「趣味」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 趣味とは

2016-07-31

職場から帰りたくない人たち

残業代出ない職場なんだけど、家に帰っても1人だから会社にいると寂しくなくていいという人がいる。

夏季休暇すら取らないし、確認したいことがあっても上が誰かと話し中だったら、どんなに深夜になっても延々待ち続けてる。

そんな働き方に合わせられない部下の悪口を上が言ってくれると、とても嬉しそうにしている。

こういう輩のせいで、周囲が取るべき休みも取れず、延々残業しても当然の空気が醸成されてんだよ。

寂しいとかいうクソみたいな感傷なんか1人で自慰でもしてろよ。

趣味を持たないようだし、女性自然出会いとやらを未だに期待してるみたい。

婚活とかなんかあざとくて嫌じゃん、だって

40近くでハゲデブな上にキモい独り言とか敬礼仕草とか、アイドルみたいにイエイエイ!とかピースしたり、そんな仕草自分ではコミカルだと信じてる彼の未来乾杯

オンラインに主軸を移す、といってはや数年

約30年前に創業した社長が、時代の変化にあわせ、

収益の主軸をオンラインに移すと言い始めてから数年が過ぎた。

今期こそ、全社を挙げて移行すると主張している。



自分提案したリニューアル提案や売上増につながる新たな施策は、

ことごとく無視され、まったくノータッチのまま、新たな経営方針が決まった。

その内容は、以前に提案したものほとんど同じだったが、核となるターゲットは違っていた。

最初提案した2009年、遅くとも2013年あたりにに実行していれば、

からスマホブームに乗って成功していたはず。

何度も繰り返した提案は、いずれも上司のもとで止まっていたのだろう。



オンライン重視を掲げつつ、実務はアナログベース旧態依然のまま。

スマートフォンが普及し、世の中は、確かにインターネットユーザーは増えた。

2000年代若者だった1970年代まれ以降の世代高齢になれば、

完全に、最大の情報源インターネットになる。

しかし、その使われ方は、身内でのやり取りが中心で、

動画の視聴、電子書籍の閲覧など、"閉じた”行為が多い。



昔、勢いがあった頃のインターネットは、趣味や嗜好が同じ無数の他人との交流が中心だった。

もちろん、ROM専の人も多かったけれど、とにかく、匿名で何でも書ける雰囲気があった。

スマートフォンの普及と、リアルオンラインの融合によって、

ネット上で発信すること」の影響力が大きくなり、制約が増えてきたと感じる。

ここでさえ、所属特定されないように、ぼやかして書くしかない。

言いたいことは、誰にも言えず、リアル叫びは、ネット上には、どこにも残せない。

ネットに残らない情報/言葉は、すべて「なかったこと」になる。

自分人生痕跡はどこにも残らない。結局、何者にもなれなかった。



アーティスト漫画家など、クリエイティブ面で実績を残した著名人40代で亡くなる人も多い。

人生は40年」とすると、残り数年。残りわずかな人生に悔いのないよう、本当に書きたいこと、伝えたいことを書き綴りたい。

正当な評価を得られず、創業者上司に振り回されるばかりの仕事より、プライベートを充実させたほうがいいと、ようやく気づいた。

今日は、私だけが知っている、終わりの日。

http://anond.hatelabo.jp/20160730145353

仕事もあって趣味もあって恋人もつくろうと思えば作れるんだから、十分に「自分人生」生きてるじゃねーか

そんなつまらない抽象概念に悩めるなんて羨ましい

夏休み何してたか」報告会の恐怖

私は昔から派手好きではないし、友達の数も少ない。集団で動くのも得意ではない。休日基本的に一人で家や近所のカフェ本屋図書館で好きなことをして過ごす。

そんな私が恐れていたことの一つに、長期休み明けの「この長い休みの間何してた?」報告会がある。夏休みとかの長期休みの後、久しぶりに友人に会うとほぼ必ず、何してたか聞かれる。

この質問をされる時、私はひどい緊張と恐怖に襲われていた。穴があったら入りたい状態である。たいてい私は長期休みに何か特別なことはしない。ひたすらぐうたらしたり、読みたかった本を読んだり、見たかったDVDを見たりして過ごす。だからこの質問に素直に答えるのなら、「本を読んだり、DVD見たり、好きなことをしてのんびりしてたよ」というべきなのだが、私はどうしてもこうは言いたくなかった。

なぜなら、この答えを聞いた友人が抱く感想はきっと、「え、つまらない」だろうと思うからだ。せっかくの長期休みをどこへも行かず、家で過ごすつまらない人間認定されるのがなんだか怖かった。

けど、もうそんなこと気にしない。

仮に、「友達とワイワイ!ヨーロッパ一週間の旅」と「すべてがフリープラン!お家で過ごす一週間」を選べるとしたら私は後者を選ぶ。

前者を選ぶ人には私は外に出たがらないつまらない人と映るかもしれない。けど、別に良い。だって友達と一週間ヨーロッパに行ったって、私にはストレスしかならないと思う。友達との旅行は、きっと楽しいだろう。でも、これまで後者を選んで生きてきた私は、前者の選択精神面、体力面で私に大きな負担になりうることを知っている。というか、それがわかってきた。

休みの間何してた?報告会」を恐れていた私は、「世の中における長期休み理想的な過ごし方」は、「家族や友人とどこかへ遠出することや、何か特別感があることをする」ことだと信じ切っていた。だから、その理想から大きくはずれた過ごし方をする自分をひどく恥じていた。

でも、世の中には人それぞれの理想がある。それぞれの幸せがある。自分の家庭を持つことが最大の幸せの人もいれば、趣味仕事に精を出し独身でいることが最大の幸せである人もいる。夏休み旅行したりすることが幸せの人も、家でゴロゴロすることが幸せの人もいる。

どっちでもいい。どっちだっていい。比べることじゃない。そんな当たり前のことが最近わかってきた。

今年の夏休み明けは、友達と会うことを不安に思わなくて良い。そう思うと、この夏休みが一層楽しく感じる。

まれ芸能(人)をみつけたら話が早いのだが

anond:20160730145353

たとえば100人の人がAという芸能人を好きになったとしても、その好きになりかたは千差万別で、

「嫁になりたい」「抱かれたい」レベル「みてればいい」レベル

尊敬している。次に生まれときは彼の子供になりたい」もいれば

子供で彼を産み育て初恋の悩みをうかがっては好物を出し、気質の合う嫁候補を私が厳格に審査してやる」もいる。

あのころが彼の最高点だった」も

「これからなにかやってくれそうで気になる」もいる。

 

まりなにも突き詰めて考えない人は

好きな芸能人ときかれたらAをあげておけばいいかな。でも性格はBで」

くらいの人。これも芸能人の話ならよくありがちだが、

それは本当に行きたい場所、たとえばコンサートとかにいって周りのファンの口々に話す言葉を聞いたことのない人。

まだ「好き」のとっぱなにも立ってない人。

趣味ときかれれば「読書が好き」だけれど大きめの本屋真剣にさがしたり書評を読まない、教科書ベストセラーだけ読む人。

趣味ときかれれば「映画が好き」だけれど監督脚本で選ぶより芸能人テレビで何回も見てねといったから見る人。

 

あなたもたぶんまだ「コンサート」にいったことのない側の人だとおもう。

「好き」をみつけるまで紆余曲折時間お金も使うだろうけど、ないよりはいいからがんばって。

私は35くらいでみつけた。

2016-07-30

結果として世の中のため、地域の人のためになっているという生き方

日本人は、趣味にしても、仕事にしても、何かをするとき

自分以外の何かのために、世の中のために、人のためになることを

いつも考えています

日本人という人々は、自分のためだけに何かをし続けていけるほど強くないです。

自分のために生きているのだけれども、ふと気が付くと、

結果として世の中のため、地域の人のためになっているという生き方がいいですね。

http://anond.hatelabo.jp/20160730145353

父親ががんで入院して生死が危ういらしい。

母親から電話で聞いた。

ショックで何をしていいかからず、部屋で呆然としているところに、電話がかかってきた。

高校からの友人。毎回自分趣味の話を一方的にする。

最近は面倒で電話を取らないようにしていた。

が、ショックで誰かに話したいという気持ちから、着信を取ってしまった。

いつものアイドル話。適当に聞き流したあとで、親の話を切り出した。

入院した。生死が危ういらしい。ショックだ。と。

友人はそれには返さず、祖父母の話、アイドルの話、と続けた。

何が言いたいのか分からない。

正直これ以上友人の話に付き合う気もない。

何が言いたいのかよく分からないけど、慰めてくれてるんだね、と言うと、そうではないと言う。

あなたの話は愚痴ばかりだけど、私だっていろいろ大変なんだよ!体調悪くて最近薬飲んでるし、アイドルチケット取れないし!

ちょっと変わった、話が通じない子だとは思ってたけど。

もうダメだと思った。

親の生死の話してるのに、それを愚痴と言い。変わらず自分趣味の話をしようとしてくる。

変だとは思ってたけど、人として完全に何か欠けてる。

話を続けようとする友人に

あなたは親の生死と趣味が同列の話題なの?と声を荒げて言うと

同じなんて言ってない、何被害者ぶってんの、と。

もう無理だと思った。

もう話したくないと無理やり電話を切り、ブロックリスト登録した。

自分人生を生きられない

自分人生を生きろと言われてから3年。今年三十路独女


今まで誰かのために生きてきたつもりはなかったが、自分存在肯定するには他人評価必要だった。

誰かに優れていると評価されると安心した。自分社会にいて良い存在なのだと実感できた。

しかしそうやって生きているといつも他人の目が声が耳が気になり自分らしさというものになど向き合うことがなかった。

他人評価というもの勝手に振り回されながら生きて、それを脱するべく自分のために生きるということに意識を傾けてみた。

そこで気づいたのは自分なんて生きる価値がないと否定し続ける己の心であった。

まりに強烈なそれに自分のやりたい仕事をしてみたり趣味に没頭したり恋人を作ったりしてみたがやはりダメみたいだ。

私はどうしたら自分のために生きられるのだろうか。

他人依存せず、自分価値観をもって、この自己否定から逃れられるのだろうか。

自分のためと考えてみたら社会実現も何もかもあまり重要ではなかった

鎖が外されたような思いだ。皆そんなに自分のためになんて生きられるのだろうか、

こんなに孤独なのに

シン・ゴジラ彼氏リトマス試験紙として使うのがいいと思う

シン・ゴジラを観てきた。

はいわゆる "全方位興味あるけど浅いヌルオタ" で庵野監督作品は緩く全部観た人間なのだけど、シン・ゴジラはそれ含めあらゆる方位のオタが反応するネタがいっぱい散りばめられていた。

この作品を観た人の反応は主に下記5つに分類できると思う。

1. 政治経済オタ

2. 鉄オタ

3. ミリオタ

4. 巨大建造物/工業地帯オタ

5. アニメ特撮オタ

ネタバレは避けたいので詳しくは言及しないが、概ねこれらのオタが反応しないわけにはいかないネタがこれでもかと織り込まれていて、見終わった後はこれらのどれかもしくは複数について語りたくなってしまうような作品になっている。

もしあなた女性で、付き合っている彼氏の本性を見極めたい場合シン・ゴジラを観せることはタイトルにある通りのリトマス試験紙としてはたらくだろう。

この作品を観た男の子は、概ね上記5分類のうちどれかもしくは複数に反応するので、観た後の喫茶店食事の際に話す内容をよく聞いてみるといいだろう。

そこで、何か一つでも合う話題や熱くなれる話題があったとしたら、そのジャンルで相性がいいと言える。

逆に "ああこの人とは趣味が合わないな" と思ったら素直に別れるのをオススメする。

という感じで、シン・ゴジラ男の子が強く反応する何かが散りばめられていて、語らずにはいられなくなってしま作品になっている。

この作品を観た上で、何にも反応せずにいる男の子がいたとしたら、そいつは単にあなたセックスしたいだけのヤリ目かよほどの世間知らずなので、むしろ別れることをオススメする。

私はだいたい全部のリトマス試験紙に引っかかってしまったので、もうだいぶ末期症状だと思う。

こんな私と一緒にシン・ゴジラを観に行ってくれる女性が現れて欲しい。

ぼっち夏休み

一人ぼっち大学生にとって、夏休み苦痛を伴う期間である



外に出れば、数多のカップリングを目撃してしまう。

太陽の「おらー!」という叫びと、アスファルトの「うぎゃー!」という断末魔サンドイッチされた哀れなトマトであるところの私は、ひたすら汗をかきながら嫌な思いをするのである



家に篭もれば、することがない。

本を読み、映画を見、音楽を聞き、隣人がぼっち大学生じゃありませんようにと祈りながらアコギを弾いてみたりするものの、すぐ飽きる。

勉強は大切だ、しなくてはいけないと思いつつ、惰眠をむさぼるのである



実家電話をかけてみようか?

母は地元に残った旧友の話をまるめた鼻クソのごとく弾き飛ばしてくる。

の子双子を産んだとか、あんたが仲良かったあの子市役所に務めているとか、どうでもいい話だ。

あとは父親骨折して家系が火の車なんて、気が滅入る話しかストックがない母。



祖父母の家にサプライズ里帰りしてみよう。

じいちゃんは趣味麻雀で若干の借金をこしらえたらしい。ばあちゃんは1年前より膝が曲がった。

カレーと畑でとれたほうれん草は相変わらずおいしかったけど、2匹の猫がいなくなった居間はどこかさみしい。



偶然連絡先を交換できた、ちょっと好きかもしれない女の子LINEで連絡すると、上っ面な返事ばかりが返ってきて、上っ面が禿げそうだ。

バイト先の同僚に連絡してみようか?何て?シフトを交換してもらいたいような用事はないのだ。



ネットに逃げこむこともできない。

SNS社会は大の苦手だ。FacebookもってのほかTwitterは何度もオフ会した相手といざこざを起こして以来嫌になった。

ソシャゲもやらない。スレの流れの早さについていけないからだ。



この夏をどう過ごしたらいいのだろう。懲役2ヶ月、執行猶予なし。

話のネタを作るために休みは何かしないといけないと思ってしま

休みには限らないんだけど

本来自分あんまり色んなことをしたいと思わない。自分の好きな趣味、まあ大体オタクな奴だがそれを1人、または気の合う少数の人と続けられたらいいと思っている。長い休みの大体は家でゲームしたり漫画読んだり本読んだりまったりしていたいと思う。あんまり大多数の人と話すことは好きじゃないか飲み会とか付き合いとかはしたくない。結婚他人と同じ空間で気を使うのは家族で懲りたからしたくないと思っている。

しかしいつからか、例えば長い休みになると自分趣味ばかりするのに不安を感じるようになった。そして何か人に言える行動、例えば「適当なとこに旅行に行く」などの行動をするようになった。他にも学生時代、何かをやらないといけない気がすると思って「人に話せる活動」をしてきた。まあある程度は自分が楽しめることを選択したが、それでもやはり一番やりたいことといえば「オタクなことをしていたい、たまに好きなところに出掛けたい」ということだ。しかオタク趣味は、オタクではない人には殆ど話せない…、のでその代替を考える必要がある。

なんとなく何かをするにも「人に話せるか話せないか」をある程度考えるようになった。1人で行動することが好きなことは異常な奴なのではないかと思うようになった。

多分これから歳をとるにつれ、もっとその思考が強くなるのかもしれないと思うと憂鬱だ。

この先、特に結婚については人の目線がすごく気になるようになってしまうのではないか。今は家族に仲が悪い人がいるのが原因で結婚はしたくないと考えているが、周囲が結婚するにつれ世間体を気にするようになるかもしれない。結婚していない自分は周囲に比べて異常なやつと思ってしまうのかもしれない。その気になったところで結婚出来る相手が見つからないという問題はひとまず置いといて。

分心の強い人なら「自分自分だ、他人の目など気にしない」という考えをすることができるのかもしれない。しか自分はその様に自分を通してみたいと思ったが無理だった。そんな度胸自分にはなく、どうしてもある程度他人の目を気にしてしまう。今思うと所謂キョロ充というやつなんだろう。

特に女性は誰かと表向きは仲良くすることが求められる。コミュ力重視。和をもって尊し。個性より協調性結婚子供産めなくなるから早めにしたほうがいい。女でぼっちな奴は異常。というかメンヘラ。女で1人で行動する奴は変。独身女性おかしい。

飲み会自由参加(という名の強制参加)、同期とは仕事関係だけじゃなくプライベートもある程度共有しよう!同期の輪を広げよう!


まだ若いうちはこんなんでもいいが歳をとるといよいよ許されない気がする。女性の加齢は男性に比べて外見上価値ほとんどない。醜さが際立つだけだ。

しろおばちゃん、お婆ちゃんの存在になったらどんなんでも許される気がしないでもないが。中途半端が一番…

「いい歳して〇〇なんて」「いい歳して幼いよね」いつかこんな言葉を言われることが一番怖い

今は「少し浮いてるよね」みたいな言葉をもらうことが一番恐怖

2016-07-29

大学行ってる意味いかもって思った

高校では勉強そこそこ頑張って東京大学に入った。

大学では正直勉強する気が全く起きなかった。

よく高校では大学入学から人間大学入学までの人間がいる、なんて話を聞かされていたけど、まさか自分がその後者になるとは思っていなかった。

サークルにも入らないでインターネットで作った友達と毎週のように遊んだせいで大学の中には仲の良い友達ができなかった。

案の定というか、1年目で留年した。1年目はまだクラスの中に、めちゃくちゃ仲が良いわけではなかったけど多少交流がある程度の友達がいたし、クラス共有GoogleDriveとかも見れたし、よくあるような「友達がいなくて過去問が手に入らなくて留年」とかそんな感じではなかったと思う。

単純に勉強しなかった。授業に出席もしなければ独学もしなかった。それだけ。

2回目の1年生でもあんまり学校に行かなかった。そもそも1回目でほとんどの単位をとっていて、あとは数単位補うだけだったので、あまり行く気にもならなかった。

結局、進級はできたけど1年目にとれなかった科目が1つ取れなかった。2年の前期で再履修して、もし取れなかったらまた留年だ。

そしてその2年の前期の再履修のテスト明日、というかもう今日か、今日あるわけだが。

こんな時間増田日記を書いてるってことはわかると思うけど、今年もダメそうなんだよね。

今年も同じように授業に行かなかった。勉強も直前しかしなかった。だから当たり前なんだけど。

言い訳させて貰うと、ホントに今やってることって将来何の役に立つのかわからないっていうか、俺が将来生きていくうえで大学以降の勉強がどう活かされるのかわからないんだよね。

勉強モチベーションが全く上がらない。

勉強すればいい就職先が見つかる? そもそも就職したいところなんてない。勉強してもしなくてもいい就職先なんてあるわけがない。まず自分が本気でやりたいことを見つけるのが先であって、それからじゃないとどうしようもない。

でも今までずっと考えてきたけど本気でやりたいことも見つからない。趣味中途半端しか続かないから、仕事にするのは違うなあとなるし。

みんなよく進級してるなあ、って思って周りのよくわからない私立大学に通ってるような人たちに話を聞くと、講義に出席さえすれば単位がもらえたり、簡単レポートさえ出せば単位がもらえたり、特別難しい問題じゃないのに持ち込みアリのテストだったり、差に愕然としちゃったわ。

そういう人たちにとりあえず大学までは出なよ、とかモラトリアム楽しめよ、とか言われるともうなんとも言えない気持ちになってしまう。

ちょっといい大学入ったからって俺は凄いやつなんじゃないかって勘違いしちゃったんだよね。

凄いやつでもなんでもなかった。能力もなければコミュ力、人脈もない。

大学2年半通ったけど能力を伸ばそうとも友達を増やそうともしないままだらだら過ごして気がつけばテストのために徹夜してるのになぜか増田書いてて、ホントになんで大学通ってんだろうなあってなった。中退した方がマシ。

結局やりたいことが見つからいからだらだら大学に在学してるんだけどね。やめてもやりたいことがあるわけでもないし。だったらモラトリアム(笑)有効活用させてもらうわ。

また書いてるうちに着地点がわからなくなってしまった、けど根拠もなくとりあえず大学まで出なさい出たらわかるからみたいな反応とか、大学在学中遊べるならいいじゃんみたいな反応は要らないのでよろしくお願いします。

2016-07-28

趣味は持ってるけど社会では受動的だけどな

http://anond.hatelabo.jp/20160728222904

何にもこだわることなく正常な精神が保たれるなら、冗談抜きでそれが一番だと思うよ。

無趣味無駄アピールしたり、他人趣味ケチつけたりする輩は全力でバカにさせてもらうけど。

はてなーってオタクアニオタに限らず夢中になれる趣味を持っているということ)が多いせいか無趣味に厳しいよな

学校で教えもしない、趣味の持ち方を知っているということは即ち能動的に行動ができる人間ということでもあるので受動的な人間も嫌い

物語依存症

北村薫の空飛ぶ馬(単行本)のあとがきに次のことが書いてある.

小説が書かれ読まれるのは、人生がただ一度である事への抗議からだと思います

まったく同意できるし, 僕はそれは小説だけでなく映画, ドラマ, アニメ, 漫画, 劇, ストーリー性のあるもの全てに共通すると思っている.

しかし僕はそのただ一度だけの人生すら謳歌しているとは思えない. 孤独に生きているし, 人と会話することすら少ない.

趣味読書で, 普段作業するときは, 映画ドラマアニメを見ながら作業している.

ただ一度切りの自分人生すらも小説, 映画, ドラマ, アニマ, 漫画他人ストーリーで埋め合わせるかのように.

死や無、自分存在無意味さを、克服または飼い慣らしなだめつつ生きる理由を、自分の内側から見出さない限り

配偶者だろうが腹を痛めて産んだ我が子だろうが、趣味だろうが無趣味だろうが、心のスキマを埋めるための「埋めぐさ」でしかない、それらは並列物でしかないんだよなぁ。

子供絶対的存在理由になると本気で思い続けたら毒親一直線だ。子供ったって他人なんだから

それに、自分を受け入れてくれる配偶者だって離婚しちゃえば赤の他人

叩かれている増田は、それに気付いているだろうか。

ただのマタニティハイなら幸いだが、夫依存自覚はあるらしいから。

http://anond.hatelabo.jp/20160728013705

更年期なのか、うつっぽくなって40代趣味引退したものの50代半ばで復帰した女性が知人にいる

まさに趣味が生きがいなんだなと思った

お前が憎い

http://anond.hatelabo.jp/20160728000910

お前は今まで心の底から渇望したことがないんだろう。そして、求めても得られず、何年も苦しんだことがないのだろう。あまつさえ、お前にとっての「プラスマイナスゼロ」になるために、ただ「ふつう」になるためにゴミのような境遇から這い上がらなければならない人間ことなど何も気にかけていないのだろうな。

俺はそれが許せない。

お前のように、何も求めずとも得てきた人間

健康的な精神健康的な肉体、趣味友達、親、彼氏社会的成功、生きる理由などなくても生きられる暖かい暖かい生活をして生きたお前。

俺は憎悪する。

お前の境遇のものではない。その境遇にあって何も感じず、その無知から軽い気持ち他者を見下す前をこそ憎む。

お前が不幸になったときゲラゲラと笑ってやろう。お前の子供が入院したときは鉢植えの橙百合を贈ろう。

それまでは幸せにな。無病息災でな。お前に何かあったとき、俺が耳元でゲタゲタと笑ってやる。

お前の得てきたものほとんどは俺は得られていない。

しかし俺は強烈に生きている。生きざるを得ない。お前の生活レベルに遠く及ばずとも、はいつくばっでも生きている。

お前の日記を読んだとき、涙が出た。

臓腑から絞り出すようなため息が出た。

お前、お前のような人間がいる。そのことにだ。

お前が憎い。

お前の文章のすべてが憎い。

単語の選び方ひとつに身を切られるほどに憎悪が吹き出す。

お前のように人間は、軽い気持ちで下の階を覗き見るんだろう。

夜景がきれいだとか、ここから景色は雄大だとか。そういう気持ちのぞき込んだのだろう。

お前はもうわかっているだろうが、お前がうらやむ綺麗な夜景にはゴキブリが生きるために蠢いている。

お前はゴキブリの巣を見てうわっと顔をしかめるだろう。

お前、お前を俺は許すことができない。

のぞき込むのは簡単だ。しかしお前のような人間が、「ふつう」を光り輝かせて上から降りてくると、それまで「普通」だと思っていたやつらは「俺は底辺だったのか」と意識せざるを得ない。闇の中で身を潜め、温めあってそれなりに幸せに生きていたのに、光をいきなり浴びせられ、自分たちゴキブリだったと気づかせられる。お前にはわかるまい。

お前は罪びとだ。

しか断罪はできない。するつもりもない。お前は罰を受けるべき人間ではない。幸せに、子供と夫と生きていけばいいだろう。

しかしお前の肩に憎悪を乗せる。

呪いを、恨みを俺が乗せる。

お前は幸せになるべきだ。俺たちを踏みつけて、生きていくべきだ。

お前を憎みながら、俺は蠢いていく。

いつかお前のレベルまで這い上がるのが俺の生きがいだ。そしてもっと上へ、もっとまともなところへ行きたい。

それが俺の生きがいになってしまった。

人間、本当に憎い時は息を吐くんだな。お前のおかげで分かった。

幸せに。

生きがいなど幻想だ。

人間は派手な物語によって生きるのでない。

光を逃れて陰に入った安心感だけで生きていけるのだ。

http://anond.hatelabo.jp/20160728000910

追記を見て、他律的な人生なのねと。

自分人生自分責任でやろう、という意識が低いんだろう、ということと、それに関して無自覚なんだなと思った。

そして、自分に対して無責任であることに、無意識無自覚からこそ

他者攻撃する一方で自分への攻撃忌避したいという、矛盾を平気で併存させることができる。



多くの人は、増田と同様、誰かを存在意義にして生活している。多くの場合配偶者や子が存在意義になる。要するに増田はごく普通の人だ。

一方で、自分存在意義を、血縁人間以外にしている人だって少なくない。

友人だったりペットだったり、他人だったり(社会活動家なんかはこのジャンル)、モノ・コト(趣味とか)だったり。

更に一方で、自分存在意義を、自分自身の中に探すことができる人もいる。芸術家とか。



自分存在意義見出し方が、どういう方法であれ、上下関係はない。

自律的であれば偉いわけでも立派な訳でも全くないし、他律的で家族第一であれば善良なわけでもない(増田が他害的な発言無意識にせよしてしまったように)。

拙いのは、自分と違う方法の人を、理解しない態度だと思うよ。

無自覚である人が陥りがちなんだけど、子供が生まれた時に、自分子供人格を、切り離して考えられなくならないようにね。

http://anond.hatelabo.jp/20160728000910

今年29歳のモテない男。今は結婚がしたくなってきた。趣味楽しいのは確かにあるけど、一人の時間ドンドン多くなってきて寂しさを感じている。

http://anond.hatelabo.jp/20160728000910

趣味一択

というかあらゆる人間趣味のために生きていると思うのだが、

しろ趣味のない人間が何を目的にして生きているのか知りたい。

http://anond.hatelabo.jp/20160728000910

家族いるから私は対象じゃないのかもしれないけど、家族以外に自分だけの生き甲斐もあるよ。

趣味もあるしね、仕事で成果も上げたい。私がしている仕事で人を助けたいし世の中を、ほんの少しでも良い方に変える手伝いがしたい。それにもちろん、夫も子供幸せにしたい。



家族しか生きがいがない人、私の母がまさにそういう人だったけど、子供である私や兄への過愛情で、

子供2人が独立したり結婚したりしたあとは抜け殻みたいになっちゃって、毎日まらないって鬼電かけてくる超面倒くさい人になってる。

そうならないように気を付けてね。心配

https://twitter.com/shiho_watanabe/status/758178708859527168

ゲスな性根を御大層な屁理屈で飾って偉そうなツラをするあたり、報道界隈のクソどもは相模原犯人と同じかそれ以上にクズだな。

というか、今回のような事件でなくても、基本的事件報道被害者名は公表する必要ゼロだろ。もっといえば容疑者名もだ。罪状が確定すれば報道する意義もでるが、それ以外のケースで個人名をあげつらうのはゲスな覗き趣味しかないだろうが。

報道なんざヤジウマ根性に値札つけてようやくメシを食わせてもらってる卑しい汚いゴミみたいな仕事なんだから、もうちょっと申し訳なさそうに生活できないもんかね社会ダニめ。

http://anond.hatelabo.jp/20160728013506

趣味に生きた40代独身女性を知ってるけど、さすがに四十路過ぎると趣味に明け暮れるのも飽きるらしい。