「気持ち」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 気持ちとは

2016-09-26

http://anond.hatelabo.jp/20160925170021

まあ、ルール崩壊してるのは残念だけど、Y社って結構優秀層が居るから、経歴より思った以上に出来なそうって思われたってことですよね。

その時点でなんか負けてるから、優秀な人達の中に入って成長して給料上げるわ!なのか、金額下がると家族居るし、困るわ!なのかは年齢とかによるけど

チャレンジ気持ちがしぼんでるし、完全に負けてるよね。


めんどうで辞退なんだろうけど、会社のどこのどういう仕事でどういうメンバーとやるってことを突っ込んで聞いて判断すればいいのに。

エンジニアってあんまり突っ込んでこないんだよね。聞きたいことは全部聞けばいいんだよ。

報酬って給料だけじゃなくて、情報メンバーもそうだし、

給料で言っても入った後の上昇率もあるから会社のちからがあるとこなら社員全体の中で力発揮できればちゃんと上がるでしょ。


まあ、Y社だけが会社じゃないし、どうでもいいけど。

あそこはワリと縦割りっぽいので、現場ドラフトの人事と関連薄そう。

安倍気持ちを代弁してやるよ

http://anond.hatelabo.jp/20160926012409




昨日、近所の皇居に行ったんです。皇居

そしたらなんか天ちゃん孫が少なすぎてお家断絶の危機ぽいんです。

で、よく見たらなんかお気持ち表明とか放送されてて、体力の限界、とか述べられてるんです。

もうね、アホかと。馬鹿かと。

お前らな、体力の限界とき普段してない生前退位してんじゃねーよ、ボケが。

体力の限界だよ、体力の限界

なんか皇太子とかもいるし。一家3人で東宮か。おめでてーな。

よーしパパも生前退位ちゃうぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。

お前らな、人権やるからその席空けろと。

皇室ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。

新年一般参賀の場でいつ喧嘩が始まってもおかしくない、

刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、すっこんでろ。

で、やっと放送終わったかと思ったら、左翼の奴が、女系天皇も認めて、とか言ってるんです。

そこでまたぶち切れですよ。

あのな、女系なんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。

得意げな顔して何が、佳子様ハァハァ、だ。

お前は本当に2千年の歴史をこの時代に終わりにしたいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい

お前、女系天皇って言いたいだけちゃうんかと。

皇室通の俺から言わせてもらえば今、皇室通の間での最新流行はやっぱり、

旧宮家復活、これだね。

旧宮家の連中を皇籍復帰。これが通の考え方。

旧宮家ってのは皇族の血が多めに入ってる。そん代わり国民認知度が少なめ。これ。

で、それを皇籍復帰(また皇族扱いする)。これ最強。

しかしこれを主張すると次からフェミ婆にマークされるという危険も伴う、諸刃の剣

素人にはお薦め出来ない。

まあお前らド素人は、佳子様のご近影で自家発電してなさいってこった。




ちなみに、俺は眞子派だから

もう底辺には関わらねえ

先週コンビニに寄ったら中年おっさんに声をかけられた。

財布をなくしたから帰りの交通費を貸して欲しい、と。

要求された金額は15,000円。

警戒心の薄いバカな俺は電話番号マイナンバーカード確認し言われるがままホイホイ貸した。無事帰れるといいですね、と。仮に金が返ってこなくてもこれは勉強代だ、と。

そうじゃねえだろ呆け。「人に金を貸すときは帰ってこない気持ちで」は自分を納得させる免罪符じゃねえぞ。

結局連絡も取れねえし泣き寝入りじゃねえかよ。

何が勉強代だ。心のモヤモヤと沸々と湧き出る怒りで寝れやしねえ。全然納得できねえ。

何も考えず思考停止して、愛想笑いを浮かべて、何でもかんでも人の言うことに迎合しやがる。

なんで「他の人を当たって下さい」の一言が言えねえんだ?

まらねえ人間だぜ。

金を貸せと頼むやつはつまり物乞いだ。物乞い底辺だ。底辺人間じゃねえ。

金を貸さねえだけじゃねえ。関わらねえ。自分のために。

http://anond.hatelabo.jp/20160926000432

精神病患者いじめ経験者って他評価はなぜか低くて自己評価が高いよな。

何でだ?

とりあえず決めつけで他人評価が低い。

防衛本能ってやつか?

気持ち悪いなぁ、いじめられて当然だぞ。

2016-09-25

ぶっちゃけ平成生まれ物心ついたときから奴隷として死ねといわれ続けてるから

「○○死ねといわれた!」「○○殺せといわれた!」って大騒ぎされたところでシラケるだけなんだよな

とくにそれが弱者だと、お前らさんざん奴隷制肯定してきた側じゃんって気持ちになる

http://anond.hatelabo.jp/20160925215013

なんで昼食にコンビーフなのか謎すぎるしコンビーフ気持ち悪くなって吐き気がしてつらいんじゃないのか?ちがうのか?なんでコンビーフを昼食にしたんだよ。

[]9月25日

○朝食:なし

○昼食:コンビーフ

○夕食:ココア



調子

気持ち悪くて、吐き気がする。

頭痛い。

普通に体の調子が悪いのもあるけど、鬱の波も来た感じがある。

頭が痛いのが特にツラい。

しんどい

あと、舌が腫れて痛い。

ちょっとツラくて、何もかも嫌になってきた。

もうやだ……

女でも欲求不満になるんだよ

2年彼氏がいない。20代後半の女です。

彼氏がいない歴=ノーエッチ

オナニーだけは上手になりました。

でも、人肌恋しくて合コンで良さげな人を見つけたら、付き合うとかよりもどんなエッチするんだろうとか考えちゃう

はしたない?いやいや、人から聞いた話だけど、20代後半の女性身体妊娠適齢期になる(というか終わる?)から性欲も高まるらしい。27歳の私は一番性欲強かったよって会社の先輩が言ってた。

この歳になるまで、性欲はあんまり強い方じゃなかったしこんな風になるとは思いもしなかった。

出会ったその日にお持ち帰りされてもいいかもって思うほどおかしくなってきた。

さすがにそれは避けたいし、付き合う前に体の関係を持っちゃって失敗した経験があるからそれもなるべく避けたい。

わがままかな?サセ子になるしかないのかな?運動野菜瞑想したら治るかな?

エッチしたい。触れ合いたい。優しくされたい。求められたい。

なんか良い方法ない?教えてよエロい人。


■追記…

いくつかトラバブクマありがとうございますBLは読みます百合は読みません。

今まで一夜限りという遊び方をしたことが無いか出会ったその日に、とかどういう方法でこっちから誘えばいいのかわからない。

というか、恥ずかしくてようできん。

このまえは、一回り上の男性から飲みの席でソフトアピールはされたんだけど、そのくらいの年上と付き合ったことないからどう反応していいかからなくてとぼけスルーしちゃった。色気がないんだ。

でも、本当はこういうソフトアピールされればありがたいし、こっちもその気になれるってことを意思表示したい気持ちもある。

身体あんまり自信ないから好みのタイプ積極的にはなれないけど、生理的に無理じゃなければ、アピールに応えてみたい。

どう接したら向こうからもっと誘ってくれるのかな?

私にもその気があるってことはどうしたら伝わるのかな?

性愛ってやつは加減が難しそうでわからんね。

http://anond.hatelabo.jp/20160925183511

君の「将棋倒し」に対する感覚がまさに僕の「ポルノ」って言葉に対する感覚のそれ。

ポルノ気持ちよくなれるもの」っていうのに否定的ニュアンスを感じないか不思議に思うんです。

http://anond.hatelabo.jp/20160925175025

>「ポルノ」も「○○ポルノ」も「気持ちよくなれるオナニー作品」っていう意味で一致してると思うんだけど。

それはこの部分のこと

「褒める目的での「韓国人らしい」の意味は「礼儀正しい」で、貶す目的での「韓国人らしい」の意味は「強姦魔」っていうこと」

http://anond.hatelabo.jp/20160925174103

価値観が異なるのと言葉意味が異なるのは別

ポルノ」も「○○ポルノ」も「気持ちよくなれるオナニー作品」っていう意味で一致してると思うんだけど。

http://anond.hatelabo.jp/20160925163054

一般映画ドラマ小説に「オナニー作品」って言うと嘲笑になるけど、

ポルノに「オナニー作品」って言うのはただの褒め言葉じゃん。

オナニー作品」を否定する分野と肯定する分野があるってことでしょ。

気持ちよくなれるものとして「ポルノ」を比喩に出すのはむしろポルノ業界価値観としては褒め言葉だと思うから不思議に思うんですよ。

増田はてブをしてる暇があったら

本読んだり、漫画アニメでもいいけど、

もっと質の高いコンテンツを消費した方がいいんじゃなかろうかと思う。

いつも虚しくなる。

短くない時間増田はてブに費やして。

時間を浪費したな。」と。

お前らはそう思わないの?

そういう気持ちにどう折り合いをつけてるの?

「気に入らない」、それで人権否定しようなんてのは寒い人権意識じゃ

http://anond.hatelabo.jp/20160921171221http://anond.hatelabo.jp/20160924215458関係する話を書く。なお、後者増田http://togetter.com/li/1028423 を元にかかれている。「日本国憲法タグを辿って一番目と二番目にあったやつだ。

 前者は「透析患者自業自得であるから人権否定」に対する批判後者は「特定の嗜好を持っているという理由人権否定」に対する批判である。両者に批判されている言説に共通するのは、「自分が気に食わない人間人権否定」しているところと、「法律定義できない案件」だ。

 まずはじめに、すべての人間人権否定されてはならないというのが、日本国憲法の基本理念なのではないか。三大原則のひとつとして「基本的人権の尊重」を掲げている。憲法によってかなり強く人権尊重が謳われているとみなして良いだろう。

 前者の増田でも語られているが、憲法第25条に「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」という規定がある。後者増田では憲法第31条の「何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。」が引かれている。前者によってすべての人権保護され、後者によってその蹂躙は大幅に制限されている。

 

 自己責任透析患者は殺せなどという主張は、明らかに「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」を認めていないと取られかねないし、「生命若しくは自由」を奪おうとしているともとれる。そして自己責任論にもとづいてこれを正当化しようとしても、前者の増田が言うように、「自己責任の線引」は不可能であるから法律によって規定することはほぼほぼ不可能である法律規定できないのなら「生命もしくは自由」を奪えないのは後者増田論法のとおりであろう。特定の嗜好云々にも同様のことが言える。

 さて、上に、両者の言説の共通点を書いた。「自分が気に食わない人間人権否定」に対する批判である

 あくまでなんとなくだが、最近のいろんな「トンデモ」なり、雑なりの言説の問題点には、この気に食わない人間への人権否定というのが根底にあるのではないか

 まずはじめに、「人権」というのは、中学公民などで教えられている事項である。このあたりについては、上のまとめでのコメントにもあった「ピルとの付き合い方」氏がツイッター有用連続ツイートをしてらっしゃっている。

 https://twitter.com/ruriko_pillton/status/77983255997482188およびhttps://twitter.com/ruriko_pillton/status/779832732985663489を参考にして欲しい。まだまだ同氏のツイートは続いている。ここで言われているように、近代民主主義社会というのは、為政者による気分なりなんなりで刑罰を課すことを禁止する社会である。そして、「人の心の中を覗くことはできない」から「内心は規制しない」とある

 ここで考えて欲しい。内心を規制しようとするにはどうなるか。覗くことができないのだから基準を作ることはできない。為政者が「なんとなくこいつは規制すべき内心を持っているに違いない」と思ったという理由しか規制はできない。よってこれも、「基準をそもそも作れないのだから法律による規制はできない」案件であり、透析患者の件の「自己責任定義できないか規制はできない」に通づるものである

 しかし、昨今の風潮は何か。なんとなく「自己責任」のやつを助けてやるのは気に入らない、といった「なんとなく嫌だ」という理由で「生命もしくは自由」を規制しようという言説が書き立てられている。自己責任論が極端に語られるのは、何も透析患者だけではないだろう。内心は本当はわからない、というのと、どこから自己責任か?は定義できないという意味類似性を持つ。近代民主主義では、主権者国民である国民はもはやかつての王のような「為政者」だ。その「なんとなく」の気持ち人権規制を訴えるのは、民主主義精神に反する。

 

 以上より、この2つの事例について、「結局自分が気に食わない人間人権を、まともに法的定義ができないような”なんとなく”で規制しようとしている」という大きな問題があるのではないか、と考える。そして、その問題は、「近代民主主義」の精神に反するものである、とも考える。

 前者の増田では、「全員が健康文化的な最低限の生活ができるように、みんなでお金を出し合って支え合っていきましょう」という相互扶助精神が語られている。この精神は、共同体を維持していくのに重要精神だろう。しかし、「気に入らない」で制限を加えようという雑な言説は、この精神否定するものであり、まともな社会から離れていくものであると思う。この「なんとなく」で人件否定、はなにもここであげた2つの例だけではなく、「コミュ障」だとか、「地方民」だとか、逆に「都会民」だとか、ある考えを持つ人だとか、いろんな「集団」に対して向けられてるような気がするし、しっかり考えて欲しいというところである

 もちろんこの程度で例示が十分だとは思っていないが、流石にすべて列挙し続けることは不可能だし、これもそれに当たるのでは、というのがあったら指摘を願いたい。

感動ポルノとか馬鹿がごちゃごちゃ言ってるけど

あの理屈ならセカチュー系の話のほうがよっぽど感動ポルノじゃね?

結局は大病で早逝した人間を使って観客皆が気持ちよくなっちゃう話でしょ?

最近だと「四月は君の嘘」とかさ

馬鹿自分理屈を他に当てはめてみて正しいかどうか判断する、ってことをしないからな

よりコミュ力ある人積極的な人容量のいい人(キラキラ族)のほうが楽しめるような行楽地は

全力で楽しんでるキラキラ族と自分とを見比べて不幸な気持ちになってしまって

楽しみに行っているのにそんな気分になるんだから行きたくない

http://anond.hatelabo.jp/20160925031654

却下

つーか勧善懲悪はべつにポルノイコールではない

鑑賞者が射精して気持ちよくなるものポルノだよ

声の形は最終的に射精に持っていっているところが駄目だと思われる

http://anond.hatelabo.jp/20160925073626

気持ちよかった?」

と聞くから答える方も答えずらいというか、優しいウソを言ってしまう。

「次はどんな風にしてほしい?」

と聞けば答えやすくなる。

行為後の「気持ちよかった?」と聞く現象

夜の営みの後に「気持ちよかった?」と聞くと、

日本だとだいたいのケースでドン引きされたり愚痴対象になったりするわけだけども、

どうやらアメリカでは、あれが良かったとか痛かったとか、

反省会レベル行為中についての意見交換を行うらしい。

 

参考:

http://anond.hatelabo.jp/20140317121734

http://b.hatena.ne.jp/entry/186748090/comment/fusanosuke_n

 

これってさ、アメリカレストランで食べてるときに、

わざわざテーブルまで来て「料理美味しい?」とか聞いてくる習慣と似てる気がする。

現在たまたま在米中だけどファストフードを除いてほとんどのレストランで聞いてくる感じ。

日本でこういう文化ってそこまで多くないよね。

  

セックス食事関係があるとかよく言われるけど、これもその1つなのかね。

[]

今回は裏サンデー


市場クロガネは稼ぎたい 93時限目(後編)

ふぅむ、まあ前回書いた感想とおおよそ同じ理屈が書かれているかな。

ただ、ここまでのことを実行に移せる存在としてシロガネが適任というのはメタ的に見れば分かるのだけれども、シロガネ自身がそこまでの執念を燃やす理由が、作中の描写だけでは弱いと思うんだよなあ。

ちょっと雑というか、丁寧にやるべき部分を間違っている気がする。

ラストのああいう展開は、まあクロガネたちのこれまでの活躍の結果だとか様々な因果を考えれば、そこまで不自然というわけではないんだけれども、やや予定調和感があるのも否めない。

や、嫌いじゃないけれどもね、ああいうの。



栄冠は俺に輝く 5話

個人的に、もうこういう展開やキャラで話進めようとするのは正直ウンザリしているんだよね。

しかも、それの解決法が発破をかけるだけとかさあ……。

最後の展開も、2軍の選抜でそんな大物感出されても困るし。

あと、2軍の大物感を演出するために、「俺たちが苦戦した石垣を軽々登ってる!」って。

そもそも2軍の選抜組みの方々は何も荷物背負ってないんだから、実質ちょっと急な斜面登ってるだけだろう。



秋月さんは大人になれない 第32話

なんだこりゃ、世界観的にちょっと素っ頓狂すぎやしないか

まあ、なんか夢オチだとか妄想オチあたりにするんだろうけれども、それを前後編仕立てにされても、気持ちの置きようが……。



ねじの人々 第22話

まあ、正解がない以上、物語がどういう主導から作られてきたかで語るのはアプローチとして分かりやすくはあるかな

そういうのを要素を描くと角が立ちやすい、つまり創作世界美男美女(ブスではない)キャラばかりなのはコンプライアンス的なものを逆に意識しすぎた結果ってのは恐らく合っていると思う。

相対的に見て美醜が決定されるなら、最初から全員美男美女にしてしまえってのは、すごく歪ではあるが。

その他もろもろの考察の結果、今の作品作りの傾向は「みんなが語り部の時代」とし、それがカオスすぎてファシズムであるってのは、中々に思い切った解釈だな。

考察自体面白くはあるんだが、最終的な結論がそういう見えない風潮への挑戦ってのは残念。



ケンガンアシュラ 157話

ほぉ、勝ったか

刹那の執念や得体の知れなさ、ポテンシャルもあったが、それをきっちり地力熟練の差で倒したってのがイイね。

メタ的に見れば因縁のある刹那が勝つと思っていたから意外ではあるが、無理筋ではない。

まあ、もちろんこれで刹那物語のものから退場ってわけにはいかないだろうから、どこかで因縁の決着自体はすると思うけれども。

やっぱり悲しい気持ちは晴れない

君の名は。」そんな辻褄合わないか

物語的に辻褄合ってない(理解不能)っていう批判が多いが、

これとか https://note.mu/akiko_saito/n/n3c3d6b264f7e

まじで?そんなわかんないもんなの? 俺はリアルタイムで見ながら普通に解消していったけど...

一個一個答えてみると、

  • 毎日持ってくるお弁当は父と息子どっちが作ってるの?!
    • 父じゃない?場合によっては息子...えそこ関係あるの?作らなそうに見えたってこと?
  • 男のほうは車に乗せていってもらってたけど、帰りはどうすんの?!凍死するんじゃないの?!
  • あの飛騨についてきた友達はいったいなんの意味があったの?!
    • 友達心配からついてきたんでしょ?なんか頭おかしくなってそうって思ったから。あと男友達の方はあの女の人に惚れてそうだったし下心もあったんじゃない?
    • シナリオ的な意味としては、一人でいったら映画としてつまんないでしょ。賑やかしだよー。多分。
  • なんでスマホの中身がいきなり消えるの?!

あと村上春樹だけど、初期の頃の作品集に「タイトル書いてみてから想起される物語さらっと書いてみるというやり方を取っている」とか書いてあったし、普通にシチュエーションだと思う。あとで物語意味的なものをどんどん入れていったと思うけど、新海誠もそんな風に成長すれば良いんじゃないかと思うけど。村上春樹も初めの作品評価割れ芥川賞とか取れてないしね。

この他よくある疑問

  • 日記書く前に連絡取ればいいよね。
    • 最初になんども試したけど繋がらんかったんでしょ。
    • そして最後ダメ押しでもっかい試したと。「えー!?なんで繋がんねーんだよ!?」っていう描写なかったしそうなんじゃない?
  • 時間遡行に気づかないはずがない!
    • いやいや、気づいてから記憶がどんどん消えてったよね?あとスマホの中身もびゃーって消えたよね?
    • あれはつまり、入れ替わりを起こさせた「何がしかの力」は時間遡行を気づかせないような力が働いているってことでしょ。因果律を守るとかそれ系の。
    • 記憶がどんどん消えるんだし、入れ替わり時に気づけない事象があっても物語的には不思議じゃないと思うんだけど。
あと他にあるー?

つまんないマンガを読んで

そのマンガオカルト風味だった。

よくある制限空間ものでこそなかったが、仲間内旅行不可思議事故に遭遇するという展開は似たような感じ。

恐怖を感じる描写にひかれて読み始めたのだが、途端に興味をなくした。

「(恐怖の対象による)予言の前には決して死なない。不死身となる」。

死なない前提の世界観って、恐怖の持ちどころが違うよね。

しかもその後に主人公格の男が神に近い存在となり

同級生の女は神との子を設けたいとセックスを誘うやらで

…なんじゃこれ、、めっちゃまらんのですけど、と思いながら、タイトル名+つまらない で検索したぐらい。

で、思うほどの酷評がヒットしなかったのもあり、「つまらない」とは何か、と自問自答したくらいではある。

自分想像した展開に沿わないとつまらない?

既存価値ちょっと外す分にはおもしろいけど、外しすぎると「どうでも良すぎてつまらない」?

あれこれ考えつつも。つまんなかった。

つまんないと感じた自分への保身と、いや実際つまんないよね?という気持ち拮抗する作品ではあった。

余談

ドラゴンボールで死んでもどうせ生き返るんでしょくらいの「死」のニュアンスだったのが

海の闇月の影で死んだ人が生き返らないのを読んで、あれ?生き返らないの?何にも悪いことしてない人いっぱい死んだよ??

子供心に思いました

悪いことしなくても人は不幸にもボロボロ死んじゃうんだね、という価値観篠原千絵により私増田は学んだのであります

映画聲の形』は商業的なマイナス要素を極力排除して再構成することで売ることに逃げ切った作品

観終わった最初感想は、漫画聲の形』が映像化されないことを確信したショックだ。

 

まず先に断わっておくが私が言いたいことは原作を崇めて原作未読者や映画馬鹿にするといった内容ではない。

映画製作に携わる人間が『聲の形』をどういったつもりで再構成したのか、

またその再構成の結果として商業的な成功を収めたことや、

そのせいで映画聲の形』(以下、映画しか漫画聲の形』(以下、漫画)に触れていない多くの人に誤解させてしまったということ、

そしてこの世で漫画聲の形』が漫画聲の形』という作品しか伝えられなかった、他のラブストーリー青春物語ではできなかったこと…映画からは外されてしまったことについて触れる。

この日記を読んで少しでも漫画に興味を抱いたのなら、漫画にて『聲の形』というコンテンツを全て消化すべきであり、

本当の答えを噛みしめ、確認しなければ作品聲の形』には全く触れないで人生を終えるといっても過言ではないと言っておこう。

これはステマではない。

なお漫画ネタバレになりかねないよう、これから漫画を読む人間にとって害にならない程度に極力抑えるつもりだ。

これはステマではない(繰り返し)。

 

そしてあくまでも日記なので読みづらさや誤字脱字などは勘弁してもらいたい。

 

制作スタッフが行った再構成とは

単純に2時間半に収めるには物理的な無理があったため、大幅にカット再構成されている。

その点だけでも漫画映画は全くの別物と言っても差し支えない。

しかしこれは映画1本に収めるという制約上仕方のないことで、これに関しては特に言及するつもりはない。

要は、漫画が伝えたかった要素をコンパクトにして映画で伝えられたらいいだけだからだ。

まり、私が問題にしているということはその再構成漫画が伝えなければいけなかったことを大部分が外されているからだ。

 

制作スタッフ映画を見に来た観客にできるだけ「負の感情」を強く抱かせないように気を使って再構成している。

分かりやすく言うと「なんだよこのクソ鬱映画!!」みたいな感想にならないよう、できるだけイライラ不愉快になるような要素や、

生々しい要素をオミットしている…その商業的にも負になりかねない要素たちだけ、

この映画への梯子が外されて下に蹴落とされている…といったイメージだ。

漫画では読者の心をえぐってくるような要素が宝石箱のように詰め込まれている。

主人公石田にともすれば殺意を抱かせるだけの強いクズ描写がされており、

小学生時代石田を無条件に悪だと読者は強く確信でき、そこに同情の余地もなければクラス手のひら返しにも憤慨するだろう。

映画ではかなりあっさりと流されていて、このせいで不快な思いをだいぶ軽減されているが、

石田の「俺は清算して死ぬべきだ」という気持ち映画視聴者に軽く受け取られやすくなってしまった、薄っぺらく見られやすくなってしまっている。

漫画の特色として、読者の暗い感情をこういった不快いじめや生々しい描写で刺激しつつ、

当事者である石田がどうやってそれを乗り越え、まともに生きることはできない、けれど死ぬこともできなくなったところを出発点に歩き出した、

というのが最初石田西宮出会いで、だからこそいじめた本人である自分友達になろうとするという不条理を進まなければならなくなったという経緯がある。

まり最初の死への渇望とその道を閉ざされた石田心理描写を読者に刷り込ませるためには、

石田所業が到底擁護できないくらい行き過ぎた描写であることが『聲の形』という作品には不可欠なのだ

それを見た読者の底にドロドロと横たわりだした感情を燃料にして、出会いが種火となり燃えながら、時には火が消えかけながら、それでも何とか大きくなろうとする炎の様子が、本当の『聲の形』の姿だ。

作品として、「読者(視聴者)の負の感情」が必要なのだが、これは前述したとおり耐性のある人間を選んでしまうため商業的に足かせともなりかねない、

判断され軽減・外した、というのが制作スタッフ再構成で行ったことだ。

ピンと来ないなら激辛だと食べれないから中辛にした、ということだと思って欲しい。

そのおかげで結果として極力不快要素を外し京アニ作画力とキャラの可愛さで万人が食べれる作品へと変化し、

商業的に成功を収めることができ、映画映画として勝利した。

映画聲の形』は売れることに邪魔になる重りを捨て去り新品のランニングシューズを履いて走り抜けた。

でもそれは漫画が這いつくばってたどり着いたところとは違うゴールであり、

その漫画がたどったコースとゴールは今後二度と映像化され現実化されないということを確信し、制作の手腕の勝利も同時に確信し、私はショックを受けた。

 

映画だけを視聴して誤解してしまった人々

帰ってレビューに目を通すと、やはり石田心理描写が把握しきれていなかったり、

よく分からなかったという感想もちらほらと目立った。

障碍者としての西宮葛藤や苦悩もかなりあっさりされているので重いテーマだったという感想はありつつも、

そこから広がりを感じるような形としての感想が出てこず、実は何も考えさせられてないというのが観察できた。

西宮がなぜ笑い続けなければいけなかったのか、西宮がなぜ思い詰めてしまったのか、

石田も同様になぜ最初に思い詰めて、それでも西宮と違い諦めなかったのかということに説得感を出すためには、

やはり前述した「読者の中に生まれたドロドロとした暗いもの」を燃料にするための不快要素がオミットされたことが原因である

 

聾唖の人たちから意見も、この不快要素オミットのために発生した説明不足、その他ところどころに出てきてしまった脈絡のないように見える行動もこのオミット行為副作用となっている。

から必要なのだ

聲の形』という作品を完成させるためには必要な要素だった。

ただ、それは商業的な成功には必要なかったし、事実それで勝利を収めてしまった。

これは作品の特色であってもビジネス上で不利益とみなされたものは無かったことにしていいという資本主義思想に対する芸術創作の完全敗北と言い換えてもいい。

とにかく大多数に対して理解されやすければ、消化しやすコンテンツであるならばいくらでも特色を消してしまっていいという姿勢だ。

それに深く静かな絶望を覚えたのは、漫画既読組には少なからずいただろう。

家に帰ったあとそれは視聴した沢山の人のレビューを読んで感じているかもしれない、私みたいに。

一体、映画を見た人の何割が石田自分を重ねることができたのだろうか。

嫌な汗はかくことができただろうか。

 

漫画聲の形

漫画の『聲の形』は、一度死を望んだ石田自分が行ったことを思い知らされ、なおかつ死ぬという逃げ道すら断たれたことで、

前を向いて、半ば仕方なく、半ばやけくそで行動する・西宮友達になるというスタート物語が始まる。

石田のやったことがどれだけ許されないことなのか、また当時の登場人物たちが流され、無力で、愚かで、間違えてきたことが心をえぐられる程度に描かれている。

この最初の導入でしつこいまでに鬱要素をぶっこむことで読者は自分過去やってしまった罪の意識を思い出し、無意識石田に重ねる、石田は読者の暗い過去だ。

今風にいうと黒歴史人物化したキャラクターとしてこれで形作られる。

過去が黒ければ黒いと形をはっきりしてくるキャラクターだ、それは視聴者の闇の色と同じ色をしているからだ。

それをやらなかった映画石田に対する感情移入がバラバなのは、つまりは、その黒歴史へのアクセスが不十分になってしまたからだ。

普通、そこまで思い返すほどのトラウマ黒歴史を持つ人間は少ないので、

その場合石田に代行させて罪の意識を増幅させるためにも石田のやったことは大きく描写されていた方が感情移入のためのパイプを築ける。

 

そして、死ぬことを閉ざされた石田が、つまり黒歴史から目を背けずに、常に意識して生きなければいけなくなった「あなた」は、

どうやって生きていけばいいのか、どう周りと接していけばいいのか、取り返しがつかない過去石田あなたはどう向き合っていけばいいのか。

それが『聲の形』の作品としての本質だ。

決して障碍者と涙ホロホロ最後ハッピーなだけの作品ではない。

石田黒歴史を貼りつけながら歩き続けるプレイヤーとなり、読者は過去が脅かすことに石田と共にドキドキしながら、辛さを共有しながら、

最初不快感を感じていたはずの石田自分に、いつしか何とかしようと奔走する石田応援しだす。

過去は取り返しがつかないかもしれない、

けれどこれから西宮未来は泣かせないように行動することができる。

それを問いかけてくる作品なのだ

それが『聲の形なのだ

 

過去の追跡がどれだけ辛く暗いものなのかが、このテーマを重く受け止めるために必要な手順だ。

ところが、何度もいうがこれをオブラートに包むか削除してしまったため、このテーマが盛大にぼやけてしまった。

漫画では西宮の家庭環境小学校教師との再会や映画作り、いてもいなくても一緒だった真柴のちゃんとした存在意義など、

この暗さと前向きにもがく様を描くための要素が何度も繰り返されている。

その最後の結末が、読者のこれから背中を押す形で終わっている。

生き続ける石田現実に生きる私たちへの、エールへと繋げられている。

それが『聲の形なのだ

 

そしてそれが他のラブストーリーにできなかったことで、『聲の形』だけができたことだった。

他のラブストーリーに、何とかしようとして上手くいかずに古傷をえぐらせるような真似をして、

それでも読まざるを得ないという状況にもっていけるだけの能力がない。

「これはどうなってしまうのか?(他人事とは思えない感想)」と思わせるのがこの作品面白さでもある。

 

聲の形』にとって障碍者という要素はいじめの歴史を作るためのただの道具の1つに過ぎず、それが本質ではない。

本質は、変えられない過去と変えられる未来、そして過去を受け入れるというこの3つの要素だ。

消極的に変わらざるを得なかった石田が変えられない西宮を救い、

一緒に変わっていこう、と2人とも前向きになるという完全に内面の話なのだ

そして変わりたいけど変われなかったという気持ちの重さ、辛さ、ドロドロした暗い時間の積み重ねを描き切ったのが漫画だ。

読んでいる人間石田の状況に嫌な汗をかき、そして小さくホッとする作品なのだ

その作品映像化はできていない。

できていないのに、商業的に成功している。

 

変わることの重要性を訴えた作品が、

そのメッセージの大部分を消失しながら、

大ヒットをしている。

 

まず私はその現実に立ち向かわなければいけない。

そう、思った。

 

…私はこの映画を予約するのに3時間かかった。

ネット予約操作方法が分からないのではない。

映画館聲の形から心をえぐられることに2時間半耐えられるか悩んだからだった。

ところが実際は、別のことでえぐられるとはそのとき私は思いもしなかった…