「必要」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 必要とは

2016-05-25

http://anond.hatelabo.jp/20160525010758

いやだから出産についていろいろ教えてもらえると思って書いたんでしょ?

出産大事から教えてもらえるだろうって。

 

で、そのとおり実際みんな大事に思ってるってことだよ。

いちいちあん自身の考えをわざわざ他人が補強するエピソードとか必要なの?

靖国神社エビデンス

靖国英霊感謝気持ちを伝えよう!と訴えてくださる方に質問です



現代科学の初歩的な共通認識では、脳の活動が停止すると意識消滅するとされています

まり英霊感謝気持ちを伝えようとするなら、英霊の皆さんの脳活動必要となるということでよいかと思います

ところが英霊の皆様は亡骸になられて久しく、脳活動どころか脳組織のものが失われて70年、構成していた分子もおそらく地球上に散逸している状態です。



このような状況で、英霊のみなさんに感謝が伝わるとするのは、あまりにも根拠が薄弱なのです。

どれくらい薄弱かというと、水素水でいうと、H800Oくらいであると思います



それにくらべれば、体組織が保存されていたキリストの復活のほうがまだましです。それでもH300Oくらいイッてると思いますすけど。



それでもなお、靖国英霊へのマジ感謝を訴えたくなるのですから、皆さんには何か理由があるはずなのです。



というわけで拙案ですが、みなさまの理由をある程度分類させていただきました。

自身の当てはまると思うものに丸をおつけください。あるいは下に属さないご自身カテゴリを教えて下さい



1.科学では計り知れない領域があるよ。英霊の皆様はそちらにおわしますよ。その領域水素水くらい神聖だよ(紅茶キノコ派)

2.SYI(支持者で有権者意見なので派)

3.中国の敵の敵は味方(三国志派)

4.そんなの信じてるわけねぇけどw、他人を従わせる快楽目的なんで(マイルドヤンキーリーダー派モコモコ団)

5.いたずらです。あとでテッテレ~奏でる(バラエティっ子派)

6.俺が童貞派遣社員なのは国民靖国神社への感謝が足りないせい(アイアムアヒーローときどき登場派)

7.愚民統治には、綿々と140年も続く歴史的根拠ある信仰で束ねることが大事だ(粉もんマキャベリ派)

8.俺が大川って総裁だァー!(プラモ作ってたら火事派)

9.神聖領域科学で計ろうとする増田がバーカ(水素水科学判断するな派)

http://anond.hatelabo.jp/20160524235514

最初トラバ書いたもんだけど、俺自身もど文系野郎なので恨みなんて無いけど、昨今の予算削減だなんざの話で、世に出てくる人文系学者達があまりに目に余る酷さだなと思うことは多い。人間勉強している割には社会要請に応えられずに、自分達のやっている事は必要から必要なんです意見が多い気がしている。

2016-05-24

http://anond.hatelabo.jp/20160524225912

本当にゴミ文章だった。

>たとえば仏教人生は苦しみであると説きます

人生とは~~~ゆえに苦しみであるという~~~を獲得するのを助けるのに文学ほど有用学問はないと確信しています

>これは論理実験では決してうまらない人間人間たる存在問題

学生の時に追求した私は~~~だからであるの幼い文脈すら仕事一言に置き換わってしまます

しかしそんな何のために働くかわからなくなった名もなき乾いた砂粒のような人間にこそ文学必要なのですよ。

適当にひどい文を引っ張ってきた。最後の文はそこまで変ではないけど、これが文学文学言っている人の文章とは思えなかったから引っ張ってきた。

文学文学言うのなら、もう少しまともな文章書いて下さいな…。

文学部について書きたいのか、文系について書きたいのか、はっきりして下さいな…。

さな店がどんどん姿を消したことについて考察する

こんな記事を読んだ

http://www.e-aidem.com/ch/jimocoro/entry/miwa04


初めに述べておくけど私は発達障害者だ。

発達障害ならではのどうしようもなさ、うまくいかないしんどさをかれこれ長い事味わってきた。

そうこうするうちに、なんとなく発達障害の人についてはピンときて、この人は自分同類ではないのか?と鼻が効くようになった。

なったところで何も役に立ちはしないけれども。

発達障害と診断される人は年々増加の一途を辿っている。

というのも発達障害診断基準がはっきりしてきたのはここ20年くらいのことで、それ以前に子供だった人はかりにその特性があったとしても発達障害認識されなかったからだ。

そういう、ある程度年のいった発達障害の人はどのように生計を立てていたのか。

おそらくだが、小規模の小さな商いをひっそりとやっていたのではないか

小規模の自営業者であれば、調子が悪いとき商売を休むことも可能だし叱責してくる上司もいない。

ところで1990年には全国の自営業者は1395万人だったそうだ。これが2011年になると541万人へと減少する。(総務省調査

この中の何割かは高齢化によるものであったと考えられるが、自営業者とりま経済環境が厳しいものへと変化したことを裏付けている。

自営業者の数はここ20年でどんどん数が減っている。

資本力のとぼしい小規模の自営業者不景気とか消費税だとかそういった変化のあおりに耐えられないのだ。

もちろん店主自身高齢化などもある。地方経済の衰退にも原因はあるだろう。いずれにしろ減っている。


時代が進み、人々はより快適なオートメーション化された安価サービスへと移行していった。

低級国民として働く人たちは、マニュアルの下で歯車になることを強いられる

悲しいか発達障害の人は優秀な歯車になることができない。能力があまりにも凸凹すぎるからだ。

ここ20年ほどで日本は衰退した。とんでもない衰退だ。

自営業者の人が1400万人近く存在したのは景気がよかったからだ。まわっているお金があったからだ。

少し年配の人なら「どこにも雇ってもらえなかったしラーメン屋でもやるか」という話はどこにでも転がっていたんだけど、

このところラーメンもどこもかしこレベルが上がってとんでもなく敷居が高い

人々は価格以上のサービスを当たり前と思い、提供されるものは質が高くなければ消費者は不満を言う。

安価で質の安定したサービス提供するためには、ある程度の規模のシステムを構築する必要があり、それを個人商店に求めたら破綻してしまう。

そしてその安定したサービスのため必要とされるシステムには、凸凹歯車は順応できないのだ。

こうして高齢フリーターの数や非正規労働者の数は増え、さらsnepと呼ばれる呼び方が出現した。

さなお店の人たちはどこへいったか

やはりこういった弱者と呼ばれる層へ否応無く吸収されていったのだろうと推測する。

さて最初のところへ戻ろう。

ここの店主はおそらくなにがしか発達障害を持っているだろうなと個人的には思う。

自分発達障害なのでわかるのだが、おもしろいことにその凸凹の部分を強烈に気に入ってくれる人が存在する。

発達障害不具合を見いださず、いびつさを愛してくれる人が実際に存在するのだ。

地方都市にぽつぽつ存在してきた「やる気のない店主がいる汚い店」というのは、肩に力が入らず来るものをホッとさせるところがあって

その存在感一部の人を強烈に惹き付けるのだ。

私はこのような店が日本のあちこちに残っていて欲しいと思う。「そんなに頑張らなくていいよ」という無言のメッセージであるからだ。

文学部価値とは何か

京大卒、東大卒文学部の方々の文章を読んだ。どちらも有意義文章だが社会において文系価値が軽視されがちになってきている趨勢を感じるこの時代に書き残しておきたいことがあります

何のために学問をおさめるのか、主婦になるのは大学教育必要ない?東大卒プライドを捨てなければ自己肯定できないのか?

どちらも境遇が違うのですが共通して言えることがあるので増田に書いてみたいと思います文学部存在する大きな意味ひとつに「無限文脈」を得るためということがあるでしょう。

たとえば仏教人生は苦しみであると説きますしか人生は苦しみであるという言葉だけではなにをもって人生が苦しみなのかわからないので人生とは~~~ゆえに苦しみであるという~~~を獲得するのを助けるのに文学ほど有用学問はないと確信しています。これは論理実験では決してうまらない人間人間たる存在問題であるのでバッチリこれが答えだなんて言いいきれるものではありません。それが理系文系の決定的な違いなのではと思うのです。文系学問経済学社会学政治学などを含めて全て勉強すればするほどに断定的な物言いが難しくなる側面があります文系は人文系とも呼ばれますがまさに文学人間混沌理解するため、ではなくどう見つめるかのその過程を追求するためにあるのではないでしょうか。

から社会的実益を生むわけではないので文学は時に軽視されることになりますしかし自らの人生を追及するために文学ほど役にたつもの存在しないのです。それは一般的労働従事するかぎりにおいてはほとんど役にも立ちませんがそれでも個人の人生という物語形成する重要な要素にはなるのです。

おそらくそれが京大文学部を出て主婦になった方が感じる最も根幹に感じる違和感の正体ではないのでしょうか?大学を出て社会的な成果を出さないとは何事かと人は言います。けれど文学人間の外面ではなく内面をどう料理するかを学ぶ学問なのですから主婦になろうがどうしようがそんな社会的なことは甚だどうでもいいものしかないのです。むしろその京大で学んだ文学的素養を発揮するのに主婦子育てほど適した職はないとも私は思っています

文学価値というのは学生の時には傾倒し教授と談義にふけったりそれはそれはとても面白いものですが社会に出れば時に忙殺されてしまます。実務に追われ気づけば学生の時に追求した私は~~~だからであるの幼い文脈すら仕事一言に置き換わってしまます。それは理系文系京大Fラン高卒関係なくです。しかしそんな何のために働くかわからなくなった名もなき乾いた砂粒のような人間にこそ文学必要なのですよ。

http://anond.hatelabo.jp/20160524223217

日本死ね以降増田自民関係者が増えた気がする

id:Arturo_Uiさんやid:kyo_juさんがたびたび指摘していることではあるが、動員かかっているのかもしれない

舛添さんを悪くいうのも工作員のしわざ

あと容疑者安倍晋三の人も、反安倍おかしい人しかいないという印象操作のための仕込み

実際に精神科とかで調査したら安倍支持者の方が頭おかしい人多いんじゃないだろうか

さもなきゃそもそも工作する必要があるのかって話だし

お前のその書き込みは「精神的におかし妄想癖の反安倍派」と取られる危険性はないの?

日本死ね以降増田自民関係者が増えた気がする

id:Arturo_Uiさんやid:kyo_juさんがたびたび指摘していることではあるが、動員かかっているのかもしれない

舛添さんを悪くいうのも工作員のしわざ

あと容疑者安倍晋三の人も、反安倍おかしい人しかいないという印象操作のための仕込み

実際に精神科とかで調査したら安倍支持者の方が頭おかしい人多いんじゃないだろうか

さもなきゃそもそも工作する必要があるのかって話だし

天賦の才としての高学歴

京大を出て専業主婦とかもったいない

このブログが、人気だ。

「「京大出て専業主婦なんてもったいない」と言う人は、じゃあわたしが何をすれば許してくれるのか」

http://seramayo.hatenablog.com/entry/2016/05/23/121352

京大を出たが、就職したり、研究者になったりせず、専業主婦になったことに対して、他の人からその行為を「もったいない」と言われたという話だ。

東大卒のおばさんの話も基本的にそれを肯定的に捉えている。

東大文学部卒おばさんが、何がもったいないのか解説するよ」

http://anond.hatelabo.jp/20160524012315

一方で、高等教育コストが掛かるんだよという意見をいう人も居る。

「まじで教育はタダだとでも思ってんの?教育投資だろ。 」

http://anond.hatelabo.jp/20160524045830

天賦の才としての高学歴

このエントリーあんまり出なかった視点の話をする。

それは、「天賦の才能は神から与えられたもので、返す必要がある」という指摘だ。

これはもしかしたら、上のブログもったいないと言ったという話に繋がるかもしれない。

東大京大に入る程の頭脳は神から与えられた天賦の才能だ。天賦の才能を持つ人は社会にその才能を還元する義務があるのではないかと考えている。例えば、プロスポーツ選手は単に試合をするだけではなく子供スポーツを教えたりする。それは単に人気取りの為だけではなく、彼らが与えられた天賦の運動能力社会還元させるという目的もある。

ハテブの中にノブレス・オブリージュの話が出ていたが、優れた能力を持つものは、より多く社会に貢献すべしという主張に通じるのかも知れない。

京大を出て専業主婦をする人のエントリーに関して感じる違和感は、「天賦の才能」に対する意識の欠如だ。彼女頭脳彼女努力の賜物ではあるが同時に、神から与えられたものでもある。その意識が低いように感じる。

研究者になったり企業人にならず、専業主婦を選ぶことも立派な人生だ。それでも、自分が「天賦の才能」を与えられていることを時々は思い出して、例えば自分の子供だけでなく、貧困層の家庭の子供に勉強を教えるとか、恵まれない人にも何かを教えるとか、与えられた才能を活かす方法を考えてみてほしいな。

ちなみに私は、ソフト開発に天賦の才があったようで、良いソフトウェアが書ける。

から私は仕事としてのソフトウェア開発だけじゃなくて、休日githubソースコードを上げたり、qiitaコードを書いて検証した結果を上げたりしている。

自分に優れた能力があると思っているのなら、その能力自分一人に独占するんじゃなくて、他人社会還元する方法を考えてみてはどうだろう。

小学生くらいの子供がいる友だちと話してて、何かの用事自分も嫁も家を留守にする必要があって、子供ひとり残していくと気が気でないらしい。

自分母子家庭で、カーチャン夜勤のある仕事だったから、晩ごはんレンジであっためて、自分で布団敷いて寝てたと言うとすげー驚かれる。

http://anond.hatelabo.jp/20160524131216

釣られたおっさん2号です。それは道路族ではなく、ただのDQN一家です。

実際に車や壁を傷付けられているので器物損壊のケースじゃないのかな?知り合いの弁護士相談してみたら?

仲良くしたくもない相手と近所付き合いなんてする必要ない。向こうも近所付き合いする気なんてさらさら無いんだし。

たまたま隣だからといって、中国なんかと仲良くなりたくないでしょ?

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.あなたには「いい人フォルダ」や「嫌な人フォルダ」がありますか。

答えはNOだ。

私は相手をどう印象付けているかフォルダ分けはしていなくて、関係性で区分している。

いい人だとか、嫌な人だとかは気持ち的にはともかく、枠組みとしてはあまり意味がないからな。

一応、「他人フォルダ」とか「大衆フォルダ」とかはあるが、しばらくして使わなければ中身はごみ箱に入れる。

いずれ必要になったとき復元すればいいだけだしな。

真に他人に臨むときというのは総体的評価するときであって、仮に人をフォルダに入れるなら細分化された名前になるだろう。

なので、フォルダに入れても中にあるのは一人だけであまり意味がない。

から、私は関係性でフォルダ分けしている。

逆にそもそも腰を据えて臨むつもりがない相手ならば、容量を圧迫するだけなので残さない。

価値観多様性を認めることも、それらの枠組みも「自分が使いやすい、容量内で」という但し書きがつくのは周知だ。

でなければ私や君のPCはあっという間に容量不足になるからな。

これは他人立場から自分を見ても同じことだ。

こういう書き方をするとアレだと思われるかもしれないが、大抵の人にとってフォルダの分け方は当事者が期待しているようなものにはなっていない。

仮に君が「嫌な人フォルダ」に入っていたとしても、その中には君以外の人もたくさん入っているということで逆も然りだ。

サブフォルダがどうなっているか重要だという話であって、そういう簡易的なフォルダ分けに一喜一憂する必要はないということさ。

……ん? ここらへんのメディアの人たちはどうかって?

ブラウザキャッシュとか履歴は、基本的に残さなものだぞ。

幽霊を見たことがない

世の中には幽霊となった人が恋人危機を救うだとか素敵なメッセージを残していくだとかそういった話も多々あるようなので

そういう存在もいてもいいかなくらいには思うのだが、そういう世界の扉を開けたことは一度もない。

そういうものを見た、何かが写っていた、気持ち悪かった、などという話に聞くたびにいわゆる『霊界』『死後の世界』『あの世』などと呼ばれるものに疑問を挟んでしまいうまく信じることができない。

 

『死』を受け入れられないというわけではない。

私が死んでも世界は変わらんと思っている。私という存在が消え去るだけだ。

死んだという報せを聞けば何人か悲喜こもごもあるだろうが、それこそ49日ほど過ぎれば死んだことすらどこかへ行く。

たまに思い出されて、「ああいたなあそんなやつ」。そんな人たちもいなくなれば、完全に消滅だ。そういうもんだと思っている。

 

からこそ確認したいのだ。本当に死の向こうに、霊体だけが暮らす新世界があるのだろうか?

 

あらかじめ書きたいが、別にかの世界特定宗教等を否定したいわけではない。

○○は××だからwwwwwはい論破wwwwwww などとやる気は一切ない。むしろ逆だ。可能であれば完全に存在証明されて論破されたい。

これを見て、こういったモノに詳しい誰かが非の打ちどころのないコメントを残してくれるのを見たい。それを心待ちにしている。

 

 

(1)心霊写真ってどう思う?

昔々はちょっとしたブームになり、織田無道だとか宜保愛子だとかが毎週のようにTV番組に出てきていたこともあった。

今は「おわかりいただけただろうか」か。流行の強弱はあれ、ずっと続いている心霊写真ブーム

 

ところで、あの手の番組に出てくる写真動画、構図や被写体って似すぎてやしないだろうか。

人間の体は頭、胴体、両手両足、股間まわりと大まかに言ってもこれだけパーツがあるが、

心霊写真って、ぼやっと全身が写っているか部分的ものは頭と手ばかり写っているように思う。

「顔と手には思念が残りやすい」などという話を聞いたりもしたが、それならケツや乳に思念が残ったっていいじゃないかと思う。

短小をバカにされて自殺した童貞男の幽霊がいて、夜な夜な女の宿泊客の顔にBUKKAKEてくる……とかさ。逆にデスペニスでもいいよ。

 

もうひとつ言うと、人間が霊体を認知するのって圧倒的に視覚じゃないかと思う。

音は幽霊描写としてよく使われる手段ではあるけども、この音がするから幽霊だというのはイマイチ証拠に欠ける。

ラップ音の正体も温度差等による建物の軋みなんかの音だとか。

においというのはある種個性として認知されるものだが、『この建物はなんだか幽霊くさいぞ』とは聞いたことがない。なんせチョコボっぽいし。

 

 

(2)人間ばっかり出すぎ問題

いわゆる『向こうの世界からくるものが圧倒的に人間ばかりだと思う。人間すぎる。

旧日本軍兵隊や髪の長い細身の女性幽霊の話はごまんと聞くが、ヒグマサメ幽霊が暴れて人が死んだという怪談話稲川淳二がしたことがあるだろうか。

霊はこの世に未練があってなんちゃらかんちゃらと言うなら、人間さまのご都合で殺されまくった動物悪霊なんてアホほどいそうなもんである

忠犬ハチ公幽霊はご主人が帰るまで待ち続けたのだろうか?そんな話も一切知らない。

 

地獄という場所も圧倒的に(宗教的に)悪いことをした『人間』を懲らしめることに特化した施設のように思う。

今どきはペットだって洗礼を受けるし、葬儀だって開くわけだろう?

動物には動物天国地獄がある』と主張する人もいるようだが、その世界観が取り上げられたものはほぼないように思う。

どうすれば天国でどうすれば地獄か、どうすればより高次の生き物に輪廻転生できるか、などという判断人間さま向けの基準だ。

吸血や捕食を生業とする生き物に転生したら、殺したり奪ったりしないと生きられんわけで。

そんな生き物に転生させといて殺すな奪うなと言ってもじゃあどうすりゃいいんだよ……ってなもんじゃいか

 

 

(3)あの世パンは焼ける?

(2)ともちょっとリンクする部分があるが、見出しのままだ。あの世パンは焼けるだろうか?酒が作れるか?と言ってもいい。

例えばパン職人ひとすじでこの世を去った人がいたとしたら、天国でボサッと呆けてるとは思えない。そりゃ、いっちょ自慢のパンでも焼くかと思い立つだろう。

逆にパン職人だったお父さんを見送った遺族だって、「お父さんはきっと天国でもおいしいパンを焼いてるよ……」とか言うだろう?

お父さんの生き生き天国ライフをかなえるには穀物と菌の存在必要である。まあいい。生きたものあの世には行かれないだろうから生きてはいないはず。

つまるところ、『植物菌類幽霊』なるもの存在するかどうかだ。

 

存在するとして。

パンを作るためには穀物をすり潰して粉にしたものをアレコレしたあと菌によって発酵させて、焼くという工程必要だ。

工程最中穀物は当然として菌も死ぬよね。焼かれるわけだし。だとして、幽霊が死んだらどこへ行くんだ??

すぐに生き返って元に戻る、だとしたら最悪だ。イースト菌の霊からしたらなんべんも焼かれては生き返ってまた焼かれるわけだ。

ダンテ神曲に出てきた地獄の図とまったく同じことが天国にいながら天国に行ったパン職人によって引き起こされる。鬼かオヤジ

さらに死んだ者用のナニガシが存在するとなると、それは無間地獄である天国にいながら地獄という図は変わらないのではないか

 

存在しないとして。

パンはどうしたら作れるだろうか?

墓参りの時に、生前好きだったものを供える習慣がある。寺の坊主に言わせると、お供え物の霊的なナニガシだけを受け取るのだとかなんとか。

これを使えばイケそうな気もするが、毎日墓前に小麦粉イーストパウダーお供えする遺族なんて存在しないだろう。なんせ傍から見てどう考えてもおかしい。

せいぜい跡継ぎ息子が焼いたパンをお父さんもぜひ試食してくれ旨いだろうと供えられる程度である

お父さんも天国パンを焼きたいのだが、このままではこの世に未練が残ってしまいお父さんが化けて出てしまう。

 

 

焼くことが可能だとして、パンはどうなるのだろう?幽霊パンを食うだろうか?

死んでるんだから食わないというのなら、飢えに苛まれ地獄というのはよくわからない存在になりそうだ。

それに、そう、お供え物だ。我々が良かれと思って供える故人の好物や茶などは、実はありがた迷惑ということに……。それは悲しすぎる。

かと言って普通に食べるということにしてしまうとそれはそれで大変だ。これまでン万年の間に死んだ人間はそれこそ星の数ほどいるわけで。

食い物が、足りなさすぎる。

 

 

 

考えれば考えるほどよくわからなくなってくる大霊界丹波先生がご存命だったらズバリ回答いただけただろうか?

……そもそも丹波先生にお会いするのが大変か。

理想主義の人々

自分から高らかにマイナス面(遅刻しといて朝弱いからさーとか)を免罪的に宣言する人は俺はお前のためになんの努力もしないからなじゃあのって意味になるし失礼だから気をつけろよなみたいな話が話題になって、何人かがちらほら「他人のために変わるなんてちゃんちゃらおかしくね?」みたいにいっててははーんって思ったけど、そういう人って本当にロマンチストだよね。

おそらくそういう人の中で人間関係というのは、貝合わせみたいに、幾多の人間性と自分人間性を重ねてぴったり合ったら友達恋人という考え方なのだろう。

ロマンに溢れる。

現実的には、人付き合いにはコストがかかる。これを理解しない人はネガティヴな人でもポジティブな人でも怖い。もちろんそれが、流行を全てチェックしてどんな話題にも対応できるようにする(たとえ個性を失うことになっても)ことと人もいるだろうが、もっと単純な話だ。時間がうるさいやつと遊ぶ時はそいつの時だけでもなんとかするようにする。あるいは自分時間のうるさいやつなのであれば時間を守ってほしいなら、守ってもらえるか守らなくてもいいようにするかのどちらか。理想主義者は手強い。「そこが符合しなければ付き合わなくて良い」となるから。それがたとえ1だろうが100だろうが。それで我々の貝が擦り合わないならそれまでとなってしまう。

人間関係に支払うコスト絶対自分キャパティを超えてはいけない、なので、支払えばいいというものでもない。大事なのは支払われているという自覚。姫がわかってサークルクラッシュするのか、わからないでサークルクラッシュするのかでは天と地の差がある。

まあ、つまり、そういう理想主義者時間に遅れてくるのを見越してこっちは色々やってるんだよねー……ってことなんだけど。ただ理想主義者は手強いのでやりたくないのであればやめれば?私はそうする。と言ってくるわけだ。つよい。

ババ抜きで勝ちたい時、そういうルールがなくて相手に怒られないなら、僕は相手の手札を覗くだろう。ただ自分は覗かれたくない。だから覗くほうを我慢する。人間関係に払うコストも同じことだ。自分は勝ちたくて勝ちたくて仕方がなくてもずるしない、でも相手執拗に覗いてくる。そんなんじゃゲームにならない。同じことだ。

多様性理解するのはエネルギーがいる。だからこそ人類は今まで多様性を捨ててきた。共通ルールを抱えてる人間が多い方が安全からだ。人を殺してはいけないというルールの中で生きてる人間が多いから、私たちは殺される恐怖に晒されながら生きる必要がない。20代結婚するものと思ってれば周りがさせてくれる。みんな高校に行ってるから親もぼんやり高校に進学させてくれる。……多様性を認めるというのは、別なルールで生きている人間と触れ合い、存在することを認知するということだ。合わせる貝が合うかどうかわからない、無理矢理合わそうとして壊れてしまうかもしれない世界。そこで壊れてしまう前に引き剝がしたり、少しの工夫で合うかもしれないという可能性を探している。多様性のある世界の、現実的生き方だ。つかれる。しかし疲れない手段を取ってもどこにも行き着かないとわかっているからする。僕が一つも気を遣わないで、地の果てまで共に行ける運命の人が一体どこにいるというのだろう。それも何人も。地球いるかさえも怪しい。しか孤独現実的にそこに存在しているのだ。架空人間を待ってはいられない。

人のために変わるってね、別に趣味人格を変えろってはなしじゃあないんですよ。当たり前だろ。

http://anond.hatelabo.jp/20160524160330

マナー周知なんかじゃどうにもならない奴が必ず湧くと言う前提で対処せよ」

ってどこに書いてある?

    ↓

野球選手ファンでも何でも必ず居るよ

人がたくさん居たら必ず居る障害児みたいなもんなんじゃないの

居るってこと前提にしないとしょうがないでしょ

マナー周知の問題とは違う

お前国語力どうなってんだよ




そんなホジティブに文脈読み取れなかったけど…。

ポジティブことなんか1ミリも書いてねえよ

しょうがないっていう文言も、諦めの方向なのかなって思えるけど。

俺はお前よりは諦めてるよ人類を。

俺はね、お前が最初の話で挙げたファンを「どうにもならない障碍児みたいなもん」と思ってるの。

から

ファンなら節度を持って接しましょう。

という結びがピントのズレたアホだと思うわけ。

節度をもってね」とか言われてハッと悟って改められるような人間なら

お前が描写したような奇行の数々をしつこくしつこくやり続けないだろ。




そういうのは既にマナー問題じゃないわけ。

たくさん子供産めば一定確率で現れてくる脳障害者とか

田んぼを作れば一定確率で湧いてくる害虫とかと同じ。

からそういうのが現れるのを前提にシステムを組むべきだと。

お前の言う「現れてから慌てて逐次マナーを呼びかける」「良心に訴える」なんて馬鹿げた解決法だろ。





マナー向上で何とかする」VS「システム的になんとかする」という正反対思想対立

口で言ってわかる人間しか居ないならお前のソリューションが正しいけど

俺はそうじゃないと思うから後者提唱してんの。




それでも守らないのであれば言い方悪いけど「排除」するしかないです。

俺の話は最初から排除内包してんの。

から10まで書いてなくても文脈よめりゃわかるよ。

なのに反論風に「排除するしかないです」とかいわれてもこいつ国語できねーなとしか




AKB握手会なんて「剥がし屋」というスタッフがいて

一定時間でどんどん客をアイドルから剥がし排除するそうだ機械的に。

常識的時間内でスマートちょっとやりとりして

 アイドルや他の客に負担かけない範囲で離れる」

というマナー守れない奴が絶対いるという前提で

客全員に剥がし屋がスタンバイするわけ。

どんどん排除するわけ。システムで。




俺はそっちが正しいと思う。

マナー呼びかける段階じゃないだろと。




他人簡単に障碍児呼ばわりするのは改めた方がいいよ。

なんでいけない?

俺はプチ障害なんていたるとこにいると思ってるよ。

お前は障害に対してタブー感や差別意識持ってるから簡単障害呼ばわりすべきじゃない」なんていうんだろう。

んで障害理解が無いか

障碍児特有の行動にもいちいち

マナー悪い奴」「悪意のある奴」としか受け取れず

キモイファンが、表現者の楽しみを奪うことを私はあまり許したくない。

ファンなら節度を持ってに接しましょう。

事務所スタッフ、他のファン、本人、どこかでマナー提示する必要があり

それでも守らないのであれば言い方悪いけど「排除」するしかないです。

他のファン演者の楽しみを奪うような輩に楽しむ権利はないです。

みたいにちょっと怒ってるわけだろ。

俺は全然怒りもなんにもない。

絶対そういうのいるんだからシステム対処しろと言ってる。

予防でも排除でも。

http://anond.hatelabo.jp/20160524165144

君が物知らずなだけだから教えてあげると

「世の中の一般常識現実的必要対応」>憲法法律ルールマナー

沖縄在留米軍も厳密には憲法違反だが超法規的に許されるのは

米軍いなくなったら太平洋やばくね?」という「一般常識」が憲法に勝るから許されている。

全ての法律判例一般常識に基づいていて一般人常識が及ばないところでは専門家により調整されている。

この強弱関係理解していないと不条理に見えるが常識を明文化して文字に起こしたのが憲法であり法律であって

別に憲法法律が一大勢力としてそこに存在してるわけじゃない。

http://anond.hatelabo.jp/20160524161137

拡張なら「関数型的じゃない」っていわれたら「関数型を拡張してるから」って答えればいいだけの話

関数型という枠組みを拡張しているのではなく、関数型という枠組みの中にミュータブルな時間要素が純粋に収まるようにしているのがFRPだろ。「関数型を拡張してるから」というのは、また独自拡張だ、という批判を許すし、FRP関数型の拡張だというのは誤解を招くし、語弊もある。

FRPの効力を否定なんて誰もしてない(よね)

いやそもそも岡部氏が複雑なアプリになるとFRP必要だ、と批判すると状態渡しで充分だ、という反発があった。それが誤魔化しだとして、今に至るし、否定されているから一連のブログでの徹底的なまでの反撃がなされている。

「これが正しい関数型でお前らの状態渡しは間違ってる」みたいに言うから荒れる

事実、「駱駝」は「状態渡しはむしろ異常」って書いた上に、岡部氏のコードの倍の分量の複雑なコードしか示せなかった。あの無理して書いたのが第三者にもまるわかりの状態渡しの実装って間違ってるんじゃないの?

個人的電波だと思うのはこういう匿名書き込みを住井だ駱駝だ言い出すところ

これまでのアンチ岡部のやり方を眺めていると、被害者岡部氏の分析には一定の信ぴょう性が認められるよね?

しかも、それっぽい書き込みほどそうやって、事実誤認だ、と強調するから、なんで当事者でもないのに、そんなことが断言できて、電波だということになるんだ?という素朴な疑問がある。当事者から否定してるんだろ、と誰が見てもおもうだろ。

ストリームから定数とか、過去の値保存してるから定数とか言ってみたところで、プログラム内の色んな関数から読み書きされる可能性があって誰が書き換えたか中身読まないとわからないんじゃ、グローバル変数使ってるプログラム欠点をそのまま持ってるじゃん

いやだから、どの関数で読み書きされようと、誰が書き換えようとも、時間にたいしてイミュータブルな定数なんだから、定数は定数なのよ。

グローバル変数ってのはFRP関係ないだろ?

http://anond.hatelabo.jp/20160524150137

母数が多ければ必ず出てくるかもしれません。それには同意します。

ですが、必ずいる=放置していいとは思いません。

事務所スタッフ、他のファン、本人、どこかでマナー提示する必要があり

それでも守らないのであれば言い方悪いけど「排除」するしかないです。

っておまえ

人がたくさん居たら必ず居る障害児みたいなもんなんじゃないの

居るってこと前提にしないとしょうがないでしょ

マナー周知の問題とは違う

がなんで「放置せよ」になるの?

マナー周知なんかじゃどうにもならない奴が必ず湧くと言う前提で対処せよ」→「放置せよ」?

国語の点数何点なんだよ。

マナー周知とかぬりいこと言ってる段階じゃないよ」じゃ何が言いたいかからないの?

お前も障碍児ちゃうか。

http://anond.hatelabo.jp/20160524144932

①「受け入れる必要性がない」というのは、「全知全能」を体現し実行できる状態を未だかつて体験したことのない人間はそれに対して何の情報も持っておらず、全知全能を持ってすると何が起きるのかということを理解していない中で、ブラックボックスに対して定義付けを行うことが不可能であり、情報欠如の中で作り出した定義を実際に全知全能の神に対して適応することが不可能でありそれが正しいかどうかの確証を得ることも不可能観測検証に用いないというが、観測を無くして定義実証と法の確認不可能であり、実証不可能なことに対して不完全な情報で挑む以上、望む答えを得ることはできない。

論理的帰結を求めることができるのは問題となる論理が正確であることが前提条件となる。先に述べたように全知全能に対する正確な情報がなく観測もできない状態論理構築することは不可能。「人間が想定しうる全能において矛盾が発生する事象」これは問題のもの矛盾しているからであり神が矛盾を解消する手立てを有していたとしてもそれを全知全能でない人間が発想することもできなければ認識実証することも不可能である。全知全能である神が矛盾を起こさないという状況を未だかつて人類経験したことがないため解消できないに過ぎない。定義が解消されないことは全て情報不足であり人間理解できる答えが用意されている、約束されているという前提があるからである

③神が法を作り神が法を破ったとしても、それは法である神の行いであり全てが正しい。この人類存在人類が求める定義に対する答えでさえ世界を作る法である神の采配に帰結する。神が法を作り法を破ることを観測するにはこの世界存在しない観測者が必要であり、定義を発する人間がこの世界にいる限りは法が全てであり絶対であることに変わりはない。つまり定義に対して法である神に対して指摘することができる存在は、神に干渉されることのない外法となる存在が前提として必要となる。これは論点ずらしではなく定義定義として機能しない前提で進もうとしていることの問題を指摘している。

観測必要

http://anond.hatelabo.jp/20160523092050

>たくさんのご意見ありがとうございます。どれも参考になります。でも、私が女性っていつ言ったのでしょう?

相方」という言葉といい、これといい

そういう不必要情報をぼかして思わせぶりにするところが、あんたが嫌われるゆえんだよね

http://anond.hatelabo.jp/20160524143022

そうなんだよね・・そもそもconstの定数をわざわざ、関数引数にすべき必要があるのか??という根本的な問題がある。

たとえばGlobalにアクセスできて当然のDOM要素とか、Piとか、スコープ可視の定数は引数にしないよね?

http://anond.hatelabo.jp/20160524145717

母数が多ければ必ず出てくるかもしれません。それには同意します。

ですが、必ずいる=放置していいとは思いません。

事務所スタッフ、他のファン、本人、どこかでマナー提示する必要があり

それでも守らないのであれば言い方悪いけど「排除」するしかないです。

他のファン演者の楽しみを奪うような輩に楽しむ権利はないです。

http://anond.hatelabo.jp/20160524143519

  1. 神が人間の全知全能定義イコールとして受け入れる必要性がない、という前提条件はフラット能力判定、即ち論理的帰結において必要とされない基準であり、論理すり替えである
  2. 全知全能の定義宗教によって変わり得るとWikipedia文言にも存在しているものの、この場合論理的帰結を求めたのであり当然そこにハイデガーの述べる所の、枠組みを超えたところにある矛盾した絶対点、という思考は介入していない。この場合における全能の定義とは少なくとも人間が想定しうる全能において矛盾が発生する事象を実際の神と思わしき「無人格の」存在解決していないところに起因していると言えまいか
  3. 神がこの世の法であるという決まり事は一神教世界観だが、それ自体人間定義である。また仮に神が絶対法を定める存在ならば絶対を破る法を神が制定できる全能も考慮されなければなばならない。
  4. 0と1は同時に選択されない。故に題名パラドクスである元増田が命名したものではない)そもそも問題の発端に観測は含まれていない。神というポイントにおいて神自身絶対に持ちあげられない石を主観的観測により持ちあげられない「とする」のではなく、相対的に持ちあげられない石を神が創りだすことは可能か否か、という解いである。観測したら神の全能のあり方が変化する並行宇宙論的な世界観は展開されない。

http://anond.hatelabo.jp/20160524133941

このように何か処理を実行した際に、入力として受けつけたデータ以外の物が変化することを"副作用がある"と表現するようです。

関数型言語はこの副作用のないプログラムを目指します。

引数データを受け取り、それ以外の情報を使わず戻り値を返す」関数を作ることを考えましょう

外部に依存しないよう関数の入出力を定める

この辺でさ、岡部氏のFRPは、時間軸を持つストリームとしての値っていうのを、特別扱いして外部に持ってるわけじゃん?

反対してる人は、状態を外部(関数引数でも戻り値でも無い所)に持つの関数型的でない、って言ってたわけじゃん?

岡部氏は時間グローバルなのが当たり前、引数戻り値で表す必要はない(全てを引数戻り値表現する「状態渡し」ではアプリは作れない)って立場じゃん?

上で引用してるのは「状態渡し」推奨の立場じゃないの?

なんで状態渡し否定派の岡部氏の路線になるの?