「現実」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 現実とは

2017-01-24

熊谷千葉市長による男性保育士に関する議論保護者男性保育士

https://togetter.com/li/1073168

まとめを読んだ印象では、市長の考えは非論理的に見えた。そこで、本エントリーでは、市長発言のどこに「論理的問題」かを分析しながら、筆を進めたいと思う。

以下では、市長発言引用表記で示し、それに対する「論理的問題点」を指摘する。

千葉市男性保育士活躍推進プラン策定しました。女性活躍を推進する一方、本来ダイバーシティ多様性)を考えると男性が少ない保育現場などでは男性活躍を推進する必要があります更衣室が無い、女児保護者の「うちの子を着替えさせないで」要望が通ってきた等の課題が背景にあります

「推進する必要がある」と言っているのに、「必要理由」が明記されていない。理由を書かず、「〜べき、〜必要がある」という場合は、何らかの前提が置かれており、それが勝手思い込みだったりする場合があるので、注意が必要

女性なら社会問題になる事案です。保護者とのトラブル回避から性差による不当な対応をしないよう各保育所に指示、4月からの入所申込みにあたっては「市立保育所性別に関わらない保育を実施する」ことを明記しました。質の高い保育、職場環境、両面から見て男性役割を高めていくことは重要です。

男性役割を高めていくことは重要です」と言い切っているが、やはり重要である理由が明記されていない。もしもこれが市長個人的な想いであれば、「重要だと思います」と書いた方が誤解は避けられる。

千葉市男性活躍推進プランに対するご意見を見ても、男性保育士に対する性差別認識せず「差別ではない区別だ」とする人が多くはないもの一定数居ることが分かります女性場合と異なる基準になっていることをご本人も気づかない状況に、男女共同参画の真の理念社会が共有すべきと感じます

まず、自称「真の理念」を他人押し付けはいけない。また、「共有すべき」の理由が明確ではない。

男性保育士女児を世話することに嫌悪感を感じ、区別を求める多くが女性という点が面白いですね。今まで差別不利益を被ってきた多くが女性側であったこともあり、女性側に男性不利益に関してまだ意識が十分でないこと、特に性に関することについては女性側の男性への不信も根強いことも分かります

最後の「分かります」というのは、市長共感できるという意味なのか、それとも、データから科学的な真実がわかった、という意味かが判断できなかった。なお、「面白いですね」というのは、何が面白いのかよくわからず、嘲笑と誤解されないだろうかと思った。

男性教員女生徒性的いたずらをする事案が世間であるからの子ものクラス男性教員にするな」と保護者が言って、その通りにする学校はありませんよね。少数派であるがゆえに保育の現場ではまかり通ってきた実態があります

発言の前半では、「現状=正しい」と勝手仮定しているが、その仮定の正しさは不明である。つまり、保育の現場が正しくて、学校が異常という可能性も考えられる。特に学校の場は、義務教育等の事情によって、競争で淘汰されないのが現状であり、もしも、自由競争であった場合にどうなるかについては、よくわからない。

娘を男性保育士に着替えさせたくないと言う人は、同様に息子を女性保育士に着替えさせるべきではないわけですが、そんな人は見たことがありません。社会考慮するに足る理由無しに性による区別をすることは差別です。女性活躍を進める中だからこそ、真剣日本社会議論し、乗り越えるべき課題です

「同様に・・・べきではない」の根拠がない。

男女に有意差がある可能性も示されていますが、女性保育士10倍以上居ますので発生確率女性が上になります

発生確率定義をせずに使うことに問題がある。

保育士による小児性愛事件という全体から見れば極めて小さな確率の事例において性区別を許容する、それは女性LGBT外国人にも同様なのですね。性差によるリスク不利益蓋然性が高く、人権職業選択侵害しても許容される場合を除いては現代社会では許容されませんよね。

この発言意味がわからない。特に最後は「許容される場合を除いては、・・・許容されません」というトートロジー

その確率は一体率にして何%ですか?気持ちは分かりますが、保育士性的不祥事の発生確率区別を許容すると、肉体的に優位でない職場において女性配置転換されること、犯罪率の高い層(所得国籍等)での区別等が許容されます。ご自身二重基準をご認識下さ

保育士性的不祥事の発生確率区別を許容すると、肉体的に優位でない職場において女性配置転換されること、犯罪率の高い層(所得国籍等)での区別等が許容されます。」について、まったくもって根拠不明である。この発言をわかりやすく言い換えれば、「結婚相手は、物理的制約考慮し、地球上の人とランダムに組み合わせるべきだ」となる。だから区別がまったくない状況は現実的ではなく、どの区別を許容し、どの区別を許容しないか多数決やら、何やらで決める必要があるのだろう。また、大雑把には、利益があるから区別をしているのだから利益区別トレードオフ関係にある。このように、まずはKPIの選定が大事


心配することを否定していません。報道等も含めて心配になることはある程度理解できることです。問題心配によって目の前の保育士区別し、配置転換要求する行為であり、それ以上に保育士業務への理解を求めずトラブル回避から要求を受容する保育所側です。

問題・・・だ」という書き方が問題。指摘の点は社会的問題(というか課題)の一つだが、その一方で、性犯罪等も問題解決したい課題)だろう。そして、複数問題があるにもかかわらず、一つの問題だけに着目すると、視野が狭くなることから、間違いにつながるリスクがある。そこで、一つの問題だけに着目するのではなく、まずは、どんな問題があるのかを把握し、それを分析し、解決法を考案することが大事


男性教員男性医師にも同様に「娘を担当させるな」と言うでしょうか?その職場男性優位か少数であるかの違いで保護者特に女性)は無意識ダブルスタンダード対応をしている現実があります

根拠データがないので、「現実があります」というのは、言い方が強すぎる。


漠然とした懸念レベルで目の前の保育士差別するのは適切ではありません。逆の理由女性担当から外して良いのですね?

漠然とした懸念レベルで目の前の顧客ニーズを切り捨てるのは、適切ではない。なお、「ニーズがあれば、女性担当から外して良いのでは?(何が問題なんだろう?)」という人が一定数いるという認識市長が持てば、本件は解決するのだろう。


男性保育士への理解促進が進めば当然保育士のなり手は増えることになり、その観点から男性保育士活躍推進は必要です。

経済学によれば、給料が増えた場合に限り、保育士のなり手が増える。また、給料が増えるのは供給が減るか、需要が増える場合に限る。このため、消費者の声を無視したビジネス成功するのは難しい。

密室男性保育士けが居るわけではありませんし、子供たちのためにこの道を選んだ男性保育士保護者の一抹の不安のために差別することは許されません。子供を思う気持ち理解しますが、保育所保育士にその旨を言うことは明確に性差別であることはご認識下さい。

「許されない」根拠がない。「明確に性差別である」と断言しているが、根拠がない。親の気持ちや、保育のサービスを受ける子ども気持ち無視して、「俺の正義」を押し付けることは疑問。

きつい言い方をして大変申し訳ありません。「真面目な保育士が居るのも確か」ではなく、一部の例を除いて全ての男性女性保育士が真面目なのです。密室で一人で着替えをさせない(女性も含め)等、当然配慮した中で預かっていきますので、ご理解をお願いします。

「真面目な保育士が居る」のと「一部の例を除いて全ての保育士が真面目」というのは、同じことなので、「「真面目な保育士が居るのも確か」ではなく」という発言は誤り。

では男性保育士が居る保育所では、男児の着替えは女性保育士を外さないといけませんね。ダブルスタンダードダメなんですよ。

これも根拠がない。自分ルール押し付けダメなんじゃなかろうか?

2017-01-23

anond.hatelabo.jp/20170123113224

昔のmacゲームMarathonって言うFPS(ショボいけど)は好きだった。

地球人兵士として優れているので、主人公地球人は仮死状態で保存され、

何かある度にに蘇生され、人工知能から指令を受けるんだけど、

「また、それとほぼ同時に衛星軌道上の〇〇も破壊されました

(これは私の光学機器観測しました)」

とか

「新しい体制の中で彼らが生き延びる場所はないと私は判断しました」

とか。

無料で公開されたライブラリとかあるみたいだけど、やり方はよくわからないです…




余談だがオカルト界では、AI人間を超えるってのは、特異点 シンギュラリティって言って

それがいつなのかが割と話題らしいが、囲碁で総当たりみたいなことをやったAIが、

人間に勝ってる時点で、もう人間の"セオリー"みたいなものは時期に用済みになるのでは?

と言ってる友人もいる。




更に余談だけど、楽園追放をあげてる人がいるなら、シリーズ物アニメだけど、

serial experiments lainもアリかと思う。人によってあれが何の話なのかは

随分意見が分かれるけど、それ自体主題のようなアニメなんだと思う。

ひと昔もふた昔も前の人が見た、現実とは異なった未来の話って感じかも知れないけど。

http://anond.hatelabo.jp/20170123191537

あの物語の中で、「えんとつ町」というのはむしろ「狭い世界」です。

言葉遊びはしなくていい

狭い世界で大きい面ができているのならともかく、主人公二人は迫害されるマイノリティ



少ないページ数だからこそ、同じような絵柄のページが続くのがもったいないと思います

おまえがそういう感想を抱いたのは結構だが、それが絵本として致命的かどうかという根拠には全くなっていない



作品には描かれていないことでも、作品周辺情報(作者の考えや制作過程など)をもとに作品を読み解くのは、いたって普通批評方法ですよ。ご存知ないですか?

勿論、「君の名は」を見て「監督高校時代楽しい恋愛をしたことがない」と喝破するのも一つの評論

が、あくま評論であって「正しい読解」ではないことには要注意な

いったいどうやったらこれ読んでご存じないとか思うんだろう



君の名は。」に対する「監督高校時代楽しい恋愛をしたことがない」の解釈が駄目なのは、それは事実と反するからです。

何を根拠事実と反するって言ってるんだ?

ソース出せよw



「ルビッチ西野氏」と読み解いた根拠は、私は二つの事実」(作者の好む服装煙突掃除夫の制服)を挙げています

もし、それが私の読み違いだというのなら、その根拠提示してください。

お前は勝手自分見立てた「主人公西野」という前提に、あろうことかさらに「自分の実力以上に、上から目線物言いをするから西野は叩かれる」というもはや絵本と完全に関係が無い「自分主観」のみの評価を重ねて、作品否定してしまっている

主人公西野という見立てまではいいよ

ちゃんと根拠がある

作品しか見ない読者にとっては知ったことではない見立てだがなw つまり作品単体への評価にはなんの影響も無い)

自分の実力以上に、上から目線物言いをするから西野は叩かれる」

これはなんだ?

根拠無いんですけど

まさかオリラジ中田という個人見解根拠なのか?w

中田発言が完全に正しい絶対神かなにか?w

西野専門の研究者ですらないよな



作中で主人公二人はだいそれた発言などしていない

ただ臭くて汚いか迫害されている

主人公が姿形だけでなく言動まで西野のものだったら自己正当化の謗りを認めてもいいが、問題のある言動を何もしていないキャラを捕まえて「こいつは見た目が西野に似ているから本当は不潔さでなく言動によって叩かれているはず(この時点で支離滅裂)。よって夢をかなえるのもおかしい」

なんて、作品現実がぐちゃぐちゃに混ざってる評論ゴミしか言いようが無いな

なぜ西野の周りの33人のクリエイター名前が挙がらないかの謎の答えを教える

今回の西野の件で顔を真赤にしている無関係日記を書いている奴らがいる

キングコング西野の件は「炎上」では足りない」

http://mistclast.hatenablog.com/entry/2017/01/22/110637

西野亮廣いかに今回悪辣で狡猾な仕掛けを施したのかをちゃんと解説しておく」

http://d.hatena.ne.jp/adenoi_today/20170122/1485089143

ここで知っておいてほしいのは「西野と全く関係のない奴ら」ということだ

まり西野の件で騒いでるのは外野だけであり特にブロガー(笑)を中心に炎上しているという点だ

西野の周りでは炎上なんて全くしていないわけだが、外野勝手に火をつけて「燃えてる!燃えてる!」と騒いでいる

薄々感づいているとは思うが、あえて書くならば



関わった当事者たちは満足しているというのが現実

陰キャ特有コミュニケーション至上主義が抱えるリスク

どういうこと? 陰キャはコミュニケーションなんて苦手なんじゃないの? と思われたことだろう。

もちろんそれはその通りなのだが、陰キャだってコミュニケーションを求めているし、その渇望は陽キャより強いこともある。

問題は、その手の陰キャはコミュニケーションをしてくれる人に対して安易に気を許しすぎることだ。

特に女性場合、最終的にはオフパコでヤリ捨てられてメンヘラ化という末路を辿るとか、

人格障害に付きまとわれて人生台無しにするとか、これは何も大げさを言ってるんじゃなく現実に数多く起きている。

また性別を問わず、ごく狭い身内の中だけで盛り上がるあまり暴走したり、身内が犯した罪を擁護して炎上したりということもよくある。

そういった人々には「所詮他人」という意識が欠けており「身内と身内以外」を線引きすることに常軌を逸した執念を燃やす

「身内」は家族以上に持ち上げるが「身内以外」は身内ではないというだけの理由頭が悪い連中として扱う。

この「身内」に対する病的な執着は新書テーマになってもいいぐらいの論点だと思う。

ともかく、陰キャに限った話ではないがコミュニケーションというものに過大な価値を見出すことは危険である

世の中にはちょっと直接的なコミュニケーションを取ってやれば容易く搾取できる獲物がいることを知っている悪魔大勢いるのだから

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.エンターテイメントの基本が非日常性にあるなら、いわゆる“日常系”はどういう立ち位置にありますか。

いい質問だ。

伝わる人にはこれだけで伝わるが、いわゆる“終わりなき日常”だよ。

日常にある優しさや安定といった停滞感の肯定なのさ。

広義的な意味でのオタクコンテンツは、豊かなライフスタイル日常)を基盤としているし、その点で日常肯定フィクションにも求められたというわけだ。

なぜならそこから離れれば離れるほど憂鬱現実か、未来への根拠なき夢想に近づくからだ。

まり表面的に調和しているだけで、それら側面的に見えてくる構造が露呈していないだけだ。

ど根性ガエルの娘』15話の影響で、色んな人たちの毒親の話が出てきているが、これは当然ながらいきなり出没したわけではなく、元から既存構造にあったものが露呈したのであって、件の作品きっかけに過ぎない。

だが、“終わりなき日常”にある優しさや安定といった停滞感の肯定に慣れ親しんだ一部の層はその側面が見えたときに、元から既存構造にあったにも関わらず大きなショックを受けてしまうのである

おっと、断っておくが別にこれは日常系の是非を問う話ではなくて、なぜそれらが求められているかという話の一環だからな。

当然、現代でも非日常エンターテイメントは基本であり花形だし、日常空気破壊したり、そういったもの皮肉った側面を持つ作品も多く出ているしな。

南京大虐殺存在しなかった と 南京日本軍による虐殺強姦存在した は両立する

現実日中戦争がどういう戦争だったかといえば、蒋介石率いる中国軍は装備、練度ともに日本軍に勝っており、しか蒋介石戦略的後退を続けることで日本軍補給線切れを狙ったというものだった。そして蒋介石重慶にまで逃げたとき日本軍はついに地上戦力による攻撃を断念し、貧相極まる爆撃機での戦略爆撃に切り替えた。この攻撃蒋介石心理的には追い詰めたものの、中国軍の装備する高角砲は性能抜群であり、また中国歩兵の練度は高かったのでここで日本軍爆撃機とその搭乗員に大損害を出し、この爆撃は 5 年間続いたものの得るところはほとんどなく最終的に日本軍撃退された。

そのような情勢下で中国各所で歩兵戦が続いたが、ここでも装備、練度ともに優れる中国軍に対して日本軍勝利を得ることはほとんどなかった。領土的な意味勝利を得た局面でも逃走する中国軍を捕捉できたことはほとんどなかった。

ようするに日本軍は当初から優勢な中国軍に鼻面を捕まれて広大な中国をいいように引き回された末に徹底的に敗北に追い込まれたという話であったから、整然と指揮された日本兵による大虐殺などというもの重慶爆撃を除いて存在しなかった。むしろ中国軍こそが黄河人口洪水を起すなど組織だった民間人虐殺を含め焦土作戦を行なったといえる。

では南京戦をはじめとした各種戦闘において日本人による民間人に対する虐殺強姦などが存在しなかったかといえばそうではない。それはソ連軍がそういうことをやっていたぐらいにはやっていた。古来軍隊とはそういうものだし、同性愛に対する規制が厳しかった日本軍では残虐行為は水準よりも多かったと評されている。

そうした、兵士個々人の残虐行為がなぜ南京大虐殺のような「デマ」にふくれあがったかといえば、軍部におもねるメディアがそういう嘘を垂れ流したからだったし、戦後中国がそうしたデマ報道日本兵処断の証拠としたり、対日宣伝の道具としたからであった。

南京大虐殺など存在しなかった、それはそうだ。だからといってそれを日本人中国人に対してマウンティングの道具にしてもどうにもならない。実際に日本軍中国侵略したのは事実だし、また南京大虐殺というデマを産んだのは日本の未熟な社会体制報道体制メディアリテラシーが原因だからだ。身から出た錆としか言いようがない。

というような話は 40 年ぐらい前に延々議論していたはずだが当時の議論現代参照されてるようにはみえないし大丈夫ですかね。

http://anond.hatelabo.jp/20170123134726

やっぱり話が噛み合わんなあ。

現在男性が圧倒的に幅を利かせている職場を真に志向する女性が現状ではマイノリティであることとまったく同様に、マイノリティだとしても現に保育士女性職業と言われている仕事志向する男性はいるわけで、男性はあえて地位待遇の低い職業を選ばないという保守的価値観はなんらその現実否定するものにはなってないのだよ。

男女間の雇用格差バリアを解消して雇用の流動化を進めるのが男女共同参画であって、男女平等賛同しつつ同時に既存価値観でそれを否定するならダブルスタンダードだと言ってるわけ。

http://anond.hatelabo.jp/20170123115921

医師場合だと、小児科産婦人科医局に入る若いのは女医ばかりで

男医が入るなら親がその科の開業医で継ぐからという理由がないと変な目で見られるそうで

これらは女医の方が患者のウケもいいし、開業するにも有利なのに

何でわざわざ男が(女より不利なのを分かってて)来るんだ?邪な目的があるのでは?と思われるんだろう



看護師場合男性は大抵精神科か手術室配置、

暴れる患者を取り押さえたり、重い患者身体を持ち上げたりするのは男性の方が良いため

男性看護師小児科に配置しろ!とごり押ししても、いや精神科とかも足りてないし男は患者(の親)のウケも悪いし

小児科別に男の力も要らないし…そもそも何で小児科ロリコン?ってなるわな

男性保育士就職先として障害施設が多いそうだけど、これも似たような理由だろう

そうやって住み分けてるのが現実なんだよなあ



つか男性保育士云々より、男性助産師存在意義こそ分からんのにごり押ししようとしている勢力がある方が謎

誰が得するんだそれで

実際は学校卒業しようとするだけで大変なのではとか言われてるが

助産学生長期間ある程度の人数の妊婦について実習しなければならないけど、協力してくれる妊婦がそんなに見つかるだろうか?って意味

看護師産科実習があるが、助産師より遥かに小規模の実習でも男子看護学生に協力してくれる妊婦を確保するのは大変だそう)

キンコン西野がどれだけ狡猾か、とかなんとかって記事が上がってたのでなんとなく見てて、

途中までネタ記事なんかなと思いつつ読んでて、

後半、ひょっとしてこれマジで言ってるんかなと怖くなってきたんたけど、

炎上商法とか手段手法普通に広告を考えてる大人たちが日常的にやってることで、なんというかネットの人たちって想像するよりずっと純粋なお子様が増えてるんかなって感じた。

原価厨なんかも案外マジで考えてるのかもしれない、そんな感じの怖さ。

会社現実理想ギャップに潰されちゃうんじゃないかなっていう怖さ。

広告って消費者に届くところでは「素直で正直、時々おバカ」って印象に持っていくんだけど、それが本物だとマジで思う人が多いんかなって感じがした。

大人のみんながやってる)手の内をちょっと見せますよって話してるだけって感じだったのに。

絵本えんとつ町のプペル』のどこが駄目なのか

にしのあきひろ著、『えんとつ町のプペル』を読んだ感想を書く。


先に書いておくが、私は紙の本を購入していない。

Spotlightサイトにて無料で読んだ。


作品批評特に批判的な批評する際、本来であればお金を払うべきだと思う。

でも、本人の意向無料公開したのだから、私も好きなように書きたいことを書く。

作品批評自由であるべきだからだ。


この絵本は"絵"が駄目である ー その1


最初にただしておきたいが、六七質さんの背景画が駄目だと言いたいのではない。

しろものすごい技量をお持ちのイラストレーターさんだと思う。


ピクシブや他のサイトでも、六七質さんの作品を拝見した。

緻密な建物の描き込みはもちろんのこと、空間の奥行き感じさせるぼやかした遠くの景色

夢の世界へいざなってくれるようなファンタジックさがありながらも、懐かしい記憶を刺激するようなノスタルジックさを併せ持つ独自世界観、等々。

私が言うまでもなく、素晴らしい作品をたくさん創作されている方だと思う。



では、この絵本の絵の何が駄目なのか。


それは「構図」である

一言で言えば、キャラクターが小さすぎ、背景が主張しすぎである


文字だけ抽出して読むと分かりやすいが、この物語はプペルとルビッチの2人のやりとりをメインに話が進んでいく。

2人の間で育まれ友情や、ルビッチ父親形見を2人で探しに行く冒険描写ほとんどで、町の風景の美しさを語る叙景詩ではけっしてない。


もちろん、後述するようにこのえんとつ町自体が、物語全体のテーマに通ずる要素にはなっている。

しかし、町の風景描写あくまでもサブ的な要素として、もう少し控えめに描くべきであった。

具体的には、キャラクターを大きく、背景のコントラストを落として、キャラクターを浮き立たせるように全体の色彩設計すべきであった。


では、なぜこのようになったのか。

それは推測でしかないが、要するに作者はこの町の風景世界観表現たかったのだろう。

最初から中盤まで、とにかく町の風景風景風景風景・・・と同じようなページがずっと続く。

描かれている看板などはそれぞれ違うようにしてあるが、ひたすら同じようなトーンの町の風景ばかりだ。

これは絵本としては致命的であるし、読むほうも飽きてくる。


それならば、風景イラスト集だったらよかったのか。

この町の風景単体で作品としての価値があるかというと、私はそうは思わない。

ブレードランナー」みたいな町を、「千と千尋の神隠し」みたいな色彩で味付けしただけと私は思った。

ブレラン自体が真似されまくっているので、これも世界中に数多あるブレランの50番煎じ、60番煎じの一つだと思う。


この絵本は"絵"が駄目である ー その2


絵については、他にもある。


この絵本は次の一文から始まる。

「4000メートルの崖にかこまれ、そとの世界を知らない町がありました。」

でも途中で、町は海に面していることが分かる。

ここで驚いたというか、ずっこけた読者も多いのではないだろうか。


「えんとつの町に住むひとは、くろい煙にとじこめられて、あおい空を知りません。かがやく星を知りません。」

とあるが、別にえんとつ町は外界から隔絶された町なのではないのだ。


それと、えんとつ町だけが高いところにあって、断崖絶壁の低地に囲まれているのか、

それとも、えんとつ町だけが低いところにあって、高い崖に囲まれているのか、海が出てくる場面まではっきりしない。


これだけ多くのページで町の風景を描いているのだから町の置かれた地形が分かるように、町の風景を描くべきだった。



絵について、最後にもう一つ。


プペルは、醜い姿をしながらも、清くて純真な心を持った、他のさまざまな物語にも登場する典型的怪物キャラクターである

しかし、絵本の序盤ではプペルの姿ははっきり見えず、終盤に近づくにつれてプペルの姿が明るく映し出されて全容が分かるようになる。


あとがきで作者が 懇 切 丁 寧 に 説明してくれていたように、プペルが「ゴミから構成されているのは物語重要な部分である

それであるなら、プペルの姿の醜さは、序盤からはっきり分かるように描くべきであった。


この絵本は"物語"が駄目である


この記事の本番はここから


あとがきには、この物語について次のように説明している。(※太字は筆者)

えんとつ町は煙突だらけで、そこかしこから煙が上がり、頭の上はモックモク。朝から晩までモックモク。えんとつ町に住む人は、青い空を知りやしない。輝く空を知りやしない。『空』という概念がないものですから、見上げることもしません。


そんな町に突如現れたゴミ人間と、その友達煙突掃除屋が、それでも空を見上げるもんだから、町から袋叩きに遭ってしまますえんとつ町は、夢を語れば笑われて、行動すれば叩かれる、現代社会風刺そして、「夢を見る」「夢を語る」「行動する」といった、大人になる過程で皆が折り合いをつけて捨てたモノをまだ持ち続けているという意味で、主人公を《ゴミ人間》にしてみました。


えんとつ町のプペル』は、そんな物語です。

あとがき現代社会風刺」と説明する野暮さには目も当てられないが、ここではひとまず流しておく。


プペルは「『夢を見る』『夢を語る』『行動する』といった、大人になる過程で皆が折り合いをつけて捨てたモノ」、いわば「夢の残骸」である

子供の頃は誰もが持っていた「夢を見る」「夢を語る」「行動する」は、プペルの心のように清くて純真もので、

それはえんとつ町(大人社会大人常識)の住民からすればゴミ、汚い、臭いものとして扱われる世界観なのである


では、ルビッチはどのような人物なのか。

それは作者・西野亮廣自身である

西野氏が、ルビッチのようなサスペンダーとハットを好むのを見れば、一目瞭然である

http://news.mynavi.jp/news/2015/01/04/138/images/001.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/dandy611/imgs/9/4/94de9096.png


駄目押しで書くと、煙突掃除夫にはこのような制服があるので、作者がルビッチ自分投影していなかったのならば、ルビッチはこのような容姿になったはずである

google:image:Chimney sweep uniform


まり、この物語は、現実世界で「夢を語れば笑われて、行動すれば叩かれる」作者・西野自身が、清くて純真な「夢の残骸(プペル)」の尊さを自分けが理解し、そして夢を叶えるという概念(空にはホシがあるということ)は自分だけしか知らず、自分けが夢を叶えることができたという話なのである


それでは、西野亮廣氏は「夢を語るから、行動するから」笑われたり、叩かれたりするのか。

もちろん、そうではない。

自分の実力以上に、上から目線物言いをするからである

https://www.youtube.com/watch?v=asx0938br3E


現代現実世界では「夢を見る」「夢を語る」「行動する」は、「大人になる過程で皆が折り合いをつけて捨てたモノ」なのだろうか。

ゴミ、汚い、臭いものとして扱われているものなのだろうか。


社会生活している人々は皆「『空』という概念がないものですから、見上げることもしません」、つまり夢を見たり叶えたりする概念すら知らないのだろうか。


一部ではその通りかもしれないが、しかし、すべてがそうではないはずだ。

夢を見て、語って、行動し、実際に夢を叶える大人は、この社会にはたくさんいるかである


しかし、作者・西野氏は「自分けが『夢』という概念を知っている。自分けが大人になっても夢を見て、語って、行動している。だから自分は笑われ、叩かれるのだ」という考えを、この物語のなかで自己正当化しているのだ。


からこの絵本物語は、幼稚なナルシズムに満ちていて、どうしようもなく醜悪でなのである

2017-01-22

アセクシャル腐女子

私はアセクシャル腐女子

性自認はもちろん女。メイクもおしゃれも大好き。

男に生まれたかったとか、逆に男が大嫌い・怖いとか、女の子大好きとかは思ったこともない。


アセクシャルの人って異性にもてません?私はもてる。

この間誘ってきた人にアセクシャルというものであるということを説明してみたけど

「そういうもんなのー?でも俺と付き合ってみようよ」という論調

私はどういう印象かと聞いてみると、外見は女の子だし男っぽいと思ったこともないけど

どこか性別がわからない感じはするということだった。

もちろんいつものように「ないないーあんたも男とは付き合わないでしょ、

同じようなものだよ」と流しておいた。


二十歳くらいのときおかしいな?と気付きその単語出会い

一生懸命ぐぐったりコミュニティ見てみたりしてた「アセクシャル」。

すっかり忘れて(はいないけど、自認してすっきりした)さっきまた検索したら

腐女子のくせにアセクシャル名乗るな!ただのモテないキモ女だろって

荒れていたログがひっかかり、現にここにいるのになあと思った。


よく腐女子って「壁になりたい」とか言うけど

私は壁っていうか枠の外から見ていたい感じで

好き(もちろん恋愛感情ではなく)なキャラがいい感じのことになってるのを見ていたいのだけど

それって1mmも自分の入る隙がないアセクシャル趣味かなと思ってたんだけど違うのかな。

割れ女性なら同じ性別ということで共通点が生まれしまうし

現実アイドルは同じ次元存在してるから萌えられない。

自分と一番かけはなれた存在二次元男性二人なんだよねえ。


アセクシャルだけど恋愛感情自体嫌悪感はないんだよ。理解もできるよ。

自分とは関係ないだけで。

あ、ムラムラすることはあるのでオナニーします。おかずはとくになし。

http://anond.hatelabo.jp/20170122130905

この

ずっと

くまなく

って辺りが頭いいなー憧れちゃうだって一例だけそうでないものを上げれば怒り狂えるわけだもん。何なら自分でこっそりそういうのを作ってほら!やっぱりだめじゃん!とも言えるし。

  

この文無視していいのであれば、はてなではブクマカとか正しい知識を得ている賢人達が多いか

女のほうが辛い→そうだよね辛い 男は反省しろ ジャップランドかい男尊女卑死ね

男のほうが辛い→んなわけがあるか死ねまたミサンドリスト現実見れないネトウヨはこれだからバカジャップランドかい男尊女卑死ね

って正しい流れになること多いからまだマシだとは思う。

やれ女は年収600万円以上の男を求めているとか男は35以上の女は相手にしないとかネットはいわれているけど

実際は、年収250万の男が年収150万の女と結婚したり40代の男が35以上の女と結婚してたりする。

属性が近い方が話が合うし、そりゃあそうだと思う。

ネットはどうもなんでもハードルを上げ過ぎの傾向あるように見える。

30代はパーカーを着るなとかも見たことあるけど、うちの母なんて60代だけどパーカー着てウォーキングしてるぞ。

別に若作りBBAとも思わん。動きやす恰好選んでるだけじゃん。

やたらめったら厳しすぎるネット意見を真に受けて鬱になってるやつも多いんじゃないか

現実は案外ネットより緩いぞ。

http://anond.hatelabo.jp/20170116235911

ラストではなくてペジテのアスベルセリフ「火と水に調和を 敵意はない」に集約されているのではないか

墓所存在は『浄化した世界到来の暁に人類という種を生きながらえさせるための希望』といいながら、

現実には世界憎悪絶望をもたらしている。

墓所カーバ神殿のようにも見えるが、実際のところ、原子力発電所のようにも見えなくもない。

ナウシカの連載が始まったのは1982年2月から幾度かの休載を挟んで1994年3月に完結しているが、

そのあいだ、1986年4月にはチェルノブイリ爆発事故が起きており、

1995年には毒にも薬にもならない『耳をすませば』と同時上映で『On Your Mark』が発表されている。

3.11の後は「原発ぬきの電気映画をつくりたい」の横断幕で物議を醸したが、

攻撃的な意味」はないとのコメントを出している。

原子力発電所は火と水に調和をもたらさない。でも、自身はどうしようもなくミリタリオタク

その電気を使わなければ、社会が成り立たないのも十分に理解している。

自身整合していないのだからスッキリした結論にならないのは自明

http://anond.hatelabo.jp/20170122123630

男の発達障害はある程度淘汰されるけど、女の発達障害は淘汰されないか大丈夫

NHK教育メンヘラ扱ってるドキュメンタリー見ても、

相当コアな発達障害メンヘラ女にも彼氏か夫がいる現実

そういう女性の子どもは、男の子だったら発達障害ゆえにイジメられたり、

モテなかったりして人生難易度高いんだろうけど、奴らは気にせず産むだろうし

http://anond.hatelabo.jp/20170122101332

君の名は、確かに面白かったし、完成度も高かったと思うけど、新しいや表現視点自分は感じられなかった。キネマ旬報で、2位だったシンゴジラは、現実ゴジラが現れたらどういった対処がされるかって視点が斬新だったし、1位だったこの世界の片隅に戦時下日常を描くという点がとても新鮮だった。嫉妬ではなく、何を評価するかって問題でしょ。

毒親家庭に拒否反応起こす人いるよな

http://zuisho.hatenadiary.jp/entry/2017/01/22/002934



知識として毒親という存在を知っていても、別世界家族形態だとしか考えられず、現実問題として抱えている人が身近に生活しているという感覚を持っていない。その世界が目の前に現れても見たくなかったという反応が勝って否定しようとする。

この記事晴天の霹靂として現れた毒親家庭のせいで激しく動揺し混乱している書き手の心情がよみとれる。

健全な家庭で育った証なのかもしれんが、逆に健全な家庭で育つだけだとこのような家庭の存在に対する免疫を獲得しないまま大人になってしまうのかもしれんね。

このような機能不全家庭はいつの時代もそこかしこにあり、かつての友人や職場の同僚やすれ違う街の人たちの家庭もこのようである可能性が常にあるのだが、それでもこのような人たちは全ての人たちは健全な家庭で育った自分と同じ価値観に基づいて社会をつくっているという感覚支配されてしまっている。

あるいはほんとうに、健全な家庭で育ち、同じ価値観を確かめあえるような人間関係しか身近に残してないのかもしれない。それはそれでよろしいことではあるが、一方でだいぶ危うい平和でもあり、そう思わないことはさらに危うい考え方だ。

実のところ、こんな風に常識を揺さぶられることが少なくて、すぐに容量を超えてしまうような人は、そうでない人より毒親になる可能性を秘めていると感じるのは私だけだろうか。

三歳年下を恋愛対象にするぐらいで騒いでたら、社会生活を送る上で仕事上の関係者結婚の知らせにいちいち発狂することになりそうだけど。

そういう人って現実の周りの人間結婚に関しては、たまたま年齢は認識されないとか都合のいい考え方になってるんだろうか。

恋愛って金がかかる

風俗を利用したことがある。

というより、好きだった。

デリヘルというやつ、あれは基本本番がある。

利用したことがない男性や、女性のために説明すると、出張してエッチサービスをしてくれる。

手と口で射精に導いてくれることになってるんだが、密室で2人きりだからなのか、そのほうが楽だからかなのか、10人中6人くらいが、自分からゴム着けて入れてと言い、残る4人のうち2人くらいは、5千円で本番しない?と持ちかけてくる。

本当に手と口だけなのは10人中2人くらいかと思う。

いろんな土地に移り住んだが、だいたいそうだった。

さて、重要なことは2万円も出せばセックスは出来る現実があることだ。

セックスがこんなに安くていいのかって思ったりもするのだが、1度ユニクロに慣れると高い服が買えなくなるのと同じで、やっぱりそのくらいの値段で納めたくなるもので。

最近ひさかたぶりに彼女が出来た。

ぶっちゃけセックスの頻度やコストは、月に1度で2万円、そのラインを守りたい。

考えるに、女の性欲は男より強いのではないだろうか。

男より性欲がなさそうだが、最初にそういう関係になるまでがガードが堅いだけで、一度一線を越えると女のほうから誘ってくることのほうが圧倒的に多いような気がする。

付き合った人数が少ないので、主観だけど。

2017-01-21

西野絵本

読む気しないから読んだことないけど、ほぼ確実に”主人公大衆に石つぶてを投げられる”的なシーンがありそうww

そんでそれを自分へのバッシングと重ねてそうw馬鹿な読者も『現実絵本の通りだよ西野さん!』とか思ってそうwダセえwwww

バンプとかワンピースの何週遅れだよって感じでクソダセええwwww

読む気ないけどほんとにありそうw誰か見てきてww

息子語り

息子は1歳7ヶ月。まだ意味のある言葉は話さない。「ママ」すらしゃべらない。

親としては「まあそのうち話すようになるだろ」と思ってはいるが、何を要求されているのかわからないことも多いので、さっさと話せるようになってほしい。

落ち着きはない。常に動き回り、じっとするのを嫌がる。思えば立って歩くのは早かった。生後10ヶ月には立ち上がり、歩き始めていた。多くの子は1歳頃かららしい。「寝てなんか入られない」というのは、この時から彼の行動原理の一つだったのだろう。

「静かにしているなー」というときは、気がつくとタンスの中身が全て投げ出されていたり、AV機器ケーブルが引っこ抜かれて機器が散在していたりする。チャイルドロックは彼の制止にはならない。

こういうとき、彼は「ここまで出したのすごいでしょ」とでも言いたいのか得意げである。にこにことしたドヤ顔はとてもかわいい

散らかった物々を片づけることは、彼の功績を無とすることであるため、泣きわめいて阻止される。

昼寝をしない。夜もあまり寝ない。20時に寝て、22時と24時と26時頃に一端起きて泣きじゃくるのが日課。朝の4時頃にはもう朝モード覚醒し、おもちゃを引っ張り出したり、何か食べさせろと冷蔵庫にぶら下がって泣きじゃくる。

世界自分の思い通りになると思っている。思い通りにならないならば泣く。ブロックが思い通りにはまらない。おにぎりが食べたいのにパンを出された。お茶じゃなくて牛乳がいい。ボールがどこか行ってしまった。ならばもうこの世界なんて滅びてしまえ、という呪詛を含んでいるかのように激しく泣く。

彼の地べたに寝ころんで手足をバタバタさせて駄々をこねる様子は、まるでマンガのようである。あれってマンガの中だけではなく、現実にあることだったんだなと彼の仕草に学ぶことは多い。

彼はよく泣くが、よく笑いもする。笑顔を見せれば笑顔を返してくるし、ボールミニカーが転がる様子で大笑いする。

最近プラレール人形を置き、電車人形が引かれて脱線する様子をみてケラケラ笑っている。人形界では大惨事だろうが、彼が楽しそうにしている姿は心休まる時である


先日、一歳半検診で発達傷害可能性ありと指摘された。言葉が遅いだけではなく、彼の行動や仕草をみての指摘である

普段、「子育てって大変だけど順調に育ってるよね」と思っていたところに冷や水をかけられた感じである。あれ?多くの子はここまで癇癪ひどくないの?もう1歳半なら夜寝るものなの?お話するものなの?聞き分けできてくるものなの?

まあ、まだこの歳で判断は難しいとのことで、専門家に予約をとり、お話をさせてもらってきた。

子育てについては、多数に適用される一般的なことと、個々の事象から原因を推測していくこととある一般的なことは本や口コミで十分だけど、多数に属さないことに関しては、専門家と話した方が原因にたどり着く可能性が高い。数件の事象が一致しても原因が異なるケースは多いので、体系的な知識がない中での判断は注意が必要だと考えている。

予約を取り、臨床心理士の方と話をしてきた。小一時間くらいだろうか。普段生活仕草や好みのヒアリングと、息子に対しての簡単テストを行った。

ますは花や車や動物の絵を並べ「ワンワンどれ?」と聞くテスト。彼はガン無視であった。

普段でも図鑑の指さしは自分が大好きなアンパンマンしか反応しない。興味のないドキンちゃんおむすびマンがどれかなど、彼にとってはどうでもいいことで答えるまでもない。ましてやワンワンどれ?などという質問にはつきあう義理などないのだ。

次に形合わせ。3種のブロックを同じ形の穴に入れられるかというテスト。彼は渡されたブロックではなく、他のおもちゃブロックを穴に入れるのが楽しいようだった。心理士から渡されたブロックよりも、自分ブロックの方が優先なのだ。手持ちのブロックが無くなり、ようやくテストブロックを入れることができた。このテストの結果がどう判断されたのかはわからない。

ミニカーが机の上に出された。心理士の操る車はトンネルに入り、トンネルを通って入り口とは反対から出てきた。彼はそれを目で追っている。その車はもう一度トンネルに入る。彼はトンネルの出口を注視していた。直前の事例からトンネルから車が出てくるであろうことが、予想できていた。

ミニカータオルで包まれて渡された。彼はタオルを開き、ミニカーを取り出し遊び始めた。「中にミニカーが入っている」ということは認識できていた。

こんな感じで、心理士と息子が遊ぶようなテストが繰り返された。親としては見守るのみだが、終始息子はごきげんモード対応できていたのがありがたかった。もし癇癪をおこして泣きわめくモードになってしまっていたら、診断もなにもなかっただろう。

今回、話したことと伺ったことをメモしておく。

  • よだれが多い
    • まりはよだれが飲み込めていないわけで、口の神経や筋肉がまだ幼いとのこと。言葉を発するのは口を使うわけで、これも話さない要因の一つ。
  • 手先を使う遊び
    • 手先への刺激は口の発達に良いとのこと。砂場粘土を勧められた。砂遊びは大好きなので、もっとさせてあげよう。
  • 他人への興味が薄い
    • 言葉の発し方は、他人の口の動きをみて学ぶ。他人がどうやって喋っているかに興味をもって学んでいく。しっかりと目を見て意識自分に向かせて話しかけるようにすること。語りかける文は短く。ただし文法は正しく。
  • 夜に寝ない
    • 昼間に体力を使ったかは、夜によく寝るかには関係ない。ただ、昼間に出歩かないと、この子場合はそれがストレスとなるのはあるかもしれないとのこと。

発達障害については、まだ何とも判断できないとのこと。単に発育が遅いといってもなんらかの障害が原因なのか、環境性格によるものなのかは今はわからない。たとえ今の時期に脳波を見てもなにもわからないことが多い。また3ヶ月後くらいに面談しましょう、となった。

一歳半検診で指摘されてから何をした方がいいのか不安があったが、随分と楽になった。私としては障害があるなら、その支援必要だろうし、個別に備えることも多くなるので、なるべく早め早めに手を打っていきたい。

現実案件には弁護士が金と名声欲しさに動いているから、素人の出る幕がない

http://anond.hatelabo.jp/20170121110933

観測範囲が狭いだけだと思いますよ。

私の知る限り、殆どフェミニストオタクに限らず現実社会問題にもちゃんと意見してるし活動もしてます

まあ今のネットオタク猥褻な絵が氾濫しすぎていますから

ネット上での活動オタク批判になりやすい(オタク批判ばかりしてるように見える)というのもあると思います

正直、私もあの手の絵には心底うんざりしてます。どうにかならないんですかねえ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん