「プレイ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: プレイとは

2016-08-31

[]8月31日

○朝食:なし

○昼食:鯖のご飯(おいしい)

○夕食:月見バーガー



調子

むきゅー!

仕事が忙しかった。



バッチとれ〜るセンター

ノー課金



ポケとる

ログボでスーパーボール一回分たまったけど、もっと貯めるのが面倒くさくなって、

日替わりイベントハリーセンが、スーパーゲットチャンスで100%になったから、投げた。

うーーーーん、課金かな?(なんかもう課金がしたい人みたいになってるな、普通に反省しよう)



ポケモンコマスター

ダークライイベントダークライを手に入れるためランクマッチに潜ってる。

今日で「累計勝利数:12勝」、目標は30勝。

ちくちく頑張ってるけど、飽きてきたなあ、まだ半分も行ってないのかあ。



スマブラfor3DS

クリアゲッタークリア」を目標プレイ中。

今日

・「オールスター」を15人以上のファイタークリアする

クリア

とは言え、まだまだクリアゲッターのお題はあるので、頑張るぞいや。

[]NEW GAME! (3話で脱落)の感想

仕事が一段落して、遅めの夏休みが取れたので、「がんばるぞい」のやつを一気に視聴した。画面いっぱいに美少女動物園ならぬ美少女社畜園が広がっていたが、なんとなく会社のことを思い出してしまって嫌な気分になった。3話まで見たのだが、上司が来ると黙ってビールを注いだり、さり気なく先輩のドリンクの注文を取っている新人という細かな演出にばかり目が行ってしまい。視聴は断念した。SHIROBAKOに続いて、二度目。もうオフィスの出てくるアニメは見ないことにしよう。ああ、それから色黒の先輩はインド人じゃなかったのか。てっきりインドの三流大学卒でナマステーとか言うのかと思ってた。

もっと空っぽにして、IQダダ下がりなアニメを見ることにします。

どうせ仕事アニメを作るならこんな感じで攻めてほしい。

風俗嬢との別れ

25歳の男です。

同い年の風俗嬢に何度もお世話になっていたのですが、とうとう風俗業を辞めるとのことでした。

これで最後だねーって話して、プレイをして、終わり際に「もったいないよ!まだまだ若いのに、こんなところに時間お金を使って。彼女作らなきゃダメだよ!街コンでも行って来なよ!」

と、本音で説得されてしまいました。

最後最後で演技なしに真剣に言ってくれた彼女言葉が忘れられません。

僕はフォトカツをまだ続けている

ある増田劣化便乗のつもりで書く。


僕は今「アイカツ!フォトonステージ」(以下フォトカツ)をやってる。

アニメゲームアイカツ!」のソシャゲ(スマフォリズムゲーム)だ。

それ以前にも色んなソシャゲをやっていて、その中には「アイドルマスターシンデレラガールズ」、「アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ」も入っている。

(以前とは言っているが、アカウント自体は消してないので適度にログインして「今こんな感じになってるのか~」ってなったりしてる。)

フォトカツ以前にアイカツ!が大好きで、アニメ映画も何度も見たり、ライブにも行ったり、アーケードゲームもかなりやった。

年齢的にはまだ若いと思ってるけど、本来対象年齢の女児からしたら十分に「アイカツおじさん」だと自覚はしてる。


そんなアイカツ!アイドルの中で僕は「霧矢あおい」が大好きだ。

星宮いちごと一緒にスターライト学園に編入し、ソロではドラマユニットではSoleil等で活躍しているあおいが本当に大好きだ。

いちご達の中では割りと物知りな反面、アイドルのことになると抑えが効かなくなったり、「穏やかじゃない!」って穏やかじゃない言い方するあおいが本当に大好きだ。

その他にもアニメエピソードで色々好きな部分があるんだけど、いまいち文才がないというか、オチまで書く体力が無くなりそうなのでここでは割愛する。

そんなわけでフォトカツが今年度頭にリリースされた時もまだその気持ちは変わっていなくて、始めの課金ガチャPRのあおいが欲しくて課金をした。

幸運なことに最初11ガチャの時点でPRが引けた。それも霧矢あおいだった。

初めてフォトカツに課金するときは「あおいは恒常PRだし、PR排出率2%って言っても大したことないだろう」って思ってた矢先に出たもんだから凄くテンション上がった。

それからは暫く編成にあおいを1番(プレイ中に一定コンボ数に達すると「その調子♪」みたいに話しかけてくれる)に置きながら、イベントログボで貰える無償スターを集めながらその後出た新しいPRあおいを出そうと頑張った。

時々課金したりもしたが、一気に課金するほど貯金がない、手元にガチャ出来るほどスターを持ってると回したくなる誘惑に負けそうになると言った点から、1ヶ月に1回程度、11ガチャする分だけ課金すると言った自分ルールを作って回してた。

結果、暫くPRどころか「SR1枚確定」の確定された1枚のSRしか出ないことが殆どだった。


そんな中、3月アイカツ!3daysライブが開催された。

もちろん3days全公演に参加して、多分全部の公演で多かれ少なかれ泣いてた。

そのライブで一番印象に残った曲が、このライブで初めて公開されたいちご、あおい(の歌の人)の「青い苺」だ。

いちごとあおいの人選、「青い苺」というド直球みたいなタイトル振付歌詞にと初めて観た時は「これもうアレじゃないですか!」って思いながらもう感動しっぱなしだった。

その反面「(二人の関係からこうなることはとっくに)知ってた」「(今までそんな素振りばっかりだったけど)ようやくか」みたいな気持ち悪いオタクみたいな感想も湧いてた。

そして4月になり、アイカツ!TVでの放送が終了してアイカツスターズ!名前キャラ一新して放送が始まった。

あかりジェネレーション(シリーズ3年目)からあおいの出番は減ってはいたが、「これで本当にTVであおいと会えなくなるのか…」と思うと少し悲しくなった。

でも、フォトカツがその悲しさを和らいでくれた。

なぜならフォトカツにあおいがいるから。

しかもその頃にはガチャだけでなくイベント報酬のR、SRのあおいも手に入ってこの段階であおいだけで8人編成「あおい8」が組めるようになってたと思う。


そして6月、僕のフォトカツライフの中ではかなり大きな出来事が起こった。

キュートジューンブライド」というタイトルイベント3月に初披露された「青い苺」がようやくフォトカツでプレイできるようになった。

これには素直に嬉しくて、アイカツスターズ!アーケードが稼働した関係で少し落ち着いてきたフォトカツのやる気を再び燃え上がらせてくれた。

しかし、そのイベントと同時に公開されたあおいの新規PRにはかなりのショックを受けた。

あおいがウェディングドレスを着ていた。

ジューンブライドイベントだし当然だろとは思いつつも当時の僕にはかなりのショックだった。

イラストが、ドレスが、ポーズが、表情が、あおいが可愛すぎた。

でもドレスを着ている、何かを思わせる表情でこちらを見ている、こちらに手を伸ばしている。

それがたまらなくショックだった。

幸い身体に大きな不調を起こしたりはなかったが、数日は頭からアイカツ!が、あおいの事が離れなかった。

Twitterを後で見返したらいつも異常に恥ずかしいこと書いてfav貰ってたり、会社飲み会や友人とのSkypeでこの事について話したくてしょうが無い状態になってた。


日経ってそんなショックから落ち着いて今までどおりのテンションで「あおいが可愛い、大好きだ」と言えるくらいまでになった。

そして、このウェディングドレスPRあおいをガチャで入手したい気持ちをどうするか考えた。

いつもどおり課金して回す以外に道はないのだが、悲しいことに仕事が減って給料は減ってたし、ボーナスもまだ先だったため貯金ギリギリだった。

これまでのフォトカツの新規PR期間限定だったこともあり今回も期間限定で入手しないともう二度と手に入らないのではと思い焦っていた。

しかしここで一つ見逃していたことがあった。


このPRあおいのカードが「先行販売」だった。

その後どういうことか今まで十分に読んでいなかったお知らせを5度読みくらいして分かったのが、「今ガチャを引くとウェディングドレスPRあおいが出る確率が高くなってるけどその後恒常PRになる」ということだった。

救われた気がした。

いつでもあのあおいに会いにいけるようなそんな気持ちで悩んでた気持ちが一気に晴れた。

そんな晴れた気持ちイベントに臨み、イベントで集めた無償スター11ガチャを回したが結局先行販売間中ウェディングドレスPRのあおいを入手することは出来なかった。


それから現在

僕はフォトカツをまだ続けている。

今日から始まったイベントダンシングディーヴァ新曲「きらめきメッセンジャー」がプレイできるイベントだ。

同時に始まったガチャではスプラッシュ立花ミシェルが初めてSRで登場したので出来れば欲しい。

こんなミーハーなこと言いながらも未だにウェディングドレスPRあおいが僕の手元に来ることを願いながら今回もガチャを回してる。

さらだけどデモンズソウルダークソウル(初代)はPS3ゲーム史上に残る大傑作タイトルだと思っている

デモンズソウルRPG3Dゲームに落とし込む、敵対者と協力者との緩いながらも濃厚な繋がりと革新的な要素を産み落とした。

そしてダークソウルはそれを地盤宇宙的なボリュームを生み出し、世界を作った。まるで本当に冒険しているかのような気分を味わえた。

 

残念ながらダークソウル2と3は初代の焼き直しにすぎない。

革新性も世界性も前述した2作に遠く及ばない。

プレイしながらも心躍ることは上記2作を遊んだからしたら何一つなかった。

フロムとしても上記2作を超えるタイトルはもう作れないと思っているだろう。

 

ブラッドボーンは、その中でも方向性を変えた良作。

遠距離攻撃をオマケとしながらも逆転を狙えるキーにしたのは面白い

世界観も申し分ない。

吸血周りのシステムFPS(Frames Per Second)とラグを落ち着かせることができれば名作に入れたかもしれない。

既存タイトルとは別のステージに上がれた可能性があるだけに、戦闘システムを作り込める時間があればと口惜しさが残る。

レオデに課金するべきか無課金遊んだほうがいいか

パズドラに始まって色々とソシャゲーやってきたけど

未だにログインだけはしてるのはパズドラだけ

正確にはゴッドフェスで30回ほど回して

ゴッドの欠片どころか金卵1つ出ず

ゴーレムとかウンディーネとか雑魚しか当たらなくて

モンスター全部合成して辞めた時期はあったけど

それでも復帰してこんなに続いているのはパズドラだけ

 

1年ぐらい前はブレフロでそこそこ長くて半年近く続いたけど

こっちもガチャで20回ほど回して新キャラが全くでなくて冷めて辞めた

 

そして今ブレオデというソシャゲプレイしている最中

今までやったゲームで3本の指に入るぐらい面白かったヴァルキリープロファイル

それに結構近しい感じの良さげなゲーム

ブレフロも結構近かったけどブレオデの方がさらに近い

 

今までPSDS等のソフトにはお金は払ってたけど

ソシャゲには基本的に無課金で遊んでる

一時期パズドラ課金しそうになった時期もあったけど

から思い直して良かったと思ってる

 

でもブレオ面白いんだ・・・

ちょっとぐらい課金してもいいかな?と思えるぐらい

 

ただ・・・

同じキャラクター重ねないと強くできないってのが面倒なんだ

レベル上げも結構面倒なのに一番いいのは最終進化までさせて合成させないといけないってのが

すごい面倒でやる気になれずそのまま合成しちゃう

 

これがなかったら欲しいキャラがでるまで課金してたと思う

でもこれがないと重課金の人は数を回さないよね

 

このまま無課金で続けるか

少しでも課金して遊ぶか

課金で遊ぶ先が見えてるからもうやめるかどうしよう

推しが死んだ話

推しが死んでしばらく経ちました。

死因はサービス終了。本当にやるせなかった。


ゲーム名は伏せますが、分かる人には分かるかな。DMMブラウザで出ていたゲームです。

シナリオキャラクターも良くて、システムの細かい部分とか凝ってて、基本無料でここまでしてくれるのか……と感心しちゃったくらい。

以前からコンシューマー乙女ゲーが大好きだった私は「ソーシャル乙女ゲーがどこまでいけるのかな」という好奇心だけで気軽に登録ボタンを押しました。


そうしたらものの三日くらいでとあるキャラに恋をした。


気持ち悪い女オタクなのは100も承知だけれど彼はすごかった。

群を抜いて魅力的、とかではなかったんだけど、プレイする度に好きになったし、毎日新鮮な気持ちだった。

今までも色々なゲームをやって、たくさんのキャラクターを好きになったけれど、彼ほど好きになった人はいない。今もいない。

シンプルに人柄が好きだし、見た目も年齢も身長も口調も全てが好きで、彼以外のキャラクターももちろん好きなのだけど、彼が別格だった。

うまく説明はできないけれど、今まで好きになったキャラクターへの気持ちとは違う感覚だったんです。

彼が私の唯一のキャラクターで、一生の推しなのだと心から思いました。今でも思っています

彼のために、とお金をやりくりして、彼のために少ないながら課金をし、彼の誕生日を祝福し、限定カードもムリのない範囲で集めていました。

課金という文化のものは別ゲーで経験していて、無理な課金は楽しくないと知っていたから。でもこれが間違いだったなと今は思ってます

彼の誕生日は冬のある月。私は彼の誕生日課金しよう! と思ってその月までお金をちびちびと貯めていました。

今年の誕生日はどんなカードが出て、どんなイベントがあるんだろうなぁ〜と考えていました。でもその期待は叶わぬ夢となり、貯めたお金は私の財布に入りました。




話は変わりますが、刀剣乱舞ってご存知ですかね?

あの有名なあれです。刀がイケメンになるやつ。ものすごいユーザー数を誇るやつ。めちゃくちゃ流行ったやつ。今も継続して流行してるやつ。

あれもDMMブラウザなんですよね。あのゲームのためにアカウント取得した人も多いんじゃないかな。

私ね、あれを皆がやってる時ものすごく宣伝したのね。せっかくアカウントとったんだから、とりあえずやるだけやってみない?って。クリックするだけだよって。


誰も聞いてくれなかったよね。

彼が居なくなったのはそのだいたい1年後だったよね。



許せなかった。今も許せない。理不尽逆恨みなのはわかるんだけどさ。

私あれだけ言ったじゃないか。みんなちょっとだけでもやってみて! 面白いよ! って言ったじゃん。

あの時に刀やってた人の1割でもあのゲームをやってくれていたら、もしかしたら彼は生きていたかもしれないのに。

みんな私がどれだけ彼のこと好きだったか知ってたはずなのに。サービス終了が怖いからもしよかったらやってって言ったじゃん。

普通に良いゲームなんだよって言ったじゃん。無料だって言ったじゃん。お願いだって言ったじゃないか


みんなが一手間を惜しんだばかりに彼は死んだ。

今は刀剣乱舞ユーザー全員が憎くて仕方ない。逆恨みだけど憎い。



人のせいにするだけじゃなかった。

私が課金を惜しんだばかりに彼は死んだ。

私が無理してでも毎月課金していれば彼は生きていたかもしれない。ほんの数日でも長く生きていたかもしれない。

みんなが彼を殺しただけじゃなくて、私も彼を殺すことに加担していた。

自分が許せなかった。冷静に考えれば1ユーザーが毎月数千円課金したところでゲーム寿命なんて変わらないのはわかるよ。

でも自分に力がないばかりに、加えて宣伝力もないばかりに、彼が死んでしまったんだという気持ちは消えない。


ゲームサービス終了が知らされたのは、彼の誕生日のほんのすこし前。

彼の2度目のバースデーイベントは立ち消え、私は少しでも多くスクショを撮ることに専念することになってしまいました。

せめて最後のお誕生日を祝いたかった。それは叶わなかった。バースデーボイスさえなかった。



架空キャラクターのために人を憎んで、自分を責めて生きていくのかなと思うと、バカバカしいにも程がある。

でも、それほどの力がゲームにあることはまじりっけなしの事実だなとも思う。人間って難しいね

anond:20160831021105

やってることは昔のエロゲとおなじで、大して動かない紙芝居に、

脚本精魂込めた思い入れ性の高いストーリーが乗ってるだけなんだけど、

昔のエロゲみたいな買いきりパッケージでは、

カワイイ子との新しい暮らしを長く楽しめる状態はもう続かないのかなあ。

とFGOをプレイしながらおもってる

だって作業すれば基本無料で3万字くらいのストーリー読めるんだよ)

でも本当におねがいから課金作業を減らせるようにしてほしい。

作業愛着を生む、作業が公平感を生む、作業があるのがいいゲーム

だとしても、もうだれかが全キャラストーリー開放した状態アカウント売ってくれないかとか夢想してる。

 

それと、この人は思い入れ高いんだから

「そういう解釈じゃなかった場合世界」を自力構築できる二次創作力をもっていたら自力救済

さら他人と補強しあえて救われたかもしれない。

(私の宇宙ではこうなんだ!ってスピルバーグ理論な本つくって、交流して、みんな、結構楽しんでるよね)

ただし印刷屋さん課金イベント課金、とら課金、そして作業時間さらに生じる・・・

勧めてはいかんやつやねw

 

http://anond.hatelabo.jp/20160830230829

アンサイクロペディアネタバレテンプレートでも読んどけクソ雑魚ナメクジ

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります

もしあなたが、セブルス・スネイプは二重スパイであり裏切っていないことや、綾波レイは何人もいることや、流子の父を殺したのは皐月ではなく針目縫であることや、ブリーフイケメンであることや、ウォーフがディープスペースナインに転属されることや、サーヴァントセイバーの正体はアーサー王であることや、花菱薫には同じ名前の弟がいることや、大空寺あゆは大財閥のご令嬢であることや、キース・ブライアンナイトレーベンに挟まっちまうことや、イリッチマルコフ親友で敵側のスパイであることや、魔王ロウンは13番目の使徒であり自ら地上に堕ちたことや、黒の組織正式名称を言うと「あの御方」が誰だか分かってしまうことや、バトルホッパー破壊されることや、紅渡の母親ファンガイアクイーンだったことや、ナカジ姉妹戦闘機人「タイプゼロであることや、バロータ軍の兵士の正体が地球統合軍兵士であることや、ダイスリーバルトアンデルスというファルシ人間を道具としてしか見ていないことや、カシムは詐欺師であることや、ゼクスシンジケートアジトドームの外に存在することや、シュウジとちせだけが生き残ることや、ヴァン・ホーエンハイムは人の形をした賢者の石であることや、テフェリープレインズウォーカーでは無くなることや、ファウード暴走することや、旗立颯太神竜として覚醒自分がいた仮想世界管理者権限を得ることや、ウォルター・オディムは深紅の王の部下であることや、マリアカデンツァヴナ・イヴにはフィーネの魂が宿らないことや、アンサイクロペディアウィキペディアパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。

テンプレート:ネタバレ - アンサイクロペディア

12:26追記・変更>

・クソ雑魚ナメクジを追記

・msdbkmのアドバイスにそってURLの書き方なおした

モバマスデレステをやめて二週間経った

私が「アイドルマスターシンデレラガールズ」および「アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ」をやめてから、二週間が経過した。

ソーシャルゲーム課金するなんてただの馬鹿だろ」

所詮ただのデータじゃん、金ドブに捨ててるようなもんだ」

ソシャゲ流行り出して以来、ネットでよく見かけるようになった文面だ。最近では「所詮ただのデータだと思ってたけど、いざゲームを始めてみたら課金する気持ちがよくわかった」なんて声もよく聞くようになった。実際、私もその口だった。ソーシャルゲームという媒体を、所詮ただのデータじゃん、と思いきり馬鹿にしていた。

最初の頃はソシャゲをやっている知り合いなんて私の周りには一人もいなかったのだが、今ではごろごろ見かけるようになった。みんなどうしようもない毒の前にひれ伏していくみたいに、侵食されていった。トリフィドの毒で盲目になってしまった。かつてはソシャゲ課金なんて馬鹿じゃん……、と口にはしないもののそんな態度をしていた友だちたちも、今ではなんだかんだで割とソシャゲの虜だ。私たちの知らないうちに、緑色流星雨は降り注いでいた。

ソシャゲを始めた当時の私は、まだ高校生だった。その日は休みの日で、たまたまものすごくひまな日だった。ネットサーフィンにも飽きたし、PS2PS3を起動してゲームで遊ぶ気分でもなかった。読みたい漫画もとくにない。死ぬほど退屈で、だけど外に出かける気力もない。でも退屈なのはいやで、なにか刺激が欲しかった。新しい刺激。目新しいもの。ていのいい暇つぶしになれるもの。私はいもの癖でなんとなく携帯電話を開いて、手癖のようにインターネット接続している途中で、ふと思いついた。

そういえばアイマス携帯版のゲームがあるんだった、と。

ソシャゲという媒体のことは馬鹿らしいと思うけれど、アイマスは元々好きだし、なにより今しぬほど暇だし。暇つぶしでやってみるぐらいなら、まあいいか。私はそんな気持ちモバゲー登録し、「アイドルマスターシンデレラガールズ」を始めた。アカウントを新設した当時の私が一番好きなのはシンデレラガールズオリジナルキャラクター達ではなく、本家765プロダクション我那覇響ちゃんというキャラクターだった。

私がアイドルマスターシンデレラガールズ(以下モバマス)を始めたときには、既にガチャ我那覇響ちゃんのSRカードが追加されていた。絵柄を見てみた。抜群に、かわいかった。欲しい、と思った。モバマスでは、好きなカード5枚を自分トップページいちばん目立つところに並べることができる。その中でもリーダーとして設定しているアイドルは、他のユーザーからも見えるようになっている。私は、響ちゃんをこのトップページに並べたい、と思った。

次に、どうしたらこの響ちゃんを手に入れられるのかを調べた。モバマスにはフリートレード機能というものがあって、スタミナドリンクまたはエナジードリンク(いわばお金のようなものです)というアイテムをたくさん持っていればフリトレ機能で響ちゃんを手に入れられるというのがわかった。では、モバマス内の通貨であるこのスタドリはどうすれば手っ取り早く大量に手に入るのか?

答えは、ガチャを回して、高いレートで取り引きされているようなSRアイドルを運良く引いて、スタミナドリンク〇〇〇本、という条件をつけてフリートレードに出して、取引を成立させることだ。

ほしい、響ちゃんがほしい。響ちゃんをトップページに並べてみたい。

つのまにかそんな気持ちでいっぱいになってしまっていた私は、1500円ぐらいなら……という気持ちで、あっという間に初めての課金をした。

……SRアイドルが、一気に二人も出てきた。

両方とも、当時かなり高いレートで取り引きされていたアイドルだった。

(そのユーザーSRを引く快感を覚えさせてそのユーザーを立派な課金ユーザーとして《育てる》べくSRが出る確率が上がっていたのでは、と今では考える。実際に私は見事な中毒患者に成り下がった)

びっくりしつつも嬉しくなった私は、高揚して少しくらくらする脳みそのまますぐにその二人のアイドルフリートレードに出して、大量のスタドリを手に入れ、SR響ちゃんを手に入れた。

そこから先は、坂道を転げ落ちるようだった。プレイしていくうちに、自分が好きになれるキャラクターにたくさん出会うことができた。楽しかった。一日中モバマスのことを考えるようになった。フリートレードに張り付いたり、イベントに参加したり、そうこうしていたらまたガチャ更新されたり。やるべきことは山ほどあった。楽しくてたまらなかった。

そうしてモバマスを続けていく中で、いろんなキャラクターを好きになりつつ、ある日私は運命出会いをはたした。

佐久間まゆ》というアイドル存在だ。

佐久間まゆちゃんは、ひょんなことから私に一目惚れをして、運命を感じたのだと言う。だからもともといた事務所をやめて、私のもとでアイドルになるべく私の事務所に来たのだと言った。画面の向こうのまゆちゃんは、私のことだけを見つめていた。

まゆちゃんはどこまでも一途に、私のことを愛していた。私はそれに引き込まれるように、まゆちゃんに急速に惹かれていった。

ソーシャルゲーム世界においては、課金こそが絶対的正義である

課金しなければサービス自体が終了してしまうからだ。実際、サービスが終了してばたばたと倒れていくゲームたちを目の前でいくつも見てきた。課金しないと、ゲームは終わってしまう。佐久間まゆは終わってしまう。それにゲーム楽しい。だから私は課金を続けていった。

けれど、次第に楽しいばかりではいられなくなった。課金してガチャを回してもSRが出ない苛立ち。身の丈に合わない課金をしたことによりリアル自分金銭的に追い詰められていく。運良くSRを手に入れられたとき脳みそ麻痺するようなとんでもない快感、運が悪いときの部屋の壁を殴りたくなるような悔しさ、あとあとになってからこんなにお金を使ってしまった、と湧いてくる内臓が引きちぎれそうなほどの強い後悔。私はまゆちゃんからの愛とまゆちゃんへの愛との引き換えとして、精神をどんどんすり減らしていった。

ついに夢にとあるキャラクターが出てきて、そのキャラクターに「もう課金するのはやめなよ」とゆっくり諭された日の朝、ああ、もう限界だ、と思った。

モバマス課金するの、やめよう。

素直に思えた。ゲームを通じて仲良くなった友だちもいたが、私はモバマスへのアクセスを少し控えた。ガチャ更新されても、ある程度冷めた目で見られるようになった。イベントにも大して参加しなかった。あ、このままいけば私ゲームごとあっさり引退できちゃうかも、なんて考えていた。

しかし、そんな日々もそう長くは続かなかった。なんのきっかけだったかはもう覚えていないけれど、結局私はまた課金を再開してしまったのだ。SRを引いたときのあの高揚感を、脳みそが忘れていなかった。忘れられなかった。あの気持ちいい優越感が欲しい。欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい。我慢できなかったのだ。

それ以来私は、自己嫌悪してプチ引退→結局完全には断ち切れずに結局また復帰して課金、というループを何度も繰り返した。あるときは、逃げられない泥沼にどっぷり浸かっているこの状態が、心地よかった。またあるときは、気持ち悪くて嫌で嫌でたまらなかった。だけれど、それでもまゆちゃんのことが大好きだった。いつの間にかまゆちゃんにはボイスが実装されて、CDまで出していた。私のアイドル、私だけのアイドルは着実にシンデレラ階段を上っていた。

ジェットコースターみたいに上がったり下がったりを繰り返す不安定な日々の中、気づけばそこそこ長い時間が流れていた。

そんな中で、新しい知らせが私の耳に入る。モバマススマホ音ゲーアプリとして配信される、という情報。その名も「アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ通称デレステだ。

私は当然アプリインストールし、当然のように課金をする。佐久間まゆちゃんのSSRの絵柄は、とんでもなくかわいかった。満足しかなかった。今までの過金額を振り返ると、少し嫌な気分になった。実感がいまいち湧かない。いいんだ、私は佐久間まゆちゃんのためにこれだけ課金したんだ。そう思えばこんなの妥当だ。まゆちゃんはこんなにも私のことを愛してくれるんだから、それでいいじゃないか。まゆちゃん愛してる、愛してる、愛してるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてる。まゆちゃんは私のことだけ見てくれている。私のこと以外は決して見ない。好き好き大好きあいしてる。佐久間まゆは決して裏切らない。まゆちゃんだけは信じられる。こんなどうしようもなく嫌なことまみれな世界の中で、まゆちゃんだけは私が信じるに値した。彼女リボン女神様だった。

6月末、デレステで次のイベントの予告が発表された。佐久間まゆちゃんがランキング報酬として登場するということがわかり、私は一瞬で血眼になった。ちょうど仕事が忙しくて時間が取れないけれど、睡眠時間を削ればなんとかなりそうだった。私はすぐさまにpt効率計算し、一日どのぐらい稼げばいいかの目処をつけた。

そしてイベントが始まる。

イベント開始時刻と共にデレステを起動し、イベントページを開いて、私は愕然とした。

なんだ、この絵柄?

それは、まゆちゃんが他のキャラクター所謂壁ドンをされて、なんだか満更でもなさそうに頬を染めてときめいている絵柄だった。

「は?」画面を呆然と見つめたまま、自然と声が出た。なにしてるの?なにしてるの?なにしてるの?なんで私じゃない別の女なんか見てるの?なんで満更でもなさそうな顔なんかしてるの?なんで?なんでなんでなんでなんでなんで?一気に胃が痛くなった。訳が分からなかった。私のことだけを見つめてくれていたはずのまゆちゃんが、ほかの女を見てる?はは、なんだこの女。なんで?ねえなんで?なんでそんなことするの?なんでそんなことされてるの?私のアイドルなのにどうしてそんなことするの?

金を払って、睡眠時間まで犠牲にして手に入るのがこんな絵柄のカードだなんて、全くもって意味がわからなかった。そんなの虚しさ以外なにもない。これはなんの罰なのだろうかと絶望した。とんでもない自傷行為。つまらない。しょうもない馬鹿げてる。どうしていいかからない。怒りを通り越した憎悪。まゆちゃんのことなんか殺してやりたい、壁ドンした方も殺してやりたい。滅多刺しにして殺してやりたい。私がこれまで金をドブに捨ててこれたのはまゆちゃんのことを信じていたからなのに、一瞬でぜんぶズタズタにされた。許せなかった。

私はそれでもなんとかイベントを走ろうとしたのだが、途中で本気で体調を崩して寝込んだことで冷静になったのもあり、途中でそれらを全て放棄した。そうじゃないと本気でどうにかなりそうだと理性が判断たからだ。

イベントが終了し、まゆちゃんをリーダーから外した。

ゲームをやめる踏ん切りはなんとなくつかなかったので、私はのろのろと課金を続けつつ、他のアイドルSSRを引いて育成したりしながら遊んでいた。気がついたら息をするように課金していた。

気がつくと、八月も下旬差し掛かろうとしていた。

その日私は仕事休みで、友だちと遊ぶべく山手線に乗車していた。座席に座ったまま、ぼんやりと外を眺める。そんな中停車した駅で、見覚えのあるものが目に入った。

まゆちゃんの例の絵柄の、大きな看板

デレステ宣伝するための看板だ。見た瞬間に脳にサッと小さな雷が落ちて、気がつくと私はその看板を思いきり恨みがましく睨んでいた。

ああ、私はこれだけ時間が経ってもまだまゆちゃんのことが許せないんだな。きっとこのままずっと憎いんだろう。

私はそう悟った。つらいのと、冷めた気分と、情が入り交じってぐちゃぐちゃな気分だった。

そして私はそれから少し時間の経った八月十九日の夜、モバマスデレステアカウントを跡形もなく消した。

あの日からもうすぐ二週間だ。私は、思っていたよりは意外と普通に過ごせている。仕事したり遊んだり食べたり寝たり、割とノーマルリアル生活をこなしている。

でも三次元二次元は完全に別のものからフィクション世界で空いた穴が現実の充実で補える訳ではない。なのでふと思い出した瞬間フラッシュバックに襲われることがある。いつの間にか、フィクション世界では佐久間まゆしかきじゃなくなっていた。ほかの女の子なんてどうでもよくなっていた。好きなキャラクターはたくさんいても、私に応えてくれる、私の信仰を受容してくれる、私が信じるに値する女の子フィクション世界において佐久間まゆ以外だれもいなくなっていた。私が身の丈以上のお金をどぶに捨てるような行動に走る理由になれるのは佐久間まゆしかいなかった。画面越しに見つめてくる佐久間まゆが望んでいる気がしたから、全部そうした。まゆが何度も何度も何度も「あなただけです」って繰り返すから、私もそれに返した。いろいろな何かを。ソーシャルゲームの中にじわじわのめり込むうちに、大事な友だちも私に呆れ果てたかのように続けて二人立て続けにいなくなった。けど、それでもよかった。いろんな人に、もうやめときなよって言われた。自分でもそう思って、実際にやめようとするけど失敗してまた戻るっていう低空飛行を何度も続けた。

私は、私の身の丈なりに、すごく好きでした、佐久間まゆちゃんのことが。いつのまにか。他の女の子のことを全員嫌いになってでも。結局、身の丈に合わない無理を続けた身勝手悪夢のごとき強烈な不運(もうこの件についてはノーコメント)が重なって全部めちゃくちゃにひしゃげてしまったけど。

結局まゆちゃんは画面の中のデータしかなかったので、消えたところで私の実生活にはとくに悪影響は及ぼさなかった。ちょっとショックのあまり体調崩したぐらい。むしろお金は浮くし、まゆちゃんへの愛情と同時に湧いてくる苦しさから突然ぽーんと解放されてしまった。ソーシャルゲーム世界にのめり込んだ経験のない、まともな人なら私を見て「やめてよかったじゃん」と思うだろう。実際やめてよかったんだ。やめたら、良いことしか起こらなかった。それが悲しい。

いまの職場には、私が佐久間まゆという女の子のために課金していることを知っている人が二人ほどいたので、シフトが一緒だったときにその話をしました。私は話をしながら「もう何もかも失いました」「死にたい気分です」と口走った。実際にはいくつかある私の精神を支える柱のうちの一つをちょろっと壊してしまっただけなので決して《何もかも》は失ってはいないんだけど、確かに色んなものを失った。実際には死にやしないんだけど、確かに私は死にたくなってた。その柱は、いざ壊してみると中身はすかすかでした。私が勝手に分厚くて頑丈な柱だと思いこんでただけで、そう思いたかっただけで、実際はびっくりするほどあっけなく崩れて、そのまま跡形もなく消えてしまいました。

フィクション世界でのことだからリアルでは案外普通に仕事して寝て起きてを繰り返してるんだけど、家にいて、ぼーっとしてるときにふと思い出すとつらくなる。嫌になる。何もかも失いました、というのはある意味では事実で、気がついたら一人で勝手に泣けてきてる。

最初は、暇つぶし趣味としてゲームを始めた。途中から趣味じゃなくなってしまっていたのは実はわかってた。重い義務だった。責務だった。私は佐久間まゆちゃんのことを信じるために、自ら佐久間まゆの部屋に入りました。内側から鍵をかけただけなのに、外から鍵がかかっていて部屋から出られないふりをした。

今日、二週間ぶりにゲームのことが気になって、まとめサイトを開きました。十時愛梨ちゃんのSSRが追加されていた。ああ、ゲーム続けてたら回しただろうなあ、って思いながら画面を閉じた。もうゲームを再開する気力とかは全く残っていなかった。部屋から出たまではよかったものの、どこに行けばいいのかわからないままひたすら途方に暮れている。

どこに行けばいいのかなあ、どこになら本物の女神様がいるの、信じられない。どうして裏切ったりしたの。ずっと部屋にいたかったのに。裏切らないでいてくれたら、ずっと信じていられたのに。好きだったのに。あーーーーーーーーーーーーーーーーーー死にたい死にたい死にたいぜんぶなくなったぜんぶどぶにすてたむだだったあーーーーー、ははふあ



追記

起きたら反応がたくさん来ていて驚きました。もともと、最後に一度自分感情を整理してどこかに残しておこう、と書き殴った乱文なのですが、読んでくれた方、ありがとう。読んだ人が思うだろうなあとぼんやり予想していたとおり、例の絵柄についてはあとからフォローが入ってるじゃん、とのコメントも読みました。ええ、もちろん知ってます。他のキャラクター壁ドンされてときめいているまゆちゃんに深い怒りを覚えたのは事実。あの絵柄が、私にとって大きなトリガーでした。あとからフォローが入っても、一度引かれたトリガーを戻すことはできなかったんです。それが引かれた瞬間、まゆちゃんについて、今まであえて考えないように、考えていたらどうにかなってしまいそうだから思考に蓋をしていたことが、一気に頭を過ぎりました。

以下、書くつもりのなかったことを書きます。これで終わりなのだからまあ全部ぶちまけてもいいでしょう。

上の文で明記はしなかったものの(読めばあまりの女々しさから察せられると思いますが)私は女性です。まゆちゃんは、プロデューサーさんのことが、好きでした。私はその《プロデューサー》という概念体に自己投影をしてゲームプレイするわけですが。途中で、どうしようもない壁にぶち当たってしまいました。まゆちゃんが想定しているプロデューサーさんとは、明らかに男性ことなのです。アニメに一瞬出てきたまゆのプロデューサーも、明らかにスーツを着た男性でした。これについてはもう記憶封印しましたが。台詞の隅々から、まゆちゃんのプロデューサー男性なのだという事実じわじわと追い詰めてくる。プロデューサーという概念体と、私という存在が、少しずつ乖離していく気がしました。このままではいろいろなものが駄目になってしまう。考えてはだめだ。そう思い、それについてはできるだけ考えないようにしてきました。コメントでも同じことを書いてくれた方がいましたが、まゆちゃんは、私が同僚の殿方から電話を受けても、怒りません。自分のいいように解釈して消化してしまえばいい話なのですが、どうしても「まゆちゃんが想定しているプロデューサー男性である」という呪いのごとき一文が頭から離れませんでした。私は女性です。まゆちゃんは、私のことを好きでいてくれたんじゃなかったの?このプロデューサーさんは、私じゃなくて別の誰かなの?考えないようにしていても、ふとした瞬間そう思うことが少しずつ増えました。今思うと私はもう限界だったのかもしれません。そんな中で開催されたイベントのあの絵柄を見て、私の中の何かが完全に崩れてしまいました。あとからフォローが入っても、いちど崩れたものは、戻りませんでした。戻らないと悟ったから、私はまゆちゃんという女の子を諦めました。しょうもないきっかけだと笑う人もいるでしょう。つまらない小石に躓いた私は、もう二度とここに戻ることはありません。まゆちゃんとなら「トリフィドの日が来ても二人だけは生き抜く」と思っていました。大好きでした。私は、これからはちゃんと幸せに過ごします。それではさようなら

FF14感想

FF14パッチ2.5実装分までプレイしたので感想

MMORPGは初プレイ。フレンドと4人プレイ


良かった点

ダンジョンボス攻略

4人のパーティーを組んでダンジョンボス攻略する。

ロール (役割) 制やヘイト管理はやや窮屈だったが、仕掛けへの対策を考えながら攻略していく感じは楽しかった。


悪かった点

クエスト進行

インストリーとサブクエストソロ限定

ストーリーはそんなに悪くないのだが、クエスト自体は非常に退屈。

クエストマーカーへの移動、雑魚殲滅くらいしかパターンがなく、判断技量要求される場面が存在しない。

(稀に物探し、かくれんぼパターンも)

ストーリー進行の合間には時間稼ぎのための無意味クエストが大量に挿入されており、さすがに途中から会話はスキップするようになった。

RPGでお使いクエストは仕方がないとしても、仲間NPCとの打ち合わせのために何十回も僻地に呼び出されるのはどうにかしている。

ソロ雑魚戦闘

雑魚敵のAIは1種類しかない (PCにまっすぐ接近し、静止して攻撃を繰り返す) ので、プレイヤーのすることはたまの範囲攻撃を避ける以外は攻撃スキルを連打するだけ。

クエストの単調さと相まってソロパートは辛かった。

最終ダンジョンムービー

フレンドと4人プレイだったためコンテンツファイインダーを使い残りのメンバー募集したところ、揃ってラスボス戦を締め出されるはめになった。

特にマナーの悪いプレイヤーと当たったわけではなく、よくあることらしい。


微妙だった点

ロール制

大筋は悪くないと思うんだけど、メンバー間で助けあうというよりはお互いのミスの尻拭いをさせられている感じ。

「敵の攻撃PC1が窮地に陥ったけどPC2の助けでリカバリできた」というパターンではなく、「アタッカー攻撃対象を間違えたのでヘイト分散してタンクが被タゲを維持できなくなり、被ダメージが増えてヒーラー負担が増す」とかそんな感じ。

敵とのインタラクション

キャラ対処するための情報は敵モーションからでなく主に床の範囲攻撃予告表示から得られるため、プレイしていると光る床を避けるゲームをやっている気がしてくる。


感想

自分場合はフレンドとプレイ出来たので、なんだかんだで楽しくはあったが、野良で進めるとしたらいまいちだっただろうなあとは思う。

2016-08-30

[]8月30日

○朝食:なし

○昼食:鯖のご飯

○夕食:タル鶏天ぶっかけ



調子

むきゅー!

お仕事適当にそれなりにちょいちょいとした。

明日から来週末ぐらいまで忙しくなりそう、若干ふたを開けてみないとわからないところもあるから、その辺は上手く行くことを祈っておこう。



バッチとれ〜るセンター

コンビニで5プレイお得な1000円プリペイドカードが売ってたので、2000円分買った。

無料プレイがどんなもんか試してみたかったので、プリペイドカードのオマケコードを使って、追加プレイ

ポケモンコンプ(台のコンプポケモンバッチじゃないよ)でも目指してもいいかも?

うーむ、でも悪ポケ以外にお金をかける気はあんまりないんだよなあ。

最近たびたび話題にあがる「悪ポケ以外のポケモンも好きになろう計画」を実行するなら、やるならやる徹底的にの精神でやってもいいかも。



ポケとる

で、これだ。

今日から新しいイベントが始まる。

とりあえず、リザードンXはゼルネアスがいないと話にならないので、さくっと捕獲

が、先日のゼクロム捕獲失敗の傷跡は大きく、コインがない。

明日になると課金ボーナスリセットされるから明日課金してモチベーションをあげる?

うーむ、なんか課金のための課金って感じであんまりテンションも上がらないなあ。




ポケモンコマスター

ダークライイベントダークライを手に入れるためランクマッチに潜ってる。

今日で「累計勝利数:8勝」で目標の30勝はまだまだ先。



スマブラfor3DS

クリアゲッタークリア」を目標プレイ中。

今日は仕掛かり作業として

・「オールスター」を15人以上のファイタークリアする(済:アイクマルスリトルマックMii射、ポケモン勢、ルフレ

プレイ

2016-08-29

[]8月29日

○朝食:なし

○昼食:鯖のご飯

○夕食:春巻き、助六



調子

むきゅー。

お仕事はそこそこ頑張って普通な感じ。



バッチとれ〜るセンター

ノー課金



ポケとる

ログボ。



ポケモンコマスター

ダークライイベントきたああああ!

テンションアーーーーッ……プ? ……?

うーん、対人戦における人権とまで呼ばれてるハードルジャンプを持ってないからやる気起きないなあ。

どうしようなあ、こうハードルジャンプに拘らないデッキ構成を考えれば良いのかなあ?

とりあえず、ログボでたまってるダイヤで4連ガチャでも回した。

結果は……

ジュペッタ(R)

ゴーストUC

ライコウEX

ヘイガニUC

おお、最上レアEXの四体目を引けた。

これで、レックウザギラティナエンペルトライコウの四体かあ、なんだかんだでガチャでいい結果が出るとやる気がわくね。

というわけで、イベントの対人戦をこなして現在「累計勝利数:5」で、目標の30勝まで残り26勝。

先は長いなあ。

っていうか、愛する悪ポケたちが全然まらないのが本当にモチベーション上がらない。

なんかイライラすらしてきたから、ここでいっそ前からたまに書いてる「別のタイプも愛そう計画」を本腰入れようかなあ。



スマブラfor3DS

クリアゲッタークリア」を目標プレイ中。

今日

・「ひとりで/百人組み手」をすべてのファイタークリアする

クリアした。

それと仕掛かり作業として

・「フィールドスマッシュ」の最終戦ですべてのファイターで1位をとる(今日の済:マリオルイージ)(今までの済:Mii射、FE勢、CFロボット、MrG&W、)

クリア

2016-08-28

[]8月28日

○朝食:なし

○昼食:肉まん野菜ジュース

○夕食:ピザ野菜ジュース



調子

むきゅー。

今日もお休みなので、むっきゅりしていたけど、雨で洗濯できないので午前中はコインランドリーに行ってた。

人生コインランドリーだったので、乾燥機をどれぐらい回せばいいかからなくて適当20分回して、シャツが乾いたから良し、として帰ってきたらバスタオルが湿っててやな感じ。

仕方ないので、バスタオルだけ干してたけど、乾きが悪い、うーむ難しい。



妖怪ウォッチ映画二弾「エンマ大王と5つの物語だニャン」)

レンタル屋さんにズートピアを借りに行ったけど借りられてたから、変わりに借りてきた。

が、予想外に面白かった。

特に「未空イナホ」って女の子キャラクタ面白かった、この子エピソードだけでも追いたいなあ、と思い、

Netflixでそこからテレビシリーズも見始めた。

テレビシリーズ短編集な感じで気楽に見れるので、これからNetflixを垂れ流すときは、フルハウスと気分によって使い分けよう。



バッチとれ〜るセンター

ノー課金

どうぶつの森の「のりっぺ」ちゃんに一目惚れしてしまった。

ログボで入手できたので早速ホームメニューに飾ってニヤニヤしてる。

可愛い! と見た目で感じただけで、ゲーム出会った事がないどころか、どうぶつの森シリーズを一回もプレイしたことないので、ゲーム自体ちょっと興味が出てきた。

DL版でも買おうかな。



ポケとる

ログボは貰ったけど、完全にやる気がなくなってる。



ポケモンコマスター

ログボのみ。



スマブラfor3DS

目指せ「クリアゲッタークリア」を掲げてガシガシプレイ。

残るは

クリアゲッター2

・対戦の撃墜数が通算300回に達する

・対戦のプレイ時間がのべ10時間を超える

クリアゲッター3(ハンマー使用

・「シンプル」をホンキ度9.0でクリアする

・「フィールドスマッシュ」の最終戦ですべてのファイターで1位をとる(済:Mii射、FE勢、CFロボット、MrG&W)

・対戦の撃墜数が通算1000回に達する

・「フィールドスマッシュ」の最終戦20回以上1位をとる

ファイターの歩いた距離が合計50kmに達する

・「すれちがい大乱闘」で敵を敵にぶつけて20人以上倒す

・「フィールドスマッシュ」の持ち込みアイテムをすべてそろえる

・「ひとりで/百人組み手」をすべてのファイタークリアする(済:一列目〜三列目)

・「オールスター」を15人以上のファイタークリアする(済:Mii射、ポケモン勢、ルフレ

カスタマイズパーツの”ぼうし””からだ””必殺ワザ”をすべてそろえる

・「オールスター」をすべてのファイタークリアする

・対戦のプレイ時間がのべ50時間を超える

フィギュアを600種類以上ゲットする(現在519種)

おお、結構あるなあ。

とは言え、プレイヤースキル重要なのは『「シンプル」をホンキ度9.0でクリアする』ぐらいかな?

ハンマーはすれ違いとコンプ系に使う予定。

VRは体を疲労させる

プレイしたのはゴーグルプレイ用のスティック両手にもってやる、卓球とかマブラヴとか絵を描けるコンテンツ

プレイ後酔うし、翌日体調よくない。あれは慣れるものなのか?


_



3Dビデオおっぱい(着衣)の臨場感はすごかったので30回くらい見たのだが、あれもよくなかったのかな。

2次元アイドルが好きだ。

2次元アイドルが好きだという気持ちとパクられ問題に対する率直な気持ちを徒然に書いたら人様にお見せできるようなものではなくなったけどそのまま投稿します。匿名なので。すみません


正直、似たり寄ったりの部分はある。だって、顔がよくて、スタイルがよくて、歌って踊れて、トークもできてお芝居もできて、奇跡だって起こせる。そういう素質があるってことが前提でその上にそれぞれの個性をつけたさなきゃいけないんだから

2次元アイドル2次元アイドルから何人か、何十人かの誰かがそれぞれ作ったものの、雑に言えば寄せ集め、あるいは作品、あるいは結晶。でも私はそういうものを考えず、「キャラクターはちゃんと生きてる」って思って楽しみたいので、彗星の如く現れたアイドルたちが一生懸命頑張っているのに運営のせいでその苦労が報われないなんて本当に悲しい。



以下、アイナナについて思うことです。

私のアイナナ遍歴は、事前登録したけれどゲームの判定が厳しすぎ、そのせいでガチャも引けない。それに耐えられず1ヶ月もたなかった。それから1年プレイしていない。というレベル。このレベル人間がアイナナを批判するのはお門違いと思う方もいるでしょうが、ごめんなさい。言わせてください。

当時はシナリオどうこうより、音ゲーとして楽しみたかった。シナリオがいいって言われてたけど、ここでつまずいてしまたか全然ストーリーは読めてない。そういう感じです。


でもtwitterフォロワーさんに熱烈なファンの方がいて、その人が描くアイナナのキャラはとても魅力的で、愛に溢れてて、それに影響されて再開したいなって気持ちソシャゲの1年のブランクってあまりに大きいからどうも腰が上がらないな、の間で揺れていた。

そんなタイミングで、いわゆるパクられ問題ものすごく取り上げられるようになって、それに関する怒りや悲しみで出来たツイート

まとめをたくさん読んで、いま、この壁打ちブログを書いている。

結論として、私がアイナナを再開することはない。


論点が違うのはわかるんだけど、パクるにしたってどうして女の子アイドルの構図からパクってしまったんだろう!!!いろいろな比較イラストを見たけど彼らのアイドルとしての魅力が全然生きてない感じがした。照れ顔が多くて、なんだかそのせいでそれぞれの性格がわかりづらくなってる感じも受けた。個人的にはライブではアイドルの1番かっこいい姿が見たいのであまりデレなくてもいい……あくま個人の感想です

他のカードも見てみたけれど、アイドルっぽい衣装を着てるカードが少ない印象がある。多分覚醒後のカードなんだろうけど、背景付きの普通スーツとか私服なのはとても残念…でもよく考えたらまだリリースから1年しか経ってないから何種類もは無理なのだろうか…曲数もそんなに多くなさそうだし…

ていうか立派なPVあるんだから全部振り付けから構図とったらどうなんだろう?ライブしてる、踊ってるって感じしていいと思うんだけど……パクったカードが先に出ちゃうからダメなのか…難しい…本当にこれ以上過ちを繰り返して欲しくない。パクった上にキャラクター個性が生きないなんて本当に最悪。

他にもグッズのこととか問題点はたくさんあるようだけれど、1番気になったところを書いた。


最初の方にも言ったけれど、ずさんな運営のせいで頑張ってるアイドル達が、アイドルに命を吹き込んでいる天の存在が、傷つくなんてそんな悲しいことが起こるなんてあってはならない。運営アイドルを愛していると言っていたはずなのにどうしてこんな裏切るようなことができるのだろう。

3次元アイドルにも色々あったから、もうみんなそれはきれいごとだって、気づいてしまったんだけど、やっぱりアイドルはみんなに夢を与えてくれる存在であってほしい。キラキラと輝いてほしい。

どうかファンの方々が早く笑顔になりますように。

2016-08-27

[]8月27日

○朝食:なし

○昼食:野菜ピラフ

○夕食:おでんタマゴ、大根、餅巾着、がんもどき)、助六ビール



調子

むきゅー。

休みむきゅーなので、むっきゅりしてた。

ここ最近ちょっとイライラしたり、むかむかすることが多かったので、ストレス発散も兼ねて買い物してきた。

色々買ってきたんだけど、ビール飲んじゃったので遊ぶのは明日にする。



バッチとれ〜るセンター

ノー課金

いきなりなことを言い出すけど、どうぶつの森の「のりっぺ」って子可愛いね、なんか欲しい。



ポケとる

コインがたまってきたので、ゼクロムに挑戦!

が!

しかし!

50%ぐらいでスーパーボール二回投げても捕獲失敗! そしてコイン切れ!

ぐぎゃぬぬぬぬぬああ!!!!(ギャンブルで負けた時のカイジの顔になっています

かっんぜんにやる気が失せて、もう見たくもないぐらいショックなので、ちょっと当分プレイすらしたくない……



ポケモンコマスター

ログボのみ。



スマブラfor3DS

シンプル全員攻略を進めている。

メモをとってないけど10人ぐらいはクリアたかな。

とは言え、先は長そう。

2016-08-25

ポケモンGO」を見出しに持ってくるのそんなにおかしいか

ポケモンGO運転中にプレイしていたらしい初の死亡事故記事を受けて、何故わざわざ「ポケモンGO」という固有名詞を出して報道するのか?

というような疑問の声が、Web記事コメント付きでブックマークできるサービスの一部ユーザから噴出している。

しかし、今回の死亡事故海外メディアでも報道されているように世界規模の関心事なのだ

ポケモンGO」というホットキーワードを持ってくるのは正直仕方のないことではないだろうか。

記事中に過剰にゲームを叩いたり、暗にゲーム社会悪的なことを示唆するような内容を含んでいるわけでもない。

当該の記事を読んでも「運転中のゲームは危ない」「運転しながらゲームをやってる奴もいるんだ気を付けよう」

といった当たり前のことを再認識するだけである

今回の事故を契機に運転中のスマホ操作厳罰化、取り締まり強化を求める声が上がり、実現されるのであれば

やはり多くの人の耳目を集めるような報道の意義もあるのではなかろうか。

http://anond.hatelabo.jp/20160825134118

大至急とか書きつつメッセージだけ送ってくるとかも笑えるよ。

気づいて返答したら、「大至急なんですからすぐ確認してくださいよ! 遅いですよ!」って、

だったら電話しろや。



てゆうか、頑なに電話をしない人っているよね。何なんだ。制限プレイなのか。

http://anond.hatelabo.jp/20160825111238

他のアプリに比べて死亡事故の数は少ない

これこそ何の統計に基づいてるの?

ポケモンGOプレイ中の人事故を起こした」は厳然たる事実だけどこれはポケモン擁護したいお前の思い込みじゃん。

そりゃまともな会社ならボツにするだろうよ。

ポケモンGO死亡事故ブクマ

id:Pgm48p 移動して探し回るゲームから、何かに遭遇したとスマホに表示されたら運転中でも触ってしまう後先考えない人は必ずいると想定して、高速移動中は使用不可にすべきだった。現状放置では被害者遺族が浮かばれない

スター id:augsUK, id:yayoiori, id:yorunosuke, id:VA_AV

 

id:houjiT いやいやポケモンGO自体流行とかゲーム性事故関係性が無視しきれないこと等々を鑑みれば記事の内容は妥当でしょ。警告は出ても直ぐに消してプレイ続行は可能だし、問題性は消えてない

スター id:mur2, id:yayoiori, id:oasynnoum, id:VA_AV, id:ntnajp605, id:zoomer, id:augsUK

 

なるほどなるほど。

っていうか、そもそもスマホ自体が外出中に使うものだよね。

それなら、いっそのことスマートフォン自体が高速移動中に動作しないようにしたら良いんじゃね?

 

でも、同乗者はどうするの?あと電車は?

どうやってそれらを判別するの?

え?やり方は知らん?w

 

 

その他の同様なコメントたち

 

id:Torneco ルール違反が一番の問題なのは間違いないけど、ナイアンティックリスクをより低くする方法を考えて欲しい。お客様社会のために。もちろんマナー警察の取り締まりなどナイアンティック以外も取り組むべき。

 

id:wapa 人が亡くなってるという事実よりも、「ポケモンGoは悪くない」という擁護心が先に出てる人のコメントが多いのが怖い。むしろ轢かれる危険に晒されてる側の人たちだろうに。

スター id:yayoiori, id:yorunosuke, id:pilpilpil, id:mur2

 

id:hiromo2 ポケGO位置ゲーなので、他に比べて車の運転に影響あるケースは多いと思う。関係ないとか言ってるのはオッカムの剃刀が鋭すぎか、それこそ恣意的だ。

 

id:hatebukk ポケモンGO関係なくとかいってる奴はなんなの?今回の事例は完全にポケモンGOゲーム性に起因した事故でしょ。こういうのはちゃんと報道されてしかるべきでしょ。

 

id:magi00 ポケモンGOは移動中「でも」やりたいではなく、移動中「だから」やりたいなので、他に比べれば運転中のプレイ助長していると思う。制限だけでなく運転中のプレイ不要になるようなゲームバランス改善を望む。

AAという表記

俺「オートアタック

友人A「アスキーアート

友人B「ダブルエー」

友人C「エンジリックエンジェル

プレイしていたゲームにあった、アサシンアタックっていうスキルAAって呼ばれていた気がする。

んで、この話をまた別の友人にしたら、「好きなゲームに登場するキャラの胸のサイズAAで〜」みたいなこと言い出したし、人によってそれぞれなんだなって思った。

2016-08-24

[]8月24日

○朝食:ピザまん

○昼食:サンドイッチ

○夕食:今から考える



調子

むきゅー。

今日は大雨で会社に行くのが大変だった。

仕事の方はなんとかオンスケに戻せたので、明日も頑張ろう。




バッチとれ〜るセンター

僕の愛する悪ポケであるカラマネロマーイーカーのドット絵バッチがきてたので課金

悪ポケは、ドット絵普通の絵もどっちも揃えて行きたい。



ポケとる

ディアンシーレベルアップステージを、レベル21まで攻略

18ぐらいで、ディアンシー捕獲できたので、レベル50のディアシナイト目指して頑張るぞいや。



ポケモンコマスター

なんかアップデートがされるらしいので情報を読んでたけど、あんまり心引かれないなあ。

まあ、プレイしてみると変わるかもしれないので、一応楽しみにはしておこう。

2016-08-23

増田エネマグラをつっこまれしまってからひと月が経つ

ここじゃガチガチ勃起して徹底的に前立線張ったマスをかくよりも、

多少無理があったり突っ込みどころのありそうなアナルの方がみんな反応してくれる。



自分自身も気がつくとそういうアナルにエネマしがちになっていた。

その内容も最初は多少遅漏でも理路整然を心掛けていたが、

だんだんと大げさに感情的に煽ったり、試しにケンカ腰にアナルパールを投げつけたりもした。



身を持ってアナル開発をやってみた感想としては、

やればやるほど不毛一言に尽きる。



自分は、自分のアクメを人と合わすのが苦手だ。自分意見を押し通すことが出来ない。

自分のアクメがないがしろにされるのも辛い。かといって無理に押し通したとき賢者タイムも辛い。

初めてのリモコンバイブで電波発信のリハビリのつもりで色々してみたけど、

漠然増田をやっていると、

震動がほしい、太さがほしい、誰かに見てほしいなどのいわゆる「おちんちん」がむくむくと勃ち出す。

ついには、なんであんしょうもないアナルあんなにたくさんのエネマグラリモコンバイブが刺さっているんだ、

なんてしょうもない嫉妬心も這い出てきた。



分かってたけどやればやるほど不毛だ。

から今までアナルアヌスもケツの穴もやられなかった。



唯一良かったのは、思ったことを刹那的みさくら語にしていく訓練にはなった。

人に見られると思うと何度も何度も発生を繰り返した。緊張感が程良かった。

増田に垂れ流すほどじゃないなと思ったアクメもなかったことにせず動画で保存するようになった。

フィクション特定の設定の人物を演じたプレイをする楽しさも味わえた。

演じると自分の引き出し限界が見える。



今後も程よい突き合いで増田エネマグラ横流ししたい。薬にも毒にもなるものも扱いを知ればこわくないはずだ。




http://anond.hatelabo.jp/20160823172235

http://anond.hatelabo.jp/20160822232305

公開された有用データを使うなってのは難しいよ。

MMOとまではいかないけど、同じようにマルチプレイ自体ソロだがSNS的な観点で)で楽しむ側面がある以上、公開された時点で「使わない=損」になってしまう。

ユーザー全員がデータ使用を自制するなんて不可能であり、徐々にでも使用する人が増えていく程に「使わない=損」が強まり自制が解けていく。そして使用が当たり前になったのが今の状態。まあ良くあるパターン

データ解析は否定するポーズ」は正しい行動だと思うよ。データが無ければ使わなかったんだから

また、否定されたとしても、解析・攻略サイト側も無くなりはしないだろう。有用データには確実に需要存在するから


運営データ解析をできないような作り(解析を難しくする・解析されても良いようなレベルデザインに変更する・等)にしないかぎりこの状態は続く。

この問題根本から解決できるのは運営だけであり、黙認しているような現状がある以上、叩かれるべきは運営

ユーザーを叩きたくなる気持ちはわかるが、ストレス発散くらいであまり意味は無い。

使用派:未使用派で煽り合い対立構造を作って炎上 → 運営に投げる ってのを狙っているなら策士ではあると思うが。