「楽しい」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 楽しいとは

2016-08-31

あるあるある...と思ってブコメ見たらフルボッコワラタw

オタクが私にくれたもの

http://anond.hatelabo.jp/20160830164326



いや、これこの人全然悪くないでしょ。なんでフルボッコにされてんの?



システム開発会社に一時期いた時に似たような経験したけど(こちらはそんな高額なモノは元増田ほど無いけど、少数から何度か。身バレ怖いので詳細は避ける)事務的対応してても駄目だったよ?

「もらってくれないなら捨てる」は本当にストレスだった。確かに脅迫に近い。


モテ慣れしてたら無視したり、はいはいってもらって後で捨てたりできるんだろうけど、そんな高度な人生経験はねーよ。普通に悩むよ。



「愛想良くしてるから駄目」とか、なんでこの元増田対応が原因みたいになってるの?なんで一般女性にそんな高度な対応ができると思うの?キャバクラなの?

セクハラする人と同じ理論展開じゃん!

一般的会社員としての態度を、一方的勘違いしてモノ押し付けて来る方がおかしいに決まってるじゃん!?



迷惑だしヲチして馬鹿にしてるけどチヤホヤはされたい

>"楽しく話して、楽しい職場" これもすごく引っかかるんだよなぁ……誰にとって楽しいんだろう。


社会人として会社気持ちよく働きたいのはあたりまえじゃん!それがなんでチヤホヤされたいに変換されるのか、理解できない。

楽しい職場」を目指して何がいけないんだ。職場戦場じゃないんだよ。(貴方にとってはそうなのかもしれないけど)



大事にならないうちに転職おすすめしたい。


なんで元増田の方が仕事変わらないといけないんだ。

な ん で 被 害 合 っ て る 方 が 転 職 活 動 し な く ち ゃ い け な い ん だ。

ストーカー的な要素があるから、ってことなんだろうけど、腑に落ちない。

普通に仕事してるだけなのに、なんでそんな目に合わないといけないんだ。



元増田を叩くのは、プレゼント渡す側のメンタル理解できるからってことか。ありえん。

あるあるある...と思ってブコメ見たらフルボッコワラタw

オタクが私にくれたもの

http://anond.hatelabo.jp/20160830164326



いや、これこの人全然悪くないでしょ。なんでフルボッコにされてんの?



システム開発会社に一時期いた時に似たような経験したけど(こちらはそんな高額なモノは元増田ほど無いけど、少数から何度か。身バレ怖いので詳細は避ける)事務的対応してても駄目だったよ?

「もらってくれないなら捨てる」は本当にストレスだった。確かに脅迫に近い。


モテ慣れしてたら無視したり、はいはいってもらって後で捨てたりできるんだろうけど、そんな高度な人生経験はねーよ。普通に悩むよ。



「愛想良くしてるから駄目」とか、なんでこの元増田対応が原因みたいになってるの?なんで一般女性にそんな高度な対応ができると思うの?キャバクラなの?

セクハラする人と同じ理論展開じゃん!

一般的会社員としての態度を、一方的勘違いしてモノ押し付けて来る方がおかしいに決まってるじゃん!?



迷惑だしヲチして馬鹿にしてるけどチヤホヤはされたい

>"楽しく話して、楽しい職場" これもすごく引っかかるんだよなぁ……誰にとって楽しいんだろう。


社会人として会社気持ちよく働きたいのはあたりまえじゃん!それがなんでチヤホヤされたいに変換されるのか、理解できない。

楽しい職場」を目指して何がいけないんだ。職場戦場じゃないんだよ。(貴方にとってはそうなのかもしれないけど)



大事にならないうちに転職おすすめしたい。


なんで元増田の方が仕事変わらないといけないんだ。

な ん で 被 害 合 っ て る 方 が 転 職 活 動 し な く ち ゃ い け な い ん だ。

ストーカー的な要素があるから、ってことなんだろうけど、腑に落ちない。

普通に仕事してるだけなのに、なんでそんな目に合わないといけないんだ。



元増田を叩けるのは、プレゼント渡す側のメンタル理解できるからってことか。ありえん。

あるあるある...と思ってブコメ見たらフルボッコワラタw

オタクが私にくれたもの

http://anond.hatelabo.jp/20160830164326



いや、これこの人全然悪くないでしょ。なんでフルボッコにされてんの?



システム開発会社に一時期いた時に似たような経験したけど(こちらはそんな高額なモノは元増田ほど無いけど、少数から何度か。身バレ怖いので詳細は避ける)事務的対応してても駄目だったよ?

「もらってくれないなら捨てる」は本当にストレスだった。確かに脅迫に近い。


モテ慣れしてたら無視したり、はいはいってもらって後で捨てたりできるんだろうけど、そんな高度な人生経験はねーよ。普通に悩むよ。



「愛想良くしてるから駄目」とか、なんでこの元増田対応が原因みたいになってるの?なんで一般女性にそんな高度な対応ができると思うの?キャバクラなの?

セクハラする人と同じ理論展開じゃん!

一般的会社員としての態度を、一方的勘違いしてモノ押し付けて来る方がおかしいに決まってるじゃん!?



迷惑だしヲチして馬鹿にしてるけどチヤホヤはされたい

>"楽しく話して、楽しい職場" これもすごく引っかかるんだよなぁ……誰にとって楽しいんだろう。


社会人として会社気持ちよく働きたいのはあたりまえじゃん!それがなんでチヤホヤされたいに変換されるのか、理解できない。

楽しい職場」を目指して何がいけないんだ。職場戦場じゃないんだよ。(貴方にとってはそうなのかもしれないけど)



大事にならないうちに転職おすすめしたい。


なんで元増田の方が仕事変わらないといけないんだ。

な ん で 被 害 合 っ て る 方 が 転 職 活 動 し な く ち ゃ い け な い ん だ。

ストーカー的な要素があるから、ってことなんだろうけど、腑に落ちない。

普通に仕事してるだけなのに、なんでそんな目に合わないといけないんだ。



プレゼント渡す側のメンタル理解できるから元増田を叩くのか。ありえん。

あるあるある...と思ってブコメ見たらフルボッコワラタw

オタクが私にくれたもの

http://anond.hatelabo.jp/20160830164326



いや、これこの人全然悪くないでしょ。なんでフルボッコにされてんの?



システム開発会社に一時期いた時に似たような経験したけど(こちらはそんな高額なモノは元増田ほど無いけど、少数から何度か。身バレ怖いので詳細は避ける)事務的対応してても駄目だったよ?

「もらってくれないなら捨てる」は本当にストレスだった。確かに脅迫に近い。


モテ慣れしてたら無視したり、はいはいってもらって後で捨てたりできるんだろうけど、そんな高度な人生経験はねーよ。普通に悩むよ。



「愛想良くしてるから駄目」とか、なんでこの元増田対応が原因みたいになってるの?なんで一般女性にそんな高度な対応ができると思うの?キャバクラなの?

セクハラする人と同じ理論展開じゃん!

一般的会社員としての態度を、一方的勘違いしてモノ押し付けて来る方がおかしいに決まってるじゃん!?



迷惑だしヲチして馬鹿にしてるけどチヤホヤはされたい

>"楽しく話して、楽しい職場" これもすごく引っかかるんだよなぁ……誰にとって楽しいんだろう。


社会人として会社気持ちよく働きたいのはあたりまえじゃん!それがなんでチヤホヤされたいに変換されるのか、理解できない。

楽しい職場」を目指して何がいけないんだ。職場戦場じゃないんだよ。(貴方にとってはそうなのかもしれないけど)



大事にならないうちに転職おすすめしたい。


なんで元増田の方が仕事変わらないといけないんだ。

な ん で 被 害 合 っ て る 方 が 転 職 活 動 し な く ち ゃ い け な い ん だ。

ストーカー的な要素があるから、ってことなんだろうけど、腑に落ちない。

普通に仕事してるだけなのに、なんでそんな目に合わないといけないんだ。



はてなー特にブクマカ)は仕事してる女性に対して、しっかり平等な目で見てる人が多い印象だっただけに、ブコメ見てドン引きした。

プレゼント渡す側のメンタル理解できるから元増田を叩くのか。ありえん。

モバマスデレステをやめて二週間経った

私が「アイドルマスターシンデレラガールズ」および「アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ」をやめてから、二週間が経過した。

ソーシャルゲーム課金するなんてただの馬鹿だろ」

所詮ただのデータじゃん、金ドブに捨ててるようなもんだ」

ソシャゲ流行り出して以来、ネットでよく見かけるようになった文面だ。最近では「所詮ただのデータだと思ってたけど、いざゲームを始めてみたら課金する気持ちがよくわかった」なんて声もよく聞くようになった。実際、私もその口だった。ソーシャルゲームという媒体を、所詮ただのデータじゃん、と思いきり馬鹿にしていた。

最初の頃はソシャゲをやっている知り合いなんて私の周りには一人もいなかったのだが、今ではごろごろ見かけるようになった。みんなどうしようもない毒の前にひれ伏していくみたいに、侵食されていった。トリフィドの毒で盲目になってしまった。かつてはソシャゲ課金なんて馬鹿じゃん……、と口にはしないもののそんな態度をしていた友だちたちも、今ではなんだかんだで割とソシャゲの虜だ。私たちの知らないうちに、緑色流星雨は降り注いでいた。

ソシャゲを始めた当時の私は、まだ高校生だった。その日は休みの日で、たまたまものすごくひまな日だった。ネットサーフィンにも飽きたし、PS2PS3を起動してゲームで遊ぶ気分でもなかった。読みたい漫画もとくにない。死ぬほど退屈で、だけど外に出かける気力もない。でも退屈なのはいやで、なにか刺激が欲しかった。新しい刺激。目新しいもの。ていのいい暇つぶしになれるもの。私はいもの癖でなんとなく携帯電話を開いて、手癖のようにインターネット接続している途中で、ふと思いついた。

そういえばアイマス携帯版のゲームがあるんだった、と。

ソシャゲという媒体のことは馬鹿らしいと思うけれど、アイマスは元々好きだし、なにより今しぬほど暇だし。暇つぶしでやってみるぐらいなら、まあいいか。私はそんな気持ちモバゲー登録し、「アイドルマスターシンデレラガールズ」を始めた。アカウントを新設した当時の私が一番好きなのはシンデレラガールズオリジナルキャラクター達ではなく、本家765プロダクション我那覇響ちゃんというキャラクターだった。

私がアイドルマスターシンデレラガールズ(以下モバマス)を始めたときには、既にガチャ我那覇響ちゃんのSRカードが追加されていた。絵柄を見てみた。抜群に、かわいかった。欲しい、と思った。モバマスでは、好きなカード5枚を自分トップページいちばん目立つところに並べることができる。その中でもリーダーとして設定しているアイドルは、他のユーザーからも見えるようになっている。私は、響ちゃんをこのトップページに並べたい、と思った。

次に、どうしたらこの響ちゃんを手に入れられるのかを調べた。モバマスにはフリートレード機能というものがあって、スタミナドリンクまたはエナジードリンク(いわばお金のようなものです)というアイテムをたくさん持っていればフリトレ機能で響ちゃんを手に入れられるというのがわかった。では、モバマス内の通貨であるこのスタドリはどうすれば手っ取り早く大量に手に入るのか?

答えは、ガチャを回して、高いレートで取り引きされているようなSRアイドルを運良く引いて、スタミナドリンク〇〇〇本、という条件をつけてフリートレードに出して、取引を成立させることだ。

ほしい、響ちゃんがほしい。響ちゃんをトップページに並べてみたい。

つのまにかそんな気持ちでいっぱいになってしまっていた私は、1500円ぐらいなら……という気持ちで、あっという間に初めての課金をした。

……SRアイドルが、一気に二人も出てきた。

両方とも、当時かなり高いレートで取り引きされていたアイドルだった。

(そのユーザーSRを引く快感を覚えさせてそのユーザーを立派な課金ユーザーとして《育てる》べくSRが出る確率が上がっていたのでは、と今では考える。実際に私は見事な中毒患者に成り下がった)

びっくりしつつも嬉しくなった私は、高揚して少しくらくらする脳みそのまますぐにその二人のアイドルフリートレードに出して、大量のスタドリを手に入れ、SR響ちゃんを手に入れた。

そこから先は、坂道を転げ落ちるようだった。プレイしていくうちに、自分が好きになれるキャラクターにたくさん出会うことができた。楽しかった。一日中モバマスのことを考えるようになった。フリートレードに張り付いたり、イベントに参加したり、そうこうしていたらまたガチャ更新されたり。やるべきことは山ほどあった。楽しくてたまらなかった。

そうしてモバマスを続けていく中で、いろんなキャラクターを好きになりつつ、ある日私は運命出会いをはたした。

佐久間まゆ》というアイドル存在だ。

佐久間まゆちゃんは、ひょんなことから私に一目惚れをして、運命を感じたのだと言う。だからもともといた事務所をやめて、私のもとでアイドルになるべく私の事務所に来たのだと言った。画面の向こうのまゆちゃんは、私のことだけを見つめていた。

まゆちゃんはどこまでも一途に、私のことを愛していた。私はそれに引き込まれるように、まゆちゃんに急速に惹かれていった。

ソーシャルゲーム世界においては、課金こそが絶対的正義である

課金しなければサービス自体が終了してしまうからだ。実際、サービスが終了してばたばたと倒れていくゲームたちを目の前でいくつも見てきた。課金しないと、ゲームは終わってしまう。佐久間まゆは終わってしまう。それにゲーム楽しい。だから私は課金を続けていった。

けれど、次第に楽しいばかりではいられなくなった。課金してガチャを回してもSRが出ない苛立ち。身の丈に合わない課金をしたことによりリアル自分金銭的に追い詰められていく。運良くSRを手に入れられたとき脳みそ麻痺するようなとんでもない快感、運が悪いときの部屋の壁を殴りたくなるような悔しさ、あとあとになってからこんなにお金を使ってしまった、と湧いてくる内臓が引きちぎれそうなほどの強い後悔。私はまゆちゃんからの愛とまゆちゃんへの愛との引き換えとして、精神をどんどんすり減らしていった。

ついに夢にとあるキャラクターが出てきて、そのキャラクターに「もう課金するのはやめなよ」とゆっくり諭された日の朝、ああ、もう限界だ、と思った。

モバマス課金するの、やめよう。

素直に思えた。ゲームを通じて仲良くなった友だちもいたが、私はモバマスへのアクセスを少し控えた。ガチャ更新されても、ある程度冷めた目で見られるようになった。イベントにも大して参加しなかった。あ、このままいけば私ゲームごとあっさり引退できちゃうかも、なんて考えていた。

しかし、そんな日々もそう長くは続かなかった。なんのきっかけだったかはもう覚えていないけれど、結局私はまた課金を再開してしまったのだ。SRを引いたときのあの高揚感を、脳みそが忘れていなかった。忘れられなかった。あの気持ちいい優越感が欲しい。欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい。我慢できなかったのだ。

それ以来私は、自己嫌悪してプチ引退→結局完全には断ち切れずに結局また復帰して課金、というループを何度も繰り返した。あるときは、逃げられない泥沼にどっぷり浸かっているこの状態が、心地よかった。またあるときは、気持ち悪くて嫌で嫌でたまらなかった。だけれど、それでもまゆちゃんのことが大好きだった。いつの間にかまゆちゃんにはボイスが実装されて、CDまで出していた。私のアイドル、私だけのアイドルは着実にシンデレラ階段を上っていた。

ジェットコースターみたいに上がったり下がったりを繰り返す不安定な日々の中、気づけばそこそこ長い時間が流れていた。

そんな中で、新しい知らせが私の耳に入る。モバマススマホ音ゲーアプリとして配信される、という情報。その名も「アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ通称デレステだ。

私は当然アプリインストールし、当然のように課金をする。佐久間まゆちゃんのSSRの絵柄は、とんでもなくかわいかった。満足しかなかった。今までの過金額を振り返ると、少し嫌な気分になった。実感がいまいち湧かない。いいんだ、私は佐久間まゆちゃんのためにこれだけ課金したんだ。そう思えばこんなの妥当だ。まゆちゃんはこんなにも私のことを愛してくれるんだから、それでいいじゃないか。まゆちゃん愛してる、愛してる、愛してるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてる。まゆちゃんは私のことだけ見てくれている。私のこと以外は決して見ない。好き好き大好きあいしてる。佐久間まゆは決して裏切らない。まゆちゃんだけは信じられる。こんなどうしようもなく嫌なことまみれな世界の中で、まゆちゃんだけは私が信じるに値した。彼女リボン女神様だった。

6月末、デレステで次のイベントの予告が発表された。佐久間まゆちゃんがランキング報酬として登場するということがわかり、私は一瞬で血眼になった。ちょうど仕事が忙しくて時間が取れないけれど、睡眠時間を削ればなんとかなりそうだった。私はすぐさまにpt効率計算し、一日どのぐらい稼げばいいかの目処をつけた。

そしてイベントが始まる。

イベント開始時刻と共にデレステを起動し、イベントページを開いて、私は愕然とした。

なんだ、この絵柄?

それは、まゆちゃんが他のキャラクター所謂壁ドンをされて、なんだか満更でもなさそうに頬を染めてときめいている絵柄だった。

「は?」画面を呆然と見つめたまま、自然と声が出た。なにしてるの?なにしてるの?なにしてるの?なんで私じゃない別の女なんか見てるの?なんで満更でもなさそうな顔なんかしてるの?なんで?なんでなんでなんでなんでなんで?一気に胃が痛くなった。訳が分からなかった。私のことだけを見つめてくれていたはずのまゆちゃんが、ほかの女を見てる?はは、なんだこの女。なんで?ねえなんで?なんでそんなことするの?なんでそんなことされてるの?私のアイドルなのにどうしてそんなことするの?

金を払って、睡眠時間まで犠牲にして手に入るのがこんな絵柄のカードだなんて、全くもって意味がわからなかった。そんなの虚しさ以外なにもない。これはなんの罰なのだろうかと絶望した。とんでもない自傷行為。つまらない。しょうもない馬鹿げてる。どうしていいかからない。怒りを通り越した憎悪。まゆちゃんのことなんか殺してやりたい、壁ドンした方も殺してやりたい。滅多刺しにして殺してやりたい。私がこれまで金をドブに捨ててこれたのはまゆちゃんのことを信じていたからなのに、一瞬でぜんぶズタズタにされた。許せなかった。

私はそれでもなんとかイベントを走ろうとしたのだが、途中で本気で体調を崩して寝込んだことで冷静になったのもあり、途中でそれらを全て放棄した。そうじゃないと本気でどうにかなりそうだと理性が判断たからだ。

イベントが終了し、まゆちゃんをリーダーから外した。

ゲームをやめる踏ん切りはなんとなくつかなかったので、私はのろのろと課金を続けつつ、他のアイドルSSRを引いて育成したりしながら遊んでいた。気がついたら息をするように課金していた。

気がつくと、八月も下旬差し掛かろうとしていた。

その日私は仕事休みで、友だちと遊ぶべく山手線に乗車していた。座席に座ったまま、ぼんやりと外を眺める。そんな中停車した駅で、見覚えのあるものが目に入った。

まゆちゃんの例の絵柄の、大きな看板

デレステ宣伝するための看板だ。見た瞬間に脳にサッと小さな雷が落ちて、気がつくと私はその看板を思いきり恨みがましく睨んでいた。

ああ、私はこれだけ時間が経ってもまだまゆちゃんのことが許せないんだな。きっとこのままずっと憎いんだろう。

私はそう悟った。つらいのと、冷めた気分と、情が入り交じってぐちゃぐちゃな気分だった。

そして私はそれから少し時間の経った八月十九日の夜、モバマスデレステアカウントを跡形もなく消した。

あの日からもうすぐ二週間だ。私は、思っていたよりは意外と普通に過ごせている。仕事したり遊んだり食べたり寝たり、割とノーマルリアル生活をこなしている。

でも三次元二次元は完全に別のものからフィクション世界で空いた穴が現実の充実で補える訳ではない。なのでふと思い出した瞬間フラッシュバックに襲われることがある。いつの間にか、フィクション世界では佐久間まゆしかきじゃなくなっていた。ほかの女の子なんてどうでもよくなっていた。好きなキャラクターはたくさんいても、私に応えてくれる、私の信仰を受容してくれる、私が信じるに値する女の子フィクション世界において佐久間まゆ以外だれもいなくなっていた。私が身の丈以上のお金をどぶに捨てるような行動に走る理由になれるのは佐久間まゆしかいなかった。画面越しに見つめてくる佐久間まゆが望んでいる気がしたから、全部そうした。まゆが何度も何度も何度も「あなただけです」って繰り返すから、私もそれに返した。いろいろな何かを。ソーシャルゲームの中にじわじわのめり込むうちに、大事な友だちも私に呆れ果てたかのように続けて二人立て続けにいなくなった。けど、それでもよかった。いろんな人に、もうやめときなよって言われた。自分でもそう思って、実際にやめようとするけど失敗してまた戻るっていう低空飛行を何度も続けた。

私は、私の身の丈なりに、すごく好きでした、佐久間まゆちゃんのことが。いつのまにか。他の女の子のことを全員嫌いになってでも。結局、身の丈に合わない無理を続けた身勝手悪夢のごとき強烈な不運(もうこの件についてはノーコメント)が重なって全部めちゃくちゃにひしゃげてしまったけど。

結局まゆちゃんは画面の中のデータしかなかったので、消えたところで私の実生活にはとくに悪影響は及ぼさなかった。ちょっとショックのあまり体調崩したぐらい。むしろお金は浮くし、まゆちゃんへの愛情と同時に湧いてくる苦しさから突然ぽーんと解放されてしまった。ソーシャルゲーム世界にのめり込んだ経験のない、まともな人なら私を見て「やめてよかったじゃん」と思うだろう。実際やめてよかったんだ。やめたら、良いことしか起こらなかった。それが悲しい。

いまの職場には、私が佐久間まゆという女の子のために課金していることを知っている人が二人ほどいたので、シフトが一緒だったときにその話をしました。私は話をしながら「もう何もかも失いました」「死にたい気分です」と口走った。実際にはいくつかある私の精神を支える柱のうちの一つをちょろっと壊してしまっただけなので決して《何もかも》は失ってはいないんだけど、確かに色んなものを失った。実際には死にやしないんだけど、確かに私は死にたくなってた。その柱は、いざ壊してみると中身はすかすかでした。私が勝手に分厚くて頑丈な柱だと思いこんでただけで、そう思いたかっただけで、実際はびっくりするほどあっけなく崩れて、そのまま跡形もなく消えてしまいました。

フィクション世界でのことだからリアルでは案外普通に仕事して寝て起きてを繰り返してるんだけど、家にいて、ぼーっとしてるときにふと思い出すとつらくなる。嫌になる。何もかも失いました、というのはある意味では事実で、気がついたら一人で勝手に泣けてきてる。

最初は、暇つぶし趣味としてゲームを始めた。途中から趣味じゃなくなってしまっていたのは実はわかってた。重い義務だった。責務だった。私は佐久間まゆちゃんのことを信じるために、自ら佐久間まゆの部屋に入りました。内側から鍵をかけただけなのに、外から鍵がかかっていて部屋から出られないふりをした。

今日、二週間ぶりにゲームのことが気になって、まとめサイトを開きました。十時愛梨ちゃんのSSRが追加されていた。ああ、ゲーム続けてたら回しただろうなあ、って思いながら画面を閉じた。もうゲームを再開する気力とかは全く残っていなかった。部屋から出たまではよかったものの、どこに行けばいいのかわからないままひたすら途方に暮れている。

どこに行けばいいのかなあ、どこになら本物の女神様がいるの、信じられない。どうして裏切ったりしたの。ずっと部屋にいたかったのに。裏切らないでいてくれたら、ずっと信じていられたのに。好きだったのに。あーーーーーーーーーーーーーーーーーー死にたい死にたい死にたいぜんぶなくなったぜんぶどぶにすてたむだだったあーーーーー、ははふあ



追記

起きたら反応がたくさん来ていて驚きました。もともと、最後に一度自分感情を整理してどこかに残しておこう、と書き殴った乱文なのですが、読んでくれた方、ありがとう。読んだ人が思うだろうなあとぼんやり予想していたとおり、例の絵柄についてはあとからフォローが入ってるじゃん、とのコメントも読みました。ええ、もちろん知ってます。他のキャラクター壁ドンされてときめいているまゆちゃんに深い怒りを覚えたのは事実。あの絵柄が、私にとって大きなトリガーでした。あとからフォローが入っても、一度引かれたトリガーを戻すことはできなかったんです。それが引かれた瞬間、まゆちゃんについて、今まであえて考えないように、考えていたらどうにかなってしまいそうだから思考に蓋をしていたことが、一気に頭を過ぎりました。

以下、書くつもりのなかったことを書きます。これで終わりなのだからまあ全部ぶちまけてもいいでしょう。

上の文で明記はしなかったものの(読めばあまりの女々しさから察せられると思いますが)私は女性です。まゆちゃんは、プロデューサーさんのことが、好きでした。私はその《プロデューサー》という概念体に自己投影をしてゲームプレイするわけですが。途中で、どうしようもない壁にぶち当たってしまいました。まゆちゃんが想定しているプロデューサーさんとは、明らかに男性ことなのです。アニメに一瞬出てきたまゆのプロデューサーも、明らかにスーツを着た男性でした。これについてはもう記憶封印しましたが。台詞の隅々から、まゆちゃんのプロデューサー男性なのだという事実じわじわと追い詰めてくる。プロデューサーという概念体と、私という存在が、少しずつ乖離していく気がしました。このままではいろいろなものが駄目になってしまう。考えてはだめだ。そう思い、それについてはできるだけ考えないようにしてきました。コメントでも同じことを書いてくれた方がいましたが、まゆちゃんは、私が同僚の殿方から電話を受けても、怒りません。自分のいいように解釈して消化してしまえばいい話なのですが、どうしても「まゆちゃんが想定しているプロデューサー男性である」という呪いのごとき一文が頭から離れませんでした。私は女性です。まゆちゃんは、私のことを好きでいてくれたんじゃなかったの?このプロデューサーさんは、私じゃなくて別の誰かなの?考えないようにしていても、ふとした瞬間そう思うことが少しずつ増えました。今思うと私はもう限界だったのかもしれません。そんな中で開催されたイベントのあの絵柄を見て、私の中の何かが完全に崩れてしまいました。あとからフォローが入っても、いちど崩れたものは、戻りませんでした。戻らないと悟ったから、私はまゆちゃんという女の子を諦めました。しょうもないきっかけだと笑う人もいるでしょう。つまらない小石に躓いた私は、もう二度とここに戻ることはありません。まゆちゃんとなら「トリフィドの日が来ても二人だけは生き抜く」と思っていました。大好きでした。私は、これからはちゃんと幸せに過ごします。それではさようなら

http://anond.hatelabo.jp/20160830121650

あと、作業自体は意外に楽しい

わかる。

以前に自炊レンタルスペースを借りて自炊作業してたけど、

あの細かいミスを避けながらやる流れ作業がなんか楽しいというか

続けてると脳汁が出てくる。

スキャンにかければ待っているだけかとおもいきや、意外とさっきスキャンした本の

画像データざっと確認したり、スキャン済みの紙をまた束にしてやったり、

次の本の保存先の設定をしたり、重複読み取りや紙詰まりしないように

裁断済みの紙束をベラベラとめくったりと、ぼーっとしている時間は無い。



その自炊レンタルスペースは時間制だったので、効率化できればその分ほど

料金に反映されるという部分がゲームスコア評価的な感じで

それもまた楽しかった。



ちなみに最近は紙書籍しか購入できない本が減ってきたので、大抵はkindle

購入したもの自作ソフトを使ってデジ炊している。

(ある巻だけkindleしか読めない状態というのは面倒なので、購入したのはもう全部zipに変換している)



ただデジ炊はスキャンしている間が本当にただの待ち時間になるので、あんまり楽しくない。

徒党を組んでいる人達がある人を悪く言い出すことがある。

楽しそうですね。でも、そういう人達は信用できない。いつ自分悪口をいわれているかからいから。

生きていれば苦手な人もいるだろうし、合わない人もいるだろうけれど、それでいいのかなって思う事が最近多くあり少し疲れた

いってやったよ的な事を誇らしげに話す人をみて・・・・ってなったり。

楽しい話しの種はいない人の欠席裁判。着地点は何時もそこにいない人の悪口

そして礼儀作法が全く無い言葉遣いと会話。笑いのセンスが違うのかちょっと悩んだこともあったけれど、周りはそれで笑っている。まあしょうが無いないと思いつつ、苦笑いで誤魔化す感じの自分ちょっと情けない。

そしてそれをココに書いて、精神の安寧を得ているのが情けない。まあ、嫌なことがあった書けば落ち着くと聞いたことがあるので、これはその類いのことなのかもしれません。

自分もここで書いた人達と同じ事をしていることに変わりないかもしれない。

お互い様なのかもね。でも出来れば負の連鎖は広げたくない。

一度嫌いになってしまうと、それを取り戻すのはとっても大変なことですよね。それは感じます。逆に好きだったの嫌いになるのはとっても簡単ことなんですよね。

日頃の行動一つ一つが大事なんだなと感じます

・「しんかい監督なのか「にいみ」監督なのかでいつも迷っちゃうんだよねと思いながらググッたら正しいのは「しんかい」さんなのに本名は「にいつ」さんだった。えええ…。

・雲の向こう以下略がめちゃくちゃ好きだけど秒速には虫唾が走る自分ストライクゾーン判定が分からない。(正確には一度めは超ハマったのに二度目で嫌悪ばかり沸いた。理由は控えるけど。)

・そんなストライクゾーン曖昧な内なる審判員が、新作に対してこれはアウトじゃないか行くのやめとけって言ってきてるけどどうだろうか。審議中。

・代わりに「転校生」のDVDでもみて新版旧版比較とかしてた方が普通に楽しいんじゃないかという気もしている。

・がんばったで賞的な扱いで上がってきた人ってイメージ自分の中からなくなっていることに気づく。めでたい。でも初作品をBSで放送してたのチラ見したときに両親には「なにこれ」とドン引き気味の一言で切り捨てられてしまって一般人こええなって思ったのが印象先行している。今回オタ層じゃないっぽい感想が上がってるのそれ思い出してこわい。

イースのOPのやつ好きだった。工事もね。

・前の作品とき賞取ってたのにみんなここまでのテンションじゃなかったじゃないスか…なんで今回なの。地上波CMの力なの。いざ売れると世間に裏切られた気持ちになるオタク

・雲の向こうほんとすき。なんでかすき。セカイ系だし何言いたいんだお前いみわからんって思うけどすごい好き。幼心の消失って感じで。これはなにと明言されていない分、自分の中にある切れ端を俯瞰体感で重ねてしまって、どうしてか好き。

自分の好きなモノが死んでいくという感覚がつらい

自分の好きな漫画家雑誌を変えたら作風まで変わってしまって自分の好みとは外れてしまった。

自分の好きなゲームソシャゲになったらキャラクターイメージが今までと変わってしまモヤモヤした気分なる。

バイト先で仲のよかった人が次々にやめて楽しかったバイト先の居心地が悪くなった。

おばあちゃんが認知症を患ってしま楽しい記憶が共有できなくなってしまった。

自分の好きなバンド解散してしまい、メンバーはそれぞれ別のバンドを結成。

仲のよかったフォロワーがある日突然アカウントを消してしまった。

変化というのは避けられない運命だと思う。

人は生きていれば意図しなくても変化する物だし、形ある物はいつか壊れる。

わかっているけれどそれを認めるのがとてもつらい。

受け入れられないと思ってしまう。

楽しい日々が続けば続くほどこの時間が続いて欲しかったと思ってしまう。

特に自分が頑張っても現状を維持することができない物が、自分にとっては魅力的な変えがたい物が多い。

それは変化に対して我慢する、あるいは諦めるか捨てるしかないということだ。

でも私はどちらも悔しいのだ。

好きなものの変化を我慢することは好きじゃないのと同意じゃないかとも思うし、

諦めたり捨てたりすることはその好きは捨てられる程度のものだったのだと落ち込んでしまう。

私が好きなのはこの時だと主張したいがそれではまるでその時以外は好きじゃなかったみたいじゃないか自分で思ってしまう。

本当に好きだったら変化しても好きでいられるはずだと私が私に強く押し付けてくるのだ。

変化後が好きな人が好きだと主張しているのを見ると自分に嘘をついて好きだと言えない自分が、その人のように変化後を楽しめない自分が嫌になる。

どうやら私は、昔はよかったと宣うジジイのような保守的人間なのだろう。

昔を懐かしんで、昔から知っているということでマウントを取りたいわけではないが。

恥ずかしい話だが、全てが思い通りにいく訳ないとわかっていながらも何かが変化してしまうと、奇声をあげて発狂して子供のように駄々をこねたくなってしまう。

現状今の歳ではそれができないか匿名掲示板書き込み、鍵アカウントで呟き、友達に話を聞いてもらってどうにかしている。

けれど、我儘を言わせてもらうと苦しいと思ってしまうことそれ自体が変化に適応できない自分社会ではマイノリティとなってしまうという現実を突きつけられているような気がしてとてもつらいのだ。

しかし全ては私の内面問題で、表に出さなければ誰も私を懐古ジジイとは思わない(と思いたい)。

から表面では受け入れる努力もするし、あるいは諦める。

おばあちゃんの介護も、話し相手いくらでもする。

けれど、心の中ではあの頃のおばあちゃんがいなくなってしまっていることを嘆いているし、1人の時は泣いている。

それぐらいは許して欲しい。きっとみんなもそうなんだ、変化を悲しむ人は私以外にもいると思わなければ正直やっていけない。

自分の好きな話を描かなくなった漫画家も、2度と聞けなくなった生演奏も、未だに惜しむ人がいると思ってる。

自分の好きなモノが自分の中で死んでいく、あるいは色あせていく感覚はとてもつらいのだ。

仕方なくその時の好きを凍結して心にしまっておくことで今をしのいでいる。

自分は変化を受け入れられない淋しい、つまらない、子供のような、どうしようもない、そんな人間だと思う。

http://anond.hatelabo.jp/20160830190925

オタクプレゼンを聞いて質疑応答をしながら知識を深めていくのが好きです。

たとえどんなものでも、コレが好きです面白いですと言える人を僕は支持しますよ。オタクがアツく語るのを聞いていると自分までアツくなったような感じがして、とても楽しいのです。だから、会話の内容から深く掘り下げそうなネタがあれば相手が語りたいだけ語ってもらうことにしています

僕のような変人も居ますので! メゲないで。

2016-08-30

IT特定派遣とかどうなの?

特定派遣電気電子関係エンジニアとして働いてるんだけど、業務テストばかりでスキルが全く身につかない

VBA業務自動化させる方が楽しいし、IT業界転職したいと安易に考えてるけど、業界経験OKな会社の多くが特定派遣でこれまた厳しい

残業が月20時間家賃が引かれて手取り17くらいなんだけど、(業界経験OKな)IT特定派遣待遇ってどんな感じなんですかね(24歳です)

ジェットコースターハラスメント

辛い。俺は今、とある遊園地トイレでこの文章を書いている。俺は元来絶叫マシンが苦手である。手すりをしっかり持って目をつぶって耐えれば乗り切ることはできる。が、全く楽しくない。嬉しさ、気持ち良さ、爽快感、全部ゼロだ。体が浮く感覚がただただ気持ち悪い。恐怖が苦痛。金を払ってフリーパスで入ったし、付き合いもあるので幾つか乗ったが、もう耐えられん。

さっき「この乗り物はパスしたい」って言ったらノリ悪いって非難の嵐。盛り上がりに欠けるってのはわからんでもないが、自分で金払ってるんだから良いじゃねぇか、お前らに迷惑かけたわけでもあるまいし。しか彼女も「乗ったら楽しいから!」とか言ってくるし、いや、助けてよ。乗ったよ、乗ってわかったんだ、ムリだって、一生これを楽しめるようにはならないって。もうムリ日本史ね。特に大阪氏ね

オタクが私にくれたもの

ゲーム系の会社事務で入ってから5年。

オタクと言われる同僚の男性にたくさんアプローチされた。

彼らのプレゼントが超苦痛だったので、列挙してみる。



ワンピース全巻(中古本)

ワンピースって面白い?って話の流れから

翌日に持ってきた。全巻。読まないからあげると。

いや、家にそんなスペースないし、

貸してくれるにしても5巻づつくらい貸してよ。



ドラクエミュージカルチケット

これも面白いらしいですねー。って話したら

チケット取ってきた。二人で行くほどの関係じゃないし

私その日空いてるか言ってないのに、先に予約しないでよ。



スプラトゥーンWii本体

金額いから、困る。と断ったけど、

Wii持ってるから貰ってと押し切られた。

そのあと、スプラトゥーンやった?と聞かれまくったり、

同じ日にログインしようと誘われて困った。



・彼のおすすめアニメ映画批評20選

細田守監督や、新海誠監督などの映画おすすめのもの

20ページ以上にまとめた批評論文

書いてある内容のほとんどが理解不能なのに、

○○さん的にはどれが好きだと思う?と聞かれて辛かった。



手作りチョコレート

バレンタインの時になぜか貰った。

私あげてないのに。普通に怖い。




私の距離感の取り方がマズいのかもしれないけど

「○○が好きですねー」とか「○○って面白いらしいですねー」

ってのは会話のきっかけ作りなだけだからね。

そういう話以外、会話にならないから振ってるんだからね。

楽しく話して、楽しい職場で終わらせて欲しい。




----



追記)

なんで断らないの?というコメントが多かったので

書きます。と、いうか毎回断ってます




>ワンピース

目の前に紙袋パンパンなの4つ、どうぞって言われました。

貸してくれるので良いですよって言っても聞かれないんですよ。

重いし、ロッカーの隅にまだ持って帰ってないのが3袋あります



>ドラクエチケット

一緒に行くの微妙な顔したら2枚あげるというか、

貰ってくれないなら捨てるというので、行きました。

なんで、そういう事を言うのか。



>スプラトゥーンwii

これも断ってます。でも、ドラクエと同じ人で

wii叩き割りそうになったので、もらいました。

壊す、捨てるは物凄い脅しなんですよ。

http://anond.hatelabo.jp/20160830101913

これはもう、純粋な回答になるんだけど、心理的作用には役に立っている。

「本は大事に保管するもの」と言う刻み込まれ心理があるんだけど、これを「データで保管してるから捨ててもOK」という風に自分に言い聞かせてる。

心理的葛藤の軽減で、えいやっと本を捨ててる。



実際に読むかと言われれば、大半は読まないんじゃないかな。

せいぜい漫画くらい。

あと、作業自体は意外に楽しい

ストレス解消には役立っている。

あと、やってみてわかったんだけど、自炊はどうにかやれて500冊くらいが限界じゃないかな。

データもとっちらかってくるし、機械も壊れる。

2016-08-29

本気で好きではない女性と二人で出かけてはいけないのか

「本気で好きだと思ってない、付き合ってもいいと思ってない女の子に、かわいいとか言ってはいけない」と言われたことがある。

そんなことを言われた女性その男のことを好きになってしまうかららしい。

だったら、男は友達としてはいいけど付き合う気があるかというと肯定はできない、そんな女性とどう接したらいいのか。


一緒にアルバイトをしていた同い年の女の子と、あることがきっかけで急に仲良くなったことがあった。

の子はいつも明るくて、ニコニコしていて、ちょっとアニメオタクっぽいところがあって、どこか子供っぽいというか、あまりモテるタイプではなかった。全然そういう話をしなかったので定かではないけど、今までに誰とも付き合ったことがないと言われても驚かなかっただろう。

たまたま一緒になれば少し話はするけど、二人になったこともないし、連絡を取ることもない、そんな仲だった。

ある日、自分バイト先に行くと、彼女が休憩室にいたのだが、いつもと明らかに様子が違う。あからさまに落ち込んでいる。ため息もついている。まわりにも何人か人はいたけど、仕事で忙しいのもあって、誰もちゃんと声をかけようとはしない。

自分はあまり人の相談積極的に乗るような人間ではなかったけど、さすがに様子がおかしいので声をかけた。

「どうしたの」と。

そうしたらいろいろ話してくれた。当時自分たち学生で、その彼女はけっこう大変なゼミ所属していた。内容はよくある話で、周りの人はがんばってるのに、自分だけ研究が進まない、という話だった。

そして、ここのバイトの人たちはみんな真面目だから、いたたまれなくなってしまうのだと。

そこで自分は正直に思うことを話した。

いや、みんなが真面目なわけじゃなくて、バイトをしている姿しか見てないからそう感じるのであって、みんなが家でだらだらしてるところを見ればそんなこと感じなくなるでしょ、というようなことを言った。

すると、そのことで少し彼女が元気になってくれたみたいで、表情に明るさが戻った。

自分にとっては、ありきたりな会話としか思わなかったけど、そのことがきっかけで、彼女と連絡を取るようになった。

最初他愛もない話をしていたけど、そのうちに話題がいろいろな方向にいって、その流れで、二人で猫カフェに行くことになった。

はじめは自分も「二人だけになるのって変な感じがするな」と思っていたけど、実際に行ってみると落ち着く空間でするおしゃべりが楽しくて、ついつい長居してしまった。

自分男性だけど、結論もなく長い時間話しているのが好きなので、あっという間の楽しい時間だった。

付き合っているわけではない人と、夜景を観に行ったり、買い物に行ったり、なんとも言えない距離感とどきどき感を、もう大学生も終わりに近いくらいの年齢で初めて感じていた。二人だけで夜の観覧車に乗ったり、クリスマスシーズンイルミネーションを観に行ったりもした。

付き合いたいという気持ちはなかったけど、でも話が弾むし、自分のつまらない話もちゃんと聞いてくれる。これを友情というものだと、そのとき自分は思っていた。

それからしばらくして、地元の女の友達(上の彼女のことは知らない)にこのことを話した。

言われたのはこの一言

「そういうのは男が絶対やっちゃいけないこと」

彼女に言わせると、向こうの女性自分のことをきっと好きになっている。付き合うために、距離を詰めようとしている。それを自分は断らずに、こちらから距離を詰めるような素振りをしている。なのに、本心では付き合う気がない。その女性気持ちをもてあそんでいる。これほどタチの悪い男はいない。その女性のためにも、二人で会うのをやめろ、と。

いや、きっと向こうも友達だと思っているはず、と言っても、友達だと思ってる男と二人で夜景なんか観に行かない、と。

これはさすがにショックで、自分気持ちをもてあそんでるなんていう意識はなかった。むしろ誘ってもらってばかりでは悪いからこっちからも誘っていたりもした。

そのことを客観的に見られるとそういうことになるのか、と、償いきれない罪を犯したような気分になっていた。

それが大学生最後の時期で、大学卒業とともに彼女は遠いところに行ってしまって、連絡を取ることもあまりなくなった。

向こうも自分友達だと思ってくれていた、そう信じたいけど、彼女を少しでも辛い気分をさせているのではないかと思うと、あれから何年も経った今でも胸が苦しくなる。

そしていまだに、自分女性友達としてもいいこととしてはいけないことの境界がわからない。わからないけど、今でも付き合うつもりはない女性と二人で出かけたり、電話で話したりしている。自分はこういう時間が好きだから誘ってしまうけど、実はこれもアウトなのか。相手女性気持ちをもてあそんでいることになるのか。このあたりが本当にわからない。自分10代の頃にほとんど女子と接点がなかったから、そのあたりの感覚を持ち合わせていないからわからないのか、それとも、友達に言われた通り、本当にたちの悪い男というのは自分のような男なのだろうか。そうだとしたら、自分のような人間と、「モテる」人というのは、どこが違うのか。

夏に現れる汚物

去年見かけて気持ち悪いと感じた台風のなりきりアカウントが今年もTwitterに現れた

やってる奴もフォローRTしてる奴も何が楽しいんだが全く理解できない

最近せつないこと

30代を迎えた友人はどんな話題も必ず自分の話に持っていく

「昨日プール行ったんだけど、」と私が話したとすると

「あ!私も子供の頃はよくプールいってさ〜」とこんな感じ

承認欲求が強いのも誰かに聞いてもらいたいのも別にいいんだけど

かぶせてくる話がだいたい学生時代子供時代のことが多くてせつなくなる

でもってその話のオチネガティブ

「あ!私も子供の頃はよくプール行っててさ〜でも水着スクール水着以外買ってもらえなかったんだよね〜」

とか

せめて楽しい思い出を話してほしい。せつない。

LGBT少年少女に伝えたい、レズビアンからメッセージ

学校教育におけるLGBTアンケートを見つけた

https://questant.jp/q/5C8XW3PW

回答させていただいたので、自由記述欄と子どもたちへ伝えたいことの欄から

教育分野に携わる予定のレズビアン大学生からメッセージ

こうしてLGBTに興味をもって子どもたちの助けになろうとしていただけること、とても嬉しく思います

本当は私たちLGBT当事者が自ら声を上げて存在アピールすることが、未来LGBTのために良いと思っていますしかしま不特定多数の人にオープンにできる環境にありません。

性的少数者多数派になることはありません。私たち世界スタンダードにしてほしいと願うこともありません。批判されず、侮辱されず、自分らしく生きたいと思っています

LGBTでいることはどうしてもアイデンティティに関わる問題になります恋愛の話などで自分セクシャリティに気づくことが多い中学時代思春期が重なり、人生を悲観するLGBT少年少女が、見えなくても必ずいます。そのとき誰か一人、直接でなくともLGBT理解する大人がいるということは大きな支えになります

自分から「ここにいるよ」と言えない子どもたちのために「大丈夫だよ、ここにいてもいいんだよ」と言える大人になっていただけると幸いです。

LGBT児童生徒に、LGBTであっても人生楽しいことはたくさんあると伝えたいです。特に中学高校時代は思い悩むことばかりだけれど、それもいつかは晴れ、楽しいことが待っていると希望を持っていてほしいです。

LGBTでなくても、子どもたちには人生にいいことがあると希望を持って生きてほしいと願っています

2016-08-28

ガウチョパンツ楽しい

女の子の格好してみたいとは思うもの普通スカートとか男の体に全然似合わないし、これで外に出るなんてありえないと思ってた。

ガウチョパンツって極端に変な感じにならない程度に収まって、でも、シルエットはほんのりスカートっぽくて、女装結構満たされる。楽しい

「まだ若いんだからなんでもできるじゃん」

若い頃のネガティブ自分に会ったら、思わずそう言ってしまうと思う。

大人になると、個人の力の限界や、他の人との差はそのなに大きなものではないと知る。

世間でいいとされているものは必ずしもそうではなく、感じ方もひとそれぞれで自分に合ったもの選択すればいい。

”今の記憶を持ったまま”若いころに戻れたら、どんなに素敵なことかと夢想する。

 

しかし、よく思い返したら、若いころはいっぱいいっぱいだった。

優劣の差が明確につけられるし、自己肯定感なんて無かった。

弱いと切り捨てられるから堪えるしか無かったし、外の世界も同じようなものだと思っていた。

自分が好きなものは好きだと思ってはいけないものだと思っていた。

感情を偽らなくちゃいけないから、道理で動かない人間に対して攻撃になってしまっていた。

 

今でこそ、外の世界に出たからこそ、子供時代が狭い世界であり、特殊世界だと理解できている。

だが、狭い世界で生きている人間にそのことを理解させるのは難しい。

仮に、ある人物がいきなり現れ、

「この世界は実は仮想世界なんだ。今すぐ死ね現実世界に戻れて、もっと生きやすいし楽しいよ」

そう言われて信じられるだろうか。

いじめに遭ったことどもに対して、「狭い世界からもったいない」、「逃げればいい」、そうアドバイスする気持ちもわかる。

それも彼らにとっては信ぴょう性のない言説に過ぎないのだ。

自己肯定感の低い者に対して、可能性なんてもの自分がっかりさせる得るギャンブルに過ぎないのだろう。

 

結局のところ、若いからなんでもできるかどうか、それを理解するには時間がかかってしまうのだ。

もちろん個人差はあるだろう。

しかし、落ち込んでいる若者に、「若いからなんでもできる」と言うのは戯言でしかなく、

彼らを励ますという目的を達成するのであれば、それは説得力はなんたるかを考える必要があるのだ。

 

 

たけを

[]

今回は少年ジャンプ+

読切祭の残り感想

あと、「金未来玉杯」ってのがやっている模様なので、それに絞って感想を書く。

金未来杯」にはエントリーできないけど面白いギャグ漫画を集め、その1番を決定する企画らしい。

金未来杯」じゃなくて、「金未来『玉』杯」ね。

低劣だけれども、キライじゃないよ、そういうの。

SOCIAL GUARDIAN

読切祭の八つ目。

ふぅむ、流行に乗ったテーマではあるけれども、設定を捻るだけでなく盛り上げる展開も含めつつ、ストーリーもそれなりに面白いと思う。

まあ、まあ色々と粗があることも否めないが。

ストーリー構成からテーマを考えるに、バトル部分が本旨ではないのは分かるんだけれども、あっさり気味なのはやっぱり残念かなあ。

あと、セリフ回しが……個人的にはあんまり

まあ、でも読切祭の中では個人的に上位だよ。

さて、読切祭の総括だが、前回含めて色々と粗探しとかしていたけれども、なんだかんだ全体的にレベル高かったと思うよ(玉石混合な世界漫画を読み続けている身としては)。

総合的な漫画力で「ハトコネコ」、テーマに甘えずストーリー構成で魅せてくれた「SOCIAL GUARDIAN」、キャラクター人格気概を感じた「こっち見て片山先生」、面白いコンセプトの「冬春の仕事」あたりが自分の中で印象深いかな。




キングカイザーエンペラー

未来玉杯 エントリーNo.1

キャラの強い主人公で終始引っ張っていくタイプね。

ギャグマンガとしてはセオリーだな。

破天荒主人公言動が、最終的になんだかん人々を引き付けるという構成は好きだけれども、ギャグレベル普通範疇かな。



たちあがらない勇者テンツ

未来玉杯 エントリーNo.2

設定を活かしたギャグストーリー展開をもう少し期待していただけに、それが残念。

ギャグ方向性ときたまズレているというか偏っているというか、天丼ということを考慮してもワンパターンに感じる箇所もあったり。

まあ、でも軽妙なやり取りはノッてて面白いと思った。



ストロングリリィ

未来玉杯 エントリーNo.3

ギャグマンガから、やるからには過剰な言動キャラクターという自覚の塊を持った「ストロングスタイル」という、まあコンセプト自体は悪くないと思う。

だが、ギャグほとんどが唐突尊大というか、いまいちピンとこない。

テーマ曖昧としていて、コンセプトが機能しているか微妙

ネタ選びや、ギャグ一貫性がないのが、そう感じさせる要因だろうね。

作者自身よく分かっていないというか、扱いきれない状態で描いてしまったという印象を受けた。



吸血童貞タナベ

未来玉杯 エントリーNo.4

ノリと絵柄だけならコロコロとかの小学生向けで連載してそうなタイプだね。

けれど「吸血」の定番ともいえるのか、明らかに「アレ」を髣髴とさせる暗喩的な表現も含まれている。

まあ、それがコンセプトともいえるし、それ自体面白いんだけれども、シチュエーションなり登場人物だったりとかを練って、もっと話を転がしたりして面白く描けたんじゃないかという気がする。

終始テーマに沿っているのは好印象だけれども、舞台というかシチュエーションの都合上イマイチ盛り上がりに欠けるってところが難点か。

大喜利ネタの一つくらいの範疇なんだよね。



人間の達人

未来玉杯 エントリーNo.5

ワー、カワイイー。

……ぐらいしか感想書くことないなあ。

動物擬人化ものだとか、萌えだとかの定番アイテムが、それ以上の役割を果たせていない。

ネタ選びもノリも凡庸で、退屈なものが多い。

設定だとかテーマを踏まえると、むしろ及第点以下だと評価してもいいほど活かせていない。



綾樫くんは飼っている

未来玉杯 エントリーNo.6

面白い、というより楽しい漫画といった感じ。

こういうファンタジー的な要素に、それっぽい理屈を付けるのって楽しいからね。

ちゃんと、前編でネタとして提供される設定が後半の展開で活かされている構成なのがよろしい。

総合的に纏まってて、これといって言いたいことはないんだけれども、強いて言うなら構図とか、コマ割とかかなあ。

あと、1コマに人物が占める割合が多めというか。



さて、金未来玉杯の総括。

ギャグマンガに絞った企画だったのだけれども、当初の私が予想していたのとは趣が異なるマンガが多くて、嬉しさとガッカリ半々って感じ。

投票は~……どうしようかな。

総合的なクオリティならば「綾樫くんは飼っている」だけれども、あくまギャグマンガという土台に乗っけて評価するならば、軽妙なやり取りの「たちあがらない勇者テンツ」とか、テーマで紡がれる内容が一貫している「吸血童貞タナベ」、キャラの濃い主人公ガンガンいくオーソドックスタイプの「キングカイザーエンペラー」も捨てがたい。

まあ、後で決めよう。

http://anond.hatelabo.jp/20160828011351

世の中、いろいろ大変なことが多くてしんどいな。

 

自分が変わらきゃ、ってのも正しいし、

そう簡単に変われるか、ってのも正しいし。

 

私の方も似たようなことを考える。

自身プレッシャー掛けすぎても物事は上手くいかないので

変に焦らず、諦めず、投げ出さず、で着実に前に進みたい。

 

心身が壊れない程度に踏ん張って、

疲れたときは、きちんと楽しい時間自分に与えて、

なんとかかんとか笑顔になれるようになるといいよね。

 

最後に、数年前の転職活動での経験を思い出したので、参考まで。

 

何社か面接を受け、自然笑顔になれるような心理状態になった方が、

面接で良い結果がでるのに気づいた。

やっぱり、つらいなーって顔で面接すると大抵ダメだった。

 

そこで、面接の直前には楽しい時間を過ごすことにしたのだが、これは効果があった。

一番大事面接の前は、新宿駅から特急に乗り山梨へ行き、現地でレンタカーを借り、一日中、名所を回り名物を食べたのを覚えている。

道の駅で食べた冷えた桃は最高だった。

 

実は、それまでの人生、旅も美味しいものにも興味なかった。

それ以来、つらい局面では、定期的に自分笑顔になれる時間を作るようにしてる。

 

元増田転職活動、良い結果が出ることを陰ながら応援してる。

2016-08-27

ポケゴ運営さんへ

この度は申し訳ありませんでした。

みこちゃんそして運営さんにご迷惑をお掛けしました。すいませんでした。

私は、ポケゴが大好きです。でも、違反行動をして本当に後悔しています

私は、ポケゴに戻りたいです。でも私には戻れる資格がないです。こんなに酷い事をしたのに戻れるわけないです。

運営さんは色々なイベントを開いてくれたり、色々な機能を付けてくれて、使いやすいし、楽しい

運営さんがいるから、ポケゴを楽しく出来ているのに、私は本当に酷い事をしました。

とても反省しています申し訳ございませんでした。

運営さんは私たちがポケゴを安全に出来るように見守ってくれているのに、私はAPI叩きを止められませんでした。

本当にすいません。

そんな私が言っても説得力いかも知れないけど、運営APIを叩く行為はみんなで止めよ?

私は今めっちゃ後悔してるから

ちゃんと利用規約に沿って使えば運営さんもバンしないから!

皆でちゃんとしよ?

@micooochan

自分長所を引き出すヘアメイクファッション

30になってやっとわかってきて、とても楽しい


脚が短くてO脚なのに、ショートパンツスキニーに拘る必要はなかった

高めにウエストマークするワイドパンツか膝下スカートワンピース

長所である鎖骨や長めの首がきれいに見えるボートネックトップスをを着る

肩幅狭いのが目立つから流行Vネックは着ないこと


足がゴツくて細いパンプスは辛いから履かない

快適度の高いスポーツサンダルか、スニーカーローファー

小顔に産んでもらったおかげで、低身長でもハイウエストマークしてればヒールじゃなくてもバランスが取れる


猫っ毛、細毛、薄毛だから手入れできないなら髪を伸ばさな

ショートにしてくせ毛を活かしたスタイリングにした方が垢抜ける


地味顔にいくら化粧を盛ってもケバくなるだけ

くすみやクマを完全に消し、透明感のある磨りガラスのようなハーフマットの肌を作って

目元はツヤ感重視のシャドウ、目の位置が高いから下まつげだけ少し盛る

チークリップはほんのり血色を足す程度良い


着心地の悪い物(スキニー化学繊維洋服)は着たり履いたりしなくなって、気分的にも楽になった


毎日楽しい

2016-08-26

[]8月26日

○朝食:なし

○昼食:麻婆豆腐

○夕食:おでんたまご、糸こんにゃくがんもどきつくね大根




調子

お仕事頑張った。

今週はやたらと疲れた

土曜日日曜日はいつも通りお休みなので、むっきゅりする。



バッチとれ〜るセンター

愛する悪ポケのゴロンダドット絵があったので課金

ついでに、名誉悪ポケであるゴロンダ進化前のヤンチャムもゲット。

ちなみにここ最近収集欲的には、メガ進化絡みのコイキングギャラドスや、リージョンフォームじゃないニャースなんかも含まれます



ポケとる

レベルアップステージディアンシーレベル46まで攻略

おお、目標の50が普通に見えてきた。

明日には達成できそうで、よかったよかった。



ポケモンコマスター

ログボのみ、ジュペッタ可愛いな欲しい、欲しいが出るまで課金とかアホらしいから、やっぱりしんどいなこのゲーム



スマブラfor3DS

シンプルの、カービィデデデメタナイトの三人を攻略

僕はかっなりプレイヤー力が足りないので、難易度4.0でも結構大変で楽しい