「恋愛」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 恋愛とは

2017-01-18

やっぱり女の人は無理なのかもしれない

いやホントに無理なのかもと思う

かもと思う、とえらいこと曖昧にしてあるのは

性的には愛せるから

でもなんというか、本当に無理なんだよ

どんなに話しても先が見えない

もし、その適当な態度が、所謂察して、というならそれは無理なんだ

というか、無理だと話しましたよね?

察せないんだよ機微ってやつが

たとえ男であれ女であれ

それで苦しんだってしませんでしたっけ?

いまも苦しいんだと

いや、だからその時点でその女性とあってないのは分かってる

分かってるんだけどさぁ


なんというか疲れたよ俺は

大学で探して見つけりゃよかったんだろうと思う

半年くらい前は努力してくしかないとか

エラソーに言ってたけど、やっぱ無理

あれは光の誘惑だったね

何で、俺の周りの女は浅慮でいられるのかね?

あ、類友か。いやいや勘弁して欲しい

しかし、あれだね、男好きってのはむつかしいもんだね

男で経験してても女となきゃ童貞もの

なんて伝えればいいのやら


童貞って聞くと嬉々としてる奴らがいるけど気持ち悪い

俺を男にしようとか考えててホントに嫌だ

というか、マジで恋愛系のwebページとか見してくんだぜ奴ら

ねえそこの旦那ピュア童貞とか言う言葉があるらしいですよ

お前さ、例えば俺に、あ!ピュア処女なんだ!じゃあ、俺が初めてなんだね、とか言われて嬉しいか

そういう態度とられて嬉しいか

マジで


いやさ、年上のおにーさんに甘えられたいーとか思ったりするよ俺だってそりゃ

でもな、そんなのは心の奥底にしまって

実際の相手にはぶつけないんだよ

なぜならそれは俺の妄想

俺と相手理想では無いからだよ

ホントにいい人に会ったときに、ふとソーいう女を思い出して

誘うことができなかったよ。怖くなって

寂しいし辛いし信用もできないよ全部


ただただ、年上に甘えられたい。

つくづく

経験が増えるほど恋愛なんて打算と妥協だと身に染みて

人間なんてベッドの上ではどれも大差ないと思い知る

二次元はいいな

距離感がわからない

女、大学生

ナンパされても無視しないでわりと話を聞いたりする。手繋いでもいいし、ハグしてって頼まれらする

それ以上は断る。恋愛の段階を踏んでからがいいから。

ほとんど誰にでもこれくらいしてる。

優しさみたいな感情でいいよってするけど、一般的な優しい女性はそうはしないのだろう。

そのためか、あとあと本気にされて困る。

距離感がわからない。

最初から無視するべきだよね。

2017-01-17

女性結婚したくないのだ

現代になるまで、女性結婚しなければ生きていけない状態においやられていた。

・安定や地位を有する女性程、生涯未婚率が高い。女医の異常な数値は周知の通り。

結婚相談所婚活サイトにおける登録数は顕著に男性の方が多い。

以上の 3点を考えると、いささか直感的ではない結論に至る。

女性は出来るならば結婚したくないのである男性結婚を望み、女性恋愛を望むのだ。

なんとなく傷ついてることを察して、遊ぼうよって連絡くれたのはこれで2回目。

1回目はただ気を使える人だなあって思うだけだったけど、

2回目は遊ぼうって言葉が、傷にストンと入ってきて、あっけないくらい一瞬で好きになってしまった。

 

相手はきっと私のこと友達しか思ってないし、恋愛になることは無い、と思う。

出会ったきっかけはオンラインゲームだし。

オンゲ恋愛なんて今では普通かもしれないけれど、たぶん相手は抵抗がある人、だと思う。

何度かオフで一緒に遊んでるし、毎日VCで仲間内で楽しく話してる。

でも所詮オンラインゲーム出会ったフレンド。友達とは、少し違う。

 

毎日VCに顔を出すのをやめて、距離をおいたら冷めるかもしれない。でも、突然VC繋がなくなるのって不自然だよね。

なんて、建前言い聞かせてるけれど、本当は毎日喋りたい。

フレンドでいたい。好き。友達がいい。恋人になりたい。

今までの恋愛は、好きな人を振り向かせる自信があった。絶対に行けると思った人しか好きにならなかった。

けれど今はこの関係が壊れるのが怖い。なにひとつ自信がない。

突然恋に落ちてしまった。完全に予想外だった。

苦しい

テラスハウス ハワイ編と日本人の正の走西性

外部刺激に対して生物が反応して動くことを走性といい、てんとう虫が重力に逆らって枝を登ることを「負の走地性」と言ったり、羽虫が光源に向かって飛ぶことを「正の走光性」と言ったりする。

「正の走西性」は、先ほどテレビを見ていてたまたま今シーズンテラスハウスハワイでやっていることを知り、西洋へ憧れる日本人揶揄して私が勝手に思いついた言葉である

しかし、なかなか良くできたコンテンツだと思ったのである。もちろん番組の内容が良いという意味で言っている訳じゃあない。純ジャパ(純粋日本人)が少なからず抱いている西洋への憧れを絶妙に突いてくるな〜と思ったのだ。

これまでのテラスハウス国内撮影されていたようだが、今回の舞台海外で、しか日本人にとって近くて遠い、想像ギリギリまだ及ぶ範囲で、画になりやすい南国ハワイというのが絶妙なチョイスでやるなと感じた。

国内では表現できなかった非日常ハワイにはあり、それがまた視聴者の憧れを強いものとすると思う。ファーマーズマーケットフレッシュフルーツを食うとか。

キャストも全員?ハーフ英語ペラペラ。ウェーイ系の人間が憧れる日本語の中に英語を織り交ぜて話すあの感じ。欧米かぶれの純ジャパ留学生がみんなやるやつ。

その中にも女慣れしてないけどギターが超絶うまいかいキャラもいて、モテない男も微妙自分を重ねつつ妄想ができる。「自分がああなりたい」と「あんな人を相手恋愛がしたい」のどちらの面から見ても、若い視聴者憧憬妄想をこれまで以上に強く掻き立てていることと思う。

2017-01-16

http://anond.hatelabo.jp/20170116205339

怒ってはないんだよな~

なんつーか、作品にできていいな、って思ってしまう。

ダメ恋愛に引きずられて生きづらいのはわかるけど、作品にしたら人間味を感じてもらえるというか。

こちとらなんにも起こらないのがデフォルトだし。

ナンパされたというエントリを見て思ったんだけど

例えばさ、街を歩いてる時に、ほんともう自分の好みとしか言いようのない絶世の異性が現れた時ってどうすればいいんだ?

いやもう、絶世の異性かつ全く見知らぬ他人から、この機を逃せば二度と出会えない可能性もあるし、絶対ここでつながりの可能性を持っておきたくなる。

もう自分にとってはたまらない絶世の異性だからホルモンギュンギュン、フェロモンムンムン、脳もも恋愛麻薬麻痺してしまっている。

そういうときってどうすればいいんだろう。

素直にすいませんと声かけて、いか相手自分にとって絶世の異性であるかを真摯に伝えるか、

それとも、ナンパや声掛けは色々とこのご時世にはコレクトネスではないうえにキモイから諦めるべきなのか。

俺はこういうシミュレーションをたまにやっているが、いつも答えが出せないでいる。

http://anond.hatelabo.jp/20170115221955

昔は恋愛と言うのは「経済力がある男が、愛人とするもの」だった訳だしねえ

でもそれも愛人側は金目当てだったりして



男女とも正式配偶者というものは家の都合で決まるものであって恋愛感情など必要とされないし

男なら他に愛人を持てるが、女は恋愛などしないまま死んでいくのが当たり前

増田ママが息子に教えるべきだった、たったひとつシンプルなこと

これは煽りじゃなくて本気でアドバイスするんだけど、

社会的には男女平等にして、

自分恋愛相手にだけは、男女不平等にするんですよ。



何故かというと、女の体には子を産むという価値があって、

男の体はそれを欲するように出来ているから。

子供関係ない恋愛の段階でも、セックスを前提とした男女関係ってのは、結局のところ、そういうこと)

男の体は、そのままでは女から欲しがってはもらえないから、

からセックスしたい相手には尽くしなさい。

尽くし方は人それぞれ。金銭を喜ぶ女も、優しさを喜ぶ女もいる。



ただし職場社会的な場では関係ありません。

セックスが要らない男が、これに付き合う必要もない。



いわゆる体育会系マッチョや軟派男は、

息を吸うように自然にこのことを体得しています

潔癖気味の母親に育てられた優等生あたりが、全くこの辺りのことが分かってなくて、

この増田のように固まっているのを見ますが、すごく簡単なことです。

突っ込む側と突っ込まれる側では、負担リスクも全く違うのです。

(突っ込まれる体を維持するという負担込みで)

突っ込む側が平等気分では、競争相手に出し抜かれるだけです。

ただし、突っ込むつもりのない相手には、何もしてやる必要はありません。

あなたメリットがない限り。

2017-01-15

http://anond.hatelabo.jp/20170115214013

その大昔の恋愛である親が決めた結婚お見合いでも「相手を好きになる努力」が必要とされてたんだよなぁ

http://anond.hatelabo.jp/20170115214013

そもそも昔は自由恋愛というものがなかったから、「昔はそれで上手くいってたのに」というのも幻想

男女平等否定すればみんな恋愛できるようになるかというと、できない。

経済力のある男が何人も妾を持つ社会になる。

恋愛」と「男女平等」って水と油なんじゃないか

男女平等」とか「ジェンダーフリー」とか「性差をなくす」とか「多様性」とか…ここらへん全部「恋愛」と相性が悪いんじゃないかと。

もうちょい具体的に言うと「相手が男/女性からって、男/女らしさを求めるのはアウト」みたいな、アレ。

何で相性が悪いかというと、大昔は「男らしさ」「女らしさ」のフォーマットが強かったんじゃないですか。

から異性と言う相手に対して「相手は男/女なんだから、こういうヤツだと判断していいんだな」と思うことができた。

要するに「相手を読み解くまでのコード」ってヤツが、比較的少なかった。

…だが現代はどうだ?「相手が男だからって強く逞しいと思ってはいけない」「相手が女だからってお淑やかと思ってはいけない」

「××と思ってはいけない」アレもダメ~コレもダメ~…

多すぎるんですよ、「相手を読み解くまでのコード」ってヤツが。

ああ~!コード多すぎてめんどくさいんじゃ~~~~!!!

ってなって結局は「恋愛」ってヤツが「面倒」なものと化してしまったのではないか、と思うのですよ。

要するに大昔は「男らしさ、女らしさ」という保証があるからこそ、万人が「恋愛」というゲームへの参入障壁が低かった、のではないかと思うのですよ。



…いやいや、分かりますよ。

上記で言ってることは「無能の戯言」と断じられても致し方ないってことは。

「男らしさとか女らしさとかこだわらず行うのがこれから恋愛だ!」とか言うんでしょう?ねえそうなんでしょ?

でもねえ、恐らく結局は「男女平等恋愛」というものが「恋愛強者しか不可能だと思うのですよ。

そんでその「恋愛強者」という存在は多分めちゃ少ない。

「だったら己を磨いて男女平等恋愛ができる人間にになれ!」と仰るんですか?

でもねぇ…それってマチズモだなぁ、と思っちゃいけないのでしょうか?(あんま知られてないようだが、恋愛体育会系マチズモとの親和性が非常に高い)

ココらへんになると藁人形論法入りますけど「そこまで努力したくねえよ!つうかおめえら男女平等とかポリコレ言う割に

恋愛弱者にひたすら努力を強いるてめえらの態度は非ポリコレじゃねぇのかぁ!?」…って気分になるのですよ…怠惰とか言われようが。



そんで、ここで「恋愛強者」を「男女平等恋愛可能な者」と設定するなら、

それ以外の「恋愛弱者」は以下のいずれかのメソッドを採るしかないのですよ。

男女平等とか投げ捨てて、恋愛をする

②そもそも、恋愛しない

…で、①はポリコレだとかでアウトと指摘されやすいから、②に流れてる

これが昨今の「恋愛離れ」の正体だと思うのですよ。



いやいやいや、誤解せんでいただきたいのですが、

別に私は大昔を賛美するとか「男女平等はクソ!」とか保守主義者じみたことを言う気は無いですよ。

私は男女平等な世の中になれば良いとおもってますよ。

あと「別に恋愛する人が減ろうがいいじゃんッ」とか「世の中そこまで男女平等とか気を遣ってる人おらんよ!」とか仰るかも知れんが

そういうのは後の話で…



ただ言いたいのは「男女平等恋愛というのは万人が行うの不可能ウルトラ高度技術

男女平等を推し進めよう!その上でみんな恋愛しまくろう!」な~んて無理くりな贅沢いいとこ取りなんじゃないの?ってお話

A『男女平等を推し進めよう!そのせいで恋愛する人が減っても仕方ない!』か

B『みんな恋愛しまくろう!男女平等とか気を遣わなくていい!』か

のAとBのどっちかしかないんじゃないか

あっちを立てばこっちが立たずこっちを立てば~のトレードオフなんじゃないかって話です。

2017-01-14

ジャニーズジュニアヲタク世界

 誰にも明かしたことがないが、つい数年前デビューしたグループファンをほそぼそとやっている

といっても別にコンサートに行くわけでもなく、グループメンバーが載っている雑誌を買ったり

出ているテレビ番組を見て楽しむ程度のいわゆる「茶の間である

数年テレビ雑誌を見ていれば、応援しているグループ以外のジャニーズのことも少しずつ分かってくる

そういう流れで、バックで踊るジャニーズジュニアにも興味が湧いたのである

 少年倶楽部というジャニーズが出ている番組で私はあるジュニアに興味を惹かれた

それからジュニアのことも途端に色々知りたくなった 

ジュニアが出ている番組殆ど録画たし、雑誌で読むコーナーも増えた

しかし、茶の間にとってジュニア情報量想像以上に少なかった

デビューしたグループならば週1回は確実にテレビで見れるし、

雑誌にも数ページ分はコーナーが確保されているため、これまでの私は情報欲求が満たされないことは殆どなかった

情報不足になった私はジュニア情報ネットで探し、「タレコミ」という掲示板2ちゃんねるなども見るようになった

 いろいろな掲示板を見て思ったが、ジュニア掲示板はかなり荒れている

どの掲示板でも殆ど平和に語られているスレ存在しない かならず誹謗中傷存在している

とくにジャニーズヲタクにとって僻みの対象となるのが「推され」である

新人ジャニーズが突然テレビで出番を獲得したり良いポジションをもらうとたちまちのうちに「推され・ゴリ推し」認定をされる

こうなってしまうとどんなにそのジュニア能力が高くて推されに値する人物だったとしても、そのジュニア自体評価してもらえない

私がファンになったジュニアもいわゆる推されであり、読んで気分の悪くなるような悪口しか書かれなかった

( 私には推されどうこうの区切りがよくわからなかった 実力・人気以上に出番が多いジュニアなんていくらでもいる

それなのになぜだか「ゴリ推し」認定をされない人材がいくつかい

法則として ①一度デビュー漏れなどの「辛そうな」思いをしている ②デビューしてから一定期間露出が少ない ③雑誌で「人気」投票順位が高い

④色白 ⑤飛び抜けて顔が整っているわけではない ⑥最初に組んだユニットセンターではなくサイドやバックについている

こういう人材は何故か能力以上の出番を貰っても誹謗中傷されることが少ない)

 しかし、それ以上に驚いたことは、ジャニーズジュニアとそのファン実態

この情報化社会現代においても相等ローカル世界ジャニーズジュニア世界には存在している

1番最初に驚いたのが「れつ」と呼ばれている出待ち概念

詳しくは分からないが、コンサートなどのでたジャニーズは、その後、会場近くで列を組んで出待ちしているファンのために

その列に向かい軽いコミュニケーションファンとの間に交わすようだ

そこでジュニアによってはこっそりと次の自分の出番の話をしたり、あるいは高価な貢物を貰ったり、ファンとの連絡先の交換をする

(よくジャニーズスタバドリンクを飲んでいるイメージがあるが、あれはどうやらファンスタバカードを貢いでいる影響もあるようだ)

そして、そのような情報ツイッターなどのSNSで限られた相手との間でのみ流通する

(ファン同士で秘密パスワードを付けた掲示板を作る。私もツイッターに入り込んで情報を得たりした。)

信じられないことに、ファンの中にはそのような「現場でのつながり」によってジュニアとの交友関係を獲得するものや、

果ては肉体関係を獲得するものもいるようだ

(別に私はジャニーズからといって性欲真っ盛りの期間に鬱憤を一人で発散したりホモに走ったりするのもどうかと思うので否定はしないが)

 私はジュニアのことを詳しく知るまでは、ジャニーズジュニアはほんの一握りの出番の中で、ファンを獲得するために奔走するレアキャラ

露出が少ない彼らのファンなど存在しないと思っていた 彼らは貧乏プライベートを捨てて必死ダンス歌を練習する苦学生のような想像をしていた

しかし、彼らはスタバカードでタダでドリンクを飲む 貢ぎとジュニアとしての稼ぎで高級ブランドを身にまとう

各々に濃いファンがいて彼らと直接の交流を交わす 可愛い女の子が見つかればちょっと恋愛をしてみたりもできる おもったより華やかな世界

 そしてファンデビュージャニーズよりももっと近い距離で彼らを応援する コンサートには出待ちし、奥様の井戸端会議の様に

SNSタレコミ情報を交換する お金自分を貢いで彼らを豊かにさせる

 そんな実態を知って私は掲示板の荒れように妙に納得する 自分彼氏・息子のように近い存在が狭き狭きデビューの門を争っている

そりゃあ新人面白くない 自分彼氏・息子が1番で出番なんて誰にも取られたくない 自分けが詳しく知っている存在でありたい

私はそんなジュニアとそのヲタク世界を知り「茶の間自分にはテレビ雑誌露出の多いデビュー組以外無理だ」と悟った

私の生活は元に戻った。今日も録画番組をみて、雑誌を読み満足する。

しかし、一つだけ日課が増えた。ふと思い出して、タレコミを覗く。

今日も荒れてるな」 茶の間の私は今日もほくそ笑む。

http://anond.hatelabo.jp/20170114211738

許容量は容姿に比例するから一概には言えない

イケメン生理に詳しい→この人は恋愛経験豊富なんだから詳しいのも普通

キモメン生理に詳しい→童貞くさいのに生理に詳しいとかきもいストーカー

こういう感じだろ

容姿が良いだけで何もかも解決するわけではないが

こういった人間としての格付を決める状況では確実に影響力がある

http://anond.hatelabo.jp/20170114204135

間違った一般化をしている。

年収・美醜など、序列をつけうる属性を超えて営まれ恋愛存在するかどうかを知りたいのなら、こういう属性があってそれで判断するとしたらどうであるか? という質問をするのはおかしい。

もしその質問に「私は年収が低い人のほうが好きなの!」と答える女性がいるとしても、その女性は人を属性でみない、恋愛小説のような恋愛をする人になるわけではない。年収が低いという属性愛する人になってしまうだけである

逆に、年収高いほうがいいよねという答えをしただけで、その人を属性恋人を選ぶ人間であると断定する根拠にはならない。

問うべきは「君の恋人は俺より年収低いけど、俺よりそいつを好きなのはなんで?」「俺は年収低いけど、俺と付き合える?」などとなるはずで、その答えを聞いてからはじめて正しいか判断ができる。

自分が好き好んで恋愛沼入り込んでおいてなにを言っているのか

http://anond.hatelabo.jp/20170114210715

なにが恋愛だよ。

恋愛流行らせた奴は死んでくれ。

今まで何人にもアプローチしてきた。付き合えたことはあるが、長続きしない。その度にショックで3日泣き続けたりした。

頑張っても報われない、良い雰囲気と思いきやフラれ、今度は私は何もしないから楽しませろだと??

デートは奢って楽しませてるにも関わらず、一人のために複数回デートで平均2万くらい奢ってるのに、キスすら出来ないって??

ラインは早くても1時間おきに返信が来て、しかも二行だって??

用事があるとかいいながら実は家でゴロゴロしてただけだって??

まじで滅びてくれ。人類。こんな劣等感に苛まれるなら。

これは呪詛だ。リアルでは誰にも言えない。ドス黒すぎるなにかが腹に溜まっていって、この文章が生み出されている。

ピッコロ大魔王もこうやって生まれたんだろう。

闇に暴言を吐き、いくらか気分を発散させなければ、俺に恋愛などできない。

女は年収の多い男が好き

今日女友達に、

「やっぱり、女は年収が多い男が好き?」

と聞いてみた。



答えは、

「そりゃ当然でしょ。年収は少ないより多いほうがいいに決まってる。もちろんそれがすべてじゃないけどね」

だった。



まあ、知っていたけど、あらためてマジマジと尋ねてみたんだ。

その後、「なんで?」と聞いてみたけど、なんか要領を得ない答えで、よくわからなかったけど。



これって、男に対して、「やっぱり美人な女のほうが好き?」と聞いているのと同じだよな。

たぶん、男は「そりゃ、かわいいことに越したことはないよね」と答えるだろう。



なんか、結局、男女関係なんてそんなものだよなー。

正直冷める。

よく恋愛小説とかで、さも男女関係が崇高なもののように扱っているのがあるけど、笑止だよね。

所詮は、男と女なんて打算で結びついているだけだよ。

別にたいしたものでもなんでもない。



恋愛なんかより、友人関係のほうがよほど、純粋ものがありそうな気がする。

あるいは、いっそ、水商売とか風俗とか、金銭を明示して男女間でやりとりするほうが、偽善的じゃなくて清々しい気もする。



恋愛って世間では過大評価されている気がする。

実際大したものじゃないよ。

ロリコンが暴れている

LGBT話題がよくあがるけど、それに関してロリコンが大暴れしてる。

LGBTロリコンペドフェリア)を同列にみろと声を上げている。

 

ロリコンとLGBは性的指向に関してマイノリティーという点において同じくくりにはあるが、性質が全く同じでは無い。

LGBTはそれぞれの性対象性自認さえ除けば普通の人と同じなのに、まるで人間で無いかのように差別されている点が問題だ。

ピーコさんが言っていたが、昔はゲイは犬よりは上だが人間よりは下だという扱いだったという。

それらの嫌悪感情は文化的ものにより形成されているという蓋然性が高いので、偏見をなくそうというのが主な流れだ。

恋愛も双方の合意さえあれば問題無いし、社会的システムを大きく変えるものでもない。

 

しかし、ペドフェリアに関して言えば、少々事情が違う。

小児は自我がしっかりしておらず、恋愛感情存在するかも曖昧だ。

幼少期の性体験というのは個に大きなトラウマを残すこともあり、基本的には禁忌とされている。

その状態で公に恋愛を認めることは難しい。被害者を生んでしま可能性があるからだ。

 

したがって、ロリコン世間から公に認められるには、また違ったプローチが必要になるだろう。

もちろん、そういう嗜好を持つ人が存在するのは仕方が無いし、彼らが願望を実現させなければ無害であることも知っている。

求不得苦に苛まれている者もいるだろう。

だが、性質が違う以上、LGBT活動と同列に語ることに無理があるので、彼らがロビー活動をするのであれば社会にある程度迎合するやり方が必要だろう。

LGBTがそうであるように、ペドフェリアも自身らの特性内省的にも見る必要があるし、フリーライドや足の引っ張りを行うのは余計に世間からまれる原因になるので止めたほうがいいだろう。

スマホ婚活物語

呼んでもいないのに、また誕生日がやってきた。32歳になった。その時を大宮あたりにある自宅のワンルームアパートで俺は迎えた。

仕事公務員。俺は一浪で、とある無名大学入学し、一留卒業し、さら卒業後に一年公務員試験勉強をして入庁した。運良くストレートで入庁までたどり着いた奴らと比べると、3年余分に時間を食ったことになる。くそ、と思うことはいつもであるが、それでも、出身大学レベルからすれば随分立派な就職先に入れたのでその点は誇りに思っている。なんと言っても公務員は安定している。

まあ、どこかの国も破綻しかけたし、うちの国でもメロンの有名な某自治体破綻したりして、果たして将来も安定か?というツッコミどころもあるが、なんだかんだ自分の定年ぐらいまでは大丈夫だろう。

だべってばかりで働かない職員モンスターなんちゃらに囲まれての仕事は決して楽しくないが、生きていくためだ仕方がない。

ちなみに、一浪した時は、実家があまり裕福ではなかったので新聞奨学生をやりながら、予備校に通った。しかし、この新聞奨学生というのがひどいもので、配達作業時間のせいで十分に勉強時間がとれないという代物だった。今思えば、少し無理をして自宅浪人でもしてれば、早稲田筑波ぐらいならいけたかもしれない。本当に後悔している。

容姿は良い方だと思う。中学時代はそれなりにモテ記憶があるし、男友達からも、良い方だろうという客観的評価をもらっている。

だが、恋愛は不調だ。これまでの人生で一度だけ付き合った彼女美人で、スタイルもよかったし、若かったし(当時23歳だったか)、あっちの方も抜群だったが、いろいろいい加減な子だったので半年ほどで別れた。結婚も考えねばという年齢だったのでそれでは厳しい。その女との出会いは、数年前から流行りの街コン。当時は友達街コン婚活パーティーに出かけて出会いを求めていたが、そこで一度だけうまくいったのがその女だった。

と、それが二年ほど前の話。そう。今、俺の心を占めているのは結婚への焦りであり、結果として婚活自分プライベート時間の多くを占めるに至っている。婚活もいろいろやり方があると思うが、今の主戦場スマホ婚活アプリだ。

婚活アプリでは、それぞれ自分PRするプロフィール写真文章登録し、男女共々、異性のそれを見ることができる。気に入った相手がいれば「いいね」する。「いいね」されると、された相手には通知がいき、運良く相手も気にいって、「いいね」を返してくれたら、晴れてチャットができるようになる。あとはいかにうまく口説いて、「面接」に持ち込めるかだ。

面接」というのは婚活用語である婚活アプリでは、チャットいくらか続けたあとに、アポをとりつけて相手食事に誘い、そこではじめて相手と対面する。そして相手容姿や、学歴職業コミュニケーション能力などを見る。これがさながら企業における採用などの面接に似ているから「面接」などと呼ばれるのだろう。採用活動における面接ではおおむね企業側が一方的に見るものだろうが、婚活における「面接」では、お互いがお互いの値踏みをする。従って、当然ながら、「面接」に望む時の洋服には十分気をつけなければいけないし、会話を弾ませるよう自分の話術を最大限駆使する必要がある。そうでなければ、二次面接」、三次面接」には進むことが出来ない。お祈りメールを待つのである

俺が将来の伴侶に求める点は大きく、1)友達が羨ましがる容姿、2)自分よりも高学歴、3)結婚してもちゃんと働いてくれる人、4)性格がまとも、5)年齢は31歳まで。若いなら若いだけ良い、の5点である特に1)2)5)は重要だ。なぜかって?それは他人に羨ましがられる嫁が欲しいからだ。俺は正直に言って、自分に誇れるものがない。大学へは小学生時代から続けていたスポーツを極めたくて入学したが、結局自分には才能がないことを痛感した。プロなんて夢のまた夢だ。誇れることは、せいぜい、公務員になれたことぐらいである。これがなかったら、ぶっちゃけ、ただのクズなんじゃないかとすら思う。だからこそ、婚活では一発逆転したい。

実際、俺はかなり婚活に入れ込んでいる。中毒といってもいいかもしれない。平均で週に2回程度は「面接」をしているし。婚活アプリも4つ程度を同時並行で利用している。

金もかかる。課金額は月にそれぞれ5000円程度だ。「面接」にだって金はかかる。飲み屋でディナーとなれば、安くても一回4000円は飛ぶ。もちろん支払いは男持ちだ。男女平等が叫ばれる昨今であるが、婚活では関係ないらしい。交通費だって地味に痛い。

トータルで「面接」した人数は50人はくだらないと思う。しかし、未だに婚活は終わっていない。

俺が求めるレベルの女には、一次「面接」で切られてしまう。そのレベルに達していない場合だと、付き合うところまでいけそうということも何度かあったが、どうしても本気になれず、最後まで続かない。

もう本格的に婚活をはじめて3年になる。最近は、周りの友人なども結婚しているやつが多くを占めてきたし、子供ができたというのもFBなどでよく見かける。そういうのを見ると、自分は何をやっているんだろうと思う。俺はちゃんとした家庭を持つことが幸せ重要な要素だと考えているので、何のために生きているのだろうという思いにかられることもある。「面接」がうまくいかないのはコミュニケーション能力が低いせいもあるのだろう。そういえば、うちの親はどちらもコミュニケーション能力に乏しい。遺伝なのか育った環境問題なのか。くそ

しかし、あきらめない。絶対にいい女を捕まえてみせる。

仲の良い友人の1人はそこそこの女で妥協した。しかし、俺はそんな情けないことはしない。

そう思いながら、今日スマホで女の写真を眺めては、取り憑かれたように「いいね」をしている。

初めて会った時、この人とずっと一緒にいそう。と感じた人に音信不通にされて半年近く。

恋愛って感じじゃなくて、ずっと隣にいそうな感覚だったから、付き合うって感じじゃなかったけど。

連絡取れないまま、年も明けてしまって、心機一転!と思ってはいるけど、あの感覚が気になっている。

あの時のほわんとした空気のような感じはなんだったのかな。

運命とか、ご縁とか、どんな感じなんでしょう。

[]映画シン・ゴジラ

今日地元最終上映ってことだったか滑り込みで見た

初見

面白くなくはなかったけど、正直そこまでのものでもなかったなあと思った

・すげーセリフ多いな

・何回もNG出たのかな

・それともみんなプロからそんなに出なかったのかな

・でも同じ場面をいろんな角度からいっぱいとったってのはインタビューでみたな

・それにしてもなんかみんな演技下手だなあ

石原さとみどころかそれ以外は日本語レベルの演技が下手じゃん

一般人の声は一般人からしょうがないけどあまりにも棒すぎてひどかった

プロでもセリフが聞き取れない部分がたくさんあった

ゴジラCG臭がすごかった

東京ぶっこわしていくところ見てると、「ああこれは庵野が、中二病でよくある『今教室テロリストが急に入ってきたらどうするかな』っていう妄想ゴジラでやってるんだな」という感じがした

・第二から第三になるところがめっちゃ巨神兵の歯?口?っぽくて、これは庵野なりのナウシカなのかもと思った

放射線吐くところでも巨神兵っぽいなと思った

・第二形態?まんまるの目が出て来る形態。あれ最初生理的キモいと思ったけど、しばらく見てたら逆にかわいく見えてきた

・2時間あっという間だった

最後在来線爆弾ワロタwwCG臭ひどかった

・なんとなくドラマ電車男OPアニメ思い出した

ゴジラ自衛隊のしょぼいように見えちゃう攻撃があたってるシーン、ガリバー旅行記彷彿とさせた

人間が蚊に刺されるような感じだったんだろうなあ

・初代ゴジラを数ヶ月前に見た後だと、ゴジラがせめてきた後の瓦礫現場検証的なとことか、戦車とか、ほほうオマージュしてるなあと面白く感じることができた

ラストあれなんだったのかよーわからんかった

人間オブジェみたいになってるやつ

最後のあの演説若者にむけてのメッセージでもあるのかなあとか陳腐感想持った

・それにしても2時間の尺ぎりぎりだったなあ

・そりゃ恋愛要素とか入れる余地ねーわw

映画終わった後物販にガチャガチャがあってシンゴジラのもあったけど、第一~4形態ガチャじゃなくて昭和ゴジラ平成ゴジラ、今回のゴジラの3パターンフィギュアで、びみょーと思ってしまった

・もういっこあったシンゴジラのがちゃはデフォルメしたキーホルダーだったし

[]

今回は最近読んだ漫画からいくつかセレクト



まず最初。たーたんを読んだ。帯に"童貞×JC≒父娘?"っていうなぞの式が書かれてた。心ヒリヒリコメディと銘打っていある通り、笑えて面白いんだけど、どうしようもなく切ない気持ちにさせられる漫画に仕上がっていた。

ネタバレになるけれど、今作は血縁関係のない男女が父子家庭を演じている。そんでもって、その偽りの親子関係を続けようにも、とある理由によりあと一年関係を解消せざるを得ないことが提示されている。

切ないのが、その事実を知っているのが偽りの父親だけってところ。

赤ん坊のころからたーたんに育ててもらった娘は何も知らないし、関係性を疑ってもいない。母親のことも、自分を産んでからすぐ死んでしまったと聞かされているもんだから、ずっとそれを信じていた。

たーたんは何度も何度も真実を伝えようと思い至るんだけど、優柔不断で気弱なもんだから思春期を迎えた気難しい娘を前についつい口をつぐんでしまう。

加えて思春期になった娘は娘で、いろいろと想像して、母親は実は生きているんじゃないかとか、たーたんが情けないから逃げられてしまったんじゃないかとか思い始めてしまう。

全体を通して一方だけが破滅へと向かっていることを認識している、ある種のモラトリアムのような状況が描かれているわけなんだけど、何も知らない無垢普通少女と、お人好しで気が弱いけれど一人前にお父さんやってきた男性との交流が微笑ましいものから、余計と切なくなってしまう。

親権問題やら、都合のいい父親像やら、創作じみたところは結構ある気がするけれど、それらをあまり感じさせないのもすごい。

ちょいと前にはうさぎドロップが評判になり、その次には甘々と稲妻アニメになったけれど、今度はこのたーたんがくるかもしれない。

わきを固める登場人物についてのエピソードもいろいろありそうなので、今後とも目が離せない。

願わくば、表紙の二人が笑顔を浮かべる結末が読みたいです。



次。女房、きつね仕立てをよんだ。最近はやっている異種交流譚を扱った作品表題作短編三作からなる単行本だけど、人外との恋愛要素がほとんどないのが特徴的だった。

ところどころに挟まれギャグ最近表現っぽいなって思う。なんて表現すればいいのか。とにかくそれっぽい。

加えてなんだか絵が少女漫画っぽくなかった。いや少女漫画なんだけどレーベルが違う。アスカなんかみたいに、男性陣がアクション冒険なんかをするレーベルの絵柄っぽく感じられた。

総じてケモノたちが可愛らしかった。キュッキュて短編結構ブラックジョークが効いてると思ったし、ぬしさまの不気味な存在感も素敵だった。



次。第七女子会彷徨の十巻を読んだ。まずもって今までもいろんなことをやってきた漫画だったけど、最後最後までメタやらクトゥルフっぽいのやらハチャメチャにやり切った漫画だった。

一つ一つのエピソードに描かれているギミックなり表現手法なりがころころ変わるので、連作集なんだけど短編集のようにも読める作品だったと思う。

一応一巻から読み直してみるとあれがこうなってそれがどうなるのか新しい発見ができそう。ただ結構読者を突き放して突き進む漫画なので、いまは気が乗らないかなあ。

とにもかくにも完結おめでとうございます



次、うちのクラス女子ヤバいの一巻と二巻を読んだ。確かにヤバかった。でも、ものすごく微妙なヤバさだった。中には強烈にヤバいのもあるけど、そこまで重大な事件にならないのがゆるい。

そこらへんの塩梅が作者の特色なんだと思う。食べた人の記憶を一日分だけ消すおにぎりとか、イライラすると手のひらが軟体生物化してしまうのとか、ヤバいけど影響はそれなりだった。

むろん過去にはそれらの能力を強化しようとしていたらしき描写もあって、今後どう展開するのかがきになるところではあるのだけれど、

個人的に、二巻のかわいいものを見るとぬいぐるみになってしま女の子の話と、困ると体の周りに花が咲いてしま女の子の話がよかった。

一巻にある心身の同一性問題を抱えているような人物の描き方や、二巻の終わり方なんかも緩さの中に確かな芯がある感じがして素敵。続きが楽しみです。



それはそれとして、タニス・リーの死の王を読み始めたんだけど、闇の公子を読んでいないことに途中で気がついて結構後悔した。

明確なつながりがあるのか定かじゃないけれど、やっぱり刊行された順番に読みたい。よって死の王は少し読書を中断し、闇の公子を先に読破することにする。

平らかなりし地球物語は、ほかに第三集と第四集と外伝があるみたいだけど、入手が困難なのだそう。面白いのかなあ。全部集めて読みたいなあ。

2017-01-13

稼ぎの悪いやつが文句言うのはけしからん

はてな的にも増田的にもそういう価値観になってきたようで喜ばしいです。

やっぱ稼いでない方が文句言うのはおこがましいし、稼いでから言えって話だよね。

女性も稼ぐようになってきて、稼がないヤツは男女問わずクズという共通理解ができたのはとても良いと思う。

自分が稼いでいたら文句言う家事労働者なんて一緒に暮らしたくないし、雇いたくないものね。

なので女性自分より稼げない男性結婚しないのは正解だと思う。

男性も徐々にそうなっていくだろう。

結婚するなら自分と同等に稼げる相手しかしないように。

稼げない人間は男女問わず恋愛市場ではクズである

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん