「選手」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 選手とは

2017-04-28

J-CASTニュースの「見出し」について

鈴木明子を「ごとき」呼ばわり 羽生結弦評になぜ激怒

J-CASTニュース 4/27(木) 20:41配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-00000013-jct-ent

小林麻央入院は「短期間」 海老蔵ゆっくり眠れそう」

J-CASTニュース 4/23(日) 13:16配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-00000002-jct-ent

安藤美姫羽生結弦をご飯に誘う 「いつも断られる」に皆が納得

J-CASTニュース 3/31(金) 19:06配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170331-00000008-jct-ent

これらの記事はすべてJ-CASTニュースというニュースサイト発信のものであり、

同時に、すべてYahoo!ニュース掲載されているものである

Yahoo!ニュース上のコメント欄では以前から問題視されてきたことだが、

J-CASTニュース特定記者記事には、このような誤解を招く見出しがつけられている。

もちろん、羽生選手鈴木選手を「ごとき」呼ばわりしたわけではないし、

小林麻央さんが入院したことで手の空いた海老蔵さんが「ゆっくり眠れそう」なわけでもない。

「皆が納得」の「皆」って誰のことなんだろう。少なくとも私は納得していない。

このような記事が、J-CASTニュースからは日々垂れ流されている。


「見なければいいじゃん」と思う人は多いと思う。

確かにこんな記事は見たくないし、私も積極的に見ないようにしている。

しかし、目に入ってしまう。

その理由

「誤解を招く見出し」は、よくクリックされるからである

よくクリックされれば、記事アクセスランキングの上位に掲載される。

私の様に日常的にYahoo!ニュースをチェックしていると、

どうしてもアクセスランキングを頼りにすることになり、

ランキング上位のこのような記事必然的に目に入ってしまうのだ。


どうにかこういうのなくならないかなあ。

やっぱりシャラポワドーピング選手だったか

俺はね、薄々こうなる前から気づいていたんだよ

いくらなんでも強すぎなんじゃないかって

ドーピング使ってるんじゃないかって

でも誰も信じてくれなかったけどね

やれやれ

クリムゾンやら町田ひらくやらクジラックスやらみさくらなんこつやら

コアなオタクでも全コンプ結構難しい尖ったエロ漫画描きの名前をよく知ってて

嫌いなんだかマニアなんだかよくわかんねえな。

巨人選手にやたら詳しいアンチ巨人的なものを感じる。

2017-04-27

http://anond.hatelabo.jp/20170427124905

増田のようなまとめサイト脳の奴が「IT地獄だ」って吹聴してるからITが人不足になってんねんで。

で、実際ワイは10年以上選手やけど別に地獄みたいな案件に遭遇したことはなく、たまに徹夜みたいなのはそりゃあるけど別に総合的に見ればITは楽な部類の仕事やで。

つうか楽をする方法を見つけられれば楽なんであって、それを見つけられないローテクエンジニアが辛いってだけや。

ワイとかのエンジニアになると一日中ターミナルとお喋りしてるだけで仕事になるし、ターミナルとお喋りしながらw3mウェブブラウジングしてても怒られない。(見た目仕事してるように見えるしログも残らないからね)

ちゃんと勉強してれば安定して仕事もこれから先ずっとあるし、良い職種やと思うんやがなあ。

エンジニアやめようかな

ビジネスサイドに転向?するか悩んでる

ビジネス寄りのような縁の下の力持ちは好きだ

エンジニア気持ち良く前線に立ってビジネスを守ってもらえるようにバックアップする役目

そしてもちろん自分より若い子のほうがスキル絶対に高いしそうあるべき

30代中盤な自分の年齢もある

実際に新しい何かコードを書こうとすると手の動き出しが遅い

ただ俺も10選手エンジニアリングをやめるのには少し抵抗がある

この増田タイトル通り結論は割と出ているのだが一歩踏み出せない

この歳になってしょうもないのは分かっているが誰か背中を押してほしい

事業部長になる覚悟をしないといけない

2017-04-25

あの頃わたしは外部実況板にいた

Twitterを始めてから何年経つのだろう?と調べてみたら、8年が経っていた。

Twitterの前は、外部実況板がわたしネット上の居場所だった。

外部実況板というのは、2chの実況板・野球chから派生した外部の実況板のことで、昔は各チームごとに外部実況板があった。まだ、なんJなんてない時代のことだ。

野球chはスレ落ちしやすいし、また他ファンから煽り合いも多く、不人気球団のファンだったわたしには居心地が悪かった。

行きついたのが外部実況板である

特にわたしのいた外部実況板は野球の話ができる雑談板といった雰囲気で、試合時間以外はアニメゲーム話題が多かったし、采配批判選手批判も少なかった。

大学生だったわたしは一日中その板にへばりついていた。ひぐらしとかハルヒとかを見るようになったのは間違いなくその板の影響だったし、一人で観戦に行くようになったのもその板の影響だった。

世間ではTwitter流行りはじめていたけど、最初はその板がある限りTwitterなんかやらないな、と思っていた。

でも、なぜTwitterを始めたかというと、匿名でのやり取りが限界に来ていたんだと思う。

日中板にいると、コアなメンバーというのは決まってくるもので、○○が好きなあの人とか、○○の人とかだんだん互いを意識し始める。一方で馴れ合いキモいという人も出てきて、だんだん雰囲気がギスギスしてきた。最初ブログをみんなやりはじめて、2009年ごろからTwitterに移っていった。

あれから8年、Twitterもそんなにべったりやってないけど、今でもやりとりするのは最初フォローした、あの板出身メンバーが多い。みんなあのときほど、野球の話はしていない。わたしも昔ほど野球を見なくなった。でも、ときどきちょっとしたことでリプライをしては、あのふんいき(なぜか変換できない)を懐かしく思い出す。

2017-04-24

http://anond.hatelabo.jp/20170424015206

プライドを賭けている奴が選手を罵る

応援してるわけじゃなく賭けたプライドが傷ついたから罵るんだよ

そういう奴はどんな場所にも一定数いるけどね

オリンピックなんか特に沢山いる

プロスポーツ相手チームを罵る人が苦手

例えばプロ野球で、応援してるチームがあって、9回まで勝ってたのに抑えが打たれて逆転された!とか、相手の好守備に阻まれて点入らなかった!とかあるじゃん

あの時に相手必要以上に罵るファンが本当に苦手。

俺はプロ同士の、素人には到底できないすげープレーが見たくて来てんのに、そういうすげープレーした人間に対していくら敵チームの選手からって

「余計なことしやがって」とか「卑怯者」とか「ふざけんな死ね」とか声に出して言う意味がわからない。

ジョークで「おいまじかよー!◇◆めっちゃムカつくわー!笑」くらいはわかるけどここで言ってるのはそうじゃなくてガチでブチ切れてるやつ

そりゃ逆転されたりそのまま負けたりしたらあちゃー!と思うし、うわー悔しいな〜と思うけど、

でもあの場面で逆転ホームラン打つ◯◯はマジでスゲーな!あれをファールにさせずスタンドインするとかあいつの技術どうなってんだ!?今日はもうしゃーないけど次は抑えてくれよ△△!とか、

あの球が抜けてたらなぁ〜サードやべーな、あいつなんて名前だっけ?あー●●か!ていうかルーキーかよ!!とか

そういう思考回路で話してくれる人に出会えない。

プロ同士が戦った結果なんだから、まあ今日相手の方が一枚上手だったけど、明日は負けんなよ〜!!でいいじゃん。

なんで必要以上に相手馬鹿にするの?

あいつらだってNPB所属する選手じゃん…

全然理解できない。

2017-04-22

あきらめたら試合終了だよっていうけど

熱心なスラムダンク読者だった人の中でどれくらいの人数がプロバスケ選手を目指して諦めないで活動しているんでしょうか?

2017-04-19

http://anond.hatelabo.jp/20170419195736

増田さんは、底辺外国人を知らなすぎです。海外プロスポーツ選手審判の見ていないところで、みたいなセッコイことしてるの知らないのかな。海外ドラマでも日本人以外の国々の人達感情表現が滅茶苦茶オーバーですよ。

2017-04-18

http://anond.hatelabo.jp/20170418201529

もちろん大多数の人間は気にしない。

ガムを噛むのは集中力を高めるためで、スポーツ選手にとって必要ルーティンだ。

ガムを噛む選手が異常なのではない、ガムが気になって気になって仕方ない奴が異常なのだ

クチャラー問題があるのではなく、クチャクチャ程度に怒り狂う奴がおかしいんだという認識も、そろそろ共有されればいいね

http://anond.hatelabo.jp/20170417202931

プログラム経験が無い、自発的プログラムを始めてもいないのにエンジニアになりたい?

プロスポーツ選手ってプロになってからスポーツ始めるのかな?

ゴチャゴチャ考えてる時点でプログラムは好きではないでしょうし、エンジニアは向いてないと思った方がいいです。

それでもITに、エンジニアに触れてみたければ本格的な就活の前にインターンやることをオススメします。

そこで向き不向きくらいは実感できるでしょうし、もしかしたら何か掴めるかもしれません。

2017-04-16

バンクーバー五輪審判買収疑惑調査して欲しい

浅田真央選手引退した事だし、いよいよやるべき時だと思う。

2017-04-15

早乙女選手、ひたかくす』

ボクシングラブコメ。間合いのとり方が新都社っぽい。

そういうある種の狙った素人臭さが好きな人はいいかも。

といっても稚拙なわけじゃなく普通に面白い

生涯現役という考えが日本を不幸にしている

仕事しか生き甲斐がないので、仕事にしがみつき

若者のチャンスを潰す。そのせいでイノベーション

まれない。

余暇の過ごし方や家族との時間を考えない。

プロスポーツ選手が褒められてるけど

長く続けても美しくないと思う。

2017-04-14

一部の発達障害と「共感」する力について

発達障害のある人の手記を読んで思うこと

「私が」ではなく、「周囲の人が」困ったり、迷惑をする時の感情に思いを馳せる力。それはすなわち、他社の感情に寄り添う「共感力」に他ならない。

これは「定型」発達者が、成長の過程でおのずから身につけてゆく力だ。

最近は、職場発達障害の疑われる同僚に接するようになり、障害の様々な態様について関心を持つようになったのだけれど、

そんな中、発達障碍のある人の手記を読むと、この力がポロリと欠け落ちているように感じられることがある。

「私」がこう思った。「私」は、こんなふうに苦労した。だから「私」は今、こんなふうな生き方をしている、等。

論証の視座が自己に偏っていて、どこか一人称小説を読んでいるような気分になる。

特にアスペルガー症候群と診断された人の手記には、この傾向が色濃く出ている。

ex.

アスペルガーの私が、マルチタスク命!のコンビニで働いた結果…」

https://h-navi.jp/column/article/35026205

 →著者ヨーコ氏の他の記事も参照

申し訳なさ」が成長・発達を促す

敗れた側のスポーツ選手はいう。「こんなに応援してもらったのに、応えられなくて申し訳ない」と。

オリンピックワールドカップで、また欧州サッカー選手監督がそういった反省の弁を口にしているのを見ることがある。

から、この「申し訳ない」という感情は決してこの国特有のものではないのだろう。

そして、このような反省悔恨を述べた後、選手監督が次に口にするのは「だから、次はもっと努力したい」という言葉だ。

このとき申し訳ない」気持ちは、周囲に迷惑をかけないために、または、誰かの期待に応えるために、その原動力として働くようになる。

こうすまい、ああすまいと、「自分以外の誰か」にとってよくない結果を避けようと努力し、自らを発達させるエネルギーを生み出す。

自分のせいで落胆したりや辛酸舐めることになる他者への共感=「申し訳ない」という感情が出発点となり、人は成長・発達を遂げることができる。

共感力を伸ばす

こんなことを書くと、発達障害で苦しんでいる当人に、さらに罪悪感を持たせようというのか、という意見もあるだろう。

それは確かにそのとおりだ。

このような「申し訳なさ」に至る=気づくためのメソッド治療方法があるとしたら、それは前出のような手記を書くことのできる状態発達障害のある人にとって望ましいものだろう。

少なくとも、自分がこの世に存在することが申し訳ないというような、極度の抑うつ状態にまで達している発達障碍の人には、すでに禁忌である

私のような素人が、決して軽々しく日常生活に応用していいものではない。

しかし、こちらもまた感情ある人間であって、ふとした瞬間に、相手に対して非難いたことばを掛けることを制御しきれないのも事実だ。

ここで主張したいのは、こういった発達障害のある人から申し訳なさ」を引き出すような問いかけ・コミュニケーションを一概に否定するのではなく、

時には負荷をかけることが有効場合もあるのでないか、ということだ。

罪悪感という負の感情を克服するために、克服したいという意思を持つがゆえに、人は自らを発達させようともがく。努力する。

申し訳ない」という感情に含まれる、他者存在距離を感じるところから視野が拓かれ、自らの発達障害に深い理解が及び、ひいては、その克服に至ることがあるのではないか

以上のようなロジックで「申し訳なさ」を引き出すことが発達障害のある人のためにもなるという主張をしてみたいと思う。

なんでこんなことを考えざるをえないか

望むべきは、私自身がもう少し発達障害の疑われる同僚に気を使ったり、自らを押し殺したりすることなく、時に軽やかに時に遠慮なく、モノを言えるようになることだ。

発達障碍のある人の周囲の人間の負荷。

まったく陽のあたらないこの負担を担ぎながら、私もまた、私自身を視座の中心に据えて、こんなレントシーキングまがいの呟きをしている。

発達障害を望ましい個性であるとか、多様性の発露であるかいった主張だけは受け入れられない。発達障害が克服・改善されない限り、かならず誰かが負担をこうむるのだから

以上。徒然おわり。

野球観戦に初めて行った

野球観戦というものに連れられて初めて行った。

展開の盛り上がりや臨場感、好プレーが起こった時の一体感はなかなか楽しかった。

何よりフードとビールが充実していて、ずっとビールを飲んでいた。売り子のお姉さんかわいい

それでも、ミスや失点があったとき野次罵声選手への悪口なんかが自分には耐えられなくて恐らく2度と行くことはない。

みんな一所懸命プレーしてるんだから、そこまで言う事ないじゃんね。自分仕事しててこんな風に罵声を投げられたらとどうしても考えてしまう。

スポーツ観戦ってそんなもんなんだろうけど、それでもやっぱり馴染めない。

2017-04-13

フィギュアスケートBリーグ用意しようず

才能がある若者もとい女子が、父親金銭収入によって高校で辞めてしまうのが実にもったいない

また、国際フィギュアスケートルールでは、技術点の他に、評価基準がまるではっきりしない演技点がある。

このおかげで、順位の付け方が厳格なものにならない。

からキム・ヨナが勝っちまうことになる。

ということで厳格なレギュレーションと誰にもはっきりと理解できる判定基準のもとに運営される、新しいフィギュアスケートリーグを作るべき。


まずは、評価基準技術点のみで、演技点は排除

フィギュアスケートの転戦に使う年間費用を、トータル150万以下に抑える。

上記に関連して、衣装は、公式認定されているアパレル業者がツルシで制作したものの中から、選んで利用する形にする。セミオーダー/自分で改良は可。フルオーダーやオートクチュールは不可。

衣装のヒラヒラ禁止人間を含む動物っていうのはヒラヒラはためくものに目がいくようにできている。ヒラヒラが多くて派手だと綺麗でよくみえる。つまり点数がよくなる。

厳格な採点のために衣装のヒラヒラを禁止し、女子パンツスタイルでの演技にする。


学業をおろそかにしないために、厳格に出席日数をカウントし、基準を満たさな場合は出場できないしその年のリーグ順位はつかない。つまり失格とする。

基本的スポンサー禁止。どうしても学生時代から手をつけておきたいスポンサーは、転戦するスケート場出資する。

出資されたスポンサー料は参加した選手に均等分配される。

ホームサイドデシジョンが入り込まないように、審判10人用意するが、突出しているおかしい点数をつけた5人の評価はすべて排斥される。

みたいなみたいな

2017-04-12

八木沼純子と付き合いたい

さっきNHKスポーツニュースに元フィギュアスケート選手八木沼純子が出てたんだが、美人すぎるだろ。

44歳らしいが20代の俺でも求婚するレベル。世の中にはこんなに美しい40代がいるんだな。

なんか希望が湧いてきた。明日仕事頑張るわ。

ちょっと抜いてくる

安藤美姫勘違いカエル

2017-04-11

リア充名乗って非モテ馬鹿にする時点で

本国メジャーリーグ活躍できないか外国に行って出稼ぎしてる選手と変わらんから

http://anond.hatelabo.jp/20170411123112

選手としての○○を終える」なら自然なのだろうけどこの○○に当てはまりそうな言葉が思い浮かばない

http://anond.hatelabo.jp/20170411123112

激しくどうでもいい揚げ足取り

ところで、「選手として続ける自分の気力もなくなりました」の「選手として続ける」には突っ込まないの?

選手として終えると続けるは対の表現だよね。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん