「需要」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 需要とは

2016-07-26

http://anond.hatelabo.jp/20160726163336

ショボンコンテンツ比較需要があるコンテンツだろ。

増田オリジナリティがあるかどうかは別として、結構人気になれる可能性はあるぞ。

女が自分から行かないってしょうがないよな

当たり前だけど需要のある側には選ぶ権利がある。

誘いがウザい位に来る状況だと、自分から動くより、好条件のオファーを待っている方がいい。

待ちに徹して選択権は握れるんだから、こんなおいしいことはない。

しかも、自分から動いたところで、受け身戦術よりいい相手が見つかるかというと、そうとも限らない。



昔は、チヤホヤされてるうちに若さを失って、身動き取れなくなった女なんてただのバカだと思ってたし、

客観的に考えてもそんなに頭よくないのかもしれないけど、

自分が一度でもそういう状況に置かれたら、やっぱり受け身戦術に走るんじゃないかと思う。気楽だし。

2016-07-24

http://anond.hatelabo.jp/20160724150453

需要はあっても予算が無いんだよ。

dlsite.comなんかでは商業エロゲー配信でぼちぼちandroid版との併売が行われるようになってきたが、すべてのゲームがそうなっている訳ではない。

要するに、android版を用意するだけのコスト(100万円前後?)すらも払えないメーカー結構いるってだけの話だ。

エロゲーメーカーはそもそも所帯が小さいからの。

http://anond.hatelabo.jp/20160724143606

金かけてスマホ版構築+クラウド化にするだけの需要がないんだろ

複数デバイス場所を選ばずエロゲプレイするってスタイルはまずないだろうし

スマホタブレットプレイしたいっていう話ならPC版の他に

スマホダウンロード版作ってユーザーが好きな方買えばいいと思うけど

ダウンロードサービス公式じゃ無理なら

そっち系大手運営するものがあってもおかしくないと思うが、まだないのか

2016-07-21

麻布十番タクシー東京で最も腹立たしい

十番あたりにエサを探しにやってくる運転手は強欲すぎる。

そりゃ確かに、アホみたいに金使う客が多いので、チケット遠距離を乗ってく率も高いのは分かる。

でも普通に考えてくれ。十番は本来住宅街だよ?

そんな住宅街の中にある隠れ家的な飲み屋を目当てに、

終電後にうろうろとエサを探すタクシーは、地元にとっては不審者のものだ。

商店街をのろのろ走るだけならまだ分かる。タクシー捕まえたい人にとっても需要はあるだろう。

でも、狸坂とか大黒坂とか暗闇坂とかのせっまい坂道

スピードで走るのは気が違ってるとしか思えない。

麻布通りと外苑東通り以外深夜はタクシー禁止にしてもいいのではないか

2016-07-20

http://anond.hatelabo.jp/20160720093730

反対派がやりたいのはネオリベ政策だろうな。

具体的には、金融緩和財政出動のような需要拡大政策まやかしであり、痛みを伴う構造改革けが成長をもたらすことができるという立場、それがネオリベと言われるものだ。ブコメではid:h20pがその典型例だろう。

b:id:h20p アベノミクス賛成のスタンスもわからないよw 構造改革してないんだよww アベノミクス成功しているなら、消費税増税できるし、金利だって上げられるんだよwww

そしてここでよく見るべきはこのコメントに付いているスターだ。id:Gl17id:kyo_juといった有名どころのはてサスターを付けている。id:Gl17などは普段からネオリベ批判してはいるが、いざ自分の都合のよい時にはネオリベの言い分に迎合するわけだ。

これはある意味日本のこの状況を象徴的に現している。安倍を潰したい、金融緩和を潰したい、目の前にいる敵を潰したい、潰したい潰したい。本来目的を忘れ、敵を潰したいという欲望を叶えるためにネオリベの手を借りるという暴挙に出てしまっている。

これこそが今の日本左派リベラル惨状を生み出した原因だろう。反安倍のためには悪魔に魂を売ることも辞さないというわけだ。

反対派のスタンスがわかりづらいのは、ネオリベの上に暴走する反安倍が乗っかてしまったことで収集がつかないからだろう。

ペラペラ人間の周りはペラペラの人が集まる

私自ペラペラ人間なのでノリはいいのだが深いところを見られると言葉が出てこなくなってしまう。

これまで何度か面接をした時に2次くらいまでの40歳前後ペラペラまでは攻略出来ている。

選考が進むとペラペラ率が低下してくるので、5人中1人くらいドッシリが混じっていると途端にペラペラ攻撃通用しない。

ペーパーナイフで石に名前を彫るのはきつい。

今はペラペラな人に囲まれているがこのままだと吹き飛ばされてしま危機感がある。

みんなペラペラなので需要とか考えずに作ってペラ製品リリースしてペラペラ営業をかけるが売れる訳がない。

将来、井川はるかみたいなママがいるバーでハイカラを味わえるようにドッシリした人にも舐められないようになっていきたい。

http://anond.hatelabo.jp/20160720093730

1)アベノミクス批判

金融緩和一時的な気付け剤に使うのは構わないが、それで恒常的に景気が回復するかのように宣伝するのは間違い。

・同様に、株価の引き上げは見かけの景気の問題しかない。

オリンピック復興需要でのかさ上げも、どうせ終わった後に揺り戻しがあるのは目に見えている。

 (復興はするしかないわけだけど、オリンピックをそれに重ねたことで、この問題は深刻)

2)正しいと思う処方箋

民間に偏りすぎた資本を、パブリックセクターに戻す必要がある。

・結局、雇用正規化を進めないと、消費は戻らない。まず非正規公務員正規化して、公務員数を小泉改革以前程度にまで戻すべき。

・その二つを考えると、結局恒常財源を手当てするためには増税ということになるが、消費税じゃなくて所得税金融課税で行わないと格差は拡大し、消費も持続的なものにならない。

・また、民間でも最低賃金を他の先進国並みに引き上げ、社会保障正規非正規格差も解消すべき。


 ってことで、別に共産主義万歳じゃないけど、共産党の言っていることが経済回復のための早道だと思う。

2016-07-19

いまさら世界転生ものファンタジー書いて需要あるのだろうか

あるなら書いてカクヨムかなろう辺りにアップするんだけど、もうブーム去ってたりしたら悲しい

需要が無い創作者()はうんこ製造機と同じね

2016-07-18

http://anond.hatelabo.jp/20160718234913

需要のある生産者は一人の客より偉いよ

その人無視したって問題ないもの

2016-07-17

自分天才じゃない

人生の全ての時間プログラミングビジネスに捧げてきた人間がいる。そういう人は、きっと毎日仕事が楽しくて、そして、いっぱい稼いでいるのだろう。

でも自分はそうじゃない。

変人と呼ばれて育ち、病気と折り合いをつけ、自分能力を過信して倒れ、真っ白な部屋で2年ほど過ごした。

才能があった。だから努力したことが無かった。追い越されることを知らなかった。

難しい本が読めた。だから自分は偉いのだと思っていた。一生をかけても全ては読めないと気づけなかった。

未知を知らなかった。だから自由研究が怖かった。そもそも研究に値する自由テーマなんてものを見つけられなかった。

金銭感覚に無関心だった。ウチは貧乏から大学に行けない。その事実意味することが分からなかった。

友人関係を作らなかった。隣人の名前を覚えられないということが、どれだけ失礼なことなのか悟れなかった。

どれもこれも、大人になってから気づいて、赤面したことだ。

全ての選択肢で正解を選んできたと思っていたのに、結論から言えばほとんど全ての選択が間違っていた。

転生して最初から人生をやり直すなんていう作品が多くなってきているが、自分には無理だ。また同じ間違いを繰り返すだけだ。

自分天才じゃない。よくて秀才。いや凡才の類だ。

生産性のせの字すら知らなくても、書くコードの桁と質が違うプログラマに幾人も出会ってきた。

あしかし。幸いにも。

IT業界が頭から尻尾までブラックだと知れ渡ったことで、プログラマを志願する若者は減ってきている。

おまけに、親にスマホだけを買い与えられ、PCを触ったことすら無い世代が育ち、新卒青田買いすらできない状態になってきている。

地方にもはやプログラマ求人は無く、東京一極集中労働力を吸い上げるシステムへと変貌したが、それにも限界がくるだろう。

凡才の俺にとって、これはチャンスだ。

諸条件の重なりによって、プログラマ需要供給関係は崩れ、プログラマは完全に不足してきている。

まりプログラマ35才定年説」は崩れていく一方であり、俺と同い年の連中がしたり顔で語っていた「プログラマ不要論」は幻想だということだ。

自分天才じゃない。

でも現状を分析する限り、自分時代に逆らって生きているわけではなさそうだ。

人生の全ての時間プログラミングビジネスに捧げてこなかった人間でも。俺は、毎日仕事がそこそこ楽しくて、そして、そこそこ稼いで生きられればいいと思っている。

[]

今回はコミックウォーカー

多くて感想書いてられないので、感想書きやすかったのだけ、気になったのだけ書く。


ディーふらぐ! 第84話

やっぱこのテのはキャラが命なわけだけども、それを魅せるためにどう描写するかということができていない漫画とかがチラホラあるなか、

目すら描写されないモブキャラすらここまで濃く描けるのはさすがというか何というか。

しろ、昨今のキャラ漫画は「メインキャラをどう描くか」よりも、「モブキャラをどう描くか」のほうが大事だとさえ思える。

メインキャラをどんなに必死に魅力的に書こうが、登場人物一人一人に与えられる役割なんてたかが知れているわけだし。



ネトラレミノル 7 BOKKI

え……なにこれ?

一体、この漫画をどうしたいんだ?

寝取られフェチに目覚めてしまった主人公葛藤を描く漫画なんじゃないの?

それを面白く描くために、あの世界感、キャラ、設定、展開がベストだと本気で思っている?

編集って、作者が迷走していると思ったら、うまいことアドバイスするのも仕事なんじゃないの?

作者のやることに口出ししちゃいけないみたいな風潮あるけれども、別に作者の自由やらせたほうが面白くなるとは限らないからな?

それとも編集の指示でこうなったの?



醤油を借りにいくだけで死ぬことがある世界の中級サバイバルガイド 第2話

本作はあくまコメディーだから事なきをえたけれども、もし蚊に刺されて感染する設定だったらマジでヤバいよな。

コメディ特有の雑さはあるけれども、それなりにゾンビ対策しながら生活している様子は中々面白いと思う。



賢者の孫 第3話

3話にしてヒロインがあからさまに主人公に惚れてるってのが、“いかにも”ですな。

やたらと主人公を見くびったり、目の敵にする嫌味な奴も登場したし、ある意味で期待を裏切ってくれませんなあ。

逆にすがすがしい。



ヒメの惰飯 第6話

落としどころとしては妥当かな。

ただ、主人公の「どう食おうが個人の自由」みたいな理屈を、なんでもかんでも許容してくれっていう意味で都合よく使うのはだめっすわ。

たとえば最後に出てきた混ぜそばとか、あれ逆に混ぜないで食べたら絶対「えー……」ってなるでしょう。

本来想定されている食べ方を尊重すること前提で「個人の自由」だと思うんだけどなあ。

非常識なことは人のいる場所でやらないのが社会人として当然の振る舞いであって、ならば食べ方だって同じだろうさ。



かふん昔ばなし 第46回

子供って、妙なものをカッコイイって思うことあるよね。

それに振り回されるのも楽しいのだろうけれども。

私もはやり目で眼帯つけて学校行ったとき変に注目されたことがあったが、腫れた目を隠すためにつけているから当然だけどカッコよくはないわけ。

目薬するときに眼帯外したら、興味本位でそれを見たクラスメイトドン引きだよ。



働かないよ!ロキ先輩 第11話その1~2

私が思っていた以上に、ジェームズこじらせてたんだなあ。

家賃15万って、お前……。

今回ばかりは、先輩の指摘は最もだと思うぞ。

社畜時代死ぬほど忙しい思いをして手に入れた給料のおよそ半分が家賃で消えてたとか。

ましてや今は職場も違うわけだから、そこまでして都内マンションにしがみつく理由がない。

それで「今の仕事では家賃が払えないので転職しようかと」って、ズレてるズレてる。

「引っ越せば?」という提案も、「ギャグでも言ってんのか?」みたいな反応していたし。

周りのアクが強いか自然常識人みたいな立ち位置だったけれども、やっぱジェームズのこじらせっぷりは深刻だな。



雑感

女子たちがキャピキャピやるだけの漫画多すぎるぞ。嫌いじゃないけれども、さすがに食傷気味だ……。WEBコミックで読めるのだけでも、私が把握している範囲内ですらかなりの数だ。

・というか、「漫画が」全体的に多い。需要も俄然あるけれども、供給が飽和どころではない。千本桜コミカライズとかどういうことやねん……。

2016-07-15

レズ風俗でおねえさんに癒してもらった話

永田カビ氏の『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』がここ最近で大ヒットだ。

すごく良い、自分自身に向き合うような内容だった。もっと伸びてくれ。

 

んで、私も同じお店で違うおねえさんに癒していただいたことがある。

永田カビ氏はそもそも性体験が全くない状態からの話であり、私の場合男性経験済みで性的なことに対する後ろめたさなどもないので、全然違うとは思う。

そんなわけで、私の経験からレズ風俗で得たもの、知ったものなどについて書き記したい。

レズ風俗に行こうか迷っている女性、行って大丈夫不安女性自分が女が好きかどうか微妙で悩んでる、みたいな女性背中を押せたらみたいなのもあるし、ただ誰かに聞いてほしかったみたいなことで書いてる。

 

以外、うだうだ書くつもりなので結論から先に述べると、レズ風俗初体験感想は以下の5点になる。

 

レズ風俗男性向けの風俗業界につきがちな負のイメージとは別物だった

・行って何か不安なことや嫌なことはひとつもなかった

男性女性と性行為をしたのち「癒される」と言う意味がわかった(あんだけ運動して疲れて癒しもクソもないだろって思ってた)

女性とするのと男性とするのでは全然違うと感じた

童貞気持ちが少しわかったので、今後不慣れな男の人に対しては、もっとわかりやすく、優しくしてあげようと思った

 

以下、だらだらレポる。そんなエロい内容はない。

 

ちなみに私のことを先に少し書いておくと、私は別にレズビアンでもバイセクシャルでもなくて、でも女の子としようと思ったら好みであれば全然できる、くらいのノンケである

基本男性と付き合う。

それまでに女性経験なし。

女性恋愛感情らしきものを抱いたことも何度かあったのが、それは果たして恋愛感情だったのか。思春期あたりは尊敬とかを恋愛感情混同しがちなので、微妙なところだ。今はもう女性恋愛感情はわかない。

そもそもなんでレズ風俗店に行ったのかというと、誤解されそうな理由も含まれるので全ては書けないが、一つ書いえるのは自分がどれだけ女性に対して性的欲求を抱いているのか確かめたかたから、ということ。

 

私が永田カビ氏のレポを初めて見たのは、まだピクシブで公開されて伸び出してきたくらいのときだった。

折しも女の子と一回やってみたいと思っていた時期だったし、ぶっちゃけ巨乳をもんでみたかった私は、彼女のレポを読み、該当する風俗店を調べてみた。

評価も高く安心できそうな感じだ。私の好きな清楚系の気になる女の子もいたので、行くことにした。

 

そんなところで、予約しーの確認メールきーの当日になりーので女の子と待ち合わせする。(ここまでは全てメールでできる)

 

待ち合わせ当日、服装などを伝え待ち合わせ場所に向かう。ものすごいドキドキした。

私は女の子積極的に好きなわけではないから、外見や雰囲気が好みじゃ無かったらできなさそうだったので、待ち合わせ時間10分前とかは本当に心臓が張り裂けそうだった。

待ち合わせ場所の周りは人が堪えず行き交うようなとこだったから、どの子だ?!とキョロキョロしまくっていた。

 

と、後ろから声をかけられた。

 

振り向くと、それはそれは綺麗で可愛い女の子(年上だけど)が立っていた。

とりあえず、まっ先に出た感情は「喜び」よりも「安心」であった。

 

で、近場のホテルに入りーのお風呂にお湯ためーので、待ってる間女の子とおしゃべりする。

自分のこととか、性的嗜好とか傾向を聞かれたり。ビアン世界ではけっこうその辺が細分化されているみたいだ。

・フェムリバ

・フェムタチ

バリタチ

バリネコ

など、他にもいろいろある(ググってくれ)。〇〇寄りとかもあるし。

全く触れられるのが無理な人もいるし、外見も普通に女性の人から中性的、ほぼ男性などグラデーションがあるそうである

カオルちゃんと私はフェムリバである。(フェム=外見が完全に女性、リバ=攻めも受けもOK)

ちなみに女性同士になるので衛生面や安全面は本当にきちんとしていて、お風呂と歯磨きは必須とか、いろいろ決まっている。

以下、女の子カオルちゃん仮名)とする。

 

カオルちゃんは清楚で大人しそうだけど(好き)、そこはさすがプロ。いろいろ話しかけて緊張をほぐしてくれる。

ずっとニコニコしてる。しゃべりやすい。可愛い

 

んで、お風呂タイムだ。

永田カビ氏のレポでは、お風呂の段階で触らせてくれるみたいだったので、期待感に胸が膨らむ。Aカップだけど。

普通に温泉でも行けば女性の裸なんかいくらでも見れるんだけど、今回はなんといっても触れるのだ。もう一度言う。触れるのだ。

 

で、一緒にキャイキャイしながら服を脱いでお風呂に入ります

至れり尽くせり、めっちゃエロく洗ってくれますカオルちゃん自分身体の洗い方がまたエロくて興奮する。すごい、「魅せること」が意識されている。プロだ。

一緒に湯舟に入ります

またおしゃべりします。歯を磨きます

身体を拭きっこして出ます

(おしゃべりしてたらあんまり触れなかった)

 

いよいよです。

プレイに入ります女の子同士だと、どうなっちゃうんだ。

 

と、ここからはもう書けないようなことしかしてないので箇条書で済ませます

 

カオルちゃんキスした後、全身を攻めてくれて天国

女の子身体めっちゃ柔らかい。唇とか舌の感じとかも全然違う

・やっぱ胸はあるとテンションが上がる

・攻めに回るものの、なんせ女性身体をじっくり触ったことがないのでどうしていいかわからん

・指を入れたところで、自分と違いすぎてどこがどの部分にあたるのかどう指を動かしたらいいかさっぱりわからん

・-童貞ってこんな気持ちなのかな・・・

・でも、演技だとしても喘ぎ声とかめっちゃ興奮する

・攻められているとき、目をつぶらないでこっち見てくれた方がエロい

・抱きしめられると包み込まれるような感じで、圧倒的安心感癒し

・もうなんか全部が柔らかい

身体の疲労とは裏腹に、心は非常に穏やかになった

・一時間半があっという間だった

 

総括:男性とするとき物理的に満たされる感じだが、女性とするとき精神的に安心する、心がほぐされる、つまり癒される

 

なんというか、男性とする場合はこちらは身体的に受け入れる性になるわけで、私も一方的ガンガン攻めていくタイプでもないので、精神的に受け入れる感が強くなるんだと思う。

女性とする場合は、まあ客の立場からってことも大きいけど、受け入れてもらう感じになる。

カオルちゃんの力量の部分は間違いなく大きかったと思います

あ、やっぱり私はバイセクシャルではなかったですね。

 

身体関係をもたないコースだとしても、ただ誰かに抱きしめてほしいとき、話を聞いてほしいとき、単にムラムラしたとき

そういうのが欲しくなったら、また行こうと思いました。

こっちがマナーをわきまえていれば、お姉さんはちゃんと対応してくれるはずです。

 

リクエストは、可能なことであればだいたい聞いてくれます相手プロなので任せましょう。

私が利用したビアンコースもあるけど、デートコースから男性向けの観賞コースなどもあるので、自分気持ち状態に合わせて選んでいったらいいと思います

ビアン風俗は、まだまだ店舗も少なくそもそも需要自体ノンケ市場に比べて少ない。

初めて利用する人はだいたい緊張してると思います大丈夫です。お姉さんは、そういうの慣れてるはずだから。(新人はわからないけど)

 

以上。

2016-07-11

いまの民進党の残念さってニジエに似てる

ニジエっていうイラスト投稿サイトがあるんですけどね。

nijie.info/




これpixivより後発です。

最初は凄く期待されてました。

どういう期待かというと、はっきり言って、

pixivをかなりの部分パクリつつpixivのセコイとこや嫌なとこを取り除いた類似サイト

が望まれてたんです。

それさえ作ってくれれば需要爆発だったんですよね。




王者pixivっていろんな穴ありますから

人気順ソートもNG検索プレミアム垢じゃないとさせないんですよ。信じられますか?

すごいせこい。




でもニジエはpixiv意識しつつ独自性だそうとして

すごく無理した過剰なエロ、逆にエロさを感じなくなっちゃうような変な下品さをプッシュして

エロイラスト専門サイト」という個性を打ち出してから回りしてしまいました。

誰もそんな個性求めてないし、単に便利な検索機能pixiv意図的制限してる)つけたなんでも投稿できるサイト提供してくれれば

それが消費者の欲しいもので、天下を窺えたのに。




これって自民に対する民進党そっくりだと思いません?

自民には穴がある。へんてこな改憲草案とか。矢の止まってる中途半端アベノミクスとか。

民進党に求めるのはそういう穴をなくした・自民のいやらしいとこ排除したver.2ですよ。

それさえやってくれれば天下窺えるのに。

全部自民の逆行こうとして経済の話税金の話フラフラして需要行方不明になってる。




王者正反対なんかいらない、

王者をぱくりつつ、王者より需要の中心にちょっとずれていく。

それだけでいいのに。

2016-07-10

風俗の値段設定

風俗の値段設定がどうやって成立するか。

それは、一番効率がいい売り手に影響される。

  

例えば、有名なピンサロ店では、15kでアイドル並みをそろえたりする。

となると、普通くらいしか用意できない店は、8kくらいになる。

  

じゃあ本番はどうだろう。

川崎なんかでは、ババアだけでサービスとかよいくらいのが15kくらい。

若い女が出てくるところでは、20k~25kくらいか

このくらいの価格が一番流動性も高く、買い手も付きやすギリギリライン

  

この値段になっているからには、それなりの需要供給バランスがあるんだろう。需給曲線がかけるんだろう。

この設定がされてるってことは、これが一番バランスが成立してるってことだ。

  

まり、この値段で働く女が多い(実際は客が払った額の半分だろう)し、この額なら払ってOKの客がいる。

個人個人の女や客が値段を勝手に設定はできない。お互いの納得や流動性の接点でできている。

ここに、個々人の感情論は無い。参加するかしないかだが、そもそもこの値段で納得できないなら、『参加できない』という意味も含んでいる。

  

客としてみたとき、この値段は正直、「安い」と思う。特に俺は金持ちからそう思う。

人間ってこの程度の値段でこのくらいやらせることができるんだって

実際、金に困ってる女、今すぐ金がほしい女は多い、ホスト狂いやバンギャシングルマザーなんかがダンピングしまくってるんだろう。

普通の女が金に困ったとき、速攻この貧困層に移らざるをえないのは、そういう理由だろう。こういう商売なのにこの程度しか普通の女は売れない。

この地獄に立たせたときの女の顔が俺は見たい。

感情論も一切通じない現実にたいして、どういう風に行動するのか。

今までの感情論が嘘だったことがアリアリとわかる。

  

結局、どれだけ愛だのなんだの言っても。

現実としての値段設定がドライにされてるの見ると。

その程度なんだなって思う。

  

これが、10万とかだったら、なるほど世の中愛の価値って高いんだなって思うけど。

25kも払えば、日常では見ないレベル美人とやれるんだから、そうなんだねーと思う。

2016-07-09

[] ブックビルディング方式

一般的需要積み上げ方式と呼ばれ、引受証券会社が、以下のプロセスに基づいて、新たに公開(=新規公開)予定の会社

公開価格(=発行価格)を決定する方式のことをいう。

(1) 株価算定能力が高いと思われる機関投資家等の意見をもとに仮条件を決定する。

(2) その仮条件を投資家提示し、投資家需要状況を把握することによって、マーケット動向に即した公開価格を決定する。

1997年8月までは、株式新規に公開する場合、入札方式しか認められていなかったが、入札方式問題点(公開価格が高く

設定されがちであり、公開後の株式の円滑な流通に支障を来たすことがある)等が指摘され、同年9月以降に公募等に係る

取締役会決議をおこなう新規上場申請会社は、新規公開についてブックビルディング方式か入札方式のいずれかを

選択することができるようになった。

https://www.nomura.co.jp/terms/japan/hu/bookbuilding.html

なんというか、お医者さんはかわいいとかブスとかコロコロいう事を変えるより、

金を払った方が需要があると思います

そもそも性的サービス業務内容だと思うので、心のケア心療内科に行った方がいいと思います

盛岡の話

神戸京都に関する素敵な文章を読んでしまったので私は盛岡のことを書く。すごく需要は少なそう。

盛岡新幹線が止まる町だ。一昔前までは東北新幹線北端でもあった。というわけで全国のみなさんが想像する平均的岩手県像よりはちょこっと発展していて、町の中心部には生活必要なお店とぶらぶら立ち寄れる場所がまばらにある。

駅前には何もない。女子の買い物はフェザンか郊外に2つあるイオンかで済んでしまうから町中を散策する必然性はない。それでも地下道を潜っていくと右側の道の2階にこじんまりとしたアニメイトがある。

観光客に人気のじゃじゃ麺屋をスルーして開運橋の交差点まで出る。(通ぶった地元民は岩手公園の近くのお店に行きたがるけど私はどっちもおいしいと思う。というか自分調味料を混ぜるのでどこで食べても毎回違う味になる。冷麺普通)

この開運橋の景色ちょっと有名。バスカードプリントされたりNHKの朝のニュース最後に映ったりかつて比嘉愛未さんが朝ドラロケをしていたりした。

もうちょっと行くと大通りっていうさして大きくもないアーケード街に入る。半分がシャッターが降りた店で残り半分は美容院歯医者カラオケ屋だ。あと居酒屋。全国チェーンじゃない安いお店が結構ある。モンキーズキッチンという名前の通りびっくりドンキーみたいにちょっと薄暗い店内で葉っぱ飾りがいっぱいのお店があった。お酒を飲めなかった大学時代はばななみるくばかり飲んでいた。ところでみんな知らないだろうけどびっくりドンキーの1号店は盛岡の「ベル」なんだよ。メニュー普通のびくドンと同じなんだけど座敷の離れがあったりしてちょっと落ち着いた雰囲気が良かった。高校時代部活打ち上げにもよく使った。同級生デートを目撃したりされたりしたのは淡い思い出だ。

ベルまで行くとすぐ岩手公園のお堀が見えてくる。現・盛岡城公園名前の通りお城はない、石垣だけ。菜園のほうまで曲がっていき一際急な斜面を登って公園に入る。菜園という地名が好きだった。畑はなくて地元資本百貨店がある。パン屋さんと親がお歳暮買うのに着いていったぐらいしかご縁はなかったけどたまにトイレは借りていた。無料のほう。

岩手公園の裏側っていうと失礼かもしれないけれど、まあ大通りと逆側にはベンチがいくつか設置されていて、脇を流れる中津川と対岸に構える岩手銀行本店明治建築をぼけっと眺めるのに良かった。中津川は常時川底の石が見えるくらいの清流で、冬には鮭が遡上する。それを地元テレビ局や熊が追いかけにくる、のどかな町だ。初めて京都に行って鴨川を見たとき、「あ、盛岡だ」と思った。逆なのは分かっているけれど地元愛ということで許して頂きたい。ここもカップルが等間隔で並んでいることが多い。

盛岡北上川中津川雫石川の間になんとか町を作ったようなところなので、少し歩けば必ず川に当たる。お気に入りの橋のひとつやふたつできるもので、私はやっぱり富士見橋、毘沙門橋、与の字橋の順で好きです。

バスセンターより向こうには友人の芝居を見るのに何度か足を運んだ。地下の小さなホールで間近に、でもいつもと違う友人達の姿に触れて、帰りのバスの中でもずっと別の世界から帰ってきた感覚が抜けなかったな。天満宮で願掛けし、急な石段を登って振り返れば真っ直ぐ長い道が町中まで続いているのを見通せた。

町のこちら側に寄ってくると青春の痛い部分が刺激されてきたのでもうそろそろ盛岡駅に戻る。でんでんむしバスで100円で着く。駅のドトール西口のアイーナには受験勉強と称してよく入り浸った。贅沢でのんきな受験生だった。

8月頭のさんさ祭りには、今年は旦那を連れて帰りたいと思います

2016-07-08

戦争になったら

武器需要高まるから、みんな原発で働いてナレッジためといたほうがいいぞ!

もう引っ張りだこ状態から

http://anond.hatelabo.jp/20160708161447

IT系人材の話してるんだから相対的には需要に対して減ってるように見えるかもしらんが、絶対数は増える一方だろ…

世界転生作品って人として越えてはいけないライン越えてる感ある

クラス女子モテモテになるとか、

人気バンドボーカルになって大スターなっちゃうとか、

学校にやってきたテロリストを1人でやっつけてしまうとか、

世の中恥ずかしい妄想っていろいろあると思うんだけどさ、




でもどれだけ落ちぶれようとも社会的地位が低かろうとも

無職キモヲタが異世界転生してチート能力を手に入れて助けた美少女奴隷たちに感謝されながらハーレムを作る」

みたいな妄想っていくら頭のなかの世界でもしてしまったら人としての尊厳に関わりそうっていうか、

人間としての『越えちゃいけないライン』みたいなのを越えちゃってる気がするんだよね。


小説家になろうランキング見てあまりにもそういう臭さがある作品が上位にあると

需要に合わせて作品書いて承認欲求満たしてる作者はともかくとして、

その手の作品を読んでも自分が感じてる臭さみたいなのを一切感じないどころか

主人公自己投影して作品を十分謳歌できちゃう読者の人たちって結構な数いるようで、

なんか凄いなーって思っちゃう



こういう感覚、わからない?

2016-07-07

http://anond.hatelabo.jp/20160707144653

読んでいて、パートナーとの付き合い初め、お互いの性欲のアンバランスさに戸惑ったのを思い出した。

女性が貞淑・従順さを求められるこの社会だと、付き合い初めに女性側が「求められて・応じる」、実質的女性が尽くすセックスが当たり前になりがち。

結果、男性は性欲を満足させ、女性は尽くす・求められることで承認欲求を満たす、という関係性が続いてしまう。

こうなると、女性側の性欲を喚起する「信頼/安心感から快感を得る」システムが上手く動かない。

時間が経てば、ドーパミン主導の、恋愛初期のドキドキはなくなる。

加えて、一般に、産後の性欲は減退する。承認欲求を満たすなら子どもで十分すぎるほど。

加えて、男性へのケアワークまで引き受けているとなれば、もうセックス負担しかない、ということではないだろうか。

結局のところ、こちらは気持ちよくなれないし相手の性欲は旺盛だし。

ただ、「ここで雑に応じたらこの人を愛せなくなる」という直感があって、

YES・NO、及び良かった良くなかった、はかなり意識して伝えるようにしていた。所謂ホワイトボード式。

手間を掛けさせて申し訳ない気持ちもあったのだけれど、こっちがふにゃふにゃになった状態だと挿入時の快感が段違いらしく、

結果、どちらからも求めるようになったし、セックスに掛ける時間は増えた。

頻度は高め安定で、それなりに性生活は充実していると思う。

総論として、日本人レスになりやす理由って、硬直した男女観のせいで、

「互いの利害を一致させる」というパートナーシップ根底スポイルされがちなせいなんじゃないかと。

お互いに、自分ニーズを明確にして、互いにそれに応じる、って大事

性的相手ニーズを優先する関係性を通過してしまうと、産後女性が性欲を維持するのはかなり難しいように思う。

双方向気持ちいいセックス」には対等な(というより、性行為への嫌悪負担感を生まない)関係性の構築が必須で、

実はとても手間が掛かるものなのかもしれない。

でも、「やってみれば楽しい」というか、対話無しに需要押し付けあう関係よりずっと楽しい気はしている。

喋る家電って馬鹿にするけど

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160706/k10010585241000.html

コレ案外馬鹿にできないんだよね。

特にある程度の高齢女性にはけっこう需要があるらしい。

もちろんはてななんかを使う層は全く眼中にないのは当たり前。

から「こんなんいらねぇ」ってブコメに星が付いてるけどそりゃそうだろうとしか



からニッチ相手に喋る系の家電一定需要があったんだろうけど

それが割と一般認知されたきっかけだと思っているのが「ルンバ」の存在



ルンバスイッチひとつで黙々と床掃除をするわけだが

そのランダムな動きやうっかり鉢植えを倒して逆に散らかしたり

ペットルンバの動きに反応する面白さなんかが拡散されて

多くの人が家電の「人間くささ」を可愛がるという行為自覚することになった。



それ以外にも自分家電無機物に対して名前を付けるとか「擬人化」を好む層が一定数いるわけだ。

アニメマンガ女性キャラ楽器ガジェットに対して名前つけて可愛がるとかもね)



で、喋る電子レンジ。この家電の想定するターゲットはおそらく高齢女性

子どもも独り立ちし配偶者仕事やあるいは先立たれたりして、日中ひとりになることが多い人。

賑やかだった家の中が静かになって気軽な話し相手が欲しいなぁって人。

かといって毎日友だち集めて話し相手になってくれるわけでもないしって人。



「ご飯何にしよっか」の問いに対して「相づち」をしてくれる存在

そういうちょっとした寂しさを埋めてくれる存在としての「喋る家電」なのである



から冷蔵庫連携しろ」とか「スマホに飛ばせ」ってのは彼女たちにとっては高度すぎる。

家電単体である程度完結したシステムでなければならないわけだ。

2016-07-06

http://anond.hatelabo.jp/20160520090123

女が説教されてた.

どちらの性にも需要ないと思われ.