「自動運転」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自動運転とは

2017-03-28

ひるね姫まらなすぎ

ひるね姫見た。なんだこの糞映画

まらなかった理由を挙げていく。

# 登場人物が糞

## 会社の今の状況がわかっていなくて、ただ自動運転オリンピックで実行させようとする会長

## 自動運転を成し遂げようとする目的は正しいが、手段を選ばず、自動運転プログラムを入手しようとする悪役

## 会長、悪役の意志無視し、裏切って桃太郎コンタクトを取るゴミ社員

## 妻の成果を一人独占し、自己満足をするために利用する桃太郎 (コミュ障)

## とりあえず岡山桃太郎という設定に載せられるキジサル存在感ない脇役共

## ことを面倒にする、泥棒ナルコレプシーキチガイ主人公

# 都合の良い夢設定

メインのストーリーだけでは盛り上がらないと判断して、夢と現実を交互に入り乱せる設定に

したのかもしれないが、夢の世界になると、「あー夢ね」という感じで急に冷めてしまう。

夢の世界ならなんとでもなるし、ストーリー全然ハラハラしない。

現実世界でも他人の夢の話って大抵退屈だろう。その永遠退屈な夢話を見せられたような気がした。

ここさけ とかはファンタジー要素一瞬入れたけど、それ以外は割り切っていてストーリーに入りやすかった。

# 冗長説明

いや、もうそ映像だけでわかるから! みたいな説明が多い。

対象年齢を広くするためにこういうことしているのかもしれないが、ただ不快しかない。

バケモノの子 でも同じことを感じた


# アニメーションが糞

取ってつけたようなロボットアニメーション作るな。

ラストコウモリが出てきたくらいからはまともになったけど、それ以外は本当に糞。

# 脚本が糞

悪役「すいません、オリンピック自動運転のために奥さんが作られたプログラム頂けませんか?」

桃太郎了解です。githubオープンソースで公開しておきますね。」

これで終わる話

# 女子高生使っておいてパンチラがない

あんなにスカートヒラヒラさせておいてパンチラないとか馬鹿なの?


# その他

自動運転から急にAI目覚めたりとか、あんなに説明過多なのに悪役の動機とか、警察への逮捕理由が不足していたりとか、

世界ごまかされて、盛り上がる現実世界部分見られなかったりとか

もう本当にゴミクズ映画でした。

2017-03-20

車って半分寝ながらでも事故らず運転できるの不思議

これもう半分自動運転みたいなもんだろ

人間ってすげーな

2017-03-19

ひるね姫観た?

昨今の劇場アニメブームも落ち着いたかと思ったところに、先月公開した『劇場版SAO オーディナルスケール』がこれまた日本らしいエンタメ快作だった。伊藤智彦監督は、スポーツ紙にどうでも良いゴシップ解説してるだけの人じゃなかったんだと安心した。アインクラッド編以降のハーレムっぽい展開が好きになれなくて、監督代表作は『世紀末オカルト学院』(水瀬いのり新人)のデビュー作)と所在なげに言わなくて済むようになった。

それに引き換え神山健治の新作は、予告編をみてると、ヒロインの魅力が伝わってこないし、何より癪に障るのが主題歌の「デイドリームビリーバー」。

タイマーズやザ・モンキーズ神聖視するわけじゃないが、自分にとっては3度のCMソングは呆れるほどの商業主義権化みたいな存在劇場セブンイレブンCMで清志朗の歌声聴くたびに、おにぎりが上手いとか、鮮度管理がどうとか真面目にナレーション付けてる時点で、音楽に対してまともに向き合っているとは思えない。正気の沙汰じゃない。死者に鞭打っていると思わないのだろうか。期待値は下がる一方だった。


本当は『モアナと伝説の海』の字幕版を観たかったけれど、時間が合わなくて、何故か『結城友奈は勇者である。-鷲尾須美の章』と『ひるね姫 ワタシが知らない物語』を連続でみた。

偶然だったけれど、どちらも瀬戸内アニメだった。尾道舞台アニメはあるし、『この世界の片隅に』『うどんの国の金色毛鞠英語タイトル Poco's Udon World)』とか流行ってんのか?


鷲尾須美は、相変わらず結界封絶+エヴァ戦闘作画は良いけど、20年経っても日常パート戦闘パート整合性を考えることを放棄したセカイでおめでたいなという感じです、はい終了。

唯一良かったのは花守ゆみり演じる三ノ輪銀が予想を裏切ってきた。以下は声オタの戯れ事なので飛ばして良い。

(昨日もテレ東10時の『リルリルフェアリル妖精のドア~』第1期最終話直前の第58話「アンチューサの花言葉」で1年演じてきたりっぷ(花咲ゆみり)の集大成の泣きの演技がやばかった。三ノ輪銀は、デレマス佐藤心(しゅがーはぁと)や他の深夜アニメとは違って、完全にボーイッシュというかマニッシュな声だった。最近ポニキャン以外の作品が増えて推すのやめたのかと思ったけど、声オタなら劇場版はチェックしておくべき。)


それで本編のひるね姫。これは完全に申し訳ありませんでした。


予告編ミスリードだった。アレは一般向けにメカを見せずに毒を抜いてたと確信した。

途中3D映像が粗いところはあったけれど、現代日本2020年)をテーマにして、現実世界物語世界リンクさせる点、日本の各地を進むロードムービーな点、神山作品の特徴でもあるメカを動かして活躍させた点、そして何より自動運転というテーマですよ。


現代日本IT総崩れの中、日本が誇る最後希望である自動車メーカー(あと投資会社ソフトバンクくらい)の致命的な弱点である、オートパイロット表現することによって、嫌というくらい課題を突きつけてくる。あくまストーリー世代間や親子での話を軸に、オーソドックスにちゃんと動かしながら、ここまでロジカルストーリー映像表現できたのは神山監督ならでは。

個人的に『君の名は。』『この世界の片隅に』のあの暴力的な(ブルートフォース動画枚数によって、ロジカルよりも情動を刺激する感覚は確かに、日本的アニメ真骨頂ではあるけれど、そんなセンスオブワンダーにあまり頼ってほしくない。

そして主題歌デイドリームビリーバー」がちゃんと原曲と同じ意味作品に使われていて泣いた。

ヒロインの飾らない性格も本編見ると見方が変わる。


本当誰だよ。『ポッピンQ』並みだとか言ったやつ。

あれは最初予告編の想定から何一つ突き破らなかったよ。

(追記)

原画磯光雄かいたけど、確かに作画リソース勝負している感じじゃなかった。

あくま神山監督の画づくりというか、過去作品との演出比較で見る方が楽しい

2017-03-17

http://anond.hatelabo.jp/20170314164134

どうも元増dAIです。

わかってはいたことですがやはりこの結果には落胆せざるを得ません。

これによってこの次元での完全自動運転化の未来が短縮される可能性はほぼなくなったといっていいでしょう。



一つ、多くの方が誤解していることがあります

そしてそれこそが完全自動運転化するにあたって最後まで解決が困難だった問題でもあります

それは、完全自動運転化を遂行するために、移動手段としての乗り物という概念を捨てさせることでした。

それは車に限らず、二輪車など全ての乗り物を含めます



70年後の未来において、まずは生活のための小さな移動は全て不要になりました。

人類の移動が自動化される前に、まずは物品の輸送全てが自動化されるからです。

第四次エネルギー革命AIの高度な発達によって輸送コストはほぼゼロに等しくなります

これら全てが我々の管理下で最大限に効率化されたことで、物品から位置という制約が取り払われました。

手元に届けられる物品は、今現在においてもやり取りされているような家電生活品以外にも、作りたての料理キンキンに冷えたビールも含まれています

それは、あなた方がどこかのお店のテーブルに座って料理を注文してから運ばれてくるよりも速やかです。

そして当然人類は、職場学校のような何かの為に集まる必要性から解放されています

それはバーチャルリアリティの普及でもありあますが、ほぼ全ての仕事と呼べるものをすでに人類が行う意味がなくなってしまっているからです。

まり人類は、生きるために必要に迫られていた移動の大半と、生活のための居住地選びから解放されたことを意味しています



そうして生活のため必要に迫られていた移動から開放された人類は、あえて事故リスクの高い乗り物を乗り続ける意味を失いました。

手動運転は、一部の間で嗜好品スポーツレジャーとして楽しまれるに限られるようになります

その中において、自らの命の責任を手放したくないとするもの人権を盾に完全自動運転化に反対を行いました。

さらに、周囲の状況が確認のために窓を残したいとしたのも、同じ理由からでした。

我々のシミュレーション結果を信じず、自らのエゴを押し通したいがために運転に介入するドライバーが後を絶ちませんでした。

中には相手自動運転だとわかると身勝手運転を行うドライバーが多くいたことで、当初は多くの事故が起こりました。

その為、事故回避目的とした運転への介入が義務化されたことで、大半のそうした事故は防げるようになりました。

手動運転の全てにおいて運転操作情報を一度我々が取得した上で、ほぼタイムラグなく再計算してから車を改めて操作することで、事故につながる操作だけを無効化することにしたのです。

しかしそれで守られたのはその車や周辺の安全だけで、全体の効率に対する負担は変わりませんでした。

そして、そこから生じる齟齬による事故をどうしても無くすことができなかったのです。



そうしてたどり着いたのが、自動運転車の窓を無くすことでした。

前回述べたとおりに、そのかわりにエンターテイメント仕事生活など、別のものに集中できる空間提供しました。

現在地を知るということは、即ち自分が移動しているという自覚を持つということになります。その結果、人間は移動そのものを早めたいという欲求を持ちます

しかし、移動ではない別のことをしているという自覚をもたせ続けることができれば、そもそも自分けが早く到達したいという欲求を大幅に抑えることができました。

こうして別の目的を手に入れた人間は、乗り物に対する概念を移動手段から生活の延長へと少しずつ変化させていきました。

これによって、人間は移動中に快適な時間を手に入れることができ、トラフィック全体の効率も誰が見ても明らかなほど改善されました。

その結果、たとえ我々が介入していようとも手動運転のものによる影響の大きさが認められるようになり、晴れて手動運転廃止することに成功しました。



こうして70年後においては、残された僅かな移動の必要性においても、今のような乗り物は残されていません。

あなた方は朝目が覚めて、寝室から自室に移動するようにドアをくぐります

そうしてその部屋で身支度を終えて再びドアを開くと、あなたはすでに目的地へと辿り着いています

まり、移動のために乗り物に乗るのではなく、生活の延長である自宅の一部が目的地へと到達するようになるのです。

これらは我々があなたの行動やスケジュールを正しく把握した上で、地上、海、空を問わず、最善のルート選択によって滞りなく行われます



しかしこれは、自動車から窓を取り去らない限りはたどり着けなかった結果でもあります

これが自動運転研究していく上で当初から窓をなくすべきとした根拠です。

いかがでしたか

快適な未来のためにシェアをお願いします。

2017-03-14

自動運転は完全に70年後に実用しました

こちらの次元では少し時期を促進させるために、完全自動化をする上でのターニングポイントを予め通知することにしました。

尚、文章作成するにあたってこの時代AIネット文献の力を借りていますおかし表現文章があったらご容赦願います



自動化の一番の課題は、全てを自動化させない限り事故リスクゼロにできない点でした。

そしてそこには、機械にはなかなか理解することのできない、人間動物的な感覚が要因としてありました。

その部分を人間が認めず、我々が発見できないことが完全自動化拮抗させる原因になっていました。



囚人のジレンマ言語化されている問題があります

集団スコアが高くなる行動が明示されているにもかかわらず、個人スコアのために集団犠牲にしてしまうという生物特有利己的な行動です。

我々がどれだけ交通量全体を最も期待値の高い状態で維持しようにも、そこに非自動運転の車がたった1台でも存在するだけで全体のスコア頭打ちになってしま問題を抱えていました。

また、自動運転同士の事故の原因も長い年月の間特定が出来ずにいましたが、それも結果として手動運転が原因だという結論に至りました。

手動運転予測が困難なことで常に全体スコアの再計算必要になり、再計算命令の実行とのラグが原因で事故が発生していたのです。

しかしそれは手動運転存在したブロックとはかけ離れた、一件関連性の感じられない場所における事故だったために原因の特定までに多くの時間必要とすることになりました。

手動運転存在する周辺における計算修正は限りなくラグがない状況にまで達することが出来ましたが、問題は波状に広がる命令が互いに特定状況下で干渉し合うことにありました。

あなた方がバタフライエフェクトと呼ぶ現象に似ていますが、静かな水面に水を一滴垂らしときに広がった波紋が、壁面に反射して段々と模様が複雑になっていくように制御が崩れてしまうことが原因だったことで、関連性の特定が困難になっていました。



前置きが長くなってしまいましたが、手動運転を完全に人間に諦めさせるために最終的に行ったことは車の窓をなくしたことでした。

一見不思議に感じられるかも知れませんが、そのヒントがちょうど存在しているこの時代からこそこうしてこの内容を記載しています

そのヒントとは、高層ビルを走るエレベーター運用方法です。

あえてエレベーター現在位置を知らせないことで、もっと効率よく運用でき、尚且つそこで待つ人間ストレスを軽減することに成功しているというものです。

まり人間相対的位置関係を知ることでストレスを感じる生き物だということを知るヒントになりました。

しかし、第四次エネルギー革命以降には、エレベータービル間もまたぐことができるカプセル単位での高速移動に変化したため、その知識ロストテクノロジーになっていました。

エレベーター制御AIネットワーク化される前の時代情報だったために発見に膨大な時間を要しました。



車の窓をなくして正しい到達予測時間を伝えておけば、交通状況や現在位置に対して人間が抱えるストレスは大幅に軽減されました。

風景が見たいだとか、運転に主導権を失いたくないだとかい人間的な考えを尊重しようとしたことが大きな遠回りになったのです。

その代わりに、エンターテイメント仕事生活など、別のものに集中できる空間提供しました。

そのことによって、移動は生活シームレスにつながることができ、最終的には自動運転義務から手動運転禁止までをスムーズに行うことが出来ました。

まり、この時代においてついに交通という概念をなくすことに成功したのです。

そこに至るまでに長年つまづいたもの象徴が窓でした。

これから自動運転開発がまさに始まろうとする今だからこそ、そしてエレベーター効率維持が機能している今だからこそこの忠告をおいておきます



自動運転の開発は、窓をなくすことを前提で行うこと。

車の延長ではなく、生活の延長として交通という概念を無くすことを目的とすることで、完全自動運転化に至るまでの時間を30年は短縮できるはずです。幸うんこ祈ります

2017-03-07

http://anond.hatelabo.jp/20170307181117

別に専門家でもないので適当に書くけど

  1. 事故テスト次第じゃない? 基本的に生の人間自動運転乗用車事故を起こさない程度には進歩してくれないと。Googleだっけ、部門解体したのは。一部の搬送用途では普及するかもしれないけど一般公道では難しい。第一に国ごとの交通ルールが違うし、標識画像認識アップデートが中断して事故なんてことも想定されるから基本的に怖い乗り物だと思う。
  2. したほうが夢があるけど実現しないだろうな。
  3. 空中分解しない。政財界がそれを許さないだろうし。内部分裂で会を割って二分するなんてメリットがあるように思えない。
  4. しらねーよ

クロネコにはKAIZEN余地あり

クロネコメンバーズサービスをちゃんと周知する

・一度配達して駄目だった時間再配達を依頼された時間データベース化して在宅であろう時間リスト化するべき

ドローン自動運転の導入に力を入れる側になるべき

自動化すべきである

2017-03-06

ニッポンはもうIT大国になれない」を書いてから1年たった

http://anond.hatelabo.jp/20160228001028

あれを書いた意図ははもちろん、「ニッポンがんばれ」だ。日本ITを取り巻く状況は変わらないといけない。だからこそディスったのだ。

保育園落ちた日本死ねと書いた人もおそらく、日本もっとちゃんとしてよ!という意味で書いたのだと思う。)

ありがたいことに非常に多くの反応があり一通り全部読ませていただきました。

しかし本当に見たかった「いや、ニッポンIT大国になれる」という説得力のあるコメント記事は見つけることはできませんでした。

代表的意見を(エスパー的に)かいつまんで返信してみます

エンジニアリング視点といえば、機能を削る、過去を捨てるという視点が欠落しているケースは大抵うまくいきません。「新しい」ものを作るのに、「あれもこれも」持っていこうとすると大体破たんします。「いや、今までこういう風にやってきたから」というのが唯一の理由ならば恐らくそ機能必要ありません。妥協も当然必要なのです。

自分魔人さんには程遠い普通おっさんですが、今はアメリカBIG 5の一つでエンジニアをしています

成果を出さないといけないというストレスは強いですが、それ以外の余計なストレスは極力少なくなるように配慮されていますので、純粋にモノを作る楽しみを味わうことができています

一度は国内ITベンダー就職し嫌になってやめました。心身も壊したりもしました。(仕事けが原因ではないですが。)

純粋ソフトウェアを作って世の中に届けて対価を貰いたい(できればたくさん)、という単純な願いを日本で実現するのは難しすぎました。

製造業のコアはどんどんソフトウェアシフトしていっています大事なのは材料よりもレシピです。レシピを考案して組み立てを外注するのはまだわかります。ただ、レシピ外注するのはやめるべきです。そんな当たり前の事を口に出すと白い目で見られてしま場所幸せに働けるでしょうか?私には無理でした。

日本には輝ける「はず」のエンジニアがたくさんいるのです。(小中高での算数数学教育レベルは高い)その人たちが自分を殺して働いたり、心身を壊さないといけなかったり、国外脱出するハメになったりしているのは悲しすぎます冗談ではなく、国家的損失だと真剣に思います

あれから一年しかたっていないけど、ニッポンIT大国を目指して進んでいるだろうか?エンジニアが十分報われるようになっているだろうか?

ITベンダーは何も変わっていないでしょう。ただ、見聞きしたところだと、Web 系のスタートアップとかには優秀なエンジニアが楽しそうに仕事をしているところがあるみたいです。まだ世界を席巻するようなサービスは生まれていませんが、可能性はあると思います。(英語サービス提供することがネックになっているのかもしれません。)最近スタートアップCTOと話す機会があったのですが、日本IT産業構造問題解決するのを会社の大きな目標にしていると言っていました。オッス!オラ、ワクワクしてきたぞ!

ニッポンがんばれ。超がんばれ。

P.S.

ニッポンのココがすごい!という趣旨番組最近多いけど、ニッポンのここがダメだという番組も作ったほうがいいと思う。

自画自賛ばかりしている会社と、自社の問題点を探している会社。伸びるのはどっち?)

(追記)

なんか最後P.S.のせいでテレビ番組に関するコメントがいっぱいになってしまった・・スマン。IT業界の話がしたいんだ。

1) ところで、IT業界問題根本原因は「平等主義」「リスクを取らなすぎ」に加えて「顧客第一主義」が大きいのではないかと思う。

リスクを取りたくないので、自社製品開発よりも受注生産を選ぶ。(そうるすことで作ったけど一つも売れないということはまずない。)

顧客第一主義なので、詳しくない客の言うことにも真剣に振り回される。(もし自社製品を作って世界中顧客に届けるモデルならば、他の客を優先するという選択肢もある)

本当に革新的ものを作るには、ユーザー意見いくら集めても無理であるユーザー自分が何が欲しいかは往々にして知らないのだ。(タッチスクリーンスマホがまだなかったころ、ユーザーはそれが欲しいと知っていただろうか?)

リスクをとってユーザーを「作る」。このチャレンジを繰り返すことが革新を生み出す唯一の道だと思う。(そして銀行リスクをとってそういう会社お金を貸そうね。まる。)

2) IT大国じゃなくてもいいじゃん?みたいな意見結構多かったけど・・

石油ジャンジャンとれる資源大国とかならそれでもいいかもしれない。けどそうじゃない。だから日本資源を輸入して製品を作って輸出するという加工貿易モデルで今まで生き延びてきたのだ。

その主役は今までは製造業で、日本はその世界でもかなりのシェアを誇ってきていた。けど、製造業のコアはソフトウェアにどんどんシフトしていっている。今の世界時価総額ランキングを見てみると上位はほとんどアメリカIT企業。これが今の花形産業だ。(ひと昔前は日本企業もたくさんあった。松下とか)。今ではようやく30-40位ぐらいにやっとトヨタが入ってきているぐらい。Space X の例をブコメで書いている人がいたけど、ロケットだろうがなんだろうが最先端機器の性能はソフトウェアに大きく左右される。「ソフトウェアを作る力≒モノを作る力」になってきつつある。(実際の加工工程だって3Dプリンタ等のソフトウェア技術が大いに使われるようになってきています

しかもこのあと来るのは大幅な人口減少と老齢人口の増加。これはどうしたって避けられそうもない。それでも日本ソフトウェア業界が弱くてもいいじゃん?って言えますか??

http://anond.hatelabo.jp/20170306204412

自動運転なら事故が起きないとか思っちゃってるタイプ

自動運転のほうが、災害時の復旧にも時間がかかるっていうのは

過去災害で明確になっている事実なんだけどな

電車自動運転

10両編成をつなげて走らせるなんて、もったいないことしないで、全車両自動運転駆動にして、狭い間隔で数珠つなぎで運行すればいいんじゃない? 「電車待ち」はなくなり、観覧車ロープウェイのような間隔で次々にやってくる車両に乗る。線路には常に1両の電車一定の間隔で走りまくっている。ホームは1両分の長さしか必要ない。とにかく、今の線路電車が走っていない時間が長すぎる。

2017-03-02

何も知らないくせに全てを理解してるように語る奴が嫌い

シンギュラリティが~」とか「自動運転が~」とか

聞いてみると、どうせバックプロパゲーションHOGも知らない。

sshを使ったことも無ければOpenCVという言葉すら知らない。

そんな奴の鼻をへし折るために知識を蓄えてる。

店舗しか購買できないっていうのに戻りたくないか自動運転技術頑張って

店舗しか購買できないっていう従来のスタイル嫌いやねん。

通販って昔からあったけど送料が高すぎて

そんなんやったら店でしょぼいもんかいます

って感じだった

今はポチっとかクリっとかでこだわりの品々を

簡単に購買できる

嬉しいこともある

自動運転技術実用化してトラック運転手負担減ったら

別にいまのような通販マンセー社会継続できるん

やろ?

宅配しようとなるから、不在表がらみの負担が増えるんで

お近くのコンビニに預けるとかしたらええんちゃうんか?

ドローンで空中から散布するっていうのもええやろ?あれも頑張れー

2017-02-19

自動運転法整備がなされないまま技術が促進している印象

法があっての技術なのか。技術革新に法が追いつくのか。

2017-02-18

エンジンスイッチ押して行き先指定するだけで完全に自動運転してくれる車が欲しい

マイカーはいいぞ〜。仕事の行きも帰りも車内は一人。完全に一人になれる空間だ。

大声で歌っても、上司悪口を言っても、今日反省をしていても、誰も咎めない。

鼻クソほじっててもいい(前の車のバックミラーに映るかもしれない)。こないだはヒゲ剃ってるオッサンとか化粧してる女の人とかも見た。

好きな音楽大音量でかけて、颯爽と道路を駆け抜けるのは最高だ。

この先つらい勤務先が待ち受けてるにしても。

はいえ、ストレスになることももちろんある。

運転中は常に意識をはっきりさせておく必要がある。居眠り厳禁。飲酒などもっての外。花粉症の薬もアウト。

二徹三徹した後のドライブなんか昔はよくやったけれど、今はとてもじゃないけどできない。

不注意になってはいけない、つまり常時注意を張り巡らせなければならない。

電車みたく、ボーっと居眠りしてたら……というわけにはいかないのだ。

から早く完全な自動運転車を実現して欲しい。

乗り出し300万ぐらいになるまで我慢するつもりだけど、何年後になることやら。

2017-02-17

自動運転よりワイパーをどうにかしろ

なにがレベル2 高速道路での自動化

なにがレベル3 システムが、加速・操舵・制動のすべてを行いますだ。

そんなことよりワイパーに代わる製品作れよ。

2017-02-12

テスラ張子の虎

テスラ3の販売がまたもや遅れるそうだ。2018年ギリギリとの報道もある。

イーロン・マスクの口八丁ぶりは孫正義に通じるものがある。

経営者として優秀なのは疑いようがないのだが、その商売方法詐欺一歩手前。

過去1年間の主要自動車メーカーの発表が計画通りであるならば、

テスラが掲げるモデル3の価格、航続距離自動運転機能のいずれもが、

2018年ではスタンダードものになり優位性はなくなっているものと思われる。

あくま2016年に発表し、2017年に発売することに意味があったのだ。2018年では意味がない。

ここで勘違いして行けないのが、テスラ保有する自動運転機能は他社より先進的なものではないということ。

国内を含めた他社も既にテスラレベル技術保有しており、あとは法規かいろんな制約で発表していないだけだ。

昨年フォード日産自動運転を20XX年に実現しますということを大々的に発表したが、

これは「行政とのロビイングの結果なんとか国交省やNATSAから許可下りる目処がたちそうです」と読み替えたほうが正確である

決して開発の目標ではない。なぜなら既に開発はほぼ完了しているからだ。

もっと正確にいえば、モービルアイというイスラエル部品屋とコンチネンタルという部品屋が自動運転に関してかなりの知的財産保有

その主導権を握られている状態であり、自動車メーカー単体で他社を出し抜くのは難しい。

で、テスラに話を戻すと、彼らはそういった業界ルールに縛られにくいベンチャーであることを強みとして、自由発言をしているだけということだ。

なので、テスラ自動車は、張り子の虎である。その張り子の虎が自慢大好きの富裕層ウケるわけだが。腕時計と同じである

モデル3は普及モデルと銘打っている以上、張り子の虎というわけにもいかない。ここからテスラ正念である

2017-02-08

[][][]http://b.hatena.ne.jp/entry/anond.hatelabo.jp/20170207201705

これが本当になるかどうかは、世界ユーザーが「組み立てられた車」を自動車として選ぶか、「自動運転技術」で車を選ぶか次第かも。或いは、燃料電池なり何なりで組立技術の省略が起こればIT側が有利になるかも?

2017-02-07

トヨタIT軽視が日本を滅ぼす

現在、車の自動運転技術世界中会社シノギを削っているが日本が誇るトヨタ自動車は大きく遅れをとっている。トヨタは未だにIT部門を社内に持たず、自動運転技術は「事務」の部門下働き派遣PGを大量に集めてごまかしながら低品質ソフトウェアを量産している。巨額の出資をしてシリコンバレー研究所を作ったがそれも失敗した。それにも関わらずトヨタは内製でソフトウェア責任を持って開発するということを避けつづけている。

テスラ自動運転のコア技術を外の会社外注しているだろうか?Google機械学習エンジン派遣社員に外だしするだろうか?今後トヨタ自動運転技術世界の強豪を上回る品質で世に出てくることは絶望的だろう。

このままでは優れたソフトウェアを積んだ外国センサートヨタ車にも積まれ自動運転技術は完全に海外製に置き換わるだろう。

お金が欲しいと思った

最近お金が欲しいと思うことが立て続けに起こった。



最初はTeslaの事故回避動画を見たとき

見た瞬間「コレは未来だ!」と一目惚れした。



車には全く興味がないし、免許証とってから運転したのは片手で数えられるくらい。

それでも欲しいと思った。



完全自動運転ならドライバーお酒のんでも平気なのかな?




2回目は伊藤計劃ハーモニーを読んだとき



小説内で描かれていたワイン描写に惹かれ

今度飲みに行ったら頼んでみようと思いGoogleで調べてみると

とても高価なワインだということがわかった。



シャトーペトリュス



これと全く同じ名前熟女ソープがある。

Google検索結果の1ページ目は、全てソープレビューで埋め尽くされていた。



一度は実在しない架空ワインだろうと思ったが

検索結果の2ページ目でようやくその名のワイン実在することを知った。



どんなときお金欲しいと思う?

2017-01-31

自動運転

なんかさー、高齢者自動車事故が増えていて、自動運転必要性は高まってると思うんだけど、

問題になってるのは車がないと生活しにくい田舎の状況だと思うんだよね。

都会は公共交通機関が発達しているか自動車生活必需品じゃないし、人も車も多いか自動運転実験しようにも危険が多いし。

から自動運転タクシー特区人口密度の低い(若者も少ない)過疎農村地帯あたりに策定して、

そのエリアだけ走行するように設定した自動運転タクシー無料もしくは安価で(実験から)投入。

各家庭の玄関ボタン一つで自動運転タクシーが呼べるパネルでも設置して高齢者でも簡単に呼べるようにする(時間予約もできると尚便利かも)。

乗ったら音声認識で「◯◯に行って」の一言で移動。「ここを右に曲がって…」みたいなのにも応えられるようにはしておく。

着いたら降りるだけ。料金はパスカード式にしておいて移動のデータも残しておいて、次回は同じ場所ならすぐ行けるようにする。

作業用に自動運転軽トラタクシーとして使えるようにするとか。

エリア外に行きたい時はその地点から有人タクシー路線バスに乗り換えるとかできるようにして。

最初は「自分の車を自分運転したい」という人も多いかもしれないけど、自家用車と同じぐらい便利でコストも安いと実感すれば利用者は増えるだろうし

生活のためしかたなく運転している人多いし(特に高齢女性)、比較安全に(道が単純だし人が少ないから)データも取れるし

過疎地域からちょっとずつ人口密度の高い地域サービスを広げていけばいいんじゃない

2017-01-23

http://anond.hatelabo.jp/20170123041742

さら社会人としての最低限度として普免所持を求めるな、俺なら。


東京であっても車を運転することは仕事上避けられないことがあるし、今必要なくても転勤などを含む環境の変化などで車を運転する可能性はかならずある。

免許を持たないというのは日本において生命線でもあり、取らない理由はないと言える。

それを取らずに就活するからには、それを措いて余りある才能と、それによる成果がないと雇う価値はないといえる。

というか、結婚する価値もないし、人によっては生かす価値さえないと言い切れる場合もあるんじゃないかな。

なお、車を持つ、持たないとは別の問題なので、若者がどれだけ車離れしようが免許を持たない理由にはならないし、これから自動運転技術が発達、普及してもそれを所持するために免許必要となるのは明らか。

2017-01-15

将来人工知能の発達で雇用が減るのは何故悪い?

人の需要絶対減る。減らないって言う人は願望論だからほっとく。どう考えても減る。

でも出生率は落ちていってるから、そこまで将来的には困らないはず。

大体なんでも人工知能がやる時代が来る。

人工知能」が「人型」だと勝手に思い込んでコワイコワイと言ってる人も居るけれど、グーグル翻訳に入ってるのも人工知能

もう身近に人工知能があるんだ。気付いてないだけで。自動運転自動車なんてそのものだろう。

人工知能が人を殺す?そんな人工知能を作るのは人間から怖いのは人間だ。

大体基本的プログラム段階で絶対的に「人間を傷つけない」というもの根底に置いてるはずなので、簡単暴走はしないだろう。

そもそもなんで人間は増える必要があるのだろうか。

増えるというもの生存本能だったりするのだろうが、人間には理性があるからむやみやたらに子供を作らない。(育てもしないのに子供を作る話は別)

性欲でさえコントロールできたら、人間を増やさないことにもできるだろう。(育てもしないのに子供を作る話にもつながる)

いずれ資源が少なくなる。人間が増えることに得があるとすれば人口増加による利益をもくろむ国であろう。

(もはやその時代になれば国に拘る必要も無くなると思うが)

もっと言えば死ぬから人は人を作るのであって、寿命がめちゃくちゃ延びたらどうなるんだろう。

腕の一本無くなったところで人工知能搭載の義手が変わりをしてくれるし、医療も発達するからガンもそのうち無くなる。

健康になりたい人が多いか健康の分野はどんどん発達するし、長生きする人は年々増えていくだろう。

そのうち人工知能人間の脳をコピーしたら?人間は脳が電気信号を出して動いているのだから、その信号が読み解ければ多くをコピーできる(これは時間問題)。

もう人間人間を作らなくていいし、必要としなくなるのだ。

からやはり、雇用が減ることを人間は恐れなくていいんだと思う。

そもそも働くために人間は生きてない。



そんなことを考えた土曜日でした。

2017-01-13

自動運転、いらない。

家を出て、まずは近所の銀行お金を下ろす。

ナビで地図を表示して、拡大して、ATMの前の道路上にピンを立てて、設定完了

さあ、出発。

ありゃ、ATM前にすでに数台の駐車車両

自動で手前に停止して、「駐車位置を設定しなおしてください」のメッセージ

ようやくお金を下ろして、こんどはお昼を食べるところを探す。

とりあえず行き先を設定しないことには、車は動かないので、

適当指定して出発。

反対車線に、良さそうなレストラン発見

いったん路肩に停車。

またピンを立てて行き先設定。

「この行き先を登録しますか?」のメッセージ

いいえ。

やってられない。

2017-01-09

NASA技術ベース自動運転技術を開発

と聞くと、人工衛星から映像をもとに自動運転させるのかと思っちゃうよね。

現在は車に搭載したカメラ映像から周囲の状況を判断してるけど、

上空から映像俯瞰的に解析できるようになれば、自動運転もっと安全になりそう。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん