「パソコン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: パソコンとは

2017-01-21

新人の頃の電話対応の話

唐突に思い出したので書く。

当時、昼休み電話当番というのがあった。12から13時までにかかってくる電話は、当番1名が対応するという制度だ。

昼食をデスクで取る人も居たから、じゃんじゃん電話がかかってきて足りないという時はもちろん手伝ってもらえた。



そんなある日、12時を少し過ぎた頃、運送会社から電話が入った。どこの会社だったかは覚えてない。

運送会社課長宛てに、パソコン20台をお届けに参りました」

課長「13時以降に来てもらって」

私「今は人が居ないので、13時以降に来てもらいたいのですが」

運送会社「無理です」

私「課長、無理だそうです」

課長「じゃあその場に置いといて貰って」

私「その場に積んどいてもらえますか」

運送会社「無理です。」

私「その場も無理だそうです」

課長「じゃあ2階まで運んで」

私「では2階まで運び入れてもらえますか?」

運送会社台車持ってきてもらえますか?」

私「荷台に入ってないんですか?」

運送会社「無いです、というかちょっと来ていただけません?」

運送会社なら普通は持ってると思うけど、こちらの対応にキレてたのかもしれない。

私「私はここを離れる事ができないので、台車をお持ちできないんですが」

運送会社課長さんは?」

私「(居るけど出る様子が無いので)居ません」

運送会社「次の配達があるので早くしてもらいたいんですけど」




私は困って隣の席に居た当時の上司相談

上司「知らねーよ」

で終了。

運送会社「あのー、本当にちょっとでいいので来ていただけません?」

というので、仕方ないと思ってちょっとだけ応対に出ることに。

すると運送会社の人が

運送会社「じゃあパソコン20台、置いていきます

と、入り口を封鎖するようにパソコン20台を放置して去っていった。

昼時の出入り口を塞がれて大混雑。

謝罪しながらパソコンを避け、たまたま出会った別課長事情説明して台車を持ってきてもらい、2階に運ぶ。

その間の電話は先輩が取っていた。

先輩はこちらに気が付かないようで、電話を置きながら

上司「先輩ちゃん大変だね、出かけられちゃったからね」

先輩「出かけちゃいましたからね〜」

と、笑いあっていて、PCの山と共に現れた私を見てばつの悪そうな顔をしていた。



そもそも対応しなかった課長に腹が立つし、相談したはずなのに「出かけた」と責める上司も信じられない。

運送会社が騙すようにパソコンを置いていった事にはやはり腹が立つが、ひたすら申し訳ないと思う。

優しいと思っていた先輩がバカにしていたこともショックだった。

私も未熟だったか対応が酷かったけど、なぜ皆こんなに冷たいのか。それだけでやり場のない憤りが沸いてくる。



ちなみに今同じ事態に遭遇したら、運送会社の人を延々待たせるだろう。

課長対応せず、離席することを非難されるならもうそしか道はないからな。

2017-01-20

http://anond.hatelabo.jp/20170120093827

一体型デスクトップパソコンは畳まないし

家族食卓がはっきりと映ってると思うよ

2017-01-19

俺にウイルス対策ソフトを買わせたパソコンショップ店員

Windowsに標準でついてるやつはだめだ、あんなもん無いも同然、買わないとだめだって猛烈にプッシュしてきたから買ってしまった。

ウイルス対策ソフトを使わん奴は情弱だって言わんばかり。

後で調べたら、標準のやつで十分だったわ。

もう二度とあの店で買い物しない。

器用貧乏、あるいは中途半端負けず嫌いプライドのようなもの

自分器用貧乏であるという自覚がここ数年なんとなくある。自分で器用とか言うのか、というのはあるが、しかしそうなんとなくそう思ってしまう。逆に、どうせ何者にもなれないのであれば器用貧乏であるということをせめてもの誇れるアイデンティティにしようと思って過ごしているのかもしれない。

自分は今大学3年で、いわゆる情報系の学部所属している。機械みたいなのは小さい頃から好きだったし、中学高校のころからなんとなくプログラミングの真似事のようなこともしていたので、まあ自然な流れだと思う。といっても、高校最後のほうでも、2chパソコンの大先生コピペWindows Serverのポート番号がどうたらみたいなアレ)の意味を正しく理解できてない程度だったけど。

それでもって、大学に入ってからは以前よりもプログラムを書いたりすることも増え、先輩から紹介してもらったアルバイトとかもやりつつ、一応なんとかそういう職種に就けそうというところまでにはなったと自負はしている。

ところで、昔からずっと自分は熱しやすく冷めやすタイプ、もしくは飽きっぽい性格だと思っていて、そんな感じなので中途半端にいろいろな趣味に手を出しては有耶無耶にしてきた。当時はニコニコ動画音MAD自分の周りでそこそこ流行っていたりしたこともあったり、パソコンはまあまあ得意なほうだったので、それを使って何かを作ってみたい、みたいなことを思い、動画とか音楽とかに中途半端に手を出しては挫折していた。

今でもその時の経験微妙に役に立つこともあるけど、そのころから何かをがっつりやってる人間にはそれらで敵うことはまずないだろうし、万事がそんな感じなので、漠然自分の将来が不安になることがたびたびある。今自分就活するとして、スキルに支払ってくれる対価や、楽しんでやれる仕事かどうかという観点職種を選ぶならプログラムを書く仕事になるのだろうと思っている。それでも、超複雑なアルゴリズムを駆使したプログラムを書けるとか、そういうことはないなあ、という感じもしている。もちろん、今から勉強してやっていけばいい、というのはあるだろうが、いやしかしその間に奴らはもっと先に行っているに違いない、みたいな気持ちになってしまう。最近流行りのディープラーニング量子コンピュータとか、もっとよくわからない何かが滅茶苦茶発展した先には自分の居場所はあるのか、みたいなことを想像して、意味もなく辛くなったりしてしまう。

この話に特にオチはなくて、最近は開き直って本当に居場所がなくなったら死ねばいいかという風に思っている。とはいえ、そういうメンタリティで過ごしていると実際にそうなったときに困ってしまう、というのは大学生活(留年した)の間で学んだことの一つでもあるので、どうしたものかということを考えている。どうしたものでしょうか。

2017-01-18

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/note.mu/shibataism/n/n9b890eccca92

これnoteじゃなくて増田に書いたら爆釣りだったのに。

またしつこく続きなんか書いてるから「あーまたコイツか」って厳しい目で見られる。

そもそも訪日観光客旅行支出玩具市場に与える影響がどの程度大きいのか、いまいち理解できません。

それはお前の頭が悪いからだとブクマカからツッコミだ。

ブクマカ等がそれなりに理由付けるだろし、だいたい毎年の市場動向調査やらニュース観光客どうこうって話は必ず出てくる。

(もちろん具体的金額が計上できるわきゃない。せいぜいアンケート

しかし「影響がない」と思うのと「影響が数値化できないので評価できない」というのは別な話で、この文章では前者の意味しかなっとらん。

タイトル決算がどうのこうの謳いながら、ロクに公開情報に目を通しておらんってのが丸わかりというか前回もアンテナ弱いとかツッコまれてて、要はツッコミを明言しておきながら脇が甘いのでツッコまれる奴だこれ。

アメリカの「HOT TOY『初』」っていうのは、どういった意味でしょうか?

他人解説する書き物でありながら、自分で調べもしないってのは致命的。

米国版(日本版じゃなく)のトイザらスの2016 Hot Toy Listに載ってる。

また「17ヶ月連続トップベンダー」というのは素晴らしいことに聞こえますが、いったい何のベンダーなんでしょうか?

家具パソコンだったら面白いが、どう考えても玩具(あるいは着せ替え人形限定)だろう。

いったい何のベンダーなんでしょうか?

とか書いたら、タカラトミートップシェアなりトップ出荷数でない数的根拠を書けよ。

kyoumoeじゃないからクドクド書かない。



しかしあれだ、noteってやっぱいわゆる「プロブロガー御用達なんだな。

おじさんへ

色々叫ぶよりさ、小さな一歩さ。とにかく行動すること、したことに意味があるし、それが身になるから一番いいと思っているんだ。会社にいるんだよ、色んな意見を出してあーでもないこーでもないと言う理論好きな人が。でもその人は何一つ行動しない。口だけの人。まぁ口にすれば「じゃあやって。」となって面倒だし、責任も出てくるから嫌なんだろうね。でもそこを端折ると何も得られないというのが僕の体感。人って頭で考えているだけでは限界がある。限界があるから行動して確認するし発見出来ることもある。そもそも頭の中で全て完璧に完結出来るのだったら、人類もっとより良いものとなっていたはずだと思うけどね。それが出来ないから行動して体感して変革するという作業必要なのだと思っている。つまり何が言いたいのかと言うと、自分デスクパソコンでずーっとヤフーを見ていても何も変わらないよってこと、おじさん。

プログラミングって「得体がしれない」よな

プログラミングって、これから始めてみようっていうとき、なんだか「得体のしれない行為」っていう感覚がありませんか?


ぼく自身は、プログラムを書いてる側の人間で、いまでこそ少しはプログラミング本質的な難しさをわかってる気になってます。でもつい数年前までは、プログラミングは難しくはないけど得体がわからない、という感じでした。

そのへんのコードを組み合わせて動くものはできるけど、何がどうなっているのかは知らんし、ググって分からないものはできない、という方向で、「プログラミングは難しい」と思ってました。


最近になって、プログラミング義務教育必修化の話題とか、コピペプログラマー話題とかを目にするたびに、かつて自分プログラミングに対して抱いていた「得体のしれない行為」という感覚が思い出されてしまい、少しざわざわした気持ちになったので、ちょっとここに書きなぐらせてください。


だいたいが個人的な話なので、そういうのがうっとうしい人は無視してください。


ぼくが世の中にパソコンという道具があることを知ったのは、たぶん中学生ときです。30年くらい前。当時、電気屋の売り場ではけっこうな床面積を使ってワープロ文章入力する専用マシン)が陳列されてました。文章を書くのは好きだったけど、字を書くのが死ぬほどめんどくさかった自分は、ワープロさえあれば自分小説とか書くのになあと思いながら指をくわえて電気屋の店内をうろうろしてました。しかし、ファミコンすら買ってもらえなかった家計ではワープロなんぞ買ってもらえるわけもありません。そのうち巡回してた電気からワープロが消え、それに代わってパソコンのコーナーが広がっていきました。このパソコンというのは、よくわからないけどワープロとして使えるっぽいし、どうやらファミコンを持っていない僕にもゲームができるらしい、おれに必要なのはこれだ、というわけで、中学生だった自分パソコンという存在に興味を抱くようになったのでした。


はいえ、だからといってパソコンを買ってもらえるような家計ではなかったわけなので、カタログを熱心に眺めるだけの毎日が続きました。その当時の自分にとって、パソコンが欲しいといったら、それはNECを買うかエプソンを買うかという選択でした。冨士通からパソコンが出ていることは知りませんでした。マッキントッシュっていうやつもあって、このPerformaっていうやつはなぜか安いとか、よくわからないけどシャープとかソニー独自パソコンを作っているぞとか、そういう情報パソコンに対する認識のすべてでした。当時の自分にとってのパソコンは、電気メーカーから発売されている商品一種であり、ラジカセとかテレビと同列の存在でした。


なんでこんな話がプログラミングにつながるかというと、ひょっとして自分プログラミングにずっと感じていた「得体のしれなさ」の源泉の一つは、こんなふうにパソコン電化製品として見ていた当時の感覚の延長だったのかもなあと思ってるからです。


ラジカセなら、CDだのテープだのを入れて再生タンを押せば、そのハードウェア機能物理的に体感できます。それに対してパソコンは、プログラミングちょっとやってみても、その行為と、そのハードウェアとが、感覚的に結びつきません。もちろん、プログラミングというのは、物理的なデバイスに結びつけて考えなければできない行為ではありません。しかし、パソコンを「カタログ商品」として見るところから入ってるばかりに、そこでやるプログラミングという行為ハードウェアとの結びつきが見えにくい状態に、なんとなく居心地の悪さを感じていたように思うのです。


もし自分スタート地点が、パソコンを使って文筆やゲームをするところだったら、パソコンは文筆やゲームのための箱だったでしょう。その後でプログラミングを始めていたなら、プログラミングという行為を、文筆やゲームに関連した創造的な活動として学べたかもしれません。


ところが実際には、自分はつい数年前まで、パソコンという電化製品に対する漠然とした行為としてプログラミングを捉えてた気がします。


プログラミングを始めたのは、高校生になって誰も使わないFM77が部室に置いてあったので立ち上げてみたらF-BASICインタプリタが起動したからでした。とくに何をプログラミングすればいいかもわからなかったので、教科書雑誌コードを転記したり、ループで線画を書いたりして遊んでいました。大学に入ってからも、授業でFORTRANとかLispをやらされたけど、基本的自分目的をもってプログラミングするのは数値計算くらいのものでした。そのころになると、本で情報を探して(まだインターネット検索は使い物にならなかった)適当コードをつなぎ合わせるのがプログラミングだと思ってました。そんなん面白くないなあ、とも思ってました。


この感覚、完全に、いま揶揄されているコピペプログラマーのそれだったと思いますちょっと話はそれますが、ブロック遊びとか砂場遊びって、ほとんどの人はわりとコピペプログラミングと似たような感覚でやってるんじゃないでしょうか。パーツを勘で組み合わせたり、とにかく砂を盛っていったりすれば、家みたいなのができるよね、という感覚プログラミングは、自分にとってそれに近い作業でした。学生のころは、内心、自分にもパソコンサンプルコードさえあれば何かすごいものを作れるかもなあ、くらいに思っていたふしもあります


自分バカでした。パソコンがあるとかないとか、関係ないのです。パソコンさえあれば、なんて思う者に、本当のプログラミングがわかるはずがありません。


そんなこんなで、自分はまともにプログラミング経験しないまま社会人になったわけですが、幸いにもプログラミングに対するこの感覚は、仕事パソコンを日々使うようになってから徐々に変わっていきました。

具体的には、パソコンが、自分の中で「カタログ商品から武器」へと変わりました。それと同時に、プログラミングという行為が、武器開発という位置づけになりました。

武器というのは言い過ぎだとしても、ちょっとしたプログラミングは確かに業務上課題を打開しました。それなりに計算機科学教科書を読んで勉強をしたこともあって、いつのまにかプログラミングに対する「得体のしれなさ」も解消してました。


結局のところ、自分にとっては、プログラミングという行為の「得体のしれなさ」から解放されるまでにずいぶん長い時間必要だったことになります自分がそうだったからといって他人もそうだとは限らないですが、たとえば小学校で形だけプログラミングを教わっても、分かるとかわからないとか、好きとか嫌いとか以前に、なんかモヤモヤした気持ちになるだけの子もも少なくないんだろうなあ。それは不憫だなあ。


かといって、自分がいまプログラミングで少しは戦えてるのは、そのむかしパソコンに憧れがあって、得体がしれないなりにプログラミングをする機会が若いときたまたまあったからでもあるので、そういう機会になるなら小学校で形だけでも教えるほうがいいのかなあとも思います


オチがないので、このへんで。

2017-01-17

田舎パチンコしない人はいったいどうやって休日を過ごしているのか

僕の場合家事と子守とで休日は飛んでいきます

読書もしたい、自転車にも乗りたい、本のスキャニングも、パソコンデータ整理も、部屋の掃除ゴミ出しも、観葉植物の世話も金魚水槽掃除もあれもこれもやりたいが、幼児をほおって作業はできないので、嫁さんが料理掃除をしているのを横目に子供を見て、嫁さんが子供を見ている間に食器を洗ったり洗濯物を干したり。



しろ、どうやってパチンコという余暇時間を捻出しているのかを教えて欲しい。

2017-01-16

情弱パスワード管理を徹底させる方法ってないか

私の母親は、50代でパソコンを使ってネット通販したり、ネットバンキングを使ったりする。

一応、パソコンソリティアしたり、通販したりは、できるようだ。あと仕事で使ってる関係ExcelとかWordもそこそこできる。

まあ、OSのこととかメモリとかわからないが使うだけなら何となくできるほうだ。

ただ、危機管理意識が全くないのだ。

セキュリティに関する知識が全くと言っていないし、私が何度、セキュリティ対策しろと言ってもやらないのだ。

Windows Updateとかブラウザアップデートなどは、私が手があいときにやっているので、そこらへんのセキュリティは、特に問題ないし、通常利用で困らない範囲でほぼ最高レベルセキュリティを施している。そうは言ってもたかが知れてるのだが…

しかし、私がやれるのは、せいぜいソフトウェア面でも対策ぐらいだ。

どうあがいてもローカル範囲に限られてしまう。

通販サイトで使うアカウントパスワードまでは、保護できない。

本人がしっかり管理する必要がある。

たまたま親が通販ログインしてる様子を見たが、血の気が引いた…

なぜならテンキーで4文字ほど入力しただけだったからだ。つまり数字4桁のパスワードだったのだ。

他にもサイト名の一部やアカウントパスワードを同じにしてたり、パスワード管理が疎か過ぎるといっても過言ではない状態だった。

他のサイトと同じパスワードを使ってたりもした。

これでは、いつ不正アクセス被害を受けてもおかしくはない。

すぐにでも安全パスワードに変えさせる必要があると思った。

総当たりアタックとか難しいことは、知る必要はない。

とにかく推測されにくいパスワードを付けて貰いたい。

私は、親にパスワード重要性を訴えた。

何度も変えるように託した。

まるで危機管理意識が無いのだ。

自分だけは、大丈夫と思っているのか、被害なんて受けないと思っているのか…

世の中個人情報に敏感になっているが、まあ電話番号なんてどっかから漏れてるものから、気にしないのか。

私が何度訴え、変えるように急かんでも、「いまはそんな気分じゃない」と拒否される。

何がそんな気分じゃないだ!

時間がないとか言いつつソリティアやってんじゃねーよ!!ソリティアやりながら変えろよ…

ソリティア終わったらやる」と言ってたがその後にやろうとしなかった。

パスワード管理もできないならいっそ私に任せて欲しいが、「自分でやらないと覚えないから」と言われ拒否られたのだ。

しかし、自分でもやろうとしない、私がパスワード変更とかやるから今のアカウントパスワード教えてくれと言っても拒否される。

数字4桁のアホなパスワード使ったりするぐらいなら、複雑なパスワードを設定した上で紙に印刷でもしたほうが安全だろう。

それなら家に侵入され紙が盗まれない限りは、安全だと思う。

いまのところ、不正アクセスによる被害を被ってはいないが、たまたま運が良いだけだろう。

もしくは、被害を受けているが気がついていないだけかも知れない…


なお一昨日、銀行パスワードだけは、変えさせたのだが、それにも10時間という時間を要してしまった。

スムーズに話を進めれば、10分で終わるところが10時間だ。嫌になってくる…


いまは、良いパスワードと悪いパスワードについてA4用紙にまとめたものを壁に貼ったり、デスクトップ壁紙に設定して訴え掛けているが、効果ほとんどないだろう。

セキュリティパスワードに関しては、1年前にも2年前にも訴え掛けたことがあるが、そのときもなあなあでスルーされている。


最低限の危機管理意識ないならネットバンク使うんじゃねーよ!ネット通販やんじゃねーよ!


あらゆる手を尽くしたが限界だ。

あとは、もう実際に被害を被ってもらうしかないだろうが、私がやるわけには行かないし、どうしたもの・・・・・

2017-01-15

家に高速インターネット回線通ってない若い

普通にいるんだなぁ。

スマホがあるからインターネットにはすぐにアクセスできるし

パソコンもあるにはあるから年賀状パソコンで作ったりしてるけど

パソコンからインターネットできないらしい。

プログラミングしかできないパソコン

そんなものが世の中にあれば

僕も少しは何か書けるようになってたのかなって

買い物って難しい

本当に必要ものって食料くらいしかなくて、

住むところと着るものは今使ってるものを使いまわせばいい。

パソコンスマホも当分は新しいものいらないし、

しかお金の使い道は真剣に考える必要があり、

本当に必要もの以外買うことは許されない。

しかし本当に何も買うものが無い。

俺は一体何を買えばいいんだ?

本当はいろんなものを手に入れる喜びを得たいのに、

本当に必要ものなら買っても許されるのに

俺が手に入れるべきものは考えれば考えるほど決めることができない。

2017-01-14

パスワードって正直限界だと思う

もうね、ユーザーパスワードを決めさせるのが限界なんじゃないか??

定期変更だの長いパスワードを付けろだとか、英数字組み合わせろとかよく言われてるけどさー

そんなの律儀に守ってるユーザーがどれだけいるよ?

俺は、KeePass使ってある程度管理してるけど、世の中、パスワード管理サービスとかツールとか使えないような情弱のほうが多い。

その情弱スマホネット使う機会が圧倒的に増えたし、よくわかってないでパソコン使ってる人も多い。

セキュリティ意識が低すぎるし、リテラシーもほんと低すぎる。

「わからいから」

「めんどくさいから」

「たぶん大丈夫から…」などの言い訳で覚えようとしない。

何度、警告しようとパスワード使い回したり、推測されやすパスワード使ったりするわけで、もうパスワードのもの限界だと思うわけだ。

最近では、二段階認証採用されるケースが増えたけど、まだまだ強制してるところは、少ないしセキュリティ意識がないやつがわざわざ面倒な二段階認証なんかしないだろう。

よくわからないものは、使われない。強制しない限りは…

もうユーザーパスワードを決めさせるんじゃなくて、『あんたのパスワード、これだから紙にメモして絶対無くすな、奪われんな』みたいにしたらどうか?

半分ユーザーに決めさせて残り4文字だけ、サーバー側で生成したパスワードを組み合わせるだけでも強度は、増すし、パスワードの使い回しも防げると思う。

タダでプログラミングを教えるメリット

俺がパソコン屋ならswift教えるからといって、macの購入を勧める。

最初は一番スペックの低いものをすすめる。

もちろん俺が経営するショップからなら割引とサポートつけますとかなんとか言うし、

オプションもたくさんつけて

「本気でプログラミングするならwindows pcは当然必要だし、macだってもっとハイスペックなやつ必要。あとデュアルディスプレイとか常識だよね」みたいな話を随所に盛り込む。

もちろん俺が経営するショップからなら割引とサポートつけますとかなんとか言う。



でもめんどくせーな

2017-01-13

達ちゃんは語りたい

ちょうどアニメ放送と被るので若干語ってみますね。

はいってもぼくの場合は軽度であることと、ここ数年ちゃんとした受診をしておらず不正確な部分が多いです。

なにより自己診断の面が強いので話半分でお願いしたいです。ほんと半端者です。

からしましょう。とりあえず職場の話からです。

自分心療内科受診したきっかけは職場でのトラブルでした。よくあることです。

当時20代半ば、事務系と土方が半々の職場でした。特に事務系でそのトラブル遺憾なく発揮しました。簡単にいうとこんな感じです。

事務殆ど書類作りと整理、パソコン分手書き半分という感じです。量はあります新人研修の延長を超えません。この仕事を2年ほどしていましたが、ほぼ毎月同じようなことで怒られてばかりです。

例えばある1ヶ月の内容は「別の部署から仕様書を貰う->物品をパソコン入力->契約->受領->請求書を貰う->書類一式揃えて支払いに回す」とこれだけです。仕様書が遅いとかは特になく、むしろとても早く持ってきてくれます田舎なので契約もいつもの業者ばかりでとても楽ちん。そこそこの人がやれば月の半分は遊んでいられるような、そんな仕事です。

でも僕は、これが全然できませんでした。書類様式を覚えるのも何ヶ月かかったか。常に上長監視し、先輩からアドバイスを貰い、業者も他部署も全て好意的でした。それなのに9割がた僕のところで何もかも止まっていました。点検が終わっていない書類デスクは常に満杯。最後は僕の印鑑すら取り上げられた始末です。

僕を庇ってくれる人もたくさんいました。でも僕の仕事ぶりはその好意を軽く踏みにじります笑顔で泥を投げつけてました。

毎月同じような書類の不備と怒轟の嵐。

僕の安らぎは、たまにある社外での泊まり込みの施設整備でした。その時は何もかも天国だったのです。

もうわかると思いますが、僕は自分のことを客観的に見るのが苦手です。知らないことを知られたくないがために質問もあまりしなかったと思います。そのくせ自分勝手解釈で行動するので優先順位は全てデタラメコンプライアンスに触れるようなことを堂々としようとしたのは2・3度ではなかったはずです。僕は僕を理解せず、周りも人の形をした汚泥をみる表情に変わりました。

当然こんな状況で仕事が長く続くはずがありません。

とうとう本部の人から社内のカウンセリングを勧められ、そこから外部の病院への通院となりました。

僕の幸運は、会社業務比較的緩いことと、そのような精神面での問題に寛容な風潮があったこと、そして通院したのがそこそこマトモな部類に入る(と通院仲間から言われた)ことでした。たまたま駅の看板を頼っただけなんですが。

病院のことを話します。

そこはいわゆる心療内科であり、鬱や僕のような人間のためのリハビリを行う施設も併設しているやや先進的な場所でした。

初期に2時間弱のテストを受け、僕に発達障害の傾向があると言われました。残念ながら口頭説明だったので詳しい結果については明確に覚えていません。

そこから色々あり退職準備と併行して自立支援プログラムを受けることとなりました。入院ではなく平日はそこに通院して一日を過ごすのです。治療ですが内容は極めて簡単ものが多く、知らない人が見ると幼稚園老人ホームのような印象を持つかもしれません。

僕はそこでもポンコツでした。なんでも話せますしどんな個性も許される場ではありますが、僕はとにかく無知独りよがりで幼稚でした。職場環境のせいではないことをこんな形で理解するとか、今思い出してもきつい。

自分のことをちょっとします。

僕は心療内科広汎性発達障害と診断され投薬治療も受けました。でも効果があったのかはいまでも疑問です。そもそも心理テストの結果も一般人寄りだったはずですし、退職後にその病院から遠く離れてしまったので今となってはどうなのかよくわかりません。転院先は面倒であまり好印象でなく辞めてしまいました。

僕が他と違っていると感じたのは小学生くらいからです。当時から随分と幼稚な行動が目立つ子供でした。テストの成績が悪いわけではありませんし素行が悪いのではなく、しかし振り返ると妙に浮いていました。

「ふわっと」した感覚が今でも続いています。たぶん精神年齢実年からマイナス10歳くらいかと思います

この歳になっても生きづらさは続きます。とにかく物をなくしがちなのです。子供の頃からこの現象を「妖精仕業」と考えるほどに日常化しています

物をなくすというと勝手に捨ててしまう印象かもしれませんが、違います表現が難しいですが思考身体がずれるのです。無意識下でものを移動しているので、過程がまるで見えないこともしばしばです。自転車ライトを靴の中に入れていたり、手袋を片方だけコートポケットに入れて放置したり。必要ものを手に持っていたのに、玄関先でそれを持っていないことに気づいて部屋とを何往復もします。

誰にでもあることかもしれませんが、僕の場合はそれがほぼ毎日起こります。だから僕の周りにはものが溢れます

必要ないものでも捨てられません。常に目に見えないと危険です。机の中にしまったら次にいつ取り出すか不明なまま時が過ぎていきますしか整理整頓もできないので部屋には書類や本が地層となります

から僕はペンメモ帳を手に持ってどこかに置こうとした場合、できるだけ指差し確認をするようにして脳に刷り込みます

僕にとってペンメモ帳大事ものです。日々の出来事を書くのさえ億劫ですが、これがないと自分の最低限のことさえ空虚に感じます。役に立っているというより精神安定剤です。

心の支えは、同じゲーム仲間だったりこんな風に拙い文章を書くことくらいです。それもだいぶつらいですが。

今度再就職しますが、決して良い結果にはならないと思っています。僕は、僕の中の子供をどうしても躾けられないのです。また同じ失敗をするのかと憂鬱です。

僕は普通の人のように振る舞えない、けれど亜人にもなれない。半端者です。

よく発達した発達障害の人がとてもまぶしい。

俺たちは「俺個人」という囚人

フト、俺の周りの製品を見てみた。

モンスターエナジー将棋の本、炭酸水

どれもこれも、『完成品』だ。

  

なぜ、俺たちは完成品に包まれて生きているのか。

俺たちの社会が、『完成品』を作り出しているからだ。

  

それによって、俺たちは何を手に入れたか

パソコン世界中映画を見ることができる。

ツイッター、いろんな人と絡める。

ウィキペディア

  

ネットによって俺たちはつながっている。

  

しかし、ネットだけでは、俺たちは『完成品』を作れない。

モンスターエナジーを作った会社組織

将棋の本を作った、技術体系

  

俺たちが何かを『完成品』にして、生み出さなければ、俺たちは「俺個人」にすぎない。

2017-01-12

音響プラー 復活しねぇかな

ちょっと前まではパケット通信は定額で、通話は従量制だったでしょ。

でも、今は逆だよね。通話は安い定額プランがあるけど、データ通信は3GB超えると遅くなる。




で思い出したんだけど、昔は固定電話音響プラーを使ってパソコンつないでネット接続していたんだよ。

(または、電話回線モデムパソコン


から

スマートフォン - 【 音響プラー 】 - 携帯電話電話回線 - 【 モデムルーター 】 - 光インターネット回線

ってつなげたらどうだろう。


音響プラー 】と【 モデムルーター 】 は、それなりの仕様で、バッファローか IO Data が作って売ればいいよ。










はいはい、どうせ「速度が出ない」って言うんだろ?

インターネットが無かった時代オープン価格にムカついたよね

店まで行かないと値段がわからないという

気の利いた会社は実勢価格併記してくれてたから目安になったけど

ほとんどの会社は「価格オープンです」だけ

でも今でもパソコンスマホをうまく使えない人は、オープン価格に昔の私(そこそこ美少女)と同じムカつきを感じているのだろう

値段がわからないと比較対象にもならないって事を家電メーカーさんはどう考えているでしょうか

2017-01-11

キーボードテーブル自作

パソコンキーボードテーブル(机上台)自作

するに際しもっとも廉価な方法は何?

http://imgur.com/1xlwfjx.jpg


ダイソーMdfを買うとしてもだ・・・

60センチの板を買わないとならない。200円

する。

これは高い!華奢なMdf材に200円も出したくない

200円出すならワンバイフォー板材だろう!だったら

ホムセン

  1. ホワイトウッド 1×4
  2. 約幅89mm×奥行1820mm×高さ19mm
  3. 220--300円

19mmでいいよ。

身の回りの板厚を測定してみたら

19とか1インチとかだし( ^ω^)・・・

6尺必要だな。1820ミリ

パネルソーがあるからこれでいい

"キーボードテーブル自作"って検索してみよう

駄目だ。スライド式ばっかり出てくる。

2017-01-10

東京情報大学不正事件

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170110/k10010833951000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005

千葉市にある東京情報大学学生42人がパソコンソフト無料体験版不正に改変し、

無料の期間が過ぎたあとも使用していたことが大学への取材でわかり、大学学生厳重注意する方針です。

学生処分するまえに、千葉市にあるのに東京情報大学を名乗る校名をなおすべきではないか

2017-01-09

http://anond.hatelabo.jp/20170109171054

パソコンが立ち上がらないってまさか電源ケーブルが抜けてて、

しか本体側!

そんな原因意外とこっちもすぐに見つからなかったりして笑う、けど

情弱はそんな感じよ。

これで、パソコンサポート出張費どうのこうの含めて

何万もお金取ってるんだからボロいよなぁー

情弱切ない

昨日さ、そろそろ古希を迎える叔父に「家のパソコンが壊れたみたいで全く使えない状態から診に来てくれ」といわれて行ってみたら真剣に切なくなった。



叔父は、俺からみると亡父の弟なんだが、子のいない男やもめで、小さなアパートバイトみたいな仕事収入年金と爺さんから相続した預金一人暮らししている。

性格はなんて表現すればいいか悩むが、まあ極力よく言って「お人好し」で、若いから社会的に食い物にされるようなことが多く、身内はその尻拭いで相当(主に経済的な)迷惑を被ってきたらしい。

親父の生前は、親父が貯蓄用口座の通帳を預かり(叔父本人の合意あり)、定期的に生活費用の別口座に振替をしていた。本人の自由になる金があると危ないということらしい。

亡親から自分兄弟姉妹に「資産管理叔父本人に任せないよう」と申し送りされており、今は長女の姉がそれをやってる。

まあそんな人だ。



さて、パソコン復旧の話だが、電話ごしに症状を聞いても要領をえないのは過去経験からわかりきっていたので、とにかく現場現物を本人の目の前で実演確認することから始めた。

まず電源は入るか。入る。

OSは立ち上がるか。ログイン画面まで行く。問題ない。

ここで叔父質問パソコンが使えないと言っているのは、何ができないのか→この画面の先に進めないとのこと。

とりあえずログインID、パスワードを訊き、入力ログイン成功

「できるじゃん」

「あれ?」

なんかよくわからん状況なので、一度電源を落として本人に実演させてみる。あー・・・

「おじさん、テンキーはNumLockキーのランプ点いた状態じゃないと入力が効いてないよ。起動した直後はランプ消灯してるから、NumLockキー一度押してね」(という趣旨のことをかみ砕いて説明。後で備忘メモを作って渡した)

これで問題解決かと一瞬思ったが、どうも状況が腑に落ちない。

そもそも今まで毎日使っていたはずなのに、なんで唐突ログインなどという超基本操作ができなくなったのか。

「これって、ログインできなくなったのいつ?」

「うーん、去年の夏くらいかなあ」

ファッ!?

イヤ確かに去年春の法事の以来メールした覚えないけど。それで日常に支障はないのか。

というか半年以上無駄通信費払ってるわけだがそれでいいのか。

などとモヤモヤが頭を去来しつつログイン後の状態確認したところ、問題の原因はすぐ判明した。



というのは、タッチパネル搭載機種でもないのにタブレットモードになっている。

はい、どうみてもWindows10への強制アップグレードです。本当にありがとうございました

起動時のNumLock状態が変化したのもこの影響だろう。

これは果たして叔父さんのロースキルぶりが悪いのか、Microsoftがクソなのか。まあ後者だな。



とりあえずデスクトップモードにしないと、ログインできたところで操作も覚束ないだろうから切り替え。

無線の設定もなぜか切れてる。当然認証情報など控えられていない。AOSS使うにもクライアントマネージャーダウンロード必要なので、とりあえずルータと有線接続LANケーブル持ってきといてよかった。

これで一応ネットは復旧した。

次にメールはどうか。Windows10標準メーラには過去メールが引き継がれているようだ。叔父さんが非標準メーラのユーザじゃなくてよかった。

あー、でも送受信ができない。面倒な。


叔父さん、プロバイダ契約書類ある?」

「え?何それ」

部屋を小一時間漁ってそれらしき紙を発見。でもこれ、なんかメールアドレスドメインが違う。そういえば去年変わったとか言ってたのを思い出す。

「これ多分以前のプロバイダだね。去年プロバイダ変えたとき書類一式渡されてると思うんだけど」

「うーん知らない。安くなるからと言われた」


・・・得体のしれない代理店から消防署のほうから来ました」方式営業かけられて、言われるがままに乗り換えしたんだろうなあ。じゃなきゃメールアドレス変えるような面倒なこと叔父さんはしない(そもそも発想がない)だろう。切ない。

仕方ないのでプロバイダ電話で問い合わせ。本人確認以外は全部自分がしゃべって情報収集完了メールは復旧した。



プロバイダ契約内容は思っていたよりは良心的だった。

というかその一つ前のプロバイダがあくどすぎる。叔父さんが200%利用しない月5000円くらいのVOD動画サービスに加入していやがった。

そりゃ普通契約し直すだけで安くなるわ。まあ現プロバイダも、叔父さんが活用できるわけがない機器損保証とリモートアクセスサポートオプション計月1000円に加入させてやがったけどね。

叔父さんが勝手書類無くした可能性も低くはないが、契約内容渡していない疑惑もあるしなあ。非常に微妙だ。

一応叔父さんに状況を説明して(おそらく理解はしていない)、同意の体をとった上でオプションは解約した。



後はプリンタの再設定だが、長期に動かさなかったせいでインクタンク劣化し使えなくなってた。

時間的な制約もあり、半日やそこらでそこまでは面倒見切れないので、新しくプリンタ買いなおした方が安くて手っ取り早いとアドバイスだけして帰宅した。

お互いの家は電車で3時間近くかかるし、こちらも家庭持ちで暇じゃないので、次に面倒みれるのはまた数か月後だろう。

叔父さんはそれまでプリンタなしで過ごすだろうか。どっかの業者にカモられて変なプリンタを購入するだろうか。



パソコンに限らず、叔父さんの人生一事が万事こんな調子だったのだろう。わかっていたことではあるが、改めてその人となりを実感すると親族として非常に辛い。

こういう状況に本人は不満も覚えず、疑問も感じずにいるというところが、なんか一番切ない。

こういう人でも、善意に守られ悪意に奪われない優しい世界はどこかに存在しないだろうか。

履歴書手書きパソコンかで論争してた人へ

本丸は、添え状とお礼状だぞ。

開封してすぐ捨てられる添え状。

手書きで季節の言葉から書くお礼状。

これ要りますか?

2017-01-08

パソコンおかし

時間が経つと勝手に求めていたファイルがなくなる。

探しても見つからいか勝手に削除されるっぽい。

何かパソコンいらねえわ。

スマホで十分だわ。

何でパソコンなんか使わないといけないんだろ。

学校レポートとかスマホやらせろや。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん