「現実」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 現実とは

2016-05-26

明け方に思うこと

人生目標とか何もない。

ある程度遊んで、おいしいもの食べて、家族にも友人にも恵まれて、そこそこ楽しかった。

何も考えなさすぎて職にあぶれてるけど。まあこれは仕方ない。自業自得ってやつだ。

面接志望動機で「この会社なら自分のやりたいことを叶えられそうだと思ったからです」とか言われてもざっくりしすぎて向こうだって困るだろうな。実際に言ったことはないけれども、それぐらいぼんやりとした輪郭で縁取られた毎日は味気ない。何となく過ぎていく24時間

エージェントの人に「10年後どうなっていたいか」と聞かれて咄嗟に答えられなかったことを思い出す。

「溶けていたいです」なんて言ったらあの人はどんな顔をしただろう。名前は忘れたけどたまにドラマで見かける俳優にどことなく似た顔をしている人だ。お元気ですか。しばらく連絡しなくてごめんなさい。ちょっと、いえ、だいぶ落ち込んでいるんです。私って本当に何の取り柄もないんだなあと思ったらもうダメでした。自尊心ばっかり高くてバカみたいです。紛れもなくバカです。宛先のないメール画面を開いて、そう打とうとしてやめた。


BSをつけていたらドキュメンタリーが始まった。アラフォー女性人工授精について取り上げていた。

2人の女性が登場した。ひとりは『男なんて』という気持ちだけど子どもは欲しい、と思っている女性だった。

彼女と同じような思いを持っているから痛いほどわかってしまった。男はいらない、子どもは欲しい。

私の場合子どもが欲しいのはただのエゴだ。

毎日何となく過ぎていく私のつまらない人生における暇つぶしのために子どもが欲しい。

夢は広がる。

育ててもらったように手をかけてやりたいし、自分と同じだけの教育を受けさせてやりたい。

私にしてもらったように育てるには、めちゃくちゃ稼ぎのいい旦那を捕まえて専業主婦になるか、一念発起してバリバリ働きまくって旦那専業主夫になってもらうか、どっちかだ。既に後者は望み薄だから選択肢は実質前者のみ。

はいらないと思ってるからそもそも結婚にはたどり着かないだろうし、シングルで私と同様の育て方・同等の教育を受けさせるなんて到底無理だし、何より暇つぶしのために子どもを持つとか動機が不純すぎて子どもが不憫だ。

暇つぶしのために生んだのよ、だなんていつかうっかり口を滑らせてしまいそうで怖い。

文学にありそうな言い回しだと我ながら思う。ちょっと気が触れてる感じの女の人のセリフ。でも私は文学登場人物になる気はさらさら無く、現実のひとりの人間の心を枯らしてしまうなんてそんな畏れ多いことはできない。


人はひとりでは生きていけないという。

実際そうだろうと思う。誰かに頼らなくても生きていけると信じてた無知な私、カワイソウ。保証人ひとつ取っても結局誰かに頼らないと生きていけない。

先日、生まれたばかりの甥のまんまるい頬を見つめながら、せめてこの子が自立するまではしっかりしていたいと気持ちを新たにした。そのためにはどうにかして職を見つけなければいけない。

けれども、自分人生シャットダウンボタンが押せたらいいのにな、と思うのもまた事実なのだ

誰かに迷惑をかけるようなことがしたいんじゃない。ただ、ある日突然、ふっと跡形もなく無くなりたいだけ。

贅沢病なのかもしれない。


まだ若い、まだ若いと思ってきた。しかし、25歳という年齢はもう若くないのだとどこかで感じている。体力が急激に衰えたというか、生に対する気力が少しずつ減っている気がする。

これが老いだろうか。認めたくないけどきっとそうだ。認めたくないけど。

もしトントントンとうまくいってしまったら恐らくあと45年ぐらいは呼吸を繰り返すのだろう。それも老いを受け入れきれないまま。

何だかゾッとする話だ。

毎晩、目を瞑る前に『明日の朝、目が開かなければ…』と淡く期待している自分がいる。

まぶたを閉じて襲ってくるのは黒い思考の波だ。それに身を委ねて私は考えることを放棄する。

やがて体全体がぐにゃりと柔らかくなり、布団を通じて床に染み込んでいく感覚にとらわれる。もちろんそれは錯覚だ。だから目覚めた瞬間にものすごくがっかりする。今日も叶わなかった、と。

空が白んできた。

アイマスクを着けてしまえば空の色なんか関係ない。夜になる。

特別予定のない、いつものまらない1日が始まろうとしている。

本格的に街が起きた時には私という人間を構築するすべてが終わっているといい。

でもすべてが終わってなかったらエージェントの人に送るメールを考えよう。もしかしたらほんの少しだけでも心配してくれているかもしれない。

お久しぶりです。”の後に続ける文章を書きながら溶けなくてよかったと思っておこう。

おやすみなさい。

2016-05-25

明治女性が羨ましい

という話に友人と話していた時になった。話の流れとしてはその直前に樋口一葉の「うつせみ」について話していたからだ。

うつせみ」には恋する人、植村が自殺してしまい、そのことがきっかけで発狂してしまった女、雪子を、結婚する予定で養子に入った男、正雄や雪子の両親が困惑しながらなんとか雪子を正気に戻そうとする様子が淡々と描かれている。雪子は狂気により現実認識することなく、死んだ男に会わせて欲しいと言ったり、死んだ男に対しひたすら謝り続ける、意味のないことを話し続ける。小説内ではどのような経緯で雪子が狂ったか、恋する人が自殺たかなどは明言されず只雪子の狂気とその周りの困惑する人々の様子が描かれている…大体そのような話だ。

雪子が発狂してしまった原因は、恐らく家を存続させるための意に沿わない結婚、そして植村の自殺によるものと考えられる(文中で明言はされてないのであくまで推測である、人によって解釈が分かれる)あまり当時の価値観には詳しくないが、それでも女性不自由さはなんとなくわかる。

でも今日友人と「雪子の立場は今からしたら羨ましいよね!」という話になった。雪子の両親、そして婿になる予定の正雄もお金持ちである。雪子は結婚し世継ぎを産めば安定した生活が手に入れられるのである結婚仕事自由はないし、雪子程お金に恵まれた家庭は明治に一握りだっただろうとは言え…。

現代では仕事はしなければならないし、それでも安定した生活が手に入るとは限らないし、子供は最低限大学、専門まで行かせないと働き口がないか子育てお金もかかるし…そもそも内定が出ないし…

家の圧力をほのめかしている(とも読める)作品を読んでこんなことを思うのは皮肉だと思った次第である

因みに樋口一葉の一生自体は、父親に先立たれ女所帯で厳しい生活をすることになる、24歳で亡くなるなどなかなか波乱万丈で驚く。そして作家活動が累計5年くらいで、しかも「たけくらべ」など有名な作品ほとんど全てが亡くなる直前の1年間で描かれているというのも更に驚く話だ。

http://anond.hatelabo.jp/20160525145402

お前からみて出身が卑しいなら家の問題になるから結婚することはまずないだろう

そもそも「家父長制が残ってたら!」ていってるようなのに同階級でも良物件の縁談がくるかよ

現実みろよ、箸にも棒にもかからないような微妙な女とお似合い夫婦子供がいてわいわい暮らすだけやぞ

現実不倫を叩きつつ不倫ドラマを楽しみにするやつ

それって、ロりペドもの同人は喜んで読むけど現実幼児への性犯罪者は叩くやつらと同じだよな

ロりペド愛好家は性犯罪者に対して「しょうがねえな、でもやっちゃダメなの」みたいな生ぬるい容認があるけど

不倫ドラマ愛好家は現実不倫を親の仇みたいに「死ね!」くらいの憎悪を向けるのが違うか

http://anond.hatelabo.jp/20160525102420

現実



男「必要無いよ」

女「婚活反対派?だから結婚出来ないんだよ?現実見たら?(・_・)」

LINEブロック

2chやってたってことは反社会的人間と見なされても仕方がない

犯罪の温床、誹謗中傷の坩堝、そんなところで活動していた奴がまともなわけがない。

犯罪に片足突っ込んでたと言っても過言ではない。

2ch民と同様元2ch民絶対に許してはいけない。

そいつらは直接的、または間接的に加害者だ。

だれかの人権を踏みにじり、面白半分で人の人生破壊している。

2chと関わりを持っていたことがあると言う奴がいたら、縁を切るか二度と信用しないようにしよう。

犯罪者のたまり場となっている繁華街に入り浸っていたと自ら伝えてくる奴がいたらどう思うだろう?

現実では絶対距離を取るべきだし、それは2ch民、元2ch民でも同じだ。

そいつは裏で反社会的活動をしているし、誰かを傷つけて高笑いをするような奴らだ。

もしくは、いじめ傍観者みたいに、他人人権侵害されたり犯罪行為が行われているのを見てみぬふりしたことがある。

いじめ傍観者はいじめっ子理論と同じで、当然そいつらも反社会的に違いない。

さらに現役で2chを見ていると言ってる奴はもっと危険だ。

2chでは、某弁護士に対して暴力的なまでの人権侵害行為が横行しているのは知られていることだろう。

奴らは2chにいてそれを知らないわけがない。

しかし、見て見ぬ振りをしているのだ。

もしくは参加者かもしれない。

いじめ傍観者がどれだけ卑怯卑劣存在か皆さんご存知だと思うが、奴らも今2chで横行している暴力的人権侵害行為を黙認しているのだ。

これを加害者と言わずなんと言えばいいのだろう。

ネットヤクザに近づいてはいけない。

ヤクザ刺青を見せてカタギの人間を脅すのと同じように、奴らは2ch歴というネット刺青を見せて善良なネット民を威嚇している。

はてなでは人権派ぶっているかもしれないが、元2ch民だとなると裏では必ず誰かに加害行為を行っている。

気をつけろ。




http://anond.hatelabo.jp/20160525005632

http://anond.hatelabo.jp/20160525033655

ネトゲってこういう出会いがあるからいいよな。現実ではなかなか味わえない体験が出来る。

俺も昔ネトゲを通じてロシア人中国人アメリカ人と仲良くなったわ。

脆さが隠せていない

元の増田が克服できていないであろう・これから直面するであろう問題を指摘している。

非常に思いやりに溢れていた文章だ。

しかしながら、この増田もまだまだ自分の抱える問題を克服できていない、かつ、

それを自覚していそうなのが少々心にくるものがある。

 

簡単言葉で表すと、「自分人生を歩めなかったこと」が彼女を蝕んでいる。

そんな自分を認めることで、それすらも認められていない人間差別化し、プライドを保っているように思えるのだ。

プライド空虚ものだと自覚しつつも、

彼女は未だにプライドに縛られ、本当にやりたいことを抑えているだろう。

仮に編集者になることが本当にやりたいことであるならば、

形がなんであれ彼女の年齢からでも達成可能なはずである

彼女は、ある程度自分プライドが保たれるレベル組織編集者のみを想像しているのではないだろうか。

それは結局、編集という仕事に対する情熱ではなく、自らのプライドを保つための餌でしかないのではないだろうか。

もしくは、「編集者になりたかったこと」自体防衛機制に過ぎず、自身へ向かうネガティブ感情の原因をそこに向かわせることで、

他のコンプレックスから目を背けようとしているのではないだろうか。

 

内心彼女はどんな行動をすれば清々しい人生になるか気づいているのだろう。

それをしてうまくいかなかった時、プライドが傷つくのが怖いのである

まり親の期待に応えることだったかもしれないが、

このままではいつまでたってもプライドを保つために生きていくことになるだろう。

10年後には自分人生に対し、別の原因を持ち出して正当化している姿を想像してしまう。

それを打破し、本当に自分人生を生きるためには、

やりたいことを考え、一度プライドを砕かない限り難しいのではないだろうか。 

 

ネットには行動力のない人間が多いように思える。

しかし、現実の人々は自らのコンプレックス立ち向かいプライドをズタズタにし、血みどろになる経験をしているものだ。

向こう見ずなり、愚かなどではなく、自分欲望人生に対して真摯なのだ

そこから逃げてきた人たちが、逃げてきた自分正当化するために脆弱理屈をこねくりまわし、

プライドを保とうとしているのをよく目にする。

だが、彼ら彼女らを救う手段は、主体的な行動のみなのだ

 

http://anond.hatelabo.jp/20150309011809

ネットテラスハウス賃貸検索した

23区10万円内で検索してそこそこ出てくる

物件写真を見てると夢がふくらんだ

ところでこの駅どこだろう、と思って検索したら

なんというかやっぱりなんだけどけっこう都心から遠い

素敵なお部屋と引き換えに苦痛な長距離通勤をすることになる思うとちょっと現実に戻った

あーでもいいなテラスハウス

引っ越したい

2016-05-24

http://anond.hatelabo.jp/20160524182529

犯罪者風俗あてがえば性犯罪抑制できるって考えが脳天気現実離れしているのに、安全から適当無責任なこと言ってるほうがよっぽど「きれいごと」だよ

自分は「モアベター」なんて言葉を使いながら、相手には「解決策を示せ」なんて、矛盾していることも自覚できねー頭じゃ理解できないだろうが

現実なんてこんなもの

高学歴ゆとりある素敵なご夫婦かと思ったら、メンヘラちゃんとお助けおじさんだったという

批判があるのがチャンチャラおかしい。

橋下徹氏、米軍風俗活用に再び言及きれいごと解決しない」

http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=169609

殺人レイプがある状況で、

当然のように風俗も利用しているだろうよ。

夜遊びのちょっとぐれた若いナンパしたり弄んだり。騙してトンずらしたり。

まあ様々な被害があるでしょう。

そりゃ、米兵が全員、聖人君主禁欲生活送ってくれたらそれが最高なんでしょうが、そんな非常識なことはファンタジーでも起こらない。

アメリカ軍キレイごとで、風俗まで否定してるから犯罪に走るバカがいるんだ。若い男を数万に単位で集めて来てるんだから、そこまで面倒見ろよ。

現実認めてちゃんと指導しろよって話だろ。

よその国の軍隊がいる時点で、どこからも不満が出ない解決策なんてないんだ。ならモアベターを探すだけだろ。

あと犯罪率を、一般日本人比較するな。本来兵隊民間人を守る存在で、厳格な規律を求められてる公人だろ。

自衛隊と比べてどちらの犯罪率が高いんだ。

http://anond.hatelabo.jp/20160524120445

現実岡部氏を高く評価している特定の人たちも知っていますが、住井某その他の強弁に騙されるような馬鹿プログラマーばかりではないということです。

関数型プログラミングはまず考え方から理解しよう

http://qiita.com/stkdev/items/5c021d4e5d54d56b927c

とか、まさに岡部氏の路線のものじゃないですか。

Qiitaにこのような記事が登場するまで長い時間がかかりました。

なんとかFAQが参考になる、なんてもう誰も思ってないのでは?

http://anond.hatelabo.jp/20160524121722

そこまで出来る人はそういないから、そういう部分を彼女は惹かれてるんじゃない。

そこまでしてるってのを知らないにしても。

全くの他人好意を持たれるということはそう簡単に出来ることじゃないからそこまで卑下しなくていいと思うよ。

現実はそう簡単には変わらないけど、まずは彼女を本気で信用してみたら。

日本企業がこんだけ負けてるのにまだ偉そうな爺たちはコラムでも書いてるのかな

世界的な大企業っつったらもう日本にあるのは名実ともにTOYOTAだけだろ

他全部負け犬

なのになんで現時点で希望があるみたいなこと言ってんのかね

このタイミング絶望できないからいつまでたっても再起できないんじゃないの

というかお前らの世代が積み重ねてきた過程が今という現実になってるのに

何で「日本の将来には期待できる」とかいって総じて締めくくるの?

お前がそんだけ分析できない馬鹿から今こうなってるんだけど

http://anond.hatelabo.jp/20160524012315

理想現実の違いから勝ってないのに勝利宣言(xxを退職しました!やxxにジョイしました!)を出すのはどこの誰でも同じだな。

2016-05-23

[]5月23日

○朝食:なし

○昼食:おにぎりツナ、梅、あおさ)

○夕食:パンベーコンジャガ、カスタードクリームたまねぎベーコン)+何か食べたいお腹空いた



調子

むきゅー!?

お仕事普通に頑張って普通に帰ってきた。

謎のパッケージバグ臭い事象が出て、再現性確認してパッケージ売ってる会社に問い合わせる仕事をしていた。

この再現性確認するために、事象を切り分ける作業が以外と楽しかった。

なんかこうパッケージの向こう側のコード想像して、こうこうこうすると再現するに違いない! とかやるの好きかも。



とまあ、お仕事普通だったんだけど、帰り道に嫌なことがあった。

なんか宗教押し売り? どっちかわかんないけど、女性に道でイキナリ喋りかけられて

お話どうですか?」と言われた。

僕はちょっとこういうのが苦手な上に、電車に乗ると体力を消耗するので、精神的にも余裕がなかったのも相まって、

しかけられた瞬間に思わずうずくまってその場から動けなくなってしまった。



テラバトル

ルチアのレベル上げ。

60まで上げた。

ついでに、

サマサ[JOB1:44 JOB2:65 JOB3:58]

バル[JOB1:41 JOB2:67 JOB3:62]

こんな感じ。

サマサさんとバルさんの2人で敵を横から挟むと、2人がキスしてるみたいで百合ハッピーってなりますね。

散々課金して出したキャラは一切使ってない。

金、無駄だったね。



○お便り返信

テラバトルには結局トータルいくら課金しました?

あとポケモンピクロスもやってるか(やったか)どうか教えてください

http://anond.hatelabo.jp/20160523083319

テラバトルへの課金額なんてもういいじゃないですか。

僕の手元にはサユちゃんはこなかった、それだけで十分じゃないですか。

まあ手取りを稼働日で割ったときの、二日分ぐらいかな。

ポケピクは一時期やってましたね、今年の二月ぐらいに集中的にやってましたね。

全額課金して、全ステージの表面は攻略したような気がします。

ポケモン熱は名探偵ピカチュウのぶつ切りエンドで萎えちゃったんですよね、サンムーンでまた上がると思います



はあ。。。こんなかわいい休日の過ごし方するのがなんでかわいい女の子じゃないんだろ・・・

現実はほんとクソだわ

http://anond.hatelabo.jp/20160523084450

えへへー、ましゅだしゃんだいしゅきー。

http://anond.hatelabo.jp/20160523204808

自分二次元クズ萌えゲス萌えは、あくま現実とは異なる嗜好として認めてほしいなぁと思ってるけど、

二次元の影響力」がどこまであるのかって、自分価値観だけじゃ断言できないので困っている。

「お前は二次元現実区別が本当についているのか?」て人を、ネットではしょっちゅう見るようになってしまたから、自信なくなってきた。

あと、「女の子バカじゃない」と言っても、女の子バカにしたい連中にとっては格好のネタなんだよね、イケメンだったらDVモラハラクソ野郎でもいいんだろうとか。

中学時代勉強できるヲタピザデブ男子の話

中学時代、ある程度仲が良かった男子がいて、見た目も地味でそもそも肥満だったり、ルックス的には全然まれていない人なんだけど、とにかく勉強ができた。

で、勉強ができる子らしく立派にオタクだった。カードゲームとかオンラインゲームとかも中毒レベルでハマっていた。あと(ラノベではない)小説が好きで、中学生なのに作家の(大人だらけの)ファンミーティングなんかにも顔を出す社交的な人だった。

でも、外見は完全にオシャレでもない単なる肥満児で、恋愛とかモテとは無関係に思えた。


ところが、その男子が中学2年のある日、これまた勉強のできるクラスでも指折りのメガネ美人(と評価されていた)の子と付き合い始めた。正直、ショックだった。いつもありえないほど原色スウェットに太ももがピチピチのチノパンを履いてるようなヲタ丸出しの子だったのに、突然異次元別世界の人になったかのようだった。いや、あいかわらず外見はピザデプのヲタであることには変わりなかったのだが。


自分がその交際からかったことからその男子との関係は悪くなり、私達の縁はほぼ切れてしまった。その後も同じ高校に進学したものの、その男子は青白い顔をした文化系ヲタ丸出しだったにも関わらず、なんとラグビー部に入部。部活漬けの青春を送った後、現役で首都圏の名門私大に進学した(もちろんスポーツ推薦ではなく実力)。



大学進学の際、私は地元に残った。それ以来、あの男子とはまったく接点がなくなっていたのだが、先日、ふとFacebookで彼の名前検索してみたところ、たいぶ体型はスリムになったものの、オタクっぽいメガネをかけ、センスの欠片もないファッションに身を包んだ彼が小さな子どもと写っている写真を目にした。



あの男子は既に結婚していた。彼が好きだった小説家がよく本を出版していた大手出版社に勤めていた。相手女性は(オタク系の専門校卒ではあったが)美人知的そうな顔をした女性で、彼女との間に子どもすらもうけていたのだ。典型的幸せな家庭を築いているように見えた。



別に私があの男子に恋していたわけではない。どちらかといえば軽いイジメ対象にしていたような気さえする。正直言って、彼のルックスは(現在写真に写っている姿もふくめ)底辺クラスといっていいし、とてもではないけど恋愛対象にはならない。

けれど、彼のような全く恋愛と縁がなさそうな男子でも、できる人は思春期になり初めの頃から恋愛を楽しめているわけで、逆に私の周囲にいる(外見も中身も悪く無い)草食系男子学生時代からろくに恋愛には恵まれていない。

そう思うと世の中の人が言うような、恋愛に縁がない男性は「努力が足りない」とか「勇気がない」というより、どうも生まれついての何かが違うのではないかと思えなくもない。



あのビザデブ男子は少なくとも外見では(現在にいたるまで)モテのための努力ほとんどしていないことは明らか。たしかに痩せた努力は認めるけど、清潔感もろくにないルックスは相変わらず。でも、彼は恋愛相手に恵まれているし、私の周りのわりと雰囲気イケメンな男たちはなかなか相手に恵まれない。


この差はなんなんだろうね。婚活もふくめ世の中の人が色んな「モテるための努力」に勤しんでいて、私もその一人ではあるのだけど、正直本当に人として魅力的でありさえすれば、もしかしたらモテるための努力なんて必要ないのかもしれない。

結局、私たちはそもそも人として大して魅力的でもないので、せめて外見やモテるワザをつかって相手の気を引くしかなかった、というのが現実なのかもね。

アイドルの楽しみ方?

触れたり喋ったり交流して心が癒される。アイドルにそんなリラクゼーション役割があることはわかるんです。

ただ、彼女(彼)らとは付き合うことはできないし、応援してもお金をつぎ込んでもその関係は変わらない。

 

アイドルファンは、彼女(彼)らを性的対象とは見なさず、自分の心を潤してくれるキャラクターとして応援しているのか?

それとも巷で言われるように、疑似恋愛という体験を買っているのか?

 

どちらもあると思うのですが、最近起こった痛ましい事件容疑者後者ファンですよね。

アイドルの方々はそれを止めてください、と注意喚起していらっしゃいます

 

前者の楽しみ方ですが、これは女性層が多い印象を受けます

母性本能をくすぐる男を応援したい(あるいは可愛い子を育てたい)という感情の発露というか。

対する後者男性層の方が多く、ボディタッチしたりSNSで繋がりたい=関係を持ちたい欲求があるわけで。

 

ただ男性も前者の楽しみ方ができないわけではないと思っています

アニメなど二次元キャラクターには、そういう役割を求めて接してるわけですから

それが会える、触れられる現実女性となると疑似恋愛に傾いてしまうのが男、なのかもしれません。

(もちろん極端な話で、性別関係なく疑似恋愛を楽しまれる方はいる)

  

一昔前のテレビしか見られないアイドルというものは、遠い遠い存在で。

からこそ偶像としての楽しみ方ができていたのかもしれません。

 

女性が思っている以上に、男性というのはオスであり、性的欲求に抗えないものです。

から「会える」「触れられる」アイドルというのは恋愛対象なわけで。

熾烈なアイドル産業が産んだ弊害が出ているのかもしれませんね。

俺の思ってた増田と違う

理想: 知的で斬新な見識があふれる場(笑)



現実: やれ互助会やら馴れ合いブコメ罵詈雑言トラバ蔓延



馴れ合いの酷さが目に余るから増田には向いてないようだわ。

投稿内容に全く関係無い有名某ブックマーカー名前を出して、トラバブコメで騒いでる奴は何なんだ。

ネットコミュニケーションって基本文章から

文章雰囲気がそのまま現実でいうところの言葉遣いやしゃべる時の態度みたいに感じられるんだな。

Twitterで見かける中高生あたりが書いてそうな文章とか、やっぱ頭悪そうでムカつくしこれは現実で言えば学生公共の場でしょーもないノリではしゃいでるのを見るようなもんか。

オタクはやっぱり文章でもオタクっぽさがあるし、大学生なんかはあのいけすかない感じがする。

でも現実と違うのは、どこで誰が聞き耳立ててるかわからないってことでこれが怖いな。

結局、ネット書き込みも「発言」なわけだから、注意を払って丁寧であるに越したことはないな。

http://anond.hatelabo.jp/20160522221111

はあ。。。こんなかわいい休日の過ごし方するのがなんでかわいい女の子じゃないんだろ・・・

現実はほんとクソだわ

アイドル事件犯人

物語って感じの容姿全然キモオタ風じゃないじゃん

やっぱ現実はこんななんだな