「若い」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 若いとは

2017-01-24

仕事ができない新卒1年目

だいぶぼやかして書きます

昨年春に新卒大手メーカー就職しました。

そろそろ1年が経ちます

私の部署本社から出向してきた若手社員が多く、経験を積んで本社に帰るというのが一般的なのです。

仕事の多くは、コスト削減を考えたり、安全対策をしたり。

そのため、試算をして本社提案したり、設備の改造をしたり、ひとつひとつ仕事が長いし重い。

そんな仕事の進め方がわからなくてとても苦しくて辛い。

自分より年齢も経験も遥かに上の人たちを巻き込んで仕事をしていかなければならない。

そもそもどういう問題なのか?

どうやって人を集めるのか?

こんな資料でいいのか?

打ち合わせ後はどうしたらいいのか?

なにひとつからない。

もちろん先輩は聞けば教えてくれる。

でも忙しそうでいつもイライラしているように見えて話しかけづらい。

聞けばいい、聞けば話は進むのに、聞けない。

そんな私は仕事をやっているふりをして何とか時間を潰している。

何もかも自分が悪いのは分かっている。

そもそもそんなに頭が良くないし、行動力もないし、ミスが怖いし、めんどくさがりだ。

仕事がないときはどうしたらいいのか?

先輩に仕事くださいと聞けばいいのか?

そんなもん自分で考えろ、自分で探せと言われるのが怖い。

やり方や進め方を教えてくれればしっかり仕事をやる自信はある。

でも教えてくださいが言えない。

若いうちから大きな仕事ができると聞いていたが、自分には向いていなかったのかもしれない。

でもやり直すこともできない。

入社してから成長したかもわからない。

次の新入社員になにも教えられる自信がない。

でもやるしかいか明日から頑張ろうと思う。

仕事ありますかって聞いてみようと思う。

ベッドから適当に書いたし推敲もしてないからぐちゃぐちゃだ。

おやすみ

2017-01-23

ミーハーという単語語源を調べた

ミーハーとは、1927年昭和2年)に公開された松竹映画稚児の剣法』でデビューした林長二郎(後の長谷川一夫)のファンのために作られた言葉である松竹は林のデビューに当たり、当時で二万円という巨費を投入してこの美貌の俳優を売り出した。林はたちまち若い女性の間で大人気となり、彼女らが好きな「みつまめ」と「はやし長二郎大好き人間」を揶揄してできたキャッチフレーズが「ミーハー」だった。

90年前から人間性質は変わらないし進化しないのだと知って落胆よりも逆に安堵感を覚える。

これだからミーハーはと怒るよりもこの人間性質を活かして商売した方がストレス寿命が縮まないのも分かる。

今だったらパンケーキと若手俳優だろうか。

一億総白痴化(いちおくそうはくちか)とは、社会評論家大宅壮一が生み出した流行語である。「テレビというメディアは非常に低俗ものであり、テレビばかり見ていると、人間想像力思考力を低下させてしまう」という意味合い言葉である

70年前の単語のこちらも合わせて。

http://anond.hatelabo.jp/20170123170755

今まで人のフォローして来た見返りが欲しいなら辞めてはいけない

まり辞めなければならないような相手結婚してはいけない

同じ職場で働き続けるからこそ、自分妊娠しても今まで人のフォローをしてきたからという実績が認められるわけで

転職したらゼロからやり直し

転職してすぐ妊娠したらその職場では「ろくに働いてもいない癖に妊娠しやがった迷惑糞女」扱い

でも30過ぎて今更結婚延期とか妊娠延期もやりにくいよねえ



結婚相手遠距離だか転勤族だか知らないけど、そういう相手結婚する時点で

仕事を続けながら出産するのは一気に難易度高まる

それが嫌ならもっと若いうちからそういう恐れがない男を捕まえておくべきだった、って話になる



女の人生は一度ルートを誤ったらハードモードなんだよ

今日新人が1人辞めた。会社玄関前には彼に支給していた上着と携帯がひっそりと置かれていた。

携帯にはメモ書きが貼り付けられており、そこには「私は●●株式会社退職します。これから自分の夢に向かって頑張っていきます」と書いてあった。

今更もう「今頃の若いやつは…」なんて言うつもりもない。だって俺も過去にやったことあるから。(俺の場合は当時高校生バイトだったけれども…)

人を入れるのは難しい。彼なりに色々と会社判断したってことだろう。肌に合わない、給与が低い、激務…俺では計り知れない思いが彼にはあるのだろう。

人を入れるってのはギャンブルみたいなもんだな。いやおみくじだろうか。当たるも八卦当たらぬも八卦みたいにどっちに転ぶかわからない。

彼の性格がどんなもので、どんな環境暮らしてきて、どんな学校に行きどんな勉強をしてきたのか。それによって彼の人格形成され、この会社が合う合わないか判断し、結果的にこの会社は合わないって結論づけたんだな。

まぁ、色んな考え方、働き方があるし否定はしないけど、バックレ逃走は後味悪いからちゃんと言ってやめたほうがいいな。後で給与のこととか話さないといけないんだからさ。

http://anond.hatelabo.jp/20170123135211

ぶっちゃけ介護業界がそうなってると思う<「入ればバカにされる程度の無能な男女」で平等

まだ女性特に中年以上)とか田舎在住とかだとそこそこ仕事が出来ても他に仕事がないか介護に、って人もいるけど

他にもっといくらでも良い仕事がある筈の都会の若い男性介護業界に入って来るのはアレな人が相当多いとか



保育士保育士資格という障壁があるから、他から転職やす介護業界よりはマシなんだろうけど

准保育士とか言い出してるからなあ…

そうやって障壁を下げて、かつ待遇が低いままだといずれ介護と同じ事になると思う

実務経験を積んで上位資格を手に入れれば待遇がマシになる介護より悲惨になるかもしれない



…と思ったけどベビーシッター業界がそうなってるか

底辺ベビーシッターはかなりやばいと聞く

それなりの資格なり実績があって高い給料取れる人はいいけれど

http://anond.hatelabo.jp/20170123115921

医師場合だと、小児科産婦人科医局に入る若いのは女医ばかりで

男医が入るなら親がその科の開業医で継ぐからという理由がないと変な目で見られるそうで

これらは女医の方が患者のウケもいいし、開業するにも有利なのに

何でわざわざ男が(女より不利なのを分かってて)来るんだ?邪な目的があるのでは?と思われるんだろう



看護師場合男性は大抵精神科か手術室配置、

暴れる患者を取り押さえたり、重い患者身体を持ち上げたりするのは男性の方が良いため

男性看護師小児科に配置しろ!とごり押ししても、いや精神科とかも足りてないし男は患者(の親)のウケも悪いし

小児科別に男の力も要らないし…そもそも何で小児科ロリコン?ってなるわな

男性保育士就職先として障害施設が多いそうだけど、これも似たような理由だろう

そうやって住み分けてるのが現実なんだよなあ



つか男性保育士云々より、男性助産師存在意義こそ分からんのにごり押ししようとしている勢力がある方が謎

誰が得するんだそれで

実際は学校卒業しようとするだけで大変なのではとか言われてるが

助産学生長期間ある程度の人数の妊婦について実習しなければならないけど、協力してくれる妊婦がそんなに見つかるだろうか?って意味

看護師産科実習があるが、助産師より遥かに小規模の実習でも男子看護学生に協力してくれる妊婦を確保するのは大変だそう)

http://anond.hatelabo.jp/20170123094741

35に見えて55って言われたら「すごーいお若いですね!」ってヨイショしときゃいいんだよ

http://anond.hatelabo.jp/20170123094741

空気が良くなかったのは

実年齢より高め」→「風格がある、立派、頼りがいがある」

実年齢より低め」→「若い、エネルギッシュ、日常会話が年寄り臭くない」という二の句を用意してなかった可能性がある。



で、まあそういう処世術なのは抜いておいて、なんで35と思ったんだっけ?

東京タラレバ娘7巻

一番記憶に残ったのが「若い子は"ボブの切り口の厚みがすごい"」だった

面白い漫画描くだけあって観察力と言葉の使い方がスゴいと思った

2017-01-22

http://anond.hatelabo.jp/20170122201326

上物のインテリJDに生中出ししたら人生観変わったぞ。

理屈は良いからまず若い女と生でやれ。

http://anond.hatelabo.jp/20170122175115

何でセクハラする側だと信じきってるんかな

若い男性警官自分性器ヌード写真を撮らせていたおっさん上司とか度々報道されてるのに

君かて転職先で「君、童貞かね?それで後ろは処女かね?」とかねっとり聞かれたり、二人で残ってたら上司が急に脱ぎ出して写真を撮る練習するように強要とか、上司出張させられてホテルにいったらダブルの部屋とか普通にあり得るし、男は女のように長い苦難の歴史もなく訴える権利をもらってるのラッキーなのに

http://anond.hatelabo.jp/20170122145522

ツイッター若い言語学者が「エビデンス重視もポスト真理。深く考えないという意見表明だ」みたいなこと書いて顰蹙買ってたな。

不思議夫婦

ちょっと不思議夫婦をお見かけしたので。

ふと牛丼か食べたくなって近所のすき家に出かけた。割と混んでいたので、50代ぐらいのご夫婦の隣に座る。カウンター席だ。注文を済ませると素早く牛丼豚汁のセットが出てくる。

俺が昼飯を食べていると、横のご夫婦の話し声が聞こえてきた。

おじさん『○○なんてのがあるよ』

おばさん『あら、おいしそうねえ。□□はどーお?』

おじさん『なるほど。それもおいしそうだなあ』

2人『うふふ』

という感じでメニューを眺めている。

俺の昼飯が終わりかけても、ご夫婦は上のやりとりを続けている。たまに『若い人は食べるのが早いねえ』とか『早く食べたいねえ』とも話している。

何度か店員が注文を聞きに来たが

おばさん『まだ迷ってるので。もう少しと待ってくださいね

と待ってもらっていた。

こわな優柔不断な人もいるんだなあ、と思っていると、しばらくして、ご夫婦は急に立ち上がった。

お二人はレジに向かう。何事かと慌てる店員。すると、

おじさん『今日は迷ってしまって決めることができません』

おびさん『ごめんなさいねえ。きちんと決めたらまた来ます

と言い残してお二人は帰っていった。

普通に考えると迷惑な客なのだが、なんだか妙なほんわかした空気になった。店員も『そうですかあ。また来てくださいね』と笑顔対応している。

どうも悪気はないらしい。お二人揃って天然というか。店員も抜けているというか。なんとも不思議なご夫婦に遭遇し、俺は肩の力が抜けた。今日の午後はのんびり温泉にでも行こう、と今考えている。

http://anond.hatelabo.jp/20170122125621

女性人生が山あり谷あり型で、男性はずっと平坦型なんだよ。

若い時にさんざん若さボーナスで恵まれ人生を送っておきながら、

後になって辛くなったか女性のほうが圧倒的につらいというのは、我が儘にしか見えないよ。

女性の方が圧倒的に辛いと思う

男はキモくて金がないならモテないけど、

金があるかそれなりにキモくなければ中年以降もチャンスある

女はキレイでも金があっても、35過ぎたら(よほど特別価値がない限り)完全需要なし。

少なくとも条件のいい男は35以上の女は結婚相手として絶対に選ばない。辛いじゃん。

誰でも歳は取るけど、少なくとも収入努力余地がある。



新婚さんいらっしゃい』観てても、男>女の格差婚はザラにある。

介護職のアラフォーハゲ気味キモ男が20代の地味女(優しそう)と普通に結婚してる。

でも、女>男の格差婚は稀だし、たまにあっても男が軽い地雷キチガイ系。



男はモテない男という存在社会認知されてるから

たとえ結婚しなくても色んな代替品が用意され、ある程度は快適に暮らせる。

女はなぜか結婚してないというだけで疎まれ非難される。

中年独身女性の居場所都心にでさえ少ない。

あと、女は若いとき焦って変なのと結婚したとしたら、

別れて再婚しようとしても35過ぎてたら下方婚しかない。

シンママになってたらマジで人生詰む。




ああ、圧倒的に女の方が辛い。

もう一回レールに戻るのが怖い

すごく抽象的な表現でアレだが、もう一度順当なレールに戻るが怖い。

自分大学受験に失敗してそのままフリーターをやってたんだけど、一念発起してかなり遅れて大学に入った。

もちろんあまり頭も良くなかったので私立大学ギリギリ受かったのでそこに入った。

もともと内気であって人見知りかつコミュ障自分は、大学ではもちろんそんな経歴は恥ずかしいので隠していたし

若い人たちが集まって何かをするという点で自分対象外であると感じサークルもやらずにひとりでいることを多くしていた。

そんななかもうすぐ就活という時期になってきた。

上でも書いたが自分大学受験に失敗した後ふてくされフリーターをやっていたため、初めての就活になる。

フリーターから大学生になったときも感じたことだが、一回レールを外れて軌道修正をしようとしている自分がとても恥ずかしいし怖い。

自分の歳が歳なので、就活に対してデメリットしかないというのもわかっている。その歳まで仕事もせずフラフラしていた人間など自分はやはり不審に思うからである

そのため、人より早く動き出さないと行けないのはわかっているのだが、希望もなくまた希望を持つような資格も持ってないと思っているため、なにも就活に対してしていることがない。

なんなら自分などなにもせず、自分より若い人が一人でも多く取られるようになって欲しいとも思っている。

自分仕事をしないと生活もできないが、フリーターでもやっていけていた時期もあった。けれどそれは歳をとっていくときついということもわかっている。

だけれど、ダメ人間能力もなく経歴的にも不審な点が多く残る自分が、なんとか一般人になろうとしていることがとてつもなく、申し訳なく恥ずかしいのである

どうしたら良いのだろうか。

http://anond.hatelabo.jp/20170122100303

男の萌え豚は、2次元世界でも若い(新しい)作品の嫁が好きってことなんだろうか。。。

http://anond.hatelabo.jp/20170121203857

ブコメ

http://b.hatena.ne.jp/entry/316987564/comment/xbs2r

なんか最近この手の無理して理解してやらんとす層多くない?流行ってるの?


http://b.hatena.ne.jp/entry/316987564/comment/Palantir

流行ってるから理解しようってのが理解できない


いまのナウなヤングちょっとトシとったくらいの人って、老害社会的悪行に迷惑辟易絶望しているので、「自身老害になってしまう」ことを恐れているんだと思うのよね。

から、なんか若いモンの間で流行ってることをそれなりに理解したり乗っておかないと、自身がその老害になってしまうという危惧があるんじゃないのかな。

ワイがまさにそうだし。




まあワイもFate東方もみなきゃなーと思いながら見れてないし、

ラブライブは見たけどクソという感想しかなかったけど・・。やっぱ老害なのかなー

http://anond.hatelabo.jp/20170107014234

自分で書いた増田記事を眺めてた

5年以上前記事を読んでると、若いなー自分ってちょっと気恥づかしくなる。

はてブ数が500越えしてるのが1つあった

ヒトカラの季節

ヒトカラという趣味を見つけてからもうすでに15年以上は過ぎた。

もともと歌を歌うのは好きなので、同僚たちと二次会でご相伴することはあったが、高音域になる度に鶏を絞め殺したような声になり笑いを買うのに嫌気がさし、1人で行くことを思い立った。

それがヒトカラを始めたキッカケだった。

だが当時はカラオケは皆でワイワイやるものというのが常識時代。まだまだ他の客の視線は痛かった。

気兼ねなくマイナーな曲を与えることや、あくま雰囲気だけだが歌手勝手になりきる快感を覚えてからヒトカラは週末の夜の習慣になった。

それとともに、痛い視線にも慣れる鈍感力を身につけた。

1人で通っても、やはり一晩に何羽もの鶏をつぶす日々だったが、あるとき音程コントロールする機能を知ってから犠牲になる鶏は減った。

それから研究を重ね、曲のバリエーションを格段に増やしていった。

いまは、人前で歌うときは出来るだけ皆が知っていてノリやすもの、かつ短いものにしている。少なくとも間奏や前奏があるものは、極力避けるようにしている。

インストゥルメンタルが長いと間が持たないし、無駄に気を遣わせてしまう。ぎこちない踊りを見せるのもそれはそれでアイスブレイクにはなるが、長過ぎはダレてしまう。

ゴダイゴ銀河鉄道のようなサビをしつこく繰り返す曲も、気心知れた面子でないと選びにくい。リズミカルに盛り上がってサクッと終わる曲が無難だ。


時間ぶっ通しで歌える程度にはレパートリーがあるので、チョイスに季節感を織り込んだりもする。

もちろんメジャー流行曲も織りまぜる。星野源の恋は、皆ダンスに気を取られているせいか、平均点が異様に低く、自分のような凡庸素人でも相当上位に食い込めるのは意外だった。



それでも、やっぱりヒトカラが一番落ち着く。

自分ちょっとクサい歌が好き。ゆず嗚呼青春の日々とか、ケミストリーのUsとか最高だ。

ミスチルの I'll be の中の

人生フリースタイル 孤独でも忍耐 笑いたがる人にはキスを」

という歌詞には何度救われたか知れない。

でも野狐禅ボーカルの人の、若いのを呼びつけるみたいな歌を同僚が半狂乱で絶唱していたときは少し引いてしまったし、やっぱり人前で説教ソングは頂けない。



甲斐もなくマジ恋をして失恋したときはそれテーマの曲でも歌えば気が紛れるかと思ったが全く逆効果で、失恋ソングというものはその体験最中にいる者に向けたものではなく、恋に恋焦がれるものへのお遊びでしか無いのだと実感し、マイクを通して作曲家に泣きながら怨嗟を送ったものだ。

その時は嵐のTrablemakerが抜群にメンタル復調に効果を発揮し、同じ曲を振付も交えヘビロテしてやり過ごした。あの曲の歌詞には人のテンションを上げる工夫が随所に織り込まれていて素晴らしい。失恋特効薬と言って良い。


最近は、ガイドボーカル入りがお気に入りだ。エアーデュエットハーモニーパート開拓に余念がない。

曲のチョイスももっぱら履歴から選ぶようにし、時代に乗り遅れないようにもしているが、全く未知のアニソンが多勢を占める現状には潮目の変化も感じている。何より、自分のような内気者の暗い趣味であったヒトカラがここまで市民権を得てしまった時代の変遷に戸惑いも覚えている。


はいえ歌うことは大好きだ。いずれ妻をめとるまで、当面やめるつもりはない。

2017-01-21

俺氏 川上未映子という奴が心底嫌い [多分]

【第1回】わたしは「ソバアレルギー。食べたら死ぬかも。言葉もっと大切に!

 

この記事川上未映子 「主人」という言葉が心底嫌い [PR] | 川上未映子のびんづめ日記2 | 日経DUALについての話なんだけど、

初めて名前を知ったけど俺こいつ嫌いだ。

言葉を大切にとか言ってるくせにアレルギーを食い物嫌いの類語程度に扱いやがった!

 

アレルギー好き嫌いとは無関係に原因物質免疫が過剰に反応して各種の炎症反応を誘発し、

軽ければ花粉症的症状やかゆみや腫れを引き起こす程度だが、酷ければショック症状で死に至ることがある。

なのに世間にはアレルギー好き嫌い程度に考えてる人がまだいるじゃないか

芥川賞作家かい権威背負ってる人でもそういう言葉の使い方するんだから困ったものだ。

はてなブックマーカーもそういうところ指摘してほしい。

 

 

あとは些細なことなだけど…

次の一文から無知の知から来る謙虚さがないなーと思いました。事情も考え方も人それぞれ。まずは話し合ってみなよ。

たとえば自分の妻のことを嬉しそうに「嫁」と言った瞬間、わたしのなかでその男作家の知性は最低ランクさらに枠外に落ちて、金輪際、まともに話を聞く気も失せる

知的権威がこういう勝手判断基準で格付けやら断罪をするんだからたまったもんじゃいね

そりゃこういうのに嫌気がさしてネトウヨがのさばったりトランプが勝つわけだよ。

配慮の足りない人だけど若いなら仕方ないなーと思ってプロフィールみたら40歳やないか…。

 

他にも次の一文からこの人やばいなーと思いました。

「ある言葉」を耳にすると眉間に皺が寄り、体じゅうにかっと血がめぐり、のち死んだ魚の目になって脱力する、という具合になってきて、どうしたものかと今日もフレシネを飲みながら考えた。

文学的な過剰表現と言うやつかもしれんけど、これブコメによく書かれてるあれだろ?

プリントアウトしてお医者さんに持ってけってやつ。

 

そういえば引用元記事はフレシネかいワイン広告なんだよね。

そのシチュエーションだと凄く酒が不味くなると思うんですけど…。

こんな広告を許しちゃうサントリーの懐の大きさ(?)に乾杯

精神不安定な人がヤケ酒に走ってからアルコール依存とか想像した自分が考えすぎなだけだ。多分。

 

なんか書いたらすっきりした。ゴメン訂正する。

心底嫌いというほどじゃないや。多分一週間もしたら忘れる。

よしもとばななの域には達していないと思う。

http://anond.hatelabo.jp/20170121220211

この増田みたいに、若いくせにナチュラル若大将ネタをブッ込める女と付き合いたいんだが、どうやって出会えばいいんだ?

絵本無料公開するべき時代突入した、してしまった

インターネットが発達して音楽はほぼ無料になった。

自分自身CDを前に買ったのは10年以上前だ。

今後も1000円出して1、2曲を買うつもりはない。

youtubeで聞ければまぁいいや、と思う。

アーティストは食べていけてなさそうだ・・・

ライブ集客力がある人はギリギリか?

それでも食い扶持は圧倒的に減ってるんだろうな。

ライブお金を払う人たちがいるから、youtube無料音楽が聞けるということなんだろう。


アニメ無料放送しているのでブルーレイを買ったことはない。

録画して見終わってそれで終わり。

高いし。

その高いお金を出してる人が極僅かにいるからこそ、その他大勢の人はアニメ無料で見れるんだろう。


今気づいたけど、ソシャゲも同じシステムだ。

課金勢と呼ばれる人たちが、たくさんのお金を落とすから

課金をしない人でもある程度ゲームを楽しめる。


もうあらゆるコンテンツがそういう時代突入している。

お金を持っていてすごくすごくそコンテンツが好きな少数の人だけがお金を払う。

他の人は無料でサラッと楽しむ。


背景には収入格差の広がりなども関係していそうだ。



絵本ライブ体験価値)はない。

では絵本を紙で買う価値とは何か?

そこに新しい付加価値をつけないと厳しいだろう。

アニメブルーレイにはイベント体験価値)のチケットがついてたりするらしい。

ソシャゲ課金すると良いアイテムが手に入ったり、早く強くなれたりするんだろう。


紙の本が好き、という人はまだ結構いると思う。

そこに価値見出している人が、電子でなく紙で本を買っている。

少なくともCDという媒体が好き、という人よりは多いはず。なので電子書籍の普及がここまで遅れている。

紙の本が好き、という人は今後減ってくるだろう。

電子化に抵抗のまったくない若い世代お金を使うようになるからだ。

「紙の本を所有している」ということ自体価値が下がっていく。

媒体である、ということ以外で絵本価値を上げる必要がある。


付加価値可能性を探らないと、今後無料公開の絵本が増えて、きっとどんどん絵本業界が衰退していく。

多分あの人がやらなくてもいずれ誰かがやっていた。


安易絵本握手券をつけるようなことは避けてほしいと思うけど

どうなるんだろうなぁ

おっ、相変わらずはてな民職業差別ネットリンチしてる

https://twitter.com/matimura/status/822227939882319872

はてなブックマーク - 町村泰貴さんのツイート: "地裁の意見交換会に参加した女性教員(57)は「被告を加害者と言い換えれば、若い裁判員も理解しやすいのではないか」と提案した。 被告人を加害者と言い

教員というバカ職業から」という差別意識を惜しげもなく披露

そして一度過ちを犯したと判定するや否や、自殺しても許さないとばかりの勢いで叩きまくってるw

これ名前書いてあったらマジで追い込みかけて、ネットで叩かれまくって社会的に殺されてただろうな。おー怖い。

推定無罪うんぬんの前に、その間違いを犯したものにはリンチしても良いという姿勢を改めろよw

はてな民「この教員冤罪にかけてやれよw」とまで言い出す始末…。えっ…やばくない?その小学生みたいな目には目を理論やばくない?間違いを犯したものへのリンチする度合いのタガが外れすぎだろ…。

よく「「不良が厚生したメソッド」は一見いい話だが騙されない!」というネットの雑な認識に乗っかったりして、過ちを犯したものに更生の機会を全く与えない上に死ぬまで石を投げ続けてるし、間違いを犯した者への対応に関してははてな民民度って中世レベルなのかな?

犯罪者は一生犯罪者」「一度間違いを犯したものはいくら叩いてもいい」というネットの野蛮な風習には全力で乗っかって道徳規範を語るはてな民

啓蒙方法や本気で認識を改めさせるならばどうすればいいかということは一切考えておらず、間違いを犯したものをとりあえずリンチ出来れば満足なんだろうな、こいつら。

リンチ他人矯正ってw体罰肯定するやつと何が違うの?wはてな民も吊し上げやってるじゃんw

これで正義面してるのが笑える。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん