「恋愛」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 恋愛とは

2016-05-28

http://anond.hatelabo.jp/20160528012128

新しいことに足を踏み入れるという耳障りの良い大義名分で 本当にやらねばならない別の負担から逃げてはダメだよ。

人間、こと恋愛に関心があるときは、必ず何か目を背けたい現実を抱えていたりするから

2016-05-27

http://anond.hatelabo.jp/20160527210958

恋愛自己啓発はほんとハードウェア無視してるよな。ちんこたたない人間にたてたていってるような気持ち悪さがある

説明が無いのが腹立つと言えば最終兵器彼女

なんで恋愛脳の能無し小娘を最終兵器にするのか

ほんと一切説明(というか辻褄あわせ)無いし

そんな世界滅びろとしか言いようが無い

http://anond.hatelabo.jp/20160527210958

恋愛は低年収貧困層最後の砦からな。

その価値観破壊されそうになったら全力で戦うに決まってる。

ラブパワーの前に日陰者は無力なのだよ。

http://anond.hatelabo.jp/20160527204619

恋愛は「相手のことを執拗に反芻思考する強迫性障害に似た脳の機能障害」説という研究もありますね。

片思いストーカー兆候だ、って10代の男女みんなに教えてあげたい

普通に報道された事件なので知ってる人は知っていると思うけど、私の母校では(自分入学する前に)ストーカー事件が起きたことがある。その事件を受けて新入生向けのセミナーで「もしストーカー被害にあったら?」というコーナーがあった。

前半の内容自体はごく常識的もので、それだけなら特に印象に残ることもなかったと思うのだけれど、後半、カウンセラー女性講師が持論を述べ始めると、そのあまり想定外の内容に当時の私は強い衝撃を覚えた。



その講師いわく、ストーカーになる危険性が一番高いのは、見知らぬ他人ではなく、あなた片思いしている身近な人物だという。そもそも、恋愛における「片思い」というのは、精神が未熟な人物に特徴的な行動で、それ自体ストーカー予備軍の兆候と言える、と。

「皆さんはもう大学生です。中高生ときのように片思いを募らせるような子どもっぽい恋愛はやめましょうね。好きになったら即アプローチ。もちろんしつこいのはNG相手がNoならすぐに引きましょう。別れ際も仲良く後腐れなく。楽しく軽やかに恋してくださいね

そんなことを言っていたと思う。女性あくまで爽やかな口調で話していたし、適度なジョークも踏まえて会場は表面的には和やかだったものの、私個人は唖然とした表情を隠し切れなかったし、周囲にも同じような顔をした人がいた気がする。



片思い精神が未熟な証拠ストーカー予備軍の兆候。そんなことを考えもしていなかった高校卒業したての自分は、これから先に出会う異性との付き合い方をどうすれば良いのだろうと強い不安を感じた。

でも、今となっては「片思い精神が未熟な証拠」と言い切ってもらえたおかげで、辛い思い出も含めて良い恋愛に恵まれたし、自分もいい方向に変われたんじゃないか感謝している。

テレビネットストーカー事件被害を目にするたび、私は加害者被害者に「片思い」していたんだろうなと感じる。その「片思い」が未熟で不適切危険感情であるということを知ってさえいれば、多くの事件加害者側の自省で押しとどめることができたのではないかフィクションで描かれるように片思いを美化していたからこそ、加害者自分感情を抑えきれなかったのではないか。本気でそう思う。



極論かもしれないけど、学校教育ですべての学生、遅くとも高校生くらい(できれば中学校)までには「片思いから早く卒業しよう! ストーカー予備軍にならないために!」と教えてあげるべきではないかと考えている。性教育と同じ感覚で。望まない妊娠を避けるのと同じくらい、片思いは避けるべきものなんです。なぜなら相手自分が傷つくから

片思いしているあなたは、自分自身は心がワクワクしているかもしれないけど、相手からみたら気持ち悪いよ、カッコわるいよ、それは心がおかしいんだよ、そんなの恋愛じゃないよ、マンガ現実はぜんぜん違うんだよ、って。想いを募らせるのは、殺意を募らせるのと紙一重なんだよ、って。



http://anond.hatelabo.jp/20160527041103

ところで平野レミ上野樹里の姑に云々で話題だそうですが、上野樹里はどうやらTRICERATOPSファンだったようなのですが。

いるじゃないですか、ファンアイドル恋愛感情を抱いて、上手くいった事例が。

ファンアイドル恋愛感情を持ち、結果的結婚まで至った事例もあるというのに。

例の優月心菜さんは上野樹里に対しても「恋愛感情を持つな」というのだろうか?

それとも芸能人同士の場合だけは別ですか?それは選民思想というのでは?

一般に、「テロが悪いのであってイスラム教が悪いのではない」と言われるのと同じように、

暴力脅迫行為が悪いのであってファン芸能人恋愛感情を持つことが悪いのではない」と思うんですけれど。

まあ、上野樹里に関しては話を盛ってる部分もあるんでしょうけれど、おそらくファンファンなんじゃないですかね。

経験しないとわからない・経験回数がないと楽しめない

それ快楽殺人にも同じこと言えるよね?

殺人童貞殺人は楽しくないっていってもシリアルキラーサイコパスからしたら

童貞感想おつ」とか「一人殺したくらいで賢者になってんじゃねえ」って笑っても

強者弱者へのマウンティング成功してるからこれも真理OKなのか。

そんなの一般的じゃない、というならホモレズ一般的ではないから、

虐げられて蔑まされても全然オッケーだよな?

なんでそっちは特別扱いする?

少年A(中年A)からしたら恋愛玄人殺人童貞で本当の快楽を知らないイキってる少年しかないわけだが。

結局童貞でないかどうか、恋愛を楽しめてるか楽しめてないかの差を利用して

気持ちの良いマウントポジション取れるからネタにして殴り続けてるだけでしょ?

恋愛マニュアル育児本って似てないか

理論実践全然咬み合わない。

持論以外の箇所は「そんなの誰でも知ってるよ」というレベルの内容。

レア成功例を紹介して持論の正当化に用いる。

一見すると中立を装った内容にも、実は筆者の願望がふんだんに含まれている。

一冊ヒットすると、その後立て続けに似たような薄い内容の本を連発する。

大ヒットすると、筆者と有名人の対談つきでムック本化する。

社会現象並みにヒットすると、テレビ番組ゲストに呼ばれる。

Twitter問題発言をして炎上する。

ブームが過ぎる。

http://anond.hatelabo.jp/20160527151153

これが「セックスしてきたけど大したことなかったわwww」的な感想文で終わってたらこんなブックマーク数になってない。

こんなに蠅トリできたのは余りにも臭すぎる(赤裸々すぎる)から

 

この増田が先の大して気持ちよくなかったわ的な脱童貞感想と何が違うのかというと、

なぜセックス恋愛に対して幸せに感じないのかその理由

元来、恋愛に適さな人種が確かにいてそのタイプとして心中を丸出ししてしまったことだ。

そしてそれが恋愛脳に笑われるどころか「もしかしたら恋愛が最高だと考えていたけど他の人間には当てはまらないのではないか?」という

そういった静かだが自分人生観価値観を、恋愛自身から出てきた小さな疑問によって根底から崩しに掛かってることに

それが膨らみつつあることに本能的にブクマカたちは気づいてしまった。

下手したら俺が信じて積み上げてきたジェンガを、これから死ぬまで積み上げてゴールするつもりのジェンガを、

この増田に、こいつに崩されるかもしれない、と。

 

からこそここまで過剰すぎる防衛反応と混乱やスカしにしても必死過ぎる熱の入ったトラバが集まった。

自分にとって取るに足らない存在というのは無視することができるが外敵と認めざるを得ないようなら話は別だ。

 

主題でもないのに なぜ女が可哀想扱いされているのか?】

女が可哀想というコメントはまず十中八九、女だ。

女が価値を感じるのは自分いかに男の財布を集めることができるかだ。

女がアニメ漫画アイドルAV女性を病的に嫌うのは、男の財布を盗られるから、だが

このカメコのように恋愛が財布の紐を緩める鍵になってないと女の魅力と目的カメコには通じないことになってしまう。

財布にアクセスできないことを、自分境遇に置き換えて共感して、可哀想、という気持ちにまでたどり着いた。

女に興味ないカメコの財布なんてどうやったって女の魅力じゃアクセスできないからな、あとは人格否定したり女を被害者にする一方だ。

http://anond.hatelabo.jp/20160527144927

無理だろ。

全力パンチしてるブクマカたちにとっては自分の持つ「神話」が絶対的正義であり生涯命をかけて守り続けないといけない価値観なんだから

恋愛否定自分という人格すべての否定になってしまうんだから当然持てる力総てを賭してなるべく高い点数のパンチ力を出さないと精子に関わる。

「そういう見方もありますね」なんていう大人ぶったスタンスだとこの増田の放った盛大なオナラ臭い自分の脳を浸食してくる恐れがあるからまずは否定から入る。

 

彼らは決して遊びでたたいてるんじゃなくてこのカメコという無視できない大きさの、恋愛価値を見出さない外敵人格に対して

恋愛こそが全て・性欲こそが全て・愛こそが全て・幸せは全て人間同士の交流からまれると信じて疑わない自己人格を守らなければいけない。

放置しておくにしてはあまりにもこのカメコの言ってることはワンサイドからの強烈なメッセージになってる。

抗体としてアレルギーひとつでも出さないと即死するくらいの勢いだから叩かざるを得ない。

 

これは彼ら恋愛ブクマカたちの生存競争であり聖戦なので理知的かどうかは関係がないし、少数派多数派関係ない。

とにかく自分生存権を勝ち取るための闘い。

神話を失ったひとと失ってないひと

 つまりマイナス自尊心と言うべきなんだろうけれど、いわゆる「神話」みたいなものを持っている人は多数派であり、そして自分のように「神話」を失ってしまった人間というのは少数派なのだと思っている。

 つまり神話というのは誰かにとっての信じるに足る世界なのであり、自分自身根拠裏付けみたいなものなのであり、つまり自分世界価値存在すると信じられるだけの証拠みたいなものなのであって、そういうもの殆どの人は持ち続けているような気がするのである

 だからこそ、そういった人々は無邪気に生きていて、自分自身存在価値あるものであると思うことができて、大体今のまま生きることを望んでいる――そんな気がするのである

 勿論、これは歪んだ自己認識であり歪んだ世界認識であるわけで、つまり偏見なわけだけど、でも、そんな気がするのである

 自分に関して言えば、「神話」を失ってしまったのは僕が十五歳くらいの時で、確かその時くらいか阿呆みたいに文章やら文芸作品やらを書き始めていたと記憶している。その二つが完全にリンクしているわけでは無いにせよ、ある意味ではそれはシンクロしていたし、ちょっとした引き金のようなものになっていたのではないかと思っている。いずれにしても、僕にとってその時神話は失われてしまっていて、じゃあ神話が失われてしまった後の世界にはもう神話と呼ぶべきものは何一つ存在しないのかと言えばそうではなくて、新しく選ばれるのを待っている神話の気配がそこには息づいていて、でもそういうものに関しては僕は殆どの部分で拒否していて、ちょくちょく受け入れたりはするものの、基本的にはかつて存在していはしたものの今となっては失われてしまった神話回復と復権だけが生きる目的になってしまっていたわけで。というわけで、現在僕の世界には古い時代神話が少しだけ息を吹き返していて、そのお陰で僕は少しだけ安心して昔みたいな世界を生きることができているというわけなのであった。

 思うに、若いから今にかけてまともな恋愛ができなかったというのは、その所為もあるのかもしれない。つまり恋愛とは一種の「物語」の共有であると僕は思っているのだけれど、つまり、お互いが信じている何らかの価値とかそういうものを擦り合わせて、「あ、大体自分達の『物語』は同じっぽいぞ」というテレパスを感じた時点でまともな(世間では「まともだ」と思われている)恋愛というのが始まるということではないかと思っている。で、僕はそういう誰かと共有するべき物語というか神話というか何というかを持ち合わせていなかったので、どうにも自分の隣に立っている女の子が異星人か何かのように思えたりして、それでどうにも上手くいかなかったのではないか。いや、たくさんの女の子を愛したのだ。愛だけはたくさんあったのだ。僕の中には、新しく息づこうとしている神話が幾つか生まれつつあったのだ。でも、それは女の子たちが持っている物語とは全く違ったものだった。女の子が求めている物語と、僕の持っている神話というものは随分違ったものだったのだ、結局のところ。

 まあ僕が恋愛下手であるというそれ以上の結論存在しないんだけれど、それでも、同じような物語をお互いに「持っている」と感じることができたのであれば、その恋愛は割と上手くいくものなのではないか、とそんなことを思う。


 というわけで、僕は誰かと共有するあてのない物語を書き続けている。

 何かを失ったり、何かを手に入れたりする人々の話を書き続けている。

 それらが日の目を見ることはひょっとしたら無いのかもしれない。

 それでも、僕は書き続けている。

 それらの物語を、他の、誰かと共有するために。いつの日か、自分にも価値があったんだと思うことができるようになるために。


 神話を失っていないひと達へ。

2016-05-26

米津玄師歌詞が前向きになって寂しい

音楽知識もないし歌詞解釈とか思い込みが入り過ぎて見当違いなことを言ってるかもしれない申し訳ないと最初予防線を張っておく。

米津玄師最初アルバム「diorama」は一口で言えば「後ろ向き」な作品が多いように感じる。例えば「blacksheep」の「素晴らしい一日始まる頃には夜に暮れる 過ぎ行く毎日 手を振ることすら忘れたまま 」や「何となく不安でさ 日に日に毎日は老いていく」といった歌詞ダウナーな曲調も相まって1日に対する諦観を感じさせる。他にも「恋と病熱」の「誰も嫌いたくないから ひたすら嫌いでいただけだ」「好きなことが少なくなり 嫌いなことが沢山増えた」という歌詞、「vivi」の男女の恋愛の別れを歌い、「さよならけが僕らの愛だ」と締める歌詞(pvだと異形の男と女の子だったが便宜的に)も対人関係に対しての諦めや遣る瀬無さを読み取れる様に思うし、「ディスコバルーン」の「何も知らない夢のまま 死んでいけたら幸せだ」という歌詞は激しい曲調も相まって破滅的な曲であるという印象を受ける。まあ主観だろ!といえばそれまでになってしまうのだが、これらの曲を聴いて「めっちゃ元気の出る曲!」となる人はあまりいないと思う。

因みに米津玄師以前の名義、「ハチ」として活動していた時の曲は後ろ向きな曲もなくは無かったが、ここまででは無かったという印象だ。「クオリア」という曲は孤独少女他者に認めてもらえる、自分認識して貰えるという幸せな結末が描かれているし、暗い中にも明るい希望が描かれた曲が多いイメージだ。多分初音ミクイメージに寄せているのもあるのだろう。

では最近米津玄師はどうなんだという話に移る。最新アルバムbremen」を聞くと大分「前向き」な曲が多くなったと思う。といっても完全に明るい訳ではなく、「絶望もあるけど前を向いていこう」といったようなことを描いているのが多い…と思う…。アルバムは数十曲入っているのに全ての曲をこの一言で当てはめることは余りにもあんまり表現ではあるが。多分当てはまらない曲もある。

例えば「アンビリーバーズ(あ、これ初出はシングルだった)」は「今は信じない 残酷未来なんて」「終わりにしようよ 後悔の歌は」「だから手をとって 僕らと行こうぜ ここではない遠くの方へ」と言ったように絶望認知しつつ、それでも諦めず未来へ行こうという前向きな歌詞で描かれている。また「ホープランド」では「謂れのない嘘や 穢れきったあの言葉に 惑わされないでおくれ それが世界の全てじゃない」「ソングフォーユー 僕らは初めましてじゃない 同じものを持って 遠く繋がってる」といった「聞き手希望を伝えようとする」姿勢が示されているように思える。

「diorama」と聴き比べると随分作風に変化が生じたように思う。最近米津玄師の曲は、辛い時に聞くと励まされる…そんな風に変化している。ある意味健康的になったとも言えるのかもしれない。

個人的に今の方面の曲もすこぶる好きではある。のだが、「blacksheep」「恋と病熱」の気怠い感じや「ディスコバルーン」の破滅的な曲がとても好きだったので、最近その方面の曲が聴けないというのが少しばかり残念なのである

寂しい…なんて随分自分勝手表現を使ってしまったが…まあ1ファンの見当違いな戯言である

文系一般人がきっつい件

蓄積された人文系学問の意義を否定したいわけではないけど、社会学部文学部出身で、研究ではなく就職に進んで、

本人的には「大人になりたくないけど折り合いつけて生きてる」みたいな感じの人に、きっつい人が多いなと思う。

おしゃべりだけしてる分には面白い人なんだろうなと思う。ブログツイッターフォローするだけなら良いのかも。

ただ「一緒に仕事をしたくない人」とか「一緒に生活をしたくない人」と言うと伝わりやすいかな。

 

繊細で、問題には敏感に気付くけど、それを解決するのは自分ではない誰かだと、当たり前みたいに思ってる。

政府」「企業」など強い存在への期待値が高くて、強者に対してなぜだか侮蔑的侮蔑理由曖昧

障害者」「貧困層」など弱い存在にやたら肩入れする割に、行動では弱者と関わらず避けてる。

スタイル抜群の若い美女長身爽やかイケメンなど、身体が魅力的な人を「どうせ中身が無い」と批判

魅力的な身体に生まれると得る機会を失う「中身」って何?

生きているなかで「好きな人に貢献できると嬉しい」という感覚が無いみたいで、

「貢献してくれる人は便利(冷笑)」か「貢献してくれる人が居ないので社会はクソ(憎悪)」のどちらか。

下に見られたりスルーされたり嫌われると必要以上に落ち込むし、好かれても好かれたことをネガティブに捉える。

生活健康など「常識」化している価値侮蔑メインストリーム逆張りをしたがるだけで筋が通ってないから、よく手のひら返しをする。

深い思考物事を捉えるセンスなどに自信がある様子で、そこを認められたい欲求が痛いくらい強い。

権威とかお金とか美とか、外からわかりやす価値を持ってる人に内面を認められたがる。外からわかりやす価値を持ってない人のことはスルー

フットワークが重い。怠惰フットワークが軽い人を脳筋扱いして侮蔑したり嫌ったり。

愛想の良い人のことを「媚びてる」「要領だけで生きていけていいよね」と侮蔑批判。愛想が良いのも価値なのに。

学生でもないのにスクールカーストにとらわれ続けている。誰のこともけなす。本当に褒めない。

口角が下がっていて、表情が乏しくて、笑顔の口元が歪んでる。ニヤリって感じで笑う。

下ネタの言い方が笑えない。男子小学生的な爽やかに笑えるものじゃなく、粘着質で生々しくて、話を振られると逃げ場が無い。

恋愛・性に自信持ってる感じ。人間心理に詳しくてコントロールが上手いみたいな自己認識を持ってる。メンヘラ女を侮蔑しつつ興味しんしん

人間観察が好きで、人の人格について色々文句言うのが好きで、仕組みを改善する方向に思考が行かない。

問題提起して頭が良い人として注目を集めるのが好き。気力・体力・根気が無い。改善行動が出来ない。だから結果に繋がらない。

すぐモチベーションクタッてなる。ひがみっぽい。見下すようなことを言って人の足を引っ張る。

人が楽しんでると上から発言をして水を差す。人の気力を削ぐ。人をネガティブの巻き添えにする。

 

文系学問って、人の内面を充実させる学問だと思うんだけど、そういう学部出身者に迷惑内面の人が多いのはなんで?

スポーツとか経済活動とかマッチョジャンルに身を置いて、内面磨きには専用の時間を割けなかった集団のほうが、

よっぽど対人経験値が高くて人を見る目が円熟してて、相手の心や相手の都合を大事にした、大人な関わり方が出来る人の数が多い。

なんていうか…人文系の、ざっくり「人の内面」と言われるようなスキルって、専用の時間を設けて学んで学べるものなの?

何かに夢中になってたら経験値が増えていて、気付いたら得られているスキルが「内面」なんじゃない?

繰り返すけど、人文系学問の意義を否定したいわけじゃない。体系化する行動を行った人は多くのものを得てると思う。

でもそれを読んで感想を喋ることで、内面のすぐれた人間になるの?

文系学部から資本主義世界に不本意ながら出てきた人って、接することで私が偏見の塊になるくらい、

幼稚で無責任怠惰で冷笑的で、口先だけで、後ろ向きで、人の見方が表面的で、自分についてのことばかり考えていて、

仕組みについて考えるべきときでも人格の話をすぐしたがって、議論無為ループさせて、成功した人の足を引っ張る人ばかりだったよ。

もともとそういう人に選ばれる傾向が強くて、そういう人を救うわけでもなく育てるわけでもなく、そのまんまの状態社会排出する、

時間だけ浪費させる土管なんじゃないの、人文系学部って。

 

hilda_i 高校の時の進路指導では馬鹿セーフティーネットみたいな扱いになってた、かわいそうな人文系

語学が堪能、法曹志望、などの積極的理由が無い文系は成績が悪い人のセーフティネット扱いになりがちだけど、

偏差値の低い法学部経済学部に行って、営業マンになって、大学で学んだことを特に生かしているわけでもなくコミュ力で生きてる人たちって、

フットワークも軽いし、発言のぶん手を動かしてるから感じが悪くない。だから嫌われないんだと思うけど。

偏差値低い文系バンド活動やって遊んで単位ギリギリ卒業する「就職のために大卒になりたかっただけ」層で、

営業マンとして活躍してる人ってたくさんいる。成績悪かった=人として終わりとは思わない。

理系ネットでは理屈っぽく文系叩きとかするかもしれないけど、リアルでは黙ってるから実害感じない。

それに理系が貶すとき人格否定よりも構造への問題提起が多くて、「どうすれば解決できるか?」という話にちゃんと進む。

社会学文学部の人に「うるせえ。手動かせ。死ぬまで大学に居ればいいのに」って感じの人が多い。本人も大学から出たくなかったんじゃないの。

 

blueboy それは人文系というより「無能であることにコンプレックスを抱いている」というタイプの人。学科にはあまり関係ない。

文系特別多いと感じてるけど、たしかに「経験スキルを積み上げてない人の特徴」かもしれない。

あの人たちがやってるのは、知識を身につけてるんじゃなくコンテンツ消費してるようにしか見えない。

学者の主張を「なるほどね(笑)」ってしてるだけ。どこに居ても客なの。

就職して労働者やってる時間でも、同僚に対する姿勢が客なの。「せいぜい僕を楽しませてくれよ」って感じなの。

 

akihiko810 私の悪口を言うのはそこまでだ(白目) マジレスすると文学は、不条理である人生世界の「味わい方」を学ぶ学問であって、それによって内面は豊かにはなるが「対人的にいい人」にはならない

ずっと大学生でいてくれ。バイトすらしない大学生純粋お客様だ。お客様は「味わい方」だけ考えてればいいです。

 

弁護ブコメが多いけど、あんたらもこういう人間結婚して生活を共にしたいかとか、一緒に働きたいかっていったら、

実害が発生するから嫌だと思うけど。特にこういうのに部下になられたら死ぬ。社内で「ワーク0、ライフ100」のバランスで生きようとするから

欠点フォロー長所を伸ばそう」っつっても手を動かせない人をどうすればいいっていうの?

 

文系メリットって、本人が楽に卒業できることだけじゃん。

4年間だらだらできる。

学生同士の、全力で遊べ!リア充しろ!みたいな暑苦しい圧力もない。

とにかく何の圧力もなくて、無気力で居られる。思う存分、時間をドブに捨てることができる。

から社会に出たときホワイト企業責任少ない平社員でもストレスを感じて、

大学時代と比べて愚痴ばっかり言って働かないし、働く人を小馬鹿にする。

ほんと、どうして働く人を小馬鹿にするかね。政府企業依存して生きてるくせに。

「間接的に世の中の役に立ってる」とは全然思えない。人をネガティブの巻き添えにするだけ。不快しかなってない。実益もない。

文系学部っていう装置が、4年間、学生を救いも育てもしないなら、収容所みたいなもんじゃないの。

ニートでいいよこんなの。出てくんな。

2016-05-25

全てが下らない

俺の欲求も欲望も既に俺が産まれた時からどうやら設定されたステータスらしい

 

・腹が減り飯を食いたくなるように設定されており

・眠くなったら寝るように設定されており

・性欲が沸いたらパコパコするように設定されており

・生きるために金が必要なら働くように設定されており

・子孫を繁栄させるために恋愛結婚を重視するように設定されており

人生価値を見出すために趣味という余暇を行うように設定されており

種族のために人との交流幸福感を得るように設定されており

・そして今増田にそれを愚痴るように設定されている

 

結局俺のやりたいことなんて俺の肉体内からしかまれ出でないものしかなかった。

知的好奇心本能に過ぎなかった。

http://anond.hatelabo.jp/20160525000606

自称童貞系の俺。

妻子はあるが恋愛駆け引きとか大人恋愛とか全然できないし下ネタも苦手。

異性慣れしてる女性が近づいて来るとキョドる。

ぶっちゃけ妻子があること以外は完全に童貞の特徴に当てはまる。



大人恋愛」ってできなきゃいけないの?って劣等感もある。

でもまあ、そもそもそういう土俵に立たないのでできなくても問題ないよな。

http://anond.hatelabo.jp/20160525000606

大人恋愛ってどんなのを指して言ってるのか

子供みたいにグダグダ言ってないで手っ取り早くやらせろやみたいな話?

5分で終わる作業恋愛に関する悩みを投稿してください

http://crowdworks.jp/public/jobs/646326

▼やることはこれだけ!

1.Q&Aサイト恋愛に関する悩みを投稿
2.投稿したURL入力してください

報酬は?

1投稿10

投稿する内容

恋愛、性に関する悩みであればOKです。出来るだけ悩みを具体的に書いてください。

投稿してほしいサイト一覧

Yahoo知恵袋 http://chiebukuro.yahoo.co.jp/

OKwave  http://okwave.jp/

教えてgoo  http://oshiete.goo.ne.jp/

発言小町 http://komachi.yomiuri.co.jp/

  人力検索はてな http://sooda.jp/

Sooda  http://sooda.jp/

楽天みんなで解決 http://qanda.rakuten.co.jp/

BIGLOBEなんでも相談室  http://soudan.biglobe.ne.jp/

@nify教えて広場  http://oshiete.nifty.com/

チエノワ http://chienowa-qa.com/

サイゾー質問箱 http://qa.cyzo.com/




人力検索http://q.hatena.ne.jp/ だよう

http://anond.hatelabo.jp/20160525055449

お財布彼氏と肉便器

恋愛強者であるモテ男女に良いように使われまくる非モテ男女の事だ。

http://anond.hatelabo.jp/20160522144101

改めて読むとつくづくかわいそう

痛いの我慢して気持ちよくもないセックスに付き合って

商品としての女の唯一の切り札処女差し出して

それでも結局捨てられました、って

元増田肉食系のしたかな女だったら、打算も駆け引きもカッコいいんだけど

追記

切り札出してフラれたことが可哀想なんじゃなくて、そんな考えなのが可哀想というか

慶応出たのに結局この増田は”良いお嫁さん”以外の生き方・考え方はできなくて

処女売ったら男は責任取るだろうって考えでしかセックスできなくて

好きな人と・セックスしたいって発想すらなくて

処女売ってセックス売る代わりに生活を得るって発想だけの恋愛結婚セックス

そういうのが諸々、ひどく不自由で古臭くて可哀想だと思った

自称サバサバ系は単に男性経験が少ないだけな奴が多い気がしている

自分経験なんだけど。2丁目ハマるようなのもそうだし、自称サバサバ系、男わかってる、キャリアあるみたいなタイプの女はちょっと、そういう関係になると驚くほど性を知らないことが多くて、毎度を嫌気が差す。

もう彼女たち相手にするのつまらいから辞めようかなとさえ思う。


結局サバサバというと聞こえはいいけど、幼少期の異性体験のどこかで、求める男性像がどこかで大きく育ってしまった結果、こうなってしまったんだろうなっていうね。

なんで30超えて大学生サークルみたいな恋愛しないとあかんねん。もっと大人恋愛あるんだから勉強してこいやっておもうわ。

2016-05-24

http://anond.hatelabo.jp/20160524095204

それストーカー予備軍

恋愛感情より所有欲や独占欲が強い人間が最終的に刃物を持ちだしたりする

2016-05-23

最強マシーン

おれは最強のマシーン

ゲームが好きだ

エロゲーは飽き、ギャルゲーにハマっている

今はプリズムコートというゲームをしている

古いゲームだがシステム面白い

恋愛というより育てていく感じ。

おれは最強のマシーンなのでもう育つことがない

育てる相手もいないので、こういうのがちょうどいいのだ

最近は庭でプチ菜園をしている

雑草が茂ってしま野菜を圧迫している状況だ

だがこれを放置している

シミュレーターみたいで楽しいのだ

中学時代勉強できるヲタピザデブ男子の話

中学時代、ある程度仲が良かった男子がいて、見た目も地味でそもそも肥満だったり、ルックス的には全然まれていない人なんだけど、とにかく勉強ができた。

で、勉強ができる子らしく立派にオタクだった。カードゲームとかオンラインゲームとかも中毒レベルでハマっていた。あと(ラノベではない)小説が好きで、中学生なのに作家の(大人だらけの)ファンミーティングなんかにも顔を出す社交的な人だった。

でも、外見は完全にオシャレでもない単なる肥満児で、恋愛とかモテとは無関係に思えた。


ところが、その男子が中学2年のある日、これまた勉強のできるクラスでも指折りのメガネ美人(と評価されていた)の子と付き合い始めた。正直、ショックだった。いつもありえないほど原色スウェットに太ももがピチピチのチノパンを履いてるようなヲタ丸出しの子だったのに、突然異次元別世界の人になったかのようだった。いや、あいかわらず外見はピザデプのヲタであることには変わりなかったのだが。


自分がその交際からかったことからその男子との関係は悪くなり、私達の縁はほぼ切れてしまった。その後も同じ高校に進学したものの、その男子は青白い顔をした文化系ヲタ丸出しだったにも関わらず、なんとラグビー部に入部。部活漬けの青春を送った後、現役で首都圏の名門私大に進学した(もちろんスポーツ推薦ではなく実力)。



大学進学の際、私は地元に残った。それ以来、あの男子とはまったく接点がなくなっていたのだが、先日、ふとFacebookで彼の名前検索してみたところ、たいぶ体型はスリムになったものの、オタクっぽいメガネをかけ、センスの欠片もないファッションに身を包んだ彼が小さな子どもと写っている写真を目にした。



あの男子は既に結婚していた。彼が好きだった小説家がよく本を出版していた大手出版社に勤めていた。相手女性は(オタク系の専門校卒ではあったが)美人知的そうな顔をした女性で、彼女との間に子どもすらもうけていたのだ。典型的幸せな家庭を築いているように見えた。



別に私があの男子に恋していたわけではない。どちらかといえば軽いイジメ対象にしていたような気さえする。正直言って、彼のルックスは(現在写真に写っている姿もふくめ)底辺クラスといっていいし、とてもではないけど恋愛対象にはならない。

けれど、彼のような全く恋愛と縁がなさそうな男子でも、できる人は思春期になり初めの頃から恋愛を楽しめているわけで、逆に私の周囲にいる(外見も中身も悪く無い)草食系男子学生時代からろくに恋愛には恵まれていない。

そう思うと世の中の人が言うような、恋愛に縁がない男性は「努力が足りない」とか「勇気がない」というより、どうも生まれついての何かが違うのではないかと思えなくもない。



あのビザデブ男子は少なくとも外見では(現在にいたるまで)モテのための努力ほとんどしていないことは明らか。たしかに痩せた努力は認めるけど、清潔感もろくにないルックスは相変わらず。でも、彼は恋愛相手に恵まれているし、私の周りのわりと雰囲気イケメンな男たちはなかなか相手に恵まれない。


この差はなんなんだろうね。婚活もふくめ世の中の人が色んな「モテるための努力」に勤しんでいて、私もその一人ではあるのだけど、正直本当に人として魅力的でありさえすれば、もしかしたらモテるための努力なんて必要ないのかもしれない。

結局、私たちはそもそも人として大して魅力的でもないので、せめて外見やモテるワザをつかって相手の気を引くしかなかった、というのが現実なのかもね。