「ゲーム」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ゲームとは

2016-07-24

ポケモンGOソシャゲとして駄目な理由廃課金ユーザー説明するよ

こんにちは廃課金ユーザーです。

ここ2日ポケストッ交差点に陣取り、ルアーモジュール刺し、おこう焚き、しあわせタマゴをフル稼働、

フォックスコン労働者の如く単純作業を延々と繰り返し、トレーナーレベル23を迎えた変態です。

このゲームの酸いも甘いも大体理解してきたので一休みがてら書き綴ります


課金ゲームとしての意味を成していない課金ゲームポケモンGO

このゲーム最大の特徴は課金要素があるのに課金意味を成していない、

ソシャゲとして破綻しているという点が挙げられます


課金ゲーム課金とはTIME IS MONEYが基本であり(一部アイドルガチャとか除き)、

課金ユーザー享受するメリットゲーム時間の短縮にあります

ただポケモンGOはそれが難しい。廃課金ユーザーですら時間を短縮できない。

その理由は「ほしのすな」が課金アイテムとして提供されていないことにあります


「ほしのすな」はポケモン育成に使う必須アイテムで、

ポケモンを捕まえるかタマゴを孵化させるかで手に入ります(ほかジム戦)。

これの配分バランスゲームバランスが明らかにおかしい。

ポケモン1体捕まえて一律100しか貰えない。

それで育成1回に1000単位必要となる(初期は数百程度だが)。

これが課金アイテムとして提供されない以上、課金ユーザーもまた無課金ユーザーと同じ土俵

フォックスコン労働者の如くポケモンをゲットし続けなければならないのです。

いくら課金していようがです。

課金アイテムで多少なりにポケモン遭遇率を高めることができても、

労働時間のものを短縮できる訳ではありません。

本来ソシャゲならこの無課金労働時間課金で埋めるのですが、

ポケモンGOでは労働のための道具しか課金で購入できません。

課金ユーザーが無課金ユーザー同等の時間を使わなきゃいけないなんて課金意味ねーじゃん。


ポケモンGOはたぶんソシャゲじゃない

ここ数日がそうでしたが、労働時間を購入できない以上、労働時間を確保しなければなりません。

正直オーバーワーク感は否めない。課金してるのに。

課金ではなく労働時間重要という意味ではIngressであり、

おそらく時間をかけブルーカラー労働を続けていれば結果は出るでしょう。

そうした意味ポケモンGOソシャゲではない。ただのゲームだ。暇人御用達ゲームだ。

中途半端ゲームを極めようとせず、無課金淡々と延々と続けていくのが良いのかもしれない。

課金ユーザーは早々に退場するだろうが。

女に「いい人」と思われるって難易度が高くね?

何日か前に「いい人というだけでは、ゲームでも現実でももてない」みたいな記事ホットエントリ入してた。

「いい人だけではモテナイ」みたいな記事って昔からあるけど、なんで「いい人」と思われるのが前提なんだろうな。

オレなんか、いい人とか性格いいなんて言われたこと一度もないわ。

オンライン要素のある名作ゲーム

調べればいい話しか出てこないけどやり込み勢の人間関係ロッド

有名なプレイヤーを持ち上げてちやほや、どうでもいい人は心の中で見下す

アーーーーーめんどくさ

最近PS4とあるゲームを遊んでるんだけど会話が酷すぎ。某アメリカ産映画ベースにした洋ゲーで、かつオープンワールドなんだけど、オープンワールド内で通行人ランダムで話す会話が酷すぎる。

女「最近○○の二次創作小説を読んだんだけどー、(略)本人が見ないことを祈るわ。本人が見たら服みたいに真っ赤になっちゃうw」

こんなクソみたいなセリフを頻繁に聞かされるだけでもイラつくんだけど(これ以外にもクソなのはある)、不可解なのはアメリカって自分のとこの映画ブランドイメージ大切にするイメージあるけどなんでこんなのが許されてゲームに収録されてるんだろってとこ

でも最近そのゲームDLCインストールしたら上のセリフをさっぱり聞かなくなった。。やっぱあれ評判悪くて削除されたんかな

2016-07-23

ポケモンGOは早く歩きスマホ無くすような設定作ったほうが良いよ

ポケモンGOプレイしながら歩きスマホをしないことは確かにできる。

だがそれはユーザー善意依存しすぎている。

現状だとポケストップが固まった地域巡回ながらスマホを弄りながら歩くという行為が最も効率がいい。

まり歩きスマホをひたすら続けるのが最大効率ということだ。

ゲームには「ルールの中で最大効率を目指す」という楽しみ方が存在するため、危険だと知っていてもそれを実行している人は少なからずいるだろう。

このままだと絶対いつか子供なり老人なりが事故起こす。

ポケモンGOは今すぐにでも歩きながら弄っても全く効率に影響しないようなシステムにした方がいい。

たとえば

・ポケストップが近くにあったら自動的タッチしたことになる

ポケモンが近くに出たら捕獲チャンスをストックしておいて後で50匹ぐらいまとめて捕獲ゲームを出来るようにする

・近くにいるポケモンの方向(周囲のポケモン一覧から任意ポケモン選択してタップしてからマップ画面をゆっくり回転させるとその方向が光る。つまり任意ポケモン捕獲やすくなる方向が存在するのでガチ勢スマホ片手にそこに向かって歩いて行く)という概念は無くして完全に歩いた歩数でランダム個体が出るようにする

GPSデータ変化が止まって5秒しないとポケモンGOでは遊べなくする

などの改善を施したらどうだろうか?

問題が起きてからでは遅いという事をNianticPOKEMON任天堂の面々は認識すべきだと思うのだけど。

スマホゲームに参入しない任天堂は正しい

岩田社長は神

と言ってた連中の手のひら返しが凄すぎる

この夏はポケモンGOで遊んでみよう!

今ならちょっとゲーム触ってみた感想増田で書くとガチ勢ガチ切れしてトラバつけまくってくれるぞ!

ゲーム話題に首つっこんできて別にそこまで廃人じゃねーしって一番かっこわるw

オタクの癖にオタク話題で負けそうになるとそこまでオタクじゃねーしwとか負け惜しみ言うクソガキだったんだろうな

[]7月23日

○朝食:野菜ジュースチーズ

○昼食:金沢カレー

○夕食:納豆ご飯、フリーズドライ野菜たっぷりみそ汁



調子

むきゅー!

よっぽど疲れてたのか、滅茶苦茶寝た。

まだ眠いので、早く寝よう。

明日からは、新しいゲームをしようと思ってる。



ポケモンGO

金沢カレーのお店に行くまでの間に、ちょこちょこプレイした。

レベル5になったので、ジムバトルができるみたい。

けど、イマイチなにを目的にすればいいかわからんな。

本編なら、悪ポケ収集と、悪ポケ育成と、悪ポケ対戦で何百時間と遊べるんだけど、

GOはいまいち、何のための対戦なのかとか、何のための収集なのかが、自分の中でまだわかんないな。

カントーしかいないし、メガ進化も無いから、悪ポケも、進化前のイーブイギャラドスしかいないのも残念。

ポケモンGO楽しいな!

おい、ポケモンGO面白いな!!

子供のころ、赤緑やってたゲーム世界現実になってるよ!

コラッタポッポばっか飛び出すの懐かしいよな!

あの頃は御三家通信じゃ無いと手に入らなかったから、

時々ゼニガメとか飛び出すとうぉーーってなっちゃうよな!



ポケモンジム戦もいいんじゃないの?

近所にlv20のCP1500オーバーのやつとか陣取ってたけど、

今日歩きまくって頑張ってぶっ倒したよ!

倒した瞬間うぉーーって叫んじゃったよ!

そしたら、周りのカップルに笑われたよ!



この40時間くらいで30キロは歩いたよ!

こんなに歩くの何年ぶりだよ!

なんて話してたらフシギバナ出てきたよ!

ヤバい熱い!激アツい!!

ハイパーボール投げるしかない!!



みんなもどこかのジムで戦おうぜ!

http://anond.hatelabo.jp/20160723200121

ゲーム性の部分はIngressと大きくは変わらないと言っている時点でエアプ確定。

Ingressは延々とポータルハックするのがメインのゲームじゃねえぞ。

[]

結構、貯まってきたので見出しカテゴリ化した。割とライブ感強めで書いているで、これを後で見返すほどのことはないのだが、増田で他のものを書いて編集するとき探すの面倒だしね。

今回は裏サンデー

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス 10

状態だけれども、リンク普通に喋れるのか。

或いはテレパシー的なものかもしれないが、ふきだしは普通だし、やっぱりそのまま会話しているのかね。

まあ、そこらへん細かく言い出したら、そもそもゲームでは狼状態とか関係なく基本的リンク喋らないから、どういうのが正解だとは言い切れないが。

さて、本編の内容だが、ミドナと協力するまでの掛け合いだけだから、話としてはそこまで進んでないね

ただ、ミドナの行動には、何かの大きい理由があるのだろうというのを匂わせる描写があったので、導入部分としては割と重要

wiiで出た当時に一回クリアしただけだから記憶曖昧だが、そこらへんはオリジナル描写かな。

ミドナって結構受け手がムっとするような言動をよくするので、それを緩和するためにここで先に描いておくのはアリだと思う。

あと、ミドナ小悪魔的な感じが出てて、よろしいかと。

「スワレ犬っコローーー!!」はちょっといいね



銀狼ブラッドボーン 32話

主人公吸血鬼と戦う力を得るためにどうしたかっていうのが簡単に語られて、中盤すぐに戻ってきてホッとした。

このタイミングで、過去話を長々とやられたらテンポよくないしね。

主人公人間規模で見た場合、明らかに異質な強さだったのだが、かなり過酷な背景だったようだな。

それ位しないと、単純なスペックで勝る吸血鬼とは戦えなかったと。

間接的に、吸血鬼の格を下げない描写にもなるから、こういう説得力補填大事だな。

かつての宿敵と並ぶ絵は、ベタだけれども、いいね

それにしても、美形のオネエキャラはもう完全にテンプレ化した気がするなあ。

出てこない方が珍しいレベル



ヘビのたまご 6話

奴隷制反対派の一人が登場。

反対派となったきっかけ、理由個人的なあたりが、かえってリアリティがあっていいね

同じ派閥であっても、そこに属する理由や個の価値観が同じとは限らないわけだから

中盤の、むまにの動力子供ならではの純粋さと短絡さが混在しててすごいな。

仮に国王を殺せたとしても、それで奴隷がなくなったり、問題解決するかっていうのは別の話なのに。

それにしても、むまにの勘と運がよすぎる上、途中で出会う人物との運命的な出会いご都合主義すぎるだろ(笑)

で、王子暗殺される、と。

このあたりの相関関係もう少しゴタゴタ描写するのかと思ってたのに、展開早いなあ。



桐生先生恋愛がわからない。 26話

いや、「ヤバイ、ヤられるー!」の例えは極端というか不適切だぞ、おい。

ただ、恋愛対象ではない、性的に興味のない相手から、突発的に直接的なアプローチをかけられたらヒくっていうのは分かる。

スーパー銭湯で、初対面にも関わらずやたらと下半身を触ってくる人に出くわしたことがある身としては理解できる。

そういう拒絶の心って、もう理屈の外を越えるんだよね。

後半の起こった事件は、まあそれぞれが何か不器用だなあ。

先生の割り切り方はアサシンには納得できないし、言い分も分からなくはない。

けれども、だからといって先生からすればアサシンに怒られる筋合いはないわけで。

さて、現状の関係結構メンドーなヒビが入ってしまった状態なわけだけれども、ここからどう修復するのやら。



ケンガンアシュラ 149話

サーパインが有利なのは、要は相手の火力不足ということか。

しか殺人術を、不殺精神で使っているから尚更。

そして、サーパイン自身も徐々に動きを見切りつつある。

ダメージの蓄積では勝っているけれども、サーパイン必殺の頭突きが一発でも入れば話は別。

このままでは不利と零も思ったのか、どうやら相手の命に関わるかもしれないレベルの技を使う模様。

手札的にまだまだ底が知れない感じで、サーパインが勝つのは厳しそうだが、この漫画主人公以外の試合マジで勝敗分からんからなあ。

チーターと一緒に遊ぶとゲームって一瞬で萎えるね

全てが色褪せて見えるよ

娯楽のない田舎モテないコミュ症が生まれると地獄

俺は北海道田舎に生まれ育ったが、それでもまだ駅前地元では街と呼ぶ)に近いほうの住宅街に住んでいたので、娯楽には困らなかった。

映画館ゲーセンも大規模な本屋もあるし、服を買うのも困らないし、チョイスの良い古本屋もあるので欲しい絶版本もすぐ手に入る。レトロゲームが好きで古いファミコンを買うのも、古本屋でどうにかなった。年に何回かは東京からお笑い芸人バンドが来てライブもある。同人イベントもあるし、アニメショップもある。

友達がいなくて一人で趣味に没頭するしかない奴でも、一応なに不自由なく暮らせた。

東京でいう、八王子町田に住んでる感覚だ。(もちろん北海道田舎なのでそれらの街より小さいが。)

最近高校時代の友人が自転車にハマっているというので、特に目的もなく適当自転車ブラブラしようと誘われた。同じ高校だったが、校舎が別だったので校内で会うことはなく、放課後によく一緒に遊んだやつだ。

大人になってからは車移動しかしなくなっていたので、自転車で車じゃ通らない道を走るのは新鮮だった。

すると友人が「あの山の麓を目指そう」と言う。遥か遠くに山が見えるのだが、とても自転車で行ける距離ではない。しかし暇なのでついていくことにした。

住宅街が無くなり、やがて畑しかなくなり、たまにコンビニがポツポツあるくらいで、建物農家の家くらい。たまに牛もいるぞ。「たいひあります」という看板がやたら多くなり、畑や牧場も無くなると「不法投棄監視されています」というノボリだらけになった。道路脇にはタイヤブラウン管テレビ便器などが転がっている。「監視されています」って、どこにもカメラは見当たらない。

ついにコンビニすら見当たらなくなった。畑も牧場もないが、たまに一軒家は見かける。こんな何もないところに住もうと何故思うのか、謎である

時間くらい自転車を漕いだだろうか。途中、急勾配が連続して自転車には辛かったが、山が目の前になった。街にいたときは、遥か遠くにあって行こうとも思わなかった山が目の前。

その麓には、家が何軒かある。そのうちの一軒が友人の高校の同じクラスの奴の家だという。

ドアのチャイムを押すと、同じクラスだったという彼が出てきて、家のなかに招いてくれた。

家は平成以降に建てたであろう、割と新しい綺麗な家だ。

「ここまで自転車できたの?大変だったろう」と冷えたポカリスエットを頂いた。ここまで来るのに汗だくだ。車に慣れてしまい、社会人になってから運動なんて一切していないので、自転車時間は本当に堪えた。キンキンに冷えたポカリスエットが沁みた。

ポカリスエットを頂きながら、彼の学生時代の話を聞いた。

高校時代は片道三時間かけて高校まで行っていた。彼は慣れていたが、街側に住む連中は自転車なんて精々乗って一時間である

高校時代に一度クラスの連中が彼の家まで自転車で行こうとしたらしいが、あまりの遠さに断念したという。

あんな急勾配を繰り返しながら、毎日片道三時間かけて自転車高校まで通っていたのである。頭が下がる思い。

冬は雪が積もるのでもちろん親の車で送り迎えだった。バス停は一応近くにあるが、一日に二回しか来ないので使い物にならないという。

一応、小中学校は歩いていける距離にあるが、そんな山の麓の何もないところの小学校なんて、同級生は五人しかいない小さい学校だったという。

そんなコンビニ一軒すらない田舎子供が暮らすといっても、娯楽がなにもない。ゲーセン映画館もなにもないので、家で少年ジャンプを読むかゲームをするかしか無いという。

そんなものはもちろんすぐ飽きる。結局、娯楽がない田舎で育つと、セックスしかやることがないという。

遊びに行こうにも、街に行くには自転車で片道三時間小学生には無理だ。コンビニ一軒すらない山にいるしかないのだ。公園もない。結局は、セックスしか娯楽がない。

彼の童貞喪失は小4。同級生女子とだそう。一度セックスを覚えてからは、同級生女子全員とやり、5年、6年の女子全員とセックスしたらしい。

まり小学校中学年になれば全員穴兄弟棒姉妹になるという。小学校中学校時代毎日セックスした。

この話を他の男にすると、みんな羨ましがるという。でも彼は「田舎だし、仕方ないことであって、決して自分モテる訳ではない」と謙遜する。

俺を自転車でここまで連れてきた友人も死ぬほど羨ましがっていたが、俺は羨ましいどころか聞いていて辛かった。辛くしかなかった。

もし俺がそんな学校に通わなければならないとしたら、女子は誰も俺の相手をしてくれずに童貞のままだろう。

小学校低学年のときは仲の良かった男子も、中学年にもなればセックスに夢中で俺の相手はしなくなるだろう。

誰も俺の相手をしなくなり、完全に孤立してしまう。

津山30人殺しだって、村の夜這いシステムから除害されて起きた事件だろう。もし俺がそんな田舎に生まれていたら、完全に(殺人まではしないけど

)そうなっていた。

街側の学校で育ったから、女子から一切相手にされず女友達が一人もいないモテない俺でも、男友達はどうにか作れたが、本当に山に家が無くて良かった…と戦慄しながら彼の家を出た。

ああ、そうか。また三時間かけて帰らなきゃならないのか…

ポケモンGO韓国で遊べないか

ゲーム否定的な奴は韓国人可能性が高いというロジック

ネトウヨから攻撃されるので注意されたし

ポケモンGOゲーム嫌いを克服した

私はパソコンが苦手だ。

「半/全」を押すと、入力モードが「あ」になり、その状態キーボード「a」を押すと「あ」として、画面上で文字が出てくる。

鉛筆で「あ」を書けばそのまま「あ」になる世界とは全然違う。「あ」を出すためにここまで手順を踏まなければいけない。しんどい。とにかく、機械をいじって画面の中をどうこうするのが駄目なのだ



私は皆と同じ様にゲームがやりたくて、でもやれない子供だった。

画面の中にある情報を受け取る→それを瞬時に分析して戦略を練る→ボタンの付いたモノをどうピコピコするか決める→指を動かす

ゲーム好きな人はこれを瞬時に難なくやってのけるが、私は何故か出来ない。ただこなすことで精いっぱいになってしまってゲームを楽しめずに終わってしまう。



友達の家で「大乱闘スマッシュブラザーズ」をやった時はとても辛かった。

カービィをただフワフワ浮き上がらせることはできたが、向こうが攻撃した時にどうすれば良いのか(どのボタンをどう押せばいいのか)分からなかった。なのでいつもボコボコにされていた。

ポケモン赤 も辛かった。

敵のポケモン攻撃されてHPが減る。そこでどうするか考える。その結果をボタンピコピコして反映させる。

思考を画面の中に反映させるときに毎回「ゲームボーイカーソルボタンを押す」動作邪魔をしてくることが耐えられなかった。

でも皆がやっていたので私もやった。皆がどんどん四天王を倒していく中、私はまだおつきみ山だった。

運動音痴の人がクラス遊戯をする時みたいに、ただ私一人がノロノロしてて恥ずかしかった。



大人になってできた友達は色んなゲームを教えてくれた。ピコピコしなくて良いものも教えてくれた。楽しかった。

でも、それはなんとなく「老若男女が遊べるゲーム」として開発された感があって(ほーら簡単でしょ?と言われたもの簡単にできて、楽しいか?)やりこめるものでは無かった。

イングレスお薦めされてやってみた。ピコピコしなくても良い。でも、ゲームを小さい頃からやり慣れた人たちしか楽しめない空気(今までゲームやってきたけど、たまにはこういうゲームも良いよねーっていう)がそこにはあった。




ポケモンGOリリースされた。イングレス会社が作ったという。ポケモンはいい思い出が無い。イングレスも馴染めなかった。でも一回やってみるかと思ってやってみた。

これは良い。

自分が歩けばキャラクターも歩く。何もしなくても良い。いつもみたいに指をツイーッと動かすだけでOKだし、もしポケモンを捕まえられなくてもタマゴを持って歩けば良い。歩くのは好きだ。

ジム戦でも、画面に出てくる選択肢がとても少なく迷い箸ならぬ迷い指をしなくて済む。ピコピコしなくても楽しくポケモンバトルができるのだ。全部倒さなくて良いのも気持ち的に楽だ。


一番嬉しかったのが、普段からゲームをやっている友達普通にゲームの話ができたこと。

皆、今まで私とゲームの話をする時はゲームを知らない人向けの話し方をしてくれていた。それはとてもありがたかったが少し疎外感もあった。

ポケモンGOではそんなことは無かった。普通にゲームを楽しんでいる人として話をしてくれているのを昨日初めて感じた。

ポケモン世界なのに、私はノロノロしていない。上手ではないけれど一応皆と同じ様にゲームを楽しめているのだ。なんと幸せなんだろう。



任天堂さんありがとう。ようやくポケモンが好きになれました。

思考と実行の間に「ピコピコする」が邪魔してこないやりこめるゲームを、もっと増やして下さい。お願いします。

やっぱり日本人ポケモンgo無理だったか

そもそもゲームをやってんのって電車の中とか暇な時間に何もできないクズ人間だけだろう

欧米の人たちは有意義時間の過ごし方を知ってで時間に余裕があるからポケモン号もできるけれども毎日電車に乗られている間にパズドラやモーストあるいはその他しょうもない差し上げばかやってるような奴ら

ポケモン後何かできるわけがないじゃないですかヤダー

2016-07-22

暇なのでGo用のMODを考えてた

1)子供向け安全MODプレイ中に一定速度で動く動態を検知するとゲームを一時停止し安全場所でのゲームプレイするように警告する。(公園など例外設定を出来るように)

2)GoogleMAP連携MODポケモン探しでいちいちスマホを見なくて済むようにGoogleMAPと連携して音声案内で安全に探せるように。

3)スマートウォッチ連携MODスマートウォッチレーダーを表示してポケモン探索できるように。

4)親向けのPOP制御MOD子供GoPOPGoogleMAPから制御道路や水場など危ない個所でのPOP禁止する。

つか、任天堂ってこのくらいやってくれるイメージがあったんだけど別会社になってそういう気概が薄れたのかしら?

Pokemon GOリアル妖怪ウォッチ

多分世間的には「妖怪ウォッチ」というと「よーでるよーでる」のイメージしかいから、今一度このゲーム説明する。



妖怪ウォッチ(3DSゲーム)とは

街中には人には見えない妖怪がいて、その妖怪とどんどん友達になっていくゲーム
  1. 妖怪存在確認するためには妖怪ウォッチという腕時計型端末を使う。
  2. 妖怪友達になることができたら"妖怪メダル"が貰え、妖怪ウォッチ妖怪メダルを使えば好きな時に妖怪召喚できる。
  3. 妖怪の中には特定の条件を満たすと進化・合成などができるものもいる。
  4. 妖怪友達を増やしていくとストーリーを進めていける他、集めたメダルを使って対戦ゲームを行うことができる。



もうおわかりだろうが妖怪ポケモン妖怪ウォッチスマホに置き換えればほぼこれはPokemon GOである

そもそもポケットモンスターポケモンを捕まえて集めることよりもポケモンを戦わせることに主軸を置いたゲームなので、

妖怪メダルを集めることがプレイヤーにとって最大の目的である妖怪ウォッチのほうが、

ポケモンを探し出して集める位置ゲーPokemon GOに近い存在だといえよう。




なにも任天堂がの妖怪ウォッチをパクったというようなあほなこといいたいわけじゃない。

俺がいいたいのは妖怪ウォッチちょっとした先見性だ。

妖怪ウォッチはその舞台を、主人公まりプレイヤー普段暮らす現実世界と、ゲームキャラである妖怪たちが暮らす世界を、

同一空間としながらもその階層を分け隔てていることを大きな特徴にしている。

主人公妖怪世界という物理障害に囚われない空間通信できる。これを利用してプレイヤーができることや、行動範囲をどんどん広げていくことが妖怪ウォッチ面白みであった。

そんな妖怪ウォッチシステムはVRにとても似てはいないだろうか。

現実世界にないものを端末を用いて投影し、拡張していくVRは、虚構現実世界に付加するものであって、

妖怪という超現実発見するという妖怪ウォッチのコンセプトとは逆にも見えるが、根底では驚くほどに似ている。

そもそも霊界というような超常現象バーチャル空間類似性は昔からいわれてきたことではある。例えばリングシリーズなど。

しかしながらここ2、3年における急激なVRへの注目やその高まりの一つとしてPokemon GOの登場があったことと、

妖怪ウォッチ誕生ブームは少なからず何か関係がありそうな気がしてならないのだ。

やらずに「批判するやつ」も嫌いだが、やらずに「批判するなっていうやつ」も嫌いだ

ポケモンGOについて。


私も現時点では正直つまらないと思う。私も現時点の作品面白いとは満足したくない。で、それは運営もわかってるはずだから、今つまらないことはつまらないといってもよいと思う。ああしてほしい、こうしてほしいっていうのはありでしょう。それを叶えるかどうかは運営次第だけど。

アニメで一話切り自慢する奴のようにそのゲームをろくにやらずに批判するやつは嫌いだ。でも、そのゲームをやってないのに批判に対して「批判するな」っていうやつも嫌いだ。批判というだけで聞く耳をもたない人ってなんか気持ち悪い。

長続きするゲームってなんだかんだ運営による改善がしっかりしてたり、コンテンツの追加が充実してる。

以前デレステ稼働初日に「曲が少ない」「難易度高い曲がなくて退屈」と批判してる人いたけど、この人が書いてた批判ってたぶん今ではだいたい解消されてる。

まなめ

ポケモンGOも、そうなるんじゃないかな。前身であるイングレスだって最初から今の完成度を誇っていたわけではなかったと聞く。天下の任天堂が、今の状態のままで終わりとするわけはない。






から、今の時点で面白くないとかあわないと思った人は今はやらずに、面白くなってから戻ってくればいい。現時点でpokemonGOそれ自体否定したりとか、あれこれ理由つけてやりませんってのを宣言してる人は何がしたいのかわからない。「ポケモンやったことないのでポケモンGO乗れません…」っていうならやればいいじゃん。バカじゃないの。小学生かまってちゃんかよ。










うお、なんじゃこりゃ、なんでリンク先がまなめになってんだ。

最初ブコメツッコミなかったからやっぱり最初普通文章だったよな。何があった。まなめ陰謀か。

ゲーム日記の人が生意気ポケモンGO批判たか

嫌がらせで、ニックネームを「aukusoe」にしたわ

これでてめえは、いつものIDプレイできねーんだよ

ざまあ

日本人指輪物語でいうとゴラム(スメアゴル)に似ている

日本人ゴブリンに似ているという人が多いけど実際にはゴラムに似ていると思う

陰湿なゴラム良心的なスメアゴルという感情を使い分けるのは日本人本音と建前に似てる

邪悪指輪の力に魅入られ孤独人生を歩むのはアニメゲームに夢中になる日本人そっくり

ホビットなので身長が低く 火を通さな食事を好むのも似ている

ポケモンGOまらない」と言う人に共通する3つの特徴

1. 家から出ない

 ポケストップに行けないどころかポケモンすら手に入らない。


2. 友達いない

 張り合いがない。ただのポチゲーとか言い出す。


3. コミュ力低い

 イケイ空気に流されてIngressゲーム始めた方々の末路。