「プライベート」を含む日記 RSS

はてなキーワード: プライベートとは

2017-02-26

無気力

私は女である

家庭環境は最悪だった。

過保護干渉の母、それに嫉妬暴力を振るう兄、もう片方の親は文字にしたくないので存在しないこととする。

家はプライベート空間がないほどの狭さ。

母の言いなりに生きるしかなく、しかし何一つ成功したことがない。

学生時代はすべて暗黒。


今はインターネットで何でも情報がある時代、自立も自律もしやすい世の中だと思う。

最近若い子は知識量が多く尊敬する。


こんな環境で生きてきた私は、もちろん無気力である

なんとかアルバイトから始めたフルタイム仕事は、配属先の部署がなくなった。

転職した先では経営難リストラに。

彼氏いたこともあったが、

同棲したい、結婚したいと言われるものの何も動かず、することといえばセックスだけ。

それが2連続


関わるものまで全て無気力なのである

この世の中は無気力だ。

現在は幸いにも転職できたが、

休日業務内容があまりにも想像と違い、すでに辞めるつもりだ。

無気力なりにもやりがいが欲しいのだ。

独身無職やりたいことなし、

無気力なのに将来が大変不安なのである

無気力でも楽しいと思えるのはこのインターネットに触れている時間だ。

からこそこんな日記も書いている。

インターネットに関する仕事を何か始めたら気力の塊になるかもしれないとまで思い始めてる。

私自身を、「無気力」をコンテンツにするのだ。

無気力なりにお金は欲しいし楽しく仕事がしたい。

なんとそう思い始めた。

社会に触れてから多少なりとも考えは変わるものだ。

私は女である前に無気力だと思っていた。

何もしたくないのは変わらないが、

私はもう無気力ではないのかもしれない。

この世の中の方が無気力だと感じる。

2017-02-25

仕事ができる長時間労働者へのお願い

ハイパフォーマー長時間労働者と同じチームで働くと本当に疲れる。

ハイパフォーマーな人は仕事楽しいと感じられる人も多いだろうし、だから昼でも夜でも土日でも常に働き続けたいそれが生きがいだという人が一部いるのも分かる。

以前はそういった人に対して、働きたいならどうぞご勝手にと思っていたけど、実際自分がそういった人と一緒に働く身になって、頼むから土日くらいは休んでくれよと思うようになった。


チームでする仕事にはメンバーそれぞれが歯車となり仕事を進めているような部分があって、一人の仕事が著しく遅れるとチームとしての仕事も遅れてしまう。

逆もまたしかりで、一人が速すぎるスピード仕事をしてしまうと誰かがそれに合わせて頑張らなければいけなくなることがある。

料理を作る仕事があるとしよう。

野菜を切る→野菜を炒める→炒めた野菜を皿に盛り付けるという工程があったときに、野菜を切る役割の人が残業や土日労働までして野菜を切りまくってしまうと、最終成果物を出すために野菜を炒める人や炒めた野菜盛り付け役割の人までが残業や土日労働を強いられる。

野菜を切りまくってしまう人が野菜を炒めたり、炒めた野菜盛り付けたりできればまだいいのだけど、そうじゃない場合は結局はそれぞれの担当者がなんとか成果物のために時間を捻出しなければならない。

自分が今いる環境もそんなかんじで、平日は日が変わるまで、土日も昼夜問わず働いている人がいるので、本来はそこまで求められていないのにも関わらず、過剰な労働をしなければならない。

「ここまでやったので残りをお願いします」「いつまでに返事もらえますか?」「月曜ですか?土日ありますよね」という言葉が飛び交い、プライベート侵食されていく。

個人で完結するような仕事なら、働きたくて働きたくて仕方ないという人が勝手に働きまくるのはどうぞ自己責任でご勝手にと思っている。

けど、チームでやる仕事場合、決めた目標ノルマはすでに達成しているのにも関わらずさらに働きまくろうとする人がいたとき、(それ自体は見習うべきことかもしれないが)足並みを揃えなければいけないメンバー迷惑がかかる。

土日も問わず働きまくるひとたちは、そのせいで他の人が家族恋人友達との時間犠牲にしなければいけないことがあること、そのせいで周囲との関係が悪くなることだってあることを把握して欲しい。

自分は土日やることもないんで働きます」「ただ働くのが正しいから土日も働きたいんです」という理由で働くのならせめて土日は即レスを求めるのをやめるとか、次週やるのでいい仕事を無理やり土日に終わらせるよう求めるとか、そういったことはせめて控えて欲しい。

どこにでもいるサラリーマンからのお願いです。

聲の形を分かろうともしない、石田。それが僕だ

人とコミュニケーションが取れない、楽しくない。

そう思うようになってずいぶん経った。

きっかけははっきりと覚えていて、中学生とき人間関係トラブルを起こしたことが原因だ。

それ以来、自分からコミュニケーションをとることに対して臆病になった。

最初グループのうちの一人であるBと些細なことで喧嘩した。

原因はもう忘れてしまったが。

僕は仲直りするきっかけを見いだせず、意地になって謝ることもできず、

Bとは口を利かなくなった。

グループの別のAが、一度仲直りしたら?ときっかけを

作ってくれたことがあったが、自分些細なプライドを優先し、

それを無視してしまった。

その後、理科の授業で、唾液のデンプンを分解する作用に関する実験があった。

班員のうち二人の唾液を混ぜても、分解できるか実験してみろ、

というような指示があった。僕はAと同じ班だった。

一人はもう一人の男子が手を挙げた。

もう一人は誰も手を挙げなかったので、

じゃんけんで決めることになった。

じゃんけんは僕が負けた。

でも、僕は唾液をさして仲のよくない男と混ぜられるのが気持ち悪くてしかたなかったので、拒絶した。

今思えば、じゃんけんに参加した時点でそれを拒否することは筋の通らない話だと思う。

でも僕は、うまくいかない人間関係や、思春期慢性的不安から来るイライラといった身勝手理由自分正当化し、

拒絶の言葉を放ってしまった。

「お前、もういいわ」

僕の身勝手さに愛想を尽かしたAはそう言って、自分の唾液をビーカーの中に吐いた。

その日Aと口を利くことはなかった。

今回は100%自分が悪いという自覚はあったが、またしても謝ることはできなかった。

もやもやしたものを心のうちに秘めながら、僕は下校した。

この日のうちに謝ることができていれば…と今でも思う。

次の日から、僕の学校生活は一変した。

僕の身勝手さに他のクラスメイトも愛想を尽かしたのか、

クラスメイト全員から無視されるようになった。

たった一日の間に、急激に変わってしまったクラスに僕はただただとまどい、呆けるしかなかった。

とりあえず、寝たフリをしたり、意味もなく学校内を徘徊したりして、やり過ごした。

Bとの喧嘩はともかく、Aへの一言には後悔しかなく、謝りたいと思ってはいたが、

まりの劇的な変化に、僕は怯えてしまい、逃げることしかできなかった。

けれど、事態はどんどん悪化した。

最初無視だけだったが、やがていじめを受けるようになった。

筆記用具を壊されたり。

僕の机だけ掃除のあとイスが降ろされていなかったり。

体育の授業で卓球があったが、どこにも入れてもらえず、50分間壁に向かって打ち続けたり。

別の男子グループからプロレス技みたいなのを掛けられたり。

酷いあだ名で呼ばれたり。

AやBから無視されたり、何かされたりするのは仕方がないと思っていたが、

学年全体がほぼ敵のような状態になってしまい、

怖くて怖くて仕方が無くて、僕は前述のように逃げることしかできなかった。

気が付いたときには自分一人ではどうにもできない状態に外部も自分内面も変わってしまった。

僕は自分意志ではないが、親の言うことを聞いて勉強はそこそこやっていたので、

勉強を頑張って他の同級生がいないような高校に行けば、やり直せると思っていた。

からどんなに辛くても勉強は続けて、中学同級生が数人しかいない学校に入った。

けれど、原因を作ったのは自分はいえ、誰も助けてくれなかった、もしくは攻撃してきた

大多数の他人への不信感から、僕は人と積極的に関わる意欲を失っていた。

僕は高校時代、話したことが無い人には一度たりとて、自分からは話しかけなかった。

高校1年のときは、みんな友達がいないので、話しかけられたし、それをきっかけにして、

話す人ができた。

けれど、進級するに従い人間関係が固まってくると、そういう消極的姿勢では

友達の少ない僕はどんどん浮いた存在になった。3年生の時には、クラス友達が一人もいなかった。

卒業式とき卒業文集白紙のページは白紙のままで、

僕は下級生と一緒に、卒業生の誰よりも早く帰宅した。

3年間高校に通ったが、何の思い出もできなかった。

大学では学部ではぼっちだったが、入ったサークルには少しだけ馴染めた。

どこか自分と似たような、これまでの学生生活に馴染めなかった人が集まるようなサークル

だった。

そこで人の優しさに触れたり、人と何か協力して物事に取り組んだり、飲みにいったり。

やっている活動自体はあまり楽しくなかったが、そこにいる人たちは好きだった。

けれど3年になって、サークルを引っ張る立場になると、僕はそのプレッシャーに負けた。

自分がさして楽しくないことを、後輩に教えるのが苦痛だった。

また心無いことを言う人間が、年下とはいえきっと僕より濃い人生を送ってきた後輩に何か教えるなんておこがましい

とも思っていた。自分のつまらない劣等感コンプレックスを克服できなかった。

一応最後までやり遂げたが、かたちだけだったと思う。

直接接した後輩とは最後まで打ち解けることができなかった。

高校よりは自分の中に何かが残った大学生活だったが、悔いは残った。

すっかりコミュ障となった僕は就活では苦労したが、生存本能の為せる業かどうにか自分に嘘をついて

1社だけ内定をもらって事務仕事をしている。

けれどコミュケーションが取れない、愛想はない、仕事もできないで肩身は狭い。

仕事楽しいと思ったこともない。

他人のことは怖くて、外にいるだけで疲れる。

自分のことが愛せず、当然他人のことも愛せない。

友達もいない。

彼女もいない。

少し好きなことはあるが、趣味と呼べるものもない。

今僕は24だが、このままいくと何にも楽しみを見いだせず、

会社では疎まれ、やがてはクビになり、プライベートはずっと一人で、

死んだ顔のまま、年だけを重ねたおぞましい中身空っぽオヤジになって

誰に気付かれることもなく死んでいくのが容易に想像できる。

聲の形」という漫画を読んだとき、まさに自分のことだと思った。

石田自分のしたことに向きあって人の痛みを知る、立派な青年となって、

成人式同窓会を「可能性」と言える男になった。

対して僕は自分に向きあえなかった石田だ。

成人式トラウマしか捉えられず欠席した、逃げるしか能のない男になった。

年を重ねれば重ねるほど、可能性は失われていく気がする。

気の持ち様次第で、年を取ってから自分を変えられる人もいるかもしれないが、

そのハードルはどんどん高くなっていく気がする。

どんどん上がるハードルを目の当たりにして、これから先僕はどんな人生を歩もうか。

僕には明るい未来なんて見えないが、心臓は鼓動を止めない。

自分で止める勇気もない。

どんなことになろうとも、天寿を全うする。

その事実からだけは、僕でも逃げられそうもない。

2017-02-24

長時間労働への規制かいらなくない?

最近労働時間規制しようとか言って盛り上がってる。

まあ、みんながプライベート時間大事にできるようになるのは素晴らしいと思うよ。

でもさ、ちょっと考えて欲しいんだけど、別に今でもプライベート時間大事にしようと思えば、それで実現できると思わない?

わざわざ法律設ける必要ある?

みんなが、プライベート時間大事にしようと思って、ブラック企業だったり、残業の多い会社はやめて、勤務時間の少ない会社に移れば、自然ブラック残業だらけの会社もなくなるじゃん。

法律設けちゃったら、今好きで働いてて、これからも働きたくてしょうがない人の人生邪魔することになんない?

確かにブラックは良くないし、残業多いのも良くないと思うよ。でもさ、だからって働きたい人まで一緒に規制するこたないと思うんだよね。

そんなに働きたくない人には良い法律かもしれないけどさ。なんか女性専用車両と同じ気分。

https://mirai.doda.jp/series/interview/masashi-omuro-2/

なんか、このページにも書いてあって、ブクマでも沢山星がついてるのが

「「制度というものは、だいたい弱い人のほうに合わせるものです。」 この当たり前のことがなかなか受け入れられない。」

ってコメントなんだけど、いや、俺全然当たり前じゃないと思う。

弱い人のこと考えるのは大事。でも、強い人を蔑ろにするのは良くない。弱い人を守ることは強い人を虐げていい理由にはならない。弱い人を守るために強い人が犠牲になるのはおかしいと思う。

別に働きたくない人は働きたくない人が満足する企業に行けばよくて、働きたい人は働きたい人が満足する企業に行けばいい。

それじゃあ、今の社会はどうすんのって話になるんだろうけど、労働時間だとかで新しく法律設けるんじゃなくて、もっと転職やすくするとか、人の移動を促すような仕組みで改善した方が、弱い人も強い人も満足すると思う。

2017-02-23

それ、美人からじゃなくてただの無料キャバ嬢からでしょ

たまにこういうこと言う女いるけど、別に全ての女が無料キャバ嬢してまで奢って欲しいと思ってないからね…。

自分の話を若い女に偉そうに語るジジイに愛想よく相槌打ってまでいい食事なんてしたくない。飯がまずくなる。

だったら安くても割り勘でもいいから気を使わず食事がしたいんだよ。

もちろん上司とか取引先ならちゃんと接待するけど、プライベートでまでわざわざそれをやるのはあなたのただの承認欲求を満たすための趣味なんだから、やってない人のことはほっといて。

美人から〜」って言うのも、「無料キャバ嬢してるとか何が楽しくて生きてんだこいつ。相容れないわ。」をオブラートに包んで言ってるだけだから勘違いすんなよ。

http://anond.hatelabo.jp/20170222172550

【追記】

それなりの社会的地位があり、面白い話が出来る人の話を聞くのは楽しいし役に立つ、ってのは分かる

http://anond.hatelabo.jp/20170223133339

それはいいけど、そのために聞き役に徹して奢ってもらいに食事に行くほど暇じゃないからごめん。

奢ってはもらえなくても、言いたいことお互いに言い合って社会的地位もあって対等な関係として仲良くしてくれる人は世の中にはたくさんいるし。

自分より若い女にご馳走して話を聞いてもらう社会的地位()のある人が、どう言う目でその女のこと見てるかとか考えたことないんだろうね。

そもそも本当にただ若者交流したいだけの偉いおじさんなら、女とか女らしいとか聞き役に徹するとか関係なく、ガンガン自分意見を言う若い男にも平等に奢るからね。

キャバクラの楽しさを教えてくれ

仕事柄、クライアントとの食事後に付き合いでキャバクラに行くことがちょこちょこある。

綺麗な女性時間を過ごせるのは素直に嬉しい。おっさん20歳そこそこの子お酒飲むなんてこんな場しかないしね。

ただ、皆で会話するよりも女性と会話している時間のほうが圧倒的に長くて、一緒に入った意味あるのかな、と毎回思ってしまう。

また、初対面で話す内容なんて毎回似たようなものだし、プライベートの話は相手が嫌がるかなーとか思っちゃって、結局当たり障りのない会話になる。

明らかに接待っぽい女性の反応(よいしょしたり、何でも笑顔で答えてくれたり)も、個人的には冷める。

高いお金払ってまで行くもんかなーと感じてしまうのね。大抵経費だし。


でも、行く機会が多いのだから、せっかくなら楽しみたい。

皆、どんな会話してるの? 増田の話ができるキャバ嬢存在しないんか?

自分は弱音を吐くのが下手くそだなと感じた話

SNSネガティブな内容や本題をぼかしたプライベートな話を投稿することは、原則しないと決めている。

自分自身知り合いのそういう投稿を読んでも、どうしたらいいかからないし、感情コントロールできない人なんだなという印象を持ってしまう。

はいえ、やっぱり日常生活をそれなりに過ごしているとやりきれないこともあるし、愚痴をこぼしたいと思うこともある。というかまさに今がその状況で。

でもまあ自分の弱音や愚痴を許容してくれる知り合いはそれなりに親しくないと厳しい。

自分フリーランスとして働いているので、毎日職場で顔を合わせるということはなく、一週間で複数回会う知人は本当に限られるなと、こういう状況になって再認識させられる。

そしてよく会う知人に昨晩愚痴を聞いてもらおうと意気込んでいたら、会って早々「仕事疲れた」と言われると、「あ、これは自分の弱音を聞いてもらう流れじゃないな」と遠慮して、結局腹の中にもんもんとしたまま、朝まで過ごしてしまった。

何がいいたいかというと、不特定多数の人に自分意見を聞いてもらえる、という場がこうしてあることで、すこし救われたな、ということでした。おやすみなさい。

2017-02-20

http://anond.hatelabo.jp/20170220142935

プライベート吐露のていなのに、大勢に見られる前提のコンテンツとして加工しすぎなのが激しくキモいということかね

2017-02-18

籍だけ入れて完全別居夫婦って

互いに先生という職業についている男女がいるのだが

30代半ばでお互い入籍→一切性交渉なし→二人共遠方に(大阪東京で)完全別居→それぞれの職場で既婚は聞かれたら答えてる程度→正月とか互いの実家親、親戚など集まりがあったら会うだけ会いにいく→連絡は急病災害等の緊急事態連絡のみ。プライベートまったく干渉しあわない

資産個人管理 共有なし。

これが世間体を保つために結婚しているという状況だが社会的制裁はとくに受けないものなの?

片方がもし死んだらそれなりの処理あるのだろうか… あれって愛しあわなくてもいい履歴書ステイタス示すのみの合理的結婚ってわけなのだろうか

冬が寒すぎるのではなくて私の家が寒すぎただけだった

毎年私は冬になると憂鬱になる。

寒がりの私には、近畿地方の冬ですらあまりに寒すぎて何も行動できなくなる。

エアコンをつけっぱなしにすればなんとかならんこともないけどすぐに冷えてくるし、喉がガラガラになってくるしい。

から仕事が終わって家に帰ったらとにかく眠る。それ以外出来ない。

また、冬になると家に帰りたくないので、寄り道や外食が増えてしまうし運動もしなくなるのでどんどん身体が重くなる。

プライベート時間で何にもできないので仕事でのストレス解消はもっぱら食頼りになっていく。

職場で他の人との話題にも全然参加できない。

ストレスというのは色んな方法対処しないとうまく解消できないらしく、ジワジワと心が重たくなっていく。

そんなわけで、私にとって、冬はとてもつらい時期なのだった。



ここからタイトルの話なのだけれど、先月他の人の家に遊びに行った時に驚いた。

この家暖房をつけてないのにあんまり寒くない。

床暖房や何かに金をかけているのかと思ったらそういうわけでもなかった。

向こうはこの温度が基本らしい。

昨日その人に頼んで一度私の家に来てもらった。

そうすると、その人は「うわ、何この家むちゃくちゃ寒い。どうなってるの」という反応だった。

やはり、同じ大阪なのに、部屋の暖かさが全く違うようだ。

なぜこういうことになっているのかを調べた所、すごい単純な

2017-02-17

http://anond.hatelabo.jp/20170217164438

まあ自分特に苦痛に感じないか普通に改行もするけど

一応過剰にめんどくさがりな人とかもいることはいて、仕事では出来てもプライベートでは

極端に適当になるのだっているから、まあそれだけ認識してもらえればと。

まあ自分当事者じゃないんで実際どういう意図開業しないのかは知らんけど。

2017-02-14

っていうかそんな病気が大変なら安倍総理大臣を辞めるべき。どうせろくなことしないんだから。どうせ人殺しをしたいだけなんだろ?ヒトラー安倍

「またおなかが痛くなっちゃうのでは」と心配してあげたら、中傷だと言い出す産経新聞。どこまでヒトラー安倍に媚びるんだ?

まさに3K新聞 極右 姑息 汚いやり方。

そもそも安倍は第1次政権ときは仮病でこの病気をもちだしたという指摘もある。

さて、このような投稿があった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

anond:20170213170731

まずね、たぶんだけど多くのIBD患者病気で周囲に迷惑をかけていることに負い目を感じているの。仕事でもプライベートでも腹痛で周囲に迷惑をかけないか、全力で気を使ってるの。どうしても体調が悪くて休まなければいけない時も本当に悔しい思いをしているの。でもどうしようもないの。体がいう事をきかないの。でね、親しい人ほどそういうのわかってくれてるからもっとデリカシーのある言葉を使ってくれるの。「体調悪いなら無理しないで」とか「調子悪い? 少し休む?」とかね。

から正しく理解してくれてる人は「またお腹が痛くなっちゃうのかな」なんて事は言わないの。ブクマなんかでもIBDに対する無神経な揶揄をいっぱい見るけどね、そういう本人が負い目に感じている単語とかは絶対に使わないの。そしてそれにとても救われているの。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しかし、これは同じ大腸病気だとされる安倍総理には当てはまらない。

なぜか。

①「多くのIBD患者病気で周囲に迷惑をかけていることに負い目を感じている」⇒安倍はこの病気を利用して自身への批判を封じる手段に使ってる可能性が高い。

                                     ちょっと批判したら「病気の人にそんなことを・・・」というネット極右ファシスト安倍自民党工作員書き込みも目立つ。

  

②「仕事でもプライベートでも腹痛で周囲に迷惑をかけないか、全力で気を使ってる」⇒安倍総理国会では自分野次っておきながら野次るなと言論封殺マスコミにも脅しをかける悪魔所業

③「体調が悪くて休まなければいけない時も本当に悔しい思いをしているの」⇒繰り返すが、安倍はこの病気を利用して自身への批判を封じる手段に使ってる可能性が高い。都合が悪いとトイレに逃げ込み、「あ、俺への質問?」ととぼける。

安倍総理こそIBD?とかい大腸病気政治利用し、国民戦争への道に引きづり込む悪魔のようなやつだ。

2017-02-13

っていうかそんな病気が大変なら安倍総理大臣を辞めるべき。どうせろくなことしないんだから。どうせ人殺しをしたいだけなんだろ?ヒトラー安倍

「またおなかが痛くなっちゃうのでは」と心配してあげたら、中傷だと言い出す産経新聞。どこまでヒトラー安倍に媚びるんだ?

まさに3K新聞 極右 姑息 汚いやり方。

そもそも安倍は第1次政権ときは仮病でこの病気をもちだしたという指摘もある。

さて、このような投稿があった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

anond:20170213170731

まずね、たぶんだけど多くのIBD患者病気で周囲に迷惑をかけていることに負い目を感じているの。仕事でもプライベートでも腹痛で周囲に迷惑をかけないか、全力で気を使ってるの。どうしても体調が悪くて休まなければいけない時も本当に悔しい思いをしているの。でもどうしようもないの。体がいう事をきかないの。でね、親しい人ほどそういうのわかってくれてるからもっとデリカシーのある言葉を使ってくれるの。「体調悪いなら無理しないで」とか「調子悪い? 少し休む?」とかね。

から正しく理解してくれてる人は「またお腹が痛くなっちゃうのかな」なんて事は言わないの。ブクマなんかでもIBDに対する無神経な揶揄をいっぱい見るけどね、そういう本人が負い目に感じている単語とかは絶対に使わないの。そしてそれにとても救われているの。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しかし、これは同じ大腸病気だとされる安倍総理には当てはまらない。

なぜか。

①「多くのIBD患者病気で周囲に迷惑をかけていることに負い目を感じている」⇒安倍はこの病気を利用して自身への批判を封じる手段に使ってる可能性が高い。

                                     ちょっと批判したら「病気の人にそんなことを・・・」というネット極右ファシスト安倍自民党工作員書き込みも目立つ。

  

②「仕事でもプライベートでも腹痛で周囲に迷惑をかけないか、全力で気を使ってる」⇒安倍総理国会では自分野次っておきながら野次るなと言論封殺マスコミにも脅しをかける悪魔所業

③「体調が悪くて休まなければいけない時も本当に悔しい思いをしているの」⇒繰り返すが、安倍はこの病気を利用して自身への批判を封じる手段に使ってる可能性が高い。都合が悪いとトイレに逃げ込み、「あ、俺への質問?」ととぼける。

安倍総理こそIBD?とかい大腸病気政治利用し、国民戦争への道に引きづり込む悪魔のようなやつだ。

「またおなかが痛くなっちゃうのでは」と心配してあげたら、中傷だと言い出す産経新聞。どこまでヒトラー安倍に媚びるんだ? まさに3K新聞 極右 姑息 汚いやり方。

「またおなかが痛くなっちゃうのでは」と心配してあげたら、中傷だと言い出す産経新聞。どこまでヒトラー安倍に媚びるんだ?

まさに3K新聞 極右 姑息 汚いやり方。

そもそも安倍は第1次政権ときは仮病でこの病気をもちだしたという指摘もある。

さて、このような投稿があった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

anond:20170213170731

まずね、たぶんだけど多くのIBD患者病気で周囲に迷惑をかけていることに負い目を感じているの。仕事でもプライベートでも腹痛で周囲に迷惑をかけないか、全力で気を使ってるの。どうしても体調が悪くて休まなければいけない時も本当に悔しい思いをしているの。でもどうしようもないの。体がいう事をきかないの。でね、親しい人ほどそういうのわかってくれてるからもっとデリカシーのある言葉を使ってくれるの。「体調悪いなら無理しないで」とか「調子悪い? 少し休む?」とかね。


から正しく理解してくれてる人は「またお腹が痛くなっちゃうのかな」なんて事は言わないの。ブクマなんかでもIBDに対する無神経な揶揄をいっぱい見るけどね、そういう本人が負い目に感じている単語とかは絶対に使わないの。そしてそれにとても救われているの。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しかし、これは同じ大腸病気だとされる安倍総理には当てはまらない。

なぜか。

①「多くのIBD患者病気で周囲に迷惑をかけていることに負い目を感じている」⇒安倍はこの病気を利用して自身への批判を封じる手段に使ってる可能性が高い。

                                     ちょっと批判したら「病気の人にそんなことを・・・」というネット極右ファシスト安倍自民党工作員書き込みも目立つ。

  

②「仕事でもプライベートでも腹痛で周囲に迷惑をかけないか、全力で気を使ってる」⇒安倍総理国会では自分野次っておきながら野次るなと言論封殺マスコミにも脅しをかける悪魔所業

③「体調が悪くて休まなければいけない時も本当に悔しい思いをしているの」⇒繰り返すが、安倍はこの病気を利用して自身への批判を封じる手段に使ってる可能性が高い。都合が悪いとトイレに逃げ込み、「あ、俺への質問?」ととぼける。



安倍総理こそIBD?とかい大腸病気政治利用し、国民戦争への道に引きづり込む悪魔のようなやつだ。

大丈夫かな…またおなか痛くなっちゃうのでは」

IBD患者に対する「大丈夫かな…またおなか痛くなっちゃうのでは」。これね、ブクマで丁寧に書こうと思ったら100字じゃとても足りないか増田を使わせてもらうね。ちなみにこれ書いてるのは10代のころからIBD患者ね。

 

まずね、たぶんだけど多くのIBD患者病気で周囲に迷惑をかけていることに負い目を感じているの。仕事でもプライベートでも腹痛で周囲に迷惑をかけないか、全力で気を使ってるの。どうしても体調が悪くて休まなければいけない時も本当に悔しい思いをしているの。でもどうしようもないの。体がいう事をきかないの。でね、親しい人ほどそういうのわかってくれてるからもっとデリカシーのある言葉を使ってくれるの。「体調悪いなら無理しないで」とか「調子悪い? 少し休む?」とかね。

 

から正しく理解してくれてる人は「またお腹が痛くなっちゃうのかな」なんて事は言わないの。ブクマなんかでもIBDに対する無神経な揶揄をいっぱい見るけどね、そういう本人が負い目に感じている単語とかは絶対に使わないの。そしてそれにとても救われているの。

 

それとね、特にね、「また」って言われるとドキッとするの。ごめんね、また迷惑かけちゃったよね。いつもいつもごめんねって思いが真っ先に来るの。つらいの。仕事中に何度もトイレいってごめんねってね、そんなの自分が一番わかってるよ。

 

からね、そういう言葉を「心配して使ったつもりだった」というならね、IBDの事を思うなら心配してようがそういう言い方はしないでって、そうなるの。朝日記者がそこまで理解してたうえでね、恥ずかしい限りだと思ってるならね、別にいいんだけどね。

NHKスペシャル「見えない貧困未来を奪われる子供たち」を見た

2017/2/12、日曜の21時から放送

概要

・全世帯可処分所得中央値の半分以下である世帯貧困定義。この定義だと6分の1の子供は貧困になる。

貧困調査において「剥奪指標」を用い、物的資源の欠如、つながりの欠如、教育経験の欠如の3点で調査した。

・この子供の貧困放置した場合、低収入などで42.9兆円の社会的損失が予想される。

先進国は「相対的貧困」で、途上国は「絶対的貧困

貧困の子供は、苦労している親を助けられないジレンマや、自分の将来に楽観が持てないことで自己肯定感が低くなる。


感想

番組ではその現状を伝えることが目的だったので具体的な解決策まではありませんでした。

でも深刻さが十分伝わったことで、有意義だったと思います



剥奪指標である、物的資源の欠如については、「ジモティー」みたいな需要供給マッチングサービス有効かと思いました。

こういうのを国主導でやれないのでしょうか?

開発費、運営費が具体的にどのくらいになるかはわかりませんが、生活保護に比べて、費用対効果は大きいんじゃないかと思いました。(効果とは国民生活水準向上、幸福感です)

ジモティーでもいいんですが、国がやって、すべての国民が知って使うようになると、ますます有用性が高くなると思うのです。



あと、つながりの欠如については、

デンマークのコウハウジングコミュニティーみたいな、大きなスペースの中に各家族プライベート空間を持って住み、家族間を超えてつながりを持ちやすくするような住形態あったらいいなと思いました。

今後は過疎化していく地域などでも、こういった助け合える、つながりを持てるような場が必要だと思います

結局は必要になってくるものなら、これも国がインフラとして作ってもいいと思います



教育経験の欠如については、

コミュニティーができれば、レクリエーションなどで、遠くへ旅行できずとも色んな思い出が作れると思うけど、塾レベル教育は難しいと思います




今回の番組を見て、国がもっとお金出したら良いのにと思ったのは、42.9兆円という社会的損失です。

それは結局は生活保護などで補填しなければならない損失になると思います

損失がそこまで大きくなる前に対策できるのであれば、それにはある程度のコストはかけていいと思うんです。



視点だけではありません。

貧困の子供は自己肯定感が低くなるということで、自立して生きる力が育たず、幸福感を得れない人が増えると思うのです。

最近就職の安定志向や、専業主婦願望といったものは、自分で生きていく自信のなさの表れだと感じます

安定はすぐに飽きます自分の力で生きていくことの幸せを知らずには、不満が増えるだけでしょう。

不幸な人が増える事自体、憂慮すべきですが、それによる社会問題も増えます人間が荒めば社会も荒むでしょう。



他に、意識についての教育必要だと思いました。

上に挙げたインフラをただ整えるだけではうまくいかないと思います

日本貧困は「相対的貧困」というもので、紹介された子供たちは生きていけないレベル貧困というわけではなく、

日本生活水準における相対的貧困、他の一般的子供たち、友達と同じように物を買ったり旅行ができなかったりすることが問題でした。

まり他人比較することで貧困を感じ、不幸な気持ちになるということです。

コウハウジングを作っても、他人を信頼できない人は快適な生活はできないし、そこに住むという劣等感が拭えなければ幸福になることはないでしょう。

これは、意識次第と言うこともできます。ですがその意識を変えることは容易ではありません。



この意識への教育学校でできないかと思うのです。

今の道徳倫理の授業では何を教えているかはわかりませんが、

生きていく上で本質的重要な、自己肯定感を高めることや、他者比較競争しなくてもいいということなど教えたり、

勝ち組になりたいと思わざるをえない環境をなくして、強くて幸福子供が増えると、いじめをする動機すら薄まると思うのです。

これも国主導で、社会学者心理学者を集めて、国民意識を良いものにしていくための教育作りはできないんでしょうか?




好き勝手に疑問や提案をしてきましたが、

国がどこまでやっているか、何を試したのかを全く知りません。

ただこの問題について共有したいのと、有識者トラバとかで教えてくれないかと思って書きました。

2017-02-12

夢の実現方法について、現実的友達と語り合ってみたら盛り上がった

「こういうお店があったら自分なら行くのに。世間的にも需要があるのに。元手があったらやってみたいなあ。」

夢想していた事がある。


今日友人にその話をし、冗談でどんどんと実現するには…とあれこれなるべく現実的アイデアを出し合って盛り上がった。

二人とも頭はよくないし、経営知識経験は皆無だし、現実的な実現方法といえども恐らく妄想の粋を出ない机上の空論だったろうとおもう。

それでもこうして人脈を広げたら、とか、クラウドなんとかを使ってみたら、とか世間的な需要への確信とかとか。

一人で夢想していたものよりも人に話すことでほんのちょっと現実味が湧き、アドレナリンが出ているのがわかった。

まあ、出てきた結論パパ活で人脈と資金集めどちらも手に入れよう、という冗談でおわったのだけど。


こういう前向きで新しいことを考えるのは楽しい

話し合いの中でいいアイデアが浮かんでくる時間は最高だ。


ただ現実楽しいものではないことはわかっている。

実現への試行錯誤時間大金、体力、プライベート社会的信用など、いろんなもの犠牲にしなければならないのだから生半可なノリで事業なんか始められない。

クラウドなんとかについても、ノリだけの企画提案には土俵にあがる資格すらないだろう。


夢を語ることは、世間知らずだからこその楽しみ。

からきっと、一生はじめの一歩を踏み出すことは無いのだろうと、思う。

実現のために具体的に行動している人は、なんであろうと行動しているだけ、とてもすばらしい。


夢を叶えるために今努力している人、期待してます

動力尊敬します。

2017-02-10

Wall Street Journal、Financial Timesを無料で読む方法

ツイッターフェイスブックGoogle+記事リンクをはりつけて、そこからたどると無料で読める。

フィナンシャル・タイムズは一日一記事の制約があるからリンク右クリックしてプライベートウィンドウで開く必要がある。

リファラコントロールするアドオンリファラの値を"https://www.facebook.com/"にする方法でも行けるようだ。

人の死をいい話にする人たち

大好きなアイドルが亡くなりました。

18歳。詳細は明らかになってませんが病死だそうです。

およそ4年前にはまり、ずっと追い続けているグループの一人です。

「見た目は大人、中身は子供」のキャッチフレーズのとおり、モデルとしても活躍する端正な顔立ち、すらりと伸びた手足といったビジュアルとは裏腹に、番組ライブMCなどで見せる天真爛漫な姿が大好きでした。

から突然の訃報には驚き、悲嘆に暮れ、しばらく言葉になりませんでした。

Twitterには同じように悲しむ人たちで溢れており、その言葉を眺めて、自分気持ちを整理させようとしました。

しかし、それらの言葉に触発され、様々なことを思い返せば思い返すほど、悲しみは増し、言葉にならない想いが次々と胸に去来しました。

そんな中、リツイートで回ってきた2つの言葉がありました。

「若くして死んだ子は同世代に命の大切さや、死の身近さを気づかせる役目のため神様に選ばれた」

「すごいな。ジョン・レノン尾崎豊よりも若いうちに神様の前でパフォーマンスするために呼ばれたなんて」

とてもひどい言葉だと思いました。

誰の気持ちに寄り添ったらこんな言葉が出てくるのでしょうか。

大切な人を失って悲しむ友人や家族が隣にいたら、同じ言葉をかけるのでしょうか。

僕も最近プライベートで近しい人を亡くす経験しました。

でも「~~のために死んだ」とは決して思いませんでしたし、そんな言葉をかける人もいませんでした。

もっと長生きしてもらいたかったし、もっと色んなことをしてあげたかたから、もし何かのために死んだというなら、それが神様であろうと人殺しだと思うでしょう。

でも、そのツイートにはたくさんのリツイートいいねがついていました。

そんなことで大切な人を奪われてもいい人ばかりなのでしょうか。

「死」それ自体意味を与えて、「いい話」として消費されているような気がして、とても悲しくなりました。

そして、人の死が「いい話」を呟いた人の承認欲求の道具にされているような気もして。

プライベートでも仕事と同じ態度でないといけないのか?

プライベートでの行動を事細かにチェックして、そんなんではけしからん、と仕事上の文句としていってくるってのは何なの?

仕事の方はきちんと出来ていて、その時はその仕事にふさわしい態度にやっていると、すくなくとも周囲から評価ではそうなんだったら

プライベートときの行動がそこから外れていてもべつに問題ないと思うんだけど

どんだけ仕事というものに全人生をかけろと言いたいのか。

仕事上のミスを指摘できないから、わざわざプライベートでのミスを引っ張り出してきて叩いているようにすら思えてくる。

勿論、犯罪やらかせば懲戒免職になるように、ある程度限度というものはあるが、それでもある程度までなら

プライベートでのミスあくまプライベートのものであり、仕事のものと際限なく認定するのは違和感がある。

例えば、プライベートで遊びに行くとき電車に乗り遅れたからと言って、それを会社遅刻したのと同等の罪とみなして

仕事上のマイナス評価するというのは良くないと思う。

2017-02-09

バレンタインデー用鍵付きchannel

web業界にお勤めのお姉さん方におかれましては、今ごろslackプライベートチャンネルで繰り広げられているリーダー女子チョコレートの大作戦通知に湿疹間近のことと存じ上げます

はぁつらい。inviteされた。

あげたい人にはあげたらいいじゃん。

女子?!全員から男子?!全員にあげるチョコっ義理チョコ史上もっと価値ないと思うんですけど。

社内のチョコあげるのってつまり、日頃お世話になってる人とかあげたいなと思うくらいの仲良い人に対するコミュニケーションツールなわけでしょ。

お菓子置き場において、slackで「@here 女子社員からでーす★」ってやってスタンプでリアクションされるその一連の行為の中に何かチョコが生む特別コミュニケーション存在するの?

日頃から業界的に特にしきたりや、慣習にとらわれずに本質的なことに実力重視で男女関係なく取り組んでいる私たちが、未だにやることかね?

今はどうかしらないけどCAみたいなバレンタイン禁止令、そういうのだったらよかったのにな。

女だから、男だからっていうのがとにかく苦手な自分にとって、このしきたりチョコレートは本当につらい。

もちろん好きな人にあげたり、あげたい男性に渡すのはいいと思う。

みんなでやる意味がわからない。

個々に買うとお金が高いから、っていうのは認められない。渡すことよりもお金が気になる相手にはあげなくていいのでは?と思う。

女性が集まって、(なんの意味もないのに)男性にわいわいかわいいものを探したり作戦たてる空気が苦手だ。

こんなこと苦手な弊社の男性陣が、来月誰かが発端となってお返しのお菓子についてチャットせざるを得ないと思うと気の毒。。。

ガタガタうるせえな!金だけだせよ!って思ったと思うけどそうする予定です。

仕事」って宗教だということに気づいた

仕事を休んでいて心身ともにリフレッシュしてたら、ふと「仕事って宗教じゃね」ということに気づいた。

辛いことでも頑張らなきゃならないって社会的容認されているのもどこか宗教での修行みたいだし、飲み会で芸とかやるのも宗教儀式っぽいなあ、と。

なんとなくのイメージだけど欧米では仕事プライベートが分かれてるってのも、キリスト教とかの宗教が根強いから、逆にそういう雰囲気容認されているんじゃないかと思う。日本みたいに(自称無宗教者が多いと、仕事自分宗教にしちゃって、その教えから外れると厳しい処分が下るってところがまさに宗教裁判みたいだなあって。

宗派がいろいろあるから一概には言えないのだけれども、日本では「働け!」という価値観が当たり前のように共有されていると思う。もちろん資本主義社会からそうってのも分かるし、読んだことないけれどもプロテスタンティズムとかが背景にあるのだろうとは思うのだけれども、そういう学術的な背景とは裏腹に、普通に働く社会人たちの宗教心って「仕事」教みたいなところにはないだろうか。

仕事」をしていれば御利益に預かれるとか(これは普通か)、「仕事」できつい目に遭わされてもきっと報われるとか、「仕事」の教祖社長とか上司とか)に自分の人間性を無視しても従わなければならないとか、家族より「仕事」が大事とか、「仕事」のために人を殺すとか、はたまた「仕事」に殉じるとか、いろいろと言いようはあると思う。

今の社会にはこのいろんな宗派がある「仕事」教にだんだんと染まらない人たちが出てきて、でも「仕事」教の教徒もまだたくさんいるからいろんな軋轢があるんだと思う。

食っていかなくちゃならないか仕事をしなければならないんだけど、「仕事」教からは逃れたいなあと思った。

http://anond.hatelabo.jp/20170208002800

親父が銀行勤めだったけど、

結婚できないやつは、どこか人格問題があるんじゃないか

という理由で、結婚しない人は出世から遠ざけられたとか。


職場ではまじめな人が、プライベート女性関係とか薬物、

犯罪に関わることってあるもんね。

ジャニーズ界隈における愚痴垢と呼ばれるものについての独り言

私はとあるジャニーズグループファンをしている。

そのグループは私にとってはとても応援したくなる楽しいグループだ。

twitterアカウントを作り毎日些細な情報を追っては幸せ気持ちになっている。

しかtwitterでそのグループ名を検索すると当たり前だが批判的な意見もヒットする。

その当たり前の範疇に入るのは歌番組に出ている彼らを歌下手だなー、ドラマに出演している彼らを演技が下手、など彼らをよく知らない人たちが素直に感じてつぶやいた意見だと思っている。彼らのことをよく知らない人たちは好意というフィルターがかからいからこういう意見が出るのは仕方ない。ファンからすれば音を外すのも演技が少し怪しくても好きだからかわいいからで済まして過大評価している場合もある。

しかしいつからムーブメントかは知らないがここ1年か半年くらい前からかな、彼らのことをよく知る人物による批判的なつぶやきを大変よく目にする。

彼女たちはもともとは好意を持っていたファンだ。しかし今は悪意のフィルターを持ってtwitterは好きなことを自由つぶやくツールであることを建前にしてあることないことを鍵もかけずに全世界に言いふらしている。

彼女たちの中には熱愛がきっかけで一気に冷めてしまったタイプの人もいれば、長年追っていくうちに1番好きだったころと今の自分熱量の差にだんだんまらないギャップを感じてしまいそれを彼らのせいにしてしま責任転嫁タイプもいる。そのとき自分が楽しくて彼らに貢いだはずのお金を返せなんていう輩も目にした。

ファンによるアンチ化なんてどの界隈でも別に珍しくない。しかし楽しく応援しているもの彼女たち曰くお花畑純粋ちゃん)からすれば愚痴垢ほどうっとうしいものはない。

愚痴垢はたくさん目にしてしまったけれど自分つぶやきアンチ行為だという自覚を持っている人たちがほとんどいなさそう。

あの頃のきらきらした彼らに戻ってほしいんだもんね?アイドルでありながらプライベートで下手打って週刊誌に撮られたからてしまったもんね?

彼らの今の仕事に胸が躍らなくなったのはあなたの心境の変化じゃなくてあくまで無条件に信じさせてくれなくなった彼らが悪いんだもんね?

からあなたたちは今純粋応援しているファンの人たちが目にしたらドン引きしてしまうような発言してもいいんだよね?

あと本垢愚痴つぶやくフォロワーさんたちに不快な思いをさせてしまうから住み分けのために作った的なのを目にしたことがあるけどそれはあなたがそんな愚痴つぶやくような人間だと思われたくない、嫌われたくないだけろう、結局鍵をかけずにつぶやく愚痴はまわりまわってあなた不快にさせたくないフォロワーが目にする可能性があるのにすごい綺麗言ですね?

まあでも愚痴垢というものは結局長くても1年以内には収束するものだろうなとも思っている。

結局は彼らのことをよく知らないと愚痴なんて言えない。そして愚痴を言い続けるためには最新の彼らを追い続ける必要がある。だから新曲も聞くしわざわざコンサートにもいく人もいる。

そして(特にまだ若い人は)新しい愚痴を発信するために彼らの仕事を追う行為は次第に馬鹿らしくなる。あるものは好きだということを自覚し冷静なファンに戻っていくだろうし、あるものは彼らを追うことをやめもっと自分にとって楽しい世界に身を置くんじゃないかな。そして愚痴垢はのちに黒歴史になる。

愚痴垢は一過性ウイルスなのかもしれない。

せっせと愚痴垢を運営するあなたに言いたいことがあるんだけど、鍵をかけない限りあなた発言は全世界の人が見る権利があって、あなた発言に対して意見する権利を持ってる。あなた発言が何の信頼も持っていない言葉ならそれは大多数の人間によってツッコまれて淘汰されるんだよ。もし愚痴垢に対して文句のツイ―トをしている純粋ファンの人がいてそれをあなた不快に感じたとしたらそれは鍵をかけていないあなたが悪いんだよと。

別に一時的に不満をつぶやく愚痴垢が何百あったて彼らの活動には一切影響されない。そんなことに影響されるつまらない人たちを応援しているつもりはない。

しか純粋応援している私にとってはしょうもない言いがかりオンパレードでどうしようもないくらいに腹が立つ。

誰でも目にするtwitterを利用しておきながら見なけりゃいいじゃん、じゃない。頼むからその悪意のフィルターをかけたつぶやきは鍵をかけて見せてくれるな。

以上、匿名であることをいいことにやりたい放題の愚痴垢に対する苦言を匿名でぶちまける特大ブーメラン記事でした。

2017-02-08

会社で困っちゃうリスト

プロと言いながら知識が基礎から無い

ちょっとめんどくさい。

知識から教えないといけない。説明時間が人の倍かかる。

■年齢の割にスキルが低い

才能がないんだと思う。数十年やってあれならもう伸びることは無いしあまり責められない。年齢的な意味でも。

仕事が遅い

5分で終わる作業半日使う。

するなとは全く思わないけど音楽聴きながら作業してるからじゃないのかなぁ。

知識知ったかぶり

履歴詐称してて後に引けないんだと思う。話がかみ合わない。変な空気なっちゃう。

■過剰な教えたがり

優しいんだと思うけど、みんな知ってる内容なんだ。

相手が話したそうだから、ずっと聞いてる。

プライベートをやたら知りたがる・休日に遊びたがる

下心見えてるよ~、会社の人とプライベートをいっしょに過ごす人の気持ちが知れないよ~。

意識して真似てくる

服とか髪型とか持ち物とか。

言動までも近付けられるのはちょっと恐いです…。

■不潔な奴

風呂入ろう。髪がベタベタ、お肌が油っぽいのが気になって話に集中できない。

説明を聞かない奴

つらい。知識ある人に多い。パワーポイントを作って図式で説明するというのが有効だった。時間がかかる。

飲み会の次の日休む奴

自分限界を知らないのか、何度も繰り返す。一緒に仕事したくないタイプ仕事でもやると思う。

会社での女性ファーストをやたら主張してくる

自分も女だけど今のままで不自由いから、過剰な要求はやめた方がいいと思う。巻き込まれそうでいやだなぁ。


1つでも心当たりあったら私が嫌な気持ちになる人です!

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん