「質問」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 質問とは

2016-09-27

Apple秘密質問iPhone

旅行って行ったことある?」

「あるよ」

「そうなんだ。何回?」

「2〜3回かな」

「へー、初めてはどこに行ったの?」

iPhone「その質問Apple IDの秘密質問に設定されています

http://anond.hatelabo.jp/20160927182413

騙されやす人間の行動パターンとして、

「本当ですか?」

という質問を、騙している本人にしてしまうことが挙げられます

そして、騙している人の熱心な説明に聞き入ってしまい、

すっかり本気で信じてしまうんです。

障がい者犯罪

煽りとかじゃなくて本当に知りたくて質問するのだけど

知的障害とか精神障害がある人が犯罪を犯した場合、罪が軽くなったりしてるじゃん?

そうするとすぐに「権利と義務はセットだ。罪を犯しても罰せられないのならば(罪を犯す機会のある)通常の生活制限するべき!」という意見が出てくる。

それに対しては「知的精神障害者犯罪率は一般人と比べて高くない。障がい者からと言って一律に生活制限するのは不適切」という回答がある。

ここまでは理解共感もできる。

でも一度犯罪を犯し、障害者からという理由で刑を減免された人が普通暮らしに戻ることはどうにも納得ができない。

一般人と同様の日常生活を送るのならば罪を犯した際の罰も同様に受けるべきだし、刑(義務)を減免されるならやはり権利も減らされるべきなのではないかと思うのだが…

ということで知りたいのは

1) 精神障害などで刑を減じられた人はその後は元通り普通生活に戻っているのか?(刑務所ではないにしろ隔離された病院とかに入る?)

2) 普通生活に戻る場合、どういう根拠でそうなるの?(「一般人における○○と同じ考え方」とか)

障害についても刑法裁判についてもシロウトなので用語の間違え等はご容赦いただけると幸いです。

須田慎一郎氏の講演会メモ。今のアベノミクスは「質より量」だそう。

須田慎一郎氏の講演会があって聞いてきたんだけど、いやあすごかったわ。プロはやっぱりすごい。

ツイートはするな言われたけど(もちろん冗談だと思うが)増田ならいいよね?国会にも出てるし。そこでプロはすごいと思った2点を話す。

政経の専門ジャーナリストすごい

自分政治経済にはそれなりに興味をもって接しているから、いろいろな経済の動向を知っているつもりでキーワードは抑えていたんだけど、ぼんやり認識していた部分をここまで分かりやすく端的に表すのは流石プロだわ。年間100本こなすらしいから、当然といえば当然だが。

納得したところ

と言うことであった。

正直、アベノミクスが第二弾になって、そういえば失敗失敗と言われている「トリクルダウン」が確かになくなった。その後、経済対策はばらまき系になった、と認識していたのだが、須田氏の見立てでは、新しいアベノミクス本質は、一般に、と言うか、少なくとも自分がは福祉政策だと考えていた一億総活躍社会の方にあると言う。

一人当たりの給与は伸びない。トリクルダウンが起きないのなら、そういった「質」の向上よりも「量」として、世帯収入を伸ばそうとしていると言う。

なるほどな、と思った。これは安倍首相が再三唱えてきた「イエ」を重視する姿勢にも沿っているし、なるほど分かりやすく腑に落ちる分析に思う。

今までぼんやりと考えていたことが、ひとまとめに繋がって腑に落ちた感じで、流石政経専門家だと思った。

これが政策として良いかというと色々と議論は有り、突っ込みどころとしては

などがあるが、これはこの日記本質じゃないのでとりあえず置いておきます

ヤクザ専門家じゃないんですね(途中でご本人もネタにしてたので)

時事問題講演会プロすごい

年間100件以上の後援会をこなすという須田なのだが、一番最初に掴みからはいって、枕の「やわらかい」話から始まる。

そこで、楽屋裏のような話や、親友と言う他のジャーナリストの方、さらにはこの金がなさそうな講演会のギャラまでネタにして、上手いこと話を混ぜていく。さらに受講者の年齢層や、反応などを見ながら話を組み立てて言っているらしい。

落語のつかみみたいな。

一応原稿っぽい話が入ったクリアファイルを持っているのだが、それを広げた形跡がない。パワーポイントなども使わない。ただ、前に立って喋るだけ。これは講談師落語家に通じるモノがある。トリクルダウン説明をするときちょっとだけ水を飲んで見せた以外、途中で水分の補給もせず、90分喋りっぱなし。

眠くなって眠っちゃうひとがでる、と言う講演会あるあるや、会場の人たちをちょっとずついじる姿なども、漫談家というか私はちょっと綾小路きみまろ氏みたいなプロ司会を思い浮かべた。

もちろん、内容は先ほど書き出してみて気づいたのだが、結構堅い話なのだ。きちんとガチ経済の話。それを引き込ませて、満足度の高い内容をやるというのは流石プロという感じである

また立ち振る舞いもなれたもの。100件もやってりゃそりゃもう、と言えばその通りなのだが、実った稲穂ほど頭を垂れるとはよくいったっもので、きちんと周りに配慮をしており、いすを引いてくれた係の一にちょっと挨拶をしたり、公演の最後には深々と頭を下げて回る様子なども、印象に残る。

そして講演が終わったら、のこって妙なことにならないようにさっと退くなども見事だった。

また、正直それほど大きな影響力のある寄り合いでは無かったし、おそらくギャラなどはネタになるぐらい安い(と言うか、半公的機関みたいな団体なのでめっちゃ安いはず。はてな話題になったら総叩きになるぐらい安いはず)のに、きちんと最後交流会まで出席していくのである

いやあ、そもそも顔が怖いひとだから、ひとよりきちんと丁寧に礼節を尽くしてこないと誤解される感じだったのかなとか余計な事まで思った。俺もそう言う感じなので見習いたいと思う。

結論

プロってしゅごい。

実は予習で須田氏の本を買って読んだのだが、おそらく客層で変えてきたのでずいぶん印象が違い、「需要に応える講演」って自称されていたけど流石だと思った。

惜しむべくは、自分はすでに電子書籍派であったため、買った本は裁断して自炊してリサイクルしてしまっており、サインをもらい損ねたことだ。つうか交流会出るとか思わなかった。こういうひとさっさと帰るイメージがあったのに。こんなことなら2冊買ってサインもらえばよかった。

2016-09-26

http://anond.hatelabo.jp/20160926185902

2択の問いで質問してるのにそれ以外の返答を返しているので、指摘されるのは当たり前。

鱒だが間違っている。

http://anond.hatelabo.jp/20160926180904

男がやった件数がこの世に一件もないなんていってねぇだろダボがwwww

おかしいんちゃうかお前

実際の件数として圧倒的に女が多いのは事実なんだが〜?wwwww

これだからまーん(笑)バカなんだよww

コンドーム 穴で検索したら一目瞭然ww

まーん笑が男性にバレますか?って質問ばっかりwww

さすがまーん笑

https://www.google.co.jp/search?q=コンドーム+穴&oq=コンドーム 穴&aqs=chrome..69i57j69i61l3.5221j0j4&client=ms-android-om-lge&sourceid=chrome-mobile&ie=UTF-8

http://anond.hatelabo.jp/20160926172206

イライラしながらそのセリフ言われるってことは

「見りゃわかることをいちいち質問してくるんじゃないよ無能

って思われてるんだな

実際にそのとおりかは具体的な内容見なきゃわからんがね

女性に多い気がする謎めいた論法

「AってBですか?」

って質問したら

「Cから理解できませんか?」

みたいな回答をする人が割りと女性に多い気がする。

いたことにサッと答えてほしいんだけど、何でそんなにイライラしてるんだろう…

Reゼロ原作アニメ両方みた人に質問

どちらも未読・未見なんだけど、どっちがおすすめ

ゴミみたいな記事を量産する人間がクソなんじゃなくて、

ゴミみたいな記事を量産する人間がクソなんじゃなくて、

ゴミみたいな記事検索結果に上げてくるgoogleがクソなのであり、

そんな検索の仕方しかできない己の情報感度の低さがいちばんクソなのである

リッチ人間は、そもそも検索なんか使わずに、その手の専門家に直接質問するだろう。

そういう口コミネットワークから疎外されている人間が、検索エンジンを使うしか無いのだ。

大体、クソみたいな記事ってつまり、誰でも書けて、どこにでもある情報の寄せ集めってことだと思うんだが、

それを言うなら、お前自身、クソみたいな仕事をしているだろう。

誰にでもできて、どこにでもある仕事をしているだろう。

クソみたいな仕事しかできない人間が、

クソみたいな情報にまみれてしまうのは仕方がないのである

2016-09-25

ホワイト研究室だけど研究死ぬほど嫌だ

大学研究の話。学部4年

現状と環境

研究室に行くのがどんどん嫌になり研究室に行く時間も減っている

研究室鬱についても調べることが増えた。

研究室自体ブラックでは全くない。むしろホワイト

コアタイムは無いし、毎週の進捗報告も特に進展が無ければ「特に進捗ありません。~している途中です。」で済まされる。

ネットでたまに見る教授や先輩が横暴といったこともない。

研究が嫌な理由

研究が嫌な理由を考えてみた

  • 単純に研究が進まない

就活が終わってから研究を本格的に始めたが、正直最初から何をすればいいのか全然からなかった。

からないことがあれば教授や先輩に聞かなければいけないのだろうけど、自分研究テーマは先輩たちとは多少分野が違ったので

必然的教授にに聞くことになる。

自分所属している研究室教授質問をしにいくと、まず「君はどう考えているの?」というように聞いてくる。

それに答えるとさらにそこからかい部分について同様の質問が出てきて突き詰められる。

学生に考えさせたいという意図はわかるのだけどそれがプレッシャーとなり教授質問をしに行くのが怖くなった。

質問をする前に考えをまとめるが当然わからないことがあり、でもそれを質問するのは怖く考えがまとまらない…という

悪循環になっていった。

こうなってからは何もかもうまくいかない。

からないことがあっても質問しないのだから当然である


研究室に仲のいい人がいないということもつらい要因の一つになる。

研究室の同期は俺に対してはビジネスライク関係で、仲が悪いわけじゃないけどそんな気軽に話したりはしない。

俺以外の同期は元々仲が良かったため普段から話してるけどその輪に入れない。

研究室にいるときは基本話し相手がいなく、もくもくと研究を行っているのだが案外それが辛かった。

考えがまとまらないし話す人もいないのでストレスが溜まっていく。


  • 迷惑をかけると感じることが多い

実験をするときには自分以外に先輩を一人ついてきてもらわないといけない。

実験は3時間ほどかかるので先輩の時間を取ってしまうのが申しわけないと思い実験をするのを躊躇してしまう。

研究っていうのはそういうもんだし仕方ないとは思うけどこの感情は消えない。

この前の実験は失敗してしまいまた同じ内容の実験で先輩についてきてもらわないといけないのが憂鬱だ。

研究が進まず迷惑もかけて、自分はいないほうがマシじゃないかと思う感じる

比較的結果の出しやすテーマ教授に言われて今のテーマにした。

ハード系の研究だが、シミュレーション系の研究の方が向いていたように思う。

またテーマ自体もあまり意味のある研究とは思えない。


精神状態の変化

研究がうまくいかずに自分精神が変わったと思うことが3点ほどある

本当に研究が原因かはわからないけど

  • 行動しにくくなった

慣れないことや新しいことをし始めるとき、うまくいくか不安先延ばしにすることが多くなった。

頼みごとや質問をしに行くとき不安になる。

実際に実験の準備不足やメールの誤字などミスが増えている。

この日記もどっかしら間違えてそう。

調べてみたら予期不安というものらしい。

対処としては小さな成功を積み重ねていくようにするといいらしいが、研究で小さな成功すら思いつかない。

家にいてゲームをしているときに、こんなことをしていていいのか、もっと実のあることをすべきじゃないのか。

無駄なことをしてはいけない、というような気持が出てくるようになった。

でも何をすればいいかはよくわからないまま。

  • 思ったことがそのまま口に出るようになってきた

ネガティブワードや人を馬鹿にしたり茶化すようなことが頭に浮かんだら

静止できずに言ってしまうことが増えた。


今後どうなるんだろう

研究が始まってから研究関連でうまくいってることなんか一つも無い。

研究室選び、研究テーマ選び、研究室内のコミュニケーション研究の進め方のすべてを間違えてしまった。

別の研究室テーマならうまくいったのかと考えるけど、結局同じ道を行く気もする。

いまはただ卒業研究が終わってほしい。

でもこの程度でこんなにつらくなる俺に仕事は進めていけるんだろうか、この反省を活かせるんだろうか。

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.「言うは易く行うは難し」といわれますが、普遍的な例はありますか。

今すぐに思いついたのだと、二つあるかな

一つは、義務でも何でもない、「誰でも出来る簡単なことを『継続する』」こと。

継続は力なり」なんていう一見すると何てことな言葉格言足りえるのは、それが一般的に大変なことだからだ。

例えば、君がこの匿名ダイアリーで内容は何でもいいか日記投稿する。

これを気が向いた時々でいいのならばともかく、ほぼ毎日となると大分ツライだろう。

簡単であることと退屈であることは紙一重だからな。

そういうものは仮に最初は楽しめても、やり続ければ飽きやすい。

義務でもない、自分がやろうと思えばいつでもやれるということは、自分次第でいつでもやめられることだしな。

誰でも出来ることが、誰でもやり続けられるものとは限らないということだ。

だって一年以上このカテゴリ継続させていて、それなりに楽しんではいものの、それと同時にいつやめてもおかしくないと思っているからな。



Q.もう一つはなんですか。

えー、そうだなあ……。

もう一つは義務でも何でもない、「誰でもできる簡単なことを『我慢する』」ことだ。

特に、「外部からの影響によってもたらされる衝動」を我慢する。

まあ、「我慢する」とまではいかなくても、「関心を向けないようにする」だとか、「エネルギーを割かないにようにする」だとかでも構わないが。

例えば私だと、「シン・ゴジラ」だとか流行真っ只中の時期に、そのテーマで一切語らなかったことかな。

センセーショナルテーマというものは、「何かを語りたくなる衝動に駆られる」ものだろう?

知識教養がなくても、千差万別の人々が衝動に駆られて色々と語るから自分もその熱に煽られる。

他には、間抜けな内容が書かれたエントリや、挑発的な文章ブコメも何もせずリアクションをしないようにするだとか。

この衝動を克服するのは、実のところ成熟した大人でも難しい。

現に、観に行ってすらいないのに、「シン・ゴジラ」を語る人が多く出没することからも、影響力の高さが窺えるね。

周りを見渡しても「シン・ゴジラ」のテーマを扱ったエントリが目に付いていた。

そんな環境下で茶々の一つも入れない、ふざけてネタにすらしないって、とても困難なことだろう。

仮にそういう状態で語っても、まあそれなりの内容は書けるだろうけれど、衝動的なものからね。

頭は回っていて、理路整然とした文章だとしても、それは普段状態で書いたものとは性質が違うわけだ。

それはそれで、或いはそちらの方が面白い内容になる可能性もあるかもしれないが。

だが、そうやって動機自覚がないまま書くということは、それは自分が好きで書いた文章ではなくなる可能性を持つということだ。

自由意志のもと書いた筈のものが、自分が書きたい文章ではなくなるってのは私からすれば不本意なのでね(もちろん、これは私の言動に後から付け足した理由だが)。

おっと、客観的にみた是非だとか、そういうことは君が考えればいい。

いずれにしろ、「誰でも出来る簡単なことを『継続する』」、「誰でもできる簡単なことを『我慢する』」、これらは間違いなく「言うは易く行うは難し」だろう。

もし両立できる人間がいるとすれば、すさまじい精神力といえよう。

もちろん出来たからいって、その事柄自体が誇れることかどうかなんてこと私は知らんよ。

……そういえば、これもテーマを取り扱ったうちに入るんだろうか。

2016-09-24

OSS開発者って暇なの?

仕事ソフトウェア開発をしていると古参メンバー質問しないといけないことが山ほどあるってのに、

それと同じようなことを趣味時間を使ってOSSコントビュートってすごいよね。

https://twitter.com/ShougoMatsu/status/778920433588383744

こんばんわ。ナメクジです。お世話になっております

早速質問何ですが。アフィまとめ大嫌い民がコメントとか名前欄に書く「アドセンスクリックお願いします」って効果あるんですか?

気になって気になって今日もよく眠れました。

ヨドバシカメラグーグル検索をすると

一番上にヨドバシカメラ広告が表示されるのですが

広告費の無駄じゃないですか?


これ質問したの俺なんだが

そんなにみんな興味あるの?

2016-09-23

間違っても本気で質問してはいけないQ&Aサイトベスト3

Yahoo!知恵袋

カカクコム

あと1つは?

タクシー運転手のくせに道順聞いてんじゃねえよ死ね

なんでカーナビが目の前にあるのに自分で調べようともしないんだよ。

沿線上の駅すら行き方しらないなら今すぐ辞めろ。

この手の「知らないフリしてちょっとでも迂回してメーター稼ごうとする」習性、本当に改めてくれないかな。

大体走ってるやつより停まってるタクシー運転手にこういうことするやつが多い。

最初に乗り込んだ時に行先わかるか聞いて「○○のことですか?」とか誤解を装う質問しだしたら即降りてる。

つーかタクシー運転手が道順聞いてんじゃねえよ死ね

なんでプロ素人に聞いてんだよお前の仕事だろマジで死ねよ。

逆に運転変ってお前助手席に座っとけよボケが。

から名前んとこ写メ取っといて本社に苦情入れたるからな。

ホントタクシー運転手にろくなやついねぇわ。

客が急いでたら気を使って急げよ。

お前らみたいに糞みたいな人生送ってねえから

百歩譲って本当に知らないなら申し訳なさそうな顔を演技でもいいかしろ

なんで逆にふてぶてしいんだよ、意味わかんねーわw死ねよ。

つーかタクシーやってる団塊の世代マジでろくなやつおらん。

こいつら死んだら絶対日本マシになるわ。

クソが死ね

それは質問か?

質問のつもりなら教えてやる。

気持ちよくなるフィクション気持ちよくなる「ための」フィクションは全く異なるものだよ。フィクションにはフィクション文法があるが、後者場合は「気持ちよくなる」という目的に反するもの可能な限り排除され「気持ちよくなる」という目的に沿うならどんなご都合主義原則許容される。体力の限界とか性欲の限界とか。あるいは「そもそも呼吸できんのか?」からまらない異世界召還ものラノベとかな。そういうことをなおざりにせずきちんと積み上げて創作する界隈から、そういう面倒を全部すっ飛ばし快楽に「のみ」奉仕するフィクションポルノと見下げて言うんだよ。読んでて苦しくなるようなフィクション、はっと胸をつかれるような台詞、綿密な考証と舞台設定や周到に練り上げられた伏線…それらも、結末のカタルシスに至るための手段として機能しているのではないかという意味でなら、もちろんその通りだ。あらゆるフィクションは、たとえば孤島で3日間生き延びる上で絶対必要不可欠な何かかと言われればそうではないだろうし、その意味所詮娯楽のようなものだと言われればそれはもちろんそうだ。だが、孤島で、ジャングル10年生き延びていくときには、カレンダーというフィクション、主人と従僕というフィクション、あるいは「日本は負けてない」といったフィクション必要なのであり、フィクションが我々の精神人間的な生活に対して果たす役割、その必要性は、物質的な何かに比べて劣るというものではない。だからフィクション=娯楽=ポルノ、という短絡は、やはり少し違う。フィクションの果たす役割はもう少し大きくて広いものであるし、その点から考えれば、いくつかのフィクションにおいては、娯楽性やカタルシスの方がむしろ手段だとさえ言える。

従って「そういう(結果的にはカタルシスにつながる)目的のためであっても原則として快楽を味わう上での面倒はすべて避ける」という文法作法に基づいて作られるポルノは、フィクションの一ジャンルではあっても、その総体イコールであるとは言えない。ポルノと非ポルノの分類は、決して不可能ではないんだよ。



なお、ツッコミのつもりで書いたとしたら、それはお前が普段消費しているフィクションが大体全部ポルノだという告白に過ぎないので、自爆乙としか言いようがない。

http://anond.hatelabo.jp/20160922224123

2016-09-22

クズい方か。ご愁傷さまだな。

ご愁傷様としか言いようがないが、それは(2)のクズい方だな。まあ、たぶん次会うときは「しれっと」した態度で来んだろーな。え、なんかあった? ああ、メンゴメンゴ。冗談だし、くらいの感じ。たぶんそれで許されてきたんだろうから、そのクズは治んない。ずっとそのまんまだ。まー、増田関係継続でいいならそれもいいだろうけど、あんたの周囲の「まともな人間から同類(のクズ)だと思われてる可能性がかなりあるので、そこは注意した方がいいだろな。うまくフェイドアウトできればいいんだろうけど。



しかしさあ、こんなとこで絡まれ人間と真面目に話し合おうとしちゃうあたり、ほんと見てて心配になるレベル増田は人を見る目ないつーか、「人を選ばない」のな。なんつーかその「来るもの拒まなさ」みたいなところ、それは人間としては包容力というかすごく魅力的な部分でもあるのだろうけど、全方位的に照射してるとものすごい欠点にもなるよね。クズ人間吸引機みたいな。

とにかく、増田は見る目がないというよりそもそも「見てない」んじゃないの。見る目養うとかいう前に、まず「見る」「見て選ぶ」という作業をするんだ普通は。まあ、ボロクソ言われてるよーだけど、そもそもこんな話、話半分に聞いておいていい。まずはそっからだよ。そういう目で、以下の話を聞いてくれ。



ちなみに、たとえばその男クズだけど、人のことはすごくよく「見てる」と思うんだよ。「見て」「測って」る。増田下ネタ振ったのも、今回の行為も、「見て」「測ってる」。今回増田は怒った。でも、怒った後で、男が「なんでもない風」で対応してきたとき、あるいは「ごめんごめん」って言ったとき、どういう対応に出てくるかはじっと「見てる」よ。まだごまかせそうか、それとも? みたいにね。そういうことを本能的にしちゃうタイプなんだ。そういう目で彼の行動を「見た」ことがあったか? 無かったんじゃないか? 今回ちょうどいい機会だから増田ちょっとそういう視点で彼の様子をじっと「見て」みたらどうだ。「友達」をそういう目で見るのってちょっと悲しい、とか思うかもしれないが、確実に言えるのは、その男は「そういう目で見てる」ってことだよ。これまでもこれからも。



最初質問に戻るけど、この男の行動を人間関係的に見るなら、男の目からみてもそれは「失礼極まりない」行為だよ。酔ってても普通やんない。でも、おっさんピンサロのねーちゃんに対して、という状況でなら「よくある行動」ではあるな。「性的対象としてしか見てない相手に対して」「あとくされなくダメもとで」「セックスに持ち込む手管の一種として」わざと下卑た振る舞いをするというのは、戦略的にはまったくアリだ。そういう種類の行為だな。ちなみにそういうおっさんだって結婚しようとする相手にそういう迫り方をするかというと、まあしない。その程度の常識は、普通はあるよ。



から増田の怒りは正しいよ。ただ、今回の事で「男って!」みたいな、主語の大きい怒り方をしてる増田が、今後も「正しく」振る舞えるのかどうかは若干疑問だな。「男」だからじゃない、これはそいつがそういう人間でそういう目で増田を見ていて、そのことに増田(だけ)が気付いていなかった、というだけの話なんだよ? なのに主語を大きくする増田は、どこかで「そいつ個人」の性質を「男」という属性にまつわるものとして許そうとしてるようにさえ見える。こいつは「男」だからそういうことをしちゃうんじゃないか、とね。そういうとこが、まあ、その手の人間には付け込める隙に見えてるんだよね。



まあ、知った風なことを言ったけど、増田のことはここの書き込みしか知らない。だからまるっきり的外れかもしれないし、仮にいくらか当たってるところがあったとしても、増田自身が何をどうしたいのか、まだ揺れているようにも見える。だから、ほんとのところ、どういう行動がベストなのかは分からんね。応酬の中で増田いくらか落ち着いてくれたのなら、まあそれだけはよかったよ。今日はもう寝て、明日またゆっくり考えなさいよ。

http://anond.hatelabo.jp/20160922225456

http://anond.hatelabo.jp/20160922105742

 残念ながら主の考え方には致命的な間違いがあるので指摘せねばならない。


貴方の考え方がそもそも大人ではないので無理


だと。

 まず、どこから大人でどこから子供だと思っているのかよく考えよう。

それができたら、大人子供のする事にどんな違いがあるのか考えてみよう。自分エントリー子供でも分かりやす言葉に直してみるのもいいかもしれないね

 どうしてこんな意地悪な書き方をするかって言うと、君の質問には答えがないからなんだ。

上の二つをよーく考えると、気にならなくなるかもしれないね

 あまり人の目ばかりを気にして行動しない方がいいよ。

それじゃ、がんばって考えようね。

http://anond.hatelabo.jp/20160922143700

質問するなら良いサイトがあるんですよ。

マイナーなので皆さんご存じないとは思うんですが、

人力検索っていうんですけどね…

はてなネットでの存在感

一昔前は、ネット検索するとはてなのサービスがやたらと引っ掛かった。

なにか調べものをすると、トップに引っ掛かるのは人力検索はてなはてなキーワードはてなを初めて知ったのはこの二つという人は多いのではないか

日記サイトの中でも特に何かしらの事情について詳しく記述があるのは、はてなダイアリーはてなダイアリー日記というより、読み物って感じで書いてる人が多いので他の日記サイトと違って面白かった。

今も言葉意味ネット検索する際に、候補として「○○とは」ってのが出てくるが、これは昔言葉意味解説するサイトとしてはてなキーワード大人気だったので手っ取り早くそ言葉はてなキーワードのページを見るために昔のネットユーザーがやっていた名残だろう。(はてなキーワードは「○○とは」で始まるため。)

それが今では、言葉意味検索しても引っ掛かるのはウィキペディアニコニコ大百科同人用語の基礎知識など、同業他社の類字サイトばかり。最近はてなキーワード検索結果に出てこない。

調べものの際に人力検索はてながよく検索結果に出てきたのでよく参照してたが、最近人力検索はてな検索に引っ掛かることは皆無で

検索に引っ掛かる質問サイトYahoo!知恵袋教えて!gooばかり。

これも同業他社にゴッソリとシェアを奪われている。

今、検索はてなのサービスが引っ掛かるのは、はてなブログ程度。

検索結果でよく目にしていたはてなのサービスは、ほとんど検索結果一覧から除外されている状況である

これでは若者新規ユーザーなんか他社に全部持ってかれて、はてなユーザーは老けていくばかりで会員数は落ち込む一方だろう。

一昔前はあれだけネット存在感が強かったはてなは、今なぜこんなことになったのか。

10年前にネットをやっていた人なら、はてなIDは持ってなくとも、はてな存在くらいは知っていたものだが

今のスマホからネットを始めだした若者は、ほぼはてな存在を知らない。名前すら知らない若者が多い。

俺は現在27才だが、同世代や年下とのネットについての会話の途中に「それ、はてブでバズってたから見たわ」とか「増田で読んだ」って言うと、返ってくる反応が「?」であるはてな存在事態マジではてなになった。

はてな」「増田」が通じるのは、同世代でも10年以上ネットに触れてきたやつか、30才以上のおっさんだけである

ネットサービス検索エンジン無視されるってことは、これだけシェア暴落させるということが見に染みてわかった。

もう、他社の類字サービス新規客を全部奪われたはてなマジで先が無いと思ってる。

はてな検索エンジンに嫌われるようなスパム行為でもやってたのかってくらいの酷い仕打ちである

あ、実際やってた?

http://anond.hatelabo.jp/20160921154511

結局エビデンスがあるのか、ないのかという質問

はい、いいえでシンプルに答えてください。

2016-09-21

http://anond.hatelabo.jp/20160921155918

じゃあこっちは質問するけど律儀にトラバ返して来てそんなにゼロコスト知識増やせなかったのが悔しかったの?