「借金」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 借金とは

2016-09-27

http://anond.hatelabo.jp/20160927151834

80年代までは日本政府は、家族計画云々と言ってました。つまり、「人口が増え過ぎると困る」と思っていました。しかし、バブル崩壊後国の借金が急増して(それまでは微々たるものだった)、「人口が減ると困る」と思い始めたのではないかと。

2016-09-23

http://anond.hatelabo.jp/20160923180320

からさまな過去改変は、タイムパトロール逮捕されてしまうので、

ドラえもんは、犯罪行為にならない範囲しかのび太君に干渉できないという制約のもとで活動しているんですよ。




元々、生活の困窮ぶりから僅か50円しか与えられなかったセワシお年玉の額を上げるため、

しいては野比家を曾祖父のび太)の代から借金地獄から救うためにきているので、

のび太優等生にならなくとも、借金地獄にさえならなければ、ドラえもん任務は達成なんです。

奈良イベントロゴ住民訴訟の件だけど。

これハフィポスに出る前からニュースでやってて憤慨してたんだけど。

http://www.huffingtonpost.jp/2016/09/22/is-the-nara-logo-design-too-expensive-_n_12130574.html


まともなプロ仕事なら、「単なる絵」ができあがるまでにね、

いろんな人が多くの時間を割いて関わってんのよ。

まずイベントならイベント性格ターゲット分析して、

こういう感じのものにしようとコンセプトを出す。

クリエイター以外にもいろんな人がこの段階で関わる。

場合によってはいろんなロゴデザイン資料を集めて

(下っ端デザイナーあっちこっちをかけずり回って探す)、

あーでもないこーでもないをやる。

コンセプトとデザイン方向性が決まったら

それを複数人デザイナーに下ろし、

デザイナーごとに1020も、場合によっては何十案もデザインする。

デザイン案が上がったら、

アートディレクタークリエイティブディレクター

その中から適切なもの複数ピックアップし、

それぞれにディレクションを入れてブラッシュアップする。

それでできた数案のロゴ案をクライアントに見せる。


ちゃんとしたところでちゃんとロゴデザインしようとしたら、

最低でもこれくらいの段取りを踏む。

高名なアートディレクターは得てして

時間があればあるほどブラッシュアップに注ぎ込むから

複数の下っ端デザイナー徹夜する日も少なくないだろう。

広告制作業がブラック業界なのは周知の事実だが、

こういう作業に対して「単なる絵」には30万円が妥当とか宣う

ウンコナメクジなやつが幅を利かせているお陰で、

デザイナーたちがどれだけ徹夜を重ねる日々を送ってもろくな稼ぎにならない。


「見張り番・生駒」の首魁たる阪口保県議サイトを見てみよう。

http://www3.kcn.ne.jp/~hayaku/

ウンコだっさいサイトである

デザインなんてまったく理解していないのであろうことが一目瞭然である

恥ずかしげもなく「ロゴは単なる絵」と言い切ってしまえるような

クリエイティブ業に対する評価ウンコさがうかがい知れる。

子どもたちに借金を残さない」のは結構だが、

そのために広告業界ブラック労働デザイン提供すべきとでもいうのだろうか。

政策Not Found。ごあいさつNot Found。ご意見Not Found

脳味噌の中身もNot Foundでないことを祈る。


「見張り番・生駒」のサイトはこちらである

http://www.geocities.jp/miharibanikoma/

この市民組織は、行政による違法・不当な行為是正住民主体行政が実現されることをめざします。

又、住民監査請求住民訴訟などの法的な手段行使しながら住民税金無駄に使われていないか監視していきます

無駄”とはなんぞや?

イベントの規模に比して妥当発注であったかの精査なら理解はするが、

“ただの絵には30万が妥当”などというウンコしか視界に入ってなさそうな意味不明基準

広告制作業の事業が成り立たないウンコレベル低価格規定することは

行政による違法・不当な行為」に当たらないと強弁するつもりだろうか。

自分たち目的のためなら他が不法・不当に搾取されても構わないのがこの市民団体スタンスだろうか。

ていうかね、こういう自分たち正義に目が眩んで世間知とバランスを欠いた「市民団体」にはうんざりなんだよ、

狭い正義を振りかざしてまっとうな生業を営んでる人間ウンコまき散らしてんじゃねーよくせーな。

2016-09-20

思い出話をしよう



むかしたまたま野球中継を見た

勝利したあと監督が嬉しそうに活躍した選手を褒めるコメントをしていた

その監督人間味に惹かれて横浜DeNAベイスターズ野球を見るようになったんだ



さくねんのペナントレースは春先何かと調子が良かった

しか交流戦で失速しそれから動力を失った飛行機の如く落ちる一方

二週間ほど野球を見ないうちにDeNAベイスターズ最下位になっていた

自分野球を見るきっかけになった監督は辞任してしまった



ことしは監督が変わった

先勝てない日々が続いたときは酷く自身モチベーションが下がった

その分と言ってはなんだが当然5月の気分はハイだった

このチームは借金を返したのちまた借金をするが沈むことなく戦い続けた



きのうついに横浜DeNAベイスターズCS進出を決めた

9月19日は奇しくも友人の誕生日だったが今の今まで忘れていた

J.ロペス選手が捕球した後のガッツポーズ

三浦大輔選手笑顔

これらは私の記憶に長く残るだろう



DeNAベイスターズに入れ込むきっかけになった中畑清監督

あなたは私に様々なものを与えてくれた

本当にありがとう

2016-09-19

http://anond.hatelabo.jp/20160919011654

せめて休学ならいいけど2年後目が覚めたとこでなあ…

しか絶対金も搾り取られてるから親の財産ガッツリ減ったり自分借金200万とかそんな感じだぞ

2年で目が覚める最短コースでそれだぞ

2016-09-17

ぬこウォッチ

https://kabutan.jp/stock/news?code=3935&b=n201609130380

ディア<3935>が6連騰。同社は12日、事前登録を受け付けている新作ゲームアプリ蒼の彼方のフォーリズム―ETERNAL SKY―」について、Android版の配信予定プラットフォームを従来の楽天アプリ市場からGooglePlayに変更すると発表しており、これを好感した買いが入っている。

 楽天アプリ市場が12月12日にサービスを終了することに伴う変更で、iOS版に関しては予定通り。また、リリースなどの詳細に関しては後日発表するとしている。

頭の中で分かってる積りになってる事は、案外ちゃんとわかってない。端的に紙の上に出力してみる事はとても大事だと思う。今回も、「プラットフォーム変更は好感されてるが、本当にそうか?」という疑問を書いておけば、電話一本で悲劇は避けられた。


これ。勿論、長い目で見たら、グーグルプレイで売った方が収益は上がるに決まってる。だけど、目先で考えたら、更に費用が増え売上げは後ろ倒しになる。でも僕自身株価に騙された。取り返せないにしろ楽天とは争う姿勢を見せた方が良いと思う。


まあ、俺はボンクラには投げて欲しいからいちいち反論しないけど、既に上場安値圏まで沈んでる株を、ここから更に売り煽る理由は大抵一つしかない。騙されちゃいけない。まあ中には本気で心配してる良い人もいるかもしれないけど、そういう奴らが相場を分かってるとは俺には思えないな(笑)


今でも俺は、投資を開始した時点での自分分析が間違っていたとは思っていない。間違いだったのは、投資後に出てきたプラットフォーム変更という材料真剣に考えなかった事と、株クラスタで生き残ってる人間レベルを読み誤っていた事だ。そこそこできる奴しか、もう生き残ってないと思っていた。

建玉に利が乗っているからといって、自分分析市場判断が正しいとは限らない。誤ったトレードでも利益が出る事はあるし、その逆もある。プラットフォーム変更を好材料とした僕の判断は(目先的には)間違っていたし、昨日ストップ安まで売り込んだ市場判断も、おそらく間違っているだろう。



結果としては大損したけど、5月のそーせいの決算信用全力で持ち越した事は全く後悔してない。翌日高寄りした時には、ガッツポーズを決めていた。高値更新出来てれば、3万は最低試しただろう。あそこで降りろとかいう奴は1万前後でとっくに降りてるし、そんな奴の言葉は俺的には聞くに値しない。

だけど、あの大陰線で目先の勝負はついてしまったのに、意地を張って持ち続けた事は誤りだったと思っている。これまで何度も奇跡を見せてくれたそーせいなら、もう一度立て直してくれるだろうと信じた。最終的に諦めたのは、ほえさんも述べてた6月13日だ。あの安寄りで反騰可能性が完全に潰えた。

5月に掴んだ人たちが、投げるか現引きせざるを得ない年末が、そーせいの次の勝負所だと思っている。天使さんもそれを見込んで、年内の高値更新予言しているのだろう。東一が決まれ反騰もっといかもしれないが、上場高値を狙うなら先送りのほうがいい。そこで投げる奴がきっといるからだ。

久しぶりのそーせい話終わり。そーせいで貰った相場の金が、また相場でなくなったところで俺は何とも思わない。どっかから種銭引っ張って、また次のそーせいを探すだけだ。骨の髄まで相場を楽しむために、俺は相場を張ってる。無い袖は振れないし、借金返せないからって命までは取られないしね。

自分に酔わないで表現なんかできる訳ねえだろ? 自分が見て詰まんねえもの書いて何が楽しいんだよ(笑)

2016-09-16

AV堕ちを不幸のように扱うな

坂口杏里報道についていろいろ思うこと

そもそもAV堕ちって言葉が気に入らない。何も堕ちちゃいない。自分の体で自分人生を救済する素晴らしい手段の一つだ

AVという手段があって女は幸せだと思うべきだ



どこまでほんとか知らないが坂口ホストにはまって何千万借金があるらしい

これ逆に男がキャバにはまって何千万借金あったらどうするか

会社の金を不正に使う→もちろんいずれバレてつかまる

殺人強盗に走る→もちろんいずれバレてつかまる

家族や親戚に正直に話して金を援助してもらう→高確率で援助なんてしてもらえない上に離婚になるだろう

消費者金融をたよる→いずれ首が回らなくなって色々な意味人生が終わる

自殺する→まあある意味幸せになれるかも



とにかくAV業界に行くことを不幸の物語とするな

女にだけ許された、金銭的に挽回できる神の手段だと思って感謝してAVに出ろ

ギリギリじゃないと僕だめなんだよ〜♪

ぼっちかつ趣味に対する情熱も薄いやつは、ギリギリじゃないとツライと言う話

 

これまで5年くらい社畜やら掛け持ちやらしてきたんだが 

最近時間に余裕が出てきた

  

また、ここ10年くらい借金を抱えていたが

給料が3倍くらいになったので来年には完済できそうだ

 

そういう風にいい方向に向かっているはずなのに、何故か気持ちはどんどん落ち込んでいく

まるで定年退職してやることが見つからないおっさんみたいだ(私はまだアラサー

 

埋没費用サンクコスト)」という概念がある

最近はよくソシャゲ業界で耳にするが

「ここまで投資したんだから、見返りが期待できなくても投資し続ける」という話で、「もったいない効果」とか言ったりする

私の状態も、これに近いのかもしれない

スキルアップの術も金の稼ぎ方も頭打ちが近く、これ以上そこに注力しても大した効果は得られない

しかしずっとそこに注力してきたため、酷い喪失感を覚えるのだ

 

これが行き過ぎると、今度は「中毒財」となるらしい(この前テレビで見た)

残業しすぎるのもこれだそうだ

 

例えばRPGゲームなんかでも同じだ

レベルアップのテクニックをひたすら磨いたあとに、Lvカンストしたり、クリアしてしまって

そのテクニックが無価値となったときの、何とも言えない喪失感

他のゲームをやらず、ついつい二周目に突入したりする

 

創作なんかでも、そういうことに執着してしまキャラはよく出てくる

「殺し合いゲームの生き残りが、なぜかまた殺し合いゲームに戻ってくる」ようなやつ

成長した主人公に「お前は俺と同じだあああ!」とか言いながら散っていくのがお約束

私はああ言うのを見て「こいつバカだ」と軽蔑していたが、私も同類だったようだ

 

艱難辛苦というのは当たり前だが苦しい

苦しいが、そこからの脱却は”ちょっとだけ”楽しい

幸福度マイナス100から0にする過程は、幸福度プラス100を知らない人にとって魅力的に感じてしま

 

幸福度プラスというのは、家族恋人、仲間、あるいは趣味なんかで得られると思う

中毒財ではなく、地位財でもないもの、と言う感じだろうか

エキサイティングではなく、幸福というやつだ

 

そういうものを持たない奴は、マイナス100から0まで戻ったあと、プラ転させるのが非常に難しい

マイナス100から0への回帰には必死努力しなければならない

すると心身共に荒むし、「必死努力」が癖になってしま

 

でも実際にプラスにもっていくには、心身ともに朗らかで、「適度な努力共感」が必要なのではないかと思う

そうしないと「あいついつも怖い顔して怖い。いつも必死で何か嫌。笑わない」と思われてしま

でもでも、無理に取り繕うように笑ったり明るく振る舞うのは、それも「必死努力」に違いない

自然に笑えない時点で詰んでるのだ

 

ちなみに、0からプラスにしてくれるサービスというものは案外少ない

ギャンブルソシャゲは当たり前だが中毒財だし、風俗も実はテクニックに対する中毒財だと思う

あるとすればせいぜい漫画シミュレーション系のゲームだろうか。ギャルゲとかね

そういう意味で、金を無尽蔵に貯めても大した意味がない。これはRPGと似ている

 

そんなわけで、こういう輩が取れる選択肢はとても少ない

しまとめてみる

 

前提:ぼっち趣味に打ち込めない、必死癖で根暗

ぼっち → 幸福度が0から増えない

趣味に打ち込めない → 幸福度が0から増えない

必死癖で根暗 → ぼっちが解消されない

 

思いつく選択肢

 

【頑張る】

・無理やりどっかに属してみる

・無理やり趣味を作ってみる

必死趣味創作に打ち込み、そこからから楽しめる人脈形成する

 

【諦める】

・諦めてボーっとする

・諦めてはてブをボーっと見る

・諦めてブコメでさっさと死ねとか言ってみる

 

【ズブズブ】

・再び中毒剤を求めて仕事ギャンブルに打ち込む

 

サービスコンテンツに身を委ねる】

日常系アニメを見て「ああ^〜」とか言う

 

【強行パターン

・「さすがに飽きた」とつぶやいて死ぬ

ハッピーターン気持ちよくなる

 

どれもこれもキツイし先がない

そしてできれば、多幸感に包まれるようなサービスコンテンツもっとほしいね

猫カフェとかどうなんだろ

 

つかそもそも何でこんなことになったんだっけ・・・あ、生まれつきか

 

しあわせになりたいね

 

______

追記:

俺なんかがペット幸せにできるわけないじゃないか!w

感情移入しすぎてだめなのよ、かわいそうになる

ペットを飼うには広い一戸建て家族子供と婆ちゃんが必要

 

ちなみに野良ネコは家の前にうじゃうじゃいるけど、すごい勢いで逃げられるから、すごい遠回りで避けていくようにしてる

2016-09-10

今日も何もできずに1日が終わっていく

そしてまた、1日年老いていく。

体が病気しているわけでもない、

借金トラブルを抱えているわけでもない。

が、

努力しようと思っても萎えしまう。

夜に頑張ろうと思っても、

朝にはできない言い訳を探してしまう。

いつまでこんな生活を繰り返せばいいのか。。

2016-09-09

本日DODA

東建コーポレーション 株式会社 NEW

賃貸マンションアパート建築営業職(土地活用コンサルタント

紹介日


応募判断

女性活躍

仕事内容■概要土地オーナー様にとって最適な土地有効活用をご提案して頂きますリース建築仲介賃貸情報の3つを柱とした同社独自事業モデルを用いて、オーナー様の土地有効

アピールポイント東証名証一部上場企業アパート賃貸マンションを中心とした総合建築企業2014年度のグループ連結売上高は2653億4000万円、創業以来無借金経営です。■入社

勤務地大阪府内の事業所大阪府内の事業所

予定年収380万円~1000万円

応募依頼する

求人詳細

検討リストに保存

東建コーポレーション 株式会社 NEW

賃貸マンションアパート建築営業職(土地活用コンサルタント

紹介日

応募判断

女性活躍

仕事内容■概要土地オーナー様にとって最適な土地有効活用をご提案して頂きますリース建築仲介賃貸情報の3つを柱とした同社独自事業モデルを用いて、オーナー様の土地有効

アピールポイント東証名証一部上場企業アパート賃貸マンションを中心とした総合建築企業2014年度のグループ連結売上高は2653億4000万円、創業以来無借金経営です。■入社

勤務地長野県内の事業所長野県内の事業所

予定年収380万円~1000万円

2016-09-08

子供産まないですみませんという気持ちはあるが、それを国力増強に加われない申し訳なさと解釈されると、なんか違うな

それよりも、(本当は大変だからやりたくない人も多いのに)子育てしている同世代の人に対して、私はその苦労を味わわなくてごめんね、みたいな気持ち

なぜ大変な子育てを(やりたくないのに)やる人が少なくないのかって理由が、主に国益のためだってならまだ分かるけど、身の周り見てると多分そうじゃなくて

親を喜ばせるためとか職場で肩身が狭い思いをしないためとかだし

すごく極端で語弊のある言い方だけど敢えて言うと、図式としては、

子育てをしたくないのにしてる人=借金のために奴隷になってしまった人

自分=仲間を見捨てて自分だけ借金をチャラにして逃げた脱走奴隷

国力のために子供を産めという人=借金のカタに人を連れて行く奴隷商人

みたいな感じだ

税金を払うため借金

おかしいだろ

どうなっとんじゃこの国は

2016-09-07

そりゃ誰でも自殺したくなるさ

4人に1人「本気で自殺したい」 日本財団が4万人調査:朝日新聞デジタル

 

そりゃ自殺したくなる人間が沢山出てきても不思議ではない。

それだけ日本絶望的状況だし、日本希望なんてものはない。

もし「希望」を声高に叫ぶ人間がいるとするなら、そいつ詐欺師底抜けバカだ。

特に「○○すれば希望はある」と宣う連中はほぼ全員詐欺師だ。彼らの妄言に耳を貸す必要などない。

免除制度にな〜んか納得がいかないんだよね

家賃4万円、光熱費1万円、食費3万円。あわせて月に7万円。

1年では、84万円が私ひとりの生活必要だ。



しかし、年金の全額免除は(扶養親族等の数+1)×35万円+22万円だから、57万円の所得までとなっている。

これを超えると4分の3免除になるのだが、生活には84万円必要で、所得もそれしかないので年金を払う余裕はない。

さら国民健康保険税などもあるが当然払えない。その他生活必需品アパート更新料なども考えると金が足りない。



なのに国は金を払えと言う。

国は私に借金をするか、死ねと言っているようにしか思えない。

免除制度おかしくない?

2016-09-06

http://anond.hatelabo.jp/20160906140938

就職したばかり、17万くらいの手取りで、一日デートで二人で割って七千円~一万円とか払わねばならないってなったら、正直きつい。

奨学金自動車免許貯金光熱費、諸々、まともに自分生活してればカツカツ。

そこで年上の彼氏が、自分よりもっと給料もらっていて生活が安定してて、普通お金のかかるデートをしたいと言ってきたなら。

それで割り勘しろって言われたら、生活レベルが違うから、別れようって言うしかない。もしくは借金するしかない。

多くの年上の男性は、だいたい全部か多く払おうとしてくれる。場合によってはものまで渡そうとしてくる。

道で歩いているだけで知らない男性に十万近くのお金提示されて一晩付き合って、って言われる。

でも彼氏自分ただ乗りして金半分払えって言ってくる。

なぜ市場に換算できる価値をこの人は無料享受しているんだろうか?と考えなくもない。

化粧も服も、毎日の手入れや節制、散髪代、容貌の維持にお金結構かかってくる。

実際は市場価値に換算できない愛情っていうのをやり取りする間柄が恋人なんだろうけど。

そういう話もしないでお互いルール押し付けあうしかしないんだったら愛情は発生しないと思う。

長寿祝う」の意味がわからない。

先程、長寿を祝い106歳のお年寄り記念品を贈られた。

って記事を見た。

何これ?

長生きすることはいいこと?

今もまだそんな価値観がわかり通る時代なんだっけ?

106歳まで生きるってことは、彼らの時代を考えれば55歳あたりから年金をずっともらっているわけだ。

医療保険個人でありながら膨大なものになろう。

長年介護されているわけで、介護する側はそのような活動時間をさく必要があり、生産活動ができない。

そのお金ってどこから来ているの?

結局多くの人の犠牲の上になりたってるんだよね。

これのどこが健全社会なのかまったく理解できない。

医療介護もうけずに長寿っていうんだったら話は別だ。そこに健康維持という個人努力があるのだから

でも今の時代ってそうじゃない。過剰な医療制度無駄寿命を延ばしている。

うちの婆ちゃん96歳だけど医療漬けの介護漬けでなんとか生きてるけど、全然うれしくない。

そこに関わる介護する人たちの人生、莫大な医療費。これって未来から借金みたいなものだよね。

まだ若くこれからって人たちの未来はどうなってしまうんだろう?

不安で仕方がない。

個人的現代社会のこの歪を埋めるために安楽死を導入してもらいたいよ。最後最後脱線したけど。

2016-09-05

銀行員だけど貧乏人の共通点教える

銀行員ってのは当たり前だが個人銀行預金を好き勝手見ることができる(もちろん誰が誰の情報を見てるかってのは本部監視されてるが)

預金通帳ってのは個人情報の中でも最高レベル重要個人情報だと思う



というわけで

この話は「預金の動きでわかる貧乏人の共通点」という話だ



もちろん銀行に預けるのは馬鹿だなんて言われる時代から

預金額が全ての資産だなんては思わない

預金額の多寡金持ちかどうかを判断するのは難しい



ただ貧乏人かどうかはわかる

何故なら借金があるから



借金はいっても住宅ローンとか「借りた方が得」(な場合もある)ようなものではなく

カードローン等の資金使途を問わない金利バカ高い借金



で、そういった借金を極度額いっぱいいっぱいまで使い、預金残高も給料日前はほぼゼロになっているような人たちの口座の動きを見るとある共通点がある



手数料がかかるATMで頻繁に預金の引き出しをしている」

ということだ



そもそもやたらとATMを利用する人間貧乏場合が多いが

それが手数料のかかるATM(便宜的にコンビニATMと言う)だと尚更だ


いろいろ理由があると思うが

だって手数料タダのATMコンビニATMがあったら前者を選ぶ

当行のATMは一週間生活していれば必ず一回は近くを通るくらいの数はある

なのに何故こんなにも貧乏人はコンビニATMを使うのか


それは(極短期の)将来必要になる資金が予想できないからだ

例えば火曜日3000円、金曜日5000円、日曜日10000円必要になりそうなら

月曜日にまとめて20000円(2000円余裕資金)おろせばいい

しかしなぜか貧乏人は火曜日に3000円おろし金曜日に5000円おろし日曜日に10000円おろすのだ

下手すると一日に複数回ATMを利用してたりする


そんなに頻繁にATMを利用すれば当然毎度毎度銀行ATMを探すのも面倒なので、コンビニATMを利用しがちになる

というわけだ



この共通点に当てはまれば必ずしも貧乏人というわけではないが

貧乏はいまのところかなりの高確率でこの共通点に当てはまる

2016-09-04

30数年前に書かれた本を読んでいたら、上がりすぎると同じだけ下がり、下がりすぎると同じだけ上がる、という自然摂理法則がかかれていた。長期的にみたら必ずそうなっていると。振動の波の幅は上も下も同じらしい。


人間人生もこの法則支配されるのだと。

不当な方法で富を得たら、それと同じだけの理不尽な目に遭う巡りあわせが必ずやってきて修正されるそうだ。借金を返済する時が訪れる時は、死刑宣告を受ける感じだろうか?長い長い下り坂の人生が、そこからスタートするのだ。

2016-09-03

私(貧乏)の受験体験

小さい頃から、うちにはお金がないと言われて育った。なので、物心ついた時からうちは貧乏なのだと思っていた。

実際小学生の頃、鉛筆最後まで使うという節約のために鉛筆ホルダーを使わせられ、それを見た小学校先生に悪いことだと怒られ、それを聞いた母が学校に「うちは貧乏から節約してるんだ!何が悪い!」と怒鳴り込みに行き、先生が「かっこつけでつかってるのだと思いました、すみません」と謝る、などという一幕もあった。

私はマンガが好きだった。なので中学生の頃マンガ専門学校に行きたいと思いマンガ雑誌広告にあった専門学校宣伝を読んでみたが、入学100万(確か)の時点で諦めた。

じゃあ普通に進学しようとし、どこの高校にしようかと両親と相談した。両親は「お前を大学に行かせることはできない、その代わり高校は私学でもいいから好きなところに行け、その分の金は貯めてある」と言ってくれた。それなら、ソコソコの成績なのでソコソコの公立進学校に行きたい、と主張した。が、大反対された。「大学に行かないんだから進学校に行く必要はない!」と。じゃあ好きなところに行けってどういうことやねんと思ったが、その進学校に行きたいのは大学に行くためではなく、単に学力的に手頃で駅から近く通学路に本屋さんがいくつもあるからだと主張したら、しぶしぶ許してもらえた。

しかし実際に入学してみると、1年生の段階で理系に進学したいか文系に進学したいかまだ決めていないかを訊かれた。その答えで2年次から進学先別にクラスけがされるような高校だった。

うちの両親は私がそういう校風に感化されて大学に行きたいと言い出さないか警戒していた。だから常々言われた。「お前を大学に行かせることはできない、もし大学に行きたいのだったら自分の力で行け」と。私も最初大学に行く気は無かった。

だが周りのクラスメートたちは徐々に大学に行くため予備校に通い始める。そんな中で私は思った。私だけが大学に行けないのは許せない、と。みんなは普通に大学に行けるのに、自分大学に行けないのが悔しくてたまらなかった。だから、「自分の力で」大学に行くための算段を始めた。

まず学費問題から私立は不可であるしかし、国立学費半年で30万と高すぎる。一年通ったら60万だ。60万といったら我が家年収の約1/6であり、親には到底頼めない。奨学金も調べてみたが、そもそもが借金であること、利子なしの一種は月額5万円であることを考えると、自然選択肢は狭まってきた。自宅から通える国立大学はあったが、通学費半年で15万くらいかかる場所にある上学力的にも厳しい。そうして最終的には、すごく家賃の低い部屋に住み、奨学金も借り、バイトで月10万ほど稼ぐこと前提で、学費国立大の半額になる国立夜間部を目指すことにした。

夜間と言っても国立である。自宅から通える国立大学ほどではないが、今の学力では到底届かない。そのため、一年浪人することになった。宅浪するかどうか迷ったが、自分の頭と意志の強さを信じられなかったので、予備校の月謝制講座を2コマだけ取り、バイトで月5万ほど稼いでそれを右から左へ月謝に充て、予備校と自宅でみっちり勉強した。

それでも最後の関門があった。入学である。夜間であれども20ちょっと入学金として必要だったが、バイトシフトもこれ以上入れなかった上、バイトを増やすのは勉強時間的不安でもあった。

なので、そこは両親に頼み込んだ。1年かけて頼んだ。

最初両親は、私が本気で自力大学に行きたいと思っているとは思わなかったらしい。とにかく反対だけされた。金は出せん、諦めろ、それだけだった。

それでも私がバイトをしながら予備校に通い夜遅くまで勉強していると、「勉強なんかするな!無駄なんだから!」と部屋に怒鳴り込んできた。

けれどもめげずに勉強し続けた。

時には不安になり、大泣きもした。これほど勉強しているのに、両親がお金を出してくれなかったら何もかも無駄になる。なぜうちにはお金がないのだろう、と。

そんな気持ち最後には届いたのか、両親は大学に行くことを認めてくれた。入学金と部屋を借りるためのお金に関しては出してくれることになった。12月のことだった。

残りの予備校代も貯まったことだし、そこで私はバイトを辞めラストスパートに入った。

そうして無事に合格し、家賃的にも距離的にも大学に通えるレベルの部屋も無事決まり、私は大学に行けるようになった。大学に行ってみたら夜間部であっても周りがお金持ちばかりでカルチャーショックを受けたが、それはまた別の話。

そうして今思うと、両親には無理をさせたな、と思う。世帯収入300万台の家であり、5人家族で、田舎ながら一軒家のローンも背負っている。その両親にとって、予定していない出費入学金と引越し代合わせて30万強はいかほど大変だっただろう?

高校時代にしていたバイト代お小遣いに充てず、ちゃんと学費として残しておくべきだったと後悔しきりである

でも、それでも私は幸運だった。本当にギリギリのところで両親に助けてもらえたからだ。親との関係が本当に悪く、助けてもらえない人もいるだろう。親に本当にお金がない人もいるだろう。だから自分一人でも頑張れば進学できる、とは主張できない。

なので、言いたいことはただ一つ。「国公立大の学費、もうちょっと安くなりません?」

2016-09-02

奨学金返せないバカ無能大学

大学にかかる費用って、授業料生活費、教材費など含めて500~800万、大学院まで進んだら1000万超。

全部奨学金で借りたら数百万~1000万くらいの借金だが、たかがこの程度も返せない人間を育てる大学って何なの?



例えば高卒建築現場に入ったとして、ガラ出しからはじめても4年有れば普通職人になっている。

最初は日当8000円くらいだろうが、4年経過すれば15000~20000円くらい取れるようになる。

少な目に見積もっても4年で1000万は稼げるはずで、実家住まいなら500万は貯金出来る。



バカがわくから先に言っとくが、一人暮らししてバイト非正規に行く無能の事は考慮しない。自分から袋小路に入りたがる自殺志願者の事まで面倒見れないからな。

自分未来をある程度考えているライン以上の人間の話だ。

どうせ上記ライン以下のバカは行き詰まって下層に落ちる。大学行こうが何しようが無駄だ。



22歳時点で比較すると

手に職持って500万の貯金が有る高卒

手に職の無い数百万の借金持ち大卒が出来上がる。

大学は、もしも自身存在意義が有ると主張するなら、この差を引っくり返せると証明しないといけない。



建築現場で真面目に働けば、最終的に年収600~800万くらいにはなる。しかもどこに行っても通用する手に職持ちで。

普通大卒が50~60歳で取れる年収くらいは、高卒でも取れるんだよね。




こういう話すると格差ガーとか文化資本ガーとか言う脊髄反射バカが出て来るのだが、ちょっと違うと思うんだよね。

高卒や中卒で、現場監督やってるオッサンなんていくらでも居る。

ピンで型枠工や足場屋やって年収1000万超えも数十人知ってる。

親方やって年収2000~3000万の30代も4人ほど知ってる。50代まで広げたら10人以上居る。



ぶっちゃけ、世の中の過半数は働きアリ以上の事なんて出来ないんじゃね。

そりゃ大会社御曹司ヨーロッパ王族石油王の子供として生まれりゃ、どんな人間でも上に立つ事になるだろうが、そんな宝くじ以下の確率の話しても仕方ない。

そこらの中小企業後継者なんて、所詮働きアリの範疇を出ない。



そもそも、大学に行って意味の有る人間は、奨学金如き問題無く返せる。

新規返還者の返還率は96%前後を維持しているしな。


JASSO事業のご理解のために

http://www.jasso.go.jp/sp/about/information/jigyou_rikai.html



ちなみにバカ避けにもう一つ引用しておく

利率は、平成27年3月現在、利率見直し方式では0.1%(5年毎見直し)、利率固定方式では0.63%となっています

奨学金サラ金とかビジネスとか言ってるバカは、この利率で金貸して商売してみような。

国の補助金が入らなきゃ、クソ赤字10年以内に無くなるから



返せないと嘆くバカは、例えば大学まで完全に無償化しても、大学時代遊んで非正規になって、誰でも出来る仕事するだけなんじゃないの?

卒業しても、真面目に考えて生きている中卒や高卒に差をつけられない大学って何?

奨学金を返せない学生が集中している大学って、偏差値50以下のバカ大学じゃないの?そんな大学存在意義有るの?



大卒の方が生涯年収が多いと言う統計バカが出るだろうが、その平均上げてるのは賢く自分未来を考えられる人間で、奨学金の返済に四苦八苦する無能は平均見ても意味ないぞ。

無能は平均見る前に現実見ろよ。お前が平均下げて、有能で未来を考えられる知性の有る人間が上げてるんだよ。

無能無能らしく、大卒の平均下げるような事せずに中卒や高卒で働いてくれませんかね。



今の世の中で中卒で働かされる下流出身のオッサンでも、文化資本とか関係無く運と知性で年収1000万以上取って家族養っている。

お前が無能なのは世の中のせいでも家のせいでも無く、お前が運が悪くて、怠惰で、世の中の役に立たない事しか教えられない大学に通ったからだよ。

2016-09-01

日本政府教育に金かけなさすぎ問題

奨学金記事見てて調べたんだけど

日本って教育にかける公的支出OECD内で最下位らしいね割合だけど)

最下位ってすごくね? 何でそんな悲しいことになってるわけ?

この前貧困問題炎上したじゃん?

相対的貧困率日本OECD内で下から4番目だやべぇ!!ってよく報道されるけど

何でこっちの最下位の方はあまりノリ気じゃないんだろうね

6人に1人が貧困だって大騒ぎするけど、2人に1人の大学生借金して学校行ってる話の方はトーンが落ちる

子供がかわいそうとか、若者貧困とか、シングルマザーとか、ほとんどの問題学費奨学金問題だろ?

 

 

別に大騒ぎしろって言うわけじゃないんだけどさ、何か不思議

疲れちゃったよ

どんなに辛くても苦しくても生きていくしかないんだよね。

 

仕事大事な人も何もかもなくなってしまっても、それでも生きていくしかないんだよね。

 

苦しい。もう若くないのに底辺派遣社員しかもそれすらもなくなる。若くないからこそ正社員仕事を探してるのに若くないからなかなか見つからない。

手取り20万も無いのに病気治療をしながら独りで暮らして行くしかない。

 

何のために生きてるのか、何のためにここにいるのか、全然からない。

それでも生きるしかないって、人生って残酷だね。

 

最初から人生に期限があればいいのに。寿命があればいいのに。自分主人公人生なんてもうたくさん。今あるのは持病と借金絶望だけ。

バツありで子供もいない。本当に何もない。支えあうものも守り合うものも何もないんだ。

どうしたら生きていける?というかどうしたら生きようと思える?…わからない、わからないよ。

 

もう明るく振舞うのも元気に見せるのも疲れたよ…

2016-08-31

日本死ねのその先がこれかよ。

少子高齢化が進んで税収がピンチ

→そうだ、扶養控除をなくして主婦から税金取ったろ~

??????

扶養控除なくしたら少子化が更に進むんじゃないんですかね…。少子高齢化対策っていうか、ただの対処しかないよね。頭おかしいんじゃないの。

高齢化自体は、戦争が起きていなかったり、医学が昔より進歩したりで、悪いことではないと思うのね。長生きできたり死ににくいのは、そりゃあいいことだよ。

だけどそうなると、当然、高齢者を支える若者が増えないと、若者の1人あたりの負担が増えてしまう。し、しか現実には、産む子どもの数も産む人も減っている。

そこをサポートなり推進なりしてあげなきゃいけないんじゃないの?

子どもは、日本未来生産者だよ。人1人が死ぬまで、いくらかかっていくら稼ぐと思う?どれぐらい経済を回してると思う?それは、主婦1人の税金なんかで補えるのかな。こんなの、小学生でも分かるじゃん。

確かに税金対策で103万超えないように~って働いてる人もいるだろうけど、普通に子育て家事してて超えない人もいるんじゃないかな。

そういう人の負担を増やすの?

それなら、私はいいや。子ども産まない。産むことを全然歓迎されてないんだもの。このまま普通に働いてたら子育て家事する暇なんてないし、軽く働くにしても税金巻き上げられるんでしょ?産むだけ損で、馬鹿らしいよね。

日本政府借金無駄遣いを、夫婦から巻き上げるのね。

結果、更に少子高齢化が進んで、国なんか回らなくなるから

リボ払いしてるようなカツカツ感が怖い。

日本死ねというか、日本はもう瀕死状態なんじゃないか不安になるよ。

2016-08-30

双極性障害

という病気があることは知っていた。

でも自分とは無縁の病気だと思っていた。

だってあれじゃん、ようするに躁鬱病でしょ?躁の時はすごい多幸感とか誇大妄想とかが症状として出て、結果莫大な借金したり人間関係破壊されたりするやつだよね、作家だと北杜夫とか中島らもとかあの辺の人。そういうイメージ


でもある時そういう世間的によく知られている典型的躁鬱病ってのは双極Ⅰ型っていうやつで、周囲の人間にあまり影響を及ぼさない軽躁状態の症状が出る双極Ⅱ型ってのがあるのを知ってあれって思った。あと躁状態って単にハイになるだけじゃなくて不機嫌になったり、攻撃的になったりする場合もあるらしい。


あのさ、道歩いてるとたまに変な文句ぶつぶつ言いながら道行く人に因縁つけたりするヤバい年寄りかいるじゃん。私あの手のじいさんやおっさんと怒鳴りあいとか掴み合いになったことが何回かあんのね。ほら、ああいう人ってさ、弱そうな人狙うからさ、わたしみたいな一見大人しそうな人間から口汚い言葉で罵られたあげく胸ぐらつかまれて引きずり回されたりするとすげえびっくりして狼狽えるわけよ。その狼狽えた間抜け面見るとすごくテンションあがるのね。

で、そういう小競り合いしたあとはめっちゃテンションあがってなんでもできんの。


なんか多分人格障害かそれでなかったら複雑な性癖の発露だったりすんのかなーと思ってたんだけど、そもそも喧嘩売られなきゃ私は何にもしないし警察沙汰になっても頭下げるだけですんだしま病院行くほどじゃないだろうと思ってた。


でも他にもⅡ型の症状に合致する部分があったので精神科行ったらデパケンかい気分調整薬が処方された。


飲んでたら私びっくりするほど穏やかになったよ、上の立場にいる嫌な人にも楯突かず上手くいなせるようになった。

結果仕事が続くようになった。


私こんなだから職場でも対人トラブル起こして仕事長続きしたことなかったんだよ、そういうこと続くとさ、もう働くのやだ、引きこもってようって当然思うわけじゃん。でも引きこもるの3ヶ月が限界なんだよ、だって飽きるじゃん。


よく考えるとこの引きこもるのに飽きるってのも軽躁状態の為せる業だったのかもしれない。


まあとにかく性格上のことだから直ることがないだろうと思っていた自分キチガイぶりが薬一つで収まって驚いてる。人間の脳って不思議だね。そんだけ。