「恋愛」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 恋愛とは

2016-09-25

君の名は。』で、新海誠監督はそれまでの作品性を捨てたの?

君の名は。』に色んな意味で心鷲掴みにされて、もう何度も何度も劇場に足を運んでいるのだけど、

この作品の大ヒットに関して、ブコメも含め様々な場所個人的ちょっと気になることを目にしてる。

しかもそこそこな頻度で。





海監督が、『君の名は。』で、「アーティストとしての作品性作家性を捨てて、万人受けを狙った、そして売れた」って感じの意見ね。





いやいや、『ほしのこえ』当時からハマって追っかけてきたオタとしては、ちょっと待ってって思うのよ。

作品性」や「作家性」って、新海監督は別に捨ててなくね?って。



君の名は。』では新海監督の強いこだわりで魅力でもある画面のライティングや構図であるとか、

大きな力で引き裂かれる思春期(とそれ以後)の2人と恋愛喪失だとかは、

何にも変わってないよね。

ボーカル曲に合わせてMVか!って感じで見せていく手法もそのままだし、

ナルシシズム漂う独り語りも、ロマン主義も、センチメンタリズムも、そういう作品の特色なんかも昔と同じ。



なんか、個人制作の『ほしのこえ』と、感動とトラウマを多くの人に植え付けた『秒速5センチメートル』っていう過去作のインパクトがあまりにも大きくて、

あいものこそが新海作品だ、万人受けしなくても、一部の人に響く強烈な作品やこだわりを志向するのが新海監督なんだ、

ラストで結ばれないものを観客に容赦なく突きつけるのが新海作品本質なんだっていう考えを持ってしまった人が結構いるような気がする。



でも新海監督を昔から追ってる一個人妄想としてはさ、

海監督は「わかる人だけが自分作品をわかってくれればそれでいい」という立場より、

「万人に受け入れられたい」そして「メジャーな規模で売れたい」という立場自己顕示欲や願望のほうが、

からずっとずっと強かった人のように思うんだよ。

大ヒットでインタビュー受けまくってる姿なんて、ほんと昔から目指していたことが叶って嬉しい、って気持が、なんかありありと伝わってくるし、

『秒速』は見た人を励ますつもりで作って、「鬱だ」って反応が予想外だったって新海監自身も言ってたし。

過去だって、『エヴァ』とか、『最終兵器彼女』とか、ジブリとか、村上春樹とか…、とにかくメジャーで大ヒットした有名作品とかにそこまで寄せなくても…って思うくらい寄せてくるし。



ほしのこえ』『秒速』みたいな作品は、ニッチな層にだけ強烈に響くこと意図的志向して制作していたわけでなくてさ、

たぶん、単に個人制作・小規模制作視野が狭かったり、監督個人スキルが低かったり、お話の引き出しがワンパで、

結果的にああいものばっかになってたんじゃないかな?

(そして今作でも周りの大人たちやDQN客みたいなのは、相変わらずびっくりするくらい定型的でチープで、そことのやりとりも上手く描けないから省かれてたり)

決して『秒速』みたいな作品や、あの作品への反応みたいなものこそが新海作品本質だ、作品性だ、ってわけじゃないと思うのね。

君の名は。』はわかりやすエンタメ目標にしたわけだけど、

そもそもが新海監督は、わかりにくいものや非エンタメ作品志向してたわけじゃないんだから

描きたいこだわりを省いた、作品性作家性を捨てた、と言うより、

周りのスタッフとの共同作業を通じてスキルアップしたって言い方のほうが正しい気がする。

川村元気Pから新海誠ベスト盤を作って」って言われて、描きたいものを描いて出来たのが『君の名は。』なわけだし。



ともかくも『君の名は。』で、メジャー映画監督の仲間入りした新海監督だけど、

個人的には次回作も楽観視してる(『君の名は。』を超える興収をあげるかどうかは別にして)。

優秀なスタッフと関わることで成長していく可能性もあるだろうし、

逆にそこまで成長しなくて、また底の浅い引き出しかワンパターン思春期男女の話を作ったとしても、

その時それは「ああ、今度のも新海さんっぽいねー」って言われてると思うの。

ジブリっぽい」って言葉と一緒でさ、オタだけじゃなくて一般に広くそう思われるようになったら、

それはブランドになるし、ある意味もう勝ちなんだよね。

思春期のこの手の話をああいう絵力を交えて魅力的に見せれる作家って、実写含めて今は新海監督が一番だと思うしさ、

次回作が仮にワンパターンものになってたとしてさえも、たぶん、きっと大丈夫



それに新海監督は興収やら評判やらがしょぼくて落ち込むことはあったけれども、

とりあえず興収で一定の結果を残せさえすれば、庵野監督のように大ヒットしたのに深く苦悩する、そういうことに陥るような人とは実は違うタイプだとも思うから

2016-09-24

http://anond.hatelabo.jp/20160924150236

オクテ男子のための恋愛ゼミナール 文庫  アルテイシア 著作

上記の本を彼氏に向かって投げつけて「コレ読んで目を覚ませド低脳が!」って言ってみよう。

その後、往復ビンタして部屋を出て行けば幾分変わるかも。

頑張れ。

http://anond.hatelabo.jp/20160924012935

元増田です。

どうもコメントありがとうございます

そうですね、もう少し色々な集まりに参加していこうと思います。まあ恋愛だけに考えを奪われすぎずに、人生楽しんでいこうと思います

40代男の婚活

40代半ばの男です。

過去恋愛経験は非常に貧しい。ほぼゼロ

 

結婚なんてありえないと諦めていたが、ひょんなきっかけで婚活しようと思い立った。

そして今年、中高年向けをうたった、ある結婚相談所に入会した。

最初は、

・おそらく箸にも棒にもかからないだろう

お見合いを申し込んでもほとんど誰も受けてくれないだろう

・ましてや、自分お見合いを申し込む女性なんていないだろう

と考えていた。

 

しかし実際やってみると、意外とそうでもなかった。

結婚にはまったく至っていないが、活動実質3ヶ月で5人とお見合いできている。

(こちらから申し込んだのが1人、向こうからの申込みが4人)

3人はお見合いだけで終わり、1人はその後1回デート、1人は4回デートした後に振られた。

これは、自分にとっては大事件だ。

なにしろ

結婚可能性のある女性と、2人きりで話した時間

の合計値が、ここ数ヶ月で、過去40余年の実績値を軽く上回ってしまたからだ。

「どんだけ今まで貧しかったのよ!」という話だ。

 

現金もので、こうなるとちょっとやる気が出てきて、恋愛モノ作家アルテイシアが書いた、男性向けの恋愛指南本などを読んで実践もしているよ。

相手女性はだいたい自分と同年齢の人が希望で、年上であっても構わないし、婚歴があっても構わない。子供はあまり欲しくない。もうだいぶ歳食っちゃったし。

 

相談所のカウンセラーと話したところによると、40代未婚男性で、こういう姿勢の人は非常に少ないらしい。曰く、

相手女性は若ければ若いほど良い。同い年は嫌。ましてや年上女性なんてとんでもない、という人が多数派

なんだと。

「中高年向け結婚相談所」というフィールドで、自分が予想外に健闘できているのは、自分の魅力云々以前に、このような外的要因によることろが大きいんだなぁ、と思った。

 

今はまだやる気十分だけど、今後、お見合い人数が20人、30人……と増えても結婚に至らない場合、さすがにガックリくるだろうな。

それでも、結婚相談所への入会自体は、たぶん後悔しないと思う。

「こんな自分でも、相談所のお見合いシステムによる助けがあれば、なんとかなるかもしれない」

と分かったからだ。

これでダメなら、なにをやってもダメだと吹っ切れるだろう。

マジで気持ち悪いのは性嫌悪を名乗り親の仇かというくらいにフィクション作品ヘテロ恋愛を憎む発言をしていた女性

何故かベビーカーには好意的な事。

男女の恋愛が嫌いだからその結果も嫌い、となるなら分かるんですがそうではないらしい

アニオタ非オタ彼女新海誠アニメ世界を軽く紹介するための10

元ネタアニオタ非オタ彼女アニメ世界を軽く紹介するための10

http://anond.hatelabo.jp/20080721222220

まあ、どのくらいの数のアニオタがそういう彼女をゲットできるかは別にして、

「オタではまったくないんだが、しか自分のオタ趣味肯定的に黙認してくれて、

 その上で全く知らない新海アニメ世界とはなんなのか、ちょっとだけ好奇心持ってる」

ような、ヲタの都合のいい妄想の中に出てきそうな彼女に、新海アニメのことを紹介するために見せるべき10本を選んでみたいのだけれど。

(要は「脱オタクファッションガイド」の正反対版だな。彼女に新海のアニメ布教するのではなく 相互コミュニケーションの入口として)

あくまで「入口」なので、時間的に過大な負担を伴う3クール、4クールアニメは避けたい(というか、ない)。できれば劇場版アニメにとどめたい。

あと、いくら新海的に基礎といっても古びを感じすぎるものは避けたい。

新海好きが「遠い世界 OTHER WORLDS」は外せないと言っても、それはちょっとさすがになあ、と思う。

そういう感じ。

彼女の設定は

アニメ知識はいわゆる「テレビまんが」的なものを除けば、ジブリ劇場アニメ程度は見ている

サブカル度も低いが、頭はけっこう良い

という条件で。

まずは俺的に。出した順番は実質的には意味がない。

ほしのこえ(2002)

まあ、いきなりここかよとも思うけれど、「エヴァ以降」を濃縮しきっていて、「セカイ系ブーム」を決定づけたという点では外せないんだよなあ。長さも25分だし。

ただ、ここでオタトーク全開にしてしまうと、彼女との関係が崩れるかも。

この情報過多な作品について、どれだけさらりと、嫌味にならず濃すぎず、それでいて必要最小限の情報彼女

伝えられるかということは、オタ側の「真のコミュニケーション能力」試験としてはいタスクだろうと思う。

信濃毎日新聞(2007)、クロスロード(2014)

アレって典型的な「オタクが考える一般人に受け入れられそうなアニメCM(そうオタクが思い込んでいるだけ。実際は全然受け入れられない)」

のものという意見には半分賛成・半分反対なのだけれど、それを彼女にぶつけて確かめてみるには一番よさそうな素材なんじゃないのかな。

アニオタとしてはこの二つは“CM”としていいと思うんだけど、率直に言ってどう?」って。

雲のむこう、約束の場所(2004)

ある種のSFアニメオタが持ってる宇宙への憧憬と、オタ的な考証へのこだわりを彼女に紹介するという意味はいいなと思うのと、それに加えていかにも新海誠

童貞的なださカッコよさ」を体現する藤沢浩紀

童貞的に好みな女」を体現する沢渡佐由理

の二人をはじめとして、オタ好きのするキャラ世界にちりばめているのが、紹介してみたい理由

星を追う子ども(2011)

たぶんこれを見た彼女は「ジブリだよね」と言ってくれるかもしれないが、そこが狙いといえば狙い。

この系譜作品新海誠フィルモグラフィーではその後続いていないこと、酷評されて2週間寝込んだこと、

アメリカなら実写テレビドラマになって、それが日本に輸入されてもおかしくはなさそうなのに、

日本国内でこういうのがさんざんつくられて(は失敗して)いること、なんかを非オタ彼女と話してみたいかな、という妄想的願望。

猫の集会(2007)

「やっぱりアニメ子供のためのものだよね」という話になったときに、そこで選ぶのは「笑顔」(2003)

でもいいのだけれど、そこでこっちを選んだのは、この作品にかける新海の思いが好きだから

断腸の思いで削りに削ってそれで1分、っていう尺が、どうしても俺の心をつかんでしまうのは、

その「捨てる」ということへの諦めきれなさがいかにもオタ的だなあと思えてしまうから

「猫の集会」の長さを俺自身冗長とは思わないし、もう削れないだろうとは思うけれど、

一方でこれが宮崎富野だったらきっちり1時間40分にしてしまうだろうとも思う。

なのに、各所に頭下げて迷惑かけて1分を作ってしまう、というあたり、どうしても

自分物語を形作ってきたものが捨てられないオタク」としては、たとえ新海がそういうキャラでなかったとしても、

親近感を禁じ得ない。作品自体の高評価と合わせて、そんなことを彼女に話してみたい。

はるのあしおと(2002)

今の若年層でminoriのオープニングムービーを見たことのある人はそんなにいないと思うのだけれど、だから紹介してみたい。

君の名は。」よりも前の段階で、新海の哲学とかアニメ技法とかはこの作品で頂点に達していたとも言えて、

こういうクオリティ作品エロゲOPでこの時代に流れていたんだよ、というのは、

別に自身がなんらそこに貢献してなくとも、なんとなくアニメ好きとしては不思議に誇らしいし、

劇場アニメしか新海を知らない彼女には見せてあげたいなと思う。

彼女と彼女の猫 (2000)

新海の「光」あるいは「背景」をオタとして教えたい、というお節介焼きから見せる、ということではなくて。

「心にスキマを抱えて毎日生きる」的な感覚がオタには共通してあるのかなということを感じていて、

からこそテレビアニメ版『彼女と彼女の猫最終話はチョビが登場する以外ではあり得なかったとも思う。

「祝祭化するでもないささやか日常を生きる」というオタの感覚今日さらに強まっているとするなら、その「オタクの気分」の

源は「彼女と彼女の猫」にあったんじゃないか、という、そんな理屈はかけらも口にせずに、単純に楽しんでもらえるかどうかを見てみたい。

秒速5センチメートル(2007)

これは地雷だよなあ。地雷が火を噴くか否か、そこのスリルを味わってみたいなあ。

こういうジュベナイル小説風味の恋愛をこういうかたちでアニメ化して、それが非オタに受け入れられるか気持ち悪さを誘発するか、というのを見てみたい。

言の葉の庭(2013)

9本まではあっさり決まったんだけど10本目は空白でもいいかな、などと思いつつ、便宜的に「言の葉の庭」を選んだ。

ほしのこえから始まって「言の葉の庭」で終わるのもそれなりに収まりはいいだろうし、東宝―新海時代の先駆けと

なった作品でもあるし、紹介する価値はあるのだろうけど、もっと他にいい作品がありそうな気もする。

というわけで、俺のこういう意図にそって、もっといい10本目はこんなのどうよ、というのがあったら

教えてください。

「駄目だこの増田は。俺がちゃんとしたリストを作ってやる」というのは大歓迎。

こういう試みそのものに関する意見も聞けたら嬉しい。

まり 女性恋愛感情とかに 価値を感じられないんだよな

そんなの激しく移ろうと知ってるし。

そんなものに乗じてでもセックス1発できて嬉しいっていうのは

女やセックスを憎んでる恋愛工学信者ぐらいで。




継続的なよい人間関係

優しさの交換みたいなものを求めていくと

こちらになる。

http://anond.hatelabo.jp/20160923124336

http://anond.hatelabo.jp/20160924004631

恋愛したいなら結婚相談所はやめた方がいい。

あそこは「結婚相手を探す」という明確な目標がある人しかいません。

動機は子孫を残したい、家庭を持ちたい、世間体かいろいろだけどゴールは「結婚」。

生涯を共にする相手年収学歴を一切気にしない人なんて逆に怖いので、そんなに気にしなくてもいいんじゃない

そこに固執しすぎるのはダメだと思うけど…その辺も含めて価値観のすり合わせでもあるんじゃないか



既にやってる「スポーツクラブやバー、サークルに行ってみたり」はいいんじゃない?

出会いのため、だけだと続かない気がするから増田出会い二の次でも続けられる何かがあるといいね

自分がいて心地いい場所を好いてくれる人がいれば、楽しみを共有できる確率が高いだろうし。



趣味の集まりみたいなのに行ってみるとか。「お一人様歓迎、料理を作って飲みつつ映画を語らう会」みたいな…

東京ならこういうイベント腐るほどやってると思う。facebookとかで探して。

東京じゃなかったらゴメン)



いい出会いがあったら。

30代前半で相手を探しつつ結婚を考えていない女性は少数派だと思うので、

付き合い初期でその辺の考え方をすり合わせてね。

20代前半や、現状結婚考えてません!という人ならそんなに気にしなくて大丈夫だと思うけど…

趣味価値観人生のペースが合う、いい出会いがあるといいね

恋のはじめかたについて、アドバイスお願いいたしま

頭の整理のため、はじめて日記を書いてみます

もしよろしければ、増田の皆様にアドバイスをいただければと思います

どうぞよろしくお願いいたします。


はじめに

30台前半の、独身男性会社員

気づけば友人はほとんど結婚して、子供も産まれたりして、おめでとうという気持ちの裏には、うらやましさやら、焦りやら、色んなものがぐるぐるしている今日この頃

学生時代や働き始めは、よく遊んだりしていた友人たちとも、それぞれに大切な家族・家庭といったものができてきて、ちょっとずつ距離感を感じざるをえない。

自分は、ああいいなあと思いつつも、「婚活」するほどの、覚悟があるわけでもない。そもそも、今の気持ちとしては「結婚したい」というよりも「恋愛したい」というのが正直なところだ。

具体的な相手がいない状態結婚うんぬんについて考えるのは、どうしても手段目的が入れ替わっていとしか思えないからだ。(婚活している人を批判する意図はなく、あくま自分心持ちとしてです)


今の自分欲求は何か

互いに心を安らげるような、そんなお付き合いがしたい。一緒に料理を作ったり、映画を見たりとか、きれいな景色を見て感動を共有したりとかしたい。

もっというなら、一緒に何かせずに、ふたりが違うことをしていても、同じ部屋にいてそれぞれが気持ちが落ち着く、そんな相手が欲しい。

性的欲求だってそりゃある。けれど、それは二の次




恋のはじめかたについて

さて、このような欲求のある私は、どのようにして出会いを探すのがよいだろうか。結婚していった友人は、学校職場出会って、お付き合いして、結婚していったが、私がそのような場でこれから出会うことは、難しいだろう。

友人に過去に何度か紹介してもらったり、合コンに参加したりとしたことはある。だが、これ以上は残念ながら、望めない。

街コンにも何度か参加したが、こちらも残念ながら。。。1回参加するのに、そうそポンポンだせるような金額ではないので、今後の参加は躊躇している。

普段生活行動とは違う行動が新しい出会いには必要だと思って、スポーツクラブやバー、サークルに行ってみたりなどもしたが、残念な結果だった。

ペアーズなどもやってみたが、登録した瞬間はいいねがついたりしたけど、その後はなしのつぶてだ。


さて、今後私はどのような活動をするのがよいのだろうか。

もしくは、思い切って結婚相談所登録して、婚活してみるのが良いのだろうか。

しか結婚相談所には良いイメージがない。登録してみようとすると年収学歴などを聞かれる。統計値を調べてみると、いずれも私は人並み以上のようだ。けれども、そういう条件で検索してくる女性出会いたい、とは正直思えない。自分だってそういう条件で検索して探したくない。そう思うのは無邪気すぎるのだろうか。もしくはマッチングの参考条件に使うだけで相手には知られないような仕組みなのだろうか)

2016-09-23

http://anond.hatelabo.jp/20160923135827

おまえテレビシリーズ見てないんじゃ

況してやもち蔵に想いを寄せてた? 女の子の書き方や落とし方

あの娘が思いを寄せてるのはもち蔵じゃなくてたまこの方だぞ



これはたまこちゃんが成長する話なのに

恋愛モノ>って視点で見ると

http://anond.hatelabo.jp/20160923163822

タイトルどおり「青春ラブストーリー」だというのなら

それ以上にフォーカスを当てちゃうと、「青春群像劇」になっちまう

恋愛映画としてみた場合

すまんが作中で明言されているわけでもないレッテル評価軸に組み込む奴はただの馬鹿だと見下しちゃうなあ



いるんだよなあ

このキャラが「主人公」なのに活躍してないとか、勝手に設定した主人公というレッテルに振り回されてるような馬鹿

作中で語られていない事情なんか知らんがな

知的レベルとしては原作厨

http://anond.hatelabo.jp/20160923125026

あれってそういうことだよね

恋愛とか性欲じゃなくて、ただわかってて「しょーがないなー」って許してくれる感じ

それの極限を求めたらたまたまTSになっただけ

http://anond.hatelabo.jp/20160923162948

登場人物の多くにフォーカスを当てようとすると話がブレるんだよ。

たまラブは、タイトルどおり「青春ラブストーリー」だというのなら、フォーカスを当てるべきはもち蔵とたまこ「のみ」じゃないとアカン。

それ以上にフォーカスを当てちゃうと、「青春群像劇」になっちまう

それはそれで面白いんだけど、デート映画のような軽い目的を達成するには少々無駄が多い。つーか避けられる。

現に、こえの形も登場人物が割りと大目なせいで話(というか評価)がブレてるだろ。

硝子ちゃんより結弦ちゃんの方が可愛いのはちょっとカップル内で意見割れちゃうじゃん。

なんで、恋愛映画としてみた場合にたまラブには雑味が多すぎなのはどうしても否定できんね。もちろん、ガチ恋愛映画をやった場合面白かったかどうかというのは不明なのであるがw

http://anond.hatelabo.jp/20160923132935

丁寧かどうかというと泥濘ではあっても丁寧じゃないだろ。

少なからず90分も無い映像たまこちゃんのクラスメイトとかの話は不要やし、況してやもち蔵に想いを寄せてた? 女の子の書き方や落とし方は決して丁寧とは言えない。

(大体の恋愛モノではああいキャラは吹っ切れさせて新しい恋を探しに行ったりするもんだが、たまラブではモヤったまま終わってる)

たまラブはただシンプルだったんだよ。多くの恋愛モノ映画出会いからを書く必要があるなか、たまこともち蔵は最初から幼馴染やもんな。

「あとはどうくっつくか」までを描けばいいだけ。だから逆に尺があまって余計なキャラの余計なストーリーを挟んでしまった。

バトン大会下り必要だけど、カンナちゃんが木登りするシーンとか必要だったかって思わないか

これはたまこちゃんが成長する話なのに、カンナちゃんの成長を絡めちゃうの違うじゃん。

ってわけで、たまラブは別に悪い作品じゃないけど<恋愛モノ>って視点で見ると意外と密度は低い印象やな。

http://anond.hatelabo.jp/20160923124336

「おまえは女性不信ではないか」まさにコレ

貞操観念が固い女性と付き合うと、何も彼氏当人身体を許すわけじゃないということが分かる。

まるで潔癖症人間価値観のようで

そういう恋愛関係結婚生活からこそ、親しい仲にも礼儀ありを貫く女性と関わると

裏ではコミュニケーションではなく取引材料セックスを持ち出す人間から、拒むのではないかと疑うようになる。

愛する人身体を合わせることが何も最上コミュニケーションではないという価値観押し付けられてしまう。

要するにセックスレスに陥ると男はそうなる。

増田これ以上拗らせてるとNTRにハマってしまうからその前に程々に性癖の合う恋人を見つけような

http://anond.hatelabo.jp/20160923124454

お互いが幸せになるために性欲があるんであって

女性が不幸になるのはお前が単に女性から性的にみられるだけの魅力がないだけだろ。

性的に魅力に感じている男から同時に性的に興奮してくれていると分かった女性が嬉しくないわけがないだろ。

女性男性の下心うんぬんはそもそも男が女に対して性的アピール勝利を収めていなかったからこそ来る不快感であって

その点さえ解消されていればチンポ脳で大勝利なんだが。

女性全体の意見として性的に見られたくないっていうのがそもそも少数派だから

おばあちゃんでさえ女として扱ってもらえると嬉しいんだぞ。

脳みそ宇宙人に改造されたフェミニスト婆やそれに影響を受けてしまった虚勢男がマジョリティなわけないからな?

お前のいうことが正であり男性女性日常生活の中で性的に見るのを良しとしないなら

今の日本少子高齢化世界規模で発生して簡単経済大混乱を引き起こし人類社会簡単斜陽するんだけど。

というか日常生活以外でどのタイミング女性性的にみて恋愛に発展させればいいわけ

ソープ出会い系喫茶でやれってのか?

お前は地球に送り込まれスパイか何かなのか?

改造を受けたのならそろそろ自分が改造されてしまったことに気付いては?

セックスさせてあげてる」エロ漫画がこよなく好き

エロ漫画ではまあ、

女の子自身恋愛感情や性欲の為にノリノリでセックスしてる作品が一番多いわけです。

あとは逆に、全く当人意志に反してレイプされるような作品もボチボチ多いわけです。




でも個人的に一番エロく感じるのは第3のシチュエーション

女の子がなんらかの事情で「しょうがないなあ…」って感じでさせてあげてる、セックスに付き合ってあげてる、

このシチュエーションが最高に好きなんです。

可哀想に思ったからとか親切心からとか何かの負い目のお詫びで1回とか

そういう恋愛とか性欲とかとは別の事情人間関係セックスしてるのが最高。




で、なんでこれをエロく感じるか掘り下げて考えたんですが

たぶん自分にとってはこれが一番現実味を感じるからなんですよね。




…っていうことを過去に2人の女性に(どちらも気心が知れてて理想エロについて向こうから話振ってくる程度には砕けている人)説明したところ

1人からは「おまえはよくわかっている」

もう1人からは「おまえは女性不信ではないか

という評価を貰いました。

どうなんでしょうか。

君の名は。」を観た彼女が出て行く。

彼女30前、自分40前。一緒に暮らし半年くらい。

一緒に観たいと言われて行ってみた。

映画の後はあまり感想はなかったけど、2日後に出て行くって。

どこかで「カップルで観に行くなんざ狂気の沙汰」って感想読んだけど、その通り。

あのキラキラの/手に入れたい/今手元にない恋愛を観たら、

日常の/手に入った/しょぼい恋愛はとても色褪せて見えるだろう。

それでもおっさんは、日常恋愛が楽しかったよ。

http://anond.hatelabo.jp/20160923121302

恋愛として好き、だったらまだ理解はできるんだけど。

ただただ性欲?下心?を向けられてると思ったら

そこの区別ってどうやってつけてるの?

混ぜ返しとかじゃなく真面目に聞きたい

http://anond.hatelabo.jp/20160922210335

めっちゃわかる。

本当に純粋に仲の良い友達だと思ってたら性的対象として見られてたんだと気づいて

裏切られた気持ちになるの。

こういうことに対してなぜかいつも「性的対象として見られるのはむしろ良い事」て言う人が本当に理解できない。

お前は男女関係なく友人だと思ってた人間から性的対象として見られてたら嫌じゃないのかと。

恋愛として好き、だったらまだ理解はできるんだけど。

ただただ性欲?下心?を向けられてると思ったらその人への気持ち軽蔑に変わる。

思い出しムカムカしてきたー

[]9月22日

○朝食:野菜ジュース

○昼食:冷やし担々麺チャーハン

○夕食:ご飯、納豆減塩野菜たっぷり味噌汁フリーズドライ)、ツナ缶



調子

はややー。

今日休みなので、掃除を頑張った。

それと、フルハウス専用アプリと化していたNetflix映画を見た。

ラブマイライフというわりかし真面目な恋愛映画なんだけど、

作中に出てくる主人公父親石田衣良が演じている、ということがあまりにもツボにハマってしまい。

どんなに真面目なシーンでも石田衣良の一挙手一投足にただただ笑ってしまう、お笑い映画のように視聴してしまった。

しまいには「石田衣良Macなのに娘はWindowsかよ」とツッコミになってないツッコミをしつつ、石田衣良が出てこないシーンでも笑ってしまった。

かっんぜんに、映画の楽しみ方を間違えているので、心を落ち着けてもう一回ちゃんとみたい。

……いや、ごめん、なんか今も思い出し笑いするぐらい面白い

こう、風立ちぬときも「笑っちゃ駄目だ、今から庵野声優するけど、笑っちゃ駄目だ」と、三日ぐらい自分に言い聞かせてから見に行ったので、

今回のように完全に不意打ちで出てこられると、まったくストーリーに入り込めなかった。



バッジとれ〜るセンター

ノー課金

ポケとる

ポケモンサファリ攻略

エテボースハハコモリ捕獲して、攻略完了

サファリは疲れるだけで、楽しくないなあ。

好きなポケモンが出てこない限りスルーしようかなあ。

ポケモンコマスター

ログボのみ。

2016-09-22

都民恋愛二極化

金持ち本妻愛人を囲って貧乏人は一人も女を得られない、風俗に行く金すら無いので秋葉原メイドに声をかけ、40分2000円のガールズバーノードリし疎まれ

地方は有る程度の仕事なら紹介して貰える

シン・ゴジラって

主人公高校生にして、

恋愛要素とSF要素入れたら

興行収入100億行ったんじゃね?

恋愛お金で買えない

どんなに努力しても容姿が悪いと恋愛はできない。

第一印象が最悪なアトピーゾンビ恋愛対象にはならない。

恋愛土俵にすら上がれない。お金いくら払てtも恋愛はできない。恋愛のない人生なんてコーラのないコカ・コーラのようなものだ。

学生恋愛なんてできないし、人生が味気ないものになる。最悪だ。

学生生活を謳歌できない人生は負け。まけぐみあとぴーとして醜い容姿を現世にさらして死んでいくのだろう。

学生恋愛ができないと生まれてきた意味がない。学生恋愛は何百億だしてもかえない。

容姿がよければアトピーゾンビじゃなければ楽しい人生だった。最悪だ。

映画聲の形」を見に行けない

聲の形」は原作のみコミックスで初期から読んでて映画はまだ見ていない。

障碍者の話というよりは、イジメを取り上げた話としてすごく興味があった。

読んでる時に、ぼろぼろ泣いたこともあった。

でも、途中でやっぱり「西宮かわいいから成り立ってるよな」とも思った。

ブサイクだったらこんなファンタジーおこらないだろう。

原作の初期は、西宮言語障害っぷりも結構描写していたんだけれど

映画のほうはどうだったんだろう。

「さすがにこれはしゃれにならないので──」とかいって

マイルドにしてあったりしたら、それこそが内容に対する裏切りだと思う。

恋愛要素が強められているらしいのも心配

原作のほうだと、アルドノアの姫さまみたいに

どこかの男とあっさり結婚ちゃうような雰囲気

併せ持ってると思うんだけどな。

そんなこんなで、西宮が可愛くなりすぎていないか心配

映画は見に行けないのだ。京アニ大好きなのに。

アトピーゾンビ二号が虐めで不登校になった

中学の時、アトピーゾンビと同じく、アトピーゾンビウイルス感染してる奴とクラスが一緒になった。

アトピーゾンビよりも症状がひどかった。

彼は顔と首の肌が赤く、カサカサと乾燥していた。首や体を掻く様は見てるだけで不快指数が高くなった。

おまけに重度のコミュ障で、声が小さく、挙動がキョドッテいて気持ち悪かった。

「こりゃ虐められるな」と思った。

クラスメイトの話によると、もともと明るい奴だったが、小学生の時にアトピーゾンビウイルス感染して容姿が醜くなって虐められるようになり精神おかしくなったようだ。

彼と話したことはないし、どんな人間なのかもよくわからないが、観察した限りでは悪い奴じゃなさそうだった。

から僕は、彼を心の中でアトピーゾンビ二号と呼ぶことにした。




彼はアトピーゾンビと共にスクールカーストの最底辺にいた。

いつも無気力でだるそうな目をしていた。自分のしょうもない人生に嫌気がさしていたのだろう。

悲しいことに顔面偏差値は高かった。だから余計辛かったのではないだろうか。

アトピーゾンビ不細工なので諦観できているが、顔面偏差値の高いゾンビは辛いだろうな。

これさえなければ人生楽しいのにといつも絶望していたのだろう。




クラスほとんどが虐めに加担していた。無関心だったのはアトピーゾンビを入れて三人だけだった。

小学校が同じだった奴が中心となって虐めていた。手慣れていたので、おそらく小学生の時にも虐めていたのだろう。

虐めは精神的なものだった。肌がキモイ風呂入ってんの?、ゾンビw、治るようにちゃんと努力しろよw、お前のまねw(肌を掻く真似をしながら)、無視などだ。

もちろんゾンビ二号を蹴ったり、ボールを投げつけたり、腕パンっていう遊びに強制参加させたりという肉体的ないじめもあった。

容姿に優れていて運動勉強もできて教師の評判もいい奴が「お!こいつ虐めてんの!?俺も混ぜて!」と言って楽しそうに一緒に虐めてた。

人生は生まれで決まるんだなと思った。




そんなこんなで数か月たっぷりクラスメイトに虐められたゾンビ二号。

彼が初めて学校を休んだ時、クラスがざわざわしていた。

教師教室にいないときクラスメイトの一人が「やったーwww」と両手を挙げて喜んだ。

それを見たクラスメイトがつられるように、

「ざまあみろw」

「もう学校こないでほしいww」

あいつがいない教室最高w」

キモイから虐められて当然だよね!」

ちょっとからかっただけで不登校とかww」

自殺すれば社会がきれいになるねw」

自殺してくんないかなーw」

「また学校来たら虐めようぜw」

いいねーw」

「虐められたくないなら努力しろって思う」

「ねー!不潔な自分が悪いのにね」

こんな感じのことをクラスメイトのほぼ全員が言いまくっていた。

教室が悪意に満ちた笑い声に満ちていた。

クラスメイト達の満足げで醜悪な表情をみて人間は醜いな。と思った。

同時に、次は自分が虐められる番なんじゃないかと恐怖と不安でドキドキビクビクして死にそうだった。

幸いにも虐められることはなかった。虐められなかった理由は今でも不明だ。






本当のことを言うと虐められなかった理由はなんとなくわかる。

アトピーゾンビいじめに加担していたからだ。

家柄がよくて容姿に優れた恋愛勝ち組クラスメイトに、「お前もやれよw」とボールゾンビ二号に当てるゲームに参加させられた。

日々のアトピーゾンビウイルスストレスを晴らすかのように思いっきりぶつけた。

「おぉー!いいねーw」とクラスメイトは喜んでいた。

ゾンビ二号は少し泣いていた気がする。

同じスクールカースト底辺人間に虐められるのがつらかったのか、同じウイルス感染している人間なのに自分は虐められてあいつはされない理不尽だ、とでも思ったのだろうか。



その後、アトピーゾンビアトピーゾンビウイルスの痒みと痛み、受験期の激しい虐めが原因の鬱と対人恐怖と学習性無力感で見事受験に失敗。

関東ごみ高校という五流高校入学することになった。

アトピーゾンビ二号が今何をしてるかは分からない。人生絶望して、もしかしたら自殺たかもしれない。まぁ生きているより、そっちのほうが幸せだよな。




どんなに善良な人間でもアトピーゾンビウイルス感染しているというだけで周囲から理不尽仕打ちを受ける。

まぁ、惑星地球は健常者専用の娯楽施設だから、非健常者が排除されるのは当然だよね。終わり。