「趣味」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 趣味とは

2016-09-28

http://anond.hatelabo.jp/20160924004631

普段生活行動とは違う行動が新しい出会いには必要だと思って、スポーツクラブやバー、サークルに行ってみたりなどもしたが、残念な結果だった。」

「残念な結果」の詳細を知りたい。

・そもそも馴染めなかった

自分と合いそうな人がいなかった

・合いそうな人はいたが、うまく発展しなかった

うまくいかない理由によって取るべき行動は違うと思う。

彼女を作ろうとして動くと、元あるコミュニティ人間は良くは思わんだろうし、それ目的で好きでもないジャンルサークルに行っても続かないだろ。

(合コンなんかでうまくいかないのだとして)モテる方ではないのだとしたら、まずはコミュニティに属することから始めるべきだと思う。

バーに行くならまずはマスターと話して、最初は相槌程度に常連さんと話をする、そのうち常連さんと仲良くなればバー以外の花見BBQに誘われるなんてこともあるだろうし、そこから広がることもある。

趣味サーなんだったら、まずは自分がそれを好きであることが一番で、それを楽しんでれば共通趣味友達が増えるし、同じ趣味を持ってたらそれだけで普通の人より距離は近づけやすいはず。

質問趣旨とズレるかもしれないが、「ゆったり同じ方向に歩いてくれる人探し」と「実践している行動」が剥離してるんだと思う。

男と付き合っている女オタクさんへ

 あなた趣味あなたのものです。

 なにが好きだっていいんです。

 それは自由です。


 ですけど、恋人と過ごした時間よりもイベントに参加している時間

 恋人と会った回数よりイベントへ行く回数がはるかに多い、


 それでは心は折れます


 イベントはいつでもあるわけではありませんが、

 恋人だっていつでもずっといるわけでもありません

 傷つきますし、離れますし、いなくなります


 あなたデートの誘いを断るのが心苦しいのと同じくらい

 デートの誘いを断られるのはつらいことです。


 コミュ障とかオタクとか、そういう言葉

 人はから目をそらすのはやめてください。

 人はコンテンツじゃないんです。

 平気なふりをしていても、傷ついています

 苦しんでいます不安になっています


 どうか、あなたが本気で相手のことを尊重して、将来を考えているのなら

 きちんと面と向かって話してください。




 気持ちもっと伝えたかったし、

 不満すら伝える機会がなかったのです。

オタク女の子

職場に、顔は整っているけど、静かで無表情の子がいた。

の子マニアックアニメ事務用品を持っていたから、

何気なくコミケかいくの?」って聞いたら、

いかないけど、私、オタクなんです…」って静かに言った。

ものすごく萌えた。

それまでは、この子が他の人と雑談をしているところを見たことないし、

笑っているところも見たことない。

でも、「オタク」という秘密を共有してからは、僕にだけ笑ってくれる。

自身オタクの部分を隠しているから、

同僚から見たら仕事の話をしているようにしか見えないと思う。

話せる時間は短いけど、毎日仕事に行くのが超楽しい

美女趣味を共有してるだけでこんなにも世界が変わるとは!

コンテンツへの理解が浅すぎるkawangoにはまじで失望した

 ライトノベル主人公は努力しちゃダメなんです。読む側が自分投影できなくなるからです。ヒロインは都合よく向こうからやってくる。超能力などの能力は、いつのまにか勝手に身についている。今のライトノベルの多くが、そういう設定で書かれていますよ。

――恋人能力を努力して勝ち取るのではなく、何もしなくても、いつの間にか恋人能力を手に入れているという設定でないと売れないということですか。その努力の過程こそが、今までは物語の根幹だったはずなのに。

 そうです。今は努力できる立派な人物主人公だと、読む側が気後れして感情移入できないんですよ。主人公は読者と同じ等身大の人間。そして、主人公に都合のいい物語を求める傾向が進んできた。文学世界でもそうなってきていると思います


http://www.yomiuri.co.jp/yolon/ichiran/20160923-OYT8T50010.html

カドカワトップのくせして、この理解はまじで浅すぎやしませんか?

本当にいい作品を送り出す気があるのかと、100回は問いたくなる適当な物言いにイラッと来た。


そもそも、最初からチートを持って最強になることを「俺tueee」と揶揄されていたりするのはここ数年だけで、ジャンプなら北斗の拳るろうに剣心バスタードにBOY、過去作品をあげればきりがない。みんな大好きガンダムアムロだって最初からワンランク上の人種だったわけですよ(あぁ、若い子的にはコーディネイターキラ・ヤマト君の方が)。最強主人公が昔から愛され続けているのは明らかだ。

「努力に対して気後れする」というのは、どう考えても浅すぎる考えなので、ただのサラリーマンオタクである俺が、超主観的にけれどkawangoよりはまともに、「最近ラノベ」っていうのを推論してやろうと思う。

ちなみに、全て根拠のない仮説だから、定量データ大好きなコンサルマンは読まなくていいぞ。己の中のロジックで書き殴っているだけだ。

正直こんなことすること自体、市場に対しての傲慢であることは理解したうえでだが、「カドカワトップの発言」に怒りしか沸かないため、久しぶりに筆を取る。


自己投影がしやすいのは「努力云々」ではなく「異世界転生」の方である

努力云々が拒否されているかは正直わからん。少なくとも言えるのは、将棋天才が努力する「りゅうおうのおしごと!」は最近ラノベではピカイチ面白いってことだ。そして、幼少期からガチ人生を変えようと努力を重ねて、家族を守るために死にものぐるいになる「無職転生」もまた名作であることを俺は支持する。

俺が言いたいのは、自己投影は「努力できる立派な人物」にしづらいのではなく、「異世界転生」にしやすい、ということである。しやすいなんて言葉も生ぬるいくらいに「ファンタジー自己投影出来る現代最強の装置」と言っても過言ではない。

ファンタジーという題材自体、本来は自己投影には不向きなものだ。なぜなら、今の自分と照らし合わせて「そこにいる」ことを想像することが難しいから、ということは理解できるだろう。

我々が住んでいる現代、つまり高層ビルが屹立し、夜も煌々と電気の光が輝き、インターネット交流を重ねる世界」と「石畳を馬車が走り、騎士団が剣を振りかざし、魔法世界の理である世界」では、あまりにも違いが大きすぎる。そこで生まれ育った主人公感情移入するのは、本来はしづらいもののはずだ。

ただし「異世界転生」は違う。

自分が今いる現代、と、異世界であるファンタジー世界が、まずつながるところからスタートする。たったこれだけ、これだけで高水準の自己投影を得ることが出来る。

それは突然足元に現れる魔法陣か、はたまた気づいたら目の前に迫りくるトラックなのか。きっかけはどちらでも良い。今の自分が、異世界に行けるという想像力カジュアルに補間してくれるのが「異世界転生」である

何故か。

第一に、主人公がまんま現代に存在してそうな、ふつ~~うな人物であることが重要だ。もちろん最初から古武術マスターして、スキルを盗む能力を授かるような人外主人公もいたりするが、基本は自分を重ね合わせられる主人公である高校生帰宅部で友人は少ないが仲の良い親友もいる。進学はどうしようと悩む2年生。趣味ラノベ。ほら、想像やすいだろう。

第二に、異世界転生ってほんとにあるかもしれないだろ?という、諧謔が含まれるちょっとした夢である。死後の世界なんて誰もわからんし、宇宙にある元素だってまだわからん。もしかしたらマナを利用した魔法陣は発生するかもしれないし、事故で死亡したあとには神様スキルを選ばせてくれるかもしれない。

「異世界転生」なんてねーよ、と鼻で笑うことは可能だが、誰もそれを証明することは出来ないのである。だからこそ、現代と異世界のつながりを、「ないな」と思いつつも受け入れることが出来ているのだと、俺は考えている。

ほら、スパイラルマタイすると本当の自分になれるんだろ??

重要なことだからもう一度言うけど、「現代」と「異世界」をカジュアルにつなげる「異世界転生」は紛うことなき物語の発明である最初トラック走らせた人には3,000ガバスあげたい。


いつかは覚める。「異世界転生」が流行っているのはブームでしかない

「異世界転生」がすごいものであることは説明した通りだ。かくいう俺も、毎日仕事帰りにはブックマーク登録しているなろう作品を消化しつつ、健気にスコップしたりもしている。本屋の棚にならぶラノベも、以前よりも増えたなと感じることはある。実数はしらん。マーケティング大好きくん調べてください。けれども、これは現代若者云々のような下らない推論なんかによるものではなく、あくまブームの1つだと俺は考えている。

ところで、俺は30代前半のおっさんだったりするわけだが、中学生にはじめてブギーポップを読んでこの世界に足を踏み入れた。かどちんの作品は今でも全部読んでいるけど、ハートレスレッドが俺は大好きなんだ。あの頃は「セカイ系」なるものが流行っていて、なんだか薄暗いイメージ作品が人気を集めていた。細かいこたぁいいんだよ!と言わんばかりに、世界観設定などをあえて曖昧にして、読者に考えを委ねるような作品だ。正直俺はTVアニメエヴァンゲリオンが嫌いである。新劇場版は好きだぞ。

まぁつまり、今とは確実に違った主流だったと考えてよいだろう。

オタクの狭い世界でいうとその後に泣きゲーメインストリームを走り、鍵と葉をプレイしないオタクオタクに非ず、と総括しはじめるオタクもいたハード時代だった。その後はいわゆる「新伝奇(この言葉あんまりきじゃないんだけどな)」と呼ばれる作品にわかに注目を集め、PCゲーでは月姫・Fateラノベでは戯言シリーズ禁書シャナが生まれていった。まだ少し薄暗さやきな臭さみたいなもの世界に漂いつつも「物語を曖昧にしない設定」が練られた作品が多かったイメージだ。そんな中、生まれでたゼロの使い魔最先端だったんだろう、異世界転生の走りだった。お悔やみ申し上げます

物語のムーブメントはここでもまた変わっていたわけだ。時代時代においてムーブメントはあり、「異世界転生」もその系譜の1つであると考えても不自然ではないだろう。美味しいものがあれば、それを食べ続けたいと思うのは至極当然の話しだ。最高の自己投影が出来る「異世界転生」をひたすらむさぼるのも、ただの欲求の発露だろう。

人間は成功体験にもとづき、欲望を繰り返し続ける生き物らしい。ソーシャルゲームの初期ガチャでURが引けるのは、その辺の心理ゲームに応用している可能性があるから気をつけるといいぞ。俺はFGOに毎月1万円課金している微課金兵だから、安心していい。

1つ面白いものを引き当ててしまったら、次に何かが来るまで、同じ成功体験を求めて同じものを摂取する。それは俺が辿ってきたオタク人生を照らし合わせてみても、超主観的に正しいと主張させていただく。

正直「異世界転生」は飽きてきたんだけどな。


コンテンツ消費にかけるカロリーの許容値は下がり続けている

最後にこれも超主観的な仮説だ。

エロゲisコンテンツの頂点。SF小説isオタクの原書。ラノベis心のフレンド。最高の1冊は「天冥の標」と豪語する俺だが、最近コンテンツの摂取にカロリーが高すぎて億劫になってきてしまった。

昔のエロゲと言えば、長いプレイ時間を経て没入感が高まり、最高のカタルシスを最後の最後にぶちかまされる、そんな作品に90点が付いたものであるゲームもそうだ。長時間プレイするRPGは食指が伸びない、仮に触れたとしても10時間ギブアップ。本気でコンテンツと向き合うのに気力が必要なのだ


なぜかと考えてみると、コンテンツとの向き合い方が昔と大きく変わってきてしまったことに気づく。

例えば、インターネット。不覚にも、kawangoのdwagnoが作り上げた「ニコニコ動画」は短尺でコンテンツを楽しめる世界観を作り上げた。1本5分~15分程度のユーザークリエイティブ動画が数多く投稿され、それをつまみ食いする時代2007年くらいから始まった。当時はアイマスのXBOX版プレイ動画をただただ見ていた記憶がある。その後に初音ミク東方、まぁニコ動周りは色々とブームが起こっただろう。id3万番台の古参だからたくさん見てきたけど、今はたまにはてブに上がる動画を見るだけである

アニメでいえば10分尺が増えてきた。ややもすれば5分。手軽に見れる極致と言って良いだろう。あいまいみー作品構成は完璧だった。神アニメと言って良い。

デバイススマホ利用がメインユースである。スキマ時間にいじって、Twitterを見たり、ソシャゲのスタミナ消費したり(最近スタミナ系減ったね)、もちろんニコ動Youtube商品宣伝見たりするのも楽しいだろう。若い子ならsnowとかsnapchatとかもあるな。comicoリライフが地味に好きだから、毎週土曜日更新が楽しみだったりするよ。

それが気づくとスキマ時間だけじゃなく、家に帰っても弄っていたりする。これを読んでいる皆もそういうことが何度もあったはずだ。

そうやって俺たちは、気づけば「カジュアルに消費できるコンテンツ」ばかりを楽しみ、それに慣れてしまった。「うわ、これ疲れそう」なんて言いながら積んでいるコンテンツ、皆はないだろうか?俺はある。たくさんある。以前は何を差し置いても、翌日の仕事に差し支えたとしても、徹夜してでも、読む。プレイする。そんなコンテンツが、いまや時間のある時に消費するかと積み積み。

もちろん時間があればいい。気力を振り絞って得られるカタルシスが最高であれば、なお良しだ。ラノベ読んでてよかった、エロゲやっててよかった、この年になっても年1くらいで感じる瞬間だ。

でも、その時間はいつの間にか、生活を縛るカジュアルコンテンツ侵食されてしまっているのが現実であるカロリー計算をした瞬間に、さすがにラーメン二郎は無理、と避けてしまうのは年を取ったからではなく、現代生活カジュアルコンテンツに束縛されているからだと俺は考えている。

そんな中、最近ライトノベルやなろう小説には、カロリーに優しいコンテンツが多い。それが「安定して人気の出る作品であるというのが持論である。(爆発的ヒットではなく、一定数さばけるという意味である)


ポイントは2点である。「期待値を裏切らない」「スキマ時間に読める」

小説はそもそもコンテンツとして消費にかかる時間が長い。ハズレを引いてしまった時の時間的損失は読み手にとってつきまとう課題である。それを解決しているのが、昨今のラノベパッケージである理解している。

表紙、タイトル、帯、あらすじで、中身を想像出来る。そしてそれが期待値とずれないことが重要である。大ドンデン返しみたいな疲れるものはいらない。想像した快楽を得られ、時間というコストに対して最大限のパフォーマンスを出したいのだから。なろうの作品を読む前にタグをチェックして「ハーレム」を探しているそこの君。君だよ君。

そして、ここまで何度も述べているように、カジュアルに読み進められるパッケージとして、なろうの形式は最適化されている。1話あたり5,000~10,000文字の文量は便所でうんこしながらでも読めるだろう。通勤中であれば、2,3話読むことも出来る。区切りもつけやすい。はてブで糞みたいなエントリーを読むのと同じユーザー体験で、自分が好む小説を摂取できるのだ。そりゃあ楽な方楽な方に行きたくなるのが人というものだ。

kawangoの話はラノベのくだりだけはまじで許せなかったが、大筋同意できる意見も書かれている。

まりユーザー自分の好むメディア自分に都合のよい物語を選び始めているということです。もちろん昔から、人々は基本的自分にとって心地よいメディアを選んできたわけですが、まだ選択肢が少なかった。ところが今は、どんどんパーソナライズ化が進んできて、自分が信じたい情報、接したい情報だけが集まってくるようにするということが、ネットを通じてできるようになったということです。

心地よい作品を得たい、これは今に始まった話ではなく昔からそうだ。それを加速したのはネットであり、生活リズムによるものだと俺は考えている。

ジョブスのせいでエロゲをまともに出来なくなったから、あいつは地獄に行けばいいと思う。まぁiPhone7は買ったけどな。


次を作るのがあんたらの役目なのでは?

そうは言っても、先にも述べた通り、コンテンツムーブメントはいつか終わりがくると俺は思っている。あれだけ若いオタクの間で跳梁跋扈した東方ですら空気になりかけ、俺が大好きだったKeyだっていたるんが退社するんだ。時代は流れていく。それはもう人の手では止められるものではない。

その転換点は、代替となる成功体験でしかないだろう。

ブギーポップではじめて感じたライトノベルという時代の到来。雫、痕、ToHeartからはじまったビジュアルノベルの胎動。なろうで形作られた異世界への特異点

生まれ、壊され、生まれ、壊され。その繰り返しの中で、コンテンツは洗練されて進化を続けてきたのだから、今を変えていくのは強烈な快感を与える新しいコンテンツでしかない。

オタクコンテンツトップランナーであるカドカワもといKADOKAWAが、それを担わずして誰が全うするというのか。「努力できる立派な人物主人公だと、読む側が気後れする」だって?まじで言ってんのかあんたは?

そんな下らない仮説を振りかざして、閉じたコンテンツ世界を作り上げるのがあんたらのやりたかったことなのか?違うだろう?

今のライトノベルには面白い作品がたくさんあるぞ。エイルン・ラストコード読んだか?ライトノベルで熱血ロボットとか新しすぎだろ。最高にアガる作品だぞ。正直アニメ微妙だったけど、天鏡のアルデラミンも読んでて震えるわ。風呂敷たたみ始めるの早すぎてちょっとおっちゃん心配だけどな。

あんたの会社社員めっちゃチャレンジしてるんだぞ。わかってんのか?

にも関わらず、トップあんたがその斜に構えた態度でいるとか、作り手とユーザー舐めすぎだろう。看板背負っていることを、どうか自覚してほしい。一度御社ラインナップを洗ってみて、いかに自分の認識がおぽんちなのかを理解してくれ。ラノベ多様性があって素晴らしいものだぞ。

俺はあんたが作ったニコニコ動画という世界にはじめて触れた時、新しい時代の到来を感じたんだ。実際に、2000年台後半はニコ動時代だった。コンテンツのあり方を変えた1つの要因だったことは確かだろう。

サービスでもいい、コンテンツでもいい、もう一度それを作り出すくらいの気概を俺たちユーザーに見せ続けて欲しい。閉じこもった推論だけ振りかざしていたら、そこに未来はなくなってしまうんだから。



どうか。期待しています

今月はクレジット支払い10万以下におさまった!!!!!!

イェーイ!!!!!!!!!

手取りは15万!!!!!!!!!!!!!!!!!!

仕事関係趣味をほぼ完封されているので、ストレス解消手段が買い物とうまいもの食うことに偏った結果がこれだよ!!!!!!!!

貯金がすごい勢いで削れていく。

稼がなきゃな……もっと仕事入るように頑張らなきゃ……。

オタクと付き合っているオタク


オタク同士で付き合っているそこのオタク

私の話をどうかきいてください



彼女Twitterを見ている可能性があるならデート前後はそれをにおわせる発言をしてあげてください




彼女Twitterを見ている可能性があるなら本当にたまーーーーーーーにでいいのではぁ好き(意味深)発言をしてあげてください




彼女のことをたまにツイートしてください

自慢してください

「私はこいつの彼女やぞ!」という思いにさせてください




オタク趣味理解があるからとか相手オタクからとかそういうのは関係なしに彼女が見ている可能性のある場での「〇〇ちゃん(キャラクター)かわいい!」発言は思っている1/3程度におさめてあげてください




〇〇と彼女ちゃんってこういうところちょっと似てるよね(だから好きだよ)は絶対に禁句です




趣味お金を使いたいのは分かります

だってアルジュナに相当使いました

でもその後の使い方を少し気をつけてください



デート代は割り勘がいいです

無理におごろうとしないでください




ちょっと金欠から次会うの延期しよう、みたいな話をしたあとに

課金しすぎてお金ない」 「〇〇買ったかお金ない」

ってツイートされると急に自分の優先度が気になってしまって

そんなこと気にする自分自己嫌悪してどうしようもなくなります


もちろんそんな事、本人に言えないので勝手に悲しくなります

同じオタクから趣味理解はあるはずなのに、みたいな


からお金の使い道をちょっとだけ隠してください



前髪を揃えたとか斜めに流したとか眉毛のかきかたを変えたとかそんな微妙すぎる変化には気付かなくていいので明らかにおしゃれをしてきたら普通に褒めてください



以上の戯言をみて女ってめんどくせえなと思ったなら彼女とうまくやっていくのは難しいかもしれません



たとえ彼女が「私そういうの気にしてないよ」と言っていたり、そういうキャラだったとしても


西野カナが嫌いな彼女だったとしても


たまに、本当にたまにでいいから、


〇〇ちゃんのような彼女ではなくて


彼女自身が本当に好きなんだということを


本当にたまにでいいか


伝えてあげてください



(※以上は個人見解です)


彼女が好きになったのはほかの誰でもないあなたです

愛されてる自覚と自信をもってください



それではみなさま どうかお幸せ





小日向美穂嫉妬してしまった しがない女オタクより

2016-09-27

弱い29歳にして様々な趣味や楽しさや興味が急速に失いつつある

・食欲 ×

・性欲 ×

睡眠欲 ×

音楽 ×

恋人 ×

風俗 ×

エログッズ ×

グルメ ×

スポーツ ×

ゲーム ×

アニメ ×

同人 ×

漫画 △

読書 ×

歴史 ×

家族 ×

コミュニティ ×

映画 ×

ボランティア ×

ジェットコースターバンジージャンプ ×

勉強 ×

仕事 ×

コレクター ×

フィギュア ×

SJW ×

ポケモンGO ×

モバマス ×

艦これ ×

イングレス ×

・VR ?

政治 ×

増田 ×

 

今一番熱中しているのは糖質管理

俺の人生なんなんだ。

学校クラスで偶然知り合った人をコンテンツとして消費するなら、ネタが通じるのはせいぜい数十人。

一方、アニメなら円盤が一作品一万枚以上売れることもある。

クラスにいる特定の人と関わるのが趣味であるよりも、アニメを見るのが趣味である方がよっぽどマジョリティだといえる。

http://anond.hatelabo.jp/20160927112628

まあ落ち着けよ。おまえさんだってたとえば適切な「ゾーニング」に対して文句言うほど狭量じゃないだろう? 子どもの手の届くところにポルノごろごろしてる状況見たら文句の一つも言いたくなる人がいることぐらい理解できるだろう? たとえ「合法的ポルノ」であったとしても。 それに、おまえさんだって、たとえば子供らが行き交う駅前で、「ポルノは最高であります! もっとポルノにあふれた世の中を!」とか大声で叫んだりはしないだろう? 大人有権者相手演説するくらいのことはするとしても、無制限社会全体に対して大声で主張しなくてもいいだろう? だとしたら、この女の言ってることと、それほど立ち位置が違うわけじゃない。



おまえさんがどんな趣味かは知らないが、その趣味の何かを購入するとするだろ? そうするとその業界儲かるだろ? 潤うとそういうコンテンツが増えるだろ? つまり、おまえさんは「購入」という行為によっていわばその趣味について社会的に「一票を投じている」も同然なわけで、それって「一種意思表示行為」だろ、ということをこの女は言ってるわけだ。だから「購入」といった行為自体無色透明自由ではない一種社会的行為だ、だからそれを制限することは「『内心』の自由」の侵害には当たらないのではないか、と。それ自体は、必ずしも間違った主張とは言えないよ。



たとえば……殺人趣味をもち妄想しているヤツがいたとしても、殺人を素材の一つとして扱った刑事ドラマを見て妄想をふくらませて満足しているとかならそれは「内心の自由」としか言いようがないだろう。だが「殺人シーンが好きな人間のためにそれのみを目的とした」スナッフビデオ積極的に買い集め、そういうヤツが増えた結果それが氾濫し、しまいに合法非合法区別すらつきづらい状況が発生してきたら、それはさすがに安寧秩序を乱すとして取り締まられても仕方ないんじゃないのと思わないか。この場合、そういうビデオ製造販売を(場合によっては購入も含めて)取り締まることは「内心の自由侵害」にあたるとして絶対に許されないことか? そういう不幸を生じさせないためには、せめてゾーニング必要だし、見る側にもわきまえが必要だろ。それが、他の人の「安寧に暮らしたい」という気持ち尊重することにつながり、ひいては自分たち良識を示し趣味への理解を広げることにもつながるからな。そのとき内心の自由じゃねえか!」と騒ぎたてるのは、明らかに筋悪な主張だ。



もちろん、どんなに「ゾーニング」をしても、のぞき込むようにしてやってきて「外から見える!子どもにも見える!」と騒ぐ人というのも、まあいる。この女も、そこそこそれに近いとこはあると思う。だが、仮にそう騒がれたところで、事実「外からも見える」し「子どもにも見える」のだとしたら対策するしかないし、そうでないとしたら「見えていませんよ、あるいは見えているとしても現実的には大した量じゃありませんよ」といって、しっかりゾーンを守るしかないんじゃないか。騒ぎ立てる人に対して「中でやってんだから勝手だろ!」と騒ぐのは悪手だよ。ヒートアップして騒ぎ立てられたらますます「外から見える」状態になる以上、弱いのはゾーンの中の方だ。それが分かってるから騒ぐ人は騒ぐのであって、ゾーンを守りたいなら、押さえる点は押さえつつ、ラインを踏み越えないように冷静に対処し続けるのが大事だと思うよ。

1つも上手く行かない

子供の頃から付きまとうこの考え

 

恋人もできず

金持ちにもならず

仕事も忙しく

成功もせず

名声もなく

趣味も充実せず

家事も上手く回らず

友人も充実せず

エロも充実せず

気分も落ち込み幸福度も薄い

 

せめて何か、1つでいいか解決してほしいとずっと願っているが

それぞれが非常に難しいものだと思う

全て達成するなんて夢のまた夢だ

 

ところでこれら、難易度を考えるとどうなるだろうとよく考える

恋人、金、多忙成功、名声、趣味家事、友、エロ幸福度

 

1人でも達成できること:趣味家事エロ幸福度

誰かに左右されること:恋人趣味家事エロ幸福度(金)

みんなや社会に左右されること:金、友、多忙成功、名声、幸福度

 

実はこの順に難しくなるのではないかと思う

趣味なんかは1人で盛り上がればいいんだから難易度は低い

恋人は(陰キャ的には手の届かない存在に思えるが)どんなクズでもたった1人認めてくれる人が居ればいいので難易度は低めだ

逆に、金や多くの友人、時間、名声なんかは非常に努力必要難易度が高い

 

そして、難易度の違いはあるがお互いがある程度独立しているのも面白い

何かがあるから、他の何かも得られるというのは、無くはないけど多くはない

コストを使って金を得た者でも、他が疎かという人は居る

全てがある程度揃ってるやつは人間力バランス力が凄まじいんだろうなと思う

 

逆に負の連鎖があるのも面白い

何か1つが圧倒的に足りてないと、他が引きづられる

全部の要素を落としていくのは意外と簡単なんだ

 

から「せめて何か1つでも」とよく思うが、0と1とには大きな隔たりが有り

まりいい加減にそろそろ死ぬべきだって思うのだ

http://anond.hatelabo.jp/20140929235649

自分お金のことで悩んでるんだと思ってた。

信じてた上司のことももう信じられない。

これまで信じてきた人とは別人みたいに思える。

仕事量が尋常じゃなくて、毎日22時過ぎても残業してるけど、残業代は22時までしかつかない。

終わらないからやるしかなくてやってしまう。

家に帰ると、一人暮らしから家事が溜まってる。でもやる気が出ない。

早く寝たいけど、寝たらすぐ明日が来てしまうからなかなか寝られない。

寝不足のまま出勤して、また22時過ぎても残業してる。

趣味もあったけど、休日はもう寝る以外何もできない。

うそろそろ限界

好きだから我慢しようっていうのも、限りがある。

つらい。

ふるさと納税PR動画『うな子』について

鹿児島県志布志市が、ふるさと納税PR動画『うな子』を公開|志布志市ふるさと納税推進室のプレスリリース:

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000021507.html について

かねてからtogetterキチガイ集合ぶりには目を見張るものがあったが

今回は特にひでえなあと

http://togetter.com/li/1028343

いや、多少のフェティシズムは作者の趣味だろうけど

この動画がこの人達の何を駆り立てたんだろうか、

カニバリズムだの女性差別だのこいつらの頭はどうなってるんだ?

擬人化と加工された食品を見ただけでカニバリズムだと連想するロジック病院行ったほうがいいし

スク水着た女が出たら差別だのエロいだの、エロいのはお前の方だし

もう黙っててくれよ

この程度の創作も許されないのか、

もう生身に人間に芝居をやらせるのは苦しい時代なのかとすら思う。

とても悲しい

2016-09-26

女は息してるだけで月6万円かかる?

息してるだけで月6万円かかる女を降りたい

http://nyaaat.hatenablog.com/entry/2016/09/25/190034


トイアンナさんは勝手に「平均予想」とやらを想像しているようですけど、

美容費の平均はネット検索すればたくさん出て来ます

例えば

クロスマーケティングが、平成23年日本韓国女性20代40代)を対象実施した調査によれば、日本人女性美容にかける費用は月額に換算して約6,348円

みたいな。多くのアンケートがやや差はあれどこの程度のものが多いみたい。中央値はもう少し下でしょう。



から女が息してるだけでかかる金額はせいぜい月6000円程度であり、間違っても「月6万円」でも「節約型16809円、平均38701円」ではない、と言い切っていいと思います



こういうこと言う人たちが女を生きにくくしてると思うんだよね。

月6000円程度の人がこの記事見るじゃん。「女は息してるだけで6万円かかる」。そうなんだ、私は全然美容費にかけてない、もっといろいろやった方がいいのかなって思うかもしれないじゃん。

男性の目を気にしてっていうよりも同性から恥ずかしいと思われないための方が大きいと思うんだよね。ネイルだってするし、まつエクだってするようになる。周りがやれば自分もやらなきゃと思うようになる。

で、結果として男からは「女は美容費に6万円もかけてるのか、バカじゃないのか。ネイルとかあんなののどこがいいんだ」と思われるようになる。

どっちからしてもいいことないじゃん。なにこれ。地獄なの。



女性の月の美容費なんて実は大してかかってない、まつエクとかネイルとかやるとこんなにお金かかるけど、実際にお金かけてる人は少数派なんですって宣伝する方が女性もそんなにお金かける必要ないやって思うし、男性も「なんだやってない方が普通なんだ、お金かけてる人は趣味か」って思うようになるんじゃないの?



トイアンナさんには

美容モテのためじゃないと言い出す人も増え、男女問わず趣味として認知されますように

数万は完全に趣味から、その数万かかって当然みたいな認識から改めてほしい。

子供がいない人ってもっと見下されていいんじゃない

例えば、30代で無職。体は至って健康。みなさんその人を見下しますよね。穀潰しwwニートじゃんwwwって。

さてそれはなぜか。社会に貢献していないからです。

社会ってのはみんなが頑張って働いて、価値を生み出して、その価値の一部を税金として納めて、やっと維持できるような代物です。みんなが働かずだらけたら成立しないわけですね。

もっと言えば、知的障害者社会の中で3人に1人もいたらその社会は確実に崩壊しますし、人工透析者が3人に1人いてもそうなるでしょう。

からU被告とかH氏の思想根底にあるのは、こういう社会お荷物人権保護とか言って過剰に保護してたら、社会のもの破綻して、頑張って働いてた人たち含めてみんなが割りを食うぞ、という危惧なわけです。社会のものが立ち行かなくなったらそれこそ大変ですからね、119しても救急車が来ないかもしれません。

結局、知的障害者保護施設で暮らせるのも、人工透析者が人工透析を受けられるのも、彼らの数が社会の「まともな」構成員に比べて十分に少ないからなのです。

さて、そういうわけで、社会を維持するためには、頑張って働いて価値を生んで納税してくれる「まともな」構成員を増やすことが重要になります

全員平等を謳った共産主義では、怠け者に罰を与える事でそれを達成しようとしました。怠け者はシベリア送りです。一方資本主義では、頑張った人に御褒美をあげることで達成しようとしています。みんな頑張って働いてお金を稼いで都心のタワマンの高層階に住もうぜ、と発破をかけて、働き者を増やそうとしているのです。

しかし、生活保護で最低限の生活保証されている、資本主義のこの国であっても、働かない者には罰があります。その罰が社会的評価です。

職にもつかず、生活保護で貰ったカネでパチンコを打ってぷらぷらしてる、そんな人間は、徹底的に人々から見下されます。当然ですよね、必死になって働いた俺達のなけなしの給料から払ってる税金が、アホ面した穀潰しパチンコ代に消えているわけです。なんだあいつ、死んじまえよ。こんな人間がどんどん増えたら社会全体が破綻するわけですから、そういった人間コミュニティから排除しようとするのは、社会的生物として至って正当な判断ではないでしょうか。

そして、人間社会的生物ですからコミュニティから排除されることを本能的にたいへん恐れます。それこそいじめを受けた子が自殺してしまうくらいに。

から、人が働く動機としては、遊ぶカネが欲しいということ以上に、村八分は嫌だ働かなくちゃ、ということがあるように思います文系が院に行かないのも、理系博士に行かないのも、他のみんなが就職するからなんじゃないでしょうか。

また、生産価値の高い職業に就くほど、社会的評価も付随して上がっていきます医者一流企業に就けば「立派な人」になれるのです。自己承認欲求の満たされ具合も上々でしょう。

こうして、みんな働いてますよ、働かないと差別されますよ、と唆されることによって、社会のうち大半の人が働いてる面があると考えます自分だけひとりぼっちになりたくないという人間心理を突くのは、社会を維持する上で非常に優れた戦略ではないでしょうか。

そして、私はこの戦略少子化対策にも適用できると思うのです。

少子化は、社会にとって非常に深刻な現象です。中国の脅威やテロの脅威など一瞬で吹き飛ぶ程度には深刻な脅威です。尖閣が取られようがビルが爆破されようが日本社会システムのもの崩壊することはないからです。

しかし、少子高齢化がこのまま進めば、2060年には65歳以上の高齢者率は驚きの40%です。現在社会保障の仕組みを維持することは難しくなります労働人口が減少しまから経済は停滞します。介護施設パンクします。暗黒時代です。そうかと思って移民を入れれば治安が悪くなります。また現在人口を維持するペースで移民を受け入れれば、2100年頃には移民のほうが日本人より多くなります

というわけで、子供社会にとって超重要資本です。これが途絶えたら社会は終わりです。もう暗澹たる未来がすぐそこまで来ています。これを打開するためには、すこし強硬手段を講じても良いのではないでしょうか。

フランスのように子育て支援を充実させるのも一つの手です。しかしそれだけでは多分足りない。出生率を2.1程度には上げておきたい。

じゃあ、子供がいない人を無職ニート並みに社会的差別したらどうだろうか。

子供という最大の資本を生んでいないのだから、働いていない人間と同程度の扱いを受けるのも仕方がないのではないか

結婚しない人生のあり方を肯定するなんてもっての外。独身者暮らしをまるで薬物中毒者みたいな悲惨な感じに演出してワイドショー特集したりとか、相手を選びまくって結局結婚しなかった人が悲惨な末路をたどるようなドラマとか流せば、未婚者を差別する社会下地ができるだろう。

そして、未婚者をSNSとか職場とかで八分にしよう。「30代独身女のヒステリーやばいwww」とかをはちま起稿あたりがまとめて、コメント欄でどんどん叩こう。30代で独身はありえない、非国民だ、そういった風潮が醸成されればなおよし。

そうすれば、みんな必死になるでしょ。自分趣味時間がどうこうとかキャリアがどうこうとかの問題じゃなくなる。自分コミュニティを失う恐怖。道行く人全員に嘲笑されている気がする。もう残った奴に不細工しかいなくても、結婚するしかない!みたいなところまで追い詰める。美男美女を見て、ありもしない甘酸っぱい恋愛に憧れを抱いている場合ではないのだ。恋愛に興味がない?そうか、クズめ。道端で干からびて死んどけ。

そして同じように3人子供がいないやつは甘え、3人も養えないとか底辺かな?と煽っていく。一人っ子愛情を注ぎすぎて破綻する家族関係とかの映像テレビで流しまくれ。もちろん子無し夫婦を叩くのも忘れるな。

するとどんどん周囲の人が結婚していく。ひとりぼっちになる恐怖。家族がいないひとりぼっちだけでなく、社会からもひとりぼっち。怖いなあ。絶望自殺ちゃうよね。だから結婚しなくちゃ。結婚したら、みんな3人子供を生むのがノルマらしい。じゃあ産むよね。みんなと同じが絶対いから。

……と、トントン拍子に行けばいいのですが、そんなにうまくは行かないだろうとは思いますしかし、子供社会にとって最大の資本である以上、子供がなければ社会から差別されても仕方ないのではないでしょうか。だって次世代社会に貢献してないし。

ただ困るのは、不妊治療しても子供が出来ない夫婦や、ゲイレズの方々、努力しても極端にモテない方々。養子縁組日本ほとんど進んでいないですし、極端にモテない人は残念としか言いようがないです。

働いて稼いだお金自分を磨いたり趣味投資してみたかった

新卒IT企業入社したけれど、残業が酷く体調を崩して2年で退職

現在も通院中のニート



実家暮らしだけど親とは不仲で会話どころか1日姿を見かけない時もある。

基本親とは接したくないのでほぼ1日中部屋に引きこもっている。



そんなある日、資産家の方や美容関係者ツイートを見かけた。

豪邸に住んだり、車やコスメサプリメントを購入したり、整形したり。

人によって様々だけど、みんな稼いだお金自分を磨いたり趣味投資していた。



私もそんな風に生きてみたかった。



学生時代に稼いだバイト代と2年間寝る暇もなく働き続けて稼いだお金はある。

ただ、もうこれからは稼ぐことはできない。

実家暮らしなので毎月3万家に入れていて、後は通院費と薬代、消耗品交際費(彼氏ではなく友人や知り合いとの付き合い)に消えていく。



退職してからもう2年も経っているのに何もしていないのだ。

病気もまだ治っていない。

大学も出ていなければ頭もよくない。



こんな人間を雇ってくれるところなんてないのだ。

あったとしても、病気を治さない限りは無理だし、最低限の年収100万を稼ぐことも厳しいだろう。





もう自分を磨いたり趣味投資できるお金を得ることはできないんだと。

今更気づいて泣きたくなった。

男女の友情あったんだが

「男女に友情はあり得ない。なぜなら男は女を恋愛対象としてしか見ないから」と言われると凄い違和感がある。

自分は男で、かつてとても仲の良い女友達がいた。その子とはもう疎遠になって、

彼女結婚して出産したみたいな話を地元の知人から又聞きする程度の関係にはなってしまったが、

中学時代、同じ趣味友だちだった二人の関係はどう考えても「友情」としか言いようがなかった。



確かに多感な時期だけに、自分たち二人よりも周囲がその関係恋愛だと勘違いして

囃し立てられたり、あるいは何の権限があるのかクラスで目立つタイプ女子

関係を問い詰めてくるという面倒事に巻き込まれることはあった。

(後で知ったが、その問い詰めてきた女子自分のことが気になっていたらしい)



その仲の良い女友達とは、同じに将来の夢を語りあったり、悩みを打ち明け合ったりしていたし、

同性の友人のように固い絆で結ばれていた、と自分は信じている。

ただ、高校の進学先が違ったことと、自分東京大学に進学したことから

必然的関係は(まだFacebookができる前だから)疎遠になっていったけれど、

それでも少なくとも年に1,2度は会って話をする機会があったし、

お互いの恋愛事情について語り合ったりすることもあった。



彼女に初めて彼氏ができた、と報告されるとき自分のことのように嬉しかったし、

その彼との関係破綻しかけたときは心の支えになったり、求められたらアドバイスをしたりしていた。

周囲からは「悔しくないの?」と煽られたりしたこともあったけど、

当時は心の底から「いや全然」と思っていた。それは今でも変わらない。



ただ、彼女自分に対して恋愛感情がなかったのか、と問われれば、

自分には分からないとしか答えようがないが、恐らく全くなかっただろう。

実際、二人の関係恋愛のような局面になる瞬間も一度としてなかったし、

まるで自分の同性の親友に対する感情のように、

存在のものをただ受け入れ合うような温かみのある関係だったと思う。

2016-09-25

http://anond.hatelabo.jp/20160925044750

これ分かる。

今のオタクコンテンツは財力もないとできないオサレコンテンツ

貧乏人はヲタク趣味リーチできないし、顔がきもい奴、オシャレも出来ない奴はヲタクコミュニティに入れない。

なのにメガネかけててもさったいというだけで、ヲタク馬鹿にされる。

時にはオサレヲタクヲタク人間馬鹿にしてくる始末

地雷女増田簡単判別

地雷女増田判別法が話題だが、何より確実なのが一つある。

それは「趣味増田ブクマ集め命」な女だ。

これはもう生活能力ゼロ宣言。炊事洗濯掃除すべてにおいて増田は悪影響。

増田を捨てられる女でない限り、それは結婚後も変わらない。つまり無能嫁だ。

増田増田かわいいのでない、増田してるから家事できない小動物擬態しているにすぎない。

地雷女簡単判別

地雷女判別法が話題だが、何より確実なのが一つある。

それは「趣味ネイル」な女だ。

これはもう生活能力ゼロ宣言。炊事洗濯掃除すべてにおいてネイルは悪影響。

ネイルを捨てられる女でない限り、それは結婚後も変わらない。つまり無能嫁だ。

ネイルネイルかわいいのでない、ネイルしてるから家事できない小動物擬態しているにすぎない。

趣味でさえ逃げ出した

プラモデルを改造していて、自分技術では無理だと分かって、仕様を変えた。

可変もののキット改造で、最初は完全変形を目指していた。30年近く前にデザインされた変形だから現代なら容易に再現できるだろうと軽く見ていた。

ダメだった。どうしても自分技術では強度とデザインギミックを並立させられなかった。それで組み替え変形で妥協した。

そこから先はすいすいと進んだ。組み替え用のピンを作ったり、差し込み口を空けたり、それであっさり形になってしまった。

ずいぶん長いこと悩んでいたというのに。

いままで組み替え・差し替え邪道だと思っていた。無闇にパーツが余るのも嫌だった。しかしいざ自分が作ることになると、これはこれで合理性がある選択なのだと気付かされる。

辛い。限界の苦しみの中で、自分否定していたものに救われたことが辛い。そしてそれが逃げでしかないことも辛い。

なによりプラモデルなんか趣味しかないのだ。それも改造なんて、あまりにもマニアック趣味だ。その趣味の中でさえ逃げたのだ。



昔「改造しちゃアカン」なる名言があった。これの本意は「キットの味わいを楽しめ」ということだったと思うが、今はもっと手厳しく聞こえる。

「生半可な技術しか持たない人間が、プロフェッショナル設計した工業製品たる模型キットに対し手を加えるなどおこがましい」と。

そのキットになにかが出来ていないときは、たいていなんらかの問題コストや強度がほとんどだろう)があって、あえてそうしているのだ。それはプロ判断なのだ

それを分かったつもりで何も理解できていなかった俺に、キットを改造する資格など最初から無かった。

逃げ場だと思っていた趣味世界でも逃げることになったのは、当然の帰結なのだ

俺は次にいつプラモデルと向き合えるだろうか。しばらくはパテもアクリルも見たくはない。

http://anond.hatelabo.jp/20160924144051

ネット代理店中の人として補足。

電通デジタル広告を扱う代理店の中では最も先進的な取り組みをやっている

これは一面が正しくて、一面が間違っている。

まず、いわゆる現在主流のWEB広告の分野においては、電通は遅れている。なにしろ本格参入が遅かった。トップクラス運用能力を持っていたオプトも切り離してしまったこともあり、サイバーエージェントやそのオプトに対して運用分野ではスピード感クオリティも負けている。そもそも、電通デジタル広告回してるのは、大量に出稿してきている子会社提携会社の人。つまり丸投げってことだ。(聞くところによると、トヨタ問題の発端も出向社員だとか。)

ただ、電通が進んでいるのは、プラットフォーム側、つまりGoogleFacebookTwitterなど、WEBメガプラットフォーマーと組んで様々な取り組みや、専売商品を次々作っていること。あるいは、データ分析の分野ではその分野に強い会社提携してサービスをどんどんリリースしている(電通ニュースリリースを見るといい)。そういった、「次のWEB広告」あるいは「マーケティングデジタル化」については、サイバーエージェントオプトよりかなり先を行っている。

これから電通WEB広告でもマス広告同様の勝者となる準備が整ってきた。事実デジタルコンサルを中心業務とする電通デジタルができたばかり。そこにこの問題電通エラい人はさぞかし頭を抱えているだろう。(競合としてはざまあみろだ)


日本デジタル広告業界の未成熟

これはその通りだ。デジタル広告現場はひどい。

マスの広告カンタンだった。なにしろ効果が明確に測定できない。なので調査をして効果を報告するとか、あるいはそもそも調査なんてしないことだって多かったそうだ。その一方でデジタルは結果が明確に出てしまう。さらスピード感も圧倒的に早い。にも関わらず、リーチ問題によって金額は圧倒的にマスよりも安い。もちろんデジタル管理して出しているので、マス広告よりも楽に出せる側面はあるけれど、大量に出稿する場合はとんでもない作業量になってしまう。

今までより圧倒的にシビアに結果が出て、さら毎日トラッキングして、必要があれば文章画像差し替えて、それを多種多様メディアを選んでPDCAを回しながら調整しなければならない。これだけ大変なのに給料は安い。これは電通が悪いとかそういう問題じゃなくて、インターネット広告の値付けの問題だ。俺は毎日思ってる。誰がこの広告枠の値段決めたんだ?って。マス広告に比べてあまりに枠が安すぎる。この問題に大きく関わっているのは、ネット広告に遅れる弱い総合代理店しり目に価格勝利してきた、サイバーエージェントオプトなどのWEB広告代理店

彼らの安売りにより、給料は安くなり、しかタスクは減らないので毎日深夜までビルは明るい。てっぺん超えるんなんて当たり前だ。しかも結果がシビアに出てるので、クライアントからプレッシャーも厳しく精神的にも苦しい。数年で転職退職する人も多いので、穴埋めのための人事異動が激しく、プロフェッショナルが育ちにくいのも問題だ。


デジタル広告業界のこれから

はっきり言おう。同じような問題ポロポロ出てくるだろう(博報堂や、WEB広告代理店がまともなら)。

内部監査をすれば絶対に見つかることは断言する。ネット広告現場にいれば、ヒューマンエラーが起きないなんて誰も言えないはずだ。なぜ今まで明るみに出なかったか?それは、ネット広告掲載確認が難しいから。例えば新聞広告なら、その日の新聞を見れば一発で載ってるか載ってないかわかる。しかネット広告はわからない。アドネットワーク(皆さんが普段何気なく見ているWEBサイトに載っているバナーなどがそれ)はどこに出てるか分かりにくいし、さらネット広告は年齢や性別、あるいは趣味嗜好までターゲティングするので、自分がそのターゲットに入ってなければそもそも「出ない」。

そりゃみんなちょっと間違っても隠す。何しろバレにくいんだからね。

元増田が書くようにクライアントデジタルに明るくない場合も多いことが拍車をかけている。ネット広告世界マス広告より圧倒的に複雑なので、リテラシーがなかなか育たないのだ。もちろん、電通の今回の問題は、ただ間違ってただけでなく、間違いを理解した上で不正請求してるのでただの詐欺。論外。とはいえ、多くのWEB広告代理店数字に関するプレッシャーを見ていたら、自分会社がやっていないとは正直言えない。忙しすぎて朦朧としている人、あまりプレッシャークライアントを憎んでいる人、上司におびえている人。様々な人がいて、みんな疲弊してる。そんな同僚がミスを隠して不正請求していないと言えるか・・・俺は言えない。

デジタル広告がこんなに不健全なのは、おそらくマス広告も不健全で、不透明だった名残なのだろう。業界特性だ。皆さんも覚えている通り、運用広告ではなく、記事広告ネイティブ広告)の世界ではサイバーエージェントを筆頭に不正が大々的にまかり通っていたこともあった。はてなでは話題になってないが、つい昨日はFacebook動画視聴時間について多く見積もって報告していたことが分かった。(Facebook動画広告を売る際に、Facebookでの動画視聴時間の長さが他のSNSに比べて多いと言って打った俺は詐欺師となったわけだ)

業界全体が腐っている。

しかしこうなったからには、業界全体がしっかりと監査していく仕組みを作らなきゃだめだ。

電通さん、デカいんだからさ。旗振りぐらいやってなんとかしてくれよ。

俺は正直、このニュースを見て安心した。やっとこの業界がオカシイことが世に出た。早くなんとかしてくれないと、ほんとにみんなが潰れてしまう。

長くなってすんません

----------------------------------------------------------------------

追記

続きを書きました。

http://anond.hatelabo.jp/20160925202444

趣味ブログやってて文才がある人たちってすごいんじゃね?

増田文学とか実はものすごい人たちなんじゃね?

徹マンってなんなの……

麻雀とか気晴らしに一局でもやりゃ十分だろ……

あんな運試し何度も繰り返すとか、おみくじ連チャンするくらい野暮ってもんだろう



それを飽きもせず夜通しやってる奴らなんなの?他に趣味ないの?睡眠時間削るほどのものなの?人付き合いなの??



マジで意味わからん

2016-09-24

自分趣味については寛容さを求め他人趣味には不寛容でありたい

そういう人間のほうがネットでは賛同を集めやす

俺は皆に好かれたいだけなんだ