「教育」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 教育とは

2016-07-30

東京都知事候補鳥越俊太郎

転載

こんにちは鳥越俊太郎です。

私には、東京をよくする4つのプランがあります

 

まず、住むこと。

高齢者住まいを確保し、待機児童ゼロを目指します。

介護士や、保育士処遇改善が、鍵になります

 

次に働くこと。

仕事生活が両立しにくい社会改善します。

長時間労働ブラック企業規制

最低賃金底上げに取り組みます

 

そして環境災害のこと。

再生可能エネルギーの普及によって、

原発依存しない体制を作ります

分散型のエネルギーの推進は、災害時にも役立ちます

 

最後に、学ぶことです。

まれ場所によって、

受けられる教育格差があるのは、おかしい。

奨学金問題や、幼児教育など

私は誰もが平等教育を受けられるための都政を行いたい。

 

働いている人を大切にし

保育園待機児童介護生活環境問題真剣に取り組む。

それが、私の政策です。

 

東京都知事として、エキスパートを集め、

問題毎のプロジェクトチームを立ち上げます

どれだけ時間がかかっても、やり切ります

フルマラソンを完走したように、私は最後まで頑張ります

 

私と一緒に、東京を作りましょう。

あなたの力を、貸してください。

 

あなたに都政を取り戻す 鳥越俊太郎

────────────────────────

 

東京都知事候補 鳥越俊太郎

Facebook http://facebook.com/torigoeshuntaro

Twitter http://twitter.com/shuntorigoe

公式サイト http://shuntorigoe.com

 

anond:20160729210942

単純に子どもが好きなだけなんじゃないかと。

高校生まで女性と付き合ったことのない男なんていくらでもいるし、学校で仲のいい友達がいなければお母さんと一緒に居たくなるのかもしれない。

人前でもずっとラノベを読んでるあたり、母親教育がうまくいってないのは確かだけど、それはその子のせいじゃないと思う。なのにその子犯罪者予備軍扱いするのは強引かと。

本当に子どもラノベ以外に好きなものがない、哀れな子にも感じられる。LINEで声をかけても無視、っていうのは、周囲の声に耳を傾ける気がないということの現れだと思える。増田が何をしてもたぶん届かないだろう。

周りの人間がまともに考える頭があるだけで防げるほど犯罪抑止簡単ものじゃない。

大丈夫、きっと凄惨事件なんて起こさないはず。

2016-07-29

http://anond.hatelabo.jp/20160729141916

幼稚園とか保育園とき運動会でみんなで手を繋いで一緒に一位になる教育受ければ消えんじゃね(ハナホジ

ごみ拾いやってる子供うけるw

社会理不尽教育なのかな(核爆)

例の事件きっかけに。僕は少しだけ考える。<感情労働視点から

わたし精神科看護師をしています

相模原市事件を受けて、様々な意見が出ていて、いろいろと考えさせられています

とくに「重度の障害を持つ方に対するケアワーカーの陰性感情」についての議論には、様々な方向から風が吹き荒れているようにも感じました。


そこで私は、今回の事件を受けて「感情労働」とケアワーカーメンタルヘルスについて、少し整理してみようと思いました。

(様々な論点があると思います犯人病理などについては僕には分かりかねる部分が多すぎるので言及は避けます


感情労働(Emotional Labour)とは 1983 年アメリカ社会学者A.R.ホックシールドにより提唱された概念です。[1]

この概念は非常に有名ですので、ご存じの方も多いと思います

 

肉体労働はその肉体での労働を対価として賃金が発生します。

頭脳労働ではその頭脳での労働を対価として賃金が発生します。

感情労働は――肉体労働頭脳労働と同様にーーその「感情」が賃金と引き替えに売られるのです。

感情が「交換価値」を有していると考える訳です。

言い換えれば、感情労働を行う労働者は「上手にその感情管理し、それを提供し、自らの感情と引き換えに雇用者から賃金を得ている」とも言えるでしょう。

この感情労働を行う労働者としてホックシールドは,客室乗務員さら教師看護師なども例として取り上げていました。



さて、私自身も経験がありますが、重度の障害を持つ方に対し、長期間日常生活ケアを行っていると「穴を掘っては埋める」作業毎日しているような気持ちになることがあります

そんなとき患者(あるいは利用者場合もありますが、ここでは患者統一して表記します)に対して陰性感情がムクムクと湧いてきます

これは、患者自身が強烈なストレスや混乱の中にいて、言い様のない攻撃性を援助者に向けていることとも関連します。

患者が抱えるストレスや混乱と同じような感情看護者は感じてしまうのです。

「なんで、言うことを聞かないんだ!」「どうして、噛みつくの!」「何度言ったらわかるの!」と心のなかで大きな声で叫んだことは数えきれないほどです。

ケアする人とされる人の間にはーーもちろん、その関係に限ったことではありませんがーー「感情対称性」があります

(逆に考えれば、「自分自身感情から患者の感じていることを推察することができる」ともいえます。)

こうした無意識プロセス理解をすることは自身感情コントロールするために役に立ちます

しかしながら、このことに一人で気がつくことは、かなり困難であると私は考えます

感情労働概念や、感情対称性について、ストレスマネジメントについての十分な教育や、あるいはスーパーバイザーを交えたデブリーフィングセッションを行っていく必要があると思うのです。でも、現実には、そうしたことはケアワーカーの間では殆ど行われていません。

積み重ねられた陰性感情は、罪悪感や攻撃性、無力感に変化していきます学習された無力感自尊感情の低下や自己効力感の低下も引き起こします

そして、それらはある日、まるで波が引くようにものすごい力で『反転』することがあるのです。


また、前述までと矛盾するようですが、近年の研究では「感情労働は一概にメンタルヘルスに対して悪影響となるものではなく、顧客スタッフとの相互関係から職場にとって良い影響も与えうる」ともいわれるようになってきています。その肯定的な側面として達成感の向上や患者とのつながり感覚を強めること、職務満足感を高めることなどが述べられているのです。

感情労働はそれそのものが罪な訳ではない」と私は考えます

「よくコントロールされること」「よいものとして認知されるようにすること」が大切なのだと私は思うのです。

介護労働者待遇改善などの労働衛生管理については各所で述べられている通りだと私も思います

しかし、ケアワーカーメンタルヘルスに関しては金銭面だけでは解決できないものもあると私は考えているのです。


私は、今回の事件のもの犯人に対して、ある種の憎らしさや強烈な嫌悪感を感じています

当然、許されることではありません。

ただ、私は同時に、どうして今回のような凶行に至ったのかにとても興味があるのです。


同じような事件を繰り返さないために。

自分自身が、同僚が、家族が、被害者加害者にならないようにするために。

社会としてどうしていくべきか。

医療システムはどうあるべきか。ケアはどうあるべきか。

ケアワーカーメンタルヘルスに関してはどう捉えたらよいのか。

わたしたちがコントロールできることとコントロール出来ないことはなにか。


リエゾンなどに携わる専門職が率先し、十分な議論を行い、実施可能な具体策を挙げていけるといいなあと僕は思ったり考えたりしています



武井麻子先生は『感情看護』[2]の中で、Winnicottを引用しています。(P.263)

最後にそれをご紹介したいと思います



ウィニコットは、無慈悲にも自分を怒らせる赤ん坊ケアする母親について、このようなことをいっています

 母親赤ん坊を憎むことを、それをどうこうすることな容認できなければならない。母親赤ん坊に対して憎しみを表現することはできない。[中略]母親に関して最も注目すべきことは、自分赤ん坊によって大いに傷つけられながら、子ども報復しないで大いに憎むことができる能力、そして後日にあるかもしれない報酬を待つ彼女能力である

 同じようなことが看護師にもいえるのではないでしょうか。自分を傷つける者(それは患者であるかもしれませんし、そうでないかもしれません)を憎むことを看護師容認しなければならないのです。」


<参考文献>

[1] A. R. Hochschild, 室伏亜希石川准, 管理される心―感情商品になるとき. 2000.

[2] 武井麻子, 感情看護―人とのかかわりを職業とすることの意味 (シリーズ ケアをひらく). 2001.

[3] パム・スミス, 武井麻子と前田泰樹, 感情労働としての看護. 2000.

[4]Huynh, T., Alderson, M., Thompson, M. (2008)Emotional labour underlying caring: An evolutionary concept analysis. Journal of Advanced Nursing, 64(2), pp.195-208

[5]Benner,P.&wrubel,J.難波卓志訳,現象学人間論看護,医学書院,1989.

力強い日本を取り戻すために無能政治家たちと電通を追い出そう

無能政治家洗脳教育を施してきた電通、その他新聞各社を追放しよう

内閣国民の手に返せ、国民政治を返せ

政治無関心に教育された数十年で無能でも構わなくなった政党たちの罪は重い。

そしてそれに疑問を持たなかった国民の罪も。

企業政治をさせろ。

政府民営化しろ

まともな仕事をしていないのに親の金権力政治家になったやつらに

どうやって国を建て直させることができる。

偽善しか頭にない無能にどうやってGDPを上げることができる。

民間エリート政治をさせろ。

実力者に政治をさせろ。

本当に命を賭けて国を良くしたい人間政治をさせろ。

政治家、要らない。

政治家、要らない。

政治家、要らない。

2016-07-28

必死過ぎるw

偏差値意味もわかってなさそうなのに偏差値教育否定して一人で喜んでいるw

それでやってることが昼間から増田で自慢って日本教育費をドブに捨ててますよね

子供の頃、寝る前に母が絵本読んでくれたの楽しかったなー。

母が真ん中で私と弟が両脇で母が絵本読んでくれるのを聞くんだけど、私と弟は3つ離れてるから私は字をさっさと読んじゃって「早く次のページに行かないかな~」って思ってた。

でも、「私はこれを読む!」って1人で読んだりはしないw



あと、学研だか何かで図鑑を買ってくれて、「ここに置いてあるから好きなときに読んでね」ってしてくれたのもよかったなぁ。

「読みなさいね」だと読まなかったかもしれない。

算数とか動物とか植物図鑑、全ページカラーだったか結構高かったんだろうなぁ。



他にも教育に関することは何でもしてくれた。

私も弟も塾には行ったことないけど、読書好きで上位の成績を保ててたのは母のおかげだと思う。

語るって難しいよな

http://anond.hatelabo.jp/20160728001051

>その言葉で、当時の自分のように未来絶望してしま少年少女いるかもしれないから。

大人教師役も結局自分人生・経歴をコアにして語るわけなのだけど、それにもまして思わぬ解釈されることもあるからな、教育・部下指導子育てほか。まあ、自分だって子供のころに見聞きした本・テレビラジオ大人から言葉に早合点や勘違いしてきたわけだけど。

うのみにしないで自分でも確かめよ、ひとそれぞれなこともあるから、と予防線を張っておくくらいかな、こちらができることは。

2016-07-27

http://anond.hatelabo.jp/20160727151937

アドラー「『正しい家庭環境』なんてものサザエさんクレヨンしんちゃんの中にしかねえよ。殆ど全ての家庭は教育ママだったり浮気パパだったりの問題を抱えてるもんだし、家庭環境理由にするのはクソ雑魚ナメクジ

http://anond.hatelabo.jp/20160727101415

本当に1個前の増田しか読めないんだな。海馬を損傷してるとか何かなのか?

俺が言ってるのは最初に書いた以下の話だけ。悪いとか悪くないとかいう話も、義務などという話も、何を与えたいと思うかという話もしていない。

いっつも疑問なんだけど、自分子供の頃に与えられたかった体験教育文化自分じゃなく子供に与えてその子供がそれを当然だと思ってスクスク成長していくなんて我慢ならなくないか

それともやっぱみんな自分は満足するまで十分に与えられて育ったという自覚を持ってるから他人に与えようみたいな発想になるの?

http://anond.hatelabo.jp/20160727054734

http://anond.hatelabo.jp/20160727101211

で、

自分子供の頃に与えられたかった体験教育文化

であろうが、そうでなかろうが、子供に与えたいことを与えればよい。

で、なにが悪いんだ?

http://anond.hatelabo.jp/20160727100920

「そういうこと」は「自分子供の頃に与えられたかった体験教育文化」に決まってんだろ。

1個前の増田しか読めないマルコフ決定過程かなんかなのかお前は。

http://anond.hatelabo.jp/20160727052335

いっつも疑問なんだけど、自分子供の頃に与えられたかった体験教育文化自分じゃなく子供に与えてその子供がそれを当然だと思ってスクスク成長していくなんて我慢ならなくないか

それともやっぱみんな自分は満足するまで十分に与えられて育ったという自覚を持ってるから他人に与えようみたいな発想になるの?

http://anond.hatelabo.jp/20160727031227

ネトウヨではありませんが?

健康で文化的な最低限度の生活保障されている健全で善良な日本国民です^^

この国を憂う人たちがキチガイ殺処分大義名分のもと決起する分には好きにすればいいと思いますよ^^ひとりだけでは足りません。もっと立ち上がるべきです。

真の愛国者ならば、模倣犯に甘んじるとしてもその産まれた責を果たすべきですね。

http://anond.hatelabo.jp/20160727031600

区別差別ではない、これが言い訳に聞こえるとはどういう教育を受けているのでしょうか?

そんなにキチガイ大事なら皆さんで引き取って育てればいいのでは?

反出生主義的な考えと精神病的な被害妄想重要な点で似ているかもしれない。

どちらも根本にはそう主張している人が実際に苦しみ続けているということがあり、

その原因や責任自分ではないものに負わせているという点で似ている。

違う点は、反出生主義的な考えは責任はともかく原因については間違っていないと思うが、

被害妄想は原因の説明がまず間違っているところ。



反出生主義的な考えはたとえば次のようなもの

自分が生まれたことは自分にとって悪いことで、

自分が生まれる原因となった行為をした当事者や、

そのような行為を許容・推奨・祝福する世界観を共有・教育する社会は悪い。



精神病的な被害妄想で、しばしば悪の秘密結社とか、宇宙人とか、悪魔とか、

現実にいる人間ではあるが、その精神病者妄想の中で超人的な力を与えられたもののような、

中心的迫害者の役割を、「社会」が負っている。



さらに言えば、精神病的な被害妄想の人は中心的迫害者の悪影響さえ取り除けば、

自分のひどい苦しみはなくなるという希望・願望があるかもしれないが、

反出生主義者的な人は、自分自身がなくならなければ、

自分の苦しみはなくならないと思っているかもしれない。

家族こじらせた

典型的機能不全家庭と、典型的子ども放置系家庭の家が近かったのが、全て悪かった。

自分は、どことなく家での居心地が悪かった。

幼なじみ兄弟たちは、自営業の両親が夜中にならないと帰ってこないことが、兄弟が何人いようと寂しかった。

需要供給完全に一致してた。小学生にあがってしばらくしないうちにはもう、一日中幼なじみの家に入り浸ってた。

小学生になったからって、情操教育に手を抜いたら駄目なんだね。

自分は、帰るべき安心できる「巣」の認識がごちゃごちゃになった子どもだったと、今では思う。

どっちが本当の家か、どっちが本当の家族か。

名目上の家庭と、心がある家庭が別々になってた。

夕方になると自分だけ別の所に行かなきゃいけないのが嫌だった。自分だけ一緒に夕飯が食べれないのが悔しかった。みんなと一緒に雑魚寝して眠れないのが寂しくて仕方なかった。

でも、そんな混ぜこぜの慣れ合いが許されるのは小学生まで。中学にあがる頃には、幼なじみたちも成長したのか、もう兄弟だけで充分みたいだった。

最初からそうだったんだけど、段々自分だけ「よその家の子」になって、「兄弟」じゃなくなっていった。あんなにずっと一緒に居たのに。血はつながってないけど兄弟だって言い合ったのに。

幼なじみ兄弟から「本当の兄弟じゃないから」って扱いに下げられて、何処にも居場所がなくなって、焦った。

かといって血縁がある本当の兄弟の方は、情がなかったと言えば嘘になるが、もう家庭という土台部分が駄目過ぎた。人数が居た分兄弟だけでも成り立つようになった幼なじみの家と違って、うちの家は親兄弟がいくつになろうが、血縁のある他人のままだった。

幼なじみ兄弟の輪にもう入れてもらえないなら、自分も本当の家庭に戻るべきなのかとも考えた。

家庭全体は駄目だとしても、せめて兄弟間だけでも本当に家族になれればと、馬鹿みたいな恥ずかしい努力もした。けど、自分みたいに家の外に支えを見つけられなかった他の兄弟は変にこちらに依存してきただけで、多角的関係なんか全く築けなくて、気持ち悪くて、嫌になって、やめた。

子どもだったし、不器用だったし、こちらがいろいろ自分勝手にし過ぎたせいでもあった。

結局、家族という群れの認識をこじらせた自分は、本当の家族の中にも戻れず、幼なじみの家にも当然行けず、どちらも捨てる為に地元を出て、今は東京にひとりで住んでる。

存在を忘れられたくなくて、惨めだろうが必死幼なじみ兄弟に食いついてたこともあった。でも、大学に入って少し地元から距離ができた隙にやっぱり忘れられてしまった。幼なじみ兄弟たちは、大人になった今でも近くに住んで協力して暮らしているのに、自分に対しては東京に長く遊びに来るときにすら連絡ひとつくれなかった。というかそもそも、こちらから連絡しないかぎりもう連絡なんか来ない。幼なじみ兄弟のうちひとりが結婚して、お祝いを用意したから渡すよ・受け取るよという約束もしたが、それも忘れられてて、プレゼントはずーっとうちに放置されたまま。

とっくの昔にウザがられているのはわかっている。小さい頃の慰め合いにいつまでも固執する自分が悪いのだ。

でも、自分にとっての家族兄弟は、幼なじみたちだと刷り込まれしまったんだ。全てがおかしいと気付いた時にはもう修正できなかった。

あんなに懐深く招き入れておいて、やっぱりいらないって急に蹴り出したことを、少しは酷いと思ったっていいだろ。

自分にはもう家族ってのがよくわからない。作れる気がしない。距離感がわからない。

本当の家族も、幼なじみたちも、自分も、たぶん誰も悪くないんだけど。どうしてこうなっちゃったかな。

ただ、ずっと一緒に居たかっただけなんだけどな。

2016-07-26

http://anond.hatelabo.jp/20160726181122

馬鹿なのに馬鹿という事実を受け入れない方がどうかしてる

理解力がないんじゃなくてそもそも心理的理解を拒んでるから馬鹿にされるんだよ

既に煙草=悪という洗脳教育が染み付いてるからマインドコントロール完了しちまってんだな

ポケモンGOって、覚醒剤犯罪と同じぐらい罪深い行為だと思わないのか

ポケモンGOなんてやめちまえ いつから日本人はこんなバカばっかりになったのか。

さな端末に時間を奪われる。右を見ても左を見てもスマホを手にウロウロ。

道を歩けばポケモンGO電車に乗ればポケモンGOポケモンを捕まえたら何かいいことでもあるのか?

人生の大切な時間を、暇だからと言ってゲームに興じる。

ポケモンGOだけじゃないけど、携帯ゲームに費やす時間と労力って何かを生み出すのか?

何十万点も得点を上げたとか、そのためにお金を入れ込んだり。

一度やりだしたら、何となく続けてしまう。覚醒剤と一緒じゃねえか。

止めれないんだろう。

IT産業の発展のため?

日本経済を盛り上げるため?

日本人って、もっといいものを作ってこなかったか

パチンコもそうだけど、爺婆の年金を奪い取っていく社会が、求められる未来なのか?

若者の大切な時間友達と話す時間人生を悩む時間、それらを全て奪っていくのが携帯ゲーム

そんな商品が世の中の役にたつものなのか?

ゲーム会社バカ野郎達へ。

アニメ文化マンガ文化ゲーム文化なんて言うんじゃねえよ。

お前達が作り出しているのはただの金儲けの道具じゃねえか。

バカ子供達を育てるための電子教科書じゃねえか。

友達と話す時間も惜しんで熱中する、わがまま若者増長するバイブルじゃねえか。

マクドで向かい合って座る二人が何も話をせず、お互いの携帯をいじっている。

カップルでも同じ。先日も、女子同士二人が居酒屋で話もせず、携帯をいじっていた。

バカじゃねえの。

何が楽しいの?

それを個人主義と主張し、それが自由というなら、それは間違っているんだよ。

この地球は、自分たち以外の命も一緒に生活しているんだよ。

そのどれもが尊いものなんだよ。

人間が一番偉いんじゃないんだよ。

携帯をいじいじ触っている皆さん。そんなに時間と金を持て余してるなら、その時間と金被災地ボランティア活動にでも使えば?

あなた活躍出来る場所ができるよ。

多くの人から感謝されるよ。ポケモン捕まえるより充実した時間を過ごせるよ。

今、ポケモンGOに興じている人が、そのうち結婚して子供を作る。

の子供の教育に悪いからと、携帯を持たさない親も出てくるだろう。

自分自由にしてきたから、子供にも自由にさせる。そんな親もいるだろう。

キラキラネーム付けて、バカゲームに熱中させて、欲しいと言えばなんでも買ってやって。

それ以上にバカなのは、親が率先して子供と会話もせず、ポケモン捕まえに行ってんじゃねえよ。

子供は親の背中を見て育つんだよ。

右を見ても、左を見ても、どの親もポケモン捕まえていたら、子供大人がやっているんだから

子供もやっていいと思うじゃん。

勉強勉強て言うつもりは全くないけど、ゲームばかりして話をしない、走り回らない、ボールを蹴らない、

そんな遊びを知らないクソガキが大きくなって、自己主張ばかりするんじゃないの。

でもね、お前たちの言う自由って、個人の主張だけじゃん。

あなた毎日吸っている空気は、ポケモンが作ってくれる訳じゃないんだよ。

人間が生きれる環境は、様々な命の犠牲の上に成り立っているんだよ。

お金を払えば生きれる訳じゃないんだよ。

そんな事をポケモン携帯ゲームは教えてくれるのかい

親が教えないで、社会大人が教えないで、誰が教えるの。

気付かせてあげれるの。

命を感謝できない子供が、友達を大切にできるの?

そんなに子供に気遣っていたら、そのうちバットで殴られるだけだよ。

もっとポケモンGOやらせろ〜ってね」

今日もぶつかってきやがった。そんなにスマホが気になるなら、お前がポケモンにでもなれよ。

で、誰かに捕まえてもらって、スマホの中で生活をすれば、楽しくて仕方がないだろう。

ポケモンGOのおかげで、中学生の子供と話す時間ができたと馬鹿な親が言う。

スマホを間に挟まないと話もできない家庭って、それ、崩壊しているのじゃないの。

普段携帯電話を持たせていないが、親と一緒ならポケモンGOをやってもいいと話す。

スマホがなければその家庭では話すことがないのか。

何をそんなに親が気を使わないといけないの?

通りかかった公園に20人ほど集まっている。

ポケストップ? お前らは、ゴキブリホイホイに集まるゴキブリか。

こんな人たちがこれから地球を支えていく。

でも、みんなウィルスと間違われないように気をつけな。

地球必要のないウィルスと思われたら、生きる価値はないからさ。

気がつけば、ポケモンたちに捕まえられる側になっているかもしれないね

バカモンGOって名前人間が捕まるんだ。

でも、本望だろう。ゲームの主役になれるんだぞ。

レアアイテムレアキャラなんて呼ばれるんだよ。

こんな日本、国という資格放棄した方がいいんじゃね。

もう一度、小さな民族から文化を作り直した方が、いいと思う。

子供の将来をぶっ潰すゲーム規制しない国会議員さん。

そんな企業から政治献金をたくさんもらって、懐あったかくして、日本ダメにしている事をいいと思っている、国会議員さん。

もう一度、鎖国から初めて、日本を作り直したほうがいいんじゃね。

ま、その時にはバカ議員GOで真っ先に捕まえられると思うけど。

2016-07-25

http://anond.hatelabo.jp/20160725151400

死人ならとっくに出ている。

政府はいつまでこの強姦魔御用達殺人アプリ放置しているつもりなんだろうな。

子供教育という観点からガラパゴスなエセARなんて良くないのに。真の世界基準ARだけを販売許可しろよと。

ビートたけしって散々テレビでふざけたことしまくって

大人がふざけたことしてるのを子どもに見せ続けて子どもの情操教育に多少悪影響与えたにも関わらず

知識人ぶってる(ぶれてすらいないが)のは一体何なんだろうなコイツ

まだ所ジョージの方が分を弁えて周りの影響考えて行動してるのに

歳食っても駄目な奴は駄目なのか

つーかもう面白くないかテレビに出て組んな

2016-07-24

ファッション』というコミュニケーション障壁

本日人生初、友達と服を買いに行った。

俺は、お母さんから買ってもらった服しか着たことがない27歳。

  

まったく理解できないが、友達(女、男、俺の3人組)が服を次々と選ぶ。

靴も選ぶ。

4万くらい。

  

ポンプフューリーフォーエバー21、スウェットなど、聞いた事も無い単語が飛び交う。

  

俺は、全然理解できなかったが、なるほどなって思った。

ファッションってのは女子からすれば当たり前に理解できるが。

からしたら先天的ものでは無い。

そういう先天的でない部分での完成度をもって『コミュ力』を判断するんだなって思った。

  

俺は、学歴とか年収とか社会的地位とか、あるいは今までに作った実績だの発見だの。

あるいは、スポーツなら技術なり大会記録なり。

そういうものしか人を見なかったんだけど。

他人のそういうものって良さはマニアしかからない。

他人にこれは絶対勝てるみたいなものを持っていても他人には『分からない』

そういう部分がある。

そういう分からない部分で個性を出すってのが俺にとっての人間理解だった。

  

でも、ファッションってのは確かに、誰でもできて、産まれによる差が少ない。

馬鹿大学だろうが、中卒だろうが、親がキチガイだろうが。それこそ中身なかろうができる。

ファッションというもののもの価値はマッタク無いけど。それによる『コミュニケーション』なんだろう。

ファッションができない奴は、俺みたいに「ファッションが分かる感覚が無い&それを教えてくれる友達がいない&興味が無くても他人に合わせる実力が無い」そういうのが分かる。

分かるわけないけど、分かること前提で話が進んでいる。

  

俺としては、ファッションできるMARCH学生より、東大医学部卒のキモオタのほうが100倍魅力的なんだけど。世間的にはそうじゃない。

ファッションによって『お互い分かり合える』ことが大事らしい。分かり合えない部分での尊敬とかそういうのはおそらく俺の自己満足っぽい。

でもさ。論理的に考えれば、凡人でも誰でもできるファッションより、研究なりで成果だすほうがいいに決まってるのにさ。そこのあたりの非論理的な部分が俺は理解できていなかった。

でも、今ならなんとなく分かる。

コミュ力』ってのが無いと一緒に居られないんだろう。悲しいことに、そういうどうでもいいはずのファッション基準なっちゃってるから世の中は。そして、できない奴はやっぱりおかしいという目で見るのが合理的なんでしょう。

  

ファッションをそこまで重視するなら、なんで義務教育なり、なんなりで教育しないんだろうねえ。

不思議だわ。

30代半ばで突き抜けてないSEです。

最初に謝っておきます。ごめんなさい。大半は愚痴です。

悩みの大半はさっさと行動すれば解決する話です。

イライラしたらスルーしてください。

■気がついたら得意分野がなかった

早い話が、流れに身を任せていたら得意分野がなくて詰みかけてるという話です。

当方ユーザSIerに勤めるSEです。

基幹業務パッケージカスタマイズおよびアドオン開発をやってきました。

開発、運用保守フェーズのすべてを経験していますが、要件定義をはじめとして、お客様と調整、折衝した経験が一度もありません。

様々なプロジェクト仕事をしてきましたが、「何が得意なの?」と聞かれると閉口してしまます

■気がついたら何も身についてなかった

WEB世界に憧れてIT世界に入りましたが、プログラミング経験のなかった自分が配属されたのは統合業務パッケージのチーム。

続けていれば何かが変わると信じて、目の前の仕事に打ち込みました。

SEの自慢話の常套句にあるように、熱が出ても点滴を打ち、心が壊れそうになっても吐きながら通いました。

配置転換担当するシステム業務が何度か変わっても、1から勉強してなんとかついていきました。

そして気付いたらどれもが中途半端SEになっていました。

■私の10年の知識は新入社員の1年の知識

有名コンサルティングファームSIerと一緒に仕事をしていて愕然しました。

自分が5〜10年かけて習得したパッケージの知識は、新人教育OJTによって数ヶ月で習得するものだったのです。

結局知識はお金で買える。パッケージ導入という狭い世界では、知っているのが当たり前。知らない奴は入ってくるながルールなのです。

■信じてやってきた10年間

結局は自業自得です。自分キャリアを見つめ直す機会は沢山ありました。業務外でスキルアップをする機会もあったでしょう。

それでもなお、目の前の仕事一生懸命にこなしていれば、後から良かったと思えるときがくるだろうと、自分を信じ込ませてきたのです。

年齢が上がっても上流を経験する機会がなかなかなく、常に頭を下げながら、「経験はありませんがやらせてください」と頼み込むのが常です。

結局、アサイン先で経験させてもらえることはなく、今に至ります

武器がないと量でカバーしがちになる

私には武器がありません。コミュニケーション能力が高くてセッションが得意なの同僚や、手を動かすのが早くて技術もある同僚と比べると、私には特筆すべき能力がありません。

彼らが早く帰っても「そういうやつだから」と認められますが、私にはバリューを出せるようなスキルがないので、結局のところ量(つまり残業)で年齢にみあった貢献をしようとしてしまます

■これから作戦を考える

これからどうすれば良いのか。

一応、肩書きSEだったりコンサルだったりしますが、パッケージ外のこととなれば完全な門外漢

キャリアチェンジすることも難しいです。持っている知識もニッチで浅くてバラバラです。

自分存在価値が日に日に値減りしていく恐怖感で押しつぶされそうです。

私は何と戦えば良いのか。何を乗り越えれば良いのか。

夏休み実家に帰ってしまった妻と子を思いながらひとりで悩む日曜日