「プライド」を含む日記 RSS

はてなキーワード: プライドとは

2016-08-27

忘れられない言葉

教えてください


ちなみに自己肯定感が低い私が今まで言われた、聞いた、忘れられない言葉

「昔と言えるのは、今があるから。歩みを進めている証拠。進んでいるのだから大丈夫

「ただでさえ素直に生きれないんだ。自分だけは素直でいようと思わなければ、変な意地とプライド邪魔して言いたいこともやりたことも出来なくなっていく」

境遇が弱くするのではない。出会いあなたを強くする」

社会人になって3年後の金曜日、家に帰って今週も疲れた風呂入って寝ようって自我を保てたなら“社会人になった”んだよ」

あいつはお前からの信頼の一切を失ったんだ。お前に得はないかもしれない。でも、それはあいつも同じだし、むしろ損するのはあいつなんじゃないの。それじゃだめか」

バカだなって流して、大人になればいいじゃん」

「舐めてくるやつには真上から(有無を言わらぬ勢いで)行け」(“主導権を握りたいタイプのやつに意見を言うと不機嫌になられてウザイ”に対しての返答)

経験とは、自分勇気を試す行為勇気を試す行為をする者だけが、かけがえのない経験を得る」


2016-08-26

http://anond.hatelabo.jp/20160826233340

>俺は確かに真面目な生き方はできなかったよ。今だって正社員じゃないし、アルバイトだ。

>でも技術職だしクリエイティブ系の仕事についている。俺は夢を叶えた人間だ。

仕事がつまらないと思ってる奴よりまともな生存戦略を図ってきたと思う。

プライドだけは人一番高そうだね。

http://anond.hatelabo.jp/20160826224012

そういうプライドはあるのに

なんで仕事頑張れなかったの

進学校に行けないなら生きてる意味を見いだせない

進学校に行けないなら、僕が存在する意味はあるのだろうか。

自分中学校では、1クラス分以上が、首都圏トップクラス高校(偏差値70-75)に進学する。比較的、教育水準が高いのではないかと思う。

僕もみんなと同じように、トップ公立高校を目指しているのだが、家族からは おまえには無理だ と言われる。通っている塾は「まだまだ目指せます」と、正反対なことを言う。

塾では一番上のクラスにいるけれど、その中では底辺だ。近所の普通中学に通っていれば、トップ20には入れたんじゃないかと思うけれど、自分中学ではせいぜい平均。

実力が伴っていないのにハイレベル環境いるから、理想けが先歩きしてしまった。トップ高を志望しているけど、今の学力じゃ全然入れないことはわかっている。でも、それを下げることができない。世間体プライド邪魔をする。

だあれも知らないような学校に行って、コンプレックス抱えながら生きるのって楽しいんだろうか。そんな価値観を持ってしまった。

この環境にいなければ、もっと狭い世界で、幸せに生きられたのかもしれないな、と漠然と思ってしまう。

でも今の自分は、 幸せ にならなくてもいいから、とにかく偏差値教育での 勝ち が欲しい。

2016-08-25

男子たるものサラダを取り分けるために故郷を捨てなければならない

男は飲み会自分彼女にてサラダの取り分けをやらせないと

面子丸つぶれで居場所がなくなる社会があるそうだ。

 

そういう社会に生まれプライドの高い女が彼女になった男は、

彼女を捨てるか故郷や仲間を捨てるか選ばなけらばならない。

 

お前は愛のために故郷を捨てられるのか?

お前は愛のために相手故郷を捨てさせられるのか?

って聞かれるとスゲー困る。

この問題次世代解決されるのを願うしかないのか?

 

元ネタ

サラダを取り分けなくたって女の恥ではない。 - 限りなく透明に近いふつう

http://ninicosachico.hatenablog.com/entry/2016/08/24/111410

 

 

【おまけ】

そういえば、アナ雪が話題になった時に雪原でうたってる有名なシーンは、

LGBTの人が理解のない親と決別して出ていくのと同じで共感できるって聞いたけど、

愛のために社会から逃亡する人達ってケースだと曽根崎心中とかロミジュリとか、

ヘテロまで対象を広げれば類例はたくさんあるわけだな。

( 悲劇じゃないものの類例がちょっと思い浮かばなかった。「俺いも」か?

曽根崎心中百合ハッピーENDに書き直してアニメ化したら良くない?id:entry;8958700 )

 

ただ、面倒な男の間の意地の張り合いとか上下関係とか(女でもあるんだろうけど)、

そういう社会からの逃亡って格好悪くて誰から共感されないだろうから

アナ雪みたいな作品が作られることはないんだろうなと思って憂鬱になった。

2016-08-24

英語

そんなに使いもしないのに、英語学習にすごい時間お金をかけてる。

中途半端状態が一番コスパが悪い。

英語小説読めたり(*1)、出張外国人と歓談出来たりとプライドの保持には役に立つんだけど

まぁ、ぶっちゃけいらんわな。

いままで資源投入してきたし、やっぱキープするためにがんばろかな。嫌ややなぁ。

(*1) ハリーポッターの一作目は無理でした。諦めました。挫折です。

2016-08-23

http://anond.hatelabo.jp/20160823143352

それで、なぜ

米軍を中心とした国連軍の飽和攻撃でも駄目だった!」

「ゴッジーラは…化け物か…いや…神…か…」

「我々はゴジラに対してなすすべがないのか…!?

オーマイゴ…オーマイ…」

日本!お前だけが頼りだ!」

「頼む!!」

「サムラァイ!」

GO!ヤシオリサクセン!」

って流れにできなかったというと

今の日本世界危機を救えるだけのイメージがあまりにも現実とかけ離れすぎてたから。

もうこの一点に尽きる。

昔のロボコップ3の敵役が日本産忍者ロボット時代ならまだしも

GDPアメリカのみならず中国にも負け、

国債は膨らみ年金問題も山積み雇用は増えず非正規の救済もなく移民を取らない代わりに国民全員が奴隷化していく斜陽の国。

日本もまだまだしてたもんじゃないなと傷の舐め合いでシックスセンスし合うような国力だと客観的判断してるから

なので今の日本人日本人世界を救ったなんてストーリーは到底受け入れられないし納得されない。

せいぜい板挟みされてこき使われて泥被らされてる中でストロー使って新鮮な空気を吸えましたくらいの落としどころじゃないと共感してもらえなかったってこと。

それが核使えば終わるだろうな=バンカーバスターでのダメージ有効描写、との東京なくなっちゃうらめえええ電車アタックストロー注入!ってオチ

空想ですらヒーローになれない国。

世界はちゃんと救う方法はあるけど自分たちが被る泥を減らすための努力しました、というだけの話。

電車アタックなんてこれがインドネシア中東に出てきて応用できるわけないじゃん。

完全に日本という特殊環境下でできた作戦

未来的にも救ったのはマジで日本だけなんだよな、これ。

から電車の無い田舎感情移入できないって日記があったんだよ。

冷却液なんてデータもらった国はどこでも思いつくわけだし。

日本世界を救った!って話を見せられると恥ずかしくと顔赤くなる国。まだまだ恥は捨てたもんじゃないな。

そんな国の状況と国民性によって不幸にも最後で捻じ曲げられた脚本

俺がシン・ゴジラで一番悲しかったのがこれ。

 

どこまでも自虐体質。

そのくせ変にプライドが高い。

まさにシン・ゴジラを持ち上げてる層の性格ターゲットにしてる。

庵野の得意分野だな。

なので冷えた目でしか見れない人はとことん違和感しか目に写らない。

 

最後の人間が出てきそうなのも本当にこの後無事ゴジラ解体できるのか?という日本人の詰めの甘さを臭わせるエンドにしか見えない。

何度もいうけど冷却後の対応について何も話されてないのがもうね。

考えるのがめんどくさくなった感がパない

2016-08-22

勝手に答えよう(シン・ゴジラへの一省察

不満点はそれだけか(http://anond.hatelabo.jp/20160822144854)の突っ込み面白かったので勝手に答えてみる。なお当方は一応2回見た。

さて増田の疑問の半分くらいは「非常時なんだから仕方ねえ、という意味リアル範囲内」と感じた。これは個人的感覚避難者の行動も、巨災対メンバー挙動も。私物持ち込みにしたって、そもそも非常時のほぼ非正規組織の中でのことなんだからセキュリティレベル下げ本人の希望最優先でとなるのも納得できなくはない。ただ、「地震の時のように避難するのはおかしい」というのは、作中描写があったので(都庁本部で「対策マニュアルがない」と問題にしているシーンと、消防隊員か何かが「地震用の避難マニュアルでは役に立ちません!と本部らしきところと通信しているシーンが有ったので、多分そういう点も柔軟に対応できず結局既存地震マニュアルしか避難指示が出せていないと見ているものに悟らせ、絶望感が一段と増す描写)この点については、特に不審には思わなかった。地下鉄民はゲロから助かるのか、という点は、まあ東京地下鉄防空壕使用になっているという都市伝説でもって勘弁してやってくれ。そこは国家機密なので(笑)

それよりも、あらためて増田の指摘で気付かされたのは、振動の少なさ」「逃げ遅れ」「海自の見失い特にコレは、鑑賞時に自分もやや引っかかっていた点なので、それを思い出させてくれたことを感謝したい)そして「地面踏み抜かない」といった非常によい指摘から、明確に一つの結論が導かれるということだ。上映中、これらの点について、自分がそれほどの違和感を感じなかったのはなぜか、ということ、それから、今回のゴジラの最大の特徴であるあのゆらゆらと宙に揺れる巨大な尻尾違和感とを含めて、それにこたえたい。




ここから導かれる結論は、シンプルだが「あのゴジラは実はスカスカなのだということだ。もちろん一定の重量はあるだろうが。一番最初総理記者会見は、今から思えば伏線だったのだ。「陸上であの巨体の生物自重を支えられるとは考えられない、だから上陸はしない」と。だが上陸した。なぜか? 答えは簡単だ。「巨体に見合う重量がないから」だゴジラのもたらす圧倒的な破壊のせいで、劇中の人物も、見ている我々もうっかり忘れそうになるのだが、今振り返ってみればおそらくそなのだ。見ている人が、どこかで「重量があまりないこと」にも心の底で気付けるようにした様々な仕込み…それが増田の指摘ポイントなのではないだろうか。

海自が見失った原因もおそらくそこにある。まあ、レーダーまで装備する(笑)生き物なのだからソナー打ち消す能力くらいあってもいいのかもしれないが、海中でいったん質量に見合った大きさに戻ったとみる(そして上陸前に海辺まで近づいてから巨大化した)のが妥当ではないか。「折り紙、食べてないんだ」という間准教授気づき重要だ。折り紙の鶴のように中身がないのだ、最初から。だから時間にあれほど爆発的に巨大化できたのだ。外殻こそ固いが内部はスカスカ…というのは、バンカーバスター命中シーンでも思えば描写されていたようにも思う。本来あれは、外殻を突破して内部を破壊する爆弾だったはずだ。だが、想定外スカスカな内部のため、ゴジラの体をあっさり「突き抜けてしまった(だから内部にはそれほどダメージを与えることができなかった)」のではないだろうか? また、血液凝固剤があれほど一気に巨体に浸透したのも、東京駅真上にいたのに(地下30mまであるのに)地盤を踏み抜いていないことも。あれほどの銃弾爆弾を跳ね返す体皮の固さを持ちながら、列車突撃ビル崩壊といった質量攻撃に意外ともろかったことも。こう考えると、劇中の様々な謎が解けそうな気がする。



自分が、増田の指摘した点について、正直鑑賞中に上のようなことを考えて納得していたわけではない。あくまで「不自然に感じなかったのは、うっすらとこういうことを感じていたせいではないか」と、後付けで言語化してみただけだ。異論反論は認める。できれば二度目の観劇を踏まえて。


http://anond.hatelabo.jp/20160822144854

(追記)

一個忘れてた。「パターソン日本語ます問題」。これは、まあアレだよ。その分英語上手くないところから推察して、つまり忙しい両親でなく被爆一世である日本人祖母に育てられたんだよ! 日本語上手いのに敬語苦手なのもそれが理由だよ。そのせいで子供のころからいじめられてきて、それが彼女の強烈な上昇志向アメリカという国へのプライド原動力になってるんだよ。以上、解決

http://anond.hatelabo.jp/20160822020657

二次作ってるならましじゃないのかな

知識集めとプライド誇示が糞だってだけで



ただまあ所詮借り物だし、構想・草案程度なら誰だって作れるけどね。

全然クリエイティブじゃないよ?

2016-08-19

飛田新地童貞を捨てた男の末路

飛田新地童貞を捨てた俺の哀れな末路を語ってみる。

  

20歳まで童貞だった。ほんとに辛かった。

中学時代ほとんど童貞で、学年のほんの数名が非童貞

彼らはヒエラルキーの頂点に立っている。

 

高校になると状況が変わってくる。

自分場合は共学だが進学校だったので、そこまで男女交際は活発ではなかった。

しか高校2年くらいから非童貞が増えてきた。

焦りを感じつつも、まだ大丈夫自分を納得させる。

部活勉強言い訳恋愛から逃げていた。

 

だが部活勉強も真面目にやっていたわけではない。

ずっと補欠で一度も公式戦に出たことはなかったし、第一志望の大学には落ちた。

そして彼女を作ることすらできず、いや女の子デートをすることすらできず高校卒業した。

 

大学入学

はじめて恋をした。アルバイトの同僚だった。福田沙紀に似た可愛い子だった。 

慣れないながらも一緒にバイトから帰ったり、メールでやりとりをしたり。

ほんとに楽しかった。

ある日、一緒に帰っている最中、思い切って告白した。

  

めちゃくちゃ引いていた。

告白タイミング唐突だったし、自分アプローチもウザかったのだろう。

「友だちとしてしか見てない」と言われ、あっさりフラれた。

死にたいと思った。

それが19歳の冬。

  

さすがに19歳になると、周りから童貞が減っていく。

辛かった。コンプレックスしかなかった。

自分より年下のやつが、どんどん童貞卒業していく。

一方自分童貞で付き合ったこともない。

やがて20歳を迎えた。

 

「とにかくSEXをしたい。SEXをすれば変われるかもしれない。」

 

その一心だった。

もうプライドもなかったので、風俗童貞を捨てようと決めた。

ネットでいろいろと調べた。

ソープならSEXができ、デリヘルホテヘルSEX禁止らしい。

SEXができないと意味がない。ではソープにしよう。

いざ予約をしようとするが、ヘタレ自分はなかなか電話ができない。

何よりパネルマジックが怖かった。

せっかくの童貞卒業なので、やっぱり可愛い子とSEXしたい。

さらに調べたところ、楽園を見つけた。

 

そう、飛田新地だ。

20分1万6千円、顔を見て選べる、SEXあり、予約不要モデル並みがゴロゴロ

これだ。

 

覚悟を決めた俺はバイト代を下ろし、飛田へ向かった。

そこはまさに楽園だった。

モデル風、アイドル風、ギャル風が軒並み揃っていた。

今まで縁のなかった、こんな可愛い女の子とたった1万6千円でSEXできるというのが、童貞には信じられなかった。

迷った末、篠田麻里子の子童貞を捨てることに決めた。

 

金を渡し、服を脱ぎ、フェラ

そして、騎乗位での挿入。

一瞬だった。

 

こんなものか、と思った。

だが同時に、達成感を覚えた。ようやく男になれた気がした。

 

そして俺は風俗にハマった。

金さえ出せば、どんなタイプの女でも抱ける。

当時、サークルもしておらず、友だちも彼女もロクにいなかった俺はバイトばかりしていた。

趣味特になかったので、バイト代が100万円近く貯まっていた。それを全部風俗に突っ込んだ。

飛田モデル系やギャル系といったタイプを一通り抱くと、次は松島新地信田山新地にも行った。

新地に飽きると、ピンサロホテヘルデリヘルソープ・M性感。

それにも飽きたらず、シンガポールゲイランと香港の141に行った。

長かった童貞時代反動

そうとしか言いようがないくら風俗にハマった。

そんな豪遊の前に、100万の貯金なんぞあっという間に飛んだ。

 

だがいくら風俗で遊んでも、自分素人童貞であるという事実からは逃れられなかった。

素人童貞を捨てたい。

 

実は風俗にハマりながらも恋はしていた。

何人かの素人女の子とご飯にいき、セオリーにならって3回目のデートで付き合ってほしいと告げた。

だが全てフラれた。

たぶん自分には人として、男として、魅力がないのだと思う。

何か大事ものが欠落しているのだと思う。

から普通に女の子と付き合って、素人童貞を捨てるという考えは諦めた。

 

次に目をつけたのが出会い系だ。

ありとあらゆるナンパ本、ブログ、商材に目を通し、トークエスコート術を学んだ。

なんかの商材に書いてあった通り、愚直にジムに行き、体を鍛えた。

はじめこそ不発だったものの、徐々に成果が出始めた。

素人初体験相手は年下のOLだった。

OLといっても高卒就職してるので、19歳だった。

当時俺は22歳だった。20歳飛田新地童貞を捨て、2年かけて素人童貞を捨てた。

 

その後も続々と出会い系経験を重ねていった。

ナース保育士JD......

共通するのは全てワンナイトで終わったということだ。

恋愛に発展することも、セフレになることもなかった。

 

1人だけ、合コンで知り合って彼女ができたが「つまんない」と言われ1.5ヶ月でフラれた。

やっぱり恋愛に向いていないのだと悟った。

今、俺はアラサーだが、たぶんこのまま彼女を作ることも、結婚をすることもなく、一生を終えるのだと思う。

 

飛田新地童貞を捨てたことは後悔していない。

多少の自信になったし、何なら飛田に行ってなかったらアラサーの今でも童貞だったかもしれない。

ウジウジと童貞であることに悩んでいるくらいなら、飛田なりソープなりで童貞を捨てた方がよいと思う。

童貞であることにメリットはない。

だが、それと引き換えに、何か大事ものを失った気がするのだ。

 

絵が下手な絵師の原因とは

ネット上で絵描き趣味としていると定期的に

「絵が上手くならない」という嘆きを見かける。

それは始めたばかりの最初の壁にぶつかった人から

何年も描き続けている人まで千差万別だ。

では絵が上手くならないと嘆く理由とは?才能という一言

片づけることはできないだろう。自分が見てきた中での

例を挙げてみたい。上の方ほど悲惨、下の方ほどまだ

取り返しの付くタイプになる。

----------------------

・描かない型

何を当たり前なことを思うかも知れないがこれが最も多い。

どちらかと言えば「描くことが少なすぎる」というニュアンス

一枚の絵がネットなどに投稿されるペースが1,2月に1枚程度という

スローペースだったり短期間に何枚か描くもののまたすぐ

長期に描かなくなる・・・を繰り返すなどとにかく描かないのである

上手い人でこのくらいのペースの人もいるにはいるがそれは

それ以前に努力をしている人だ。なのに本人の意識は頑張っていると

思い込んでいるのが常。このパターン人間は絵の趣味としての

優先度が低い。なので多くはそうそうやめてしまうか

微塵も上達しないままだろう。論外のタイプ

----------------------

・手抜き大量生産

上記の「描かない型」とは違い絵をたくさん描く。それこそ毎日描いている

場合もある。また、絵描き歴が長いことも多い。が、描かない人間

比べればまだマシだが少しでも描ける人間から見れば大差がない。

原因はとにかく同じ構図などの繰り返し。バストアップ真正・・・

色があればまだマシなほうで線画だけということもある。

さすがにバストアップ真正面は繰り返してきた分見られないこともない

レベルだがそこに全身、立ちポーズ以外、正面・前斜めから視点以外

あおり俯瞰構図・・・となってくるとたちまち崩壊。もちろん背景なんて

描けるわけもない。やる気があるように見えて実は苦労をしたくないタイプ

厄介なタイプでもあり長年描いてきたというプライドゆえに矯正が困難。

死ぬまでバストアップ正面絵マンだ。ただし本人は悩んでいる素振り

あるが心の底では満足しているのでそのままほっといてもいいかもしれない。

----------------------

馴れ合い

「手抜き大量生産型」が併発していることが多い。

絵を描くことが好きなのではなく、それを使ったコミュニケーション

目的タイプ。互いに描いたものを褒め合い創作意欲を保つのが特徴。

上手い人同士の馴れ合いや褒め合いはこの型には当てはまらない。

上手いもの同士はお互いに相手を上手いと理解したうえで馴れ合っている。

対して下手同士の場合はお互い上手いとも思っていることが少なく、互いに

アドバイスできるような実力もないので大方傷のなめ合いで完結する。

絵描きの駄サイクルとも言われる。ただし下手な人間でも絵以外で上手い人と

交流ができ、絵を見てもらえる機会があれば脱却できることもある。

----------------------

資料未参考型

実物を見ずに想像で描いてしまタイプキャラクターの細かい造形の違いは

ともかく体の作りやその構図での見え方が間違っているとなかなか酷いことになる。

調べれば出てくるものを面倒くさがるため描きあがってから違和感に気づくが

それも直すのが面倒なので放置して投稿・・・言うのがパターン化している。

「手抜き大量生産型」とは違いいろいろ試そうとするのでまだ上達の兆しがある。

----------------------

意識先行型

絵描き歴と自身の実力の把握が大きく食い違い

自分が下手だと思っているタイプ。2パターンあり、絵描き歴が1,2年程度と短いのに

周りと比べて上達が遅い思うケースとそれなりの絵描きである程度描けるもの

同じ絵描き歴の人間に比べ人気がない→下手だという思考、もしくは人気のある絵描き

比べ下手だと思っているタイプがある。前者は焦りすぎ、後者比較対象

間違えているのが原因。矯正はまだしやすいが放置すると引退する可能性が高いので注意。

----------------------

だいたいはこんな感じ。あくまで「絵が下手だと嘆く人」の原因なので

下手に見えても楽しそうならそっとしてあげましょう。

2016-08-18

むき出しの競争心が嫌でオタクにもなれなかった

からアニメゲーム音楽も好きだ。

コミュ障で人付き合いはいい方ではない。

かと言ってオタクというわけでもない、彼らからすればいわゆる普通人間だ。

なりそこねてしまったのだ。

中学生くらいの頃は人に負けないこだわりがあった。

別にそれを人にひけらかすつもりもないし、そもそも一人で楽しむのが好きだったのだ。

それなのに、ただ何が面白いかを自分なりに説明しているだけなのに、頼んでもないのに勝ち負けに持ち込もうとする奴が必ずいた。

オタク特有の、自分のほうがオタクだというプライド押し付けてくるのだ。

自分にしてみればそんなことはどうでもよかった。好きなものを好きでいれば、自分なりの解釈自分なりに楽しんでいればよかったのだ。

それなのにそいつは違かった。自分解釈のほうが優れていると無理矢理押し付けてきたり、とにかく自分が好きなものに対する知識愛情が人に負けるのを嫌うのだ。

自分はそれが心の底から嫌だった。それが原因で嫌いになってしま作品も沢山あった。

それからはできるだけこっそり楽しむようになり、作品に対しての交流も減っていったことで自然とその世界からは足が遠のいてしまった。

そいつは40を過ぎたいまでもオタクをしている。その世界ではそれなりに名前をも通っているらしい。ただ、たまにあって話をするが、相変わらず自分知識愛情に異様なまでのプライドを持っていて、ちょっとでもコンテンツ話題を出すだけで湯水のように自己顕示欲を垂れ流していた。

嗚呼そうか。こういう根拠もないのに自分が優れていると勘違いできて、誰かれ構わず競争心をむき出しにできる人間オタクとしての素養があるのか。

そう考えると自分は人との競争が嫌いで、何事も競争となるようなものは避けて生きてきた。

おかげで周囲は平和だが、大して面白いこともない至って普通人生を過ごしている。

庵野島本のやりとりを、すごいと思いながらどこかで小馬鹿にしている自分がいた。

テレビの中では闘争心をむき出しにしてトップアスリートたちが記録を競い合っている。

からでも彼らのように競争心をむき出しにして何かに熱くなることはできるのだろうか。

それがあまりにくだらないことだと思ってしまう時点で、自分には無理なのだろう。

なりたくない人間にならなかったのだから良しとするべきか、今の自分が本当になりたかった人間になれていないことを省みるべきか。

考えるにはもう遅い年齢になってしまったのかもしれない。

ただ、やっぱりあん人間になるくらいなら死んだほうがましだ。それだけははっきりと言っておこう。

2016-08-16

自分が嫌い

なんでこんなに自分は使えない人間なんだろうか?

これといった特技がないどころかなにをやらせても平均以下、やる気もないし努力もできない。

そのくせできる人には嫉妬する。

あ~~なにもできない自分もその自分を脱しようとしない自分も脱することのできない自分ごみの癖にいっちょまえに嫉妬する自分もほんとに嫌い。

嫌いで嫌いで仕方ない。

何も楽しめない自分も嫌い。みんなが楽しんでるようなことを楽しめない自分が嫌い。

友達がいない自分が嫌い。こんな愚痴を書きなぐってるくせに向上心のない自分が嫌い。

他人から好かれない自分が嫌い。他人から好かれようとしない自分が嫌い。

人に認められない自分が嫌い。認められるようなことができない自分が嫌い。

無能自分が嫌い。卑屈な自分が嫌い。社会にいらない自分が嫌い。

楽しくなれない自分が嫌い。人付き合いが嫌いな自分が嫌い。

めんどくさがりな自分が嫌い。外に出るのが嫌いな自分が嫌い。

素直じゃない自分が嫌い。人を見下す自分が嫌い。

何事も否定から入る自分が嫌い。嫉妬する自分が嫌い。

自分はまだ大丈夫って思う自分が嫌い。まだなんとかなると思ってる自分が嫌い。

親孝行できない自分が嫌い。一番大事な時に失敗する自分が嫌い。

だれも好きになれない自分が嫌い。魅力がない自分が嫌い。

人のせいにしたがる自分が嫌い。自分利益ばっかり考える自分が嫌い。

から責められるとすぐへこむ自分が嫌い。立ち直りが遅い自分が嫌い。

へんなところプライドがある自分が嫌い。人を信じられない自分が嫌い。

ホント自分が嫌い。

http://anond.hatelabo.jp/20160816113047

同人誌の90%はその場限りの作品なんだし

同人誌画像データー詰め込んだSDカードをくっつけて売ればいい

しかし、同人作家プライドけがいから描いたもの勝手拡散していくのは許せないのかな

2016-08-15

インテリの俺が全力でシン・ゴジラ批評するゾ

シン・ゴジラを観た。

エンタメとしては面白い

だが同時に庵野および日本映画限界を示すドキュメンタリーのような映画でもあった。


この映画は、

復興ありき、

再建ありき、

日本にはまだ力がある、

立ち直れる、

そういう答えがもう先にある。

出来レースっぽい。


結論はこれ。もっと詳しく読みたい場合は先に進んで欲しい。


日本万歳の大合唱で負の側面を覆い隠す

これは映画に限らず様々な場面で3.11震災後なんども繰り返されていることだ。

力があるって主張をかたくなに、ほとんど反駁不可能イデオロギーのように保持しているのは、

しろ思考停止の弱体化にしか見えない。

俺は出来る!って盲信しているやつは、強いんじゃなくて自分の弱さを直視できないだけだ。


もっとも、3.11以降繰り返されてるそうした自己欺瞞的な合唱に飲み込まれることは、まぁ仕方ない。

この作品を取り巻く精神的な状況からして、ほとんど不可抗力であるし、それだけで作品のすべてを否定するつもりはない。

しかし、せっかくゴジラほどの大怪物召喚しておいて結果やっぱり俺らスゲーの大合唱かよ、と思わざるをえない。

俺らスゲーの出来レースゴジラ以外の他のテーマでやってくれ、と言いたくなる。

ゴジラというキャラもっともっと掘り下げるべきテーマを蓄えた宝庫なのであって、ゴジラをそんな自己欺瞞物語なかに埋もれさせて浪費してはいけないのだ。


新たな危機に直面すればこそそれに見合った国の体制を改めるよう反省を強いられ、

新たにテーマを掘り下げればこそそれに見合った映画手法発明するよう強いられる。

しかしそうした危機テーマである当のゴジラが、ほとんど空虚存在であるがゆえに(たしかわずかだが神として語られ、放射能の脅威を連想させていても、しかしそれが物語構造のものに関わることはない)、

日本万歳のその国の概念のもの反省を迫る映画にはなっていないし、その手法に関して言えば新たな手法発明どころかエヴァンゲリオンとさして変わらない。

(たとえばキャラクターについて言えば、感情を押し殺したようにして淡々と語る綾波市川実日子に、外国語を混ぜたご機嫌なアスカ石原さとみに、真意のわからぬまま無理難題を突きつけてくるゲンドウは〈あの国アメリカに、それぞれ入れ替わっただけである。)

シン・ゴジラエヴァンゲリオン庵野確立した様々な設定を忠実に引き写している。そこには反省発明も見つけられない。


もちろん何の変化もないわけではないが、

そうした変化が結局は日本の閉鎖的で差別的視野に同一化する点、

自分に力があると信じたいがために他国と異性に対する偏見を利用する屈折した日本男性視点に同一化する点は、

この映画保守的ものにしている部分である


石原さとみによって日本を弱小国として見る可能性が排除される

たとえばエヴァンゲリオンにはなくてシン・ゴジラには見られる新しい部分は、政治の前景化であるとともに、(それがつねに〈日本の〉政治である限りで)他国政府との交渉だろう。

ここに石原さとみが登場するわけだが、彼女キャラクターは、自信を回復したがる日本男性の閉鎖的で差別的欲望奉仕している点で、やはりこの映画保守的ものにしている。


石原さとみのチャラけた演技は真剣に事案に対処している他のキャラクターに比べかなり浮いて見えるが、

しかしあれは日本男性の閉鎖的で差別的欲望からすると必然的な役柄になっているといえる。

演技がわざとらしいために良い演技とは言い難い、と思う観客もいるだろうが、しかしそういう演技も含めて必然的キャラのあり方だと思う。


日本米国の間に女性が入るというのは、日本からみて心理的必然性をもっている。

日本米国関係はいわばスネ夫ジャイアンであって、ジャイアンマッチョなところがあまりに出すぎると(たとえばジャイアンの力のみで事件解決したり、その力がスネ夫である日本に向かったりすると)、日本を守る日本人男性たちのプライドや虚栄心が傷ついてしまう。

そこで米国代表としてか弱い女性を置くことで、日本人男性日本人男性の力で国を守ったという体裁が保たれる。

かつ、あの日本語と英語を織り交ぜたヘンテコな日本語は、彼女をか弱い存在だけでなく変な奴として提示する。国際的観点からでなく、あくま日本人の側から見られた変人だ。

ここでは常識人変人の対は、内部(日本人)と外部(外国人)という対と本質的に繋がっている。変人変人であるのは、その者が外部から来た外国人であるからだ。

「〜アルヨー」とか「〜デース」とかい言葉遣いキャラが、日本人の側から見られた変な奴の象徴であるのと同じで、

彼女の奇妙な日本語は、他の日本人男性と観客とに米国でなく日本から観点を持たせ、その外部から来た変人として石原さとみを見させる。

視聴者たちが米国目線から日本を弱小国として見る可能性が排除される。


このようなわけで、この映画日本男性精神性の問題をそのうちに含んでおり、その点ははっきりと批判されるべきであるが、

しかしその限界をはっきりと映画のなかで示しているという点においては、そうした限界の記録として、ドキュメントとして、歴史的価値が大いにあると思われる。

その点では逆にこの映画評価されるべきだろう。

これほどありありと、日本的および日本男性想像力限界を示した作品はなかなか見つからないのではないか


風立ちぬ』にも認められるドキュメンタリー価値

この点ではジブリの『風立ちぬ』も同じだろう。

あの映画は、機械オタクの男が設計室に引きこもってひたすら戦闘機流線型フォルムにうっとりしているだけで、その戦闘機がどれだけ戦争悲劇を生んだか、とか、そうした男の機械オタクたちが生んだ戦争技術によって死んでいった女性への視点が欠如しているだとか、政治的またジェンダー的な観点からさまざまに批判を呼んだが、

しかしそうした戦中日本精神限界性をはっきりと示していたという点においては、ドキュメントとして大いに価値をもっている。

今回のゴジラもまた、同じような価値をもっているといえる。


こうして、批判されるべき部分は評価されるべき部分ともなる。

したがっておそらく、この映画において賭けられているのは、シリアスコミカル関係性ということになろう。これはどういうことか。


正しい反応とは、それを積極的に笑うというもの

さしあたりこれまでの論述で明らかになったことは、この映画限界証言するドキュメントとしては優秀であるが、それはいわば限界にはっきりと居座っているからであって、丁寧になぞっているからであって、限界を越えようとしているからではない、ということであった。

まりエヴァンゲリオン踏襲し、ナショナルものジェンダー領域において日本男性の閉鎖的で差別的欲望奉仕するこの保守的映画は、

限界を自ら反復し、演じている、ということであった。

日本男性政治家米国女性シリアスセリフを交わす場面で、自身の力への欲望は満たされるだろう。

しかしまた、あることを反復し演じることは、つまりそれを真似することであり、その虚構性を示すことである

そう考えれば、シリアスものコミカルものに転じる。

そしてそれに応じて、批判されるべき部分は、評価されるべき部分ともなるのである


したがって、このように問うことができるだろう。

限界を反復することは、限界に居座ることであると同時に、限界茶化すことでもあるのではないか。つまり限界批判することでもあるのではないか

たとえばエヴァンゲリオンの設定を踏襲することは、新たな手法発明努力放棄することであると同時に、反復しているその設定を茶化し、批判することでもあるのではないか


そうであれば、シン・ゴジラへの正しい反応とは、それを積極的に笑うというものではないだろうか。

まりシン・ゴジラが何かを反復している限りでシン・ゴジラを笑い、またその反復によってシン・ゴジラが茶化しているものを笑う、と。

誰か、あの映画を見て笑ったものはいるだろうか。

あの映画は、諸手を挙げて受け入れられているように見える。

私はその反応をこそもっと批判したい。

2016-08-14

ふうまくん、ごめんなさい。サンドバックにさせて。

風磨ソロ入りました。多少のネタバレがあります。ご注意ください。

以下、タイトル理由がつらつらしてます



まず感想

面白かった!!

風磨担でも、他Gを通ってきた生粋ジャニオタでもありませんが、単純に楽しかったです。

風磨くんのソロレーザーを使った演出はハマってて気持ち良かったですし、

お?そうくるか~!!という意外性もあり、知らない曲が多くても楽しめました。

何よりコントの完成度が高くて、こんなコントを日替わりにするなんて贅沢だな~と思ってました。


でも、ごめんなさい。映像ストーリーはまったく響きませんでした。

私、“仲間”とかそういったものがわからない人種なんです。

風磨くんの言ってるまぶしい言葉、受け入れられない。

今までなぜ風磨くんのことをどうしても好意的にみれないのか疑問でしたが、

今回ソロコン入って少しわかった気がしました。

彼のスクールカースト高い感が合わないんだ!



風磨くんみてると、中学時代気持ちが蘇るんですよ。

カースト低くて、でもプライドだけは無駄に高くて捻くれていた中学時代

カースト高い人が苦手で。その理不尽さに傷ついて心の中でバカにしてた。

カースト高位特有の“仲間”感、あるじゃないですか。

仲間のノリを強制するとこが苦手。ノれないと笑いものにされる理不尽さ。

仲間のノリは受け入れさせるのに、こちらのことは受け入れてくれないのね。言えないけど。

文化祭とか合唱コンとか仲間内勝手に盛り上がるだけにしてよ、熱くなっちゃってさ~こっちにもそれ求めないでよ(笑)

こんなでバカにしてた。

絶対言えないから、真面目にやってるフリしてたけど。


それがもう悔しくて悔しくてたまらなかった。

こんなに私イヤなのに、でもしょせん下。下だから怖くて何もできない。そんな自分にムカつく。

あいつら、自分たち仲間が言ったら周りもそれを当然やるって信じて疑わないんだよ、

しろ当たり前だから信じるとかすらそういう段階でもないんだろうよ。

こんな自分勝手なのに、許されちゃう

私許さざるを得ない。

カーストいから。

仲間とかまぶしいセリフとかくっさいこと言って許されるの、

それを笑うのを許さな空気を出せるの、

すっごくムカついてた。でも怖いからそれを表に出すことができなかった。



そう、八つ当たりです。

風磨くんたち仲間のカースト高い感に触発されて、過去カースト高い“仲間”達へのムカつきが蘇って。

怖くないから、ここぞとばかりに勝手過去のムカつきを発散してるだけです。


ふうまくん、ソロコン終わりのあいさつで魔法をかけてくれたね。

過去は変えられないから、10年後、20年後未来の私を今からやりなおせるように。

でも今さらでも発散したいくらいのムカつきを溜めこんだのは、変えられない過去なんだ。

ふうまくん、ごめんなさい。

大変身勝手だけど、私が発散しきるまでムカつきのサンドバックにさせてください。




ちなみに今のカースト高い人への気持ちは、人種が違うからわかりあえなくてもしょうがないです。

結局カースト高い経験はできないまま今に至るので、“仲間”になると実際どんな感じなのかわからずじまいです。

2016-08-12

プライドが高いっていうな、腐れ精神科医

恐怖におびえているだけなのに、

それをプライドが高いとか、自分の殻に閉じこもっているとか、

そういう風に説教するような人たちって

たぶん壮絶な集団イジメに遭うような経験はしたことないんだろうな



もはやひたすらビクビク怯えて、

他人から距離を取って自分を守ることでしか生きられないようになったわ

人間に、基本的な信頼感がないんだよ

すべての人間が恐ろしいんだよ



あんたは学校全体からイジメ対象になって

知らない後輩から後ろから蹴られるような経験をしたことがあるのか?

教師からすらイジメを受ける経験をしたことがあるのか?

およそ人間扱いされない、服を着た生ごみのような扱いをされたことがあるのか?



あんたの知っている世間けが世間じゃない

この世の中には、あんたの知らない壮絶な経験をした人間だっているんだよ

お前のその貧困想像力の欠如なんとかしろ

というか精神科医なんてやめちまえ、このクズ野郎



これがプライドだって? とんでもない。

これは恐怖と不安の塊なんだよ。

自分を守らないとね、またあの惨劇が繰り返されるようで

恐ろしくて恐ろしくて恐ろしくて仕方ない。

血ヘド吐くような毎日はもう二度とゴメンだ。



俺は自分自分を殺す直前まで追い詰められた

それでも俺は生き延びたんだ。

こうして自分を守ることで死なずに済んだんだ

お前がいうプライドっていうのは、俺みたいな人間にとっては命を守る盾なんだよ

殺される直前にまで追いつめられたら、誰だって恐怖で頭がおかしくなる。

自分を守って何が悪いんだ。何が悪いんだ。おい、答えろよ。

b:id:p_shirokuma

褒めるのは恥ずかしい

前回のオリンピックだったか中小企業所属プレイヤー銅メダルを獲得して社長に報告したら、あっけなくてくやしかった、みたいな秘話があった。その悔しさをばねに次のメダルに、みたいな終わり方だったと記憶している。

なんの美談でもない。ただ、褒めるのが恥ずかしいだけのことだ。銅メダルなんだから十二分の結果だろうに、プライドがじゃまをして、褒められないのだろう。褒めるのには責任が伴う。「金、銀があるじゃん」と揶揄する低能は必ずいる。それにプライドが刺激される人は、褒められないのだろう。

無責任のくせに、他人責任苛烈に追及する、いかにも日本人らしい話だと、感じたのを思い出した。

2016-08-10

高いプライドにどう向き合えばいいのか

一昨年に博士工学)を取って今はポスドク


最近自分プライド邪魔をしているせいで何かしらうまくいかないと思うことが多々ある.

自分の専門やその関連分野についてはかなりの知識があるということは

客観的に捉えても正しいというところまではいいと思う.

しかし,今のご時世においては国際化や連携といったことが強く求められ,

必ずしも自分の得意ではない分野においても,さも得意であるかのように振る舞うことを求められることが多い.

# 分からないのに装えというわけではなく,一から勉強してその分野にも強くなれということ

特に30代前後研究者テニュアと呼ばれる生涯が保証されるポスト

得るためには,とにかく様々な業績を上げる必要があり,そのためには仕事を選ぶことなどできない.

ここで問題になるのがプライドの高さだ.


修士から博士の5年間によって,一般的問題解決能力は鍛えられたとは思う.

その恩恵として,同じことを一から始める場合でも,ある程度ものになるまでの

時間は短いという感じはしている.

しかし,未知の領域においては自学自習で完結させるのは

やはりどうしても時間必要になってくるため,

早く仕上げるということを考えると誰かに非常に初歩的な質問をしなければならない.

頭ではそうすればいいというのはわかっているのだが,

どうしてもそれをすることが出来ない.あるいは妙な葛藤があり結果として時間を浪費する.

おそらくこれは自分プライドが高いことが原因だと分析しているのだが,

どうすればこの高いプライドと折り合いをつけて,

効率良く業務を回すことができるのだろうか.

http://anond.hatelabo.jp/20160810075021

そう、ネガティブ意見ゴリ押しし始める人自体は、アスペルガー症候群とは関係ないと思う。

ただ、ASDの人は些細な論理破綻意味連結の不明瞭さをすごく敏感に感じ取って、指摘できる傾向がある。

そういうのをめざとく見つけて、

ケチのつけ始めとして都合よく利用しようとする人がネットには沢山いる。

たとえば、「ああやっぱり脚本家クソだ」「○○ファンはガキ」みたいに、

クリエーターや読者層にマウントし、貶めたい人。

そうやってプライドを満たし、自分を賢くみせたくて仕方ないのだと思う。

そういうのにも障害的な名前がついてるかもしれないけど、

だとしても限りなくレインボーでどこからが病的なのかは微妙だと思う。

これはASDについても言えるから、本当はこういうレッテルみたいな言い方をするのは

良くないと分かってる。でも理解やすさのため言っていることをわかってほしい。

 

ともあれ、そうやってネガティブを吹聴する人たちは、

アラ探し目線ものを見て、否定から入り、ものごとの良さを汲み取る姿勢がない。

ともすると自分ターゲット層でない作品にすら入り浸ったりする。

から、楽しむために見ている人とはどうしようもないほど理解の断絶が生まれる…

はずなんだよね。でもネットだとネガティブ意見思考侵食力がかなり強く働く。

そういうところが怖いなって話よ。

 

2016-08-09

http://anond.hatelabo.jp/20160809200530

プライドやろ

あと男は何しても許される空気

もちろんブサメンは除くが

2016-08-08

某は肥大化した自己他人から批評への恐怖とで眠れぬ夜から逃げる

二十代は後半にさしかかったが未だに職なし

大学は去年中退受験勉強と在学期間の約十年、大きな無駄を貪った

学歴なし職歴なし資格なしスキルなし

さて、こんな人間が生きていていいのか

頭脳明晰かつ行動力に溢れる読者諸君ならこんな事例に対して、いや四の五の言わずに働けよ、という声が聞こえてきそうだ

まだ若いんだから、どうにでもなるから、なんて肯定的ものはまだいいが

根が腐っている御仁はさっさと死になされと勧めてくるかもしれぬやも

脇道に逸れてしまった

さて、某の問題点は何もしたくないという気持ちが強すぎるのである

無気力、無関心、無責任を貫く面の皮の厚い自己中心的人生を貫いてきた

両親、兄弟、友人とお世話になった人は数知れず、しかしその恩に報いる気持ちがけだし浮かび浮かばぬような中途半端状態である

そこには幾つかの理由があるのではと自分なりの自分への推論をしてみようではないか

第一に親の影響がある

第一項目から自ではなく他へ理由を求めている点がいかにも自分勝手ではあるが、好き勝手やらせてほしい

我が親は、特に父親は何に対しても自分意見を言ってくる御仁であった

それ自体は悪いことではない、字面だけ見れば、だ

子供の時分から何か言おうが何をしようが安全性リスクマネジメントについて、またその意見の正確性についてこんこんと言われることが多かった

これ自体は何度も言うように悪いことではない

子供正論を振りかざして何が悪い

全ては親が子を思う気持ちから

それは理解できる、今なら

だが、いちいち語気を強め、語尾を強い調子でまるで激昂したように言いくるめてくるのはやめてもらいたかった

何を言っても、何をやってもそうやって言われるのだ

毎度毎度その言動の良し悪しに関わらずただ怒られてるようにしか思えなかったのだ

意識はなかったが抑圧された子供時代を送ったのかもしれない

何をしようと最終的に嫌な気分にさせられるならはじめから何もしなければいいのだ

そうやって育ってきた

以上が第一である

第二項も似たようなものかもしれない

某は完璧主義である

だが負けず嫌いではない

自分想像する状態にならなければ、やった意味はないと考える癖があるのだ

百でなければならぬ、九十九では零に等しいのだ

結果、何もしなくなった

のものなんて存在しないかである

世の中七十で及第点であったり、場合によっては三十でもよかったと言える場合がある

それには迎合できない

第三項は聡明な読者ならもうわかるかもしれない

この文体、語り口調からにじみ出る、無類のプライドの高さだ

プライドはある程度あったほうがいい

だがプライド邪魔しかならない時もある

傲慢という言葉がしっくりくる人間である

頭を下げられなかったがために教えを請うことも適切な謝罪をすることもなかった

多くの人間関係を失った

そしてここまで読み進めた忍耐深い読者諸君はきっとこう思っていることだろう、面倒くさくてこんなやつと友達になんてなれない、と

その通りだ、自分でも自分友達になどなりたくない

第四項だ

それは恥ずかしがり屋であり目立ちたがり屋なところである

某は無駄に目立とうとしてきた、そしてすべからく羞恥の念に苛まれてきた

これは性癖ではない

羞恥心は一ミリ気持ちよさを運んでこない

ステージに立つことや日常ちょっとした動作から人に見られてること、人の顔色を常に伺ってきた

その結果毎晩風呂場で湯船に浸かりながらなぜあのようなことをしたのかと猛省の日々が続いた

古くは小学校入学からになるのだ

もう二十年はそんなことをしている

まあ最近人間関係が無くなったためにそういう思いに駆られることは少ないが

ともかく、目立ちたいのだ、だが恥ずかしいのだ

家庭環境事情から自分の内側をさらけ出すことにとんでもなく恐怖を覚えるのだ

だがヒーローになりたかったのだ

しかしその割に自分内面を出さないのだ

他人の顔色しか見えなかった

その人が何を考え何を思ったのか、面の皮のその内側までを考えることができない浅い思慮しかきぬのだ

第五項は孤独

これが最後

我が家とある宗教団体所属している

某は所謂三世というやつだ

祖父母、従兄弟等が特に真剣にそういう活動をしそういう信条に従って生きている

我が両親はさほどそういった活動に手は出さなかった

某もそういう教育ほとんど受けていない

から所謂経典のようなもの意味もその団体歴史特に知らない

わかりやすい例を挙げると死生観というもの理解できない

団体のもの簡単に言えば輪廻天性のようなもの信条としているが

某は死ねばそれで終わりだと思っている

少なくとも死ねば某は某でなくなるのだ

生前どんな活動をしようがいくら金を稼ごうが死のその瞬間にその全ては無駄になる、と思っている

くだらぬ例が長引いたが何が言いたいかというと

自分の家がとある宗教団体所属していることは他の家とは違うことであり、普通ではない、ということにとんでもなくコンプレックスを抱いているのだ

からこれまでにこの話を誰かにしたことはない

いくら仲良くなろうと自分の家がそういうところに所属していると知られては、友情にヒビが入ると思っているからだ

それに小学校の二年生の時から自分結婚ができない人間だと理解している

いくら相手との相性が良くても、理解のある相手であっても、相手家族から猛反対されるに決まっているからだ

某は相手に無理強いしないつもりではある

だが普通ではない人間にだれが自らの子供を預けようと思うか?普通ではない家族と深い関わりを持とうと思うのか?

そう考えれば考えるほど、自己意識の中でだけではあるが、異性との距離は遠くなっていった

今はもう無限遠方と言っても良いだろう

性交だって経験がない

自分自身の血がコンプレックスである

結果孤独である

外部の人間関係から孤独であり

真面目にその宗教をするつもりがないのだから家族人間関係から精神的には孤独である

これから先も深い人間関係など築けないと覚悟している

まあそういう世の中になってきてはいるようだが

だが後ろ指は刺されたくない

自分普通でないことから他人に悪い先入観を持たれたくない

結局結論も何もない推論になってしまったが

これこそがまさに自らを表している

終わり良ければすべて良し、とよく言われるが某の人生の中では終わりが良かったことがほとんどないのだ

途中までは良くても最後有耶無耶に逃げ出す

まさにこの纏まりのない推論自体が某自身物語っている

きっと人生の終わりも自ら逃げ出すように迎えるのだろう

なぜこのような駄文を残したのか

インターネットという黒い大河の一滴にでもなれば悪くない

恥ずかしがり屋がテキトウに目立とうとして失敗した事例として残ればそれでいいのだ

まず領土問題認めれば?

https://twitter.com/arimoto_kaori/status/762121019876216832

このツイートを見て思った。

自分尖閣なんてあげちゃえ派だ。

現在はそんなこと少しでも表に出したら殺される勢いなのでひっそり書く。



ただひとつ条件があって、

戦争になるくらいなら」

である

これは祖父から戦争だけはしちゃいけない」と教えられた結果である



そういう意味でいうと、早く中国との間に尖閣をめぐる領土問題があることを認めて、何かしらの交渉に持って行かないといけない。

このまま事態が進んだとしたら交渉余地なく武力行使戦争突入だろう。

「あぁ、戦争ってこうやって始まるんだな」

である



交渉とか議論無しね。



http://honz.jp/articles/-/43166

はてぶでも「日本すごいのディストピア」なんて本が注目されたけど、そんな日本礼賛番組を連日放送されたら嫌でもプライド高くなってしまうからね。自分はなるべく見ないようにしてるけど。

結局はこのプライドの高さが外国との軋轢を産んで摩擦になるのだと思う。


政府だけじゃなくて、マスコミ一般市民含めて全体がいい感じで戦前になりつつあるなぁと。

龍堂寺士門の淫謀 攻略

純谷 茜』

01周首日起→西館廊下

02周星期1起→西館廊下

03周星期1起→西館廊下

04周星期1起→学食【すずか08】→当日晚上自动过场【すずか09】【すずか10

06周星期1起→特殊教室棟→当日晚上起"性奴隷調教を行う"选择"純谷 茜"【茜01】

07周星期1起→西館廊下→当日晚上自动过场【茜02】

08周星期1起→化学準備室【茜03】→次日晚上起"性奴隷調教を行う"选择"純谷 茜"(首次【茜04】 二次以后【茜05】)

09周星期1起→开头自动过场【茜06】→当日晚上起"性奴隷調教を行う"选择"純谷 茜"(首次【茜07】 二次以后【茜08】)

10周星期1起→西館教室【茜09】→当日晚上起"性奴隷調教を行う"选择"純谷 茜"(路线分歧选择→首次【茜10二次以后:首次选1【茜11】 首次选2【未登陆シーン鑑賞H剧情】)

※路线分歧选择(影响部分后续内容):1.茜の全てを愛している(纯爱) 2.茜の女体を愛している(鬼畜)

路线分歧选择(纯爱鬼畜不限)完成后追加的H剧情(非攻略必要,可重复选择)

每周星期3→西館教室(选项:选1.すぐに教室に入る【茜12】 选2.茜が一人になるのを待つ【未登陆シーン鑑賞H剧情】)

※此项目为"泛用剧情"变种,具备单双数周差异和优先度低等特征

周末成功选择"茜の状況を確認する"时触发的H剧情(首次【茜13】 二次以后【未登陆シーン鑑賞H剧情】)

成功条件:路线分歧选择时选2(鬼畜)

H剧情分歧:1.クソビッチなケツ穴を犯す(鬼畜) 2.二つ穴を犯して、僕を思い出させる(纯爱)

※此项目可多次选择,若两种剧情分歧都选择过,则纯爱优先于鬼畜

个人GE条件:路线分歧选择时选1(纯爱),等到游戏时间结束【茜14】

个人BE条件:路线分歧选择时选2(鬼畜),等到游戏时间结束(优先度极低,在其余带シーン鑑賞的END条件无法达成时才会出现)



宇都宮香子

01周次日起→中庭.校庭

02周星期1起→東館廊下→当日晚上自动过场【すずか13】

03周星期1起→早上自动过场

04周星期1起→東館廊下

05周星期1起→保健室

06周星期1起→保健室【智香子01】

07周星期1起→体育館.プール【智香子02】

08周星期1起→中庭.校庭【智香子03】→当日晚上起"性奴隷調教を行う"选择"宇都宮香子"【智香子04】

09周星期1起→早上自动过场【智香子05】→当日晚上起"性奴隷調教を行う"选择"宇都宮香子"(首次【智香子06】 二次以后【智香子07】)

10周星期1起→東館廊下【すずか14】→当日晚上起"性奴隷調教を行う"选择"宇都宮香子"(首次【智香子08】 二次以后【智香子09】)

11周星期1起→中庭.校庭【智香子10】→当日晚上起"性奴隷調教を行う"选择"宇都宮香子"(路线分歧选择→首次:选1【智香子11】 选2【智香子12二次以后【智香子13】)

※路线分歧选择(影响部分后续内容):1.智香子自分のモノにする(纯爱) 2.智香子さやか差し出す(鬼畜)

路线分歧选择(纯爱鬼畜不限)完成后追加的H剧情(非攻略必要,可重复选择)

每周星期2→中庭.校庭【未登陆シーン鑑賞H剧情】

每周星期2→東館廊下(选项:选2.かまわない【智香子14】)

双数周星期3→東館廊下(选项:选1.特製ドリンクプレゼント【智香子15】)(本周无法触发可等下周)

※此项目为"泛用剧情"变种,具备单双数周差异和优先度低等特征

周末成功选择"智香子の状況を確認する"时触发的H剧情(首次【智香子16】 二次以后【未登陆シーン鑑賞H剧情】)

成功条件:路线分歧选择时选2(鬼畜)

H剧情分歧:1.プライドを捨てる(鬼畜) 2.智香子に愛を伝える(纯爱)

※此项目可多次选择,若两种剧情分歧都选择过,则纯爱优先于鬼畜

个人GE条件:路线分歧选择时选1(纯爱),等到游戏时间结束【智香子17

个人BE条件:路线分歧选择时选2(鬼畜),等到游戏时间结束(优先度极低,在其余带シーン鑑賞的END条件无法达成时才会出现)



桜井 穂波

01周首日起→西館廊下

02周星期1起→西館廊下

03周星期1起→西館廊下

04周星期1起→西館教室穂波01】

05周星期1起→化学準備室【穂波02】→当日晚上起"性奴隷調教を行う"选择"桜井 穂波"【穂波03】

06周星期1起→特殊教室棟【穂波04】

07周星期1起→理事長室【すずか11】→次日晚上起"性奴隷調教を行う"选择"桜井 穂波"(首次【穂波05】 二次以后【穂波06】)

08周星期1起→特殊教室棟【すずか12】→化学準備室【穂波07】→当晚或次日晚上起"性奴隷調教を行う"可选"桜井 穂波"【穂波08】(非攻略必要,可重复选择)

09周星期1起→体育館.プール穂波09】→次日晚上起"性奴隷調教を行う"选择"桜井 穂波"(路线分歧选择→首次:选1【穂波10】 选2【穂波11二次以后:首次选1【穂波12】 首次选2【穂波13】)

※路线分歧选择(影响部分后续内容):1.穂波口説き落とす(纯爱) 2.穂波を愛玩奴隷に堕とす(鬼畜)

路线分歧选择(纯爱鬼畜不限)完成后追加的H剧情(非攻略必要,可重复选择)

每周星期6→体育館.プール(选项:选1.誘いに乗ってやる【穂波14】)

※此项目为"泛用剧情"变种,具备单双数周差异和优先度低等特征

周末成功选择"穂波の状況を確認する"时触发的H剧情(首次【穂波15】 二次以后【穂波16】)

成功条件:路线分歧选择时选2(鬼畜)

H剧情分歧:1.淫乱ペットオモチャ遊び(鬼畜) 2.愛するペットとお散歩セックス(纯爱)

※此项目可多次选择,若两种剧情分歧都选择过,则纯爱优先于鬼畜

个人GE条件:路线分歧选择时选1(纯爱),等到游戏时间结束【穂波17

个人BE条件:路线分歧选择时选2(鬼畜),等到游戏时间结束(优先度极低,在其余带シーン鑑賞的END条件无法达成时才会出现)



『渡根川 麗』

01周首日起→屋上

02周星期1起→西館廊下

03周星期1起→西館廊下

04周星期1起→屋上

05周星期1起→西館廊下【麗01】

06周星期1起→西館教室【麗02】

07周星期1起→化学準備室【麗03】→当日晚上起"性奴隷調教を行う"选择"渡根川 麗"(首次【麗04】 二次以后【麗05】)

08周星期1起→西館廊下→当日晚上起"性奴隷調教を行う"选择"渡根川 麗"(首次【麗06】 二次以后【麗07】)

09周星期1起→保健室→当日晚上起"性奴隷調教を行う"选择"渡根川 麗"(路线分歧选择→首次:选1【麗08】 选2【麗09】 二次以后:首次选1【麗10】 首次选2【麗11】)

※路线分歧选择(影响部分后续内容):1.麗の全ての愛を手に入れる(纯爱) 2.麗を性奴隷に堕とす(鬼畜)

路线分歧选择(纯爱鬼畜不限)完成后追加的H剧情(非攻略必要,可重复选择)

每周星期4→中庭.校庭(选项:选1.その辺で待つ【麗13】)

每周星期5→職員室【麗12

※此项目为"泛用剧情"变种,具备单双数周差异和优先度低等特征

周末成功选择"麗の状況を確認する"时触发的H剧情(首次【麗14】 二次以后【麗15】)

成功条件:路线分歧选择时选2(鬼畜)

H剧情分歧:1.おちんぽの差を見せつける(鬼畜) 2.愛情の差を見せつける(纯爱)

※此项目可多次选择,若两种剧情分歧都选择过,则纯爱优先于鬼畜

个人GE条件:路线分歧选择时选2(鬼畜),周末至少成功选择1次"麗の状況を確認する"并在该剧情分歧时选2(纯爱),等到游戏时间结束【麗16】

个人BE条件:路线分歧选择时选1(纯爱),等到游戏时间结束(优先度极低,在其余带シーン鑑賞的END条件无法达成时才会出现)

※注意:攻略本女主GE时,如果在周末的"麗の状況を確認する"剧情里把鬼畜纯爱选项都选择过,则可能在结局前出现黑屏BUG



『観嶋 かごめ』

01周首日起→東館廊下

02周星期1起→東館廊下

03周星期1起→職員

04周星期1起→職員

05周星期1起→晚上自动过场→次日晚上起"性奴隷調教を行う"选择"観嶋 かごめ"【かごめ01】

06周星期1起→晚上自动过场【かごめ02】→后日(最快星期3)晚上起"性奴隷調教を行う"选择"観嶋 かごめ"(首次【かごめ03】 二次以后【かごめ04】)

07周星期1起→理事長室→当日晚上起"性奴隷調教を行う"选择"観嶋 かごめ"(首次【かごめ05】 二次以后【かごめ06】)

08周星期1起→体育館.プール【かごめ07】→当日晚上起"性奴隷調教を行う"选择"観嶋 かごめ"(路线分歧选择→首次:选1【かごめ08】 选2【かごめ09】 二次以后【かごめ10】)

※路线分歧选择(影响部分后续内容):1.かごめを自分の手元に置く(纯爱) 2.かごめをさやか差し出す(鬼畜)

周末成功选择"かごめの状況を確認する"时触发的H剧情(首次【かごめ11二次以后【かごめ12】)

成功条件:路线分歧选择时选2(鬼畜)

H剧情分歧:1.かごめを諦める(鬼畜) 2.かごめが必要だと訴える(纯爱)

※注意:此项目虽可多次选择,但剧情分歧的选择仅在首次触发时出现,二次以后的选择不再影响鬼畜纯爱分歧.

个人GE条件:路线分歧选择时选1(纯爱),等到游戏时间结束【かごめ13】

个人BE条件:路线分歧选择时选2(鬼畜),等到游戏时间结束(优先度极低,在其余带シーン鑑賞的END条件无法达成时才会出现)



『竜崎 すずか』

01周首日起→晚上自动过场【すずか01】→次日晚上起"性奴隷調教を行う"可选"竜崎 すずか"

每晚"性奴隷調教を行う"选择"竜崎 すずか"时触发的H剧情1:初期(首次【すずか02】 二次以后【すずか03】)

每晚"性奴隷調教を行う"选择"竜崎 すずか"时触发的H剧情2:五女主中任意2人在路线分歧选择时选2(鬼畜)(首次【すずか04】 二次以后【すずか05】)

每晚"性奴隷調教を行う"选择"竜崎 すずか"时触发的H剧情3:五女主中任意4人在路线分歧选择时选2(鬼畜)(首次【すずか06】 二次以后【すずか07】)

『竜崎 さやか

周末成功选择"さやかのご褒美を確認する"时触发的H剧情1:五女主中任意1人在路线分歧选择时选2(鬼畜)【さやか01】

周末成功选择"さやかのご褒美を確認する"时触发的H剧情2:五女主中任意3人在路线分歧选择时选2(鬼畜)【さやか02】

周末成功选择"さやかのご褒美を確認する"时触发的H剧情3:五女主中全部5人在路线分歧选择时选2(鬼畜)【さやか03】

すずか&さやか姐妹END条件:すずか3种每晚调教+さやか3种周末的"さやかのご褒美を確認する",等到游戏时间结束【さやか04】(优先度低于后宫END,因此要避免凑齐后宫END相关的其它条件)

后宫END条件:五女主都在路线分歧选择时选2(鬼畜)+五女主都在周末成功选择"xxの状況を確認する"并都在该剧情分歧时选2(纯爱)+すずか3种每晚调教+さやか3种周末的"さやかのご褒美を確認する",等到游戏时间结束【さやか05】【さやか06】

主角BE条件:没有达成以上包括女主BE在内任何一个END的条件,等到游戏时间结束(优先度最低)



※补充说明:

上文忽略了"固定剧情"触发后发生时间较近但与シーン鑑賞无关的"自动过场"剧情,仅列出发生时间间隔较远(1周)或带シーン鑑賞的"自动过场"剧情.

标记"首次"&"二次以后"的项目中,"二次以后"部分如果在触发前达成下一阶段H剧情的条件,则会导致之后流程中无法再触发该剧情.

若2个或以上女主个人GE条件同时达成,则结局以优先度高的人物为准,优先顺位:茜>智香子穂波>かごめ>麗(麗是唯一的鬼畜线GE,故优先度低于其余4人的纯爱线GE)

※附12个场所中各人物"泛用剧情"出现日期的暂定归纳表(仅以各女主全固定剧情完成后测试,与之前剧情进展阶段相比配置有差异)

若要归纳各人物全阶段全配置,考虑到流程中固定剧情优先度等问题,暂时正在思考其它归纳方式,如果没什么进展可能放弃更新此项,现阶段仅提供大体框架给想看"泛用剧情"的玩家参考.

『单数周』

西館廊下(与双数周不同)

周1:麗 周2:麗 周3:麗 周4:穂波 周5:穂波 周6:智香子

西館教室

周1:穂波 周2:穂波 周3:茜 周4:茜 周5:茜 周6:穂波

学食

周1:麗 周2:穂波 周3:かごめ 周4:さやか 周5:无 周6:无

屋上

周1:无 周2:无 周3:无 周4:茜 周5:茜 周6:さやか

体育館.プール

周1:无 周2:无 周3:智香子 周4:穂波 周5:无 周6:穂波

中庭.校庭(与双数周不同)

周1:智香子 周2:智香子 周3:麗 周4:麗 周5:茜 周6:麗

東館廊下(与双数周不同)

周1:智香子 周2:智香子 周3:茜 周4:かごめ 周5:智香子 周6:无

化学準備室

周1:无 周2:麗 周3:无 周4:无 周5:无 周6:无

保健室

周1:无 周2:无 周3:すずか&さやか 周4:无 周5:无 周6:无

理事長

周1:さやか 周2:さやか 周3:さやか 周4:さやか 周5:さやか 周6:さやか

職員室(与双数周不同)

周1:茜 周2:かごめ 周3:茜 周4:穂波 周5:麗 周6:かごめ

特殊教室

周1:かごめ 周2:さやか 周3:茜 周4:かごめ 周5:かごめ 周6:かごめ


『双数周』

西館廊下(与单数周不同)

周1:茜 周2:麗 周3:麗 周4:穂波 周5:穂波 周6:无

西館教室

周1:穂波 周2:穂波 周3:茜 周4:茜 周5:茜 周6:穂波

学食

周1:麗 周2:穂波 周3:かごめ 周4:さやか 周5:无 周6:无

屋上

周1:无 周2:无 周3:无 周4:茜 周5:茜 周6:さやか

体育館.プール

周1:无 周2:无 周3:智香子 周4:穂波 周5:无 周6:穂波

中庭.校庭(与单数周不同)

周1:智香子 周2:智香子 周3:无 周4:麗 周5:さやか 周6:茜

東館廊下(与单数周不同)

周1:智香子 周2:智香子 周3:智香子 周4:智香子 周5:かごめ 周6:智香子

化学準備室

周1:无 周2:麗 周3:无 周4:无 周5:无 周6:无

保健室

周1:无 周2:无 周3:すずか&さやか 周4:无 周5:无 周6:无

理事長

周1:さやか 周2:さやか 周3:さやか 周4:さやか 周5:さやか 周6:さやか

職員室(与单数周不同)

周1:かごめ 周2:茜 周3:かごめ 周4:麗 周5:麗 周6:穂波

特殊教室

周1:かごめ 周2:さやか 周3:茜 周4:かごめ 周5:かごめ 周6:かごめ

2016-08-03

むしよく

会社をやめたけど敗者にはなりたくない、しょーもないプライドはあるが金がないので派遣バイトやってます

頑張らなくても、結果を出さなくても別にいい。「KPIミスゼロ」そんな標識を横目にダンボールシール貼る程度の仕事をしつつ時給を頂く。

この仕事、将来は機械が全部やっちゃうんじゃないか派遣仕事機会が無理やり仕事が作られてるんじゃないか、ぐらいの事を感じちゃう。でも確かにシール貼る以上の仕事ができない人もいるからそうなってるんじゃないか感もある。ここにいても、サラリーマンが感じる悲哀もなければ未来もよくわからない。

早く脱社会不適合者やるか。