「プライベート」を含む日記 RSS

はてなキーワード: プライベートとは

2016-12-09

http://anond.hatelabo.jp/20161209230921

同じようなことを思った。セクシャリティのことやプライベートをバラされたことへの同情のコメントが多く、薬物使用を疑われたことやその背景については言及されないことに違和感を覚える。

2016-12-08

http://anond.hatelabo.jp/20161208125800

海外転職活動して気づいたこ

日本まれ日本育ちの自分海外転職して気づいたことをメモ

(ちなみに日本会社退職イギリス大学院へ→日本及びイギリス就職活動転職 というのがここまでの簡単な経歴。今回書く日記には特に関係しないので詳細は省略させていただく。)

 

大きく差を感じたのは、日本では『過去理由』をとかく気にするという点だ。

「何故退職したのか」「その会社で何故改善しなかったのか」「何故そもそもその会社に入ったのか」「何故会社を辞めてまで海外大学院にいったのか」

等々の質問日本では必要以上にひたすら深入りしてくどくど聞いてくる企業が多かったように感じる。果ては「こうしたほうが良いのに何故そうしなかったのか」等。

 

また、退職理由はともかく、何年も前の行動を何故そうしなかったのかやたら聞いてくる人事も少なくなかった。

確かに人格判断等には役立つかもしれない。しかし人の考え方や行動は時と場合さらに年をとるとまた変わってくるし、今現在意見や考えを聞かずにやたら過去をずけずけと、半ば説教のごとく価値観押し付けながら聞いてくるのは如何なものか。

正直余計なおせっかいである

こちらが如何にプラスの方向へ、未来へと話を繋げても戻るところは過去理由ばかりであった。

中でもベストオブおせっかいは「何故大学では○○の分野を学んだのに直接関係しない企業に入ったのか」である

何年前の選択について聞いてるのかと。当時リーマンショックやらでとにかく不況内定取り消しなんて日常茶飯事。選んでいる場合ではない。理由なんて「生活のため」以外ない。

とりあえず、当たり障りなく丁寧に説明したが、その後のおっさんのひとことにはさすがにカチンと来た。

「いやー、それでも探せばあったと思うよー」。

 

お前は一体何様だ。なにを知っているんだ。

 

対してイギリスでは、もちろん中には似たようなことを聞かれることもあったが、ほとんどが軽く聞く程度で、深入りされることはなかった。

では何を聞かれるのか。

その多くは『今』に着目しており『これから』につながるものだ。

「なにを学んできてこれからどう生かせるのか」「何ができるのか」「自分はどう役立つのか」「今自分はどう考えているのか」

等々、建設的であり、ある意味ビジネスであると私は感じた。プライベート問題やこれから業務に直接関係のないことは聞かれなかったし、ましてや面接官の考え方について語られること押し付けられることもなかった。

日本のような過去理由について聞かれてもそれは必ず現在未来に繋げていく上での話であって尋問のように感じることも一切なかった

そのままイギリス転職して1年少し。休暇で久しぶりに日本に帰ってきて思うのは、この日本のある種後ろ向きな考え方が、日本での「生きづらさ」の原因にもなっているのではということだ。

転職を恐れてブラック企業から抜けられない若者、一度違う道へ行くとやり直しできない社会うつなどのメンタル問題…すべてこういった社会の考え方や価値観からつながっていっているのではないだろうか。

もちろん、過去の失敗や行動から学ぶべきことは山ほどある。しかし、それは内々で取り組み解決や発展させることであり、他者からどうこう言われるものではないし、今現在のその人本人の評価には何ら関係がないのではなかろうか。

また先日、米国大学卒業し働いていた友人がキャリアアップ資格取得のため、日本大学学士編入の試験を受けたのだが、その面接の際もとにかくやたら「過去」に着目した質問ばかりして気が滅入ったと聞いた。

この考えで日本社会が発展しているならともかく、私が知る限りそうであるようには見えない。

 

ブラック企業問題しろ女性社会進出問題しろ何にしろ、法的整備以前にまずは、そういった日本蔓延る考え方や価値観を変えていく必要があるのだろうし、次の世代のためにも私自身も変わるべきだと、一連の経験を通して改めて考えさせられた。

 

もうすこし、生きやすい世の中になることを願って。

支援トラバです。

こういう中世ジャップランドダメさ加減をもっと書いて欲しい。

昨日の夜、風呂につかってアイフォンいじってたら眠くなってきた

時間23時半くらい

風呂から上がったらもう寝た方がいいかなとふと思ったら、そこから一気に考えが発展して、

「え、今日帰ってからメシと風呂しかしてない、なんも遊んでないプライベート時間なんもないのにもう寝るしかないの俺!? そんで起きたらまた仕事だろ? それ生きてる意味あんの?? そんなの嫌だよ俺!!!

ってとこまでいったと思ったら不意に目に涙が盛り上がってきた

嗚咽まではいかんかったけどいこうと思えばいけるくらい

漫画アニメじゃなく現状の自分リアルに泣きたくなったのは初めてかもしんない

上司とかにムカついて泣きたくなることはあったけど、怒りじゃなくて悲しさで泣きたくなった自分に、一番自分が驚いた

ちょっと我慢したらすぐ涙は引っ込んだけど

わかってんだよなー

今の仕事自分に向いてないって

あああああ死ね殺したい

2016-12-07

仕事プライベートは別」「いやそうじゃない」

どちらでもよい、各人が各様に決めて生活すればいいこと。

その人の人生なのだから他人がとやかくいうことではないし、ましてや他人制限されるものでもない。

…という旨を述べたらとある役員から徹底的に攻撃(パワハラ?)を受け、もう疲れた

明言しようとしないがいわゆるひとつの「社畜」こそが会社員としての正しい生き方

  ↓

俺はそれ(考えと行動、感情さえも)を押し付ける!!

  ↓

それによって全員が同じ温度感仕事できる

  ↓

いやならここから去れ!!

こんな感じ。

単なる傲慢とどこが違うのか、どうしても理解できない。

このままだと社畜化されるか、職を失うか。

特段今の職場にこだわりはないものの、年齢等からして職を変えると収入は大幅に下がり、生活レベルも著しく下げざるを得ず、それは避けたい。

他の皆も自分と同じように感じてはいるが、それぞれの事情(家庭があるとか)でただただ耐え忍んでいる。

2016-12-05

http://anond.hatelabo.jp/20161205174532

えーと、私はLINEコマーシャルに出ていたかしら?

なんか出ていたような気もするんだけど、競合他社だったような気もするのよね。

もし違うところのCMに出ているくせに、LINEを使っていることがバレちゃうと、事務所に叱られちゃうからLINEプライベートでは使っていないことにしておくわ。

いろいろなCMに出ているから、これでも気を遣っているのよ。



さとみ

2016-12-04

「お酌」とかい文化気持ち悪い

隣の人のビールをつがないといけないとかいうやつ。

接待とかのビジネスマナーとして存在するのは勝手にしてくれと思ってるけど、あれをビジネス関係ないプライベートにまで持ち込んでくるヤツは一体なんなの?

したり顔で「手酌させたらダメだろ~」「お前は気が回らないなあ」じゃねえよ。自分のことぐらい自分でやれ。赤ん坊かお前は。



お酌だけじゃないけど、ビジネスマナー全般を当然のように友人間にも取り入れようとしてくる人たちにはほんと辟易する。

社畜の習慣は社畜の中だけでやってくれ。

2016-12-03

ブラック企業企業理念まとめ

Dena

創業からDeNADNAは、「新しいことに挑戦し続けること」です。

顧客のことを第一に考え、感謝気持ちをもって顧客の期待を超える努力をする

http://dena.com/jp/company/policy/


ソフトバンク

情報革命で人々を幸せに―

世界の人々から最も必要とされる企業グループ

http://www.softbank.jp/corp/about/


ワタミ

地球上で一番たくさんの“ありがとう”を集めるグループになろう

http://www.watami.co.jp/corporate/identity/


ドンキホーテ

お客さま、そして従業員多様性尊重

http://www.donki-hd.co.jp/csr/message/


アリさんマークの引越社

プライベート空間にまで入っていく引越の特徴を踏まえ、安心感安全面においても、お客様に信頼して頂くために、全作業員身元保証人」付制度実施するなど、長い経験からまれ引越グループだけのサービスで「お客様本位」を貫いております

http://www.2626.co.jp/information/history.html



電通

「その手があったか」と言われるアイディアがある。「そこまでやるか」と言われる技術がある。「そんなことまで」と言われる企業家精神がある。

http://www.dentsu.co.jp/vision/philosophy.html


REINS International Inc(しゃぶしゃぶ温野菜)

お客様に「もう一度体験したい」「他の人に勧めたい」と思って頂けること。

http://www.reins.co.jp/corporate/philosophy.html


いいこと言ってるやつほど信用できない

自担週刊誌にも人気になってしまった

時間が経てば落ち着くかと思って特に吐き出すこともなく終息するのを待っていたのですが、時間が経てば経つ程、何だか腹が立ってきて、年末歌番組コンサート純粋に楽しめる気がしないので、気持ちの整理をする為に少し書きたいと思います


ここ1、2年で露出が急激に増えた私の担当くん。革命なんて言われて、いちファンとしてこんなに嬉しく有難いことは無いくらい劇的にお仕事が増えました。

麗しい容姿トキメキ、緩いコメントに癒され、時に懐かしい黒髮時代に想いを馳せながら、HDD雑誌の整理に追われる日々……。

その充実感は彼の言動からもひしひしと伝わってきていました。


所謂見切れの時代、どうすればアイドルとしてひとつ抜きん出ることが出来るかを必死に考えもがいていた彼。

そんな彼を世間は「強かだ」と評し、誰もがそのポテンシャルの高さに期待を寄せて、彼もまたそれ以上の結果を残していく。彼の評判を聞く度に、ファンとしても鼻が高く、もっと彼の魅力をたくさんの人に知って欲しいと心から思って応援していたのです。


……と、まぁ彼の魅力や影の努力などはご興味のある方は既に知っていると思うので割愛で……



ここ数ヶ月で2度も週刊誌に載ってしまった件について思うことです。


正直怒っています

掛け持ちで申し訳ないですが、先日、人生で初めて「自担結婚」というビッグビックリイベントに遭遇しました。

結婚に関してきっと喜べない方もいると思いますが、私はめちゃくちゃ祝福しています。本当に良かった!おめでとう!(でもほんの少しだけ寂しい……)

ベスアのあの幸せな画に涙を流しました。そんなお祝いムードをこんなに短期間で打ち消された事に、とても腹が立っています

あとメンバー誕生日でしたしね。楽しくお祝いしたいところにこの情報……。



そして呆れています

熱愛に関して、別に誰と付き合っていても私はそこまで気にしていません。

二股に関しても(記事をよく読んでないのですが)二方とのお付き合いの真偽は定かでは無いので、とりあえず置いておきます(仮に事実ならモラル的にもアウトですけど)

ただ、絶対に警戒して然るべき時期(前回の件が表沙汰になった直後)にこのような脇の甘さを見せられては、反省していない!と取られて当然だな、と擁護のしようもありません。

twitterで憤りを言葉にされている方は、撮られた内容よりも『撮られてしまった事実(タイミング含む)』に怒っているのだろうなとその発言を見ていて思います

10周年を目前とした明らかに人気が出てきたこの大事な時期に、週刊誌の格好の餌食になることは明白で、そういった危険自覚して行動して欲しい、それができていないから「最近調子に乗ってる」と言われてしまうのです……。



擁護派はちょっと論点がズレてる?

twitterで私は信じてる〜とか本当のファンなら叩かないで〜と言っている人は、怒っている人が何に対して腹を立てているのかを読み違えて、食ってかかっているような気がします。

例え両方と男女関係に無くとも、誤解を招くような付き合い方をする事自体が、明らかに彼(等)の落ち度であるわけです。タレントにとってもファンにとっても基本スキャンダルは無い方が良いじゃないですか。しかも数週間前に騒がれた後なんですから



ファンが騒ぎすぎ

こんな記事を書いておいて、って感じなんですけど、この件に関して騒いでる人って主にファンでは……と思った次第です。

意外と普段なんとなくテレビをつけて彼を見ている層は、そこまで関心を示していないような気もします。ナーバスになりすぎて逆に煽っているのは私たちなのかもしれません。

ただ、心情的には怒ったり悲しんだりして当然なので、騒ぐなとも言えないですけど。



理想アイドルでいて欲しかった

これはあくまで私の超個人的アイドル観なんですが、プライベートはどうであれ、ファンに見せる姿は徹底的にアイドルでいて欲しい!のです。

実際には誰かとお付き合いしていようとも、私たちに向けた、彼なりの理想アイドル像を信じていたかったな、と。

(アイドルスキャンダルはつきもの、と言われてしまったらそれまでですが)

インタビューなどの言葉の端々からも、彼の聡明さや、健全で手の行き届いた素敵な家庭環境イメージしていただけに、1度目の失敗から成長(反省)が見られなかった彼の行動には疑問しか湧かないです。

そして今まで彼から与えられていた情報で出来た私の理想は儚く脆く打ち砕かれたのでした……(助平なのは分かってたけどw)



そんなこんなで、担降りしませんが、暫くは顔見る度に脳裏にいらん情報が浮かんできそう。


大きい事務所からタレントが手を焼かずとも裏で色々と処理されていくんだろうけど、もういい大人なんだから自分言動と影響力には責任を持って欲しいです。

熱愛自体はそこまで重い問題でも無いので、今回のザワつきがどれだけ重大な事なのか彼に伝わりにくいのでは、と危惧しています。だからこそ確実にペナルティーを与えてくれと思う人の気持ちも分からなくはないです(流石に今度こそちゃんと反省してくれよ、マジで)

とにかく多くのファンが心を痛め、ため息を漏らした事を、彼には重く受け止めて頂きたいです。

そして10周年は一緒に盛大に気持ち良くお祝いしたいです。

2016-11-30

http://anond.hatelabo.jp/20161130223820

増田橋本奈々未名前を見るとは思わなかった。

でも、橋本奈々未からアイドル性は感じられなかった。

ななみさんは純粋生活苦から乃木坂入ったっぽかったからなぁ。アイドルが好きだったって話も聞かないし。

引退理由については、本人もよく分かってないんだろう。一応現状で理屈を付ければ弟の学費が~ということになるんだろうが、10年後20年後にならないと(本人にも)分からない理由がまだあるはず。



ただ拝金主義自己責任論のはびこる芸能界価値観に呑まれず、身を引く決断をしたのは良かったことだと思う。プライベート品性の切り売りをしてバラエティで生き残ろうとしているAKB卒業生を見ているとそう思う。



増田乃木坂ファン自体もやめてしまうんだろうか。

2016-11-29

ブラックなんじゃないの?って親に心配された

・土日休み

 (ただし平日疲れてるから家で死んでる

・平日はほぼ毎日帰宅23時~とか

・水曜は定時退社だから20時までには帰宅

・月平均残業時間は50~60

 (ただしみなし残業制だから残業代がでるのは10時間分だけ

・忙しくて有給とれない

  (ただし仕事早く終わらせる人は有給余裕でとれる

通勤時間が片道30分ちょいだからまだ助かってる




残業が多くなってる理由自分のしごとのできなさ、遅さが原因だって思ってるから、現状を招いてるのは自分から残業代以外について言えば会社自体はそこまでのブラックではないと思う

有給も、仕事終わらせてれば、とりますっていってとくにダメとは言われないし

単に自分仕事できないか残業増えて有給とれないだけ

でもそもそもそんだけやっても(やらないと)こなせない仕事って自分に向いてないんじゃないのっていうのを考え始めたところ

同僚にきいたら自分ストレス耐性高いから平気とか残業多くても平気とか言ってた

ネットだとそんくらい普通!って感じでマッチョな人に叩かれそうだけど、自分は無理だなー

平日帰って寝るしかできなくて休日も死んだように横になってうとうとしてたら終わるような、ただ生きるために生きてるだけみたいな人生意味ないよなーと思う

仕事がいきがいならいいんだろうけど、少なくとも今の仕事にそこまでかけたいとは思えない

せめて定時で帰って平日のプライベートを確保できる仕事がしたい

そんで言われたことだけやっとけばいいしごと がしたい

考えるのに疲れた

親はそろそろ嫁うんぬんとか言うけどこんな生活じゃゼッテー無理だし

(まあそもそも結婚する気はないけど

派遣かなー

鏡みたらひどい顔してるし、自分の表情がこわばってるのもなんとなくわかるしなー

口元もたまにストレスでひきつってピクピクするし

まだ自分的には鬱とかではないと思ってるけど、このままだとやばそうだなーという感じはしてる

さっさと転職かなー

来年あたり考えるかな

今期いっぱいは忙しいから無理そう

もうなんかお金いらない働きたくないってほうが大きいな―

あーめんどくさい

2016-11-28

さらだけど

 

電通自殺しちゃった女の子

ほんとはなんかいろいろしんどいことがあって(プライベートとか)

そういうの全部ひっくるめて「仕事がつらい」に集約して

自殺したのかな、とか

思ったりした。



勝手憶測だし、

ほんとに仕事のみがつらくて死んでしまったのなら申し訳ないんだけど

何か一つがうまくいかないと、その他すべてうまくいかなくて

大殺界みたいになること

あるじゃんね?


 

2016-11-26

全て私が間違っていました許してください

私が24年間信じていた価値観が全て間違いだったということを今日認めます。ひねくれて天邪鬼な私を社会は認めてくれないので今日限りで改宗します。世の大多数の人が認めているものは素直に認めます社会ルールはしっかりと守ります。秩序を乱すようなことはいしません。無口で内向的なことは罪なことです。こんなんじゃ現代社会で子孫なんて残せません。人生無意味なんかじゃありません、生きているだけで価値がありますイケメンで、金持ちで、しゃべりがお上手で、勇気のある男がモテるということを認めます

私のように友人もおらず、週末は本を読むくらいしかやることのない人間は最下層であると認めます知識教養無意味です。仕事においてそれらは活かせるかもしれませんんがプライベートの場面でそれらは本当に無意味です。集団でワイワイできる人間人間としては優秀です。人間社会的動物ですから。私のように一人でしか行動できない人間負け犬です。私は何の能力もない無能です。市場価値はありません。そのくせに金や名声を得たいだとか勘違いも甚だしい。私は自分人生を後悔しています。悔いています。頑張って働きますのでどうか私を一人前として認めてください、日本社会様。やり直したいです。変わり者にこの世は生き辛いです

会社の昼休みはてブ見てたら部長に呼び出されて説教された

弊社は一部上場企業部署にもよるが残業も少なく、サービス残業なんて以ての外という比較ホワイト職場

だが割りとガチガチなところもあり、その一つが会社PC私的利用禁止

たとえ業務時間外だろうと会社PCエロサイトなんて言語道断プライベートメアドアクセスしたりするのは当然のこと、業務関係すること以外利用するのは禁止という徹底ぶり。

正しいのだろうが、窮屈に感じているのも確か…



で、題名の件だが、事実そのまま。

休み会社PC業界系のニュースを見るついでにはてなブックマークトップページから気になる記事に飛んで、はてブコメントとか見てたんですよ。

ただ、そこにはNHK朝日とかだけでなくtogetterとかヨッピー記事とかも入っちゃってたんですよ。

で、ログ解析している情報システム部門から増田さんは業務外の利用が見られます」と部長までクレームが行って、結果、部長に呼び出されて説教されたわけ。



確かに正論だし、お叱りは粛々と受け止めざるを得ないんだけど…

いきなり部長にまで苦情が行くのはどうかなー、と思わなくもないというか。

いや、これも身から出た錆なだけに逆恨みなんだけど。

でも、わざわざ逆恨みやす方法を取る情報システム部門もどうかと思わないでもないか



うちのオフィスは周りに何もないので昼休みに外出するなんてできないし、オフィスで昼寝するかスマホ弄るしかないんだよね。

ただ、スマホの画面を他人に見られるのはあんまりきじゃないか会社PCニュース巡回してたんだけど、今後はスマホ弄るしかいかな…



アラフォー世代と話してると「昔は仕事中にブラウザゲーしてたw」「エロサイト巡回とかしてたw」とか聞くことがあるんだよね。

そういう会社風土があるのか、それともそういう時代だったのか。

煙草も吸わない私は業務時間中に大っぴらにサボることもできないし、同僚との雑談もあまりない仕事場なので粛々と仕事をこなして定時を終えるしかないんだよな。

でも、聞くところによるとgoogleにすらアクセスできない会社とかもあるらしいのでうちはまだマシな方なんだろうな。



うーん、これが会社歯車というものなのかー…

何か、本当に窮屈な生き方なんだなぁ、サラリーマンって…

2016-11-24

艦これ検証部の件は観察部が出てきてから迷走し始めた

艦これ検証部および、いろいろキナ臭い話がいっぱい出てくるのいじ(その他付録)の件だが、完全に焦点がボヤけてしまっていて、もはやどうにもならなくなってきている。

当初は憤慨もしたが、観察部が出没してから話がおかしくなってしまった。完全に。

俺は、のいじとびいかめはA級戦犯だと信じて疑っていないのだが、どういうわけかのいじと同じ外道であるはずのびいかめがまるで司法取引をした罪人かの如き態度を取り、あまつさえ被害者面していることに我慢がならなかった(もはや過去形)。

理解しがたいのは、あん外道擁立しているかの如き態度でのいじパッシングに参加している連中が、非常に大勢いた事である

もともとこの辺りからして俺は彼らとは怒りの方向性の違いや、温度差がどうにも強いと感じてはいたのだが、観察部(『艦これ検証部』観察部)がしゃしゃり出てきてからは急速に熱が失せ始めてしまうことになる。

一番鬱陶しかったのはこの観察部だ。彼は完全に面白半分にこの騒動に関わっている立場である。それは言動の節々に現れていて、ツイートを読めばたぶん初見さんでもそれは理解できると思う(完全に面白がってるよな?)。

はっきりしているのは、彼の行動の動機は、検証問題への追究ではなく、エンターテイメントとしてののいじ叩きにあるという事。

俺を含めて少なくない人間検証部のやってきた事への追究、ひいてはのいじや関係者責任追求に関心があったわけだが、観察部は、検証問題への追究とは言い難い、のいじの他方における蛮行までこの問題に絡めて騒ぎ立てているのである

のいじが悪党トラブルを抱えていてそれを糾弾するのは、まぁ、被害者やヤジウマがお好きにやってと思うわけだが、検証問題のみに関心のある人間からすればそれはノイズしかなく、問題提起抱き合わせ行為である

悪く言えば検証問題解決するというよりかは、この問題をなるべくコンテンツとして延命させるために引っ掻き回しているだけだ。そうとしか思えんのだ。

最近の観察部は、艦これ検証問題やのいじのプライベート問題とはまるで無関係ツイートまで行うようになっている。

検証問題への追究者として名前を売り、かなりのフォロワーがついているわけで、ついついそのアカウントプライベートな事に「運用」したくなる気持ちわからんでもないが、こうした行動一つとっても、彼にとっては検証問題なんて本当はどうでも良いんだろうなと思わざるを得ない。

焦点を絞りきって運用できていない「問題追及アカウント」が現在の観察部だ。悪ふざけで関わるのはやめてほしかった。

独身30歳

平日にプライベート時間がほしい

勉強なんかしたくない

遊びたい

メシと風呂と寝る以外で2~3時間程度ほしい

全然ゲームできない

残業代も出ないのに

2016-11-22

復職したけど会社がもう信用できない

10月いっぱい会社休職した。

理由適応障害で、原因は過労による生活の乱れ。

具体的には、抑うつ状態と倦怠感、過眠といった症状だった。

担当医師産業医上長や人事などと再三の話し合いの上での休職だった。

休職前の状態が以下。

業務内容

ITベンチャー(広告関連)で、事務とも営業とも言える独特の職種で、新規チームの所属新卒で、入社1年目。

■平均退社時間

23時がデフォルト。遅い日は深夜2時、土日も隔週くらいで出社していた(自主的にであり、強制されていたわけではない)。

■体調を崩すまでの経緯

プロジェクトの停滞】

7月から、私が主体的に進めていた割りと大き目のプロジェクト(というか業務改善)があった。本部長、部長にも承認され、私も入社してから初の大きな仕事ということでかなり張り切っており、上記のような勤怠の状態になっていた。しか現場リーダー(以下A)がきちんとそのプロジェクト内容を理解していなかったこと、リーダーでありながらプレイヤータイプマネジメント力が低い人であったことから、思ったようにプロジェクトが進行しなかった。そんな中でAに「君は新卒なのだから単純なルーチンワークだけをやってくれればいい」「そんなプロジェクトはやっても意味がない」といったことを言われ、私はかなりショックを受けた。Aよりも格上の本部長・部長承認してるのだから気にしなければいいと思われるかもしれないが、あくま現場を取り仕切るのはAなので、彼が動いてくれないと進まないことも多かった。部長相談もしたが、この部長自身マルチタスカーで異常な業務量を抱えており、全てに対処できるような余裕はない人だったのと、社歴はAのほうが何倍も長く、年齢的にも一回りくらい上だった為、指示が出しにくいという背景があるように見えた。※その後Aには「申し訳なかった、傷つけるつもりはなかった」というような謝罪をされた

判断能力の低下】

9月中旬から上記のようにプロジェクトがうまく進まなくなり始めると、それまでは感じなかった倦怠感が襲いかかってくるようになり、会社で仮眠をとったり午前休や早退をする日が増えてきた。土日は20時間ほど睡眠をとってもまだ眠く、一歩も外に出なかった。また抑うつの症状も出始めて、「Aさんの言うように私のやろうとしていることは無駄なのだ」「誰も努力を認めてくれない」「私が主体となっているから進まないのだ、人望がないのだ」などと考えるようになった。そしてある日、デスクで今自分が何をやっているのか、何をやろうとしていたのか、何をするべきなのかがわからなくなり、PC操作ができなくなった。いよいよ自分の体がおかしいということに気付き、心療内科受診した。

適応障害

適応障害と診断され、約1ヶ月の療養が必要と言われた。7月からプロジェクトを任され、9月中旬までの約2.5ヶ月、体を酷使(深夜残業などで睡眠時間を削っていたこと)していたことのリカバリーのためには最低でもその期間が必要だとのことだった。その診断書会社に提出し、会社産業医本部長、人事など何度か面談をし、休職手続きをした。


休職後のこと

休職期間は、とにかく寝た。寝たいだけ寝たほうがいいと医師に言われた。するとそのうち、寝ることに飽きる日がやってきて、何か行動したくなる日がくるので、そうなったらば回復した証だとのことだった。10月末にはその状態になり、11月1週目から復職希望を出した。それにあたり、かかっていた病院医師復職許可診断書会社に提出したが、産業医許可必要と言われたので面談をしたのだが、その内容が思いもよらないものであり、標題のように会社に対する不信感に繋がった。

休職から何度か産業医面談をしており、体調を崩すまでの経緯も説明していたし、具体的な症状も伝えていたにも関わらず、以下のようなことを言われた。

1.本当に仕事のことが原因で体調を崩したのか→プライベートなこと、家族関係や友人関係恋愛などのことで休んだのではないか
2.ちょっと疲れてしまった程度のことであり、誰にでもよくあることだ
3.(復職後は当分深夜残業はしないようにしたいと言ったところ)この会社は深夜まで働くのが当たり前だし、それができる人だけが集まっているので、貴方には無理ではないか
4.(大きなプロジェクトを任されて、力みすぎていたところがあったので復職後は良い意味で「適当に」働くつもりだと言ったところ)この会社は頑張る人しかいないので、そんなスタンス通用しないだろう
5.復職ができる証拠として、あと1ヶ月休職し、その間の行動管理表を会社に提出しなさい→決まった時間に起床し、電車に乗り、外出できる状態にできることの証明をするべき

産業医も、うちの会社だけでなく何社も担当をしているので、一人一人のことなんて覚えていないのかもしれない。しかし、あまりにもこれまでの態度と違っていて、とても攻撃的だった。休職前の面談では「それは辛かったですね」「思い切って休職して、ゆっくり休んだほうが良いですよ」というように同情的だったのが、突然態度を翻し、「その程度のことで休むなんて社会不適合」「おまえにはこの会社は合っていないから、このまま辞めろ」と言われているようにしか思えず、この態度の豹変には「何か」があったのではないかと思う。面談の前には会社人間産業医と打ち合わせをしているはずだし、その「何か」は、会社からの指示ではないだろうかという邪推をどうしても拭うことができない。

また、復職に際し事実上の降格をさせられたことも1つ原因として挙げられる。業務内容はかなり限定され、単純作業のみになった。

そして1ヶ月間の「復職プログラム」というものを組まれており、1日の行動管理(平日だけでなく、土日に何時に起床しどこに出掛けて誰に会ったか記載しなければならない)をされるのと、2日以上の休み、及び3回以上の遅刻(1分でも駄目)をした場合強制休職という条件つきでの復職となった。

10月給料は支払われないため、10月1日31日分の傷病手当金11月4日会社に提出しており、「中旬には支給されるだろう」と言われたもの今日時点でまだ支給されないので、IT健保に直接電話したら「まだ申請がされていない」とのことで、どこで止まっているのかも謎。間もなく約2ヶ月無収入状態となり貯金も底をつくし事情があって家族は頼れない。家賃等の支払いも各社に連絡して延期してもらっている状態だ。それに、11月20日まで休職していたのに11月分については傷病手当金申請はできない(11月から健康上は復職できる状態にあったから)とのことで、11月に関しては傷病手当金ももらえない。

いろんなことが重なって、なんだかもう会社のものに対して不信感しかない。

2016-11-21

同人アンソロ等における、親しき仲にも礼儀ありとは

同人活動10年もしていると、自分の発行物にゲストをお願いしたり、逆にお願いされたりすることがあります

自分がお願いした結果、書いていただくことはとてもありがたいことです。

お願いされることも、自分の書く話を読みたいと思ってくださるからこそなので、それもとてもありがたいことです。


ですが最近、どうにも礼儀の欠けている対応をされることが、しばしば増えた気がします。

恐らくTwitterなどのSNSで、フォロワーさん=友達という感覚が染み付いたせいではないかと思います

(※ジャンルカップリングにより差異はあると思いますので悪しからず)

Twitter相互フォローになり、お互いに好きなカップリングについて話をしたり、自分プライベート話題で良くも悪くも盛り上がったりと。

そんな経験は、私自身にも覚えがあります

それは、決して悪いことではないと思っています

けれど、SNS基本的相手の顔が見えない文字だけのやり取りであって、同じカップリングで盛り上がったとはいえ、プライベートな話に少し踏み込んだとはいえ、やはり見えない相手である、ということは変わらないと思います

同人活動をしているとTwitterで知り合った方とイベントでお会いして、そのままアフターに行く、なんてのもよくある話だと思います

けれど、その時限りのお付き合いですよね。

相手のなんたるかを全て知ったわけではないと思うんです。


何が言いたいかと言うと。

そんな状態で「もうお互いのことを知り尽くした!」とばかりに、礼儀を欠かすのはどうなのか、ということです。


私自身は自分で言うのもおかしな話ですが真面目なタイプ人間なので、何かして頂いた時は必ず事後にお礼を言うようにして、連絡をなるべくまめに行うように心掛けています

それこそ、胃が痛くなるほどに気を使うのは、当たり前のことだと思っています

なので、アンソロジーに誘われたものの随分と礼儀を欠いたやり取りをされると、申し訳ないですが誘いを断ればよかった、と思ってしまます

例えそれが、SNSで知り合って仲の良くなった方だとしても。

(もしこれが、SNSで知り合った後にリアルでも仲良くなってプライベートな話を面と向かってできるまでに仲が進展していたとしたら別ですが)


もしこれからアンソロジー企画しようとしている方、もしくはアンソロジーとまではいかずともSNSで知り合った方にゲストをお願いしようと考えている方がいらっしゃいましたら、ほんの少しでも構わないので、以下に目を通していただけると嬉しいです。

どうかお互いに、気持ちよく主催ゲスト参加ができるように。



1.返信は必ず時間をかけずにすること


意外とおざなりになりやすいことかと思いますが、返信は

①「必ず」すること

②「時間をかけずに」すること

これが大事かと思います


まず返事に関してですが、主催から何か依頼をする、または質問を投げかけるなど、主催から連絡をした後に返信を頂くと思いますが、もう一歩頑張って返事をしませんか。


例えば。

主催小説でのご参加ですが、現時点で文字数はどのくらいになりそうですか?」

ゲスト「現状では5000文字ですが、増えるかもしれません」

というやり取りをしたとします。(質問は敢えてわかりやすものにしています

割りとおざなりになりやすいのですが、ここで主催が返事をしないことがあります

たった一言でいいので「わかりました」と返信をしてください。

私は以前、この返事を頂くことができませんでした。

自分の返事は相手に間違いなく届いているのか、例の質問で言えばこの文字数大丈夫かな? など色々思うところがあると思います

返事がなくて問題があるかと言われれば、大きくはないですが、こういった部分で小さな不安を抱くと、後々の大きな不信感に繋がる可能性が高いので、注意して欲しいです。


次に②「時間をかけずに」ですが。

何事においても迅速な返事は大切だと思いませんか。

例えば、原稿の提出場面において。

原稿を提出した側にとって、原稿を受け取って頂くまでは大変に緊張及び不安を感じるものです。

特に最近メールでのやり取りではなくTwitterDMでのやり取りも増えてきているので、無料ファイル転送サービスギガファイル便、ラクスルBOXなど)を利用して原稿をお送りすることもあるかと思います

無料ファイル転送サービスは預かり期限もありますので、受け取って頂けたかは非常に提出した側としても心配になるかと思います。(勿論、受領たかどうか連絡するシステムを持っているサービスもありますが)

例えばこれが、3日経っても、5日経っても、なんの連絡もなかったらどう思いますか?

更に不安を煽るように、主催Twitterなどで「××のアニメ配信見なきゃ!」などと言っていたら……。

私だったら「無事届いているのだろうか」と、不安不安しょうがなくなります

中身まで見ろとは言いません。

ですがせめて「無事受け取りました! 中身に関してはこれから確認します!」と一言言っていただけるだけでも、安心できませんか?

そのこまめなやり取りが、ゲスト不安にさせないコツだと思うんです。



2.全員一律の対応をしないこと


ゲストの数が多いと、全員に一斉連絡をすることはあるかと思います

基本的にはそれで良いかと思います

ただし、原稿を頂いた時だけは別だと思います


原稿を受け取ったにも関わらず、一切原稿の中身に触れられないことがありました。

私はネガ人間なので「ああ、読んでないんだろうな」とか「読んだけど面白くなかったんだな」とつい思ってしまます

主催をすることで舞い上がっていたり、自分原稿に忙しくて、つい忘れていませんか。

貴方原稿を送ってくださった方は、貴方の為に、時間を割いて、書いています

貴方の読みたいという想いに、応えてくださっています

なのに主催が「原稿受け取りましたオッケーです」とだけしかさないのは、どうなんでしょう。

親しき仲にも礼儀あり、例えTwitterで仲の良い関係から言わなくてもわかるでしょ貴方作品好きよ! という気持ちでいたとしても、それは言葉にしなければ伝わりません。

特に特殊嗜好系のアンソロなどでは、ゲストは「主催の意に添えているのか」と気になるかと思います

たった一言では正直足りませんが、それでもたった一言で構いません。

ゲストに対して、頂いた原稿の何が良かったのかを、伝えませんか。



3.思った以上に見られている


礼儀、の話から少しだけ逸れますが。

Twitterなどではっきりと物事を呟かれる方は多いかと思います

大勢の中のひとりだから、みんなそんなに見てないだろう、と思っていませんか。

周りの方は、貴方が思っている以上に貴方SNSを見ています

ましてや、上記1や2での礼儀を欠いているとなると、尚の事。


そんな場で、

「新作のゲームが出たからやらなきゃ」

アニメ配信見なきゃーー」

などと言っていたら、みなさんどう思いますか。

私は、1と2で既に不信感を抱いていた場合ゲストを引き受けなきゃ良かった、とつい思ってしまます

やることをやった後ならば、何も文句は言いません。

ですが、返事を全くしていないなどの背景がある中で、自分のしたいことをするという発言を見てしまうと、げんなりしてしまます

口を塞げ、とまでは言いませんので、自らやらなければならないことを全てやってから、思いっき自分のしたいことをしてはいかがでしょうか。



つい忘れがちな「親しき仲にも礼儀あり」

冒頭で述べた通り、SNSですっかり仲が良くなったから何をしても許されるだろう、という感覚は、私は間違っていると思います

ちょっとぐらい返事が遅れたっていいだろう」

「私は何をするにも遅いってわかってくれてるでしょう」

つい、そんな気持ちでいませんか?


同人活動趣味です。

貴方が本を作るのも趣味です。

ですが貴方の本に呼ばれたゲストは、自分趣味あるいはプライベート時間を削って、貴方の為に原稿を書いています

ゲスト仕事で忙しいかもしれません。

ゲストにはゲスト原稿があるかもしれません。

引き受けた以上ゲストにも責任は生まれますが、それでも快諾してくださったのは、貴方の為に、書きたいと思ったからですよね?

それに対して主催礼儀を欠くのは、とても失礼なことだとは思いませんか?

貴方自身仕事で忙しいかもしれません。

貴方自身原稿が終わっていないかもしれません。

ですがそれは、言ってしまえばゲストには関係のないことです。

突発的な忙しさは仕方がないとしても、貴方がその時期に本を出すと決めたんですよね。

貴方の都合を、ゲスト押し付けないでください。

仮に仕事が忙しくてすぐに返事ができないのなら、時間を見つけて一言でもいいので「今仕事が忙しくてすぐに返事ができませんが、必ず連絡します」と一言言いませんか。

たったそれだけで、お互い安心できるし、ゲストも鬼ではないので「忙しいのならば仕方がない」と思ってくださると思います


厳しいことを言っているとは思います

ですが、参加しなければよかったとつい思わせるようなことをしていないか主催は常に考え、行動するものだと思います

同人活動趣味です。仕事ではありません。

ですが、人対人になった瞬間から貴方だけの趣味、の範疇を超えているんじゃないかと思います


親しき仲にも礼儀あり。

一度、考えてみませんか。

旦那タスク管理が下手過ぎる

仕事じゃ違うのかもしれないけど、仕事以外の部分でのタスク管理スケジュール管理が下手過ぎる。多分、何かやらなければならない事が出来た際に、どうすれば達成出来るのか、達成するためにはいつまでに何を行えばいいかという逆算とタスクの細分化が出来てない。

だったら私がスケジューリングしてやればいいかと「いつまでにコレやっといてね。その後、アレやる必要があるからね」と、タスク毎に指示出しして次のタスクの予告までするんだけど、私に対する報・連・相もほぼ無いから「あれどうなったの?」って聞かないと進捗が分からない。そして大体進んでない。理由は「忘れてた」もしくは「仕事が忙しくてやる暇が無かった」だそうだ。

旦那仕事が忙しいのは本当だし、私は専業主婦から代わりに負担出来るタスクはやってあげようかと思うんだけど、どうしても旦那本人にやってもらわないと出来ないことがあるんだよね。例えば今だったら喪中ハガキの宛先リストアップが手つかずで本当に困ってる。職場が変わったばっかりで去年までの年賀状は参考に出来なくて、本人にしかからない。10月後半から事ある毎に言ってるのに「そうだね、やらないとね」で話が終わる。香典返しについてもこんな感じだったから、結局姑に怒られるまで何もしなくて予定より2ヶ月遅れて全て返した。

で、毎回姑に一喝してもらうわけにもいかないし、あまりにも事が進まないとこっちもイライラしてきて精神衛生上よくないから、何かツールを入れてタスク見える化をしてみればどうだろうかと思いついた。だけど、スマホでも簡単管理出来るTrelloを先に私が登録して、実演を交えて実用プレゼンをしてみたんだけど「これやって意味あんの?」と無視

もうどうやったらやってくれるのか分からない。私より頭良くて合理的物事を考えられるはずの人なのに、この部分だけ何度言っても改善しない。途方に暮れて増田に書いた。




【追記】

めっちゃブクマついてた。皆さん、貴重なご意見ありがとう

コメントの中に私をコミュ障だと指摘している人が居て、その通りなんだがまさか文章から滲み出ているとは思わずとてもびっくりした。

少し補足したいと思う。




喪中ハガキ年賀状やめれば?

一応、旦那必要かどうか聞いてみたんだけど、職場はやって当然みたいな空気らしい。




タスクとしての重要度が低い

前述の通りなので”やらないといけないタスクであることは旦那認識していると思うけど、そういう空気なのにタスクとしての優先度が低いのはやはり管理が下手なのだと思う。私は優先度付けも管理の一環だと思うので。

あと、今回はたまたま喪中ハガキを例に挙げたけど、仕事でも年末調整とか身上調査とかの会社に提出する事務手続き関係は駄目。他にもプライベートでよく放置されがちなのは結婚式の招待状の返信とか。相手迷惑がかかるようなことは何とか改善して欲しいんだけど、諦めるしかいかもね。




旦那MP回復

家事は全くさせてないし、休みの日も好きなようにさせてる。最近は協力プレイ出来るゲーム買ったらはまっちゃって、よく一緒にやってる。

また、「そんなことやってる暇があったらやる事やってよ」的な発言絶対にしないように気をつけてる。

MP回復ってこういうことかな?と思ったんだけど、違ったら申し訳ない。良ければ具体的な例を挙げて欲しい。




ホワイトボード

仕事中でも見れる&細分化したタスク全体像が見れた方がいいかなって思ってスマホアプリ提案してみたんだけど、確かに意識的に開く必要があるアプリよりも、家に居る限り無意識に目に入ってくるホワイトボードの方が効果があるかもしれない。早速100均で買ってきてみるよ。どうもありがとう

ちなみにスケジュール共有に関してはTimeTreeを使ってて、何故かこっちは几帳面過ぎるくらい予定を登録してくれてる。




【追々記】

くどいかな?って思ったけど、面白いコメントがついててどうしても反応したかったので更に補足させてもらう。

皆さん、本当に有り難うございます。これで最後します。ブログの方もこれだけブクマつけばいいのに!




旦那仕事

旦那名誉のために言っておくけど、仕事は出来る方なんじゃないかな?年齢の割りに給与は多いと思う。職場結婚じゃないので、実際のところは知らないけど…




・家でもタスク管理とか言っちゃってるの?

これは言ってない。何か家で使えないよね。旦那が頼んでくるときも「俺がやること全部リストにしといて」って感じの言い方だから旦那の前でTrelloのプレゼンしてるときに「ToDoリスト」ってつい言っちゃって何かちょっと恥ずかしかった。

文章だと書いちゃうのは私の前職の影響でこういう単語使った方が説明やすいのと、きっと意識が高いからだと思う。




優秀な男なら、はてな村フェミバサンと結婚という大リスクを負うわけがない、と気付けないのかな?

これw ワロタw 確かに面倒な嫁の自覚はある。鈍感な旦那感謝だ。

2016-11-19

結婚式に呼ばれた事がない

27歳、理系院卒、ごく普通会社員

今まで生きてきて、1度も結婚式に呼ばれた事がない。ひとりっ子かつ親戚付き合いも殆どないので、身内の結婚式にも出たことがなく、本当に祝いの席に参加した経験は皆無である。流石にこの歳になると、結婚式に出た事がないとは恥ずかしくて誰にも言えない友達がいないと公言しているようなものだ。

友達がいなかった訳ではない、と思っている。いや、今となってはよく分からないが。

小学校イジメられっ子だったが、学区の違う中学高校では一緒に遊ぶグループもできた。しか卒業と同時に縁が切れ、今ではフェイスブックふわふわ繋がっているだけの関係。なまじ繋がっているから、彼等が素敵なパートナーと結ばれて華やかな式を挙げたことだけは知っている。早い人には子どもも出来た。大学生活はリア充とは程遠かったものの、サークル語学クラスバイト先、学生寮にそれぞれ親しい人達がいた。しかし、サークル活動ガチ過ぎてついて行けなくなって辞めてしまった。無理にでもついていくべきだったのだろう。語学クラスバイト先の仲間は、進学•就職を機に付き合いがなくなった。こちらも高校時代同様、フェイスブックだけで未だふわふわ繋がっていて、最初の数年は同窓会もやったりしたが、そのうち開催しなくなった。SNSでの私の見かけの友達数はやたら多い。学生寮人間とは、引越した後も比較的長く付き合っていたが、2-3年もすると徐々に疎遠になってしまった。学生寮同窓会ネットワークもないので、今後会うことはないような気がする。大学院研究室関係者とは、今も関わりがない訳ではないが、非常に表面的な付き合いである。

考えてみたら、友達だと思っていたのは私の一方通行勘違いで、どこにも友達は居なかったのかもしれない。だから、誰からも祝いの席に呼んでもらえないのだ。お前が積極的に繋がりを残そうとしなかったのが悪いんだろう、自己責任だ、と指摘されるかもしれない。確かに、私は同窓会幹事をやった事もないし、そんなネットワークも行動力も持っていなかった。でもその程度の受け身人間、いっぱい居るじゃないか。それに、親しい(と思っていた)数人に連絡して遊びや飲みに誘うくらいのことなら、自分でもやってきた。けれど、私がやると何故か上手くいかないんだ。誰も乗り気でないような、酷い場合には全員不参加で流れるような。

今の職場にも、プライベートで飲みに行ったりする仲間はいるが、彼等を友人と呼んで良いのか分からない。職場が変われば簡単に付き合いは無くなる気がする。ついでに言うと既婚者ばかりなので、仮に付き合いが続けられても結婚式経験なのは変わらなかったりする。

そういえば職場の後輩が、学生時代の友人の結婚式が今週末あると言っていた。新しい服やらご祝儀やら、出費がキツいと嘆いていた。「増田さんくらいの年齢だと結婚式多いですよね?どうやってやりくりしてるんですか?」と聞かれたけど、さすがに行った事がないとは言えず、金欠だよね等々言って適当に誤魔化しておいた。今頃披露宴なのだろうか。誰かの華やかな人生の門出に立ち会って祝福するというのは、どんな感じなのだろう。私には、誰かを祝福する資格は無いのかもしれない。

2016-11-18

仕事論理的な話し方を強いられるのが辛い

他人意思疎通を行うとき、話にロジック必要なのは分かっている。

いくら酒の場であっても論理的破綻している話を聞かされるのは苦痛だ。

それが仕事の場であれば、正確な意思疎通を行わなければならないし、

ロジックに基づいた話し方が求められるのは当然のことだ。それはわかる。

しかし、私がプライベートの際にロジック意識して話すかと言えば、そんなことはない。

かと言って論理が全く破綻した会話しているわけでもない。

要は、自然な会話ではある程度の論理のズレや飛躍を許容して話をするのである

聞き手が話の論理欠陥を補っていると言ってもいい。

この時、厳密に正確な意思疎通はできていない。

行き過ぎると、話が違うということになってしまうのだろう。

仕事では特に困るから話のロジックについて厳密であるべきだという話はわかる。

特に私の職場理系の人が多いから、そういう傾向が強いのかも知れない。

しかし私にとってはそれが苦痛だ。

頭を使うため、疲労感が半端ではない。

下手なことを言えない、と神経も使うからストレスたまる

頭が痛い。胃が痛い

雑談であっても適当なことを言うと、鋭い指摘がすぐ飛んでくる。

グチグチとしつこく話の論理的おかしさについて責められる。

本屋論理的な話し方みたいな本を見るだけで吐き気がする。

私は今年入社新入社員だが、こういった問題のため、会社に行くのがとても辛い。

追記

ストレス会社に行くのが辛いというよりかは

自分社会不適合性を直視してしまって辛いと言った方が正確かもしれない。

人が無意識でできることを私はできないのだから

自担と同じ大学に通ってたって話。

今のジャニーズはどんどん高学歴化が進んできていると思う。デビュー組でもジュニアでも、有名な大学を出ていたり、大学院に通っていたりする人もいる。

私の担当だった人も、当時大学に通っていた。私は大学入学した当初、自分大学ジャニーズがいるなんて知らなかったし、ましてや彼の存在さえ知らなかった。

しかしひょんなことから、私は彼を知り、彼のファンになった。ステージの上で、キラキラした笑顔で踊る彼をとっても好きになった。

好きになってから彼のことをネットなどで調べているうちに、彼が大学に通っているということを知った。もっと調べていくうちに、彼が私と同じ大学に通っているかもしれないということが分かった。だけど所詮ネットの噂。いくらなんでもそんなことあるわけない、なんて思っていた。大学に通っていることは本人も公言していたからそれは事実として、私はそれ以上のこと、どこの大学で何学部なのかなどは特に詮索しなかった。


それから3か月たったある日のことだった。

今でも覚えている。


金曜日の、3限終わりだったと思う。

3号館だか4号館だかの階段

4限の教室へ移動するために、友達と話しながら階段を上っていたときだった。

階段下りてくる人に見覚えがあった。でも別にサークルの人でも同じ学科の人でもない。

その人の顔を見たとき漫画みたいに、本当に鼓動が大きくドクンと鳴ったような気がした。


自担だ。




階段から下りてきた自担は、当たり前だけどステージ衣装ではなく、普通大学生の格好をしていた。

普通大学生の格好をし、普通大学生友達普通に会話をしていた。

3か月前わたし所詮ネットの噂だと信じなかった情報真実だったと、私はその時自分の目で確かめて知った。




その衝撃の出会い以降も、何度かキャンパス内で見かけることがあった。学年も違うし学部もどうやら違うらしかったので、授業がかぶることはなかった。

キャンパス内で自担を見かけるときは、本当に奇跡みたいな偶然が多かった。昼休みにご飯を食べるためにたまたま入った空き教室に彼もお昼を食べにやって来たり、試験前日に友達に「試験問題の回答を一緒に作ろう」と呼びだされ食堂に行ったら近くのテーブル自担友達と一緒に勉強をしていたりしたこともあった。

でも何度見かけても、私は話しかけることは絶対にしなかった。というかできなかった。

友達に「話しかけなよ!『ファンです!』って言われたら向こうも嬉しいと思うよ!」と何度も言われたが、私はできなかった。

大学内で見かけた自担はどこからどうみても正真正銘「普通大学生」だった。ある意味ジャニーズオーラ」というものは全くなかった。

大学に通っている自担は、仕事の一環でも何でもなく、完全に彼のプライベートだ。そこに踏み込んで、「ファンです!」と言うのは違うと思ったし、彼にとっても迷惑だろうと思った。



自担と私が同じ大学に通っていると知ってからも、私は自担を見にコンサート舞台などに行っていた。

だけどいつからか、ステージに立つ自担を見て違和感をもっている自分に気が付いた。

はいから自分が、ステージに立ってキラキラ笑顔で踊っている自担を「○○大に通っている大学生」というフィルターを通して見ていることに気が付いた。

ステージに立っている自担と、大学に通い真面目に勉学に励んでいる自担ギャップというものリアルに感じてしまい、感じすぎてしまい、とても戸惑った。

そして私はいからか、アイドル自担が好きなのか、大学生自担が好きなのか、分からなくなってしまっていた。それはとても怖いことだった。

そしてもっと怖かったのは、「私は自担と同じ大学に通っているんだ」という謎の優越感を持っていたこと。彼のプライベートのぞき見しているような罪悪感や戸惑いを感じているのと同時に、ある種の優越感を感じていた自分は、本当に馬鹿らしくて卑しくて嫌だった。


私はアイドルが好きだ。アイドルプライベートは、雑誌などで近況を知る程度で良かった。

からはいつのまにか、「自担と同じ大学に通っている」ということすら嫌になってきた。そして私は程なくして彼の「担当」を辞めた。

ステージキラキラしている自担が本当に大好きだったから、大学で見かける彼は別の存在として割り切って応援できれば良かった。でも私はそれができなかった。

彼が「担当」でなくなってからは、もうキャンパスで見かけても何とも思わなくなった。アイドルの彼を見に行くこともなくなったから、キャンパスで彼を見かけてもそのギャップすら感じなくなった。不純な担降り理由だとは思うけど、少なくとも私自身にとってはこれで良かった。



その後彼は卒業した。そして私も来年の春に卒業する。

雨宮まみが許せない

雨宮まみが死んだことについて

最近訃報の中で誰よりも悲しくて、ファンでもないし著作もそんなに買ってないし、どちらかというとインターネット彼女コラム人生相談を読んでいただけなのだけど。

彼女文章を読んで救われた気持ちになったり、寄り添われすぎて胸やけしそうになったり、けれど誰よりも他人の痛みをわかろうとする人、という印象だった。

それはきれい事なんかじゃなくて、彼女が本当に自分の痛みをすべて晒せる人で、だからこそみんなこの人にわかってもらいたい、この人ならわかってくれると思っていたのだと思う。

それだけの痛みを抱いていて、なお生きることに努力をしている彼女私たち勇気付けられていたし、だから彼女がどう年を重ねるか見ていたかった。

決してファンではなかったけれど(好きではあったけど)、あーこの人今こんなことやってんだ、こういう40代50代を生きているのかと思いたかった。

私は20代中盤で、生まれてこのかた恋人なんていたことがなく、毎日仕事しかしていないのだが、彼女が死んでしまうことは将来に対する希望ひとつ潰されることと同義なのだ

私が将来孤独で、くるしくて、さみしくて、死んでしまいたいと思ったときに、それでもこんなに生きる努力をした人というお手本があることを希望に、

将来何も報われなくたって、ちゃんと生きていようって覚悟をもらっていたのに、なんで死ぬかなあ。死ぬなんてありえないでしょ。

事故です、とニュースサイトで言っていて、でも自殺では?と言っている人もいて、自殺だったら本当に本当に本当に許せない。

私は自殺は一つの選択肢としてアリだと思っていて、それしかないのなら本人が望んでいるのなら、しょうがないじゃないと思っているのだが、

彼女文章や、商売は、彼女が生き続けることによって力が発揮されるのではないの?

死んでしまったらあなたによって励まされてきた人に嘘をついたことにならないの?

私は彼女が書いた文章の中での彼女しか知らないけど。プライベートで何かあったのかもしれないけど。

でも、彼女死ぬきじゃなかった。死んでほしくなんてなかった。

彼女に救われた心を返してほしい。

将来に希望を持たせてくれたことを謝ってほしい。


追記

事故だってことはわかってますがそれでも死んでほしくなんてなかったんです

2016-11-17

電話が怖い

最近の若手社員電話に出ないとか言ってる記事もあるけど、そういうレベルじゃない。

怖い。怖くて、出られない。

友達相談すると、鼻で笑う人も、親身になって聞いてくれる人もいるけど、「自分はその経験がない」という意見共通している。

なぜ怖いのか。

首回りが緊張して声が出なくなる。

緊張して声が出なくなり、声が出ないから緊張する。

電話に出たくないか会社行きたくない

プライベートでも電話は緊張するので、本当に調子がいいときだけ自分から掛ける。

自分から掛ける時は自分のペースで喋れる。

受ける電話は苦手だ。

なるべく雑踏に紛れるようにする。そうすると、自分の声が目立たないからだ。

シンとしたオフィスに鳴り響く着信音。これが地獄だ。

息を吸ってないから?息を止めてしまってる?

声が出ないとわかると、頭が真っ白になり、言葉言葉じゃなくなる。

意外と頭は冷静だけど、絞られていく喉に焦りを感じる。

首と肩が緊張しすぎてガチガチになる。

整体でも驚かれる。何をしたらこんなになるの?と。

仕事でこれが起きると迷惑がかかる。電話の向こうにいる相手は、相手からの反応がないと無視されたと感じるからだ。

共感できる人いるのかな?いないかなぁ。

2016-11-16

http://anond.hatelabo.jp/20161116184701

私も似たような状態。恐ろしい。

最初上司はすごくいい人で、娘みたいに可愛がってくれてるってのも同じ。段々距離なしになってきたのも同じく。

新人だったせいで、私も公私を分けきれなかった。

結果プライベートにズカズ上司が踏み入ってくるようになった。

週に何回エッチしてるの?なんて、自分の娘が50すぎのオッサンに言われてるの想像したら言えるわけないはずなのにね。

結局対策として音声レコーダーボールペンの形のやつ)買って、ひたすら物的証拠を集めてるよ。

一見いい人だから、誰もこっちの味方してくれないんだよね。本当に苦しいよね。

どうか良い結婚式にしてください。

無事と幸せを祈ります

強く生きることに疲れた

仕事プライベートも上手くいかない毎日が続いて四年過ぎた。



仕事所謂炎上プロジェクトに属して、ついにずっと前からいる先輩の退職が決まった。

そうしてやってくるプロジェクト所属年数1位を手に入れることとなる。

今の仕事は嫌いだ。

専門外の仕事で2年やったら配置転換するという約束の元、きっちり成果を上げた。

から入ってくる人はメンタル仕事ができない、私さんみたいになれないと捨て台詞を言い、

8割の人が消えて行った。

2年のはずが、4年も仕事をしている。自身現在仕事センスがあると思わないし、普通にこなしているのに誰も出来ない、仕事ができないと言い訳して消え去る人々のケツ拭いをしている日々だ。



嫌いな仕事をし続けるのは非常に辛いが、次のプロジェクトがあると信じて仕事を続けている。

そんな中で尊敬している先輩が突然の退社を決めた。

「ああ、私も退社しないとこの仕事から離れられないのか。」

そんなことを思ってしまった私は絶望毎日が始まってしまった。



プライベートも散々だ。

恋人だと思っていた野郎との関係性を他者目線でみたらただの都合のいい女になり下がっていた。

強く生きれば生きるほど、一人でなんでも出来てしま自分自身に対して一番悲しかった。

誰にも甘えることも出来ず、心の拠り所もない中、嫌いな仕事をし続けて、日本社会ゴミになっていく気分だ。



休職転職婚活留学、転居。

ライフカードを選べないまま、まだずるずる生きるゆとり世代である私はあっと言う間に30歳になるだろう。

はじめてはてな登録してから10年以上経っていることも怖いが、30代でもはてな書き込みを残しそうだ。

毎日生きることが辛いけど死んだ時に失うものの大きさを知っているから、死ぬ選択肢がないのできっとまたクソエントリ書くんだろな。



そんな私がこの4年得られたもの。知ったもの

お金のために働く気持ち

・一人で生きられてしま現代社会

・画面の中で生きている人間

昔ながらの普通の家庭を築く難しさ

自己中心的人間の多さ

婚約破棄の仕方



楽しいことないか