「気持ち」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 気持ちとは

2017-01-17

今回の件、「シナ発狂」とか「GJ速報」とか書いてるツイートが出回ってて、なんかもうパラレルワールドって感じがするw

同じ、日本人なんかな。トランプ支持者を見てる民主党支持者ってこんな気持ちやったんかなw

[]1月17日

○朝食:ヨーグルト

○昼食:助六寿司

○夕食:カキフライカレー(口の中を火傷して気持ち悪い)



調子

はややー。

仕事はえいや! っと適当にこなして、定時で帰った。

明日水曜日の午前中に会議があるので、そこ次第で色々と変わるかも。

逆に、そこで僕が望む方向にがっちり決めれば、楽チンになるので、頑張りたい。



3DS

すれちがいMii広場

それぞれプレイ中。

今日は定時帰りで時間があるので、進捗を書きます

・サクッと! スロットカー

Aランクのぴょんぴょんスカイロードまで進めた。

EX無視ってるけど、正直あんまりゲームとして好きじゃないので、ぼうし貰うぐらいまででやめる予定。

・サクッと! 株トレーダー

46億円。

目標の100億は遠い上に、100億いっても目標アイテムコンプはできないので、当分遊べそう。

・サクっと! 勇者食堂

ゆううつ洞窟 東までクリア

半分もいってないけど、なかなか楽しいので遊び続けたい。

・サクっと! 大砲忍者

エリア2-2の敵を倒しかけ、ぐらい。

先は長いのでゆっくり遊びたい、女の子可愛いからプレイしてて楽しいし。

・サクっと! 探検隊

ジャングルの秘宝を三つ集めるまでプレイ

このゲームまりきじゃない、歩数多い人とすれ違うだけで、特に遊びの要素がないし、秘宝とか動物写真集めるのにモチベーションがわかない。

・すれちがいシューティング

4-2までクリア

面白いんだけど、これだけガチゲームプレイするので、ついついプレイしないときもあったりする。

はいえ、クリアは見えてきたので、頑張りたい。

すれちがいガ〜デン

11種類発見

やることは単純なんだけど、お花を集めるのが単純に楽しいし、サポート役の男の人が格好良いので楽しい

いや、ゲームってそういう要素こそが大事だと思うんだよね。

・すれちがい合戦

つの国を併合

いや、その、ほっとんどプレイしてないです。

・すれちがい迷宮

7Fを攻略中。

これがゲームとしてもローグライクな感じで一番楽しいんだけど、一番可愛い助手のシラベールちゃんが出てこないのが心底不満。

シラベールちゃんといちゃつきたい。

・すれちがいフィッシング

二つ目の島を攻略中。

ゲームとしては普通な釣りゲーだけど、ガイドさんとイチャつけるから、こっちの方が好き。

・すれちがいゾンビ

三つ目のステージ攻略中。

こういうアクションゲーム苦手なんだけど、1ステージが短いから、気楽にできて楽しい

バッジとれ〜るセンター

ログボのみ。

ポケとる

セレビィ捕獲

セレビィレベル18)

チコリータウィンク

メガスキルアップが今18個なので、頑張ってセレビィを50まであげ、19個にして

メガヘルガーランキングで一つ貰うまで頑張って、

メガレックウザを完成させたいところ。




iPhone

ポケモンコマスター

ログボのみ。

ジャニオタだった私がダンオタになった理由

私はダンオタである

一年前の今日、某テーマパークに行きパレードに出演している男性ダンサーを好きになった。

ダンオタというのはテーマパークダンサー好きな人たちのことで、だいたいどこのテーマパークにもいる。夢の国にも、関西映画の国にも、忍者村にだっている。

流行りの服装で一眼を持ってショーやパレードを待っている女の子がいたら、ほぼダンオタだと思って間違いないだろう。

では、何故どこのテーマパークにもダンサーオタクはいるのか。それは私がのめり込んでしまった起因でもある。

ダンサーは、パレードの主役じゃないからだ。

一般的テーマパークには多くのキャラクターがいて、ショーやパレードの主役はそのキャラクターたちだ。

ミッキーキティちゃんエルモアンパンマンなどなど、テーマパークで行われるショーの主役は彼らであり、彼らを中心に物語が描かれる。

キャラクターだけいればショーは成立するのでは、そう言われればそれまでで、最もその通りなのだが、テーマパークの広大な敷地のすべてにキャラクターを配置することはまず不可能だろう。そして、それが可能だとしても、絵面は寂しくなりそうだ。

そこで、テーマパークダンサーが現れる。主役のキャラクターを引き立て、ショーを盛り上げる。あくまでも、引き立て役であり脇役なのだ

なら、どうしてそんな脇役にオタクがつくのか。

私は元々ゴリゴリジャニオタだった。月に一回は何かしらのコンサート舞台に行き、自担くんの出演舞台は全通もした。チケットいくらかかったかはもう想像できない。大学生の時ですら、年間3桁の額を使っていた。

自分の服や化粧、食費は最低限で、バイトをいくつも掛け持ちしていたし、友達ゼミ飲み会には一切参加しなかった。今思うと、悲しすぎるキャンパスライフである

しかし、それでもよかった。365日のうち300日はどこかで踊っている自担くんが大好きで、彼を見に行けるなら他のことな必要なかった。

どうして自分自担に対し盲目的でいて、そこまで必死に頑張れていたのか理由は分かっていた。

私の自担は、Jrだったからだ。

ジャニーズJrというのは、デビューしている先輩もしくは後輩のバックで踊っているダンサーのことで。Mステなんかで嵐が歌っているとき、やけに背景がうるさいなと思ったことはないだろうか。そういうときバックで踊っているのがJrだ。

Jrでいる間は事務所をいつ辞めるのかは自由で、昨日までいたのに今日はいなくなっているということはザラな世界だ。しかも、いつ辞めるという知らせは一切ないどころか、辞めたかどうかすらはっきりと分からない。

そんな儚い存在ジャニーズJrが目指すものはみな一様にデビューだ。CDデビューをして初めてJr卒業する。それまでは、バックダンサーという立ち位置しかなれない。

そう、コンサートの主役を引き立てる脇役なのだ

長くJrをやってデビューすると、こう言われがちである、「Jrの方がよかった」。せっかくデビューして事務所を辞める心配がなくなって、なおかつCDを買ったりコンサートツアーをやったり、活動する場所はどんどん増えていくのにだ。そして、何より夢にまで見た主役になる。

しかし、広いステージの真ん中でマイクを握る姿より、ステージの片隅で踊っている姿の方が良かったと思えるのだ。

世の中、なんでもそうだと思う。漫画人気投票で主役よりも脇役の方が人気なことは多いし、コンテストで優勝した人よりも審査員特別賞の人の方が売れたりする。真ん中に立ち、スポットライトを浴びることだけが魅力ではないのだ。

ライトが一切当たらない暗がりを見ている人はいて、その暗がりにいる脇役を見つけたときは何とも言えない優越感がある。主役は誰にだって見える、というか見せるためにいる。主役が見えることは当たり前で、見えたときの感動はそう大きくない。

大勢の人が主役を見ている中で、私は脇役を見ている、私だけが脇役の演技を知っている。その感覚が常に私を頑張らせていた。

Jrは夢を持つ、目標を持つ。その誰にも見えない夢を私は応援たかったのだ。

Jr好きな人がみなこんな理由応援しているとは限らない。たまたま私の自担舞台仕事バックダンサーが多かっただけで、バックにつかずテレビに出て活躍しているJrの子もたくさんいるし、そういう子のファンは違う感覚を持ち合わせているはず。

ただ、少なからずこういう感覚もあるということだ。

そして、件のテーマパークダンサーだが、彼らもまるでジャニーズJrのようだなと私は感じた。

テーマパークという枠に囚われ仕事を与えられ、主役になることを夢見ながら脇役として仕事に徹し、いつの日か音もなく目の前から消えていく。

誰かに気づいてもらいたいと思いながら懸命に踊る姿は、見た人の胸にそれは刺さるだろう。

私の場合も、「笑顔かわいい人だなぁ」と思って見ていたら目が合って、手を振ってもらったのが始まりだ。「見つけた」「見つけてくれた」の瞬間である

そんなこんなで、テーマパークダンサーJr担の性癖に見事にジャストミートした。

皆が皆、同じような気持ちダンオタをやっているとは思わない。ダンスが素敵だったから、顔がかっこよかったから、理由は人それぞれだが、ショーの脇役を見て好きになった境遇は同じなはず。

まり脇役脇役いっていると怒られそうなのだが、ダンサーもショーの重要な一部だということは分かっているので悪しからず。

そんな私も盲目的にテーマパークのしきたりを守りながら追い続け、今現在は顔と名前を覚えられているところまでいった。パレード最中に目が合うと「あっ」という顔をされ、今も「見つけた」「見つけてくれた」の関係は続いている。しかし完全にその立場は逆転し、今は私が見つけてもらう側になっている。なんでもそうだが、オタクが優位でいられるのは一番最初、好きになった瞬間だけであるから、これはもう致し方ない宿命だ。

これは私事だが、ダンオタというのはジャニオタに比べれば懐に優しい趣味だが、ダンサーというJrよりも一般人に近い存在オタクをしている性質上、メンタルが抉られる事案が多いなと感じる。距離が近いため、手紙に書いた内容が次の日のパレードに全てダイレクトに反映されるのだ。そのレスポンスの速さたるや、自動返信サービスかと思う。

ファンサされたり、干されたり、機嫌の良い悪いですぐ態度をころっころ変える一般人に振り回される毎日だが、それでも楽しくてやめられずに1年経った。

ちなみに私の自担くんは今もJrだ。デビューはもうできないだろうと言われている。

脇役だろうとなんだろうと、私は好きな子はいだって主役だった。

スポットライトを浴びることを夢見て踊る姿は、誰よりも輝いていたし、この子を好きでいることは自慢だ。

Jrテーマパークダンサーも、儚い存在だけど何よりも強い存在感を放つ。それが人を惹き付ける魅力なんだと思う。

自担くんは今日劇場で踊っている。テーマパークダンサー今日パレードに出演している。

きっと、今日も誰かの主役になりながら。

でもさ、あなたは最底辺じゃん

比べて分かってるよね?低いこと

得意になるのはいいんだよ、勝手だし

でもあなたは上じゃないんだよね

いいんだよ、上だという自尊心自意識

そこがなきゃあなたの魅力ってゼロだよね

けどさ、気持ちの面除くと

あなたの魅力って何なの

本物のアイドルはいいぞ

http://anond.hatelabo.jp/20170117115317


12年くらいとあるアイドルとその所属グループを追ってるけど、12年間の思い出がありすぎる。

全部幸せな思い出。


3次元からもちろん容姿とかは劣化していく。(といっても一般人とはレベルが違うので全然綺麗だけど)

笑えば目尻に皺が見える。

熱愛報道もちょこちょこされてる。

トークいまいちで未だにバラエティハラハラながら見るし、

価値観が合わなすぎてラジオを聞いていてイライラしたりもするけど、

それでも歌って踊ってメンバーと仲良い様を見ていると日々の疲れも消し飛んで

気になるところも腹立つところも全てひっくるめて好きだって思える。

もっと笑い皺見ていたい。


10代の頃は好きすぎて、結婚して養いたいと思っていたけど

今はテレビの向こう側でにこにこしてたまに歌って踊ってくれればそれでいいと思ってる。


何年も観察し続けていると、アイドル側の成長を感じる機会も多い。

歌うまくなったなーとか、昔はああいうこと言ってたのに丸くなってきたな、とか。

しっかりと後輩のフォローをしていたりするのを見ると、あぁこういうこともきちんと出来るようになったんだな、と思えてしまう。

まり来ないけど、極たまに大きな仕事が入ったりすると世間社会にこの子のいい部分が認められたのか、と天にも昇る気持ちで喜ぶ。


もはや親目線なのかもしれない。


昔ほど本腰入れての応援はしなくなったけど、ずっとこのアイドルのことを好きだと思うし

これからもずっと応援してる。


本物のアイドルはいいぞ。

アイドル事変面白い

このアニメ登場人物バカだ。

バカばっかだ。

まともな事を言う奴がいてもアイドルソング洗脳されてバカになる。

そこまでならいつものアイドルアニメだ。

だけどこのアニメ舞台政治だ。

一見華やかなライブの裏では政治舞台バカばかりという絶望が広がっている。

ゴミが甘い匂いを発するように、腐敗しきった衆愚民主主義の漂わせる甘い空気作品視聴者を包んでくる。

愚かだ。

人間は皆愚かだ。

男も女も気持ちよくなる事しか考えてない脳みそ海綿体どもだ。

それをこの作品は描いている。

脳みそ花畑バカどもが生っちょろいご高説を披露したと思えば最後洗脳して全部解決する。

ヒトラーを産んだのは国民だって名言があるらしいがまさにそれだな。

ゴミクズもの民主主義なんてのアイドル持ち上げてワッショイワッショイだ。

皆のアイドルがしているからこれは素晴らしいことって結論が先にあって理屈をそのあとこじつける。

どこの国の政治宗教もそんなんばっかだ。

それを堂々と切り込む社会派アニメだとは思わなかった。

とても面白い

http://anond.hatelabo.jp/20170117211852

おばさん。

また別人格で書いてるの?

気持ちいからやめて。

将来の不安

自分は進学実績で名の通った高校の二年生だ。ここまで読んで「自慢か」と思う人がいるかもしれない。

だけど、一応私について書かせてほしい。



私が今の学校中高一貫)に入学した時、親族にちやほやされた。

「将来は東大だね」とか「親族一の天才」とか言われて、正直うぬぼれていた。

で、私はこのころ周りを見下すようになっていた。



進学校へ行っている人はわかると思うが、入学していくらかは、学校勉強をせずとも

受験知識でそこそこいい成績が取れる。学校の中でいい成績を取った私は、

同級生まで馬鹿にするようになった。私は勉強で手を抜くようになった。

定期テストはあらかた一夜漬けで乗り切るようになった。

学校先生が「自分の力で勉強しなさい」と言う意味もわからずに、だ。

ちなみに私は中学の時は塾へ行かなかった。塾へ行くのを馬鹿にしていたからだ。



高校生になると、初めて模試を受けることになった。

結果は言うまでもなく、悲惨だった。学校別の順位で、私は半分より下だった。

東大の判定は「D」だった。

私は焦ったが、勉強ができなかった。体が勉強拒否するのだ。

勉強から目を背けようと部活に熱中した。気付いたら陰キャラになっていた。



ついこの間、私は塾へ行くことにしたが、

東大の判定はいまだに「D」だし、

この間のセンター同日試験は900点中700点しか取れなかった。

同級生は750点とか800点とか取っているのに、

やっぱり同級生に追いつくことができない。



ふと立ち止まって、「なぜ東大を目指しているのか」考えてみた。

日本一だし、親が行けって言ってるし、同級生みんな目指しているし……

積極的理由が思いつかなかった。

(ちなみにこのことを同級生相談したら、「高卒で働け」と言われたorz

それでもなぜか東大へ行きたいし、行かなきゃならないという気持ちが私の中にある。

多分「東大目指すのやめろ」と言われても目指してしまうと思う。



もうセンター試験まで一年を切ってしまった。東大二次試験もあと400日くらいだ。

主要科目を固めて、副教科をやって……明らかに一年足りない。

浪人だけはしたくないのに……いったいどうすればいいんだろう。やるしかないんだけど。

進学校(笑)でこの文章力……ひどいですよね。こんな駄文すみませんでした。

妻が家事をしない

 私の妻は専業主婦だ。

 社内恋愛の末結婚し、妻が仕事を辞めて家事に専念したいというのでそうしてもらった。

 会社に残って働いてもらって全然構わなかったし、せめてパートに出るだけでも……とは思ったが、

 私の収入で十分生活はできるし、妻がそうしたいなら、と思ったのでむやみに反対しなかった。


 そうして妻は会社を辞め専業主婦となった。


 最初のうちは良かった。毎日手作り弁当を作ってくれる。帰ってきたら出迎えてくれたし、テレビBGMにご飯を食べながら今日の出来事を話した。私は間違いなく幸せであったし、妻もそうであったと思う。


 二年目。

 弁当冷凍食品が増えた。たまにしか出迎えをしてくれなくなった。妻は先に夕飯を食べていた。少し不満だった。けれども、別に玄関まで出迎えに来い、飯は先に食うななどと言ったわけではないし、妻はこうあるべきなどと強制するつもりもなかった。

 だからそれは「カップル気分」が抜けて気安く接する本当の「家族」になれた証だと、そう自分の中に落とし込んだ。



 やがて妻は家事サボるようになった。私に少しは家事を手伝ってほしいと言ってくるのだ。

 専業主婦家事をするのが仕事だ。「専業」なのだから。それなのに手伝ってほしいとはどういうことか。


 子供はいない。子供がいるならば話はまるっきり変わってくるけれども、そうでない今二人分の家事など大した労働ではないだろう。掃除洗濯も、買い物だって車がある上近所にスーパーがあるんだから全部ひっくるめたって5時間もかかるまい。

 妻が日中どういう生活をしているのかは知らないが、少なくとも会社仕事をしていたときより遥かに気楽な生活をしているのは間違いない。


 家事を手伝うのは良いがその分パートに出てくれというと、怒って拗ねる。モラハラだという。パートしなくてもやっていけるなどという。だが夫婦は対等であるべきだ。古き悪しき時代のように妻が夫に尽くす必要はないし、その逆もまた然りだ。夫婦とは二人で協力して人生を歩んでいくものだろう。


 最初に書いたが、専業主婦になりたいと言ったのは妻の選択であるし、別に共働きになることに抵抗があるわけではない。共働きであるならば、長く一人暮らしをしてきたから、率先して家事をするだろうし、それが支え合う理想夫婦の姿だと思う。

 だのに働くつもりはないが家事は手伝って欲しい、というのは単なるワガママではないのか。夫婦形態が「夫は務め妻は専業主婦をする」ものならば、その分担は、夫が「仕事」妻が「家事」を、となるべきなのに、何故夫が「仕事家事一部」まで担わなければいけないのか。



 口論をして妻への愛はかなり冷めてしまった。今まで口論は当然何度かあったが、今回は到底許し合えるようなものではないと思った。私はともに支え合える伴侶として妻を選び、妻も私を選んでくれた。

 なのに妻は私に寄生して、家事すらしない「主婦」に、ニートになろうとしている。一方的に支えるだけの夫婦生活なんてごめんだ。


 もとから妻は私をATMしか見ていなかったんじゃないか、あるいは他に男がいるんじゃないかとも思った。新婚の時のあの幸せまでも否定するようで陰鬱気持ちになった。



 3月末が結婚記念日だ。3年目になる。

 これからどうすれば良いのかとてもとても悩んでいる。

自己嫌悪

コミュニケーションが上手くいかない人の話をいくつか

書いてたらちょっとブチギレ過ぎちゃったてへへ

もともと人付き合いが上手くないと自負していて、そんな自分交流させるのが申し訳なくてよそよそしくなってしまう。

それじゃだめだ!人付き合いは自分からやるもんだぞ!と試みた結果、異常に馴れ馴れしくなってしまう。

誰でもある程度のキャラ作りはするものだろうけど、私の場合触れ幅がでかすぎてドン引かれてしまうのだ。

大して仲良くない人とでも上手くやれるようになったのなんて最近のことで、こんなんだから所謂カースト下位の人間だった。(カーストと言われるほどすごいあれはなかったが)

最近とても苦手な人ができた。といっても気が強かったりするわけではなくて、逆におとなしい……大人しすぎるといったところか、どことなくおどおどしているような感じの人。

苦手な人の印象なので嫌な言い方になってしまったが。

決して悪い人ではない。そんなことはありえない。ただ逃げ腰というか、見ているとイライラする。

実際あの人が逃げたエピソードちょっと考えたら結構あった。言わないけれど。

これは過去自分を見ているようでイライラするのか、私はこんなに頑張ってちょっとは苦手なことなくそうと努力してるのに逃げやがって!!!バカにしやがって!!!ということなのかはわからない。

ただ今まで嫌いになった人は態度が悪かったり悪意がある人だった。

悪い人ではない人を苦手になってしまった自分に腹が立つ。

回りから見たら私達の立ち位置なんてさして変わりないんだろう。私だって今まで何あの地味女みたいな扱い受けてたから人の痛みとかわかるようになりたかったしちょっとはなったつもりだった。

大変イライラして、強い言葉を言ってしまったこともある。なんだか私が一番嫌いだったいじめっこになったみたいで気分悪い

人の気持ち分かろうとしたらいじめっこの気持ちまで理解できちゃうのかよ。最悪だな

そうやって私と行動してたあの人とちょっと距離ができた。

自然に、私から離れていってそうなった。別に喧嘩とかではなく。

でも偽善者マンが私の心の中にはいて、あの子ひとりにしたんならおまえもひとりになんなきゃね!!!みたいな気持ちがわいてきて今は一人で静かに教室勉強してるよ。

自分にはありがたいことに能力的にはいろいろ恵まれてるし勉強部活成功した方の人だと思う。

自分能力は好きだよ。いろんなことがある程度できるって楽しいよ。

でもそれと自分が好きかどうかは別!!!!!!

多分人生の楽しさは楽しいことがあるかどうかもあるけど自分の心が幸せを受け入れるようになってるかどうかがでかいんだと思う

でも私は私のこと私のわけわかんない性格嫌いだから!!!!!!一生付きまとっていく私の体の中に入ってる私の脳みそのなかでぐちゃぐちゃ動いてる私の心が考え方の癖が嫌い!!!!!!

こんなこと誰にも言えなかった。いつも物静かでたまにぶっ壊れるクラスメイト増田ちゃんだし明るくて面白くて後輩思いな増田先輩だし人付き合い苦手だったけど最近ちょっとずつ覚えてきたみたいで安心な娘(孫)・増田だし。

誰も見てないだろうこの時期にゲロゲロしとこ。

どうせまた病み期終わったら幸せ期くるんだよ

楽しく書きたい

担当趣味が合わず、常に意見がぶつかっていた。趣味的には180°、逆側にいる人だからセンスも何も全く合わない。

から結果も出ないわけで、最終的に書こうとすると涙が出てくるようになった。

医者に聞いたらうつ病だと言われたので、しばらくは書かずに仕事をしながら好きな映画アニメをみたり、旅行をしたり、リフレッシュをした。

するとやる気が復活したのか、「売れてやるぞー!書くぞー!」という気持ちになった。



しかアイデアを考える度に、「このネタ担当に出すとボツられそうだな」とか「個人的には好きだけど担当は嫌いそうだな」とか、

担当ウケるかどうか」を考えてしまって、ネタを発展させることができなくなった。

今までなら「この主人公でこんな話にしたいなー」とか「こんな雰囲気で書きたいなー」とか、妄想がどんどん膨らんでいって、

書くのがとても楽しい状態だったのが、今は全く楽しくなくなってしまった。



もちろんプロとして飯を食っていく上で、「これは流行らない」とかでネタを変えることはあるけれど、

なんというか、根本的な「書いていて1ミリも楽しくない」という状態は何かがおかしいと思う。

でも、この状態を治す術を自分は知らない。



このまま引退はしたくない。でも楽しく書けない。どうしよう。

三十路も半ば、なぜか13歳ほど下の子と付き合うことになった。

当初向こうはネットで知り合った出会い厨に騙されてバージン取られるわで自暴自棄になってたり、

割と稚拙というか幼稚な言動をするので正直あまりいい印象はなかった。

最初自暴自棄なってる延長だろし年の差的にありえんからと断ってたんだけど、

まりの押しの強さに根負けした感じで、とりあえず冷たくしとけば別れるやろーと塩対応



出会い厨に引っかかるわその年の差も関係なく言い寄ってくるぐらいだからある程度アホの子なのは覚悟してたけど、

驚くほどに教養社会性も持ち合わせていない、予想を超えたアホの子で連日なんだかなあ…という気持ちに。

中退してはいものの割といい大学に行ってたし、最低限は大丈夫だと思ったんだけどなあ。(あとで聞いたらAOだった)

向こうはまあ自業自得はいえ傷心をしてたわけだし、こっちも数年前に最低な裏切られ方で別れたのもあるし、

まりこっらからついていけないと切り出したくないんだよなあ。

いくら塩対応しても絶対別れないと言うし、穏やかに距離を置きたい。

かつて親友と呼んでいたひとへ

小学校時代の、わたしの家庭環境もよく知る親友。隣県の中学校教師をやっている、かつての親友へ。仕事のことも、恋愛のことも、いろいろ話してきた親友へ。

同じ時期に結婚妊娠出産したね。

お互い子どもが1歳を超えたけど、いまもなお、わたしあなたを許せずにいるよ。

子どもが生まれる前の年の夏。お盆休みでお互い実家にいて、近所の喫茶店お茶をした時のことだよ。

お互い妊娠のつらさや、育休どうするかっていう話をしてたときにさ。わたしつわりで3か月出社できなくて、会社から「そんな状態あなたはうちにどんな貢献できるんですか?除籍でいいよね」とやんわり言われていた。あなたつわりに苦しみながら産休までしのいだ。本当にすごいと思う。私は仕事を再開しなきゃ、世の中から忘れられる、このままでは血反吐だしながら不眠不休で培ったキャリアゴミくずになってしまう、と焦っていたから、「とっとと産んでつわりから解放されて、一刻もはやく復帰したい。生後1か月からでも預けられるなら保育園に預けたい」といったら、言ったよね、あなた。「子どもがかわいそう」って。保育園育ちのわたしに、「保育園かわいそう」って。

そこからどういう話の流れかは忘れたけど、私は本音を漏らした。「虐待するかもしれない」。

いまでも虐待しない自信はない。当時、(もし妊娠出産育児で働けない時間が長引いて、世の中から忘れ去られたら、私はこの子を恨むかもしれない。同業者はどんどん成功を収めているのに、わたしだけこの子の世話をしなきゃいけない、ってフラストレーションの矛先が子どもに向かったら、やるだろうな)と思ってた。

そんな私のことばをきいて、あなたは顔色を変えていったね。「おなかの子が聞いとるかもしれんよ、そんなこと言っちゃダメ」。

ねえ、じゃあ、わたしはどうすればよかったの?

そんな不安気持ちも抑え込んで、なかったことにすればよいわけ?

わたしにはそんなことできない。自分の本当の気持ちに向き合わないのは不幸のはじまりだ。自分気持ちに向き合って、もし不幸を引き起こしそうな何かがあれば、それを摘み取るべきだと思う。

子ども虐待して自殺してしまった女性ような女性は、自分気持ちに向き合うことを、まわりが許してくれなかったのかな、と思う。周りにいる人が、あなたのように、自分気持ちにふたをするのとよしとする人間ばかりだったんじゃないだろうか。ソーシャルキャピタルの貧しさによるものといえばそれまでだけど、気の毒だと思う。

いまもわたし虐待しない自信はないよ。だけど、虐待しない自信がないから、かえって自分大丈夫だ、という変な自信がある。虐待しない自信がある人はほんとすごいなあ。わたしはそこまで人間できてないからさ。



話はそれたけど、たぶん、わたしあなたに「虐待するかも」と漏らしたのは、

古い友人だからこそ、私の家族を知る友人だからこそ、そして教育現場にいる人だからこそ、

あなたの家庭環境なら大丈夫よ」とか「うちの学校の子みてるけど、あなたみたいな人が親の家庭はだいじょうぶよ」みたいな、実体験とエビデンスに基づいた、「だいじょうぶだよ」っていう言葉を言ってくれると期待していたからなんだろうな。いまだからそう整理づけられる。しいていうなら、児童相談所活用すればいいよ&活用例も教えてほしかった。とにかくわたし安心させてほしかった。そういうことをできる人は限られているから、あなたを頼って、あなたSOSを出したんだ。

だけど、あなたは追い打ちをかけたね。「そんなこと言っちゃダメ」「そんなこと思っちゃダメ」って。


わたし気持ちをないがしろにして、非科学的な「おなかの赤ちゃんは生まれる前の世界をおぼえている」みたいな話を優先させた。それはけっこう、こたえたよ。あなたを信用していたからさ。「わたしみたいな女が母親になるべきではない」「いますぐ産院に行っておろしにいくべきか」と迷いに迷った。何日も何日も泣いた。それほどあなたは、私を追い込んだよ。そのときのこと、きっと一生忘れないでしょう。

もし、あなた目的とするところが、「虐待可能性のある母親に対して母親資格がないことを自覚させ、出産前に中絶させるように仕向け、虐待児を減らす」というものであれば、すごく立派だと思うよ。そんな正義を振り回せるの、尊敬する。あなたのあの言動はすごく効果があるから、続けるといいよ。わたし中絶しそこなったけど。

でも、もしそうじゃないんだとしたら。

個人としては、もし「子供虐待しない自信がない」とめそめそしている妊婦がいたら「おなかの子が聞いているかもしれないからそんなこと言っちゃダメ」と怒って委縮させるのではなく、

大丈夫だよ、産んだらかわいくみえるって!」というような無責任発言でもなく、

限界まで来たら言って。一緒に児童相談所に行こう。専門家も交えて、一番いい方法、いっしょに考えるよ」というくらいの、寄り添いの言葉をかけてほしい。



話を戻すけど、あなたとのお茶のしばらくあと、わたし正式会社を辞めた。

産後育児仕事に参画でなくても、世の中から忘れられなれないために、本を出版した。

出産予定日の約1か月前に出版した。出産前に、出版プロモーション関係企画もあった。だけど子ども20日も予定日から早く生まれたので、すべて計画倒れになってしまった。子どもが生まれ、産院でカンガルーケアをしながら、わたしスマホ自分の本の売り上げを確認していた。あなたからすると、自分を優先するとんでもない母親なんだろうね。「えっ」としちゃうような。

それから今に至るまで、もう1冊本を出した。いくつかの企業顧問契約を結び、とりあえず世の中から忘れられる、という事態にならずに済んだ。無事子ども保育園に預けることができ、母業と仕事を両立できていると思う。

この本を書いたり、出版社編集とのやりとりや、企業顧問契約に至るまでのてんやわんやストーリィを、親友であるあなたに話せなかったのはとても寂しく思う。

でも、そんなことを話そうもんなら、あなたは「そんなの、母親としてどうかと思う」という金槌がが飛んできそうでさ。

たぶん、当分私はあなた仕事の話はしないと思う。

去年の半ば、わたし手紙で、「多様性を認めてほしい」「いろんな生き方があることを受け入れてほしい」とお願いした。

だけどあなたの返信は、自分の溜飲を下げるために書いた言葉ばかりが連なっていた。「私の子第一みたいなスタンスが気に入らなかったらごめんね!でもわたしあなたもそうだと思っている」。

いや、だから、多様な生き方を認めてほしいんだ。あなたが「子の成長のために自分ができることは何でもやるし、自分のことで子供が悲しくなることはさせないようにしたいって思っている」のは素晴らしいことだと思うよ、毒親っぽいな、田房永子さんのお母さんみたいだなって思うけど。

でも「みんな努力して必死子育てしてるから自分が頑張ってできそうなことをなぜしないんだろう」というような、自分の考えの押し付けが、きっつーなんだわ。

多様性を認めてほしい。

相手ポリシー否定しない、感情否定しない

相手自分ポリシー強要しない、相手自分と同じ感情を持つことを強要しない

わたしがおねがいしたいのは、そこんとこだよ。あくまでお願いベース



最後に、あなたは私に、あのとき同じ妊婦仲間としてわいわいきゃいきゃい話をしたい、ということを期待していたのに、期待に添えられなくてごめんね。

あとね、lineブロックしているだけかもしれないけど、「お祝い届いたよ!」という連絡もスルーするのは、不誠実だと思うよ。人間関係断捨離中かな??

さておき、またあなたと息子さんに会える日を楽しみにしています子どもの成長はおもしろいね

日本気持ち悪い種族リスト

許せない種族↓(# ゚Д゚)ゴルァ

ジャニオタ:某AV女優問答無用で叩くキモオタファンの皆さんこんにちは

コミケ同人雑誌買い漁ってるオタ:破廉恥な袋を堂々と見せびらかして公共の場を歩いてんじゃねえよカス



許せる種族

王国民:迷惑かけてるイメージがない。声がスピーカーよりでかい人の集まり

AKBオタ:迷惑かけてるイメージがない。金持ちの集まり

EXILE迷惑かけてるイメージがない。こっちも金持ちの集まり

「察して」ちゃんが嫌いな理由


俺の

「察しろっていうのをやめて欲しい」

という気持ちを全く察してくれないか

性別女性に変更して10年ほどが経った

いろんな方々のおかげで今の生活がある。



公的書類から性別欄がどんどんなくなり、本来受けるはずだった苦しみはどれだけ軽減されたのだろうか。

医療機関など理解のある一部のところでは、戸籍とは異なる性別記載してくれるところもあった。

性同一性障害に悩む人たちのグループを紹介してもらい、そこでは傷のなめあいなどもあった。

(言い方は悪いけど、年齢・元の容姿の面で多くの人よりわたしはまだ希望があると少し気持ちが楽になったりもした)

性同一性障害の診断をもらえたのも、国内での手術ができる今も、性別変更の手続きができるようになったのも、そういった活動をしてくれたいろんな方がいたおかげだと思う。



今、同じように性の問題で苦しんでいる人たちにも、早く、少しでも心が穏やかな生活を送れるように祈っている。



今もどんどんジェンダーフリーが進んでいる。

今後は同性間での結婚も認められたりするのかな。

同性、なんていう言い方すらなくなるかもしれない。



でも内心は、もうやめてくれと思っている。

矛盾しているし、自分勝手なのはわかっている。



だけどわたしははじめから「男女2つの性で分けられた世界女性として暮らしたかった」のだ。



昔あれほど憎かった「男は男らしくを求められる世界」と同じ「女は女らしくを求められる世界」に今は幸せを感じるのだ。



性はグラデーションじゃなくてよい。

君の名は」なぜ批判されるのか?

会社員をやっているとよく分かる。

今までこだわりはありそうだがパッとしなかった若手営業マンキャンペーンが突然大成功して営業成績全国1位、しか歴代でも4位。女子社員の目はハートになり、社長役員もわが社の救世主だとベタ褒め、来年から部長になってもらおうかな、なんて言っている。そのとき喫煙所に集まったロートル営業マンたちの気持ちは?ゴルフ接待麻雀接待昭和のやり方でやって来た人たち。地味なあいつが泣かず飛ばずの頃は目もかけていた。

あんなやり方すればそりゃ誰でも売れますわ」「売ればいいみたいなやり方は信念がないか自分にはできないなー」「自分のやり方っていうのがないんだよね、迎合が全てというか」「俺たちプロから見るとダメなやり方なんだよな」「あんなやり方では長く続かないよ」「社長役員バカからあんなのに騙されて」。喫煙所雑談はいつまでも続く。

電子書籍を取り巻く日本事情

業界の程よく中心から距離のある関係者視点で、電子書籍を取り巻く日本事情について書いてみます

ここ数日話題になってる「全部電子書籍でだせっていってんだろ」「くそ業界滅びろよ」っていう読者の声と、それに対する業界いいわけじみたコメントに対するメモですね。

スタンスとしては、業界側の視点ではあるんですが、業界擁護するつもりはありません。すべての業界や消費物と同じように、必要とされなければ声を荒げなくても滅びると思っているので(そして出版業界斜陽であるのはもう周知の事実ですので)、ことさら擁護必要もなければ罵声を浴びせる必要もない、というのが個人的気持ちです。

読者側にも業界側にも各論はそれぞれあるとおもうのですが、今回述べたいのは、総論として「日本出版業界は、日本書籍市場に過剰適応してしまった」という点です。

この場合日本書籍市場」っていうのは、取次ぎのシステムであるとか、再販規制であるとか、書籍の値段分布であるとか、日本人読書傾向であるとか、まあ、そういうもろもろです。

さらに誤解を恐れずにいうのならば、「日本書籍読者の皆さんと、日本出版業界は、共依存の状況にあります」というのも加えたい視点です。

日本書籍読者の皆さん」というとなんだかすごい人数いるような感じがしますけれど、統計から見ても、「年間一冊以上、字ばかりの書籍を買う人」なんてものは、日本人口の20%もいません。もっと頻繁に本を買う人、書籍を買うというのが日常行動になってる人の数の統計は見たことがありませんが、体感で言えばその20%の数分の1ではないでしょうか? 「書籍のヘビーな読者」というのは、もはや不特定多数ではなく、特定多数なのです。

そういう非常に熱心な読者の方の存在を前提に、どっぷり浸かって過剰適応したのが日本出版業界です。

世界的に見て、日本出版業界は、出版物の値段、出版物バラエティ出版物の点数、印刷クオリティ、全国配送網、書籍へのアクセサビリティなどの点で、類を見ないほど高いレベルにあります個人的には、変態的で気味が悪いほどレベルが高いと思っています。こういった点は、日本読書文化とさきほどの「熱心な読者の皆さん」に支えられて、長年かけて進化してきた成果でしょう。

そしてその進化は、過剰適応の段階にあるのです。

出版という視点から離れてただのビジネス的な話として判断してほしいのですが、つまりそれは高度成長期を何度も経験して人口も増えて、中間層が発達して、娯楽に可処分所得を投入可能になった国が、「親にしかられない文化王様」として書籍を愛して、業界側もせっせと面白楽しい本を矢継ぎ早に出した結果です。そういう設備投資、そういう人材発掘、そういうスキーム作りをしたのです。再販規制も、広い意味で言えば「そういうスキーム」の一種しかありません。

現在出版不況は(個人的にはそんなに不況だと思っていないのですが)、このシステムのものがが、時代の流れに置いてけぼりになってしまったというだけのことです。少子化であるとか住宅事情の変化であるとか、読書文化の変遷(ここに電子書籍は含まれます)についていけなくなっているのが、現在業界を取り巻く現状です。

では、そういう仕組みを変えればいいじゃないか! と皆さん思うでしょう。

もっともです。時代に合わない企業は淘汰されるのが自然の仕組みです。

しかしながら前述したとおり、出版業界適応を超えて、過剰適応の段階にあります出版業界が今の時代に合わせる難易度は非常に高いです(それはみなさんも、出版業界の動きからうすうす察していますよね?)。イノベーションを起こす人的な余裕も経済的な余裕もほぼありません。大手がのろのろ動いていますが、この速度は何も出し渋っているとか、一部の読者の皆さんが言っているような嫌がらせなどという陰謀論ではありません。過剰適応して余裕がないだけです。

個人的見解でいえば、大手出版社が華麗にイノベーションを起こしてパラダイムシフトを達成するよりも、非出版業界会社が新しいスキームで参入するとか(Amazonはこれにあたります新規出版社になるというほうが、実現速度はずっと早いと思っています

まあ、とにかくイノベーションですから、壊して作るしかないのです。が、過剰適応しているので壊しづらい。それだけです。

この辺の話は、ビジネス書を読めばいくらでも出てくると思いますが、今回指摘しておきたいのはその先の「過剰適応」と「共依存」についてです。

電子書籍への移行を求める読者の皆さんはおそらく書籍愛好家ですし、今まで出版業界を支えてくれた皆さんだと思います

これを書くと炎上してしまう気もするのですが、出版物の値段、出版物バラエティ出版物の点数、印刷クオリティ、全国配送網などの利益を得てきたのも、皆さんなのです。あえて言いますが、読書家の皆さんはそれを「既得権益」だと思ってはいませんか? 共依存と指摘したのはこの点で、読者の皆さんはそういう環境を当たり前だとは思っているように感じるのです。自分日本人子供のころから日本の豊かな出版文化に首までどっぷり浸かっていましたので、それが当たり前の光景だという感覚はよくわかります。が、世界のすべてがこのように豊かなわけではないということを、ビジネスを通して学びました。

こういう書き方をすると、「出版業界脅迫」というコメントがつく気もするのですが、考えてもください。「脅迫だと感じる」ことこそ「あって当然の権利だと私は思っている」という告白なのです。

重ねて言います脅迫でもないし出版業界擁護でもありません。不要判断されれば業界が消えるだけだと思っています

イノベーションを起こして業界を変革するというのはよいことで、最終的にはユーザー利益になるような調整が行われるのが市場原理ですし、最終的にはそうなると思いますが、当然「破壊」するからには失われるものもあります。たとえば電子書籍なので物理書籍より安くなるのが当然だと皆さんは考えていると思いますが、それが未来にわたって保障されるとは限りません(そもそも安くならなければいけない理由もありません)。出版点数についても、このようなバラエティ保障されるとは限りません。

過剰適応というのは、安定した市場に向けてサービスフォーカスしすぎて余裕がなくなった状態ともいえますうつりゆく市場になったからには、投資においてリスクヘッジをしなければならなくなるでしょう。

読書人口というのは限られていると指摘したとおり、それはたとえて言えば、地方自治体のようなものです。電子書籍サービスをすぐしろ! いや無理だ! というのとは関係なく、斜陽業界なのですから物理書籍も含めて、もはや「今までと同じようなサービスは望めなくなるのが当然」なのです。

もちろん、業界側(出版印刷書店も)利益を上げるためにやっているので、今までより低コストによいサービスを目指してやっていますスタッフを少なくしても同じ仕事ができるように効率かも進めますしかし、それでも吸収できないときがくれば、当然ですけれど、価格への転嫁ライン出版点数)の絞込み、地方配本の削除などが行われるでしょう。これは、どんな業種でも同じことであって、出版業界は聖域ではないのです。

一連の応酬を読むと、どうももやもやするのがこの部分で、新刊が出るのもそれが配本されるのも面白い本がでるのも、全部ただの商行為であって、信仰とか正義とか哲学とか、そういうのとは何の関係もありません。出版業界人自分たち文化人な変なプライド持ち過ぎだと思いますし、読者側は出版自分読書ライフ絶対視し過ぎではないでしょうか? ただひたすらに、その取引の瞬間、やり取りが成立しただけで、永遠も持続もその取引には含まれていません。「続刊を必ず購入してもらえる保障」も「続刊が出る保障」もその取引に含まれていないのです。

ビジネス的な観点で言うのならば、大規模な投資をしてイノベーションを起こすのであれば、「熱心ではあるけれど人口の少ない旧来の読者」などは相手にせずに、「今まであんまり書籍を買わなかったけれど、イノベーションによって買うようになった新しい読者」をターゲットにすべきでしょう。

「早いところ業界をぶっ壊せ、イノベーション起こせ!」というのは非常にわかるのですが、業界の歩みが遅いのは「熱心な読者」に執着しているからなのです(なにせ過去から現在に渡るメインのお客様ですからね)。これが、業界から熱心な読者に対する「依存」です。

ぶっ壊せと叫んだ結果、「自分の好きな出版物出版文化がなくなる」というのは、当然のリスクとして織り込むべきだと思います

http://anond.hatelabo.jp/20170116135213

一人暮らし限定かもしれんが教えよう。一人暮らし場合トイレは数時間に1回しか使われない。この数時間を使ってキレイにする方法

まず用を足す→流す→こびりついてる→そこにトイレットペーパーをちぎってかぶせる。以上である

次にトイレを使う時はたぶんおしっこだろう、俺は便器に張り付いてるトイレットペーパーおしっこではがしてる。そうすると気持ちいぐらいにトイレットペーパーごと茶色物体がつるりと剥がれ落ちる

気持ち悪い「アレ」な粘着厨がいて正直笑いながら見ている。

せいぜい頑張れよ?

Nintendo Switchアンチネガキャン的外れなので思うことを述べてみた

悲報ニンテンドースイッチバッテリー時間ですか?3時間ほど保ちますね☝(カタログスペックから実働時間はそれ以下)」

本当にゴミワロタwwwハードメーカーやめちまえよ。 pic.twitter.com/FiS9jnvdAN

https://tweetsave.com/namazurx/status/789827888593768449

据え置き機として使うユーザーにはバッテリーは完全に不要だし、携帯機として使うにしても本体にクソデカバッテリー付けられるよりモバイルバッテリーから給電する方がマシ。

朗報ニンテンドースイッチ問題無く遊ぶ為の構成

合計 180,219 円 +オンライン有料

これ半分、デスクトップゲーミングPCだろ(・_・)

https://tweetsave.com/namazurx/status/819836525705773061

https://tweetsave.com/namazurx/status/819836607830233089

https://tweetsave.com/namazurx/status/819836717964197888

https://tweetsave.com/namazurx/status/819836899917328384

もしかして周辺機器のページ(https://www.nintendo.co.jp/hardware/switch/accessories/index.html)に書いてあった金額全部列挙して足してみたのかな?足し算できて凄いね(・_・)

内容の検証をしてみよう。

本体に含まれている周辺機器について

そもそも、switch本体にproコン、充電グリップストラップJoy-Con (L)/(R)、Joy-Conストラップドックセット(「Nintendo Switchドック」と「Nintendo Switch ACアダプター」、「HDMIケーブル(1.5m)」を含む)が同梱してるんだが?

https://www.nintendo.co.jp/hardware/switch/lineup/index.html

品性を疑われるから書き込む前に確認したほうがいいよ(・_・)

SDXCカードについて

SDXCカード必要なのは完全に同意するが、512GB/87298円という商品が見つけられなかった。

外付けハードディスク買うならSDXCカードは普及帯の製品で十分だろうという判断により、Transcend製、128GB/7580円の製品を使うと仮定する。

ちなみに、外付けハードディスクについては4TB必要か疑問が残るが、1タイトル辺りの容量も判明していなので本検証ではそのままとする。

オンライン有料について

今までのゲームタイトルでは、オンラインプレイを行うためのサーバー費用ソフトの代金に含まれていた。しかし、Nintendo Switchシステムではオンラインプレイを一切行わないプレイヤーはその分の節約が出来る。

プレイヤーからしたら従来方式に比べてメリットこそあれど、デメリットはないのではなかろうか。

ここで、上に挙げられたうち不要ものを除くと。

合計 64,021円

約三分の一になっちゃったよ。アンチさん、価格水増しに精が出るね(・_・)

実際、proコン、Joy-Conハンドル、有線LANアダプタは無くても問題ないだろうから、5万5千円あれば周辺機器込みで何不自由なく遊べるだろう。

おまけ

PS4を貶める気は一切ないが、比較のためにPS4周辺機器を1つだけ買った場合の値段を併記してみよう。

合計 約107,000円。約1.6倍だったとさ。

へ…へー…、任天堂スイッチステアリングコントローラー凄いなぁ〜…。

一方、ナマズんは…。 pic.twitter.com/TpQle13cGf

https://tweetsave.com/namazurx/status/819925503981195264

へ…へー…、ナマズんの部屋凄いなぁ〜…。憧れちゃうわぁ〜…。PS4買うとレーシングシートやベッドが付いてくるのかなぁ〜…?(・_・)

悲報任天堂の新型ゲームハードが完全にダウン症の犬。 pic.twitter.com/Y3GeCQN3gH

https://tweetsave.com/namazurx/status/789231463367516160

悲報アンチが顔真っ赤。ゲームハード貶めるのが趣味人間普通に気持ち悪いし近寄りたくないわ。鍵垢で引きこもっててくれ(・_・)

合コンで心身消耗した話

合コンで心身消耗した話

昨日行った合コンが近年稀に見る大惨事だった。1日経っても気持ちの整理が付いていないので書く。

結論を言うと40近いハゲハゲジジイ勘違いクソ野郎の大ハズレを引いた。一目見て今日は終わったと卒倒する位のインパクトだった。

女側は最高とまで言わなくても、そこそこのラインナップだったと思う。27歳、私を含め皆こぎれいにしてた。

相手は40近い、いかにも売れ残りモテない男達。見た目のいけてなさは勿論のこと、気遣いコミュ二ケーションもなってない。

今まで彼女が居たことが無いのではとすら思う。

でも落ち込んでいるのはマッチングのせいでは無い。向こうもどんな女が来るか分からなかったわけだし、そもそも40近い男が未婚・彼女居ないメンバーを集めようとするとそうなってしまうのもしょうがない。

私が落ち込んでいる理由別にある。

最初エンカウントでひとしきり落ち込んだ後、私は決心したのだ。

もう席に着いてしまったのだから、いずれにせよ後2時間はこのモンスター達と対峙せねばならない。

それならば萎む心を奮い立たせ、精一杯盛り上げてこのおじさん達を楽しませようと。

リップサービスも盛大にした。キャバ嬢の如く頑張った。

いいじゃないか。狭くて小汚い居酒屋だけど、世にも珍しいモンスターの生態を観察しながら、タダで飲み食い出来ると思ったら。ねぇそういえばさ、2017年は頭からモンスターエンカウントしたよね〜!

あーあったー!!!あのダンジョンでw

いや本当に死ぬかと思ったwwww

皆で瀕死になりながら何とか脱出できたね!いや〜あの時のよしえホイミが無かったら今頃死んでたよ〜!

そうやって笑い話にすればいい。

2時間経つ頃には目の前のモンスター達も「過去の美しい思い出」となりかけていた。

私「やだ〜クソ野郎さん面白い〜♡」

店員ソロソロおじかんデース」

私「え〜?もう時間なの〜???

ハゲ「あ、それじゃ、女性は2000円で...」

私(^ω^)?

ハゲ「え、だから2000円で...」

私(^ω^)

モンスター(^ω^)

女達(^ω^)


怒りで目の前が真っ白になった。

普段ならぬるっとケーキセットを食べて使う額。

ニットを1枚買えばすぐに飛んでいく。

しかしそれは、

今まで使ったどの2000円よりも

重い2000円だった。

私の時間を、若さを、何より尊厳無駄にした2時間だった。

なぜ彼らは払ってくれなかったのだろう。

3000円のコース

10歳離れた女と飲んで

女は2000円、男は4000円。

払ってくれなかった理由が知りたい。

稼いでる事を匂わす発言をしたから?

それともその価値が私達に無かったのだろうか。

これだけモンスター呼ばわりしている相手

実は私達こそがモンスターと思われていたのだろうか。

そう思うと身の毛がよだつ。

27さい。自分が思う程、自分には価値が無いのかもしれない。

「ただ運が悪かっただけ」

「そもそも気を使える男ならそうなってない」

そう思いこむには、HPの残が少なすぎた。

ゆるやかに朽ちていく

帰る家がある。

明日食べるものが買えないと困ることはない。

いざとなったら実家、親が助けてくれるだろう。

そういった感覚で生きていて、なんとなくがんばることをやめてしまった。

一度は家賃はおろか食べるものに困る生活を送ったこともあった。大学入学してすぐ、家賃敷金を払って、教科書代や最低限の生活必需品を買ったら貯蓄が尽きてしまった。奨学金もすぐにはもらえず、仕送りも当然もらっていなかった。

バイトを始めたが、給料の支払いは約一か月後。

口座に残った数百円を大事に使いながら、バイトのまかないで生きていた。

そんな中でも、なぜか生きる道がないわけではないという漠然とした安心感はあった。

契約時に数ヶ月分の家賃を予め支払っていたからかも知れない。一か月後には給料が入る予定だったからかも知れない。バイトに行けば食事にありつけたからかも知れない。

けれども実家、親に対するある種の信頼感のようなものは揺らがなかった。

一浪しても受験に失敗して、それでも通う大学に納得できなくて一年の時には仮面浪人もやった。結局それも失敗に終わったからそう思うのかも知れないが、その時でさえぬるい努力しかできなかった。

自分の現状には全く納得がいっていないのに、本気になれなかった。大学に入って3年が経った今でさえ現状に納得はできていないが、それでもずるずると研究室に配属され、ぬるい努力を重ねて生活をしている。

そろそろ就活を始めなければならない時期になってきたが、がんばる必要性もあまり感じない。

もう一度、医学科を受けなおしたい気持ちもあるが、それも中途半端気持ちしかない。

食い詰めることもなく、家賃に困ることもなく、かといってなんの達成感もえることなく、ゆるやかにゆるやかに危機感がとかされてゆく。

こうして何者になることもなく、ゆるやかに、ゆるやかに朽ちていくのだろう。

2017-01-16

「一週間以内に買ってくれないと打ち切りになる」と言われて脅されてると思う人の気持ちがわからない

映画館映画泥棒CMを見て「客を泥棒扱いしている」と思う人の気持ちもわからない。

まり疑心暗鬼すぎるというか、繊細すぎるというか。

ゲームキャラのケツがエロいから女性差別」とか「子供が影響されるからタバコを吸うシーンを出すな」っていうのと同レベルの難癖に思える。

整体マッサージ風俗ってどう違うの?

マッサージ風俗ってどう違うのだろう。

私は女なので性風俗の店に行ったことはないのだが

マッサージにはしょっちゅう行く。

腰痛がつらいからとか、そのつど一応理由はあるんだけど

本当の理由は「とにかく気持ちよくなりたいから」だ。

あるいは「人にていねいに触られたいから」行くのかもしれない。

あるいは、リップサービスの「疲れてますね」を聞きに行くかもしれない。

その人の60分に3000円を払った対価として

優しい言葉をかけられながら、暖かな手で、気持ちいいことをしてもらう。

その時間は憂き世のことなど何も考えなくていい。

60分後にタイマーが鳴って「ハイお疲れさまでしたーーー」と言われると

またぶわっと孤独が襲ってくる。

またここに来るために、がんばって働いて腰を痛めねばと思って店を出る。


快楽がほしい。さみしさを埋めたい。人に触れたい。

恋人とか家族とかじゃなくて、金銭を払った対価として

なんの罪悪感もなくこの欲望を満たしたい。

これって男性風俗に求めるものと似てる気がするんだけど

どうなんですかね?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん