017-03-18

http://anond.hatelabo.jp/20170318164545

からなんだけど

言語化できないんだったらさー

国語辞典の収載項目を最初から全部分析していって、それを順次どっかにアップするとかすりゃ誰かが何かを見出してくれるんじゃない?

2017-03-17

「できない」と言いたい人間

http://anond.hatelabo.jp/20170317155716

こういう人間は「~したかった」のではなくて、「~したかった」と言いたい人間しかない。

見出しによくある「~したい」とか、「~できない」と言っている奴らの9割方はこれと同じ。

本当に着たかったなら既に着ているし、着ないでアレコレ尤もらしい理屈に飛びついて忌避するのは、結局のところその程度の気持ちだってこと。

でも、その程度の気持ちだということで捨てきれないのもこのタイプには往々にしてあることで、そんな自分を慰めるために吐露するわけだ。

こうして、事実上は大したことをしていないのに大層な挫折話を自己陶酔して語る人間、“できなかった人間”に見せかけた“できないと言いたい人間”は各地に出没するわけである

ちなみに、これの最も分かりやす典型例は、「幼女になりたい」といったようなことを言っているアホね。

元増田とかの「ゴスロリ着たい」ってのは可能な部類なんだけど、「幼女になりたい」は物理的に不可能なのが自他共に分かっているから、“できなかったと言いたい”欲求けが色濃く出てきて醜悪

もしも本気でなりたいと思っているならば、そのものにはなれなくてもそれに近づくような言動を目指すもの

それこそおっさんだろうが何だろうが幼女っぽい服装や、そういった言動をしようとするだろうが、9割のやつらは本気でそんなことをやろうとはしない。

そういった過程すらなくて、ただただ“できなかったと言いたい”だけ。

まあ、過程があるだけ元増田はまだマシな部類ではあるんだけど、結局は本質的には同じことなんで。

あ~、メジャーリーガーになりたかったなあ。

2017-03-16

http://anond.hatelabo.jp/20170316220622

日本ではずっと日本語が使われてきたがこういう理論見出したやつはいなかった。

実際にあるかどうかでなく、あるとしたら説明しにくい理解しにくいのは当たり前で、だから俺としては数十人に一人とかを待っている。

http://anond.hatelabo.jp/20170316134133

男と女の奢りおごられの話が、なぜ急に婚姻率に飛躍しちゃうのかは

増田が、割り勘で飲みに行く異性の友人がゼロなんだろうなぁとか、

今まで友人同士だったけど、ここはひとつ、というタイミングデートに誘うなら奢るのが普通だけど

そういうデートもしたことないんだろうかとか、ひょっとして友人自体がいないんじゃとか

色々想像力が働いてしまうな。

結局、増田自身が金にしか価値見出していないから、周りもそういう風にしか見えないんだね。

お気の毒に。本当に、お気の毒に。

なんでも受け入れられるということは、なんにも受け入れられないということなんだがな。

受容という価値自体喪失している。

けもフレなんかに救いを見出してるアニオタってとんでもないバカだな。

2017-03-15

しっくりくる表現が思い浮かばない

一読者がした深読みを、「つまり作者はこう言いたいに違いない」と言いきってしまうようなことを何と表現するのかわからない。

作者にそんな意図はないにもかかわらず、読み手勝手に深いメッセージ性を見出したりこじつけたりし、その個人的解釈を作者の思いと混同してしまい、「この作者は作品にこんなメッセージを込めているに違いない」と言い切ってしまうアレ。

深読みでも歪曲でも代弁でも違う気がする。ストローマンちょっと違うかな。

しっくりくる表現が思い浮かばない。文章もうまくまとまらない。

2017-03-13

実際のところ、まん○ちん○を余裕で晒す社会になったら、誰も気にしないよな。



まん○にそうとう近い存在と思われるお口の中なんて、しゃべってるときに見放題なのに、この世のオトコドモときたら口の中に指突っ込んでおっぴろげて中身確認しようとしたり、はては欲情するようなやつなんていないもんな。

いつでも見られるしお上禁止令もでてない、加えて女子側もあけっぴろげが当たり前で、恥じらいどころか一切の照れもへったくれもないもんだから、いまやそこになんの価値存在しない。

昔の高貴な身分女性は、常日頃から口元を袖で隠し一切見られないようにして男性欲情をあおってた節も見られるけど、とうの昔に口の中は余裕で晒す社会に変遷してしまったので、その行為からまれ女子力ひとつと、それに価値見出し男性側の欲求みたいなものはもう失われた。



まりまん○に神秘なんてものはなくまったくの幻想

常日頃からガードしているものをどうにか視界に入れたときプレミアム経験~つまり宝くじに当たったのと同様な瞬間~と、それを見られないために必死に抵抗する女子精神面の揺らぎを楽しむことが実に心地いい~つまり完璧セクハラですね~からまんこがみたくなるだけ。



その両方がなくなれば、猫や犬の局部となんら変わらなくなり、秘密の花園一般公開されたハウステンボス薔薇園くらいにいつでもいけるしどうでもよくね?くらいの感じになる。

2017-03-10

本郷のMitteが好きだった話

好きだったというより好きなままだけれど、好きなことは少しも過去にはならないけれど、たまには思い出話をしよう。

本郷三丁目交差点の沿いにMitteというお店がある。私はそこが好きだった。頻繁に通ったとは言い難いけれど、お金をきっちり落とす優秀なパトロンだとは言い難いけれど、それでも私はそのお店が好きだった。そのお店は今日が店仕舞いの日だった。だからたまには思い出話をしよう。

もとより古い文具とかそういうものが好きなのだけれど、Mitteのことは他のどこの古い文具を扱うお店よりも好きだった。

どんなに外が寒い日でもお店の中が温められていて好きだった。色々なものが所狭しと並んでいて、ただ眺めるのでなくかきわけるように探していいものを見つけるのが好きだった。それで何かを買おうとするとお店の人が話しかけていろいろ教えてくれるのも好きだった。

私は街中の服屋や電気屋なんかで話しかけられるのは全然きじゃないけど、Mitteでお店の人の話を聞くのは好きだった。ものを一つ買うにも、そのものが経てきた色々な経路とか歴史がある。私は古いもの固有のそういう遍歴が濃ゆいところが好きなのかもしれない。ものにまつわる話を教えてもらって、共有して、そのお話ものを連れて帰るような、いつもそんな気持ちでお会計をしていた。

買うのでなく連れて帰るのだった、というのが分かってもらえるだろうか。いいものを延々と時間を掛けて選び抜いて、抱える掌の熱で生温かくなってしまったようなのをレジに持っていったとき、お店の人がいいものとの別れを名残惜しむように値付けをしてくれるのが好きだった。

値付けもふつう古文具の相場に比べてずっと良心的だった。本当にそんな額面でよいのか疑いたくなるくらいだった。なんでもかんでも安いことが素晴らしいと礼讃する気にはなれないが、良心的だったことは間違いのないことだ。

それからこれはとても個人的な話で、これから述べることがMitteを訪れた全ての人へのもてなしだったとは少しも思わないが、私はお店の人が紅茶コーヒーお菓子を出してもてなしてくれることも好きだった。その場所長居して構わないような気分になるのだった。何時間長居をして結局買うのはほんの千円だとか数千円が関の山なのだが、それでも居心地良く何時間でも吟味をさせてもらえるような場所は、世界広しに古雑貨屋多しといえど、私個人としては、ここ以外には無いと思う。

Mitteはお客さんで混み合うことが少なかった。採算がとれるか否かでいえば勿論悪いことだが、自分勝手なことを述べるのがもし許されるなら、私は自分以外のお客さんがいないMitteでひたすらものを選ぶのが好きだった。

混み合っているようなのはどうも落ち着かなくて苦手だ。繊細なものばかり並んでいる棚の前を人間が往来するのは落ち着かないものだ。その点あの場所はとてもいい場所だったのだ。それで前述のとおりもてなしまでいただくと、ああ自分の部屋もこんな風だったら素晴らしいのにな!と思わずはいられないほど素敵だった。

Mitteはいものがどうしてと思うくらいに取り残されている不思議場所だった。東独の宇宙豆本なんかあまりにも素晴らしいもの一目惚れだったが、私よりかは宇宙好きな人の元に渡った方がよかろうと思い、一度見送って、数ヶ月後まだあって、まだ見送って、それから数ヶ月後の三度目にようやく、こんなに可愛いものを誰もまだ迎えないなら、私がさらって行ってしまおうと思ったものだった。さらわれた豆本は私の狭い部屋の狭い古文具入れの中に収まっている。少し運命が違えば東独博物館ガラスケース入り豆本の仲間だったかもしれないのに、豆本も数奇な運命を辿っているものだ。

それでも私は冒頭に書いたように、自身が優秀なパトロンになれなかったことを悔いている。続いて欲しいものお金を落とすことの重要さを今までもわかっていたつもりだったが、それでもやはり手を尽くせなかったように思われる。行きたい場所や欲しいものは、それがある内に大切にしなければならない。

重ねて書いておくが、お茶お茶菓子などの応対についてはされた人もされなかった人もいると思うが、そのことで何人たりともお店に文句を言うようなことはあってはいけない。私以上のもてなしをされた素晴らしいパトロンだって居るであろうし、私はそのことを悪いと全く思わない。逆に初めてそこを訪れた人などは相対的に落としたお金が少ないのであるから、もてなしのないこともあるであろう。もてなしは無償ではないし当たり前のものでもない。それが普通だなんて少しも思わない。それらは身に余るような優しさだったと今も思っている。食べ物は消えてしまうが、もてなしを受けたことは消えないので良い。

私は、そして私を含む古文収集家や古雑貨好みの人々はみな、永遠などないことを知っている。東独もソヴィエトもも現代にはないものだ。それでも自らが通った場所現代でなく過去になることは、どうしてこんなに厳しい気持ちになるのだろう。もう終わったもの過去のもの、二度と戻れないものにこんなにも執着し心惹かれながら、自らにとって現代と思われたものが同様になるのをどうしてこんなに悲しく感じるのだろう。

Mitteには現代の品物も置いてあったことを分かった上で述べるが、古文趣味や古雑貨趣味というのは、大きく括ってしまうと、使い終わったもの、行き場をなくしたものに、また新しい行き先を見つけていく趣味なのだと思っている。あの場所から幾多のものの新しい行き先を見出した私は、私たちは、私たち自身の行き場をひとつなくして、一体次はどこへ行くのだろうか。

それでも次の行き先をまたひとつ、そのうち見つけられるのだろう。そうやって集めた行き先の中にまだ何らかの形でMitteがあることを、私は知っている。だからなんてことはない。これは別れの挨拶でもなんでもなくただの思い出話だ。またね。

急速に支持を集める “が” から追い詰められる “を”

「を」の代わりに「が」を使う事 “が” 決定

「を」の代わりに「が」を使う事 “を” 決定



記事見出しのように体言止めで使われてた “が”

それが今や特に強調するとこでもないのに “を” より “が” の使用頻度が高くなっている

それによって新たな問題点散見されるようになった



「を」の代わりに「が」を使う事が決定 “した”

「を」の代わりに「が」を使う事が決定 “された”



上記どっちでも違和感がない人もいるみたいで受動態の “された” が正しい筈なんだけど違うの?

2017-03-08

バカMarkdownTODOリスト作るぞ!と思ったけどやめた話

最近Markdownを使ってやることをリスト化すれば捗る!って内容の増田を見た。あれすごいよね。

そこでやるべきことを把握しきれず失敗するマンの俺もMarkdownを使おう!と思った。

ちょうど今日やるべきことがいくつもできたし、いい機会だな!とも思った。

で、Markdown勉強し始めて3分で気付いた。

……別にEmacsorg-modeでいいじゃん、これ。

日常的にjunkファイルに好き放題.orgなメモを書き散らしてんじゃん。

はてな記法見出しや箇条書きに微妙互換性あるから増田に書くことorg-modeで下書きしてんじゃん。

それどころか忘れそうな用事org-modeでC-c c tで登録したりC-c aで表示したりやってんじゃん。

それつまり目の前のこと以外だったらもうTODO管理してるってことじゃん。

しかorg-modeでやるべきことリスト化してから気付いたけど、あそこでイチからMarkdown記法勉強してたら、結局やるべきこと手につかなくて、全部台無しになってたじゃん。



超ド級バカだわ俺。

2017-03-05

(毒)親との距離感

親に育ててもらったことへの借りを返す必要はない

人間的に尊敬できない親のことを感謝する必要はない

これから自分のことは自分自身で引き受ける。親には投げない

自己効力感を奪う親の存在は、人生のかじとりをしていく上で大きな障害である

もしほんとうにヤバいときはこちらから連絡するし、逆の場合も親を受け入れる


もう親とはこれくらいの距離感でやっていこうと決めた

親のせいでも親のためでもない、自分人生自分のものである

人によっては、このような親離れ・子離れのステップはあたりまえで、無意識的に達成されることかもしれない

しかし、親が自分のことを無力化して自己存在価値を高めようとする以上、こちらから決別するしかない

一度開けてしまったくさいものに再びフタを閉じてしまうことは、もうできない


父親は母を拒絶して家庭に居場所を失い、ワーカホリックとなってうつ病で死んだ

母は勉強しかできない無愛想な自分に、そんな様子じゃ社会でやっていけるはずがないというレッテルを張り続けた

そんな自分社会参加や人との交流を恐れ、もれなくうつひきこもりを経た。うつはまだ寛解への途中である

ところが、いざ働きはじめてみたら意外となんとかなっていて、業務以外の雑談すらできるようになっていた

それと同時に、母に植え付けられたセルフイメージのせいでずっと苦しみ続けてきたことへの憎しみが抑えられなくなった


正直なところ、自分は軽度のASDかもしれない。いわゆる「愛着障害」というものにも該当すると思う

勉強ができることで親が喜んでいると思っていたら、じつはそんなにデキのいい子どもはいらなかったらしい

世間から見ればうらやまれるような大学に入ってしまったが、そもそも母は「学び」や「教育」価値見出していなかった

母は死に体自分に、生産工場検査をするような仕事ならいくらでもあるから早くうちに戻っておいで、と言い続けた

そんな自分も、なにかの間違いでいい大学に入ってしまったが、本当は大卒になることすらおこがましい存在であると思っていた


ところが就活社会参加への恐怖とあいまって、母の望まない学問研究の道に逃げ場を見出し博士号までとってしまった

ただし心の奥では、また身の丈に合わない経歴をつくりあげてしまった、典型的高学歴ワーキングプアの完成である、と自虐していた

重度のうつと復帰のサイクルを繰り返していたころ、幸か不幸か地元にある大学教員ポストの紹介がきた

そのときうつ症状がマシだったので、ここで逃げ出してはいけないと思い、紹介を受けた

しかし次第に、また自分能力とは見合うはずのないところへ踏み出そうとしていることを自問し、うつに舞いもどった


それでも、やっとこれで親を安心させられると思い、安堵している部分があった。面接でも、なんとか健常人のフリをして押し通した

しかし母にとって、社会参加ができない無力な自分実験の「お手伝いさんしかできない存在であり、大学教員になるなどとは想像だにしていなかった

不安に耐えきれなくなって母にほんとうの気持ちを打ち明けたとき、なんでもっと身の程を知って行動しなかったのか、と責められた

今度も「お手伝いさん」の仕事をするのだと思っていた、こんなことになるなら、もっとちゃんと話を聞いてわたしが食い止めるべきだった、と言われた

自分も同じように反省した。自らの無力さにもかかわらず、できるようなフリをしてしまったことへの欺瞞からくる罪悪感で、心がツブレた


ところが今どうなっているかというと、上司ボスとは円滑にやっているし、決してデキのいいとはいえない学生たちをいかモチベートさせるか試行錯誤している

ある日、自分主体的に考えたり行動する能力がなく、いわれたことすら満足にできない無力な存在であったはずなのに、何かがおかしいと気づいた

たまたま自分に合った仕事につけて運がよかっただけかもしれない。しかしこれまでのセルフイメージとは全くことな自己の振る舞いに、自分自身がおどろいていた

もちろんクスリ底上げされている要素はかなり大きい。ただそれ以上に、自己像が根本から書き換えられていくようなフローがあり、かつてない大きな地殻変動を感じていた

これまでに双極性の症状を示したことはないが、このある種の成功体験がまた新たなうつの引き金となる可能性は当然あり、注意しないといけないと思う


地元に戻り、母から物理的な縛りつけを受けることによって、これまでの精神的な抑圧やダブルバインド的な母のやり口に気づくようになった

それからカウンセラーメンター意見も聞き、たどり着いた自分なりの結論が冒頭のものである


これから親との距離感を調整していく過程は、かなり難航するだろう

でも、そのことの負担リスクを引き受けた上で、自分自分のために行動することを決めた

2017-03-02

ポエム

#なぜ人は

#ハッシュタグ

#ポエムみたいにするのか



#なんで改行なのか



#一部の文化圏の人は

#こんな書き方をすると

#番号付きリストだと

#番号付きリストの下書きだと

#思うに違いない



#もしかしてはてブタグ

#こんな風に文章

#つけておられる人とか

#いたりして



#検索しにくくないのか



#自分手帳ノート

#こんな中途半端文章見たいな

#分類とか見出しつけてるやついたら

#手痛さすごい

岩岩岩岩2017

つやつやとしアスファルトがかぜに流れていた雨なのか橙の電車反響し弱く光を吸っていたブロックの中をブロックした顔つきの犯罪者風の男が現在に落ちていたトランプという語感の白黒に気が滅入りその配置を日常見出しては驚くという作業喧騒と多くの敗北により霞んでいたある日のことがある日のことではなく用意されていたことに乗り上げた男は目だけを笑顔で天に突き立てたおれがやったという悲鳴はもう遅いものだった わんわん 

もちろんごめんなさい

2017-02-27

低炭水化物ダイエットという好きなものを食べるだけ。

はてさて、彼女にきつい一言言われて、これ以上太ったら男として見られないなんていわれちゃそりゃダイエットせなならんよな、と。とはいえ、30歳を過ぎて痩せるっていうのはとても難しいなんて意見散見されるわけだから、どうしたらよいものか。と考えた末にサラダチキン炭酸水鯖缶の水煮とゆで卵を山ほど食べて、飲んでお腹を満たすということを見出した。きょう一日目だが、サラダチキンは皿がないと食べにくい、あのパックに少し残っているお汁ね、あれ美味しくて好きなんだけれど、床とか机に溢れるリスクが高いからあまり歓迎はできない。いや、ちゃんと台所で汁を切って食べなさい、という話なんだけれど、台所のあるところでご飯食べてばかりではないので、カラッカラにしてパックしてくれないもんだろうかね。で、炭酸水、こいつはウィルキンソン圧勝コンビニによっては自社ブランド炭酸水置いてるところもあるけれど、炭酸が弱い、お前だよセブンイレブン、ので、ウィルキンソンをぜひ置いてほしい。近所のセブンイレブン

おれを傷つけるのは許さないの論理だよなぁ

あんなに攻撃的なのが多いのも勝手に傷ついて勝手被害者ぶって勝手攻撃し返す正当性見出してるからだろう

件の記事をよく読めばわかるように、残業禁止はぜったいにやめてくれ!なんてどーこにも書いてないのに。

記事自分被害が及ぶかのように解釈して決めつけるマヌケ脳のブクマカ

http://anond.hatelabo.jp/20170227072354

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん