「現実」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 現実とは

2016-07-01

動画アプリ中高生社会不適合者にする

MixChannelとかVineとかが、中高生にウケてるのを見ると、

純粋文化って変わるもんだなあと実感。

今の時代だと、こういうのに出て、ちょっと再生数稼いでるみたいなやつが、学校内でリア充になってるんだろうなあ。

昔も今も、スポーツができるとモテる!みたいな文化は変わってないと思うけど、

それに加えて、ネット上でもどんどん自己表現ができるようになってきて、それが普通になってきてる。


見てるだけ

動物風景などの動画アップ

友達と一緒に写ったのをアップ

個人だけど、マスクとかして全体見えない感じでアップ

顔出しでアップ(ただし、加工アプリは使う)


昔よりも、地味で目立たないやつがどんどんネット上で自己表現して、別の人格形成していくってのは、悪くことじゃない。

でも、これって日本人特有の奥ゆかしさみたいな部分が段々損なわれていくんじゃないかちょっと危惧する。

表現の自由度が上がると、ちょっとしたきっかけでチヤホヤされることもある。

でもそれに味をしめると、現実世界だと不適合者っぽくなるやついるんだよな。

となると、自分の力を過信してプライドけが高い、

そんな若い子が増えていきそうな気もする。

うーん。

たまに聞く「無課金で楽しむ」これがマジで意味が分からない

いや無課金で楽しみたいなら他にもっと金のかからずに面白いサービス趣味沢山あるでしょ

なんか自分貧困である現実から目をそらして勝手妥協ポイントとして無課金縛りしているのを

さも楽しみ方の1つみたいな紹介すると違和感半端ない

そこは変にカッコつけずに金持ってないから無課金で遊んでる、これでいいじゃないの?

課金要素が遊びの中の1つとして組み込まれているシステムなら自分可能範囲

無理のない課金をすることが最善の楽しみ方だろう

それすらできずに最初から課金するつもりサラサラないなら、

それはもう他の課金要素のないゲームか定額制のもの遊んだほうが有意義時間を過ごせるだろう

というか無課金でできることなんて課金前提のゲームにそんなにないから遊び尽くすと言うほどでもない時間で飽きるだろ

マジで課金全くするつもりもないのに始めるのは時間無駄しか言いようがない

観葉植物育てた方がはるかにマシ

何かを育てる楽しさなら圧倒的に植木鉢の世界の方が楽しい多様性に富んでいる

課金にすることで生じているコスパの悪さを自覚せずに無課金が最強みたいな言い方を

マジョリティ貧乏人同士で認め合ったってつまらないモードで慰め合ってるに過ぎない

新天地に旅立つわけでも金をより多く稼ぐわけでもなく

生産性も発想の転換もない「悟り」を見せつけられるとこっちのココロが痛々しくなる

そのマイナスを返してくれるのだろうか?いや、ない

アニメ終わったので適当感想を書いてみる

カバネリ

ギルクラじゃん

美馬様出てからの失速を止められなかった

無名ちゃんマジ無能

はいふり

唐突な晴風の沈没に腹抱えて笑った

グラフィニカはがんばった(戦闘微妙だったけど)

後悔ラップはエンカイウォーのノリがきつかった人間としては耐えられない

ふらいんぐうぃっち

フェチズムが満載だった

くじら回みたいなのがいっぱいだった円盤買ってた

二期欲しいが無理だろうな

くまみこ

可愛かった子が実は軽い池沼だった感は恐怖を覚える

現実に立ち向かわず引きこもるのは現代象徴

キズナイーバー

10話は盛り上がったけどその勢いのまま着陸できず

無難な終わり方だなあという印象

ばくおん

バイク好きが叩いていた(知り合いもわかってないと叩いていた)

ノリは好き嫌い分かれるだろうが嫌いではなかった

毎週見られる貴重なアニメ枠だった

とんかつDJ

わりと安定して面白かった

でもオタまわりじゃクラブ関係わかってくれる人いなかった悲しい

ルル子

古き良きガイナ魂を持った作品

最終回の勢いだけで全部持って行った

こういうのは他のアニメも見習うべき



ゼロマクロスクロムクロ継続

最近の大きな声は日本未来希望があるような前向きなものが多いけど、現実はまるで違う。日本はもう死にかけだと思う。死ぬ間際に一番輝く、その現象

からお前は現実を見ていないって言われるんだよ。

現実を見るっていうのは、それこそ、期待とか希望的観測とか、先入観を除外して、ありのまま現実を見るっていうことで、

これほどむずかしいことはないんだけど、そんなことに誰も気づいてないんだ。

お前は誰からも期待されていないっていう事実をまず直視すべきだろう。違うか。

http://anond.hatelabo.jp/20160701045546

俺(二十代後半)は空想平和主義が好ましいと思ってるので自衛隊放棄すればいいし、それで日本が攻め込まれたなら誇り高く死んでいけばいいと思ってるけど、まあたぶんこれに同意する人は少ないだろうから

今こそリベラル左派は、現在憲法のうち9条のみを改正し、「戦争放棄」を「侵略放棄」に変えた上で、明確に国防軍の保持を認め、その上で9条以外の現憲法人権尊重する良い所は断固守る、という態度を示すべきだ。

というのは確かにいいことだと思う。

でも、多分分かって書いてるだろうけど、実質、入れるかどうか迷うタイプの人が考えるのは実質自民党に入れるかどうかだ。おおさか維新日本こころは泡沫政党とほぼ同じで、公明党宗教票が入るだけ。

で、自民党に入れるのは改憲に賛成なわけではなく、他の部分に賛成だからだろう。

いや、もっと正確に言えば、リベラル政党に入れられないか自民党に入れるしかない。

いやいや、というか、リベラル政党リベラルから駄目なのではない。保守リベラルお題目としてはまあそれなりに魅力あるけど、現実運営手腕などがちゃんとしてそうなリベラル政党がないから仕方なく自民に入れてるだけだ。

是非改憲したい層が自民に入れてると言うより、改憲はまあやってもいいかなだとか、改憲はできればしてほしくないけど自民以外はクソオブクソだし、ほどほどのクソである自民を選ぶのとバーターでついてくるならまあ許容せざるを得ない、くらいの感覚ではないか

アニメキャラと違って現実人間は覚えてもらう努力をしなすぎ

例えば今期のアニメだとハイスクールフリートは40人近いキャラがいるけどそれぞれに髪型リボン等の特徴があるからやる気さえあればすぐに覚えられる。

だけど現実人間ときたら何だありゃ。

髪の毛の色はほとんど一緒で黒か茶色か時々白。

髪型も七三orボサボサorふんわりorとかげハゲor完全ハゲの5択。

そんで服装ときたら皆一緒だし目印になるものはほぼなし。

どうやって覚えろっちゅうんじゃ。

あのなあ社会人として相応しい格好だかなんだか知らんが皆一緒で誰が得してんだ。

アフロやロン毛にでもしてこい。

そんでグラサンかけるとかスカーフ巻くとか工夫しろ

覚えにくいんじゃ。

2016-06-30

煽れども煽れども我が増田伸び悩み

じっと現実を見る

メンヘラは、病気じゃないから薬じゃ治らない

xevra先生が、高齢メンヘラカップルブログに、薬が合ってないのか、とブコメされておられるが、

ブログを読む限り、主治医への相談必要で薬を変えなければいけないほどのうつ症状がある感じはしない(あのブログ精神リスカは通常営業だ)し、

そもそもパーソナリティ障害自体は、神経や脳器質などの生化学的なものというより、他人迷惑になるレベルで著しく性格が悪い人、というだけのことなので、

薬じゃあ治らないし、根気よくカウンセリングなどを続けたところで、あまり効果がない(何しろ著しく性格が悪い人を相手カウンセリングしなきゃいけないから)ことが多い。

パーソナリティ障害には多くの種類があるが、これは、様々なベクトル性格の悪さを、大まかにカテゴリー分けしているだけ、という側面もある。



実体験数が少なく、それに反して情報量が多い今時の若者には、多かれ少なかれパーソナリティ障害的な心の動きが見られる人もいて、それほど珍しいことでもない。

まだ若い人であれば、良い友達や良いパートナーときちんと付き合っていくことで、カウンセリング的な効果を得て、成長と共に

他人迷惑になるレベルで著しく性格が悪い人」から、「ちょっと個性的だけど面白い子だよ」ぐらいまで改善することも少なくない。



まぁ、当該の高齢メンヘラカップルは、もう既にどっちも高齢者で、今までの道のりで見つけられたであろう性格改善ヒントをすべてスルーしてきたという実績に加えて、

道端に落ちてたメンヘラを拾って隙間を埋めてみたけど合わなかったから捨てました、みたいな、

いい年した人間ならとっくに卒業したような(おまけにそれをSNS告白したり、サブイボ級のポエムタッチブログ公表したりの)破壊的な行動を繰り返している輩どもなので、

パーソナリティ障害に係る各種の「生きづらさ」の改善は、期待できないだろう。



「うつ」心の風邪から休養がいちばん、という例えに倣うなら(これは本当によくできている例えだと思う。複合原因または原因不明放置・反復が過ぎると死を招くところまで特徴をよく表してる)、

パーソナリティ障害は「子供の頃から生活習慣ですっかり太った精神デブ」みたいな感じだと思っている。これは自分勝手定義していることではあるが。

彼らのような、パーソナリティ障害に苦しんでいる人たちの持つ共通の原因は「肥大化した自意識」。他者存在を受け入れずに生きてきた結果「自」のフィールドけが肥大化している。心の内臓脂肪理由

これは、遺伝的な体質ももちろんあるけれど、どちらかと言うと、生育環境なども含む生活習慣由来の問題なので、投薬やおざなりカウンセリングなどでは、根本改善するのは難しい。

例えば、長年の運動不足肥満から糖尿を発症した人に対して、糖尿への投薬治療はできるけれど、運動不足由来の肥満を解消させて原因を改善させるのが本当に大変なのと同じような感じ。

そして「適度に食べ、適度に運動し、人生を楽しむ」習慣が身に付けば、収まってしまう(糖尿発症ちゃうと収まっちゃう簡単には言えないけど…)ようなものでもある。

パーソナリティ障害精神科受診すると抗うつ剤を処方されることがあるが、肥満理由の糖尿と、メンヘラ理由うつは、似ていると思う。

そして、肥大した自意識=過剰な内臓脂肪、と例えると、他者筋肉量、という感じである



上の方に記した「良い友達や良いパートナーときちんと付き合っていく」というのが、「適度に食べ、適度に運動し、人生を楽しむ」にあたる部分で、とても大切なことだったりする。

職業カウンセラーでは、そこまで対象者踏み込み、「適切な距離を取った他者」であり続けるのは、時間的にも精神的にも難しいのが現実

一方で、メンヘラではない多くの人は、自分の近くにいる人と適切にコミットしたいと願うのがふつうだ。その方が人生を楽しみやすいし人間関係安全性を確保しやすいから。

ましてや、近づいた意図友情恋愛などの「好意」に基づくものであれば、時間や労力を厭わずに、その相手との適切なコミュニケーションコミットメント方法模索しようと試みる。

メンヘラ傾向があったが色々あって落ち着いた人」というのは、このような友情愛情という機会を、きちんととらえることができた人。

若いうちのメンヘラは恋すれば治る、みたいな側面もあって、良い人と巡り合えば、ケロッと、それこそ憑き物が落ちたかのように普通になっていたりする。

一方で、当該の高齢メンヘラブログを読むと、今まで、改善可能性を感じる「他者」と向き合わうべきタイミングで常に逃避行動を取って生きてきたのだろうということが分かる。

な、著しく性格が悪いだろう。



ちなみに、他者と向き合わなくても、結婚だって離婚だって浮気だってセックスだって、するのは簡単。というか、むしろ他者ときちんと向き合わない方がどれも簡単だったりする。

相手のこと考えずにいる方が、照れや逡巡や羞恥心プライドなんかの、恋愛セックスにまつわる精神的なハードルは超えやすいから。

ただし、他者ときちんと向き合った付き合いの上で行う、結婚生活セックスは、向き合わないまま行う結婚セックスの何千倍も多幸感が強い。まぁ当然の話だが。

「彼ら・彼女ら」が、あれだけ行動的で、発信意欲が強くても、ちーとも幸せそうに見えないのは、これが理由

パズルの合わないパーツを、手前勝手に合わせようとして癇癪起こしてる子供と一緒。

他者と向き合わず精神的な成長を否定して、というのは、大昔は「ピーターパンシンドローム」なんつって流行ったんだ。

まぁあれはあれで、この文章と同様に偏狭な側面が強いものではあったが(なんで男性限定したんだろうなあれ、時代性だろうか)。

まぁ、そんな通俗心理本が出る程度には、一山幾らの、凡庸特に特徴も魅力もないような、特に珍しくもないような、ただの性格の悪さでしかないんだよな。

ネット質問サイト説教してる人は現実世界で何しているんだろう

恥ずかしながら意識高い系の俺は就活が終わった今でも社会人から話を聴くのが大好きだ。

来年からはきつい社会人生活。でも一流企業で働いている人やフリーで第一線で活躍している話を聴くと今すぐにでも飛び込んでいきたくなる。

正直就活アドバイスインターンではかなり耳が痛いことを言われてばかりだった。

でもリアル世界活躍してる人々の言葉ガツンとくるものがある。学生からと言って手加減せずに厳しい意見をくれたのは感謝しかない。

ただ俺は本来プライドだけはものすごい高い人間だ。

嫌な話だが一流と呼ばれるような人たちの話だから素直に聴けたが、なんでもないような大人に言われていたらスルーしていただろう。

からネット質問サイトでは自分がどんな人間であるか明確にしている人の意見しか聴きたくない(もちろん一流に限る)

現実でぜんぜんさえていない方々に増田知恵袋とかで説教されても迷惑なだけなんだ。

http://anond.hatelabo.jp/20160630110701

こういう意見を待っていた!

そんな背景を重要視するファンもいるんだ。多分、これがリアル意見なんだろう。見た目は全く同じでも、現実コスプレイヤー人妻であったり、彼氏がいたりするのは、イヤだという人たちが少なからずいるという事実は大きい。

単純に人妻ではシコれないっていう性嗜好の問題だろ?

いや最高の意見ありがとう。そういう人がいるって、ちょっと解った。

http://anond.hatelabo.jp/20160630105600

ねこむサイドが悪いように言われがちだが、どっちかと言うと波はあるもののわりと堅実な仕事をしてきた漫画家が実は親子ほど年の離れた小娘に手を出すような変態だったという現実の方が痛い。

…そう考えると「逮捕しちゃうぞ」は本当に藤島康介の願望を詰め込んだ漫画だったんだな。よく言われてるが。

男だけど女性専用車両とかマジで害悪から消滅してほしい死ね

まず、女性専用車両とはそもそもどういう目的で作られたのかって言うの話すとさ、

女が痴漢から可能な限り逃れられるためってことだよ。

まぁそれはわかる。

痴漢は俺も嫌いだから

でも女性専用車両はいらないだろ。ほんとにいらない。

朝、どんだけ混むと思ってんだ。

ラッシュでこっちは死にそうなんだけど???



そもそも痴漢する男っているけど。

まず大前提として、通常の、大多数の男はそもそも痴漢をしない。

「うおぉぉムラムラするぅぅうう痴漢したいいい」と思うようなことがたとえあったとしても、実際行動に起こすことはない。

大多数の男というのは、まぁそれぐらいの理性はちゃんとあるものだ。

自分がそういう考え方をしているし、自分の周りの人間もそうだし。

「もし自分が実行してしまったとしたらたぶんケツ触ったり、胸揉んだりするぐらいだろうな」という認識でいる。

から痴漢されたとか言われると「自慢のつもりかよキモッwwそれぐらい我慢しろよお前ブサイクなんだからさ」って思う。



でも痴漢って、そういう理性が外れてしまっている人間から俺とは違うわけね。

痴漢の行動を、一般的な男の思考範疇で考えることは、大事な前提を見落としているってことだからちょっと痴漢について調べたこと書いてく。

痴漢実態

痴漢実態」だの「痴漢 何されるの」でググってもらえば、どういうことが行われているのかわかるはずである

通常の男が想像する痴漢というのは「パンツ触る」「服の上から気付かれないように胸触る」程度のものだ。

しか実態は全く異なる。

  • まんこに指をつっこむ
  • 服の中に手を入れられる
  • 耳に息を吹きかけられる
  • うなじを舐められる
  • ちんこを股にこすりつけられる
  • 挿入してくる(これはさすがにレアらしい)
  • 精液をかけられる

こういうことがある。日常的にだ。



ググっても所詮ネット世界たわごとなので、彼女なりなんなりに聞いてみてほしい。

それが真実であることがわかる。

こういうことは、女の間では「極めて一般的なこと」であるらしい。

さすがにこれには強い憤りとともに、強い衝撃を受けた。



今日痴漢にあったーサイアク」「うわーそれサイアクだわ」という女の会話は一見軽めだが、実はこれほどのことをされて、それでこの程度の反応なのである

そうやって、それを聞いた男は「あーそれぐらい気軽に言える感じの痴漢なのか」というふうに誤認識するというわけだ。




例外として痴漢されない女もいるが、そういう女は、大半は気が強そう、めっちゃ自信もってそうな女らしい。

痴漢されれば即「てめぇ何触ってんだ!コイツ痴漢です!」というような女はどれほど美人でも痴漢されない。

なのでそんなに顔が美人でなくても、おとなしそうな顔をしている女や、ぼーっとしてそうな女は十分痴漢される可能性がある。

美人じゃない場合は「おまえみたいなブサイク痴漢するわけねぇだろ!」という免罪符まで用意することができてしまうから、本当に痴漢したやつを擁護してしまうような味方すら現れるのである

「女は顔」と言わんばかりの卑劣な考え方だが、現実としてそういう問題がある。



自身痴漢によって自分の身に危険が及ぶことはそうそうない。

ないので、痴漢に対してあまり困ることはない。せいぜいが冤罪コワイぐらいだ。

しか自分彼女が、汚いおっさんにめちゃくちゃなことをされているというのは、想像するだけで不愉快だ。



僕が痴漢実態を聞いて、愚かにも彼女要求したことは、簡単に言うと「痴漢されないでほしい」ということである

なぜそんなことをしたかというと、自分がいないとき彼女のことを守ってあげられないから、そうしなければ依然として痴漢されてしまうのだ。

痴漢を捕まえるのは個人だけの力では難しい。

毎回タクシーを使わせてあげられるようなお金持ちではないので、結果電車を使わざるを得ないのだ。



しか彼女は「それは別にいつものことだから自分が我慢すればいい」みたいなことを言って、あまり深く気にしていないようだった。

多少は露出度の低い服を着たりしてくれたみたいだったが、結局痴漢されることには変わらなかった。

女にとっては、対策し尽くした結果、それでも痴漢されるので、もはや諦めの境地らしい。

ぼくは再び衝撃を受けたのだが、女にとって「痴漢されることは普通」だから痴漢するのは特殊中の特殊」と考える男サイドからすれば、なんでそんなこと我慢できるんだと思うわけである

まり認識の違いに「本当に????」と思わざるを得ないが、それがクールジャパンである



ぼくが個人的にしたことは、次のとおりだ。

僕もなるべく一緒に電車に乗るようになった。

僕も男は全員痴漢みたいな視線で見るようになった。

おかげで1人痴漢を捕まえることができた。(されていたのは彼女ではないが)



さて、こう書いても「それって冤罪だったかもしれないんじゃないの?」と思う方もいるかもしれないが、まさにそれが認識のずれによるものである

痴漢を捕まえた」と聞いて男が思うことは「冤罪」、女が思うことは「1人減って良かった」ということである

それはおのおのの立ち位置によるものなので仕方のないことだ。

男が痴漢と聞くと、まず自分被害を考えるので、「痴漢冤罪だったら嫌だな。同じ男として冤罪だったら同情する」と考えがちだ。



しかし、痴漢する男は、自分たち同類ではないということを肝に銘じなければならないと、ぼくは思う。

ぼくが痴漢を捕まえた件は、断じて冤罪ではない。

敵対すべきは痴漢であり、守られるべきは女である

社会的には女の権利は徐々に増してきて、そして権利を主張しまくる女の中にはマジで頭湧いてんなコイツとまで思わせられるような女もいるが、それもまた少数派である

意見を極度に偏らせている女のことは置いておくにしても、少なくとも「性的なことに関しては守る」というのは重要なことだと思う。



そういうわけで、ぼくは女性専用車両は大歓迎だ。

タイトル??

あれは釣りだ。普通タイトルつけてマジメなこと書いてもみんな読まないじゃん。こっちも本当に嘆かわしい。

まぁそれも置いとくして、ここまでぼくに対して悪感情を持って読んでいた人には、不快な思いにさせてしまって申し訳ないです。



で、ぼくは、女性専用車両は、むしろ時間制限などなく、常時設けてほしいものだとすら思っています

結局この意見は、単にぼく個人の

「知らないキモいおっさん自分好きな人をめちゃくちゃに扱われたくない」

というキレ気味のエゴしかないけど、大多数の男にも賛同してもらえるものではないかとすら思っています



また女性専用車両は、冤罪ビジネスと呼ばれる、何もしてないのに痴漢だと疑われて警察に連れて行かれてしまうという事件も防げるので、男女ともにハッピーなんじゃないかとも思います

常設され、どの号車に女性専用車両があるのかが明確になっていけば、おそらく乗車率もそこまでは変わらないと楽観視しているけど、そうでなくても、ぼくは全く賛成です。



おっさん臭い車両や、朝のラッシュは最悪だけれども。

ほんと山手線とか勘弁してほしい。



結局性犯罪者は消えない問題

ただし、たとえ女性専用車両を常設したとしても、性犯罪者というものは消え去りはしません。

しろ女性専用車両に乗らなかった女に対する痴漢がより過激になってしまうかもしれません。



ぼくが求めるのは性犯罪者に対する厳罰化であり、おそらくこれは一定の効果を有すると考えています

現在でも社会的制裁はあるものの、社会的制裁など意にも介さぬ輩の方が多いので。

ニュースで流れるものは「公務員痴漢」「警察痴漢」だのだが、あれは「公務員」「警察」がやったかニュースになるのであって、痴漢自体はいくらでもあります

まぁこれは求め過ぎかなとも思うので、聞き流してもらっていいです。

さいごに

この記事を書いたのは、他の男たちにこういうことがあるんだよということを1人でも多く知ってもらってほしかたからです。

ぼくも、それからぼくの友人たちもこのことに気付けていなかったので、日本中に知らない人が多くいてもおかしくないと思って書きました。

できるだけ真摯に考えれる人が増えてくれればすごく嬉しいです。



「それはおまえの周りの女だけ」というサンプル数不足については否めませんが、少なくとも周辺10人には同意をもらったので、おおよそ信用してもらってかまいません。

もし信用出来ないのであれば自分確認してください。



また、ぼくの意見にはおそらく拙い箇所も何点かあると思うので

「ここは違うんじゃないか」だとか「いやお前の考えはおかしい」だとかあれば教えていただきたいです。

「書いてあることはいいのにタイトルが酷い」という釣り手法云々については申し訳ないけれど、世の中そういう風になっちゃってるのでそういう風に書いたまでです。

http://anond.hatelabo.jp/20160629182223

まぁ、予想通りの展開でワロタww

現実ではありえない妄想キモイー】 ← じゃアリエナイフィクションは皆キモイの?

暴力は別ーー】 ← 性と暴力を並べた時、その妄想に対して性を特別視するとか子供かお前は

モトマスダがすでに特別性を語ってるーーー】 ← じゃアリエナイフィクションは皆キモイの?

暴力が別なのは前提ー---】 ← 性と暴力を並べた時、その妄想に対して性を特別視するとか子供かお前は


で?

大人になった時の空しさと後悔

人間というのはいつの間にか年をとってしまい、それから段々当たり前だった日常が変化していく

「僕は将来おもちゃ屋の店員さんになる!」、「学校に行って友達と話すのが楽しいな!」

そんなことを思っていた自分にとっては今まで普通生活だった



しかし、そんな日はもう来なくなるのだ

中学までは義務教育でその先は受験選択する場所もっと広くなる

そこで様々な人との出会いが待っていると思うが自分にはできなかった

高校私立の方に親の威圧もあり渋々入ることになったが、もう当時の記憶などあまり覚えていない

まるで空白の3年間のような感じであった



その理由としては母方の両親や親戚が東日本大震災で亡くなったことと祖父の死が同時期に起こった事である

考えたくもなかったが、これが現実なのである

家族の悲しい表情を眺めていてもその人達が帰って来ることはない

いずれ自分の両親も亡くなり、葬儀を務めるのは自分

「その時に立派な職に就いていなければならない」、「当たり前のようにただ学校だけ行っていいのだろうか」とそんなことだけが脳裏に浮かんでくるばかりだった

自分能力なさに情けないと感じるが、それ以上に日本はどうして基礎教育だけを重視してその他のことは教えないのか未だに考えている。



最近中学同窓会の誘いがあったので行ってみたところ、やはり皆何かしらの成功者になっていた

ある人は大学サークル活動に熱心になりながら頑張っていたり、プロ野球団体入団テストにいけるまでの力を身につけた人まで様々であった

劣等感に浸りたかった訳ではないが、やはり人間人生というのは出会った数の分だけ成長できるのかもしれない

その時危機感を感じてはいたが、自分他人に自慢するための職を選ぶべきか、それとも本当に夢として追っていた職に就くべきかを迫られたような気持ちであった



こんな所に書き留めても何の解決にはならないと思うが、自分としては年齢は20代でも精神的には16、17歳程度に成長したと思っている

基本的教養を十分に身につかず学校を出てしまった自分責任はあるが、同時につまらないと感じるようになってしまったのは、これまでの日常が消えてしまたからと考えている

からお前は現実を見ていないって言われるんだよ。

現実を見るっていうのは、それこそ、期待とか希望的観測とか、先入観を除外して、ありのまま現実を見るっていうことで、

これほどむずかしいことはないんだけど、そんなことに誰も気づいてないんだ。

お前は誰からも期待されていないっていう事実をまず直視すべきだろう。違うか。

ブスはいい加減現実見ろよ

需要は無いぞww

http://anond.hatelabo.jp/20160630031617

彼女ほしい(でも、付き合っても何したらいいのか分からない)




そうじゃなくて、どうやって付き合うまでの関係を詰めていくか

それがわからない方が問題なんだけど。。。

なんかもう、恋愛脳もってる人たちの中では、そういうのって自明ものなのね。



というか、付き合ったことないのに、付き合ったときのこと想像するとか無理すぎ。

就職する前に就職した後のこと想像したって、全然現実乖離するし。

ブスでも誰でもいいから、とりあえず付き合ってほしいけど、

全然誰にも相手されないのが非モテっていう奴なんだよー

相手選んでるから付き合えないなんて偏見もいいところ

(でも、非モテについてそんな風に考えてる人ばっかだけどね)

アイドル全般きじゃない

アイドル」といわれるものが好きではない。

他称による賞賛としての「アイドル」ではなく、職業としての「アイドル」だ。

はいっても、冷静に曲を聴くと「わりとちゃんといい曲だなあ」と思ったりする。

基本的に派手なショー的なものは好きなので、ライブも行ったら面白いのかもしれないと思う。

でも、好きじゃない。



何がこんなに嫌なんだろうなと思うんだが、

なんというか、思い出すのは、その昔バラエティでやってた「ポケビ」と「ブラビである

バラエティ番組の中で、彼らはときライバルとして競わされ、とき意味の分からない像を手売りさせられ、

「これに負けたら解散」「これができなきゃCD出させない」と散々に追い詰められていた。

当時子どもだった私は追い詰められる千秋ビビアンを心から気の毒に思っていたし、番組のゆくえにハラハラした。

そういう幾重の困難を乗り越えて出された曲も覚えて何度も口ずさんだ。

けど、不意に気がついた。

こんなの全部うそっぱちだな、と。

くだらない試合だの課題だの、それができなければこの世の終わりみたいに演出されてるけど、

そんなの全部番組のさじ加減一つだ。



彼ら彼女らはすごく一生懸命がんばっている(ように描かれている)けど、

そのがんばりは、言ってみれば、誰かがつくった回し車を一生懸命回しているだけだ。

あれだけボロボロになって涙を流してがんばってるのに、その努力の方向は「私たちはこんなにたくさん回し車を回せました!」なのだ

そんなの見ていられない、と思った。

歌いたいなら歌えばいいのに、なんでそれじゃだめなのだ

ASAYANが同じことをしてモー娘を売り出していたが、それは見てなかったのでよく知らない)



今となってはあそこまで露骨リアリティショーめいた見せ方をするアイドルも少ないだろうが、

結局、今もアイドルというものの売り方はそう変わっていないんじゃないか、と思う。

AKBにはAKBの中のルール規範があり、

ジャニーズにはジャニーズルール規範がある。

彼らは、基本的に、その狭い枠のルールの中で競い、勝ち取り、メディア露出する。

そしてファンたちもまた、そのルール規範を共有し、事情通がそれを解説したりする。

彼らがいま売り出されてるのはこうこうこういう理由なんだよ。



なんだか、スポーツを見せられてるような気分になってしまう。

どっかの眼鏡のふとったおっさんや、

90歳の少年趣味のおじいさんとその一族や、

そういう誰かがつくった、狭い世界の中の狭いルールで競うスポーツである

あそこで華やかにライトを浴びているのは、その、せっまい世界スポーツの勝者というだけだ。



彼らは歌唱力ダンスなど、本来の売り物については、非・アイドルに比べ多くを求められない。

というか、グループ内での優劣は苛烈なまでに強調されグロテスクなまでに書きたてられるのに、

グループの外の人間とは、比較されることもないし同じだけの技量を求められることもない。

あたりまえだ。彼らのスポーツグループ内でしかルールを共有されていない。

仮におなじ「アイドル」と呼ばれていたって、他のグループならば違うスポーツをしているのだ。



どこかのドラマに出たって、舞台に出たって、彼らは過剰な期待はされない。

外の人間も、「アイドル」という枠組み以上の技能がないことはある程度当然として受け止めるからだ。

けれどもなんだか釈然としない。

彼らが「アイドル」というマイナースポーツに興じているのは勝手だし、その勝者としてたたえられるのも勝手だが、

マイナースポーツの一流選手からといって、他のジャンルでまで彼らを尊重する理由があるだろうか。



ポケビブラビの対決に一喜一憂していたころ、私は「ウリナリ」というマイナースポーツルールを把握して、その枠組みの中にいた。

けれど、今のアイドルたちのルールにははまれない。なんだかばかばかしいからだ。

音楽ダンスバラエティドラマも好きだけど、そのどの分野もきちんと優劣を競い優れた結果を残してる人たちがいる。

内輪のマイナースポーツいちばんになることに全力を注いできた人たちに、特別用はないのである



かんけいないけど「タイミング」は未だにいい曲だな…と思うし

奥田民生カバーとか聞くと涙出てくる。



----------------------

トラバブコメに回答。



スポーツも嫌いなのか

正直あまり興味がないので詳しく知らない。

が、別に嫌いでもない。

スポーツは各種競技ルール制定に関して公正であろうとしてる(と、信じてる)し、

スポーツルール別に選手たちを遮二無二「努力」させて、その過程見世物にしようと言う意図で作られてないからだ。

サッカールールに準じて得点を得ようとする行為はべつに嫌いじゃないけど、

どこかの草サッカーが、試合の感動を高める目的

「これから試合まで、いちばん練習時間が長かったチームに、3点を追加する」みたいなハウスルールを作ったりしたら嫌いだと思う。



アニメアイドルは?

現実アイドルの有様を踏まえたうえで成り立ってるエンタメだと理解してる。

なので好きではない。

てか、このエントリを書こうと思った動機は、知人に某アイドルソシャゲを猛プッシュされ

「嫌だ、どうしても嫌だ、アイドルってだけで正直やる気なくす。でもなんでこんなに嫌なんだ」

と自問自答した結果を文章にしとこうと思ったからだ。



舞台ミュージカルで評判いい人だっている

知っている。それにもいくつか段階があって、

アイドル枠で客寄せに出てるだけかと思ったら意外と善戦してた」

アイドルファン向けの舞台だけど、作品として作り込まれてた」

アイドルかどうかにかかわらず役者として素晴らしかった」

などあって、一、二段階目はやはり「過剰な期待はされていない」し「アイドルという枠を出た実力は求められていなかった」結果だと思ってる。

三段階目にあたる人が全くいないとは言わないけど、全体としては少数、例外だと思う。

あとベテランレベルアイドルだったこと自体忘れ去られてる人か。

ただ、そもそも私は、活躍するアイドル出身の個人を否定する気はない。

だれか個人が嫌いなわけじゃなく、現代アイドルというシステムが好きになれないのだ。

(余談だが、蜷川氏なんてのはまさに商業理由からアイドル起用してた人なので、反論として出されるのに疑問がある。

 起用理由に関してであって、舞台上での個人の努力を疑うものではないけれど)



>曲は残る

そう思う。あと10年して、アイドルのありようとかがどうでもよくなったら、

その時はじめて、曲としてフラットに聞けるんじゃないかと思う。

アイドル以外にも聞く曲はたくさんあるので、

今あえて、製造過程に疑問の残るものを聞こうと思わないだけで。

2016-06-29

いとう杏六『ショウup』

元々凄まじく印象に残ってた漫画だが、雑誌で読んでいたために単行本買うほどではなかった。

しか最近になって急に読みたくなって、断片的な記憶からタイトル特定してネットで購入。

読んで見たらやっぱり面白かった。面白いのに打ち切り

男性アイドル主人公女性向けというわけでもない芸能界物という時点であまり人気出そうにない題材だが、当時も面白いと思っていた。

なんといっても終わり方が衝撃的だった。

実際の設定が元ネタに沿っているかっていうとそうでもないが、基本的道化のように扱われる役目を与えられる登場人物芸能人名前元ネタ実在する芸能人名前が近すぎるのが問題だったかもしれない。

特に作品の核心に関わる、明らかに元ネタがジャ○ーズなゼニーズ事務所とその社長である銭屋というババア権力の凄まじさは今読むと最近現実の例の事務所のことを想起させる。実際その件でこの漫画を思い出した人が結構いたらしい。

http://anond.hatelabo.jp/20160629223110

あ、そうそ

なんか共産党って一瞬マイルドになったって言うか地に足ついたみたいな雰囲気出したときあったよね

あのときかなり期待感や人気が出てたんだけど

なんかその数年?のあと気付いたらまたキッツい感じのアナクロ左翼に戻ってさ

最近はなんか野党が団結すれば政権奪取できるぐらいに思ってて情期みたいでびびる

明らかに浮き足立って現実が見えなくなってる

内部でどんなことがあったんだろ

共産党藤野氏と、もっと話を続けて欲しかったぞ

誰か「では、外国軍事予算、たとえばおとなり中国軍隊人殺し集団なのでしょうか?」

藤「他国他国でやっていること。他国のことに干渉するのは失礼なことだ。何も言えません」

誰か「では、日本の人が他国軍隊攻撃されても何も言わないんですね、あなたは。」

誰か2「共産党さんは、そのわりにアメリカに対しては結構いろいろ言ってらしていませんか?」

誰か3「藤野さん独自のご見解だと思えばよいのですか?党としてのご見解でしょうか?」

藤「あ、まあ私の見解ということです」

誰か3「そうですか、中央にいる藤野さんが党の方針と違う見解を述べられるのですか。共産党さんは足並みが揃っていないのですかね。建前と本音といいますか、やはり藤野さんに近いお考えの方も共産党さんの中にいらっしゃるとみて、私には不思議ではなく思えます

藤「。。。」

政治言葉で作られていく以上、政治家ってのは本当に口が災いするよ。ちょっとがっかりだね。

仮免総理だの、尖閣きっかけをつくった総理だのがいる、もと自民出身も多い民進党とちがって、純粋な対抗勢力として貴重だと思っていたんだがね。「今上天皇平和に貢献している」として、せっかく参議院開会式に出席するようになって、現実を見ている感があるというか、マイルドになった感があったのに。政党助成金今日まで拒み続けてきたのに。志位さんも「たしなめて解決した」ですって?

合コンに初めて行った話

社会人になって数年が経った。

合コンに行った。

合コンの中で、「テンションが上がってわーーっ!と感情高まるものってなに?」という話になった。正直に言ってそんなものは私にはない。日常ってそんなに刺激に満ちあふれたものか?刺激に満ち溢れている必要があるものか?

いや、正確に言うと確かに仕事の中でスリルやドキドキを持つ場面はあるだろう。だけど、単発で瞬間的に感情が高ぶって、我を忘れて感情を露わにするようなものがあるか?マジックを見て、それが現実だと思ってしまって騒ぎ出す幼児じゃあるまいし、社会人にもなっていまだに何かに感情を爆発させていたら普通に生活を送ることなんてできるんだろうか?

まぁ、そんなことを言って場がしらけるのも何なので、黙ってその質問には答えないでおいた。すると二つ下の後輩が「え~私は家を出て、雨が降っていた時ですかね~~。濡れちゃうじゃないですか~~~」と宣った。


いや、そうじゃないだろ。

明らかにそうじゃないだろ。

家を出て雨だったら嫌だけどさ、そこで感情を爆発させるか?近所にそんな奴いたら絶対やばい奴だよ。

おかしおかしい。なんなの?紙なの?雨が生殺与奪権を握ってる訳?いや、仮にあんたが紙だったとしても、その時わたしなら有給とるよ、叫びはしないよ。。。。。。。。。

そもそもこういう話ってキャリア論とか人生論になるはずのものだったんじゃないの?いや、合コンからそれはないか。結局かわいいこをGETできればそれでいいんだよな。

けど質問にはちゃんと答えるのが、かしこ女の子アピールには必要でしょ。。。ってことは、やっぱりだめだよそんなの。

と、ひとり思いながらカシオレを流し込んでたけど、男どもは「わかる~~~!!」って大合唱

お前らも紙だったのかよ。。。。。。。。。。


追記

後でわかったんだけど、実はその男どもは大手製紙メーカー勤務で、そこから後輩は仕事自慢の話につなげていた。後輩のこと、今度から敬称つけよう。

ネコは、御存知のとおり、着地がうまい

しかし、半端でなく高いところから落ちたネコはどうなるだろう? 




1984年の5ヶ月間に、ニューヨーク市高層マンションからネコが落ちた事故のうち、何階から落ちたかという獣医師の記録があるのは129匹である(2階~32階)。

うち、死亡は8匹だったが、驚くべきことに、階が高いほど生存率も高いという事実が判明した。

7階以上から落ちたネコ22匹のうち死んだのは1匹だけ。9階以上から落ちた13匹はすべて生き延び、しか骨折は1匹だけだった。




なぜ高階層から落ちたネコのほうが生存率が高いのか?

獣医師説明によると、ネコは、落ちると「終端速度」(それ以上速くならない最高落下速度)にすみやかに達する。

それは時速60マイルで、人間大人の終端速度の半分。この終端速度に達するまでは、ネコは脚を突っ張って抵抗するので、着地したとき怪我をしやすい。

しかし終端速度に達した後は、ネコリラックスし、脚をムササビのように広げるので、空気抵抗が高まり、着地時に衝撃が均等に分配されるのである




さて、統計数字のものに間違いはなかったのだが、後に、この統計根本的な誤解にもとづくものであることがわかった。

まり、高階層ネコのほうが下階層ネコより生き延びやすいという事実はなかったのである

統計現実との間にズレが生じたのは一体なぜだろうか?