「プライベート」を含む日記 RSS

はてなキーワード: プライベートとは

2014-09-20

はてなエンジニアランチ運営がクソだった

http://hatenanews.com/articles/201409/22553



これ行ってきた。



感想一言で言うとクソ。

いや、はてなオフィスに入れたことやランチを頂けたことは良かったし、サカタ氏の講演内容も悪くなかったんだ。

何がまずかったって運営女性が全て台無しになるくらいナメた仕事をしていたことだ。



サカタ氏の講演後にランチがあり、そのあと協賛企業運営スタッフ女性2人によるPRがあったのだけど、そこでの内容がひどかった。

参加者の多くがどこかしら企業に勤めている正社員エンジニアだったのに、ひたすらフリーランスにとっての派遣エンジニアとして働くことのメリットを強調していてチンプンカンプンな内容だった。

派遣に登録すれば営業が不要、ウチなら社会保険も入れる』というのは聞いている側からすれば、「それなら俺ら正社員のままでいいんじゃね」ってしか思えなかった。

まぁそれは百歩譲って参加者層を見誤ったということで見逃せるのだが、明らかにテキトーというか『説明すればいいんでしょ』ぐらいのノリで発表していて「残念なイベントだな」と思った。

はいえ協賛企業の半ば登録会的なイベントなんだろうなって分かって来ているから、こちらも「はてなオフィス覗いて、はてなランチ食べてみて、集まった他の参加者業界情報交換したりすればいいや」っていう心構えで来たのだけど、営業ノルマを達成したいという気持ちというかエゴを全面に押しつけられて聞くに堪えなかった。

『登録はクソ面倒なんですけど、登録後は爆発的な営業力サポートします』と言われても、全く真剣さが伝わってこなかった。



ここまでは増田に書くほどのことじゃないけど、その後のフリートークエンジニアと話をしていたらその運営スタッフ女性が『登録済みましたか?お願いします』とPC持って割り込んできたんだ。

これだけでも不快だったのに、適当に話をあしらっていたら『エンジニアはしゃべるのが下手』『プライベートでも口下手でモテなさそう』と言われたうえ、『歳当てられたら登録してください、◯歳ですか?』と聞かれて答えを返すと『クソガキじゃん、クソガキなのにナメられてたわ』と言われて気分悪くした。自分は同年代に比べて顔つきも性格も大人に見られることが多いため、年齢を言い当てられない自信があったが、それに対して「落ち着きがありますね」と言われたことはあっても、そんなふうに思いやりのない言葉を浴びせられたのは初めてだったのでひどく嫌な気分になった。

「ナメてんのはテメエのほうだろ」と言い返すのは大人の対応じゃないなと思い、放っていたら、近くの他の参加者がその女性に注意してくれてその場は収まり、まもなく会がお開きになった。



自分が帰りながら思ったことは、まず「コミュニケーションはどれだけ声に出してしゃべるのかが大事なのではない」ということ。無口な人でもコミュニケーションが上手な人を自分は知っている。

言いたいことを伝えるではなく、伝わること、伝わるためにまずこちらから真摯に相手を理解する、思いやる、という姿勢運営スタッフ女性には圧倒的に欠けていた。

考える時間も与えずに一方的にまくし立てるほうがよっぼどコミュニケーションが下手だと思う。

次に思ったことは、まともな人・企業ってやっぱり少ないんだな、ということ。

自分は根が真面目なので、営業トークやウマイ話なんかの小手先の部分で説得してくる人間なんて、向こうの考えが見え透いていて浅はかに感じる。

いまの世の中スキルやうんぬんよりも第一に、人としてまともかどうかというフィルターにひっかかる人間が多すぎるような気がした。

そういう意味で、今回のイベントは、役に立つ立たない以前に、運営側真摯さが欠けた、まともじゃないイベントだった。



と言いつつも自分もまともじゃないので、若いという理由でナメられたことに対して酷評を書いてみた。

協賛企業運営スタッフが悪かったとはいえ、はてなに対してもイメージが下がったよ。

運営側にはおそらく特定されるだろうけど、自分匿名で書きたいのではなく、はてなのサービスの上でやり返すのが流儀なので増田投稿した。

愚痴は言いたいけど謝罪別に欲しくないので、今後のサービス改善に努めてください。

2014-09-18

Twitterの #carp で今日ずっともやもやしてた事

連日の不甲斐ない戦いに、選手叩きや監督叩きも重なって、完全に #carp を見る気無くしている者です。さら最近カープファン紹介botとか言う一般人晒すbotが出てきて。。。

見た瞬間、去年ちょっと出てきた痛カープファンbot(だったかな?)の作成者と中身一緒なんだろーなって思ったけど、今回は痛い人と痛くない人を織り交ぜてツイートしているようです。

この時点でブロックかけようと思ったんだけど、このbotの一番キツい発言が気になって今日まで至ることに。

このキツい発言って言うのが、テレビにも良く抜かれてる関東だと有名なあのファンの話。

今日になって気づいたらしく、引用ツイートで「ブロックして!」って言ってる。

正しいのかは知らないし、こう言うbotが気持ち悪いのもわかる。

でも、これを単純に「プライベートの事を何も知らないヤツが勝手につぶやいてる!」って言う理由フォロワーブロックを促すのはとても違和感を感じる。

フォロワーブロックをお願いする立場なら、せめてそれなりの釈明があってもいいんじゃないの?

それに、この人に協力したフォロワーが全員正しい事情を知ってるのなら話は違うと思うけど、フォロワーがこのツイート鵜呑みにしてブロックしてるのも違和感。なにか変な気がするのは私だけなんでしょうか?

そしてもしこれが事実じゃ無いなら、良い機会なんだから釈明してほしいと思ってるのも私だけですか?

普段のあなたの行動みてると、東京ドームの後ろで飲み会まがいの事を主催したり、試合後に撮影会みたいな事やってたり、(しかも、相手によってなんか差別してるよね?)この事の発端になった一件でも、相手側に返信した人はことごとくブロックする対応を取っているそうですね。そういうの見ると、単なるカープファンを騙って女性モテたいとか、人気者になりたいだけの自己顕示欲の強い人にしか見えません。せっかくの面白いキャラなのになんだか残念だね。

以上、乱文すいませんでした。

リクナビNEXTマイナビ転職の使い難さは異常

挙句、「プライベートオファー」という名のダイレクトメールが職歴の内容にアトランダムで来るし

受けたいと思って返信したら、「この求人は終了致しました」と返信期限日の2週間前にも拘らず出て祈られる(当日返信しても同じ)。

また断った求人が違う派遣エージェントから新たな「プライベートオファー」として届く始末。

拒否メールみたくメール受信を断つ設定も出来ないし機能性がとことん悪くて困る。

更に、自分の登録アドレスバカみたいに催促メールが届いてこいつはもう迷惑メールカテゴリしてる。

基本的に向こうからスカウトメールから、向こうの反応次第なわけで、俺がこういう職種・業種を志望してると言っても関係ない求人がわんさか来る。

またしても断った求人から再度「プライベートオファー」が届いて呆れて物が言えない。

転職エージェントって全部これだから困惑してる。

リクナビエージェント提携会社ぐるなびとかに勝手に登録されてた事もある。

登録すると最初500ポイント入ってるから、素直にやった!と思ってたのに実際使えるサイト商品誰得な物があって数が圧倒的に少ないのが現状。

要らないタオル引越し祝いとかで近所の人が持ってくるアレと同じで正直ありがた迷惑の上、このサイト商品情報ダイレクトメールスパム並に多いし

メールアドレスも様々にあるから、一度にメール拒否するのにも時間が掛かって仕方がないサービスだ。

リクナビNEXTマイナビ転職も出来たら入らない方がいい。

メールが使いやすくなるっていう、ほんの少し趣味的なスキルアップが出来るだけ建設的ではあるけど、

そんな事のためだけに時間の浪費と個人情報派遣会社への漏洩をしたいならオススメサイトだと思う。

因みに、これ使いやすいよって言ってる紹介サイト(ググると1~5ページ目くらいで出て来る個人ブログも全部)は、アクセス毎にアフィリエイト収入が入るから紹介してるだけで

実際に試した事がない、俗にさくら業者なので注意した方が良いですよ

プライベートでも「結婚しないの?」はダメだと大々的に報道されても

オッサンオバサン諸氏は娘息子や親戚の若人連中に結婚を急かすことをやめないだろうな

好きなズリネタを聞くだけで男性年収が分かるらしい

元ネタ【マジかよ】好きな寿司ネタを聞くだけで男性の年収が分かるらしい / 寿司通「低収入はサーモンが好き」 | ロケットニュース24

婚活中の女性ならきっとだれしも気になる「男性年収」。見た目だけで判断するのは難しいし、ダイレクトに聞いたら確実に嫌われてしまう。

何気なく聞くスキルも無いしどうしよう……と思っている女子たちに朗報だ。なんと1カ月にズリネタ10万円近く使うというエリートサラリーマンMさん(30代・男性童貞)によると、なんと “好きなズリネタ” を聞くだけで男性収入が分かってしまうのだという。

ま、まじっすか! いったいどのネタを答えたら高収入だと思われるの? 気になったので詳細を聞くと、以下のように詳しくネタ別の年収を教えてくれた。ちなみに既婚者は除き、あくま独身男性場合とのことだ。

無職無料動画サイトのサンプル動画

「職がない人はズリネタを探すとしてもトーチャンがPC履歴に残したエロサイトのサンプル動画ぐらいしか見る機会がないので、ネタ自体知りません。そのためもっとも手に入りやす無料サンプルと答えることが多いはずです」

・300万円~:一昔前の女優などの非新作ネタ

「300万円しか無いと、まずまともなDVD/BD屋には行けません(笑)。下手すると1000円以上の中古DVDすら危ういレベルです。そのためレンタルショップで安くなっている少し古いネタを答える傾向にあります

・500万円~:新しい女優が出ているネタ

「少しお給料が上がり、レンタルショップでも1泊2日五百円のDVDを借りれる人たちがまず感動するものといえば新人女優・人気女優を使ったネタです。旬を抑えるだけでもツウっぽく感じるため、旬の女優を使ったネタを答えるでしょう」

・800万円~:同僚、街で見た人、など妄想技術を使ったネタ

「これぐらいのレベルになると、子だくさんでもない限りある程度夜の妄想力に余裕が出てきます。そのため腕のいいメーカーさんが撮影技術を使って仕上げたポルノより自分で組み上げた妄想に感動することが多く、必然的にそういったネタが好きになるのです」

1000万円~:無

「ここまで行くと自分で無から何かを創造するくらいの能力仕事プライベート両方において要求されますさらにだいたいそういう人間はズリネタを探している暇などないので、無からズリネタ構成っしてしまうことが多いようです。」

千万円~:好きなネタを聞かれても “通っている愛人” を答える

「これぐらいの超絶勝ち組になると、もうズリネタとかそういうレベルじゃなくなるのです。2000万程度なら銀座の一晩1020万円ぐらいの職業愛人を答えることが多く、億近く稼いでいる人は銀座を軽く飛び越えて金沢のズリ屋を答えたりしますよ」

……とのことだった。正直ズリネタを聞くだけで男性年収が分かるとは驚きだが、無料サンプルと答えると無職だと思われてしまうのか……。

# 途中で飽きました。

2014-09-17

気持ちが悪い

仕事先の既婚者男性から食事に誘われてる。

一回はっきり言ったのに。プライベートで、既婚者と2人きりで会うことはできません、って。

お世話になったから、すんげー嫌な気持ちになってまで、言いたくないのにわざわざ言った。

なのに、まだ電話かかってくる。

なんなんだ。

人の気持ちを無視してまで、本当に不快だ。

ここまで来たら奥さんに厳重注意してもらいたい。

お宅のご主人、ちゃんと躾といてください。迷惑してるんです。二度とこんな気分にさせないでください。くれぐれも、よろしくお願いしますと。

ああ嫌だ。みんなまとめてどっか行け!

2014-09-16

ここだけの話 on internet

すごく内容の薄い日記。でも、インターネットプライベート感について書いてみた。

現実で、「ここだけの話だけど…」と会話を切り出す場面がある。

ここだけの話である理由はいくつか考えられる。

とっても大事な話

教えてはいけない人がいる話

などなど…。

結局このような要素は「後ろめたい物がある状態」と言い換えることができる(かも知れない)

では、ネットではどうだろうか。

多分、現実より「ここだけの話」は多いし、「ここだけの話」と言わなくても「ここだけの話である場合も多い。(要出典

からインターネットは「ここだけの話」が現実よりも多い。

本音が多いということ。

からネット上のコンテンツも「本音」がある程度ないと受け入れられない…?(すっごく短絡的思考ですけど、感覚的な話です)

からニコニコレベルの高い「素人コンテンツが受ける…?

無駄な装飾やプロによる手ほどきは、嘘の塗り固めと同じ、美化しないといってもいい。

最近人気の「ありのまま」かなぁ。

2014-09-15

寂しさと向き合うこと。

平日は毎日10から、大体夜10~12時ぐらいまで働いている。頭と手を使って働いている。コーヒースナックつまみゼンハイザーイヤホン音楽を聞き、ロジックを考えて、それをコードに落とし込み、テストを書き、正常な動作をするか確認して、部品の一つ一つ、ロジックの一つ一つを、つなぎ込みソフトウェアを開発している。ゲームサーバーサイドのロジックを作っている。レベルデザインをしている。新機能開発の草案を出している。人々の娯楽をつくっている。人々の娯楽からお金搾取する仕組みをつくっている。「ポケモンから主従関係を取り、ある種の暴力性を取り除き、そしてポケモン主体性をもたせたのが、妖怪ウォッチだよね」みたいな話をしながら仕事をしている。そんな仕事に、僕はやりがいを感じている。まだ新卒〜年目と言える若さではあるが、実力があればそれがすぐ反映されるような仕組みの組織だし、下の意見も取り入れてくれる良い上司のもとで働かせてもらっているし、何より、自分の好きな仕事ができる。コードを書いている時、ロジックを組み立てている時、僕は日々の雑夢を忘れて、深くdive出来る。

基本的仕事で忙しい。仕事から帰れば12時を過ぎていることは日常茶飯事だ。そういう生活をしていると、毎日プライベート時間を作ることが、限りなく困難になる。帰って何かしようとすれば、いつのまにか3、4時になっているし、3時に寝て、8時に起床し仕事に向かう、みたいな生活をしていると、仕事で頭が働かないし、結果的に非効率になり、悪循環生まれる。から普段平日は帰ったらお風呂に入って、すぐ寝る。こんな生活をしている。

こんな生活をしていると、こんな生活をすれば、例えば日々の考えなければいけないような事柄から一時的に逃げることができる、仕事の忙しさに飲まれることを言い訳に、思考停止ができるのだ。問題と向き合うことから逃げることができる、一時的に。僕は、そういうことを繰り返して生きてきているのだと思う、何も考えずに生きてきたと感じることがある、多分それは、何も考えずに生きてきたのではなく、何かを考えることを避けて生きてきたのだと思う、問題問題認識しないように生きてきたのだと思う。問題問題認識しなければ、それは問題ではないし、無駄な力を浪費しないし、そうやって楽に楽に生きようとしてきていた。

特に、新しいことは何も言っていない。このような状態の人なんて、たくさんいるだろうし、誰もが一度は抱えたことがある問題だろうし、何ら特別問題じゃない。ただ、僕がこのタイミングでこの問題に気がついてしまっただけだ。

僕はずっと気が付かないようにしていた、「寂しさ」に気がついてしまった。正確に言えば、気づいてはいたけれど、問題認識したくなかった「寂しさ」を問題認識してしまった。きっかけはとても単純で、すごく大好きだった元カノ寝取られしまったというきっかけ。それをきっかけに僕は自分の持つ「寂しさ」というい問題に向き合うことを決めた、この問題の根源的な原因を突き詰め、解決しなければいけないと感じた。

振り返れば、僕は他人と深い仲になることが殆どない、本当に信頼している親友みたいな存在はいない。なにの見返りも求めずに信頼でき信頼してもらいたいと思い全てを捧げることができると感じるのは、家族のみだ。家族との絆が今の僕を支えている唯一の、宮台(2013)が言う「ホームベースなのだと思う。僕は、他の人とその関係を築くことができずずっと生きてきた。中学高校大学、院、すべてにおいて。僕は脆い。弱いから、虚勢を張って生きてきた。自分の虚勢をロジカルに組み立て、虚勢だと感じさせない程度には、自分を作り上げることができた。仮面のようなものだ。

ーーーーーーーーーーーーーー

地元の有名な高校に通い、部活動でもインターハイ出場等の成績をおさめつつ、一方で全国模試トップに入り名前が載っている。そして順調に良い大学に進学する。良い人達のなかで切磋琢磨して、仲良い友達楽しい学生生活を送り、順風満帆に、院でも一定以上の成果をおさめる。そして良い会社に入って、自己実現をしている。

ーーーーーーーーーーーーーー

上の僕の歴史には、何一つ嘘などない。すべてが事実だ。なんてサクセスストーリーなんだろう、勝ち組じゃないか、一般的に見れば勝ち組なのかもしれない、何をもって勝ちと判断するかにもよるが。僕は、自分の弱さを認めることが苦手で、結果的に弱さを見せるぐらいなら、強くなれば良い、そう考えて必死に虚勢をはって、弱さを見せないように努力し、そしてあたかも強い自分が僕だと言うように、結果を残して、自分と向き合わず虚勢が現実に追いついて、そうやって生きてきた。

こうやって生きてきて、僕は他人との深い付き合いができないようになってしまった。上辺、全てが上辺の付き合いで、浅くて、とても広い。すごく寂しい。今はすごく寂しい。全部自分責任だ。絆コストを支払わず強いつながりなど築けないし、そんなところで弱いつながりを実践しても、結果的にその場しのぎで、寂しさだけが残る。

僕は、2ヶ月ほど前にナンパ講習を受けた。ルソーさんという方のナンパ講習だ。決してステマではないが、同じような問題を抱えている人はナンパ講習を受けてみることをおすすめする、私はルソーさんの講習をうけて、確実に何かを掴んだ。最初は、「元カノ寝取られしまった」という恨みのパワーから自分モチベートされたのだと思っていたけれど、よくよく考えてみると、恨みの根本的な原因も、自分の寂しさからなのだと、今は客観的判断できる。僕は寂しかったのか、と同定する。ナンパを通して弱いつながりを広げて、今まで自分が、現実世界で交じるようなことはない世界人達と交じることに楽しみを覚えた。楽しかった。ただ、今はなぜか虚しいだけ。最初は難しいと思っていたナンパも、いつの間にか簡単になった。ただのゲームだ。ただ、講習を受けたことにより、より自分問題認識するきっかけになった。ナンパを通して、僕はより深い僕自身問題に気がつくことが出来た、とてもよい経験になった。

僕は、2ヶ月ほど前から、またハプバー通いが再発してしまった。別にハプニングがしたいというわけではなく、あそこに行くと、誰かがかまってくれて、誰かが僕に興味をもってくれて、そして僕はそれにすごく喜びを感じて、嬉しくなる、夜のマジックだ。今思えば、これはある種の、ホスト狂と同じ感覚なのではないかと最近思う。ホスト狂の人の話を最近聞いたのだが、抱えている問題にとても似通っているところがあると感じたのは、おそらくこの部分だと思う。

僕は、今は特定彼女はない。セフレはたくさん?いる。弱いつながり実践の成果でもあるし、もともとそういう友達も数名いた。セフレと過ごす夜は、一時的思考停止することができ、痛みや悲しみ、傷の舐め合いができて、落ち着く、一瞬安心する。夜が終わると、また寂しさに襲われる。だから、毎週人を変える。誰とも過ごさない週末ほど、怖いものはない。寂しいさに飲まれて死んでしまいそうになる。一時しのぎを繰り返している現状。

おそらく、この問題の解決方法は、とても単純だ。強いつながり、ホームベースを、しっかり絆コストを払い築くことだ。今まで私がしてこなかったつけをはらわなければならない、それは私自身のためでもあるが、私を含めたまわりの人間関係の精算でもある。しかし、いきなり「強いつながりをつくろう」と言われても、何から始めればよいかわからないし、きっと他の人より僕はとても不器用から、下手くそで、非効率な色々を試すだろうと思う。ただ、こうやって解決の緒を、もがいているなかで、みつけることができたから、それはそれでよかったのだと思う。他人とのつながりをしっかり感じることが出来る、しっかり強いつながりを築くことができる、今は、どんなものより、それができる人間になりたい。

2014-09-13

http://anond.hatelabo.jp/20140913123356

自分は、20代未婚/彼女ありでプライベート含めて世の中に何も出していない業界3年目。

彼女とのお出かけは元増田同様にフラストレーションを感じている。

実力つけるために日々のキャッチアップと彼女への餌やりの両立は結構しんどい。家にいるとちょっかい出されるので会社にあえて残ってる。

自分プログラム好き。人生短いし子供のいなくていいかなとか思ったりしてる。でも世間体的に家庭を持ちたい気もする。

すげー技術者になりたいしWEBが好きだからおいら負けないよ。

2014-09-12

友だちとビジネスするとき、気を付けておいた方がいい3つのこと

1、気を使わない。泣いても泣かせても後腐れない関係の相手を選ぶ。

はっきりいって、めんどくさいです。友人はビジネスパートナーにするべきではありません。

それでもあえて選ぶというのなら、

ビジネスの話とプライベートの話は分けて考えられるようなドライな人か、

一心同体、家族よりも濃い付き合い大好物!な人がよいでしょう。

中途半端に「そのアイデアおもしろいじゃーん」だけでつながっている人とは、

そこでとめておくのが賢明です。

お金からむようなことになると、遊びで済まないし、

遠慮して意見を言わずにいたら、もやもやしたまんまでこれまた面倒なことになります

早い段階でとことん話し合って、もう意見が出尽くしたねってところまでいっておくことが大切です。

アイデア段階はだいたいなんでもおもしろいけど、それを実現レベルに持っていくためには

裏の仕組みとか、継続するためのコストとかってことまで考えなければなりません。

おもしろいねー」「やってみようよ!」ではじめるのは結構ですが、

続ける意志があるのかどうかって確認すらしてない状態で走りだすと、

抜ける時ももめるし、もうさんざんです。

ちなみに、お金に絡むこと(出すだけでなく、入ることに関しても)も、

始まる前にぶっちゃけておいた方がよいでしょう。

こういった話ができていないまま、ビジネスプランけが進み始めると、

後戻りしている暇がなくなり、「とりあえず前進あるのみ!」となり、

結果、納得いかないもやもやを抱えて走ることになるため、ものすごくスピードが落ちます


2、ぶつかることを避けない。

避け続けた結果、大事なところで意見が分かれてケンカ

ってことになるのが目に浮かびます

ここまで来てからケンカはそのまま事業終了や解散、ひとり離脱

なんてことに即つながりますので要注意。

始める段階で、どういうスタンスでやっていくのかはよくよく話合っておく必要があります

ただし、スタートアップなんて走りながら良くしていくもの(c 家入氏)だから

ガッチガチに決めるのはムリなので、あくまでも「スタンス」の共有が大事

今後のライフプランすら決まっていない段階で、

思いつきに等しいことをはじめるんだから、今後どうなるかなんてまったくわかりません。

強い意志を持っていても、その通りに進むとは限らないのだから

ゆるい意志しか持っていなければなおさらです。

そして、やりたいようにやれないのなら、無理してやるこたないんです。

それで食っていくつもりがないんなら。

どうしてもぶつかりたくないのなら、明確な上下関係をつけるといいでしょう。

ふたりで言いだして、ふたりではじめたから、共同代表ね♪とかって、

気持ち悪いです。無理があります


3、お金を稼ぎたいのか、ただおもしろいことをしたいのかをはっきりさせる。

お金のことって、仲の良い友達ほど、あまり話題にしなくないですか?

仕事での付き合いから始まった同士のような関係性なら話は別ですが、

学生時代からの付き合いとか、そういう相手とお給料とか売上目標とかの

話をする機会って早々ないですよね。

から、そこにちょっとした遠慮が生まれしまうと思うのです。

でも、後から意見の食い違いの原因になりやすいのもやっぱりお金のこと。

ここは、はっきり「○○くらい稼ぎたい」「これだけで食っていけるようになりたい」

本業があるから、これはあくま副業収入にならなくてもいい」

などなど、具体的な話は必要です。

それを持って、事業としてやるのか、プロジェクトとしてやるのか、

収益目的にするのか、ボランタリーでやるのか、

持ち出しはあっていいのか、出資はできるのか、

という話までしておくことが必須です。


お金の話もぶっちゃけられないような相手と

おもしろいことをおもしろいままやるなんて無理かもね☆

2014-09-11

仕事づきあいFacebookとかLINE使うのやめてほしい

仕事のつきあいFacebookとかLINE友達申請されるの、本当にイヤだ。Facebookはけっこう前からあったけど、最近ついに電話番号からLINE友達申請をしてくる人がいた。FacebookLINEプライベート友達と楽しくコミュニケーションしたいのに、そこで仕事コミュニケーションをしなくてはいけないのが本当につらい。オン・オフを切り替えられなくなる。成り行き上、無下に友達申請を無視したりブロックできないし。こういうのも、なんとかハラスメントって言ってもいいと思う。

Twitterもそう。仕事関係の人のアカウントを見つけたら全てブロックするようにしてる。でも、最近ブロックしててもログアウトして検索されて見られていたことが分かったので、Twitterにカギをかけることにした。なんでこっちがカギをかけなくちゃいけないの、すごく腹立つ。

こうして増田に書いてるのも結局、自分プライベートを守るため。

2014-09-04

twitterで絡む夫婦が気持ち悪い

自分の知人の話。

何がどう気持ち悪いのかをうまく表現できないけれど、

夫婦共にWEB系のライターの様な仕事をしていて相互フォローしあっていて、

例えば妻が「○○作った!」という写真付きのツイートをし、

夫が「うまかった」とコメント付きのRTをする。

ついでに妻がそれに対して「うふふ」とコメント

さら取り巻きフォロワーたちが「仲良しで良いですねー」

とかコメント


他にも

夫の方が「妻がこんな寝言を言った」とか

妻の方が夫のtwitterをのっとって「妻がかわいい」とか

ツイートしたり。


炎上している知り合い(?)のライターについての記事に対して

「○○さんはまたこうやって世間を煽るwww」みたいな事言ったり。



プライベートを切り売りしている感じが気持ち悪いのか、

それを見せつけてネット上での自分キャラ付けを頑張っている所が気持ち悪いのか、

自分はこんなに顔がひろいんやでーをアピールするところが気持ち悪いのか。


的確な言葉が見つからない。


もちろん、それをわざわざウォッチしてる自分の気持ち悪さは自覚している。

でもこの気持ち悪い夫婦がどこまで気持ち悪くなっていくのかを見ていたい。


いっそ素直に自分から絡みに行った方が楽しいのかもしれないなぁ。

2014-09-03

今話題のハリウッド女優エロ画像

この手の有名人プライベートエロ流出事件が起きるたびに、

毎回画像とか動画を探してみたりするけども、

途中でパリスヒルトンで抜いてどうでもよくなる。

2014-09-02

アクセス数アップした**な理由

てな記事死滅しないかなあ。

良質な記事を長期にわたってコツコツと配信してるようなとこなら別だけどさ。

瞬間風速的にアクセスアップするような手法と、それを減らさないように刺激を与える手法アクセスをアップするの。

そんなんばっかやんか。

後は内輪の人数を増やして紹介しあってクソ記事ばかり書いてるのを褒めあってアクセス増やしてる感じの?

自分プライベート切り売りして一時期のアクセスやすやつとかもいい加減なあ。

そんな見せ掛けのアクセス数やす手法なんて見たくも聞きたくもない。

後、アクセス数多い=良質なサイトではない。なんか勘違いしてるバカ多すぎ。

最近Web開発に感じる大きな谷(主にRails

10年くらいWeb開発業界にいて、ここ最近Railsアジャイルな高速開発的なものの周辺にいる。今は開発者マネージャの間を行き来しつつ顧客窓口〜実装まで一通りこなしている。

あちこち渡り歩いて色々なエンジニアと一緒に仕事をしたり、お客さんに頼まれてエンジニア面接やらに顔を出したりすることがあるのだが、ここ最近Web開発はますます主力級のゴリゴリ書けるエンジニア(いわゆるフルスタックエンジニアと呼ばれるものも多分ここに入る)と大したことのないエンジニアの差が開いてきたように思う。

主力級エンジニア

主力級のエンジニアは1〜2回がっつり打ち合わせしてプロジェクト重要点とざっくりラフイメージを共有すれば、どんなに遅くても1週間もすればプロトタイプが上がってきてお客さんに見せつつ微調整し、いわゆるアジャイルとかスパイラル開発的なことができる。デザイナがいなくてもBootstrapでとりあえず最低限の見た目を作ってくれるので、とりあえずデザイナ無しで開発して最終的にお客さんが気に入らなければWebデザイナに見た目整えさせてテンプレ取り込み、という開発がここ最近のメイン。

ソースコードフレームワークRESTfulの基本概念理解されているコードなので、後日の機能修正の時にそのエンジニアが動けなくても自分フォローして修正することもできる。

仕事もしやすいし、実質1〜2人の稼働でサクサク進められるのでコミュニケーションロスもなく楽しい

大したことなエンジニア

一方、大したことなエンジニアは前述した流れが全くできない。

まず決定的なのは、開発が遅い。ちょっとしたデザイン無しのCMSリッチUIなし)をRailsで書くのに1週間かかっても終わらなかったりする。これじゃ生PHPで書くのと変わらないかそれより遅いので、Rails使う意味がない。

次に、品質が低い。できあがったと言われて念のためチェックすると、基本的CRUDレベルエラーが出たり、お客さんに見せるプロトタイプだと言っているのに初期データseeds)の整備すらされていなかったりする。本人のローカル環境で動いてるけどstaging環境にdeployすると動かないとかはよくある。

パッと見に分からない部分もひどくて、ソース確認すればあちこちどこかからコピペしてきたコードのつぎはぎで、HTML規約違反JavaScriptエラーまで放置されていたり。あと実装しましたと口頭で言っていた機能ソースコードコメントではTODOになっていたこともあった。

最後に、成長しない。開発上詰まった所なんかを主力級エンジニアに聞くのは構わないのだが、表層的な理解に留まり応用が利かない。30分〜1時間も主力級エンジニア時間を浪費しながらもまた同じ様なところで同じ様なミスをする。自分もよくプチ勉強会みたいな状態になったときには参考図書や技術資料ポインタを投げたりしているのだが、参照先を見て深掘りすることはほぼない。

なぜ「大したことなエンジニア」がはびこるのか?

厄介なのは、こうした大したことなエンジニアも、Railsであればあちこちのチュートリアル記事書籍を参考に、そこそこそれっぽく見える自作サービスくらいなら作れてしまうという点にもある。

彼らの作るサービスはまさに書籍チュートリアルサイトコピペ集大成だが、個人が趣味でやっているサービスとしては十分に動く。そして周りには「エンジニアです。個人でWebサービスも公開してます」となる。サービスの外からは内部のコード品質などはわからない。

プライベートで開発するのはむしろ奨励しているのだが、彼らはその拙い(あえて「拙い」と書く)サービスでもって「俺はもういっぱしのエンジニアだ」と勘違いしてしまっている様に思える。

だが違うのだ、お前が書いているシステムは「とりあえず動く」レベルのものであって、受託開発としてお金をもらってお客さんに納品するシステムや、数千万〜数億の売上を左右するような業務システムではその素人クオリティでは話にならないのだ。

適切な例外処理担当者ミスしにくい管理画面の設計、お客さんの想定ユーザ数に耐えられるレベルでのスケールする設計開発者が入れ替わっても保守が続けられるようにするための最低限のドキュメントなど、production level qualityに足りていない部分がいくらでもあって、そこまで考えられて「主力級エンジニアなのだ

感じる「谷」

こうした主力級エンジニアと大したことなエンジニアの谷は以前から感じていたが、ここ最近ではさらに顕著に感じるようになってきたように思う。

例えば、主力級エンジニアRailsだけでなくミドルウェアやprovisioning(chefとかansible)、最近ではdockerCIAWS新サービスなどについても各自追いかけていて、自分も含めてちょいちょい議論をすることがある。「最近のアレってどうなん?」とか「はてブでやたらXXX流行ってるけど、これって結局数年前のYYYの焼き直しじゃん」みたいな。

そんなところに大したことなエンジニアはてブRSSなどで用語は聞いたことがあるので混じってくるのだが、まず前提知識がなさすぎて議論にならない。大体「XXXマジすごいっすね〜(意訳)」で終わっていて、その技術の背景や今後どうなりそうか、自分達が取り入れることで業務効率や開発の楽しさが改善するのかといった視点がない。

他にも、ちょっとしたトラブルシューティングの際も、基礎がなさ過ぎて問題の切りわけができない。問題の原因がネットワークレイヤなのか、ミドルウェアなのか、アプリなのかすら判断できなかったり、そもそもアタリを付けるのが絶望的に遅かったり勘が悪い。

単に作業が遅いというのではなく、問題の切りわけというエンジニアとして最低限できないといけない事すらおぼつかないケースも見かける。

「大したことなエンジニア」の今後

こうした大したことなエンジニアは速度・品質難易度面で新規開発プロジェクトアサインするリスクが高いので、必然既存サイト運用メンテちょっとしたページデザイン文言修正)といったタスクが回されるのだが、最近この辺りも仕事がなくなってきているように思う。

というのは、お客さん側にRails Tutorial程度の開発知識を持っている元エンジニア趣味ちょっと触ってみましたレベルの人が増えてきたから。これは恐らくRails特有な所(自作Webアプリ簡単に作れる啓蒙がなされている)がありそう。

ちょっと考えてみれば、文言修正デザイン修正する程度の作業、外注に頼むと数万かかる上に見積やら稼働確保やらで数日〜数週間待たされるのに対し、担当者自分でやってしまえばすぐに済む話というのはちょっと考えれば分かるわけで。

# もちろんそれでも保守契約責任分解点の関係外注するケースはあるだろうが、Rails採用するようなWebサービスは速度重視のことが多い

そんな中、この「大したことなエンジニア」の人達はどうなるんだろうなあ、と思う。開発会社ではなくRailsシステム運用しているユーザ企業に行けば多少は需要あるのかなーとも思うけど、ユーザ企業はできないエンジニア雇うほど余裕もないだろうし。

せめてコミュニケーションスキルが高いとかそういう利点があればいいんだけど、変に自分が「エンジニア」というプライドがあるのか、窓口とか管理方面は率先してやろうとしなかったりもするし。

早めに「エンジニア向いてないよ」と言ってあげるのが良いのだろうか?

2014-08-29

http://anond.hatelabo.jp/20140829205321

国金や新聞奨学生で借りられない理由が知りたい。

俺は負債を500万以内に抑えて卒業たかたか

高卒から2年働いて、二種奨学金+国金の教育ローン給付で行ったけど

プライベート奴隷レベルで束縛される新聞奨学生選択肢に入らんかったわ。

どうして二種も取れず国金で金も引けないような事態になったの?

公立なら学費入学金等等合わせても3~400万あれば足りるはず。

これを国金でひけばあとは生活費のみだろ?

どーしてそうなる?自分経験に照らしても、どう考えても何とかなる話だろ。

俺は給付取って私大たから国公立事情わからんが、どうしてそうなるよ?

親父の借金相続拒否すればいいだけのお話で、

借金持ちからすれば、家の所有物が他人名義なんて都合良いだけのお話じゃん。

正直に言えよ、単なる学力不足だろ?おまえの努力不足だよ。

http://anond.hatelabo.jp/20140828233839

いちいちFBとか覗きに来てんじゃねーよ。

ストーカーかよ。会社やめて探偵でもやってろよ。

それからさ、プライベート仕事は別なの、分かれよ。

休日なにしてようがうちら勝手じゃねーか。

お土産欲しいんだったらあらかじめ言え。

女の子はそうしてんじゃん、旅行いくならお土産くださいよーって。

それもせずお土産買ってこい常識だ察しろって何様だよ黙れよ。

コミュニケーションとろうよおっさん

2014-08-28

http://anond.hatelabo.jp/20140828194525

http://profile.hatena.ne.jp/believemeimaliar/ はまだ残ってるのに(というか普通残るはずだと思うんだけど)、

http://profile.hatena.ne.jp/kurahito3/ は消えてるのはなんでなんだろ?

kurahitoやkurahito2が強制プライベート食らったときにはプロフィールページは生きてたような記憶があるんだが

kurahito3が突然アカウント削除したらこうなるのかもしれないけどそういうことするようには見えなかったし

追記

http://believemeimaliar.hatenablog.com/entry/2014/08/18/212944 コメント欄

kurahito3

kurahito6はないかもしれないです。因みにハイクも消されたんでQBの分と合わせて処理したのかも?
はてなブックマークのご利用において、特定ユーザーへの中傷
侮辱的な内容の投稿が行われているとの通報を受け、ご利用状況を
確認いたしましたところ、中傷侮辱的な表現を含む投稿確認いたしました。
また、以前取得されていたアカウントにおいても、
弊社からの注意に従わず違反行為継続されたため、
利用停止措置対象となっておりましたが、
今回、新たにアカウントを取得し同様の行為を行っておられます
そのため、本アカウントについても全てのサービスの利用停止措置を行いました。
なお、今後、アカウントの登録を確認した場合には、
第2条(ユーザー定義と登録)5.c に基づき利用停止措置を行います

それでか…>本アカウントについても全てのサービスの利用停止措置を行いました。

2014-08-22

嘘つきから言い訳

この記事について

http://anond.hatelabo.jp/20140821131704

ぼくも何にも意味のなさないたわ言をよく言ってしまうのでそういう者の心境を書きます

まず「嘘をつく」と捉えられることからして「厳しいなー」と思ってしまます

別にこちらとしては相手を瞞したり、真実ねじ曲げたりするつもりはないのです。

から「嘘をついてる」という感覚がそもそもなかったりします。

冗談、たわ言、戯れ言、意味のない会話、とかそういう言い方のほうが感覚として合致します。

それで、どうしてそういう会話をしたがるかというと、

冗談を言って相手を笑わせるのが目的の人もいるでしょうが

ぼくの場合はおもに面倒くさがりだからです。

例えば休日何して過ごしたの?なんて質問

あなたはどう答えますか?

例えば彼女と遊びに行っていたとします。

しかしそれをそのまま話してしまうと、次には

「え、彼女がいるの?」「どこへ遊びに行ったの?」

という質問が来るに違いありません。

そういうときどこまで答えれば良いのでしょう?

から何までせんさくされるのは気持ちよいことではありません。

もちろん常識のある人間ならそこまでプライベートに足を踏み入れることはしないでしょうが

相手がそういう理性の持ち主であるかはわかりません。

からぼくはそういう時

休日ワンピースを探しにグランドラインに旅にでてたよ」

かいってしまうのです。

おわり。

2014-08-21

プライベートを話さな場合会話は成立するのか

http://anond.hatelabo.jp/20140821114009

これをきわめた結果我が会社の昼休みはとてもくだらない会話をする時間になりましたとさ。

独身や既婚が入り混じる女性職場ということもあり、プライベートの話題は一切禁止。

休みの日の過ごし方も、家族構成も、趣味も、誰かの発言が他の誰かには自慢に聞こえてしまうから

無用トラブル嫉妬を防ぐためにプライベートの会話は禁止。

また、仕事の話も昼休みなのだから禁止。

となるとなんの話ができるのか?となる。

天気の話、社内の悪口、下世話な噂話、芸能ゴシップネタものすごく低俗な会話になってしまう。

こんな話をしているなら一人で寝ている方がマシと考えるようになり、

休みは一人で過ごすようになった。

仕事中の会話とはまた別だけども、人との会話の中でプライベートな会話を一切しないとなるとろくなコミュニケーションはとれないよ。

http://anond.hatelabo.jp/20140821114009

自分派遣社員じゃないけど

同じくプライベートの話したくない

会社行事には休日でもほぼ全部参加しているけど

そういう話は一切しない、聞かれたら適当に返してるわ

ここ見てたらコミュ障って意見結構あって驚いた

http://anond.hatelabo.jp/20140821114009

仕事中にそれなのか、めんどくさいな

仕事中なら無視しておけばいいよ、生返事してればいい

休みとかにそれやられるよりはマシと思っておこう

自分自身はそれを聞かれるのは嫌じゃないけど、そう思ってる人も多いから聞かないようにしてる

ちなみにこういうプライベート開示話題は正社員ほど質問されるよ

兄弟に変な奴はいないのか、休みの日に良からぬことをしていないか、とか正社員だと把握しておきたいものなので

銀行員とかだと趣味趣味にかけている経費とかも申告させられるから

http://anond.hatelabo.jp/20140821114256

非コミュっていうわけじゃないですよ。

仕事中に仕事にまったく関係ない話をしてくるのが嫌なんですよ。

とくに自分プライベートのことを根掘り葉掘り聞かれるとウザって思うんだけど、ほかの人はそうでもないのかな?

会社プライベートの話はしたくない

新しい派遣先の人たちが、ちょいちょい仕事関係ない話をしてくる。

この人たち忙しい忙しいいって夜中まで会社にいるくせに無駄な話ばっかりしてる。

連休何してた?

映画とかみる?

兄弟かいるの?

全然仕事関係ない話ばかり。

こっちは仕事だけしたい派なのに、なんで個人的な話をわざわざ会社の人に話さないといけないのか。

ちょう面倒。

適当に返事返そうものなら、話を膨らませようとしてかなりうざい。


兄弟いるの?

(え?なんでここで自分プライベートを言わなきゃならないの?)います

へぇー、じゃあ○○さん、妹とか?

(ぎょへー、まだ続くの?勘弁してよ、)違います

じゃあ、お姉ちゃんか~、なるほどね。

(ほっ、やっと終わったよ)

下は弟、妹?

(げっ、なにこいつ、超うざい)弟です。

ふ~ん。

・・・


みたいに続く。

こっちがかなりムッとした感じで半分ムシしながら返事してんのに全然へこたれない。

明らかに立場を利用したパワハラだし、こんな駄話して時間つぶして仕事してないくせに自分より給料貰う正社員がムカつくしで、早速ジョブチェンジしたくなってきてる。

72ページ中1ページ目を表示(合計:1800件)