「人格」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 人格とは

2016-07-28

http://anond.hatelabo.jp/20160728222513

「良い」ではなく「良識派」だから、おおむね普遍的基準があると言えるだろう。

いたずらに対立を煽ったり、人格批判したり、言葉尻を取って問題すり替えたり、頭ごなしの批判をしたりせず、

理路整然と落ち着いた語り口で、相手立場理解しつつ想像力豊かに物事を論じられる。

そういう印象が私の中の「良識派」で、他の人の印象もそう違うものではないと思うけれど。

独身は生きがいがないと思っている増田の、追・追記を見た感想

タイトル言葉遣い下品で誤解を与えたんですかね

違うのではないかと思います増田が考えている「他者像」が薄っぺらすぎるので炎上しているのではないでしょうか。



>ご飯が美味しかったり、夕焼けがきれいだったり、ピカチュウ捕まえたり、アイスのくじが当たりだったり、出世したり、海外出張がうまくいったり、転職成功したり、素敵なタワマンに引っ越せたり、大から小まで幸せって

>例えば病気とか、親戚や親の不幸とか、仕事残業連日で辛いぜ~とか、今日カンファレンスはうまく発言できなかったな~とか

薄っぺらいですね。

そういった極めて具体的で、他者との比較優位しか幸せや不幸を語れないことを、個人的はいい年して少し恥ずかしい人だな、と感じます

更に言えば、薄っぺら幸福像・不幸像しかない者が、他人に「私にとってあなたステータスだと辛いんだけど、生きがいってあるの?」と聞くのは、個人的には、相当不遜だなとも思います



>ましてや結婚してない人が不幸だなんて一言も言ってない

言っていますね。

私的には一人で生きていくのって結構大変で、だから独身の人って結構辛いんじゃないかなって想像する

言っています。辛いと想像していると。



邪推邪推を重ねますが、恐らく、未婚のご友人に聞いて、はかばかしい返事が得られなかったことなども影響して

自分アイデンティティ立脚点自分自身の中にないことに不安を抱いた結果の、他者への攻撃的な発露につながっている可能性がありませんか?

一方で、ご友人方が、ひょっとして能天気自分薄っぺら価値観押し付け増田イラッとして

攻撃的に「別に結婚が生きがいのすべてとか思わねーし」と言いかえされている可能性もあります

未婚のご友人方に、ストレスをぶつけられているのかもしれませんが、そのストレス源になってる自覚も、同時にしておいた方が良いでしょう。



総合すると、やはり、人格が未熟で責任無自覚だなぁという印象です。

このままだと、本当に「家族にべったり依存する毒親」になる可能性がそこそこあるかもしれませんね。

お前、離婚する可能だってゼロじゃないのに、大丈夫か?と言っておきます。あえて死別可能性については申し上げませんが。って言っちゃったけどね。

http://anond.hatelabo.jp/20160728000910

http://anond.hatelabo.jp/20160728000910

追記を見て、他律的な人生なのねと。

自分人生自分責任でやろう、という意識が低いんだろう、ということと、それに関して無自覚なんだなと思った。

そして、自分に対して無責任であることに、無意識無自覚からこそ

他者攻撃する一方で自分への攻撃忌避したいという、矛盾を平気で併存させることができる。



多くの人は、増田と同様、誰かを存在意義にして生活している。多くの場合配偶者や子が存在意義になる。要するに増田はごく普通の人だ。

一方で、自分存在意義を、血縁人間以外にしている人だって少なくない。

友人だったりペットだったり、他人だったり(社会活動家なんかはこのジャンル)、モノ・コト(趣味とか)だったり。

更に一方で、自分存在意義を、自分自身の中に探すことができる人もいる。芸術家とか。



自分存在意義見出し方が、どういう方法であれ、上下関係はない。

自律的であれば偉いわけでも立派な訳でも全くないし、他律的で家族第一であれば善良なわけでもない(増田が他害的な発言無意識にせよしてしまったように)。

拙いのは、自分と違う方法の人を、理解しない態度だと思うよ。

無自覚である人が陥りがちなんだけど、子供が生まれた時に、自分子供人格を、切り離して考えられなくならないようにね。

anond:20160727125509

http://rodosoudan.net/blog-entry-53.html

従業員ミスがあった場合損害賠償額について取り決めをしておくことは労働基準法禁止されており(労働基準法16条)」

違法違法やで。クソブラック経営者がなにをしようと大学の話とは関係ない。

ついでにhttp://watto.hatenablog.com/entry/2016/07/27/230000 

この程度でもやっぱり不合理は不合理。

 

もう一ついうと20万円って研究からするとそんな高くないんだよ。

ものによっては試薬一瓶とか、「大きめな機械を一回、自分試料のために稼働させてもらう権利」だけでそのくらいかかる。

きみなんか研究室入ったら怖くて右手一つ挙げられないやろな。

まあ再発は防止せんとあかんけど

(そのR?やらS?やらは今後まともな研究にたずさわらせてもらえんで、

干され、論文かけんかもしれんというリスクは当然ある、

それも状況やら人格をみて教授判断することで外部がこうしろはいえない)

アルバイトであくせくしとるきみらと理系とは、世界ちゃうねん。

マウスが怖くてプラスミド触れるかとか、まあいろいろ怖がってては進まないんやけど。

小保方ショックが世間に傷を残すだろうっていわれたとおりの萎縮を見たわ。

というか萎縮が世間なのか。

 

そのうち若い人は医者も怖くてかかれへんってなるんやなー。

2016-07-27

あくま友達の話です。私の友達の話。私の友達の。。。

アラサー女友達結婚焦ってト○アンナとか、ぱ○りことかの恋愛婚活ブログ真に受けて

「卑屈にならずに素直」に婚活した結果、確かに結婚できたんだけど、そのあとスピード離婚したので、

「ああ、結局、結婚自体目的婚活なんて不毛だよね」と実感した。



あなたには時間がないんですー! プライド常識に縛られるの禁止結果オーライ!」って煽られて、

複数男性と並行して交際して、結局交際半年同棲なし)で結婚とか悪手すぎる。

結局、並行した交際がバレて、結婚しなかった方の男性陣と色々揉めて、結婚した相手の方がドン引きして破局

ね、バカじゃない? 最初からこうなるって気づかなかったのかな?

結婚詐欺まがいということで元交際男性たち集団民事で訴えてこられたらしいよ。人生で最大の恐怖だったってさ)



そりゃ相手男性だってあなた人生かけてたんだよ。両天秤どころか、4人と同時交際とか平成の毒婦じゃん。

残り時間がないのを言い訳に、相手男性人格尊厳無視するような行為をした報いだよ。



とにかく、あの手の小利口な婚活を推奨するブログって、無責任に人を煽り立てるだけ煽り立てて、

何か問題が起きたらたぶん「そうやって他人社会のせいに(以下略)」と説教ぶちかましてくるんだろうし、

ちょっとした新興宗教みたいなものだよね。みんなで婚活!とか、統一教会かよって話。



あくま女友達の話だから自分が熱くなる必要はないんだけどね。あくま友達の話ね。友達の。

子あり既婚者男の立場非モテを考える

何か非モテって自分たち社会底辺とか、食物連鎖の一番下とか思ってるみたいだけど、

現実のところ、承認欲求を満たせるかどうかはともかく、子育て負担なしに生きてるって

ちょっとした貴族特権階級みたいなもんだと思うけどな。

貧困低所得結婚できない層は別問題だ。あれは社会問題一種だと思う)



非モテというか、全く女性と縁のない男性層が目立つようになったのは、

もちろん、女性の側にもかなり強力な拒否権が認められるようになったからに違いない。

それは女性自由が拡大した証拠だし、社会進歩だと言える。基本的に良いことだ。

同時に、昔は男女ともに強制的に家庭を気付かされてわけで、男にも子作りの拒否権なかったんだよ。

江戸時代の文献にも、明治大正でも、高度成長期昭和時代であっても、

「家庭から逃げ続ける既婚男」の存在確認できるのは、そういうことなんだ。拒否権がなかったんだよ。

仏門に入るなら別だが、それは武家とか特権階級しか許されていない)



からある意味、「中高年で子なしの独身者」の存在普通に許容されている時点で、

男性自由も拡大した、と肯定的に見ることもできる。

子なし高齢独身者を悪く言う人もいるが、それはその本人の考え方に過ぎないし、現実的に何の影響力もない。←大事



こんなに世の中が自由面白い時代なのに、正直、恋愛結婚

子育てのチャンスに恵まれいくらいで自分卑下したり、人生を諦めたり、社会攻撃するのはもったいない

現代日本は確実に男性にも生きやすい国になっているよ。ちゃんとその自由を謳歌すればいい。

恋愛したことない人は人格が劣っている」なんて思う奴がいたら、そいつらこそが劣った人格の持ち主なだけだよ。



ちなみに、自分結婚したのは、学生時代に気の合うパートーナーと出会たからだけど、

自分自身特別モテるための努力をしたわけでもない(昔から妻に見た目に清潔感がないと怒られている)し、

たまたま同じ目標を共有した現在の妻と出会わなかったら、多分結婚することもなかっただろう。

自分基本的恋愛にも結婚にも子育てにも興味はなかったし、今も昔も妻とは恋人というより親友って感じだ。

流行りのセックスレス問題でいれば、付き合い始め以外はずっとレスだ。妻は大卒直後に出産した)



ところで、たとえ非モテやら中年童貞やらを現実バカにする奴がいるとしても、実はそういうのって

そいつらが「何かをバカしないと精神が保っていられない」ほど屈折した負の感情を引きずっている証拠にすぎないんだよ。

目を合わせたらアカン連中だ。学校と違って世の中は閉鎖環境じゃないから、そういう連中はいくらでも避けられる。

付き合うメリットのない面倒な人の相手するほど慈善精神に溢れていないなら、素直に距離を置いた方がいい。




そもそも、どんな人間であっても、「自分より劣っている」と判断した対象非難することで、

自分の弱さや苦悩や直面している問題から一時的に逃避して、全能感に浸りたくなる瞬間があるだけなんだよ。

から、そういう連中の公開オナニーに付きやってやる必要はない。

まあ、傷ついているふりして、実は傷つけられるのが好きな隠れドMでもないならな。

相模原市障害者施設刺殺事件 容疑者謝罪したい」

相模原市障害者施設刺殺事件 容疑者謝罪したい」

あっけなかったな。

やっぱり"ただの狂った"ネトウヨか。

 

相模原殺傷職員縛り襲撃 容疑者「遺族に謝罪したい」

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG27H36_X20C16A7MM0000/

 

本物の確信犯なら、一人一殺の元祖右翼のように

目的を遂げても遂げなくても

行動後に自殺して果てるのがセオリーだが

奴はそうした気高い志とは無縁で

ネトウヨ的言説に翻弄され感化されまくって

薬の力を借りて暴力快楽に溺れただけの愚かな奴だった。

 

"狂った"ネトウヨを利用する巨悪

社会的意味で奴は死んだと解釈するなら

奴の暴力行為ある意味自殺行為であるから

右翼的心情と共通するところがあるのかもしれないが、

だとすればなおさら、そういう右翼的心情を利用して

政治権力を集めてきた

小池百合子のような“自民党ネトサポ”の親玉連中は

本当に罪深い連中だと言わざるを得ない。

 

障がい者大量殺害相模原事件容疑者ネトウヨ安倍首相百田尚樹橋下徹、Kギルバートらをフォロー

http://lite-ra.com/2016/07/post-2447.html

そもそも、今回の事件に関しては、「容疑者ネトウヨ」というほうがまだ事実に近いのではないか

たとえば、容疑者ツイッターフォローしていた有名人を見てみると、安倍晋三百田尚樹橋下徹中山成彬テキサス親父日本事務局ケント・ギルバート上念司西村幸祐つるの剛士高須克弥村西とおると、ネトウヨが好みそうな極右政治家文化人がずらりと並んでいる。

また、その中身も、最近右派発言が目立つ村西とおるの「米軍沖縄駐留平和に大きく貢献している、米軍がいればこその安心なのです」という発言リツイートしたり、「在日恐い」「翁長知事ハゲ野郎って伝えて!!」といった、ネトウヨ志向かいま見えるツイート散見される。

  

奴は、自民党J-NSC(自民党ネットサポーターズクラブ)にいた

という説もある。真偽はわからない。

だが、自民党J-NSCが奴のようなネトウヨサポーターを利用し

歓迎していたのは事実だろう。

事件を起こす前までは。

  

ナチスのT4と自民党のT2

奴は「障害者なんていなくなればいい」と言っていた。

奴の考えはナチス優生学と通じるところがある。

 

かつてドイツ第三帝国は、

「生きるに値しない命」というナチスイデオロギーによって

殺害する安楽死政策「T4作戦」を実行し

少なくとも知的障碍者身体障碍者など20万人を殺害して殺した。

 

T4作戦

https://ja.wikipedia.org/wiki/T4%E4%BD%9C%E6%88%A6

生きるに値しない命

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%81%AB%E5%80%A4%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%84%E7%94%9F%E5%91%BD

 

そういう意味で言うなら、奴は

ナチス的な心情にも感化されていたとも言える。

  

ちなみに「ナチスに学べ」と言っていた麻生太郎所属である自民党

Twitterブログ書き込みなどを24時間監視

自民党に不利な情報があれば管理人削除要請をすることを

専門の仕事とする世論操作組織

ネット対策特別チーム Truth Team」を作り、現在運用しているが

その略称は彼らの組織内部で「T2」と呼ばれている。

アベ自民幹部連中は

謝罪したい」と謝意を表明した相模原市障害者施設刺殺事件容疑者よりも

はるかナチスをよく学んでいる(笑)

 

アベ自民に反対する人間は生きるに値しない・・・

彼らはおそらく本気でそう思っているし

合法的に」死んでもらう方法も考えているだろう。

そして近い将来それを実行するだけの政治力が今の彼らにはある。

 

恐れるべきは狂った権力者

相模原市障害者施設刺殺事件容疑者

大量殺人はいたかだか19人しか殺していない。

一方、ナチス20万人を殺した。

恐るべきは狂ったネトウヨではなく狂った権力者だ。

 

障がい者抹殺思想相模原事件容疑者だけじゃない! 石原慎太郎も「安楽死発言ネットでは「障がい者不要論」が跋扈

http://lite-ra.com/2016/07/post-2449.html

戦後最悪レベルのとんでもない凶悪事件だけに、容疑者の異常性に注目が集まるが、残念ながら容疑者の“弱者排除すべし”という主張は現在日本社会において決して特殊ものではない。

石原慎太郎は、都知事就任したばかりの1999年9月障がい者施設を訪れ、こんな発言をした。

「ああいう人ってのは人格があるのかね」

絶対よくならない、自分がだれだか分からない、人間として生まれてきたけれどああい障害で、ああいう状況になって……」

「おそらく西洋人なんか切り捨てちゃうんじゃないかと思う」

「ああい問題って安楽死なんかにつながるんじゃないかという気がする」

 ほとんど植松容疑者の言っていることと大差ない。舛添のセコい問題などより、こういった石原差別発言のほうがよほど都知事としての資質を疑いたくなる。しかし、当時この発言問題視する報道は多少あったものの、そこまで重大視されることはなく、その後、4期13年にわたって都民石原都知事に選び続けた。

障がい者は生きていても意味がない」「障がい者迷惑だ」「障がい者税金がかかる」

 これらは基本的ナチスの重度障害者を本当に抹殺していったナチスドイツ政策ベースになった優生学思想と同じものだ。

小池百合子日本会議会長らと「東京核ミサイル配備」をぶちあげていた! 小池は「東京トランプ」になる?

http://lite-ra.com/2016/07/post-2438.html

 

 

母親キャバ譲だと絶対人格歪むよなあ

もちろん生活苦からとかやむにやまれぬとかなら分かるけど

いやそれでも人格形成に多少ゆがみが産まれると思う

からハーレム重婚合法化しよう!

2016-07-26

さすがに人ゴミ歩きタバコ吸う人は人格疑っちゃうなぁ

人がいないところならまあ分かるけど

相模原 障害者施設 事件動機

現時点で知れる情報概要だけだが、まぁいずれこんなことが起きるだろうと予想はできていた。

動機面がそんなに不思議だろうか?

介護や補助ってのは大変な仕事だ。

どれほど不条理な態度に対しても自分を殺して応じなきゃならない。

人格と引き換えに金を得ていると言える。

仕事なんだから当たり前だろうか?

割りきって淡々と働いていればよかった?

そうなんだろう。

対象をモノのように扱えれば楽だ。

だが、たいして金にもならない仕事に誠意をもって向きあえと世間は強いてくる。

額面通りに受け取る人間がいればこういう事件を起こす奴にもなる。

真面目なほど心を壊すことになる。

これを問題視せず適当にやってきた結果この構造に行きついた。

今回の件は現代社会において当然の帰結だ。

犯人スマホにはポケモンGOインストールされており、こういうゲーム凶悪人格形成する可能性についてうんぬん」という未来は来ない。

2016-07-25

ブログの利点

自分の思ったことを記事にすればストレスの発散になる。

読んでくれる人が多いと承認欲求も満たされる。

常識とは違う意見だったり、人格が疑われる記事を書けば炎上してしまうが、それがPVにつながりお金にもなる。

意図と違い炎上しても、俺の手のひらで踊るやつらwと嘲笑うこともできる。

 

批難されてもされなくても、書き手メリットがあるのがブログ

あみんなも始めよう。

2016-07-23

幸福がわからない

「飯食ってくか。魚買ってくるわ」

お湯を沸かしてお茶を入れて、冷蔵庫で冷やした上で氷を入れる。近くの海でとれた魚をおろし刺身にするなりして、茗荷とすりおろし生姜醤油に、お茶碗 1/3 くらいの白飯と香の物で食事をする。できれば、家族や来客にも、同じように質素料理でぶっきらぼうにもてなす。

私は上場企業経営 xx 年目になるサラリーマン経営者だ。東京のど真ん中で働き、オフィスから徒歩 5 分の場所家族暮らしている。四半期の売上進捗が思わしくないだの、誰それが辞めると言っているだの、どこそこの部門空気が悪いだの、どれだけ頑張っても、寝る寸前まで自分まとわりつく焦燥感。具体的な内容を思い出せないほど数が多く、ただただそれら事実の寄せ集めが名も無き不穏となって後頭部にはりついている。

自分人生自分が何を求めているのか、理解できないことは不幸だ。不鮮明な希望輪郭をなぞってみても、それが実際にどのような形をしているのか、想像も及ばない。その形に、一般的欲望帰結を仮説として当てはめてみたところで、違和感けが残る。西麻布ラウンジや高級ブランド、美しい異性や異国の風景にどれだけ金銭時間を投じても、TwitterInstagramキラキラアカウントのようにシンプル幸福への最短距離を走ることができるわけではない。なんならキラキラアカウントたちも、当人希求する毎日を、インターネットアカウントという時間軸をぶつ切りにしたパラパラ漫画のような、仮想的な人格投影しているのだろう。

人生幸福について考える際のパラドクスは、このタイムライン化にあると思う。冒頭の段落は、私が考える幸福を具体的なシーンとして描写したものだ。それだけ読むと、ああいいな、と共感してくれる人もいるだろう。しか現実には、このような丁寧で質素生活は、2, 3 日で飽きるのだろうし、日々の一瞬を、最高到達点で切り出して静止させ、その画像のような人生に満足感を得る意味はない。画像画像の間こそ生活であり、人生からだ。

1 日に 1 回あるかないかの一瞬のピークをパラパラ漫画化して、数万枚アップロードされた Instagram のような何かが、お前の人生だった、というのはどうも侘しいのではないか

それでも私は、人生における幸福画像として想像することをやめられない。その 1 秒以外の 23 時間 59 分 59 秒を無視しなければ、脳みそ計算機オーバーヒートしてしまう。どうやら私はいつまでも、自分が求める日々を理解できそうにない。

[]

今回はやわらかスピリッツ

ダンジョンほとりの宿屋の親父

それにしても、宿屋の親父の言葉遣い荒いよなあ。

気持ち若いというか、周りの奴らの人格がアレだから必然的にああなっちゃうんかね。

オチが惨いな……あそこまでされて帰ってくる棟梁も大概だが。

というか、そもそも棟梁が生きて帰ってこない可能性もあっただろうに、それだと酒場自体ができなかったんだが、そこまで考えていたのだろうか。



咲いたコスモス コスモス咲いた 第1話

新連載。

男女が放課後勉強というシチュエーションを、コメディ色強めで描いていく感じの漫画なのかな。

各話ごとに取り入れられるエキセントリック勉強法が、妙なフェティシズムを感じ取らせるわけね。

特筆して絵が上手いわけでも書き込まれているわけでもないけれど、「ココ!」ってところはしっかり描いていて、ツボは押さえている。

まあ、毒っけもないから軽い心持ちで読めるし、今後も読んでいこうかな(感想書くかはともかく)。



世界は優しさで溢れている 第10

服の捨て時って、まあ悩むよなあ。

使い捨てとして考えると、服はあまり安いモノではないし。

あと、何をしているか訊ねられたときのおじさんのキョドっりぷりよ。

他人に訊ねられるとバツが悪いことって、体のいい話を用意しとくものなのかもしれないけれども、なぜか用意していない人多いよね。

仮に用意していても、そのテの話をすることに不慣れだったり内容とかに後ろめたさがあると、不器用な人はどうしても不自然になりがちだし。

まあ、そういうことをスラスラと話せるような人を尊敬するかといわれれば、正直なんともいえないけれども。



能力JK成毛川さん 第10

今回は新キャラ登場。

で、やっぱりこの人も妖怪だったと。

というか人間キャラ、今のところ里中くんだけだが。

この漫画登場人物妖怪比率がやたらと多いんだけれども、設定的にもかなりの数いるんだろうか。

で、ラブコメとかの男子特有の「変なところで善良」なのが発揮されて、また知らない間にフラグがたっていくと。

それにしても、、今回出た妖怪は音や姿は消せても、匂いは消せないのか。

自分自身匂いに対しては鈍感になりがちだけれども、多少気を使っても「人の匂い」ってするからね(臭いとかそういうことじゃなくて)。

ましてや、自分の部屋だったらなお更、そういう違和には気づきやすい。



アイアムアヒーロー in NAGASAKI 第5話

加川の言動倫理観がまるでないけれども、合理的価値観も備えているのか(現状を自分本位に利用しているのは変わらないけれども)。

見た目も言葉遣いもお世辞にも知的ではないけれども、バカではない。

加川のある意味フラット価値観に触れて思うところがあったのか、主人公自分人間不信になった原因を払拭しようとする。

だが、やはりそう簡単いかない模様。

主人公人間不信って、単なる被害妄想という風に描写されてきたけれども、ここにきてちょっと雰囲気が変わってきたな。

さて、ラスト人間不信は変わらないが心境の変化を匂わせる描写だが、どう展開するのか。

こういうやつと一緒に仕事したくないの最上クラス豚まんがほかの人を評価しようとしてるのくっそウケるwww

はじめに書いとくけど、僕は別に

・人様が驚くほど仕事ができる人間でも

就職活動や色んな所からお誘いを受けやす人間

でもない。

はいいとしてなんでそのあとの

・むしろ、「協調性がない、チームワークがないと言われて世の中の隅っこに押しやられているんですが、生きててイイッスか?お偉いさん」って感じです

を小文字で隠したんだよwww 

・僕が嫌なことを思い出すことがあって…かつ、たまにその嫌なやつになっちゃってることがあるから

って書いてるけどたまにwwwたまにってwww  ご自身ツイッターの人気ツイートを振り返って本気でたまにだと思うならマジでこいつに仕事させちゃダメだわwww

こいつに仕事させて後ろ足で砂かけられたLIGさん今どんな気持ち?こんなやつに仕事を紹介して紹介先に迷惑をかけたシロクマさん今どんな気持ち?そういやシロクマはこの時すでに謹慎期間入ってたかもしれんがあの時の総括まだしてないよな。この際だからなんか記事書けよ


酒乱 前科多数。酒に酔ったせいでやら躁うつ病からという言い訳で言っちゃいけない発言を何度も繰り返してる最低の人間

「人の時間を使ってる」という考え方ができてない人だから、いらないことが増えたり、人の痛みや辛さをわかってあげようともしないで「檄を飛ばす」ことだけには熱心な人 頼まれてもいないのに人に絡む記事を書いて人の時間を使わせてるという考え方ができない人だからよく炎上するしかまれ

チームワークはなくてもいいが、仕事してる意識が共有できないのはちょっと… 話も、筋も、道理も通さねー前科多数

要するに「自分のことしか考えてない」/意識顧客に向いてない 前科数すぎて人格レベル普通仕事が向いてない

会社学歴他人の手柄・力量・過去経験/知識を自分のモノだと勘違い 実はFランの割に学歴自慢多いしFランの中でそこそこ優秀だったか世間でも優秀と勘違いしてる発言多い

意識が高い。厳密には「意識けが高い」くせに目の前のことがダメ 完全に自己紹介

身の回りの人を尊敬する力が弱いくせに、大きすぎるものには権威主義 これも完全に自己紹介

結論豚まん自分コンプレックス抱きまくってるから自分に似てるやつが嫌いなだけ

2016-07-22

死ぬ権利が認められないのはおかし

どんなに助けを求めても解決策が見つからない、どんなにあがいても苦しみから逃れられない人間はやはり存在する。その人達が死によって苦しみから逃れたいと望むとき、せめて安らかに死なせてあげることが、なぜ許されないのか。

生きることに絶望したとき、逃げ道がなければ精神を病んでしまうかもしれない。「つらい、死にたい」と言った時点で、もっと周りの手助けがあったか、もしくは死ぬことができていたら起こらなかった犯罪もたくさんあったと思うのだが。

まれたくて生まれ人間など一人もいない。最終的に生む判断は親のエゴだ。そこにはなんの規制もない。

どんな素質を持って生まれるか、どんな環境で育つか、その結果出来上がる人格の違いを単なる個性と言ってしまえばそれまでだが、集団にとって好ましい個性強者となり、好ましくない個性弱者となる。集団から理解が得られない限り、努力不足ゆえに弱者になった者として切り捨てられる。

いわば、生まれ落ちた時点で負け組人間だっているのだ。生まれ落ちた時点で勝ち組人間には理解できない苦しみもあるのだ。

その苦しみを乗り越えて生き抜く姿は確かに美しいだろうが、犯罪に手を染めるまで追い込まれ人間を思うと、きれいごとだけで死ぬ選択肢をなくさないでほしいと思う。

2016-07-21

http://anond.hatelabo.jp/20160721104414

一応増田ルールというかモヒカン原則的ものなんやけど、

「昨日のクソは水に流す」もとい「目の前の誰かが過去の何処かの連続した人格であることを前提としない」みたいなのがあって、それっていうのは要するに

「書かれている内容、今展開されている話の内容でだけ議論対象にするべき」って話で最終的には「相手人格考慮に入れない(常に100%の力で手斧を放る)」って話にはなるんだが、そこらへんうっすらでも意識はしてるかな?

意識したことないとかであれば、なぜそういうモヒカンルールがあるのかをちょっとでもいいから考えてみるといいよ。

そういった意味で、増田はちょいと病気入ってる気がしてるので注意しておくとよいかなとは言っておくわ。

2016-07-20

自分結婚したい

他人がこわい。

彼氏はいるけど何を考えているのかわからなくてこわい。

私のことをどう思っているのか分からなくてこわい。

そんなわけで関係を続けていくのがこわい。

でも、1人になるのもこわい。


1人は寂しい。

でも、誰かといても寂しい。


もし、自分がもう1人居たら。

何を考えているのか大体わかるし、可も不可もなく一緒にいてくれる気がする。

自分がもう1人いればいいのに。

自分と付き合って自分結婚したい。


でも現実的に無理だから

自分人格を限りなく再現したアンドロイドか何かと添い遂げたい。

未来技術自分人生託してる。

http://anond.hatelabo.jp/20150609000805

実は努力してました設定では努力していたことの説得力が感じられないのは、それが表の人格に現れていないからじゃないだろうか。

けいおん」2期でそういった「実で努力していた」描写が入って、彼女たちは表の軽音部を維持するためにこれだけ裏で努力していたのだと鼻息荒く絶賛していた人がいたが、けいおんは1期で挫折たから2期は観ていないが、この努力が表の描写に現れないのであれば、別に多重人格のうち裏の人格勝手努力をしていて、表の人格がその成果だけを享受するというのでも構わないということになる。

(そもそも軽音部を維持するのに演奏技術必要というのがよくわからない。成果が求められるプロならともかく、アマチュア活動別に成果が伴わなくとも過程を楽しめればよく、演奏技術必要としない。しかし強欲なことに成果すら享受しようとするからアドホックな「実で努力していた」が必要になるのだろうが…などと文句を言い出せばキリのない作品だが)

しかしそれではキャラクターが成果を享受するための舞台設定でしかなく、そこに成果得るに至る人間的な成長があったか努力が裏の人格に切り離され、表の人格に影響を及ぼさないのでは成長がなかったと言うほかない。

ふたつのスピカ」でも主人公が「実は努力してました」で成長するエピソードがあったが、あれは主人公のひたむきさで説得させられた例かな。

SAOは観てない。

http://anond.hatelabo.jp/20160720091115

>脳の障害はもしかするとアウトプット問題があるだけで人格のものは健常者と変わらないというようなことが多々あるのかもしれない

実際アルツハイマー型を発症した祖母を5年観察してきた人間から言わせてもらうと

そんなものはない

 

から老人ホーム行って来いっつってんだよ

神も仏もいねから

http://anond.hatelabo.jp/20160719182058

増田認知症になると人格が変わるというような口ぶりだけど実際どうなんだろうか

自閉症だけどパソコンキーボードを使ってきめ細やかな意思疎通を取ることができる東田直樹という少年がいるんだけど

彼が言うには自分の思ったように体が動いてくれない、発語されないだけで思考自体は健常者と変わりないとのことだった

自閉症者は思考のものが健常者のそれとかけ離れているわけでなく、

ただ自分自身でも不可解でコントロール不能な身体の反応を抱えているだけなのかもしれない

もちろん自閉症といってもそれは十人十色だろうし、

まして認知症にまるまる当てはめられることでもないかもしれないが、

脳の障害はもしかするとアウトプット問題があるだけで人格のものは健常者と変わらないというようなことが多々あるのかもしれない

2016-07-19

日本左派全体主義

東さんのこれとか

https://twitter.com/hazuma/status/755063621273554944

三宅洋平氏のこれとか

https://twitter.com/MIYAKE_YOHEI/status/754707430865383424



まず議論しようという姿勢がない。

対話しようとする姿勢もない。

内輪の批判絶対悪

同様に、意見が異なる人間を持ち上げるのも絶対悪

というか意見が異なる相手絶対悪

意見が異なる相手とは対話してはいけない。

自分たち意見絶対正義で異なる意見絶対悪

証拠ではなく憶測しか語らない。

正しい現状認識に基づいた論理的政策批判殆どわず

悪意と憶測に満ちた人格批判を繰り返すばかり。


ねぇ、ほんと日本リベラル勢どうしちゃったの?

ってかリベラルですら無いよね。

2016-07-18

義母から、毒親との「仲直り」を求められるようになった

頭と心を整理するためにここに書こうと思います

毒親と連絡を断って一年が過ぎたのだけど、最近になって、毒親からわたし旦那旦那実家へのコンタクトが増えてきた。

着信拒否をしてくれ、と何度も話したのだけど、旦那としては「時間解決してくれるだろう」という期待があるようで、わたしが実親と連絡を断っていること自体は責めないでいてくれるのだけど、一方でつながりを完全になくしてしまうことには抵抗があるらしい。

旦那がそうなので義母にも連絡を断ってくれなどと言えるはずもなく、遠方なのでお中元お歳暮のやり取りぐらいだが親どうしの交流は続いている。

そんで毒親がこないだ義母に切羽詰まった様子で泣きついてきたようで、義母はやはり同じ母親としておおいに共感するところがあったらしく、わたしに対して「なんとかほどほどの距離感で付き合えないものなのか」と説得をしてくるようになった。

これがなかなかにしんどく、まあ子持ちの友人とかから内容自体は言われ慣れていることなのだけど、義母から言われると動揺する。

今は旦那わたしの側に立ってうまくかわしてくれるからまだ救われているのだけど、その「ほどほど」が通じない人達から手の届かないところまで距離を置いているのだということをどうすれば理解してもらえるのか、理解は難しくてもまあうるさく言わず黙っといてやるかぐらいに思ってもらえるのか、しかしまあ要するにわたしに連絡がつかないのに周りに連絡がつくから連絡してくるのであって、それで周りが困惑するのも当然であって、周りからすれば、お前んちの親子喧嘩に巻き込まれても困るんだけど、ってなもんだろうし、でも着信拒否はしないということで、わたしはどうすればよいのか悩んでいる。毒親の過去の悪行などを訴えると、そのときは「なるほど」と言ってくれるのだが、それこそやはり時間が経てばそのときの印象も薄れるようで、そのたびに彼らがいかに付き合うのに難儀な人種なのか具体的なエピソードとともに訴えることもできるにはできるが、「でも、親子なんだから」論者にはそれもいずれ効かなくなるように感じている。

旦那義母のやり取りをよくよく観察すると、お互い結構きつい口調で言いたいことを言い合っているのだけど、なんというか、ちょっとした言い方とかにイラときてもお互いすぐ流せてる様子だし、ささいなことにこだわらないおおらかな愛情があるんだなあ、というのがしっかり感じられる。羨ましい。うちの毒親は、そのちょっとしたイラつきを毎回徹底的に掘り下げて相手人格否定するタイプなので、幼少期からいかんなくそれを浴びせられてきたわたし自己肯定感駄々下がりな半生だったのである

そういう圧倒的な環境差異を見せつけられたのちに「あなたを産んでくれた親なんだから」などと言われると本当にダメージがでかい


追記

その義母とも「ほどほどの距離感」で付き合えばいいんだろうけど、実はもうじき義母と同居を始める予定だ。義父が他界しており、一人暮らし義母我が家に迎え入れようという話をしている。わたしも毒親の親であるところの祖父母を介護最期を看取った経験から老人介護のなんたるかはわかるし、時期が来たらプロに任せるべきであるという持論も旦那と共有している。普段まり自己主張しない旦那が、義母を呼び寄せたい、と話してくれた気持ちを大切にしたいし、元気なうちに少しでも親子の時間を持ってほしい。それは本心だ。嫁としてはそりゃ面倒だけど、でもまあ、毒親の件さえなければ、嫁姑としてはそれこそ「ほどほど」でやっていけそうに思っている。中学生のころから実家を出るまでも三世代同居だったので、実際同居が始まってから、予想もしてなかったような悩みやトラブルがいろいろ噴出してくるのもわかってるんだけどね。やはり問題は毒親の件だ。旦那義母が連絡を断つことに積極的でない以上、わたしがどうにか処理するしかない。これ以上迷惑をかけるわけにはいかない。でもどうすればいいのかわからない。わたしにとって彼らはストーカーと同じなので、ストーカー被害のように警察に訴えることができたらどんなにいいかと思う。でも、まだ警察相談したことはないけど、まともに取り合ってくれるわけがないというのはさすがにわかる。毒親相談窓口とかないんですかね。あるいは、娘そっくりの人工皮膚をかぶせたペッパー君を送りつけるのでもいいと思う。数百万で済むなら喜んで依頼する。「なんだかんだ言っても、親なんだから」と言う人は頼むから、少しでいいから、世の中には一見普通に見えても実は裏で大変な思いをしている人もたくさんいるんですよということを考えてほしい。


追記

毒親ネタ大好きなはてな全然話題にならず寂しいので、小町トラバへの返信でも書いて見ようと思う。

友達の中で説教をかましてくるのは、既婚子持ちの、さらにごく一部の人たちです。

いずれも学生時代からの友人だが、当時はグレておかんを泣かせていた人達に限って今のわたし非難してくる。

親の立場になって初めてその痛痒が理解できたのだろうと思う。

わたしは家を出るまでずっと親の期待通りに育ってきた、いわゆる「いい子」ですよ。

その反動が今来てることは否定できない。

一番やっかいパターンだと我ながら思うよ。

でもまあ、幼少期のわたしをそういう見せかけの「いい子」に仕立て上げたのは彼らだしな。

自業自得なんじゃね。


ペッパー君を買うための数百万はわたし自分で稼いだお金からしますよ。

いや買わんけども。

なんかしらんけど、このトラバの人、偏見とか思い込みがすごいよね。

専業主婦だなんて一言も書いてないのに。

何がそんなにこの人の逆鱗に触れたのかわからんが、よほど現状に不満が溜まって心に余裕がない状態なのでしょう。

気の毒だと思う。

そんなふうにならないためにわたし自分に害をなす人からは極力距離を置くことにしています。それがたまたま親だったというだけの話。

2016-07-17

サブカルが嫌われる理由

http://anond.hatelabo.jp/20160717010611

サブカル界隈は、

他人批判するけど、自分のことは勘弁してね。だって自覚してるし、治らないんだもん!

という精神性を感じて気持ち悪い。

しろ自分自分の悪い部分を把握してる自分ってすごいし、それに気づいてない奴らはバカだ!

くらいの攻撃性を感じる。

から、何かを批判するときも、内容の趣旨とは無関係のどうでもいい言葉遣いや、著者の人格や経歴をつつき、

時には自己表現の餌にする。

 

でも20後半にもなれば大体みんなそれに気付き始めて、サブカル界隈の唯一の武器普通の人ももつようになる。

その結果、青春リア充経験のある人間とない人間という差のみが生まれる。

その次は、弱者気持ちがわかるつもりの自分に酔い始め、反省し、改善し、向上するという普通の事から目をそらす。

物事には良い面悪い面両方あるはずなのに、悪い面に過剰に注目し、自分によっているその姿は、

まともな一般人からすれば気持ちが悪いのだ。

 

[]

今回はふんわりジャンプ

サイトのコンセプトの通り、感想を述べられる趣旨のモノではないので、気になったのだけ挙げてサラっと感想書く。恐らく、今後もふんわりジャンプを利用はするけれど感想は書かないと思う。ベクトルが違うのだから優劣を語るものではないのだけれども、現実日常の中にある要素だけではエンターテイメントとしてはどうしても弱くなるなあ。


おもち日和

この人、私の知らない間に顔芸とかも挑戦するようになったんだな。

内容としては、良くも悪くも別段いうことないです。

というか個人的事情なのだが、子育て系のエッセイ漫画サムネイルだけで食傷気味なんだよ……。



言ったよきいちゃん!アンバンナブル

まるで騒ぐのをやめたら受け手が読むのをやめると思っているんじゃないかってくらい、ネタの入れ具合が過剰だ。

漫画だって、息継ぎは必要なんだぜ。

4コマなんだから起承転結意識したり、緩急をもう少しつけてくれたほうが、ネタの一つ一つも切れ味が増すだろうに勿体ない。



ネコ中。

主役のネコサラリーマンが可愛くないビジュアルなのはネタシュールさが増している感じがして、むしろよい(作者の画力的に、可愛いものが描けるかといえば微妙だとも思うが)。

ただ、当初の設定に依存しすぎたネタから少年ジャンプ+の「猫田びより」みたく横軸というかモブキャラでしっかり脇を固めないと、そう遠くないうちにネタ切れしそうな予感がする。



Pop Life

うむ、「日常」を謳歌している描写が丁寧で、登場人物説明人格も嫌味なく織り交ぜていて、読後感がよろしい。

というか数多ある日常系漫画は、その実「日常感」を描くことがおざなりものが多いので、こういう本来やるべきことをしっかり描いているのはすごく好印象。



ヒゲ母ちゃんと娘さん

アレなタイトルビジュアルに反して、やってることが同サイトのおもち日和カブってる気がする……。



まもりっしぐら!

メインキャラが全員目が隠れている造形は正解かもしれないな。

現実でもそうだけれども目で大分印象変わるから、あえて描かない事で他の部分で魅せようという選択肢としてアリだと思う。

まあ、話はもう毒にも薬にもならない感じで特にいうことはないけれども。



ゆめののひび

私もプー太郎経験あるけれども、このテの一番のポイントは「深刻さ」がないことなんだよね。

「働かない」ことでひもじい思いをするから働くのであって、「働かない」ということそのものに是非はないから。

漫画とかでよくあるニート描写は、鬱屈とした部分だけ抽出して、それをデフォルメしすぎ。

そういう目線で見たときニートをここまで緩く、危機感なく描いているというのは、むしろ現実的だとすら思う。



ありありアリスちゃん!

このまま出船番号ネタで引っ張るかと思いきや、最新話だと同級生の話とかも絡めてくるんだな。

誰しも色んなジャンル経験ありそうだけれども、関心の度合いってものがあるから知識の押し売りはやめたほうがいい。

「へ~」くらいしか返しようがないし、かえってそのジャンルや語ってる人がヒかれる可能性がある。

話としては「あるある」なんだけれども、どうせ天丼ネタをやるならあともう1~2回くらいは繰り返して欲しかたかな。

最終的に主人公当事者になってしまうというオチを持ってきたら、予定調和的ではあるけれども、話としては綺麗になる。

あと、アレだな、コミックウォーカーとかで読める「かふん昔ばなし」がネタ選びとか、それをどう面白表現するかっていうことに気を使っているから、それとどうしても比較してしまう。