「あい」を含む日記 RSS

はてなキーワード: あいとは

2017-03-30

フェミニズムというのはハナからチン上げ交渉の道具でしかない

あいう人らは別に男がフェミニズム教義上正しい行動をすることなんか求めてない。

ただ男のやることにひたすらいちゃもんつけて騒いで、迷惑料をもらいたいだけなんだよ。

からポリコレ違反なんかよりも、リソースを払わない弱い男がイキっちゃうのが一番許せないんだ。

逆にリソースを払えるだけの強い男が相手ならあっさり引き下がるのも当然で、

それに文句を言う方が筋違いだ。

そういうわけで、あんものを行動の基準にしてたら頭おかしくなる。



http://anond.hatelabo.jp/20170330174222

http://anond.hatelabo.jp/20170330204723

規制をどの程度にするかの話って、

ちょっと緩めてもいいんじゃない?っていのと、もっと強めたほうがいいんじゃない?っていう意見のせめぎあいで、

行ったり来たりするもの



性に関する物事は興奮を伴うから危ないんだよ。冷静になれずに揉め事になって、治安悪化になる。

エスカレートして殺し合いとかね。

から、いろいろ規制がしてある。



一つ一つを見れば、それくらいいいんじゃないの?って思えるものは沢山有るけど、

沢山の規制存在している背景は治安維持社会秩序の維持のためだよ。

http://anond.hatelabo.jp/20170330131521

こういう考えできる人がいると嬉しい。

その反面で、ああいう場はちゃんとやってるだけなんだよ…とも言わざるをえない。

でも、気持ち大事にして。もし自分が同じ立場になった時は精一杯やってあげてほしい。

このあいだの香川シンジ得点を見ると、やっぱりサッカーオフェンスセンス抜群にいいんだなーって思って見ていた。なんか、頭一つ飛び抜けてセンスがいいなって。

まー、あの試合だと久保MVPなんだろうけど。

岡田が、サポートメンバーとしていつぞやのワールドカップに帯同させたのは正解だったのかどうかは、不明だが。

http://anond.hatelabo.jp/20170330182111

増田気持ちは分かるが、仲良くなるキッカケが欲しいのかも。あいさつ代わりでは?「私、あなたと同じ職場の仲間だよね」って程度の感覚では。

一緒に旅行に行った友達サイコパスだった

旅行は長時間をともに行動するからその人の本当の性格が見えるというが、まじだった。

この春、僕らは東南アジア旅行した。

友人Aはサイコパス、友人Bは早稲田だった。

Aは人が寝ようとするところに室内灯を点滅させたり

動物園の中のトラのように僕の周りを往復したりということを心底楽しそうにやっていた。

あいつはサイコパスだ。気をつけたほうがいい。

Bはホテルについてから何かを見せびらかすように、太ももを大きく広げてソファに寝っ転がり始めた。

よく見たら、そのパンツには「早稲田」と書いてあった。

まさか学歴自慢。異国の地でも自分ステータスを誇示するその姿勢に私はただただ震えた。

あいつは高学歴エリートだ。気をつけたほうがいい。

とんでもない人と旅行に行ってしまった。

旅行ではその人の本性が見えるというがまさにその通りだ。二度と行く。

そう、このメンツはまた行く。まぢ、頭おかしすぎんだよwwww

http://b.hatena.ne.jp/entry/one00one.hateblo.jp/entry/2017/03/30/135404

あいもの互助会なんだが、

kedamatoriko ぺヤング悲鳴を上げてみました!!!!!きゃーーーっ

こればかりはあまり意味不明すぎて思わず笑った

悲報けものフレンズが14万売れたというガセの発端、嫌儲板スレからだった

あいつらも捏造してるやんけ。

http://anond.hatelabo.jp/20170330043445

世界に一つだけ~とかみんな違って~とかだいぶ前からあいう全肯定の優しい世界()ってのが世間蔓延していただろうが。アイマスだってそうだし。

その割には異者に対して随分不寛容だけどな。世間オタクも。

意識の高いゆとり

こいつらは意識はすごく高い。

組織に忠誠を誓い、先輩には敬意を払い、後輩には細かな気配りをし、もちろん自己研鑽にも余念がない。

・・・つもりになっている。

すべてが中途半端な癖に、自分は頑張っているつもりでいるからタチが悪い。

上っ面だけなんだよな。だから怒るとちゃんとやってるのに何で怒られるんだって反発がすごい。すべてが人のせいになる。

俺は真面目にやってる、他のやつらが使えないから、怒るやつが悪いetc

お前が真面目にやってるとか知るか、結果出せアホ。使えないやつらの分はお前が補てんしろアホ。怒られるやつが悪いに決まってるだろアホ。

あいさつもしねーくせに先輩に敬意を払ってるつもりになってるし、ただ一緒に遊んでるだけなのに面倒見のいい先輩気どり。

勉強とか自己研鑽するのはいいが、仕事適当にほっぽり出して、それでいて組織に忠誠を誓った気でいる。

意識の高いゆとりは今まで何人とみてきたが、こんなやつらしかいなかった。

はじめは世間ではゆとりとかバカにされてるけど、しっかりしたやつもいるんだなって感心してたんだけど。

現実はこんなもんだ。失望した。

実家の犬を安楽死させるか迷ってる

実家の家はもう15歳の老犬。弟が買ってきたのをいつのまにか母が育てることになり、今の母の唯一の心の拠り所。去年の中頃に失明して体中ボロボロだけど、なんとか感覚食事トイレ自力でできる状態。正直去年の末まで持たないだろうなって思ってたけど、母の看病もあってか今も頑張って生きてる。

さすがに今年でもう無理だろう。老い先短いし、最後まで看取ってやりたいという母の気持ち尊重してあげたい。そんなことしたくない。でも他にどうしようもない。

実家借家で、高齢者の両親二人と30代後半の弟、そして弟の中学生の子供の4人が住んでる。3年前に弟が職場で揉めて仕事を辞めてから今までほぼ生活費を入れてなく、以降は年金ぐらしの両親が生活費をまかなってた。でも弟の元の収入計算して借りた借家だったから回るわけない。父は毎月10万ちょいの年金に加えてタクシーやら弁当宅配仕事やらで必死に稼いでいたがそれでも毎月20万ちょい。今の借家家賃光熱費生活費なんか足してったら全然足りたい。

今年に入って、ついに大家から「出てってくれ」と通告されたらしい。何回も家賃の支払いが遅れ、その度に両親が必死お金を工面して、それでも今年はどうにもならずに別世帯の俺に泣きついてきた。もう今年に入って20万くらい貸してる。俺も妻と実家の件で喧嘩ばっかでもうぼろぼろ。

あそこは引っ越しもっと安いところに住むしかない。収入に見合ったレベル生活レベルを落とすしかない。そんな当たり前のことがわかっているのにできない。弟はもう人として終わってるし、甥っ子も去年から情緒不安定でうちの母と怒鳴り合いの喧嘩ばかりしてる。でも甥っ子は責められない。13,14歳の子供が、いつ今住んでいるところを追い出されるか、いつ慣れ親しんだ学校を転校せざるを得ないかなんて考えたらストレス発狂すると思う。

んで引っ越し先を探す最大の難関は老犬。もう目も見えない状態の老犬をOKしてくれる物件がまったく見つからない。。。ペット可物件自体減ってきているのに、目が見えずにそこらへんにおしっこするであろう老犬を受け入れてくれる物件なんてないよマジで

叔母はもう去年から「もう失明もしてるんだから、楽にさせてあげよう」と言っているし、俺も今年からその方向に傾きつつある。でも母が泣き叫んで「やめてくれ」って訴えてくる。実の母親に「この子安楽死させるなんてやめて」「この子が死んだらもう私も生きたくない」とか泣きてすがられて、どうしていいのかわからない。でも生活費は毎月赤字で、もう当たり前のように叔母さんや俺が生活費家賃を毎月のように負担してる。妻は「独立して子供もいる息子に生活費を頼るなんて信じられない」「なんで収入に見合った生活レベルに落とそうとしないのか」「なんで夫のあんたも当たり前のようにお金を渡すんだ」と毎週のように喧嘩してる。もういつ子供連れて実家に戻られても文句いえない。

元凶の弟はこの期に及んでも「介護仕事なんてブラックから無理」「てかブラック会社じゃメンタルやられるから働きたくない」「親父みたいに宅配仕事ならできるから車買いたい。兄貴でローン組んでくれない?」とかクソみたいな言葉しか言ってこない。実の母親や息子が毎日のように泣いてるのになんでこんなクソみたいな考えしかできないんだろう?しか母親まで「宅配仕事ならしてくれるなら車くらいなんとかするから」とか言い始める。やめてくれだから弟はこんなクソみたいな甘えになったんだよてかあい死ね比喩じゃなくて死ね

正直、あの老犬には早く寿命を全うしてくれないかなと思っている自分がいる。本当に自分がいやになる。どうしたらいいんだろう。

同僚が精神を病んだ

同期がきつい現場で順々に精神を病んでドロップアウトしていく。その同期の仕事は誰が巻き取るか。残された俺だ。大変だ。でも、精神を病むってほどでもない。俺は、精神を病まない。きつい現場と書いたけど、俺からしたらきつくない。ちょっと忙しいかなくらいだ。

同期には、ゆっくり休んでほしい。本人は辛かろう。もう俺がけろっとしてることすら、今の奴にとっては辛かろう。他がけろっとしている姿を見ると、自分が弱い気分になる。弱い気分になると、ろくなことがない。でも、魔法使いが打撃食らって死んだって、弱いことにはならんのだ。逆に、打撃で倒れんからといって、誇れることでもない。世の中は、うまくできている。

ただ、俺はこういう時、妹が風邪学校を休んだ日を思い出したりする。妹は、高熱で苦しんでいる。大変だ。でも、俺は学校を休めていいなあとか思ってしまう。本人は辛いだろうが、ちょっと羨ましい部分もある。そういう気分だ。俺だって大丈夫なだけで、痛みがないわけじゃない。休めるなら休みたい。

いや、違うか。違うな。実は、そんなに切実に休みたいとも思ってない。俺には「精神を病む」という手札がないので、純粋に手札が一枚多い奴を見て、ちょっと羨ましいんだと思う。俺のデッキに入ってないキラーカードを持っている奴を見て、「うおお、なんだそのカードは」と思っているんだろう。俺の通っているショップでは、そんなカード出たことがない。

妹に対しても、そう感じたことは何度かある。奴のデッキには「長男ではない」「末っ子である」という恐るべき強カードが入っている。何度母から「お兄ちゃんでしょ」というマジックワードねじ伏せられたかからない。もちろん俺のデッキしか入ってないカードもあるので、妹も同様に羨ましがっていたかもしれんが。隣の芝生は青いものだ。だから、俺らは素直に青い芝生を羨ましがっていたのだと思う。

今も、そんなかんじだ。当然のごとく俺が奴の仕事を引き継いでいるが。誰かから「お兄ちゃんでしょ」と言われている気分だ。あのかんじにすごい似ている。頑丈なので、なんとなく俺にダメージが降ってくる。俺なら耐えられるという理由で。奴らは精神を病むことでSOSの声をあげられるが、俺は俺の大変さをどうしたらいい。一枚少ない手札で考える。「解せぬ」と思う瞬間が、なくもない。

こうして羨ましいと思うこと自体が奴の負担になるのかもしれんので、難しい。まあ、ケツ持ちしてダメージ引き受ける人間特権として、ちょっと愚痴は許してくれるとうれしい。これが俺の辛さだ。倒れ方がわからんので、多分最後までこんなかんじだ。大丈夫。なんとかする。あまり気にするな。

妹が風邪で休んだ日、俺はよくスーパーアイスを二本買ったものだ。それは風邪をひかず健康である負い目みたいな部分もあるし、結局俺は妹のことが好きだったんだと思うし、兄貴というのは弱っている妹にアイスくらい買ってやるものなんだと思っていたような気もする。もし、あいつの負担にならないようなら、慰労会くらいしてやりたい。元気になったら、また一緒に仕事がしたいとも。

2017-03-29

早稲田卒の中年ですら自分妄想から逃れられずに匿名相手特定人物認定するアホがいたしなあ

いや俺そいつじゃねーよって何度言っても信じないのな

基本は「あいつを擁護しているということは本人に違いない」から始まる

特に馬鹿が好きなのが「書き込みタイミング的にあいつに違いない」っていう決めつけ

そんなもんに証拠能力はねーよw

これは低能ちゃんではない

低能ちゃんと比べてもアホ過ぎる

あいつも大概無茶ロジックねじ込んでくるけど

http://anond.hatelabo.jp/20170329165529

仮に忖度云々があったとしても淡々土地と許認可の件で高級官僚だけ追い詰めて詰め腹切らせようとすれば普通にどこかで裏切ると思うんだよね。

あいつら天下りボーナスステージのために我慢してるんだもん。

4月転職するんだが、職場で俺の評価が散々だったことを知った

新卒で入ったITベンチャー

3年間いたわけだがハードワークだし残業代出ないし転職することにした。

終電が過ぎるまで仕事をしているのがザラだったし、身体が持たないだろうと(自分は途中で徒歩から行けるところに部屋を借りた)。

忙しすぎたので倫理観破綻していた。職場女子インターン女子大生性的な目でしか見ていなかったし、何人にも手を出した。

特に終電を逃した女の子に「ごはん食べに行こうよ」→「うちに泊まる?」のルーティーンで何人も手を出した。

ところがそれはみんなにバレていたみたいだ。「最後に飲もうよ」って言ってサシ飲みに誘った人事の子が教えてくれた。

女子あいだでは「●●さんってすぐ手を出してくるよね」って話題になっていたみたいだ。

こういうLINEを送っていたとか、こういう口説文句を言ってきた、という具体的なことまで話されていたらしい。

背筋がゾッとした。そして、転職してよかったなー、と心から思った。もし誰かが話を表に出していたら大変なことになっていただろう。

http://anond.hatelabo.jp/20170329121702

お酒は好きだが、22時以降の飲みはもう本当にカンベンだなぁ。

21時くらいに2次会まで済ませて後は帰るか、一人でバーにいきたい。

友達と一緒に飲んでいる時間と、その余韻を楽しむ時間が両方必要だとわかった。

そういう奴は結構いると思うんだが、「あいつ付き合い悪くね?」っていう同調圧力に屈さざるを得ないんだろうな。

忖度がはやっている今なら言える

スーザン・ソンタグの「反解釈」を読むと、芸術鑑賞の姿勢が一変するのでおすすめ

現代美術が何でああいうことになってるのかもわかるぞ。

http://anond.hatelabo.jp/20170329105346

あのなあ、お前全然わかってないんだよ。

左翼に力が足りないんじゃなくて、力が足りないか左翼になるんだよ。

力が足りてたら既存権力に受け入れられて、その中で力を発揮してるよ。

でも受け入れられなかったから、弱者の味方を気取って権力を狙ってるわけだ。

学校クラスを思い出してみろ。

オタクグループがいたと思うけど、その身内の中で仕切りを頑張っちゃうタイプがいたろ?

左翼っていうのはつまりああいう奴なの。

http://anond.hatelabo.jp/20170329095559

ネトウヨ反論でもよくあるけど、そういった正しいこととの違いがあいつらにはわからないみたいだよね。

馬鹿じゃなきゃネトウヨでいられないし仕方ないのかもしれないけど、これじゃあはてなの賢人たちもネトウヨを説得するのを放棄して叩いて治そうとするのもわかる。

けものフレンズアニメ)の見かた

まともに見たアニメエヴァぐらいのアニメに関してはまったく無知な奴なんですが、

今回のけものフレンズは、はてな話題になってた事もあり食い入るように見ました。かばんちゃんを助けるためにフレンズが集合するシーンは思わず泣きそうになるぐらいには感動しました。が、どうも釈然としないのです。

ツイッターなどでは「とても良かった」「幸せな気分になった」とアニメに詳しいと思われる人の絶賛コメントが流れてきたのですが、アニメ無知の私としては謎が解明されていない部分や、回収されていない伏線がとても気になって気になってモヤモヤする。というのが正直なところです。アニメに明るい人にとってはああいう終わり方は当たり前として受け止めているのでしょうか?それとも単に二期への布石とか、余韻を楽しんだり、考察を深めたりとか別の楽しみを噛み締めているのか。それとも私がいつも一冊の中で完結する小説漫画などを読んでいるせいで解明されない謎に過剰に反応して答えを欲しがってしまうのか……

娯楽の楽しみ方は人それぞれと理解しているつもりなのですが、どうもモヤモヤしてしまって思わず増田に書き殴ってしまいました。

けものフレンズは本当に楽しく毎回視聴しましたので、煽りなどではまったく無く、より楽しみたいと思った意思の発露という事だけは分かっていただければと思います。)

自己否定拗らせたメンヘラは最終的に彼氏をフるって話

要するにただの自分語り

高校一年とき、ある男と知り合った。

2つとなりのクラス学級委員長をやっている、見るからにまともではなさそうな男だった。

聞けば1年生になって少しして、すぐバスケ部をやめて少し噂になっていた男らしい。

そいつちょっとしたきっかけで夏に連絡先を交換して、1ヶ月くらいして告白されて付き合い始めた。

そいつにも私にもメンヘラの気があったのもあり、そりゃもう頭の悪そうなカップルになっていたと思う。

けれど私にとっては人生で一番幸福時間だった。

放課後に人目の少ない道を選んでは手を繋いで帰ったし、休日はだいたい彼の家に行って遊んだセックスしたりしていた。

行事ごとのたびに贈り物もしていたし、毎晩のように電話をしながら値落ちしていた。

もちろんメンヘラ同士であるのですぐぶつかり合った。私も彼も気持ちを伝えるのが壊滅的に下手くそだったし、自虐的物事を捉えるのが上手かった。

彼が自虐的に物を捉えて悲観するたびに私は彼に「あなたは素晴らしいひとだから自信を持ってくれ」と言い続けていた。

彼が私の言葉で元気を取り戻してくれるのが何よりも幸福だった。

彼は私の書いたひどい絵をLINEアイコンにしてくれた。

私の知らないところでも私のことばかり話していたそうだ。

私達が付き合い始めたあと、彼は学年全体でも20位くらいの成績だったのがメキメキと伸びはじめ、模試があるたび毎回のように1位を取るようになっていた。

2年生の前半までは私もそれなりだったので、彼と一緒に1位と2位を抑えることもしょっちゅうだった。

本当に楽しかったし、幸福だった。

彼は、彼の自虐癖に対して少しずつ改善兆しを見せていたし、友達がいなかった筈がいつの間にか友人達と良く話すようになっていた。

けれど私の自虐癖は治らなかった。

高校二年の後半に差し掛かるにつれて、彼と私の実力差は目に見えるようになっていた。

別にそれは全然構わなかったしむしろかなり嬉しかったのだけれど、彼は国立大を目指していた。

それも理系結構レベルの高い、いわゆる宮廷と呼ばれる大学だった。

私も最初の頃は彼と似たような大学を目指していたが、ある日ふっと私の学力じゃ努力しても行けないなと気づいてしまった。

私は行けない。そもそも学問にそこまで熱中できる人間じゃないし、おそらく地方ほとんどF欄みたいな国公立に行くことになるだろう。この学校で上位を取れていたのもこの学校が基本バカ高校からだ。

対して彼は本当に頭がいい男だ。このまま努力すれば絶対第一志望くらい余裕で行けるだろう。理学に対する情熱だってある、だってあんなに楽しそうに数学を教えてくれるんだから

じゃあ私はきっと彼の足を引っ張ることになるんだろう。そう思った。

そんな思考半年ぐらい突き落とされて、結局3年生の5月に、適当理由でっち上げて彼をフった。

その半年あいだ、彼と心中してやろう妊娠してやろうとこっそりゴムを捨ててセックスしようとしたり、自殺することで彼の足枷にならないように、かつ彼の心に大きな爪痕を残せるようにしてやろうとしたりもした。

でも結局無理で、いい大学にちゃんと行くべきである彼が合格できるようにするためには私を忘れてもらうしかないとフった。

その後卒業するまで、ちょこちょこ彼から連絡が来た。

でも秋の私の誕生日電話が来たときに、私はひどい態度でそれすらも拒絶した。

その結果、彼は無事に大学に受かったらしい。

噂で聞いた話ではあるが、まず間違いなく受かっていると思う。かくして私の気付きは正しかったらしい。

対して私は受験した大学に全て落ちた。

浪人もやめた。就活こそしているが、4月になれば正式ニートだ。

なんで落ちたかって、彼と別れて一年、ずっとべそべそ泣き続けていたからだ。好きあらば自己嫌悪に溺れて布団の中で一日を過ごした。起き上がることもできなかった。前だったら悲しくなったら彼に電話をかければたちまちに元気になれたのに、ねだればいくらでも撫でてもらえたのに、という具合で。

その生活は未だに続いている。

私の判断絶対に正しかった、でもその代わり私は二度と彼に顔向けできない。

彼は今後の人生でまた恋人を作り、妻を貰い、子を育てることになるのだろう。

私には絶対に無理だ、どんな男に対しても遊びとしてしか付き合いを持てなくなった。

からもう私はこれから死ぬまで、彼のくれた贈り物や写真をたまに眺めては罪悪感と喪失感でべそべそ泣いて生きるのだと思う。

今も、彼のLINEアイコンが、なぜか私が書いたあのひどい絵に戻っているのに気がついて、ぐずぐずに泣いている。

あんなフりかたしかできなくてごめん。ごめんなさい。

お願いだから忘れて、希望をもたせるようなことしないで。ごめんなさい。

1000mもない山に4月中旬に行った時、上の方はまだ雪が残っていて、軽アイゼンもなにも持ってきていなかったから、途中で引き返したことがある。

同じ頃に登り始めていた3人連れ(山親父と若い男女)が明らかに女性が他2人とペースがずれていて、登り始めは体力ある方がない方に合わせりゃいいのに…と思いつつ、人も多いし分かりにくい分岐もないからまあいいかとほっておいた。

途中からは雪で滑り、怖かったので一服して折り返そうとした時、やっぱり3人連れの女性のみが同じところで休憩していた。靴も普通スニーカーだし出しゃばりだなーと思いつつも、「足元が危ないからもう登らない方がいいですよ、私も下山します」と、声をかけた。逡巡していた様だったけれど、あとはご自分でと思いつつひとり下山した。

その日から1週間くらいニュースを真面目に見てた。関係があるようなものはなかったので多分大丈夫だったと思っている。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん