「職場」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 職場とは

2016-07-24

休日出勤職場

一息つこうとベランダに出て、ふとリンドバーグ夕焼けを口ずさんでいたら、涙ぐんできた

俺にはそんな名残惜しむような人も思い出もないんだけど

しろなんでないんだろうなって

結構真面目に、頑張ってきたんだけどな

だけど結局仕事人間関係もうまくいかなくって

誰にも頼れず自分自分のケツふくしかなくって

そうしている間にまた新しいミスがどんどん積み上がっていって

若い頃には、これを乗り越えればより良い未来があるんじゃないかという漠然とした希望のようなものもあったけど

この年になるとそんなことはあり得ないんだって現実が立ちはだかってくる

自分は言われたことをこつこつこなすことしかできないのに

そんな自分が嫌で、やればできるんじゃないか勘違いして

でもやっぱり何もできなくて、今さら定期昇給のあるような仕事には就けなくて

できなくて怒られながら迷惑を掛けながら生きていくか

アルバイトみたいな給料工場かどこかで働くしかなくて

でもそうまでして生きていく意味が見出せなくて

それでも生きていくしかいから生きていくんだけど

家に帰り着いたところで尻尾を振る犬さえいない

2016-07-23

転職したいがしたくない

1年目新入社員

仕事の内容的にはやめたい。パワハラ管理職もいるしやめたい。

そんな職場だが、1人だけ大好きな人がいる。恋とかではないが、なんというか大好き。

後1年で異動してしまうことはわかっている。全国転勤だから、また同じ職場で働ける可能性はほぼない。

さっさと転職した方がいい気がするが、できるだけその人と一緒に過ごしたい気持ちもある。

きっと後1年はこの仕事を続けるだろう。いつかこの1年を、無駄にしたと悔やむ時がくるだろうか。

面接の結果がそろそろ届くんだけども

いよいよ近日中就職出来るか否かのお知らせが、あるいはお祈りが届く。こんな時だけ間違いなく祈りというのは届くのだから、なんだか皮肉な話にも思える。

そして今は収入がない。来月生きていくのが精一杯。公共料金は滞納するだろうし、それでもギリギリなくらいだ。こんな懐事情になると、余裕がなくなってくる。あまり愚痴も言わないタイプで中に溜め込むタイプだし、周りの人間にも冷たく当たってしまっている。余裕のない他人にさえ、いつも分け与えられていた気遣いや優しさも与えられない。そんな自分自己嫌悪してさら状態は悪くなっていく。負のサイクル。お金が使えないか毎日起きては料理して人と会う予定が無ければ通信制限のスマホで暇を就寝まで不愉快に過ごすだけだ(だけど増田は重くないからいい)。

そんな日々の中でとうとう、今日は一睡も出来なかった。別に予定がある訳ではないから白昼堂々寝てやればいいのだけれど、動揺が大きい。なんとか寝る為にいずれも少なくはない酒をやりタバコをやりカモミールティーまで試して寝付けるよう試みたが、眠れない。なんなら通知が届くであろう日の占いを見て安心しようとさえした(7位だったろうか。新たな決意の日。今取り組んでいることとは別の事へのチャレンジになるでしょう、なんて書いてあった。合格するってことだし職場活躍する自分プランニングするぞ!と自分に言い聞かせられるほどの余裕はなかった)。今は5時30分くらいだが、逆に目が冴えている。はてな的に言えば大脳が壊れてしまったメンヘルなのだろうか。

面接を受けた求人は変わらず募集し続けている。まだいい人材を求めていますということだから自分は弾かれたのだろうかとまた不安になる。


動揺してる。もちろん、落ちたらとりあえずはバイトでもいい訳だし、そのままハローワークに通いまた新たな仕事を探せばいい。20代なんてまだまだ何でも出来る歳だ。取り返すのにたくさん時間はある。不幸自慢をしたい訳じゃない。こんなスッカラカンな内容だけれど、書き残さずにはいられない気持ちだった。動揺してる。泣きじゃくる訳でもなく、怒りに満ちてる訳でもない。どこにも駆り立てられない焦燥だけが自分支配している。それを自分ではどうしようも出来ず困っている、という話だ。だけど、ここに書いて少しは気持ちが楽になった。上記のどんな寝付く方法(酒タバコカモミール)よりも落ち着いた。ありがとう増田。もしここまで読んで下さった増田諸兄がいるのであれば、まずお目を汚して申し訳なかった。心配して下さる奇特な方がいらっしゃったなら、感謝と共にそのお気持ちをありがたく頂戴したい。糞だと思った方はただただ申し訳なく思う。全く興味なかったという方は、せめてもの償いで次の言葉を送らせて欲しい。ポケモンGO

2016-07-22

http://anond.hatelabo.jp/20160722124118

井戸端会議の女たちが悪口を言っていたのは、まさに嫉妬ゆえだとは思うんだけど、それとは別に職場での「胸チラリズム」には気をつけた方がいいと思うよ。セクハラになりかねないから。女の胸元は性の象徴(の一つ)で、それを見た男女が「職場性的ものを見たくない」と感じたらセクハラ案件になる可能性が高いので。

職場に元モデル入社した

職場に元モデル美人さんが転職してきた。

性格も見た目もすごく素敵で、仕事もできるし、尊敬してる。

(私よりちょっと年上だから友達みたいな感じではないけど、たまに2人でランチいくほどのいい距離感だし、同僚として今後も仲良くしたいなーというかんじ。ちょっと憧れも入ってる)

昨日会社パーティーみたいなのがあったから、会場の隅っこで会社女性陣と井戸端会議みたいなことしてた。(彼女はそこにいなかった)そしたら、みんな結構彼女悪口言うんだよね。胸元開いた服着てる、とかでも胸元に割と年齢が出てるよねとか、彼女モデルだった頃のブログ読んだけどなんか凄いよ、消せばいいのに、とか(入社からそのブログが影で回ってたみたい)

なんていうか、本当にびっくりした。びっくりしたのは

1.その井戸端会議にいた女性陣はみんな結構さっぱりしてて、そんな嫉妬から悪口言うようなキャラじゃないと思ってた(嫉妬ですよね?)

2.胸元開いた服きてることは女性から悪口言われる対象なの!?私は眼福眼福〜としか感じない(別にレズじゃないけど単純に美しい人の美しいボディラインは綺麗)し、自分自身も胸元あいた服が好き。(胸がDカップあるから首元が詰まった服は太って見えることがある。)あ、ちゃんとブラが見えないように下にインナー着てるよ。ちなみに彼女も着てた。ブラは見えないけど谷間がチラリズム。ぐらいの感じだった。

その場でいやそれは別によくない?とは言えず、帰ってからもうーんあれはなんだったんだろうという感じ。

人はそれぞれ感性が違うんだね。胸元の開いた服、あんまり着ないようにしようかな。

http://anond.hatelabo.jp/20160721153003

私の父親であった男は自分が既婚者である事を母親が未婚で妊娠するまで隠し、バツイチだと嘘をついていた。

の子供は流れてしまったが、母親バカだったので「別れてくれるなら付き合う」と言って本当にバツイチになって来た男と愚かにも交際継続し、再婚して二人の子供を成し、案の定不倫の病の再発した父親に捨てられた。

独りになっても母親バカだったのでまた既婚者と関係を持ち、怒り狂った本妻が家へ押し掛け、小学生なる子供の前で母親と堂々と不倫相手に関する言い争いをした(注)。

一時期は不倫相手結婚できるならお前なんか捨てても良いと子供本人に向かって言い放つ程頭の狂っていた母親だが、母親がわりであった祖母(私から見て曾祖母)の死を転機として目を覚まし、不倫相手と縁を切って独身男性再婚した。その男性が父となってから実家では概ね平穏な家庭が続いている。

(注:なおこのとき私は不倫相手をパパと呼ばされており、まだ不倫という概念を知らなかった。その言葉を初めて知ったのは、子供たちとの帰宅時に家の前に座り込んでいた本妻を見た母親が泣きながら女友達の家へ駆け込んで通報し、やって来た警察官にその友達が『彼女(母)とその女性旦那さんが不倫関係で』と説明をしていた時の事だった。度重なる本妻の来訪に悩まされての事だろうが自業自得案件に呼びつけられる警官も気の毒な事である



このような家に育った私は、年を経る毎に次第に自分の家に何が起きていたのかを悟るようになり、そして深く不貞というものを憎むようになった。

血のつながった両親はもちろんの事、便所ブラシと肉便器の間に産まれた、母親不倫相手本妻やその子から殺されても仕方がない薄汚れたクソガキである自分自身の血も憎くて仕方がなかった。

丁度インターネット黎明期10代後半であった私は、ネット世界自分と同じ思いをしている子供がいないか子供にそんな思いをさせている親は何を思っている/いたのか、それから何年もかけて探して回るようになった。

そうして20代の私はミソジニーかつミサンドリー煮込みうどんとなった。両親共不貞加害者であった自分には増田のように片方の性を神聖視する選択肢がそもそも無かった。




今は違うが当時の世論ネットも本当に酷いもので、不貞に異議など唱えようものなら男の場合浮気をする甲斐性がある有能な男を妬んでいるモテない駄目男、女なら男をつなぎ止める魅力と寛容さのない裏切られて当然のゴミ女、と罵倒されるのが当たり前の場所だった。要するに男の浮気には異様に甘く女の浮気独身女が既婚の男に股を開くパターン以外の選択肢があり得ない、昭和男尊女卑の一番酷いところを鍋底にこびりつく焦げカスになるまで煮詰めたような場所だった。

増田と同じように私には、不貞などせず縁もなく、普通に生きている人たちの姿は誰ひとり目に入らなかった。この世にはまだ裏切っていない人間と裏切った人間と裏切られた人間の三種類しかいないと本気で思っていた。男も女も皆クズでどうせ裏切り者以外は100%裏切られるのだからモノだけを心のよりどころとしていれば良い、そうすれば傷つかずに済むと20代の前半はずっと考えながら生きていた。



はい日常的に他人攻撃的な言動をとっていた訳ではない。表面上はごく普通に接していた。

(ただ一度もうすぐ結婚するという高校時代女友達が、結婚報告と同時にそれが略奪婚であると明かし、「彼(二股をかけていた便所ブラシ)と一緒に裸でベッドにいる時に元彼女が訪ねて来て凄く怖かったの」とかい寝言を吐き始めたときだけはどうしても取り繕えなかった。裏切られた元彼女は男と同じ職場であったらしく、結婚式の招待状を元彼女にも出そうかと男に尋ねてわざと楽しんでいるという話を聞いた時点で「最低だね」という感想をついに黙っていられず縁を切った)


それ以外はリアル不倫をしている人に会っても概ね知らぬ振りをしていられた。

幸いにも私の周囲には、自分のしている不貞本能からと男は皆不倫して当たり前とかい理由正当化しようとするバカはおらず、私も「でしょうね男はみんな不倫しますよ私の父もそうでした○○さんのお父さんもお祖父さんもひいお祖父さんもみんな不倫して奥さんを泣かせて来たし娘さんも結婚したら旦那さんに不倫されて同じ目に遭いますよね楽しみですね」とか「まあそれはご勝手ですけどお子さん間違いなく股ユルになるかだめんずになるか誰とも付き合えない人間不信メンヘルになるかの三択ですね、よかったですねソースは私と妹です」などと大人げの無い嫌みを言わずに済んだ。

一方ネットはそういうバカを見つけるたびに上記の言葉を投げてやって楽しむ自傷行為日常茶飯事だった。一度「俺の親を侮辱するな」とか言い返して来た客観性という概念を知らないほんまもんバカがいて今風の表現を借りれば大草原不可避であった。




そんな中である2ch浮気不倫板に親に不倫された子供スレというスレを立てた。

スレ立て当初は滅茶苦茶に荒らされまくり、親が不倫したのはお前のせいだ、お前らは捨てられて当然だと書き込まれる事も幾度となくあったが、それでも細々と何スレか続いた。リアルタイムで親の不倫を知って苦しんでいる中高生を慰め、昔親の不倫に苦しんだが今は幸せだという年長者に慰められ、何より「不貞なんかして家族を傷つける奴はクズだ」という意見を誰にも否定されず堂々と言える場ができたことに心のよりどころが生まれた。

(何しろそんな事リアルで言おうものなら「世の中白か黒じゃない、大人になれ」「ご両親も苦しんでいたのだから理解してあげろ」とかい説得力もクソもない思考停止押し付けられる選択肢しか当時はなかったのだ。毒親に苦しむ子供に対して子供を愛さない親はいいから親を許せと平気で言うバカが幅を利かせていた時代なのだから当然と言える)

そうして私は少しずつ立ち直って行った。



気づけば周囲の状況も随分変わっていて、不貞をしている者を見れば男女を問わず咎められる空気が徐々に優勢となっていた。

しかすると初めからそうで、前段に書いた「当時の世間」は一部のバカに惑わされた私の視野の狭さによる思い込みしか無く、ただ私が自分を傷つける意見の方に自ら近寄って行っただけなのかも知れない。「そんな人たちばかりではない、良い人を見つけたら幸せになれる」という声は今も昔も確かにあった。ただ誰がそんな人たちで誰がそうではない人たちなのか明確に見分ける術のない自分には何の救いともならなかっただけだ。

最終的に「クズとそうでない人を見分ける事におびえる必要はない。誰がクズだか分からいから全員を断ち切る必要もない。相手クズとわかったら即座に切ればいいだけ」と自分で出した答えがとりあえずの結論となった。




元増田世界には小学生スマホオナニーを、中学校で公開キス動画を、高校円光大学で数股変態プレイを、会社や家庭で不倫を楽しむ女しかいないのだろう。増田の母も祖父母も妹もそういう女たちなのだろう。男も増田自身を含めてそうした性の乱れた同類ばかりで、そうした人間たちとその価値観を厭わしく思い咎める者は男女問わず誰もいないのだろう。それでいいと思う。

私自身そうしたものには何一つ縁無く生きて来たしそういうものには自他を問わず永久に無縁であってほしいが、増田にそれを証明してやる義理も縁もない。増田にとっては長らく喪女として生きて来た私のような者は女ではなく産廃としてカテゴライズされている可能性も高いことだし。



私の世界には男と女がいて、その中に割合は分からないがクズが混じっている。どこの誰がクズか分からないのは今も同じだが、それを悪として捉え被害者の心に寄り添える人が私の他にも沢山いると知っている。その対処法も彼らから沢山学んで来た。

クズとわかれば捨てれば良い。わからないうちは自分が親しくなりたい人と親しくしていれば良い。自身自身の憎むクズに落ちぶれなければ良い。今はそう思って生きている。

自分と同じ事を思っているのが自分だけではないと知らなかったらきっと私も一生煮込みうどんのままだったろう。

職場艦これやってる豚に後ろから蹴り入れても無罪という法律もお願いしま

年上女性が好きだと思い込んでいた

幼稚園初恋保母さんだった。

小学校ときに好きだった人は友達のお母さんだし、中学校の時は先生高校生の時は友達のお姉さんだった。

社会人になってはじめてお付き合いした女性職場の6つ上の先輩だった。

その後、同じ齢の女性告白されて付き合ったこともあった。ただそれは長く続かなかったし、なんというかつまらなかった。



自分はませているのだという自覚はあった。

振り返ればそこそこ特殊だった家庭環境が原因だと思うが、性別に限らず自分と同じかそれより下の人間とは基本的に話が合わなかった。

感情的であり衝動的であり、短絡的な相手と話をするのが辛かったのだ。



35歳の時にお見合い結婚をした。相手自分より2つ上だ。すぐに意気投合して、トントン拍子に話が進んだ。

駆けこむように2人の子供が生まれ、あっというまに40歳になった。

妻は育児疲弊して、気づくと愚痴ばかりをこぼしてくるようになった。

結婚した時は理知的好奇心と実生活とが高い次元バランスが取られていたのに、今は生活の消化と過去を懐かしむ毎日を送っている。

少なくともそれは、私の好きな年上女性像とは遠くかけ離れていた。



そう考えて周囲を見回すと、自分にとっての年上女性は大半が同じような生活を送っていることが分かった。

今まで自分は、年上女性自分よりも人生経験が豊かで落ち着きがあり、自分現実主義的過ぎるところを理解してくれるから好きなのだと思っていた。

しかし、今の自分より年上の女性は、言ってみれば超現実主義といえるほど、未来を諦めてしまっているのだ。

それに気付いてから最近の悩みが一つ解決した。

それは、最近では自分より年下の女性を好む傾向にある自分理解できないでいたことだ。

そうはいっても20代のようなエネルギーに溢れる若さを求めているわけではない。

30前後の、現実的で落ち着きのある女性が好みなのだ



男性はよく、女性が若ければいいという批判を受けることがある。

自分自身も、冗談交じりに妻にそう言われたこともあった。

それについては昔から懐疑的だったが、今ならばはっきりノーだということができる。

わたしは、年下の女性が好きなわけでも年上の女性が好きなわけでもなかったのだ。

ちょうど30歳前後に現れる、落ち着きや好奇心バランスが取れた女性が好きだったのだ。

年上好きと思い込んでいたのが誤解だったことは驚きだったかが、年下好きという下卑たレッテルを貼られることを回避できたことは何よりだった。

これからは胸を張って言おう。わたしアラサー女性が大好きだと。

自分魔法使い職場魔法省の地方支部。最近限りがあるらしいと判明した世界(と言うか地方の)マナ使用量を計測するのが仕事


ファンタジー世界で生きる自分妄想することで現実から目を反らしている。魔法使いになることが子供の頃の夢だった。ゲームみたいな冒険がしたかった。


もう魔法使えないのが辛すぎるからいっそのことファンタジー脚色した日記を書いて気分だけでもファンタジーしたい。

2016-07-21

職場の二十代の子に「キラキラアカウントやってるんですけど〜結構人気あって〜」と言われたんだけど、そもそもキラキラアカウントというのが何なのか知らなかったので、その子に何人か教えてもらって見に行って来た。

何だアレ。。。

心がドブスすぎやしないか

顔がきれいだろうと、お金持ってようが、どんなにモテたとしても、あれだけ心が腐ってたらプラマイ0どころかマイナスだろ。

そんなキラキラアカウント人達に憧れる職場の子には、RT数で自分評価を得るのではなく、現実世界を頑張って生きろと伝えた。。

夜9時くらいの公園幼稚園児くらいの子供が遊んでる

夜9時くらいになるとスーパー惣菜投げ売りされるのでたまに行くんだが、通り道にある公園幼稚園児くらいかそれより幼い子供が遊んでる……そしてスーパーにもそのくらい小さい子供がたくさんいる……

もちろんどちらの場合もお母さんが一緒にいるんだけどさ、これでいいのか日本……と思ってしまう。

本来ならそのくらいの小さな子供はお風呂に入っておねんねしてる時間だろ?


働くママ時短勤務とか無理で帰りがそのくらい遅くなってしまうというのも分かるけど、こんな遅い時間子供が出歩いてるのってどうなんだ?

自分職場にも1歳とかの子供がいるママがいて、うちの職場子供いるからと残業免除などされないからどうしようもないというのは理解できるが、やはり小さいうちから夜出歩く癖がついてはろくな大人にならないんじゃないか?いつか事件に巻き込まれるんじゃないか?とか成長面でもよくないんじゃないか?とか思ってしまう。


1億総活、総活というがそれによってこういう現状があることも考えて欲しいわ。

東京都知事選候補者がクソばっかなのは当たり前

そもそも社会的意識たかくて能力があって責任感もある立派な人たちはすでに彼らが必要とされているところで現在フル活躍中だから不祥事が原因でぱっと空いた都知事椅子欲しさに今の職場立場を途中で放棄するような無責任な行動はとらんのですよ。

から今回の都知事選でもやってくる候補者の大半が「肩書は立派だけど実際には現場で役に立たない名ばかりの人」とか「都知事椅子ほしさに現職を平気で放り出せる名誉欲だけは人一倍な人」とか「そこそこ余裕はあるけど失業中で暇な人」とか「痴呆気味で現役から引退してもらいたいのにやる気だけはある後期高齢者」とかばっかになるわけです。

あんなしょーもないスキャンダルで舛添を辞任に追いやったマスゴミ炎上マスコットで遊びたかっただけの一般愚衆の罪は深い。

職場でいっつもブッツブツ自制の足りないおっさんだなぁ

私みたいに独り言はてなに書き込めばお上品なのに

2016-07-20

どっから病気でどっからクズなのかわからなくなってきた

世の中には普通の人と同じように生きられない人がいる

発達障碍やADHDと呼ばれるような人たちだ

そういう人たちは病気理由で周りと軋轢を産んでしま孤立したという話は同情を呼ぶ。

一方で、世の中には「こんなクズがいた」って話も人気だ

職場にこんな困った上司がいるとか、わがままな客が来たとか、親が毒親だとか。

そういう話には「そんなクズ相手はするな」とか「そんなクズは切り捨てろ」という反応が返ってくる



でも、そういうクズ達と病気の人の境目って何処にあるんだ。

周りに常に迷惑をかけてしまうのは病気なんじゃないか



しかし世の中にはどうやらそういう「クズと思われてしま病気の人」と「健常者である本物のクズ」がいるらしい

僕にはもうその境はわからない

職場うつ

の原因って「業務内容を理解しようとしない割に高圧的に何か言ってくる同じ島のアスペ(か統失)」と

「そのアスペ(か統失)に過剰適応しようとする自分」にあるんじゃなかろうかと思う。



他にも色々あるんだろうし、多分少数派な気がするけど職場のワケ分からん事いう人間被害に遭ってる人間は少なくないんじゃないかな。

から職場せんべいを食うなつってんだろ!!

死ね!!!

くせえ!!

増田に書けばフィクションって事で済まされるよね! 30

人手が足りないって理由職場に顔を出し始めたレアキャラ宮司夫人

宮司個人宛にお中元が届けられたので持って行ったら(神社じゃなくて家宛に送らせろ)

全力ご休憩スタイルなんだが

机に突っ伏して天板(鉄板)に顔面べったり押し付けて寝てるんだが

そんで貞子みたいな起き方しながら寝ぼけた声で寝てませんアピールされたんだが




かい神社はみんな縁続き

かい神社に生まれて何不自由なく育って、つれーわー堅い家に生まれてつれーわーってさんざアピった挙句、そのでかい神社継いで高給取って何不自由ない生活送ったり、ヨソのでかい神社コネで入って高給取って何不自由ない生活送ったり、ヨソのでかい神社に嫁いで何不自由なく暮らすわけだ

まあその腐敗にこそメシを食わせて貰ってるわけだから何も言わんが

仕事中に本気で寝る為の全力就寝スタイル取るってのはどうなのよ

つかヒマなら帰れ

帰って寝ろ




今度は本格的にヒマ持て余したのか話しかけにきた

よし、帰ってよし

帰ってよく寝て、以前に掃除婦に押し付けようとした自宅のトイレ掃除でもぼちぼちしてろと

かい屋敷掃除が大変なら高給取りなんだから業者雇えと




と思ったらまた勝手に持ち場を空にして配置移動して接客始めたわ

客がはけたら巫女と喋ってる

つかそもそも今日人手足りてるんだが何で今日だけ来たのかと

気分かと




まあ夏季賞与もたんまり出たし銭勘弁と

カイエンくんは大学時代色んな女の子を連れて青山職場のそばを歩いてました。

結構目撃情報が多かった。

皆、青山大好きなカイエンくんが北海道なんかでやっていけるのか陰ながら心配していましたよ。

hearing loss

聴力が回復したような気になっていたのは、耳栓劣化によるためか?

とほほ

オーサカ堂のバルトレックスレビュー見ると

結構難聴、メニエールで服用しとるやつ多いなぁ

性器ヘルペスでは1年間常用することが治療法として

保険適用みたいだ。

バルトレック再開するか?

今朝職場に到達したら病院予約するべし

2016-07-19

本当に怖いのはブラック企業よりブラック職場

どんなに一流のホワイト企業に勤めてても結局は職場人間関係で決まる。

ブラック職場が一番怖い。



一番最高なのは

本人の能力はそこまで高くなくても落ち着いていて包容力がありムードメーカートップ

嫌われ役を買って出て徹底的にミスを見逃さない鬼の上司となることが出来る事ナンバー

この関係が一番いい。

若手が一番成長して、中堅がダレない空気ができる。



一番最悪なのはこの全く逆。

鬼のトップ

仏のナンバー

この組み合わせが一番ヤバイ

どんなホワイト企業でもこの組み合わせの職場は大抵うつ病や早期離職者が出る。

http://anond.hatelabo.jp/20160719210127

住所も職場も教えないくらしか思いつかないわ

やたら知りたがるやつは基本的危険人物だと思ってる

http://anond.hatelabo.jp/20160718081608

大きめのベンチャー就職する4年生です。

もっと具体的に自分生活ビジョンを描けないと、スタートアップベンチャーには向かないよ。

業界はどういう系で、残業はどれくらいで、休日出勤の有無、有給のとりやすさ、諸々な手当の有無とか。

あとは職場位置(近隣駅や通勤経路、会社最寄り駅~会社間の施設の充実具合)とか、どこに住みたいとか、どういう家庭(配偶者が働くかどうか、子どもは何人か)とか。

これはまだ未就職から推測だけど

もしスタートアップベンチャー仕事を始めたら、きっと仕事クオリティに関しても考えるようになるんじゃないか

「ここまでクリアしたらいい」みたいな基準は与えられなさそうだから

記事読んでても「あなたはどういう生活したいか」が見えてこない。

みんなに良いと思われる生活がしたいなら、大企業以外を選ぶ理由はないでしょう。

こういうところでまで質問をして情報収集を怠らない手堅さは、あなたの美点だと思うよ。

就活大変だと思うけどがんばって。一番信用できるのは実際に足を運んで手に入れる生の情報自分直感

2016-07-18

http://anond.hatelabo.jp/20160718214646

いやマッチョがどうこうっていうよりも法制度変えるよりも、職場変えるほうがよほど楽じゃない?

ホワイト待遇のいい職場で働いてるPGSEいくらでもいるんだし

システム開発法規制すべきだ

全部仕事だった。この3日の間に遅れているスケジュール回復させようと毎日16時間労働だった。

IT屋、SI屋に勤めて10年近くがすぎた。慣れてしまってはいけないのだが、もうあきらめてしまった。職場から見えるビル建築現場は日、月と休みだった。毎日日没後には誰も働いていない。私の仕事とは、会議のない日没後が本番だ。

20万人月案件のひくまでもない。この惨状が常に続いているのは、どこでも発生しているのは、法規制がまったくされていないからだ。不動産屋なら受付に免状がかけられているように、納涼も知識もない人間大勢アサインされている。20万人月というのは、相応の能力を持った人間がよってたかってやっと達成できる作業量なのだが、単純に20万人月あつめれば完成するように思われていないだろうか。オラクル、エムセスレッドハット、シスコ、ほかいろいろ。企業の発行している認定失格ではなくて、法が定めた資格がないのが問題なのだ。座っているから死なないと思われていないだろうか。

一刻も早いシステム開発設計法整備を望んで止まない。