「物語」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 物語とは

2016-07-30

ゴジラ

なかなか面白かったか

巨人兵とか進撃とかで、期待してなかったんだけどなかなか映像とかも面白いなあと感じた

ストーリー問題提起というか物語起承転結の前半はあるんだけど、相変わらず結末が見れずに終わるんだけど

この人のパターン

憲法とか原発とかまあ割と今の時代問題提起みたいな、

あとめちゃくちゃキャストが豪華だったな

終わり、だったので続きが見れないのが残念だけど

どうせつまんないんだろ?と思ってたので、期待は結構超えてた

どうせつまんないんだろ?とか書いてすみませんでした

2016-07-29

[]

金の国水の国を読んだ。取り立ててこれがすさまじいって箇所はないんだけれど、緊張状態にある二国の間柄を愛が結びつけるっていう王道物語が適切に描かれていたのがよかったと思う。

それぞれの国の状況がしっかりと設定しているのに好感が持てた。二つの国それぞれにちゃんと特色があって、その特色ゆえに問題を抱えている。加えてその問題がちゃんと物語に絡んでくるのがよかった。構造としては特に奇を衒ったものではないのだろうけど、そういったところをちゃんと抑えるのって重要だと思う。簡潔な物語にも奥行きや厚みを感じることができた。

また岩本ナオ特有のゆるーい雰囲気が全体にいい効果をもたらしていた。描かれている内容はもとより、終盤の切羽詰まった状況なんかかなりシリアスで厳しい表現もできるはずなのに、ほんわかした絵柄と台詞回しと作者のセンスとが相まって、どこか童話めいた朗らかさが感じられるのが面白かった。

この内容を一冊で完結できたのはすごいと思う。思うけど、もっと一つ一つのエピソードを長く読んでいたい気持ちも生まれしまった。ぎゅぎゅっとエッセンスが詰まっているからこそ、もっと物語に浸っていたかった気分。さっくり読めるいい漫画なんだけどね。



関係ないけど、最近漫画しか読んでないのでだめだと思う。読んでもないのに文庫本ばかり増えていくし。ほんとだめだと思う。

[]

今回はモアイ

独身OLのすべて 78話

まあ大なり小なり、合コンじゃなくても頭の悪い、陳腐な相槌がベターとき社会では往々にしてあるしなあ。

私は、それをやる度に自分免疫細胞が死んでいく感覚を覚えるけれども、まだ生きているからヘーキヘーキ。

それを身を削らずにできれば、立派な社会人になれると思うんだけどなあ(なりたいかなんてことは私は知らんよ)。

白鳥も水面下では~という例えは有名だけれども、英語とかでも「クジャクの羽は美しいけれども足は汚い」みたいな諺があるし、このあたりの価値観他国でも共通なんですなあ。

まあ、こういうフィールドで戦う以上、羽を綺麗に見せようとすればするほど、得てして下半身が汚くなるんでしょう(深い意味はない)。

しかし、「キングギドラの陣」は強引だけれども笑わされた。

露骨すぎるだろ(笑)

オチは……まあ「合コンは帰るまでが合コン」ってことだな。



先生、私を(第31回イブニング新人賞 編集部特別賞)

また、奇妙な価値観テーマにしたストーリーだなあ。

感情を乗せて表現することで、絵はより魅力的になる。

そのために、描く対象を好きであることが重要って解釈でいいんだよね。

まり、このマンガで語られる「遺影を描く」行為を「殺す」と表現しているけれども、「恋慕」でもあると。

こう読み解くと、後半の二人の言動や、最後オチ含めて興味深くはあるね。

中々に魅せてくれるストーリーではあるんだけれども、この難儀な価値観を土台に話が終始進んでいくから、それを理解しないと後半の二人の言動についていきにくいってのが難点かなあ。



snap shot(第31回イブニング新人賞 奨励賞

う~ん、設定は興味深いけれども、あんまり面白くならなかったなあ。

プロットイマイチってのと、セリフで語らない割に、絵で何がどうなってるか分かりにくい。

意図的にやっている節もあるけれども、それがあまり面白さに繋がっていない。

不出来な「世にも奇妙な物語」を見せられた気分。



イブの生涯(第31回イブニング新人賞 奨励賞

最後らへんの展開はよかったね。

ただ、中盤までの二人の会話が、つまらない身の上話ばかりでウンザリする。

というか、ラストの展開の持って生き方も踏まえると、その辺りはややクドいね



ブダペストシンドローム(第31回イブニング新人賞 準大賞)

ふむ、要素の一つ一つが手垢まみれというか陳腐だけれども、物語としてはしっかり纏まっててよろしいかと。

序盤で、無機質な機械が意外にもウィットに富んだ言動をしていたりとか、世界感を説明するのではなく、絵で見せるっていうのはいいね



オニのツノ(第31回イブニング新人賞 準大賞+弐瓶勉特別賞)

なんかキャラとかの構図が似たりよったりだし、話がすごくとっ散らかってるなあ。

しかも、これだけアレもコレもと詰め込んで話の展開を二転三転させておいて、尻すぼみなオチだし。

もう少し要素を取捨選択して、纏める努力をしてくれ……。

でも、ところどころ入るシュールなやり取りやセリフは、他の人には真似できない独特なセンスを感じたね。

http://anond.hatelabo.jp/20160701172732

百合云々は765の頃からあっただろうに。「はるちは」とか「ゆきまこ」とか「やよいおり」とか初期の頃から言われてるでしょうよ。

しかも「ゆきまこ」筆頭に一部は公式からしてそれっぽい描写からやってるくらいで、今更わーわー言うことなのか?って感じ。

ファンアートに至っては自分から見に行かないと内容とかもわからないのに自ら漁っといて勝手に不満を持ち、更には公式でも何でもないのに噛みつくのが意味不明ファン欲望垂れ流しが気に食わないならそもそもエロ同人とか内容的にもよっぽどヤバイものが長年垂れ流されてるのにいまさらモバマスだけ対象に突上げするのもよく分からない。

モバマスプロデューサー存在が薄れただのってのもはっきり言って物を分かってない発言だと思う。

一口アイマスって言ってもそれぞれのコンテンツで異なった方向性をもって作られてるわけで、765のようなPとアイドル二人三脚で進むってものモバマスに求めるのがそもそもおかしい。

デレマスアイドルマスター世界存在する765プロの外に位置するアイドル達を描くことを目的として作られた作品であってPを押し出すようなことははじめから想定されていない。ゲーム内のPが関係する話題あくまアイドル主体であり初期からPはアイドルが動くために用意された役でしか無い(アニメ映像作品であるため物語を動かすためにキャラとして必要とされたけどドラマCD漫画ではPは必要性が薄いため詳しい描写はされない。一方765はドラマCDの頃からPが喋りアイドルと同じ位置存在している)。

ついでに別の作品も言わせてもらうと、アイドルマスターDSに至ってはアイドル主観物語でありプロデューサーという役職を持つキャラが一部登場することはあれどいわゆるPは存在しない。これもDSがアイドル達の視点からアイドルマスター世界を描くことを目的とした作品からそういう形なのであり、Pがないがしろにされてるとかそういうわけではない。それぞれの作品目的を持ってそういう形に作られていているってだけの話。

もちろんそうなると個人の好みというものは出てくるだろうけど、それは自分の好きな作品応援すればいいだけの話であり、必要もないのに好みに合わない方をわざわざ論って罵詈雑言を吐けば周りから悪意があると判断されるのは至極当然。その上、その作品好きな人達の前にわざわざ出て行った上でそれを行い怒りを誘発させておきながら文句を言い返した相手を「質の悪い連中」だとレッテル貼りするのは厄介が過ぎます自分から問題を起こしたのに「相手が悪であり自分は正しい」という主張するは無理がありすぎるでしょう。

他にも突っ込みたいトコあるけどきりがないので割愛するとして、正直「これが理由で嫌いになりました」というより「俺を嫌いにさせたお前らに問題がある」って(聞いてもいないのに)主張して同調意見に酔いたいだけの内容にしか見えない。「個人的に」とか「バカが癇癪を起こして自棄になってる~」とかもあからさまな予防線だし。

アイマスは10年の間にいろんな分野で挑戦してきている。最新のSideMなんかは女性メインに今まで興味を持たなかった人たちに関心を持ってもらえるよう狙って展開してるしデレステソシャゲという気軽にプレイできるところにアイマス音楽を持ってきて別の方向からアイマスという世界アピールしてきてる(CM現実アイドル採用したのもそう)。中の人達も765は自分たちが作ったものを守りつつも新しいことに挑戦し続けてるし、他の子達はそんな先輩を尊敬しつつも自分たちからこそ出来る形を常に模索して独自の色を作り上げている。各分野でそれぞれ特色が生まれ、狭い範囲で作られるような型枠はアイマスにはそもそも存在しない状態となっている。

「守りたいのは「アイドルマスター」なのか「自分達の遊び場」なのか」とか、まるで自分の考えに沿わないものは「アイドルマスター」ではないようなことを主張してるけど、勝手思い込みでかくあるべしという姿を作り意に沿わないものアイマスにあらずという考えがそもそも間違っていると意識を改めるべきだと思う。

2016-07-28

物語依存症

北村薫の空飛ぶ馬(単行本)のあとがきに次のことが書いてある.

小説が書かれ読まれるのは、人生がただ一度である事への抗議からだと思います

まったく同意できるし, 僕はそれは小説だけでなく映画, ドラマ, アニメ, 漫画, 劇, ストーリー性のあるもの全てに共通すると思っている.

しかし僕はそのただ一度だけの人生すら謳歌しているとは思えない. 孤独に生きているし, 人と会話することすら少ない.

趣味読書で, 普段作業するときは, 映画ドラマアニメを見ながら作業している.

ただ一度切りの自分人生すらも小説, 映画, ドラマ, アニマ, 漫画他人ストーリーで埋め合わせるかのように.

NEW GAME ! Ep. 4 大反省会

百合です! 百合の花が咲き乱れています!

コウとりんが最初から最後までレズり合う回ぞい!

もう薄い本が厚くなって、二人が主人公公式スピンオフ作品が爆誕してもおかしくないレベルLGBTしてます



第1〜3話までが登場人物物語舞台の紹介、そして今回からキャラクターが順繰りにフォーカスされるんですかね?

今期ナンバーワンオナペットひふみんの回がわたし気になります

既に前回まででも、下半身にクルひふみんのシーンがちょくちょくありましたが、商業主義とオタの俗情バーストリンクちゃうのかな?(ゲス顔)

コスプレ衣装購入という全く隠す気のない伏線が出てきたので、きっとまたひふみんでシコれるぞ安心しろお前ら。



すいません取り乱しました。



話を第4話に戻し……ません。

まんがタイムきららを煎じ煮詰めたような作品なので、もうこれといって語るべき内容ゎなぃょぅ。ストーリー? そんなもの犬にでも食わせておきなさい!

いや、話すことあるある、職場だ、職場ホワイト過ぎるぞい!

労働同性愛じゃねぇんだ!

前述のレズカップル温泉岩盤浴キメてるし、幼女も姫もオナペット社会ぬるま湯でふやけきってる(剣振り回してる娘はよく分からん)。



もうプライベートで何度も言って盛大にオタ友を失くしているんですが、私は労働蹂躙されるおにゃの子が見たいのですよ。

これ読んでる同人作家さん、夏、間に合わないなら冬、もしくはオンリーイベントでお願いします。

たぶん常識的に考えれば竿役は職場の男やゲームユーザーなんでしょうけど、裁量労働制で頭おかしなっちゃったキャラ破廉恥まりない所業に奔るみたいな話は描けそうじゃないですか。描けますよ。描いてください。

もう今回公式でショーツ姿のコウとりんが愛情を確かめ合ったのですから、あと一枚脱ぐくらいエロ同人ならわけもないはずです。その折はひふみんでよろしこ。

お前が憎い

http://anond.hatelabo.jp/20160728000910

お前は今まで心の底から渇望したことがないんだろう。そして、求めても得られず、何年も苦しんだことがないのだろう。あまつさえ、お前にとっての「プラスマイナスゼロ」になるために、ただ「ふつう」になるためにゴミのような境遇から這い上がらなければならない人間ことなど何も気にかけていないのだろうな。

俺はそれが許せない。

お前のように、何も求めずとも得てきた人間

健康的な精神健康的な肉体、趣味友達、親、彼氏社会的成功、生きる理由などなくても生きられる暖かい暖かい生活をして生きたお前。

俺は憎悪する。

お前の境遇のものではない。その境遇にあって何も感じず、その無知から軽い気持ち他者を見下す前をこそ憎む。

お前が不幸になったときゲラゲラと笑ってやろう。お前の子供が入院したときは鉢植えの橙百合を贈ろう。

それまでは幸せにな。無病息災でな。お前に何かあったとき、俺が耳元でゲタゲタと笑ってやる。

お前の得てきたものほとんどは俺は得られていない。

しかし俺は強烈に生きている。生きざるを得ない。お前の生活レベルに遠く及ばずとも、はいつくばっでも生きている。

お前の日記を読んだとき、涙が出た。

臓腑から絞り出すようなため息が出た。

お前、お前のような人間がいる。そのことにだ。

お前が憎い。

お前の文章のすべてが憎い。

単語の選び方ひとつに身を切られるほどに憎悪が吹き出す。

お前のように人間は、軽い気持ちで下の階を覗き見るんだろう。

夜景がきれいだとか、ここから景色は雄大だとか。そういう気持ちのぞき込んだのだろう。

お前はもうわかっているだろうが、お前がうらやむ綺麗な夜景にはゴキブリが生きるために蠢いている。

お前はゴキブリの巣を見てうわっと顔をしかめるだろう。

お前、お前を俺は許すことができない。

のぞき込むのは簡単だ。しかしお前のような人間が、「ふつう」を光り輝かせて上から降りてくると、それまで「普通」だと思っていたやつらは「俺は底辺だったのか」と意識せざるを得ない。闇の中で身を潜め、温めあってそれなりに幸せに生きていたのに、光をいきなり浴びせられ、自分たちゴキブリだったと気づかせられる。お前にはわかるまい。

お前は罪びとだ。

しか断罪はできない。するつもりもない。お前は罰を受けるべき人間ではない。幸せに、子供と夫と生きていけばいいだろう。

しかしお前の肩に憎悪を乗せる。

呪いを、恨みを俺が乗せる。

お前は幸せになるべきだ。俺たちを踏みつけて、生きていくべきだ。

お前を憎みながら、俺は蠢いていく。

いつかお前のレベルまで這い上がるのが俺の生きがいだ。そしてもっと上へ、もっとまともなところへ行きたい。

それが俺の生きがいになってしまった。

人間、本当に憎い時は息を吐くんだな。お前のおかげで分かった。

幸せに。

生きがいなど幻想だ。

人間は派手な物語によって生きるのでない。

光を逃れて陰に入った安心感だけで生きていけるのだ。

[]

ランドの三巻を読んだ。相変わらずよく分からない漫画だった。

ひとつひとつ情報小出しになっていて、少しずつ状況は飲み込めてくるんだけど、三巻まで読み進めても描かれている社会全体のシステムや、「なぜ」「それら」が「そうなっている」のかがいまひとつからない。というかむしろ物語の基盤をなすそれらの謎がより大きくなっていくのがすごいところだし、面白い漫画なんだと思う。

どの巻も帯の煽りが不穏なのが気になる。三巻では天国の街の様子も描かれていて、それが一層この漫画の分からなさを加速させている。またかつて天国というか現実社会で巨大な地震津波のような天変地異に見舞われた描写もあって、瓦礫を処理している場面や、それらと無関係に過ごしている現実社会の人々の暮らしぶりを対比させると、東北震災以後の社会テーマにしているのかなとも思うんだけど、それだけじゃランド存在説明できなくてもやもやする。

全体的に分かっていることと分からないことが明白に色分けされた漫画からミステリー好きが読んで損はないと思う。

最終的にしこりが残る余韻を残す作品になりそうだけど期待してる。

あとちょっとカテゴリを使ってみる。

2016-07-27

日本人としてのズートピアに対する気持ち、たとえば自分の好きな異性が惚れている同性がいて、何か欠点がないかと探すんだけどスポーツもできるし勉強もできるしコミュニケーション能力も高い、それでせめて嫌な奴であってくれと思うんだけど性格も良いしなんならそいつのこと大好き、みたいな感じです

https://twitter.com/onoholiday/status/723905776989798400

小野ほりでいのこのツイート、「異性」「同性」っていう教科書表現が使われているところがなんか、配慮だなって思った。

配慮だなと感じたのは、配慮がされていない普通表現というのが以下のような感じだから

たとえば自分の好きな女の子が惚れている男がいて、何か欠点がないかと探すんだけど~中略~なんならそいつのこと大好き、みたいな感じです

「例」、男性男性に向けて発信している場合、当たり前に男性主人公であることが多く、

面白い信者男性は多いので、男性主人公の「例」や「物語」に「自分だったらどうか?」と性別を置き換えて読むのは女性読者にとって慣れっこな気がする。

特に少女漫画よりも少年漫画青年漫画ストーリーが好きなタイプはそう。SFファンタジー作品が好きな女性男性向け創作を読みなれていることが多い。

から少年主人公に入り込める女性は多いし、「自分の好きな女の子が惚れている男」という表現をされても、自分が好きな男が惚れている女と自然に読み替えられる。

性別を読み替えて自分の設定に引き寄せる行為女性普通に出来て、男性一部の人しか出来ないと感じる。

それって男性主人公フィクションだけで満足できるからじゃないかなと思う。男性主人公が充実しているから、読み替えをする必要がなく育っている。

http://anond.hatelabo.jp/20160727032002

俺は既婚だけどね。まあ子供はいらんけど。

美しい家族物語、みたいなのを当たり前だと思ってる連中も嫌いだわ。

2016-07-26

http://anond.hatelabo.jp/20160726153800

増田は「ノームコア」を知らないのかな?

ノームコアって言うのはgnome-core、つまり妖精っぽい格好を中心としたファッションスタイルなんだ。

ファンタジーの生き物である妖精は、人間たちの文化的機能的な工業性に溢れた服ではなく、ただありのまま自然由来の物質からなる服を着ているだろう?

例えばティンカー・ベルなんかは葉っぱで出来た服を着ている。

ノーム代表的存在である七人の小人なんかは到底ファッションはいえないようなルーズパーカーみたいな服装をしているだろう? つまり、あれこそがノームコア本質なんだ。

プリンセスの格好ではない」「しかし、物語登場人物ではある」

適度なダサさと、制約のゆるさこそがノームコアファッションのコツなんだね。

簡単だろう? 増田の家にもクビ元がダルダルになったTシャツや、何年も洗ってないスウェットなんかがあるだろう。

それらを着て町に出れば良い。そして、おすぎにそのファッションをたずねられたらこういえばいいのである。「これがノームコアです!」って。

おそらく、その心意気や角度とか視聴者全てが認めてくれることだろうよ。

2016-07-23

戦闘にしゃしゃり出てきてお荷物になったり

余計なことに首突っ込んで事件に巻き込まれたりするようなヒロインっていうまとめ見たけど

最近そういうのがいない漫画アニメ増えてきたよね

そっちの方が高評価だしキャラアンチも少ないし読んでてスッキリするから喜ばしいし食傷気味だと感じることも無い

いた方がスパイスになるって意見もあったけどそういうのを出さないと物語が進まない作者の力量の方が問題じゃねーの

てかエンタメに読んだ後にモヤっとするようなストレスなんかいらねーんだよ

[]

今回はとなりのヤングジャンプ


息子がかわいくて仕方がない魔族の母親 9 回

なんだあ? 最後コマ割りは。

キャラリアクションというか、表情とかノリとかにも、今までと違う何か違和感があるというか。

余談だけれども、息子がいるということは父親がいるということなのだろうけれども、ここまで全く触れられていないのが気になるなあ。

いや、別にそんな現代社会と照らし合わせた育児問題とか、大層なこと語りつもりはないけれどもさ、メタ的に見ればやっぱり描写しておかないと不自然じゃないか

ああ、それともこの魔族の生態がほとんど語られていないから分からないが、もしかして無性生殖とか?



彼女ホントウ。

シンマンエントリー2つ目。

青春物語って感じだな。

彼女本心を悟らせないような描き方は、ヒロイン女優設定をちゃんと活かした構成でいいと思った。

まあ、メタ的に見れば、全くの演技でしたでは哀しいので読者的には丸分かりだが、それを分かった上でああいアプローチの仕方をしていると思いながら読むと微笑ましい。

ただ、全体的な展開としては恋愛漫画とかにありがちな甘酢さ優先」の描き方で、そこはヘキエキしたかな。

あと、これ自体は完全に読みきりの話だから、連載権をかけたシンマンとしては評価しにくいなあ。

シンマンは、なにより「面白い連載作品を描けるか」っていうところが評価点だと思っているので。



剣光妃-日ノ国大帝國軍くれない一騎当千隊- 最終回

ああ、終わった……。

今週は私が読んでいるWEBコミックだけでも、3作は打ち切りなのだが。

何、そういう季節なん?

総括としては~、絵は悪くないと思うんだけどね、やや分かりにくい構図がたまにあったのが気になるくらいで。

難点は、一つのつの要素、設定だとかは面白そうなものが詰まっているのに、それを活かすストーリードラマが盛り上がりに欠けたことかなあ。

「全14話のうち、どこが面白かった?」と聞かれたとき特に思いだせない。



ワンパンマン 99話

番外編とかでもその傾向はあったが、ジュノスは面白ドッキリメカみたいになりつつあるな……。

それにしても、覚醒ゴキブリ強いなあ。しかも狡猾。

これでジュノスがそれまで瞬殺した怪人と同じ災害レベル鬼とは。

まあ、このあたり相性とかもあれど、同じ災害レベルでも幅があるのは原作からだが。

格闘ゲームとかのキャラの強さをランク分けする際の細分化みたいなのがないからなあ。

後半はフブキ側の戦い。

サイタマが以前フブキに対して放った言葉がきいてくる描写いいね

部下が操られ、一人で戦ったほうがまだよかったんじゃないかという状況なのが、なおのこと皮肉というか。

極力ダメージを与えないように無力化しようとする部下思いな一面とか、リメイクエピソードだけれども、キャラをちゃんと保管しているなあ。

余談だけれども、村田ワンパンマンは私の定義的にはリメイクというより、リブートのほうが近いんじゃないかなあと最近思っているんだよね。

2016-07-22

おれたち おれとおまえ あわせておれたち

おれたち 何を考えてたか 知らないが

君はしぬ おれはしぬ おれはころされる

おれは恨みを持った人間になかば殺される

恨みの大きさと、罪の罰って何で決まるのか

草むらを移動しながら歩きスマホで考える

これだって罪だ

うおぉぉぉぉぉ 叫ぶのは罪だ 近隣の住人

想像力の欠如が招いた結末だ

いかにおれが過去から問題を積み重ねてきたか

そんなもの他人にとって言い訳にならない

他人言い訳にならないか自分言い訳にならない

何度も何度も続く物語

おれが何人もいる 過去にもおれがいる

おれたちは人種だ 種族だ 部落だ 非人

ずっとこんなことをして圧されて生きている

恨みが蓄積されていく

自分への恨みを蓄積し続ける社会への恨み

逆切れとして 扱われる

同化するな おれはおれだ おまえらとはちがう

東のエグザイルファン

西の西野かなファン

南のジャニーズファン

北の宝塚ファン



時は戦国、世は乱世。

群雄割拠時代天下統一を目指す武士もののふ)達の物語

2016-07-21

[]まおゆう魔王勇者 感想

以前から気になっていた「まおゆう」を見た。駄肉と取り外し可能な角しか知らなかったけど、結構考えさせられるアニメだった。

たぶん、監督原作で下敷きになっている背景を知らないで作っているのではないかと思った。シーンがぶつ切りでどうなっているのか分からなかったし、特に戦闘シーンはどんな舞台がどこに向かっているのか全然からポカーンだった。

物語の下敷きになっているのは歴史なんだろうけど、経済の部分だけよく分からなかった。奴隷の成長は人権の萌芽を描いているんだろうし、その過程世俗教会の2重権力描写してるしとても面白い素材ではあるけどそれを生かしきれてないという印象。

登場人物役割職業別にうまく分かれていてわかりやすかったので、この点は良かった。商人軍人役人農民政治家そして魔王学者思想家という立場か。魔王だけはチート技術未来技術バンバン導入してるので学者というのはちょっと違う?

特に商人見方でも敵でもない、儲かることが正義という精神体現する非常に面白いキャラだった。儲けるためには敵とも手を結ぶ、戦争商機と見る悪人か、それとも経済交流相互依存を通じて戦争を遠ざける平和使者

この物語を通じてなにが言いたいのだろうか? 魔王が「あの丘の向こう側が見たいんだ」といったことが、「技術文化の発展によって戦争のない世界を目指す」という意味なら、それには望みがない。技術の発展はむしろ大量殺戮可能にした。経済発展貧富の差を作り出し社会の混乱を生み出した。人間欲望が限りないことを考えれば、戦争は食えないからするというのは単純すぎるといえないだろうか。


なぜか最終話火縄銃が登場して、はなしの展開を描く気がないでしょと感じざるおえない。史実では火器歴史を動かす重要役割を演じているので面白いネタを前にして最終回とは、非常に惜しい。2期がないのはわかっているが、このアニメ面白さに気づいてくれる人が多く現れることを望む。

http://anond.hatelabo.jp/20160721195537

リアル学生だったのはペルソナ2罪の当時だった現オッサンだけど

3も4も問題なく楽しめたぞ

心の中の中学生解放しろ

 

少し真面目に言うと

ペルソナ主人公anonymousのようでそうでもなく

キャラ確立してるから「彼らの物語」として楽しんでもいいんじゃね

2016-07-20

ウェブ漫画 真実の魔法少女エヴァメソッド

真実の魔法少女ってウェブ漫画面白い

何が面白いって、非常にレベルの高いエヴァメソッドを取り入れることに成功してる。

エヴァメソッドってのは、大きい世界観を先に作りこんでおいて、読者にはその世界観を細かく伝えることをしない。

通常の作品が線を引くことで読者に説明しているのに対して、エヴァメソッドは点を配置するだけで、点と点の間は勝手脳内補完してくれって感じ。

エヴァメソッドメリットは、物語世界観登場人物身の回りよりも広い範囲で構築できることや、謎を色んなところに埋め込むことができる。あと、一つ一つ説明をしないので、展開を早く進めることができる。

でも、難しさもあって、説明しないことで読者がついてこなかったり、物語破綻が起こったりする。

エヴァメソッド成功させる大きなポイントがあって、大きな世界観という軸と、もう一つ主人公身の回り出来事を見せる。

エヴァで言えば、恋愛だったり、戦闘だったり。これは世界観理解できてなくても楽しめる部分だったりする。

で、タイトルに戻るのだけど、真実の魔法少女はそのバランスがとってもうまいので、皆読んでみてねというステマ


もう一つ書いておくと、エヴァメソッドってウェブ漫画だったり、クール特有方法だなあと思う。

最初からおもしろいって感じることは少なくて、読者アンケート重視の漫画ならたぶん切られるタイプだろうなあ。

ブスだから日本史

ブスです。

まとめサイトでブスが美人になっていく物語を読みました。

本当かどうかわからないけど、多分そうやって脱ブスできるブスはいっぱいいるんだと思う。

でも、本当のガチブスは何をしてもブス。

から、そういう話を目にするとおめでとうという気持ちと、羨ましいという気持ちが混ざり、辛くなる。

ガチブスって救いがないよね。

男にはわからないと思うけど、女は金持っててもブスって時点で自己肯定できないからずっと不幸。

LGBT差別の前にブス差別をどうにかして欲しいよ。

毎日新聞さん、朝日新聞さん。どうか身近な被差別者に焦点を当ててください。

ガチブスからの願いです。

受け手に先を読まれたら負けだと思う

創作物ってのは常に受けての予想の裏をかかないと駄目なのだ

ゆえにコナンはもう死んでいる。

作り手がのんびりしている間に全ての道を受け手予知してしまった。

すべての可能性が失われた物語はもう死んでいる。

2016-07-19

[]

今回はぜにょん

トレース 第3話 前編

このテの科学捜査系の話はドラマとかでもやっているから、話の構成としてはそこまで目新しくないのだけれども、読ませるねえ。

さて、今回の事件被疑者の申告もあって、現場の状況から見ても不自然なところはない。

メディアも、他の研究員主人公以外は、既に「そういう事件」として“物語”を固めつつある。

だが、主人公は「ほんとにそうかな」と、「僕は誰の言葉も信用しない」という。

真実が究極の客観ならば、人間はその正反対

から信用しない、と。

そうして念入りに調べた結果、まだ知らない真実がありそう。

なーんか、きな臭い真相が予想されるが、物語から真実を探ろうとするとロクなことにならないということは分かっているので、大人しく次回を待つことにしよう。



タレソカレ 第57話

ペットって人間エゴで飼ってる」という、どうしようもない事実理解している。

からこそ、それ以上のエゴ動物蔑ろにはしたくない、と。

まあ、その事実直視しないようにするか、開き直るという選択肢もあるのかもしれないけれども、ね。

八田くんが不憫に見えるが、まあしゃあない。



織田シナモン信長 23

現代接待ゴルフを、戦国時代鷹狩りに見たてのは実際のところは何ともいえないが、絶妙だと思ってしまった。



真亜ちゃんは今日も家にいたい 第6話

インドア派にサバゲーとは、また難儀なものを……。

今回は特に際立っていたけれども、まあちゃん何だかんだいって運動神経いから、双くんも誘いたくなるんだろうね(双くんが運動神経よくないか相対的にそう見えるだけかもしれないが)。

双くんの先輩は当初感じ悪かったけれども、最後最後にちゃんと相手を認める度量は最低限持ち合わせているあたり、趣味のことになると多少ロールプレイも入れちゃうんだろうかね。



マヤさんの夜ふかし 第9話

出不精な人間にとって、「ちょっとした用のためだけに、ちょっとだけ外に出る」のが嫌なんだよなあ。

それで、「ちょっとだけ外に出るための身なり」で、人に出くわしたくねえという感覚は分かる。

あと、時期とか関係なく他の人が通っている場所修羅場になるのは勘弁してくれ。

そういうのを気にする冷静さがあるなら、そもそも修羅場にならないってのは分かるのだが、あれで一番気まずいのは何の関係もない周りなんだよ。



ワカコ酒 第90話

ビール枝豆って、結構からあった文化らしいけれども、正直そんなに相性よくないよね。

枝豆食っててビールが欲しくなったことがない。

ただ、今回みたいにしっかり味を漬けた場合は話が変わってくるが、だったら枝豆じゃなくてもいいわけで。

私も枝豆は家で茹でて漬けた経験があるが、産毛を取る作業が地味に面倒だったのでそれっきり。

なんというか、こういうのに時間とか手間とかをかけるのが嫌なんだろうね。

現状、私の中で最もコスパのいいツマミ市販キムチという結論になった。

最近は辛くない(というか甘いキムチ)が出てきてムカつくが。

物語の展開は1パターンしかない

ニンジャが出て殺す!

古事記にもそう書かれている。

別に創作者に敬意なんてなくていいんだけど

「なんでXXXって展開にしないんだ」とか「XXXを書かないなんて信じられない」とか「こんなの小学生でも書ける」とか「物語として不完全」とかその種の批判(というか罵倒?)を見ていると「ささ、おあなた様がこれより面白いものを作って発表くださいませ、だれも止めてませんから」とは思う。批判にもいろんな種類があるんだけど「創作物に対して同じ創作者として批判する」ってジャンルの一連の意見ってのはあって、今、その種の批判を非創作者がしすぎだってのはあるよね。そんな知ったか上から目線のわかってる風の批判なんかしなくても「あたしこれきらい!」とかでいいのに、と思う。

2016-07-18

10年間の小説家の夢捨てた。そもそもアスペルガー小説読めない

10年、無駄にしたかな。

10年をさくっと語ってみる。

小説家ワナビ人生のはじまり高校生だった。あるラノベを読んで、衝撃を受けた。それで、自分も書こうと思った。

書けると思ったんだ。

でも、高校生ときに書けたのは、1年半くらいで、結局2作。しか短編

頭のなかにはいろいろあるのに……と思ってた。

そのときに知るべきだったのだろう、「書ける奴はこの時点で長編書けてる」ってことに。

小説家になるために、小説を読もう読もう、と努力した。

でも、もっとすらすら読めるのはエッセイとか漫画だった。

というか哲学とか歴史書のほうがよく読めた。

大学に入る。文学部だ。

小説家になるためには文学部しかない!という目論見だ。

夢だ、夢をかなえるんだ!

いろいろあったけど、略。

小説のことだけ書くと、大学で書いた小説、計4作。しか短編

しろ詩のほうがよく書けた。バリバリ書けた。

でも長編一作も書けない。

小説家になるために、小説を読もう読もう、と努力しまくった。なにしろ文学部だ。

でも、もっとすらすら読めるのは、文学理論とか、作家エッセイとか、創作理論とかだった。

ぶっちゃけ小説が、あまり読めないんだ。



ところで、話は前後するけど、高校生ときから、どうも自分には精神病のケがあったらしい。

このころは、強迫性障害になってた。

簡単にいえば、水道蛇口がいつまでたっても確認しまうとか、ガスの元栓が以下略とか、家の鍵が以下略とか、物を落としたんじゃないか、と思って地面をガン見したりとか……。

大学時代、これは加速していった。

バイトほとんど出来ない。できても叱られるばかり。

から

から小説家になって、見返したかった。いろんなものを。バカにしたあいつらを。

小説なら、こんな屈託が書けると思った。

自分を救ってくれる、と思った。




で、話は元にもどる。いや、実際は繋がってるのだけど。

大学院にいった。

文学部だ。

小説家になるために、知識をたくわえるのだ……というのは、半分嘘。

社会が怖かった。

小説家になってないままだったら、自分社会に出られない、と思い込んでた。

精神病は、小説家になれば治るんだ、と思って、薬物療法をしていた。

体重は、20kg上がっては、20kg下がる、みたいなことになってた。

このころには、もう統合失調症になってた。そんな人間が、大学院での修士課程勉強についていけるはずがない。退学した。

学生課で、「これからどーすんの?」と聞かれた。

しょうがなしに「小説家になって……」と答えた。あの時の学生課の人間の「ハハッ……」なせせら笑いを忘れることは出来ないが、今はしょうがいか、とも思える。

いろいろあって、働くことになった。食っていけない。でも、ほぼニートのような状態だ。

というかニートなのだろう。時間はあった。金はなかったが、時間はあった。

この間。精神病悪化した。

精神病院にも入った。

そして数年。

ちょっとよくなった。

長編を5作くらい、書けた。それくらいには、回復した。でも、投稿しても一時落ち。それ以上いったことはない。

小説は相変わらず読めない。

そればかりか、薬物療法甲斐あって、どんどん思考力が落ちていってる。

比喩を思いつくスピードが遅い。文章を連綿と書けない。何より、深く思考し、キャラを作ったり、物語を作ることが出来ない。

最近になってようやく気がついた。

自分は、小説を書けもしないし、読めもしないのだ、と;

自分は「小説家になる!」の夢しかない、真性ワナビなのだと。夢に酔っていただけかと。


そもそも、おかしかったんだ。

なんで小説をこれほど読めないのかというのが。「人間心理を描く文章」「情景を頭のなかで構築する文章」を読むとなると、やたらと疲れる。疲れまくる。

現実での人付き合いは、他人の顔色をみて、電気反射・脊髄反射で、どうにかしのぐような状態

そして自分が書く小説は、不快現実人間からの逃避ということで、やたらと調和的な平和な、何も起こらないような世界物語

キャラに怖い、つらい思いをさせるのがイヤだ!!!!! 作者たる自分がいやだ!


その精神構造を、医者一言で言い当てた。アスペルガー障害


というわけで、捨てた。小説家になる夢を。

これからどうしよう。