「けが」を含む日記 RSS

はてなキーワード: けがとは

2016-05-29

アニメ面白さって

漫画ゲーム原作アニメって、作画崩壊してない、話も原作に忠実なのになーんか面白くない奴があるんだよね。

なんでだ?って思ってたら、もしかしたら「カメラアングルとかの演出」が原因の1つなのかもしれないと気づいた。

例えば推理ゲーム日常漫画系、またはバトル要素がない漫画原作だと、アニメ化する時工夫しないとただキャラが話してるだけの地味な絵面になってしまう…気がする。それだとただキャラの口だけが動いて、声が流れてくるだけの紙芝居となり、見てる側としてはすごい退屈に感じる。しかもそれが30分続く…。そんで「原作だけでいいや」みたいになる。

その分会話が多くても、地味な絵面になり易くても演出が凝ってると凄い面白く感じる。例えば化物語なんかはただ会話してるシーンが非常に多いけど、画面の演出カメラアングルが飽きさせないような作りになってるから退屈せずに見ることができる。後遊戯王カード効果説明とかでセリフ量が多いアニメだけど、作画監督の人が「手のアップや派手アクションキャラを動かして飽きさせない画面作りを試みてる」「キャラのイノキの真似もなんとなくキャラ格闘技好きそうなのと、派手な画面にするため」(うろ覚え)みたいなことを言ってて成る程…と思った記憶がある。確かにセリフが多いけど作画良い回はメリハリの効いた画面作りになってるから遊戯王も見てて退屈しないんだよね。キャラが話してる時の顔芸もドキッとするし。

逆に個人的逆転裁判は、1話2話見た時裁判パートとかもっと絵面や動きを派手にして欲しかったって思ったなあ。展開が熱い分、画面が落ち着きすぎてて物足りなかった。多分遊戯王みたいなのを期待してた。

原作のがサクサク進められて面白かったなーという印象

アニメは絵面が大事だけど、それは只「キャラの造形が綺麗な作画」なだけじゃなく「カメラワーク演出、動きが凝ってる」ってのが視聴継続に関わるほどウェイトを占めている…ような気がする。あんま詳しいと言えるほどアニメを知っているわけじゃないけど。

戯言シリーズも初期は特に会話ばっかだから果たして退屈しないアニメに出来るのかが懸念材料だと思う。

http://anond.hatelabo.jp/20160528230901

遺伝子性格100%を決めるなんて誰も言ってないし、そもそも遺伝子性格相関性証明されていない。

まり科学的ではなく統計学的であり、他のツリーで述べられるところの統計学手法を用いた認知療法否定されうるならば、みなしである遺伝子による性格決定も同じく否定されなければならない。

ましてコピーキャットの例にもあるように、クローン遺伝子元と生成先の個体性格がまったく異なり、体質すら違うことについてはお前は反証できない。

事実としてコピーキャットは違う性質を持って生まれたのであって、遺伝子による病気性格の決定づけがかなり揺らぐのは間違いない。

2016-05-28

理念なき行動は、愚かである

行動なき理念も、また愚かである

理念ある行動は、いずれかの結果をもたらす。進歩か、破滅か。その答は神だけが知っている。

理念もなく行動もない。それは停滞と呼ばれる。

安倍叩きなんて止めて優良議員宣伝でもしたらいいのでは?

政治話題ほど頭の悪い奴が集まるトピックもそうそうないだろう。

痴呆老人のごとく、毎日毎日飽きもせずに居酒屋談義レベル議論を繰り返すのだから救いようがない。

そんな世にも醜悪な連中の中でも際立って醜悪なのが安部総理をひたすら叩くだけが日課のような人間スクリプトの方々だ。

もう君達が安部総理を嫌いなのは十分すぎるほど世間には伝わった。

そろそろ難問を抱え、危機状態にあるこの日本を救うことができる総理大臣就任できる可能性のある政治家を一人でもいいから挙げてくれないかね?

叩くことだけが目的化して、その先のことなんて一切考えていないんだから無理な話だろうね。

の子時代はまだ詰め込み学習が幅を利かせていた時代で、全国展開している塾が満員御礼時代だった。

御多分にもれず教育ママだった母のもとに生まれた俺は、ある程度の金銭的余裕もあり、勉強以外にも多種多様習い事を受けた。

週二日の塾が2つ、毎日の家庭学習教材が一つ、習字そろばんスイミングスクール英会話野球

小学校までは季節毎に活動部活が変わるため(期間制だった)、サッカーバスケ水泳陸上と、受けられるだけの部活動を行い

中学からバスケ部所属し、上記習い事と家庭学習に加えて学校練習量の多い部活を両立した。

今、俺は学歴必要ない、上記の様々な分野とは全く関係ない生活を送っている。

基本的能力が平均的以下な俺は、これだけ勉強しても偏差値63が限界だった。県内一の進学校に落ち、滑り止めの私学に入った時には、

はいつの間にか侵されていた癌で入院していた。

間もなく母は死に、解放された私は全ての柵を捨て、勉学を一切放棄し、成績不振留年が決定したと同時に高校をやめた。

皮肉なことに、高校をやめてから進んだ道が今の職業に繋がっている。

中学卒業までの生活は、基本的苦痛だった。毎日毎日勉強ノルマがあり、母にチェックを得てから眠る日々だった。

習い事ノルマしかなかったので、いか効率的に終わらせるかという一点にしか興味がなかった。

(例外として、学友の多く所属していた野球をしている時、塾の休憩時間にお喋りをしている時は楽しかった。)

興味の無い習い事は、一定レベルまでしか身につかなかった。具体例を上げると、夏休み習字宿題評点で銀賞をたまに貰うくらい。水泳部マイナーな種目の三番手くらい。

時間を費やしても全く成長の意欲が無かったうえに、(あとから気づいた事だが)才能も劣っていたために、ただの器用貧乏が生まれた。

逆に、何もしなくてもいい点数がもらえるものが幾つかあった。教科で言えば国語現国は、何も勉強しなくても90点は取れた。漢字の書き取り以外は間違える気がしなかったし、実際ほぼそうだった。

音楽も同じ様に、リコーダー演奏も平均よりはるかにできたし、小学生時分のイベント特別楽器演奏できるとあらば名乗りを上げた。文化祭学芸会の劇ではサックスアコーディオンを誰に習わずとも独学で勉強し、演奏した。歌は基本的に手本となる生徒だった。

夏休み昆虫スケッチ習字よりも良い賞をもらえることが多かった。


今になって子供時代を振り返ると、なぜあの時に今の道に触れることができなかったのかと後悔する。なぜ専門家の道を最初考慮しなかったのか。

その道は、後になって発見しても遅いのだ。高校入学時に洞窟発見しても、辺りはもう夕暮れなのだ


母に対して思う事はそんなに無い。死んでから時間が経っているのもあるが、上記生活の辛さと、その他少しのいい思い出、それに同情と申し訳無さが合わさってある程度フラットになっている。

ただ、後悔だけが残ってしまった。

俺の彼女もっと真面目に家事しろ

最近家事は分担でとか女性地位を、みたいなのよくやってるじゃん?

いいんだけど権利訴えるならまずやることやれよ

男女で家事分担は男だけが家事やるって意味じゃねーんだよ

排水溝の髪の毛、化粧水とかの水滴汚れ、トイレ掃除・・・全部俺じゃねーか。

だいたい女の方が家汚すんだよ。生物的にも。

あげく俺より長い時間働いてるわけでも稼いでるわけでもねーだろ。

彼女の親(とても親切)と会ってなかったらすでに別れてたかも知れんわ

濃い色分けずに素材も考えずに洗濯機に突っ込んで洗濯しましたみたいなドヤ顔すんな

いい加減にしろ

はてな刻印はどんな感じですか?

みなさんもはてな刻印が体に刻まれていると思いますが、調子どうでしょうか?

はてな刻印タトゥー勘違いしているので、もう一度説明しておきます

はてな刻印は我々はてな戦士の活力の源です。



キレのある増田ブコメが書けていない方ははてな刻印活用できていないのです。

はてな刻印原理は未だに解明されていませんが

はてなスターをつけたり、ブックマークをつけたりすることで

刻印の力を増大させることができます

また増田を書くことや、瞑想運動でも刻印の力が活性化することが知られています



良質な増田を書くためには、質より量なのです。

多くの増田を書くことによってはてな刻印活性化します。

活性化したはてな刻印あなた文章力を飛躍的に増大させます

どれだけ文章力が向上するかは個人差が大きいため一口に言えません。

しか増田を書き続けることで刻印活性化することは、研究で明らかになっています



ブックマークコメントを書くことで刻印の力が増すことは以前から知られていましたが、

カラースターを配ることでも刻印活性化することが分かってきました。

積極的カラースターを配ることをお勧めします。

青>赤>緑>黄 の順番に刻印の力が増大することが研究で明らかになっています

伝説ブックマーカー青色スターを多用していたために

文章力神がかり的になり、もはや常人では理解できない文章を書くことができるようになりました。



黄色スターはかなり力が弱いので、多用しなければ効果ほとんど期待できません。

しか黄色スターだけで、一流のはてな戦士になった方も大勢いらっしゃいます

青と赤のスターは入手自体が非常に難しいです。

青と赤のスター株式会社はてなの訓練施設内に保管されています

厳しい条件をクリアしたはてな戦士けが青と赤のスターの入手が許可されています

緑のスターは消えていったはてな戦士の魂が結晶化したものです。

緑のはてなスターは、一定の訓練を終えたはてな戦士株式会社はてなから配られます

使用しても構いませんが、大事に保管しているはてな戦士も数多くいます

スターをお守り代わりにしているはてな戦士もいます



株式会社はてなは表向きIT企業ですが、その主な活動内容ははてな戦士を育成し

はてな界の治安維持目的としています

株式会社はてなは、はてな戦士を随時募集中です。

奮ってご参加ください。

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.答えを得るために最適化された質問方法はありますか。

手っ取り早く手に入れる方法を教えよう。

バカのフリをして聞いてみることも効果的だが、他にもう一つある。

それは質問することではない。

間違った回答を提示することだ。

人は無知のものに対して、そこまで関心がない。

だが、無知によって発生する「間違い」に対しては高い関心を持っているし、エネルギーを割きたがる生き物なんだ。

Wikipediaがこの概念を取り入れているのは有名な話だな。

おっと、いっておくが私は間違っているつもりで回答はしていないからな。

ただ周りよりほんの少しだけ、心にもないことを書くだけさ。



Q.この世で最も簡単問題はなんですか。

「答えを知っている問題」だ。

もちろん、簡単なのは問題のものではなくて、「答えを知っているから」だが。

時に人は、そこを勘違いして問題の答えが分からない人をバカにしてしまうがね。

学ぶべき教訓は、「知識の皆無だけでは、その人が賢者愚者かは見分けがつかない」というところかな。

……じゃあ、どうやって見分けるかって?

お金をくれる人間かどうかだ。

2016-05-27

[]「亡国の双子姫」

20年前、まだ彼女達が赤ん坊だった頃、彼女達の親は独立戦争の指揮をとっていた。

その結果は敗北、彼女達の親は戦争犯罪人として処刑されてしまう。

小国は再び、大国支配下におかれることとなるが、再起を狙う独立派は、赤ん坊の姫を次の旗頭に据え、潜伏を続ける。

その際に、姉は独立派と共にゲリラと共に、妹は大国支配下に置かれた国の中枢で生きて行く事になる。

それから20年間彼女達は一度も会うことはなかった。

大国の国としてのあり方を根底から覆すマクガフィン的な物の位置発見した独立派は、それを手に入れるため再び戦いを仕掛ける。

しかし、双子姫の姉は幼き頃から続いていた戦いの日々を辞めさせるため、マクガフィン的なものを奪い逃げ出してしまう。

そして、逃げ込んだ先で偶然、双子は再開する。

戦いを辞めさせたい姉と、大国に苦しめられ息も出来ない国民を救うために戦いを続けたい妹と、2人の意見はすり合わない。

2人は争いながらも、自分たちを慕い、何より今苦しんでいる民のために何が出来るのか苦悩する。

ところが、ある日彼女達は気づきを得る。

自分たち国民を、国を、ひいては自分たち支配する大国を、何よりそうしてしまった世界を、俯瞰で見ていることを、あたか自分たちけが特別な外側にいるような考えでいることを。

たかも、時の流れ全てを知って、自分たちけが正解を知っており、それ以外の全員が間違っているのだと、思い込んでいた事に気付く。

改めて、自分たちが何をすべきなのか、ではなく何をしたいのかを2人で話し合う、

離ればなれだった20年間を埋めるように、2人は話し続ける。

人類革新ニュータイプと呼ばれ宇宙適応し、オールドタイプではなし得ない、超常の感覚によるコミュニケーション可能とする2人であっても、たった2人っきりの姉妹家族合意すら得られない。

所詮、人が宇宙に出て一世紀。

人類史における進化の速度の例から見ても、そんなことは当然のことなのかもしれない。

ジオンデラーズフリートティターンズネオジオンシャアの逆襲。

幾多の戦争経験してもなお、連邦の”高官”という地位は守られ、そしてそれは次の戦争火種になっていく。

そう、木星総督に”高官”の娘をあてがうことが発端になる争いには、人類革新コロニー独立などのお題目とは関係ない、ただの「差別された」ことへの不快感しかなかった。

その不快感が、ドゥガチを、カリスト兄弟を、ギゾを、凶行に走らせる。

とどのつまり、人が人を支配することは、今この瞬間の平和を生む事はできても、10年、20年先の、100年続く平和を生む事はできない。

から、ミネバはフルフロンタルを否定するのだ。

から、ベラ・ロナは貴族主義を否定するのだ。

からシャクティマリア主義を否定するのだ。

だけれども、その先に待つのは何だろう?

人が人を支配しないのなら、何が人を支配するのだろう。

誰もが誰も支配しない世界理想郷なのだろうか?

結局、ミネバ・ザビミネバ・ザビになれなかった者は、そんな答えのでない議論を朝まで続け、気付くと眠っていた。

そんな、2人に何時か彼女達なりの黄金の秋が来る場合




ゲリラと一緒にいた姉は浅野真澄さん、

国に残った妹は川澄綾子さんに決定です!



みなさんのキャスティングをお待ちしておりまーす!

行かなきゃよかった飲み会

少しの間ニートだった。そこから脱出して働き始めた。性格も前よりか明るくなって、自信もついて、自分にとって小さなことだけど全部のことがびっくりするくらいうまくいきはじめた。そんな時、高校の先輩から飲みに行こうと言うメールが届いた。信頼している先輩だったので喜んで「いきましょう」と即答した。いざ行くと、苦手な先輩も数人いた。嫌な予感がしたけど、我慢して笑って相手をした。まぁその嫌な予感は的中した。

ニートの時何してたの?」

「具体的に教えてよ!ニートの時の事!」

「今の仕事でも将来不安でしょ?公務員じゃないのに」

給料いくらなの?よく雇ってくれたね」

飲みながらの爆笑しながらの大声でニート時代のことを質問攻めにしてくる苦手な先輩たち。先輩たちはみんな公務員教師看護婦警察をしていて将来は安泰。まわりの人もニヤニヤしながらこっちを見てくる。地獄時間だった。信頼していた先輩の友人だからって信頼できるわけがなかった。この飲み会で、また昔の嫌な気分に戻ってしまってどんよりしている。

現在所有している万年筆

パイロット エリート95S(EF

 東京出張中に神保町まで脚を伸ばして購入した物、定価どおり10,800円だったが色彩雫ボトル一本おまけに付けてくれた、サンキュー

 コンバーター40を設置してみたが、エリートにCON40はシリンダー部分が完全に本体金具に隠れてしまい、インキ残量がまったく見えない、ちゃんと吸えてるかもわからなくてちょっとショックだった。

 使ってみるとインキがどばどば出てるのかEFにしてはやや太い、使ってる手帳でむっちゃ裏抜けする、と使いづらい感じだった、あと色彩雫にまったく耐水性が無い。

 純正ブルーブラックカートリッジに替えてみたりしたが裏抜けが辛かったので、現在はCON20(どうせインキ残量が分からないならシャラシャラ音がしないようがいいやと替えた)に近所で売ってたパーカーブルーブラックを入れてる、裏抜けはやや改善された、…はず、そう思い込もう、まだ改善余地有り。



プラチナ プレピー極細(ペン先は02、首軸、キャップはプレピーデスクペン、軸はプレピームーミン

 300円+700円+500円の合計1,500円(税別)のプレピーだ、ペン先は1年以上使ってるやつなので愛着がある、そしてムーミンコラボのプレピーが軸の色がとても良い、透明感のある深い青で、3776で出てるシャルトルブルーとはこんな色なんじゃないか、と思わせる。

 透明首軸は会わないと感じたので真っ黒のデスクペンを買って首軸を交換した、キャップ割れるとショックなので現在デスクペンのを使用中、素材がポリカーボネイトではなくポリプロピレンなので透明キャップよりは粘りがあって割れにくいかも、とも思う。

 インク純正ブルーブラック描線はくっきり細く裏抜けも無い、一番メインに近い。



パイロット プレラ色彩逢い(カリグラフィ)

 色彩雫を入れて遊んでいる、仕事とある項目はこれで書く、と決めているものがあるので、このペンを使いたいが為に「あの仕事早く来ないかな-」という気分になる。(嫌な仕事だが)



パイロット コクーンペン習字ペンペン先

 ペン習字ペンカリカリペン先が好きだが仕事場に持って行くのはちょっと…って感じだったので、ペン先が同じらしいコクーンを買ってきてペン先移植したもの

 余ったCON40と色彩雫を入れている、お遊び用、これだと手帳も裏抜けしない。



<以下二軍>



パイロット エリートEF18k刻印有り、キャップは格子模様、70~80年代のものか?)

 神保町エリート95を買った後、ゼロ戦でも見るかと靖国神社まで脚を伸ばしたらフリーマーケットの真っ最中で、その中のおじいさんが売っていたもので、傷だらけ・インキの固着もひどかったがペン先は曲がっていない様だったので興味本位で買ってみた。

 これが一週間くらいかけて洗ったら使えるようになってしまった…まいったな、エリートがかぶってしまったぞ。



英雄616

 Amazonで3本セットで売っている中国製パーカーコピー品、パーカーインクを買ってしまったので興味本位で買った。

 おもちゃみたいな作りでキャップをしめる際ジャリジャリ感がある、3本のうち1本は中の金具がカラカラしていて届いたときがっかりだったが、インクを入れてみると結構スルスル書けた、中字くらいか

 しかちょっとペン先の強さを確かめようとちょっと力を入れてみたらそれっきり太字になってしまった。どんな材質使っているのやら。

 中のサックにインクを吸引する方式だが、作り的にいつインク漏れしまうかわからないので基本つけペン状態で使っている、お遊び用。



・プレピー各種

 パーツ取り用や書き味試しに買ったものサインペンとかが併せて10本ぐらいある。



目下の目標は1万円出して買ったエリート95Sを手帳ストレスなく使えるようにすることだなあ…、もっと粘度の高いインクを試してみるか…(沼)

セックス業務感想戦重要

フィードバックのない生産活動など、ただの消費で徒労と同じだ。

 

宝くじは徒労を、射幸性によって麻酔させることで消費に向かせる。あれは麻薬の類だ。

パチンコゲームもみんな、みんなそうだ。

 

わらえないのが、優れた詐欺組織オフィスとうまく回っている普通オフィスは良く似ていて、

その日の仕事で得た課題点と成果を分析し、翌日以降の業務改善していくシステムができているという事だ。

 

大きな企業や安定した大人数で動く業務は、ノルマえこなせば仕事が回るから

問題点改善されず、放置され、惰性のまま進み何か大きな不祥事トラブルが起こるまで続いていく。

 

 

彼女は幼いころから金持ちからお金を騙し取る事を社会正義だと教わり、

飢えは不当に不労所得を持つ金持ちが悪いと教わり続けた。学校にも満足に通えず、新聞配達で糊口を凌ぐ日々。

義務教育を終えると、ふとしたきっかけでオレオレ詐欺オフィス就職することになった。

中卒で未成年労働者を雇ってくれる場所なんて、限られた場所しかなかった。

オレオレ詐欺オフィスは、トイレの壁に社長自身で考えた標語過去偉人社長座右の銘が貼り付けられてて、

どこにでもあるテンプレートのようなぎらついたベンチャーオフィスだったそうだ。

ねずみ小僧教科書に、彼女上司の言われたとおりにオレオレ詐欺をこなしていく。

あの頃はオレオレ詐欺が出始めのころでオレオレバブルというべき入れ食い状態だったのだ。

給料出来高制で、詐欺金額の何パーセントかが彼女のフトコロに入った。

ある程度組織化されたところだと、ノルマ制で固定給+インセンティブみたいな会社もあったらしい。

 

アイディアを練った詐欺成功による報酬という甘露が、彼女思想を容(かたち)作り。

詐欺の失敗による飢えという鞭が、富裕層への憎しみとなり彼女の考えを堅めていく。

失敗が先か、成功が後か。成功が先か失敗が後か、どちらが最初だったかなんてわからない程に

成功と失敗を繰り返し、彼女オレオレ詐欺構成員になっていった。

 

一般的コールセンター同様に離職率も高く、今ほど専業化されておらず、

構成員に金に困った一般人勧誘していたのもあって、

騙す老人や親に田舎においてきた家族を思い出し辞めるような善良な小市民も少なくなかった。

しかし、彼女は愛するべき家族はいなかったからして、騙す相手にかける情など生まれはしなかった。

 

基本詐欺師なんてのは、みすぼらしい自分エリートに飾りたい人間がやるか、

頭が回るやつだが、学歴前科の都合で正規頭脳労働ができなくてやるものだと相場が決まっている。

 

二人で一つのツーストロークサイクルする行為にふけりつつ私はそんな相手人生のことを考えた。

行為というのが相手を思いやる快楽行為であるのであれば、私は相手から教えてもらった記憶再構成して

考えてやることにしている。それは虚実混じてて、あるいは誇張があるかもしれない。

思い出とは苦しさでゆがむし、辛い経験や誇らしい経験けが強調されていく。

そういうものから最小二乗法のようにその中に隠された法則性というか事実想像するのが好きなのだ

 

彼女は元詐欺師だというから、すべてがウソかもしれない。そもそも元詐欺師という話すらウソかもしれない。

そうなると元の話すら信用できない。もしかすると彼女作家なのかもしれない。彼女のほんとうは何一つわからない。

つかみかかれば折れそうな細い鎖骨。手に収まる触りやすい胸、白い肌、整った目鼻、狐みたいに切れ長で意志の強そうな目。

人の顔は無表情でないと本当に醜い。整った顔立ちの彼女ですらこんな顔になるのかと、新しい発見が出来る。

美人AV女優だって行為ときの顔はみんな似たような顔をしているようなものだ。

 

潔癖な親友は人が恋人にだけ見せるあのゆがんだ顔が許せないくらい嫌いなのだという。

人形のように美しい顔は人形のようにあるべきだという。彼はマグロが大好きだった。

 

相手になったつもりで考えれば考えるほど、自分がわからなくなってきた。それでも体は熱く、心臓は激しく脈打っている。

快楽が強く顔がゆがむくらい痛い。寒い日に肌が突っ張って古傷が痛むのに似ている。

彼女は何を考えているのだろうか。

 

私は感想戦で食べるアイスのことを考えていた。

http://anond.hatelabo.jp/20160527124547

そうだな(最初の一行しか読んでない)

 

アルコールとか害しかないのに未だに許されてる意味分からん

飲食店とかでビジネスチャンス煙草よりも多いから許されてるだけだろ。

煙草規制のいう健康被害も酒と比べたらどっちこっちで何の根拠にもならない。

飲み過ぎなければいいっていうなら煙草だって吸い過ぎなければガンにまではならんっつーの。

飲酒運転による死傷や酔っ払い暴力家庭内暴力、よっぽど直接的な周りへの被害トリガーになる酒。

煙草件数にしたって今日日これだけ防火対策された家に住んでいて漏電以外の家事ってぶっちゃけ煙草くらいしかありえないだろ。

 

そこまで安全にこだわるというなら

交通事故の一番多い原因は「安全確認」だからパイロット並みのストレステストをして集中力を維持できるか確認して

合格したやつだけが免許出せるようにしよう。

でもこれもただの口実だからそんな流れにはならないんだよな。

 

よくこんなんが成熟した社会で許されてるよな酒は。

まあ、煙草が許されていた時代が許されなくなったように

酒もいずれ許されない時代がくるんだろうけど

その時になって同じ悲しみを味わってくれるなら平等であるんだろうな。

女の仕事 男の仕事

つい、女は仕事ができない、男は仕事ができるって考えてしまうけど、やっぱりそうでもないよね。というどうでもいい話。

私は女で、いわゆる仕事ができるタイプではない。というか普通の人。

なので、どちらかというと嫉妬心から「やっぱり女は仕事ができない」と思いたい方。

だけど、やっぱりそうでもないよな。と客観的に考えると思う。

例えば美容師さんだと、男か女かというよりは経験年数がものを言う。知ったかぶりの男の新米美容師に、とんでもない髪型にされたことがある。

かつて働いてた職場には男性社員が圧倒的に多かったが、彼らは自分いかにすごい経歴とか人脈を持っているかという雑談ばかりして、人にものを教えるのがものすごく下手だった。というか教えてくれなかった。「まずはやってみろ」という感じ。

今の職場女性ばかりだが、何か仕事を教えるときに必ず「なぜそれをやるのか」を一言添えてくれる。これには本当に助かっている。

結局、力自体は女も男も同じだけ持っているけど、女は途中で家庭第一になって脱落していくからものすごいスキル責任感を培った男だけが残るのかな。

あと不思議なことに女がやることは2割りくらい割り引いて考えてる自分がいる。(どうせ女がやったことだから大したことないだろ、と) あとすごい偉業を成し遂げた人は男であってほしいという不思議先入観

http://anond.hatelabo.jp/20160523070350

反応してくれないんじゃないかという不安

これを自分が解消できさえすれば、後ろの人に迷惑がかかっても構わないという心理

自分けが良ければいい

神話を失ったひとと失ってないひと

 つまりマイナス自尊心と言うべきなんだろうけれど、いわゆる「神話」みたいなものを持っている人は多数派であり、そして自分のように「神話」を失ってしまった人間というのは少数派なのだと思っている。

 つまり神話というのは誰かにとっての信じるに足る世界なのであり、自分自身根拠裏付けみたいなものなのであり、つまり自分世界価値存在すると信じられるだけの証拠みたいなものなのであって、そういうもの殆どの人は持ち続けているような気がするのである

 だからこそ、そういった人々は無邪気に生きていて、自分自身存在価値あるものであると思うことができて、大体今のまま生きることを望んでいる――そんな気がするのである

 勿論、これは歪んだ自己認識であり歪んだ世界認識であるわけで、つまり偏見なわけだけど、でも、そんな気がするのである

 自分に関して言えば、「神話」を失ってしまったのは僕が十五歳くらいの時で、確かその時くらいか阿呆みたいに文章やら文芸作品やらを書き始めていたと記憶している。その二つが完全にリンクしているわけでは無いにせよ、ある意味ではそれはシンクロしていたし、ちょっとした引き金のようなものになっていたのではないかと思っている。いずれにしても、僕にとってその時神話は失われてしまっていて、じゃあ神話が失われてしまった後の世界にはもう神話と呼ぶべきものは何一つ存在しないのかと言えばそうではなくて、新しく選ばれるのを待っている神話の気配がそこには息づいていて、でもそういうものに関しては僕は殆どの部分で拒否していて、ちょくちょく受け入れたりはするものの、基本的にはかつて存在していはしたものの今となっては失われてしまった神話回復と復権だけが生きる目的になってしまっていたわけで。というわけで、現在僕の世界には古い時代神話が少しだけ息を吹き返していて、そのお陰で僕は少しだけ安心して昔みたいな世界を生きることができているというわけなのであった。

 思うに、若いから今にかけてまともな恋愛ができなかったというのは、その所為もあるのかもしれない。つまり恋愛とは一種の「物語」の共有であると僕は思っているのだけれど、つまり、お互いが信じている何らかの価値とかそういうものを擦り合わせて、「あ、大体自分達の『物語』は同じっぽいぞ」というテレパスを感じた時点でまともな(世間では「まともだ」と思われている)恋愛というのが始まるということではないかと思っている。で、僕はそういう誰かと共有するべき物語というか神話というか何というかを持ち合わせていなかったので、どうにも自分の隣に立っている女の子が異星人か何かのように思えたりして、それでどうにも上手くいかなかったのではないか。いや、たくさんの女の子を愛したのだ。愛だけはたくさんあったのだ。僕の中には、新しく息づこうとしている神話が幾つか生まれつつあったのだ。でも、それは女の子たちが持っている物語とは全く違ったものだった。女の子が求めている物語と、僕の持っている神話というものは随分違ったものだったのだ、結局のところ。

 まあ僕が恋愛下手であるというそれ以上の結論存在しないんだけれど、それでも、同じような物語をお互いに「持っている」と感じることができたのであれば、その恋愛は割と上手くいくものなのではないか、とそんなことを思う。


 というわけで、僕は誰かと共有するあてのない物語を書き続けている。

 何かを失ったり、何かを手に入れたりする人々の話を書き続けている。

 それらが日の目を見ることはひょっとしたら無いのかもしれない。

 それでも、僕は書き続けている。

 それらの物語を、他の、誰かと共有するために。いつの日か、自分にも価値があったんだと思うことができるようになるために。


 神話を失っていないひと達へ。

2016-05-26

米津玄師歌詞が前向きになって寂しい

音楽知識もないし歌詞解釈とか思い込みが入り過ぎて見当違いなことを言ってるかもしれない申し訳ないと最初予防線を張っておく。

米津玄師最初アルバム「diorama」は一口で言えば「後ろ向き」な作品が多いように感じる。例えば「blacksheep」の「素晴らしい一日始まる頃には夜に暮れる 過ぎ行く毎日 手を振ることすら忘れたまま 」や「何となく不安でさ 日に日に毎日は老いていく」といった歌詞ダウナーな曲調も相まって1日に対する諦観を感じさせる。他にも「恋と病熱」の「誰も嫌いたくないから ひたすら嫌いでいただけだ」「好きなことが少なくなり 嫌いなことが沢山増えた」という歌詞、「vivi」の男女の恋愛の別れを歌い、「さよならけが僕らの愛だ」と締める歌詞(pvだと異形の男と女の子だったが便宜的に)も対人関係に対しての諦めや遣る瀬無さを読み取れる様に思うし、「ディスコバルーン」の「何も知らない夢のまま 死んでいけたら幸せだ」という歌詞は激しい曲調も相まって破滅的な曲であるという印象を受ける。まあ主観だろ!といえばそれまでになってしまうのだが、これらの曲を聴いて「めっちゃ元気の出る曲!」となる人はあまりいないと思う。

因みに米津玄師以前の名義、「ハチ」として活動していた時の曲は後ろ向きな曲もなくは無かったが、ここまででは無かったという印象だ。「クオリア」という曲は孤独少女他者に認めてもらえる、自分認識して貰えるという幸せな結末が描かれているし、暗い中にも明るい希望が描かれた曲が多いイメージだ。多分初音ミクイメージに寄せているのもあるのだろう。

では最近米津玄師はどうなんだという話に移る。最新アルバムbremen」を聞くと大分「前向き」な曲が多くなったと思う。といっても完全に明るい訳ではなく、「絶望もあるけど前を向いていこう」といったようなことを描いているのが多い…と思う…。アルバムは数十曲入っているのに全ての曲をこの一言で当てはめることは余りにもあんまり表現ではあるが。多分当てはまらない曲もある。

例えば「アンビリーバーズ(あ、これ初出はシングルだった)」は「今は信じない 残酷未来なんて」「終わりにしようよ 後悔の歌は」「だから手をとって 僕らと行こうぜ ここではない遠くの方へ」と言ったように絶望認知しつつ、それでも諦めず未来へ行こうという前向きな歌詞で描かれている。また「ホープランド」では「謂れのない嘘や 穢れきったあの言葉に 惑わされないでおくれ それが世界の全てじゃない」「ソングフォーユー 僕らは初めましてじゃない 同じものを持って 遠く繋がってる」といった「聞き手希望を伝えようとする」姿勢が示されているように思える。

「diorama」と聴き比べると随分作風に変化が生じたように思う。最近米津玄師の曲は、辛い時に聞くと励まされる…そんな風に変化している。ある意味健康的になったとも言えるのかもしれない。

個人的に今の方面の曲もすこぶる好きではある。のだが、「blacksheep」「恋と病熱」の気怠い感じや「ディスコバルーン」の破滅的な曲がとても好きだったので、最近その方面の曲が聴けないというのが少しばかり残念なのである

寂しい…なんて随分自分勝手表現を使ってしまったが…まあ1ファンの見当違いな戯言である

命の平等さで動物愛護を語る人

家に入ってきた虫を殺虫剤で一瞬で殺すのと、羽根をもいで時間をかけて殺すのとではわけが違うと思わんか?

それを見てる人の胸糞悪さが段違いじゃない。楽に殺すのと苦痛を与えて殺すのでは後者のほうが胸糞悪いし、虫や魚を殺すのと人間に近い牛やクジラを殺すのとでは後者のほうが胸糞悪いでしょ。食うために殺すのと遊びで殺すのでも当然後者のほうが胸糞悪い。胸糞悪いというのは難しい言葉で言えば生理的嫌悪感を伴うということだ。

動物愛護を推進する上で、より胸糞悪いことからやめさせるべきなのは言うまでもない。なぜなら動物愛護というのは胸糞悪さから発生した概念からだ。動物愛護を掲げる人は決して平等にすべての命を救おうとは言っていない(口ではそう言っているかもしれないが、実情は違う)。人類の掲げる動物愛護とは、人類にとって胸糞悪いことをやめよう、という話でしかない。

大して捕る必要のないクジラ苦痛を与えて殺すのはやめようと言う人に対して、なんでお前は一瞬で鶏を殺すほうには文句は言わないんだ、と言う人はひどく醜い心の持ち主だ。命の平等さを唱えてあたか自分が善人・常識人であるかのように振る舞いながらもその言葉の裏では胸糞悪いことを正当化しているわけだ。外国のよくわからない団体に屈するのが嫌ならそういえばいい。動物愛護と言いながら金儲けしか考えていない人を非難したいなら、ただそう言えば良いのだ。一々命は平等でしょ?みたいな感じでウザ絡みするのはみっともないからやめないか

http://anond.hatelabo.jp/20160526194335

地産地消の物品(地元農作物など)

ピュア人件費転嫁されるサービス業

別にいろいろあるがな。製造業けが日本を支えている時代でもなし。

http://anond.hatelabo.jp/20160526134826

もしかしてI社かな?人月単価けが一流と聞いたことがある。

とか書くと、誹謗中傷とかで訴えられちゃうのかな...聞いたこ自体事実なんだけどナ。

今の女は昔と今のいい所取りしてる卑怯ダブスタばかりなのに

権利だけは男女平等にもらい

義務責任を同じだけ果たさず、果たすつもりもない寄生虫が多いだろうが



先日の話が良い例


京大出て専業主婦なんてもったいない」と言う人は、じゃあわたしが何をすれば許してくれるのか

http://seramayo.hatenablog.com/entry/2016/05/23/121352


東大文学部卒おばさんが、何がもったいないのか解説

http://b.hatena.ne.jp/entry/anond.hatelabo.jp/20160524012315

ここのコメント欄では国に、夫に寄生宣言してる寄生虫が醜くわめいてるぞw


こんなに女性様に都合のよい時代はないよ

これからアンチフェミが当然に増えて

そもそもフェミは男から相手にされずに結婚できなくなるし、子孫を残せずに消えるから

今ほど女性に都合の良い時代ではなくなるだろう


 

これが明治ではなくて「母親世代がうらやましい」はよくあるけど

それはバブル以降のオバサンが最高に都合のいい時代を生きただけのこと。

から学歴あっても社会なんか知ったことかwとなる。

与えてもらうのが当然で恵まれすぎた代償で精神が腐りすぎてしまった

  

そんな女性が集まってるのがはてな村

から最低のフェミ巣窟だと言われてる

 


責任を負いたくないなら付属品でいろってこったね。


今の女の大半は責任は取らないけど権利自由自己主張だけは一人前以上のキチガイクレーマーだけどねw

 

こんな醜い生き物がのさばってる時代が続くわけがない

 


http://anond.hatelabo.jp/20160525224521

妹がtwitterで俺の歴史捏造している

なんかさ、腐女子コンテンツによく兄弟設定みたいなのいるじゃん。

妹がフォロワーたちとその兄弟関係萌えで盛り上がるうちについ「うちの兄も〜」から始まるトークをやりまくってて。

それ自体別に構わないんだけど、

なんかね

話作ってんのね


俺のエピソード勝手創作してんのね


最初は俺の記憶いか何かかと思ったけど、

明らかに嘘ついてる

変な逸話バンバン作ってる

しかも良さ気な方向に


俺は単なる一介のオタクにすぎないのに

妹がフォロワーに話すところをを総合すると俺は、

普段大人びたイケメンだけど雷や地震や吠えてくる仔犬にめっちゃおびえる小動物的な一面もあって

普段攻撃的だけど(「大人びた」はどうした?)妹に対しては甘々で実家にいたときバレンタインデーのころになるとそわそわしだして

手作りチョコづくりにはげむ妹にそれとなく探りをいれようとしてきたりする過保護な人物である日突然「靴職人になる!」と言い出して大学を休学してイタリア留学していた過去を持つ人物らしい。あとなんか妹の紹介した腐女子向けコンテンツに対して最初は苦々しいた態度を取るけど、むりやり読ませてみるとハマるらしい。からけがうまいらしい。ジャニーズに応募して書類で落ちたらしい。ナルシストらしい。


誰だよ。

誰だよ、そいつは。

事実と合ってる部分が「大学を休学した」くらいしかないぞ。

おまえバレンタインチョコとか手作りしてなかったじゃん。

俺ら、年末年始実家に帰ったときに冷えた白ご飯のような会話を交わすだけの間柄じゃん。

誰だ、そのお兄さんは


作ったのか?


新しいお兄ちゃんを作ったのか?


ホムンクルスか? 俺を等価交換したところでお兄ちゃんガチャで出てくるのはせいぜいスネオくらいのもんだぞ?


キモさでいえば妹のアカウント一方的に把握して日々監視しつづけている俺も変わらんわけだけど、

おまえも相当だぞ? 相当きもいぞ?

どうせ俺と会うことも一生ないような感じのオタ友との間のこととはいえ、

お兄ちゃんは感心しないなあ。

2016-05-25

明治女性が羨ましい

という話に友人と話していた時になった。話の流れとしてはその直前に樋口一葉の「うつせみ」について話していたからだ。

うつせみ」には恋する人、植村が自殺してしまい、そのことがきっかけで発狂してしまった女、雪子を、結婚する予定で養子に入った男、正雄や雪子の両親が困惑しながらなんとか雪子を正気に戻そうとする様子が淡々と描かれている。雪子は狂気により現実認識することなく、死んだ男に会わせて欲しいと言ったり、死んだ男に対しひたすら謝り続ける、意味のないことを話し続ける。小説内ではどのような経緯で雪子が狂ったか、恋する人が自殺たかなどは明言されず只雪子の狂気とその周りの困惑する人々の様子が描かれている…大体そのような話だ。

雪子が発狂してしまった原因は、恐らく家を存続させるための意に沿わない結婚、そして植村の自殺によるものと考えられる(文中で明言はされてないのであくまで推測である、人によって解釈が分かれる)あまり当時の価値観には詳しくないが、それでも女性不自由さはなんとなくわかる。

でも今日友人と「雪子の立場は今からしたら羨ましいよね!」という話になった。雪子の両親、そして婿になる予定の正雄もお金持ちである。雪子は結婚し世継ぎを産めば安定した生活が手に入れられるのである結婚仕事自由はないし、雪子程お金に恵まれた家庭は明治に一握りだっただろうとは言え…。

現代では仕事はしなければならないし、それでも安定した生活が手に入るとは限らないし、子供は最低限大学、専門まで行かせないと働き口がないか子育てお金もかかるし…そもそも内定が出ないし…

家の圧力をほのめかしている(とも読める)作品を読んでこんなことを思うのは皮肉だと思った次第である

因みに樋口一葉の一生自体は、父親に先立たれ女所帯で厳しい生活をすることになる、24歳で亡くなるなどなかなか波乱万丈で驚く。そして作家活動が累計5年くらいで、しかも「たけくらべ」など有名な作品ほとんど全てが亡くなる直前の1年間で描かれているというのも更に驚く話だ。


追記

自分の描き方が悪くて「金持ちな点が羨ましい」という文になってしまったようだ。だが自分が本当に羨ましいと思ってるのはそこではなく「当時の大体の女性がが結婚し、家庭にこもる存在だった」という点が羨ましかったのだ。多分当時って結婚しない女性殆どおらず、大体結婚させられるか後はまれ女中or遊廓に出される…くらいだったんじゃなかったか。当時の女性には自由人権もなく、それ故雪子は発狂してしまっている…が、職につけるかも怪しい自分とっては充分羨ましい立場である仕事は出来ないし差別やら厳しい風潮もあっただろうが、妻として母として当時の女性は家という存在を支える存在になれる。

一方こっちは定職にも就けず結婚も職についてなければ絶望的だし、内定がなかったらニート一直線である。何ものにもなれない只の穀潰しである自由はあるといえばあるが、職に関しては無いように思う。売り手市場早慶上智さんだけが恩恵を貰える奴。

雪子な立場は本当に悲しいものだと思うが、自分がその立場だったらもう即正雄と結婚すると思う。

はいっても私も当時の情勢に詳しくないのでだいぶ夢を見てるが…でもやっぱり羨ましいと思うのである内定の無い奴の僻みである

ぶっちゃけ1番羨ましいのはクレヨンしんちゃんとかちびまる子ちゃんとか辺りの専業主婦

適当に生きられないのは甘え」って意見はそんなに叩かれるべきなの

日本国内で生まれ育った時点で、産油国でもない平均的な後進国の人たちに比べて圧倒的に膨大な天然資源を浪費して今まで生きてきたんだからさ、そうやって生きてきたんならせめて大人になってからはその放蕩をじゅうぶん埋め合わせできるくらいの社会貢献をしないと、てめぇ何のために日本人に生まれてきたんだよナメてんのか、って思われてもしょうがなくない?

「生まれ持った才能をどう使おうが自分勝手」ああそりゃそうだ私もそう思うよ、それくらいの自由先進国にあってしかるべきだと思うよ。そういう余裕すら維持できないといよいよ日本ヤバいんだろうし、京大出て専業主婦の人がこれだけブコメで荒れてるのも、今はちょうどその瀬戸際に立たされてるんでしょう。

でもさ、先進国にいる我々がそういう余裕を我が物顔で享受できてるその理由というか、何を踏み台にしてそういう暮らし可能になってるのかちょっとくらい思い返してもいいんじゃない?「銃・病原菌・鉄」を読み返すんでもいいけどさ、私たち石油天然ガスバンバンやす暮らしができたのは、別にそういう権利を神から与えられたからではないでしょ?日本人民族として優れてるとかそういうわけでもなく、たまたまいろいろ条件が恵まれてただけでしょ?

それなのに、これが当たり前ですみたいな顔してスマホぽちぽちしてはてブにしたり顔でコメントしたりする奴らがムカつくんだよ。なんでこっちは血痰吐いてまで工学系の博士まで出てみじみじ論文書いてるんだってわけわかんなくなるよ。



なんでみんなその点無頓着でいられるの?自分たまたま日本に生まれたってだけで、たまたま貧しい国に生まれた人たちに比べて物質的に圧倒的に豊かな暮らしが出来ている、っていうことにただの一度も悩まなかったの?後ろ暗さを感じなかったの?ずっと疑問を抱いたことすらなかったの?

日本は本当に素晴らしい国で、どんなグズにでも平等教育を施してくれるんだよ。私だってたいした才能があるわけじゃないし私立学校になんか行かなかったけどこうして大学院研究させてもらってるよ。だったらさ、その罪深い浪費を償わなきゃいけないっって意識くらいもってもバチはあたらないんじゃない?特に京大にいけるくらいの才能もっってんならニートやりながらポツポツ文章売ったり夫との惚気でブコメ稼いだりするだけが能じゃないでしょ??それが"""社会貢献"""って思うなら当人勝手だけどさ、私はそういうのじゃ本当に申し開きできないと思う。どういう経緯があって「生まれ持った才能をどう使おうが自分勝手」なんてことが言えるようになってるのか、その歴史に敬意を払って、それがちょっとでも維持できるように何かするのが日本に生まれ育った人全部の責任じゃないのかな。

え?ペルソナにそんなに悩むもんなの?

なんで「結局それお前じゃん」になるわけ?

意味分からんのだが何か勘違いしてないか

 

例えばここに「大食いトーナメント」というイベントを開催する企画があったとしよう。

その参加者に売れやすいグッズとかイベント内容にするためにペルソナの設定が必要になったとしよう。

そうするとペルソナ記号としては当然「大食い好き」になるよな?

この時点でペルソナ作るのには8割成功してるんよ。

いやマジでマジで

で、大食い好きマンと名付けたこの大食いいかお金を落とすコンテンツを用意するかがビジネスとしての宿題だろ?

ならがっつり脂っこいもの提供したり、大食い好き=体でかい人向けのサイズイベントTシャツを作るとか、

大食い好きメニューだけじゃ話題性が乏しいか大食いも絶賛するサラダを開発するとか、

大食いあるあるのできる芸人を呼ぶとかそういう大食いマンが喜びそうでお金落としやすい内容に話が膨らむだろ?

もう10成功してます

 

そのうえで大食い好き以外にも波及効果を見込みたいという副次的ものを期待したくなった場合

はじめて大食いマン以外の参加者ペルソナを用意したらいいでしょ。

なんでメインディッシュ大食いマンを掘り下げる前に激ヤセマンペルソナを考える必要がある?

 

ペルソナ設定が上手くいってないっていうことは、

自分主観が入っちゃうってことは、

詰まる所誰をターゲットにしたいのかを分析できてないってことだろ?

ペルソナ設定が問題じゃなくてアナティクスが問題だろ。

大食いマンが何を求めてるのか単純に「知らない」ってことだろ?

だよな。

 

前提としてペルソナ作る素材がないのに作れるわけがない。